2022/04/15 更新

写真a

ナカニシ ケイスケ
中西 啓介
NAKANISHI Keisuke
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 看護科学 講師
学部担当
医学部(保健学科)
職名
講師

学位 3

  1. 博士(看護学) ( 2017年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(保健学) ( 2011年9月   群馬大学 ) 

  3. 学士(看護学) ( 2003年3月   茨城県立医療大学 ) 

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 3Dスキャンシステムを用いたリンパ浮腫のセルフケアプログラム構築のための基礎研究

  2. リンパ浮腫の早期発見のための基礎研究ー体表面の微量生体ガスに着目してー

経歴 12

  1. 中部大学   生命健康科学部保健看護学科   非常勤講師

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:解剖学

  2. 名古屋大学医学系研究科総合保健学専攻   看護ケア・システム看護学分野   助教

    2020年4月 - 現在

  3. 名古屋大学大学院医学系研究科   看護学専攻   助教

    2018年4月 - 2020年3月

  4. 名古屋大学   医学系研究科(保健学)   特任助教

    2017年4月 - 2018年3月

  5. 共済組合連合会 名城病院   夜勤専従看護師

    2015年6月 - 2016年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学大学院   看護学専攻   Research Assistant

    2015年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 信州大学   医学部保健学科   特任教員

    2014年8月 - 2014年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学大学院   看護学専攻   Teaching Assistant

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 愛知県立大学   看護学部   非常勤講師

    2014年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 信州大学   医学部保健学科   助教

    2011年11月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 信州大学   医学部保健学科   助手

    2007年4月 - 2011年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 財)筑波メディカルセンター   がんセンター/循環器科   看護師

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   医学系研究科   看護学専攻(博士後期課程)

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 群馬大学   保健学研究科   看護学専攻 (博士前期課程)

    2008年4月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 茨城県立医療大学   保健医療学部   看護学科

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本看護科学学会

    2010年5月 - 現在

  2. 日本看護技術学会

  3. コ・メディカル形態機能学会

  4. 日本循環器看護学会

  5. 世界看護科学学科

  6. 日本看護研究学会

  7. 日本リンパ浮腫学会

▼全件表示

受賞 3

  1. 第5回国際看護研究学術集会賞

    2017年10月   世界看護科学学会 & タイ看護助産師協会   Nighttime Bandaging may not Affect Household and Locomotive Activities of Patients with Breast Cancer Related Lymphedema

    Keisuke Nakanishi, Ayana Mawaki, Chika Oshima, Yukari Takeno, Fumiya Kurono, Shiori Niwa, Aya Ando, Sayami Matsubara, Etuko Fujimoto

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:タイ王国

    (申請147演題,4 titles out of 147 were nominated)

  2. 優秀演題賞

    2020年11月   第25回日本難病看護学会・第8回日本難病ネットワーク学会   パーキンソン病患者における便秘の重症度とQuality of Lifeとの関連.

    土井智子, 竹原君江, 中西啓介, 平山正昭, 本田育美

  3. 奨励賞

    2014年8月   コメディカル形態機能学会   リンパ流速の測定方法の開発―疾患との関連において―

    野田さつき;水野花奈美;渡邉真季;八木街子;中西啓介;竹野ゆかり;藤本悦子

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 21

  1. 136 新人看護師の看護業務に対する困難感を乗り越えるプロセス 査読有り

    飯倉 涼, 恩幣 宏美, 中西 啓介, 佐名木 勇

    日本看護研究学会雑誌   43 巻 ( 3 ) 頁: 3_463 - 3_463   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本看護研究学会  

    DOI: 10.15065/jjsnr.20200911177

    CiNii Research

  2. 132 卒後2年目看護師が看護実践を通して学習するプロセス 査読有り

    小暮 圭佑, 恩幣 宏美, 中西 啓介, 佐名木 勇

    日本看護研究学会雑誌   43 巻 ( 3 ) 頁: 3_461 - 3_461   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本看護研究学会  

    DOI: 10.15065/jjsnr.20200911173

    CiNii Research

  3. 来た、見た、知った フィリピン看護学研修をとおしての学び-フィリピンにおける看護教育と健康問題への取り組み 査読有り

    原田 江美子, 栗山 美夢, 小島 菜帆, 古澤 里沙, 若林 真美, 中西 啓介, 入山 茂美

    看護教育   60 巻 ( 3 ) 頁: 218 - 223   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1663201198

    CiNii Research

  4. 142)出産後の勤労女性における生活の実態 査読有り

    恩幣 宏美, 佐名木 勇, 松井 理恵, 小林 寛子, 中西 啓介

    日本看護研究学会雑誌   41 巻 ( 3 ) 頁: 3_458 - 3_458   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本看護研究学会  

    DOI: 10.15065/jjsnr.20180726181

    CiNii Research

  5. Long-term follow-up of collateral pathways established after lymphadenectomy in rats 査読有り

    Takeno Y., Arita H., Oshima C., Mawaki A., Nakanishi K., Kurono F., Fujimoto E.

    Lymphology   50 巻 ( 3 ) 頁: 131 - 135   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lymphology  

    A collateral pathway established after lymphadenectomy could play an important role in long-term lymphedema treatment. The present study investigated alterations of lymph dynamics 1 year after lymphadenectomy using indocyanine green fluorescent lymphography to determine if a collateral pathway may be used for long-term lymphedema treatment. Wistar rats were anaesthetized and lymph nodes were excised at the inguinal and popliteal fossae. The treated hind limb was evaluated by fluorescent lymphography between 10 weeks and 6 months and between 6 months and 1 year postoperatively. Fluorescent lymphography demonstrated a lymphatic pathway to the ipsilateral axillary fossa in all rats 1 year after lymphadenectomy. Some capillary branches in the paths leading to the ipsilateral axillary fossa were dilated and tortuous. In addition, areas in which a fluorescent signal was not visible were increased in the thigh. In conclusion, the collateral pathway did not appear to be only for temporary use to compensate for drainage from the edematous limb but appears more stable as a component of a compensating lymphatic system. These new dilated vessels, although functional at this point, may still be susceptible to disturbance by further alteration to the lymph vessels.

