2021/04/01 更新

写真a

ウチヤマ ミネト
内山 峰人
UCHIYAMA Mineto
所属
大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 高分子化学 講師
大学院工学研究科
工学部 化学生命工学科
職名
講師
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 高分子合成

  2. 高分子化学

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 高分子化学

  2. ナノテク・材料 / 高分子材料

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 精密重合反応の開発と高分子の精密合成

  2. 分解性高分子材料の開発

  3. 新規リビング重合、立体特異性重合の開発

学歴 3

  1. 名古屋大学   工学研究科   化学・生物工学専攻

    2013年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科   化学・生物工学専攻

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学部   化学・生物工学科

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 高分子学会

  2. 日本化学会

  3. アメリカ化学会

委員歴 3

  1. 東海高分子研究会 夏期合宿   幹事  

    2019年8月   

  2. 東海高分子研究会   6月講演会 幹事  

    2018年6月   

  3. 東海高分子研究会   12月講演会幹事  

    2017年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 1

  1. GSCポスター賞

    2017年7月   公益社団法人新化学技術推進協会 グリーン・サステイナブルケミストリーネットワーク会議   可逆的連鎖移動機構によるメタルフリーのリビングカチオン重合系の開発

    内山峰人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 26

  1. Stereospecific cationic RAFT polymerization of bulky vinyl ethers and stereoblock poly(vinyl alcohol) via mechanistic transformation to radical RAFT polymerization of vinyl acetate 査読有り

    M. Uchiyama, K. Satoh, M. Kamigaito

    Giant   5 巻   頁: 100047   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.giant.2021.100047

  2. ポリマーの立体構造制御で物性アップ—キラル触媒を用いた立体選択重合・立体特異性重合

    内山峰人, 上垣外正己

    化学   75 巻 ( (11) ) 頁: 70-71.   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  3. Epoxy-functionalised 4-vinylguaiacol for the synthesis of bio-based, degradable star polymersviaa RAFT/ROCOP strategy 査読有り

    T. M. McGuire, M. Miyajima, M. Uchiyama, A. Buchard, and M. Kamigaito

    POLYMER CHEMISTRY   11 巻 ( 36 ) 頁: 5844-5850   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0py00878h

    Web of Science

  4. Thiol-Ene Cationic and Radical Reactions: Cyclization, Step-Growth, and Concurrent Polymerizations for Thioacetal and Thioether Units 査読有り

    Uchiyama Mineto, Osumi Masahiro, Satoh Kotaro, Kamigaito Masami

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   59 巻 ( 17 ) 頁: 6832-6838   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201915132

    Web of Science

  5. Interconvertible and switchable cationic/PET-RAFT copolymerization triggered by visible light

    Satoh Kotaro, Sun Zhihong, Uchiyama Mineto, Kamigaito Masami, Xu Jiangtao, Boyer Cyrille

    POLYMER JOURNAL   52 巻 ( 1 ) 頁: 65-73   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41428-019-0257-5

    Web of Science

  6. 可逆的連鎖移動機構に基づくリビングカチオン重合による精密高分子合

    内山峰人, 佐藤浩太郎, 上垣外正己

    材料の科学と工学   56 巻 ( 4 ) 頁: 14-17   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Cationic Polymerization via Activation of Alkoxyamines Using Photoredox Catalysts

    Konya Masato, Uchiyama Mineto, Satoh Kotaro, Kamigaito Masami

    CHEMPHOTOCHEM     2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cptc.201900148

    Web of Science

  8. Cooperative reduction of various RAFT polymer terminals using hydrosilane and thiol via polarity reversal catalysis

    Uchiyama Mineto, Satoh Kotaro, Kamigaito Masami

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   55 巻 ( 37 ) 頁: 5327-5330   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9cc00900k

    Web of Science

  9. A User-friendly Living Cationic Polymerization: Degenerative Chaintransfer Polymerization of Vinyl Ethers by Simply Using Mixtures of Weak and Superstrong Protonic Acids 査読有り

    M. Uchiyama, M. Sakaguchi, K. Satoh, and M. Kamigaito,

    Chinese J. Polym. Sci.     頁: in press.   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10118-019-2233-0

  10. Degenerative chain-transfer process: Controlling all chain-growth polymerizations and enabling novel monomer sequences

