2021/04/02 更新

写真a

マツモト タケオ
松本 健郎
MATSUMOTO Takeo
所属
大学院工学研究科 機械システム工学専攻 機械理工学 教授
職名
教授

学位 1

  1. 工学博士 ( 1988年3月   北海道大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 力学的適応

  2. 力学特性

  3. 細胞

  4. 生体軟組織

  5. バイオメカニクス

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 生体医工学  / 医用生体工学・生体材料学

  2. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 生体軟組織のバイオメカニクス

  2. 細胞のメカノバイオロジー

  3. 動脈硬化診断機器の開発

  4. 生物のかたちづくりを利用したものづくり

経歴 8

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科機械システム工学専攻   教授

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋工業大学   名誉教授

    2016年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋工業大学   大学院工学研究科生産システム工学専攻/機能工学専攻   教授

    2002年5月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東北大学   大学院工学研究科機械電子工学専攻   助教授

    1997年4月 - 2002年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東北大学   工学部機械電子工学科   助教授

    1996年2月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 東北大学   工学部機械電子工学科   講師

    1993年6月 - 1996年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 東北大学   工学部機械電子工学科   助手

    1993年1月 - 1993年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 北海道大学   応用電気研究所   助手

    1988年4月 - 1992年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 北海道大学   工学研究科   生体工学専攻

    1985年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   工学系研究科   精密機械工学専攻

    1983年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   工学部   精密機械工学科

    1979年4月 - 1983年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 15

  1. 日本機械学会   東海支部庶務幹事

    2019年3月 - 2020年2月

  2. 日本生体医工学会   理事

    2016年5月 - 2018年4月

  3. アジア太平洋バイオメカニクス連合   会長

    2013年8月 - 現在

  4. ライフサポート学会   理事

    2012年11月 - 現在

  5. 日本バイオレオロジー学会   理事

    2011年12月 - 現在

  6. 日本機械学会   バイオエンジニアリング部門長

    2010年4月 - 2011年3月

  7. 日本機械学会   フェロー

    2009年3月 - 現在

  8. 国際バイオメカニクス学会   会員

    2003年4月 - 現在

  9. 米国生体医工学会   会員

    2003年4月 - 現在

  10. 米国機械学会   会員

    2003年4月 - 現在

  11. 日本バイオレオロジー学会   会員

    1990年4月 - 現在

  12. 日本機械学会   会員

    1988年4月 - 現在

  13. 日本人工臓器学会   会員

    1986年4月 - 現在

  14. 日本生体医工学会   会員

    1986年1月 - 現在

  15. ライフサポート学会   会員

    1985年10月 - 現在

▼全件表示

委員歴 4

  1. 日本学術会議   連携会員  

    2017年10月 - 2023年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 第41回日本バイオレオロジー学会年会実行委員会   実行委員長  

    2017年6月 - 2018年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 国立研究開発法人日本医療研究開発機構   科学技術調査員  

    2016年5月 - 2017年9月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  4. 日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会実行委員会   実行委員長  

    2015年3月 - 2017年1月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 10

  1. 日本機械学会東海支部特別功労賞

    2021年3月   日本機械学会東海支部  

    日本機械学会年次大会実行委員会

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. Best Poster Award, 10th Asian-Pacific Conference on Biomechanics

    2019年11月   Organizing committee of 10th Asian-Pacific Conference on Biomechanics   Three-dimensional deformation and rotation of aortic smooth muscle nuclei in response to tissue stretch is dependent on the stretch direction

    Fan Y, Wang J, Maeda E, Matsumoto T

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:台湾

  3. Best Poster Award, 10th Asian-Pacific Conference on Biomechanics

    2019年11月   Organizing committee of 10th Asian-Pacific Conference on Biomechanics   Clearing of Xenopus laevis Tailbud Embryos and Quantification of their 3D-tissue Structure toward Finite Element Analysis

    Ando Y, Hayashi K, Maeda E, Tsunoda R, Tanaka H, Murase K, Ueno N, Matsumoto T

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:台湾

  4. 2018年度日本バイオレオロジー学会奨励賞

    2018年6月   日本バイオレオロジー学会   FRETイメージングを用いたMC3T3-E1細胞内張力のダイナミクスの計測

    王 軍鋒

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    指導ポスドクの受賞

  5. 第41回日本バイオレオロジー学会年会優秀ポスター賞

    2018年6月   第41回日本バイオレオロジー学会年会実行委員会   圧縮刺激が核内クロマチンに与える影響の評価に関する基礎的研究

    森 尚輝,王 軍鋒,前田英次郎,村瀬晃平,松本健郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. 日本機械学会創立120周年記念功労者表彰

    2017年11月   日本機械学会  

    松本健郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  7. Graphics of the Year 2016, Journal of Biomechanical Science and Engineering

    2016年   Japan Society of Mechanical Engineering   Observations of intracellular tension dynamics of MC3T3-E1 cells during substrate adhesion using a FRET-based actinin tension sensor

    Wang J, Ito M, Zhong W, Sugita S, Michiue T, Tsuboi T, Kitaguchi T, Matsumoto T

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  8. Graphics of the Year 2016, Journal of Biomechanical Science and Engineering

    2016年   Japan Society of Mechanical Engineering   Dynamics of actin filaments of MC3T3-E1 cells during adhesion process to substrate, Journal of Biomechanical Science and Engineering 11-2, 15-00637 (2016)

    Wang JF, Sugita S, Nagayama K, Matsumoto T

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  9. Papers of the Year 2016, Journal of Biomechanical Science and Engineering

    2016年   Japan Society of Mechanical Engineering   Dynamics of actin filaments of MC3T3-E1 cells during adhesion process to substrate, Journal of Biomechanical Science and Engineering 11-2, 15-00637 (2016)

    Wang JF, Sugita S, Nagayama K, Matsumoto T

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  10. ライフサポート学会平成26年度論文賞

    2014年9月   ライフサポート学会   動脈硬化病変を有する家兎胸大動脈の血管周方向ひずみ分布計測, ライフサポート 25-2, 56-62 (2013)

    杉田修啓,松本健郎,佐藤正明

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 77

  1. The optimal alignment of the tibial implant in unicompartmental arthroplasty with using 3-dimensional finite analysis 査読有り

    Sasatani K, Majima T, Murase K, Takeuchi N, Matsumoto T, Oshima Y, Takai S

    Journal of Nippon Medical School   87 巻 ( 2 ) 頁: 60-65   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: https://doi.org/10.1272/jnms.JNMS.2020_87-202

  2. Effects of substrate stiffness on morphology and MMP-1 gene expression in tenocytes stimulated with interleukin-1β 査読有り

    Maeda E, Kuroyanagi K, Ando Y, Matsumoto T

    Journal of Orthopaedic Research   38 巻 ( 1 ) 頁: 150-159   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: https://doi.org/10.1002/jor.24403

  3. Tenocyte Response to Interleukin-1 Beta Depends on Substrate Stiffness: Implication to the Etiology of Tendon Inflammation

    Maeda E, Kuroyanagi K, Ando Y, Matsumoto T

    Proceedings of the 30th IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2019)     頁: 110-111   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  4. Shape-dependent regulation of differentiation lineages of bone marrow-derived cells under cyclic stretch 査読有り

    Maeda Eijiro, Atsumi Yoshinori, Ishiguro Mai, Nagayama Kazuaki, Matsumoto Takeo

    JOURNAL OF BIOMECHANICS   96 巻   頁: 109371   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiomech.2019.109371

    Web of Science

  5. Theoretical elastic tensile behavior of muscle fiber bundles in traumatic loading events 査読有り

    Tamura Atsutaka, Hongu Jun-ichi, Matsumoto Takeo

    CLINICAL BIOMECHANICS   69 巻   頁: 184 - 190   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clinbiomech.2019.07.021

    Web of Science

  6. A novel FRET analysis method for a single actin stress fiber: Application to MC3T3-E1 cells during movement on a substrate 招待有り 査読有り

    Wang JF, Sugita S, Michiue T, Tsuboi T, Kitaguchi T, Matsumoto T

    Journal of Biorheology   33 巻 ( 1 ) 頁: 21-26   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: https://doi.org/10.17106/jbr.33.21

