2022/04/07 更新

写真a

コンドウ ユタカ
近藤 豊
KONDO Yutaka
所属
大学院医学系研究科 附属神経疾患・腫瘍分子医学研究センター 腫瘍病態統御部門 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
教授

学位 1

  1. 医学博士 ( 2000年3月   名古屋市立大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 疾患研究

  2. 腫瘍生物学

  3. 非翻訳RNA

  4. エピジェネティクス

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 腫瘍生物学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. がんエピゲノムの解明

学歴 2

  1. 名古屋市立大学   医学研究科   内科学

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋市立大学   医学部

    1984年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

論文 23

  1. Newly established patient-derived organoid model of intracranial meningioma.

    Yamazaki S, Ohka F, Hirano M, Shiraki Y, Motomura K, Tanahashi K, Tsujiuchi T, Motomura A, Aoki K, Shinjo K, Murofushi Y, Kitano Y, Maeda S, Kato A, Shimizu H, Yamaguchi J, Adilijiang A, Wakabayashi T, Saito R, Enomoto A, Kondo Y, Natsume A

    Neuro-oncology   23 巻 ( 11 ) 頁: 1936 - 1948   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/neuonc/noab155

    PubMed

  2. Cancer-Specific Targeting of Taurine-Upregulated Gene 1 Enhances the Effects of Chemotherapy in Pancreatic Cancer. 招待有り 査読有り

    Tasaki Y, Suzuki M, Katsushima K, Shinjo K, Iijima K, Murofushi Y, Naiki-Ito A, Hayashi K, Qiu C, Takahashi A, Tanaka Y, Kawaguchi T, Sugawara M, Kataoka T, Naito M, Miyata K, Kataoka K, Noda T, Gao W, Kataoka H, Takahashi S, Kimura K, Kondo Y

    Cancer research   81 巻 ( 7 ) 頁: 1654 - 1666   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-20-3021

    PubMed

  3. Peritoneal Lavage Tumor DNA as a Novel Biomarker for Predicting Peritoneal Recurrence in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma.

    Suenaga M, Fujii T, Yamada S, Hayashi M, Shinjo K, Takami H, Niwa Y, Sonohara F, Shimizu D, Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Nakayama G, Koike M, Fujiwara M, Kondo Y, Kodera Y

    Annals of surgical oncology   28 巻 ( 4 ) 頁: 2277 - 2286   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-020-08990-w

    Web of Science

    PubMed

  4. Rare genetic variants in the gene encoding histone lysine demethylase 4C (KDM4C) and their contributions to susceptibility to schizophrenia and autism spectrum disorder. 招待有り 査読有り

    Kato H, Kushima I, Mori D, Yoshimi A, Aleksic B, Nawa Y, Toyama M, Furuta S, Yu Y, Ishizuka K, Kimura H, Arioka Y, Tsujimura K, Morikawa M, Okada T, Inada T, Nakatochi M, Shinjo K, Kondo Y, Kaibuchi K, Funabiki Y, Kimura R, Suzuki T, Yamakawa K, Ikeda M, Iwata N, Takahashi T, Suzuki M, Okahisa Y, Takaki M, Egawa J, Someya T, Ozaki N

    Translational psychiatry   10 巻 ( 1 ) 頁: 421 - 421   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41398-020-01107-7

    PubMed

  5. Long non-coding RNA: A recently accentuated molecule in chemoresistance in cancer.

    Peng Y, Tang D, Zhao M, Kajiyama H, Kikkawa F, Kondo Y

    Cancer metastasis reviews   39 巻 ( 3 ) 頁: 825 - 835   2020年9月

     詳細を見る

  6. The Brain Microenvironment Induces DNMT1 Suppression and Indolence of Metastatic Cancer Cells.

    Hirata E, Ishibashi K, Kohsaka S, Shinjo K, Kojima S, Kondo Y, Mano H, Yano S, Kiyokawa E, Sahai E

    iScience   23 巻 ( 9 ) 頁: 101480   2020年8月

     詳細を見る

  7. Autocrine HGF/c-Met signaling pathway confers aggressiveness in lymph node adult T-cell leukemia/lymphoma.

    Totani H, Shinjo K, Suzuki M, Katsushima K, Mase S, Masaki A, Ito A, Ri M, Kusumoto S, Komatsu H, Ishida T, Inagaki H, Iida S, Kondo Y

