2021/03/16 更新

写真a

オオスカ サトコ
大須賀 智子
OSUKA Satoko
所属
医学部附属病院 総合周産期母子医療センター 生殖周産期部門 講師
職名
講師

学位 1

  1. 医学博士 ( 2017年5月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 産婦人科学  / 産婦人科学

 

論文 31

  1. Reduced response to controlled ovarian stimulation after radical trachelectomy: A pitfall of fertility-sparing surgery for cervical cancer

    Tamauchi Satoshi, Kajiyama Hiroaki, Osuka Satoko, Moriyama Yoshinori, Yoshihara Masato, Kikkawa Fumitaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGY & OBSTETRICS     2021年1月

     詳細を見る

  2. Very Low Levels of Serum Anti-Mullerian Hormone as a Possible Marker for Follicle Growth in Patients with Primary Ovarian Insufficiency Under Hormone Replacement Therapy

    Kasahara Yukiyo, Osuka Satoko, Bayasula, Nakanishi Natsuki, Murase Tomohiko, Nakamura Tomoko, Goto Maki, Kotani Tomomi, Iwase Akira, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   28 巻 ( 1 ) 頁: 31 - 36   2021年1月

  3. Focal Adhesion Kinase-Mediated Sequences, Including Cell Adhesion, Inflammatory Response, and Fibrosis, as a Therapeutic Target in Endometriosis

    Nagai Takashi, Ishida Chiharu, Nakamura Tomoko, Iwase Akira, Mori Masahiko, Murase Tomohiko, Bayasula, Osuka Satoko, Takikawa Sachiko, Goto Maki, Kotani Tomomi, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   27 巻 ( 7 ) 頁: 1400 - 1410   2020年7月

  4. The Function of POTEF in Human Granulosa Cells, an Antigen for Ovarian Autoimmunity, in POI Patients.

    Kasahara Yukiyo, Osuka Satoko, Takasaki Nobuyoshi, Wei Wei, Nakanishi Natsuki, Bayasula Bayasula, Nakamura Tomoko, Murase Tomohiko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   27 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 199A - 199A   2020年3月

     詳細を見る

  5. Primary Follicles Suppress the Growth of Primordial Follicles.

    Wei Wei, Komatsu Kouji, Murase Tomohiko, Sonehara Reina, Miyake Natsuki, Murakami Mayuko, Ganieva Umida, Bayasula Bayasula, Yoshita Sayako, Muraoka Ayako, Hayashi Shotaro, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Takasaki Nobuyoshi, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   27 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 283A - 283A   2020年3月

     詳細を見る

  6. Expressions and Effects of Phoenixin and Its Receptor GPR173 During the Human Menstrual Cycle.

    Xuan Phuoc Nguyen, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Bayasula Bayasula, Muraoka Ayako, Hayashi Shotaro, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Murase Tomohiko, Goto Maki, Iwase Akira, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   27 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 281A - 281A   2020年3月

     詳細を見る

  7. Exogenous Anti-AMHRII Antibody Treatment Induces Follicular Development in Sliced Ovarian Tissue Cultures.

    Murase Tomohiko, Komatsu Kouji, Wei Wei, Sonehara Reina, Miyake Natsuki, Murakami Mayuko, Umida Ganieva, Bayasula Bayasula, Yoshita Sayako, Muraoka Ayako, Hayashi Shotaro, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Nguyen Phuoc X., Takasaki Nobuyoshi, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   27 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 367A - 367A   2020年3月

     詳細を見る

  8. Effect of Unkeito, a Traditional Herbal Medicine, on a Rat Model of Polycystic Ovary Syndrome.

    Yoshita Sayako, Osuka Satoko, Sonehara Reina, Miyake Natsuki, Murakami Mayuko, Wei Wei, Hayashi Shotaro, Muraoka Ayako, Ganieva Umida, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Bayasula Bayasula, Takasaki Nobuyoshi, Murase Tomohiko, Nakamura Tomoko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   27 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 191A - 192A   2020年3月

     詳細を見る

  9. Discovery and Quantification of Novel Markers of Primary Ovarian Insufficiency.

    Osuka Satoko, Kasahara Yukiyo, Takasaki Nobuyoshi, Sula Baya, Yoshita Sayako, Nakanishi Natsuki, Murase Tomohiko, Nakamura Tomoko, Goto Maki, Iwase Akira, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   27 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 358A - 358A   2020年3月

     詳細を見る

  10. Differential Gene Expression and DNA Methylation Analysis of Oocytes from a Mouse Model of Polycystic Ovarian Syndrome.

