2022/11/17 更新

写真a

ニシカワ ヒロヨシ
西川 博嘉
NISHIKAWA Hiroyoshi
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 微生物・免疫学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
教授

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2002年3月   三重大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 免疫学

  2. 腫瘍免疫

  3. 免疫監視

  4. 免疫寛容

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 免疫学

  2. ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  3. ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

経歴 13

  1. 糖鎖生命コア研究所(iGCORE)   細胞・個体制御部門   教授

    2021年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   研究大学強化促進事業 最先端国際研究ユニット 国際高等研究機構 教授

    2020年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   高等研究院   研究大学強化促進事業 最先端国際研究ユニット 教授

    2018年4月 - 2020年4月

  4. 名古屋大学大学院医学系研究科 微生物・免疫学講座 分子細胞免疫学   教授 (クロスアポイントメント)

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 国立がん研究センター   研究所 腫瘍免疫研究分野/先端医療開発センター 免疫TR分野   分野長

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. Roswell Park Cancer Institute   Department of Oncology   Adjunctive Associate Professor (Concurrent post)

    2012年2月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  7. 大阪大学   免疫学フロンティア研究センター 実験免疫学   特任准教授

    2010年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 三重大学大学院医学系研究科   病態解明医学講座   講師

    2006年9月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. Memorial Sloan Kettering Cancer Center   Research fellow

    2003年9月 - 2006年8月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  10. 三重大学医学部附属病院   血液・腫瘍内科   医員

    2002年4月 - 2003年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 鈴鹿中央総合病院   内科   医員

    1997年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 松阪中央総合病院   研修医

    1995年10月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 三重大学医学部附属病院   研修医

    1995年5月 - 1995年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 三重大学   医学系研究科   内科学専攻

    1998年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 三重大学   医学部   医学科

    1989年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本癌学会   会員、評議員

    2013年4月 - 現在

  2. 日本免疫学会   会員、評議員

    2012年4月 - 現在

  3. 日本がん免疫学会   会員、評議員、理事

    2009年4月 - 現在

  4. American Society of Clinical Oncology   Full member

  5. Society for Immunotherapy of Cancer   Active member

  6. American Association for Cancer Research   Active member

▼全件表示

受賞 13

  1. ヒト免疫研究賞

    2022年11月   日本免疫学会   腫瘍微小環境の免疫制御機構の解明と新規がん免疫療法への展開

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. Highly cited researcher-2022 (Web of Science)

    2022年11月   Clarivate Analytics  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  3. JCA (Japanese Cancer Association)-永山賞

    2022年10月   日本癌学会   がん免疫療法の精密医療実現に向けた腫瘍微小環境解析技術の開発と臨床応用

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)

    2022年4月   文部科学省   免疫ゲノム解析によるヒトがんの免疫抑制機構に関する研究

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. Highly cited researcher-2021 (Web of Science)

    2021年11月   Clarivate Analytics  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  6. AAAS (American Association for the Advancement of Science), Elected fellow 2020

    2020年11月   American Association for the Advancement of Science, AAAS  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

  7. Highly cited researcher-2020 (Web of Science)

    2020年11月   Clarivate Analytics  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  8. 2020 SITC Team Science Award

    2020年11月   Society for Immunotherapy of Cancer, SITC  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

  9. JCA (Japanese Cancer Association)-Mauvernay Award

    2017年9月   日本癌学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  10. Cancer Research Institute, CLIP Award

    2013年6月   Cancer Research Institute  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

  11. Cancer Research Institute, Investigator Award

    2008年6月   Cancer Research Institute  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

  12. 日本癌学会奨励賞

    2006年10月   日本癌学会   腫瘍由来自己抗原を用いた癌ワクチン療法の開発

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  13. 三医会賞

    2003年6月   三医会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 36

  1. BATF epigenetically and transcriptionally controls the activation program of regulatory T cells in human tumors. 査読有り

    Itahashi K, Irie T, Yuda J, Kumagai S, Tanegashima T, Lin YT, Watanabe S, Goto Y, Suzuki J, Aokage K, Tsuboi M, Minami Y, Ishii G, Ohe Y, Ise W, Kurosaki T, Suzuki Y, Koyama S, Nishikawa H

    Science immunology   7 巻 ( 76 ) 頁: eabk0957   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1126/sciimmunol.abk0957

    PubMed

  2. Isolation of tumor-infiltrating lymphocytes from preserved human tumor tissue specimens for downstream characterization. 査読有り

    Kobayashi T, Kumagai S, Doi R, Afonina E, Koyama S, Nishikawa H

    STAR protocols   3 巻 ( 3 ) 頁: 101557   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.xpro.2022.101557

    PubMed

  3. A bifurcation concept for B-lymphoid/plasmacytoid dendritic cells with largely fluctuating transcriptome dynamics. 査読有り