  7. Photoelasticity-based evaluation of cellular contractile force for phenotypic discrimination of vascular smooth muscle cells 査読有り

    Sugitat Shukei, Mizutani Eri, Hozaki Masatoshi, Nakamura Masanori, Matsumoto Takeo

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 3960   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-40578-7

    Web of Science

  8. Analysis of Heterogeneous Deformation in the Wall of Rabbit Thoracic Aorta at Microscopic Level 査読有り

    Fan Yong, Wang Junfeng, Maeda Eijiro, Murase Kohei, Matsumoto Takeo

    Advanced Biomedical Engineering   8 巻   頁: 7-13   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14326/abe.8.7

    Web of Science

  9. Direct application of mechanical stimulation to cell adhesion sites using a novel magnetic-driven micropillar substrate

    Nagayama Kazuaki, Inoue Takuya, Hamada Yasuhiro, Sugita Shukei, Matsumoto Takeo

    BIOMEDICAL MICRODEVICES   20 巻 ( 4 ) 頁: 85   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10544-018-0328-y

    Web of Science

  10. Ex-vivo observation of calcification process in chick tibia slice: Augmented calcification along collagen fiber orientation in specimens subjected to static stretch

    Maeda Eijiro, Ichikawa Katsuhisa, Murase Kohei, Nagayama Kazuaki, Matsumoto Takeo

    JOURNAL OF BIOMECHANICS   78 巻   頁: 94-101   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiomech.2018.07.024

    Web of Science

  11. New Assessment of Endothelial Function Measured by Short Time Flow-mediated Vasodilation: Comparison with Conventional Flow-mediated Vasodilation Measurement 査読有り

    Matsui S, Kajikawa M, Maruhashi T, Hashimoto H, Kihara Y, Chayama K, Goto C, Aibara Y, Yusoff FM, Kishimoto S, Nakashima A, Noma K, Kawaguchi T, Matsumoto T, Higashi Y

    International Journal of Cardiology   265 巻   頁: 24-29   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.1016/j.ijcard.2018.05.006

  12. A Finite Element Bendo-Tensegrity Model of Eukaryotic Cell 査読有り

    Bansod YD, Matsumoto T, Nagyama K, Bursa J

    Journal of Biomechanical Engineering   140 巻 ( 10 ) 頁: 101001-9   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.1115/1.4040246

  13. Local distribution of collagen fibers determines crack initiation site and its propagation direction during aortic rupture 査読有り

    Sugita S, Matsumoto T

    Biomechanics and Modeling in Mechanobiology   17 巻 ( 2 ) 頁: 577-587   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.1007/s10237-017-0979-2

  14. Local distribution of collagen fibers determines crack initiation site and its propagation direction during aortic rupture

    Sugita Shukei, Matsumoto Takeo

    BIOMECHANICS AND MODELING IN MECHANOBIOLOGY   17 巻 ( 2 ) 頁: 577 - 587   2018年4月

  15. A novel patterned magnetic micropillar array substrate for analysis of cellular mechanical responses

    Nagayama Kazuaki, Inoue Takuya, Hamada Yasuhiro, Matsumoto Takeo

    JOURNAL OF BIOMECHANICS   65 巻   頁: 194-202   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiomech.2017.10.017

    Web of Science

  16. Multiphoton microscopy observations of 3D elastin and collagen fiber microstructure changes during pressurization in aortic media 査読有り

    Sugita Shukei, Matsumoto Takeo

    BIOMECHANICS AND MODELING IN MECHANOBIOLOGY   16 巻 ( 3 ) 頁: 763 - 773   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10237-016-0851-9

    Web of Science

  17. A Novel Apparatus for the Multifaceted Evaluation of Arterial Function Through Transmural Pressure Manipulation 査読有り

    Yaguchi Toshiyuki, Cong Yalin, Shimo Kenji, Kurokawa Takahiro, Sugita Shukei, Nagayama Kazuaki, Masuda Hiroshi, Matsumoto Takeo

    ANNALS OF BIOMEDICAL ENGINEERING   45 巻 ( 6 ) 頁: 1487 - 1495   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10439-017-1810-z

    Web of Science

  18. Measurement of surface topography and stiffness distribution on cross-section of Xenopus laevis tailbud for estimation of mechanical environment in embryo

    Murakami Fumiaki, Ando Yoriko, Miyagi Asuka, Sugita Shukei, Ueno Naoto, Matsumoto Takeo

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   59 巻 ( 5 ) 頁: 434-443   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dgd.12372

    Web of Science

  19. Effects of cyclic compression on the mechanical properties and calcification process of immature chick bone tissue in culture 査読有り

    Maeda E, Nakagaki M, Ichikawa K, Nagayama K, Matsumoto T

    Bone Reports   6 巻   頁: 120-128   2017年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bonr.2017.04.002

  20. Real-time In Situ Observation of Immature Bone Tissue Subjected to Mechanical Loading in Culture

    Maeda Eijiro, Ichikawa Katsuhisa, Murase Kohei, Nagayama Kazuaki, Matsumoto Takeo

    2017 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE (MHS)     頁: .   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Observations of intracellular tension dynamics of MC3T3-E1 cells during substrate adhesion using a FRET-based actinin tension sensor 査読有り

    Wang J, Ito M, Zhong W, Sugita S, Michiue T, Tsuboi T, Kitaguchi T, Matsumoto T

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   11 巻 ( 4 ) 頁: 16-00504   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1299/jbse.16-00504

  22. Differences in the mechanical properties of the developing cerebral cortical proliferative zone between mice and ferrets at both the tissue and single-cell levels 査読有り

    Nagasaka A, Shinoda T, Kawaue T, Suzuki M, Nagayama K, Matusmoto T, Ueno N, Kawaguchi A, Miyata T

    Frontiers in Cell and Developmental Biology (section Cell Adhesion and Migration)   4 巻   頁: Article 139   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Dynamics of actin filaments of MC3T3-E1 cells during adhesion process to substrate 査読有り

    Wang JF, Sugita S, Nagayama K, Matsumoto T

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   11 巻 ( 2 ) 頁: 15-00637   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1299/jbse.15-00637

  24. Effect of loading rate on viscoelastic properties and local mechanical heterogeneity of freshly isolated muscle fiber bundles subjected to uniaxial stretching 査読有り

    Tamura A, Hayashi S, Matsumoto T

    Journal of Mechanics in Medicine and Biology   16 巻 ( 6 ) 頁: 1650086   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1142/S021951941650086X

  25. 細胞の基板接着・伸展過程における焦点接着斑の形態変化の解析 査読有り

    王 軍鋒,杉田修啓,長山和亮,松本健郎

    日本生体医工学会誌   53 巻 ( 6 ) 頁: 311-318   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.11239/jsmbe.53.311

  26. Dynamic transport and cementation of skeletal elements build up pole-and-beam structured skeleton of sponges 査読有り

    Nakayama S, Arima K, Kawai K, Mohri K, Inui C, Sugano W, Koba H, Tamada K, Nakata YJ, Kishimoto K, Arai-Shindo M, Kojima C, Matsumoto T, Fujimori T, Agata K, *Funayama N

    Current Biology 25, 1-6   25 巻   頁: 1-6   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.cub.2015.08.023

  27. Mechanical trapping of the nucleus on micropillared surfaces inhibits the proliferation of vascular smooth muscle cells but not cervical cancer HeLa cells 査読有り

    Nagayama K, Hamaji Y, Sato Y, Matsumoto T

    Journal of Biomechanics   48 巻 ( 10 ) 頁: 1796-1803   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.jbiomech.2015.05.004

  28. Multiphasic Stress Relaxation Response of Freshly Isolated and Cultured Vascular Smooth Muscle Cells Measured by Quasi-In Situ Tensile Test 査読有り

    Nagayama K, Saito S, Matsumoto T

    Bio-Medical Materials and Engineering   25 巻 ( 3 ) 頁: 299-312   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.3233/BME-151276

  29. Estimation of the mechanical connection between apical stress fibers and the nucleus in vascular smooth muscle cells cultured on a substrate 査読有り

    Nagayama K, Yamazaki S, Yahiro Y, Matsumoto T

    Journal of Biomechanics   47 巻 ( 6 ) 頁: 1422-1429   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1016/j.jbiomech.2014.01.042

