Updated on 2021/10/20

写真a

 
IZAWA Shigeki
 
Organization
Graduate School of Education and Human Development Department of Educational Sciences Foundations of Education and Human Development Associate professor
Graduate School
Graduate School of Education and Human Development
Undergraduate School
School of Education Department of Human Developmental Sciences
Title
Associate professor

Degree 1

  1. 博士(教育学) ( 2009.9   名古屋大学 ) 

Research Areas 2

  1. Humanities & Social Sciences / Education  / 教育哲学,教育思想史,人間形成論

  2. Humanities & Social Sciences / Education

Research History 4

  1. Joetsu University of Education   Associate professor

    2013.1 - 2016.3

      More details

    Country:Japan

  2. Hyogo University of Teacher Education

    2013.1 - 2016.3

      More details

    Country:Japan

  3. Hyogo University of Teacher Education

    2011.10 - 2012.12

      More details

    Country:Japan

  4. Joetsu University of Education   Lecturer

    2009.9 - 2012.12

      More details

    Country:Japan

Professional Memberships 8

  1. 教育哲学会   理事

    2019.10

  2. 教育哲学会   常任編集委員

    2017.10 - 2021.9

  3. 教育思想史学会   理事

    2018.10

  4. 教育思想史学会   編集委員

    2018.10

  5. 日本デューイ学会   Democracy and Education 出版100周年関連企画編集委員会 編集委員

    2017.10 - 2020.12

  6. 日本デューイ学会   理事

    2016.9

  7. 日本教育学会   地方区理事

    2021.8 - 2023.8

  8. 教育哲学会   次世代育成企画委員会委員

    2018.10

▼display all

Awards 2

  1. 第10回教育思想史学会奨励賞

    2013.9   教育思想史学会  

     More details

    Country:Japan

  2. 日本デューイ学会研究奨励賞

    2008.10   日本デューイ学会  

     More details

    Country:Japan

 

Papers 64

  1. 原子力時代のジョン・デューイとプラグマティズム─「常識」と「科学」をつなぐ教育思想の可能性─

    生澤繁樹

    近代教育フォーラム   ( 30 ) page: 73-84   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. 教育思想家と歴史

    相馬伸一、小山裕樹、生澤繁樹、日暮トモ子

    近代教育フォーラム   ( 30 ) page: 123-129   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  3. プラグマティズムは国家の教育を問いなおせるか?─ジョン・デューイとラディカリズムの未来─

    生澤繁樹

    教育学年報12 国家 (世織書房)     page: 89-110   2021.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. 教育(学)と政治(学)─「翻訳」から捉える交差と懸隔─

    室井麗子,髙宮正貴,エディ・デュフルモン,生澤繁樹,藤井佳世

    近代教育フォーラム   ( 29 ) page: 131-138   2020.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. Philosophy of Education in a New Key: Voices from Japan

    Kato Morimichi, Saito Naoko, Matsushita Ryohei, Ueno Masamichi, Izawa Shigeki, Maruyama Yasushi, Sugita Hirotaka, Ono Fumio, Muroi Reiko, Miyazaki Yasuko, Yamana Jun, Peters Michael A., Tesar Marek

    EDUCATIONAL PHILOSOPHY AND THEORY     2020.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1080/00131857.2020.1802819

    Web of Science

  6. 教育哲学と社会批判の(不)可能性

    生澤繁樹,室井麗子,藤井佳世

    教育哲学研究   ( 121 ) page: 179-185   2020.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. 書評:嶋口裕基著『ブルーナーの「文化心理学」と教育論──「デューイとブルーナー」再考』

    生澤繁樹

    教育学研究   Vol. 86 ( 4 ) page: 142-145   2019.12

     More details

    Language:Japanese  

  8. 「熟議デモクラシー」から「妥協の精神」へ?─分断社会におけるエイミー・ガットマンの葛藤をいかに読み解くか─

    生澤繁樹

    近代教育フォーラム   ( 28 ) page: 51-59   2019.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. Reconsidering the Intersection of Politics and Education: East Asian Perspectives

