2021/03/23 更新

写真a

タシマ ユウコ
田嶌 優子
TASHIMA Yuko
所属
糖鎖生命コア研究所(名大) 統合生命医科学糖鎖研究センター細胞・個体制御部門 助教
職名
助教

学位 2

  1. 博士(医学) ( 2006年3月   大阪大学 ) 

  2. 修士(薬学) ( 2002年3月   武庫川女子大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 分子生物学

  2. 糖質化学

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 分子生物学

  2. ライフサイエンス / 細胞生物学  / 糖質化学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 糖鎖修飾によるタンパク質の機能制御や発現制御の機構の解明

経歴 4

  1. 大阪大学微生物病研究所   免疫不全疾患研究分野   助教

    2014年4月 - 2016年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 国立循環器病研究センター研究所   分子病態部   流動研究員

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. Albert Einstein College of Medicine of Yeshiva University   Dep. Cell Biology

    2007年4月 - 2012年2月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  4. 大阪大学微生物病研究所   免疫不全疾患研究分野   特任研究員

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 大阪大学   医学系研究科   生体制御医学

    - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 武庫川女子大学   薬学部

    - 1996年4月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. Society for Glycobiology

  2. 日本血栓止血学会

  3. 日本分子生物学会

受賞 1

  1. 第40回日本血栓止血学会学術集会、若手奨励賞

    2018年6月   日本血栓止血学会  

    田嶌優子

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 15

  1. Bioinformatics and Functional Analyses Implicate Potential Roles for EOGT and L-fringe in Pancreatic Cancers.

    Barua R, Mizuno K, Tashima Y, Ogawa M, Takeuchi H, Taguchi A, Okajima T

    Molecules (Basel, Switzerland)   26 巻 ( 4 )   2021年2月

     詳細を見る

  2. 細胞外O-GlcNAcの構造と機能 招待有り 査読有り

    田嶌 優子、岡島徹也

    生化学 みにれびゅう   92 巻 ( 6 ) 頁: 833 - 837   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  3. Glycoproteomic analysis identifies cryptdin-related sequence 1 as O-glycosylated protein modified with alpha 1,2-fucose in the small intestine

    Hashiguchi Hiroki, Tsukamoto Yohei, Ogawa Mitsutaka, Tashima Yuko, Takeuchi Hideyuki, Nakamura Masanao, Kawashima Hiroki, Fujishiro Mitsuhiro, Okajima Tetsuya

    ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS   695 巻   頁: 108653   2020年11月

  4. N-Glycans on EGF domain-specificO-GlcNAc transferase (EOGT) facilitate EOGT maturation and peripheral endoplasmic reticulum localization

    Alam Sayad Md. Didarul, Tsukamoto Yohei, Ogawa Mitsutaka, Senoo Yuya, Ikeda Kazutaka, Tashima Yuko, Takeuchi Hideyuki, Okajima Tetsuya

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   295 巻 ( 25 ) 頁: 8560 - 8574   2020年6月

  5. Contribution of extracellular O-GlcNAc to the stability of folded epidermal growth factor-like domains and Notch1 trafficking

    Ogawa Mitsutaka, Tashima Yuko, Sakaguchi Yamato, Takeuchi Hideyuki, Okajima Tetsuya

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   526 巻 ( 1 ) 頁: 184 - 190   2020年5月

  6. Congenital diseases caused by defective O-glycosylation of Notch receptors

    Tashima Yuko, Okajima Tetsuya

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 3 ) 頁: 299-307   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.3.299

    Web of Science

    PubMed

  7. Plasminogen Tochigi mice exhibit phenotypes similar to wild-type mice under experimental thrombotic conditions

    Tashima Yuko, Banno Fumiaki, Kita Toshiyuki, Matsuda Yasuyuki, Yanamoto Hiroji, Miyata Toshiyuki

    PLOS ONE   12 巻 ( 7 ) 頁: e0180981   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0180981

    Web of Science

    PubMed

  8. Influence of ADAMTS13 deficiency on venous thrombosis in mice 招待有り 査読有り

    Y.Tashima, F.Banno, M.Akiyama, T.Miyata

    Thrombosis and Haemostasis   114 巻 ( 1 ) 頁: 206 - 207   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  9. Antibodies that Detect O-GlcNAc on the Extracellular Domain of Cell Surface Glycoproteins 査読有り

