2021/03/31 更新

写真a

オノ ダイスケ
小野 大輔
ONO Daisuke
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 講師
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2012年3月   北海道大学 ) 

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 神経科学一般  / 神経生理学

  2. ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学  / 神経生物学、生理学、時間生物学

経歴 8

  1. 名古屋大学 環境医学研究所 神経系Ⅱ   講師

    2020年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学 環境医学研究所 神経系Ⅱ   助教

    2016年10月 - 2020年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学 環境医学研究所 神経系Ⅱ   特任助教

    2016年4月 - 2016年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 北海道大学大学院医学研究科   特任助教

    2013年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 北海道大学大学院医学研究科・光バイオイメージング部門   博士研究員

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 北海道大学大学院医学研究科(博士課程)

    2008年 - 2012年

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 北海道大学大学院医学研究科(修士課程)

    2004年 - 2006年

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 東邦大学理学部生物学科

    2000年 - 2004年

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 北海道大学   医学研究科

    2008年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 北海道大学   医学研究科

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本生理学会

  2. 日本神経科学学会

  3. 日本時間生物学会

  4. Society for Research on Biological Rhythms

受賞 7

  1. 文部科学省 若手科学者賞

    2020年4月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本時間生物学会奨励賞

    2016年11月   日本時間生物学会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  3. 日本生理学会奨励賞

    2016年3月   日本生理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 日本生理学会環境生理学グループ久野寧記念賞

    2015年3月   日本生理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 北海道大学医学研究科 優秀論文賞

    2014年3月   北海道大学大学院医学研究科  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 米国時間生物学会 優秀賞

    2010年5月   米国時間生物学会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  7. 日本時間生物学会優秀ポスター賞

    2009年11月   日本時間生物学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 31

  1. The mammalian circadian pacemaker regulates wakefulness via CRF neurons in the paraventricular nucleus of the hypothalamus 査読有り

    Ono Daisuke, Mukai Yasutaka, Hung Chi Jung, Chowdhury Srikanta, Sugiyama Takashi, Yamanaka Akihiro

    SCIENCE ADVANCES   6 巻 ( 45 )   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.abd0384

    Web of Science

    PubMed

  2. GABA in the suprachiasmatic nucleus refines circadian output rhythms in mice 査読有り

    Ono Daisuke, Honma Ken-ichi, Yanagawa Yuchio, Yamanaka Akihiro, Honma Sato

    COMMUNICATIONS BIOLOGY   2 巻   頁: 232   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42003-019-0483-6

    Web of Science

    PubMed

  3. Dissociation of <i>Per1</i> and <i>Bmal1</i> circadian rhythms in the suprachiasmatic nucleus in parallel with behavioral outputs. 査読有り

    Ono D, Honma S, Nakajima Y, Kuroda S, Enoki R, Honma KI

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114 巻 ( 18 ) 頁: E3699-E3708   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1613374114

    PubMed

  4. Differential roles of AVP and VIP signaling in the postnatal changes of neural networks for coherent circadian rhythms in the SCN. 査読有り

    Ono D, Honma S, Honma K

    Science advances   2 巻 ( 9 ) 頁: e1600960   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.1600960

    PubMed

  5. Cryptochromes are critical for the development of coherent circadian rhythms in the mouse suprachiasmatic nucleus. 査読有り

    Ono D, Honma S, Honma K

    Nature communications   4 巻   頁: 1666   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms2670

    PubMed

  6. GABAergic mechanisms in the suprachiasmatic nucleus that influence circadian rhythm 査読有り

    Ono Daisuke, Honma Ken-ichi, Honma Sato

    JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY     2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jnc.15012

    Web of Science

    PubMed

  7. Dual orexin and MCH neuron-ablated mice display severe sleep attacks and cataplexy 査読有り 国際共著

    Hung Chi Jung, Ono Daisuke, Kilduff Thomas S., Yamanaka Akihiro

    ELIFE   9 巻   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/eLife.54275

    Web of Science

    PubMed

  8. Controlling the Circadian Clock with High Temporal Resolution through Photodosing

    Kolarski Dusan, Sugiyama Akiko, Breton Ghislain, Rakers Christin, Ono Daisuke, Schulte Albert, Tama Florence, Itami Kenichiro, Szymanski Wiktor, Hirota Tsuyoshi, Feringa Ben L.