    Scopus

  6. Prediction of the Presence of Fluid Accumulation in the Subcutaneous Tissue in BCRL Using Texture Analysis of Ultrasound Images 査読有り

    Niwa Shiori, Mawaki Ayana, Hisano Fumiya, Nakanishi Keisuke, Watanabe Sachiyo, Fukuyama Atsushi, Kikumori Toyone, Shimamoto Kazuhiro, Fujimoto Etsuko, Oshima Chika

    LYMPHATIC RESEARCH AND BIOLOGY   20 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 16   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lymphatic Research and Biology  

    Background: Breast cancer-related lymphedema (BCRL) is a chronic swelling of the arm due to breast cancer treatment. Lymphedema is diagnosed and staged on the basis of limb circumference measurements and the patient’s subjective symptoms, which have poor reproducibility and objectivity: these cannot detect any fluid accumulation in the tissue. Ultrasonography is a feasible noninvasive technique that can be used to evaluate tissue structure in real time. This study aimed to assess the ability of texture features for discriminating the presence of accumulated fluid within the subcutaneous tissue of BCRL using ultrasound (US) imaging. Methods and Results: This study included 20 women who were treated for unilateral breast cancer and who subsequently developed BCRL (International Society of Lymphology stage II). Subcutaneous tissue was scanned through an US system (Sonosite Edge II; Sonosite, Inc., FUJIFILM) using a 6- to 15-MHz linear transducer to assess the ability of texture features for discriminating the presence of accumulated fluid within the subcutaneous tissue of BCRL. Fluid accumulation was observed using a 3-Tesla MR system under double-echo steady-state conditions. There was a significant difference among the three groups (with hyperintense area, without hyperintense area, and unaffected side) in 11 of 14 textural features (p < 0.05). Post hoc analysis (Mann–Whitney U test; Bonferroni correction p < 0.0167) revealed significant differences in seven textural features within the hyperintense area. Conclusions: This study revealed that seven texture features quantified by US imaging data can provide information regarding fluid accumulation in the subcutaneous tissue of lymphedema.

    DOI: 10.1089/lrb.2020.0121

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: https://www.liebertpub.com/doi/pdf/10.1089/lrb.2020.0121

  7. The Correlation Between Fluid Distribution and Swelling or Subjective Symptoms of the Trunk in Lymphedema Patients: A Preliminary Observational Study 査読有り 国際誌

    Hisano Fumiya, Niwa Shiori, Nakanishi Keisuke, Mawaki Ayana, Murota Kaoru, Fukuyama Atsushi, Takeno Yukari, Watanabe Sachiyo, Fujimoto Etsuko, Oshima Chika

    LYMPHATIC RESEARCH AND BIOLOGY   19 巻 ( 3 ) 頁: 269 - 273   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lymphatic Research and Biology  

    Background: Manual lymph drainage (MLD) is one of the common treatments for breast cancer-related lymphedema (BCRL). Although the primary goal of MLD is to drain the excessive fluid accumulated in the affected upper limb and trunk to an area of the body that drains usually, the use of MLD is decided based on swelling and subjective symptoms, without assessing whether there is fluid accumulated in the affected region. The purpose of this study was to examine truncal fluid distribution in a sample of BCRL patients and investigate any correlation between such fluid distribution and swelling or subjective symptoms. Methods and Results: An observational study was conducted with 13 women who had unilateral, upper extremity BCRL. Fluid distribution was evaluated by using two magnetic resonance imaging (MRI) sequences: half-Fourier acquisition single-shot turbo spin echo and three-dimensional double-echo steady-state. The presence of swelling was determined by lymphedema therapists, and subjective symptoms were measured by using a visual analog scale. On MRI, no participants had any free water signals in the trunk. However, seven had swelling and all 13 had some kind of subjective symptoms on the affected side of their trunk. Conclusions: These results suggest that swelling and subjective symptoms do not correlate with the presence of truncal fluid. For such cases, a different approach than MLD may be needed to address truncal swelling and related subjective symptoms. Checking for the presence of fluid in the truncal region may help MLD be used more appropriately.

    添付ファイル: The Correlation Between Fluid Distribution and Swelling or Subjective Symptoms of the Trunk in Lymphedema Patients.pdf

    DOI: 10.1089/lrb.2020.0075

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Nursing activities at clinics in rural areas in Japan: gaps between recognition of importance and implementation 査読有り

    Tateishi Manami, Nakanishi Keisuke, Takehara Kimie, Honda Ikumi, Yamauchi Toyoaki

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 2 ) 頁: 251 - 260   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    This study determined the level of implementation and the importance placed on various nursing activities at clinics in rural areas of Japan in order to explore the achievement and perceived importance of implementing certain nursing roles and activities at such clinics. To identify these items, a questionnaire was administered to 40 nurses working in rural clinics. The results showed that activities related to "Basic Nursing Practice" and "Community Understanding" were recognized as important and were performed by almost all nurses. Some activities related to "Administration and Operation" and "Cooperation with Local Government" were recognized as important, but were not implemented, thereby hampering the continuum of care across the health system. These activities, which are related to collaboration with hospitals and local governments that support the clinics, included adjustment of staff inside and outside the facilities to guarantee the use of paid holidays, as well as collaboration with acute care, remote medical systems, and local governments during emergencies and for disaster preparation. Additional support for nurses in collaboration between clinics in rural areas, hospitals, and regional administrations that support the clinics remains a challenge to be addressed.

    添付ファイル: Nursing activities at clinics in rural areas in Japan gaps between recognition of importance and implementation.pdf

    DOI: 10.18999/nagjms.82.2.251

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Breast Cancer-related Lymphedema with the presence or absence of accumulation of Fluid: MR Findings in ISL Stage II Cases 査読有り

    Shiori Niwa, Ayana Mawaki, Keisuke Nakanishi, Fumiya Hisano, Yukari Takeno, Atsushi Fukuyama, Toyone Kikumori, Kazuhiro Shimamoto, Etsuko Fujimoto, Chika Oshima

    Structure and Function   18 巻 ( 2 ) 頁: 88 - 94   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: Breast Cancer-related Lymphedema with the presence or absence of (1).pdf

  10. 重度に至っていない視力障害を自覚する糖尿病透析患者の食事・水分・体重管理に関するセルフマネジメントの影響要因

    恩幣宏美, 山崎千穂, 中西啓介, 島田美樹子, 佐名木勇

    腎と透析   87 巻 ( 2 ) 頁: .   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. フィリピン看護学研修を通しての学び -フィリピンにおける看護教育と健康問題への取り組みに焦点をあてて-

    原田江美子, 栗山美夢, 小島菜帆, 古澤里沙, 若林真美, 中西啓介, 入山茂美

    看護教育   66 巻 ( 3 ) 頁: .   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  12. 分野横断型プログラムにおけるミャンマー海外実地研修ーどのようにミャンマー研修は成立したかー 査読有り

    中西啓介, 若林真美, 榊原久孝, 入山茂美, 浅野みどり, 里中綾子, 星野晶成

    名古屋大学国際教育交流センター紀要     頁: 33 - 41   2018年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  13. 上肢リンパ浮腫における水分の分布 ― MR 画像を用いて ― 査読有り

