2021/04/02 更新

写真a

ハヤシ マコト
林 誠
HAYASHI Makoto
所属
大学院人文学研究科 人文学専攻 文芸言語学 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 3

  1. Ph.D. ( 2000年5月   University of Colorado at Boulder ) 

  2. Master of Arts ( 1994年12月   University of Colorado at Boulder ) 

  3. 文学士 ( 1990年3月   京都大学 ) 

研究分野 3

  1. 人文・社会 / 言語学  / 会話分析

  2. 人文・社会 / 言語学  / 相互行為言語学

  3. 人文・社会 / 言語学  / 機能主義言語学

経歴 5

  1. 名古屋大学大学院人文学研究科   日本語教育学分野   教授

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院人文学研究科   日本語教育学分野   准教授

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院国際言語文化研究科   日本語教育学講座   准教授

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. University of Illinois at Urbana-Champaign   Department of East Asian Languages and Cultures   准教授

    2006年8月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  5. University of Illinois at Urbana-Champaign   Department of East Asian Languages and Cultures   助教授

    2000年8月 - 2006年8月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

学歴 3

  1. University of Colorado at Boulder   Department of Linguistics

    - 2000年5月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

    備考: Ph.D.

  2. University of Colorado at Boulder   Department of Linguistics

    - 1994年12月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

  3. 京都大学   文学部   英語学英文学

    - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. International Pragmatics Association

  2. International Society for Conversation Analysis

  3. 社会言語科学会

 

論文 44

  1. Tte Yuu Ka as a Repair Preface in Japanese 査読有り

    Hayashi Makoto, Hosoda Yuri, Morimoto Ikuyo

    RESEARCH ON LANGUAGE AND SOCIAL INTERACTION   52 巻 ( 2 ) 頁: 104 - 123   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/08351813.2019.1608093

    Web of Science

  2. Polar answers 査読有り 国際共著

    Enfield N. J., Stivers Tanya, Brown Penelope, Englert Christina, Harjunpaa Katariina, Hayashi Makoto, Heinemann Trine, Hoymann Gertie, Keisanen Tiina, Rauniomaa Mirka, Raymond Chase Wesley, Rossano Federico, Yoon Kyung-Eun, Zwitserlood Inge, Levinson Stephen C.

    JOURNAL OF LINGUISTICS   55 巻 ( 2 ) 頁: 277 - 304   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S0022226718000336

    Web of Science

  3. 会話分析と多言語比較 招待有り

    林 誠

    会話分析の広がり     頁: 223 - 252   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. 会話分析における対照研究 招待有り 査読有り

    林 誠

    社会言語科学   21 巻 ( 1 ) 頁: 4 - 18   2018年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. A-prefaced responses to inquiry in Japanese 招待有り

    Makoto Hayashi, Kaoru Hayano

    Between Turn and Sequence: Turn- Initial Particles Across Languages     頁: 191 - 224   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Dwelling, Construing, and Accidental Features 招待有り

    Hayashi Makoto

    CO-OPERATIVE ENGAGEMENTS IN INTERTWINED SEMIOSIS: ESSAYS IN HONOUR OF CHARLES GOODWIN   19 巻   頁: 160 - 163   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  7. 確認要求に用いられる感動詞的用法の「なに」:認識的スタンス標識の相互行為上の働き 査読有り

    遠藤智子, 横森大輔, 林 誠

    社会言語科学   20 巻 ( 1 ) 頁: 100 - 114   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 会話におけるターンの共同構築 招待有り

    林誠

    日本語学     頁: 128 - 139   2017年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  9. Morphological self-repair Self-repair within the word 査読有り 国際共著

    Fox Barbara A., Wouk Fay, Fincke Steven, Flores Wilfredo Hernandez, Hayashi Makoto, Laakso Minna, Maschler Yael, Mehrabi Abolghasem, Sorjonen Marja-Leena, Uhmann Susanne, Yang Hyun Jung

    STUDIES IN LANGUAGE   41 巻 ( 3 ) 頁: 638 - 659   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1075/sl.41.3.04fox

    Web of Science

  10. WH質問への抵抗--感動詞「いや」の相互行為上の働き 招待有り

    串田秀也, 林誠

    感動詞の言語学     頁: 169 - 211   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Turn formats for other-initiated repair and their relation to trouble sources: Some observations from Japanese and Korean conversations 査読有り 国際共著

