2022/05/12 更新

写真a

ニイミ キヨアキ
新美 清章
NIIMI Kiyoaki
所属
医学部附属病院 血管外科 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
助教

学位 1

  1. 医学博士 ( 2010年5月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学

 

論文 11

  1. Preoperative sarcopenia and malnutrition are correlated with poor long-term survival after endovascular abdominal aortic aneurysm repair

    Ikeda Shuta, Kodama Akio, Kawai Yohei, Tsuruoka Takuya, Sugimoto Masayuki, Niimi Kiyoaki, Banno Hiroshi, Komori Kimihiro

    SURGERY TODAY   52 巻 ( 1 ) 頁: 98 - 105   2022年1月

     詳細を見る

  2. Clinical Research Clinical Comparison between Early and Late Spontaneous Sac Shrinkage after Endovascular Aortic Aneurysm Repair

    Sugimoto Masayuki, Banno Hiroshi, Sato Tomohiro, Ikeda Shuuta, Tsuruoka Takuya, Kawai Yohei, Niimi Kiyoaki, Kodama Akio, Komori Kimihiro

    ANNALS OF VASCULAR SURGERY   75 巻   頁: 420 - 429   2021年8月

     詳細を見る

  3. Time-to-Event Analysis of the Impact of Endovascular Aortic Aneurysm Repair on Chronic Renal Decline

    Sugimoto Masayuki, Banno Hiroshi, Sato Tomohiro, Ikeda Shuuta, Tsuruoka Takuya, Kawai Yohei, Niimi Kiyoaki, Kodama Akio, Komori Kimihiro

    ANNALS OF VASCULAR SURGERY   74 巻   頁: 165 - 175   2021年7月

     詳細を見る

  4. Clinical Comparison Between Early and Late Spontaneous Sac Shrinkage After Endovascular Aortic Aneurysm Repair

    Sugimoto Masayuki, Ikeda Shuta, Kawai Yohei, Tsuruoka Takuya, Niimi Kiyoaki, Kodama Akio, Banno Hiroshi, Komori Kimihiro

    JOURNAL OF VASCULAR SURGERY   72 巻 ( 1 ) 頁: E188 - E189   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  5. Associations of nutritional status and muscle size with mortality after open aortic aneurysm repair

    Kodama Akio, Takahashi Noriko, Sugimoto Masayuki, Niimi Kiyoaki, Banno Hiroshi, Komori Kimihiro

    JOURNAL OF VASCULAR SURGERY   70 巻 ( 5 ) 頁: 1585 - 1593   2019年11月

     詳細を見る

  6. Effect of Intraoperative Division of the Left Renal Vein on the Fate of Renal Function and Left Renal Volume After Open Repair of Para- and Juxtarenal Aortic Aneurysm

    Sugimoto Masayuki, Takahashi Noriko, Niimi Kiyoaki, Kodama Akio, Banno Hiroshi, Komori Kimihiro

    CIRCULATION JOURNAL   83 巻 ( 9 ) 頁: 1844 - 1850   2019年9月

     詳細を見る

  7. Proximal Bare Stent May Reduce Bird-Beak Configuration, Which is Associated with Distal Migration of Stent Graft in the Aortic Arch

    Banno Hiroshi, Akita Naohiro, Fujii Takayuki, Tsuruoka Takuya, Takahashi Noriko, Sugimoto Masayuki, Niimi Kiyoaki, Komori Kimihiro

    ANNALS OF VASCULAR SURGERY   56 巻   頁: 108 - 113   2019年4月

     詳細を見る

  8. Anatomical Suitability of the GORE EXCLUDER Iliac Branch Endoprosthesis in Japanese Patients with Common Iliac Aneurysms Treated by Standard EXCLUDER Endografts

    Sugimoto Masayuki, Takahashi Noriko, Niimi Kiyoaki, Kodama Akio, Banno Hiroshi, Komori Kimihiro