    鈴木 由依子, 間脇 彩奈, 中西 啓介, 菊森 豊根, 竹野 ゆかり, 大島 千佳, 藤本 悦子

    形態・機能   16 巻 ( 2 ) 頁: 83-89   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>リンパ浮腫の効果的なケアを検討するために、MRIを用いて浮腫肢全体の水分分布を調べた。</p><p>乳がん術後に片側性のリンパ浮腫を発症した7人の女性(平均55.9±13.6歳)の上肢を、MRIを用いて観察した。分析はMR画像(T1強調、T2強調、脂肪抑制、水抑制)から水分貯留部位を同定し、またその面積を画像毎に計算して量の指標とした。</p><p>脂肪抑制画像(STIR)では、7人の被験者全員の前腕尺側約1/2に高信号(自由水示す)が認められた。この部位は、水抑制画像(FLAIR)では低信号を示した。上腕では5人の被験者の後上腕部に高信号が見られた。腋窩に高信号の見られたものはいなかった。手や指では、STIR上の高信号はいずれも背側で認められた。量の解析では自由水は前腕尺側に多いことが明らかになった。</p><p>これらのことから、複合的治療を構成するリンパドレナージの対象部位として、前腕尺側が最も重要であることが示唆される。</p>

    DOI: 10.11172/keitaikinou.16.83

  14. LONG-TERM FOLLOW-UP OF COLLATERAL PATHWAYS ESTABLISHED AFTER LYMPHADENECTOMY IN RATS

    Takeno Y., Arita H., Oshima C., Mawaki A., Nakanishi K., Kurono F., Fujimoto E.

    LYMPHOLOGY   50 巻 ( 3 ) 頁: 131-135   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  15. Long-term Follow-up of Collateral Pathways Established After Lymphadenectomy in Rats 査読有り

    Y. Takeno, H. Arita, C. Oshima, A. Mawaki, K.Nakanishi and E. Fujimoto

    Lymphology   50 巻 ( 3 ) 頁: 131 - 135   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 131-135.Sep 2017_TAKENO.PDF

    Web of Science

  16. 乳がん治療関連リンパ浮腫のセルフケアプログラム開発のための基礎的研究 査読有り

    中西啓介

    名古屋大学     2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

  17. Nighttime Bandaging to Reduce Lymphedema Swelling A Clinical Pre-Post Study 査読有り

    Nakanishi Keisuke, Mawaki Ayana, Oshima Chika, Takeno Yukari, Kurono Fumiya, Taniho Yuiko, Murotani Kenta, Kikumori Toyone, and Fujimoto Etsuko

    SAGE Open Nursing   3 巻   頁: 1-8   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2377960816685567

  18. Importance of cystatin C and uric acid levels in the association of cardiometabolic risk factors in Japanese junior high school students. 査読有り

    Harada M, Izawa A, Hidaka H, Nakanishi K, Terasawa F, Motoki H, Yazaki Y, Ikeda U, Hongo M, Study Project on Prevention of Metabolic Syndrome among Children,Adolescents,and Young Adults in Shinshu

    Journal of cardiology     頁: -   2016年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2016.03.013

    PubMed

  19. 植込み型除細動器(ICD)を移植した壮年期患者がICDとともに生きるプロセス 査読有り

    中西 啓介, 岡 美智代, 富田 威

    日本看護科学学会   34 巻 ( 1 ) 頁: 311-320   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Serum High-density Lipoprotein Cholesterol Level and Lifestyle Habits among Japanese Junior High School Students 査読有り

    Hongo Minoru, Hidaka Hiroya, SakaguchI Shigeko, NAKANISHI Keisuke, TERASAWA Fumiko, ICHIKAWA Motoki, HIROTA Naoko, TSURUTA Goro, TANAKA Naoki, IZAWA Atsushi, YAZAKI Yoshikazu, IKEDA Uichi, KOIKE Kenichi

    信州医学雑誌 = The Shinshu medical journal   61 巻 ( 4 ) 頁: 205-215   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Association between serum uric acid levels and cardiometabolic risk factors among Japanese junior high school students. 査読有り

    Hongo M, Hidaka H, Sakaguchi S, Nakanishi K, Ichikawa M, Hirota N, Tanaka N, Tsuruta G, Yazaki Y, Kinoshita O, Ikeda U, Koike K, Investigators of Study Project on Prevention of Metabolic Syndrome among Children,Adolescents,and Young Adults in Shinshu

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   74 巻   頁: 1570-1577   2010年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. LEDナースペンライト付 カラー版検査値BOOK

    中西啓介、岡美智代( 担当: 共著 ,  範囲: 4章検査:血液一般検査、血液凝固検査、血液生化学検査、血清酵素検査)

    西東社  2013年4月  ( ISBN:4791620186

  2. 看護師のための心電図テキスト 第2版 ーICDと看護ー

    中西啓介、本郷実(分担著)( 担当: 共著)

    信州大学医学部保健学科、信州大学医学部附属病院  2011年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 1

  1. 続発性リンパ浮腫に対する看護介入プログラムの開発ー皮下組織における水分分布の検討 国際共著

    丹羽史織 間脇彩奈  

    脳とこころの研究センター 令和元年度活動報告書   頁: 55 - 55   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

講演・口頭発表等 57

  1. パーキンソン病患者の便秘重症度と排便管理方法の実態

    土井智子, 竹原君江, 中西啓介, 平山正昭, 本田育美

    第15回 パーキンソン病・運動障害疾患コングレス  2021年7月1日  国立病院機構 仙台西多賀病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市(Webと現地のハイブリッド)  

    添付ファイル: 20210217 第15回MDSJ抄録(2_19まで).pdf

  2. パーキンソン病患者の便秘自覚と便秘の重症度に関する検討

    土井智子, 竹原君江, 中西啓介, 平山正昭, 本田育美

    第32回日本老年学会、第26回日本老年看護学会(同時開催)  2021年6月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語  

    添付ファイル: 20210208-2老年看護学会抄録 DOIさん.pdf

  3. Process of growth as educator through preceptor’s experience by nurses

    Hiromi Onbe, Saki Tanifuji, Keisuke Nakanishi, Chiho Yamazaki, Hiroko Arai, Isamu Sanaki

    24th East Asian Forum of Nursing Scholars  2021年4月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    背景・目的:看護職は看護実践の維持・向上に対する継続教育において教育者としての責務があるが、役割負担などの問題がある(新人看護師教育にプリセプター制度が使われているが、プリセプターを担当する看護師は指導上の困難を抱えている:国際学会用)。一方、プリセプター経験は看護専門職としての成長に有用であり、キャリア発達上も重要となる。本研究ではプリセプターの成長過程に沿った効果的な支援に資するため、プリセプターである中堅看護師がプリセプティへの指導経験を通して教育者として成長するプロセスを明らかにすることである。
    方法:経験年数4~8年のA大学附属病院の看護師12名を対象に半構造化面接を行い、M-GTAを用いた分析した。
    結果:教育者として成長する過程では、看護師は等身大の自分でプリセプターの役割にチャレンジするが、プリセプティとの関係構築に悪戦苦闘することや経験不足による指導の力量不足を感じる。力量不足の克服に向けて新人看護師の理解と指導方法の探索という内省から、プリセプティ個人の特性を活かした指導方法を実践していた。その後、プリセプティとプリセプター自身の成長と達成感を感じ取ることで、人材育成に対する意義を覚知するという教育者としての成長に至っていた。また、指導の力量不足などのネガティブ経験を克服するプロセスには、所属病棟の雰囲気や指導方針が影響していた。
    結論:看護職の教育者の成長過程は、プリセプター自身の指導力不足の実感によるネガティブ経験の内省およびプリセプティである新人看護師の特性理解からプリセプティに効果的な指導方法、達成感の感知を経て人材育成の意義の覚知につながり、その過程には病棟における教育体制が影響していた。