    Makoto Hayashi, Stephanie Hyeri Kim

    Journal of Pragmatics   87 巻   頁: 198 - 217   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Activity, participation, and joint turn construction: A conversation analytic exploration of `grammar-in-action' 招待有り

    Makoto Hayashi

    Usage-Based Approaches to Japanese Grammar: Toward the Understanding of Human Language     頁: 223 - 258   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Responding with resistance to wh-questions in Japanese talk-in-interaction 査読有り

    Makoto Hayashi, Shuya Kushida

    Research on Language and Social Interaction   46 巻   頁: 231 - 255   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Turn allocation and turn sharing 招待有り

    Makoto Hayashi

    The Handbook of Conversation Analysis     頁: 167 - 190   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  15. Proffering insertable elements: A study of other-initiated repair in Japanese 招待有り 国際共著

    Makoto Hayashi, Kaoru Hayano

    Conversational Repair and Human Understanding     頁: 293 - 321   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Conversational repair and human understanding: An introduction 国際共著

    Makoto Hayashi, Geoffrey Raymond, Jack Sidnell

    Conversational Repair and Human Understanding     頁: 1 - 40   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Claiming uncertainty in recollection: A study of kke-marked utterances in Japanese conversation 査読有り

    Makoto Hayashi

    Discourse Processes   49 巻   頁: 391 - 425   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Transformative answers: One way to resist a question's constraints 査読有り 国際共著

    Tanya Stivers, Makoto Hayashi

    Language in Society   39 巻   頁: 1 - 25   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. An overview of the question-response system in Japanese 招待有り 査読有り

    Makoto Hayashi

    Journal of Pragmatics   42 巻   頁: 2685 - 2702   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. A cross-linguistic exploration of demonstratives in interaction: With particular reference to the context of word-formulation trouble 招待有り 国際共著

    Makoto Hayashi, Kyung-Eun Yoon

    Fillers, Pauses and Placeholders     頁: 33 - 66   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Marking a "noticing of departure" in talk: Eh-prefaced turns in Japanese conversation 査読有り

    Makoto Hayashi

    Journal of Pragmatics   41 巻 ( 10 ) 頁: 2100 - 2129   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. A cross-linguistic investigation of the site of initiation in same turn self repair 招待有り 国際共著

    Fox, B., Wouk, F., Hayashi, M., Fincke, S., Tao, L., Sorjonen, M.-L., Laakso, M. and Flores, W.

    Conversation Analysis: Comparative Perspectives     頁: 60 - 103   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Negotiating boundaries in talk 招待有り 国際共著

    Makoto Hayashi, Kyung-eun Yoon

        頁: 248 - 276   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Universals and cultural variation in turn taking in conversation 査読有り 国際共著

    Stivers, T., Enfield, N. J., Brown, P., Englert, C., Hayashi, M., Heinemann, T., Hoymann, G., Rossano, F., de Ruiter J. P., Yoon, K.-E., and Levinson, S. C.

    Proceedings of the National Academy of Sciences   106 巻 ( 26 ) 頁: 10587 - 10592   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. 会話における「指示」と発話の文法構造 招待有り

    林 誠

    言葉と認知のメカニズム - 山梨正明教授還暦記念論文集     頁: 603 - 619   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 相互行為の資源としての投射と文法 - 指示詞「あれ」の行為投射的用法をめぐって 招待有り 査読有り

    林 誠

    社会言語科学   10 巻 ( 2 ) 頁: 16 - 28   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. The achievement of intersubjectivity through embodied completions: A study of interactions between first and second language speakers 査読有り 国際共著

    Junko Mori, Makoto Hayashi

    Applied Linguistics   27 巻 ( 2 ) 頁: 195 - 219   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. A cross-linguistic exploration of demonstratives in interaction: With particular reference to the context of word-formulation trouble 査読有り 国際共著

    Makoto Hayashi, Kyung-eun Yoon

    Studies in Language   30 巻 ( 3 ) 頁: 485 - 540   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Joint turn construction through language and the body: Notes on embodiment in conjoined participation in situated activities 査読有り