    ANNALS OF VASCULAR SURGERY   50 巻   頁: 179 - 185   2018年7月

     詳細を見る

  9. Aneurysm Sac Thrombus Volume Predicts Endoleak With Aneurysm Expansion After Endovascular Aneurysm Repair

    Fujii Takayuki, Banno Hiroshi, Takahashi Noriko, Sugimoto Masayuki, Niimi Kiyoaki, Komori Kimihiro

    JOURNAL OF VASCULAR SURGERY   67 巻 ( 6 ) 頁: E80 - E80   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  10. Long-term fate of renal function after open surgery for juxtarenal and pararenal aortic aneurysm

    Sugimoto Masayuki, Takahashi Noriko, Niimi Kiyoaki, Kodama Akio, Banno Hiroshi, Komori Kimihiro

    JOURNAL OF VASCULAR SURGERY   67 巻 ( 4 ) 頁: 1042 - 1050   2018年4月

     詳細を見る

  11. Association Between Preoperative Frailty and Mortality in Patients With Critical Limb Ischemia Following Infrainguinal Bypass Surgery - Usefulness of the Barthel Index -

    Kodama Akio, Koyama Akio, Sugimoto Masayuki, Niimi Kiyoaki, Banno Hiroshi, Komori Kimihiro

    CIRCULATION JOURNAL   82 巻 ( 1 ) 頁: 267 - 274   2018年1月

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. リンパ浮腫 査読有り

    新美清章( 担当: 共著)

    医学書院  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:928-930   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

講演・口頭発表等 1

  1. VTE診療におけるDVTスクリーニングとDダイマー測定の意義について

    新美 清章

    日本静脈学会  2020年6月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

科研費 2

  1. 大動脈瘤抑制のための血流改変モデルの解析

    研究課題/研究課題番号:21K08841  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    新美 清章, 古森 公浩, 坂野 比呂志, 児玉 章朗

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    腹部大動脈瘤は下肢の動脈瘤も含め、動脈の分岐点で乱流の生じやすい部位に好発し、腹部大動脈瘤は多くは大動脈分岐上、総腸骨動脈瘤や総大腿動脈瘤も同様に分岐直上にできる。一方、直線状になっている外腸骨動脈や浅大腿動脈の瘤化はほとんどない。本研究の目的は、大動脈瘤抑制のための血流改変モデルを作製解析することで腹部大動脈瘤形成および進展のメカニズムを明らかにし、その上で新たな血管病の治療戦略を呈示することにある。

  2. 活性型ビタミンD投与による大動脈瘤形成抑制効果の検討

    研究課題/研究課題番号:17K10753  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    新美 清章, 古森 公浩, 坂野 比呂志, 杉本 昌之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    calsitriol投与でMCP-1の遺伝子発現抑制を示せた一方で、エラスチンを主成分とする弾性繊維などの細胞外マトリックスの分解を促進するMMP-9や炎症メディエーターのIL-1bとMMP-9では遺伝子発現を促進する結果となり、calcitriolのマクロファージに対する抗炎症効果は確認できず、活性型ビタミンDの動脈瘤抑制効果は認めなかった。一方、モデルの過程で、ぜんそく治療薬であるモンテルカストでのマウスの実験で動脈瘤抑制効果を認めた。
    今回当初目的としたcalsitriolが大動脈瘤の原因となる炎症メディエータの抑制効果を示せなかったが、研究の過程で腹部大動脈瘤モデルマウスの確立(イソフルレンにて麻酔したマウスの皮下に浸透圧ポンプを植え込み、アンギオテンシンⅡを1000ng/kg/minの容量で28日間投与)、さらに喘息治療薬であるロイコトリエン拮抗薬のモンテルカストで大動脈瘤抑制効果をマウスで確認できたことは今後の動脈瘤治療への1つの方向性を示すことができ、またマウスの動脈瘤モデル作製に精通したことより、今後の研究に生かせる意義がある。