Updated on 2021/03/25

写真a

 
MURAKAMI Masako
 
Organization
Graduate School of Law JD Program for Legal Practice (Nagoya University Law School) Core Law Professor
Title
Professor

Degree 1

  1. 博士(法学) ( 1998.7   一橋大学 ) 

Research Areas 1

  1. Humanities & Social Sciences / Civil law

Current Research Project and SDGs 3

  1. 子の引渡しの強制執行

  2. 外国判決の承認・執行

  3. 子の監護をめぐる国際紛争の統一的処理

Research History 3

  1. University of Tsukuba   Professor

    2015.4 - 2016.3

      More details

    Country:Japan

  2. 国立大学法人筑波大学   人文社会系   准教授

    2001.7 - 2015.3

      More details

    Country:Japan

  3. University of Tsukuba

    1999.1 - 2001.6

      More details

    Country:Japan

Education 3

  1. Hitotsubashi University   Graduate School, Division of Law

    1994.4 - 1998.7

      More details

    Country: Japan

  2. Hitotsubashi University   Graduate School, Division of Law

    1992.4 - 1994.3

      More details

    Country: Japan

  3. Sophia University   Faculty of Law

    1988.4 - 1992.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 2

  1. 民事訴訟法学会

  2. 国際私法学会

Committee Memberships 9

  1. 法務省法制審議会国際裁判管轄法制(人事訴訟事件および家事事件関係)部会   幹事  

    2014.3 - 2015.2   

  2. 法務省法制審議会(ハーグ条約(子の返還手続関係))部会   幹事  

    2011.7 - 2012.1   

      More details

    Committee type:政府

  3. つくば市オンブズマン   委員  

    2014.4 - 2018.3   

      More details

    Committee type:自治体

  4. つくば市入札監視委員会   委員  

    2008.7 - 2020.3   

      More details

    Committee type:自治体

  5. 茨城県情報公開・個人情報保護審査会   委員  

    2007.4 - 2019.10   

      More details

    Committee type:自治体

  6. 愛知県弁護士会   愛知県弁護士会懲戒委員会委員  

    2020.7 - 2022.6   

      More details

    Committee type:その他

  7. 独立行政法人 筑波大学   筑波大学附属病院監査委員会委員  

    2019.4 - 2021.3   

      More details

    Committee type:その他

  8. 茨城県   茨城県議会情報公開学識経験者  

    2010.4   

      More details

    Committee type:自治体

  9. 土浦市入札監視委員会   委員  

    2007   

▼display all

 

Papers 19

  1. 実施法に基づく子の返還の実現についての一考察 子の連れ去りの予防の観点から

    村上正子

    国際的権利保護制度の構築     2021.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)  

  2. 子の意見聴取の機会の保障と手続的公序 外国判決の承認・執行の観点からの考察 Invited

    村上 正子

    民事裁判の法理と実践 加藤新太郎先生古稀祝賀論文集     page: 569 - 588   2020.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)  

  3. INTERNATIONAL JURISDICTION OF CHILD-RELATED CASES IN JAPAN Invited Reviewed

    MASAKO MURAKAMI

    Japanese Yearbook of International Law   Vol. 62 ( 00 ) page: 00   2020.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The purpose of this article is to analyze the new rules of international jurisdiction concerning child related cases, focusing on child custody and child support with a comparison to the former court made rules, the discussion during the legislative process reference to foreign rules, and the relationship with 1980 Hague
    Convention.In addition, this article aims to provide some guidelines for court practice and interpretation under the new rules.

  4. カナダ法人である被告に対し、日本法人である原告に対する本件米国特許権の侵害による損害賠償請求権を被告は有しないことの確認を求める原告の訴えが却下された事例 Invited

    村上 正子

    JCAジャーナル   Vol. 00 ( 746 ) page: 25~30   2019.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    米国特許権にかかる損害賠償請求債務の不存在確認を求める訴えにつき、日本の国際裁判管轄を否定して訴えを却下した判決について、批判的な立場から評釈した。

  5. ブリュッセルⅡa規則の改正案に見るEUにおける子の奪取事案の解決枠組み Invited

    村上 正子

    現代民事手続法の課題 春日偉知郎先生古稀祝賀   Vol. 00 ( 00 ) page: 363‐384   2019.7

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    本論文は、婚姻関係及び父母の責任に関する手続における裁判管轄並びに裁判の承認及び執行に関するEU規則(ブリュッセルⅡa規則)が、ハーグ子奪取条約と協力して子の迅速な返還の実現のためのスキーム構築を目指して改正された過程を追い、そこでの議論から日本法への示唆を得ることを目的としている。

  6. 国境を越えた子の奪取と人身保護請求

    村上 正子

    判例秘書ジャーナル   Vol. 00 ( 00 ) page: 1-10   2019.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    本論文は、ハーグ条約実施法に基づく子の返還裁判において出された返還命令の強制執行が不能に終わった後になされた人身保護請求において、子が示した返還拒絶の意思が自由な意思ではなく、返還命令が出た後もそれに従わずにいることが違法な拘束にあたるとして、人身保護請求を認めた最高裁判例を検討するものである。