    Nagaharu K, Kojima Y, Hirose H, Minoura K, Hinohara K, Minami H, Kageyama Y, Sugimoto Y, Masuya M, Nii S, Seki M, Suzuki Y, Tawara I, Shimamura T, Katayama N, Nishikawa H, Ohishi K

    Cell reports   40 巻 ( 9 ) 頁: 111260   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2022.111260

    PubMed

  4. Regulatory T-cell development in the tumor microenvironment. 査読有り

    Itahashi K, Irie T, Nishikawa H

    European journal of immunology   52 巻 ( 8 ) 頁: 1216 - 1227   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/eji.202149358

    PubMed

  5. Lactic acid promotes PD-1 expression in regulatory T cells in highly glycolytic tumor microenvironments. 査読有り

    Kumagai S, Koyama S, Itahashi K, Tanegashima T, Lin YT, Togashi Y, Kamada T, Irie T, Okumura G, Kono H, Ito D, Fujii R, Watanabe S, Sai A, Fukuoka S, Sugiyama E, Watanabe G, Owari T, Nishinakamura H, Sugiyama D, Maeda Y, Kawazoe A, Yukami H, Chida K, Ohara Y, Yoshida T, Shinno Y, Takeyasu Y, Shirasawa M, Nakama K, Aokage K, Suzuki J, Ishii G, Kuwata T, Sakamoto N, Kawazu M, Ueno T, Mori T, Yamazaki N, Tsuboi M, Yatabe Y, Kinoshita T, Doi T, Shitara K, Mano H, Nishikawa H

    Cancer cell   40 巻 ( 2 ) 頁: 201 - 218.e9   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ccell.2022.01.001

    PubMed

    その他リンク: https://www.cell.com/cancer-cell/fulltext/S1535-6108(22)00003-4

  6. PD-1 blockade therapy promotes infiltration of tumor-attacking exhausted T cell clonotypes. 査読有り

    Nagasaki J, Inozume T, Sax N, Ariyasu R, Ishikawa M, Yamashita K, Kawazu M, Ueno T, Irie T, Tanji E, Morinaga T, Honobe A, Ohnuma T, Yoshino M, Iwata T, Kawase K, Sasaki K, Hanazawa T, Kochin V, Kawamura T, Matsue H, Hino M, Mano H, Suzuki Y, Nishikawa H, Togashi Y

    Cell reports   38 巻 ( 5 ) 頁: 110331   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2022.110331

    PubMed

  7. Depletion of central memory CD8<sup>+</sup> T cells might impede the antitumor therapeutic effect of Mogamulizumab. 査読有り

    Maeda Y, Wada H, Sugiyama D, Saito T, Irie T, Itahashi K, Minoura K, Suzuki S, Kojima T, Kakimi K, Nakajima J, Funakoshi T, Iida S, Oka M, Shimamura T, Doi T, Doki Y, Nakayama E, Ueda R, Nishikawa H

    Nature communications   12 巻 ( 1 ) 頁: 7280   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41467-021-27574-0

    PubMed

  8. Highly immunogenic cancer cells require activation of the WNT pathway for immunological escape. 査読有り

    Takeuchi Y, Tanegashima T, Sato E, Irie T, Sai A, Itahashi K, Kumagai S, Tada Y, Togashi Y, Koyama S, Akbay EA, Karasaki T, Kataoka K, Funaki S, Shintani Y, Nagatomo I, Kida H, Ishii G, Miyoshi T, Aokage K, Kakimi K, Ogawa S, Okumura M, Eto M, Kumanogoh A, Tsuboi M, Nishikawa H

    Science immunology   6 巻 ( 65 ) 頁: eabc6424   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciimmunol.abc6424

    PubMed

    その他リンク: https://www.science.org/stoken/author-tokens/ST-154/full

  9. Engineering strategies for broad application of TCR-T- and CAR-T-cell therapies. 査読有り

    Watanabe K, Nishikawa H

    International immunology   33 巻 ( 11 ) 頁: 551 - 562   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxab052

    Web of Science

    PubMed

  10. Cancer immunotherapy with PI3K and PD-1 dual-blockade via optimal modulation of T cell activation signal 査読有り

    Isoyama Sho, Mori Shigeyuki, Sugiyama Daisuke, Kojima Yasuhiro, Tada Yasuko, Shitara Kohei, Hinohara Kunihiko, Dan Shingo, Nishikawa Hiroyoshi

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   9 巻 ( 8 )   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jitc-2020-002279

    Web of Science

    PubMed

  11. Novel anti-GARP antibody DS-1055a augments anti-tumor immunity by depleting highly suppressive GARP+ regulatory T cells. 査読有り