    M. Kamigaito, K. Satoh, and M. Uchiyama

    J. Polym. Sci., Part A, Polym. Chem.   57 巻 ( 3 ) 頁: 243-254   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pola.29257

    Web of Science

  11. Valencene as a Naturally Occurring Sesquiterpene Monomer for Radical Copolymerization with Meimide to Induce Concurrent 1:1 and 1:2 Propagation 査読有り

    H. Hashimoto, H. Takeshima, T. Nagai, M. Uchiyama, K. Satoh, and M. Kamigaito

    Polym. Degrad. Stab.   161 巻   頁: 183-190   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.polymdegradstab.2019.01.025

  12. Vinyl Ether/Vinyl Ester Copolymerization by Cationic and Radical Interconvertible Simultaneous Polymerization

    K. Satoh, Y. Fujiki, M. Uchiyama, and M. Kamigaito

    ACS Symp. Ser.   ( 1284 ) 頁: 323-334   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bk-2018-1284.ch015

  13. Synthesis of PEVE-b-P(CTFE-alt-EVE) block copolymers by sequential cationic and radical RAFT polymerization

    M. Guerre, M. Uchiyama, G. Lopez, B. Améduri, K. Satoh, M. Kamigaito, and V. Ladmiral

    Polym. Chem.   9 巻 ( 3 ) 頁: 352-361   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7py01924f

    Web of Science

  14. 交換連鎖移動機構に基づく精密重合 査読有り

    上垣外正己、佐藤浩太郎、内山峰人

    高分子   67 巻 ( 1 ) 頁: 30-33   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Diverse approaches to star polymers via cationic and radical RAFT cross-linking reactions using mechanistic transformation

    Uchiyama Mineto, Satoh Kotaro, McKenzie Thomas G., Fu Qiang, Qiao Greg. G., Kamigaito Masami

    POLYMER CHEMISTRY   8 巻 ( 38 ) 頁: 5972-5981   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7py01401e

    Web of Science

  16. One-shot controlled/living copolymerization for various comonomer sequence distributions via dual radical and cationic active species from RAFT terminals

    K. Satoh, H. Hashimoto, S. Kumagai, H. Aoshima, M. Uchiyama. R. Ishibashi, Y. Fujiki, and M. Kamigaito,

    Polym. Chem.   8 巻 ( 34 ) 頁: 5002-5011   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7py00324b

    Web of Science

  17. 可逆的連鎖移動機構によるメタルフリーのリビングカチオン重合 査読有り

    内山峰人, 佐藤浩太郎, 上垣外正己

    日本接着学会誌   53 巻 ( 5 ) 頁: 179-187   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11618/adhesion.53.179

  18. Combination of Cationic and Radical RAFT Polymerizations: A Versatile Route to Well-Defined Poly(ethyl vinyl ether)-block-poly(vinylidene fluoride) Block Copolymers

    Guerre Marc, Uchiyama Mineto, Folgado Enrique, Semsarilar Mona, Ameduri Bruno, Satoh Kotaro, Kamigaito Masami, Ladmiral Vincent

    ACS MACRO LETTERS   6 巻 ( 4 ) 頁: 393-398   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsmacrolett.7b00150

    Web of Science

  19. Diversifying Cationic RAFT Polymerization with Various Counteranions: Generation of Cationic Species from Organic Halides and Various Metal Salts 査読有り

    M. Uchiyama, K. Satoh, and M. Kamigaito

    ACS Macro Lett.   5 巻   頁: 1157-1161   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsmacrolett.6b00541

  20. Beyond Traditional RAFT: Alternative Activation of Thiocarbonylthio Compounds for Controlled Polymerization 査読有り

    T. G. McKenzie, Q. Fu, M. Uchiyama, K. Satoh, J. Xu, C. Boyer, M. Kamigaito, and G. G. Qiao

    Adv. Sci   3 巻   頁: 1500394   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/advs.201500394

  21. Phosphonium Intermediate for Cationic RAFT Polymerization 査読有り

    M. Uchiyama, K. Satoh, and M. Kamigaito

    Polym. Chem.   ( 7 ) 頁: 1387-1396   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c5py01879j

  22. Thioether-Mediated Degenerative Chain-Transfer Cationic Polymerization: A Simple Metal-Free System for Living Cationic Polymerization 査読有り

    M. Uchiyama, K. Satoh, and M. Kamigaito

    Macromolecules   48 巻   頁: 5533-5542   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.5b01341

