2024/03/19 更新

写真a

ミツナガ ハルヒコ
光永 悠彦
MITSUNAGA Haruhiko
所属
大学院教育発達科学研究科 心理発達科学専攻 心理社会行動科学 准教授
大学院担当
大学院教育発達科学研究科
学部担当
教育学部 人間発達科学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(学術) ( 2013年3月   東京工業大学 ) 

現在の研究課題とSDGs 1

  1. テスト理論を活用した大規模テストの実施方法に関する研究

経歴 4

  1. 国立教育政策研究所   教育課程研究センター   客員研究員

    2021年4月 - 2024年3月

  2. 名古屋大学   大学院教育発達科学研究科 心理発達科学専攻 心理社会行動科学   准教授

    2017年10月 - 現在

  3. 島根大学   教育・学生支援機構教育推進センター   講師

    2014年5月 - 2017年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 人事院   人材局試験専門官室   試験専門官

    2013年4月 - 2014年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東京工業大学   社会理工学研究科   人間行動システム

    - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京工業大学   社会理工学研究科   人間行動システム

    - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本行動計量学会   会員

  2. 日本テスト学会   会員

  3. 日本教育心理学会   会員

  4. 日本心理学会   会員

受賞 3

  1. 日本テスト学会発表賞

    2016年12月   日本テスト学会   大学・大学院入試に向けた英語スピーキングテストの尺度化事例―受験者特性と評価者属性を考慮したモデルによる検討―

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 日本行動計量学会 肥田野直・水野欽司賞(奨励賞)

    2013年9月   日本行動計量学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 日本テスト学会発表賞

    2011年12月   日本テスト学会   項目プールのサイズが実施ごとに増大するような大規模テストにおける項目パラメタの更新法

    光永悠彦,前川眞一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 25

  1. 項目反応理論による共通尺度化の実践 招待有り 査読有り

    光永悠彦

    コンピュータ&エデュケーション   54 巻   頁: 16 - 22   2023年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. 本試験同時モニター受験者デザインにおける項目反応理論を用いた等化方法の比較

    光永 悠彦

    日本テスト学会誌   18 巻 ( 1 ) 頁: 17 - 38   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本テスト学会  

    <p>項目反応理論に基づく標準化テストを実施する際、どのテストでも項目の再出題を行わないようにすれば,公平性に最大限配慮することができるが,そのようなデザインの一つに「本試験同時モニター受験者」がある。このデザインでは,本試験同時モニター受験者の能力分布が,本試験受験者と同等であることが求められるが,実際のテストでは難しい場合もある。本研究では,本試験同時モニター受験者集団の能力分布が本試験受験者集団と比べて異なる場合に,本試験受験者の能力値や本試験受験者向け項目のパラメタ推定にどのような影響を与えるかを,複数の等化方法間でシミュレーション研究により比較した。結果,能力分布が大きく異なる条件やモニター受験者が極端に少ない条件においては,個別推定に比べて同時推定を併用した方法や項目パラメタ固定法を用いた場合に真値に近い項目パラメタの推定結果が得られた。あわせて,本試験同時モニター受験者によるデザインのための等化手法について議論した。</p>

    DOI: 10.24690/jart.18.1_17

    CiNii Research

  3. Development of a health literacy scale for preconception care: a study of the reproductive age population in Japan

    Suto Maiko, Mitsunaga Haruhiko, Honda Yuka, Maeda Eri, Ota Erika, Arata Naoko

    BMC PUBLIC HEALTH   21 巻 ( 1 ) 頁: 2057   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:BMC Public Health  

    Background: Preconception care aims to improve both maternal and child health in the short as well as long term, along with providing health benefits to adolescents, women, and men, whether or not they plan to become parents. However, there is limited evidence regarding the effectiveness of interventions for improving preconception health in population-based settings. To accumulate evidence in this field, this study focused on the concept of health literacy, and aimed to develop a self-report health literacy scale in Japanese, focusing on preconception care. Methods: We conducted a cross-sectional online survey. Participants were recruited from December 2019 to February 2020 from the registered members of a web-based research company. Participants were Japanese men and women aged 16–49 (n = 2000). A factor analysis was conducted to select both factors and items for health-related behavior and skills (33 initial items were generated), along with an item response theory analysis to examine how the 16 items were related to people’s knowledge of preconception care. Results: We developed a 6-factor (including “appropriate medical examinations,” “appropriate diet,” “stress coping,” “healthy weight,” “safe living environment,” and “vaccinations”), 25-item behavior and skills scale, as well as a 13-item knowledge scale, to evaluate participants’ health literacy around preconception care. A shortened version, consisting of 17 items, was also prepared from the 25 items. The reliability coefficients of total scores and each factor of the behavior and skills scale were comparatively high, with weak-to-moderate correlation between behavior and skills and knowledge. Conclusions: The new scale will, ideally, provide information on the current state of preconception care health literacy of the general population. In addition, this scale, which consists of both behavioral/skills and knowledge dimensions, should help support the effective implementation of risk assessment programs and interventions aimed at promoting behavioral changes using a population-based approach. Future studies using different question/administration formats for diverse populations, and considering respondents’ opinions on health literacy scales should be effective in improving this scale.

    DOI: 10.1186/s12889-021-12081-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. KIT Speaking Test における共通尺度化の方法について 招待有り

    光永悠彦・神澤克徳

    JACET Kansai Journal   23 巻   頁: 121 - 129   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. 初年次教育における標準化テストの活用について 招待有り

    光永悠彦

    東京大学 教育研究データ分析室紀要   3 巻   頁: 1 - 14   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  6. 国内看護系大学・大学院を対象とした遠隔看護教育の実態と課題(第1報)学士課程教育上の課題とニーズ 査読有り

    亀井智子・山本由子・光永悠彦・中山優季・金盛琢也・東福寺幾夫・亀井延明・抱井尚子・高橋惠子・河田萌生・猪飼やす子

    日本遠隔医療学会誌   16 巻 ( 2 ) 頁: 110 - 113   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  7. 国内看護系大学・大学院を対象とした遠隔看護教育の実態と課題(第3報)大学院における教育の必要性の認識と課題 査読有り

    光永悠彦・亀井智子・山本由子・中山優季・金盛琢也・東福寺幾夫・亀井延明・抱井尚子・高橋惠子・河田萌生・猪飼やす子

    日本遠隔医療学会誌   16 巻 ( 2 ) 頁: 118 - 121   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  8. 国内看護系大学・大学院を対象とした遠隔看護教育の実態と課題(第2報)学士課程教育での必要性の認識 査読有り

    山本由子・亀井智子・光永悠彦・中山優季・金盛琢也・東福寺幾夫・亀井延明・抱井尚子・高橋惠子・河田萌生・猪飼やす子

    日本遠隔医療学会誌   16 巻 ( 2 ) 頁: 114 - 117   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  9. 適応型学習支援システムを活用した反転型授業の提案と評価

    上野 春毅, 光永 悠彦, 深町 賢一, 山川 広人, 小松川 浩

    教育システム情報学会誌   38 巻 ( 4 ) 頁: 341 - 352   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:教育システム情報学会  

    <p>In this paper, we propose a class design for a flip-flop learning using an adaptive learning support system. Our model consists of combination of flip-flop learning and active learning. Two policies are designated to promote learners' autonomous learning through several-week lessons employed to master a single learning unit. The first policy mainly describes preparatory learning using the system that manages all learning materials covering three learning objectives, that is, knowledge acquisition, utilization, and application. Using this system, learners can learn in accordance with their understanding degrees. The second policy describes face-to-face learning including a check test performed at the first step of the class, a groupwork for knowledge sharing, and a reflection for the class activity. We evaluate the learning effectiveness of our proposed class design through a case study of programming classes. The results show that the class design contributes to improvement of learners' knowledge and skills for programing.</p>

    DOI: 10.14926/jsise.38.341

  10. 大学生の批判的思考態度に及ぼす親の養育スタイルと家庭内雰囲気の影響

    吉中 貴信, 光永 悠彦, 楠見 孝

    日本心理学会大会発表論文集   84 巻 ( 0 ) 頁: PL-009 - PL-009   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    <p>本研究の目的は,親との関わりや家庭環境が,批判的思考態度にどのような影響を与えているのかを検討することであった。大学生に対して,親の養育スタイル(平田,2018),家庭内雰囲気(菅原他,2002),批判的思考態度(平山・楠見,2004)を測定するために,オンラインで質問紙調査を行ない,212(男70,女142)名の有効回答を得た。重回帰分析,パス解析により,以下の結果が示された。(1)家庭内雰囲気(居心地の良さ)は,批判的思考態度の下位因子「探究心」に促進的な影響を与えていた。(2)養育態度の「応答性」は,批判的思考態度に直接的な影響はないが,家庭内雰囲気に促進的な影響を与えていた。(3)養育態度「要求性」は,批判的思考態度に促進的な影響を与えていた。(4)家庭内雰囲気は「要求性」が批判的思考態度,特に「論理的思考への自覚」と「探究心」に与える効果を増幅するという影響を与えていた。以上の結果に基づき,「要求性」は子どもが自分の思考を客観的に見直し,適切な思考を行うことを促進することや,「要求性」は特に家庭内が安心して自由に発言できる雰囲気の場合において,批判的思考態度の促進に有効であることなどが考察された。</p>

    DOI: 10.4992/pacjpa.84.0_pl-009

    CiNii Research

  11. 大規模テストが社会で役立つための教育測定学研究とは―「測定・評価・研究法」分野における最近の研究動向から― 招待有り 査読有り

    光永悠彦

    教育心理学年報   59 巻   頁: 116-127   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: https://doi.org/10.5926/arepj.59.116

  12. Survey of Onboarding Programs of Hospitals for Newly Hired Experienced Nurses. 査読有り

    Ito, M., Mitsunaga, H. & Ibe, T.