    添付ファイル: 24th EAFONS poster-final version by Hiromi Onbe 2021.pdf

  4. 中小規模病院における病棟看護師の退院支援実践能力向上に対する教育プログラムの効果

    恩幣宏美, 中西啓介, 小林寛子, 佐名木勇

    第40回日本看護科学学会学術集会  2020年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    添付ファイル: 中小規模病院における病棟看護師の退院支援実践能力向上に対する教育プログラムの効果2020.pdf

  5. リンパ浮腫患者の水分貯留状況と自覚症状-ISLステージⅡ期前期におけるMR所見より-

    丹羽史織, 久野史椰, 中西啓介, 竹野ゆかり, 渡邉幸代, 藤本悦子, 大島千佳

    第40回日本看護科学学会学術集会  2020年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    添付ファイル: 科学学会抄録 niwa  20200623.pdf

  6. 【優秀演題賞受賞】パーキンソン病患者における便秘の重症度とQuality of Life との関連

    土井智子, 竹原君江, 中西啓介, 平山正昭, 本田育美

    第25回日本難病看護学会 第8回日本難病医療ネットワーク学会 合同学術集会  2020年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    添付ファイル: 難病看護学会(土井)音声入り提出版.pdf

  7. カンボジア都市部に住むカンボジア人の腹部肥満と生活習慣に関する調査:横断研究

    玉置 美春, 中西啓介, 竹原君江, 榊原久孝, 林祥史, 本田育美

    グローバルヘルス合同大会2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    添付ファイル: PP-04-04_tamaoki_miharu2020.pdf

  8. 心不全患者の退院時疾病管理自己効力感と退院後疾病管理行動との関連について

    東田雪絵, 中西啓介, 竹原君江, 本田育美ほか

    第84回日本循環器学会学術集会  京都大学大学院 循環器内科学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都(オンライン開催)   国名:日本国  

    心不全の再入院予防にむけて、患者(N=157)の疾病管理セルフエフィカシー(SE)と疾病管理行動との関連を検討した結果、退院時のSEの高さがその後の疾病管理行動の実践に関連することについて示唆を得た。(98文字)

  9. Prevalence of metabolic syndrome in urban area of Cambodia

    Miharu Tamaoki, Keisuke Nakanishi, Kimie Takehara, Ikumi Honda

    the 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science (The 6th WANS). 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. A Delphi Study of Important Nursing Practice in Rural Areas of Japan(誌上発表) 国際会議

    Manami Tateishi, Keisuke Nakanishi, Kimie Takehara, Ikumi Honda, Toyoaki Yamauchi

    the 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science (The 6th WANS)  2020年2月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    添付ファイル: WANS_最終版.pdf

  11. Reliability of upper limb circumference measurement using optical 3D digitizer(誌上発表) 国際会議

    Keisuke Nakanishi, Fumiya Hisano, Shiori Niwa, Chika Oshima, Ayana Mawaki, Yukari Takeno, Ikumi Honda, Etsuko Fujimoto

    the 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science (The 6th WANS).  2020年2月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  12. Comparing mental health and daily life of employed women and housewives 国際会議

    Hiromi Onbe, Hiroko Kobayashi, Risa Motono, Chiho Yamazaki, Mikiko Shimada, Isamu Sanaki, Keisuke Nakanishi

    the 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science (The 6th WANS)  2020年2月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    添付ファイル: 20200221 最終版 WANS poster.pdf

  13. へき地診療所における看護師の活動内容の実態と重要性の認識

    立石愛実, 中西啓介, 竹原君江, 本田育美, 山内豊明

    第39回日本看護科学学会学術集会  2019年11月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢市  

    へき地診療所看護師の活動の実態と課題を明らかにする目的で、あらかじめ文献検討等で抽出した4領域36項目の活動内容をへき地診療所の看護師に照会し、へき地診療所における看護師の活動の実態と課題の明確化を試みた。あらかじめ文献検討等で抽出した4領域36項目の活動内容をへき地診療所の看護師に照会し、コンセンサスの獲得を試みた。その結果、実施度と重要度が共に高かった活動(主に看護基礎実践と地域理解等の領域)は、へき地診療所の看護師にとって基本的な活動であることが考えられた。一方で、重要性はで認識されているが実施されていない活動(管理と運営、地域行政との連携の一部)は、診療所外の病院や地域からの支援が必要な活動である可能性が示唆された。コンセンサスの取得を試みた。その結果、実施度と重要度が共に高かった活動(主に看護基礎実践と地域理解等の領域)は、へき地診療所の看護師にとって基本的な活動であることが考えられた。一方で、重要性はで認識されているが実施されていない活動(管理と運営、地域行政との連携の一部)は、診療所外の病院や地域からの支援が必要な活動である可能性が示唆された。(251文字)

  14. 間欠的空気圧迫法が睡眠に与える影響

    尾花真衣, 大島千佳, 中山奈津紀, 間脇彩奈, 中西啓介, 竹野ゆかり, 丹羽史織, 久野史椰, 藤本悦子

    コ・メディカル形態機能学会第18回学術集会・総会  2019年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢市  

    静脈血栓塞栓症予防に使用される観血的空気圧迫法が夜間睡眠に与える影響について、12名の健常者を対象に検討し、睡眠の質を示す指標のいくつか(睡眠時間、中途覚醒時間など)に負の影響を与えることが示唆された。(100文字)

    添付ファイル: コメディカル ポスター0904.pdf

  15. Skin Viscoelasticity in Patients with Lymphedema 国際会議

    Ayana Mawaki, Chika Oshima, Yuiko Suzuki, Keisuke Nakanishi, Shiori Niwa, Yukari Takeno, Fumiya Kurono, Etsuko Fujimoto

    International Lymphoedema Framework Conference 2018  2018年6月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  16. The Influence of Multi-Layer Bandaging on Overnight Sleep Quality 国際会議

    Chika Oshima, Ayana Mawaki, Keisuke Nakanishi, Fumiya Kurono, Yukari Takeno, Etsuko Fujimoto

    26th World Congress of Lymphology  2017年9月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Barcelona, Spain  

  17. ラット体幹の表在リンパの動態

    黒野史椰,竹野ゆかり,大島千佳,間脇彩奈,中西啓介,藤本悦子

    第41回日本リンパ学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県医師会館(鹿児島市)   国名:日本国  

