2021/04/14 更新

写真a

タナカ ミノル
田中 実
TANAKA Minoru
所属
大学院理学研究科 生命理学専攻 形態統御学 教授
職名
教授

学位 1

  1. 理学博士 ( 1989年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 生殖 生殖細胞 性決定 性分化 内分泌 発生

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 形態、構造  / 卵巣 精巣 生殖腺 生殖細胞 ステロイド産生細胞

  2. ライフサイエンス / 発生生物学  / 生殖細胞分化、配偶子形成、性決定、細胞運命決定

  3. ライフサイエンス / 動物生命科学  / メダカ 性決定 性転換 内分泌

  4. ライフサイエンス / 分子生物学  / 性決定遺伝子、染色体構造、減数分裂

学歴 1

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科   生物学専攻

    - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本動物学会

  2. Society of Study of Reproduction

  3. 日本発生学会

  4. 日本分子生物学会

受賞 2

  1. 日本動物学会 学会賞

    2020年9月   日本動物学会   メダカを用いた生殖細胞と性決定の研究

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. 文部科学大臣表彰 科学技術賞

    2011年4月   文部科学省   メダカを用いた新たな生殖細胞研究

 

論文 50

  1. foxl3, a sexual switch in germ cells, initiates two independent molecular pathways for commitment to oogenesis in medaka 査読有り 国際共著

    Kikuchi Mariko, Nishimura Toshiya, Ishishita Satoshi, Matsuda Yoichi, Tanaka Minoru

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   117 巻 ( 22 ) 頁: 12174 - 12181   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1918556117/-/DCSupplemental

    Web of Science

  2. Starvation causes female-to-male sex reversal through lipid metabolism in the teleost fish, medaka (Olyzias latipes) 査読有り

    Sakae Yuta, Oikawa Akira, Sugiura Yuki, Mita Masatoshi, Nakamura Shuhei, Nishimura Toshiya, Suematsu Makoto, Tanaka Minoru

    BIOLOGY OPEN   9 巻 ( 4 ) 頁: bio050054   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/bio.050054

    Web of Science

  3. Novel components of germline sex determination acting downstream of foxl3 in medaka 査読有り 国際共著

    Kikuchi Mariko, Nishimura Toshiya, Saito Daisuke, Shigenobu Shuji, Takada Ritsuko, Arturo Gutierrez-Triana Jose, Mateo Cerdan Juan Luis, Takada Shinji, Wittbrodt Joachim, Suyama Mikita, Tanaka Minoru

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY   445 巻 ( 1 ) 頁: 80 - 89   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2018.10.019

    Web of Science

  4. Germ cells in the teleost fish medaka have an inherent feminizing effect 査読有り 国際共著

    Nishimura Toshiya, Yamada Kazuki, Fujimori Chika, Kikuchi Mariko, Kawasaki Toshihiro, Siegfried Kellee R., Sakai Noriyoshi, Tanaka Minoru

    PLOS GENETICS   14 巻 ( 3 )   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pgen.1007259

    Web of Science

  5. foxl3 is a germ cell-intrinsic factor involved in sperm-egg fate decision in medaka. 査読有り 国際誌

    Nishimura, T., Sato, T., Yamamoto, Y., Watakabe, I., Ohkawa, Y., Suyama, M., Kobayashi, S. and Tanaka, M.

    Science   349 巻   頁: 328-331   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.aaa2657

  6. Analysis of a novel gene, Sdgc, reveals sex chromosome-dependent differences of medaka germ cells prior to gonad formation. 査読有り 国際共著

    Nishimura, T., Herpin, A., Kimura, T., Hara, I., Kawasaki, T., Nakamura, S., Yamamoto, Y., Saito, T.L., Yoshimura, J., Morishita, S., Tsukahara, T., Kobayashi, S., Naruse, K., Shigenobu, S., Sakai, N., Schartl, M. and Tanaka, M.

    Development   141 巻   頁: 3363-3369   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.106864

  7. Hyperproliferation of mitotically active germ cells dues todefective anti-Müllerian hormone signaling mediates sex reversal in medaka. 査読有り 国際共著

    Nakamura, S., Watakabe, I., Nishimura, T., Picard, J-Y., Toyoda, A., Taniguchi, Y., di Clemente, N. and Tanaka, M.