      24 巻 ( 1 ) 頁: 5 - 14   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 段階的な学習目標を持つ反転学習モデルのための適応型学習システムの開発

    上野 春毅, 光永 悠彦, 山川 広人, 小松川 浩

    教育システム情報学会誌   37 巻 ( 3 ) 頁: 212-217 - 217   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:教育システム情報学会  

    DOI: 10.14926/jsise.37.212

    CiNii Research

  14. 項目反応理論(IRT)の考え方と実践:――測定の質の高いテストや尺度を作成するための技術――

    宇佐美 慧, 荘島 宏二郎, 光永 悠彦, 登藤 直弥

    教育心理学年報   58 巻 ( 0 ) 頁: 321-329   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5926/arepj.58.321

  15. 少数カテゴリの併合がパラメタ推定に及ぼす影響:―パフォーマンステストデータに多相ラッシュモデルを適用した場合―

    光永 悠彦, 羽藤 由美, 神澤 克徳

    日本教育心理学会総会発表論文集   61 巻 ( 0 )   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p></p>

    DOI: 10.20587/pamjaep.61.0_477

  16. Developing a computer-based speaking test of English as a lingua franca: Preliminary results and remaining challenges 招待有り 査読有り

    Yumi Hato, Katsunori Kanzawa, Haruhiko Mitsunaga and Sandra Healy

    Waseda Working Papers in ELF   7 巻   頁: 87-99   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. 第三の評価者が多相ラッシュモデルのパラメタ推定に及ぼす効果の検討:英語スピーキングテストの評価データを用いて

    光永 悠彦, 羽藤 由美, 神澤 克徳

    日本教育心理学会総会発表論文集   60 巻 ( 0 ) 頁: 194 - 194   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本教育心理学会  

    DOI: 10.20587/pamjaep.60.0_194

  18. 病院における既卒看護師の採用と早期離職に関する全国調査 査読有り

    伊東美奈子,光永悠彦,井部俊子

    日本看護科学会誌   37 巻   頁: 254-262   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5630/jans.37.254

  19. 新しいテストの枠組みとしての「標準化テスト」 ―メリトクラシーの再考を通じた「公平」についての一考察― 査読有り

    西田亜希子,光永悠彦

    年報「教育の境界」   14 巻   頁: 1-44   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  20. Developing rating scales for a computer-based (CBT) speaking test of English as a Lingua Franca. 査読有り

    Hato, Y., Kanzawa, K., Tsubota, Y., Mitsunaga, H. & Underhill, N.

    ETAS Journal   34 巻 ( 1 ) 頁: 32-34   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. 看護系大学共用試験(CBT)項目バンク構築における潜在ランク理論の適用と評価 査読有り

    光永悠彦

    日本テスト学会誌   11 巻 ( 1 ) 頁: 61-80   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. 複数の分野から構成されるテストにおけるIRTを用いた項目評価法―臨地実習適正化のための看護系大学共用試験の項目バンク構築― 査読有り

    光永悠彦,柳井晴夫,西川浩昭,佐伯圭一郎,亀井智子,松谷美和子,奥裕美,村木英治

    行動計量学   41 巻 ( 1 ) 頁: 17-34   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. 多群 IRTモデルにおける簡素化の評価 ― 水平等化場面のシミュレーョンを通じて― 査読有り

    光永悠彦,前川眞一

    行動計量学   40 巻 ( 1 ) 頁: 29-42   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. 項目反応理論に基づくテストにおける項目バンク構築時の等化方法の比較 査読有り

    光永悠彦,前川眞一

    日本テスト学会誌   8 巻 ( 1 ) 頁: 31-48   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. 因子スコアや潜在変数得点を用いた構造方程式モデルの母数推定の偏りの解決 査読有り

    光永悠彦,星野崇宏,繁桝算男,前川眞一

    行動計量学   32 巻 ( 1 ) 頁: 21-33   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 9

  1. 学び・育ち・支えの心理学 ―これからの教育と社会のために

    光永悠彦( 担当: 共著 ,  範囲: 第4章 心理統計学の基礎)

    名古屋大学出版会  2024年2月  ( ISBN:9784815811518

     詳細を見る

    総ページ数:298   担当ページ:57-74   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. テレナーシング その理論と実践 ―事例でわかるテレナーシングの進め方

    光永悠彦( 担当: 共著 ,  範囲: 「遠隔医療とAI・ビッグデータ」「次世代通信技術(5G)とテレナーシング」)

    照林社  2024年2月  ( ISBN:9784796526074

     詳細を見る

    総ページ数:216   担当ページ:51-56   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. 心理・教育・人事のためのテスト学入門 査読有り

    光永悠彦( 担当: 共著 ,  範囲: 4章 等化とリンキングー複数のテスト尺度を共通化するために)

    誠信書房  2023年4月  ( ISBN:9784414300253

     詳細を見る

    総ページ数:226   担当ページ:61-84   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. テストは何のためにあるのか : 項目反応理論から入試制度を考える

    光永 悠彦, 西田 亜希子

    ナカニシヤ出版  2022年  ( ISBN:9784779516832

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  5. 現場の大学論 : 大学改革を超えて未来を拓くために

    崎山 直樹, 二宮 祐, 渡邉 浩一, 井上 義和, 笠木 雅史, 北村 紗衣, 標葉 靖子, 標葉 隆馬, 嶋内 佐絵, 成瀬 尚志, 羽田 貴史, 光永 悠彦, 吉田 文

    ナカニシヤ出版  2022年  ( ISBN:9784779515453

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  6. 心理臨床実践のための心理学 心の専門家養成講座⑤ 査読有り

    光永悠彦( 担当: 共著 ,  範囲: 実験や調査で何がわかるか(心理学研究法))

    ナカニシヤ出版  2021年3月  ( ISBN:9784779515590

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  7. 公認心理師基礎用語集 よくわかる国試対策キーワード117

    松本真理子・永田雅子[編] 河野荘子・清河幸子・光永悠彦・他( 担当: 共著 ,  範囲: 統計手法,統計基礎知識)

    遠見書房  2018年8月  ( ISBN:9784866160504

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  8. テストは何を測るのか 項目反応理論の考え方

    光永悠彦( 担当: 単著)

    ナカニシヤ出版  2017年2月  ( ISBN:9784779510717

     詳細を見る

    総ページ数:235   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  9. テストは何を測るのか : 項目反応理論の考え方

    光永 悠彦

    ナカニシヤ出版  2017年  ( ISBN:9784779510717

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

▼全件表示

講演・口頭発表等 45

  1. 項目反応理論(IRT)を用いた横浜市学力・学習状況調査の実践と課題 招待有り

    光永悠彦

    日本テスト学会第21回大会  2023年8月27日  日本テスト学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大学入試センター  

  2. 継続的な国際カリキュラム到達度 測定のためのテスト開発―サブサハラ・アフリカ地域における三カ国を事例として―

    谷口京子・光永悠彦・渡邊耕二

    日本テスト学会第21回大会  2023年8月27日  日本テスト学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大学入試センター  

  3. A comparison of equating method to detect longitudinal trends. 国際会議

    Haruhiko Mitsunaga, Yuri Uesaka

    IMPS 2023  2023年7月26日  Psychometric Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Maryland College Park, MD, USA  

  4. 国内看護系大学・大学院を対象とした遠隔看護教育の実態と課題(第3報)大学院における教育の必要性の認識と課題

    光永悠彦・亀井智子・山本由子・中山優季・金盛琢也・東福寺幾夫・亀井延明・抱井尚子・高橋惠子・河田萌生・猪飼やす子

    第24回日本遠隔医療学会学術大会  2021年2月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  5. 英語スピーキングテストにおけるテストデザインの違いがパラメタ推定値に及ぼす影響