  30. ヒト橈骨動脈の力学特性の非侵襲計測法の確立と力学特性に対する平滑筋収縮状態の影響評価 査読有り

    矢口俊之,武澤健司,長山和亮,益田博之,松本健郎

    ライフサポート   25 巻 ( 4 ) 頁: 143-150   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.5136/lifesupport.25.143

  31. Novel biaxial tensile test to study failure phenomena of aortic tissues at a microscopic level: Development of a biaxial tensile mechanism and successful control of failure point 査読有り

    Shukei Sugita, Takeo Matsumoto

    Biomedical Engineering OnLine   12 巻   頁: 3   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1186/1475-925X-12-3

  32. Apical and basal stress fibers have different roles on mechanical regulation of the nucleus in vascular smooth muscle cells 査読有り

    Nagayama K, Yahiro Y, Matsumoto T

    Cellular and Molecular Bioengineering   6 巻 ( 4 ) 頁: 473-481   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.1007/s12195-013-0294-7

  33. Heterogeneity of deformation of aortic wall at the microscopic level: Contribution of heterogeneous distribution of collagen fibers in the wall 査読有り

    Shukei Sugita, Takeo Matsumoto

    Bio-medical Materials and Engineering   23 巻 ( 6 ) 頁: 447-461   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.3233/BME-130771

  34. Directional migration of leading-edge mesoderm generates physical forces: Implication in Xenopus notochord formation during gastrulation 査読有り

    Hara Y, Nagayama K, Yamamoto TS, Matsumoto T, Suzuki M, Ueno N

    Dev Biol   382 巻 ( 2 ) 頁: 482-495   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.ydbio.2013.07.023

  35. オシロメトリック法を用いた上腕動脈内圧−断面積関係の非侵襲計測:装置の開発と検証 査読有り

    松本健郎,梅田宗紀,西林秀郎,石塚繁廣,高橋慎一

    日本生体医工学会誌   51 巻 ( 4 ) 頁: 261-267   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.11239/jsmbe.51.261

  36. 動脈硬化病変を有する家兎胸大動脈の血管周方向ひずみ分布計測 査読有り

    杉田修啓,松本健郎,佐藤正明

    ライフサポート   25 巻 ( 2 ) 頁: 56-62   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.5136/lifesupport.25.56

  37. Yielding phenomena of aortic wall and intramural collagen fiber alignment: Possible link to rupture mechanism of aortic aneurysms 査読有り

    Sugita S, Matsumoto T

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   8 巻 ( 2 ) 頁: 104-113   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1299/jbse.8.104

  38. Haemodynamically dependent valvulogenesis of zebrafish heart is mediated by flow-dependent expression of miR-21 査読有り

    Toshihiro Banjo, Janin Grajcarek, Daisuke Yoshino, Hideto Osada, Kota Y. Miyasaka, Yasuyuki S. Kida, Yosuke Ueki, Kazuaki Nagayama, Koichi Kawakami, Takeo Matsumoto, Masaaki Sato, Toshihiko Ogura

    Nature Commun   4 巻   頁: 1978   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI:10.1038/ncomms2978

  39. Quantitative measurement of the distribution and alignment of collagen fibers in unfixed aortic tissues 査読有り

    Shukei Sugita, Takeo Matsumoto

    J Biomechanics   46 巻 ( 7 ) 頁: 1403-7   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1016/j.jbiomech.2013.02.003

  40. Low-flow-resistance Methacrylate-based Polymer Monolithic Column Prepared by Low-conversion Ultraviolet Photopolymerization at Low Temperature 査読有り

    Tomohiko HIRANO, Ayumi KOBAYASHI, Takuya NAKAZA, Shinya KITAGAWA, Hajime OHTANI, Kazuaki NAGAYAMA, Takeo MATSUMOTO

    Analytical Sciences   29 巻 ( 2 ) 頁: 205-211   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.2116/analsci.29.205

  41. 動脈硬化病変を有するヒト冠動脈の血管周方向ひずみ分布計測 査読有り

    杉田修啓,松本健郎,増田弘毅,佐藤正明

    日本機械学会論文集A編   79 巻 ( 798 ) 頁: 177-187   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1299/kikaia.79.177

  42. Evaluation of rupture properties of thoracic aortic aneurysms in a pressure-imposed test for rupture risk estimation 査読有り

    Sugita S, Matsumoto T, Ohashi T, Kumagai K, Akimoto H, Tabayashi K, Sato M

    Cardiovasc Engng & Technol   3 巻 ( 1 ) 頁: 41-51   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Tensile properties of vascular smooth muscle cells: Bridging vascular and cellular biomechanics (Review) 招待有り 査読有り

    Matsumoto T, Nagayama K

    J Biomech   45 巻 ( 5 ) 頁: 745-55   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1016/j.jbiomech.2011.11.014

  44. 胸大動脈壁内コラーゲン線維の2軸等方引張負荷下リアルタイム変形挙動観察 査読有り

    杉田修啓,松本健郎

    日本生体医工学会誌   50 巻 ( 6 ) 頁: 687-692   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.11239/jsmbe.50.687

  45. 胸部大動脈瘤の拍動特性から破裂圧力が推定できるか? 査読有り

    杉田修啓,松本健郎,大橋俊朗,熊谷紀一郎,秋元弘治,田林晄一,佐藤正明

    脈管学   52 巻   頁: 277-283   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.7133/jca.52.277

  46. Strain waveform dependence of stress fiber reorientation in cyclically stretched osteoblastic cells: Possible effects of viscoelastic compression of stress fibers during stretch cycle 査読有り

    Nagayama K, Kimura Y, Matsumoto T

    Am J Physiol Cell Physiol   302 巻   頁: C1469-78   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1152/ajpcell.00155.2011

  47. Dynamic Changes of Traction Force at Focal Adhesions during Macroscopic Cell Stretching Using an Elastic Micropillar Substrate: Tensional homeostasis of aortic smooth muscle cells 査読有り

    Nagayama K, Adachi A, Matsumoto T

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   7 巻 ( 2 ) 頁: 130-140   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1299/jbse.7.130

  48. Heartbeat regulates cardiogenesis by suppressing retinoic acid signaling via expression of miR-143 査読有り

    Kota Y. Miyasaka, Yasuyuki S. Kida, Toshihiro Banjo, Yosuke Ueki, Kazuaki Nagayama, Takeo Matsumoto, Masaaki Sato and Toshihiko Ogura

    Mechanisms of Development   128 巻 ( 1&2 ) 頁: 18-28   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1016/j.mod.2010.09.002

  49. Stress fibers stabilize the position of intranuclear DNA through mechanical connection with the nucleus in vascular smooth muscle cells 査読有り

    Nagayama K, Yahiro Y, Matsumoto T

    FEBS Letters   585 巻 ( 24 ) 頁: 3992-3997   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1016/j.febslet.2011.11.006

  50. Heterogeneous Response of Traction Force at Focal Adhesions of Vascular Smooth Muscle Cells Subjected to Macroscopic Stretch on a Micropillar Substrate 査読有り

    Nagayama K, Adachi A, Matsumoto T

    J Biomech   44 巻 ( 15 ) 頁: 2699-2705   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1016/j.jbiomech.2011.07.023

  51. Dynamic Change in Morphology and Traction Forces at Focal Adhesions in Cultured Vascular Smooth Muscle Cells during Contraction 査読有り

    Nagayama K, Matsumoto T

    Cell & Mol Bioeng   4 巻 ( 3 ) 頁: 348-357   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1007/s12195-011-0166-y

  52. Effects of hypertension on morphological, contractile and mechanical Properties of rat aortic smooth muscle cells 査読有り

    Matsumoto T, Yamamoto M, Seo S, Sato J, Kato Y, Sato M

    Cell & Mol Bioeng   4 巻 ( 3 ) 頁: 340-347   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1007/s12195-011-0182-y

  53. Stretch along Craniocaudal Axis Improves Shape Recoverability of the Spinal Cord 査読有り

    Ozawa H, Matsumoto T, Ohashi T, Sato M, Itoi E

    J Biomech   44 巻 ( 12 ) 頁: 2313-5   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Mechanics of wrinkle formation: Micromechanical analysis of skin deformation during wrinkle formation in UV-irradiated mice 査読有り