    Shigeki Izawa, Masaki Takamiya, Hektor K. T. Yan, Cheuk-Hang Leung, and Ren-Jie Vincent Lin

    English E-Journal of the Philosophy of Education   Vol. 4   page: 81-87   2019.8

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. 教育と政治の交わりについて再考する─東アジアの若手教育哲学者とともに考える─

    生澤繁樹,髙宮正貴,甄景徳,梁卓恒,林仁傑

    教育哲学研究   ( 119 ) page: 153-159   2019.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. 異質な他者の(不)可能性─多文化主義とカリキュラムの政治学から考える─

    生澤繁樹

    カリキュラム研究   ( 28 ) page: 67-69   2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. ポスト基礎付け主義と規範の行方─政治と教育から問いなおす─

    生澤繁樹,室井麗子,玉手慎太郎,田畑真一,市川秀之,山本圭,関根宏朗

    近代教育フォーラム   ( 27 ) page: 136-144   2018.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  13. 「未来」を考慮に入れること─真理と実在をめぐるプラグマティズムの経験論─

    生澤繁樹

    近代教育フォーラム   ( 27 ) page: 100-110   2018.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  14. 教育哲学は〈災害と厄災の記憶〉にいかに向き合うのか─『災害と厄災の記憶を伝える』が提起しえたこと/しえなかったこと─

    小野文生,山名淳,矢野智司,岡部美香,池田華子,生澤繁樹,平田仁胤

    教育哲学研究   ( 117 ) page: 98-104   2018.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  15. The Publicness of the Curriculum and the Ambiguity of the Shift to Participatory Politics: The Intersection of Politics and Education Regarding "Representation"

    Shigeki Izawa, translated by Nadezhda Murray

    Educational Studies in Japan: International Yearbook   ( 12 ) page: 135-151   2018.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  16. 書評:平井悠介著『エイミー・ガットマンの教育理論──現代アメリカ教育哲学における平等論の変容』

    生澤繁樹

    教育学研究   Vol. 85 ( 1 ) page: 90-93   2018.3

     More details

    Language:Japanese  

  17. 教員採用試験における教職教養分野の特質と課題─教育思想史分野を中心に─

    相馬伸一,室井麗子,椋木香子,小山裕樹,生澤繁樹

    広島修大論集   Vol. 58 ( 2 ) page: 117-159   2018.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  18. 荒野をさまよう「判断」と「責任」─デューイアン・プラグマティズムの論理と行動によせて─

    生澤繁樹

    教育哲学研究   ( 116 ) page: 60-81   2017.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  19. 「よし,クリーニング屋に行こう!」─子どもの学びと生活経験とをつなぐプラグマティズム─

    生澤繁樹

    名大トピックス   ( 294 ) page: 10   2017.11

     More details

    Language:Japanese  

  20. 方法論ワークショップ「理論・思想」部会に参加して

    生澤繁樹

    教育学研究   Vol. 84 ( 3 ) page: 383-384   2017.9

     More details

    Language:Japanese  

  21. リーガル・レジリエンスと新しい学校批判のかたち

    生澤繁樹

    月刊高校教育   ( 2017年10月 ) page: 88-89   2017.9

     More details

    Language:Japanese  

  22. 書評:小玉重夫著『教育政治学を拓く──18歳選挙権の時代を見すえて』

    生澤繁樹

    近代教育フォーラム   ( 26 ) page: 141-146   2017.9

     More details

    Language:Japanese  

  23. 実践知と政治教育のリアリティ─「構想力」を育む学びに向けて─

    生澤繁樹

    学校教育研究   ( 32 ) page: 21-40   2017.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  24. プラグマティズムは「教育」をどう問いなおしてきたか?─現代プラグマティズムが切り拓く問いの地平を踏まえながら─

    松下晴彦,生澤繁樹

    教育哲学研究   ( 115 ) page: 133-139   2017.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  25. 教育思想史の「裏面」を問う─「古典」はどう読まれてこなかったのか─

