2022/03/29 更新

写真a

ヤスイ タケシ
安井 猛
YASUI Takeshi
所属
大学院創薬科学研究科 基盤創薬学専攻 創薬有機化学 助教
大学院担当
大学院創薬科学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2013年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学

  2. ナノテク・材料 / 有機合成化学

経歴 3

  1. 名古屋大学   創薬科学研究科   助教

    2017年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 武田薬品工業株式会社   リサーチ中枢疾患創薬ユニット   主任研究員

    2013年4月 - 2017年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 日本学術振興会 特別研究員 DC1

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   工学研究科   化学・生物工学専攻

    - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学部   化学・生物工学科

    - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本化学会

  2. 日本薬学会

  3. 有機合成化学協会

 

論文 25

  1. Co-Catalyzed atom transfer radical addition of bromodifluoroacetamides, expanding the scope of radical difluoroalkylation 査読有り

    Yoshihiko Yamamoto, Harufumi Suzuki, Eisuke Kuroyanagi, Keiji Yamada, Takeshi Yasui

    Organic & Biomolecular Chemistry     2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1039/D2OB00437B

  2. Development of novel potent ligands for GPR85, an orphan G protein-coupled receptor expressed in the brain 査読有り

    Aya Sakaki, Takeshi Yasui, Masashi Watanabe, Rine Tatsumi, Yoshihiko Yamamoto, Wataru Takano, Yuki Tani, Izumi Okamura, Hirokazu Hirai, Shigeki Takeda

    Genes to Cells     2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1111/gtc.12931

  3. Cobalt/Organophotoredox Dual-Catalysis-Enabled Cascade Cyclization of 1,6-Diynyl Esters via Formal 1,8-Acyloxy Migration 査読有り

    Takeshi Yasui, Keiji Yamada, Rine Tatsumi, Yoshihiko Yamamoto

    ACS Catalysis     2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1021/acscatal.1c03704

  4. Catalyst-Free Csp−Csp3 Cross-Coupling of Bromodifluoroacetamides with 1-Iodoalkynes under Visible-Light Irradiation 査読有り

    Yoshihiko Yamamoto, Eisuke Kuroyanagi, Harufumi Suzuki, Takeshi Yasui

    Advanced Synthesis & Catalysis     2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1002/adsc.202100846

  5. Highly Enantioselective [2+2+2] Cycloaddition of Enediynes Enabled by Cobalt/Organophotoredox Cooperative Catalysis 査読有り

    Takeshi Yasui, Rine Tatsumi, and Yoshihiko Yamamoto

    ACS Catalysis     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1021/acscatal.1c02410

  6. Enantioselective Construction of 5-6-5 Tricyclic Lactone Framework Bearing a Quaternary Bridgehead Carbon via Rh-Catalyzed Asymmetric [2+2+2] Cycloaddition of Enediynes 査読有り

    Takeshi Yasui, Yuya Nakazato, Koutarou Kurisaki, and Yoshihiko Yamamoto

    Advanced Synthesis & Catalysis     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1002/adsc.202100513

  7. Synthesis of Benzo-Fused Cyclic Ketones via Metal-Free Ring Expansion of Cyclopropanols Enabled by Proton-Coupled Electron Transfer 査読有り

    Tomohiro Kikuchi, Keiji Yamada, Takeshi Yasui, Yoshihiko Yamamoto

    Organic Letters     2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1021/acs.orglett.1c01436

  8. Synthesis of difluoromethylated diarylmethanes via Fe(OTf)3-catalyzed Friedel–Crafts reaction of 2,2-difluoro-1-arylethyl phosphates 査読有り

    Yoshihiko Yamamoto, Tomoya Takase, Eisuke Kuroyanagi, Takeshi Yasui

    Chemical Communications     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. A Combined Experimental and Computational Study on the Palladium-Catalyzed Sequential [2+2+1] Spirocyclization/Arene C–H Activation of 4-Iodo-2-quinolones with Diphenylacetylene 査読有り