    Matsumoto T, Ikuta N, Mori M, Nagayama K

    Skin Res Technol   16 巻   頁: 179-189   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Estimation of Single Stress Fiber Stiffness in Cultured Aortic Smooth Muscle Cells under Relaxed and Contracted States: Its Relation to Dynamic Rearrangement of Stress Fibers 査読有り

    Nagayama K, Matsumoto T

    J Biomech   43 巻 ( 8 ) 頁: 1443-1449   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI: 10.1016/j.jbiomech.2010.02.007

  56. Effects of three-dimensional culture and cyclic stretch stimulation on expression of contractile proteins in freshly isolated rat aortic smooth muscle cells 査読有り

    Nagayama K, Morishima N, Matsumoto T

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   4 巻 ( 2 ) 頁: 286-297   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Biaxial Tensile Properties of Thoracic Aortic Aneurysm Tissues 査読有り

    Matsumoto T, Fukui T, Tanaka T, Ikuta N, Ohashi T, Kumagai K, Akimoto H, Tabayashi K, Sato M

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   4 巻 ( 4 ) 頁: 518-529   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Mechanical characterization of brain tissue in high-rate extension 査読有り

    Tamura A, Hayashi S, Nagayama K, Matsumoto T

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   3 巻 ( 2 ) 頁: 263-274   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Effects of pre-impact body orientation on traumatic brain injury in a vehicle-pedestrian collision 査読有り

    Tamura A, Nakahira Y, Iwamoto M, Nagayama K, Matsumoto T

    International Journal of Vehicle Safety   3 巻 ( 4 ) 頁: 350-370   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Contribution of Actin Filaments and Microtubules to Quasi-in situ Tensile Properties and Internal Force Balance of Cultured Smooth Muscle Cells on a Substrate 査読有り

    Nagayama K, Matsumoto T

    Am J Physiol Cell Physiol   295 巻 ( 6 ) 頁: C1569-1578   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1152/ajpcell.00098.2008

  61. Nonuniform strain of substrate induces local development of stress fibers in endothelial cells under uniaxial cyclic stretching 査読有り

    Ohashi T, Masuda M, Matsumoto T, Sato M

    Clinical Hemorheology and Microcirculation   37 巻   頁: 37-46   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Variation in nerve fiber strain in brain tissue subjected to uniaxial stretch 査読有り

    Tamura A, Hayashi S, Nagayama K, Matsumoto T

    Stapp Car Crash Journal   51 巻   頁: 139-154   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Mechanical characterization of brain tissue in high-rate compression 査読有り

    Tamura A, Hayashi S, Watanabe I, Nagayama K, Matsumoto T

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   2 巻 ( 3 ) 頁: 115-126   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Actin filaments affect on not only elasticity but also late viscous response in stress relaxation of single isolated aortic smooth muscle cells (Possible effect of active reorganization of actin filaments) 査読有り

    Nagayama K, Yanagihara S, Matsumoto T

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   2 巻 ( 3 ) 頁: 93-104   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. A Novel Micro Tensile Tester with Feed-back Control for Viscoelastic Analysis of Single Isolated Smooth Muscle Cells 査読有り

    Nagayama K, Yanagihara S, Matsumoto T

    Medical Engineering & Physics   29 巻 ( 5 ) 頁: 620-8   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Effect of Actin Filament Distribution on Tensile Properties of Smooth Muscle Cells Obtained from Rat Thoracic Aortas 査読有り

    Nagayama K, Nagano Y, Sato M, Matsumoto T

    J Biomechanics   39 巻 ( 2 ) 頁: 293-301   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Measurement of nerve fiber strain in brain tissue subjected to uniaxial stretch (Comparison between local strain of nerve fiber and global strain of brain tissue) 査読有り

    Tamura A, Nagayama K, Matsumoto T

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   1 巻 ( 2 ) 頁: 304-315   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Tensile properties of cultured aortic smooth muscle cells obtained in a quasi-in situ tensile test with thermoresponsive gelatin 査読有り

    Nagayama K, Tsugawa A, Matsumoto T

    Journal of Biomechanical Science and Engineering   1 巻 ( 1 ) 頁: 256-267   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. In vivo mechanical properties of thoracic aortic aneurysmal wall estimated from in vitro biaxial tensile test 査読有り

    Fukui T, Matsumoto T, Tanaka T, Ohashi T, Kumagai K, Akimoto H, Tabayashi K, Sato M

    Bio-medical Materials and Engineering   15 巻 ( 4 ) 頁: 295-305   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Pipette Aspiration Method for the Measurement of Nonlinear and Anisotropic mechanical Properties of Blood Vessel Walls under Biaxial Stretch 査読有り

    Ohashi T, Abe H, Matsumoto T, Sato M

    J Biomechanics   38 巻 ( 11 ) 頁: 2248-2256   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Observation of cell shortening and dynamic changes of actin filaments during cell detachment from thermoresponsive-gelatin-coated substrate 査読有り

    Nagayama K, Matsumoto T

    JSME Int J, Ser C   48 巻 ( 4 ) 頁: 411-418   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Flow-induced Changes in Dimensions and Mechanical Properties of Rabbit Common Carotid Arteries 査読有り

    Matsumoto T, Okumura E, Shirono T, Sho E, Masuda H, Sato M

    JSME Int J, Ser C   48 巻 ( 4 ) 頁: 477-483   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. 細胞用二軸繰返引張機構の開発とこれを用いた血管内皮細胞の力学応答の解析 査読有り

    中垣 将, 柳原 辰一郎, 長山和亮, 松本健郎

    日本機械学会論文集A編   70 巻 ( 694 ) 頁: 109-114   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Mechanical Anisotropy of Rat Aortic Smooth Muscle Cells Decreases with Their Contraction: Possible effect of actin filament orientation 査読有り

    Nagayama K, Matsumoto T

    JSME Int J, Ser C   47 巻 ( 4 ) 頁: 985-991   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. 構造最適化による流れ負荷内皮細胞の有限要素法解析 査読有り

    大橋俊朗,清尾慎司,松本健郎,佐藤正明

    日本機械学会論文集A編   70 巻 ( 697 ) 頁: 1262-1268   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Microscopic Residual Stress Caused by the Mechanical Heterogeneity in the Lamellar Unit of the Porcine Thoracic Aortic Wall 査読有り

    Matsumoto T, Goto T, Sato M

    JSME Int J Ser A   47 巻 ( 3 ) 頁: 341-348   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Residual Stress and Strain in the Lamellar Unit of the Porcine Aorta: Experiment and Analysis 査読有り

    Matsumoto T, Goto T, Furukawa T, Sato M

    J Biomechanics   37 巻 ( 6 ) 頁: 807-815   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. Biomechanics of Coronary Atherosclerotic Plaque: From Model to Patient

    Jean-Louis Martiel, Gérard Finet, Gerhard Holzapfel, Matthias Stuber, Takeo Matsumoto, Roderic I. Pettigrew, Jacques Ohayon( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 19. Importance of Residual Stress and Basal Tone in Healthy and Pathological Human Coronary Arteries,)

    Academic Press  2020年3月  ( ISBN:978-0-12-817195-0

     詳細を見る

    総ページ数:675   記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. 化粧品における感性価値創造−使用感評価と処方設計

    松本健郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第15章 皮膚の力学特性)

    シーエムシー出版  2020年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:280   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. Vascular Engineering

    Tanishita K and Yamamoto K, eds( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 6.4 Tensile Properties of Smooth Muscle Cells, Elastin and Collagen Fibers)

    Springer  2016年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:401   記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. メカノバイオロジー

    曽我部正博編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第20章「動脈硬化のバイオメカニクス:生理学/メカニクス/診断」)

    化学同人  2015年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:332   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. Advances in Metallic Biomaterials: Tissues, Materials and Biological Reactions

    Niinomi M, Narushima T, Nakai M, eds.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 4. Blood Vessel)

    Springer  2015年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:345   記述言語:英語 著書種別:学術書

  6. 生物学と医学のための物理学

    曽我部正博ほか( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第5章『材料の弾性と強度』ならびに第6章『昆虫の飛行』)