    光永悠彦, 羽藤由美, 神澤克徳

    日本教育心理学会第62回総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. 少数カテゴリの併合がパラメタ推定に及ぼす影響―パフォーマンステストデータに多相ラッシュモデルを適用した場合―

    光永悠彦,羽藤由美,神澤克徳

    日本教育心理学会第61回総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:日本大学文理学部(東京都世田谷区)   国名:日本国  

  7. 英語スピーキングテストにおけるスコアの共通尺度化法 ―京都工芸繊維大学における事例から―

    光永悠彦,羽藤由美,神澤克徳

    日本テスト学会第17回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. テスト実施団体における教育測定学者の役割 ―IRTの専門家の立場から― 招待有り

    光永悠彦

    日本テスト学会第17回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. An automated method to detect enemy items using NLP approach. 国際会議

    Haruhiko Mitsunaga

    IMPS 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  10. CAT system utilizing automated procedure for detecting enemy items based on NLP. 国際会議

    Haruhiko Mitsunaga

    IACAT 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Minnesota, Minneapolis, MN, USA.   国名:アメリカ合衆国  

  11. 第三の評価者が多相ラッシュモデルのパラメタ推定に及ぼす効果の検討―英語スピーキングテストの評価データを用いて―

    光永悠彦・羽藤由美・神澤克徳

    日本教育心理学会第60回総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:慶應義塾大学日吉キャンパス(横浜市)   国名:日本国  

  12. 項目反応理論の考え方

    光永悠彦

    日本教育心理学会第60回総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:慶應義塾大学日吉キャンパス(横浜市)   国名:日本国  

  13. 項目反応理論に基づく等化を用いた児童の学力追跡分析―マラウイの事例から―

    谷口京子,光永悠彦

    日本テスト学会第16回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京家政大学(東京)   国名:日本国  

  14. Developing English Speaking Proficiency Scale Using Common Subject Design. 国際会議

    Haruhiko Mitsunaga, Yumi Hato, Katsunori Kanzawa

    PROMS 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fudan University, Shanghai   国名:中華人民共和国  

  15. Investigating Practicality for Building an Item Bank Using CALR Method. 国際会議

    Haruhiko Mitsunaga

    IMPS 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Columbia University, New York, NY   国名:アメリカ合衆国  

  16. 等化手続きの違いが 項目バンクのパラメタ推定値に及ぼす影響―同時推定法に等化係数を用いた等化法を併用する効果の実践的検討―

    光永悠彦

    日本教育心理学会第59回総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場   国名:日本国  

  17. ビデオフォン (Skype) 方式英語スピーキングテストの可能性と課題:高等学校定期考査への導入実績に基づく報告

    神澤克徳,光永悠彦,清水裕子,羽藤由美

    日本言語テスト学会第21回全国研究大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:会津大学   国名:日本国  

  18. Developing a CBT Speaking Test of English asa Lingua Franca: The Evolution of Rating Scales.

    Y.Hato, K.Kanzawa, Y.Tsubota, H.Mitsunaga, G.Edmonds, Y.Shimizu

    JACET 56th International Convention 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Aoyama Gakuin University   国名:日本国  

  19. 項目反応理論に基づいた項目バンク構築における同時推定手続きの実践的効果

    光永悠彦

    日本テスト学会第15回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  20. Assessing ELF proficiency: The evolution of a CBT speaking test. 国際会議

    Y.Hato, K.Kanzawa, Y.Tsubota, G.Edmonds, H.Mitsunaga

    ELF & Changing English 10 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フィンランド共和国  

  21. 教務データを指標とした学生の将来予測の可能性と限界―データ分析手法の検討から運用上の課題まで―

    光永悠彦

    日本高等教育学会第20回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  22. 教務データを利用した学生の留年及び進路予測 ―データベースの整備から予測モデルの検討まで―

    光永悠彦,原田健太郎

    日本行動計量学会第44回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌学院大学   国名:日本国  

  23. 大学・大学院入試に向けた英語スピーキングテストの尺度化事例―受験者特性と評価者属性を考慮したモデルによる検討―

    光永悠彦,神澤克徳,坪田康,羽藤由美

    日本テスト学会第14回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:電気通信大学   国名:日本国  

  24. IRTベースのWBTシステムの試作と情報系授業への適用実験

    吉田史也,光永悠彦,山川広人,小松川浩

    第41回教育システム情報学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:帝京大学宇都宮キャンパス   国名:日本国  

  25. IRTを用いた反復学習を目的としたeラーニングシステムの試行

    吉田史也,光永悠彦,山川広人,小松川浩

    教育情報システム学会(JSiSE)2016年度第2回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千歳科学技術大学   国名:日本国  

  26. 教務データを用いた大学生の留年及び進路の予測について―大学における教学IR の推進と学生の学修改善のために―

    光永悠彦,原田健太郎

    日本高等教育学会第19回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:追手門学院大学   国名:日本国  

  27. Developing a computer-based speaking test of English as a Lingua Franca. 国際会議

    Y.Hato, K.Kanzawa, H.Mitsunaga, Y.Tsubota, N.Underhill

    50th international IATEFL Conference and Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Birmingham   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  28. A comparison of equating method based on IRT model for the place-ment test of EFL course. 国際会議

    H.Mitsunaga, Y.Nakamura

    Pacific Rim Objective Measurement Symposium (PROMS) 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyusyu Sangyo University   国名:日本国  

  29. 項目反応理論を用いた適応型テストの能力値推定精度に関する研究

    平澤梓,光永悠彦,小松川浩

    教育情報システム学会(JSiSE)2015年度第2回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北星学園大学   国名:日本国  

  30. 教学IRデータにおける多変量解析手法の検討~他分野におけるデータマイニング先行事例との比較を通じて~

    光永悠彦

    第19回情報知識学フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国立情報学研究所   国名:日本国  

  31. IRデータを利用し学生に分析結果を返す学修支援システムの構築

    光永悠彦

    大学情報・機関調査研究集会 MJIR 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州国際会議場   国名:日本国  

  32. IRTに基づく等化を前提としたテストにおける下位尺度の取り扱いについて―試験実施機関から見た課題と解決法―

    光永悠彦

    日本テスト学会第12回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:帝京大学   国名:日本国  

  33. 看護系大学共用試験(CBT)の項目バンク構築におけるIRTに基づく項目パラメタ等化方法の検討

    光永悠彦

    日本テスト学会第12回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:帝京大学   国名:日本国  

  34. 共通項目デザインを用いた多値型データによるテストにおける等化方法の比較

    光永悠彦,御園真史,水町龍一

    日本テスト学会第11回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  35. 共通項目デザインを用いた大規模テストにおける等化順序の効果の検討

    光永悠彦,前川眞一

    日本教育心理学会第54回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:琉球大学   国名:日本国  

  36. Second Language Vocabulary Assessment. 国際会議

    Y.Nakamura, H.Mitsunaga

    The 17th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics (PAAL2012) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  37. 項目プールのサイズが実施ごとに増大するような大規模テストにおける項目パラメタの更新法

    光永悠彦,前川眞一

    日本テスト学会第9回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. Five-consecutive-year analysis of Japanese students' English proficiency using a large-scale in-house placement test. 国際会議

    Y.Nakamura, H.Mitsunaga

    The 16th World Congress of Applied Linguistics (AILA2011) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  39. Constructing a Large-scale English Placement Test.

    Y.Nakamura, H.Mitsunaga

    JALT 2010: 36th Annual International Conference on Language Teaching and Learning & Educational Materials Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. 英語プレイスメントテスト開発と英語読解能力の経年的変化に関する分析の試み

    中村優治,光永悠彦

    日本テスト学会第7回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. Item parameter calibration with non normal ability distribution. 国際会議

    H.Mitsunaga, S.Mayekawa

    International Meeting of the Psychometric Society 2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  42. テスト得点への数値カテゴリを持つ多項分布の当てはめ

    光永悠彦,前川眞一

    日本テスト学会第6回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 正規分布の確率密度に比例した離散能力分布の推定法

    光永悠彦,前川眞一

    日本教育心理学会第47回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  44. The Development of an Item Parameter Calibration Program for IRT models with the Improved Initial Estimates and Distribution Estimation Method. 国際会議

    H.Mitsunaga, S.Mayekawa

    International Meeting of the Psychometric Society 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オランダ王国  