    Satoh K, Kobayashi Y, Fujimaki K, Hayashi S, Ishida S, Sugiyama D, Sato T, Lim K, Miyamoto M, Kozuma S, Kadokura M, Wakita K, Hata M, Hirahara K, Amano M, Watanabe I, Okamoto A, Tuettenberg A, Jonuleit H, Tanemura A, Maruyama S, Agatsuma T, Wada T, Nishikawa H

    International immunology   33 巻 ( 8 ) 頁: 435 - 446   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/intimm/dxab027

    Web of Science

    PubMed

  12. Mechanisms of regulatory T cell infiltration in tumors: implications for innovative immune precision therapies 査読有り

    Nishikawa Hiroyoshi, Koyama Shohei

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   9 巻 ( 7 )   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jitc-2021-002591

    Web of Science

    PubMed

  13. Importance of lymph node immune responses in MSI-H/dMMR colorectal cancer 査読有り

    Inamori Koji, Togashi Yosuke, Fukuoka Shota, Akagi Kiwamu, Ogasawara Kouetsu, Irie Takuma, Motooka Daisuke, Kobayashi Yoichi, Sugiyama Daisuke, Kojima Motohiro, Shiiya Norihiko, Nakamura Shota, Maruyama Shoichi, Suzuki Yutaka, Ito Masaaki, Nishikawa Hiroyoshi

    JCI INSIGHT   6 巻 ( 9 ) 頁: Onlineahead of print   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/jci.insight.137365

    Web of Science

    PubMed

  14. Antitumour immunity regulated by aberrant ERBB family signalling. 査読有り

    Kumagai S, Koyama S, Nishikawa H

    Nature reviews. Cancer   21 巻 ( 3 ) 頁: 181 - 197   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41568-020-00322-0

    Web of Science

    PubMed

  15. Transcriptional regulatory network for the establishment of CD8<sup>+</sup> T cell exhaustion. 査読有り

    Seo W, Jerin C, Nishikawa H

    Experimental & molecular medicine   53 巻 ( 2 ) 頁: 202 - 209   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s12276-021-00568-0

    Web of Science

    PubMed

  16. Newly emerged immunogenic neoantigens in established tumors enable hosts to regain immunosurveillance in a T-cell-dependent manner. 査読有り

    Muramatsu T, Noguchi T, Sugiyama D, Kanada Y, Fujimaki K, Ito S, Gotoh M, Nishikawa H

    International immunology   33 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 48   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxaa049

    Web of Science

    PubMed

  17. The PD-1 expression balance between effector and regulatory T cells predicts the clinical efficacy of PD-1 blockade therapies. 査読有り

    Kumagai S, Togashi Y, Kamada T, Sugiyama E, Nishinakamura H, Takeuchi Y, Vitaly K, Itahashi K, Maeda Y, Matsui S, Shibahara T, Yamashita Y, Irie T, Tsuge A, Fukuoka S, Kawazoe A, Udagawa H, Kirita K, Aokage K, Ishii G, Kuwata T, Nakama K, Kawazu M, Ueno T, Yamazaki N, Goto K, Tsuboi M, Mano H, Doi T, Shitara K, Nishikawa H

    Nature immunology   21 巻 ( 11 ) 頁: 1346 - 1358   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41590-020-0769-3

    Web of Science

    PubMed

  18. The critical role of CD4+ T cells in PD-1 blockade against MHC-II-expressing tumors such as classic Hodgkin lymphoma. 査読有り

    Nagasaki J, Togashi Y, Sugawara T, Itami M, Yamauchi N, Yuda J, Sugano M, Ohara Y, Minami Y, Nakamae H, Hino M, Takeuchi M, Nishikawa H

    Blood advances   4 巻 ( 17 ) 頁: 4069 - 4082   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/bloodadvances.2020002098

    Web of Science

    PubMed

  19. An Oncogenic Alteration Creates a Microenvironment that Promotes Tumor Progression by Conferring a Metabolic Advantage to Regulatory T Cells. 査読有り

    Kumagai S, Togashi Y, Sakai C, Kawazoe A, Kawazu M, Ueno T, Sato E, Kuwata T, Kinoshita T, Yamamoto M, Nomura S, Tsukamoto T, Mano H, Shitara K, Nishikawa H

    Immunity   53 巻 ( 1 ) 頁: 187 - 203.e8   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.immuni.2020.06.016

    Web of Science

    PubMed

  20. The potential application of PD-1 blockade therapy for early-stage biliary tract cancer. 査読有り

    Umemoto K, Togashi Y, Arai Y, Nakamura H, Takahashi S, Tanegashima T, Kato M, Nishikawa T, Sugiyama D, Kojima M, Gotohda N, Kuwata T, Ikeda M, Shibata T, Nishikawa H

    International immunology   32 巻 ( 4 ) 頁: 273 - 281   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxz080

