2021/04/01 更新

写真a

ニシホリ マサヒロ
西堀 正洋
NISHIHORI Masahiro
所属
医学部附属病院 脳神経外科 病院助教
職名
病院助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

研究キーワード 1

  1. 脳血管内治療

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 脳神経外科学

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学部   医学科

    2002年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本脳神経外科学会

  2. 日本脳神経血管内治療学会

  3. 日本脳卒中学会

  4. 日本脳卒中の外科学会

  5. 日本脳神経CI学会

  6. 日本脳神経外科コングレス

▼全件表示

 

論文 21

  1. Development and clinical evaluation of a contactless operating interface for three-dimensional image-guided navigation for endovascular neurosurgery. 査読有り 国際誌

    Nishihori M, Izumi T, Nagano Y, Sato M, Tsukada T, Kropp AE, Wakabayashi T

    International journal of computer assisted radiology and surgery     2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    DOI: 10.1007/s11548-021-02330-3

    PubMed

  2. Short-segment Internal Trapping for Symptomatic Thrombosed Large Fusiform Vertebral Artery Aneurysms (Bird's Nest Trapping): A Technical Note. 査読有り

    Nishihori M, Izumi T, Tsukada T, Kropp AE, Uda K, Yokoyama K, Araki Y, Wakabayashi T

    Neurologia medico-chirurgica     2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.tn.2020-0329

    PubMed

  3. [Ruptured Spinal Arteriovenous Malformation Mimicking Bacterial Meningitis:A Case Report]. 査読有り

    Hiramatsu T, Nishihori M, Haraguchi K, Okada T, Endo O, Fujii K, Yokoyama H, Takayanagi K, Yamamoto N

    No shinkei geka. Neurological surgery   48 巻 ( 11 ) 頁: 1051 - 1057   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1436204319

    PubMed

  4. Ipsilateral late stroke after revascularization surgery for patients with Moyamoya disease

    Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Kanamori Fumiaki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Sumitomo Masaki, Okamoto Sho, Izumi Takashi

    ACTA NEUROCHIRURGICA     2021年2月

  5. Case-control study of postprocedural arterial puncture site hemorrhage after neuroendovascular treatment 査読有り

    Tamari Yosuke, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Imai Tasuku, Ito Masashi, Tsukada Tetsuya, Ishida Mamoru, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 1 ) 頁: 125 - 133   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.83.1.125

    Web of Science

    PubMed

  6. Analysis of relationship between superior hypophyseal artery visualization and preservation and postoperative visual field deficit in paraclinoid aneurysm

    Otawa Masato, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Tsukada Tetsuya, Oshima Ryosuke, Kawaguchi Tomomi, Goto Shunsaku, Ikezawa Mizuka, Kropp Asuka Elisabeth, Araki Yoshio, Uda Kenji, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 30   2021年2月

     詳細を見る

  7. Direct Vertebral Artery Puncture During Open Surgery for the Endovascular Treatment of a Recurrent Vertebro-Vertebral Arteriovenous Fistula. 査読有り

    Ikezawa M, Izumi T, Nishihori M, Nagashima Y, Nishimura Y, Tsukuda T, Kropp AE, Goto S, Otsuka T, Kato N, Nakano M

    World neurosurgery   146 巻   頁: 166 - 170   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2020.10.156

    PubMed

  8. Postoperative stroke and neurological outcomes in the early phase after revascularization surgeries for moyamoya disease: an age-stratified comparative analysis

    Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Kanamori Fumiaki, Kurimoto Michihiro, Shiba Yoshiki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Sumitomo Masaki, Okamoto Sho, Matsui Kota, Emoto Ryo, Wakabayashi Toshihiko, Matsui Shigeyuki, Natsume Atsushi

    NEUROSURGICAL REVIEW     2021年1月

  9. Effects of aspirin and heparin treatment on perioperative outcomes in patients with Moyamoya disease 査読有り 国際誌

    Kanamori Fumiaki, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Natsume Atsushi