  18. 看護系大学学部学生に対するリンパ浮腫ケア教育-セラピストの増大を目指して

    藤本悦子, 安藤詳子, 中西啓介, 竹野ゆかり, 間脇彩奈, 大島千佳

    第36回日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    第36回日本看護科学学会学術集会
    2016年12月10日(土)・12月11日(日)
    岡谷恵子(東京医科大学医学部看護学科 学科長)
    「国民の幸せをもたらす制度設計と看護研究」
    会場:東京国際フォーラム(千代田区)
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5−1
    学術集会事務局 東京医科大学医学部看護学科

  19. 多層包帯下における温湿度と角質水分量の変化

    平手志歩,大島千佳,間脇彩奈,中西啓介,黒野史椰,竹野ゆかり,藤本悦子

    第15回 日本看護技術学会,高崎市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:前橋市、群馬県   国名:日本国  

    2016年9月24日(土)、25日(日)

  20. NIGHT-TIME MULTILAYERED BANDAGING: IS IT BENEFICIAL FOR THE REDUCTION OF SWELLING DUE TO LYMPHEDEMA? 国際会議

    Keisuke Nakanishi, Ayana Mawaki, Chika Ohsima, Yukari Takeno, Humiya Kurono, Aya Ando, Sayami Matsubara, Etsuko Fujimoto

    12th National Lymphedema Network International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dallas, TX, USA. August 31 - September 4, 2016.   国名:アメリカ合衆国  

    The 2016 NLN Conference, Shaping the Future through Commitment, Evidence and New Frontiers, taking place August 31-September 4, 2016, In Dallas, Texas.

  21. The influence of multi-layer bandaging on the overnight sleep of patients with breast cancer-related lymphedema 国際会議

    Chika Oshima, Ayana Mawaki, Keisuke Nakanishi, Fumiya Kurono, Yukari Takeno, Etsuko Fujimoto

    The National Lymphedema Network 12th International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dallas, Texas, USA (2016/08/31-09/04)   国名:アメリカ合衆国  

  22. Ethnography on Lifestyle of Diabetic Patients with Good Control of Blood Sugar 国際会議

    Hiromi Onbe, Keisuke Nakanishi, Toru Onai, Mizue Yajima, Isamu Sanaki

    The 19th East Asian Forum of Nursing Scholars. Chiba, JAPAN 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. A night-time compression bandage: Is it beneficial to reduce the swelling of lymphedema? 国際会議

    Keisuke Nakanishi, Ayana Mawaki, Chika Oosima, Yukari Takeno, Aya Ando, Sayami Matubara, Etusko Fujimoto

    The 19th East Asian Forum of Nursing Scholars, Chiba, JAPAN 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. 中学生における生活習慣と1日当たりの栄養素等摂取量との関連

    廣田直子、阪口しげ子、日高宏哉、中西啓介、飯澤裕美、宮坂綾子、本郷実

    日本学校保健学会第62回学術大会、岡山 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. リンパ浮腫ケアの新たなステージ -確かな実践にむけて- 招待有り

    藤本 悦子 、大島 千佳 、竹野 ゆかり 、間脇 彩奈 、谷保 由依子 、中西 啓介 、黒野 史椰 、永谷 幸子

    日本看護技術学会第14回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  26. A Follow-Up Study of Collateral Pathways Established after Lymphadenectomy in Rats 国際会議

    Yukari Takeno, Keisuke Nakanishi, Ayana Mawaki, Chika Oosima, Etusko Fujimoto

    The 25th World Congress of Lymphology 2015. San fransisco 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  27. PATTTERN OF FLUID ACCUMULATION IN THE LYMPHEDEMATOUS ARM REVEALED BY MAGNETIC RESONANCE 国際会議

    , FUJIMOTO,E, TANIHO, Y, MAWAKI, A, OSHIMA, C, NAKANISHI, K, TAKENO, Y.

    25th World Congress of Lymphology, San Francisco, USA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  28. 糖尿病患者の食行動に対する実態と感情、認知

    恩幣宏美、中西啓介、大澤栄実

    第34回 日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  29. 中学生における朝食および夕食内容多様性と食意識との関連について:第1報

    廣田直子、阪口しげ子、中西啓介、飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵、日高宏哉、本郷 実

    第61回日本学校保健学会、金沢市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    国名:日本国  

  30. 実物大料理モデルを使った小中学生親子に対する食育について

    飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵、廣田直子、阪口しげ子、中西啓介、日高宏哉、本郷 実

    第61回日本学校保健学会. 金沢市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    国名:日本国  

  31. 家族を対象にした「生活習慣病予防外来」の活動報告

    中西啓介、本郷 実、阪口しげ子、日高宏哉、廣田直子、飯澤裕美、宮坂綾子、宮澤美恵

    第61回 日本学校保健学会学術大会,金沢市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. リンパ流速の測定方法の開発―疾患との関連において―

    野田さつき, 水野花奈美, 渡邉真季, 八木街子, 中西啓介, 竹野ゆかり, 藤本悦子

    第13回 コ・メディカル形態機能学会学術集会 (北九州市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  33. 腋窩リンパ節切除後のリンパ動態の変化

    竹野ゆかり, 中西啓介, 間脇彩奈, 有田広美, 大島千佳, 藤本悦子

    第13回 コ・メディカル形態機能学会学術集会(北九州市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  34. 子どもの頃からの生活習慣病予防向けて:“信州発”青少年の健康教育プログラムの開発と実践

    本郷実、日高宏哉、伊澤淳、中西啓介、中山佳子、寺澤文子、廣田直子、阪口しげ子

    第1回日本健康促進医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. 日本人中学生における血清シスタチンCと心血管リスクファクターの関連.

    原田美貴子、本郷 実、伊澤 淳、日高宏哉、中西啓介、矢崎善一、池田宇一

    第47回日本痛風核酸代謝学会総会、神戸 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    国名:日本国  

  36. The Process of Living with Implantable Cardioverter Defibrillators among Japanese Elderly Male Patient. 国際会議

    Keisuke Nakanishi, Michiyo Oka, Takeshi Tomita, Hiroshi Yamazaki

    3rd World Academy of Nursing Science,(Seoul, KOREA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:大韓民国  

  37. Serum high-density lipoprotein cholesterol level and lifestyle habits among Japanese junior high school students. 国際会議

    Hongo M, Hidaka H, Sakaguchi S, Nakanishi K, Terasawa F, Izawa A, Yazaki Y, Ikeda U

    European Society of Cardiology Congress 2013 (Amsterdam, the Netherlands) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オランダ王国  

    European Society of Cardiology (ESC) Congress 2013. August 31 - September 04, 2013; Amsterdam, the Netherlands

  38. 日本人男子一般中学生における血清HDLコレステロール値と生活習慣および生活習慣病との関連

    本郷 実、矢崎善一、伊澤 淳、原田美貴子、池田宇一、日高宏哉、中西啓介、寺澤文子、阪口しげ子

    第61回日本心臓病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. Serum HDL-C is associated with cardiometabolic risk factors among male Japanese junior high school students: A comparison with LDL-C/HDL-C ratio 国際会議