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   141 巻 ( 40 ) 頁: 15784 - 15791   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.9b05445

    Web of Science

    PubMed

  9. REM sleep-active MCH neurons are involved in forgetting hippocampus-dependent memories

    Izawa Shuntaro, Chowdhury Srikanta, Miyazaki Toh, Mukai Yasutaka, Ono Daisuke, Inoue Ryo, Ohmura Yu, Mizoguchi Hiroyuki, Kimura Kazuhiro, Yoshioka Mitsuhiro, Terao Akira, Kilduff Thomas S., Yamanaka Akihiro

    SCIENCE   365 巻 ( 6459 ) 頁: 1308 - +   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.aax9238

    Web of Science

    PubMed

  10. Weak coupling between intracellular feedback loops explains dissociation of clock gene dynamics

    Schmal Christoph, Ono Daisuke, Myung Jihwan, Pett J. Patrick, Honma Sato, Honma Ken-Ichi, Herzel Hanspeter, Tokuda Isao T.

    PLOS COMPUTATIONAL BIOLOGY   15 巻 ( 9 ) 頁: e1007330   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pcbi.1007330

    Web of Science

    PubMed

  11. GABA neurons in the ventral tegmental area regulate non-rapid eye movement sleep in mice

    Chowdhury Srikanta, Matsubara Takanori, Miyazaki Toh, Ono Daisuke, Fukatsul Noriaki, Abe Manabu, Sakimura Kenji, Sudo Yuki, Yamanaka Akihiro

    ELIFE   8 巻   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/eLife.44928

    Web of Science

    PubMed

  12. Chemical Control of Mammalian Circadian Behavior through Dual Inhibition of Casein Kinase Iα and δ.

        2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jmedchem.8b01541

    PubMed

  13. Coherency of circadian rhythms in the SCN is governed by the interplay of two coupling factors

    Tokuda Isao T., Ono Daisuke, Honma Sato, Honma Ken-Ichi, Herzel Hanspeter

    PLOS COMPUTATIONAL BIOLOGY   14 巻 ( 12 ) 頁: e1006607   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pcbi.1006607

    Web of Science

    PubMed

  14. Role of GABA in the regulation of the central circadian clock of the suprachiasmatic nucleus

    Ono Daisuke, Honma Ken-ichi, Yanagawa Yuchio, Yamanaka Akihiro, Honma Sato

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   68 巻 ( 4 ) 頁: 333 - 343   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12576-018-0604-x

    Web of Science

    PubMed

  15. Hypothalamic regulation of the sleep/wake cycle. 査読有り

    Ono D, Yamanaka A

    Neuroscience research   118 巻   頁: 74-81   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neures.2017.03.013

    PubMed

  16. Synchronous circadian voltage rhythms with asynchronous calcium rhythms in the suprachiasmatic nucleus. 査読有り

    Enoki R, Oda Y, Mieda M, Ono D, Honma S, Honma KI

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114 巻 ( 12 ) 頁: E2476-E2485   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1616815114

    PubMed

  17. Dual origins of the intracellular circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus. 査読有り

    Enoki R, Ono D, Kuroda S, Honma S, Honma KI

    Scientific reports   7 巻   頁: 41733   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep41733

    PubMed

  18. Coupling Controls the Synchrony of Clock Cells in Development and Knockouts. 査読有り

    Tokuda IT, Ono D, Ananthasubramaniam B, Honma S, Honma K, Herzel H

    Biophysical journal   109 巻 ( 10 ) 頁: 2159-2170   2015年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bpj.2015.09.024

    PubMed

  19. Disruption of MeCP2 attenuates circadian rhythm in CRISPR/Cas9-based Rett syndrome model mouse. 査読有り

    Tsuchiya Y, Minami Y, Umemura Y, Watanabe H, Ono D, Nakamura W, Takahashi T, Honma S, Kondoh G, Matsuishi T, Yagita K

    Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms     頁: -   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gtc.12305

    PubMed

  20. Circadian PER2::LUC rhythms in the olfactory bulb of freely moving mice depend on the SCN but not on behavior rhythms. 査読有り

    Ono D, Honma S, Honma KI

    The European journal of neuroscience     頁: -   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ejn.13111

    PubMed

  21. Circadian and ultradian rhythms of clock gene expression in the suprachiasmatic nucleus of freely moving mice. 査読有り

    Ono D, Honma K, Honma S

    Scientific reports   5 巻   頁: 12310   2015年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep12310

    PubMed

  22. Cellular clocks in AVP neurons of the SCN are critical for interneuronal coupling regulating circadian behavior rhythm. 査読有り

