2022/04/04 更新

写真a

フルカワ タカコ
古川 高子
FURUKAWA Takako
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 バイオメディカルイメージング情報科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
教授

学位 1

  1. 薬学博士 ( 1990年9月   京都大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 放射性医薬品

  2. 分子イメージング

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 分子イメージング

  2. ライフサイエンス / 放射線科学

  3. ライフサイエンス / 薬系分析、物理化学

経歴 4

  1. 放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター チームリーダー

    2006年3月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 福井大学 高エネルギー医学研究センター 助教授

    2002年1月 - 2006年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 関西医科大学 衛生学教室 講師

    2000年10月 - 2001年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 関西医科大学 衛生学教室 助手

    1989年10月 - 2000年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 京都大学   薬学研究科

    1983年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   薬学部

    1979年4月 - 1983年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本核医学会

  2. 日本分子イメージング学会

  3. 日本癌学会

  4. Society of Nuclear Medicine

  5. World Molecular Imaging Sciety

  6. Society of Radiopharmaceutical Sciences

▼全件表示

 

論文 78

  1. Copper-64-Labeled Antibody Fragments for Immuno-PET/ Radioimmunotherapy with Low Renal Radioactivity Levels and Amplified Tumor -Kidney Ratios

    Suzuki Hiroyuki, Kise Shota, Kaizuka Yuta, Watanabe Reo, Sugawa Tsubasa, Furukawa Takako, Fujii Hirofumi, Uehara Tomoya

    ACS OMEGA   6 巻 ( 33 ) 頁: 21556 - 21562   2021年8月

     詳細を見る

  2. Effect of Gold Nanoparticle Radiosensitization on Plasmid DNA Damage Induced by High-Dose-Rate Brachytherapy 査読有り 国際誌

    Yogo Katsunori, Misawa Masaki, Shimizu Morihito, Shimizu Hidetoshi, Kitagawa Tomoki, Hirayama Ryoichi, Ishiyama Hiromichi, Furukawa Takako, Yasuda Hiroshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF NANOMEDICINE   16 巻   頁: 359 - 370   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/IJN.S292105

    Web of Science

    PubMed

  3. Imaging of bremsstrahlung X-rays from tritium water in a plastic bag using a LaGPS radiation imaging system 査読有り 国際誌

    Yamamoto S., Nakanishi K., Furukawa T., Tomita H., Kamada K., Yoshikawa A.

    JOURNAL OF INSTRUMENTATION   15 巻 ( 4 )   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-0221/15/04/P04006

    Web of Science

  4. Possibility analysis of bremsstrahlung x-ray imaging of C-14 radionuclide using a LaGPS radiation imaging system

    Yamamoto Seiichi, Nakanishi Kouhei, Furukawa Takako, Tomita Hideo

    BIOMEDICAL PHYSICS & ENGINEERING EXPRESS   5 巻 ( 3 )   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2057-1976/ab12bd

    Web of Science

  5. Positron emission tomography of cerebral angiogenesis and TSPO expression in a mouse model of chronic hypoxia. 査読有り 国際共著 国際誌

    Kanno I, Seki C, Takuwa H, Jin ZH, Boturyn D, Dumy P, Furukawa T, Saga T, Ito H, Masamoto K

    Journal of cerebral blood flow and metabolism : official journal of the International Society of Cerebral Blood Flow and Metabolism   38 巻 ( 4 ) 頁: 687 - 696   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0271678X16689800

    PubMed

  6. Combined treatment of pancreatic cancer xenograft with Y-90-ITGA6B4-mediated radioimmunotherapy and PI3K/mTOR inhibitor 査読有り 国際誌

    Aung Winn, Tsuji Atsushi B., Sudo Hitomi, Sugyo Aya, Ukai Yoshinori, Kouda Katsushi, Kurosawa Yoshikazu, Furukawa Takako, Saga Tsuneo, Higashi Tatsuya

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   23 巻 ( 42 ) 頁: 7551 - 7562   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v23.i42.7551

    Web of Science

    PubMed

  7. Cu-64-ATSM internal radiotherapy to treat tumors with bevacizumab-induced vascular decrease and hypoxia in human colon carcinoma xenografts 査読有り 国際誌

    Yoshii Yukie, Yoshimoto Mitsuyoshi, Matsumoto Hiroki, Furukawa Takako, Zhang Ming-Rong, Inubushi Masayuki, Tsuji Atsushi B., Fujibayashi Yasuhisa, Higashi Tatsuya, Saga Tsuneo

    ONCOTARGET   8 巻 ( 51 ) 頁: 88815 - 88826   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.21323

    Web of Science

    PubMed

  8. Improvement of therapeutic efficacy by combing 90Y-ITGA6B4-mediated radioimmunotherapy (RIT) with dual PI3K and mTOR inhibitor NVP-BEZ235

    Aung W., Tsuji A. B., Sudo H., Sugyo A., Ukai Y., Kouda K., Kurosawa Y., Furukawa T., Saga T., Higashi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   44 巻   頁: S767-S767   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  9. Cu-67-Radiolabeling of a multimeric RGD peptide for alpha(v)beta(3) integrin-targeted radionuclide therapy: stability, therapeutic efficacy, and safety studies in mice 査読有り 国際誌