    相馬伸一,下司晶,室井麗子,小山裕樹,生澤繁樹

    近代教育フォーラム   ( 25 ) page: 166-172   2016.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  26. 指定討論:次代の義務教育を構想する─「資質・能力」を育む学校教育への転換とどう向き合うか?─

    生澤繁樹

    教育経営研究   ( 22 ) page: 75-80   2016.6

     More details

    Language:Japanese  

  27. カリキュラムの公共性と参加政治─"representation"をめぐる政治と教育の交錯─

    生澤繁樹

    教育学研究   Vol. 82 ( 4 ) page: 25-39(543-557)   2015.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. 「意図」と「付随」のデモクラシー─デューイの民主的教育論における「媒介された経験」の問題─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会紀要   ( 56 ) page: 63-76   2015.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  29. アメリカ学校改革論の政治哲学的基底を読みなおす─クロッペンバーグとラヴィッチの描く二つの思想史的視座から─

    生澤繁樹

    アメリカ教育学会紀要   ( 26 ) page: 73-79   2015.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  30. デモクラシーが「公衆」を形成する─ジョン・デューイとリベラル・ジャーナリズムの時代─

    生澤繁樹

    近代教育フォーラム   ( 24 ) page: 26-37   2015.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  31. 学校変革アプローチの基礎的考察

    安藤福光,生澤繁樹,篠原岳司,末松裕基,辻野けんま

    東京学芸大学紀要(総合教育科学系Ⅰ)   Vol. 66   page: 135-160   2015.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  32. 書評:上野正道著『民主主義への教育──学びのシニシズムを超えて』

    生澤繁樹

    近代教育フォーラム   ( 23 ) page: 317-323   2014.10

     More details

    Language:Japanese  

  33. 教育哲学の政治的機能を回復させる─大学改革のモダニティに抗いつつ─

    生澤繁樹

    教育学術新聞   ( 2576 ) page: 3   2014.8

     More details

    Language:Japanese  

  34. 教育と社会倫理─デューイ倫理思想の形成と論理的諸条件─

    生澤繁樹

    イギリス理想主義研究年報   ( 10 ) page: 23-34   2014.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  35. 教育哲学の〈これから〉─若手研究者の立場から─

    松浦良充,江口潔,生澤繁樹,高宮正貴,辻敦子,平田仁胤

    教育哲学研究   ( 109 ) page: 102-107   2014.5

     More details

    Language:Japanese  

  36. 学校の学びは社会を変える力となりうるか?─「社会的関連」を探究する思考を求めて─

    生澤繁樹

    教育創造   ( 176 ) page: 44-49   2014.3

     More details

    Language:Japanese  

  37. ジョン・デューイとグローバル化時代の「公衆」論─デモクラシーの政治・教育・倫理─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会紀要   ( 54 ) page: 191-204   2013.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  38. 図書紹介:リチャード・シュスターマン著 樋口聡・青木孝夫・丸山恭司訳『プラグマティズムと哲学の実践』

    生澤繁樹

    近代教育フォーラム   ( 22 ) page: 299-303   2013.9

     More details

    Language:Japanese  

  39. 「防災道徳」の授業開発に関する研究─「防災教育」と「道徳教育」をつなぐ授業理論と実践─

    藤井基貴,生澤繁樹

    静岡大学教育学部附属教育実践総合センター紀要   ( 21 ) page: 91-101   2013.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  40. 学校を変える/社会を変革するデモクラシー─D. マイヤー学校改革論の社会哲学的考察─

    生澤繁樹

    上越教育大学研究紀要   ( 32 ) page: 13‐24   2013.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  41. アメリカ政治思想のなかのジョン・デューイ─井上弘貴著『ジョン・デューイとアメリカの責任』を読む─

    生澤繁樹

    政治哲学   ( 13 ) page: 61-66   2012.12

     More details

    Language:Japanese  

  42. 「契約」と「経験」の思想史─近代の社会的想像と共同性の創出─

    生澤繁樹

    近代教育フォーラム   ( 21 ) page: 131-148   2012.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  43. デューイの社会倫理学─1900-1901年シカゴ大学講義録を中心に─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会紀要   ( 53 ) page: 173-185   2012.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  44. 教育はどのように問われるべきか─コメントと考察─

    生澤繁樹

    教育哲学研究   ( 105 ) page: 58-62   2012.5

     More details

    Language:Japanese  

  45. 図書紹介:苫野一徳著『どのような教育が「よい」教育か』

    生澤繁樹

    教育哲学研究   ( 105 ) page: 212-215   2012.5

     More details

    Language:Japanese  

  46. 道徳教育の授業開発に関する実践的研究─郷土資料の開発とシティズンシップ教育の課題─

    藤井基貴,生澤繁樹

    静岡大学教育学部附属教育実践総合センター紀要   ( 20 ) page: 145-157   2012.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  47. 教育的関係の政治学─「自然=本性」論の再考─

    生澤繁樹

    教育経営研究   ( 17 ) page: 72-82   2011.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  48. 学校選択と価値多元社会─公教育の正当性の再構成へ─

    生澤繁樹

    教育哲学研究   ( 103 ) page: 136-141   2011.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  49. 書評:上野正道著『学校の公共性と民主主義─デューイの美的経験論へ─』

    生澤繁樹

    教育哲学研究   ( 102 ) page: 141-149   2010.11

     More details

    Language:Japanese  

  50. 民主的な子どもの性向を育てる─デューイにおける家庭・学校・共同体のアポリア─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会紀要   ( 51 ) page: 147-161   2010.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  51. 〈近代=世俗化〉の物語を再考する─Ch. Taylor, A Secular Age (2007) をめぐって─

    室井麗子,生澤繁樹,矢田訓子

    近代教育フォーラム   ( 19 ) page: 147-158   2010.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  52. 書評:井上弘貴著『ジョン・デューイとアメリカの責任』(木鐸社,2008年)

    生澤繁樹

    イギリス理想主義研究年報   ( 6 ) page: 49-53   2010.7

     More details

    Language:Japanese  

  53. コミュニタリアニズムの教育哲学─共同体に基礎をおく公共哲学と人間形成論の帰結─

    生澤繁樹

    教育哲学研究   ( 101 ) page: 7-14   2010.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  54. デューイとの対話─デューイ的思索の過去・現在・未来─

    早川操,松下晴彦,生澤繁樹

    教育哲学研究   ( 101 ) page: 202-206   2010.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  55. 図書紹介:ヴォルフガング・ブレツィンカ著 小笠原道雄・坂越正樹訳『教育目標・教育手段・教育成果──教育科学のシステム化』

    生澤繁樹

    教育学研究   Vol. 77 ( 1 ) page: 108-110   2010.3

     More details

    Language:Japanese  

  56. 共同体による自己形成─テイラー道徳存在論と共同体主義の課題─

    生澤繁樹

    イギリス理想主義研究年報   ( 5 ) page: 21-28   2009.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  57. 書評:高橋勝著『経験のメタモルフォーゼ─〈自己変成〉の教育人間学─』

    生澤繁樹

    教育哲学研究   ( 98 ) page: 99-105   2008.11

     More details

    Language:Japanese  

  58. デューイの文化論の再検討─文化の伝達とコミュニケーションの再編成─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会紀要   ( 49 ) page: 151-163   2008.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  59. デューイの共同体論における「知性」の役割─共同体主義の教育論の批判的再定義─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会紀要   ( 48 ) page: 31-41   2007.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  60. 現代正義思想における教育の平等と社会的財の射程─M. ウォルツァー正義論のパラドクス─

    生澤繁樹

    教育学研究   Vol. 74 ( 3 ) page: 15-27(335-347)   2007.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  61. ジョン・デューイの教育思想に対する反ー反基礎づけ主義の再解釈?

    生澤繁樹

    近代教育フォーラム   ( 16 ) page: 85-94   2007.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  62. 民主主義の包括,排除の力学─多文化的状況における民主教育の逆説について─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会紀要   ( 47 ) page: 79-87   2006.10

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  63. 近代ロマン主義的個性観念と「反ー自然主義」の自己形成論─教育学におけるC・テイラー哲学受容の両義性─

    生澤繁樹

    教育哲学研究   ( 93 ) page: 67-84   2006.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  64. 正義の「中断」から(再)接続にむけて─正義をめぐる公共圏の構想と教育へのアプローチ─

    生澤繁樹

    名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学)   Vol. 52 ( 2 ) page: 109-122   2006.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

▼display all

Books 19

  1. 教育原理を組みなおす─変革の時代をこえて─

    松下晴彦・伊藤彰浩・服部美奈編( Role: Contributor)

    名古屋大学出版会  2021.10 

     More details

    Language:Japanese

  2. 対談集 春風問学

    春風社編集部編

    春風社  2021.10 

     More details

    Language:Japanese

  3. 教育と教職のフロンティア

    伊藤良高・岡田愛・荒井英治郎編( Role: Contributor)

    晃洋書房  2021.4 

     More details

    Language:Japanese

  4. 道徳教育論 改訂版

    田中智志・橋本美保監修,松下良平編( Role: Contributor)

    一藝社  2021.2 

     More details

    Language:Japanese

  5. 民主主義と教育の再創造─デューイ研究の未来へ─

    日本デューイ学会編( Role: Contributor)

    勁草書房  2020.12 

     More details

    Language:Japanese

  6. Educational Leadership and Hannah Arendt

    ( Role: Joint translator)

    2020.12 

     More details

    Total pages:368   Responsible for pages:16−30, 107-186, 272-281, 283-285, 290-307, 311-335  

  7. 教育哲学のデューイ─連環する二つの経験─

    田中智志編( Role: Contributor)

    東信堂  2019.10 

     More details

    Language:Japanese

  8. 道徳教育

    荒木寿友・藤井基貴編( Role: Contributor)

    ミネルヴァ書房  2019.5 

     More details

    Language:Japanese

  9. 政治において正しいとはどういうことか─ポスト基礎付け主義と規範の行方─

    田畑真一・玉手慎太郎・山本圭編( Role: Contributor)

    勁草書房  2019.4 

     More details

    Language:Japanese

  10. 共同体による自己形成─教育と政治のプラグマティズムへ─

    生澤繁樹( Role: Sole author)

    春風社  2019.3 

     More details

    Total pages:528   Language:Japanese

  11. 教育経営論

    末松裕基編( Role: Contributor)

    学文社  2017.9 

     More details

    Language:Japanese

  12. 教育思想事典 増補改訂版

    教育思想史学会編( Role: Contributor)

    勁草書房  2017.9 

     More details

    Language:Japanese

  13. 批判的教育学事典

    マイケル・W・アップル,ウェイン・アウ,ルイ・アルマンド・ガンディン編,長尾彰夫・澤田稔監修( Role: Joint translator)

    明石書店  2017.1 

     More details

    Language:Japanese

  14. 未来をつかむ学級経営─学級のリアル・ロマン・キボウ─

    末松裕基・林寛平編( Role: Contributor)

    学文社  2016.9 

     More details

    Language:Japanese

  15. 現代の学校を読み解く─学校の現在地と教育の未来─

    末松裕基編( Role: Contributor)

    春風社  2016.4 

     More details

    Language:Japanese

  16. 教育と学びの原理─変動する社会と向き合うために─

    早川操・伊藤彰浩編( Role: Contributor)

    名古屋大学出版会  2015.7 

     More details

    Language:Japanese

  17. 道徳教育論

    田中智志・橋本美保監修,松下良平編( Role: Contributor)

    一藝社  2014.4 

     More details

    Language:Japanese

  18. 希望をつむぎだす幼児教育─生きる力の基礎を培う子どもと大人の関わり─

    鬢櫛久美子・石川昭義編( Role: Contributor)