    Yoshihiko Yamamoto, Naohiro Hirako, Takeshi Yasui

    Bulletin of the Chemical Society of Japan     2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Synthesis of 1-(Difluoromethyl)alk-1-enes via Palladium-Catalyzed S(N)2 '-Type Substitution Reaction of Difluoromethylated Allylic Phosphates with 1,3-Dicarbonyl Compounds and Imides 査読有り

      86 巻 ( 1 ) 頁: 1053 - 1064   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.0c02538

    Web of Science

  11. Rhodium-catalyzed cycloisomerization of ester-tethered 1,6-diynes with cyclopropanol moiety leading to tetralone/exocyclic diene hybrid molecules. 査読有り

    Yasui T, Kikuchi T, Yamamoto Y

    Chemical communications (Cambridge, England)     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0cc05429a

    PubMed

  12. Palladium-Catalyzed [3+2] and [2+2+2] Annulations of 4-Iodo-2-quinolones with Activated Alkynes through Selective C-H Activation 査読有り

    Yamamoto Yoshihiko, Jiang Jiyue, Yasui Takeshi

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   26 巻 ( 17 ) 頁: 3749-3757   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201904558

    Web of Science

    PubMed

  13. Novel Pure αVβ3 Integrin Antagonists That Do Not Induce Receptor Extension, Prime the Receptor, or Enhance Angiogenesis at Low Concentrations. 査読有り

    Li J, Fukase Y, Shang Y, Zou W, Muñoz-Félix JM, Buitrago L, van Agthoven J, Zhang Y, Hara R, Tanaka Y, Okamoto R, Yasui T, Nakahata T, Imaeda T, Aso K, Zhou Y, Locuson C, Nesic D, Duggan M, Takagi J, Vaughan RD, Walz T, Hodivala-Dilke K, Teitelbaum SL, Arnaout MA, Filizola M, Foley MA, Coller BS

      2 巻 ( 6 ) 頁: 387-401   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsptsci.9b00041

    PubMed

  14. Synthesis of (Difluoromethyl)cycloalkenes from 2-Cycloalkenones by Utilizing Phospha-Brook Rearrangement 査読有り

    Yamamoto Yoshihiko, Ishida Yuki, Takamizu Yosuke, Yasui Takeshi

    ADVANCED SYNTHESIS & CATALYSIS   361 巻 ( 16 ) 頁: 3739-3743   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adsc.201900469

    Web of Science

  15. SYNTHESIS OF gamma-DIFLUOROMETHYLATED TETRONATE DERIVATIVES FROM SQUARATES USING DIFLUOROMETHYLPHOSPHONATE

    Yamamoto Yoshihiko, Ishida Yuki, Kurohara Takashi, Shibuya Masatoshi, Yasui Takeshi

    HETEROCYCLES   99 巻 ( 1 ) 頁: 363-378   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3987/COM-18-S(F)29

    Web of Science

  16. The vinylogous Catellani reaction: a combined computational and experimental study

    Yamamoto Y., Murayama T., Jiang J., Yasui T., Shibuya M.

    CHEMICAL SCIENCE   9 巻 ( 5 ) 頁: 1191-1199   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7sc04265e

    Web of Science

  17. Combined Experimental and Computational Study on Catalytic Cyclocoupling of Epxides and CO2 Using Porphyrin-Based Cu(II) Metal-Organic Frameworks with 2D Coordination Networks 査読有り

    Tsukasa Murayama, Masayuki Asano, Tetsushi Ohmura, Arimitsu Usuki, Takeshi Yasui, Yoshihiko Yamamoto

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   91 巻   頁: 383-390   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20170371

  18. Chiral Hypervalent Organoiodine-Catalyzed Enantioselective Oxidative Spirolactonization of Naphthol Derivatives

    Uyanik Muhammet, Yasui Takeshi, Ishihara Kazuaki

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   82 巻 ( 22 ) 頁: 11946-11953   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.7b01941

    Web of Science

    PubMed

  19. Discovery of a novel B-cell lymphoma 6 (BCL6)-corepressor interaction inhibitor by utilizing structure-based drug design.