    Development   7 巻   頁: e29982   2012年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.076307

  8. Identification of germline stem cells in the ovary of the teleost medaka. 査読有り

    Nakamura, S., Kobayashi, K., Nishimura, T., Higashijima, S. and Tanaka, M.

    Science   328 巻   頁: 1561-1563   2010年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1185473

  9. Germ cells are essential for sexual dimorphism in the medaka gonad. 査読有り

    Kurokawa, H., Saito, D., Nakamura, S., Katoh-Fukui, Y., Ohta, K., Aoki, Y., Baba, T., Morohashi, K. and Tanaka, M.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   104 巻   頁: 16958 - 16963   2007年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1073/pnas.0609932104

  10. The hotei mutation of medaka in the anti-Mullerian hormone receptor causes the dysregulation of germ cell and sexual development. 査読有り

    Morinaga, C., Saito, D., Nakamura, S., Sasaki, T., Asakawa, S., Shimizu, N., Mitani, H., Furutani-Seiki, M., Tanaka, M. and Kondoh, H.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   104 巻   頁: 9691 - 9696   2007年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1073/pnas.0611379104

  11. Establishment of medaka (Oryzias latipes) transgenic lines with the expression of green fluorescent protein fluorescence exclusively in germ cells: A useful model to monitor germ cells in a live vertebrate. 査読有り

    Tanaka M., Kinoshita M., Kobayashi D. and Nagahama, Y.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   98 巻   頁: 2544 - 2549   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Critical roles of the ddx5 gene in zebrafish sex differentiation and oocyte maturation

    Sone Ryota, Taimatsu Kiyohito, Ohga Rie, Nishimura Toshiya, Tanaka Minoru, Kawahara Atsuo

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年9月

  13. Seasonal changes in NRF2 antioxidant pathway regulates winter depression-like behavior

    Nakayama Tomoya, Okimura Kousuke, Shen Jiachen, Guh Ying-Jey, Tamai T. Katherine, Shimada Akiko, Minou Souta, Okushi Yuki, Shimmura Tsuyoshi, Furukawa Yuko, Kadofusa Naoya, Sato Ayato, Nishimura Toshiya, Tanaka Minoru, Nakayama Kei, Shiina Nobuyuki, Yamamoto Naoyuki, Loudon Andrew S., Nishiwaki-Ohkawa Taeko, Shinomiya Ai, Nabeshima Toshitaka, Nakane Yusuke, Yoshimura Takashi

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   117 巻 ( 17 ) 頁: 9594 - 9603   2020年4月

  14. Application of the Seawater Medaka Oryzias melastigma (McClelland) for Marine Ecotoxicology

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 281 - 302   2020年

     詳細を見る

  15. Telomerase and Telomere Biology in Medaka

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 303 - 315   2020年

     詳細を見る

  16. Screening and Testing Methods of Endocrine-Disrupting Chemicals Using Medaka

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 271 - 279   2020年

     詳細を見る

  17. Reproductive Behavior of Wild Japanese Medaka

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 205 - 213   2020年

     詳細を見る

  18. Photo-Inducible Gene Expression in Medaka

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 261 - 269   2020年

     詳細を見る

  19. Medaka Management

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 1 - 30   2020年

     詳細を見る

  20. Medaka Biology, Management, and Experimental Protocols Volume 2 Preface

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: XXI - +   2020年

     詳細を見る

  21. Medaka and Oryzias Species as Model Organisms and the Current Status of Medaka Biological Resources

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 31 - 48   2020年

     詳細を見る

  22. Looking at Medaka Embryos

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 97 - 203   2020年

     詳細を見る

  23. Looking at Adult Medaka

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 49 - 95   2020年

     詳細を見る

  24. Genome Editing

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 225 - 260   2020年

     詳細を見る

  25. Cryopreservation and Transplantation of Medaka Germ Cells

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 215 - 223   2020年

     詳細を見る

  26. Assessments of Medaka Skeletal Toxicity

    Murata Kenji, Kinoshita Masato, Kamei Yasuhiro, Tanaka Minoru, Naruse Kiyoshi

    MEDAKA: BIOLOGY, MANAGEMENT, AND EXPERIMENTAL PROTOCOLS, VOL 2     頁: 317 - 327   2020年

     詳細を見る

  27. Increase of cortisol levels after temperature stress activates dmrt1a causing female-to-male sex reversal and reduced germ cell number in medaka

