2022/04/04 更新

写真a

スズキ トシヒコ
鈴木 俊彦
SUZUKI Toshihiko
所属
医学部附属病院 総合周産期母子医療センター 新生児部門 助教
職名
助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2020年7月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 炭酸ガス換気応答と無呼吸発作との関連

所属学協会 3

  1. 日本周産期・新生児医学会

  2. 日本新生児成育医学会

  3. 日本小児科学会

 

論文 6

  1. Intravenously delivered multilineage-differentiating stress enduring cells dampen excessive glutamate metabolism and microglial activation in experimental perinatal hypoxic ischemic encephalopathy

    Suzuki Toshihiko, Sato Yoshiaki, Kushida Yoshihiro, Tsuji Masahiro, Wakao Shohei, Ueda Kazuto, Imai Kenji, Iitani Yukako, Shimizu Shinobu, Hida Hideki, Temma Takashi, Saito Shigeyoshi, Iida Hidehiro, Mizuno Masaaki, Takahashi Yoshiyuki, Dezawa Mari, Borlongan Cesar V, Hayakawa Masahiro

    JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM   41 巻 ( 7 ) 頁: 1707 - 1720   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0271678X20972656

    Web of Science

    PubMed

  2. Mesenchymal stem/stromal cells stably transduced with an inhibitor of CC chemokine ligand 2 ameliorate bronchopulmonary dysplasia and pulmonary hypertension. 査読有り

    Suzuki T, Sato Y, Yamamoto H, Kato T, Kitase Y, Ueda K, Mimatsu H, Sugiyama Y, Onoda A, Saito S, Takahashi Y, Nakayama T, Hayakawa M

    Cytotherapy     2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    DOI: 10.1016/j.jcyt.2020.01.009

    PubMed

  3. A Novel Treatment with Stem Cells from Human Exfoliated Deciduous Teeth for Hypoxic-Ischemic Encephalopathy in Neonatal Rats

    Kitase Yuma, Sato Yoshiaki, Ueda Kazuto, Suzuki Toshihiko, Mikrogeorgiou Alkisti, Sugiyama Yuichiro, Matsubara Kohki, Okabe Yuka Tsukagoshi, Shimizu Shinobu, Hirata Hitoshi, Yukawa Hiroshi, Baba Yoshinobu, Tsuji Masahiro, Takahashi Yoshiyuki, Yamamoto Akihito, Hayakawa Masahiro

    STEM CELLS AND DEVELOPMENT   29 巻 ( 2 ) 頁: 63 - 74   2020年1月

  4. Administration of Bone Marrow-Derived Mononuclear Cells Contributed to the Reduction of Hypoxic-lschemic Brain Injury in Neonatal Rats

    Sato Yoshiaki, Ueda Kazuto, Kondo Taiki, Hattori Tetsuo, Mikrogeorgiou Alkisti, Sugiyama Yuichiro, Suzuki Toshihiko, Yamamoto Michiro, Hirata Hitoshi, Hirakawa Akihiro, Nakanishi Keiko, Tsuji Masahiro, Hayakawa Masahiro

    FRONTIERS IN NEUROLOGY   9 巻   頁: 987   2018年11月

  5. Intravenous Administration of Bone Marrow-Derived Mesenchymal Stem Cell, but not Adipose Tissue-Derived Stem Cell, Ameliorated the Neonatal Hypoxic-Ischemic Brain Injury by Changing Cerebral Inflammatory State in Rat

    Sugiyama Yuichiro, Sato Yoshiaki, Kitase Yuma, Suzuki Toshihiko, Kondo Taiki, Mikrogeorgiou Alkisti, Horinouchi Asuka, Maruyama Shoichi, Shimoyama Yoshie, Tsuji Masahiro, Suzuki Satoshi, Yamamoto Tokunori, Hayakawa Masahiro

    FRONTIERS IN NEUROLOGY   9 巻   頁: 757   2018年9月

  6. 脳室周囲白質軟化症の重症度と拡散テンソル画像によるFA値との関係 査読有り

    鈴木俊彦,城所博之, 久保田哲夫, 夏目淳, 根来民子

    脳と発達   45 巻 ( 1 ) 頁: 21-25   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 5

  1. Intravenously transplanted Multilineage-differentiating stress enduring cells as a novel source for cell therapy to target neonatal hypoxic ischemic encephalopathy 招待有り 国際会議

    The 4th Taiwan-Korea-Japan Joint Congress on Neonatology  2022年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  2. A novel treatment for perinatal hypoxic ischemic encephalopathy using Multilineage-differentiating stress enduring cells. 招待有り 国際会議

    Toshihiko Suzuki, Yoshiaki Sato,et al.

    Pediatric Academic Societies Meeting 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:カナダ  

  3. 新生児慢性肺疾患に伴う肺高血圧症に対するMultilineage-differentiating stress enduring cellsを用いた治療効果の検討

    佐藤義朗、上田一仁、田中雅人、田中亮 三浦良介、呉尚治、浅田英之、北瀬悠磨、立花貴史、見松はるか、伊藤美春、齊藤明子、村松友佳子、早川昌弘

    成育医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉   国名:日本国  

  4. Multilineage-differentiating stress enduring cellsを用いた 新生児低酸素性虚血性脳症に対する 治療効果の検討

    佐藤義朗、呉尚治、上田一仁、 見松はるか、北瀬悠磨、杉山裕一朗1、近藤大貴、中西圭子、辻雅弘、早川昌弘

    成育医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉   国名:日本国  

  5. Mesenchymal stem cells stably transduced with a dominant-negative inhibitor of CCL2 ameliorate chronic lung disease and pulmonary hypertension. 国際会議

    Yoshiaki Sato , Taichi Kato, Kazuto Ueda, Mimatsu Haruka, Yuma Kitase, Alkisti Mikrogeorgiou, Yuichiro Sugiyama, Shigeki Saito, Takayuki Nakamura, Masahiro Hayakawa

    International Society for Stem Cell Research annual meeting 2017. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston, USA   国名:アメリカ合衆国  

科研費 2

  1. 妊娠高血圧症候群に起因するSGAの慢性肺疾患の重症化機序解明と新規治療法開発

    研究課題/研究課題番号: 19K08341  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4290000円

  2. Muse細胞を用いた周産期脳障害の新規治療開発

    研究課題/研究課題番号:26860844  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円

産業財産権 1

  1. 多能性幹細胞による周産期脳障害の改善及び治療

    佐藤義朗、鈴木俊彦、清水忍、水野正明、早川昌弘、出澤真理

     詳細を見る

    出願人:佐藤義朗、鈴木俊彦、清水忍、水野正明、早川昌弘、出澤真理

    出願番号:2016-098186  出願日:2016年5月

    出願国:国内  

    Multilineage-differentiating Stress Enduring(Muse)細胞は、多能性を有し直接的に分化転換・組織修復を行うことができる間葉系幹細胞の数%を構成する細胞である。我々はHIEモデル動物で、Muse細胞が脳へ生着すること、並びに行動学的に学習及び運動障害の改善効果があることを確認した。現在HIEの治療法は、効果が限定的な低体温療法しかなく、新規治療法の開発が喫緊の課題とされている。本研究でMuse細胞を用いたHIEの新規治療法の開発を行うことにより、神経学的予後を改善する効果が期待できる。