    ACTA NEUROCHIRURGICA     2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00701-020-04668-0

    Web of Science

    PubMed

  10. A case of internal trapping to a thrombosed giant rapidly growing aneurysm at the posterior cerebral artery

    Otawa Masato, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Tsukada Tetsuya, Oshima Ryosuke, Kawaguchi Tomomi, Goto Shunsaku, Ikezawa Mizuka, Kropp Asuka Elisabeth, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 3 ) 頁: 557 - 566   2020年8月

  11. Surgical Designs of Revascularization for Moyamoya Disease: 15 Years of Experience in a Single Center

    Araki Yoshio, Uda Kenji, Yokoyama Kinya, Kanamori Fumiaki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Tanahashi Kuniaki, Masaki Sumitomo, Sho Okamoto, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   139 巻   頁: E325 - E334   2020年7月

  12. Brain Compression by Encephalo-Myo-Synangiosis is a Risk Factor for Transient Neurological Deficits After Surgical Revascularization in Pediatric Patients with Moyamoya Disease 査読有り

    Kanamori Fumiaki, Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   133 巻   頁: E558 - E566   2020年1月

  13. Factors influencing blood flow resistance from a large internal carotid artery aneurysm revealed by a computational fluid dynamics model

    Imai Tasuku, Izumi Takashi, Isoda Haruo, Ishiguro Kenta, Mizuno Takashi, Tsukada Tetsuya, Kropp Asuka, Ito Masashi, Nishihori Masahiro, Ishida Mamoru, Tamari Yosuke, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 4 ) 頁: 629 - 636   2019年11月

  14. Cardiac Arrest Induced by Carotid Sinus Reflex Activation During Flow-Diverter Stent Deployment

    Goto Shunsaku, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Ishida Mamoru, Ishida Tetsuya, Otawa Masato, Kawaguchi Tomoki, Oshima Ryosuke, Kropp Asuka, Ikezawa Mizuka, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   124 巻   頁: 22 - 24   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.12.136

    Web of Science

    PubMed

  15. Intraoperative evaluation of local cerebral hemodynamic change by indocyanine green videoangiography: prediction of incidence and duration of postoperative transient neurological events in patients with moyamoya disease

    Uda Kenji, Araki Yoshio, Muraoka Shinsuke, Ota Shinji, Wada Kentaro, Yokoyama Kinya, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   130 巻 ( 4 ) 頁: 1367 - 1375   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2017.10.JNS171523

    Web of Science

    PubMed

  16. Experimental study of the characteristics of various types of filling coils for intracranial aneurysm embolisation

    Ito Masashi, Matsubara Noriaki, Izumi Takashi, Miyachi Shigeru, Ota Keisuke, Imai Tasuku, Nishihori Masahiro, Wakabayashi Toshihiko

    INTERVENTIONAL NEURORADIOLOGY   24 巻 ( 5 ) 頁: 513-519   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1591019918779196

    Web of Science

    PubMed

  17. Association between CYP2C19 genotype and the additional effect of cilostazol to clopidogrel resistance in neuroendovascular therapy.

    Tajima H, Izumi T, Miyachi S, Matsubara N, Ito M, Imai T, Nishihori M, Shintai K, Okamoto S, Araki Y, Kumakura Y, Furukawa-Hibi Y, Yamada K, Wakabayashi T

    Nagoya journal of medical science   80 巻 ( 2 ) 頁: 207-215   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.2.207

    PubMed

  18. Association between CYP2C19 genotype and the additional effect of cilostazol to clopidogrel resistance in neuroendovascular therapy

    Tajima Hayato, Izumi Takashi, Miyachi Shigeru, Matsubara Noriaki, Ito Masashi, Imai Tasuku, Nishihori Masahiro, Shintai Kazunori, Okamoto Sho, Araki Yoshio, Kumakura Yasuo, Furukawa-Hibi Yoko, Yamada Kiyofumi, Wakabayashi Toshihiko