    Hongo M, Hidaka H, Sakaguchi S, Nakanishi K, Izawa A, Kobayashi M, Yazaki Y, Ikeda U

    The 77th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    Date: March 15(Fri) - 17(Sun), 2013
    Venue: Yokohama, Japan
    Congress Chairperson:Kyoichi Mizuno

  40. 実物大料理モデルを使った食育教育について

    宮澤美恵、宮坂綾子、上松典子、牟礼悌子、飯澤裕美、田内佑季、廣田直子、中西啓介、日高宏哉、阪口しげ子、本郷 実

    平成24年度 長野県健康づくり研究討論会,長野市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 日本人男子一般中学生における血清HDLコレステロール低値は、複数の心血管危険因子の存在と強い関連性を有する

    本郷 実、矢崎善一、木下 修、伊澤 淳、池田宇一、日高宏哉、阪口しげ子、中西啓介

    第60回日本心臓病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. 植え込み型除細動器(ICD)を移植した患者がICDとともに生きるプロセス

    中西啓介、岡 美智代

    第31回日本看護科学学会学術集会,高知市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 日本人一般中学生における複数の生活習慣病集積を予測する血清尿酸の至適カットオフ値

    本郷 実, 日高 宏哉, 阪口 しげ子, 中西 啓介, 矢崎 善一, 木下 修, 伊澤 淳, 池田 宇一

    第59回 日本心臓病学会学術集会(神戸市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

    第59回学術集会 臨床心臓病学を究める
    2011年9月23日(金)~25日(日)
    神戸国際会議場、ポートピアホテル(兵庫県神戸市)
    吉田 清(川崎医科大学 循環器内科)

  44. Appropriate cutoff values for serum uric acid levels in relation to multiple cardiometabolic risk factors among Japanese junior high school students 国際会議

    Hongo M, Hidaka H, Sakaguchi S, Nakanishi K, Izawa A, Ikeda U, Yazaki Y

    European Society of Cardiology Congress 2011 (Paris, France) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:フランス共和国  

  45. Serum uric acid and cardiometabolic risk factors among Japanese junior high school students. 国際会議

    Hongo M, Hidaka H, Sakaguchi S, Nakanishi K, Izawa A, Yazaki Y, Kinoshita O, Ikeda U

    The 75th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (Yokohama, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    JCS2011 - The 75th Annual Scientific Meeting
    Date: August 3(Wed) - 4(Thu), 2011
    Venue: Yokohama, Japan
    Congress Chairperson:Satoshi Ogawa

  46. Appropriate cutoff values for serum uric acid levels to identify multiple cardiometabolic risk factors among Japanese junior high school students 国際会議

    Hongo M, Hidaka H, Sakaguchi S, Nakanishi K, Izawa A, Ikeda U

    14th International Symposium on Purine and Pyrimidine Metabolism in Man (Tokyo, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. 青年期からのメタボリックシンドローム予防介入に関する基礎研究‐介入の方向性の検討‐

    中西啓介、阪口しげ子、本郷実

    第30回日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. 一般中学生における出生時体重と生活習慣病との関連

    本郷 実, 阪口 しげ子, 日高 宏哉, 中西 啓介, 矢崎 善一, 木下 修, 伊澤 淳, 池田 宇一, 金井 誠

    第58回 日本心臓病学会学術集会(東京都千代田区) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

    ■第58回学術集会 社会との連携に根ざした新しい循環器診療
    2010年9月17日(金)~19日(日)
    東京国際フォーラム(東京都千代田区)
    永井 良三(東京大学 循環器内科)

  49. 小児生活習慣病予防介入に関する研究 - 中学生の健康管理意識と生活習慣・生活習慣病 - 国際会議

    阪口しげ子、中西啓介、日高宏哉、本郷 実

    第57回日本小児保健学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. 中学生の生活習慣病調査研究と社会的取り組み:第2報.

    本郷 実、日高宏哉、阪口しげ子、中西啓介ほか

    第57回日本小児保健学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. 小児生活習慣病予防介入に関する研究 - 中学生における食事、運動・生活習慣の地域差による検討 - 国際会議

    阪口しげ子、中西啓介、本郷実

    第29回日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. 小児生活習慣病予防に関する研究 - 中学生の高血圧と生活習慣との関連要因分析 - . 国際会議

    阪口しげ子、横田素美、金子昌子、中西啓介、本郷 実

    第28回日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. 小児生活習慣病予防に関する研究 中学生の高血圧と生活習慣との関連要因分析 国際会議

    阪口 しげ子, 横田 素美, 金子 昌子, 中西 啓介, 本郷 実

    日本看護科学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  54. 看護系大学生のライフスキルに及ぼす基礎看護学実習の効果 国際会議

    小林千世、松永保子、柳澤節子、中西啓介

    第27回 日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  55. 青年期からのメタボリック予防介入に関する基礎研究 国際会議

    中西啓介、金子昌子、本郷実、阪口しげ子

    第27回 日本看護科学学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. 模擬患者を導入した看護技術教育方法の開発に関する研究 –看護技術試験前後の達成動機の変化- 国際会議

    森田敏子、松永保子、柳沢節子、小林千世、中西啓介

    第28回 長野県看護研究学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. 基礎看護技術の習得に関する研究 -「無菌操作」技術と手先の動作との関連- 国際会議

    松永保子、森田敏子、柳澤節子、小林千世、中西啓介

    基礎看護技術の習得に関する研究 -「無菌操作」技術と手先の動作との関連- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 6

  1. ”信州発”青少年の健康教育プログラム-生活習慣病予防を目指して- 改定2版 信州大学医学部「青少年のメタボリックシンドロームを考える」研究会ーⅣ研究会の取り組み 3.生活習慣病予防外来ー、-Ⅸ食育1.食生活習慣と生活習慣病-

    2014年4月

  2. 青少年の生活習慣病予防医療の新たな研究教育システムの構築に関する総合的研究プロジェクト

    2012年5月

     詳細を見る

    発表場所:信州大学医学部附属病院近未来医療推進センター事業報告書  

  3. 【情報をケアにつなげる!看護サマリーの効果的な活用方法】 心不全患者の看護サマリー

    2012年2月

  4. ”信州発”青少年の健康教育プログラム-生活習慣病予防を目指してー食生活と生活習慣病ー、

    2011年1月

  5. 【日常ケアの中でのアセスメント強化】 虚血性心疾患患者のアセスメントポイント 教育的支援に焦点を当てて

    2008年12月

     詳細を見る

    発表場所:看護きろくと看護過程  

  6. アセスメント力の不足によるコミュニケーション上の問題 こんなにしてあげているのに患者はわかってくれない (看護におけるコミュニケーション--落とし穴とその解決法) -- (各論--コミュニケーション上の問題と解決の実際)