  45. 潜在変数得点の推定値を用いた構造方程式の母数の推定について

    光永悠彦,星野崇宏,繁桝算男,前川眞一

    日本行動計量学会第31回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 19

  1. 21世紀型の学力・学習力の測定と向上:新たな評価の開発からデジタルツールの活用まで

    研究課題/研究課題番号:23H00065  2023年4月 - 2027年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    植阪 友理, 清河 幸子, 岡田 謙介, Manalo Emmanuel, 中川 正宣, 鈴木 雅之, 深谷 達史, 中島 健一郎, 光永 悠彦, 仲谷 佳恵, 瀬尾 美紀子, 山口 一大, 上西 秀和, 高橋 麻衣子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    21世紀を生きるには、知識技能の「深い理解」と「学習力」が重要である。この達成のためには評価が重要であるが、具体的なあり方が十分に検討されておらず、学習改善に結びつきにくい実態がある。これは「深い理解」や「学習力」の達成状況が量的に解析されておらず、分析結果が指導改善に生かしにくいレベルで記述されているためであろう。本研究では、認知診断モデル等を活用し、「深い理解」や「学習力」やその下位要素の習得状況を量的に解析し、学習改善に活用することを目指す。具体的には、①「深い理解」の測定課題や教師向けの解析ツールを開発する、②開発されたツールで解析する、③解析結果を活用して教育現場で実践を行う。

  2. 英語スピーキングテストの採点効率化に向けたTask Achievementの解明

    研究課題/研究課題番号:22K00736  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    神澤 克徳, 小林 雄一郎, 李 在鎬, 光永 悠彦, 田中 悠介, 森 真幸

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、英語スピーキングテストの重要な評価観点であるタスク達成度(Task Achievement)の構成要素を明らかにすることを目的とする。「リンガフランカとしての英語」が主流になっていることを考慮すると、スピーキングテストにおいては発音や文法よりも、英語を使って目的を達成できたかという、タスク達成度の評価が求められる。しかし、現状では、タスク達成度の構成要素が明らかになっておらず、採点者は自身の主観に基づいて評価せざるを得ない。本研究ではコーパス分析や採点者を対象とする調査によってこれを明らかすることで、採点の質向上や効率化、将来的なタスク達成度の自動採点システムの開発に貢献したい。

  3. コロナ禍の下での大学入試政策及び個別大学の入試設計のための総合的大学入試研究

    研究課題/研究課題番号:21H04409  2021年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    倉元 直樹, 鈴木 雅之, 内田 照久, 西郡 大, 立脇 洋介, 池田 文人, 脇田 貴文, 林 篤裕, 小泉 利恵, 久保 沙織, 光永 悠彦, 飯田 直弘, 島田 康行, 宮本 友弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は高大接続改革の進行に並行する形で5年間実施された前研究課題(16H02051)の後継に位置づけられる。前研究課題と同様に、COVID-19の影響下で模索される新たな大学入試のあり方について、「入試政策検証班」「多面的・総合的評価班」「評価測定技術班」「コロナ対応検討班」の4班編成で、刻々と変化する状況に即応する大学入学者選抜政策と各個別大学の対応のために有益な研究成果の即時的配信を目指す。

  4. 石綿で起こり症状緩和が困難な中皮腫に対するバディナースを用いた包括ケアの実装

    研究課題/研究課題番号:21H03241  2021年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    長松 康子, 佐居由美, 中島 聡美, 伊藤 正哉, 小野 若菜子, 光永 悠彦, 福神 大樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    胸膜中皮腫は難治性かつ症状コントロールが困難で、平均余命7.9ヶ月と病状悪化が早く、心身の艱難辛苦のうちに死に至る。遺族の悲嘆は長期かつ深刻なものとなる。患者と家族の生活の質を維持するためには、ニーズを予測して緊急的ケアを提供することが必須である。しかし、ケアニーズは多様で、看護だけでは対応できないものも存在する。そこで本研究は、多職種や支援団体と協働して、同一のナースが診断からグリーフまでをケアコーディネートしている英国を習って開発した「日本版中皮腫患者と家族への包括的ケア:胸膜中皮腫包括ABCケア」をモデル病院にてケアを実装・改善し、実現性を評価する。
    胸膜中皮腫は、アスベストで起こる悪性疾患で、我が国では毎年1600人が死亡している。胸膜中皮腫は、難治性かつ症状コントロールが困難で、平均余命7.9ヶ月と病状悪化が早く、心身の艱難辛苦のうちに死に至る。有害物質によって発症することから、患者と遺族の無念感が強く、患者の死亡後も遺族の悲嘆は長期化する。胸膜中皮腫患者と家族の生活の質を維持するためには、病期に応じたニーズを予測したケア体制を維持し、必要時に字sン測なケアを提供することが必須である。
    しかし、胸膜中皮腫患者と家族のケアニーズは多様で、看護だけでは対応できないものも存在する。また、中皮腫の治療を提供できる医療機関が限られることから、中皮腫の治療を終えたのちに、患者居住地の医療機関へ転院する際にケアが途切れやすい。そこで本研究は、多職種や支援団体と協働して、同一のナースが診断からグリーフまでをケアコーディネートしている英国を習って開発した「日本版中皮腫患者と家族への包括的ケア:胸膜中皮腫包括ABCケア」をモデル病院にてケアを実装・改善し、実現性を評価する。
    2021年度は、中皮腫ケアを実施している医療機関の看護師に対して聞き取り調査を実施した。その結果、中皮腫治療を実施している看護師は、地域における在宅医療や緩和ケアについての知識が不足していることから、患者が中皮腫治療を終えて退院する際のケアの移行支援が十分実施されていなかった。在宅ナースからは、中皮腫患者の支援要請がほとんどない実情が明らかにされた。すでに開発した「ナースのための包括ABCjケアガイド」について、緩和ケア、中皮腫を発症させるアスベストへの曝露予防方法、労災申請や石綿健康被害救済制度申請についての追記が必要であることが指摘された。これを受けて、ケアガイドの改定を実施した。
    COVID19流行によって医療と教育に従事している研究者らが多忙で疲弊し、胸膜中皮腫患者、家族および遺族は、外出制限の中で孤独にあった。そこで、zoomやメールを駆使することで、研究を遂行した。
    中皮腫患者と家族へのケアが滞りがちなターミナル期のケアを向上させるためには、中皮腫患者と家族に対する地域ケアや緩和ケアの推進が必要であるが、急性期病院から地域ケアへの転換に滞りが見られる。そこで、多職種や患者・加須k支援団体と連携しながら、診断から途切れることないケアを看護師が主導で実施する包括ABCケアを実践する看護師(バディ・ナース)を要請する教育プログラムをzoomを用いて実施する。

  5. 「新しい生活様式」における孤立と孤独の再帰的構築プロセスの解明

    研究課題/研究課題番号:21H00930  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    五十嵐 祐, 平島 太郎, 吉田 琢哉, 光永 悠彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、心理学的アプローチと計算社会科学的アプローチを融合し、孤独を感じやすいハイリスク群がリモート環境での相互作用で孤立し、ますます孤独を深めてしまう「孤独と孤立の再帰的構築プロセス」の解明とその解決を目指す。具体的には、自然言語処理や深層学習によって個人レベル・関係性レベルの情報を抽出した上で、モデルベースの分析とデータ駆動型分析を併用することにより、孤立の結果として孤独感を高めやすい人々の特徴を明らかにする。