    共立出版  2015年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:325   記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC 3

  1. 力学現象としての動脈硬化 招待有り

    松本健郎  

    実験医学2020年5月増刊号『疾患に挑むメカノバイオロジー』38 巻 ( 7 ) 頁: 30-35   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  2. 細胞核への力学刺激と核内クロマチン分布 招待有り

    松本健郎  

    医学のあゆみ『ラミノパチーとはなにか』272 巻 ( 2 ) 頁: 147-151   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  3. 動脈壁の力学応答と革新的動脈硬化診断への展開 招待有り

    松本健郎,宮城英毅  

    医学のあゆみ257 巻 ( 10 ) 頁: 1100-1105   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 50

  1. 繊維配向エラスチンゲル形成を目指したゲル化条件の検討

    篠川晃佑,松本健郎,前田英次郎

    日本機械学会東海支部第52回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. 腱弾性挙動におけるコラーゲンとエラスチンの力学的寄与に関する研究

    石崎裕聖,松本健郎,前田英次郎

    日本機械学会東海支部第52回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. 気道上皮細胞の力学環境に対する応答の検討

    高橋勇斗,伊藤理,松本健郎,前田英次郎

    日本機械学会東海支部第52回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. 人工腱を目指して作製した線維配向コラーゲンゲルの細胞導入法の検討と細胞生存率の評価

    鈴木天,松本健郎,前田英次郎

    日本機械学会東海支部第52回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 腱損傷再生モデル確立を目指したイベリアトゲイモリ屈筋腱の力学特性の計測

    佐藤史哉,鈴木大輔,林利徳,松本健郎,前田英次郎

    日本機械学会東海支部第52回学生員卒業研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 押込位置のリアルタイム観察が可能な軟組織用走査型マイクロ押込試験機の開発

    脇屋煕士,前田英次郎,松本健郎

    第30回サイフサポート学会フロンティア講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 重層化したMC3T3-E1細胞への繰返引張により誘導される細胞配向

    今城健,前田英次郎,松本健郎

    第30回サイフサポート学会フロンティア講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 重層化したMC3T3-E1細胞への繰返引張により誘導されるアクチンフィラメント配向

    今城健,前田英次郎,松本健郎

    日本機械学会第31回バイオフロンティア講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月12日 - 2020年12月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. 力学負荷による線維配向誘導とゲニピン架橋を用いた腱様コラーゲン組織形成に関する研究

    河村僚太,松本健郎,前田英次郎

    日本機械学会第31回バイオフロンティア講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月12日 - 2020年12月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. 生体軟組織へのFRETセンサ導入法の開発:組織内微視的ひずみ分布の計測を目指して

    沼野翔太,王軍鋒,前田英次郎,松本健郎

    日本機械学会第31回バイオフロンティア講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月12日 - 2020年12月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. FRET型張力センサを用いた単一ストレスファイバ内の微視的変形計測:変形の不均一性およびFRET ratio 変化と実際のひずみとの相関の検討

    小出恭平,王軍鋒,前田英次郎,松本健郎

    日本機械学会第31回バイオフロンティア講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月12日 - 2020年12月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. マウス膝蓋腱モデルを用いた腱損傷治癒組織内部の細胞力学環境の計測

    前田英次郎,黒柳要,松本健郎

    第47回日本臨床バイオメカニクス学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. 化学架橋がコラーゲン線維構造の力学特性に与える影響

    河村僚太,松本健郎,前田英次郎

    2020 年度日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  14. 家兎胸大動脈の中膜平滑筋細胞の核とアクチン形態に及ぼす繰返引張負荷培養の影響

    王軍鋒,前田 英次郎,松本 健郎

    2020 年度日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  15. 内圧負荷法によるアフリカツメガエル胞胚腔蓋の力学特性計測

    齋藤稜介,中岡優樹,進藤麻子,前田英次郎,上野直人,松本健郎

    2020 年度日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  16. マウス膝蓋腱損傷モデルを用いた腱治癒組織形成における力学応答の解明に関する研究

    山森怜弥,黒柳要,松本健郎,前田英次郎

    2020 年度日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  17. MC3T3-E1細胞重層培養法の確立と重層細胞の繰返引張に対する応答

    今城健,前田英次郎,松本健郎

    2020 年度日本生体医工学会東海支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  18. 培養家兎胸大動脈の中膜平滑筋細胞の核とアクチン形態に対する繰返引張負荷の影響

    王軍鋒,前田英次郎,松本健郎

    日本機械学会2020年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月13日 - 2020年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  19. 血管壁の3次元微細構造を明らかにする画像化技術 招待有り

    松本健郎,横田秀夫,杉田修啓,安東頼子

    第59回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月25日 - 2020年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山(Zoom開催)   国名:日本国  

  20. 動脈壁の力学応答解明を目指したマルチスケール・バイオメカニクス 招待有り

    松本健郎

    日本機械学会中四国支部・特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月7日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  21. Lamellar Unit and Biomechanics of Aortic Wall 招待有り 国際会議

    Matsumoto T

    The 10th Asian-Pacific Conference on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月1日 - 2019年11月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Taipei, Taiwan   国名:台湾  

  22. エラスチンと軟組織の微視的バイオメカニクス:皮膚と動脈 招待有り

    松本健郎

    第3回エラスチン・関連分子研究会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月30日 - 2018年12月1日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  23. Macroscopic and microscopic heterogeneities in the aortic wall: Close correlation between biomechanical environment and protein expression 招待有り 国際会議

    Matsumoto T

    21st International Conference on Mechanics in Medicine and Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月22日 - 2018年11月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Taipei, Taiwan   国名:台湾  

  24. Changes in FRET ratio distribution along single isolated stress fibers expressing FRET-based actinin tension sensor during stretch 国際会議

    Matsumoto T, Ito M, Maeda E, Wang JF, Matsui T, Deguchi S, Sugita S

    2018 Biomedical Engineering Society Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月17日 - 2018年10月20日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Atlanta, GA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  25. Biomechanical approaches toward elucidation of mechanical environment in Xenopus laevis embryos 招待有り 国際会議

    Matsumoto T

    Japan-Toronto Morphogenesis Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月16日 - 2018年7月17日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Toronto, Canada   国名:カナダ  

  26. A novel apparatus for the multifaceted evaluation of human brachial artery functions through transmural pressure manipulation: Toward early-stage diagnosis of atherosclerosis 招待有り 国際会議

    Matsumoto T, Yaguchi T, Cong Y, Shimo K, Kurokawa T, Sugita S, Nagayama K, Masuda H

    8th World Congress of Biomechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月8日 - 2018年7月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Dublin, Ireland   国名:アイルランド  

  27. 平滑筋の力学応答を利用した新たな非侵襲動脈機能検査法

    松本健郎

    第57回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月19日 - 2018年6月21日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  28. 高血圧に伴う肥厚メカニズムの解明に向けた動脈壁変形のマルチスケール計測 国際会議

    松本健郎

    第57回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月19日 - 2018年6月21日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  29. Estimation of shear deformation of glycocalyx layer on vascular endothelial cells in response to fluid flow 招待有り 国際会議

    Matsumoto T, Takahashi Y, Owaki Y, Nagayama K

    The Third International Symposium on Mechanobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月1日 - 2017年12月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Singapore   国名:シンガポール共和国  

  30. Estimation of flow-induced deformation of glycocalyx layer on vascular endothelial cells: Comparison of three methods 招待有り 国際会議

    Matsumoto T, Takahashi Y, Owaki Y, Nagayama K

    5th Switzerland-Japan Workshop on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月14日 - 2017年9月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Zermatt, Switzerland   国名:スイス連邦  

  31. Estimation of glycocalyx layer deformation in vascular endothelial cells in response to fluid shear stress 国際会議

    Matsumoto T, Takahashi Y, Owaki Y, Nagayama K

    9th Asian-Pacific Confernece on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月23日 - 2017年7月27日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Brisbane, Australia   国名:オーストラリア連邦  

  32. Biomechanical Approaches toward Estimation of Stress Distribution in Xenopus Laevis Embryos 招待有り 国際会議

    Matsumoto T

    Japan-UCI Meeting on 3D Morphogenesis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月10日 - 2017年7月11日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of California, Irvine, USA   国名:アメリカ合衆国  