    Makoto Hayashi

    Semiotica   156 巻 ( 1/4 ) 頁: 21 - 53   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. 「文」内におけるインターアクション - 日本語助詞の相互行為上の役割をめぐって 招待有り 査読有り

    林 誠

    活動としての文と発話     頁: 1 - 26   2005年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Referential problems and turn construction: An exploration of an intersection between grammar and interaction 査読有り

    Makoto Hayashi

    TEXT   25 巻 ( 4 ) 頁: 437 - 468   2005年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Projection and grammar: Notes on the `action-projecting' use of the distal demonstrative are in Japanese 査読有り

    Makoto Hayashi

    Journal of Pragmatics   36 巻 ( 8 ) 頁: 1337 - 1374   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Discourse within a sentence: An exploration of postpositions in Japanese as an interactional resource 査読有り

    Makoto Hayashi

    Language in Society   33 巻 ( 3 ) 頁: 343 - 376   2004年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Language and the body as resources for collaborative action: A study of word searches in Japanese conversation 査読有り

    Makoto Hayashi

    Research on Language and Social Interaction   36 巻 ( 2 ) 頁: 109 - 141   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Contingent achievement of co-tellership in a Japanese conversation: An analysis of talk, gaze, and gesture 招待有り 国際共著

    Makoto Hayashi, Junko Mori, Tomoyo Takagi

    The Language of Turn and Sequence     頁: 81 - 122   2002年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Postposition-initiated utterances in Japanese conversation: An interactional account of a grammatical practice

    Makoto Hayashi

    Studies in Interactional Linguistics     頁: 317 - 343   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Where grammar and interaction meet: A study of co-participant completion in Japanese conversation 招待有り 査読有り

    Makoto Hayashi

    Human Studies   22 巻 ( 2-4 ) 頁: 475 - 499   1999年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. The role of empathy in sentence production: A functional analysis of aphasic and normal elicited narratives in Japanese and English 招待有り 国際共著

    Menn, L. Kamio, A., Hayashi, M., Fujita, I., Sasanuma, S., and Boles, L.

    Function and Structure: In Honor of Susumu Kuno     頁: 317 - 355   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Co-construction in Japanese revisited: We do finish each other's sentences 招待有り 国際共著

    Makoto Hayashi, Junko Mori

    Japanese/Korean Linguistics   7 巻   頁: 77 - 93   1998年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. The interaction of preserved pragmatics and impaired syntax in Japanese and English aphasic speech 査読有り 国際共著

    Menn, L. Reilly, K., Hayashi, M., Kamio, A., Fujita, I., Sasanuma, S.

    Brain and Language   61 巻 ( 2 ) 頁: 183 - 225   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. An exploration of sentence-final uses of the quotative particle in Japanese spoken discourse 招待有り

    Makoto Hayashi

    Japanese/Korean Linguistics   6 巻   頁: 565 - 581   1997年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Resources and repair: A cross-linguistic study of syntax and repair 招待有り 査読有り 国際共著

    Barbara A. Fox, Makoto Hayashi, Robert Jasperson

    Interaction and Grammar,     頁: 185 - 237   1996年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. A comparative study of self-repair in English and Japanese conversation 招待有り

    Makoto Hayashi

    Japanese/Korean Linguistics   4 巻   頁: 77 - 93   1994年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Semantics and interaction: Three exploratory case studies 査読有り 国際共著

    Robert Jasperson, Makoto Hayashi, Barbara A. Fox

    TEXT   14 巻 ( 4 ) 頁: 555 - 580   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 会話分析入門

    串田秀也, 平本毅, 林誠( 担当: 共著)

    勁草書房  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. Conversational Repair and Human Understanding 査読有り 国際共著

    Makoto Hayashi, Geoffrey Raymond, Jack Sidnell( 担当: 共編者(共編著者))

    Cambridge University Press  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. Joint Utterance Construction in Japanese Conversation

    Makoto Hayashi( 担当: 単著)

    John Benjamins Publishing Company  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 1

  1. 書評 伊藤翼斗(著)『発話冒頭における言語要素の語順と相互行為』大阪大学出版会,2018 招待有り

    林 誠  

    社会言語科学22 巻 ( 1 ) 頁: 267 - 271   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