  6. 看護研究における混合研究法教育用ガイドブックの開発とeラーニングの構築

    研究課題/研究課題番号:20H03966  2020年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    抱井 尚子, 河村 洋子, 眞壁 幸子, 八田 太一, 高木 亜希子, 田島 千裕, 成田 慶一, 野崎 真奈美, 亀井 智子, 稲葉 光行, 福田 美和子, 井上 真智子, 大河原 知嘉子, 光永 悠彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    近年看護研究者の間では、単一の調査プロジェクトにおいて量的・質的研究アプローチの両方を用いる事で新たな知見を見出す事が高い関心を集めている。本研究では、混合研究法の看護研究における利用の支援のため、混合型研究の計画・実施を導くガイドブックを開発・評価し、これをeラーニングとしてネット公開することを目指す。混合研究法学習者としての看護研究者の問いと、これに対する混合研究法の専門家の応答をデータとして収集・分析する事で、看護研究者の研究実践に根ざした課題解決のあり方を明らかにする。そして、この知見を、最終的に混合型研究ガイドブックの開発およびeラーニングの構築に繋げることで本研究の目的を達成する。
    本研究プロジェクトは、わが国の看護研究における混合型研究の教育モデルの構築およびこれに基づく研究実践ガイドブックとeラーニングツールの開発・公開を目的とする。
    2021年度の前半においては、2020年度において日本の看護研究者より収集した「混合研究法の実施におけるハードル」を特定するための質問紙調査(n=322)およびフォーカスグループインタビュー調査(n=31)のデータ分析の結果を統合する作業を行った。そして、この結果を、10月末に開催された国際混合研究法学会アジア地域会議/日本混合研究法学会年次大会において発表した。また、質問紙調査から得られた、日本の看護研究者における混合研究法の認知度・普及状況についても報告書(抱井他, 2021)にまとめ公開した。
    秋以降は、デルファイ調査の第1ラウンドとして混合研究法の実践経験が豊富な海外の看護研究者5名に対しZoomビデオを使用して、「混合研究法のハードル」を乗り越える上で有益な教育の在り方に関する個別インタビューを実施した。インタビュー参加者は、できるだけバックグラウンドが多様になるように合目的的に選んだ。結果として、世界の様々な地域から国際色豊かな研究者より協力を得ることができた。インタビューデータの分析結果をもとに、デルファイ調査の第2ラウンド以降に使用する質問紙調査票の項目を作成した。そして、インタビュー参加者5名それぞれにより推薦された研究者数名と、混合型研究を看護系トップジャーナルに出版している看護研究者(データベース(Scopus)を用いて特定)を合わせた合計69名に対し、2月末に調査協力依頼をメールで送信した。ウェブアンケート調査によるデルファイ第2ラウンドのデータ収集は昨年度末に完了する予定であったが、回答数が伸びず、回答期限を2022年度4月25日まで延長した。最終的に13名より回答を得た(回答率20%)。
    2021年度の主たる目的は、デルファイ調査を用いて日本の看護研究者が混合研究法を実施する上で経験する「ハードル」の乗り越え方に関する海外のエキスパートの見解を収集・分析することであった。2020年度に実施した日本の看護研究者を対象とした調査結果にもとづき、デルファイ調査第1ラウンド(インタビュー調査)用のインタビューガイドを作成し、これを用いて海外の混合研究法エキスパート5名に対し個別インタビューを実施した。インタビューでは、調査参加者が考える混合研究法教育のあり方や、彼/彼女が実践している教育方法、研究者間で賛否両論がある混合研究法の理論や実践のあり方に関する彼/彼女らの見解について質問した。
    インタビューデータの分析結果にもとづき、デルファイ調査第2ラウンド以降用のアンケート調査紙を作成した。アンケート調査紙は3部から構成され、第1部では混合研究法学習者がハードルを乗り越えるための教育のあり方(43項目)、第2部では混合研究法を学ぶ上で役立つリソース(4項目)、そして第3部では調査参加者のバックグラウンドに関する質問(12項目)を尋ねた。回答者には謝礼として40米ドル相当のアマゾンギフトカードをメール送信した。ウェブアンケート調査によるデルファイ調査第2ラウンドのデータ収集は昨年度末に完了する予定であったが、回答者数が伸びなかったため、期限を2022年度4月25日まで延長した。現在のところ第2ラウンドのデータ収集は完了(回答率20%)し、これから分析を進めるところである。
    今後は第2ラウンドの分析結果にもとづき、第3ラウンドのデータ収集およびその分析を今年度中に完了する予定である。第3ラウンドが終了した段階で、さらなるデータ収集が必要であると判断した場合は第4ラウンドのデータ収集を実施する予定である。
    2022年度は、2021年度に引き続き、本研究プロジェクトのフェーズ2の研究活動を進める。つまり、2020年度に得られた日本の看護研究者からの「混合研究法のハードル」に関する声を看護研究者で混合研究法を実践するエキスパートに繋げ、ハードルを乗り越えるために必要な教育のあり方に関するエキスパートの見解を収集・分析する。そして、これを2023年度以降の教育モデルの構築およびeラーニングの開発につなげる。
    本研究の計画段階においては、エキスパートの見解を収集するデルファイ調査(3~4回)をウェブアンケートのみで実施する予定であったが、ウェブアンケートでは十分な記述データが得られないであろうという懸念から、当初の予定を変更し、もっとも重要となる第1ラウンドにおいては、個別インタビューによりデータ収集を行う「修正版・デルファイ調査」を実施することとした。インタビューには、国際混合研究法学会現理事長、台湾出身で現在アメリカの大学の博士課程で新たに混合研究法プログラムを設立した研究者、オーストラリアで広く利用されている混合研究法のテキストの著者、看護系トップジャーナルに数多くの論文を出版している、パキスタンとカナダの両国で活躍する研究者、デンマークで混合研究法を用いた研究を精力的に実践している研究者が、世界の様々な地域から合目的的に選出された。5名に対するインタビューからは、洞察に富む濃密なデータを収集することができたため、計画を変更したことは良かったと評価している。インタビューにもとづいて作成したウェブアンケートを用いて実施したデルファイ調査第2ラウンドからも量的な情報とともにある程度の質的情報は自由記述によって得ることができたが、今後、分析結果次第では、有益な記述データを提供してくれた特定のウェブアンケート調査参加者に対し、個別インタビューを実施することも検討したいと考えている。

  7. 算数・数学における「深い学び」を促進する授業実践・評価の統合的システムの開発

    2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 算数・数学における「深い学び」を促進する授業実践・評価の統合的システムの開発

    研究課題/研究課題番号:20H01720  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    光永 悠彦, 孫 媛, 鈴木 雅之, 山口 一大, 植阪 友理

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    2020年度より全面施行される新学習指導要領では「深い学び」の重要性が指摘されている。一方,教育測定の分野では,認知診断モデルと呼ばれる心理モデルを応用し,認知過程の処理水準の深さ,すなわち学びの深さを測定しようとする研究が行われてきた。本研究課題では日本の小中学生の算数・数学を題材に,認知診断モデルに基づき,学びの処理水準を定量的に測るための方法を開発し,その結果を授業の改善に生かすための具体策を提案することを目的とする。学びの深さを意識したカリキュラム実践の進展に寄与することが期待される。

  9. 到達目標型大学英語教育のデザインと評価

    研究課題/研究課題番号:20K03081  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    住 政二郎, 光永 悠彦, 出口 朋美

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    研究と教育の垣根を越え、人間を中心に現場の課題解決を試みる「デザイン研究」(Design-based Research)が注目を集めている。しかし、外国語教育学分野での応用例は極めて少なく、研究成果の蓄積は乏しい。本研究では、デザイン研究のフレームワークに基づき、課題分析と教材・テスト開発を行い、自動問題生成システムに実装し、授業実践に活用する。さらに、テストの得点を経年的に比較可能にすることで到達目標型大学英語教育の実現をめざす。将来的には各種英語民間試験との対応もはかることで、大学入試制度改革をも念頭に英語教育の成果を客観的な指標で観察できるモデルの構築をめざす。
    2020年度は、(1)現場の課題分析、(2)推定方法の検討、そして(3)教材・テスト開発を軸に研究活動を計画した。(1)に関しては、現場の課題分析を目的に必修英語科目担当者への半構造化面接を行い、基礎データの収集を行う予定であった。しかし、コロナ渦の影響により、既存の対面授業をベースとする授業形態からオンラインへと切り替わり、その対応と状況の変化により計画どおり実施することができなかった。この点に関しては次年度の課題として継続していく。(2)に関しては、大問形式のテスト問題を念頭に、新たな推定方法の検討を行った。大問形式のテストに項目反応理論を適応して標準スコアを算出しようとした場合、安定した推定ができないことが分かっている。また、一般的な英語の授業を念頭に置いた場合、大規模なデータを一度に収集することが難しく、標準スコアの算出が困難であった。この問題を解決するために、テストレットを推定するために開発されたモデルや潜在ランク理論の適用を検討した。しかし、今回は新たな手法として、イローレイティングの手法の適用を試みた。(3)に関しては、顔認証システムを組み込んだテストシステムの開発と実装を行った。コロナ渦の影響により、テストを教室内で行うことができなくなった。また、通常のオンラインの環境では、テストの公正さを担保することが困難であった。そこで、顔認証システムを組み込み、テスト中の不正行為を抑制する機能を組み込んだテストシステムの開発を行った。これは当初予定していなかった研究ではあったが、今後の状況の変化を加味し、本研究に不可価値を追加するものになった。
    コロナ渦の影響により、研究全体の進捗には遅れが生じている。特に、通常の授業が実施できず、本研究が想定していた定期テストが実施できない現在の状況は、研究全体に影響を与えている。対面で行う予定であったインタビュー調査や参与調査など、質的な調査の部分に関しては遅れが生じている。しかし、こうした中においても、当初は予定してはいなかったが顔認証システムを実装したテストシステムを開発し、実装することができたことの成果は大きい。現段階では、小規模なテストで実証実験を行った段階ではあるが、今後は定期テストへの応用も念頭にさらなる開発を継続していく。
    コロナ渦の影響を念頭に置きながら、可能な研究の優先順位を上げて取り組んで行く予定である。質的研究の分野に関しては、対面を念頭にしていたものからオンラインの活用に切り替えて可能な範囲でのデータ収集を行っていく予定である。推定方法に関しては、イローレイティングに限らず、レイティングとランキングの数理モデルの適用を検討する。開発案件に関しては、継続して行い、機能拡張を既存のテストシステムに加えていく予定である。

  10. 語学テストにおける自然言語処理手法を活用した敵対項目検出手法の開発と評価

    2020年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費 (研究成果公開発表)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. テスト理論に基づく開発途上国における継続的な学力測定に関する研究