    Nakanishi Natsuki, Osuka Satoko, Sonehara Reina, Miyake Natsuki, Murakami Mayuko, Wei Wei, Ganieva Umida, Hayashi Shotaro, Muraoka Ayako, Yoshita Sayako, Kasahara Yukiyo, Bayasula Bayasula, Takasaki Nobuyoshi, Murase Tomohiko, Nakamura Tomoko, Maki Goto, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   27 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 272A - 273A   2020年3月

     詳細を見る

  11. Involvement of Transcription Factor 21 in the Pathogenesis of Fibrosis in Endometriosis

    Ganieva Umida, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Bayasula, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Takasaki Nobuyoshi, Muraoka Ayako, Hayashi Shotaro, Nagai Takashi, Murase Tomohiko, Goto Maki, Iwase Akira, Kikkawa Fumitaka

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   190 巻 ( 1 ) 頁: 145 - 157   2020年1月

  12. Uterine adenomyosis is an oligoclonal disorder associated with KRAS mutations

    Inoue Satoshi, Hirota Yasushi, Ueno Toshihide, Fukui Yamato, Yoshida Emiko, Hayashi Takuo, Kojima Shinya, Takeyama Reina, Hashimoto Taiki, Kiyono Tohru, Ikemura Masako, Taguchi Ayumi, Tanaka Tomoki, Tanaka Yosuke, Sakata Seiji, Takeuchi Kengo, Muraoka Ayako, Osuka Satoko, Saito Tsuyoshi, Oda Katsutoshi, Osuga Yutaka, Terao Yasuhisa, Kawazu Masahito, Mano Hiroyuki

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻   2019年12月

  13. REDUCED RESPONSE TO CONTROLLED OVARIAN STIMULATION AFTER RADICAL TRACHELECTOMY

    Tamauchi S., Kajiyama H., Osuka S., Moriyama Y., Yoshihara M., Iyoshi S., Yoshida K., Ikeda Y., Yoshikawa N., Nishino K., Niimi K., Suzuki S., Kikkawa F.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   29 巻   頁: A269 - A270   2019年11月

  14. Adverse effects of endometriosis on pregnancy: a case-control study

    Miura Mayo, Ushida Takafumi, Imai Kenji, Wang Jingwen, Moriyama Yoshinori, Nakano-Kobayashi Tomoko, Osuka Satoko, Kikkawa Fumitaka, Kotani Tomomi

    BMC PREGNANCY AND CHILDBIRTH   19 巻 ( 1 )   2019年10月

  15. Upregulation of Fibroblast Growth Factors Caused by Heart and Neural Crest Derivatives Expressed 2 Suppression in Endometriotic Cells: A Possible Therapeutic Target in Endometriosis

    Kato Nao, Iwase Akira, Ishida Chiharu, Nagai Takashi, Mori Masahiko, Bayasula, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Ganiyeva Umida, Qin Ying, Miki Rika, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   26 巻 ( 7 ) 頁: 979 - 987   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1933719118802053

    Web of Science

    PubMed

  16. Effect of the neuropeptide phoenixin and its receptor GPR173 during folliculogenesis

    Xuan Phuoc Nguyen, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Bayasula Bayasula, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Muraoka Ayako, Hayashi Shotaro, Nagai Takashi, Murase Tomohiko, Goto Maki, Iwase Akira, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTION   158 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 34   2019年7月

     詳細を見る

  17. Molecular mechanism of FSHR expression induced by BMP15 in human granulosa cells

    Shimizu Ken, Nakamura Tomoko, Bayasula, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Nagai Takashi, Murase Tomohiko, Osuka Satoko, Goto Maki, Iwase Akira, Kikkawa Fumitaka

    JOURNAL OF ASSISTED REPRODUCTION AND GENETICS   36 巻 ( 6 ) 頁: 1185 - 1194   2019年6月

  18. Animal models of polycystic ovary syndrome: A review of hormone-induced rodent models focused on hypothalamus-pituitary-ovary axis and neuropeptides

