2021/03/23 更新

写真a

ミヤサカ ユウキ
宮坂 勇輝
MIYASAKA Yuki
所属
大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 実験動物部門 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2016年3月   新潟大学 ) 

研究キーワード 3

  1. マウス

  2. マウス遺伝学

  3. CRISPR/Cas9システム

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 実験動物学

  2. ライフサイエンス / 遺伝学

  3. ライフサイエンス / 寄生虫学  / マラリア

現在の研究課題とSDGs 1

  1. マウスを用いた疾患感受性遺伝子の解析

経歴 1

  1. 独立行政法人日本学術振興会特別研究員DC2

    2014年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 新潟大学   医歯学総合研究科

    2012年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 新潟大学   医歯学総合研究科

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京農業大学   生物産業学部   生物生産学科

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本実験動物学会

  2. 日本寄生虫学会

  3. 日本糖尿病・肥満動物学会

  4. 日本ゲノム編集学会

 

論文 17

  1. Role of an Atypical Cadherin Gene, Cdh23 in Prepulse Inhibition, and Implication of CDH23 in Schizophrenia. 査読有り

    Balan S, Ohnishi T, Watanabe A, Ohba H, Iwayama Y, Toyoshima M, Hara T, Hisano Y, Miyasaka Y, Toyota T, Shimamoto-Mitsuyama C, Maekawa M, Numata S, Ohmori T, Shimogori T, Kikkawa Y, Hayashi T, Yoshikawa T.

    Schizophr. Bull.     頁: sbab007   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Ablation of Iah1, a candidate gene for diet-induced fatty liver, does not affect liver lipid accumulation in mice. 査読有り

    Masuya T, Suzuki M, Tsujimura J, Kanamori S, Miyasaka Y, Ohno T, Murai A, Horio F, Kobayashi M.

    PLoS One.   15 巻 ( 5 ) 頁: e0233087   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. c.753A>G genome editing of a Cdh23 ahl allele delays age-related hearing loss and degeneration of cochlear hair cells in C57BL/6J mice. 査読有り

    Yasuda SP, Seki Y, Suzuki S, Ohshiba Y, Hou X, Matsuoka K, Wada K, Shitara H, Miyasaka Y, Kikkawa Y.

    Hear. Res.   389 巻   頁: 107926   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. SDR9C7 catalyzes critical dehydrogenation of acylceramides for skin barrier formation. 査読有り

    Takeichi T, Hirabayashi T, Miyasaka Y, Kawamoto A, Okuno Y, Taguchi S, Tanahashi K, Murase C, Takama H, Tanaka K, Boeglin WE, Calcutt MW, Watanabe D, Kono M, Muro Y, Ishikawa J, Ohno T, Brash AR, Akiyama M.

    J. Clin. Invest.   130 巻 ( 2 ) 頁: 890 - 903   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Mouse NC/Jic strain provides novel insights into host genetic factors for malaria research. 査読有り

    Ohno T, Miyasaka Y, Kuga M, Ushida K, Matsushima M, Kawabe T, Kikkawa Y, Mizuno M, Takahashi M

    Exp. Anim.   68 巻 ( 3 ) 頁: 243 - 255   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. OHC-TRECK: A Novel System Using a Mouse Model for Investigation of the Molecular Mechanisms Associated with Outer Hair Cell Death in the Inner Ear. 査読有り

    Matsuoka K, Wada K, Miyasaka Y, Yasuda SP, Seki Y, Nishito Y, Yonekawa H, Taya C, Shitara H, Kikkawa Y.

    Sci. Rep.   9 巻 ( 1 ) 頁: 5285   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Intestinal immunity suppresses carrying capacity of rats for the model tapeworm, Hymenolepis diminuta. 査読有り

    Ohno T, Kai T, Miyasaka Y, Maruyama H, Ishih A, Kino H.

    Parasitol. Int.   67 巻 ( 4 ) 頁: 357-361   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Congenic mapping and candidate gene analysis for streptozotocin-induced diabetes susceptibility locus on mouse chromosome 11. 査読有り

    Maegawa T, Miyasaka Y, Kobayashi M, Babaya N, Ikegami H, Horio F, Takahashi M, Ohno T.

    Mamm. Genome   29 巻 ( 3-4 ) 頁: 273 - 280   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. A new missense mutation in the paired domain of the mouse Pax3 gene. 査読有り

    Ohno T, Maegawa T, Katoh H, Miyasaka Y, Suzuki M, Kobayashi M, Horio F.

    Exp. Anim.   66 巻 ( 3 ) 頁: 245-250   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. A novel splice site mutation of myosin VI in mice leads to stereociliary fusion caused by disruption of actin networks in the apical region of inner ear hair cells. 査読有り

    Seki Y, Miyasaka Y, Suzuki S, Wada K, Yasuda SP, Matsuoka K, Ohshiba Y, Endo K, Ishii R, Shitara H, Kitajiri SI, Nakagata N, Takebayashi H, Kikkawa Y.