    研究課題/研究課題番号:19H01626  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    谷口 京子, 渡邊 耕二, 光永 悠彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    開発途上国における児童の基礎学力の向上のために、テスト問題を開発し、学力を継続的に測定する。例として、サブサハラ・アフリカ地域に位置するガーナ、エチオピア、マラウイを研究対象国とする。研究期間は4年間とし、1年目は、各国の国家カリキュラムから共通カリキュラムを作成し、テスト問題項目を作成する。作成したテスト問題を実際に現地で試す予備調査を行い、結果を分析する。2、3年目は、1年目に作成したテスト問題の結果から、問題項目を修正し、ガーナ、エチオピア、マラウイで本調査を実施する。4年目は、学力の伸びを測定するために、一部変更したテスト問題を作成し、再び、ガーナ、エチオピア、マラウイで実施する。
    本年度は以下を実施した。
    (1) 研究対象国である4ヶ国(ボツワナ、ガーナ、エチオピア、マラウイ)の英語と算数のカリキュラムや教科書について整理した。エチオピアのカリキュラムは英語に翻訳をした。これらの国のカリキュラムを比較し、共通カリキュラムを作成した。英語は、単語数や水準、文法、文章題の長さが国によって異なっていたが、共通する部分を抽出した。ボツワナとガーナ、エチオピアとマラウイでレベルが似ていることが分かった。算数は、単元名や順序が多少異なっていたが、5領域(Number and operations, Algebra, Measurement, Geometry, Statistics)が共通しており、ほぼ同じ領域を学習する課程になっていた。どの国においても、貨幣の計算を含むこと、高学年では英語で算数を学ぶということもあり、算数の語彙について習得する特徴が見られた。英語と同様に、ボツワナとガーナ、エチオピアとマラウイでレベルが似ていることが分かった。
    (2) (1)の共通カリキュラムをもとに、5年生と6年生に実施するテスト版を作成するために、問題項目の作成を行った。各教科約100項目作成した。1年生から5年生用の問題項目を基礎ら応用まで幅広い能力が測定することができるようにした。また、(1)の分析結果にあるように、ボツワナとガーナ、エチオピアとマラウイのレベルが似ていることから、2つのテスト版を作成することができるように問題項目を作成した。
    (3) 作成した問題項目を教科の専門家やテスト理論の専門家と話し合い、問題項目の修正を行った。現在、さらに、問題項目の質の向上を目指して、さらに修正を行っている。
    新型コロナウィルスの蔓延によって、現地調査まで実施することができなかったため、やや遅れているとした。
    今後の研究の方針は以下である。
    (1) 問題項目の修正を行い、質を向上させる。(2) 各教科において、ボツワナとガーナ、エチオピアとマラウイでテスト版を2つ作成する。5年生と6年生用の2つを作成する。つまり、各教科において、テスト版を4つ作成する。(3) オンラインでプレテストを1ヶ国で実施してみる。(4) 結果を分析する。(5) オンラインでテストが可能であれば、2ヶ国で実施する。
    現地調査に行くことが難しい状況であるため、オンライン調査をすることができないか各国の研究協力者と話し合い、試みる。

  12. デュアルモニタリング型テレナーシングの標準化と遠隔医療教育コース開発の混合型評価

    研究課題/研究課題番号:19H01082  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    亀井 智子, 中山 優季, 山本 由子, 亀井 延明, 抱井 尚子, 東福寺 幾夫, 西村 直樹, 光永 悠彦, 金盛 琢也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    遠隔医療としてのテレナーシングの実施基準やモニタリング方法、施設・教育要件等を標準化するため、国内外のテレナーシング実施方法を分析すること、および遠隔医療教育カリキュラムを開発し、評価する。
    研究目的は、①国内外の慢性疾患療養者と看護職間のデュアルモニタリングに基づくテレナーシング方法を標準化し、ビッグデータ活用法を検討する。②テレナーシング実践に必要なコンピテンシーを明確化し、それを育成する遠隔医療教育カリキュラムを開発・評価する。③テレナーシング標準実践ガイドを作成することである。
    方法は、療養者への介入結果、教育カリキュラム受講者の理解度等について、混合研究法を用いて包括的に評価する。
    ①デュアルモニタリング型テレナーシングシステムの修正と再構築:ウェアラブル機器、および無線通信によるバイタル計測機器を取り入れ、症状や日常生活に関する問診を含むテレナーシングシステムを開発した。試用調査により、無線通信が家庭内で機能しない問題、ウェアラブル機器が、高齢者では前腕にフィットしないこと、睡眠の計測ができないなどの問題が生じた。これらの修正のためには、機種を変更する判断を最終的に行った。モニターセンター側の機能も記録の上書きなどの問題が生じ、多くの改修が必要となった。
    ②テレナーシング利用者のデータ集積:3名の慢性疾患高齢者にテレナーシングシステムの利用調査を行った、モニタリングデータにはトリガーポイントを設定し、看護プロトコルに従って、テレナーシングを提供し、記録に残した。①で示したシステム上の課題のため、当初の予定ほどではなかったが、事例集積を進行中である。
    ③国内看護系大学を対象としたテレナーシング教育の実態調査:看護系大学287校を対象として、テレナーシングの教育カリキュラムへの位置づけ、教育時間数、教育上の課題について質問紙調査を行った。回答率は非常に低かったが、8校のみが学部教育において、テレナーシングについて教育を行っていた。教育する人材がないなどの課題が明確化した。
    ④③にもとづくテレナーシング実践にためのeラーニング教材のコンテンツ作成:前述の実態調査から、教育する人材の不足を補う上でも、eラーニング教材作成の意義を認めたため、テレナーシングに必要なリテラシーを身につけるための44コンテンツを明確化した。
    ⑤学会への協力による、テレナーシングガイドライン開発:本研究成果を生かし、テレナーシングガイドラインの編集と執筆を行った。わが国独自のテレナーシングの定義がない中、このガイドラインはテレナーシングの定義、具体的方法、モニタリングの方法などを示している。
    ①のテレナーシングシステムの開発については、開発業社3社との定期的ディスカッションを行い、なぜうまくデータ取り込みができないのかを洗い出し、不具合の理由を明確化した。改修を進める一方で、体重計、腕時計型血圧計の機種を全面的に交換し、再度別業社と話し合い、改修したテレナーシングシステムの作成をほぼ終えるに至り、今後試用調査を行う計画である。
    ②のテレナーシング利用者のデータ集積については、これまでに3例の慢性疾患在宅療養者に適用し、6か月以上の長期的なモニタリングによるテレナーシング実践を重ねており、日々のモニタリングデータを集積中である。また、COVID-19の影響による新規利用者開拓が難しかった。今年度の知見は、縦断的混合研究法ケーススタディとして国際誌に論文投稿し、掲載決定の判定を得たところである。
    ③の国内看護系大学を対象としたテレナーシング教育に関する調査については、質問紙の作成、郵送調査の実施、データ解析を行い、報告書冊子を作成した。また結果を論文にまとめ、和文誌への投稿を行い、掲載誌が刊行された。
    ④のテレナーシング教育用eラーニング教材開発については、教育コンテンツの洗い出しを行い、内容の順序性を検討し、研究分担者に担当いただくコンテンツについて、調整を終えた。
    ⑤のガイドライン作成については、目次案の作成、執筆者の調整を行い、現在編集・校正中であり、近日刊行の予定である。
    引き続きウェアラブル機器を取り入れたテレナーシングシステムの完成をめざし、打ち合わせと改修を進める。システムの完成を見越しながら、対象者のリクルートを継続し、事例の集積を進めていく。eラーニング教材の作成については、動画の作成、システムへの搭載を進め、視聴を開始して、内容の評価を進めていく。