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 2 ) 頁: 207-215   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagims.80.2.207

    Web of Science

  19. Evaluation for shunted pouches of cavernous sinus dural arteriovenous fistula and the treatment outcome of transvenous embolization

    Sato Masaki, Izumi Takashi, Matsubara Noriaki, Nishihori Masahiro, Miyachi Shigeru, Wakabayashi Toshihiko

    INTERVENTIONAL NEURORADIOLOGY   24 巻 ( 2 ) 頁: 189 - 196   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1591019917743064

    Web of Science

    PubMed

  20. Clinical Application of Insertion Force Sensor System for Coil Embolization of Intracranial Aneurysms

    Matsubara Noriaki, Miyachi Shigeru, Izumi Takashi, Yamada Hiroyuki, Marui Naoki, Ota Keisuke, Tajima Hayato, Shintai Kazunori, Ito Masashi, Imai Tasuku, Nishihori Masahiro, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   105 巻   頁: 857-863   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2017.06.092

    Web of Science

    PubMed

  21. Coiling of a Ruptured Large Internal Carotid Artery Aneurysm via Extracranial-Intracranial Saphenous Vein Bypass Graft Just After Proximal Ligation of the Internal Carotid Artery

    Tajima Hayato, Araki Yoshio, Izumi Takashi, Nishihori Masahiro, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   98 巻   頁: 879.e1-879.e4   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2016.11.066

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

科研費 1

  1. 海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻と下垂体ホルモンとの因果関係に関する研究

    研究課題/研究課題番号:18K16580  2018年04月 - 2021年03月

    若手研究

    西堀 正洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1950000円 ( 直接経費:1500000円 、 間接経費:450000円 )

    硬膜動静脈瘻は後天的に生じる稀な頭蓋内シャント疾患である。発生部位は頭蓋内の種々の部位があるが、日本における全国調査の結果より、海綿静脈洞部は他の部位に比して2倍以上男性より女性に多い。症状は多彩であり、また診断や治療においては非常に専門的な知識と経験を必要とする疾患である。
    硬膜動静脈瘻の原因は未だに不明であるが、外傷・骨折・炎症・静脈高血圧など多くの複合的因子が関与する。海綿静脈洞部は脳下垂体に接している静脈洞であり、ここを経由して下垂体ホルモンが血中に分泌されているため、性差を考慮すると、同部位には少なからず性ホルモンの影響があると推察される。
    その関連を明確に示唆する研究や論文は極めて少ない。
    そのため、この部位における発生要因としての下垂体ホルモンやその周辺因子につき評価および研究を行う。また本研究は実際に多くの硬膜動静脈瘻について治療を行っている施設でなければ成立しづらく、当施設は本疾患において基幹病院であるため研究を進めることができる。
    性ホルモンとその代謝因子、関連する遺伝子多型(CYP19A1,HSD17B2)、生活背景の因子(飲酒・喫煙・妊娠分娩歴など)なども合わせて調査する。現在は本学生命倫理委員会へ申請を行うと同時に、機器部門と相談し、性ホルモンの測定についてELISA法を用いて解析を勧めている。同意いただいた症例より血液サンプルを採取し、検体がほぼ揃った。
    現在は解析を随時進めている。
    海綿静脈洞部・横静脈洞部の硬膜動静脈瘻の症例に対して現在までに多くの血液サンプルを得て、ELISA法を中心に解析を行っている。生活背景の因子(飲酒・喫煙・妊娠分娩歴など)なども合わせて調査している。
    海綿静脈洞部・横静脈洞部の症例から得たサンプルに対してELISA法にて解析を行っている。
    これを継続し、解析を行い論文化する予定である。

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 脳新規外科 脳血管内治療・画像講義

    2020

     詳細を見る

    血管撮影室において、脳血管内治療・脳卒中画像の講義を行なう

  2. PBLチュートリアル

    2020

     詳細を見る

    症例