    Jin Zhao-Hui, Furukawa Takako, Ohya Tomoyuki, Degardin Melissa, Sugyo Aya, Tsuji Atsushi B., Fujibayashi Yasuhisa, Zhang Ming-Rong, Higashi Tatsuya, Boturyn Didier, Dumy Pascal, Saga Tsuneo

    NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS   38 巻 ( 4 ) 頁: 347 - 355   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MNM.0000000000000646

    Web of Science

    PubMed

  10. αVβ3 Integrin-Targeted Radionuclide Therapy with 64Cu-cyclam-RAFT-c(-RGDfK-)4. 査読有り

    Jin ZH, Furukawa T, Degardin M, Sugyo A, Tsuji AB, Yamasaki T, Kawamura K, Fujibayashi Y, Zhang MR, Boturyn D, Dumy P, Saga T.

    Molecular Cancer Therapeutics   15 巻 ( 9 ) 頁: 2076-2085   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. αVβ3 Integrin-Targeted Radionuclide Therapy with 64Cu-cyclam-RAFT-c(-RGDfK-)4. 査読有り

      15 巻 ( 9 ) 頁: 2076-85   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1535-7163.MCT-16-0040

    PubMed

  12. (64)Cu-ATSM therapy targets regions with activated DNA repair and enrichment of CD133(+) cells in an HT-29 tumor model: Sensitization with a nucleic acid antimetabolite. 査読有り

    Yoshii Y, Furukawa T, Matsumoto H, Yoshimoto M, Kiyono Y, Zhang MR, Fujibayashi Y, Saga T.

    Cancer Letters   376 巻 ( 1 ) 頁: 74-82   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2016.03.020

  13. Radioimmunotherapy of pancreatic cancer xenografts in nude mice using 90Y-labeled anti-α6β4 integrin antibody. 査読有り

      7 巻 ( 25 ) 頁: 38835-38844   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.9631

    PubMed

  14. Radioimmunotherapy of pancreatic cancer xenografts in nude mice using 90Y-labeled anti-α6β4 integrin antibody. 査読有り

    Aung W, Tsuji AB, Sudo H, Sugyo A, Ukai Y, Kouda K, Kurosawa Y, Furukawa T, Saga T.

    Oncotarget   7 巻 ( 25 ) 頁: 38835-38844   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.9631

  15. Regorafenib as a potential adjuvant chemotherapy agent in disseminated small colon cancer: Drug selection outcome of a novel screening system using nanoimprinting 3-dimensional culture with HCT116-RFP cells. 査読有り

    Yoshii Y, Furukawa T, Aoyama H, Adachi N, Zhang MR, Wakizaka H, Fujibayashi Y, Saga T

    International journal of oncology   48 巻 ( 4 ) 頁: 1477-84   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2016.3361

    PubMed

  16. <sup>64</sup>Cu-ATSM therapy targets regions with activated DNA repair and enrichment of CD133<sup>+</sup> cells in an HT-29 tumor model: Sensitization with a nucleic acid antimetabolite. 査読有り

    Yoshii Y, Furukawa T, Matsumoto H, Yoshimoto M, Kiyono Y, Zhang MR, Fujibayashi Y, Saga T

    Cancer letters     2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2016.03.020

    PubMed

  17. Immunotargeting of Integrin α6β4 for Single-Photon Emission Computed Tomography and Near-Infrared Fluorescence Imaging in a Pancreatic Cancer Model. 査読有り

    Aung W, Tsuji AB, Sudo H, Sugyo A, Furukawa T, Ukai Y, Kurosawa Y, Saga T.

    Molecular Imaging     2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1536012115624917

  18. Immunotargeting of Integrin α6β4 for Single-Photon Emission Computed Tomography and Near-Infrared Fluorescence Imaging in a Pancreatic Cancer Model. 査読有り

      15 巻   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1536012115624917

    PubMed

  19. Transcriptomic Signatures of Auger Electron Radioimmunotherapy Using Nuclear Targeting (111)In-Trastuzumab for Potential Combination Therapies. 査読有り

    Li HK, Morokoshi Y, Daino K, Furukawa T, Kamada T, Saga T, Hasegawa S

    Cancer biotherapy & radiopharmaceuticals   30 巻 ( 8 ) 頁: 349-58   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/cbr.2015.1882

    PubMed

  20. Validation of 64Cu-ATSM damaging DNA via high-LET Auger electron emission. 査読有り

    McMillan DD, Maeda J, Bell JJ, Genet MD, Phoonswadi G, Mann KA, Kraft SL, Kitamura H, Fujimori A, Yoshii Y, Furukawa T, Fujibayashi Y, Kato TA

    Journal of radiation research   56 巻 ( 5 ) 頁: 784-91   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jrr/rrv042

    PubMed

  21. A limited overlap between intratumoral distribution of 1-(5-fluoro-5-deoxy-α-D-arabinofuranosyl)-2-nitroimidazole and copper-diacetyl-bis[N(4)-methylthiosemicarbazone]. 査読有り

      34 巻 ( 3 ) 頁: 1379-87   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2015.4079

    PubMed

  22. High-throughput screening with nanoimprinting 3D culture for efficient drug development by mimicking the tumor environment. 査読有り