講演・口頭発表等 58

  1. 「非流暢性」への会話分析的アプローチ 招待有り

    林誠

    第1回社会言語科学会シンポジウム  2019年9月15日  社会言語科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:桜美林大学   国名:日本国  

  2. 『相互行為言語学』への招待—What is ‘interactional linguistics’?— 招待有り

    林誠

    第18回日本語文法学会大会  2017年12月2日  日本語文法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月2日 - 2017年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  3. Articulating the inferable: Nani-prefaced polar questions in Japanese conversatin and their English counterparts 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    The English Linguistic Society of Japan International Spring Forum 2017  2017年4月22日  The English Linguistic Society of Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  4. Turn formats for other-initiated repair and their relation to trouble sources: Some observations from Japanese and Korean conversations 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    University of Colorado at Boulder Department of Linguistics Colloquium  2016年2月26日  University of Colorado at Boulder Department of Linguistics

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Colorado at Boulder   国名:アメリカ合衆国  

  5. Collateral Effects(付随効果)と相互行為言語学の展望 招待有り

    林誠

    エスノメソドロジー・会話分析研究会2014年研究大会  2014年10月12日  エスノメソドロジー・会話分析研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:立命館大学梅田キャンパス   国名:日本国  

  6. 会話分析から見た文法研究の新展開 招待有り

    林誠

    日本語用論学会中部支部研究会  2014年9月9日  日本語用論学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  7. 他者修復開始の発話デザインとトラブル源の関係をめぐって 招待有り

    林誠

    NDS研究会  2014年9月9日  NDS研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  8. Iya(‘No’)-prefaced responses to wh-questions in Japanese conversation 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    University of Illinois SLATE Lecture Series  2013年3月6日  University of Illinois SLATE Program

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月6日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Illinois at Urbana-Champaign   国名:アメリカ合衆国  

  9. Other-initiated repair (OIR) in Japanese: An exploration of OIR turn formats containing ‘wh’-words 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Workshop on Japanese Language and Interaction  2012年3月21日  National University of Singapore Department of Japanese Studies

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:National University of Singapore   国名:シンガポール共和国  

  10. Projection as a foundation for social coordination, grammar as a resource for projection 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Workshop on the Interactional Foundations of Language  2011年7月16日  The Linguistic Society of America

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Colorado at Boulder   国名:アメリカ合衆国  

  11. Proffering insertable elements: A study of other-initiated repair in Japanese 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    University of Wisconsin-Madison Interaction Interest Group Colloquium  2010年10月15日  University of Wisconsin-Madison Interaction Interest Group

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Wisconsin-Madison   国名:アメリカ合衆国  

  12. Responding with resistance to WH-questions in Japanese talk-in-interaction 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Language, Interaction, and Social Organization Seminar Series  2010年5月21日  The Language, Interaction, and Social Organization (LISO) Unit at UC Santa Barbara

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of California at Santa Barbara   国名:アメリカ合衆国  

  13. Referential problems and turn construction: An exploration of an intersection of grammar and interaction 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Conference on Culture, Language, and Social Practice  2009年10月4日  The Program in Culture, Language, and Social Practice at CU Boulder

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月2日 - 2009年10月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:University of Colorado at Boulder   国名:アメリカ合衆国  

  14. 「参加の組織化」の観点から見た「文法」再検討:“ワードサーチ”を通しての一考察 招待有り

    林誠

    第19回第二言語習得研究会全国大会  2008年12月13日  第二言語習得研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月13日 - 2008年12月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  15. Other-initiated repair in Japanese: An overview of OIR turn formats containing ‘wh’-words 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Repair Workshop  2008年3月29日  University of Toronto Department of Anthropology

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月28日 - 2008年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Toronto   国名:カナダ  

  16. Marking ‘departure’ in talk: Eh-initiated turns in Japanese conversation 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Speaker Series at the Center for Language, Interaction, and Culture (CLIC)  2007年2月7日  The UCLA Center for Language, Interaction, and Culture (CLIC)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of California at Los Angeles   国名:アメリカ合衆国  

  17. Conversation analytic perspectives 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Pre-conference workshop at the 15th Japanese/Korean Linguistics Conference  2005年10月5日  University of Wisconsin-Madison Department of East Asian Languages and Literatures

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月5日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Wisconsin-Madison   国名:アメリカ合衆国  