    Mieda M, Ono D, Hasegawa E, Okamoto H, Honma K, Honma S, Sakurai T

    Neuron   85 巻 ( 5 ) 頁: 1103-1116   2015年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuron.2015.02.005

    PubMed

  23. Postnatal Constant Light Compensates Cryptochrome1 and 2 Double Deficiency for Disruption of Circadian Behavioral Rhythms in Mice under Constant Dark. 査読有り

    Ono D, Honma S, Honma K

    PloS one   8 巻   頁: e80615   2013年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0080615

    PubMed

  24. Topological specificity and hierarchical network of the circadian calcium rhythm in the suprachiasmatic nucleus. 査読有り

    Enoki R, Kuroda S, Ono D, Hasan MT, Ueda T, Honma S, Honma KI

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   109 巻 ( 52 ) 頁: 21498-21503   2012年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1214415110

    PubMed

  25. JNK regulates the photic response of the mammalian circadian clock. 査読有り

    Yoshitane H, Honma S, Imamura K, Nakajima H, Nishide SY, Ono D, Kiyota H, Shinozaki N, Matsuki H, Wada N, Doi H, Hamada T, Honma K, Fukada Y

    EMBO reports   13 巻   頁: 455-461   2012年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/embor.2012.37

    PubMed

  26. Single-cell resolution fluorescence imaging of circadian rhythms detected with a Nipkow spinning disk confocal system. 査読有り

    Enoki R, Ono D, Hasan MT, Honma S, Honma K

    Journal of neuroscience methods   207 巻 ( 1 ) 頁: 72-79   2012年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jneumeth.2012.03.004

    PubMed

  27. De novo synthesis of PERIOD initiates circadian oscillation in cultured mouse suprachiasmatic nucleus after prolonged inhibition of protein synthesis by cycloheximide. 査読有り

    Nishide SY, Ono D, Yamada Y, Honma S, Honma K

    The European journal of neuroscience   35 巻   頁: 291-299   2012年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1460-9568.2011.07952.x

    PubMed

  28. Suprachiasmatic nucleus: cellular clocks and networks. 査読有り

    Honma S, Ono D, Suzuki Y, Inagaki N, Yoshikawa T, Nakamura W, Honma K

    Progress in brain research   199 巻   頁: 129-141   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/B978-0-444-59427-3.00029-0

    PubMed

  29. Clock mechanisms for seasonal adaptation: Morning and evening oscillators in the suprachiasmatic nucleus 査読有り

    Honma S, Inagaki N, Ono D, Yoshikawa T, Hashimoto S, Honma K

    Sleep and Biological rhythms   6 巻 ( 2 ) 頁: 84-90   2008年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1479-8425.2008.00347.x

    CiNii Article

  30. A TTX-sensitive local circuit is involved in the expression of PK2 and BDNF circadian rhythms in the mouse suprachiasmatic nucleus. 査読有り

    Baba K, Ono D, Honma S, Honma K

    The European journal of neuroscience   27 巻   頁: 909-916   2008年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1460-9568.2008.06053.x

    PubMed

  31. Separate oscillating cell groups in mouse suprachiasmatic nucleus couple photoperiodically to the onset and end of daily activity. 査読有り

    Inagaki N, Honma S, Ono D, Tanahashi Y, Honma K

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   104 巻 ( 18 ) 頁: 7664-7669   2007年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0607713104

    PubMed

    CiNii Article

▼全件表示

講演・口頭発表等 12

  1. CRY 二重欠損マウスにおける視交叉上核の細胞間カップリングと生後発達 国際会議

    小野 大輔

    Cryptochrome研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    国名:日本国  

  2. VIPとAVPは生後発達における視交叉上核概日リズムの細胞間カップリングを調節する 国際会議

    小野大輔、本間さと、本間研一

    第93回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    国名:日本国  

  3. 視交叉上核と私. 国際会議

    小野 大輔

    時間医学講座開講10周年シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    国名:日本国  

  4. VIP and AVP regulate circadian cellular networks in the suprachiasmatic nucleus of Cryptochrome deficient mice during postnatal development. 国際会議

    Daisuke Ono, Sato Honma, and Ken-ichi Honma

    Asian Forum on Chronobiology in 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    国名:日本国  

  5. 視交叉上核の生後発達にともなう神経ネットワーク形成 国際会議

    小野大輔、本間さと、本間研一.

    第38回日本神経科学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    国名:日本国  

  6. Cry1/2ダブルノックアウトマウス視交叉上核における概日リズム形成メカニズム 国際会議

    小野大輔、本間研一、本間さと.