    Oncogene   39 巻 ( 35 ) 頁: 5782 - 5794   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41388-020-01393-x

    Web of Science

    PubMed

  8. Pathogenic Epigenetic Consequences of Genetic Alterations in IDH-Wild-Type Diffuse Astrocytic Gliomas.

    Ohka F, Shinjo K, Deguchi S, Matsui Y, Okuno Y, Katsushima K, Suzuki M, Kato A, Ogiso N, Yamamichi A, Aoki K, Suzuki H, Sato S, Arul Rayan N, Prabhakar S, Göke J, Shimamura T, Maruyama R, Takahashi S, Suzumura A, Kimura H, Wakabayashi T, Zong H, Natsume A, Kondo Y

    Cancer research   79 巻 ( 19 ) 頁: 4814 - 4827   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-19-1272

    Web of Science

    PubMed

  9. ZNF671 DNA methylation as a molecular predictor for the early recurrence of serous ovarian cancer.

    Mase S, Shinjo K, Totani H, Katsushima K, Arakawa A, Takahashi S, Lai HC, Lin RI, Chan MWY, Sugiura-Ogasawara M, Kondo Y

    Cancer science   110 巻 ( 3 ) 頁: 1105 - 1116   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13936

    Web of Science

    PubMed

  10. A novel high-sensitivity assay to detect a small fraction of mutant IDH1 using droplet digital PCR.

    Hirano M, Ohka F, Maeda S, Chalise L, Yamamichi A, Aoki K, Kato A, Tanahashi K, Motomura K, Nishimura Y, Hara M, Shinjo K, Kondo Y, Wakabayashi T, Natsume A

    Brain tumor pathology   35 巻 ( 2 ) 頁: 97 - 105   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-018-0310-7

    Web of Science

    PubMed

  11. Organotypic brain explant culture as a drug evaluation system for malignant brain tumors.

    Minami N, Maeda Y, Shibao S, Arima Y, Ohka F, Kondo Y, Maruyama K, Kusuhara M, Sasayama T, Kohmura E, Saya H, Sampetrean O

    Cancer medicine   6 巻 ( 11 ) 頁: 2635 - 2645   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cam4.1174

    Web of Science

    PubMed

  12. Newly Established Patient-derived Organoid Model of Intracranial Meningioma.

        2021年7月

  13. Establishment and characterization of cell lines from human endometrial epithelial and mesenchymal cells from patients with endometriosis 招待有り 査読有り

    Muraoka A, Osuka S, Kiyono T, Suzuki M, Yokoi A, Murase T, Nishino K, Niimi K, Nakamura T, Goto M, Kajiyama H, Kondo Y, Kikkawa F

    Fertil Steril Sci   2 巻 ( 2 ) 頁: 195 - 205   2020年11月

  14. A novel sensitive detection method for DNA methylation in circulating free DNA of pancreatic cancer

    Shinjo Keiko, Hara Kazuo, Nagae Genta, Umeda Takayoshi, Katsushima Keisuke, Suzuki Miho, Murofushi Yoshiteru, Umezu Yuta, Takeuchi Ichiro, Takahashi Satoru, Okuno Yusuke, Matsuo Keitaro, Ito Hidemi, Tajima Shoji, Aburatani Hiroyuki, Yamao Kenji, Kondo Yutaka

    PLOS ONE   15 巻 ( 6 ) 頁: e0233782   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0233782