    Web of Science

    PubMed

  21. Tyrosine kinase inhibitor imatinib augments tumor immunity by depleting effector regulatory T cells. 査読有り

    Tanaka A, Nishikawa H, Noguchi S, Sugiyama D, Morikawa H, Takeuchi Y, Ha D, Shigeta N, Kitawaki T, Maeda Y, Saito T, Shinohara Y, Kameoka Y, Iwaisako K, Monma F, Ohishi K, Karbach J, Jäger E, Sawada K, Katayama N, Takahashi N, Sakaguchi S

    The Journal of experimental medicine   217 巻 ( 2 )   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20191009

    PubMed

  22. Selective inhibition of low-affinity memory CD8<sup>+</sup> T cells by corticosteroids. 査読有り

    Tokunaga A, Sugiyama D, Maeda Y, Warner AB, Panageas KS, Ito S, Togashi Y, Sakai C, Wolchok JD, Nishikawa H

    The Journal of experimental medicine   216 巻 ( 12 ) 頁: 2701 - 2713   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20190738

    Web of Science

    PubMed

  23. Immune Suppression by PD-L2 against Spontaneous and Treatment-Related Antitumor Immunity. 査読有り

    Tanegashima T, Togashi Y, Azuma K, Kawahara A, Ideguchi K, Sugiyama D, Kinoshita F, Akiba J, Kashiwagi E, Takeuchi A, Irie T, Tatsugami K, Hoshino T, Eto M, Nishikawa H

    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   25 巻 ( 15 ) 頁: 4808 - 4819   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-18-3991

    Web of Science

    PubMed

  24. Regulatory T (Treg) cells in cancer: Can Treg cells be a new therapeutic target? 査読有り

    Ohue Y, Nishikawa H

    Cancer science   110 巻 ( 7 ) 頁: 2080 - 2089   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14069

    Web of Science

    PubMed

  25. Regulatory T cells in cancer immunosuppression - implications for anticancer therapy. 査読有り

    Togashi Y, Shitara K, Nishikawa H

    Nature reviews. Clinical oncology   16 巻 ( 6 ) 頁: 356 - 371   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41571-019-0175-7

    Web of Science

    PubMed

  26. PD-1<sup>+</sup> regulatory T cells amplified by PD-1 blockade promote hyperprogression of cancer. 査読有り

    Kamada T, Togashi Y, Tay C, Ha D, Sasaki A, Nakamura Y, Sato E, Fukuoka S, Tada Y, Tanaka A, Morikawa H, Kawazoe A, Kinoshita T, Shitara K, Sakaguchi S, Nishikawa H

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   116 巻 ( 20 ) 頁: 9999 - 10008   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1822001116

    Web of Science

    PubMed

  27. Meddling with meddlers: curbing regulatory T cells and augmenting antitumor immunity. 査読有り

      81 巻 ( 1 ) 頁: 1-18   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.1.1

    Web of Science

    PubMed

  28. Targeting VEGFR2 with Ramucirumab strongly impacts effector/ activated regulatory T cells and CD8+ T cells in the tumor microenvironment. 査読有り

      6 巻 ( 1 ) 頁: 106   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40425-018-0403-1

    Web of Science

    PubMed

  29. Regulatory T cells: a potential target in cancer immunotherapy. 査読有り

      1417 巻 ( 1 ) 頁: 104-115   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nyas.13625

    Web of Science

    PubMed

  30. Clinical response to PD-1 blockade correlates with a sub-fraction of peripheral central memory CD4+ T cells in patients with malignant melanoma. 査読有り

      30 巻 ( 1 ) 頁: 13-22   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxx073

    Web of Science

    PubMed

  31. Suppression from beyond the grave 査読有り

      18 巻 ( 12 ) 頁: 1285-1286   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ni.3870

    Web of Science

    PubMed

  32. Regulatory T cells, as a target in anticancer immunotherapy 査読有り

    Enokida Tomohiro, Nishikawa Hiroyoshi

    IMMUNOTHERAPY   9 巻 ( 8 ) 頁: 623 - 627   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2217/imt-2017-0057

    Web of Science

    PubMed

  33. Regulatory T Cells: Molecular and Cellular Basis for Immunoregulation 査読有り

    Togashi Yosuke, Nishikawa Hiroyoshi

    EMERGING CONCEPTS TARGETING IMMUNE CHECKPOINTS IN CANCER AND AUTOIMMUNITY   410 巻   頁: 3 - 27   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/82_2017_58

    Web of Science

    PubMed

  34. Roles of regulatory T cells in cancer immunity. 招待有り 査読有り

      8 巻   頁: 401-409   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxw025.

  35. Two FOXP3+CD4+ T-cell subpopulations distinctly control the prognosis of colorectal cancers. 査読有り

      22 巻 ( 6 ) 頁: 679-684   2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nm.4086.