    Yoshii Y, Furukawa T, Waki A, Okuyama H, Inoue M, Itoh M, Zhang MR, Wakizaka H, Sogawa C, Kiyono Y, Yoshii H, Fujibayashi Y, Saga T

    Biomaterials   51 巻   頁: 278-89   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biomaterials.2015.02.008

    PubMed

  23. Quantifying initial cellular events of mouse radiation lymphomagenesis and its tumor prevention in vivo by positron emission tomography and magnetic resonance imaging. 査読有り

      9 巻 ( 3 ) 頁: 740-8   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molonc.2014.11.009

    PubMed

  24. Development of the Fibronectin-Mimetic Peptide KSSPHSRN(SG)5RGDSP as a Novel Radioprobe for Molecular Imaging of the Cancer Biomarker α5β1 Integrin. 査読有り

      38 巻 ( 11 ) 頁: 1722-31   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1248/bpb.b15-00344

    PubMed

  25. Immuno-PET Imaging of HER3 in a Model in which HER3 Signaling Plays a Critical Role. 査読有り

    Yuan Q, Furukawa T, Tashiro T, Okita K, Jin ZH, Aung W, Sugyo A, Nagatsu K, Endo H, Tsuji AB, Zhang MR, Masuko T, Inoue M, Fujibayashi Y, Saga T

    PloS one   10 巻 ( 11 ) 頁: e0143076   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0143076

    PubMed

  26. Molecular imaging of ectopic metabotropic glutamate 1 receptor in melanoma with a positron emission tomography radioprobe (18) F-FITM. 査読有り

    Xie L, Yui J, Fujinaga M, Hatori A, Yamasaki T, Kumata K, Wakizaka H, Furutsuka K, Takei M, Jin ZH, Furukawa T, Kawamura K, Zhang MR

    International journal of cancer   135 巻 ( 8 ) 頁: 1852-9   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.28842

    PubMed

  27. Comparison of intratumoral FDG and Cu-ATSM distributions in cancer tissue originated spheroid (CTOS) xenografts, a tumor model retaining the original tumor properties. 査読有り

    Furukawa T, Yuan Q, Jin ZH, Aung W, Yoshii Y, Hasegawa S, Endo H, Inoue M, Zhang MR, Fujibayashi Y, Saga T

    Nuclear medicine and biology   41 巻 ( 8 ) 頁: 653-9   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2014.05.139

    PubMed

  28. Mutant phenotype analysis suggests potential roles for C-type natriuretic peptide receptor (NPR-B) in male mouse fertility. 査読有り

    Sogawa C, Fujiwara Y, Tsukamoto S, Ishida Y, Yoshii Y, Furukawa T, Kunieda T, Saga T

    Reproductive biology and endocrinology : RB&E   12 巻   頁: 64   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1477-7827-12-64

    PubMed

  29. PET imaging and biodistribution analysis of the effects of succinylated gelatin combined with L-lysine on renal uptake and retention of ⁶⁴Cu-cyclam-RAFT-c(-RGDfK-)₄ in vivo. 査読有り

      86 巻 ( 3 ) 頁: 478-86   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejpb.2013.11.006

    PubMed

  30. Controlled administration of penicillamine reduces radiation exposure in critical organs during 64Cu-ATSM internal radiotherapy: a novel strategy for liver protection. 査読有り

    Yoshii Y, Matsumoto H, Yoshimoto M, Furukawa T, Morokoshi Y, Sogawa C, Zhang MR, Wakizaka H, Yoshii H, Fujibayashi Y, Saga T

    PloS one   9 巻 ( 1 ) 頁: e86996   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0086996

    PubMed

  31. Micro-positron emission tomography/contrast-enhanced computed tomography imaging of orthotopic pancreatic tumor-bearing mice using the αvβ₃ integrin tracer ⁶⁴Cu-labeled cyclam-RAFT-c(-RGDfK-)₄. 査読有り

      12 巻 ( 6 ) 頁: 376-87   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  32. Manganese-enhanced MRI reveals early-phase radiation-induced cell alterations in vivo. 査読有り

    Saito S, Hasegawa S, Sekita A, Bakalova R, Furukawa T, Murase K, Saga T, Aoki I

    Cancer research   73 巻 ( 11 ) 頁: 3216-24   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-12-3837

    PubMed

  33. Growth retardation and hair loss in transgenic mice overexpressing human H-ferritin gene. 査読有り

    Hasegawa S, Harada K, Morokoshi Y, Tsukamoto S, Furukawa T, Saga T

    Transgenic research   22 巻 ( 3 ) 頁: 651-8   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11248-012-9669-0

    PubMed

  34. C-type natriuretic peptide specifically acts on the pylorus and large intestine in mouse gastrointestinal tract. 査読有り

    Sogawa C, Wakizaka H, Aung W, Jin ZH, Tsuji AB, Furukawa T, Kunieda T, Saga T

    The American journal of pathology   182 巻 ( 1 ) 頁: 172-9   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2012.09.015

    PubMed

  35. Fatty acid synthase is a key target in multiple essential tumor functions of prostate cancer: uptake of radiolabeled acetate as a predictor of the targeted therapy outcome. 査読有り

    Yoshii Y, Furukawa T, Oyama N, Hasegawa Y, Kiyono Y, Nishii R, Waki A, Tsuji AB, Sogawa C, Wakizaka H, Fukumura T, Yoshii H, Fujibayashi Y, Lewis JS, Saga T