    2008年10月

     詳細を見る

    発表場所:臨床看護  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 乳がんの続発性リンパ浮腫のセルフケアプログラムの構築 -効果的なセルフバンデージ法の探求-

    2016年4月 - 2017年4月

    山路ふみ子専門看護教育研究助成基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 6

  1. リンパ浮腫の早期発見のための基礎研究ー体表面の微量生体ガスに着目してー

    研究課題/研究課題番号:20K10684  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    中西 啓介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    私たちの体の表面からわずかに出ている生体ガスは体内の様子を映しており、糖尿病の健康管理などに役立てられはじめていますが、リンパ浮腫には使われていません。リンパ浮腫はがんなどの手術によって、腕や足に浮腫(むくみ)を生じるものです。生体ガス測定は,検査に痛みはなく、短い時間で検査を終えられる利点があります。この研究の進め方は、まず動物研究でリンパに関係する生体ガスを幅広く調べ、その後に患者さんを集めて行う研究でリンパ浮腫に特徴的な生体ガスをわり出します。2020年4月現在において、新型コロナウィルスが世界的に猛威をふるっており、患者さんに協力を得ておこなう研究は安全を第一に展開していきます。

  2. リンパ浮腫評価指標の開発-皮膚表面構造はリンパ浮腫を評価できるかー

    研究課題/研究課題番号:19K10795  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    間脇 彩奈, 藤本 悦子, 中西 啓介, 竹野 ゆかり, 大島 千佳, 川西 康友

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    リンパ浮腫ケアのエビデンス構築にあたり、リンパ浮腫の程度を評価する統一した指標を作ることは喫緊の課題である。私たちはこれまでリンパ浮腫患者の皮膚の変化に注目して研究を行い、リンパ浮腫患者の皮膚表面構造は水分の貯留状況に合わせて変化していることを見出した。本研究では近年、多くの分野で画期的な効果をもたらしている人工知能や画像解析技術を、皮膚表面構造の画像解析法の解明に使用する。皮膚表面構造を数量化し、浮腫の程度との相関を明らかにすることで新しいリンパ浮腫評価指標を開発し、国内外のリンパ浮腫患者に使用できるツールの基礎とする。
    私たちはこれまでリンパ浮腫患者の皮膚の変化に注目して研究を行い、リンパ浮腫患者の皮膚表面構造は水分の貯留状況に合わせて変化していることを見出した。本研究では近年、多くの分野で画期的な効果をもたらしている人工知能や画像解析技術を、皮膚表面構造の画像解析法の解明に使用する。
    今年度の研究目的は、皮膚表面構造の撮影方法および画像解析方法を確立する事であった。手順は、皮膚表面構造の撮影方法について、撮影する倍率、部位の選定、撮影機材等の検討を行う。撮影機材には、既存のマイクロスコープ(DG-3x:スカラ社)以外に、より簡便に撮影するためにスマートフォンに着脱できるレンズまたは同程度の機材も検討するという計画で進めた。
    実際には、過去の研究で収集した皮膚画像データの分析を行い、皮膚画像の撮影方法について、撮影に使う機材、撮影する際の体位について検討を行なう事ができた。検討した方法でデータ収集を行い、さらに検討を進める予定であったが、研究代表者が産休育休に入ったため研究を中断した。
    研究代表者の妊娠、出産のため、研究を中断したため。
    これまでに検討した撮影方法を確立し、その後、リンパ浮腫患者からのデータ収集を行っていく予定である。これまでのデータ収集でも、被験者と研究者間での感染リスクについて最低限の注意を払ってきたが、今後はCOVID-19に対する対策を行う必要がある。本研究は2021年4月から再開することとなるが、感染の可能性がある限り、データ収集の際の研究者の装備や環境整備を行い、被験者募集の際には、この点について提示して案内をする必要があると考えている。

  3. リンパ浮腫早期介入プログラム構築のための研究ー患部の内部構造に着目してー

    研究課題/研究課題番号:19K10925  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大島 千佳, 藤本 悦子, 中西 啓介, 間脇 彩奈, 竹野 ゆかり, 安藤 詳子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    がん治療後の続発性リンパ浮腫では、早期に発症の兆候を発見し治療を開始することが、重症化の防止に極めて重要であるが、患者の多くは、患肢の極端な腫脹などの自覚症状から受診に到るケースが多く、適切な介入の時期を逃している場合が多い。本研究では、がん治療開始前の患者を対象として、自覚症状に先行するごく初期における患部の変化を、客観性の高い指標であるMRIを中心に、超音波エコー、生体インピーダンス、皮膚計測器などを用いて、多角的に捉え、その特徴を経時的に比較検討することによって、リンパ浮腫に対する早期介入プログラム構築の基礎とする。
    今年度は予備研究として、上肢および体幹のMR撮像方法、3Dスキャナーの撮影方法を検証した。MR撮像には、3TeslaのMR装置(MAGNETOM Verio 3T:Siemens、Erlangen、Germany)を用い、両上肢の腋窩から手首の撮像にはDESS法、体幹の撮像には、HASTE法を用いて、皮下組織における水分貯留状況を観察した。3Dスキャナーの撮影については、モアレ検査で用いる斜面台を使用することで、被検者の体位のブレを最小限に抑えることが可能となった。このような撮影方法で得られた、今年度の知見は以下の通りである。
    乳がん術後に片側性のリンパ浮腫を発症した10人の女性全てで腋窩リンパ節郭清と術後の放射線治療、化学療法が行われていた。浮腫持続年数は52.10±34.09か月であった。全ての被験者は同一のリンパ浮腫ステージ(ISLⅡ期前期)にあり、同様のケアを受けていたが、患側の皮下組織内に高信号域を認める被験者(7名)と認めない被験者(3名)が混在していた。自覚症状については、10名全員が患肢前腕、もしくは患肢全体に「重たさ」「腫れ」を感じており、高信号域が認められない被験者についても同様の症状を訴えた。これらの知見は、以下で発表した。論文:Shiori Niwa,Kazuhiro Shimamoto,Chika Oshima: Breast Cancer-related Lymphedema with the presence or absence of accumulation of Fluid: MR Findings in ISL Stage II Cases., Structure and Function18(2),2020.
    研究計画のとおり、予備研究として、乳がん術後に片側性のリンパ浮腫を発症した10人の女性を被験者とすることができた。MR、3Dスキャナー、超音波エコーのデータはすでに収集が済んでいる。解析に要した時間の都合上、今年度の知見の発表は、MRによるものに限定されたが、3Dスキャナー、超音波エコーのデータも現在解析中である。
    当初の予定通り、2021年度は、リンパ浮腫初期症状の検索を開始したい。被験者は、がん病巣切除術を受ける患者とし、MR、3Dスキャナー、超音波エコーを用いて、術前1回、術1か月後より1回/月、2年間の観察研究を行い、リンパ浮腫発症初期の症状と患肢および体幹の内部構造変化を検索する予定である。現在、新型コロナウィルス感染症の影響で、データ収集が一時的に停止しているが、状況が改善され次第、取り掛かる。