    Osuka Satoko, Nakanishi Natsuki, Murase Tomohiko, Nakamura Tomoko, Goto Maki, Iwase Akira, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE MEDICINE AND BIOLOGY   18 巻 ( 2 ) 頁: 151 - 160   2019年4月

     詳細を見る

  19. Protective effects of mangafodipir against chemotherapy-induced ovarian damage in mice

    Qin Ying, Iwase Akira, Murase Tomohiko, Bayasula, Ishida Chiharu, Kato Nao, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Takikawa Sachiko, Goto Maki, Kotani Tomomi, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE BIOLOGY AND ENDOCRINOLOGY   16 巻 ( 1 ) 頁: 106   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12958-018-0426-y

    Web of Science

    PubMed

  20. TCF21 REGULATION OF PERIOSTIN IN THE PROGRESSION OF ENDOMETRIOTIC FIBROSIS.

    Ganieva U., Nakamura T., Nguyen P. X., Wei W., Murakami M., Miyake N., Nakanishi N., Kasahara Y., Takasaki N., Muraoka A., Hayashi S., Nagai T., Murase T., Osuka S., Goto M., Iwase A.

    FERTILITY AND STERILITY   110 巻 ( 4 ) 頁: E393-E393   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Thyroid Autoantibodies do not Impair the Ovarian Reserve in Euthyroid Infertile Women: A Cross-Sectional Study

    Osuka Satoko, Iwase Akira, Goto Maki, Takikawa Sachiko, Nakamura Tomoko, Murase Tomohiko, Kato Nao, Bayasula, Kotani Tomomi, Kikkawa Fumitaka

    HORMONE AND METABOLIC RESEARCH   50 巻 ( 7 ) 頁: 537 - 542   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/a-0637-9430

    Web of Science

    PubMed

  22. Neuropeptide phoenixin (PNX) and its novel receptor GPR173 induce COX-1/COX-2 expression and PGE2 production through the CREB signaling pathway

    Nguyen X. P., Iwase A., Murase T., Ganieva U., Qin Y., Bayasula B., Shimizu K., Osuka S., Nakamura T., Goto M., Kikkawa F.

    HUMAN REPRODUCTION   33 巻   頁: 287-287   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  23. Clinical application of serum anti-Mullerian hormone as an ovarian reserve marker: A review of recent studies

    Iwase Akira, Osuka Satoko, Goto Maki, Murase Tomohiko, Nakamura Tomoko, Takikawa Sachiko, Kikkawa Fumitaka

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   44 巻 ( 6 ) 頁: 998 - 1006   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jog.13633

    Web of Science

    PubMed

  24. Directive Action of Neuropeptide Phoenixin and Its Receptor GPR173 during Folliculogenesis.

    Nguyen Phuoc X., Iwase Akira, Murase Tomohiko, Ganieva Umida, Qin Ying, Bayasula Bayasula, Shimizu Ken, Osuka Satoko, Nakamura Tomoko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   25 巻   頁: 321A-322A   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  25. Exogenous GDF-9 Treatment Induces Follicular Development through Downregulation of Anti-Mullerian Hormone Receptor as Visualized in the Sliced Ovarian Tissue Culture System.

    Murase Tomohiko, Iwase Akira, Komatsu Kouji, Wei Wei, Ganieva Umida, Bayasula Bayasula, Nguyen Phuoc X., Yoshita Sayako, Qin Ying, Muraoka Ayako, Hayashi Shotaro, Kasahara Yukiyo, Nakanishi Natsuki, Nagai Takashi, Shimizu Ken, Ishida Chiharu, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   25 巻   頁: 177A-177A   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  26. Follicle dynamics: visualization and analysis of follicle growth and maturation using murine ovarian tissue culture

    Murase Tomohiko, Iwase Akira, Komatsu Kouji, Bayasula, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Takikawa Sachiko, Goto Maki, Kotani Tomomi, Kikkawa Fumitaka

    JOURNAL OF ASSISTED REPRODUCTION AND GENETICS   35 巻 ( 2 ) 頁: 339 - 343   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10815-017-1073-5

    Web of Science

    PubMed

  27. Retrospective analysis of magnetic resonance imaging for differentiating intraligamentous leiomyomas from subserosal leiomyomas