    Adolfi Mateus Contar, Fischer Peter, Herpin Amaury, Regensburger Martina, Kikuchi Mariko, Tanaka Minoru, Schartl Manfred

    MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   86 巻 ( 10 ) 頁: 1405 - 1417   2019年10月

     詳細を見る

  28. Seasonal regulation of the lncRNA LDAIR modulates self-protective behaviours during the breeding season

    Nakayama Tomoya, Shimmura Tsuyoshi, Shinomiya Ai, Okimura Kousuke, Takehana Yusuke, Furukawa Yuko, Shimo Takayuki, Senga Takumi, Nakatsukasa Mana, Nishimura Toshiya, Tanaka Minoru, Okubo Kataaki, Kamei Yasuhiro, Naruse Kiyoshi, Yoshimura Takashi

    NATURE ECOLOGY & EVOLUTION   3 巻 ( 5 ) 頁: 845 - 852   2019年5月

  29. Regulation of germ cell sex identity in medaka

    Tanaka Minoru

    SEX DETERMINATION IN VERTEBRATES   134 巻   頁: 151 - 165   2019年

  30. Regulation of Germline Stem Cells in the Teleost: Gametogenesis, Sex, and Fecundity

    Tanaka Minoru

    REPRODUCTIVE AND DEVELOPMENTAL STRATEGIES: THE CONTINUITY OF LIFE     頁: 37 - 45   2018年

  31. Dynamic plasticity in phototransduction regulates seasonal changes in color perception

    Shimmura Tsuyoshi, Nakayama Tomoya, Shinomiya Ai, Fukamachi Shoji, Yasugi Masaki, Watanabe Eiji, Shimo Takayuki, Senga Takumi, Nishimura Toshiya, Tanaka Minoru, Kamei Yasuhiro, Naruse Kiyoshi, Yoshimura Takashi

    NATURE COMMUNICATIONS   8 巻   2017年9月

  32. Dynamic plasticity in phototransduction regulates seasonal changes in color perception. 査読有り

    Shimmura, T., Nakamura, T., Shinomiya, A., Fukamachi, S., Yasugi, M., Watanabe, E., Shimo, T., Senga, T., Nishimura, T., Tanaka, M., Kamei, Y., Naruse, K. and Yoshimura, T.

    Nature Comm.   8 巻 ( 412 ) 頁: doi:10.1038/s41467-017-00432-8   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1038/s41467-017-00432-8

  33. 「精子になるか、卵になるか」を決める仕組みの発見 招待有り 査読有り

    西村俊哉、田中実

    臨床免疫・アレルギー科   65 巻   頁: 164-168   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  34. Germline stem cells are critical for sexual fate decision of germ cells. 招待有り 査読有り

    Tanaka, M.

    BioEssays   38 巻   頁: 1227-1233   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: doi: 10.1002/bies.201600045

  35. The mechanism of germline sex determination in vertebrates 招待有り 査読有り

    Nishimura, T. and Tanaka, M.

    Biol. Reprod.   95 巻   頁: 1-6   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  36. A structurally and functionally common unit in testes and ovaries of medaka (Oryzias latipes), a teleost fish. 招待有り 査読有り

    Nishimura, T. Nakamura, S. and Tanaka, M.

    Sex. Dev.   10 巻   頁: 159-165   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: DOI: 10.1159/000447313

  37. A Neural Mechanism Underlying Mating Preferences for Familiar Individuals in Medaka Fish. 査読有り

    Okuyama, T., Yokoi, S., Abe, H., Isoe, Y., Suehiro, Y., Imada, H., Tanaka, M., Kawasaki, T., Yuba, S., Taniguchi, Y., Kamei, Y., Okubo, K., Shimada, A., Naruse, K., Takeda, H., Oka, Y., Kubo, T. and Takeuchi, H.

    Science   343 巻   頁: 91 - 94   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1244724

  38. A Neural Mechanism Underlying Mating Preferences for Familiar Individuals in Medaka Fish. 査読有り

    Okuyama, T., Yokoi, S., Abe, H., Isoe, Y., Suehiro, Y., Imada, H., Tanaka, M., Kawasaki, T., Yuba, S., Taniguchi, Y., Kamei, Y., Okubo, K., Shimada, A., Naruse, K., Takeda, H., Oka, Y., Kubo, T. and Takeuchi, H.