    あいり出版  2013.7 

     More details

    Language:Japanese

  19. 日本のデューイ研究と21世紀の課題─日本デューイ学会設立50周年記念論集─

    日本デューイ学会編( Role: Contributor)

    世界思想社  2010.10 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

Presentations 18

  1. 探究する公衆とプラグマティズムの真理論─公衆を探究へと導くものとは何か─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会第64回研究大会・課題研究「プラグマティズムの真理論は政治、教育、知識にとって何を意味するか」 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:同志社女子大学(オンライン開催)   Country:Japan  

  2. 修繕される教育、呼び戻される近代─コロナ禍が加速させる連帯と分断─

    生澤繁樹

    中部教育学会第69回大会・公開シンポジウム「コロナという災禍と祝祭の陰で」 

     More details

    Event date: 2021.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学(オンライン開催)   Country:Japan  

  3. パトスと政治教育の未来─リベラルな教育が回避してきたもの?─

    生澤繁樹

    日本教育学会近畿地区主催シンポジウム「『教育学のパトス論的転回』を読む」 

     More details

    Event date: 2021.5

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催   Country:Japan  

  4. 原子力時代のジョン・デューイとプラグマティズム─「常識」と「科学」をつなぐ教育の可能性─

    生澤繁樹

    教育思想史学会第30回大会・シンポジウム「プラグマティズムの思想史」 

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催(オンデマンド形式)   Country:Japan  

  5. 「勇気ある知性と責任」のために─公共的知識人としてのジョン・デューイとデモクラシーによる公衆の形成─

    生澤繁樹

    第 5 回名古屋大学の卓越・先端・次世代研究シンポジウム「挑戦:人文学・社会科学研究の最前線」 

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学アジア法交流館   Country:Japan  

  6. 異質な他者の(不)可能性─多文化主義とカリキュラムの政治学から考える─

    生澤繁樹

    日本カリキュラム学会第29回大会・課題研究「いま改めて多文化主義の教育を考える」 

     More details

    Event date: 2018.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北海道教育大学旭川校   Country:Japan  

  7. ジョン・デューイと社会変革への教育─アメリカ革新主義の一断面─

    生澤繁樹

    第52回アメリカ学会年次大会・部会企画「20世紀アメリカの諸思想」 

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北九州市立大学   Country:Japan  

  8. 「社会的関連(social connections)」を探究する授業実践とは何か―道徳教育と社会科教育とをつなぐリアリズム―

    生澤繁樹

    日本社会科教育学会第65回全国研究大会・課題研究Ⅱ「社会科と道徳との関係を考える」 

     More details

    Event date: 2015.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:宮城教育大学   Country:Japan  

  9. アメリカ学校改革論の政治哲学的基底を読みなおす─デモクラティック・アプローチの可能性─

    生澤繁樹

    アメリカ教育学会第26回大会・シンポジウム「現代アメリカ教育思潮の変遷と展望─政治哲学・文化政治学・教育政策からみるアメリカ教育の動向─」 

     More details

    Event date: 2014.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  10. デモクラシーが「公衆」を形成する─ジョン・デューイとリベラル・ジャーナリズムの時代─

    生澤繁樹

    教育思想史学会第24回大会・フォーラム2「デモクラシーが「公衆」を形成する─ジョン・デューイとリベラル・ジャーナリズムの時代─」 

     More details

    Event date: 2014.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:慶應義塾大学   Country:Japan  

  11. 「意図」と「付随」のデモクラシー─デューイの民主的教育論における「媒介された経験」の問題

    生澤繁樹

    日本デューイ学会第58回研究大会・シンポジウム「デューイの民主的教育論と現代の民主主義論」 

     More details

    Event date: 2014.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:同志社大学   Country:Japan  

  12. ジョン・デューイとグローバル化時代の「公衆」論─デモクラシーの政治・教育・倫理─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会第56回研究大会・課題研究「『公衆とその諸問題』再考─デューイ「公衆」の現代における可能性を求めて─」 