  33. アフリカツメガエル胚内部の3次元応力分布の推定

    松本健郎

    日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月19日 - 2017年1月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  34. Estimation of endothelial glycocalyx layer deformation in response to fluid shear stress 国際会議

    Matsumoto T, Takahashi Y, Owaki Y, Nagayama K

    The 16th International Conference on Biomedical Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月7日 - 2016年12月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Singapore   国名:シンガポール共和国  

  35. Estimation of stress distribution in developing Xenopus tail bud 国際会議

    Matsumoto T

    Japan-Austria joint meeting "Understanding the logic behind developmental dynamics" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月28日 - 2016年11月29日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:IST@Klosterneuburg, Austria   国名:オーストリア共和国  

  36. 血管の力学応答を利用した血管機能検査装置の開発 招待有り

    松本健郎

    生体医工学会専門別研究会バイオメカニクス研究会第161回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月3日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:山形   国名:日本国  

  37. 胸大動脈の背腹差について:マルチスケール力学解析とマイクロアレイ解析による検討

    松本健郎,杉田修啓,城野貴洋,飯島慎太郎,長山和亮,松本明郎

    第55回日本生体医工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月26日 - 2016年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  38. 生体組織内力分布を細胞の寸法レベルで明らかにする 招待有り

    松本健郎

    基生研研究会『物理学は生物現象の謎を解けるか』 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月5日 - 2016年1月6日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡崎   国名:日本国  

  39. Heterogeneity in the mechanical environment of elastic laminas in porcine thoracic aortas

    Matsumoto T, Uno Y, Sugita S, Nagayama K

    International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics (ATEM'15) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toyohashi, Japan   国名:日本国  

  40. Dorsal-ventral difference in biomechanical and biochemical properties in the rabbit thoracic aortas 国際会議

    Matsumoto T, Sugita S, Shirono T, Iijima S, Nagayama K, Matsumoto A

    25th Congress of the International Society of Biomechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月12日 - 2015年7月15日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Glasgow, UK   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  41. 動脈硬化血管の力学特性−本当に「硬化」しているのか? 招待有り

    松本健郎

    第47回日本動脈硬化学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月10日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  42. Microscopic heterogeneity in the aortic wall: Correlation between mechanical environment and protein expression 国際会議

    Matsumoto T, Uno Y, Iijima S, Moriyama Y, Sugita S, Nagayama K, Matsumoto A

    Summer Biomechanics, Bioengineering and Biotransport Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月17日 - 2015年6月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Snowbird, UT, USA   国名:アメリカ合衆国  

  43. Mechanical heterogeneity in the aortic wall: from macroscopic to microscopic viewpoint 国際会議

    Matsumoto T

    Joint meeting of 15th International Congress of Biorheology and 8th International Conference on Clinical Hemorheology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月24日 - 2015年5月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Seoul, Korea   国名:大韓民国  

  44. Engineering Approaches toward Estimation of Stress and Strain Distributions in Xenopus Laevis Embryos 国際会議

    Matsumoto T, Naito D, Sugita S, Tamura A, Hara Y, Nagyama K, Ueno N

    MBI-Japan Joint Symposium 2014 "Mechanobiology of Development and Multicellular Dynamics" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月1日 - 2014年12月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Singapore   国名:シンガポール共和国  

  45. Biomechanical analysis of Xenopus laevis embryo during gastrulation 国際会議

    Matsumoto T

    International Scientific Meeting on Biomechanics (ISMB) 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月21日 - 2014年11月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Taipei, Taiwan   国名:台湾  

  46. Biomechanical analyses of Xenopus laevis embryo: Toward estimation of stress and strain distributions during morphogenesis 招待有り

    Matsumoto T

    Morphologic International Symposium (the 62nd NIBB Conference "Force in Development") Morphologic & NIBB Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月16日 - 2014年11月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Okazaki, Japan   国名:日本国  

  47. On heterogeneity of mechanical environment of vascular walls at a cellular level 招待有り 国際会議

    Matsumoto T

    Human Biomechanics 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月15日 - 2014年9月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Pilsen, Czech Republic   国名:チェコ共和国  

  48. On Heterogeneity of the Mechanical Environment in the Aortic wall: Relation between Waviness of Elastic Lamina and Protein Expression 国際会議

    Matsumoto T, Uno Y, Iijima S, Sugita S, Nagayama K

    The Fourth Japan-Switzerland Workshop on Biomechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月1日 - 2014年9月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Shima, Mie, Japan   国名:日本国  

  49. Mechanical Analysis of Aortic Walls Considering Heterogeneity at a Cellular Level 国際会議

    Matsumoto T, Uno Y, Iijima S, Nakamura S, Yokota H, Nagayama K

    The Seventh World Congress of Biomechanics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Boston   国名:日本国  

  50. 血管力学から望む血管不全:動脈硬化早期診断から動脈瘤破裂予測まで 招待有り

    松本健郎

    血管不全研究会第12回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 力を可視化する:張力センサ発現マウスの作出と継代培養可能なセンサ発現細胞の確立

    2021年04月 - 2022年03月

    令和2年度技術開発研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5000000円 ( 直接経費:5000000円 )

  2. 血圧計に組込可能な動脈硬化度計測装置の開発

    2021年03月 - 2022年04月

    2020年度研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5000000円 ( 直接経費:5000000円 )

  3. 検査時間を大幅短縮したFMD検査装置の開発・海外展開

    2016年04月 - 2019年03月

    医工連携事業化推進事業 

    益田 博之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 血管疾患発生機構の解明に向けた組織・細胞・核のメカノトランスダクションの統合解析技術の開発

    2015年04月 - 2021年03月

    革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST) 

    松本健郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:61451000円 ( 直接経費:47270000円 、 間接経費:14181000円 )

科研費 9

  1. 力学負荷によるコラーゲン線維配向誘導を利用した多軸配向線維性組織創出の試み

    研究課題/研究課題番号:20K21887  2020年07月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究補助金  挑戦的研究(萌芽)

    前田 英次郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    腱,血管,椎間板などは損傷すると自己再生しない.自家組織移植による修復には移植片採取回数の限度,移植片採取部の治癒などの問題があり,また現在の人工代替材料を用いた修復術にも生体適合性や長期使用による機能劣化の問題が残る.したがって,適切な生理的・力学的機能を有し,最終的に組織再生を導く人工組織が渇望されている.そこで本研究では腱,血管,椎間板を対象とし,其々に特有の線維配向を模倣し,かつ生理的・力学的機能を有する人工組織を,力学負荷を用いて線維形成・配向誘導と構造体を一体形成する技術開発に挑戦する.

  2. 力学刺激を用いた細胞核内DNA分散誘導による細胞機能制御

    研究課題/研究課題番号:19K22960  2019年06月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究補助金  挑戦的研究(萌芽)