    第92回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    国名:日本国  

  7. Cryptochromeは生後発達における視交叉上核概日リズムの細胞間カップリングに重要である 国際会議

    小野 大輔

    久野賞受賞記念講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    国名:日本国  

  8. マルチモーダル計測システムを用いた概日リズムの理解 国際会議

    小野大輔、本間研一、本間さと.

    第87回日本生化学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    国名:日本国  

  9. Circadian rhythm generation and tuning in the suprachiasmatic nucleus, the master clock of mammals. 国際会議

    小野大輔、本間さと、本間研一.

    第37回日本神経科学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    国名:日本国  

  10. 光ファイバーを用いた自由行動下マウス脳内長期遺伝子発現計測.  国際会議

    小野大輔、本間研一、本間さと.

    第93回日本生理学会北海道地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    国名:日本国  

  11. 発光イメージングを用いて概日時計の生後発達を探る 国際会議

    小野大輔、本間さと、本間研一.

    奈良先端未来開拓コロキウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    国名:日本国  

  12. 視交叉上核の生後発達と細胞間カップリング 国際会議

    小野大輔、本間さと、本間研一.

    第20回日本時間生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    国名:日本国  

▼全件表示

その他研究活動 1

  1. 文部科学省 若手科学者賞

    2020年4月

共同研究・競争的資金等の研究課題 22

  1. 食と運動が脳に及ぼす影響とその睡眠覚醒調節メカニズムの解明

    2020年 - 2022年

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

  2. ホタルが光る原理を利用した脳活動計測法の開発

    2020年 - 2021年

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  3. 哺乳類の行動の時間的ニッチを制御する脳内メカニズムの解明

    2020年 - 2021年

    研究助成(継続) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

  4. 新規神経変性疾患モデルマウスを用いた概日リズム調節メカニズムの解明

    2020年 - 2021年

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  5. 精神疾患に関わる概日時計細胞の同定と臨床応用に向けた研究

    2019年 - 2021年

    研究助成 

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:9000000円 ( 直接経費:9000000円 )

  6. 発光タンパク質を用いた非侵襲的光計測法の開発

    2018年 - 2019年

    研究助成 

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  7. 睡眠覚醒を調節する視床下部神経群の新たな機能解明

    2018年 - 2019年

    研究助成 

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

  8. 生体深部からの細胞活動を可視化するイメージング技術の開発

    2018年

    研究助成 

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4000000円 ( 直接経費:4000000円 )

  9. 脳深部光計測を用いた睡眠覚醒メカニズム解明

    2018年

    研究助成 

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  10. 哺乳類の行動の時間的ニッチを制御する脳内メカニズムの解明

    2018年

    研究助成 

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  11. 革新的光イメージングと1細胞光操作法を用いた睡眠創薬研究への展開

    2017年 - 2018年

    研究助成 

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  12. 睡眠覚醒の概日リズム制御に関わる神経回路の解明

    2016年10月 - 2018年9月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  13. 概日時計の睡眠覚醒制御に関わる新規神経回路の同定

    2016年 - 2017年

    研究助成 

    小野 大輔

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  14. 革新的発光イメージングを用いた睡眠創薬研究への展開

    2016年 - 2017年

    研究助成 

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  15. 革新的発光イメージングを用いた睡眠覚醒の創薬研究への応用

    2016年 - 2017年

    研究助成 

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  16. 概日時計の動的変容が引き起こす精神疾患の神経回路形成メカニズム

    2015年 - 2016年

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  17. 中枢時計特異的遺伝子操作を用いた概日システムの理解

    2014年 - 2015年

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  18. 光ファイバーを用いた長期in vivo遺伝子計測:概日リズムのシステム的理解を目指して

    2014年 - 2015年

    若手研究者自立支援 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  19. 光ファイバーを用いたin vivoイメージングによる概日リズムのシステム的理解

    2014年 - 2015年

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  20. 概日時計特異的操作法を用いた睡眠・覚醒リズムのシステム的理解

    2014年 - 2015年

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  21. 無麻酔・無拘束マウスの神経ネットワークの計測と制御による概日リズムの評価

    2014年 - 2015年

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  22. 概日リズムの発達と時計遺伝子

    2013年 - 2014年

    交流助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 8

  1. 自然環境下における睡眠覚醒調節メカニズムの解明 国際共著

    2020年11月 - 2024年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18720000円 ( 直接経費:14400000円 、 間接経費:432000円 )