    Y.Tashima, P.Stanley

    The Journal of Biological Chemistry   289 巻 ( 16 ) 頁: 11132 - 11142   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  10. Galactose differentially modulates lunatic and manic Fringe effects on Delta1-induced NOTCH signaling 査読有り

    X.Hou, *Y.Tashima, P.Stanley

    The Journal of Biological Chemistry   287 巻 ( 1 ) 頁: 474 - 483   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  11. Roles of Pofut1 and O-fucose in mammalian Notch signaling 査読有り

    The Journal of Biological Chemistry   283 巻 ( 20 ) 頁: 13638 - 13651   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  12. Fatty acid remodeling of GPI-anchored proteins is required for their raft association 査読有り

    Y.Maeda, Y.Tashima, T.Houjou, M.Fujita, T.Yoko-O, Y.Jigami, R.Taguchi, T.Kinoshita

    Molecular Biology of the Cell   18 巻 ( 4 ) 頁: 1497 - 1506   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  13. PGAP2 is essential for correct processing and stable expression of GPI-anchored proteins 査読有り

    Y.Tashima, R.Taguchi, C.Murata, H.Ashida, T.Kinoshita, Y.Maeda

    Molecular Biology of the Cell   17 巻 ( 3 ) 頁: 1410 - 1420   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  14. The initial enzyme for glycosylphosphatidylinositol biosynthesis requires PIG-Y, a seventh component 査読有り

    Y.Murakami, U.Siripanyaphinyo, Y.Hong, Y.Tashima, Y.Maeda, T.Kinoshita

    Molecular Biology of the Cell   16 巻 ( 11 ) 頁: 5236 - 5246   2005年

  15. Inositol-deacylation of glycosylphosphatidylinositol-anchored proteins is mediated by mammalian PGAP1 and yeast Bst1p 査読有り

    S.Tanaka, Y.Maeda, Y.Tashima, T.Kinoshita

    The Journal of Biological Chemistry   279 巻 ( 14 ) 頁: 14256 - 14263   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 新・止血血栓血管学 凝固と炎症、 2部 ショック・敗血症と凝血・炎症系

    木下タロウ、田嶌優子( 担当: 単著 ,  範囲: 18凝固系と補体系反応:PNHを含む)

    金芳堂  2015年  ( ISBN:978-4-7653-1646-0

     詳細を見る

    総ページ数:7   記述言語:日本語

  2. プリンシプル血液疾患の臨床、よくわかる血栓•止血異常の診療

    宮田敏行、田嶌優子( 担当: 単著 ,  範囲: 第1章 血栓止血異常症を理解するために、B 凝固反応を理解する)

    中山書店  2014年11月  ( ISBN:978-4-521-73780-5

     詳細を見る

    総ページ数:10   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 実験医学別冊 タンパク質の翻訳後修飾解析プロトコール

    田嶌優子、前田祐輔( 担当: 共著 ,  範囲: 6章 脂質修飾の解析、5. GPIアンカー型タンパク質の解析)

    羊土社  2005年12月  ( ISBN:978-4-89706-418-5

     詳細を見る

    総ページ数:7   記述言語:日本語 著書種別:学術書

科研費 3

  1. Notch シグナルにおけるO-グルコース糖鎖修飾の構造多様性の意義

    2019年04月 - 現在

    科学研究費補助金  国際共同研究加速基金  国際共同研究強化(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. ゴルジ装置から細胞膜へのGPIアンカー型タンパク質の輸送に働く因子の網羅的解析

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 遺伝子改変マウスを用いたプラスミノーゲン栃木変異と血栓症の検討

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 生物学基礎I

    2020

     詳細を見る

    生命活動に必須のエネルギーについて、1回生に解説する。

  2. ベーシックトレーニング

    2020

     詳細を見る

    コレステロール及びリン脂質の抽出と検出の実習を大学院生に行う。

  3. 生化学実習

    2020

     詳細を見る

    脂質の抽出と検出の実習を3回生に行う。

  4. 生物の化学

    2020

     詳細を見る

    エネルギー代謝について2回生に解説する。