    Yasui T, Yamamoto T, Sakai N, Asano K, Takai T, Yoshitomi Y, Davis M, Takagi T, Sakamoto K, Sogabe S, Kamada Y, Lane W, Snell G, Iwata M, Goto M, Inooka H, Sakamoto JI, Nakada Y, Imaeda Y

    Bioorganic & medicinal chemistry   25 巻 ( 17 ) 頁: 4876-4886   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2017.07.037

    PubMed

  20. Hydrogen Bonding and Alcohol Effects in Asymmetric Hypervalent Iodine Catalysis: Enantioselective Oxidative Dearomatization of Phenols 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   52 巻 ( 35 ) 頁: 9215-9218   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201303559

  21. In Situ Generated (Hypo)Iodite Catalysts for the Direct alpha-Oxyacylation of Carbonyl Compounds with Carboxylic Acids 査読有り

    Dr. Muhammet Uyanik, Daisuke Suzuki, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   50 巻 ( 23 ) 頁: 5331-5334   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201101522

  22. Enantioselective Kita Oxidative Spirolactonization Catalyzed by In Situ Generated Chiral Hypervalent Iodine(III) Species 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Angewandte Chemie International Edition   49 巻   頁: 2175-2177   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200907352

  23. Chiral Hypervalent Iodine-Catalyzed Enantioselective Oxidative Kita Spirolactonization of 1-Naphthol Derivatives and One-Pot Diastereoselective Oxidation to Epoxyspirolactones 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Tetrahedron   66 巻 ( 31 ) 頁: 5841-5851   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tet.2010.04.060

  24. Quaternary Ammonium (Hypo)iodite Catalysis for Enantioselective Oxidative Cycloetherification 査読有り

    Muhammet Uyanik, Hiroaki Okamoto, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Science   328 巻 ( 5984 ) 頁: 1376-1379   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1188217

  25. Hypervalent Iodine-Catalyzed Oxylactonization of Ketocarboxylic Acids to Ketolactones 招待有り 査読有り

    Muhammet Uyanik, Takeshi Yasui, Kazuaki Ishihara

    Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   19 巻   頁: 3848-3851   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2009.03.148

▼全件表示

MISC 1

  1. ニトロメタンから窒素原子を取りだす!?危険な反応をより安全に行える新手法 招待有り

    月刊「化学」75 巻 ( 5 ) 頁: 71 - 72   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 16

  1. プロトン共役電子移動を起点としたシクロプロパノール誘導体の触媒的環拡大反応を利用するベンゼン縮環環状ケトンの合成

    菊池友宏、安井猛、山本芳彦

    日本薬学会第142年会  2022年3月28日  日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  2. Rh触媒を用いたC-H活性化による縮環キノロン誘導体の合成

    平子直洋、安井猛、山本芳彦

    日本薬学会第142年会  2022年3月27日  日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  3. 可視光駆動型コバルト触媒を利用した形式的1,8-アシロキシ転移を伴う1,6-ジイニルエステルのカスケード型環化反応の開発

    山田啓士、安井猛、山本芳彦

    日本薬学会第142年会  2022年3月27日  日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. コバルト/光レドックス協働触媒によるエナンチオ選択的[2+2+2]環化付加反応の開発

    安井 猛、巽 理寧、山本 芳彦

    第67回有機金属化学討論会  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  5. コバルト/光レドックス触媒によるエステル含有1,6-ジインの環化異性化反応による1-ナフトール誘導体の合成

    山田啓士、安井猛、山本芳彦

    第67回有機金属化学討論会  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  6. Pd触媒を用いた[2+2+1]スピロ環化と芳香族C-H活性化による縮環2-キノロンの合成

    平子直洋,安井猛,山本芳彦

    第67回日本薬学会東海支部大会  2021年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. 可視光駆動型コバルト触媒を用いるエステル含有1,6-ジインの環化異性化反応による1-ナフトール誘導体の合成