  13. 学力テストをいかにして授業改善につなげるか:阻害要因の検討から学校での実践まで

    研究課題/研究課題番号:19H00616  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    植阪 友理, 中川 正宣, Manalo Emmanuel, 岡田 謙介, 深谷 達史, 鈴木 雅之, 光永 悠彦, 上西 秀和, 仲谷 佳恵, 瀬尾 美紀子, 中島 健一郎, 山口 一大, 太田 絵梨子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    次期学習指導要領の公示にともない、新たな学力観をふまえて学習者を育成することが課題となっている。近年では、新しい学力観に沿うような学力テストも少なからず実施され、学校現場で活用されている。こうしたテストは、教師が結果を授業改善に生かすことを意図して実施されている。しかし、様々なテストが実施されているにもかかわらず、テスト結果が必ずしも授業改善につながっていないという問題がある。本研究では、その原因について、教師の信念や認知に焦点を検討する。また、「深い学び」を促すためにはどのような指導上の工夫が有効であるかを実証的に検討し、さらに、それらを実装した学校での実践も展開する。
    次期学習指導要領の公示にともない、「深い学び」が重視されている。新学力観に沿うテストも実施されつつあるが,テスト実施が授業改善につながらないという問題がある。本研究では、 その原因に焦点をあてるとともに,それらを改善するような実践の開発まで行う。
    上記の問題意識をふまえ、4ユニット構成で以下の4課題に取り組んでいる。 研究課題1:テスト結果が授業改善に結びつかない原因となる教師の信念を心理学的に検討する。研究課題2:テスト結果が授業改善に結びつかない原因となる教師の認知を数理モデルで解析する。 研究課題3:「深い学び」を促す指導法の工夫を、調査研究から明らかにする。 研究課題4:明らかとなった指導上の工夫を取り入れた学校での実践を展開し、効果を検証する。
    初年度については,研究課題1と関連して,学校が作成した対策レポートの分析を行った。テストが深い学びを測定するものであっても,点数の比較に終始することが多く,深い学びのどの側面が十分に達成されていないのかを把握することが難しくなっていることが示された。2年目は認知診断モデルも活用して研究を進めるが,そうした研究に必要な数理的な研究についても本プロジェクトでは達成している。研究2に関しては,Witsと呼ばれる数理モデル及び解析システムを開発している。このシステムを利用したユーザーから,対象とする人数に適したカテゴリ数の設定が要望として出された。これを踏まえて,シミュレーションを用いてカテゴリ数の設定に関する研究を行った。課題3では,指導法上の工夫の効果を検証するための前提として、IRTおよび等価の技術を用いて深い学びを測定する一次元尺度を開発している。コロナのために調査実施が遅延しているが,質問紙の作成は完了しており,状況が落ち着き次第実施する予定である。課題4の前提として,複数の学校と,テストを軸とした授業改善研究を行っている。
    1年研究機関を延長したこともあり、初年度目指した研究は十分に達成できたと考えている。
    2年目においても,ユニットごとに分かれ,研究を継続する。最初の2年間は,研究課題1と研究課題2を重点課題とする。研究課題1として、学校が作成した対策レポートの分析をより精緻にとりまとめるとともに,教師へのインタビュー調査(要因の洗い出し)を行う。1年目の研究からテストが深い学びを測定するものであっても,点数の比較に終始することが多く,深い学びのどの側面が十分に達成されていないのかを把握することが難しくなっていることが示された。こうした分析結果を踏まえ,深い学びをいくつかの要素に分けて達成状況を捉え,それらを数理的な方法も活用しながらうまく生徒や教師にフィードバックしていく必要性を議論した。2年目以降は,認知診断モデル等の活用も視野に入れ,研究を進める。また,教師インタビューを踏まえて,教師のテスト活用観に関する信念を問う質問紙の作成と実証的検討を行う。また,初年度の成果と課題を踏まえて,深い学びを構成要素に分けて捉えて,実証的に出力し,生徒や教師に返却することを,認知診断モデルなどを活用しながら実現する。研究課題2として、深い学びを測定するテストを用いて,教師に生徒の得点を予測させる。これを通じて,教師が深い学びに関して,どのくらい生徒の実態を正確に把握しているかを捉えるとともに,ギャップが大きかった項目を用いて,教師と共同し,テスト活用のあり方を変化させていく。さらに,研究課題3の前提として準備している、IRTおよび等価の技術を用いて深い学びを測定する一次元尺度を開発を,コロナが落ち着き次第再開する。

  14. 日本の大学生によるCBT英語スピーキングテスト回答音声データに基づくコーパス構築

    研究課題/研究課題番号:19K00849  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    神澤 克徳, 李 在鎬, 小林 雄一郎, 森 真幸, 光永 悠彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    大学入学共通テストにおいてスピーキングが課されることが発表されるなど、スピーキングの重要性が高まり、テストによってスピーキング能力を測定する場面が増えている。そのため、日本人のスピーキング能力の実態解明や、テストにおけるパフォーマンス分析が急務となっている。しかし現状では、そのための言語データが圧倒的に不足している。本研究では、京都工芸繊維大学で実施するCBT英語スピーキングテストの回答音声データをもとにコーパスを構築・公開し、それを用いて分析を行う。本研究によりスピーキング研究が進展し、スピーキングテストの開発・改良、スピーキング指導、スピーキングに関する教材開発などにも貢献できると考える。
    本研究の目的は、京都工芸繊維大学で学部1年次生全員を対象に実施したCBT英語スピーキングテスト(KIT Speaking Test)の回答音声データに基づいてコーパス(KIT Speaking Test Corpus)を構築し、公開することである。また、そのコーパスを用いて分析を行い、日本人大学生のスピーキング能力の特徴を明らかにし、英語教育や言語テストなどの分野に貢献するデータを提供することである。
    本研究は、(1)データの書き起こしとタグ付け、(2)ローカル版コーパスの構築とデータ分析、(3)オンライン上でのコーパス公開、の3段階に分けて行う。前年度に引き続き、2020年度も(1)を中心に行い、2020年度末までにすべての受験者(575名分)の回答音声データの書き起こしとタグ付けを完了した。また、前年度までに書き起こし・タグ付けを完了している約300名分のデータを用いて基礎的な分析を行い、その成果を2020年10月にオンラインで開催された英語コーパス学会第46回大会において報告した。(1)が完了したため、今後の研究は(2)と(3)に移行する。(2)については、前述の基礎的な分析結果をふまえて、より詳細な分析を行っていく。(3)については、コーパスの公開方法を検討した後、公開に向けた準備を進め、科研費の交付終了年度である2021年度末までにオンライン上で一般公開する。また、研究の成果を国内外の学会や論文等で積極的に発表する。
    当初の計画通り、2020年度末までにすべての受験者(575名分)の回答音声データの書き起こしとタグ付けを完了した。また、すでに書き起こし・タグ付けを完了している約300名分のデータを用いて基礎的な分析を実施した。
    コーパス公開班(神澤、森)は2021年度末までのコーパスの一般公開に向けて、コーパスの公開方法を検討し、公開に向けた準備を進める。データ分析班(神澤、小林、李、光永)はコーパスを用いた分析を行う。これらの成果は国内外の学会や論文等で発表する。
    また、2021年度で科研費の交付が終了するが、それ以後も本研究を発展させられるように、今後の研究計画を検討する。

  15. 都市部/地方別にみた非大学私立セクターの大学昇格への感応条件と定員充足の動態分析

    研究課題/研究課題番号:19K02509  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    西田亜希子, 光永 悠彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は大綱化以降に設立された新設大学の変遷を検証する。新設大学は短期大学や専門学校からの昇格が多く、また学校法人内に他の学校種を併設していることが多い。そのため学校法人単位で検討する。大学昇格をする/しないは併設校の財務的余裕や、高学歴化志向だけで決まるわけではない。またその行動や成否は地方の産業構造や人口構成、進学構造などの特性に左右される。そのため学校法人については、受験案内書などを参照して量的指標を作成し、財務指標データを加え、これらを用いた多変量解析によって分類する。加えて学校法人の属する地方の特性を踏まえ、定員充足の構造を探り、大学昇格や学部構成の指針となるモデルを探索する。
    本研究は大学設置基準大綱化以降に、どんな地域にある、どのような専門学校・短期大学が大学に昇格しやすく、また大学に昇格したことで予想した学生数が集まっているのかを分析するものである。アウトカムには教育効果など様々あるが、授業料収入に直結し、財政的な要因そのものの定員充足率に焦点を当てる。
    まず地域の面では新設大学は地方で小規模なものが多いものの、単純に都市部/地方と2分するのではなく、主な産業やその景気といった地域特性を反映し考慮する必要があると考えられた。
    大学昇格の主なパターンは、(1)専門学校→大学、(2)短大→大学、(3)専門学校→短大→大学と考えられる。しかし(1)型の専門学校からの昇格は障壁は厚く、(3)の短大を経由した大学昇格といった形が多い。そこで本年度は、過去に短大昇格を試みたが断念したという医療系の専門学校において補助的な質的調査を行ったところ、昇格のための審査の障壁として、厚生労働省の管轄から文部科学省で折衝することの勝手の違い、医療系大学の系列校でない場合、研究実績のある教員の確保の難しさがあることが語られた。これは大学と専門学校の教員募集の方策の違いというだけでなく、医療系では実務指導の比重が高く、実務経験者や卒業生を教員として採用していることが多いことも左右していると考えられる。今後の分析において分野の特性を考慮する必要があるだろう。
    大学昇格のパターンとしては短大からの昇格が最も多いが注意が必要である。短大が戦後一時的な措置としてできたことや、高学歴化の趨勢が大学昇格を後押しするのならば、大学に昇格し、短大が無くなる(2)短→大のパターンに収まるはずだが、実際は短期大学部という形で併設し残す(2)-2短→大・短併設のパターンを取る割合が多い。そこで新設大学という単一学校単位ではなく、学校法人単位で分析し、その結果を検討する予定である。
    1年目2020年は、地域特性のパイロット分析として、大学進学率と都道府県ごとの求人倍率や産業を指標として関連を検討した。高卒後の進学率は、都市部と地方といった人口の多寡と高等教育機関の収容力だけで決まるわけではなく、立地地域の産業構造や好況・不況が高卒後の進学率や地元定着/流出を左右していた。たとえば他の地域が不況に傾く中、東海圏のような比較的工業分野の活況を維持していた地域は高卒後進学率がよいことが確認された。
    大学昇格の経緯については、これまで『大学ランキング』『全国短大受験ガイド』(2016)をベースに、各大学の『学校案内』パンフレットの沿革欄から「沿革基礎データ」を作成してきたが、より学校法人という単位から検討するため2年目の2020年度は、文部科学省が毎年刊行する『文部科学大臣所轄学校法人一覧』より5年刻みのデータベースを作成し、推移を検討する予定であった。これは併設校として、文部科学大臣所轄の大学・短大と、都道府県知事所轄の専門学校の他、中学校や幼稚園などが詳細に記載されており、学校法人内でどのような組み合わせを持つのかが正確に明らかにできる。その資料を閲覧する予定であったが大学図書館が、2020年度は新型コロナウイルス感染症に係る制限指針により学外者への閲覧が制限されていたため叶わなかった。
    そのため2年目・2020年度は量的調査に肉付けするための質的調査を一部取り入れた。大学の改組・改変では定員充足を期待して医療系を設置するケースが多くみられる。そこで現在、医療系であり、かつて短大に昇格しようとしたが断念したことのあるという専門学校においてインタビュー調査を行った。
    研究実施2年目(2020年)、3年目(2021年)は新型コロナウイルス感染症に係る活動制限指針により参考とする資料のアクセスに制限がかかることが考えられる。そのため研究当初に予定していた5年ごとなどの複数時点のデータをとり、大規模量的調査から経緯を明らかにすることは難しいと予想される。
    そこで複数時点の動的分析が行えない場合は、方針を大きく切り替え、単一年度でアウトカムを増やした分析を行う。そのための資料としては、大学図書館で対外貸借ができなくともネット上で閲覧可能な大学が公表している情報や、民間の情報雑誌(螢雪時代編集部『2020年度用 大学の真の実力 情報公開BOOK』旺文社や朝日新聞社の『大学ランキング』など)を用いる。また大学昇格のアウトカムとして入り口の指標である定員充足率のみに限定する予定であったが、事例的に看護学部をもつ大学の国家試験合格率を用いて、出口戦略と偏差値の関係を見ることも考えている。

