Updated on 2023/10/20

写真a

 
EGAWA Ryo
 
Organization
Graduate School of Medicine Program in Integrated Medicine Cell Science Assistant Professor
Graduate School
Graduate School of Medicine
Undergraduate School
School of Medicine Department of Medicine
Title
Assistant Professor

Degree 1

  1. 博士(生命科学) ( 2013.3   東北大学 ) 

Research Interests 11

  1. 神経回路形成

  2. ニワトリ胚

  3. 単一軸索追跡

  4. 卵内エレクトロポレーション

  5. 両耳間時差

  6. 脳幹聴覚神経回路

  7. 軸索起始部

  8. オリゴデンドロサイト

  9. ライトシート顕微鏡

  10. 3次元形態解析

  11. 組織透明化

Research Areas 4

  1. Life Science / Developmental biology

  2. Life Science / Physiology

  3. Life Science / Neuroscience-general

  4. Life Science / Anatomy and histopathology of nervous system

Current Research Project and SDGs 1

  1. 脳幹聴覚神経回路における回路発達メカニズムの研究

Research History 2

  1. Tohoku University   Designated assistant professor

    2014.4 - 2017.3

      More details

    Country:Japan

  2. Tohoku University

    2013.4 - 2014.3

      More details

    Country:Japan

Education 1

  1. Tohoku University   Graduate School, Division of Life Science

    2008.4 - 2013.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 2

  1. 日本神経科学学会

    2008

  2. 日本生理学会

    2008

Awards 6

  1. 2023年度若手支援技術講習会 ベストプレゼンター(ポスター発表)賞

    2023.9   先端モデル動物支援プラットフォーム  

  2. NIKON JOICO AWARD 2019 特別賞

    2019.12   株式会社ニコンインステック   両耳間時差を検出する脳幹聴覚神経回路

  3. 優秀ポスター賞

    2019.8   新学術領域「スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御」   ニワトリ脳幹聴覚神経回路における領域依存的なミエリン形成の3次元形態解析

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc. 

  4. ABiS イメージコンテスト 2018 光学顕微鏡画像部門入選

    2018.12   ABiS先端バイオイメージング支援プラットフォーム   Forest of dendrites

  5. Nikon Small World 2017 Photomicrography Competition: 7TH PLACE

    2017.10   Nikon Instruments Inc.  

     More details

    Country:United States

  6. Nikon Small World In Motion 2017 Digital Video Competition: HONORABLE MENTION

    2017.9   Nikon Instruments Inc.  

     More details

    Country:United States

▼display all

 

Papers 3

  1. CDK5/p35-Dependent Microtubule Reorganization Contributes to Homeostatic Shortening of the Axon Initial Segment

    Jahan Israt, Adachi Ryota, Egawa Ryo, Nomura Haruka, Kuba Hiroshi

    JOURNAL OF NEUROSCIENCE   Vol. 43 ( 3 ) page: 359 - 372   2023.1

     More details

  2. Analysis of Neuro-Neuronal Synapses Using Embryonic Chick Ciliary Ganglion via Single-Axon Tracing, Electrophysiology, and Optogenetic Techniques.

    Egawa R, Yawo H

    Current protocols in neuroscience   Vol. 87 ( 1 ) page: e64   2019.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1002/cpns.64

    PubMed

  3. Regulation of axon arborization pattern in the developing chick ciliary ganglion: Possible involvement of caspase 3.

    Katow H, Kanaya T, Ogawa T, Egawa R, Yawo H

    Development, growth & differentiation   Vol. 59 ( 3 ) page: 115-128   2017.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1111/dgd.12346

    PubMed

Presentations 1

  1. 透明化組織観察の実際と成功のコツ Invited

    江川遼

    第43回 日本神経科学大会 カールツァイス企業セミナー  2020.7.29 

     More details

    Event date: 2020.7 - 2020.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

Works 1

  1. Google Arts & Culture: LIGHT BODY 私たちの体のナゾを探る光

    NHKエディケーショナル

    2019.3

     More details

    Work type:Web Service  

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 3

  1. 両時間時差検出を支える軸索配線パターンの構築機構

    Grant number:23K05986  2023.4 - 2026.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    江川 遼