  4. 3Dスキャンシステムを用いたリンパ浮腫のセルフケアプログラム構築のための基礎研究

    研究課題/研究課題番号:18K17482  2018年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    中西 啓介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    乳がん術後に続発するリンパ浮腫の多くは致死的な障害とはならないが、浮腫の症状管理において最も効果を発揮しうる多層包帯法などの圧迫療法を、長期にわたって継続することが重症化を抑制する上で重要である。一方で、これらの圧迫療法によって生じる不快感や関節の可動制限が生活の質を低下させ、一連のケアの継続を阻害させる可能性があることが指摘されている。ケアの継続には一般的に、患者自身がケア効果を認知し、継続する意欲を自らエンパワーすることが重要とされる。そのためには患者本人の効果の実感を客観的かつ効果を実感しやすい局所のデータで補うことなどによって、より効果的なフィードバックを施すことが有効であると考えられる。これまで、浮腫ケアの局所の成果を示すデータは、巻き尺を使った患肢の周径にほぼ限定されていたため、正確なデータの取得/提示が難しい状況があった。そのため本研究課題の遂行において本年度は実験系の最終調整を図った。健常者を含む計4例の上肢の形状を3Dスキャナーで取得し、専用ソフトウェアで解析した結果、①(左右上肢間の比較ではなく)同一上肢間の前後比較をすることが適切であること、②測定者がスキャニング技術を習得し、短時間(理想は10秒以内)でスキャンを完了することが重要であること(このためには想定より多くのターゲットシールを必要とすること)、③上肢の動揺が強い症例に対しては、形状取得範囲を前腕に限定させるなどの工夫が適切であること、などの次年度の研究推進にむけた重要な知見を見出した。

  5. 糖尿病を抱える続発性リンパ浮腫患者のケアに関する研究

    研究課題/研究課題番号:16H05563  2016年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    藤本 悦子, 中西 啓介, 間脇 彩奈, 竹野 ゆかり, 玉腰 浩司, 有田 広美, 大島 千佳, 安藤 詳子, 菊森 豊根, 永谷 幸子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    【ヒトを対象として】リンパ浮腫患者へのCDTを適用するにあたり、ケアの重点的部位を把握し、CDTの効果を確認することが重要である。また皮膚の状況を把握する必要がある。
    1.これまでの研究で水分貯留部位の把握には、MR画像が解析に優れていることが分かってきたが実用には費用の点など難点も多い。そこで音波診断装置をリンパ浮腫ケアの評価基準への応用するために、超音波画像上の皮下組織の肥厚の程度とMR画像上の水分貯留状況を比較した。超音波画像上の皮下組織 の厚さの変化が必ずしも水分貯留量の変化を反映した所見でないこと、リンパ浮腫は進行するにつれて皮下組織の線維化・脂肪化が進むが、この場合に超音波診断装置が活用できることが考えられた。
    2.リンパ浮腫患者において、内部に水分を貯留している部位の皮膚の粘弾性を、MRSkin viscoelastometerを用いて調べた。リンパ浮腫を来すと、その部位の皮膚は健常時より粘弾性が低くなること、皮膚の粘弾性は水の貯留量と関連があることが明らかとなった。これらのことから、特に糖尿病患者へのケアでは特別な注意が必要であることが示唆された。
    【動物実験】糖尿病を発症すると水分出納バランスが変化するが、体内水分貯留の状況について明らかになっていない。
    糖尿病発症時の体内水分量の特徴を明らかにするために、DMラットとcontrolラットについて、体積(水置換法)、細胞外液量と細胞内液量(バイオインピーダンス法)、血糖値、飲水量、尿量を測定した。DMラットでは絶対量としては細胞外液量、細胞内液量、ともに徐々に減少した。しかしそれよりも体積が大きく減少し、その結果、体積に対する細胞外液量、細胞内液量の割合は大きくなった。糖尿病患者では体内の水分量の割合が大きく、浮腫発症時により増悪する可能性が示唆された。

  6. 植込み型除細動器(ICD)移植後患者に関する探索的研究 ―ICDとともに生きる―

    研究課題/研究課題番号:24792427  2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 健康増進科学

    2020

  2. 看護基礎技術論

    2020

     詳細を見る

    4コマ、オリエンテーション、環境調整技術2,呼吸循環1,呼吸循環2

  3. アジアのヘルスケアシステム概論

    2020

     詳細を見る

    感染性疾患:NTGsを担当

  4. 看護システム・ケア開発学特講演習

    2020

担当経験のある科目 (本学以外) 20

  1. Introduction to Healthcare System in Asia (in English)

    名古屋大学大学院)

  2. Introduction to Healthcare System in Asia (English lecture, for master students)

    Nagoya University)

  3. Overseas Training Program1 (English lecture, for master students)_Fieldwork in Myanmar

    Nagoya University)

  4. 診療援助技術論 / Fundamental Nursing Skills on Medical Practice

    愛知県立大学)

  5. 解剖見学実習 / Practicum on Human Body Dissection

    信州大学)

  6. 看護研究演習(卒論)/ Seminar on Nursing Studies

    Nagoya University)

  7. 看護研究演習(卒論)/ Seminar on Nursing Studies

    名古屋大学)

  8. 看護研究Ⅰ・Ⅱ / Seminar on Nursing Studies1&2

    信州大学)

  9. 看護基礎技術論演習 / Practicum on Fundamental Nursing Skills

    Nagoya University)

  10. 看護基礎技術論演習 / Practicum on Fundamental Nursing Skills

    名古屋大学)

  11. 看護基礎実践 / Fundamental Skills on Nursing Practice

    Nagoya University)

  12. 看護基礎実践 / Fundamental Skills on Nursing Practice

    名古屋大学)

  13. 生活援助技術論 / Fundamental Skills on Nursing Practice

    愛知県立大学)

  14. 新入生ゼミナール / Seminar on Fundamental Skills for a New Student

    信州大学)

  15. 基礎セミナー / Seminar on Fundamental Skills for a New Student

    Nagoya University)

  16. 基礎セミナー / Seminar on Fundamental Skills for a New Student

    名古屋大学)

  17. チーム医療実習 / Advanced Practicum on the Team Medical Care

    信州大学)

  18. Overseas Training Seminar1 (in English)

    名古屋大学大学院)

  19. Overseas Training Seminar1 (English, for master students)

    Nagoya University)

  20. Overseas Training Program1 (in English)_研修地:ミャンマー

    名古屋大学大学院)

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 研究協力

    役割:助言・指導

    名古屋大学(~現在)、群馬大学(~現在)、岩手県立大学(H27),山梨県立大学(H24)  2011年 - 現在

メディア報道 1

  1. 大学生の生活習慣病調査結果報告

    第4回「青少年のメタボリックシンドロームを考える」研究会学術講演会  2009年7月