  16. 項目反応理論に基づく途上国における基礎学力測定のためのテスト開発に関する研究

    研究課題/研究課題番号:16K13528  2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    谷口 京子, 山本 容子, 平川 幸子, 光永 悠彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、サブサハラ・アフリカ地域において、基礎学力を測定することができるテスト開発を行った。本地域で、学力が比較的高いガーナ、中程度のエチオピア、低いマラウイを例とし、学力テストと質問紙調査を行った。学力テストは、現地語、英語、算数、ライフスキルの4科目とし、各教科10項目で構成した。質問紙は個人と家族要因についての項目で構成した。学年は4~7年生を対象とした。計4783名からデータを収集した。
    項目反応理論(IRT)を用い基礎分析を行い、各教科の項目の困難度と識別力の検出、特異項目機能(DIF)分析を行った。幾つか項目には課題があるものの、研究目的は概ね達成することができた。
    サブサハラ・アフリカ地域において、基礎学力の定着は非常に低く、大きな課題となっている。基礎学力を定着させるためには、まず、正確に基礎学力を測定する必要がある。しかし、この地域における基礎学力を測定することができるテストは非常に少ない。また、存在しても問題項目が公表されていないため、どのような点が弱点であるかなど解答の特徴は明らかにされていない。
    先進国と同じ理論を用いてテスト開発したことによって、途上国においても現状に合わせた生徒の基礎学力の習得するための評価方法の開発に貢献をした。また、サブサハラ・アフリカ地域における学力の向上に貢献した。

  17. 入学試験や定期考査に利用できる英語スピーキングテストシステム構築のための指針策定

    研究課題/研究課題番号:16H03448  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    羽藤 由美, 神澤 克徳, 光永 悠彦, 清水 裕子, 坪田 康, 桝田 秀夫, 永井 孝幸, ヒーリ サンドラ, 竹井 智子, 山本 以和子, 森 真幸, 内村 浩, 伊藤 薫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    下記(1)(2)の実績に基づいて,学校・大学等が入学試験や定期考査において,目的に応じた英語スピーキングテストを開発・運営するためのガイドラインを策定した。また,大学入試に民間試験を用いることの問題点を指摘し,公的機関が質の高いスピーキングテストを開発・運営するための具体的な課題と解決法を明らかにした。
    (1)京都工芸繊維大学が独自に開発し学内で定期実施していたコンピュータ(CBT)方式のテストシステムを改良し,2017年より同大学のA0入試に導入した。
    (2)受験者と面接官をビデオフォンで結ぶテストシステムを開発し,京都市立京都工学院高校の2016年度,2017年度の各学期末考査に導入した。
    2021年に導入される大学入学共通テストでは,英語4技能(特にスピーキング能力)を評価するために,複数の英語民間試験が使われることになっていた。本研究は,民間試験ではブラックボックスになっている受験から成績返却までのプロセス(作問,問題配信・音声回答回収,採点,等化・標準化,トラブル対応,費用等)を透明化することにより,新制度では入試に求められる公正性・公平性が担保できないことを実績データに基づいて訴えることができた(文科省は制度見直しを導入の直前に決定)。また,スピーキング能力の向上により直接的につながる評価システムやAIの発展を視野に入れた長期的な解決策(対案)を提示することもできた。

  18. 項目バンク構築における等化済み項目特性の推定方法に関する研究

    研究課題/研究課題番号:16K17312  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  若手研究(B)

    光永 悠彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2470000円 ( 直接経費:1900000円 、 間接経費:570000円 )

    項目反応理論を応用し,テストを行うたびに項目バンクの中に困難度等の値が蓄積されていく方式のテストを行う場面について,複数存在する共通尺度構成(等化)のための手法を,実データやシミュレーションデータを用いて比較検討した。結果として,個別推定法を用いるか,もしくは同時推定法に個別推定法を組み合わせた方法をとることが理論通りの結果となることが示唆された。ただし,測定すべき構成概念について,尺度の一次元性が十分に仮定できない場合は,最適な方法を慎重に検討する必要性が指摘された。
    学校教育の現場では,たとえば学力の経年変化を題材とした研究が多く試みられているが,それらの研究において標準化された学力指標を用いて議論が行われることは少ない。そのためにはある程度の厳密性をもって学力の一次元尺度化が行われることが前提となる。本研究の成果は,毎年項目バンクの中身が増えていくという限定的なテスト計画の場合において,どのような等化方法が有効かを示すことであり,標準化された学力指標を構築し,さまざまな問題項目を用いて学力を測定していくための手段を,テスト理論の考え方に沿った形で提供することに寄与することにつながる。また等化の方法論を研究するうえでも有益な示唆を与えることが期待される。

  19. 項目バンク構築における等化済み項目特性の推定方法に関する研究

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    項目バンクを構築する試験の等化済み項目パラメタ推定において,項目パラメタの推定及び等化手法のそれぞれについて選択肢が多く,また得られる結果が異なることから,事前に試験データを用いて等化済み項目パラメタを推定する研究を行う場合がある.本研究課題では試験実施のたびに項目バンクの問題数が多くなっていく方法(項目バンク増殖法)により多数の問題項目に項目パラメタを推定するテストデザインにおいて,項目パラメタ推定法や等化手法を比較検討する.その際,十分受験者が大きく,項目数も多い正誤データセットを実際の試験から援用する.このデータセットを組織的に欠測させる方法により,実際のテスト実施手法が項目バンク増殖法によるものでなくとも,項目バンク増殖法のパラメタ推定手法を比較検討でき,実際試験において項目バンク増殖法の活用につながることが期待される.

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 心理計量学講義I

    2017

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 心理学特講6

    2021年2月 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  2. 心理学特講6

    2021年2月 筑波大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

 

学術貢献活動 4

  1. 「教育心理学研究」編集委員

    役割:査読

    日本教育心理学会  2020年1月 - 現在

     詳細を見る

    種別:査読等 

  2. 「日本言語テスト学会誌」編集委員

    役割:審査・評価, 査読

    日本言語テスト学会  2018年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:査読等 

  3. 「日本テスト学会誌」編集委員

    役割:査読

    日本テスト学会  2018年4月 - 現在

     詳細を見る

    種別:査読等 

  4. 「教育心理学研究」編集委員

    役割:査読

    日本教育心理学会  2018年1月 - 2020年12月

     詳細を見る

    種別:査読等