    PloS one   8 巻 ( 5 ) 頁: e64570   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0064570

    PubMed

  36. Molecular imaging of aquaglycero-aquaporins: its potential for cancer characterization. 査読有り

    Saito Y, Furukawa T, Obata T, Saga T

    Biological & pharmaceutical bulletin   36 巻 ( 8 ) 頁: 1292-8   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  37. Positron emission tomography imaging of tumor angiogenesis and monitoring of antiangiogenic efficacy using the novel tetrameric peptide probe 64Cu-cyclam-RAFT-c(-RGDfK-)4. 査読有り

    Jin ZH, Furukawa T, Claron M, Boturyn D, Coll JL, Fukumura T, Fujibayashi Y, Dumy P, Saga T

    Angiogenesis   15 巻 ( 4 ) 頁: 569-80   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10456-012-9281-1

    PubMed

  38. Basic studies on radioimmunotargeting of CD133-positive HCT116 cancer stem cells. 査読有り

    Jin ZH, Sogawa C, Furukawa T, Saito Y, Aung W, Fujibayashi Y, Saga T

    Molecular imaging   11 巻 ( 6 ) 頁: 445-50   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  39. H-ferritin overexpression promotes radiation-induced leukemia/lymphoma in mice. 査読有り

    Hasegawa S, Morokoshi Y, Kanda H, Tsukamoto S, Zheng J, Tsuji AB, Furukawa T, Kakinuma S, Shimada Y, Saga T

    Carcinogenesis   33 巻 ( 11 ) 頁: 2269-75   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgs251

    PubMed

  40. Monoclonal antibody RM2 as a potential ligand for a new immunotracer for prostate cancer imaging. 査読有り

    Hasegawa Y, Oyama N, Nagase K, Fujibayashi Y, Furukawa T, Murayama Y, Arai Y, Saito S, Welch MJ, Yokoyama O

    Nuclear medicine and biology   39 巻 ( 7 ) 頁: 944-7   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2012.05.008

    PubMed

  41. Novel human monoclonal antibody against epidermal growth factor receptor as an imaging probe for hepatocellular carcinoma. 査読有り

    Sogawa C, Tsuji AB, Yoshida C, Inubushi M, Furukawa T, Koizumi M, Akahori Y, Ukai Y, Kurosawa G, Kurosawa Y, Saga T

    Nuclear medicine communications   33 巻 ( 7 ) 頁: 719-25   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MNM.0b013e3283531d68

    PubMed

  42. Radiolabeled Cu-ATSM as a novel indicator of overreduced intracellular state due to mitochondrial dysfunction: studies with mitochondrial DNA-less ρ0 cells and cybrids carrying MELAS mitochondrial DNA mutation. 査読有り

      39 巻 ( 2 ) 頁: 177-85   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2011.08.008

    PubMed

  43. Photo-excitation of carotenoids causes cytotoxicity via singlet oxygen production. 査読有り

    Yoshii H, Yoshii Y, Asai T, Furukawa T, Takaichi S, Fujibayashi Y

    Biochemical and biophysical research communications   417 巻 ( 1 ) 頁: 640-5   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2011.12.024

    PubMed

  44. The use of nanoimprinted scaffolds as 3D culture models to facilitate spontaneous tumor cell migration and well-regulated spheroid formation. 査読有り

    Yoshii Y, Waki A, Yoshida K, Kakezuka A, Kobayashi M, Namiki H, Kuroda Y, Kiyono Y, Yoshii H, Furukawa T, Asai T, Okazawa H, Gelovani JG, Fujibayashi Y

    Biomaterials   32 巻 ( 26 ) 頁: 6052-8   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biomaterials.2011.04.076

    PubMed

  45. Molecular imaging of mesothelioma by detection of manganese-superoxide dismutase activity using manganese-enhanced magnetic resonance imaging. 査読有り

    Hasegawa S, Koshikawa-Yano M, Saito S, Morokoshi Y, Furukawa T, Aoki I, Saga T

    International journal of cancer   128 巻 ( 9 ) 頁: 2138-46   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.25547

    PubMed

  46. Anticancer effect of dihydroartemisinin (DHA) in a pancreatic tumor model evaluated by conventional methods and optical imaging. 査読有り

    Aung W, Sogawa C, Furukawa T, Saga T

    Anticancer research   31 巻 ( 5 ) 頁: 1549-58   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  47. Noninvasive visualization and quantification of tumor αVβ3 integrin expression using a novel positron emission tomography probe, 64Cu-cyclam-RAFT-c(-RGDfK-)4. 査読有り

      38 巻 ( 4 ) 頁: 529-40   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2010.11.008

    PubMed

  48. Target genes of the largest human SWI/SNF complex subunit control cell growth. 査読有り

    Inoue H, Giannakopoulos S, Parkhurst CN, Matsumura T, Kono EA, Furukawa T, Tanese N

    The Biochemical journal   434 巻 ( 1 ) 頁: 83-92   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BJ20101358

    PubMed

  49. Internal radiotherapy with copper-64-diacetyl-bis (N4-methylthiosemicarbazone) reduces CD133+ highly tumorigenic cells and metastatic ability of mouse colon carcinoma. 査読有り