  36. Blockade of EGFR improves responsiveness to PD-1 blockade in EGFR-mutated non-small cell lung cancer 査読有り

    Sugiyama Eri, Togashi Yosuke, Takeuchi Yoshiko, Shinya Sayoko, Tada Yasuko, Kataoka Keisuke, Tane Kenta, Sato Eiichi, Ishii Genichiro, Goto Koichi, Shintani Yasushi, Okumura Meinoshin, Tsuboi Masahiro, Nishikawa Hiroyoshi

    SCIENCE IMMUNOLOGY   5 巻 ( 43 ) 頁: pii: eaav3937   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciimmunol.aav3937

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. 標準免疫学 第4版

    宮坂昌之,小安重夫,椛島健治,改正恒康,西川博嘉他( 担当: 分担執筆)

    医学書院  2021年3月  ( ISBN:978-4-260-04238-3

     詳細を見る

    総ページ数:416   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. 免疫・炎症病態X治療Update

    熊ノ郷淳,西川博嘉他( 担当: 分担執筆)

    南山堂  2019年5月  ( ISBN:4525167815

     詳細を見る

    総ページ数:252   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 新臨床腫瘍学 改訂第5版

    石岡千加史、土屋直人、新井康仁、大場雄介、曽和義広、田原栄俊、鈴木拓、小坂展慶、二口充、樋口京子、平尾敦、野口耕司、西川博嘉 他( 担当: 分担執筆)

    南江堂  2018年7月  ( ISBN:978-4-524-23788-3

     詳細を見る

    総ページ数:872   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. 実験医学 Vol.36 No.9 2018(通巻617号) 特集:がんは免疫系をいかに抑制するのか

    西川博嘉、河上裕、町山裕亮、石田靖雅、前田優香、吉永正憲、竹内理、高塚奈津子、茶本健司、冨樫庸介( 担当: 共著)

    羊土社  2018年6月  ( ISBN:4758125082

     詳細を見る

    総ページ数:139   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. 免疫学コア講義 改訂4版

    熊ノ郷淳,阪口薫雄,竹田 潔,吉田裕樹,田中稔之,改正恒康,西川博嘉,他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: がん免疫と移植免疫)

    南山堂  2017年11月  ( ISBN:9784525167547

     詳細を見る

    総ページ数:309   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  6. がん免疫療法-What's now and what's next?-(遺伝子医学MOOK31号)

    珠玖 洋 , 池田 裕明 , 影山 愼一 , 西川 博嘉 他( 担当: 共編者(共編著者))

    メディカルドゥ  2017年7月  ( ISBN:9784944157617

     詳細を見る

    総ページ数:292   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  7. がん免疫療法ハンドブック 第1版

    上田龍三、西川博嘉( 担当: 共著)

    メディカルレビュー  2016年7月  ( ISBN:9784779217166

     詳細を見る

    総ページ数:223   記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. 腫瘍浸潤細胞の時間的空間的変化に基づく免疫抑制機構の解明と治療への展開

    2022年5月 - 2024年3月

    日本医療研究開発機構研究費 (次世代がん医療加速化研究事業) 

    西川博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本研究課題では、すでに樹立した臨床検体の解析基盤を発展させてがんの時間的空間的変化に焦点をあて、同一腫瘍内で悪性度の異なる部位・免疫複合療法の前後の腫瘍組織などを対象に位置情報も含めた空間的マルチスケールで解析する新たな基盤を樹立する。ICI耐性化に関わる時間的変化を1細胞レベルで解析すると同時に、腫瘍内の空間的不均一性を解析することで、従来とは異なる高次元の免疫複合療法のバイオマーカーの樹立、創薬ターゲットの同定、治療への展開を目的とする。個々の患者の長期の臨床経過に基づいた治療戦略に関わる個別化医療への展開も可能になると考える。

  2. 臓器・組織の特異性に着目した新規免疫複合療法の開発

    2022年4月 - 2025年3月

    日本医療研究開発機構研究費 (革新的がん医療実用化研究事業) 

    西川博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本研究開発では、研究代表者西川が、既に確立している臨床検体の網羅的解析プラットフォームをさらに発展させて、免疫、代謝解析を網羅的に検討し、研究分担者間野のゲノム解析とともに統合的オミックス解析を実施する。各臓器の原発巣・転移巣に特徴的なバイオマーカー・治療標的として候補となる因子を複数(研究期間内に5つ以上) 同定し、その機能解析について転移モデルマウス(肝・肺・脳転移モデル)や免疫・代謝関連遺伝子の遺伝子改変マウスモデル用いて検証する。ICIとの感受性が証明された候補因子については、バイオマーカー・治療標的としてAMED医師主導治験や企業治験へと導出する。

  3. 慢性炎症の制御によるがん発症ゼロ社会の実現

    2022年 - 2027年

    日本医療研究開発機構研究費(ムーンショット型研究開発事業) 