    松本 健郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    遺伝子発現が細胞核内のDNAの物理的な分布の違いに影響されることが認識され始めている.例えば血管平滑筋細胞は組織内ではDNAが核膜付近に集中しているのに対し,数週間培養し増殖が盛んになるとDNAが核内に満遍なく拡がってくる.DNAが核内で満遍なく拡がることによりDNAの2重ラセンが緩みやすく,よってmRNAの合成が生じやすく,結果として蛋白合成,更には増殖が活発になると推定される.そこで本研究では,細胞核を定量的に変形させた後のDNA分布の変化を顕微鏡下で詳細に調べる装置を開発し,核変形によるDNA分散と細胞機能の変化との関係を調べる.
    遺伝子発現が細胞核内のDNAの物理的な分布の違いに影響されることが認識され始めている.例えば血管平滑筋細胞は組織内ではDNAが核膜付近に局在しているのに対し,数週間培養し増殖が盛んになる(脱分化)と,DNAが核内に満遍なく拡がってくる.脱分化細胞ではDNAの2重ラセンが緩みやすく,よってmRNAの合成が生じやすく,結果として蛋白合成,更には増殖が活発になると推定される.ところで我々は,核内DNA分布が核の変形で容易に変化することを見出した.そこで本研究では,細胞核を定量的に変形させた後のDNA分布の変化を顕微鏡下で詳細に調べる装置を開発し,核変形によるDNA分散と細胞機能の変化との関係を調べることを目的として2年に亙る研究を進めている.
    研究初年度である本年度は顕微鏡下観察型刺激負荷装置の試作と評価を行った.具体的にはフォトリソグラフィで作製した細溝を有するシリコーンゴム製の弾性基板を細胞繰返引張負荷用のシリコーンチャンバの底面に貼り付けたものである.細溝は約50μm間隔とし,深さ35μm以上,幅は7.5, 10, 15μmの3条件で作製した.溝を作るための型は高さ35μm以上,幅7.5~15μmの壁が基板の上に平行に何列も並んだ物になるが,そのままでは壁が倒れてしまうために,壁と壁の間を高さは壁と同じで幅10μmの補強壁で150μmおきに繋ぐことにした.試作した基板のマクロな引張量と溝幅の変化量の関係を調べた.何れの条件でもチャンバを1.8倍に伸ばしたときに,溝幅は3倍程度まで拡がり,最小溝幅の7.5μmでも使用する細胞(MC3T3-E1)の平均直径20μmより幅を大きくすることができ,細胞を落とし込むことができた.なお,細胞が溝に落ち込む割合を増やすため,基板表面を2%BSAでコートして細胞の基板接着を抑制することが有効であった.
    初年度に試作した細胞圧縮装置を利用して細胞の機能評価まで行う予定であったが,フォトリソグラフィーによる型の作製に手間取ったため,顕微鏡下観察型刺激負荷装置の試作と評価に留まってしまったため.
    試作した装置を利用してデータの蓄積を進める.また,新たに高解像のZeissの共焦点顕微鏡を導入したので,これを用いて細胞核圧縮に伴う核内DNAの変化を詳細に検討する予定である.

  3. 生物のかたちづくりを利用したものづくり:力学的適応現象を利用した最適構造構築

    研究課題/研究課題番号:18H03752  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:45630000円 ( 直接経費:3510000円 、 間接経費:10530000円 )

  4. 細胞核への力学刺激によるDNAの分散効果を利用した細胞の機能制御の試み

    研究課題/研究課題番号:17K20102  2017年06月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究補助金  挑戦的研究(萌芽)

    松本 健郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    細胞核に力学刺激を加えることで核内DNA分布を変化させ,これで細胞機能を制御することを目指し2年間の研究を行った.まず培養骨芽細胞様細胞MC3T3ーE1の核にマイクロピペットで圧縮刺激を加える実験系を開発し,核を5μm圧縮したところ3分後に核内のクロマチン凝集体の数が減少することが判った,次に一度に多数の細胞核を圧縮するため,微細加工で一辺100μm,深さ10μmの正方形のウェルが多数並んだPDMS製基板を作製し,このウェルにひとつずつ細胞を落とし込み,上からカバーグラスを押し付ける系の試作を試みたが,基板と圧子板の平行度の問題から細胞の圧縮は困難で,この方法は不適切であることが判明した.
    マイクロ流路に細胞を流す実験から細胞核を圧縮することでクロマチン凝集体の数が減少することは判っていたが,5μmの圧縮により3分後に減少するという定量的なデータが得られた点が第1の成果である.また,この場合も凝集体の数の現象が見られたのは押込の中心部だけであり,圧子先端の球の曲率から考えて押込の中心部と周辺部の押込量の差がたかだか0.5μmであることを考えあわせると,圧縮量の僅かの差が凝集体数の減少に決定的な影響を与えることが分かった点が第2の成果と言える.また,ウェルに細胞を落とし込み,上からカバーグラスで圧縮する方式が困難であることが判った点も今後の装置開発において重要な情報と言える.

  5. 細胞の“構造と力の記憶”メカニズムを探る

    研究課題/研究課題番号:16K12865  2016年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究補助金 

    長山 和亮

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者  資金種別:競争的資金

    本研究では細胞の構造と力の記憶メカニズムを探るとともに,その生理的意義を明らかにすることを目的とし,特に細胞老化との関わりに着目しながら2年間の研究を進めてきた.血管平滑筋細胞を対象として,低継代数の細胞と,継代を重ねた細胞を準備し,アクチン細胞骨格の分布様態,細胞張力,細胞の運動特性を調査した.継代数が増えると細胞面積が増加するが,細胞張力が減少し,運動能にも低下が見られた.一方,アクチン細胞骨格を脱重合した後,再び最重合させて,細胞張力の再現力を評価したところ,継代数が進むにつれて再現性が高まる傾向が見られた.細胞の張力や構造の記憶能力が細胞老化に深く関わる可能性が示された.

  6. 3D形態ロジックの国際共同研究を加速するバーチャル研究所

    研究課題/研究課題番号:15K21726  2015年11月 - 2021年03月

    文部科学省  科学研究補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    近藤 滋

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:224387円 ( 直接経費:224387円 )

    国際研究集会
    2019年10月21-22日の日程で、バルセロナのEMBLシステムバイオロジー研究所において、当新学術班とEUの研究所の先端研究者を集めでシンポジウムを開催する予定であった。しかし、開催の週になり、バルセロナで大規模なゼネストが決行され、空港が群衆に占拠されるという事態となり、航空機も多くが欠航になった。先方の研究所から、キャンセルの申し入れがあり、残念ながらそのシンポジウムは深いサイトなった。しかし、その3か月前に、領域代表の近藤が、EMBLを打ち合わせのために訪問しており、日本サイドの研究内容の報告と今後の協力関係についての話し合いを十分に行っている。コロナウイルスの影響が無くなったタイミングで、もう一度、開催する予定である。
    国際研究協力
    各計画班員の国際共同研究状況は、近藤=コスタリカ大、秋山=MBS(米)、オックスフォード大(英)、松野=ベイラー大(米)、メカノバイオロジー研(シンガポール)、マンチェスター大(米)、武田=ハイデルベルグ大(独)、井上=パーデュー大(米)、ルイジアナ州大(米)、大澤=USIC-UAM(米)、香港大(中)、と引き続き順調に続いている。
    近藤とコスタリカ大の共同研究は、これまで、サンプル供給が主であり、コスタリカ大サイドは、論文の著者リストに入っていなかったが、2018年から、研究内容に関しても協力体制が整いつつある。2020年1月には、コスタリカ大学との最初の共著論文を出版することができた。2019秋のコスタリカ遠征では、現地において、昆虫の形態形成に関する研究集会を開催し、情報交換を行うとともに、今後の研究協力について打ち合わせをした。コスタリカ大との共同研究は、本領域研究に必須であり、領域終了後も、引き続き行われる。
    バルセロナでの会議は、ゼネストのためにキャンセルとなってしまったが、そのために行った準備は継続して使用可の状態にあり、コロナ問題が解決したのちに、再決行するということで、EMBLサイドと確約している。また、準備の段階での人的な交流が活発に行われていたため、シンポの遅れ自体は、大きな負の要因とはなっていない。全体的に、国際協力研究は、特に、特別な会を開催することに依存しなくても、自然に継続できる体制になっている。
    本領域の最大の課題である昆虫の外骨格形態形成研究に関しては、サンプル提供の必要があり、コスタリカ大との協力体制を安定に維持することが必要であったが、それは、この国際協力支援費のおかげで、達成することができた。サンプルを国外に持ち出すことは、コスタリカを含む多くの国が厳しく禁止しており、この数年、それは特に難しくなっている。しかし、この5年間の協力体制という実績があるおかげで、2019年も、現地ジャングルにおける最終活動と、サンプルの日本への輸送の許可が下りた。これは、コスタリカ大生物学部のハンソン教授の尽力により可能となったものであり、心より感謝したい。
    上記の通り、バルセロナでの研究集会が中止になったため、現地での開催費用が宙に浮いてしまっている。中止決定直後は、半年後に決行ということでEMBLと話が進んでいたが、コロナのために、いつ開けるかわからない状態にある。ただ、今年度(2021年度)の末頃には、ある程度解除されることを見込んで、開催の準備を進めたい。
    各班員に関しても、海外との協力は、それぞれの班員の研究に無くてはならないものとなっているため、今後も、問題なく継続するだろう。新学術の支援は終わるが、当新学術班は、少なくとも計画班員に関しては、班員間の協力体制が密接であり、バラバラになることはあり得ない。そのため、海外との協力体制も、個人間ではなく集団と集団の関係になっているため、維持することが容易である。今後、班が終了しても、何らかの資金を探して、継続的に国際研究集会を開く計画をしている。
    コスタリカ大学との研究協力は、是非これからも拡大していきたいという現地との合意ができている。せっかくの協力体制なので、今後、昆虫学会、動物学会などで参加者を募り、ツノゼミ以外の研究対象にも広げていきたい。

