2021/04/22 更新

写真a

サハシ ケンタロウ
佐橋 健太郎
SAHASHI Kentaro
所属
医学部附属病院 脳神経内科 講師
職名
講師
外部リンク

学位 2

  1. 博士(医学) ( 2008年3月   名古屋大学 ) 

  2. 学士(医学) ( 1999年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. アンチセンス核酸

  2. RNA

  3. 脊髄性筋萎縮症

  4. 運動ニューロン疾患

  5. ポリグルタミン病

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学

  2. ライフサイエンス / ゲノム生物学

  3. ライフサイエンス / 神経内科学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 脊髄性筋萎縮症の病態解明研究

  2. 運動ニューロン疾患の発症及び進行機構の解明

  3. 核酸医薬開発

経歴 7

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 脳神経内科   講師

    2020年11月 - 現在

  2. 名古屋大学   医学部附属病院 卒後臨床研修・キャリア形成支援センター   病院助教

    2017年10月 - 2020年10月

  3. 名古屋大学   神経内科医員

    2013年4月 - 2016年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 米国 Cold spring harbor 研究所   ポスドク

    2008年9月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 独立行政法人国立病院機構鈴鹿病院   神経内科スタッフ

    2007年11月 - 2008年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋第一赤十字病院   神経内科スタッフ

    2001年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋第一赤十字病院   研修医

    1999年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科

    - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本内科学会

  2. 日本神経学会

委員歴 1

  1. 名古屋大学医学部附属病院初期臨床研修 プログラム責任者  

    2021年4月 - 現在   

 

論文 21

  1. Selective suppression of polyglutamine-expanded protein by lipid nanoparticle-delivered siRNA targeting CAG expansions in the mouse CNS 査読有り

    Hirunagi T, Sahashi K, Tachikawa K, Leu AI, Nguyen M, Mukthavaram R, Karmali PP, Chivukula P, Tohnai G, Iida M, Onodera K, Ohyama M, Okada Y, Okano H, Katsuno M.

    Mol Ther Nucleic Acids.   24 巻   頁: 1 - 10   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. NUS1 mutation in a family with epilepsy, cerebellar ataxia, and tremor

    Araki Kunihiko, Nakamura Ryoichi, Ito Daisuke, Kato Kohji, Iguchi Yohei, Sahashi Kentaro, Toyama Miho, Hamada Kensuke, Okamoto Nobuhiko, Wada Yoshinao, Nakamura Tomohiko, Ogi Tomoo, Katsuno Masahisa

    EPILEPSY RESEARCH   164 巻   頁: 106371   2020年8月

  3. Src inhibition attenuates polyglutamine-mediated neuromuscular degeneration in spinal and bulbar muscular atrophy

    Iida Madoka, Sahashi Kentaro, Kondo Naohide, Nakatsuji Hideaki, Tohnai Genki, Tsutsumi Yutaka, Noda Seiya, Murakami Ayuka, Onodera Kazunari, Okada Yohei, Nakatochi Masahiro, Okabe Yuka Tsukagoshi, Shimizu Shinobu, Mizuno Masaaki, Adachi Hiroaki, Okano Hideyuki, Sobue Gen, Katsuno Masahisa

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻 ( 1 ) 頁: 4262   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-12282-7

    Web of Science

    PubMed

  4. DNA methylation inhibitor attenuates polyglutamine-induced neurodegeneration by regulating Hes5

    Kondo Naohide, Tohnai Genki, Sahashi Kentaro, Iida Madoka, Kataoka Mayumi, Nakatsuji Hideaki, Tsutsumi Yutaka, Hashizume Atsushi, Adachi Hiroaki, Koike Haruki, Shinjo Keiko, Kondo Yutaka, Sobue Gen, Katsuno Masahisa

    EMBO MOLECULAR MEDICINE   11 巻 ( 5 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/emmm.201708547

    Web of Science

    PubMed

  5. Pathogenesis of Polyglutamine Diseases

    Sahashi K and Katsuno M.

    eLS.     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/9780470015902.a0021486.pub2.