  7. 米国ニューヨーク州裁判所の離婚判決のうち、和解協定に基づき子に対する養育費ならびに財産分与の支払を命じた部分について執行判決を認めた事例

    村上 正子

    戸籍時報   ( 779 ) page: 1-8   2019.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 扶養義務に関する審判事件の国際裁判管轄 Invited Reviewed

    村上 正子

    国際私法年報   ( 20 ) page: 20-41   2019.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    本論文は、人事訴訟事件及び家事事件の国際裁判管轄を整備した人事訴訟法等の一部を改正する法律の中でも、扶養義務に関する審判事件の国際裁判管轄についての規定を対象に、従来の判例学説及び立法過程での議論を踏まえて、具体的事案における改正法の適用解釈のあり方ないしは問題点を検討するものである。

  9. 日本舞踊の流派の名取の地位にあることの確認を求めた訴えが司法審査の対象になるとした事例

    村上 正子

    TKCローライブラリー 新・判例解説Watch   Vol. 00 ( 00 ) page: 1-4   2019.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 外国裁判の承認・執行 Invited

    村上 正子

    論究ジュリスト   ( 27 ) page: 47-54   2018.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    本論文は、人事訴訟当の国際裁判管轄法制の改正の中でも、身分関係事件、主に家事事件にかかる外国裁判の承認執行を中心に、これまで学説・判例で議論されてきた問題がどのように解決され、また解決されずに解釈にゆだねられることになるのかを、立法過程での議論を参照しつつ整理し、新規定との関係で検討すべき課題を明らかにすることを目的としている。

  11. 日本人母が米国から子を連れて日本に留置し、米国人父が申し立てたハーグ子奪取条約に基づく返還命令の確定後に、事情変更が認められ、終局決定が変更された事例

    村上 正子

    判例秘書ジャーナル   Vol. 00 ( 00 ) page: 1-9   2018.10

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. Japan's Recent Approach to The Hague Child Abduction Convention and Its Procedural Issues Invited

    Masako Murakami

    Zeitschrift fur Zivilprozess International   Vol. 22   page: 339-357   2018

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    This article will seek to outline Japan's approach to the Hague Child Abduction Convention since its ratification, consider whether or not Japanese court practices meet international standards and examine some procedural issues becoming apparent from two recent Supreme Court decisions.

  13. 保証契約の無効を理由とする保証債務不存在確認訴訟が係属中に主債務が弁済された場合と当該訴訟の帰すう

    村上 正子

    新・判例解説Watch     2017.8

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    DOI: z18817009-00-060881519

  14. 米国法人がウェブサイトに掲載した記事による名誉等の毀損を理由とする不法行為に基づく損害賠償請求訴訟について、民訴法3条の9にいう「特別の事情」があるとされた事例

    村上正子

    JCAジャーナル   ( 715 ) page: 11~17   2017.1

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  15. 確認訴訟機能の多様化に関する一考察 Invited

    高橋宏志、上原敏夫、加藤新太郎他

    民事手続の現代的使命 伊藤眞先生古稀祝賀論文集     page: 629~652   2015.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. Case Proceedings for the Return of an Abducted Child and the Compulsory Execution in Japan Invited Reviewed

    MURAKAMI, Masako

    Japanese Yearbook of International Law   Vol. 57   page: 33~55   2014.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  17. 子の監護をめぐる国際紛争の統一的処理-子の監護に関する審判事件の国際裁判管轄の規律のあり方- Invited

    村上正子

    慶應法学   ( 28 ) page: 353~380   2014.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. オーストラリアにおける金融オンブズマン制度 Invited

    石川明、三木幸一他

    民事手続法の現代的機能     page: 647~672   2014

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  19. 子の引渡請求の強制執行再考のための覚書

    村上正子

    筑波法政   ( 53 ) page: 35~52   2012.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 9

  1. 新版 国際民事訴訟法

    小林秀之=村上正子( Role: Joint author)

    弘文堂  2020.9 

     More details

    Total pages:313   Responsible for pages:313   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  2. 民事訴訟法【第2版】

    安西明子、安達栄治、村上正子、畑宏樹( Role: Joint author)

    有斐閣  2018.2  ( ISBN:978-4-641-15050-8

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  3. Theory and Practice of International Jurisdiction

    Hideyuki Kobayashi, Tsuyoshi Hara, Yasuo Yabuguchi, Masako Murakami( Role: Joint editor)

    2017.11  ( ISBN:978-4-7882-8338-1

     More details

    Total pages:500   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  4. 手続からみた子の引渡し・面会交流

    村上正子、安西明子、上原裕之、内田義厚( Role: Contributor)

    弘文堂  2015.10  ( ISBN:978-4-335-35651-3

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  5. 民事訴訟法

    安西明子、安達栄司、村上正子、畑宏樹( Role: Contributor)

    有斐閣  2014.4 

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  6. 新基本法コンメンタール 民事保全法

    山本和彦、小林昭彦他( Role: Contributor)