  7. 新鮮胚内部の応力分布可視化法の確立と形態形成原理の力学的理解

    研究課題/研究課題番号:15H05860  2015年06月 - 2020年03月

    文部科学省  科学研究補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    松本 健郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:81250000円 ( 直接経費:62500000円 、 間接経費:18750000円 )

    生物の発生過程には,ホルモンなどの生化学因子だけでなく,力学因子すなわち胚内部の圧縮・引張力の分布も重要であることが明らかとなってきている.この力分布を明らかにするため,胚を切断した際の断面の凹凸とその面のかたさ分布から断面付近の力分布を求める方法(切断法),胚に微細針を刺入・抜去した後に生じる刺入孔の3次元形状から力分布を求める方法(刺入法)を考案し,発生の実験で良く用いられるアフリカツメガエル胚を対象として実験系を構築した.その結果,胚の内部には圧縮の,表面には引張の力が作用していること,胚が伸張する時期には内部の脊索が強い圧縮力を負担していることなどが明らかとなった.
    発生現象に対する力学因子の影響は,近年その重要性が認識されはじめ,シート状の組織や胚の表面にレーザで穴を開けた際の周辺の組織変形の様子から平面内の力分布を求めることは盛んに行われるようになってきている.しかし,胚内部の3次元的な力分布については,計測方法の欠如から殆ど判っていなかった.そこで我々は,胚を切断したり,微細針を刺入したりした際の組織の3次元的な変形から内部の応力状態を推定する方法を考案し,その有効性を確認した.本法の普及により,胚内部の力分布が明らかとなり,発生に対する力学因子の影響がより深く理解できるようになると期待される.

  8. 生物の3D形態を構築するロジック

    研究課題/研究課題番号:15H05856  2015年06月 - 2020年03月

    文部科学省  科学研究補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    近藤 滋

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    昨年度までの主な共用設備としては、レーザー顕微鏡、ライトシート顕微鏡、2台の3Dプリンター、3Dの計算ソフト、さらに29年度にX線マイクロCT装置(ブルカ製・スカイスキャン1172)を購入し、共用の機器として運用を開始した。この装置は一括購入すると2600万円するため、29年度から3年間で支払いを分割している。(本年度は2年目)設置場所は、大阪大学生命機能研究科の近藤研究室である。大阪大学の近藤研究室、松野研究室の研究に不可欠なものとなっており、平成30年度には、CTのデータを中心とした論文が3報発表された。運用は、近藤研究室内にオペレータを配置し、全班員の要求に答えられるようにシステムになっている。
    その他の総括班費の使途は、通常年度と同じく、全体を統括する事務員の給与、班会議、2回行う合宿費とそれに伴う旅費などである。
    班会議は、計画班員が2名所属する北海道内の会議施設で5月に行った。約150名の参加者があり、活発な議論が行われた。また、前年にUC Irvine で共同会議を行った際の、先方の責任者2名を加えることで、国際的な会になり、非常に好評であった。
    夏冬の合宿に関しては、引き続き、人数を絞り、淡路島で約40名を集めて行った。一人当たりの発表時間を2時間以上取れたことで、十分な議論がなされたと考える。
    班員間の共同研究の状況は非常に活発であり、総括班の活動は順調に推移しており、研究を後押ししている。計画班員のうち准教授2名(大澤、井上)が平成31年4月付で、それぞれ名古屋大学、京都大学の教授に就任しており、助教1名(秋山)も平成31年5月付で明治大学の准教授に昇進している。
    班員間の共同研究の状況は非常に活発であり、総括班の活動は順調に推移していると考えている。唯一、班のHPの機能充実が、当初の計画と比較して遅れていることを、調査官より指摘されており、その点を今後改善したいと考えている。残りの時間が少なくなってきているが、本研究費で支援された機器等は基本的にすべての班員間で共用できる状態を、今後も維持したいと考えているため、この作業は必須である。問題は、カスタムのシステムを構築する際の費用が1000万円単位でかかるうえに、その機能が果たして満足のいくものであるかどうかに確信が持てないことである。最近、非常に簡便にHPをつくれるサービスが出てきており、それをうまく活用することで、必要なものを安価で構築したいと考えている。
    最終年度は、大きな機器の購入はせず、総括班の活動はこれまでに構築したシステムの運用を中心に行っていく。CTスキャン購入費の支払いは平成31年度で終了するが、その後も大阪大学に置き、共用の設備として「旧」班員すべてが使える状況を維持する予定である。現時点で、班員間に非常にたくさんの共同研究が存在していることから、新学術による研究費が無くなった後でも研究組織としての存在を維持するメリットは大きい。HPはそのために不可欠のものであるため、業者に頼らずに、良いものを構築する必要があると考えている。ひとつの方策が、wixという非常に高機能なHPを簡便に作るサービスの利用であり、その使い勝手等を、大阪大学近藤研究室のHPをして、現在確認している状況である。半年使ってみた結果、特に、情報の更新が非常に楽であることから、班全体のHPシステムとして利用する方向で検討を進めている。

  9. 力学的適応機構解明のための生体組織内微視的力学場の3次元解析と生化学場の対比

    研究課題/研究課題番号:15H02209  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究補助金  基盤研究(A)

    松本 健郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:45110000円 ( 直接経費:34700000円 、 間接経費:10410000円 )

    生体組織は受ける力に応じて能動的に自らを作り変える.このメカニズムを明らかにするには組織内に作用する力の大きさを細胞レベルで3次元的に知り,個々の細胞が産生するタンパクとの関係を調べる必要がある.家兎胸大動脈を対象に,内部微細構造の3次元変形の様子を詳しく調べた.その結果,1)弾性板は軸方向引張で軸方向の蛇行が解消され,加圧により円周方向の蛇行も解消され円筒管になること,2)引張に伴うコラーゲンの蛇行度の減少は弾性板層よりも平滑筋層で大きいことなどが判明した.また,弾性板の蛇行が大きい領域ほどアクチンフィラメントが少ない傾向にあることが判った.

▼全件表示

産業財産権 2

  1. 生体情報測定装置

    松本健郎,益田博之

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2018/45306  出願日:2018年12月10日

    出願国:国内  

  2. 生体血管状態測定装置

    松本健郎,狩野雅史,矢口俊之,益田博之,塚原弘政

     詳細を見る

    出願人:(株)ユネクス,名古屋工業大学

    出願番号:特願2014-163986  出願日:2014年8月1日

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 20

  1. 力学Ⅰ

    2020

  2. 基礎セミナーA

    2020

  3. 材料力学第2及び演習

    2020

  4. バイオメカニクス特別実験及び演習B

    2020

  5. バイオメカニクス特別実験及び演習A

    2020

  6. バイオメカニクスセミナー1D

    2020

  7. バイオメカニクスセミナー1C

    2020

  8. バイオメカニクスセミナー1B

    2020

  9. バイオメカニクスセミナー1A

    2020

  10. バイオメカニクスセミナー2E

    2020

  11. 基礎セミナーA

    2019

  12. 力学I

    2019

  13. 材料力学第2及び演習

    2019

  14. 基礎セミナーA

    2018

  15. 材料力学第2及び演習

    2018

  16. 材料科学第3

    2018

  17. 材料科学第3

    2017

  18. 力学II

    2017

  19. 材料科学第3

    2016

  20. 力学II

    2016

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 力学

    2016年4月 - 2016年9月 名古屋工業大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国

 

社会貢献活動 2

  1. 技術顧問

    助言・指導, 情報提供, 調査担当

    LaView株式会社  2017年11月1日 - 現在

  2. 医工連携コーディネータ

    助言・指導

    経済産業省・医工連携コーディネータ協議会  2005年4月1日 - 現在