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4810000 ( Direct Cost: \3700000 、 Indirect Cost:\1110000 )

    脳幹聴覚回路は、音が左右の耳に到達する際の1ミリ秒にも満たないわずかなずれ(両耳間時差)を検出して音源定位に寄与する。鳥類の脳幹では大細胞核(NM)から層状核(NL)へ投射する軸索が音の周波数ごとに両耳情報を統合するユニークな配線パターンを構築していて、これによって両耳間時差を活動する細胞の場所情報として符号化している。本研究では、in vivoスクリーニングにより両耳間時差検出を支える配線パターンの構築メカニズムにアプローチする。

  2. 脳幹聴覚回路における領域依存的ミエリン形成機構

    Grant number:20K15915  2020.4 - 2023.3

    科学研究費助成事業  若手研究

    江川 遼

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4160000 ( Direct Cost: \3200000 、 Indirect Cost:\960000 )

    オリゴデンドロサイトは脳領域ごとに異なる形態や遺伝子発現を示す。このオリゴデンドロサイトの不均一性(heterogeneity)は、両耳間時差を検出する脳幹聴覚回路において左右の耳に入力する音情報の正確な統合に重要であると考えられている。本研究では、申請者が独自に確立したニワトリ胚脳幹聴覚回路における細胞種特異的な遺伝子操作技術と3次元回路形態の定量解析技術を駆使して、オリゴデンドロサイトの領域差が形成される過程を詳細かつ多角的に解析する。さらに機能的介入によりオリゴデンドロサイト不均一性を生み出すメカニズムにアプローチする。
    オリゴデンドロサイトは脳領域ごとに異なる形態や遺伝子発現を示す。このオリゴデンドロサイトの不均一性がどのような機能的意義を持ち、どのように生み出されるのかについてはまだほとんど理解が進んでいない。脳幹聴覚回路では、領域ごとに異なる長さのミエリンを形成して軸索配線の伝導距離の差を相殺することで、左右の耳に入力する音情報を正確に統合している。それによってマイクロ秒レベルの時間差(両耳間時差)を検出し、音源定位に寄与する。本研究では、研究代表者が独自に確立した複数の実験技術を駆使して、両耳間時差の検出を支えるオリゴデンドロサイト形態の領域差を多角的に解析し、領域差を生み出すメカニズムを明らかにすることを目的とする。
    令和3年度は、ランビエ絞輪の成熟過程における領域差の有無について検証した。ランビエ絞輪はミエリンに挟まれた軸索領域で、電位依存性ナトリウムチャネルをはじめとする分子群が集積している。発達過程では、まず片側のみにミエリンが接するヘミノードを形成したのち、両側にミエリンが接する未熟ノードとなり、さらに分子局在の区画化と短縮化が進んだ成熟ノードとなる。脳幹聴覚回路においては、E15からヘミノードがみられはじめ、P3でほぼすべてが成熟ノードとなった。各発達段階におけるランビエ絞輪の形態に領域差はみられなかったことから、ランビエ絞輪の成熟は各領域で同時に進行することが示唆された。その他、いくつかの技術的課題解決に着手し、オリゴデンドロサイト前駆細胞の標識、免疫染色した200umスライスでの高解像度3Dイメージング法、A3Vによる大細胞核ニューロンの感染効率向上、脳幹聴覚回路の発達過程を再現可能な後脳の器官培養法といった複数の技術を確立した。
    令和3年度はミエリンを形成する軸索側の発達過程について重要な知見を得るとともに、脳幹聴覚回路の発達メカニズムを研究する上で重要となるいくつかの要素技術を確立した。この点において、当初の計画どおりの進展を遂げていると判断した。
    前年度までの研究から、大細胞核ニューロンから分泌される放出性の伝達物質によって神経核近傍領域においてオリゴデンドロサイト前駆細胞の分裂が促進され、対側投射領域よりも細胞密度が高くなっている可能性が示唆された。令和4年度は、これまで確立した要素技術を組み合わせ、成熟オリゴデンドロサイトの密度やミエリン長の変化についても定量的に解析するとともに、オリゴデンドロサイト前駆細胞のカルシウムイメージングにより放出性の伝達物質の特定を目指す。