    Web of Science

    PubMed

  15. H3F3A mutant allele specific imbalance in an aggressive subtype of diffuse midline glioma, H3 K27M-mutant

    Maeda Sachi, Ohka Fumiharu, Okuno Yusuke, Aoki Kosuke, Motomura Kazuya, Takeuchi Kazuhito, Kusakari Hironao, Yanagisawa Nobuyuki, Sato Shinya, Yamaguchi Junya, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Kato Akira, Shimizu Hiroyuki, Kitano Yotaro, Yamazaki Shintaro, Yamashita Shinji, Takeshima Hideo, Shinjo Keiko, Kondo Yutaka, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS   8 巻 ( 1 ) 頁: 8   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-020-0882-4

    Web of Science

    PubMed

  16. Identification of a chemical modulator of EZH2-mediated silencing by cell-based high-throughput screening assay

    Murashima Akihiro, Shinjo Keiko, Katsushima Keisuke, Onuki Tetsuo, Kondoh Yasumitsu, Osada Hiroyuki, Kagaya Noritaka, Shin-ya Kazuo, Kimura Hiroshi, Yoshida Minoru, Murakami Shingo, Kondo Yutaka

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   166 巻 ( 1 ) 頁: 41 - 50   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvz007

    Web of Science

    PubMed

  17. DNA methylation inhibitor attenuates polyglutamine-induced neurodegeneration by regulating Hes5

    Kondo Naohide, Tohnai Genki, Sahashi Kentaro, Iida Madoka, Kataoka Mayumi, Nakatsuji Hideaki, Tsutsumi Yutaka, Hashizume Atsushi, Adachi Hiroaki, Koike Haruki, Shinjo Keiko, Kondo Yutaka, Sobue Gen, Katsuno Masahisa

    EMBO MOLECULAR MEDICINE   11 巻 ( 5 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/emmm.201708547

    Web of Science

    PubMed

  18. In vivo rendezvous of small nucleic acid drugs with charge-matched block catiomers to target cancers

    Watanabe Sumiyo, Hayashi Kotaro, Toh Kazuko, Kim Hyun Jin, Liu Xueying, Chaya Hiroyuki, Fukushima Shigeto, Katsushima Keisuke, Kondo Yutaka, Uchida Satoshi, Ogura Satomi, Nomoto Takahiro, Takemoto Hiroyasu, Cabral Horacio, Kinoh Hiroaki, Tanaka Hiroyoshi Y., Kano Mitsunobu R., Matsumoto Yu, Fukuhara Hiroshi, Uchida Shunya, Nangaku Masaomi, Osada Kensuke, Nishiyama Nobuhiro, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻 ( 1 ) 頁: 1894   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-09856-w

    Web of Science

    PubMed

  19. Genome-Epigenome-Senescence: Is TET1 a Caretaker of p53-Injured Lung Cancer Cells?

    Kondo Yutaka

    CANCER RESEARCH   79 巻 ( 8 ) 頁: 1751 - 1752   2019年4月

  20. Notch3 is frequently downregulated in oral cancer

    Ichimura Norihisa, Yamamoto Noriyuki, Nishikawa Masaya, Furue Hiroki, Kondo Yutaka, Hibi Hideharu

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   29 巻 ( 6 ) 頁: 504-510   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2017.06.006

    Web of Science

  21. POLYION COMPLEX-MEDIATED INTRAVENOUS DELIVERY OF ANTISENSE OLIGONUCLEOTIDES AGAINST THE NOTCH-REGULATED NON-CODING RNA TUG1 IN GLIOMA

    Natsume Atsushi, Katsushima Keisuke, Ohka Fumiharu, Shinjo Keiko, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori, Kondo Yutaka

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻   頁: 265 - 265   2017年11月

     詳細を見る

  22. Long non-coding RNAs as an epigenetic regulator in human cancers

    Kondo Yutaka, Shinjo Keiko, Katsushima Keisuke

    CANCER SCIENCE   108 巻 ( 10 ) 頁: 1927 - 1933   2017年10月

     詳細を見る

  23. Oncogenic effects of evolutionarily conserved noncoding RNA ECONEXIN on gliomagenesis

    Deguchi S., Katsushima K., Hatanaka A., Shinjo K., Ohka F., Wakabayashi T., Zong H., Natsume A., Kondo Y.