  18. ‘Learning-in-action’ outside of classroom: Toward an understanding of learning as a socially distributed interactive phenomenon 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi, Junko Mori

    University of Illinois SLATE Lecture Series  2003年4月17日  University of Illinois SLATE Program

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Illinois at Urbana-Champaign   国名:アメリカ合衆国  

  19. Notes on the ‘action-projecting’ use of the distal demonstrative pronoun are in Japanese conversation 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Workshop on ‘Projection’   2003年3月6日  Max Planck Institute for Psycholinguistics

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月5日 - 2003年3月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Max Planck Institute for Psycholinguistics   国名:オランダ王国  

  20. An exploration of language and gesture in Japanese 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Interaction and Language Workshop  2001年10月20日  University of Wisconsin-Madison Interaction Interest Group

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月19日 - 2001年10月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Wisconsin-Madison   国名:アメリカ合衆国  

  21. Practices for word searches in Japanese conversation: Language and the body as resources for collaborative action 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    University of Illinois Center for East Asian and Pacific Studies Brown Bag Lecture Series  2001年10月8日  University of Illinois Center for East Asian and Pacific Studies

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Illinois at Urbana-Champaign   国名:アメリカ合衆国  

  22. ‘Postposition-initiated utterances’ in Japanese conversation: An interactional account of a grammatical practice 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Parasession on Discourse-based Grammar at the 14th Annual International Conference on Pragmatics and Language Learning  2000年4月13日  University of Illinois Division of English as an International Language

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月13日 - 2000年4月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Illinois at Urbana-Champaign   国名:アメリカ合衆国  

  23. Doing visualizing in coping with speaking difficulty: On koo-prefaced search for formulation in Japanese 国際会議

    Shuya Kushida, Makoto Hayashi

    16th International Pragmatics Conference  2019年6月12日  International Pragmatics Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月9日 - 2019年6月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hong Kong Polytechnic University   国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  24. The status of “Do you have X?” utterances in service encounters in Japanese 国際会議

    Makoto Hayashi

    16th International Pragmatics Conference  2019年6月13日  International Pragmatics Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月9日 - 2019年6月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hong Kong Polytechnic University   国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  25. Nn-prefaced answers to polar questions in Japanese 国際会議

    Makoto Hayashi, Kaoru Hayano

    International Conference on Conversation Analysis 2018  2018年7月13日  International Society for Conversation Analysis

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月11日 - 2018年7月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Loughborough University   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  26. 修復の前置き(repair preface)としての「てゆうか」 招待有り

    林誠

    シンポジウム「日常会話コーパス」III  2018年3月19日  国立国語研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国立国語研究所   国名:日本国  

  27. 修復の前置き(repair preface)としての「てゆうか」 招待有り

    林誠

    第1回オハイオ州立大学-名古屋大学日本語・日本語教育研究ワークショップ  2018年2月23日  名古屋大学大学院人文学研究科

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  28. How about eggs?”: Action ascription in the family decision-making process during grocery shopping at a supermarket 国際会議

    Takeshi Hiramoto, Makoto Hayashi

    25th Japanese/Korean Linguistics Conference  2017年10月12日  University of Hawai‘i at Manoa Department of East Asian Languages and Literatures

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月12日 - 2017年10月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Hawai‘i at Manoa   国名:アメリカ合衆国  

  29. Conversation Analysis and cross-linguistic/cross-cultural comparison 招待有り

    Makoto Hayashi

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月10日 - 2016年12月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  30. 「こう」を随伴する描写

    串田秀也, 林誠

    日本語用論学会第19回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月10日 - 2016年12月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. Discussing Conversation Analysis: A case study on other-initiated repair in Japanese 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    University of Illinois Center for East Asian and Pacific Studies Brown Bag Lecture Series 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  32. Collateral Effects(付随効果)と相互行為言語学の展望 招待有り

    林誠

    ことば・認知・インタラクション3 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  33. A(“Oh”)-prefaced responses to inquiry in Japanese conversation 国際会議

    Makoto Hayashi, Kaoru Hayano

    International Conference on Conversation Analysis 2014  2014年6月26日  International Society for Conversation Analysis

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月25日 - 2014年6月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of California at Los Angeles   国名:アメリカ合衆国  