  23. 炭素—硫黄結合を介する金属触媒フリーの新しいリビングカチオン重合(1)チオエステルを用いたRAFT機構によるカチオン重合 査読有り

    内山峰人, 佐藤浩太郎, 上垣外正己

    日本ゴム協会誌   88 巻   頁: 391–396   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2324/gomu.88.391

  24. 炭素—硫黄結合を介する金属触媒フリーの新しいリビングカチオン重合(2)チオエーテルを用いたDT機構によるカチオン重合 査読有り

    内山峰人, 佐藤浩太郎, 上垣外正己

    日本ゴム協会誌   88 巻   頁: 461–465   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2324/gomu.88.461

  25. Cationic RAFT Polymerization Using ppm Concentrations of Organic Acid 査読有り

    M. Uchiyama, K. Satoh, and M. Kamigaito

    Angew. Chem. Int. Ed.   54 巻   頁: 1924-1928   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201410858

  26. Interconvertible Living Radical and Cationic Polymerization through Reversible Activation of Dormant Species with Dual Activity 査読有り

    H. Aoshima, M. Uchiyama, K. Satoh, and M. Kamigaito

    Angew. Chem. Int. Ed.   53 巻   頁: 10932-10936   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201406590

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. RAFT機構によるリビングカチオン重合 リビングラジカル重合―機能性高分子の合成と応用展開―, 松本章一 監修 , シーエムシー出版

    内山峰人( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 14

  1. チオアセタールへの可逆的連鎖移動に基づくメタルフリーカチオン重合を用いた周期構造制御

    内山峰人, 村上幸大, 大角昌弘, 佐藤浩太郎, 上垣外正己

    第69回高分子討論会  2020年9月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  2. カチオン重合における交換連鎖移動機構を生かした精密高分子設計

    内山峰人・坂口将隆・渡辺大智・佐藤浩太郎・上垣外正己

    第68回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. Metal-free living cationic polymerization based on degenerative chain-transfer mechanism 招待有り 国際会議

    Mineto Uchiyama, Kotaro Satoh, Masami Kamigaito

    ACS Fall 2019 National Meeting & Exposition  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  4. Simultaneous Control of Molecular Weights and Stereo-Structures Using Cationic RAFT Polymerization

    Mineto Uchiyama, Kotaro Satoh, Masami Kamigaito

    The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. メタルフリーカチオンRAFT重合を用いた分子量と立 体構造の同時制御

    内山 峰人・佐藤 浩太郎・上垣外 正己

    高分子学会討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. Development of New Living Cationic Polymerization via Reversible Chain-Transfer Mechansim 招待有り 国際会議

    The 2nd International Meeting of M&M SYNTECH Unit, Dec 17, 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. メタルフリーカチオンRAFT重合に基づく多重構造制御されたポリマーの設計

    内山峰人、佐藤浩太郎、上垣外正己

    第66回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学   国名:日本国  

  8. Metal-Free Cooperative Hydrogenation of RAFT Chain End Using Hydrosilane and Thiol 国際会議

    M. Uchiyama, K. Satoh, H. Ida, and M. Kamigaito

    254nd American Chemical Society National Meeting and Exposition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  9. 可逆的連鎖移動機構によるメタルフリーのリビングカチオン重合系の開発

    内山峰人 、佐藤浩太郎、 上垣外 正己

    第6回JACI/GSCシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. Novel Living Cationic Polymerization via Reversible Chain-Transfer Mechanism

    M. Uchiyama, K. Satoh, and M. Kamigaito

    The 11th SPSJ International Polymer Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. シラン化合物とチオールを用いたRAFT末端の水素化

    内山峰人, 佐藤浩太郎, 上垣外正己、井田大嗣

    第25回ポリマー材料フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 可逆的連鎖移動機構によるメタルフリーリビングカチオン重合

    内山峰人, 佐藤浩太郎, 上垣外正己

    第65回高分子学会討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Novel Living Cationic Polymerization via Reversible Chain-Transfer Mechanism 国際会議

    M. Uchiyama, K. Satoh, and M. Kamigaito

    252nd American Chemical Society National Meeting and Exposition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Philadelphia, PA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  14. カチオンおよびラジカルRAFT重合を用いた星型ポリマーの合成

    内山峰人, 佐藤浩太郎, 上垣外正己

    第65回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. 可逆的連鎖移動に基づくリビングカチオン重合を鍵とする光学活性高分子の精密合成