    西川博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. がん免疫療法抵抗性を解除する新規治療法の臨床展開に向けた開発研究

    2019年4月 - 2022年3月

    国立研究開発法人国立がん研究センター がん研究開発費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 腸内細菌叢のがん免疫応答への関わりの解明によるがん治療への展開

    2016年9月 - 2022年3月

    日本医療研究開発機構研究費 (革新的先端研究開発支援事業 AMED-CREST) 

    西川博嘉

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究では、腸内細菌叢の直接的ながん細胞への関わりとがん免疫応答を介した間接的な関わりを明らかにする。がんに対する免疫応答を解明することで、免疫応答の根幹である、免疫寛容から免疫監視への変化への腸管細菌叢の関わりを解明し、それらの研究成果をもとに免疫チェンクポイント阻害剤のバイオマーカー同定へと革新的がん医療実用化研究事業に展開する。

  6. がん細胞および免疫応答解析に基づくがん免疫療法効果予測診断法の確立

    2016年9月 - 2022年3月

    日本医療研究開発機構研究費 (次世代がん医療創生研究事業) 

    西川博嘉

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究では、がん免疫療法(主に免疫チェックポイント阻害剤)を受けた患者のがん局所(治療薬投与前後の生検検体もしくは手術検体)および末梢血の両者を用いて解析を進める。抗腫瘍免疫応答の本態を臨床情報との相関により明らかにし、バイオマーカー同定につなげる。とりわけ、 neo-antigen特異的CD8+T細胞が局所に多数存在し、それらは外来抗原のように免疫抑制細胞に抵抗性で容易に免疫応答が誘導され、免疫チェックポイント阻害のみで十分な臨床効果が認められるのか、もしくはshared antigen特異的CD8+T細胞が多く存在し、これらの T細胞を活性化し腫瘍縮小につなげるにはTregsなどの多彩な免疫抑制細胞のコントロールが必要なのか、を明らかにする。またこれらの免疫抑制機構の解明に基づいた新規がん免疫療法への展開も推進していく。

  7. 先端的がん免疫モニタリング法開発体制に関する研究

    2016年4月 - 2019年3月

    国立研究開発法人国立がん研究センター がん研究開発費 

    西川博嘉

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    新たな免疫モニタリング方法を開発する研究

  8. T細胞応答の多様性回復によるがん免疫併用療法の開発

    2015年9月 - 2018年3月

    日本医療研究開発機構研究費 (革新的がん医療実用化研究事業) 

    西川博嘉

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究ではTCRレパトアサイズが加齢により縮小したマウスを用いた担癌マウスモデルで、Gn-RH アンタゴニストを投与し、エフェクターT細胞のTCRレパトアサイズが回復するかの検討を行う。  併用療法に向けたPOCの確立 上記のそれぞれのデータが得られた後、免疫チェックポイント阻害剤との併用による抗腫瘍効果の増強を免疫学的解析を含めて腫瘍増殖で検討する。加えて、それぞれの製剤は他疾患ですでに使用されているため、投与された患者検体を用いてTCRレパトア解析を含め、免疫応答への影響をヒトでも検討する。

▼全件表示

科研費 9

  1. がん組織の空間的マルチスケール解析による免疫監視と免疫寛容制御機構の解明

    2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    西川博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    がん免疫療法の成功は、がん細胞に対して成立した免疫寛容を免疫監視の状態に戻すことが可能であることを示した。このがん抗原に対する人為的な免疫監視の再起動の可否の本態を明らかにすれば、免疫学の長年の課題である免疫寛容⇆監視の制御機構の解明につながるとともに、効果的ながん免疫療法開発の基盤となる。これには、エフェクター側および抑制側の両側面の網羅的な解析が必須であるが、特に両者が標的細胞・抗原と対峙する局所(がん組織)およびリンパ節での動的な解析が枢要である。本研究では、がん患者個人のHLAなどの遺伝学的多様性、がん細胞の多様性に加えて局所(がん組織内)の多様性も検討し、生体における1細胞の分子発現および機能変化から組織内での相互作用まで位置情報を含めた空間的マルチスケールで解析を進め、免疫寛容⇆監視の制御機構を解明することを目的とする。具体的には10xVisium、Hyperionなどを用いた空間的1細胞の解析から免疫応答の規定に関わる様々な要素(分子)を抽出し、個々の要素についてマウスモデルでその普遍的な意義を検証する。

  2. 発がんの人種差と免疫応答の関わりの解明

    2017年5月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

    西川 博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では、ドライバー遺伝子変異による発がん頻度の人種差が異常タンパク質に対する免疫応答に起因することを明らかにする。さらに免疫監視の観点から、ドライバー遺伝子変異による発がんに抵抗性のHLA をもったヒトで、異常タンパク質に対するCD8+T 細胞応答の詳細を検討し、抗腫瘍活性の中心を成すT 細胞応答の本態を解明する。