    Yoshii Y, Furukawa T, Kiyono Y, Watanabe R, Mori T, Yoshii H, Asai T, Okazawa H, Welch MJ, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   38 巻 ( 2 ) 頁: 151-7   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2010.08.009

    PubMed

  50. Evaluation of ferritin-overexpressing brain in newly developed transgenic mice. 査読有り

    Hasegawa S, Saito S, Takanashi J, Morokoshi Y, Furukawa T, Saga T, Aoki I

    Magnetic resonance imaging   29 巻 ( 2 ) 頁: 179-84   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mri.2010.08.013

    PubMed

  51. Tumor enhancement effect of overexpressed manganese-superoxide dismutase in manganese-enhanced MR imaging. 査読有り

    Hasegawa S, Saito S, Koshikawa-Yano M, Furukawa T, Aoki I, Saga T

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   10 巻 ( 3 ) 頁: 155-8   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  52. RGD-cyclam conjugate: synthesis and potential application for positron emission tomography. 査読有り

    Galibert M, Jin ZH, Furukawa T, Fukumura T, Saga T, Fujibayashi Y, Dumy P, Boturyn D

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   20 巻 ( 18 ) 頁: 5422-5   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2010.07.114

    PubMed

  53. Fusion protein based on Grb2-SH2 domain for cancer therapy. 査読有り

    Saito Y, Furukawa T, Arano Y, Fujibayashi Y, Saga T

    Biochemical and biophysical research communications   399 巻 ( 2 ) 頁: 262-7   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.07.066

    PubMed

  54. Basic study on SH2 domain of Grb2 as a molecular probe for detection of RTK activation. 査読有り

    Saito Y, Furukawa T, Arano Y, Fujibayashi Y, Saga T

    International journal of oncology   37 巻 ( 2 ) 頁: 281-7   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  55. Copper-64-diacetyl-bis (N4-methylthiosemicarbazone) accumulates in rich regions of CD133+ highly tumorigenic cells in mouse colon carcinoma. 査読有り

    Yoshii Y, Furukawa T, Kiyono Y, Watanabe R, Waki A, Mori T, Yoshii H, Oh M, Asai T, Okazawa H, Welch MJ, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   37 巻 ( 4 ) 頁: 395-404   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2009.12.011

    PubMed

  56. Effect of multimerization of a linear Arg-Gly-Asp peptide on integrin binding affinity and specificity. 査読有り

    Jin ZH, Furukawa T, Waki A, Akaji K, Coll JL, Saga T, Fujibayashi Y

    Biological & pharmaceutical bulletin   33 巻 ( 3 ) 頁: 370-8   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  57. Tumor uptake of radiolabeled acetate reflects the expression of cytosolic acetyl-CoA synthetase: implications for the mechanism of acetate PET. 査読有り

    Yoshii Y, Waki A, Furukawa T, Kiyono Y, Mori T, Yoshii H, Kudo T, Okazawa H, Welch MJ, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   36 巻 ( 7 ) 頁: 771-7   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2009.05.006

    PubMed

  58. A medaka model of cancer allowing direct observation of transplanted tumor cells in vivo at a cellular-level resolution. 査読有り

    Hasegawa S, Maruyama K, Takenaka H, Furukawa T, Saga T

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106 巻 ( 33 ) 頁: 13832-7   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0903999106

    PubMed

  59. Cytosolic acetyl-CoA synthetase affected tumor cell survival under hypoxia: the possible function in tumor acetyl-CoA/acetate metabolism. 査読有り

    Yoshii Y, Furukawa T, Yoshii H, Mori T, Kiyono Y, Waki A, Kobayashi M, Tsujikawa T, Kudo T, Okazawa H, Yonekura Y, Fujibayashi Y

    Cancer science   100 巻 ( 5 ) 頁: 821-7   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  60. Comparison of conventional and novel PET tracers for imaging mesothelioma in nude mice with subcutaneous and intrapleural xenografts. 査読有り

    Tsuji AB, Sogawa C, Sugyo A, Sudo H, Toyohara J, Koizumi M, Abe M, Hino O, Harada YN, Furukawa T, Suzuki K, Saga T

    Nuclear medicine and biology   36 巻 ( 4 ) 頁: 379-88   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2009.01.018

    PubMed

  61. Radio-copper-labeled Cu-ATSM: an indicator of quiescent but clonogenic cells under mild hypoxia in a Lewis lung carcinoma model. 査読有り

    Oh M, Tanaka T, Kobayashi M, Furukawa T, Mori T, Kudo T, Fujieda S, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   36 巻 ( 4 ) 頁: 419-26   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2009.01.016

    PubMed

  62. Preparation and evaluation of ethyl [(18)F]fluoroacetate as a proradiotracer of [(18)F]fluoroacetate for the measurement of glial metabolism by PET. 査読有り

    Mori T, Sun LQ, Kobayashi M, Kiyono Y, Okazawa H, Furukawa T, Kawashima H, Welch MJ, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   36 巻 ( 2 ) 頁: 155-62   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2008.11.006

    PubMed

  63. Comparison of semiquantitative fluorescence imaging and PET tracer uptake in mesothelioma models as a monitoring system for growth and therapeutic effects. 査読有り