  6. Preclinical progression of neurodegenerative diseases

    Katsuno Masahisa, Sahashi Kentaro, Iguchi Yohei, Hashizume Atsushi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 3 ) 頁: 289-298   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.3.289

    Web of Science

    PubMed

  7. Antisense oligonucleotides correct the familial dysautonomia splicing defect in IKBKAP transgenic mice

    Sinha Rahul, Kim Young Jin, Nomakuchi Tomoki, Sahashi Kentaro, Hua Yimin, Rigo Frank, Bennett C. Frank, Krainer Adrian R.

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   46 巻 ( 10 ) 頁: 4833-4844   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gky249

    Web of Science

    PubMed

  8. 球脊髄性筋萎縮症の病態と治療法の開発 招待有り

    近藤直英、佐橋健太郎、飯田円、藤内玄規、祖父江元、勝野 雅央

    神経治療学   34 巻 ( 2 ) 頁: 101-106   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.15082/jsnt.34.2_101

  9. Progress toward the development of treatment of spinal and bulbar muscular atrophy 招待有り 査読有り

    Sahashi Kentaro, Hashizume Atsushi, Sobue Gen, Katsuno Masahisa

    EXPERT OPINION ON ORPHAN DRUGS   5 巻 ( 6 ) 頁: 503 - 514   2017年

     詳細を見る

  10. 変異タンパク質凝集体への治療的アプローチ 招待有り

    佐橋健太郎、祖父江元

    生体の科学   67 巻 ( 4 ) 頁: 296-302   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.11477/mf.2425200457

  11. Silencing neuronal mutant androgen receptor in a mouse model of spinal and bulbar muscular atrophy 査読有り

    Sahashi K, Katsuno M, Hung G, Adachi H, Kondo N, Nakatsuji H, Tohnai G, Iida M, Bennett CF, Sobue G.

    Hum Mol Genet.   24 巻 ( 21 ) 頁: 5985-94   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/hmg/ddv300

  12. 治療的スプライシング制御アンチセンス核酸 招待有り

    佐橋健太郎、勝野雅央、祖父江元

    細胞工学   34 巻 ( 8 ) 頁: 798-805   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  13. Motor neuron cell-nonautonomous rescue of spinal muscular atrophy phenotypes in mild and severe transgenic mouse models 査読有り

    Hua Y, Liu YH, Sahashi K, Rigo F, Bennett CF, Krainer AR.

    Genes Dev.   29 巻 ( 3 ) 頁: 288-97   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1101/gad.256644.114

  14. The role of RNA splicing in the pathogenesis of spinal muscular atrophy and development of its therapeutics 招待有り

    Sahashi K, Sobue G.

    Brain Nerve.   66 巻 ( 12 ) 頁: 1471-80   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.11477/mf.1416200061

  15. Pathological impact of SMN2 mis-splicing in adult SMA mice 査読有り

    Sahashi K, Ling KK, Hua Y, Wilkinson JE, Nomakuchi T, Rigo F, Hung G, Xu D, Jiang YP, Lin RZ, Ko CP, Bennett CF, Krainer AR.

    EMBO Mol Med.   5 巻 ( 10 ) 頁: 1586-601   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/emmm.201302567

  16. TSUNAMI: an antisense method to phenocopy splicing-associated diseases in animals 査読有り

    Sahashi K, Hua Y, Ling KK, Hung G, Rigo F, Horev G, Katsuno M, Sobue G, Ko CP, Bennett CF, Krainer AR.

    Genes Dev.   26 巻 ( 16 ) 頁: 1874-84   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1101/gad.197418.112

  17. Peripheral SMN restoration is essential for long-term rescue of a severe spinal muscular atrophy mouse model 査読有り

    Hua Y, Sahashi K, Rigo F, Hung G, Horev G, Bennett CF, Krainer AR.

    Nature.   478 巻 ( 7367 ) 頁: 123-6   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature10485

  18. Antisense correction of SMN2 splicing in the CNS rescues necrosis in a type III SMA mouse model 査読有り

    Hua Y, Sahashi K, Hung G, Rigo F, Passini MA, Bennett CF, Krainer AR.