    PLoS One   12 巻 ( 8 ) 頁: e0183477   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Heterozygous mutation of Ush1g/Sans in mice causes early-onset progressive hearing loss, which is recovered by reconstituting the strain-specific mutation in Cdh23. 査読有り

    Miyasaka Y, Shitara H, Suzuki S, Yoshimoto S, Seki Y, Ohshiba Y, Okumura K, Taya C, Tokano H, Kitamura K, Takada T, Hibino H, Shiroishi T, Kominami R, Hiromichi Y, Kikkawa Y.

    Hum. Mol. Genet.   25 巻 ( 10 ) 頁: 2045-2059   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Quantitative trait loci on chromosome 5 for susceptibility to frequency-specific effects on hearing in DBA/2J mice. 査読有り

    Suzuki S, Ishikawa M, Ueda T, Ohshiba Y, Miyasaka Y, Okumura K, Yokohama M, Taya C, Matsuoka K, Kikkawa Y.

    Exp. Anim.   64 巻 ( 3 ) 頁: 241-251   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Dilation of the inferior colliculus and hypersensitivity to sound in Wnt1-cre and Wnt1-GAL4 double-transgenic mice. 査読有り

    Nakajima M, Nishikawa C, Miyasaka Y, Kikkawa Y, Mori H, Tsuruta M, Okuyama S, Furukawa Y.

      566 巻   頁: 236-240   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Compound Heterozygosity of the Functionally Null Cdh23v-ngt and Hypomorphic Cdh23ahl Alleles Leads to Early-onset Progressive Hearing Loss in Mice. 査読有り

    Miyasaka Y, Suzuki S, Ohshiba Y, Watanabe K, Sagara Y, Yasuda SP, Matsuoka K, Shitara H, Yonekawa H, Kominami R, Kikkawa Y.

    Exp. Anim.   62 巻 ( 4 ) 頁: 333-346   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Advantages of a mouse model for human hearing impairment. 査読有り

    Kikkawa Y, Seki Y, Okumura K, Ohshiba Y, Miyasaka Y, Suzuki S, Ozaki M, Matsuoka K, Noguchi Y, Yonekawa H.

    Exp. Anim.   61 巻   頁: 85-98   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Independent genetic control of early and late stages of chemically induced skin tumors in a cross of a Japanese wild-derived inbred mouse strain, MSM/Ms. 査読有り

    Okumura K, Sato M, Saito M, Miura I, Wakana S, Mao JH, Miyasaka Y, Kominami R, Wakabayashi Y.

    Carcinogenesis   33 巻   頁: 2260-2268   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Bcl11b heterozygosity leads to age-related hearing loss and degeneration of outer hair cells of the mouse cochlea. 査読有り

    Okumura H, Miyasaka Y, Morita Y, Nomura T, Mishima Y, Takahashi S, Kominami R.

    Exp. Anim.   60 巻   頁: 355-361   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Effects of Genetic Background on Susceptibility and the Acceleration of Hearing Loss in Mice.

    Yasuda SP, Miyasaka Y, Kikkawa Y( 担当: 共著)

    InTech  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. Genetic modifiers of hearing loss in mice: The case of phenotypic modification in homozygous Cdh23ahl age-related hearing loss.

    Kikkawa Y, Miyasaka Y( 担当: 共著)

    Karger Publishers, Basel, Switzerland  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 2

  1. マウスの遺伝的背景に潜む聴覚表現型を修飾する1塩基置換

    宮坂勇輝,設楽浩志,鈴木沙理,高田豊行,城石俊彦,木南 凌,米川博通,吉川欣亮

    日本遺伝学会第88回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:三島市   国名:日本国  

  2. マウス加齢性難聴発症のcomplex traits

    宮坂勇輝

    平成24年度国立遺伝学研究所研究会 マウスForward Geneticsの新潮流 -Common diseases (complex traits) のマウス遺伝学- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. ゲノム編集技術を用いた長鎖配列ノックインマウスの作製支援システムの構築

    2018年9月 - 2019年3月

    一般財団法人共済団医学研究奨励助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. ゲノム編集技術を用いたアレルギー疾患感受性モデルマウスの原因遺伝子の同定

    2017年4月 - 2018年3月

    日比野基金医学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. ゲノム編集技術を用いた新規マウス致死遺伝子の同定とその機能解析

    2016年4月 - 2018年12月

    日東学術振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 3

  1. マウスNC系統の特性を利用した脳マラリア発症に必須な遺伝的要因の特定

    研究課題/研究課題番号:20K15698  2020年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金   若手研究

  2. ゲノム編集技術を用いたマウスのストレプトゾトシン感受性遺伝子の同定と機能解析

    研究課題/研究課題番号:17K14975  2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 亜種間コンソミック系統を基盤とした新規難聴モデルマウスの樹立

    研究課題/研究課題番号:14J06119  2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者