  3. がん抗原特性に基づく免疫抑制機構解明による新規がん免疫療法開発の基盤研究

    2017年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    西川 博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    がん免疫療法の成功は、がん細胞に対して成立した免疫寛容を免疫監視の状態に戻す免疫操作により、がん治療が可能であることを示した。しかし、依然として現行のがん免疫療法の臨床効果は20-30%程度の患者でしか認められず、限定的である。よってより効果的ながん免疫療法を開発するとともに、レスポンダーを層別化するバイオマーカーを同定することが緊喫の課題であると考えられ、抗腫瘍免疫応答の本態を解明することが極めて重要である。がん局所に存在するがん抗原特異的CD8+T細胞の認識抗原の差異に着目し、免疫抑制機構の違いを解明すべく検討を開始した。遺伝子変異の蓄積により生じたがん細胞内には、正常細胞が本来もっていない非自己の物質ががん抗原として存在する。まずは、がん抗原特異的T細胞応答の検討が必須であることから、がん細胞が持つ遺伝子変異に由来するがん抗原(ネオがん抗原)に対するT細胞誘導の系を少量の血液検体で実施するための系を確立した。これらのネオがん抗原を認識するT細胞の中でもT 細胞レセプター(TCR)の親和性により活性化状態が異なり、免疫抑制機構への感受性が異なることの予備的データを得ることができた。興味深いことにこれらのがん細胞の遺伝子変異に由来するがん抗原は、ドライバー遺伝子由来のものは存在せず、検討した全てがパッセンジャー遺伝子変異に由来していた。つまりドライバー遺伝子変異が免疫系の標的となると、がん細胞は抗原脱落等により逃れることができないため免疫系のプレッシャーがきつく発がんできない可能性が示唆され、今後の基盤研究Sでの発がんの人種差(HLA差)と免疫応答との関連を明らかにする研究につなげていく。

  4. 悪性黒色腫の新規免疫的解析に基づくがん免疫療法継続基準の開発

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    西川 博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では、免疫チェックポイント阻害剤治療に対するレスポンダーおよびノンレスポンダー患者検体を用いた免疫応答の比較検討により、臨床効果と関わる免疫応答を検討した。末梢血を用いた網羅的な免疫関連分子発現解析により、CD4陽性CD27陽性Fas陰性セントラルメモリーT細胞の治療後の増加が治療効果と相関することが明らかになった。また腫瘍局所の解析では、レスポンダーではエフェクターのCD8陽性T細胞、ノンレスポンダーではCD4陽性制御性T細胞が優位となっていることが示され、今後は多数症例や前向きでの検討を実施し、薬剤投与の判断基準に展開する。

  5. 制御性T細胞の選択的コントロールによる抗腫瘍免疫応答の賦活化

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    西川 博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    自己に対する免疫応答を制御している制御性T細胞(Tregs)が、がん抗原に対する免疫応答を抑制している。Tregsがとりわけ自己由来のがん抗原特異的CD8+T細胞誘導に与える影響を解析した。Tregsは抗原提示細胞の共刺激シグナルを制御することで、がん抗原特異的CD8+T細胞を特徴的なフェノタイプを有する免疫不応答(アネルギー)状態に陥れることを示した。これらのがん抗原特異的CD8+T細胞の不応答状態は安定的であることから、効果的ながん免疫療法にはTregsの免疫抑制を克服した上でのがん抗原に対する免疫応答の活性化が極めて重要であると考えられた

  6. 大腸癌の新規免疫的分類に基づくがん免疫治療の選択的適応基準の開発

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    西川 博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    従来、制御性T細胞と見なされていたFOXP3陽性細胞の中に、FOXP3を弱発現する細胞群が多数存在することを明らかにした。FOXP3を弱発現する細胞群は、抑制能を持たない活性型T細胞であり、大腸癌に付着する腸内細菌により腫瘍内で増加した炎症性サイトカインによって誘導されることを解明した。さらに、この様なFOXP3を弱発現する細胞群が多数浸潤する大腸癌は予後が良好である一方、抑制活性をもつ制御性T細胞が多数浸潤する大腸癌は他のがん腫と同様に、制御性T細胞の浸潤が予後不良因子になることを示した。

  7. 腫瘍局所での制御性T細胞による免疫抑制機構の解析

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    西川 博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    がん組織に多数存在する制御性T細胞(Treg)の特徴を分子レベルで検討したところ、腫瘍浸潤Tregは活性型であり、ケモカインレセプターの1種(CCR4)が高発現していた。CCR4を標的としてTreg除去を試みたところ、腫瘍局所に浸潤する活性化Tregが選択的に除去され、がん抗原特異的CD4およびCD8+T細胞応答が誘導・増強した。また、Tregによって抑制されたCD8+T細胞を解析したところ、これらのT細胞が特徴的な分子マーカーを発現することから、Treg抑制の新たな機構の可能性が示唆された。