    山田啓士,巽理寧、安井猛,山本芳彦

    第67回日本薬学会東海支部大会  2021年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. 可視光駆動型コバルト触媒を用いるエンジインの不斉[2+2+2]環化付加反応の開発

    安井猛,巽理寧、山本芳彦

    第67回日本薬学会東海支部大会  2021年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. プロトン共役電子移動を利用するシクロプロパノール誘導体の触媒的環拡大反応の開発

    菊池友宏,安井猛,山本芳彦

    第67回日本薬学会東海支部大会  2021年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. コバルト/光レドックス触媒を利用するエステル含有1,6-ジインの環化異性化反応による1-ナフトール誘導体の合成

    山田啓士、安井猛、山本芳彦

    日本化学会第101春季年会  2021年3月19日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. ロジウム触媒を用いるシクロプロパノール含有1,6-ジインの環化異性化反応によるらせん状エキソジエン骨格の構築

    菊池友宏、安井猛、山本芳彦 2020

    日本化学会第101春季年会  2021年3月19日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  12. ロジウム触媒を用いるエンジインの[2+2+2]環化付加反応による5-6-5三環性ラクトン骨格の不斉合成

    安井猛,栗崎晃太郎、山本芳彦

    第66回有機金属化学討論会  2019年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月 - 0219年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  13. キラルロジウム触媒を用いるエンジインの[2+2+2]環化付加反応による5-6-5三環性ラクトン骨格の不斉合成

    栗崎晃太朗、安井猛、山本芳彦

    日本化学会第99春季年会  2019年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  14. ロジウム触媒を用いる1,6-ジインの環化異性化反応によるらせん状エキソジエン骨格の合成

    菊池友宏、安井猛、山本芳彦

    日本化学会第99春季年会  2019年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  15. ロジウム触媒を用いるシクロプロパノール含有1,6-ジインの環化異性化反応によるらせん状エキソジエン骨格の合成

    菊池友宏、安井猛、山本芳彦

    日本薬学会第140年会 

  16. キラルカチオン性ロジウム触媒を用いるエンジインの不斉[2+2+2]付加環化反応の開発

    安井猛,栗崎晃太郎、山本芳彦

    日本薬学会第140年会 

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 遷移金属触媒を用いる光学活性らせん性環状エキソジエン合成法の開発

    研究課題番号:200052  2020年11月 - 2022年11月

    住友財団 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円 ( 直接経費:1500000円 )

科研費 1

  1. コバルト/光レドックス協働触媒が拓くσ結合活性化を伴う環化異性化反応

    研究課題/研究課題番号:21K05051  2021年4月 - 2024年3月

    基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 22

  1. 化学生命工学実験3

    2021

  2. 化学生命工学実験2

    2021

  3. 創薬有機化学実習

    2021

  4. 創薬有機化学セミナーⅡC

    2021

  5. 創薬有機化学セミナーⅡA

    2021

  6. 創薬有機化学実験

    2021

  7. 創薬有機化学セミナーⅠB

    2021

  8. 創薬有機化学セミナーⅠA

    2021

  9. 有機化学4及び演習

    2021

  10. 創薬有機化学セミナーⅡB

    2021

  11. 多分野融合実践実習

    2021

  12. 先端有機化学

    2021

  13. 多分野融合実践演習

    2021

  14. 創薬有機化学セミナーⅡD

    2021

  15. 有機化学4及び演習

    2020

  16. 創薬有機化学実験

    2020

  17. 創薬有機化学セミナーⅠB

    2020

  18. 創薬有機化学セミナーⅠA

    2020

  19. 化学生命工学実験3

    2020

  20. 化学生命工学実験2

    2020

  21. 創薬有機化学セミナーⅡB

    2020

  22. 創薬有機化学実習

    2020

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 愛知県立豊田西高等学校 出前講義

    役割:講師

    愛知県立豊田西高等学校  2020年11月