  34. 確認要求に用いられる認識的スタンス標識としての「なに」について

    遠藤智子, 横森大輔, 林誠

    第35回社会言語科学会研究大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. Other-initiated repair on reference: Some preliminary observations from Japanese 招待有り 国際会議

    Makoto Hayashi

    Symposium on Reference in Interaction from Cross-Cultural Perspective 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月6日 - 2012年4月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  36. Responding with resistance to WH-questions in Japanese talk-in-interaction 国際会議

    Shuya Kushida, Makoto Hayashi

    International Conference on Conversation Analysis 2010  2010年7月7日  International Society for Conversation Analysis

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月4日 - 2010年7月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Institute for the German Language, Mannheim   国名:ドイツ連邦共和国  

  37. Proffering insertable elements: A study of other-initiated repair in Japanese 国際会議

    Makoto Hayashi, Kaoru Hayano

    International Conference on Conversation Analysis 2010  2010年7月8日  International Society for Conversation Analysis

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月4日 - 2010年7月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Institute for the German Language, Mannheim   国名:ドイツ連邦共和国  

  38. ‘I once knew, but I don’t remember now’: Making a retrospective knowledge claim in Japanese interaction 国際会議

    Makoto Hayashi

    95th Annual Convention of National Communication Association  2009年11月13日  National Communication Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月12日 - 2009年11月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago, Illinois   国名:アメリカ合衆国  

  39. Eh-prefaced questions in response to informings in Japanese conversation 国際会議

    Makoto Hayashi

    93rd Annual Convention of National Communication Association  2007年11月15日  National Communication Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月15日 - 2007年11月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago, Illinois   国名:アメリカ合衆国  

  40. Negotiating boundaries in talk: On the ‘3rd-position’ deployment of minimal response tokens in Japanese and Korean conversations 国際会議

    Makoto Hayashi

    92nd Annual Convention of National Communication Association  2006年11月19日  National Communication Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月15日 - 2006年11月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Antonio, Texas   国名:アメリカ合衆国  

  41. On the ‘post-minimal-response’ deployment of minimal response tokens in Japanese and Korean conversations 国際会議

    Makoto Hayashi, Kyung-eun Yoon

    International Conference on Conversation Analysis 2006  2006年5月12日  International Society for Conversation Analysis

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月10日 - 2006年5月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Helsinki   国名:フィンランド共和国  

  42. Some ways in which grammar shapes local interactional practices. 国際会議

    Makoto Hayashi

    2005 Annual meeting of the American Anthropological Association  2005年12月3日  American Anthropological Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月30日 - 2005年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Washington, D.C.   国名:アメリカ合衆国  

  43. Referential problems and turn construction 国際会議

    Makoto Hayashi

    9th International Pragmatics Conference  2005年7月12日  International Pragmatics Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月10日 - 2005年7月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Riva del Garda   国名:イタリア共和国  

  44. A cross-linguistic exploration of demonstratives in interaction: With particular reference to the context of word search 国際会議

    Makoto Hayashi

    7th Conference on Conceptual Structure, Discourse, and Language  2004年10月9日  University of Alberta Department of Linguistics

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月8日 - 2004年10月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Alberta   国名:カナダ  

  45. A cross-linguistic analysis of demonstratives in Japanese, Korean, and Mandarin as resources for dealing with word-formulation trouble in conversation 国際会議

    Makoto Hayashi

    2004 Association of Teachers of Japanese (ATJ) Seminar  2004年3月4日  Association of Teachers of Japanese (ATJ)

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego, California   国名:アメリカ合衆国  

  46. A family of phonetic practices: An exploration of the relationships among phonetics, syntax, and interaction 招待有り 国際会議

    Traci Curl, Barbara Fox, Makoto Hayashi

    EuroConference on Linguistic Structures and their Deployment in the Organization of Conversation  2002年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月6日 - 2002年9月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Helsinki   国名:フィンランド共和国  

  47. What can collaborative completion tell us about learning a foreign language? 国際会議

    Junko Mori, Makoto Hayashi

    International Conference on Conversation Analysis 2002  2002年5月21日  International Society for Conversation Analysis

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月17日 - 2002年5月21日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Copenhagen   国名:デンマーク王国  