    Saito Y, Furukawa T, Arano Y, Fujibayashi Y, Saga T

    Nuclear medicine and biology   35 巻 ( 8 ) 頁: 851-60   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2008.08.002

    PubMed

  64. Basic evaluation of FES-hERL PET tracer-reporter gene system for in vivo monitoring of adenoviral-mediated gene therapy. 査読有り

    Lohith TG, Furukawa T, Mori T, Kobayashi M, Fujibayashi Y

    Molecular imaging and biology : MIB : the official publication of the Academy of Molecular Imaging   10 巻 ( 5 ) 頁: 245-52   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11307-008-0149-0

    PubMed

  65. Alterations in manganese, copper, and zinc contents, and intracellular status of the metal-containing superoxide dismutase in human mesothelioma cells. 査読有り

    Hasegawa S, Koshikawa M, Takahashi I, Hachiya M, Furukawa T, Akashi M, Yoshida S, Saga T

    Journal of trace elements in medicine and biology : organ of the Society for Minerals and Trace Elements (GMS)   22 巻 ( 3 ) 頁: 248-55   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtemb.2008.05.001

    PubMed

  66. Potential role of ferritin heavy chain in oxidative stress and apoptosis in human mesothelial and mesothelioma cells: implications for asbestos-induced oncogenesis. 査読有り

    Aung W, Hasegawa S, Furukawa T, Saga T

    Carcinogenesis   28 巻 ( 9 ) 頁: 2047-52   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgm090

    PubMed

  67. Interleukin 6 induces the hair follicle growth phase (anagen). 査読有り

    Tanabe A, Ogawa Y, Takemoto T, Wang Y, Furukawa T, Kono H, Adachi Y, Kusumoto K

    Journal of dermatological science   43 巻 ( 3 ) 頁: 210-3   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2006.04.004

    PubMed

  68. Double-tracer autoradiography with Cu-ATSM/FDG and immunohistochemical interpretation in four different mouse implanted tumor models. 査読有り

    Tanaka T, Furukawa T, Fujieda S, Kasamatsu S, Yonekura Y, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   33 巻 ( 6 ) 頁: 743-50   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2006.05.005

    PubMed

  69. New approach to fully automated synthesis of sodium [18F]fluoroacetate -- a simple and fast method using a commercial synthesizer. 査読有り

    Sun LQ, Mori T, Dence CS, Ponde DE, Welch MJ, Furukawa T, Yonekura Y, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   33 巻 ( 1 ) 頁: 153-8   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2005.07.005

    PubMed

  70. Acquisition of resistance to antitumor alkylating agent ACNU: a possible target of positron emission tomography monitoring. 査読有り

    Kawai H, Toyohara J, Kado H, Nakagawa T, Takamatsu S, Furukawa T, Yonekura Y, Kubota T, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   33 巻 ( 1 ) 頁: 29-35   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2005.10.002

    PubMed

  71. Potential of the FES-hERL PET reporter gene system -- basic evaluation for gene therapy monitoring. 査読有り

    Furukawa T, Lohith TG, Takamatsu S, Mori T, Tanaka T, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   33 巻 ( 1 ) 頁: 145-51   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2005.07.013

    PubMed

  72. Noninvasive imaging of transplanted living functional cells transfected with a reporter estrogen receptor gene. 査読有り

    Takamatsu S, Furukawa T, Mori T, Yonekura Y, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   32 巻 ( 8 ) 頁: 821-9   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2005.06.010

    PubMed

  73. Basic characterization of 64Cu-ATSM as a radiotherapy agent. 査読有り

    Obata A, Kasamatsu S, Lewis JS, Furukawa T, Takamatsu S, Toyohara J, Asai T, Welch MJ, Adams SG, Saji H, Yonekura Y, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   32 巻 ( 1 ) 頁: 21-8   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2004.08.012

    PubMed

  74. Radiolabeled choline as a proliferation marker: comparison with radiolabeled acetate. 査読有り

    Yoshimoto M, Waki A, Obata A, Furukawa T, Yonekura Y, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   31 巻 ( 7 ) 頁: 859-65   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nucmedbio.2004.05.002

    PubMed

  75. Intra-tumoral distribution of (64)Cu-ATSM: a comparison study with FDG. 査読有り

    Obata A, Yoshimoto M, Kasamatsu S, Naiki H, Takamatsu S, Kashikura K, Furukawa T, Lewis JS, Welch MJ, Saji H, Yonekura Y, Fujibayashi Y

    Nuclear medicine and biology   30 巻 ( 5 ) 頁: 529-34   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  76. Involvement of ABC7 in the biosynthesis of heme in erythroid cells: interaction of ABC7 with ferrochelatase. 査読有り

    Taketani S, Kakimoto K, Ueta H, Masaki R, Furukawa T

    Blood   101 巻 ( 8 ) 頁: 3274-80   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2002-04-1212

    PubMed

  77. Largest subunits of the human SWI/SNF chromatin-remodeling complex promote transcriptional activation by steroid hormone receptors. 査読有り

    Inoue H, Furukawa T, Giannakopoulos S, Zhou S, King DS, Tanese N

    The Journal of biological chemistry   277 巻 ( 44 ) 頁: 41674-85   2002年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M205961200

    PubMed

  78. A zinc-finger protein, PLAGL2, induces the expression of a proapoptotic protein Nip3, leading to cellular apoptosis. 査読有り