    ONCOGENE   36 巻 ( 32 ) 頁: 4629-4640   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/onc.2017.88

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 25

  1. エピゲノムで新たな解明が進む「先天性疾患」

    株式会社メディカルドゥ.遺伝子医学MOOK36  2021年 

  2. Non-coding RNAの多様な機能とゲノム安定性維持における役割

    医歯薬出版株式会社  2020年 

  3. エピゲノム標的薬

    新城恵子、近藤 豊

    化学同人  2019年 

  4. 血中DNAメチル化解析とがん診断

    新城恵子、近藤 豊

    シーエムシー出版  2017年 

  5. がん幹細胞とエピゲノム制御

    田崎慶彦、勝島啓祐、木村和哲、近藤 豊

    日本臨牀  2017年 

  6. .DNAメチル化によるがん診断

    間瀬聖子、近藤 豊

    2017年 

  7. .がん幹細胞を制御するエピゲノム機構―グリオーマのエピゲノム治療に向けて

    大岡史治、近藤 豊

    医歯薬出版株式会社  2015年 

  8. Chapter 15: Clinical Significance of Epigenetic Alterations in Glioblastoma

    Ohka F, Natume A, Kondo Y

    Academic Press  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:339-350  

  9. .ヒストンメチル化酵素EZH2の発がんにおける役割と治療標的としての可能性」

    近藤 豊

    羊土社.  2014年 

  10. .がんのヒストン異常

    勝島啓佑、近藤 豊

    .シーエムシー出版  2014年 

  11. .がん

    近藤 豊、新城恵子

    羊土社  2013年 

  12. .脳腫瘍の発生に関わるエピジェネティクス異常

    大岡史治、近藤 豊

    メディカルドゥ  2013年 

  13. .がんにおけるエピジェネティクス異常と医療応用

    近藤 豊

    羊土社  2013年 

  14. .がん細胞のエピゲノム異常 がんエピゲノム可塑性を標的とした治療法の開発. . .

    近藤 豊

    南山堂  2013年 

  15. Genetic and Epigenetic Alterations in Inflammation-Related Cancers ¾ General Mechanisms of Cancers

    Okamoto Y, Kondo Y

    World Scientific Publishing.   2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:29-48  

  16. 造血器腫瘍とエピジェネティクス

    近藤 豊

    医薬ジャーナル社  2012年 

  17. Clinical implications of epigenetic alterations in human thoracic malignancies: epigenetic alterations in lung cancer

    Shinjo K, Kondo Y

    Methods Mol Biol  2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:221-39  

  18. Chapter 12 - Epigenetic Changes in Hepatic Tissues: Evidence of Field Cancerization

    Kondo Y

    Nova Science Publishers.  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:178-192  

  19. エピジェネティクスのがん診断への応用

    新城恵子、近藤 豊

    羊土社  2010年 

  20. Chromatin Remodeling

    Kondo Y

    Springer.   2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:662-665  

  21. Chapter 5: Inflammation-related aberrant patterns of DNA methylation: detection and role in epigenetic deregulation of cancer cell transcriptome

    Suzuki H, Toyota M, Kondo Y, Shinomura Y

    Humana Press  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:55-69  

  22. Pyrosequencing (パイロシークエンス法)

    近藤 豊..