    Shimizu Ken, Iwase Akira, Sakurai Yusuke, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Takikawa Sachiko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    EUROPEAN JOURNAL OF OBSTETRICS & GYNECOLOGY AND REPRODUCTIVE BIOLOGY   215 巻   頁: 256 - 257   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejogrb.2017.06.046

    Web of Science

    PubMed

  28. Mass Spectrometry Analysis of Ovarian Autoimmunity in Spontaneous Primary Ovarian Insufficiency (POI) Patients.

    Osuka Satoko, Iwase Akira, Kasahara Yukiyo, Murase Tomohiko, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   24 巻   頁: 292A-293A   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  29. Growth Differentiation Factor 9 Induces Granulosa Cell Proliferation via Inhibition of the Expression of AMH Type II Receptor.

    Iwase Akira, Osuka Satoko, Bayasula Bayasula, Takikawa Sachiko, Murase Tomohiko, Nakamura Tomoko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   24 巻   頁: 163A-163A   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  30. Analysis of Follicular Growth and Oocyte Maturation in Cultured Murine Ovarian Tissue.

    Murase Tomohiko, Iwase Akira, Nguyen Phuoc Xuan, Ganieva Umida, Qin Ying, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Nagai Takashi, Shimizu Ken, Ishida Chiharu, Kato Nao, Osuka Satoko, Nakamura Tomoko, Takikawa Sachiko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   24 巻   頁: 292A-292A   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  31. Kisspeptin in the Hypothalamus of 2 Rat Models of Polycystic Ovary Syndrome

    Osuka Satoko, Iwase Akira, Nakahara Tatsuo, Kondo Mika, Saito Ai, Bayasula, Nakamura Tomoko, Takikawa Sachiko, Goto Maki, Kotani Tomomi, Kikkawa Fumitaka

    ENDOCRINOLOGY   158 巻 ( 2 ) 頁: 367 - 377   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2016-1333

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

科研費 5

  1. 新規自己抗体標的抗原に着目した自己免疫関連生殖機能障害の病態解明と早期診断法確立

    研究課題/研究課題番号:20H03819  2020年04月 - 2024年03月

    岩瀬 明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    不妊症・不育症には自己免疫疾患が合併することがあるが、その詳細は不明である。我々は患者血清中に存在する自己抗体とその標的タンパクProstate, ovary, testis, ankyrin domain family member F (POTEF)を同定した。POTEFは卵巣、胎盤に特異性高く発現し、自己免疫機序によるPOTEFの障害が卵巣機能不全、反復流産の病態であるという仮説をたてた。
    卵巣、胎盤におけるPOTEFの機能解析を行うとともに、抗POTE抗体をマウスに投与し、自己免疫機序による病態の再現が可能かどうか検証する。抗POTEF抗体のアッセイ系を用い臨床的検討もあわせて行う。

  2. 顆粒膜細胞障害に着目した子宮内膜症における卵胞発育障害の解明

    研究課題/研究課題番号:20K09615  2020年04月 - 2023年03月

    中村 智子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    内膜症による卵胞発育障害の機序を、炎症と線維化による顆粒膜細胞障害から解明し、排卵を抑制しない新規内膜症治療薬の開発を目的とする。機序の解明に際し、効果的な阻害剤や補充療法を選定し、マウスモデルを用いて新規治療薬としての効果判定を行う。他疾患と共通する機序が見出されれば、既存の臨床治療薬が内膜症治療に応用可能か調べる。さらに内膜症に限らず、同じく線維化が主病態である卵巣の加齢・早発機能不全(POF)・がん生殖においても卵胞機能保全の方策の一助とする。

  3. 臓器連関に着目した多嚢胞性卵巣症候群の病態解析と新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K18217  2020年04月 - 2023年03月

    若手研究

    大須賀 智子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    PCOSはその多彩な症状のため、病因の詳細は不明であるため対症療法が主であり、根本的な治療法の開発には至っていない。近年、糖質・脂質代謝調節などの疾患おいて臓器連関の関与が着目されており、多臓器で代謝異常や内分泌異常を呈するPCOSでは、このような臓器間のネットワークがその病態において重要な役割をもつ可能性が高い。本研究では、生殖生理・内分泌を制御する視床下部-下垂体-卵巣軸に加え、肝臓、筋肉、骨、消化管など、これらをとりまく複数の臓器から分泌される因子に着目した解析により、新規治療につながるようなPCOSの病態解明をめざす。