  2. 自然環境下における睡眠覚醒調節メカニズムの解明 国際共著

    研究課題/研究課題番号:20KK0177  2020年10月 - 2024年3月

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18720000円 ( 直接経費:14400000円 、 間接経費:4320000円 )

    近年の科学技術開発により、実験室の飼育環境下における睡眠・覚醒調節に関わる神経細胞が同定されてきた。一方、自然界における動物の睡眠研究はほとんど進展がない。そこで本研究では脳内の神経回路を自然界と同じようになるように操作し、実験室内で夜行性から昼行性のシフトを実現させ、自然界における睡眠・覚醒メカニズムの解明を目指す。

  3. 概日リズムの時刻情報変換に関わる神経回路動作原理の理解

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 概日リズムの時刻情報変換に関わる神経回路動作原理の理解 国際共著

    研究課題/研究課題番号:18H02477  2018年4月 - 2021年3月

    小野 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    概日時計中枢である視交叉上核からの出力経路を同定するため、昨年度までは順行性のトレーシング、光遺伝学を用いた細胞操作により、室傍核CRF神経の活性化により覚醒が誘導されることを明らかにした。本年度は、室傍核CRF神経特異的に、蛍光カルシウムプローブである、GCaMP6を発現させ、光ファイバーを挿入し、REM, NREM睡眠、覚醒の各ステージにおけるカルシウム変動を計測した。室傍核CRF神経の活動は、覚醒時に上昇し、REM, NREM睡眠時には低下する事が明らかとなった。さらに、CRF神経の活動は、覚醒の初期に上昇するが、その後の覚醒の間に徐々に活動が低下していった。この結果は、室傍核CRF神経は、覚醒を誘導するが、その維持には必要ではないことが明らかになった。
    次にDREADDを用いて、室傍核CRF神経特異的に神経活動を抑制する試みを行った、CNOをマウスの活動が高くなる暗期直前に投与し、神経活動の抑制を行った。コントロールは生理食塩水の投与とした。その結果、CNOの投与により、暗期の覚醒量が減少し、NREM睡眠が上昇した。さらに、ジフテリアトキシンA断片を用い、室傍核CRF神経特異的な神経脱落を行い、自発行動量の計測を行った。その結果、室傍核CRF神経の選択的な脱落により、マウスの自発行動量の低下が認められた。これらの結果は、室傍核CRF神経が覚醒に関わることをサポートする結果である。
    室傍核CRF神経の活性化、抑制化実験、ファイバーフォトメトリー実験などメインとなる実験データが得られている事、現在論文を投稿中であり、当初の計画以上の進展があるといえる。
    室傍核CRF神経の上流および下流の神経細胞群の同定を進めると同時に、この経路以外で、視交叉上核の概日リズム情報が出力されている領域を同定する。順行性・逆行性のトレーシング、光遺伝学、光計測などの技術を組みあわせ研究を進める。
    また発光を用いたin vivo光計測ツールの開発およびレポーターマウスの作成を進め、非侵襲的に脳機能を計測可能なシステムを完成させる。

  5. 概日時計システムの階層的自己組織化:振動細胞同期と振動体カップリング

    研究課題/研究課題番号:15H04679  2015年4月 - 2018年3月

    本間 さと

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    哺乳類の概日時計中枢である視交叉上核(SCN)細胞が、安定した概日リズムを発振し、全身の末梢時計を統合して高精度の中枢時計を形成するに至る階層的自己組織化メカニズムを、時計遺伝子や伝達物質のノックアウトマウス、発光レポーターや蛍光センサー導入を用い検討した。その結果、中枢時計がCryの作用により発達過程で細胞間同期因子を変化させること、VIPとバゾプレッシンがリズム同期による自己組織化に関わること、GABAは、神経活動を介したリズム出力のノイズを抑制すること、Per1リズムが部位特異的振動体の位相関係を変化させ広範囲な光周期への同調を可能としていることを明らかにした。

  6. 中枢時計のin vivo計測による概日リズムのシステム的理解

    2014年 - 2016年

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    小野 大輔

  7. 概日リズムの生後発達に関わる分子の探索

    2012年 - 2013年

    科学研究費補助金 

    小野 大輔

  8. 哺乳類概日リズム形成機構の解明 : in vitro, in vivo単一細胞イメージング

    2009年 - 2011年

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 大学院 基礎医科学実習

    2021

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 生理学

    2020年4月 愛知医科大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目