    Mizutani A, Furukawa T, Adachi Y, Ikehara S, Taketani S

    The Journal of biological chemistry   277 巻 ( 18 ) 頁: 15851-8   2002年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111431200

    PubMed

▼全件表示

MISC 5

  1. Cu-64-ATSM internal radiotherapy to treat colon cancer acquiring resistance to antiangiogenic therapy with bevacizumab 査読有り

    Yoshii Yukie, Furukawa Takako, Yoshimoto Mitsuyoshi, Matsumoto Hiroki, Zhang Ming-Rong, Inubushi Masayuki, Fujibayashi Yasuhisa, Saga Tsuneo  

    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE57 巻   頁: .   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  2. Development of the Fibronectin Mimetic Peptide KSSPHSRN(SG)(5)RGDSP as a Novel Radioprobe for Molecular Imaging of the Cancer Biomarker alpha(5)beta(1) Integrin 査読有り

    Jin Zhao-Hui, Furukawa Takako, Kumata Katsushi, Xie Lin, Yui Joji, Wakizaka Hidekatsu, Fujibayashi Yasuhisa, Zhang Ming-Rong, Saga Tsuneo  

    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN38 巻 ( 11 ) 頁: 1722-1731   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  3. Development of drug screening system with nanoimprinting 3D culture to provide effective drugs in vivo and the accompanying PET probes for therapy monitoring 査読有り

    Yoshii Yukie, Furukawa Takako, Waki Atsuo, Itoh Manabu, Zhang Ming-Rong, Wakizaka Hidekatsu, Kiyono Yasushi, Fujibayashi Yasuhisa, Saga Tsuneo  

    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE56 巻 ( 3 ) 頁: .   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  4. Sensitized Cu-64-ATSM internal radiotherapy targeting tumor malignant regions: approach based on its biological characteristics 査読有り

    Yoshii Yukie, Furukawa Takako, Matsumoto Hiroki, Yoshimoto Mitsuyoshi, Kiyono Yasushi, Zhang Ming-Rong, Fujibayashi Yasuhisa, Saga Tsuneo  

    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE56 巻 ( 3 ) 頁: .   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  5. Microarray analysis of human breast cancer cells treated with In-111-trastuzumab modified with nuclear localizing signal peptides 査読有り

    Hasegawa Sumitaka, Li Huizi, Morokoshi Yukie, Furukawa Takako, Saga Tsuneo  

    JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE56 巻 ( 3 ) 頁: .   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

科研費 6

  1. PETイメージング剤CuATSMの腫瘍集積とNADの代謝・酸化還元バランス

    研究課題/研究課題番号:21K07670  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    古川 高子, 清野 泰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    放射性標識CuATSMは固形がんに集積し、PET診断や標的RI治療への利用が期待され、臨床研究において、CuATSM集積と予後に相関が報告されているが、CuATSMの集積が予後不良につながる理由は十分解明されていない。本研究では、これまでにCuATSMの細胞集積と治療抵抗性獲得を結ぶ可能性が示された細胞質NAD+/NADHや遺伝子発現調節因子CtBPの他に、より広範に働く機序として、NADの調節を受けるタンパク質やNADの生合成・分解に係る酵素の関与について、培養細胞や動物を用いてCuATSMの集積が予後不良につながる機序の解明を進め、CuATSM高集積がんの効果的な治療法の提案につなげる。

  2. がんの低酸素耐性・幹細胞性獲得と低酸素イメージング剤集積に関する研究

    研究課題/研究課題番号:18K07672  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    古川 高子, 清野 泰

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究課題では、低酸素腫瘍の診断や治療に用いられる放射性銅標識64Cu-ATSMの集積とがんの難治性を結ぶメカニズムに、NADH/NAD+比を介し、CtBP2の発現変化が関与するエピジェネティックな変化が関わっているかを明らかにしようとしている。
    前年度までの検討で、ヒト乳がん細胞MCF-7においては、酸素濃度5% のマイルドな低酸素条件での長期培養が、CtBP2やCD133の発現上昇を引き起こすとともに、64Cu-ATSMの細胞取り込みの増加につながることが示された。また、低酸素イメージング剤として用いられながら、腫瘍内分布や細胞取り込みに対する培養時の至適酸素濃度が64Cu-ATSMとは異なる18F-FAZAの細胞への取り込みも増加させたが、培養培地の組成を変化させて細胞質のNADH/NAD+比を操作しても18F-FAZAの細胞への取り込みは変化せず、この変化にはNADH/NAD+比の変化によって引き起こされるエピゲネティックな変化は関与していないのではないかと考えられた。
    2020年度は、これまでの結果を受け、MCF-7細胞を免疫不全マウスに移植して腫瘍モデルを作製し、in vivoにおいて64Cu-ATSMの取り込み上昇とCtBP2の発現に関係が示されるかの検討に着手した。腫瘍モデルの作製条件を検討し、実験に使用できるモデルの作製に成功し、腫瘍内の64CuとCtBP2の分布を比較した。Western blottingでは64Cu の集積が高かった部位のCtBP2の発現が64Cu の集積の低い部位に比べて高いとの結果が得られ、in vivoにおいても両者に関係がある可能性が示された。現在、両者の関係をより明確にするため、免疫染色による腫瘍内のCtBP2の発現分布の検出を進めている。
    2020年度は新型コロナウィルス感染症の影響を受け、64Cuを使用する実験が可能な福井大学を訪れることが大幅に制限され、時間を要する動物モデルの作製が予定通り進められない、動物モデルを作製しても64Cu製造日に実験できない、などの状況に陥った。また、前期においては学内での実験も困難であったため、進捗はかなり遅れている。
    今後は遅れているマウスの腫瘍モデルを用いた実験を積極的に進め、Cu-ATSM取り込み上昇とCtBPの発現、CtBP による発現調整を受ける癌関連遺伝子やCD133をはじめとするがん幹細胞マーカーの発現の関連が、in vivoで観察されるかを明らかにしていきたい。
    また、成果の学会発表や論文執筆も進めていきたいと考えている。