    Science   343 巻   頁: 91-94   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1126/science.1244724

  39. Gonadal Development in Fish 招待有り 査読有り

    Nishimura, T. and Tanaka, M.

    Sex. Dev.   8 巻   頁: 252-261   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: Doi:10.1159/000364924

  40. 目で見る生殖幹細胞 – 卵巣の生殖幹細胞 招待有り 査読有り

    田中実

      20 巻   頁: 112-118   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  41. 性決定分化と性転換の制御機構 招待有り 査読有り

    田中実

    細胞工学   32 巻   頁: 172-177   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  42. 「性決定分化の制御システム」基礎の基礎 査読有り

    諸橋憲一郎、田中実

    細胞工学   32 巻   頁: 146-150   2013年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    特集号の監修

  43. Divergent expression regulation of gonad development genes in medaka shows incomplete conservation of the downstream regulatory network of vertebrate sex determination. 査読有り

    Herpin. A., Adolfi, M.C., Nicol, B., Hinzmann, M., Schmidt, C., Klughammer, J., Engel, M., Tanaka, M., Guiguen, Y. and Schartl, M.

    Mol. Biol. Evol.   30 巻   頁: 2328-2346   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1093/molbev/mst130

  44. Steroid hormone and the development of reproductive organs. 招待有り 査読有り

    Morohashi, K., Baba,T. and Tanaka, M.

    Sex. Dev.   7 巻   頁: 61-79   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: DOI: 10.1159/000342272

  45. Vertebrate female germline, the acquisition of femaleness 招待有り 査読有り

    Tanaka, M.

    WIREs Dev. Biol.     2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: doi: 10.1002/wdev.131.

  46. A heat-inducible cre/loxP gene induction system in medaka. 査読有り

    Kobayashi, K., Kamei, K., Kinoshita, M., Czerny, T. and Tanaka, M.

    Genesis   51 巻   頁: 59-67   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/dvg.22348

  47. Forward to the Special Issue on Sex Determination 招待有り 査読有り

    Capel, B. and Tanaka, M.

    Dev. Dyn.   242 巻   頁: 303-306   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Forward on the special issue of `sex determination', edited by Capel and Tanaka.

    DOI: DOI: 10.1002/dvdy.23937

  48. ATF6a/b-mediated adjustment of ER chaperone levels is essential for development of the notochord in medaka fish. 査読有り

    Ishikawa, T., Okada, T., Ishikawa-Fujisawa, T., Todo, T., Kamei, Y., Shigenobu, S., Tanaka, M., Saito, T.L., Yoshimura, J., Morishita, S., Toyoda, A., Sakaki, Y., Taniguchi, Y., Takeda, S. and Mori, K.

    Mol. Biol. Cell.   24 巻   頁: 1387-1395   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: Doi:10.1091/mbc.E12-11-0830

  49. Divergent expression regulation of gonad development genes in medaka shows incomplete conservation of the downstream regulatory network of vertebrate sex determination. 査読有り 国際共著

    Herpin. A., Adolfi, M.C., Nicol, B., Hinzmann, M., Schmidt, C., Klughammer, J., Engel, M., Tanaka, M., Guiguen, Y. and Schartl, M.

    Mol. Biol. Evol.     2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/molbev/mst130

  50. Positional cloning of the mouse circadian Clock gene. 査読有り

    King P.D., Zhao Y., Sangoram A.M., Wilsbacher L.D., Tanaka M., Antoch M.P., Steeves T.D.L., Vitaterna M.H., Kornhauser J.M., Lowrey P.L., Turek F.W. and Takahashi J.S.

    Cell   89 巻   頁: 641 - 653   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 10

  1. 「遺伝子から解き明かす性の不思議な世界」- 科学が明らかにした多様性と進化の仕組み 国際共著

    田中実( 担当: 編纂)

    一色出版  2019年2月  ( ISBN:978-4-909383-06-8

     詳細を見る

    総ページ数:542   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  2. 「発生生物学(Developmental Biology) 第10版」性決定 査読有り

    田中実( 担当: 単訳)

    メディカル・サイエンス・インターナショナル  2015年 

     詳細を見る

    総ページ数:835   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. 動物の事典 査読有り

    田中実( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第7章2「生殖細胞の発生」)

    朝倉書店  2020年11月  ( ISBN:978-4-254-17166-2

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  4. 魚類発生学の基礎 査読有り 国際共著

    田中実、大久保範聡( 担当: 共著 ,  範囲: 第10章 生殖腺の発生)

    恒星社厚生閣  2018年7月  ( ISBN:978-4-7699-1485-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 雑誌「科学」特集「愛と性の科学」—「性が変わる能力」

    田中実( 担当: 単著)

    岩波書店  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. Molecular and Cellular Bases of Sexual Flexibility in Vertebrates In `New Principles in Developmental Processes

    Tanaka, M. (eds: Kondoh, H. and Kuroiwa, A.)( 担当: 単著)

    Springer Japan  2014年  ( ISBN: 978-4-431-54633-7

     詳細を見る

    総ページ数:321   記述言語:英語 著書種別:学術書

  7. Function of Germ Cells in Sex Differentiation

    Nishimura, T. and Tanaka, M.( 担当: 共著)

    Nova Biomedical.  2013年  ( ISBN:978-1-62618-848-8

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  8. 日本生殖内分泌学雑誌

    田中実( 担当: 単著 ,  範囲: 生殖細胞の新たな機能)

    生殖内分泌学会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  9. 生物機能モデルと新しいリソース・リサーチツール

    田中実、小林佳代,中村修平( 担当: 共著 ,  範囲: BAC や fosmid を用いたトランスジェニックメダカ作製法)

    エル・アール・シー  2011年2月 

  10. ホルモンの分子生物学3 査読有り

    田中実( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 性ステロイドホルモンの合成)

    学会出版センター  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

講演・口頭発表等 18

  1. Mechanism of sexual fate decision of germ cells in the teleost fish, medaka 招待有り 国際会議

    2020年9月25日  日本発生生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月25日

    記述言語:英語  

    開催地:名古屋大学 on Zoom   国名:日本国  

  2. 生殖細胞と性 招待有り

    田中実

    第91回 日本動物学会大会  2020年9月4日  日本動物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学 on Zoom   国名:日本国  

  3. 生殖細胞の性、生殖細胞が決める性 招待有り

    田中実

    日本遺伝学会第91回大会  2019年9月11日  日本遺伝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福井大学文京キャンパス   国名:日本国  

  4. How do germ cells determine their sexual fate? 招待有り 国際会議

    Minoru Tanaka

    The 9th International Symposium on Fish Endocrinology (9ISFE2018)  2018年6月4日  International Society of Fish Endocrinology

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月3日 - 2018年6月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Manaus, Brasil   国名:ブラジル連邦共和国  

  5. Germ Cells – more than gametogenesis 招待有り 国際会議

    Minoru Tanaka

    4th Medaka Strategic PI meeting  2018年4月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月16日 - 2018年4月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Heidelberg, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  6. 雌雄のどちらかになることを保障する性のコアメカニズム - 生殖細胞がもたらす性決定機構 - 招待有り 国際会議

    田中実

    生命科学系学会合同年次大会(日本分子生物学会年会)ワークショップ  2017年12月7日  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月7日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸ポートピアホテル   国名:日本国  

  7. A feminizing power is an innate nature of germ cells in medaka 招待有り 国際会議

    Minoru Tanaka

    18th International Congress of Comparative Endocrinology (ICCE18)   2017年6月6日  International Congress of Comparative Endocrinology

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月4日 - 2017年6月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Alberta, Canada   国名:カナダ  

  8. 日本発。世界にはばたく研究用生物メダカの話 招待有り

    田中実

    名古屋大学オープンレクチャー  2021年3月14日  名古屋大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月14日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学 on Zoom   国名:日本国  

  9. 生物学が教える新たな性の理解 – メダカの性決定の研究から 招待有り

    田中実

    日本理科教育学会  2020年11月7日  日本理科教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学 on Zoom   国名:日本国  

  10. メダカのメスとオスはどう決まるか 招待有り

    田中実

    あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワーク事業 名古屋大学出前授業  2019年12月15日  あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワーク事業

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月15日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:豊橋自然史博物館   国名:日本国  

  11. 生殖細胞と性 招待有り 国際会議

    田中実

    国立遺伝学研究所 研究会  2019年6月5日  国立遺伝学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月5日 - 2019年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:国立遺伝学研究所   国名:日本国  

  12. 性のゆらぎ:分子機構から見えてきた性の特徴 – 幹細胞が生み出す性のフレキシブルさと頑強さ - 招待有り

    田中実

    第4回 創発セミナー  2018年12月8日  公益財団法人 大隅基礎科学創成財団

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京工業大学 キャンパスイノベーションセンター   国名:日本国  

  13. 生殖腺研究最前線 性決定における生殖幹細胞機能と代謝制御 招待有り

    田中実

    日本アンドロロジー学会 第37回学術大会  2018年6月15日  日本アンドロロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン、神戸   国名:日本国  

  14. Germline stem cells and ovarian structure 招待有り 国際会議

    Minoru Tanaka

    Seminar in Shanghai Ocean University  2018年3月15日  Shanghai Ocean University

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月15日

    記述言語:英語  

    開催地:Shanghai   国名:中華人民共和国  

  15. 哺乳類の生殖幹細胞と生殖腺の組織構造の原型 招待有り

    田中実

    第16回東海不妊内分泌研究会  2017年2月18日  東海不妊内分泌研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月18日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:レイアップ御幸町ビル 静岡  

  16. 卵巣・精巣の配偶子幹細胞と性決定機構 招待有り 国際共著

    田中実

    第61回 日本生殖医学学会  2016年11月3日  日本生殖医学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:パシフィコ横浜、神奈川   国名:日本国  

  17. An intrinsic mechanism of sexual fate decision in germ cells – Commitment to Femaleness Independent of Estrogenic Action 招待有り 国際会議

    Minoru Tanaka

    The 8th International Symposium on Fish Endocrinology (8ISFE2016)  2016年7月1日  International Society of Fish Endocrinology

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月29日 - 2016年7月2日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Gothenburg, Sweden   国名:スウェーデン王国  

  18. 「生殖細胞の性の研究」から見えてきたこと – 卵巣中でも機能的精子は作られる - 招待有り

    田中実

    第30回 生殖・発生毒性学東京セミナー  2016年3月4日  生殖・発生毒性学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:国立オリンピック記念青少年総合センター、東京   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 近縁種免疫不全成魚へのクロマグロ生殖幹細胞移植による早期配偶子産生

    2020年01月 - 2025年03月

    A-STEP 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)  産学共同 本格型

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:2925000円 ( 直接経費:2250000円 、 間接経費:675000円 )

  2. 早期精子形成・雌雄同体化技術を用いた養殖魚の革新的育種法の開発

    2017年04月 - 2019年03月

    農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 養殖魚品質改良期間の劇的な短縮を実現する革新的早期精子形成技術の開発

    2014年04月 - 2016年03月

    農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 4

  1. 生殖腺の性差構築と維持機構の解明

    研究課題/研究課題番号:22132007  2010年04月 - 2016年03月

    文部科学省  科学研究費補助金(新学術領域研究 計画班)  新学術領域研究 「性差構築の分子基盤」計画班

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:110760000円 ( 直接経費:85200000円 、 間接経費:25560000円 )

  2. 性スペクトラム研究の運営

    研究課題/研究課題番号:17H06423  2017年06月 - 2022年03月

    文部科学省  科学研究費補助金(新学術領域研究 総括班)  新学術領域研究(研究領域提案型)

    立花 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1000000円 、 間接経費:300000円 )

    本研究領域では「性スペクトラム」という新たな概念のもとに、性を再定義することを目指す。本領域では領域代表の下に総括班を置き、領域の全ての研究者が、「性が連続的なものである」という視点を共有し、領域の目標達成に貢献することを後押しさせる。
    2019年9月15日~17日の3日間に渡り、佐賀県唐津市にて第3回領域会議を行なった。各研究の最新の成果が口頭発表とポスター発表で紹介され、活発な議論が交わされた。また、新学術領域研究「配偶子インテグリティー」から、計画研究代表者と公募研究者を招聘し、コラボセッションをおこなった。これにより、領域の垣根を超えた共同研究の推進の場が広がった。さらに、in silico解析の専門家による「ビッグテータ解析」のセッションを設け、領域内の技術連携を強化した。
    領域のアジア性分化研究ネットワークの支援を受け、2019年5月27日~29日の3日間、韓国のソウル市でアジア性分化研究ネットワーク会議を開催した。台湾からAcademia Sinica、National Taiwan Ocean Univerity、韓国からKorea Institute of Science and Technology、Seoul University、Korea Polar Research Institute、Yonsei Universityが参加し、最新の研究成果について、口頭発表とポスター発表を行った。
    2019年12月5日には、分子生物学会において冠ワークショップ「性の連続性(性スペクトラム)をもたらすエピゲノム・代謝・染色体」を開催した。本会は立ち見が出るほど盛況であった。
    2019年12月17日に、愛知県刈谷市のSSH指定校である刈谷高校において、領域活動の紹介シンポジウムを行った。約80名の高校生が参加し、活発な質疑討論が行われた。
    1.総括班活動について
    令和元年度の主な総括班の活動計画は、総括班会議や領域会議の議論を通じて領域の活性化と協力体制の強化を図ることであった。2019年9月15日~17日に開催された第3回領域会議において、各計画研究代表者の研究の進捗状況を把握し、領域内共同研究を活性化させるための「ビッグテータ解析」のセッションを設けた。同時に総括班会議を開き、研究班員の間の連携体制を構築した。9月に行われた中間ヒアリングでは「A」と評価された。これらの活動により、総括班活動が概ね計画通りに進んでいると判断した。12月には日本分子生物学会年会にて、領域の冠ワークショップ「性の連続性(性スペクトラム)をもたらすエピゲノム・代謝・染色体」を開催したところ、立ち見が出るほどの盛況であった。
    2.国際活動支援班について
    令和元年度の主な国際活動支援班の活動は、計画研究代表者である諸橋と田中がこれまでに構築したアジアの性分化研究ネットワークを拡充し、性の基礎研究分野におけるアジア地区のネットワークを発展させることであった。領域の国際活動支援班の援助のもと、2019年5月27日~29日の3日間、韓国ソウル市のKISTで、アジア性分化研究ネットワーク研究集会を開催した。上述したように、台湾や韓国から多くの研究者が集い、活発な研究討論が行われた。
    これらの活動実績により、国際活動支援班の活動は概ね計画通りに進んでいると判断した。
    1.総括班活動について
    平成30年度に引き続き、領域代表のもと、庶務担当、研究集会担当、広報担当、若手支援担当、研究支援担当を置く。各担当は領域代表の指示のもとに、それぞ
    れの業務を遂行することで領域研究をさらに強力に推進する。領域会議および総括班会議は11月の開催が予定されている。
    2.国際活動支援班について
    平成31年度には、アジア性分化研究ネットワークの拡充を図る。計画研究代表者である深見がこれまでに構築したアジアの性分化疾患の臨床医のネットワークを拡充し、性の臨床研究分野におけるアジア地区のネットワークを発展させる。

  3. 第二次性徴に合わせた配偶子形成開始機構の解明

    研究課題/研究課題番号:16H02514  2016年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金(基盤研究A) 

    田中 実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:42770000円 ( 直接経費:32900000円 、 間接経費:9870000円 )

