2021/11/10 更新

写真a

ノマ ケンタロウ
野間 健太郎
NOMA Kentaro
所属
大学院理学研究科 (生命系G30担当) 准教授
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部 生命理学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2010年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 遺伝学

  2. 神経生物学

  3. 線虫

  4. 老化

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 発生生物学

  2. ライフサイエンス / 神経科学一般

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 神経機能老化のメカニズム

経歴 4

  1. JST さきがけ

    2016年9月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. カリフォルニア大学サンディエゴ校 ハワードヒューズ医学研究所   生物学科   ポスドク

    2012年1月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  3. カリフォルニア大学サンディエゴ校   生物学科   ポスドク

    2010年5月 - 2011年12月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  4. 京都大学   理学研究科生物科学専攻   学振特別研究員

    2010年4月 - 2017年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 京都大学   理学研究科

    - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   理学部

    - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. アメリカ遺伝学会

  2. 日本生物物理学会

  3. 日本分子生物学会

 

論文 10

  1. Regulation of Gliogenesis by lin-32/Atoh1 in Caenorhabditis elegans

    Zhang Albert, Noma Kentaro, Yan Dong

    G3-GENES GENOMES GENETICS   10 巻 ( 9 ) 頁: 3271 - 3278   2020年9月

  2. Designer Palmitoylation Motif-Based Self-Localizing Ligand for Sustained Control of Protein Localization in Living Cells and Caenorhabditis elegans

    Nakamura Akinobu, Oki Choji, Sawada Shunsuke, Yoshii Tatsuyuki, Kuwata Keiko, Rudd Andrew K., Devaraj Neal K., Noma Kentaro, Tsukiji Shinya

    ACS CHEMICAL BIOLOGY   15 巻 ( 4 ) 頁: 837 - 843   2020年4月

  3. Rapid Integration of Multi-copy Transgenes Using Optogenetic Mutagenesis in Caenorhabditis elegans

    Noma Kentaro, Jin Yishi

    G3-GENES GENOMES GENETICS   8 巻 ( 6 ) 頁: 2091-2097   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1534/g3.118.200158

    Web of Science

  4. Microtubule-dependent ribosome localization in C. elegans neurons

    Noma Kentaro, Goncharov Alexandr, Ellisman Mark, Jin Yishi

    ELIFE   6 巻   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/eLife.26376

    Web of Science

  5. Optogenetic Random Mutagenesis Using Histone-miniSOG in C. elegans.

    Noma K, Jin Y

    Journal of visualized experiments : JoVE   ( 117 )   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3791/54810

    PubMed

  6. Palmitoylation controls DLK localization, interactions and activity to ensure effective axonal injury signaling

    Holland Sabrina M., Collura Kaitlin M., Ketschek Andrea, Noma Kentaro, Ferguson Toby A., Jin Yishi, Gallo Gianluca, Thomas Gareth M.

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   113 巻 ( 3 ) 頁: 763-768   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1514123113

    Web of Science

  7. Optogenetic mutagenesis in Caenorhabditis elegans

    Noma Kentaro, Jin Yishi

    NATURE COMMUNICATIONS   6 巻   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms9868

    Web of Science

  8. Systematic Analyses of rpm-1 Suppressors Reveal Roles for ESS-2 in mRNA Splicing in Caenorhabditis elegans

    Noma Kentaro, Goncharov Alexandr, Jin Yishi

    GENETICS   198 巻 ( 3 ) 頁: 1101-+   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1534/genetics.114.167841

    Web of Science

  9. Expanding views of presynaptic terminals: new findings from Caenorhabditis elegans

    Yan Dong, Noma Kentaro, Jin Yishi

    CURRENT OPINION IN NEUROBIOLOGY   22 巻 ( 3 ) 頁: 431-437   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.conb.2011.10.002

    Web of Science

  10. Triple N-Glycosylation in the Long S5-P Loop Regulates the Activation and Trafficking of the Kv12.2 Potassium Channel

    Noma Kentaro, Kimura Kazushi, Minatohara Keiichiro, Nakashima Hisako, Nagao Yasuaki, Mizoguchi Akira, Fujiyoshi Yoshinori

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   284 巻 ( 48 ) 頁: 33139-33150   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.021519

    Web of Science

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 光による革新的ゲノム改変技術の開発

    2016年9月 - 2020年3月

    特色ある大学教育支援プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 1

  1. 加齢による脳機能減弱を引き起こす転写産物の制御機構

    研究課題/研究課題番号:21K06014  2021年4月 - 2025年3月

    野間 健太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )