Updated on 2024/03/10

写真a

 
NAKAYAMA Natsuki
 
Organization
Graduate School of Medicine Associate professor
Graduate School
Graduate School of Medicine
Undergraduate School
School of Health Sciences
Title
Associate professor
Contact information
メールアドレス
External link

Degree 3

  1. 博士 (看護学) ( 2013.3   名古屋大学 ) 

  2. 修士 (保健学) ( 2005.3   藤田保健衛生大学 ) 

  3. 準学士 (看護学) ( 1996.3   神戸大学 ) 

Research Interests 7

  1. 自律神経活動指標

  2. 循環器疾患看護

  3. 在宅運動療法

  4. 画像解析

  5. 日常生活活動量

  6. 基礎看護学

  7. 動脈硬化

Research Areas 2

  1. Life Science / Fundamental of nursing

  2. Life Science / Clinical nursing

Current Research Project and SDGs 4

  1. 循環器疾患患者の腎機能保護に向けた在宅運動療法確立のための基礎的および臨床的 研究

  2. 自宅でできる超簡単な運動療法とその有効性及び効果測定指標の研究

  3. 過敏性腸症候群における日常生活活動量と自律神経活動指標に関する研究

  4. 心疾患患者における在宅運動療法を支援するための自律神経活動指標応用に基づいた研究

Research History 8

  1. Nagoya University   Associate professor

    2022.10

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科   総合保健学専攻 包括ケアサイエンスケア領域 看護科学 看護システム・ケア開発学   准教授

    2022.10

  3. Nagoya University   Lecturer

    2016.4 - 2022.9

      More details

    Country:Japan

  4. Chubu University   Assistant Professor

    2013.4 - 2016.3

      More details

    Country:Japan

  5. Chubu University   Assistant Professor

    2012.1 - 2013.3

      More details

    Country:Japan

  6. Chubu University   Assistant

    2007.4 - 2011.12

      More details

    Country:Japan

  7. 藤田保健衛生大学病院   看護師

    2001.1 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  8. 名古屋大学医学部附属病院   看護師

    1996.4 - 1999.3

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 3

  1. Nagoya University   Graduate School, Division of Medical Sciences

    2009.4 - 2013.3

      More details

    Country: Japan

  2. Fujita Health University   Graduate School, Division of Health Care

    2003.4 - 2005.3

      More details

    Country: Japan

  3. Kobe University

    1993.4 - 1996.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 7

  1. 日本心臓病学会   会員

  2. 電子情報通信学会 MICT研究会   専門委員

    2014.4

  3. 日本心身医学会   会員

  4. 日本看護科学学会   会員

  5. 日本看護医療学会   会員

  6. 日本神経消化器病学会

  7. 日本睡眠学会

▼display all

Committee Memberships 2

  1. 電子情報通信学会   ヘルスケア医療情報通信技術研究会幹事補佐  

    2022.5   

  2. 電子情報通信学会   ヘルスケア・医療情報通信技術研究専門委員会  

    2008.4 - 2022.5   

      More details

    Committee type:Academic society

Awards 4

  1. 第66回日本心臓病学会 セッション賞

    2018.9   日本心臓病学会   循環器疾患患者における午睡の有無が入眠後の自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山奈津紀、宮地正彦、林登志雄、平井眞理

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  2. 学術集会セッション賞

    2018.9   第66回日本心臓病学会学術集会   循環器疾患患者における午睡の有無が入眠後の自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山奈津紀, 宮地正彦, 林登志雄, 平井眞理

  3. Best Poster Award

    2017.8   Primary Health care Congrss 2017  

     More details

    Award type:Award from international society, conference, symposium, etc.  Country:United States

  4. 第38回 藤田学園医学会奨励賞

    2006   藤田学園  

     More details

    Country:Japan

 

Papers 40

  1. Increased afternoon step count increases heart rate variability in patients with cardiovascular risk factors Invited Reviewed

    Natsuki Nakayama, Masahiko Miyachi, Koji Tamakoshi, Shuji Morikawa, Koji Negi, Koji Watanabe, Yoshimi Moriwaki, Makoto Hirai

    JOURNAL OF CLINICAL NURSING   Vol. 31 ( 11-12 ) page: 1636 - 1642   2022.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:WILEY  

    Aims and objectives The present study investigated whether morning or afternoon activity is more effective at increasing the high-frequency (HF) index, a parasympathetic index, in patients with cardiovascular risk factors. Background A decreased HF index, a heart rate variability (HRV) parameter, is a well-established marker of poor cardiovascular prognosis. Because blood pressure and sympathetic tone are higher in the morning, physical activity and exercise in the afternoon has been recommended for patients with cardiovascular diseases. However, there have been no reports concerning the superior effects of afternoon exercise on parasympathetic activity and sleep. Design This observational study was a post hoc comparison. Methods Patients' physical activity was measured for 1 month to determine their habits. Patients' HF index was measured by 24-h Holter electrocardiography. The study enrolled 56 patients. Each patient's morning step count (before lunch) and afternoon step count (between lunch and dinner) were compared. We adhered to the STROBE guidelines in the present study. Results Thirty-one patients took more steps in the morning, and 25 patients took more steps in the afternoon. The present study showed that those who took more steps in the afternoon had a significantly higher HF index during the first hour after sleep onset and during sleep than those who took more steps in the morning (p = .003, .047). Conclusions The present study showed that those who took more steps in the afternoon had a significantly higher HF index during the first hour after sleep onset and a higher HF index during sleep than those who took more steps in the morning. Relevance to clinical practice Exercise in the afternoon may improve the prognosis in patients with cardiovascular disease by not only preventing excessive blood pressure, afterload, and sympathetic tone but also positively influencing the parasympathetic system and sleep.

    DOI: 10.1111/jocn.16018

    Web of Science

    PubMed

  2. Improved sympathetic activity with short-term effects of yoga in young adults Invited Reviewed

    Holistic Nursing Practice     2024

     More details

    Authorship:Lead author  

  3. Role of peer learning and self-efficacy in parasympathetic activity during the simulation learning process in nursing students Invited Reviewed

    Natsuki Nakayama Harumi Ejiri Naoko Arakawa Tsuneko Makino

    Nursing Open     2022.7

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1002/nop2.132

  4. Decreased continuous sitting time increases heart rate variability in patients with cardiovascular risk factors. Invited Reviewed

    Nakayama N, Miyachi M, Tamakoshi K, Hayashi T, Negi K, Watanabe K, Hirai M

    PloS one   Vol. 16 ( 6 ) page: e0253399   2021

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:English  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0253399

    Web of Science

    PubMed

  5. Stress and anxiety in nursing students between individual and peer simulations. Invited Reviewed International journal

    Natsuki Nakayama, Harumi Ejiri, Naoko Arakawa, Tsuneko Makino

    Nursing open   Vol. 8 ( 2 ) page: 776 - 783   2021.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    BACKGROUND: The use of high-fidelity simulation practice as an educational tool is becoming increasingly prevalent in nursing education. Despite the learning effects of simulation practice, students have been shown to experience high levels of stress and anxiety during simulation. In recent years, peer learning has been defined as an acquisition of knowledge and skills through active support and support among equal or equal peers and has been shown to be an effective educational intervention for clinical health science students. AIM: The purpose of this study was to incorporate peer learning into simulation learning and to clarify the differences between stress and anxiety during personal and peer simulations. METHOD: Third-grade undergraduate students in a four-year course at two nursing universities participated in this study. In this study, the simulated patient was a 53-year-old man who had undergone gastrectomy for the treatment of gastric cancer. The scenario was that the patient had completely recovered consciousness in the operating room, and his tracheal tube had been removed one hour before the students examined him. Stress while simulation training was evaluated with heart rate variability. Anxiety was evaluated by the STAI after the simulations were complete. RESULTS: Personal simulation practice (personal group; n = 50) and peer simulation practice (peer group, n = 59) was conducted. The personal group included 7 male students, and the peer group included 12 male students; the difference in male proportion was not significant. At the first patient assessment phase, stress of heart rate variability components at the peer group significantly increased relative to that of the personal. In addition, the personal had a significantly higher state anxiety score after simulation than the peer. CONCLUSION: This study shows that in the face-to-face scene involving vital sign measurements, the presence of peers did not objectively alleviate stress.

    DOI: 10.1002/nop2.680

    Web of Science

    PubMed

  6. Views of Generation Z regarding Care and Care Careers: A Four Country Study Invited Reviewed

    Ann Gallagher, Aoife Lane, Caroline Egan,Katsumasa Ota, Keiko Aoishi,Natsuki Nakayama, Nataliya Kasimovskaya, Elena Fomina, Natalia Geraskina, Anna Shalakhova, Anna Cox

    International Journal of Care and Caring     2021.10

  7. Increased Activity in Patients with Cardiovascular Risk Factors Increases Heart Rate Variability. Reviewed International journal

    Natsuki Nakayama, Masahiko Miyachi, Koji Tamakoshi, Koji Negi, Koji Watanabe, Makoto Hirai

    Western journal of nursing research   Vol. 42 ( 6 ) page: 431 - 436   2020.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    This study evaluated the effect of increased physical activity on high-frequency (HF) heart rate variability (HRV) during the first hour after sleep onset in patients with hypertension and/or stable angina pectoris. Physical activity and HF were measured using activity monitors and 24-hour Holter monitors at baseline and 6 months later. The physical activity increased in 28 patients (increase group) and decreased in 20 patients (decrease group) after 6 months. In this study, after 6 months, compared to the decreased physical activity group, the increased physical activity group showed a significant increase in the HF index during the first hour after sleep onset. Therefore, the increase in the HF index may have been due to the increase in physical activity. An increase in physical activity suggests that the quality of sleep early in the sleep cycle may be improved, which may affect the patient's prognosis.

    DOI: 10.1177/0193945919864700

    Web of Science

    PubMed

  8. Napping Improves HRV in Older Patients With Cardiovascular Risk Factors. Reviewed International journal

    Natsuki Nakayama, Toshio Hayashi, Masahiko Miyachi, Koji Negi, Koji Watanabe, Makoto Hirai

    Western journal of nursing research   Vol. 41 ( 9 ) page: 1241 - 1253   2019.9

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Heart rate variability (HRV), especially increased high frequency (HF), has been reported to provide clinically useful prognostic information regarding cardiovascular disease. Napping is an excellent sleep management strategy in older adults. This study was conducted to clarify the effect of napping on HRV in older adult patients with cardiovascular risk factors. The patients were divided into two groups: one group of 32 patients who reported napping (nap group) and another group of 45 patients who did not report napping (nonnap group). The HRV was calculated in terms of the HF component over 24 hr during wakefulness, sleep, and 1 hr after sleep onset. The HF in the nap group was significantly higher than that in the nonnap group during all times measured. In addition, napping was a significant predictor of increased HF. This study shows the effectiveness of napping in the daily lives of patients with cardiovascular risk factors.

    DOI: 10.1177/0193945918824603

    Web of Science

    PubMed

  9. Heart rate variability can clarify students' level of stress during nursing simulation. Reviewed International journal

    Natsuki Nakayama, Naoko Arakawa, Harumi Ejiri, Reiko Matsuda, Tsuneko Makino

    PloS one   Vol. 13 ( 4 ) page: e0195280   2018

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Simulation is regarded as an effective educational method for the delivery of clinical scenarios. However, exposure to unfamiliar environments during simulation can cause excessive stress among students, possibly leading to unnatural speech/behavior and poor skill learning (Yerkes-Dodson's law). Thus, assessing students' stress in a simulation can provide educators with a better understanding of their mental state. This study sought to clarify stress changes throughout the progression of the simulation by measuring heart rate variability and students' subjective reactions in 74 nursing students. Heart rate variability was calculated in terms of its high-frequency (HF) and low-frequency/high-frequency (LF/HF) components during 4 phases-the break, patient care, reporting, and debriefing. Students were interviewed about stress experienced during the simulation. The results showed that HF decreased significantly from the break to the patient care and reporting phases. Furthermore, LF/HF increased significantly from the break to the reporting phases. Approximately 55 students felt stressed during the simulation, 24 of whom felt most stressed during the reporting phase. Therefore, the reporting phase involved high objective and subjective stress. It may be possible that the educator's evaluative attitude increased students' stress. Therefore, a stress intervention during the reporting phase might further improve students' performance during that phase. The debriefing phase did not significantly differ from the break phase for objective stress, and students did not report feeling stressed. Thus, in this phase, they were released from the stress of the reporting phase and the unfamiliar environment. During this phase, they might be able to learn what they could not understand owing to high stress in the patient care and reporting phases. This study provides objective and subjective evidence of students' stress during simulation, and indicates the necessity of providing support during the reporting phase and the importance of debriefing when using clinical scenarios for teaching clinical skills.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0195280

    Web of Science

    PubMed

  10. The influence of nursing intervention on grip strength and physical activity in patients with cardiovascular disease Reviewed

      Vol. 13 ( 2 ) page: 37-44   2018.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. Life activities improve heart rate variability in patients with mild hypertension and/or the initial stage of heart failure. Reviewed

    Natsuki Nakayama, Koji Negi, Koji Watanabe, Makoto Hirai.

      Vol. 23   page: 367-373   2013

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. 待機的経皮的冠動脈インターベンション後の虚血性心疾患患者のQOL評価―メタルステント留置患者と薬剤溶出性ステント留置患者間の比較― Invited Reviewed

    中山奈津紀、柴山健三、澤崎文子、大久保紀江、竹松百合子、長谷部ゆかり、小寺直美、宮下照美、一柳美稚子、山田智恵、西田洋、倉田亮子、石井潤一

    藤田学園医学会誌   Vol. 31   page: 7-10   2007

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. 待機的冠動脈インターベンション後6か月における虚血性心疾患患者のQOL評価 Reviewed

    中山奈津紀、柴山健三、小寺直美、吉母さとみ、宮下照美、一柳美稚子、青山ゆかり、山田智恵、西田洋、中村純子、夫馬亮子、石井潤一

    藤田学園医学会誌   Vol. 29   page: 91-101   2005

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 過敏性腸症候群患者の症状重症度と身体活動およびQOLに関する前向き横断研究 Reviewed

    河野 葵, 中山 奈津紀, 金子 宏

    日本心療内科学会誌   Vol. 24 ( 1 ) page: 9 - 17   2020.2

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(NPO)日本心療内科学会  

    本研究の目的は、IBS患者において症状が重い患者は身体活動量が少ないという仮説を検証し、QOLとの関係を明らかにすることであった。対象者はRome IV基準にてIBSと診断された成人患者30名であった。A)IBSSI-J(The Japanese version of the Irritable Bowel Syndrome Severity Index)の得点が301点以上の重症群(n=12、43(22〜70)歳)、300点以下の非重症群(n=18、48(31〜79)歳)に群分けし、IBS-QOL-J(The Japanese version of the Irritable Bowel Syndrome Quality of Life)の得点と身体活動量を比較した。B)身体活動量とIBSSI-Jの得点、身体活動量とIBS-QOL-Jの得点の相関係数を求めた。A)IBS-QOL-Jの総得点と憂うつ、活動制限、社会生活の下位尺度で、重症群が非重症群に比べて有意に低かった(p=0.022、0.007、0.043、0.025)。重症群の低強度活動量が非重症群に比べて有意に少なかった(p=0.017)。B)低強度活動量は、IBSSI-Jの総得点、腹部膨満感、排便満足感、およびIBS-QOL-Jの食事回避との間に有意な相関関係を認めた(r=-0.410、-0.471、-0.528、0.364)。IBS症状が重い患者は身体活動量が少ないという仮説は支持され、特に低強度の活動量が少ないことが示された。(著者抄録)

  15. 循環器疾患患者における外来看護介入が握力と身体活動量に及ぼす影響 Reviewed

    中山 奈津紀, 平井 眞理

    日本循環器看護学会誌   Vol. 13 ( 2 ) page: 1 - 8   2018.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本循環器看護学会  

    <研究目的>循環器疾患患者において外来における継続的な看護介入を評価することは重要である。本研究は、握力運動を促す器具の貸与と看護師における継続的な面接が、患者の握力と身体活動量に与える影響について明らかにすることが目的だった。<方法>対象は循環器疾患で内服治療を継続している患者19名[75(60-84)歳]とした。研究開始時に握力測定を行い、活動量計(1ヵ月間)と握力運動器具を貸与した。看護師は毎月20分程度の食事、睡眠、活動に関する面接を実施した。6ヵ月後に活動量計(1ヵ月間)と握力測定を実施した。<結果>研究開始時と6ヵ月後の握力と身体活動量について、握力、身体活動量全体が有意に増加していた。<結論>握力運動の自主的な促しを含めた継続的な看護介入は、握力増強と身体活動量を増加させることが明らかとなった。(著者抄録)

  16. 看護学生のシミュレーション演習における観察項目とアセスメントに基づく演習方法の検討 Invited Reviewed

    江尻 晴美, 荒川 尚子, 中山 奈津紀, 田口 博子, 大屋 富彦, 田中 美帆, 富井 友香, 山本 司

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌   Vol. 10   page: 51 - 56   2022.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本シミュレーション医療教育学会  

    【目的】開腹術後患者を設定したシミュレーション演習(演習)における呼吸及び循環に関する観察項目とアセスメントの内容を明らかにして、演習方法を検討する。【方法】看護系大学の3、4年生に対して演習を行い、25名分の記録用紙に記載された内容を分析した。演習は喫煙歴があり高血圧を既往にもつ開腹術後患者を設定した。対象者は、個人で全身麻酔による生体侵襲の学習を事前学習した後に、グループで知識を共有して演習では開腹術後患者の観察とアセスメントを行い、記録用紙に記載した。記録用紙は、2年次の講義の際に使用したものと同様の形式とした。分析方法は、観察項目はテキスト分析を行い、アセスメントは質的に分析を行った。【結果】記載された呼吸に関する観察項目は、経皮的動脈血酸素飽和度(88%)、呼吸回数(56%)、呼吸音(48%)、などであった。循環に関する観察項目は、体温(84%)、血圧(76%)、末梢冷感(60%)などであった。また、患者の嗜好や既往歴から状態をアセスメントした記述は対象者の半数以下であった。【考察・結論】術後患者を設定した演習では、観察及びアセスメントの不足が明らかになった。prebriefingとして、事前学習とシミュレーション学習を関連付けることで、観察とアセスメントを充実させる工夫や、時間配分の検討が必要と考える。(著者抄録)

  17. Quality of life and physical activity after 3 months in patients with irritable bowel syndrome: A prospective cross-sectional study Reviewed

      Vol. 26 ( 1 ) page: 3 - 13   2022.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. 過敏性腸症候群患者における3か月後のQOL及び身体活動量 Quality of life and physical activity after 3 months in patients with irritable bowel syndrome: A prospective cross-sectional study Invited Reviewed

    中山 奈津紀

    日本心療内科学会誌   Vol. 13   page: 3 - 13   2022

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author  

    CiNii Research

  19. Views of Generation Z regarding Care and Care Careers: A Four Country Study Invited Reviewed

    Ann Gallagher, Aoife Lane, Caroline Egan,Katsumasa Ota, Keiko Aoishi,Natsuki Nakayama, Nataliya Kasimovskaya, Elena Fomina, Natalia Geraskina, Anna Shalakhova, Anna Cox

    International Journal of Care and Caring     2021.10

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:International Journal of Care and Caring  

  20. 多職種連携教育ワークショップ参加後のチームワークの重要性に関する認識 Invited Reviewed

    中山 奈津紀

    日本シミュレーション医療教育学会誌 第9号 53-58   Vol. 9   page: 53 - 58   2021

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author  

    CiNii Research

  21. Anxiety and mood change of nursing students in simulation exercise by cooperative learning Invited Reviewed

    EJIRI Harumi, NAKAYAMA Natsuki, ARAKAWA Naoko, MAKINO Tsuneko

    Journal of Japan Association for Simulation-based Education in Healthcare Professionals   Vol. 9 ( 0 ) page: 24 - 29   2021

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publisher:Japan Association for Simulation-based Education in Healthcare Professionals  

    The purpose of this study was to clarify the changes in the anxiety and mood of nursing students during a simulation exercise involving cooperative learning. We measured the state of anxiety and mood before and after a simulation exercise in 3rd and 4th grade nursing students, using State-Trait Anxiety Inventory- Form (STAI) -JYZ, and Profile of Mood States 2nd Edition-Adult Short (POMS2-A Short). The simulation exercise was intended to train the subjects on observation and assessment of a patient who had undergone laparotomy. The STAI scores measured after the simulation exercise were significantly reduced (p = 0.021). On the other hand, in regard to the POMS2-A score, significant reductions of the overall mood scores and scores on the items of anger- hostility and tension-anxiety were observed after the simulation exercise (p < 0.001, p < 0.001, p = 0.014, respectively). These results suggest that simulation exercises involving cooperative learning may diminish the negative emotions in nursing students.

    DOI: 10.50950/jasehp.2021-09-04

    CiNii Research

  22. 共同学習を用いたシミュレーション演習における看護学生の不安と気分の変化 Invited Reviewed

    中山 奈津紀

    日本シミュレーション医療教育学会誌 第9号 24-29   Vol. 9   page: 24 - 59   2021

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author  

    CiNii Research

  23. Undergraduate students' perceptions of the importance of teamwork after participating in Interprofessional Education Workshop Program Invited Reviewed

    ARAKAWA Naoko, EJIRI Harumi, NAKAYAMA Natsuki, KITATSUJI Koji, BABA Reizo, MAKINO Tsuneko

    Journal of Japan Association for Simulation-based Education in Healthcare Professionals   Vol. 9 ( 0 ) page: 53 - 58   2021

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publisher:Japan Association for Simulation-based Education in Healthcare Professionals  

    Interprofessional collaboration, an important factor for medical safety and high-quality care, is strongly recommended for the education of undergraduate medical and paramedical students, as it promotes the attitude for learning together and knowing each other. In the present study, we tried to clarify the recognition of the importance of teamwork among paramedical students who had participated in our interprofessional education workshop program. Twenty-two paramedical students participated in the program. Text analyses of the free descriptions of their experiences and recollections of the workshop program have shown that the participants have recognized the importance of sharing information as to their patients, the performance of which requires tight collaboration and teamwork among them.

    DOI: 10.50950/jasehp.2021-09-09

    CiNii Research

  24. 福祉の現場から タイ農村部における保健活動記録電子化の効果 Invited Reviewed

    荒川 尚子, 太田 勝正, 中山 奈津紀, 江尻 晴美

    地域ケアリング   Vol. 22 ( 13 ) page: 44 - 48   2020.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(株)北隆館  

    近年、タイ農村部では糖尿病などの慢性疾患患者の増加に伴い、保健活動記録負担も増加している。本研究では、現地スタッフと共にデータベースシステムの開発により保健活動記録を電子化し、運用試験を実施した。開発されたシステムは、現場の業務負担を増大することなく、一定の質を保った情報を効果的に集約できる可能性が示唆された。(著者抄録)

  25. 過敏性腸症候群の症状重症度と身体活動量およびQOLに関する前向き横断研究 Invited Reviewed

    中山 奈津紀

    日本心療内科学会誌   Vol. 24   2020

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author  

    CiNii Research

  26. O-067 看護基礎教育における術後患者を設定したシミュレーションの方法の違いによる不安得点の比較 Invited Reviewed

    江尻 晴美, 中山 奈津紀, 荒川 尚子, 松田 麗子, 牧野 典子

    日本看護研究学会雑誌   Vol. 42 ( 3 ) page: 3_444 - 3_444   2019.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人 日本看護研究学会  

    DOI: 10.15065/jjsnr.20190731103

    CiNii Research

  27. 看護基礎教育における中/高忠実度シミュレータを使用した教育に関する研究の動向 Reviewed

    江尻 晴美, 荒川 尚子, 松田 麗子, 中山 奈津紀

    看護科学研究   Vol. 17 ( 2 ) page: 37 - 44   2019.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:大分県立看護科学大学看護研究交流センター  

    【目的】看護基礎教育で中/高忠実度シミュレータを用いたシミュレーション教育について、過去10年の研究論文を検討し、研究の動向を明らかにした。【方法】文献の本文を主な分析対象とした。医学中央雑誌Web版にてキーワードをシミュレーション教育、看護基礎教育等として検索した後、中/高忠実度シミュレータを使用した文献に絞った。精神・母性・小児・保健領域の研究は除外し、主題分析にて主題を明確化し、対象学年、研究デザインを明らかにした。【結果】16件の研究は主題分析により<学生の学びおよび体験の明確化><シミュレーション教育のアウトカム><シミュレーション演習による生理的・心理的影響><プログラム設計、評価ツールの開発と評価>の4カテゴリに分類された。前者2つのカテゴリが16件中13件を占めた。【考察】<学生の学びおよび体験の明確化><シミュレーション教育のアウトカム>についての研究が多く、これらの主題への研究者の関心の高さが推察できた。今後は、介入前後での比較や客観的な評価、理論的背景に基づいたプログラム開発などの研究の充実が必要である。(著者抄録)

  28. Trends in the studies on high- and intermediate-fidelity simulation-based training in basic nursing education in Japan Invited Reviewed

    Ejiri Harumi, Arakawa Naoko, Matsuda Reiko, Nakayama Natsuki

    Japanese Journal of Nursing and Health Sciences   Vol. 17 ( 2 ) page: 37 - 44   2019

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author   Language:Japanese   Publisher:Oita University of Nursing and Health Sciences The Center for Nursing Education, Research and Collaboration (CNERC)  

    AIM: The purpose of this study was to determine the trends in research on high- and intermediate-fidelity
    simulation-based learning in undergraduate nursing education during the last decade in Japan. METHODS: A review
    was conducted of studies published in the ICHUSHI (Japan Medical Abstract) database. We searched the database
    using simulation education, basic nursing education, etc, as keywords. Then, we focused on the literature using a
    medium/high fidelity simulator. Studies in the psychiatric, maternity, pediatric and public health fields were excluded.
    The literature was analyzed using thematic analysis. FINDINGS: A total of 16 articles were identified and categorized,
    and the following four categories were extracted: clarification of the contents of learning and experiences of the
    students, outcomes of simulation-based learning, the physiological and mental effects of simulation-training, and
    development and evaluation of a simulation program and assessment tools. The former two categories accounted
    for 13 cases. DISCUSSION: There was much research on clarification of the contents of learning and experiences of
    the students, and outcomes of simulation-based learning, so the high interest of researchers could be inferred. In the future, it is necessary to compare before and after the intervention, objective evaluation, and program development based on theoretical background.

    DOI: 10.20705/jjnhs.17.2_37

    CiNii Research

  29. 5) 術後患者を設定したシミュレーション演習による学生の気分及び不安の変化 Invited Reviewed

    江尻 晴美, 中山 奈津紀, 松田 麗子, 荒川 尚子, 牧野 典子

    日本看護研究学会雑誌   Vol. 41 ( 3 ) page: 3_378 - 3_378   2018.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:一般社団法人 日本看護研究学会  

    DOI: 10.15065/jjsnr.20180726044

    CiNii Research

  30. 循環器疾患患者における外来看護介入が握力と身体活動量に及ぼす影響 Invited Reviewed

    中山 奈津紀, 平井 真理

    日本循環器看護学会誌   Vol. 13(2)   page: 37 - 44   2018

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author  

    CiNii Research

  31. 循環器疾患患者における外来看護介入が握力と身体活動量に及ぼす影響 The influence of nursing intervention on grip strength and physical activity in patients with cardiovascular disease Invited Reviewed

    中山 奈津紀

    日本循環器看護学会誌   Vol. 13(2)   page: 37 - 44   2018

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author  

    CiNii Research

  32. 看護学生の不安と看護実践行動の関係 看護場面のシミュレーションによる検証 Reviewed

    梅田 奈歩, 江尻 晴美, 松田 麗子, 中山 奈津紀, 牧野 典子

    中部大学生命健康科学研究所紀要   Vol. 13   page: 45 - 51   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:中部大学生命健康科学研究所  

    本研究の目的は、術後看護場面のシミュレーションにおいて看護学生の不安と看護実践行動との関係性を検証し、不安状態にある看護学生の看護実践に対する評価や教育的介入についての示唆を得ることであった。被験者は、急性期看護実習を控えた看護大学生72名である。被験者には不安に関する自記式質問紙に回答後、手術直後の場面が再現された実験室にてシミュレータ人形に対して看護実践課題として呼吸状態の観察を行ってもらい、研究者らが独自に作成した基準をもとに評価した。実施前の不安と看護実践課題成績との関係性を相関分析および一元配置分散分析(多重比較)を用いて検証した。その結果、看護学生において不安と看護実践課題の成績に有意な関連は認められなかった。本研究におけるシミュレーションによる検証では看護学生において実施前の不安と看護実践に関係性は認められず、不安状態にある看護学生は、必ずしも看護実践に支障が生じるとはいえないことが明らかとなった。(著者抄録)

  33. 高性能シミュレータ演習における看護学生の観察と緊張

    江尻晴美、中山奈津紀、松田麗子、梅田奈歩、牧野典子

    中部大学生命健康科学研究所紀要   Vol. 11   page: 36-42   2015

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  34. 成人急性期看護学Ⅰにおける看護学生の学習傾向と課題―事前学習課題〝わからない用語調べ”より―

    江尻晴美、中山奈津紀、牧野典子

    中部大学教育研究   Vol. 14   page: 39-44   2014

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  35. 成人急性期看護学における協同的学び合いを取り入れた事前学習セッションの提案 

    牧野典子、江尻晴美、中山奈津紀

    中部大学教育研究   Vol. 14   page: 75-79   2014

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  36. ペースメーカ治療患者における電磁波障害等に対する認識に関する研究 Reviewed

    梅村美也子、服部美穂、中山奈津紀、神谷美香、平井眞理

    日本循環器看護学会誌   Vol. 8   page: 63-74   2013

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  37. 慢性腎臓病患者に対する生活指導における患者自身の認識に関する研究  Reviewed

    松田友香里、服部 美穂、今井美香、中山奈津紀、平井 眞理

    日本看護医療学会誌   Vol. 14   page: 46-52   2012

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  38. 待機的経皮的インターベンション後在宅で治療した虚血性心疾患患者のQOL評価 Reviewed

    長谷部ゆかり、小島重子、森脇佳美、加藤彩、齊藤文子、竹松百合子、宮下照美、中山奈津紀、柴山健三

    日本心血管インターベンション治療学会   Vol. 3   page: 55-59   2011

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  39. 糖尿病患者と非糖尿病患者の急性心筋梗塞患者退院後1年間のQuality of Lfie (QOL)比較 Reviewed

    宮下照美、柴山健三、吉母さとみ、一柳美稚子、澤崎文子、小寺直美、中山奈津紀、石井潤一

    日本集中治療医学会雑誌   Vol. 115   page: 99-100   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  40. 慢性心不全患者のQuality of Life評価:ACC/AHAのガイドラインステージで分類した患者群間の比較 Reviewed

    澤崎文子、柴山健三、竹松百合子、大久保紀江、一柳美稚子、宮下照美、中山奈津紀、小寺直美、山田智恵、長谷部ゆかり、倉田亮子、石井潤一

      Vol. 50   page: 253-258   2007

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

MISC 4

  1. Anxiety and mood change of nursing students in simulation exercise by cooperative learning

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 = Journal of Japan Association for Simulation-based Education in Healthcare Professionals   Vol. 9   page: 24 - 29   2021

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本シミュレーション医療教育学会  

  2. Undergraduate students' perceptions of the importance of teamwork after participating in Interprofessional Education Workshop Program

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌 = Journal of Japan Association for Simulation-based Education in Healthcare Professionals   Vol. 9   page: 53 - 58   2021

     More details

    Language:Japanese   Publisher:日本シミュレーション医療教育学会  

  3. 看護大学生における複数回実施したシミュレーション演習中の心拍変動の検討

    中山 奈津紀, 江尻 晴美, 松田 麗子, 荒川 尚子, 牧野 典子

    日本看護科学学会学術集会講演集   Vol. 37回   page: [O10 - 5]   2017.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本看護科学学会  

  4. 臨地実習前後における反復シミュレーション演習中の心拍数と不安及び学習課題達成の変化

    江尻 晴美, 中山 奈津紀, 梅田 奈歩, 松田 麗子, 荒川 尚子, 牧野 典子

    日本看護科学学会学術集会講演集   Vol. 37回   page: [O33 - 5]   2017.12

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本看護科学学会  

Presentations 180

  1. How do we lead Generation Z into nursing careers? International conference

    K.Ota, M.Takizawa, Y.Niimi, K.Shimazaki, C.sone, N.Nakayama

    International Council of Nurses (ICN) Congress 2023  2023.7.3  International Council of Nurses

     More details

    Event date: 2023.7

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:The Palais des congrès de Montréal   Country:Canada  

  2. A Web-based Survey: Symptoms of post intensive care syndrome and Needs of medical consultation after discharge from Intensive Care Units in Japan

    Harumi Ejiri,Akemi Ogata,Teru Matsuda,Hidemoto Makise,Naoko Arakawa,Natsuki Nakayama,Tomihiko Daioku,Yukihiro Mori,Syuji Nomoto

    ASIA PACIFIC INTENSIVE CARE SYMPOSIUM 2023   2023.8.19 

     More details

    Event date: 2023.8

    Country:Singapore  

  3. The Impact of participation in Interprofessional Education on Anxiety and Self-Efficacy: A Workshop for Nursing and Paramedic Students in Japan

    Naoko Arakawa, Harumi Ejiri, Natsuki Nakayama, Tsukasa Yamamoto1, Tomohiko Daioku1, Miho Tanaka1, Yoshimi Moriwaki2, Yuka Tomii, Koji Kitatsuji, Reizo Baba, Teru Matsuda, Motoki Ito, Yukihiro Mori

    East Asian Forum on Nursing Science (EAFONS) 2024  2023.3.7  East Asian Forum on Nursing Science

     More details

    Event date: 2023.3

    Venue:香港   Country:Hong Kong  

  4. Development of an Information-Sharing System to Bridge the Information Gap Among Health Professionals in the Thai Rural Community

    Naoko Arakawa, Patcharin Phunthawee, Natsuki Nakayama, Hiroyasu Usami, Katsumasa Ota, Yuri Suzuki

    East Asian Forum on Nursing Science (EAFONS) 2024  2023.3.7  East Asian Forum on Nursing Science

     More details

    Event date: 2023.3

    Country:Hong Kong  

  5. 睡眠時無呼吸症候群患者の重症度による自律神経活動指標の心疾患予備群患者との比較

    中山奈津紀、森脇佳美、赤堀真富果、若井正一、森川修司、河野葵、大壁颯太、新原桃香、北恵都子、片岡萌々華、丹羽史織、平井眞理

    第71回日本心臓病学会  2023.9.8  日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2023.9

    Venue:京王プラザ   Country:Japan  

  6. 循環器疾患患者における夜間の睡眠時間が自律神経活動指標に与える影響

    中山奈津紀、森脇佳美、大島千佳、片岡萌々華、河野葵、大壁颯太、新原桃香、北恵都子、栗田操、岩田千代、玉腰浩司、平井眞理

    第88回 日本循環器学会   2024.3.8  日本循環器学会 

     More details

    Event date: 2024.3

    Venue:神戸   Country:Japan  

  7. Heart Rate Variability during working hours and breaks among Intensive Care Unit Nurses on a day shift with long hours.

    2023.7.1 

     More details

    Event date: 2023.7

    Country:Japan  

  8. 睡眠時無呼吸症候群患者における年齢の差異が自律神経活動指標に与える影響

    相澤里佳、中山奈津紀、新原桃香、大壁颯太、森脇佳美、河野葵、片岡萌々華、栗田操、岩田千代、赤堀真富果、若井正一

    日本睡眠学会第45回定期学術集会  2023.9.15  日本睡眠学会

     More details

    Event date: 2023.9

    Venue:横浜   Country:Japan  

  9. 閉塞性睡眠時無呼吸患者の肥満度による自律神経活動指標の差異

    新原 桃香、中山 奈津紀、大壁 颯太、森脇 佳美、河野 葵、岩田 千代、栗田 操、片岡 萌々華、相澤 里佳、赤堀 真富果、若井 正一

    日本睡眠学会第45回定期学術集会  2023.9.15  日本睡眠学会

     More details

    Event date: 2023.9

    Venue:横浜   Country:Japan  

  10. 睡眠時無呼吸症候群における入眠初期の睡眠ステージおよび心拍変動

    森脇佳美、中山奈津紀、赤堀真富果、若井正一、森川修司、大島千佳、栗田操、玉腰浩司、平井眞理

    第88回 日本循環器学会  2024.3.10  日本循環器学会

     More details

    Event date: 2024.3

    Venue:神戸   Country:Japan  

  11. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者の診断時における重症度と自律神経活動に関する検討

    大壁颯太、中山奈津紀、新原桃香、森脇佳美、河野葵、岩田千代、栗田操、 片岡萌々華、相澤里佳、荒木祐哉、赤堀真富果、若井正一

    日本睡眠学会第45回定期学術集会  2023.9.15  日本睡眠学会

     More details

    Event date: 2023.9

    Venue:横浜   Country:Japan  

  12. 睡眠時無呼吸症候群患者の重症度による入眠初期の心拍変動および睡眠ステージの比較

    森脇佳美、中山奈津紀、赤堀真富果、若井正一、森川修司、河野葵、大壁颯太、新原桃香、北恵都子、丹羽史織、玉腰浩司、平井眞理

    第71回日本心臓病学会  2023.9.8  日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2023.9

    Venue:京王プラザ(東京)   Country:Japan  

  13. Impact of Gum Chewing on the Autonomic Nervous System and Work Efficiency

    Chiyo Iwata, Natsuki Nakayama, Sota Okabe, Momoka Nihara, Yoshimi Moriwaki

    Yonsei Nagoya University Research Exchange Meeting on Health Sciences 2023  2023.11.11  Yonsei Nagoya University

     More details

    Event date: 2023.11

    Country:Japan  

  14. Impact Of Gum Chewing In Daily Life on Autonomic Nervous System Activity

    Misao Kurita, Natsuki Nakayama, Yuki Kuno,Chiyo Iwata, Sota Okabe, Momoka Nihara, Yoshimi Moriwaki

    Yonsei Nagoya University Research Exchange Meeting on Health Sciences 2023  2023.11.11  Yonsei Nagoya University

     More details

    Event date: 2023.11

    Country:Japan  

  15. Z世代のケアならびにケアの担い手に対するイメージについて ―高校生へのアンケート調査から―

    太田勝正、前田樹海、青石恵子 、中山奈津紀 新實夕香理 、嶋﨑和代 、山田聡子

    日本看護倫理学会 第16回年次大会   2023.6.3  日本看護倫理学会

     More details

    Event date: 2023.6

    Language:Japanese  

    Venue:聖路加国際大学   Country:Japan  

  16. 睡眠時無呼吸症候群患者と不眠症患者の入眠初期における心拍変動の比較

    森脇佳美、中山奈津紀、赤堀真富果、若井正一、大壁颯太、河野葵、相澤里佳、新原桃香、玉腰浩司、平井眞理

    第70回心臓病学会学術集会  2022.9.25 

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  17. 睡眠時無呼吸症候群患者と循環器疾患予備群患者における睡眠中の心拍変動の違い

    中山奈津紀、赤堀真富果、若井正一、森川修司、森脇佳美、河野葵、大壁颯太、平井眞理

    第70回心臓病学会学術集会  2022.9.23 

     More details

    Event date: 2022.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  18. 閉塞性睡眠時無呼吸の重症と診断された高齢者における 心拍変動の特徴

    新原桃香、中山奈津紀、相澤 里佳、大壁颯太、荒木祐哉、森脇佳美、河野葵、赤堀真富果、若井正一

    日本睡眠学会第47回定期学術集会  2022.6.30 

     More details

    Event date: 2022.6 - 2022.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:京都府   Country:Japan  

  19. 睡眠障害を自覚した患者の 睡眠ステージにおける自律神経活動指標の特徴

    大壁颯太、中山奈津紀、後藤直哉、森脇佳美、相澤里佳、新原桃香、河野葵、赤堀真富果、若井正一

    日本睡眠学会第47回定期学術集会  2022.7.1 

     More details

    Event date: 2022.6 - 2022.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:大阪府  

  20. 睡眠時無呼吸症候群患者の年齢の差異による持続陽圧呼吸療法が心拍変動に与える影響

    相澤里佳、中山奈津紀、新原桃香、大壁颯太、荒木祐哉、森脇佳美、河野葵、赤堀真富果、若井正一

    日本睡眠学会第47回定期学術集会  2022.6.30 

     More details

    Event date: 2022.6 - 2022.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:京都府   Country:Japan  

  21. Study of the short term autonomic nervous system activity with yoga in general adults

    2022.6.25 

     More details

    Event date: 2022.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  22. Study on the autonomic nervous system activity and exercise habits after aerobics in the general adult population

    2022.6.26 

     More details

    Event date: 2022.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  23. 集中治療室看護師の勤務中の心拍変動と活動強度に関する検討

    河野葵、中山奈津紀、鈴木輝彦、横山惠、森脇佳美、丹羽史織、大壁颯太、新原桃香、相澤里佳、北恵都子

    日本集中治療医学会第6回東海北陸支部学術集会  2022.6.11 

     More details

    Event date: 2022.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:愛知県   Country:Japan  

  24. 健康成人におけるヨガとエアロビクス実施前後の心拍数と副交感神経活動指標によるリラクゼーション効果の評価

    森脇佳美、中山奈津紀、栗田操、青木志野、安藤舞香、前川藍、大壁颯太、相澤里佳、新原桃香、河野葵

    第26回日本体力医学会東海地方会  2022.3.19  日本体力医学会東海地方会

     More details

    Event date: 2022.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online   Country:Japan  

  25. 医療系学生の専門職連携教育ワークショップにおけるコミュニケーションの困難感

    田口博子、荒川尚子、山本司、大屋富彦、田中美帆、 富井友香、江㞍晴美、中山奈津紀、牧野典子

    第41回日本看護科学学会学術集会  2021.12  日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2021.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online   Country:Japan  

  26. How exercise habit changed with COVID-19 prevention International conference

    Souta Ookabe, Natsuki Nakayama, Hono Takada

    YONSEI-NAGOYA Exchange Program 2021  2021.11.6  Nagoya University

     More details

    Event date: 2021.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online   Country:Japan  

  27. Sex Differences in Defecation Habits International conference

    Rika Aizawa Natsuki Nakayama

    YONSEI-NAGOYA Exchange Program 2021  2021.11.6  Nagoya University

     More details

    Event date: 2021.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online   Country:Japan  

  28. 看護基礎教育における術後患者を設定したシミュレーションの呼吸に関する観察とアセスメントの傾向

    江尻晴美、荒川尚子、中山奈津紀、大屋富彦、田口博子、 田中美帆、富井友香、山本司、牧野典子

    第9回日本シミュレーション医療教育学会  2021.10.23  日本シミュレーション医療教育学会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online  

  29. The effect of self-efficacy on anxiety before group simulation-based training of nursing students

    2021.10.23 

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese  

    Country:Japan  

  30. Tendency anxiety and reflection of learning contents in Interprofessional Education Workshop for nursing and paramedic students

    2021.10.23 

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  31. 循環器疾患患者における20歳からの体重増加が60歳以降の活動量に及ぼす影響

    中山奈津紀、森脇佳美、平井眞理

    第18回 日本循環器看護学会  2021.10  日本循環器看護学会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Online   Country:Japan  

  32. 最終食事摂取時間から入眠までの時間が睡眠に与える影響

    中山奈津紀、荒木佑哉、宮地正彦、河野葵、片岡萌々華、大壁颯太、相澤里佳、金子宏

    第23回日本神経消化器病学会  2021.10  日本神経消化器病学会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online  

  33. 健康成人における朝食摂取が自律神経活動に及ぼす影響

    河野葵、中山奈津紀、宮地正彦、梶浦萌々華、相澤里佳、金子宏

    第23回日本神経消化器病学会  2021.10  日本神経消化器病学会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online   Country:Japan  

  34. 過敏性腸症候群患者における3か月後のQOL及び身体活動量

    片岡萌々華、中山奈津紀、宮地正彦、河野葵、相澤里佳、金子宏

    第23回日本神経消化器病学会  2021.10  日本神経消化器病学会

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online   Country:Japan  

  35. 健常者PSGの睡眠ステージ別の心拍変動における連続する2夜の比較

    中山奈津紀、赤堀真富果、大島千佳、大壁颯太、荒木佑哉、若井正一、宮地正彦、平井眞理、岩瀬敏

    日本睡眠学会第46回定期学術集会  2021.9  日本睡眠学会

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Online   Country:Japan  

  36. 睡眠時無呼吸症候群患者のCPAP治療導入前後における睡眠ステージ別の心拍変動に関する検討

    荒木佑哉、中山奈津紀、大壁颯太、赤堀真富果、若井正一、宮地正彦、平井眞理、岩瀬敏

    日本睡眠学会第46回定期学術集会  2021.9  日本睡眠学会

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Online   Country:Japan  

  37. 睡眠時無呼吸症候群患者の持続陽圧呼吸療法における重症度と心拍変動 International conference

    大壁颯太、中山奈津紀、荒木佑哉、赤堀真富果、若井正一、宮地正彦、平井眞理、岩瀬敏

    日本睡眠学会第46回定期学術集会  2021.9  日本睡眠学会

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Online   Country:Japan  

  38. 重症睡眠時無呼吸症候群の持続陽圧呼吸療法1か月後の心拍数と心拍変動

    中山奈津紀、赤堀真富果、若井正一、森川修司、宮地正彦、岩瀬敏、平井眞理

    第69回心臓病学会学術集会  2021.9  日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  39. 飲酒が睡眠時の自律神経活動に及ぼす影響―主観的評価との比較検討―

    中山奈津紀、宮地正彦、金子宏、河野葵、梶浦萌々華、大壁颯太、荒木佑哉、平井眞理

    第62回日本心身医学 学術集会  2021.7  日本心身医学学会

     More details

    Event date: 2021.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:香川   Country:Japan  

  40. 中学生の「ケア」に対するイメージ(第1報)−ケアの本質に対する認識−

    中山奈津紀、青石恵子、太田勝正

    日本看護倫理学会第14回年次大会  2021.5  日本看護倫理学会

     More details

    Event date: 2021.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online   Country:Japan  

  41. 中学生の「ケア」に対するイメージ(第2報) − ケアを提供する職業と自身のキャリアイメージ −

    青石恵子、中山奈津紀、太田勝正

    日本看護倫理学会第14回年次大会  2021.5  日本看護倫理学会

     More details

    Event date: 2021.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online   Country:Japan  

  42. 循環器疾患患者における日中の連続した座位時間が自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山奈津紀、宮地正彦、森川修司、玉腰浩司、林登志雄、平井眞理

    第85回 日本循環器学会   2021.3  日本循環器学会 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Online   Country:Japan  

  43. 開腹術後患者を設定したシミュレーション演習における合格基準の検討

    江尻晴美、荒川尚子、中山奈津紀、大屋富彦、田口博子、田中美帆、牧野典子

    第25回日本看護研究学会東海地方会学術集会  2021.3.13  日本看護研究学会

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Online   Country:Japan  

  44. 看護基礎教育における術後患者を設定したシミュレーション前後の自己効力感の比較

    江尻晴美、中山奈津紀、荒川尚子、牧野典子

    第8回シミュレーション医療教育学会学術大会  2020.10.24  シミュレーション医療教育学会

     More details

    Event date: 2020.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:高槻市   Country:Japan  

  45. 多職種連携教育ワークショップ参加後のチームワークの重要性に対する学生の認識

    荒川尚子、江尻晴美、中山奈津紀、北辻耕司、馬場礼二、牧野典子

    第8回シミュレーション医療教育学会学術大会  2020.10.24  シミュレーション医療教育学会

     More details

    Event date: 2020.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:高槻市   Country:Japan  

  46. 看護基礎教育における術後患者を設定したシミュレーション演習 :観察・アセスメント内容の検討と記録形式の課題

    江尻晴美、荒川尚子、松田麗子、中山奈津紀、牧野典子

    第24回日本看護研究学会東海地方会学術集会  2020.3.20  日本看護研究学会東海地方会

     More details

    Event date: 2020.3

    Venue:豊橋   Country:Japan  

  47. 高齢者と若年者における食事開始前と経過時間毎の副交感神経活動の比較

    中山奈津紀、宮地正彦、金子宏、河野葵、平井眞理

    第21回日本神経消化器病学会  2020.1.16  日本神経消化器病学会

     More details

    Event date: 2020.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神奈川   Country:Japan  

  48. 過敏性腸症候群患者におけるQOLと身体活動量に関する症状重症度別の比較

    河野葵、中山奈津紀、金子宏、梶浦萌々華、宮地正彦

    第21回日本神経消化器病学会  2020.1.16  日本神経消化器病学会

     More details

    Event date: 2020.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神奈川   Country:Japan  

  49. 手術直後の観察を課題とした個別シミュレーションとグループシミュレーション演習中の心拍変動の比較

    中山奈津紀、江尻晴美、荒川尚子、松田麗子、牧野典子

    第39回 日本看護科学学会  2019.11.30  日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2019.11 - 2019.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:金沢   Country:Japan  

  50. 術後出血患者を設定したシミュレーションの観察内容の構造とアセスメントの妥当性

    荒川尚子、江尻晴美、中山奈津紀、松田麗子、牧野典子

    第39回 日本看護科学学会  2019.11.30  日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2019.11 - 2019.12

    Language:Japanese  

    Venue:金沢   Country:Japan  

  51. 循環器疾患リスク因子を有する患者における睡眠時間帯の副交感神経活動指標と性差

    中山奈津紀、宮地正彦、金子宏、河野葵、梶浦萌々華、平井眞理

    第60回 日本心身医学会総会ならびに学術講演会  2019.11.17  日本心身医学学会

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:大阪   Country:Japan  

  52. 心療内科を受診する過敏性腸症候群患者への支援の方向性 -IBSSI-JとIBS-QOL-Jの相関についての考察から-

    河野 葵、中山 奈津紀、金子 宏、梶浦 萌々華、宮地 正彦

    第61回 日本心身医学会総会ならびに学術講演会  2019.11.16  日本心身医学学会

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪   Country:Japan  

  53. 新専門医制度を地方病院、研修医の考えを考慮し変えることの有用性 Invited

    宮地正彦、佐野力、中山奈津紀

    第81回日本臨床外科学会総会  2019.11  日本臨床外科学会

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:高知   Country:Japan  

  54. 新専門医制度を地方病院、研修医の考えを考慮し変えることの有用性

    宮地正彦, 佐野力, 中山奈津紀

    日本臨床外科学会総会  2019.11 

     More details

    Event date: 2019.11

  55. Comparison of autonomic nervous activity indices in the first half of sleep between caffeine intake and non-intake days International conference

    M.Kajiura,N.Nakayama

    YONSEI-NAGOYA Exchange Program 2019  2019.11.1  Yonsei University

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Korea  

  56. 看護基礎教育における手術直後の観察を課題とした個別シミュレーションとグループシミュレーション演習中の心拍変動の比較

    中山 奈津紀, 江尻 晴美, 荒川 尚子, 松田 麗子, 牧野 典子

    日本看護科学学会学術集会講演集  2019.11  (公社)日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:Japanese  

  57. 術後出血患者を設定したシミュレーションの観察内容の構造とアセスメントの妥当性

    荒川 尚子, 江尻 晴美, 中山 奈津紀, 松田 麗子, 牧野 典子

    日本看護科学学会学術集会講演集  2019.11  (公社)日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:Japanese  

  58. 下腿の間欠的空気圧迫装置の装着が睡眠に及ぼす影響 ―心拍変動および睡眠満足度に着目して―

    篠田紗帆 中山奈津紀、梶浦萌々華、河野葵、宮川祥子、平井眞理

    第21回日本看護医療学会学術集会  2019.9.21  日本看護医療学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋   Country:Japan  

  59. 就寝前のカフェイン摂取から入眠までの時間が睡眠前半の副交感神経活動に与える影響

    梶浦萌々華、中山奈津紀、河野葵、篠田紗帆、宮川祥子、平井眞理

    第21回日本看護医療学会学術集会  2019.9.21  日本

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋   Country:Japan  

  60. 愛知県内における心臓外科手術後の通院型リハビリテーションの実態調査 -2016年と2019年のWeb上公開データの分析-

    河野葵、中山奈津紀、宮川祥子、梶浦萌々華、篠田紗帆、平井眞理

    第21回日本看護医療学会学術集会  2019.9.21  日本看護医療学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋   Country:Japan  

  61. 循環器疾患患者における日常生活活動量と自律神経活動指標に及ぼす性差の影響

    中山奈津紀、宮地正彦、林登志雄、平井眞理

    第67回 心臓病学会学術集会  2019.9.14  日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋   Country:Japan  

  62. 間欠的空気圧迫法が睡眠に与える影響

    尾花真衣、大島千佳、中山奈津紀、間脇彩奈、中西啓介、 竹野ゆかり、丹羽史織、久野史椰、藤本悦子

    コ・メディカル形態機能学会第18回学術集会  2019.9  コ・メディカル形態機能学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  63. 下腿の間欠的空気圧迫装置の装着が睡眠に及ぼす影響 心拍変動および睡眠満足度に着目して

    篠田 紗帆, 中山 奈津紀, 梶浦 萌々華, 河野 葵, 宮川 祥子, 平井 眞理

    日本看護医療学会学術集会抄録集  2019.9  日本看護医療学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese  

  64. 愛知県内における心臓外科手術後の通院型リハビリテーションの実態調査 2016年と2019年のWeb上公開データの分析

    河野 葵, 中山 奈津紀, 宮川 祥子, 梶浦 萌々華, 篠田 紗帆, 平井 眞理

    日本看護医療学会学術集会抄録集  2019.9  日本看護医療学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese  

  65. 就寝前のカフェイン摂取から入眠までの時間が睡眠前半の副交感神経活動に与える影響

    梶浦 萌々華, 中山 奈津紀, 河野 葵, 篠田 紗帆, 宮川 祥子, 平井 眞理

    日本看護医療学会学術集会抄録集  2019.9  日本看護医療学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese  

  66. 循環器疾患患者における日常生活活動量と自律神経活動指標に及ぼす性差の影響

    中山 奈津紀, 宮地 正彦, 林 登志雄, 平井 真理

    日本心臓病学会学術集会抄録  2019.9  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese  

  67. 術後患者を設定したシミュレーションの方法の違いによる不安の変化

    江尻晴美、中山奈津紀、荒川尚子、松田麗子、牧野典子

    日本看護研究学会 第45回学術集会  2019.8.21  日本看護研究学会

     More details

    Event date: 2019.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪   Country:Japan  

  68. 間欠的空気圧迫法が睡眠に与える影響

    尾花 真衣, 大島 千佳, 中山 奈津紀, 間脇 彩奈, 中西 啓介, 竹野 ゆかり, 丹羽 史織, 久野 史椰, 藤本 悦子

    形態・機能  2019.8  コ・メディカル形態機能学会

     More details

    Event date: 2019.8

    Language:Japanese  

  69. 胃切除術中の外科医の交感神経系活動からみた手術習熟度についての検討

    宮地正彦、渡邉夕樹、浅井悠一、川合亮佑、雄谷慎吾、河合徹、京兼隆典、久世真悟、中山奈津紀、佐野力

    第74回 日本消化器外科学会総会  2019.7  日本消化器外科学会

     More details

    Event date: 2019.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京   Country:Japan  

  70. 看護基礎教育における術後患者を設定したシミュレーションの方法の違いによる不安得点の比較

    江尻 晴美, 中山 奈津紀, 荒川 尚子, 松田 麗子, 牧野 典子

    日本看護研究学会雑誌  2019.7  (一社)日本看護研究学会

     More details

    Event date: 2019.7

    Language:Japanese  

  71. 胃切除術中の外科医の交感神経系活動からみた手術習熟度についての検討

    宮地 正彦, 渡邉 夕樹, 浅井 悠一, 川合 亮佑, 雄谷 慎吾, 河合 徹, 京兼 隆典, 久世 真悟, 中山 奈津紀, 佐野 力

    日本消化器外科学会総会  2019.7  (一社)日本消化器外科学会

     More details

    Event date: 2019.7

    Language:Japanese  

  72. 循環器疾患を有する高齢患者における握力増強が自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山奈津紀、宮地正彦、林登志雄、平井眞理

    第83回 日本循環器学会   2019.3.30  日本循環器学会

     More details

    Event date: 2019.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:大阪   Country:Japan  

  73. 循環器疾患を有する高齢患者における握力増強が自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山 奈津紀, 宮地 正彦, 林 登志雄, 平井 眞理

    日本循環器学会学術集会抄録集  2019.3  (一社)日本循環器学会

     More details

    Event date: 2019.3

    Language:Japanese  

  74. 看護大学生におけるグループシミュレーション演習中の心拍変動の検討

    中山奈津紀、江尻晴美、荒川尚子、松田麗子、牧野典子

    第38回日本看護科学学会学術集会  2018.12.16  日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:愛媛   Country:Japan  

  75. 術後患者を設定したグループシミュレーション演習における臨地実習直前の学生による観察の傾向

    荒川尚子、江尻晴美、松田麗子、中山奈津紀、牧野典子

    第38回日本看護科学学会学術集会  2018.12.15  日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:愛媛   Country:Japan  

  76. 術後患者を設定したグループシミュレーション演習による観察項目と心理状態の検討

    江尻晴美、中山奈津紀、荒川尚子、松田麗子、牧野典子

    第38回日本看護科学学会学術集会  2018.12.15  日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:愛媛   Country:Japan  

  77. 術後患者を設定したシミュレーション演習における臨地実習直前の学生による観察の傾向

    荒川 尚子, 江尻 晴美, 松田 麗子, 中山 奈津紀, 牧野 典子

    日本看護科学学会学術集会講演集  2018.12  (公社)日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese  

  78. 術後患者を設定したグループシミュレーション演習における観察項目数と自己効力感の検討

    江尻 晴美, 中山 奈津紀, 荒川 尚子, 松田 麗子, 牧野 典子

    日本看護科学学会学術集会講演集  2018.12  (公社)日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese  

  79. 看護大学生における手術直後の観察を課題としたグループシミュレーション演習中の心拍変動の検討

    中山 奈津紀, 江尻 晴美, 荒川 尚子, 松田 麗子, 牧野 典子

    日本看護科学学会学術集会講演集  2018.12  (公社)日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese  

  80. 循環器疾患患者における性差と活動量計貸与による活動量の変化

    中山奈津紀、平井眞理

    第15回日本循環器看護学会  2018.10.28  日本循環器看護学会

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪   Country:Japan  

  81. 食事時間帯による食事開始前と食事開始後の経過時間と心拍変動との関係

    中山奈津紀、宮地正彦、金子宏、平井眞理

    第20回日本神経消化器病学会  2018.10.6  日本神経消化器病学会

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋   Country:Japan  

  82. 過敏性腸症候群患者の症状重症度と身体活動量に関する研究

    河野葵、中山奈津紀、宮地正彦、金子宏

    第20回日本神経消化器病学会  2018.10.6  日本神経消化器病学会

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋   Country:Japan  

  83. 循環器疾患患者における午睡の有無が入眠後の自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山奈津紀、宮地正彦、林登志雄、平井眞理

    第66回日本心臓病学会  2018.9.9  日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪   Country:Japan  

  84. 循環器疾患患者における午睡の有無が入眠後の自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山 奈津紀, 宮地 正彦, 林 登志雄, 平井 真理

    日本心臓病学会学術集会抄録  2018.9  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:Japanese  

  85. 術後患者を設定したシミュレーション演習による学生の気分及び不安の変化

    江尻晴美、中山奈津紀、松田麗子、荒川尚子、牧野典子

    日本看護研究学会 第44回学術集会  2018.8.18  日本看護研究学会

     More details

    Event date: 2018.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:熊本   Country:Japan  

  86. 循環器疾患患者における運動習慣の有無と活動量計貸与が活動量変化に及ぼす影響

    中山奈津紀、平井眞理

    第24回 心臓リハビリテーション学会  2018.7.14  日本心臓リハビリテーション学会

     More details

    Event date: 2018.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:横浜   Country:Japan  

  87. The study on sympathetic nervous activity of surgeon during partial and total gastrectomy

    2018.7.11 

     More details

    Event date: 2018.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  88. The study on the influence of time difference between bathing and sleep on heart rate variability during sleep

    2018.6.8 

     More details

    Event date: 2018.6

    Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  89. The study on sympathetic nervous activity of surgeon during gastrectomy

    2018.6.8 

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  90. The study on the influence of sound on heart rate variability during sleep

    2018.6.8 

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  91. Influence of sleep less than three hours after a meal on heart rate variability

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  92. 循環器疾患患者における午睡の有無が自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山 奈津紀, 宮地 正彦, 林 登志雄, 平井 眞理

    日本循環器学会学術集会抄録集  2018.3  (一社)日本循環器学会

     More details

    Event date: 2018.3

    Language:Japanese  

  93. 看護大学生における複数回実施したシミュレーション演習中の心拍変動の検討

    中山 奈津紀, 江尻 晴美, 松田 麗子, 荒川 尚子, 牧野 典子

    日本看護科学学会学術集会講演集  2017.12  (公社)日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2017.12

    Language:Japanese  

  94. 臨地実習前後における反復シミュレーション演習中の心拍数と不安及び学習課題達成の変化

    江尻 晴美, 中山 奈津紀, 梅田 奈歩, 松田 麗子, 荒川 尚子, 牧野 典子

    日本看護科学学会学術集会講演集  2017.12  (公社)日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2017.12

    Language:Japanese  

  95. 循環器疾患患者に対する握力運動の介入が及ぼす影響

    中山 奈津紀 宮地 正彦 平井 眞理

    第65回 日本心臓病学会 

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:大阪   Country:Japan  

  96. "Daily Activity Improves Heart Rate Variability and Sleep Quality in Patients with Mild Hypertension and/or Stable Angina Pectoris. " International conference

    Natsuki Nakayama Masahiko Miyachi Koji Negi Koji Watanabe Makoto Hirai

    Primary Healthcare Congress 2017 

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  97. 循環器疾患患者における午睡の有無が自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山奈津紀、宮地正彦、林登志雄、平井眞理

    第82回 日本循環器学会 

     More details

    Event date: 2017.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  98. 循環器疾患患者における握力運動の介入が日常生活活動量と自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山 奈津紀, 宮地 正彦, 平井 眞理

    日本循環器学会学術集会抄録集  2017.3  (一社)日本循環器学会

     More details

    Event date: 2017.3

    Language:Japanese  

  99. Tension of Students during Simulation Training Intensifies during the Post-Training Reporting Process as Analyzed from the Heart Rate Variability International conference

    Nakayama N, Ejiri H

     More details

    Event date: 2016.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Singapore  

  100. ACTIVITIES IMPROVE HEART RATE VARIABILITY IN OLDER PATIENTS WITH MILD HYPERTENSION AND/OR STABLE ANGINA PECTORIS

    Nagoya-Yonsei University Research Exchange Meeting on Health Sciences 2016 

     More details

    Event date: 2016.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  101. 循環器疾患患者における睡眠時間と自律神経活動に関する検討

    中山 奈津紀

    日本看護科学学会学術集会講演集  2016.11  (公社)日本看護科学学会

     More details

    Event date: 2016.11

    Language:Japanese  

  102. 循環器疾患患者における握力運動の介入が日常生活活動量に及ぼす影響

    中山奈津紀、平井眞理

    第2回日本心臓リハビリテーション学会 東海支部地方会 

     More details

    Event date: 2016.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  103. 循環器疾患患者における握力運動が自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山奈津紀、平井眞理

    第13回日本循環器看護学会学術集会 

     More details

    Event date: 2016.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  104. 循環器疾患患者における年齢別身体活動量が 睡眠時間帯における自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山奈津紀、平井眞理

    第64回日本心臓病学会 

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  105. 若年者における自律神経活動に及ぼす食事の影響に関する検討

    中山奈津紀、宮地正彦、平井眞理

    第18回神経消化器病学会 

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Country:Japan  

  106. 循環器疾患患者における年齢別身体活動量が睡眠時間帯における自律神経活動指標に及ぼす影響

    中山 奈津紀, 宮地 正彦, 平井 真理

    日本心臓病学会学術集会抄録  2016.9  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:Japanese  

  107. 循環器疾患患者における日中の歩数と自律神経活動に関する検討

    中山奈津紀、平井眞理

    第22回日本心臓リハビリテーション学会 

     More details

    Event date: 2016.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  108. 循環器疾患患者における年齢別身体活動量と自律神経活動指標に関する検討

    中山奈津紀、宮地正彦、平井眞理

    第80回日本循環器学会 

     More details

    Event date: 2016.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:仙台市   Country:Japan  

  109. Long sleep time improve heart rate variability in patients with mild hypertension and/or the initial stage of heart failure

     More details

    Event date: 2016.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  110. Long sleep time improve heart rate variability in patients with mild hypertension and/or the initial stage of heart failure

    2016.3.9 

     More details

    Event date: 2016.3

  111. 術後患者の観察をした学生の体験における構造的特徴 KH Coderによる計量的な内容分析より

    松田 麗子, 江尻 晴美, 中山 奈津紀, 梅田 奈歩, 牧野 典子

    日本集中治療医学会雑誌  2016.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2016.1

    Language:Japanese  

  112. 循環器疾患患者における日常生活活動量と予後規定因子とされる自律神経との関係  Invited

    中山奈津紀、平井眞理

    第12回日本循環器看護学会学術集会 シンポジウム 

     More details

    Event date: 2015.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Country:Japan  

  113. 循環器疾患患者における身体活動量と睡眠時の自律神経活動の関係

    中山 奈津紀, 宮地 正彦, 平井 真理

    日本心臓病学会学術集会抄録  2015.9  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2015.9

    Language:Japanese  

  114. ちょいちょい動いて!健康維持! Invited

    中山奈津紀

    武豊町老人会健康講座 

     More details

    Event date: 2014.10

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Country:Japan  

  115. Activities improve heart rate variability in patients with mild hypertension and/or stable angina pectoris. International conference

     More details

    Event date: 2013.5

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Australia  

  116. Life activities improve heart rate variability in patients with hypertension and/or heart failure

    Nakayama N, Negi K, Watanabe K, Hirai M

    Nagoya-Yonsei University Research Exchange Meeting on Health Sciences 2012 

     More details

    Event date: 2012.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Japan  

  117. 循環器疾患患者の日常生活活動量と自律神経活動指標との関係

    中山 奈津紀, 平井 真理

    生体医工学  2012.8  (公社)日本生体医工学会

     More details

    Event date: 2012.8

    Language:Japanese  

  118. 心疾患患者の在宅運動療法支援に向けた自律神経活動指標の応用に基づく研究在宅療養患者の日常生活活動量

    中山 奈津紀, 平井 真理

    日本心臓病学会誌  2011.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2011.8

    Language:Japanese  

  119. 2年間在宅治療を継続した慢性心不全患者のQOL評価

    竹松 百合子, 小島 重子, 岩田 佳美, 竹内 彩, 斎藤 文子, 宮下 照美, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 山田 智恵, 柴山 健三

    日本心臓病学会誌  2009.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2009.8

    Language:Japanese  

  120. 待機的経皮的冠動脈インターベンション後2年間経過した虚血性心疾患患者のQOL評価

    土屋 裕美, 小島 重子, 竹内 彩, 岩田 佳美, 齋藤 文子, 竹松 百合子, 宮下 照美, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 山田 智恵, 一柳 美稚子, 長谷部 ゆかり, 倉田 亮子, 松井 茂, 柴山 健三

    日本心臓病学会誌  2009.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2009.8

    Language:Japanese  

  121. 慢性腎臓病(CKD)合併虚血性心疾患患者の生活習慣に関する研究 QOL良好な患者群と不良な患者群間の比較研究

    竹内 彩, 小島 重子, 岩田 佳美, 齋藤 文子, 竹松 百合子, 近藤 彰, 宮下 照美, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 長谷部 ゆかり, 一柳 美稚子, 倉田 亮子, 土屋 裕美, 松井 茂, 山田 智恵, 柴山 健三

    日本心臓病学会誌  2009.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2009.8

    Language:Japanese  

  122. 慢性腎臓病合併虚血性心疾患患者の生活習慣改善看護介入によるQOLへの影響 生活習慣改善看護指導実施前後のQOL比較

    岩田 佳美, 小島 重子, 竹内 彩, 齋藤 文子, 竹松 百合子, 近藤 彰, 宮下 照美, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 長谷部 ゆかり, 一柳 美稚子, 倉田 亮子, 土屋 裕美, 松井 茂, 山田 智恵, 柴山 健三

    日本心臓病学会誌  2009.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2009.8

    Language:Japanese  

  123. 慢性腎臓病(CKD)合併虚血性心疾患患者のCKD重症度分類によるQOL比較

    近藤 彰, 竹内 彩, 岩田 佳美, 竹松 百合子, 中山 奈津紀, 一柳 美稚子, 倉田 亮子, 齋藤 文子, 土屋 裕美, 柴山 健三

    日本集中治療医学会雑誌  2009.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2009.1

    Language:Japanese  

  124. 退院後2年間在宅治療した慢性心不全患者のセルフケア及びQOL調査

    竹松 百合子, 小島 重子, 近藤 彰, 一柳 美稚子, 中山 奈津紀, 長谷部 ゆかり, 小寺 直美, 山田 智恵, 宮下 照美, 澤崎 文子, 柴山 健三

    日本心臓病学会誌  2008.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2008.8

    Language:Japanese  

  125. 待機的経皮的冠動脈インターベンション後セルフケアを継続した虚血性心疾患患者のQOL評価 定期的運動患者群と非運動患者群間の比較

    一柳 美稚子, 小島 重子, 近藤 彰, 竹内 彩, 岩田 佳美, 齋藤 文子, 宮下 照美, 中山 奈津紀, 長谷部 ゆかり, 山田 智恵, 西田 洋, 倉田 亮子, 竹松 百合子, 小寺 直美, 柴山 健三, 松井 茂

    日本心臓病学会誌  2008.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2008.8

    Language:Japanese  

  126. DES使用患者のPCI施行後1年のQOL評価 単枝病変群と多枝病変群の比較

    長谷部 ゆかり, 山田 智恵, 西田 洋, 小寺 直美, 宮下 照美, 竹松 百合子, 一柳 美稚子, 近藤 彰, 竹内 彩, 岩田 佳美, 齋藤 文子, 小島 重子, 中山 奈津紀, 倉田 亮子, 松井 茂, 柴山 健三

    日本心臓病学会誌  2008.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2008.8

    Language:Japanese  

  127. 虚血性心疾患合併慢性腎臓病(CKD)患者のQOL評価 日本腎臓病学会CKDステージ分類1、2、3及び4・5患者群間の比較

    近藤 彰, 柴山 健三, 小島 重子, 倉田 亮子, 竹内 彩, 岩田 佳美, 松井 茂, 長谷部 ゆかり, 山田 智恵, 中山 奈津紀, 宮下 照美, 一柳 美稚子, 斎藤 文子, 竹松 百合子, 小寺 直美, 大久保 紀江

    日本心臓病学会誌  2008.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2008.8

    Language:Japanese  

  128. 慢性心不全患者のQOLと心機能との関連

    齋藤 文子, 小島 重子, 近藤 彰, 竹内 彩, 岩田 佳美, 竹松 百合子, 宮下 照美, 長谷部 ゆかり, 山田 智恵, 一柳 美稚子, 中山 奈津紀, 小寺 直美, 西田 洋, 倉田 亮子, 柴山 健三, 松井 茂

    日本心臓病学会誌  2008.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2008.8

    Language:Japanese  

  129. 冠動脈インターベンション後長時間労働患者のQOL評価

    近藤 彰, 小島 重子, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 西田 洋, 長谷部 ゆかり, 中山 奈津紀, 一柳 美稚子, 倉田 亮子, 柴山 健三

    日本集中治療医学会雑誌  2008.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2008.1

    Language:Japanese  

  130. 待機的冠動脈インターベンション後非再狭窄患者のQOL推移 高脂血症による影響

    一柳 美稚子, 小島 重子, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 近藤 彰, 澤崎 文子, 中山 奈津紀, 小寺 直美, 長谷部 ゆかり, 柴山 健三

    日本集中治療医学会雑誌  2008.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2008.1

    Language:Japanese  

  131. DESステント使用患者のPCI施行1年後の健康関連QOL評価 単枝病変群と多枝病変群の比較

    長谷部 ゆかり, 山田 智恵, 小寺 直美, 宮下 照美, 西田 洋, 中山 奈津紀, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 倉田 亮子, 小島 重子, 近藤 彰, 柴山 健三

    Journal of Cardiology  2007.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2007.8

    Language:Japanese  

  132. 待機的経皮的冠動脈インターベンション後軽度な運動を定期的に実施した患者の健康関連QOL

    一柳 美稚子, 小島 重子, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 近藤 彰, 澤崎 文子, 宮下 照美, 中山 奈津紀, 小寺 直美, 長谷部 ゆかり, 山田 智恵, 西田 洋, 倉田 亮子, 柴山 健三

    Journal of Cardiology  2007.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2007.8

    Language:Japanese  

  133. 待機的経皮的冠動脈インターベンション(PCI)患者のQOL評価 PCI回数による比較

    中山 奈津紀, 柴山 健三, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 小寺 直美, 宮下 照美, 長谷部 ゆかり, 澤崎 文子, 山田 智恵, 一柳 美稚子, 西田 洋, 小島 重子, 倉田 亮子, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2007.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2007.8

    Language:Japanese  

  134. 急性心筋梗塞患者の退院後と6ヵ月後のQOLの評価

    山田 智恵, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 近藤 彰, 澤崎 文子, 宮下 照美, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 長谷部 ゆかり, 西田 洋, 倉田 亮子, 小島 重子, 柴山 健三, 一柳 美稚子

    Journal of Cardiology  2007.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2007.8

    Language:Japanese  

  135. 慢性心不全患者の重症度によるQOLと心機能との関連

    澤崎 文子, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 近藤 彰, 一柳 美稚子, 宮下 照美, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 長谷部 ゆかり, 山田 智恵, 西田 洋, 倉田 亮子, 小島 重子, 柴山 健三

    Journal of Cardiology  2007.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2007.8

    Language:Japanese  

  136. 慢性心不全患者のQOL評価 在宅生活、再入院および死亡患者間における退院時QOLの比較

    竹松 百合子, 大久保 紀江, 近藤 彰, 澤崎 文子, 一柳 美稚子, 宮下 照美, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 山田 智恵, 長谷部 ゆかり, 西田 洋, 倉田 亮子, 小島 重子, 柴山 健三

    Journal of Cardiology  2007.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2007.8

    Language:Japanese  

  137. 急性心筋梗塞患者退院後のQOLに影響を与える関連因子に関する研究

    大久保 紀江, 竹松 百合子, 近藤 彰, 澤崎 文子, 宮下 照美, 一柳 美稚子, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 長谷部 ゆかり, 山田 智恵, 倉田 亮子, 小島 重子, 柴山 健三

    Journal of Cardiology  2007.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2007.8

    Language:Japanese  

  138. 心筋梗塞患者退院後1年間のQOL評価 定期的運動患者群と非運動患者群の比較

    宮下 照美, 柴山 健三, 澤崎 文子, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 一柳 美稚子, 中山 奈津紀, 小寺 直美, 山田 智恵, 石井 潤一

    日本集中治療医学会雑誌  2007.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2007.1

    Language:Japanese  

  139. 狭心症患者の待機的冠動脈インターベンション後1年間のQOL評価 定期的運動群と非運動群の比較

    一柳 美稚子, 柴山 健三, 澤崎 文子, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 宮下 照美, 中山 奈津紀, 小寺 直美, 西田 洋, 石井 潤一

    日本集中治療医学会雑誌  2007.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2007.1

    Language:Japanese  

  140. 慢性心不全患者のQOLと心機能との関連

    澤崎 文子, 柴山 健三, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 一柳 美稚子, 宮下 照美, 中山 奈津紀, 小寺 直美, 青山 ゆかり, 石井 潤一

    日本集中治療医学会雑誌  2007.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2007.1

    Language:Japanese  

  141. PCI施行後の冠動脈病変枝数および再狭窄の有無別による健康関連QOLの比較

    青山 ゆかり, 山田 智恵, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 西田 洋, 柴山 健三, 澤崎 文子, 大久保 紀江, 竹松 百合子, 宮下 照美, 一柳 美稚子, 倉田 亮子, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2006.9  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2006.9

    Language:Japanese  

  142. 急性心筋梗塞患者のCCU退室後6ヵ月における健康関連QOL評価

    小寺 直美, 柴山 健三, 澤崎 文子, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 中山 奈津紀, 山田 智恵, 青山 ゆかり, 宮下 照美, 一柳 美稚子, 西田 洋, 後藤 和恵, 倉田 亮子, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2006.9  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2006.9

    Language:Japanese  

  143. 待機的経皮的冠動脈インターベンション患者のQOL メタルステント使用患者と薬剤溶出性ステント使用患者の比較

    中山 奈津紀, 柴山 健三, 澤崎 文子, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 小寺 直美, 山田 智恵, 青山 ゆかり, 宮下 照美, 一柳 美稚子, 西田 洋, 後藤 和恵, 倉田 亮子, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2006.9  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2006.9

    Language:Japanese  

  144. 急性心筋梗塞患者の退院後6ヵ月後のQOL評価【臨床的重症度による比較】

    山田 智恵, 柴山 健三, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 中山 奈津紀, 小寺 直美, 青山 ゆかり, 宮下 照美, 澤崎 文子, 一柳 美稚子, 西田 洋, 後藤 和恵, 倉田 亮子, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2006.9  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2006.9

    Language:Japanese  

  145. 急性心筋梗塞患者退院後1年間の健康関連QOL変化

    倉田 亮子, 柴山 健三, 澤崎 文子, 竹松 百合子, 大久保 紀江, 小寺 直美, 山田 智恵, 青山 ゆかり, 宮下 照美, 一柳 美稚子, 西田 洋, 後藤 和恵, 中山 奈津紀

    Journal of Cardiology  2006.9  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2006.9

    Language:Japanese  

  146. 慢性心不全患者のCCU退室から退院時QOLの変化 退院後1年間内に再入院した患者群の検討

    吉母 さとみ, 柴山 健三, 一柳 美稚子, 宮下 照美, 澤崎 文子, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 山田 智恵, 夫馬 亮子, 石井 潤一

    日本集中治療医学会雑誌  2006.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2006.1

    Language:Japanese  

  147. 狭心症患者の待機的冠動脈インターベンション後1年間の健康関連QOL 非高脂血症群と高脂血症群の比較

    一柳 美稚子, 柴山 健三, 吉母 さとみ, 宮下 照美, 澤崎 文子, 中山 奈津紀, 小寺 直美, 青山 ゆかり, 西田 洋, 石井 潤一

    日本集中治療医学会雑誌  2006.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2006.1

    Language:Japanese  

  148. 待機的冠動脈形成術後患者の既往年数による健康関連QOLの比較

    青山 ゆかり, 山田 智恵, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 西田 洋, 吉母 さとみ, 宮下 照美, 一柳 美稚子, 夫馬 亮子, 柴山 健三, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2005.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2005.8

    Language:Japanese  

  149. 急性心筋梗塞患者の健康関連QOL 退院後1年間の検討

    宮下 照美, 柴山 健三, 吉母 さとみ, 一柳 美稚子, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 青山 ゆかり, 山田 智恵, 西田 洋, 相原 晶子, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2005.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2005.8

    Language:Japanese  

  150. 狭心症患者の待機的冠動脈インターベンション後の健康関連QOL

    一柳 美稚子, 柴山 健三, 吉母 さとみ, 宮下 照美, 中山 奈津紀, 小寺 直美, 青山 ゆかり, 山田 智恵, 西田 洋, 後藤 和恵, 夫馬 亮子, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2005.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2005.8

    Language:Japanese  

  151. 慢性心不全患者の退院後1年間の健康関連QOL

    吉母 さとみ, 柴山 健三, 一柳 美稚子, 宮下 照美, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 青山 ゆかり, 山田 智恵, 西田 洋, 後藤 和恵, 夫馬 亮子, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2005.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2005.8

    Language:Japanese  

  152. 高齢心不全患者の家族構成によるQOLへの影響

    宮下 照美, 柴山 健三, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 山田 智恵, 青山 ゆかり, 西田 洋, 中村 純子

    日本看護学会論文集: 成人看護I  2005.2  日本看護学会

     More details

    Event date: 2005.2

    Language:Japanese  

  153. 冠動脈多枝罹患急性心筋梗塞患者の退院後健康関連QOL

    小寺 直美, 柴山 健三, 中山 奈津紀, 宮下 照美, 吉母 さとみ, 青山 ゆかり, 山田 智恵, 西田 洋, 中村 純子, 石井 潤一

    日本集中治療医学会雑誌  2005.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2005.1

    Language:Japanese  

  154. 待機的冠動脈形成術後患者のQOLの変化

    中山 奈津紀, 柴山 健三, 小寺 直美, 宮下 照美, 吉母 さとみ, 山田 智恵, 青山 ゆかり, 西田 洋, 夫馬 亮子, 石井 潤一

    日本集中治療医学会雑誌  2005.1  (一社)日本集中治療医学会

     More details

    Event date: 2005.1

    Language:Japanese  

  155. 高齢慢性心不全患者の健康関連QOLの国民標準値の変化

    山田 智恵, 柴山 健三, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 宮下 照美, 吉母 さとみ, 青山 ゆかり, 石井 潤一, 西田 洋, 中村 純子

    Journal of Cardiology  2004.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2004.8

    Language:Japanese  

  156. 待機的経皮的冠動脈形成術後の病変枝数による健康関連QOLの評価

    青山 ゆかり, 柴山 健三, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 宮下 照美, 吉母 さとみ, 山田 智恵, 石井 潤一, 西田 洋, 中村 純子

    Journal of Cardiology  2004.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2004.8

    Language:Japanese  

  157. 急性心筋梗塞患者の病変数による退院後健康関連QOL

    小寺 直美, 柴山 健二, 中山 奈津紀, 宮下 照美, 青山 ゆかり, 山田 智恵

    日本看護研究学会雑誌  2004.6  (一社)日本看護研究学会

     More details

    Event date: 2004.6

    Language:Japanese  

  158. 慢性心不全患者と急性心筋梗塞患者の退院後健康関連QOL

    中山 奈津紀, 柴山 健三, 小寺 直美, 宮下 照美, 青山 ゆかり, 山田 智恵

    日本看護研究学会雑誌  2004.6  (一社)日本看護研究学会

     More details

    Event date: 2004.6

    Language:Japanese  

  159. 待機的冠動脈インターベンション後の健康関連QOL

    中山 奈津紀, 柴山 健三, 澤野 佳子, 小寺 直美, 青山 ゆかり, 山田 智恵, 中村 純子, 西田 洋, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2003.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2003.8

    Language:Japanese  

  160. 急性心筋梗塞患者のCCU退室後の健康関連QOL

    小寺 直美, 柴山 健三, 澤野 佳子, 中山 奈津紀, 青山 ゆかり, 山田 智恵, 中村 純子, 西田 洋, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2003.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2003.8

    Language:Japanese  

  161. 心不全患者の退院後の健康関連QOL

    澤野 佳子, 柴山 健三, 小寺 直美, 中山 奈津紀, 青山 ゆかり, 山田 智恵, 中村 純子, 西田 洋, 石井 潤一

    Journal of Cardiology  2003.8  (一社)日本心臓病学会

     More details

    Event date: 2003.8

    Language:Japanese  

  162. 食後3時間未満の睡眠が心拍変動に与える影響 Influence of sleep less than three hours after a meal on heart rate variability

    中山奈津紀, 宮地正彦, 平井眞理

    第59回 心身医学会学術集会ならびに学術講演会  2018.6.8 

  163. 心電・運動量センサの消費電力及び実装規模の低減に関する検討

    加川 敏規, 石谷 哲典, 小林 智史, 中山 奈津紀, 川島 信

    2008年度 第3回医療情報通信技術研究会 

  164. 循環器疾患患者の在宅運動療法支援に向けた自律神経活動指標の応用に基づく研究 ―活動量・活動強度と自律神経活動指標―

    中山奈津紀, 平井眞理

    第77回 日本循環器病学会 

  165. 幽門側胃切除術、胃全摘術中の外科医の交感神経系活動の相違に関する検討 The study on sympathetic nervous activity of surgeon during partial and total gastrectomy

    宮地正彦, 中山奈津紀, 倉橋真太郎, 大澤高陽, 松村卓樹, 駒屋憲一, 京兼隆典, 久世慎吾, 小松俊一郎, 佐野力

    第73回日本消化器外科学会  2018.7.11 

  166. 入眠時の音楽聴取の有無による入眠初期の心拍変動に関する研究 The study on the influence of sound on heart rate variability during sleep

    中山奈津紀, 井藤里奈, 河野葵, 松野明子, 松尾有紗

    第59回 心身医学会学術集会ならびに学術講演会  2018.6.8 

  167. 入浴後から入床までの時間差による睡眠時の心拍変動 The study on the influence of time difference between bathing and sleep on heart rate variability during sleep

    河野葵, 中山奈津紀, 松野明子, 井藤里奈, 松尾有紗

    第59回 心身医学会学術集会ならびに学術講演会  2018.6.8 

  168. The study on the autonomic nerve activity after meal intake in the daily life

    Natsuki Nakayama,Masahiko Miyachi,Makoto Hirai

    5th ANMA Congress,19th JSNM Meeting ANMA & JSNM joint meeting 2017  2017.3.24 

  169. Daily Activity Improves Heart Rate Variability and Sleep Quality in Patients with Mild Hypertension and/or Stable Angina Pectoris.

    Natsuki Nakayama, Masahiko Miyachi, Koji Negi, Koji Watanabe, Makoto HIrai

    Primary Healthcare Congress 2017  2017.8.22 

  170. 身体情報常時モニタリングシステムに適用する小型インテリジェントバイタルセンサの研究

    石谷哲典, 加川敏規, 中山奈津紀, 川島信

    電気関係学会東海支部連合大会 

  171. 胃切除術中の外科医の交感神経系活動に関する検討 The study on sympathetic nervous activity of surgeon during gastrectomy

    宮地正彦, 佐野力, 中山奈津紀

    第59回 心身医学会学術集会ならびに学術講演会  2018.6.8 

  172. 循環器疾患リスク因子を有する患者における睡眠時間帯の副交感神経活動指標と性差

    中山奈津紀, 宮地正彦, 金子宏, 河野葵, 梶浦萌々華, 平井眞理

    第60回 日本心身医学会総会ならびに学術講演会  2019.11.17 

  173. 循環器疾患患者における運動習慣の有無と活動量計貸与が活動量変化に及ぼす影響

    中山奈津紀, 平井眞理

    第24回 心臓リハビリテーション学会  2018.7.14 

  174. Comparison of autonomic nervous activity indices in the first half of sleep between caffeine intake and non-intake days

    M.Kajiura, N.Nakayama

    2019.11.1 

     More details

    Language:English  

  175. 高齢者と若年者における食事開始前と経過時間毎の副交感神経活動の比較

    中山奈津紀, 宮地正彦, 金子宏, 河野葵, 平井眞理

    第21回日本神経消化器病学会  2020.1.16 

  176. 食事時間帯による食事開始前と食事開始後の経過時間と心拍変動との関係

    中山奈津紀, 宮地正彦, 金子宏, 平井眞理

    第20回日本神経消化器病学会  2018.10.6 

  177. 過敏性腸症候群患者の症状重症度と身体活動量に関する研究

    河野葵, 中山奈津紀, 宮地正彦, 金子宏

    第20回日本神経消化器病学会  2018.10.6 

  178. 過敏性腸症候群患者におけるQOLと身体活動量に関する症状重症度別の比較

    河野葵, 中山奈津紀, 金子宏, 梶浦萌々華, 宮地正彦

    第21回日本神経消化器病学会  2020.1.16 

  179. 心療内科を受診する過敏性腸症候群患者への支援の方向性 -IBSSI-JとIBS-QOL-Jの相関についての考察から-

    河野 葵, 中山 奈津紀, 金子 宏, 梶浦 萌々華, 宮地 正彦

    第60回 日本心身医学会総会ならびに学術講演会  2019.11.16 

  180. 循環器疾患患者に対する握力運動の介入が及ぼす影響

    中山奈津紀, 宮地正彦, 平井眞理

    第65回心臓病学会  2017.9.30 

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 1

  1. 心疾患患者における在宅運動療法支援-自律神経活動指標の応用に向けての基礎的研究

    2011.4 - 2012.3

    愛知健康増進財団 医学研究・健康増進活動等助成 

      More details

    Grant type:Competitive

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 9

  1. 超音波画像解析を活用したオーダーメイドな看護介入のための新たな動脈硬化指標の開発

    Grant number:23H03194  2023.4 - 2028.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中山 奈津紀, 今井 國治, 玉腰 浩司, 本田 育美, 大島 千佳, 江尻 晴美, 森脇 佳美, 丹羽 史織, 荒川 尚子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\16770000 ( Direct Cost: \12900000 、 Indirect Cost:\3870000 )

    動脈硬化を抑制し改善させることは、後遺症を惹起しうる脳卒中や心筋梗塞等の循環器疾患の発症抑制につながり喫緊の課題である。本研究の最終目標は、個人差のある動脈硬化を惹起する生活習慣を特定し、個人に適した生活習慣の改善を行う、つまりオーダーメイドな看護介入を構築することである。具体的には、①頸動脈エコーの画像を解析し動脈硬化のテクスチャ(均一性・線維化・石灰化・脂質量・線維性被膜厚・表面形状・狭窄率等)を定量的に評価し、②テクスチャの差異を惹起した生活習慣(運動・睡眠・食事)、ストレス(自律神経活動)を特定する。③6か月後のテクスチャの差異と各生活習慣の詳細な変化を定量化する。

  2. タイ農村部における生活習慣病患者フォローを効率化するmHealthアプリケーション開発

    Grant number:23K10357  2023.4 - 2026.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    荒川 尚子, 中山 奈津紀, 宇佐美 裕康, 鈴木 裕利, 太田 勝正

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    タイ農村部では医療職のマンパワー不足により、看護師だけでなく地域住民がヘルスボランティアとして住民の健康関連の情報収集を行っているが、このような多様な関係者が地域住民の健康関連情報を扱わざるを得ない状況では、住民情報の集約や多様なデータとの関連付けが難しい。本研究では、先行研究で開発したデータベースをさらに発展させて看護師、ヘルスボランティア、住民それぞれが扱う健康関連情報を一元化し、それぞれが必要な情報を入力・取得を可能にするmHealthアプリケーションを開発する。開発は、テンプレートの情報及び入力方法の精選に実際の使用者の生の声を反映させることによって、現場の実情に即したものを目指す。

  3. Development of a new physiological index to visualize subjective depressive symptoms in depressed patients.

    Grant number:22K10826  2022.4 - 2026.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  4. Relationship between Generation Z's image of care and their career intentions as nurses

    Grant number:22H03380  2022.4 - 2026.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  5. Establishment of nursing intervention for sleep to improve lifestyle in patients with ischemic heart disease

    Grant number:22K10837  2022.4 - 2026.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  6. 循環器疾患患者のための人工知能を活用した在宅運動療法システムの確立

    Grant number:19K11344  2019.4 - 2023.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    中山 奈津紀, 林 登志雄, 川島 信, 平井 真理

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4420000 ( Direct Cost: \3400000 、 Indirect Cost:\1020000 )

    予後予測因子である心拍変動(heart rate variability:HRV)の指標をベースに人工知能(AI)を活用して、在宅での活動量を主体とした新しい運動療法システムを確立する。HRV指標として副交感神経を反映しているとされる高周波成分(high Frequency:HF)の指標を用い、活動の増加がHFを増加させることを活用する。運動」としては、1)握力運動、2)日常生活活動、3)月1回の定期受診日に行うトレッドミルとする。在宅における日常生活活動量とトレッドミルによる運動負荷量、加えてそれぞれのHFを人工知能(AI)に入力し、HFの維持・改善のための目標活動量を明らかにする。
    Covid-19の影響を受けて、研究協力施設に出入りすることに制限があり、新規の被験者を得ることは難しかった。その一方で得られたデータの詳細の検討を開始した。現在の被験者42人であり、彼らの疾患の重症度評価と心拍変動の分析を開始した。今後、さらなる検討を進める。
    Covid-19の影響で県外移動の制限と共に、研究協力施設がCovid-19に関連した地域の中核病院であるため。
    WithCovid-19の世論の流れにより、少しずつ研究協力施設でのデータの解析を進める。

  7. Basic and clinical research on establishment of home exercise therapy for renal function protection of patients with cardiovascular disease

    Grant number:16K12081  2016.4 - 2019.3

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Nakayama Natsuki

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4810000 ( Direct Cost: \3700000 、 Indirect Cost:\1110000 )

    The purpose of this study was to clarify the effects of exercise that can be performed at home by heart rate variability in cardiovascular disease patients.The exercise was all daily living activities and grip strength exercise.
    Grip strength and daily living activities were measured by measuring grip strength and lending of activity meter at the time of consultation. In addition, heart rate variability was used to obtain an autonomic nervous activity index. It was clarified that the amount of daily living activity increased by promoting the grip strength exercise. Furthermore, analysis is made for the rest time during the day, and nap of the patient whose activity has not been reduced may activate parasympathetic activity, which is a prognostic factor for cardiovascular disease, and may be effective in suppressing the progression of the cardiovascular disease.

  8. 自宅でできる超簡単な運動療法とその有効性及び効果測定指標の研究

    2013.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  9. 心疾患患者における在宅運動療法を支援するための自律神経活動指標応用に基づいた研究

    2011.4 - 2013.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 12

  1. 看護学教育方法論

    2016

  2. 看護教育論

    2016

  3. 臨床看護学セミナー

    2016

  4. 臨床看護学特論

    2016

  5. 統合実践実習

    2016

  6. 臨床看護実践論

    2016

  7. 急性期看護学実習

    2016

  8. 看護研究演習

    2016

  9. 研究序論/原書講読

    2016

  10. 成人看護学演習

    2016

  11. 成人看護学総論

    2016

  12. 急性期成人看護学Ⅱ

    2016

▼display all