  3. Does the number of targets dominated by each axon depend on the number of competitors?

    Grant number:17K07039  2017.4 - 2020.3

    Egawa Ryo

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4940000 ( Direct Cost: \3800000 、 Indirect Cost:\1140000 )

    The underlying principles that allow axons to compete with each other to mature their connections to target cells during developmental neural reorganization are still poorly understood. To experimentally test the hypothesis that the number of targets dominated by each axon depend on the number of competitors, we used ciliary ganglion synapses as a model system in which presynaptic connections converge from one-to-many to one-to-one during development. We quantitatively assessed axon projection patterns when the number of presynaptic neurons is genetically thinned out. As a result, halving the number of presynaptic neurons did not change the number of synapses formed by axons, and the number of postsynaptic neurons also decreased. This result suggests that the number of targets dominated by each axon may be destined by endogenous molecular/cellular mechanisms, rather than by the number of competitors.

 

Teaching Experience (On-campus) 21

  1. 内分泌各論 副腎・性腺

    2023

  2. 基礎医学系 生体の機能 II (植物機能生理学) (2年次)

    2023

     詳細を見る

    呼吸生理学の実習を担当

  3. Premium Lecture(基盤医学特論)

    2023

     詳細を見る

    演者のノミネーションと運営

  4. 生物学基礎Ⅰ 第9回 膜を横切る輸送

    2023

  5. 細胞生理学セミナー

    2023

  6. 基礎医学系 生体の機能 II (植物機能生理学)

    2023

     詳細を見る

    呼吸生理学の実習を担当

  7. 生物学基礎Ⅰ 第9回 膜を横切る輸送

    2022

  8. 細胞生理学セミナー

    2022

  9. 基礎医学系 生体の機能 II (植物機能生理学)

    2022

     詳細を見る

    呼吸生理学の実習を担当

  10. Premium Lecture(基盤医学特論)

    2022

     詳細を見る

    演者のノミネーションと運営

  11. Premium Lecture(基盤医学特論)

    2021

     詳細を見る

    演者のノミネーションと運営

  12. 基礎医学系 生体の機能 II (植物機能生理学)

    2021

     詳細を見る

    呼吸生理学の実習を担当

  13. 細胞生理学セミナー

    2021

     詳細を見る

    大学院生(留学生)を対象としたセミナーでの発表

  14. 細胞生理学セミナー

    2020

     詳細を見る

    大学院生(留学生)を対象としたセミナーでの発表

  15. 基礎医学系 生体の機能 II (植物機能生理学)

    2020

     詳細を見る

    呼吸生理学の実習を担当

  16. 基礎医学系 生体の機能 II (植物機能生理学)

    2019

     詳細を見る

    呼吸生理学の実習を担当

  17. 細胞生理学セミナー

    2019

     詳細を見る

    大学院生(留学生)を対象としたセミナーでの発表

  18. 基礎医学系 生体の機能 II (植物機能生理学)

    2018

     詳細を見る

    呼吸生理学の実習を担当

  19. 細胞生理学セミナー

    2018

     詳細を見る

    大学院生(留学生)を対象としたセミナーでの発表

  20. 基礎医学系 生体の機能 II (植物機能生理学)

    2017

     詳細を見る

    呼吸生理学の実習を担当

  21. 細胞生理学セミナー

    2017

     詳細を見る

    大学院生(留学生)を対象としたセミナーでの発表

▼display all

 

Social Contribution 2

  1. カバー写真提供:Lumen (著:Tiffany Atkinson, ISBN: 1780375301)

    Bloodaxe Books  2021.4

  2. The Mind's Machine: Foundations of Brain and Behavior, fourth edition (編:Neil V. Watson and S. Marc Breedlove, ISBN: 1605359734)

    Sinauer Associates Inc  2021.1