  48. Language and the body as resources for collaborative action: A study of word searches in Japanese conversation 国際会議

    Makoto Hayashi

    87th Annual Meeting of the National Communication Association  2001年11月3日  National Communication Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月1日 - 2001年11月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Atlanta, Georgia   国名:アメリカ合衆国  

  49. ‘Prospective indexicals’ in Japanese conversation: On the use of distal demonstratives as a resource for collaborative action during word searches 国際会議

    Makoto Hayashi

    2001 Association of Teachers of Japanese (ATJ) Seminar  2001年3月22日  Association of Teachers of Japanese (ATJ)

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago, Illinois   国名:アメリカ合衆国  

  50. Sharing responsibility for checking information: A key to transmission of information in conversation 国際会議

    Gail Ramsberger, Lise Menn, Makoto Hayashi

    Academy of Aphasia Conference 2000  2000年10月23日  Academy of Aphasia

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月22日 - 2000年10月24日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Montreal   国名:カナダ  

  51. ‘Postposition-initiated utterances’ in Japanese conversation: An interactional account of a grammatical practice 国際会議

    Makoto Hayashi

    5th Annual Conference on Language, Interaction, and Culture  1999年5月1日  The UCLA Center for Language, Interaction, and Culture (CLIC)

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月30日 - 1999年5月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of California at Santa Barbara   国名:アメリカ合衆国  

  52. Where grammar and interaction meet: A study of co-participant completion in Japanese conversation 国際会議

    Makoto Hayashi

    Ethnomethodology and Conversation Analysis: East and West  1997年8月23日  International Institute for Ethnomethodology and Conversation Analysis

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年8月21日 - 1997年8月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Waseda University, Tokyo   国名:日本国  

  53. Co-construction in Japanese revisited: We do ‘finish each other’s sentences’ 国際会議

    Makoto Hayashi, Junko Mori

    7th Japanese/Korean Linguistics Conference  1996年11月10日  University of California at Los Angeles Department of East Asian Languages and Cultures

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年11月8日 - 1996年11月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of California at Los Angeles   国名:アメリカ合衆国  

  54. An analysis of talk, gaze, and gesture: A contingent achievement of co-tellership in Japanese conversation 国際会議

    Makoto Hayashi, Junko Mori, Tomoyo Takagi

    5th International Pragmatics Conference  1996年7月8日  International Pragmatics Association

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年7月4日 - 1996年7月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Mexico City   国名:メキシコ合衆国  

  55. Toward a general account of U::N in Japanese conversation 国際会議

    Makoto Hayashi

    1996 Annual Conference of the American Association for Applied Linguistics  1996年3月26日  American Association for Applied Linguistics

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年3月23日 - 1996年3月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago, Illinois   国名:アメリカ合衆国  

  56. Discourse-pragmatic functions of sentence-final uses of the quotative particle Japanese 国際会議

    Makoto Hayashi

    6th Japanese/Korean Linguistics Conference  1995年8月9日  University of Hawai‘i at Manoa Department of East Asian Languages and Literatures

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月8日 - 1995年8月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Hawai‘i at Manoa   国名:アメリカ合衆国  

  57. Cognitive factors in the choice of syntactic form by aphasic and normal speakers of English and Japanese: The speaker's impulse 国際会議

    Lise Menn, Kate F. Reilly, Makoto Hayashi

    1995 Linguistic Society of America Annual Meeting  1995年1月7日  Linguistic Society of America

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年1月5日 - 1995年1月8日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:New Orleans, Lousianna   国名:アメリカ合衆国  

  58. A comparative study of repair in English and Japanese conversation 国際会議

    Makoto Hayashi

    4th Japanese/Korean Linguistics Conference  1993年10月16日  University of California at Los Angeles Department of East Asian Languages and Cultures

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年10月15日 - 1993年10月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of California at Los Angeles   国名:アメリカ合衆国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 日本語相互行為における依頼・応答に見られる参与者間の相互調整:会話分析の観点から