    Genes & Development   24 巻 ( 15 ) 頁: 1634-44   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. In vitro and in silico analysis reveals an efficient algorithm to predict the splicing consequences of mutations at the 5' splice sites 査読有り

    Sahashi K, Masuda A, Matsuura T, Shinmi J, Zhang Z, Takeshima Y, Matsuo M, Sobue G, Ohno K.

    Nucleic Acids Res.   35 巻 ( 18 ) 頁: 5995 - 6003   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  20. Progressive myopathy with circulating autoantibody against giantin in the Golgi apparatus. 査読有り

    Sahashi K, Ibi T, Ohno K, Sahashi K, Nakao N, Kondo H.

    Neurology.   62 巻 ( 10 ) 頁: 1891 - 1893   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  21. Anti-Ma2 antibody related paraneoplastic limbic/brain stem encephalitis associated with breast cancer expressing Ma1, Ma2, and Ma3 mRNAs 査読有り

    Sahashi K, Sakai K, Mano K, Hirose G.

    J Neurol Neurosurg Psychiatry.   74 巻 ( 9 ) 頁: 1332 - 1335   2003年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 神経内科Clinical Questions & Pearls 運動ニューロン疾患

    飯田円、近藤直英、佐橋健太郎、勝野雅央( 担当: 共著)

    中外医学社  2017年9月  ( ISBN:978-4-498-22888-7

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 神経疾患治療ストラテジー

    佐橋健太郎、祖父江元( 担当: 共著)

    中山書店  2017年8月  ( ISBN:978-4-521-74543-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. Chembiomolecular Science

    Hua Y, Sahashi K, Rigo F, Hung G, Bennett CF, Krainer AR.( 担当: 共著)

    Springer  2013年  ( ISBN:978-4-431-54038-0

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 2

  1. 脊髄性筋萎縮症に対する神経核酸治療

    佐橋健太郎, 勝野雅央  

    難病と在宅ケア26 巻 ( 6 ) 頁: 33 - 37   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  2. 球脊髄性筋萎縮症の病態形成機構と標的治療開発

    佐橋健太郎, 勝野雅央  

    医学のあゆみ273 巻 ( 1 ) 頁: 57 - 64   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

講演・口頭発表等 5

  1. SMA治療の実現とその先 招待有り

    佐橋健太郎

    SMA Academy  2020年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月20日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  2. Selective suppression of mutant polyQ proteins by siRNA targeting CAG expansions in the mouse CNS 国際会議

    Kentaro Sahashi

    2020 KDA/KD-UK Conference  2020年10月15日  Kennedy's Disease Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月14日 - 2020年10月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  3. Basic biology and clinical application of ASO to SMA 招待有り

    Kentaro Sahashi

    2020年9月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月31日 - 2020年9月2日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  4. 神経スプライシング治療に向けた核酸開発 招待有り

    佐橋健太郎

    第43回日本神経科学大会  2020年7月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月29日 - 2020年8月1日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  5. Phenotypic and genetic diversity in adult SMA 招待有り

    佐橋健太郎

    SMA Forum 2020  2020年2月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月15日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

共同研究・競争的資金等の研究課題 19

  1. 孤発性ALSにおける凝集型TDP-43の生体内伝播メカニズムの解明

    2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究B

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. 超早期ライフステージに着目した神経変性疾患の時空間特異性の解明

    2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費助成事業   科研費基盤研究A

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. 異常タンパク分解系を標的とした運動ニューロン疾患治療薬の開発

    2020年04月 - 2022年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 脊髄性筋萎縮症の成人期予後把 握を目的とした多施設共同コホート研究

    2019 - 2021

    難治性疾患実用化研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. レビー小体病の早期予防治療を 実現するためのバイオマーカー・治療標的の同定

    2019 - 2020

    脳科学研究戦略推進プログラム(脳プロ)  

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  6. Understanding of early-stage defects in SBMA by allele-targeted therapeutics

    2019

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  7. ナンセンス変異に対する内因性修復機構の解明と、その治療への応用研究

    2018年06月 - 2020年03月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. 先天性疾患における内在性RNA修復機構の解明と、その治療応用研究