  8. 細菌ベクターを用いた新規がんワクチン療法の開発

    2008年 - 2009年

    科学研究費補助金  特定領域研究

    西川 博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    昨年度S.typhimuriumによCD4+CD25+制御性T細胞(Treg)の免疫抑制解除には、GITRシグナルが重要な働きを果たしていることを明らかにした。この成果をもとに臨床応用を促進するため、GITRシグナルを提供できる抗体を用いた免疫療法の検討を行った。ヒトがん抗原であるNY-ESO-1モデルマウスを用いて、抗GITR抗体(アゴニスティック)の抗腫瘍活性を検討した。抗GITR抗体単独では、抗腫瘍効果は限られたものだった。そこで他の免疫共刺激分子との併用を試みた。なかでも抗CTLA-4抗体による抑制シグナルブロックとの併用は、強い抗腫瘍活性を示し、既に10mm大に到達した腫瘍を拒絶可能であった。
    NY-ESO-1モデルマウスを用いていことから、NY-ESO-1特異的CD8+細胞傷害性T細胞(CTL)をシングルセルレベルで検出可能である。ことを用いて強い抗腫瘍活性のメカニズムを検討した。現在まで免疫共刺激分子は、細胞増殖、サイトカイン産生を刺激することが明らかとなっていたが、このマウスモデルを用いることにより、GITR分子シグナル刺激とCTLA-4分子シグナルブロックは異なる2つの活性化シグナルをT細胞に提供していることが明らかになった。すなわち、CTLA-4分子のブロックにより細胞増殖が主に刺激され、GITR分子刺激によりサイトカイン産生およびTreg抵抗性が獲得された。つまり、両者を併用することにより、Treg抵抗性を獲得したNY-ESO-1特異的CD8+CTLの増殖が効率的に刺激され、腫瘍局所に多数浸潤していることが明らかとなった。

  9. サルモネラベクターを用いた制御性T細胞抑制機構の解明と新規癌ワクチン療法の開発

    2007年 - 2008年

    科学研究費補助金 

    西川 博嘉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究において,S.typhimurium-NY-ESO-1を用いて,ヒト及びマウスモデルにおいて,Tregの抑制作用を解除し,ヒト癌抗原,NY-ESO-1に対する特異的免疫応答が效果的に誘導しえるかを検討した。ヒトにおいて,我々が開発したCD4^+CD25^+Treg活性の新規アッセイ方法により,CD4^+CD25^+Treg存在下に
    S.typhimurium-NY-ESO-1を用いて末梢血CD4^+T細胞よりNY-ESO-1特異的CD4^+ヘルパーT細胞(Th)の誘導の可否を測定することで,S.tvphimurium-NY-ESO-1のTreg抑制解除效果を検討したところ,S.typhimurium-NY-ESO-1はTreg存在下にNY-ESO-1特異的Thを誘導した。またTregの抑制解除の詳細なメカニズムを,種々のサイトカイン,Tregの抑制効果に関わる分子シグチルのブロッキングにより検討した。これにより,IL-6及びGITRシグナルがS. typhimuriumによるTreg抑制機能解除に極めて重要な役割を果たしていることを明らかにした。さらに,Treg抑制機能解除効果が明らかとなったGITRシグナルを用いたがんワクチン療法をマウスモデルにより確認した。すなわち,GITR ligand (GITRL)をCytotoxic T lymphocytes (CTL)抗原とともに免疫することにより,特異的CD8^+T細胞誘導,腫瘍拒絶効果の増強が認められた。また腫瘍拒絶効果の増強は,GITRシグナルによりTreg抵抗性の特異的CD8^+T細胞が誘導されたことによることを明らかにした。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 12

  1. 病理病態学

    2022

  2. 免疫と生体防御

    2022

  3. 特徴あるプログラム-キャンサーサイエンスコース

    2021

  4. 病理病態学

    2021

  5. 免疫と生体防御

    2021

  6. 自然環境と人間

    2020

  7. 免疫と生体防御

    2020

  8. 病理病態学

    2020

  9. 免疫と生体防御

    2019

  10. 免疫と生体防御

    2018

  11. 免疫と生体防御

    2017

  12. 免疫と生体防御

    2016

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 6

  1. 病理学総論

    2022年 東京大学)

  2. 免疫・アレルギー・感染コース

    2022年 京都大学)

  3. 病理学総論

    2021年 東京大学)

  4. 病理学総論

    2020年 東京大学)

  5. 免疫学コース・免疫学ユニット

    名古屋市立大学)

  6. 基礎臨床社会医学統合講義

    東京大学)

▼全件表示