    研究課題番号:17K02721  2017年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    林 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    平成31年度/令和元年度の本課題の実施状況は以下の通りである。
    1. 本課題の研究チームメンバーは、2019年6月9-14日に香港理工大学で開催された国際語用論学会(International Pragmatics Conference)にてパネル発表を行った。世界各国から学会に参加した多数の研究者を聴衆に迎え、活発な意見交換を行なった。その際に得た、非常にためになるフィードバックをもとに、学会後、各メンバーはそれぞれの発表原稿を学術論文の形にまとめる作業に入った(現在も進行中)。令和2年6月末をめどに研究成果を学術論文をまとめ、学術誌Journal of Pragmaticsに特集号として論文集を発表する方向で作業中である。
    2. 前年度に引き続き、リサーチアシスタントを2名雇用し,既存のビデオデータ(①大学生協のパソコンカウンターにおけるサービス場面の相互行為、②日常会話,③少年サッカーの指導場面における相互行為,④マッサージ店における施術者と利用客の相互行為)の文字起こしを進めた。現段階で、データのおよそ7割の文字起こしを完了することができたが、令和2年度も引き続き文字起こしを継続する予定である。
    今年度は、プロジェクトチームの各メンバーが研究成果を香港で開催された国際語用論学会(International Pragmatics Conference)で発表し、聴衆と貴重な意見交換をすることができた。これは最終年度の目標である学術誌の特集号での研究成果の発表への、大きな弾みとなるもので、現在、各メンバーは国際語用論学会で得られたフィードバックをもとに論文執筆に取り組んでいる。
    令和2年度は,最終目標である学術誌Journal of Pragmaticsの特集号における研究成果の発表を目指す。現在のところ、論文第1稿を6月末までにまとめ、互いにフィードバックをしあったのち、秋口には改訂稿をJournal of Pragmaticsに送付し、査読プロセスにかける手順で進めている。

科研費 1

  1. 日本語相互行為における依頼・応答に見られる参与者間の相互調整:会話分析の観点から

    研究課題/研究課題番号:17K02721  2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    林 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    平成31年度/令和元年度の本課題の実施状況は以下の通りである。
    1. 本課題の研究チームメンバーは、2019年6月9-14日に香港理工大学で開催された国際語用論学会(International Pragmatics Conference)にてパネル発表を行った。世界各国から学会に参加した多数の研究者を聴衆に迎え、活発な意見交換を行なった。その際に得た、非常にためになるフィードバックをもとに、学会後、各メンバーはそれぞれの発表原稿を学術論文の形にまとめる作業に入った(現在も進行中)。令和2年6月末をめどに研究成果を学術論文をまとめ、学術誌Journal of Pragmaticsに特集号として論文集を発表する方向で作業中である。
    2. 前年度に引き続き、リサーチアシスタントを2名雇用し,既存のビデオデータ(①大学生協のパソコンカウンターにおけるサービス場面の相互行為、②日常会話,③少年サッカーの指導場面における相互行為,④マッサージ店における施術者と利用客の相互行為)の文字起こしを進めた。現段階で、データのおよそ7割の文字起こしを完了することができたが、令和2年度も引き続き文字起こしを継続する予定である。
    今年度は、プロジェクトチームの各メンバーが研究成果を香港で開催された国際語用論学会(International Pragmatics Conference)で発表し、聴衆と貴重な意見交換をすることができた。これは最終年度の目標である学術誌の特集号での研究成果の発表への、大きな弾みとなるもので、現在、各メンバーは国際語用論学会で得られたフィードバックをもとに論文執筆に取り組んでいる。
    令和2年度は,最終目標である学術誌Journal of Pragmaticsの特集号における研究成果の発表を目指す。現在のところ、論文第1稿を6月末までにまとめ、互いにフィードバックをしあったのち、秋口には改訂稿をJournal of Pragmaticsに送付し、査読プロセスにかける手順で進めている。

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. 英語(コミュニケーション)

    2020

  2. 英語(上級)

    2020

  3. 言語と社会Ⅰ

    2020

  4. 日本語教育学演習Ⅱb

    2020

  5. 日本語教育学講義Ⅱb

    2020

  6. 博士論文研究Ⅱb

    2020

  7. 日本語教育学講義Ⅱa

    2020

  8. 日本語教育学演習Ⅱa

    2020

  9. 博士論文研究Ⅱa

    2020

▼全件表示

 

学術貢献活動 1

  1. 第3回会話分析研究発表会

    企画立案・運営等

    会話分析研究会  2020年9月2日 - 2020年9月5日

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等