    2018

    堀科学芸術振興財団研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  9. 運動ニューロン変性の、RNA介在性発生分化病態の解明

    2018

    持田記念医学薬学振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  10. 神経発達異常に起因する運動ニューロン疾患病態の解明と標的治療研究

    2018

    日東学術振興財団研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  11. 運動ニューロン疾患における神経コミュニケーション異常の分子病態解明と治療法開発

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究B

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  12. 神経特異的polysome解析によるALS/FTLD病態解明と分子標的療法の開発

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  13. 球脊髄性筋萎縮症の神経筋システム変性を標的とした革新的治療法開発

    2017 - 2019

    難治性疾患実用化研究事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  14. 運動ニューロン疾患のncRNA介在性進行病態の解明

    2017

    武田科学振興財団, 医学系研究奨励 

    佐橋健太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  15. 運動ニューロン疾患の全身性病態発症機序の解明

    2017

    豊秋奨学会研究費助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  16. ノンコーディングRNAを介した運動ニューロン疾患の発症及び進行機構の解明

    2017

    ノバルティスファーマ研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  17. 前頭側頭型認知症の分子標的治療薬・バイオマーカー開発によるdisease-modifying therapyへの展開

    2016 - 2020

    脳科学研究戦略推進プログラム(脳プロ)  

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  18. アンチセンス核酸を用いた運動ニューロン疾患の病態、治療研究

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  19. Phenocopying SMA in mice using antisense oligonucleotides

    2012年02月 - 2015年01月

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 8

  1. 孤発性ALSにおける凝集型TDP-43の生体内伝播メカニズムの解明

    2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究B

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. 超早期ライフステージに着目した神経変性疾患の時空間特異性の解明

    2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究A

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. 異常タンパク分解系を標的とした運動ニューロン疾患治療薬の開発

    2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 神経特異的polysome解析によるALS/FTLD病態解明と分子標的療法の開発

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. 運動ニューロン疾患における神経コミュニケーション異常の分子病態解明と治療法開発

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究B

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  6. シスタチンCを標的とした孤発性ALSのバイオマーカー開発と治療法開発

    2015年04月 - 2016年03月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  7. アンチセンス核酸を用いた運動ニューロン疾患の病態,治療研究

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究C

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. 運動ニューロン疾患における神経・筋システム変性の分子病態解明と治療法開発

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費助成事業  科研費基盤研究B

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

産業財産権 3

  1. Una oligomers for the treatment of polyglutamine diseases

    Tomoki Hirunagi, Kentaro Sahashi, Masahisa Katsuno, Kiyoshi Tachikawa, Angel I-Jou Leu, and Padmanabh Chivukula

     詳細を見る

    出願番号:US63/041,020  出願日:2020年6月18日

  2. Antisense oligonucleotide controlling expression amount of TDP-43 and use thereof

    Yoshitaka Nagai, Kazuhiro Maeta, Toshihide Takeuchi, Masahiro Neya, Tsuyoshi Fujihara, Seiji Matsuda, Gen Sobue, Shinsuke Ishigaki, and Kentaro Sahashi

     詳細を見る

    出願番号:WO2019013141  出願日:2019年1月17日

  3. Phenocopy model of disease

    Adrian Krainer, Kentaro Sahashi

     詳細を見る

    出願番号:PCT/US2012/043894  出願日:2012年1月

    公開番号:WO2012178122 A3  公開日:2013年3月

    出願国:外国  

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. 臨床実習I

    2020

  2. PBLテュトーリアル

    2020

  3. 臨床実習II

    2020

  4. 医学科専門科目「神経系」

    2020

  5. 2020年度特徴あるプログラム ニューロサイエンスコース

    2020

  6. 臨床実習II

    2019

  7. 医学科専門科目「神経系」

    2019

  8. 臨床実習I

    2019

  9. 2018年度特徴あるプログラム ニューロサイエンスコース

    2018

▼全件表示

 

メディア報道 1

  1. クーゲルベルグ・ウェランダー病(脊髄性筋萎縮症Ⅲ型)とは? ——その症状、原因、検査、治療について インターネットメディア

    メディカルノート  2020年5月11日

     詳細を見る

    執筆者:本人