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東洋大学   Country:Japan  

  13. 学校を変える/社会を変革するデモクラシー─リベラリズム・教養・学校選択─

    生澤繁樹

    日本カリキュラム学会第23回大会・課題研究Ⅱ「民主主義社会の(再)構築に向けたカリキュラム論の探究(1):D.マイヤー著『学校を変える力』の合評を通して」 

     More details

    Event date: 2012.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:中部大学   Country:Japan  

  14. 「契約」と「経験」の思想史─近代の社会的想像と共同性の創出─

    生澤繁樹

    教育思想史学会第21回大会・シンポジウム「共同性/協働性/協同性」 

     More details

    Event date: 2011.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:日本大学   Country:Japan  

  15. デューイと正義論─正義の「原理」から「方法」へ─

    生澤繁樹

    第103回公共哲学京都フォーラム「アメリカの代表的な公共する人間としてのジョン・デューイ」 

     More details

    Event date: 2011.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:神戸ポートピアホテル   Country:Japan  

  16. コミュニタリアニズムの教育哲学─共同体に基礎をおく公共哲学と人間形成論の帰結─

    生澤繁樹

    教育哲学会第52回大会・研究討議「公共哲学と教育哲学との接点を求めて」 

     More details

    Event date: 2009.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋大学   Country:Japan  

  17. 民主的な子どもの性向を育てる─デューイにおける家庭・学校・共同体のアポリア─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会第53回研究大会・課題研究「デューイ民主主義論の再考」 

     More details

    Event date: 2009.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:椙山女学園大学   Country:Japan  

  18. デューイの文化論の再検討─文化の伝達とコミュニケーションの再編成─

    生澤繁樹

    日本デューイ学会第51回研究大会・シンポジウム「デューイの文化論─文化の多元・多様化時代にデューイから学ぶもの─」 

     More details

    Event date: 2007.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:奈良女子大学   Country:Japan  

▼display all

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 8

  1. 西洋教育思想の受容過程の検討をとおした教育思想史像の再構築

    Grant number:21K02205  2021.4 - 2024.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    岸本 智典

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  2. 政治学との接合による規範的教育学の再構築

    Grant number:20H01638  2020.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    髙宮 正貴

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  3. 学校政策と地域社会の持続可能性に関する国際比較研究-学校の存在意義の再検討

    Grant number:19H01622  2019.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    井本 佳宏

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  4. 〈政治〉と〈経験〉の人間形成論的探究─プラグマティズムによる教育的正義の再構築─

    Grant number:19K02474  2019.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    生澤 繁樹

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  5. 教育思想史のメタヒストリー的研究

    Grant number:17H02673  2017.4 - 2021.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    相馬 伸一

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  6. 社会的探究としての政治教育理論の構築─プラグマティズムの思想史的解釈を通して─

    Grant number:16K04460  2016.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    生澤 繁樹

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  7. デモクラシーによる「公衆」の形成─アメリカ学校改革論の社会思想史的研究─

    Grant number:25780468  2013.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    生澤 繁樹

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  8. デューイ教育思想の政治哲学的検討─共同体論的再解釈の可能性と課題の解明─

    Grant number:22730606  2010.4 - 2013.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    生澤 繁樹

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 16

  1. 教育実習事前指導

    2018

  2. 国際社会文化演習Ⅱ

    2018

  3. 国際社会における教育と文化

    2018

  4. 国際社会文化基礎演習

    2018

  5. 教職実践演習

    2018

  6. 国際社会文化コース演習Ⅱ

    2018

  7. 国際社会文化演習Ⅰ

    2018

  8. 教師教育学Ⅰ

    2018

  9. 人間発達科学Ⅲ

    2018

  10. 人間形成学研究Ⅰ

    2018

  11. 人間形成学研究Ⅱ

    2018

  12. 人間形成学講義Ⅱ

    2018

  13. 国際社会文化コース演習Ⅰ

    2018

  14. 基礎セミナーA

    2018

  15. 基礎セミナーB

    2018

  16. 教育原理

    2018

▼display all