    羊土社  2008年 

  23. Chapter 5: Chromatin immunoprecipitation for microarray analysis

    Kondo Y, Issa JPJ

    DNA Press  2006年 

     詳細を見る

    担当ページ:77-88  

  24. ヒストンのメチル化とアセチル化

    近藤 豊

    羊土社  2004年 

  25. 肝炎

    近藤 豊、溝上雅史.

    医薬ジャーナル社.   1997年 

▼全件表示

講演・口頭発表等 21

  1. 「エピジェネティクス」

    近藤 豊

    第80回日本癌学会学術総会  2021年9月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 新規LSD 1阻害剤による脳腫瘍治療効果とその機序の解明

    近藤 豊

    第80回日本癌学会学術総会  2021年9月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  3. 脳転移におけるグリアネットワークの破綻

    近藤 豊

    第80回日本癌学会学術総会  2021年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. 長鎖非翻訳RNA TUG1はR-loopを解消しがん細胞の増殖を促進する

    近藤 豊

    第80回日本癌学会学術総会  2021年9月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. がんの起源を探って

    近藤 豊

    第80回日本癌学会学術総会  2021年10月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. がん細胞の維持に関わる長鎖非翻訳RNAの解析と治療への応用

    近藤 豊

    第17回日本病理学会カンファレンス  2021年8月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. エピジェネティックな間質細胞の変化が増殖性病変を誘導する

    近藤 豊

    AMED 次世代がん医療創生研究事業 「微小環境多様性に連動する難治がんの分子遺伝学的多様性創成機構の解明と新たながん治療法・予測医療技術の開発」班 令和3年度 第1回班会議  2021年7月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語  

  8. 細胞のゲノム調節分子としての長鎖非翻訳RN

    近藤 豊

    生化学会北陸支部シンポジウム  2021年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. 「ゲノム・エピゲノム」新規LSD1阻害剤の開発

    近藤 豊

    第25回日本がん分子標的治療学会学術集会  2021年5月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. ゲノム不安定化機構研究の新潮流

    近藤 豊

    第49回大会日本環境変異現学会  2020年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. がんの進展に関わるエピジェネティクスの解明と創薬への応用

    近藤 豊

    第24回日本がん分子標的治療学会学術集会  2020年10月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:徳島  

  12. 神経膠腫のエピゲノム解読と新規治療法の開発

    近藤 豊

    第79回日本癌学会学術総会  2020年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:広島  

  13. がん細胞のDNA複製ストレスを調節する長鎖非翻訳RNAの機能解明

    近藤 豊

    第93回日本生化学会大会  2020年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  14. LncRNA TUG1 is a Potent Therapeutic Target Via Enhancing 5-FU Sensitivity in Pancreatic Cancer 招待有り 国際会議

    Yutaka Kondo

    The Translational Medicine Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:中華人民共和国  

  15. Long non-coding RNA as an essential regulator of DNA replication stress in human malignancies 招待有り

    近藤 豊

    HIGO最先端研究セミナー(熊本大学リエゾンラボ研究会)  2019年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    開催地:熊本  

  16. Anti-sense Oligonucleotides-based Nucleic-acid Therapeutics Targeting Long Non-coding RNA in Human Cancers 招待有り 国際会議

    Yutaka Kondo

    8th Annual Conference of International Chemical Biology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  17. Long non-coding RNA as an essential regulator of DNA replication in cancers 招待有り

    近藤 豊

    Tohoku Forum for Creativity (Thematic program 2019), Cancer – from Biology to Acceptance Cancer Etiology  2019年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    開催地:仙台  

  18. Long non-coding RNA as an essential regulator of DNA replication for maintenance of cancer cells 招待有り 国際会議

    Yutaka Kondo

    8th Annual Conference of International Chemical Biology Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:シンガポール共和国  

  19. がん細胞におけるゲノム調節分子としての長鎖非翻訳RNA 招待有り

    近藤 豊

    第56回日本臨床分子医学会学術集会スポンサードセミナー1  2019年4月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    開催地:名古屋  