    2020年4月 - 2022年3月

    公益財団法人 旭硝子財団  研究助成 

    内山峰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  2. 主鎖に硫黄を含む新規分解性高分子材料の開発

    2020年4月 - 2021年3月

    研究助成 

    内山峰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  3. 可逆的的連鎖移動に基づくリビングカチオン重合による主鎖に周期的に分解性ユニットを有するビニルポリマーの合成

    2020年4月 - 2021年3月

    研究助成 

    内山 峰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  4. 可逆的連鎖移動機構に基づくメタルフリーリビングカチオン重合

    2019年8月

    海外調査研究助成 

    内山峰人

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 可逆的連鎖移動機構に基づくメタルフリーリビングカチオン重合系の開発

    2019年8月

    国際交流援助 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 分解性を有する新規含硫黄高分子材料の開発

    2019年

    研究助成 

    内山峰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円

▼全件表示

科研費 4

  1. 炭素ー水素結合の可逆的活性化を鍵とする新規精密重合系の開発

    研究課題/研究課題番号:20K15332  2020年4月 - 2022年3月

    若手研究

    内山 峰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、炭素-水素結合を選択的かつ可逆的に活性化し、生長アニオン種やラジカル種を生成することで、従来困難であった炭素-水素結合の活性化に基づく新規精密アニオン重合およびラジカル重合を達成する。さらに、炭素-水素結合の活性化に基づく重合系の特徴を活かすことで、逐次ラジカル重合系の開発や特殊構造高分子の合成へと展開し、精密制御高分子の新しい合成手法を確立する。

  2. フォト変換マルチアクティブ種による自在な高分子精密合成法の開発

    研究課題/研究課題番号:18KK0158  2018年10月 - 2022年3月

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    佐藤 浩太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、申請者らが開発した「共有結合を炭素原子の電子状態を制御し解離することで、複数のマルチアクティブ種を経由して1本の高分子鎖を形成する」という新しい概念に基づく精密重合系を、国際共同研究を通じて、さらに推進・発展することを目的とする。本年は、とくに以下の点について検討を行った。
    フォト変換マルチアクティブ種によるカチオン/ラジカル重合系の開発:本申請者らが報告した活性種変換リビングカチオン・ラジカル重合に対して、国際共同研究者が報告したPET-RAFT重合を適用し、光刺激を用いたマルチアクティブ種の生成制御についての可能性について検証を開始した。昨年度には本申請者と共同若手研究者が、国際共同研究者らの研究拠点である豪州ニューサウスウェールズ大学にて、実際に実験を通じてPET-RAFT重合光触媒の取り扱いや重合手法についてのノウハウを習得するにあたり、まずは予備検討を完了し、豪州ニューサウスウェールズ大学にて、実際に実験を行う準備が整った。また、本代表者の異動があり、新たな環境で同様の研究を推進するための整備を行った。今年度、光触媒として、近年有機合成分野でも注目されている光レドックス触媒や光有機触媒などについて検討するとともに、カチオン重合触媒であるルイス酸との組み合わせについて検討し、PET-RAFTによる活性種変換リビングカチオン・ラジカル重合の可能性を検証した。昨年反応の再現性が乏しく、反応容器の変更や光照射量を制御することで、概ね予想通りの反応が進行することがわかりつつあったが、本年度、さらに実証を重ね、再現性の獲得に成功し、予備検討の成果をもとに論文を投稿し掲載された。今後の訪問研究において、この重合系における種々のモノマーを検討、その適用範囲を明確にするとともに、様々な構造の高分子の合成し、重合手法として確立・本重合系の有用性を見極める。
    昨年度まで先方への研究訪問に向けた予備検討において、当初、反応の再現性に乏しかったが、反応容器の変更や光照射量を制御することで、再現性がとれることがわかった。これにより、予備検討結果をまとめることができた。次年度には豪州ニューサウスウェールズ大学における訪問研究により推進できる。
    世界情勢の影響もあるが、豪州ニューサウスウェールズ大学への訪問研究を実施する。訪問に際しては、先方の事情も加味した上で時期を決定し、共同研究の加速に努める。実際に実験を通じてPET-RAFT重合光触媒の取り扱いや重合手法についてのノウハウを習得するとともに、誘起型自己組織化(PISA)による特有のナノスケール構造体の合成手法・分析手法も習得する。