    昨年度までに、長さ数ミリの幼魚から生殖腺を単離する方法と、分解酵素の種類と作用時間を変えるなどの条件検討を行い、単離生殖腺からの細胞の解離を行った。そしてセルソーターの分離条件とプレート上への分取方法を検討し、最終的に384プレート上に細胞をひとつずつ、もしくは数個ずつ、生殖腺から解離した細胞を分取できることを、共焦点レーザー顕微鏡を用いて確認した。さらにそこからseq2 法の条件を検討しつつ、一細胞トランスクリプトームのためのライブラリー作製した。ライブラリーはバイオアナライザー等を用いて評価を行い、ライブラリー作製に十分の質を保つと判定されたライブラリーについて予備的に次世代シークエンサーにより解析した。
    その結果、かなりの確率で目的とする細胞で発現しているマーカーが確認できた。またゲノムマッピングも行い、今回新規に構築したアノーテーションファイルを用いて、アノテーションされたゲノム領域へIVG を通じてマッピングも確認された。
    このライブラリーを変異体と野生型メダカ幼魚生殖腺、第二次性徴直前の野生型メダカ生殖腺(体長サイズにより分類)から作製してトランスクリプトームデータを得、現在その評価をゲノムマッピングなどにより行っている。その結果、IVG と qPCR も併用して、DEGとなりうる候補遺伝子を得つつある。
    さらには、現在、第二次性徴直前の野生型メダカ生殖腺のマーカーとなりうる遺伝子を既存の論文や生殖腺、幹細胞の発生シグナルを参考にして、 in situ hybridization により確認する実験を開始している。
    ライブラリーの評価とマーカーとなる遺伝子のスクリーニングも着実に進みつつある。いよいよDEGに向けて候補遺伝子のスクリーニングに入れることから、進捗状況は概ね良好と判断している。
    現在進行中のqPCR によるDEGの評価を行う。そのためのポジティブコントロールを、哺乳類での幹細胞ニッチで発現する遺伝子や成体で生殖周期を制御する遺伝子に着目して単離を行う。ここでスクリーニングされた遺伝子はさらに in situ hybridization によるスクリーニングに供する。GO term などのアノーテーション情報も考慮し候補遺伝子を絞り込む。候補遺伝子のガイドRNAを作製し、ゲノム編集技術による変異体作製を行う。変異体の表現型解析は共焦点レーザー顕微鏡を用いた固定組織と単離生殖腺を用いたライブイメージングにより行う。
    このDEGから得られた候補遺伝子が第二次性徴を抑制している因子であれば、その変異体メダカのオスにおける表現型は、早期の精子形成が見られることが期待される。候補遺伝子変異が致死性の場合は、当研究室ですでに確立されているキメラメダカや皮下移植の技術により、致死性を回避して、その遺伝子の生殖腺における機能を解析することになる。

  4. 配偶子形成初期過程の機構解析

    研究課題/研究課題番号:25251034  2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金(基盤研究A)  基盤研究(A)

    田中実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

 

担当経験のある科目 (本学) 7

  1. 発生学

    2021

  2. 発生学Ib

    2021

     詳細を見る

    生殖とは次世代を作り出す重要な生物現象である。講義ではこの生殖現象を司る器官である生殖腺の形成、性決定分化や生殖細胞分化、生殖幹細胞、配偶子形成に焦点を当て、発生学的観点から分子細胞機構を講述する。またこれらの分子細胞機構の変化がどのように生き物の多様性をもたらすのかを理解する。

  3. 基礎遺伝学III

    2021

  4. 形態統御学講究2

    2021

     詳細を見る

    研究結果を整理し、発表資料を準備する能力やプレゼンターション能力を高めるとともに、発表及び討論を通じて、自ら研究を立案・遂行できる能力を涵養することを目的とする。

  5. 形態統御学特論2

    2021

     詳細を見る

    研究結果を整理し、発表資料を準備する能力やプレゼンターション能力を高めるとともに、発表及び討論を通じて、自ら研究を立案・遂行できる能力を涵養することを目的とする。

  6. 生物学基礎 I

    2021

     詳細を見る

    生命科学のトピックスを取り上げ、重要な発見がどのように行われたか、また概念がどのように形成されたかについて、できるだけ実験事実に基づいた平易かつ論理的な解説を行う。トピックスは主に分子細胞生物学および神経科学の分野でノーベル賞の対象となった発見を中心に取り上げる。

  7. 基礎セミナーA

    2021

     詳細を見る

    メディアや SNS による情報が氾濫している中で、科学的に情報を判断する重要性を学ぶ。再生医療やコロナ蔓延など、多くの生物医学系の話題の中から参加者がテーマを選び、その中に見出される問題点を見出し、議論を通じて科学的な見方がどのようなことであるかを知る。

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 5

  1. 集中講義

    2015年4月 - 2016年3月 九州大学)

  2. 集中講義

    2014年4月 - 2015年3月 京都大学)

  3. 集中講義

    2012年4月 - 2013年3月 北海道大学)

  4. 農学研究科セミナー

    2008年4月 - 2009年3月 大学連合農学研究科セミナー(宮崎大学、鹿児島大学、琉球大学、佐賀大学))

  5. 生物科学特別講義

    2007年4月 - 2008年3月 東京大学)

 

社会貢献活動 1

  1. 特別授業

    講師

    岡崎市立竜美丘小学校  2009年 - 現在

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

    理科の授業