    日本評論社  2014 

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  7. 実務民訴講座〔第3期〕第6巻 上訴・再審・少額訴訟と国際民事訴訟

    中西康他( Role: Contributor)

    日本評論社  2013 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  8. EUの国際民事訴訟法判例Ⅱ

    芳賀雅顕、村上正子他( Role: Contributor)

    信山社  2013 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  9. 国際民事訴訟法

    小林秀之、村上正子( Role: Joint author)

    弘文堂  2009.6  ( ISBN:9784335354380

     More details

    Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

▼display all

Presentations 4

  1. ハーグ条約実施法に基づく子の返還裁判の執行手続 Invited International conference

    村上 正子

    ベトナム人民最高裁判所主催 「国際離婚、子の引渡しに関するセミナー」  2020.12.16  ベトナム人民最高裁判所

     More details

    Event date: 2020.12.16

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン   Country:Viet Nam  

  2. 令和元年民事執行法改正 子の引渡しの強制執行について Invited

    村上 正子

    早稲田大学リカレントセミナー  2020.11.21  早稲田大学法務研究科

     More details

    Event date: 2020.11.21

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:日本  

  3. Japan's Recent Approach to the Hague Child Abduction Convetnion; Some Procedural Issues Invited International conference

    Masako Murakami

    Seminar on Asian Law 

     More details

    Event date: 2018.3.5

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:University of Melbourne, Australia   Country:Australia  

    This lecture will give quick overview about Japan's recent approach to the Hague Child Abduction Convention and discuss some procedural issues, especially about procedure for enforcement of court order to return the child to the state of his/her habitual residence.

  4. 扶養義務の国際裁判管轄の立法をめぐる動向とその評価 Invited

    青木清、横山潤、村上正子、岩本学、池田綾子

    国際私法学会第130回研究大会 シンポジウム 国際扶養に関する諸問題 

     More details

    Event date: 2017.6.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:ウインク愛知(愛知県産業労働センター)   Country:Japan  

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 3

  1. 多様化時代グローバル私法の新地平 私法統一の弾性化と国内受容における偏差の研究

    Grant number: 20H00051  2020.04 - 2025.03

    科研費  基盤研究A

    曽野 裕夫

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

    Grant amount:\42120000 ( Direct Cost: \32400000 、 Indirect Cost:\9720000 )

  2. アメリカ第4次対外関係法リステイトメントの多角的研究

    Grant number:20H01424  2020.03 - 2024.03

    科研費  基盤研究B

    長田真理

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

    Grant amount:\16640000 ( Direct Cost: \12800000 、 Indirect Cost:\3840000 )

  3. 国境を越えた子の返還に関する判断・執行手続理論の構築

    2012.04 - 2014.03

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    村上 正子

      More details

    Authorship:Principal investigator 

 

Teaching Experience (On-campus) 8

  1. 民事実務基礎

    2019

  2. 民事訴訟法演習

    2019

  3. 倒産法Ⅰ

    2019

     詳細を見る

    倒産処理法のうち、主に破産法を対象とし、破産手続の目的である債権者平等原則と債務者の経済的再生が、いかなる手続の下で実現されているかを、手続の流れと、主要な論点に関する裁判例についての基本的な知識の習得とともに理解する。

  4. 民事訴訟法Ⅰ

    2019

     詳細を見る

    法科大学院における民事訴訟法講義。判決手続のうち、訴えの提起から判決の効力までを扱い、民事訴訟法の理念や目的を理解したうえで、手続の流れと基本的な知識、個別論点に関する裁判例と学説の動向を理解することを目的とする。

  5. 民事訴訟法

    2018

  6. 民事訴訟法

    2017

  7. 倒産法

    2017

  8. 民事訴訟法

    2016

▼display all

Teaching Experience (Off-campus) 6

  1. 民事手続法

    2020.9 - 2021.3 Ryutsu Keizai University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  2. 倒産処理法Ⅱ

    2020.9 - 2021.3 Ryutsu Keizai University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  3. 裁判法概論

    2020.4 - 2020.8 Ryutsu Keizai University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  4. 倒産処理法Ⅰ

    2020.4 - 2020.8 Ryutsu Keizai University)

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  5. 民事訴訟法

    2016.4 - 2017.3 Ryutsu Keizai University)

  6. 民事訴訟法

    2016.4 - 2017.3 University of Tsukuba)

▼display all

 

Social Contribution 2

  1. 早稲田大学法務リカレントセミナー

    Lecturer

    早稲田大学法務研究科  2020.11.21

  2. 早稲田大学法務リカレントセミナー(継続教育セミナー)

    Appearance

    早稲田大学法務教育研究センター  早稲田大学  2017.1

     More details

    Audience: Graduate students, Researchesrs, General

    Type:Seminar, workshop

    「民事執行・保全をめぐる現在問題」というテーマで開講されたセミナーにおいて、「子供の引渡しをめぐる執行問題 ハーグ条約の締結と執行実務」というタイトルの講演を行った。