  4. リプロダクティブヘルスケア/ライツ啓発を組み入れた新規早発卵巣不全予測法の検証

    研究課題/研究課題番号:20K11508  2020年04月 - 2023年03月

    後藤 真紀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    若い世代への加齢による卵の質の低下や卵巣予備能の啓発は重要である。また早発卵巣不全という疾患は40 歳未満で 1-2/100の発症率と稀な疾患ではないが、原因不明であり発症後の治療や自己卵子での妊娠が非常に困難となる疾患である。本研究では講義形式のみの受動的な啓発手法に加えて、能動的に卵巣予備能を測定し自身の卵巣予備能について認識してもらう啓発プログラムの有効性を検証し、早発卵巣不全ハイリスク患者の抽出とリスク因子を解析することで、早発卵巣不全の早期発見を可能にするスクリーニング法の開発と検証を同時に行う。

  5. 胎児環境によるエピジェネティック変化を標的としたPCOS新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17K16844  2017年04月 - 2021年03月

    大須賀 智子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS) の新規治療ターゲットを解析するため、胎生期アンドロゲン投与により作成したPCOSモデルについて、DNAメチル化変化に着目し、これまでヒトやモデル動物で網羅的な解析の行われていない臓器である視床下部と肝臓における解析を行った。
    モデルラットは胎生16-19日目に経母体DHT投与により作成した。PCOS様表現型として、性周期の異常と血清LH (luteinizing hormone) 値高値、卵巣の多嚢胞化所見を確認した。視床下部と肝臓について、DNAメチル化解析、RNA-seqによる遺伝子発現変動の解析を施行した。
    プロモーター領域のDNAメチル化変化の解析では、モデルにおいてコントロールに比して高メチル化を示した遺伝子は視床下部で500、肝臓で200、内共通する遺伝子は20であった。低メチル化を示した遺伝子は視床下部で424、肝臓で186、内共通する遺伝子は12であった。RNA-seqにおける発現変動遺伝子 (FC>2, p<0.05) 数は視床下部で12、肝臓で57、内共通したものは3遺伝子であった。視床下部と肝臓で共通して変化を示した遺伝子では、メチル化変化と発現変動遺伝子との関連は示されなかった。メチル化変化と発現変動を示した遺伝子は、視床下部でVglut1 (高メチル化/発現低下)、Bcmo1 (低メチル化/発現低下)が認められた。さらに、肝臓のRNA-seqにおいて、遺伝子発現変動のみられたアディポカイン・ヘパトカインにLect2、Rbp4が認められた。このうちRBP4は、ELISA (enzyme-linked immunosorbent assay) にて血清濃度の上昇が確認された。
    モデル動物の作成と、DNAメチル化解析、RNA-seqによる発現解析とそれらの比較を施行し、治療標的となる可能性のある分子の候補を選出することができた。一方で、当該分子についてのヒト検体を用いた解析や、モデル動物等を用いた治療薬候補の検討までは至らなかったため。
    これまでのモデル動物を用いた検討により、メチル化変化と発現変動を示した遺伝子は、視床下部ではVglut1 (高メチル化/発現低下)、Bcmo1 (低メチル化/発現低下)であった。VGLUT1-positive glutamatergic neuronはストレス反応における褐色脂肪細胞の熱産生やGnRHニューロンの制御に関連するという報告がある。またBCMO1の遺伝子多型とPCOSの関連の報告がある。さらに、肝臓のRNA-seqにおいて、遺伝子発現変動のみられたアディポカイン・ヘパトカインにLect2、Rbp4が認められた。このうちRBP4は、ELISA (enzyme-linked immunosorbent assay) にて血清濃度の上昇が確認された。RBP4はヒトPCOSにおける血中濃度の上昇の報告がある。またPioglitazoneやfenretinideなどの下降剤がある。
    これらのモデルにおいて変化の認められた分子を対象に、今後ヒト検体を用いた評価や、モデル動物によるin vivo,ヒト由来の組織や細胞を用いたex vivoやin vitroの解析を行い、治療標的としての解析を行いたい。