  3. 多様な機構に基づく炭素-硫黄結合の可逆的活性化を鍵とする特殊構造高分子の合成

    研究課題/研究課題番号:18K14274  2018年4月 - 2020年3月

    若手研究

    内山 峰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、炭素-硫黄結合を介した異種の重合反応の組み合わせにより、分子量に加え、周期構造や立体構造など自在に制御可能な重合系の開発を目的とした。選択的な炭素-硫黄結合の形成に基づく逐次カチオン/ラジカル重合系の開発や、この逐次重合や開環重合を炭素-硫黄結合の可逆的連鎖移動に基づくリビングカチオン重合と組み合わせることで、さまざまな周期構造制御を達成した。
    さらに、炭素-硫黄結合への可逆的連鎖移動に基づく分子量制御を不斉カチオン重合に組み込むことで、主鎖の不斉と分子量の同時制御可能な不斉リビングカチオン重合系を開発した。
    本研究では、炭素-硫黄結合の活性化や結合形成などに基づく連鎖重合や逐次重合、開環重合など複数の重合反応を組み合わせることで、新規精密重合手法を確立した。従来の手法では困難であった高分子の周期構造の精密制御が可能となり、学術的にも興味深く、この新規重合系の特徴を生かすことで、これまでにない高分子材料の設計が可能となる。とくに、主鎖中に周期的に炭素-硫黄結合は新しい分解性高分子材料として期待でき、環境問題の解決にも貢献できると考えられる。さらに、不斉リビングカチオン重合により、光学活性高分子の設計・合成が可能であり、光学分割材料への応用も期待できる。

  4. 可逆的連鎖移動機構に基づくカチオン重合を用いた多重構造制御

    研究課題/研究課題番号:16H06863  2016年8月 - 2018年3月

    内山 峰人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    本研究では、カチオン重合における多重構造制御を目的とし、可逆的連鎖移動機構に基づく分子量制御に、他の方法による構造制御を組み合わせることで、高分子構造の同時制御可能な新規重合系の開発を検討した。可逆的連鎖移動に基づくカチオン重合に、嵩高いモノマーあるいは嵩高い対アニオンを用いた立体特異性カチオン重合を組み合わせることで、分子量と立体構造の同時制御可能な立体特異性リビングカチオン重合が、不斉カチオン重合と組み合わせることで、不斉リビングカチオン重合がそれぞれ可能であることを見出した。さらに、ラジカルRAFT重合と組み合わせることで、これらの組み合わせに特徴的な星型高分子の合成手法を確立した。

産業財産権 1

  1. ビニルエステルとビニルエーテルの共重合体、およびその製造方法

    上垣外正己, 佐藤浩太郎, 内山峰人, 井田大嗣

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学、株式会社クラレ

    出願番号:特願2012-110600  出願日:2012年5月

    公開番号:特開2013-237748  公開日:2013年11月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 29

  1. 化学生命工学実験4

    2020

  2. 有機化学2及び演習

    2020

  3. 化学生命工学実験4

    2020

  4. 高分子化学特別実験及び演習Ⅱ

    2020

  5. 高分子化学特別実験及び演習Ⅰ

    2020

  6. 高分子化学セミナー1D

    2020

  7. 高分子化学セミナー1C

    2020

  8. 高分子化学セミナー1B

    2020

  9. 高分子化学セミナー1A

    2020

  10. 有機・高分子化学基礎論

    2020

  11. 化学生命工学実験2

    2020

  12. 卒業研究A

    2020

  13. 化学生命工学演習2

    2020

  14. 化学生命工学演習1

    2020

  15. 卒業研究B

    2020

  16. 化学生命工学実験2

    2019

  17. 化学生命工学実験4

    2019

  18. 有機化学2及び演習

    2019

  19. 有機化学2および演習

    2018

  20. 有機化学実験第1

    2018

  21. 有機化学演習第2

    2018

  22. 有機化学実験第2

    2018

  23. 有機化学演習第1

    2017

  24. 有機化学実験第1

    2017

  25. 有機化学2および演習

    2017

  26. 有機化学実験第2

    2017

  27. 有機化学演習第2

    2016

  28. 有機化学実験第2

    2016

  29. 有機化学実験第1

    2016

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 平成28年度名古屋大学オープンキャンパス

    2016年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:施設一般公開