  20. Cancer Epigenetics – Strategies for Clinical Therapy 招待有り 国際会議

    Yutaka Kondo

    4th National Neuroscience Institute (NNI) Neuro-Oncology Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:シンガポール共和国  

  21. Tumorigenic roles of lncRNAs in human gliomas 招待有り 国際会議

    Yutaka Kondo

    AACR Annual Meeting 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

科研費 5

  1. DNA損傷時のエピゲノム修復における長鎖非翻訳RNAの役割と発がんへの関与

    研究課題/研究課題番号:20K20598  2020年7月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究(開拓)

    近藤 豊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:26000000円 ( 直接経費:20000000円 、 間接経費:6000000円 )

    ゲノム、およびエピゲノム安定性の維持は細胞の生存や個体の発生において極めて重要であり、その破綻はがん等の疾患の原因となる。ゲノム安定性の維持機構については長年の研究により詳細なメカニズムが解明されてきた。一方でエピゲノムの安定性については、DNA損傷時にエピゲノム情報が失われたり傷ついた際に、どのようにオリジナルのエピゲノム修飾が修復・維持されるのか(エビゲノム修復機構)については解明が進んでいない。本申請課題では、DNA損傷によってDNAメチル化情報やヒストンタンパク質の脱離した領域におけるエピゲノム修復機構として、lncRNAを介する機構を提起し、エピゲノム安定性に関して解明を試みる。

  2. がん細胞のDNA複製ストレスを調節する長鎖非翻訳RNAの機能解明とその標的化

    研究課題/研究課題番号:20H03511  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    近藤 豊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

    急速に増殖するがん細胞にとってDNA複製ストレスの調節は必須である。本研究では複製ストレスの調節に長鎖非翻訳RNA (lncRNA) TUG1が関与することに着目し、その機能の詳細および治療への応用について研究を進める。複製ストレスの調節機構は、がん細胞が恒常的に分裂・増殖をするための分子基盤として必須であり、がん細胞の“アキレス腱”とも言えることから、本調節機構を治療標的とすることは合理的アプローチであり、革新的がん治療法の開発が期待できる。

  3. 消化器がん化学療法における新規バイオマーカーとしてのDNAメチル化の探索的研究

    研究課題/研究課題番号:20K08328  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    近藤 豊

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 膵臓がんのがん間質ダイナミクスを制御する機能性RNAの同定と標的化

    研究課題/研究課題番号:19KK0209  2019年10月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    近藤 豊

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 長鎖非翻訳RNAによるがん細胞内エピゲノム情報の制御

    研究課題/研究課題番号:17H03582  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    近藤 豊

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18070000円 ( 直接経費:13900000円 、 間接経費:4170000円 )

    細胞外シグナルで発現が誘導されるlncRNA(TUG1)について、がん細胞の動態がどのように制御されるか基礎的研究を行った。その結果TUG1は、がん細胞でDNA複製ストレス/損傷を速やかに回復させるレスキュー分子として働くことを示すことができた。本研究内容はがん細胞が増殖を続けるための重要な機序の解明であり、TUG1の標的化は、致死的な難治性腫瘍に対するがん特異的な革新的治療薬実現につながると考える。
    難治性腫瘍は根治がほぼ期待できないため患者本人や家族の苦痛、そして社会的損失が計り知れない。今回、TUG1に対して核酸医薬の開発を進めるための基盤的データが構築てきた。TUG1に対する核酸医薬開発は、独自の分子基盤に基づいた治療薬が期待でき、実用化ができれば国内のみならず他国の開発と比しても極めて競争力が高いと考える。また既存のがん治療法とは作用機序が異なることから他の既存治療法を強化する新たな治療戦略の開発にもつながる。

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 特徴あるプログラム-キャンサーサイエンスコース

    2021

  2. 病理病態学

    2021

  3. 特徴あるプログラム-キャンサーサイエンスコース

    2020

  4. 病理病態学

    2020