  3. 生体内代謝物解析のためのレーザー分光に基づく放射性炭素同位体分析法の開発

    研究課題/研究課題番号:18H03469  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    富田 英生, 古川 高子, 山本 誠一, 寺林 稜平, SONNENSCH Volker

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    A. ヒトホット試験および代謝物分析に向けたキャビティーリングダウン分光法(CRDS)に基づく放射性炭素(C-14)分析法の高感度化と代謝物分析法の開発
    CRDSに基づくC-14分析法の感度を向上させる手法として、二酸化炭素の光吸収過程における飽和効果を利用した飽和吸収CRDSがある。そこで、飽和吸収CRDSを行う実験系を構築し、信号取得に成功した。しかし、現装置では、飽和効果が低く、共振器内光強度を高める必要があることが明らかとなったため、その改善法について検討した。代謝物分析の候補化合物であるメチオニンを対象として、移動相の有機溶媒による持ち込み炭素の影響を評価し、前処理・試料導入部にて十分に低減できることが確認できた。これにより、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)とCRDSシステムをカップリングして、HPLC分画試料中のC-14分析が実現できる見通しが得られた。
    B. 代謝イメージングのための2重同位体標識薬剤の開発
    炭素同位体標識薬剤の候補化合物としてメチオニンを用いることとし、細胞を用いた代謝物解析の基礎的検討に取り掛かった。。また、マウスに経口投与したC-14標識化合物の体内位置をC-14より放出されるβ線起因の制動X線によってイメージングすることに成功した。さらに、トリチウムからβ線に起因する制動X線イメージングも実現した。
    ヒトホット試験および代謝物分析に向けた14C-CRDSの高感度化に向けた見通しが得られており、計画通り進捗している。一方、代謝物分析に関しては、分析のスループット向上にむけた試料導入法の研究を優先し、年度末にHPLC分画試料を測定する計画としていたため、一連の分画試料を測定するには至らなかったため、若干の遅れが生じた。
    マウスを用いた実験を実施し、C-14標識化合物の体内位置を体外からイメージングできることが実証されており、代謝分析に向けて順調に進捗している。薬物代謝物分析についても検討は、細胞を用いた評価などの準備が進められており、若干の遅れが見られるものの、期間内に予定している研究を進められる状況と考えている。
    14C-CRDSの高感度化につながるいくつかの方策を組み合わせることで、最適化を進める。また、代謝物分析のために要素技術の開発を進め、本手法によるHPLC分画試料測定性能の評価を行う。これらの結果をもとに、炭素同位体標識薬剤の候補化合物について、代謝物分析・イメージングの適用性を評価する予定である。

  4. Cu-ATSMの集積と細胞質NADH/NAD+比

    研究課題/研究課題番号:15K09911  2015年4月 - 2019年3月

    古川 高子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    陽電子放出Cuで標識したCu-ATSMは,一般に低酸素組織に集積するPET薬剤と捉えられており、難治癌の診断に役立つと期待されているが、Cu-ATSMの集積と低酸素の関係は明確には示されてこなかった。本研究では、ヒトがん細胞株を親株として最近開発された細胞質のNADH/NAD+比を検出できる蛍光タンパク質、Peredox、を安定して発現する株を樹立し、これらの細胞の培養条件を変化させて、その際に観察される64Cu-ATSMの細胞集積と細胞質のNADH/NAD+比を比較検討することで、生きた細胞において64Cu-ATSMの集積が細胞質の酸化還元状態に依存することを示した。
    細胞質のNADH/NAD+比をレポートする蛍光タンパク質、Peredox、を用いることで、がん細胞への64Cu-ATSM集積が、腫瘍の低酸素によって引き起こされる細胞質のNADH/NADH+比の上昇を反映していることを、生きたがん細胞において示すことが出来た。64Cu-ATSMの腫瘍細胞への集積機序と腫瘍低酸素との関係を明らかにすることで、64Cu-ATSM PETイメージングの予後予測、治療法選択における有用性の根拠となる一つの因子を提案することが出来た。

  5. Cu-ATSMの集積と細胞質NADH/NDA比

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. PETによる固形がんの代謝特性解明:効果的診断法確立に向けての基礎研究

    2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 放射化学・放射線化学及び演習

    2018

  2. 放射線管理学実験

    2018

  3. 放射線計測学Ⅱ

    2018

  4. 放射化学実験

    2018

  5. 放射線管理学

    2018