Updated on 2023/09/14

写真a

 
KUDOH Noritaka
 
Organization
Graduate School of Economics Department of Socio-Economic System Analysis on the System of Policy Making Professor
Graduate School
Graduate School of Economics
Undergraduate School
School of Economics Department of Economics
Title
Professor

Degree 1

  1. Ph.D. ( 2000.6   State University of New York at Buffalo ) 

Research Interests 2

  1. search theory

  2. Macroeconomics

Current Research Project and SDGs 4

  1. サーチ理論と価格決定メカニズム

  2. 金融市場における情報と期待形成に関する理論分析

  3. 財政金融政策間の相互作用に関する理論分析

  4. サーチ理論を用いた労働市場の景気変動分析

Research History 6

  1. 名古屋大学経済学研究科(教授)   教授

    2015.10

      More details

    Country:Japan

  2. Associate Professor, Hokkaido University   Associate professor

    2007.4 - 2015.9

      More details

    Country:Japan

  3. Assistant Professor, Hokkaido University   Associate Professor

    2005.4 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  4. Assistant Professor, Kaisai University   Associate Professor

    2004.4 - 2005.3

      More details

    Country:Japan

  5. Lecturer, Kansai University   Lecturer

    2002.4 - 2004.3

      More details

    Country:Japan

  6. Lecturer, Hitotsubashi University   Lecturer

    2000.10 - 2002.3

      More details

    Country:Japan

▼display all

Education 2

  1. State University of New York at Buffalo   Graduate School, Division of Economics

    1996.8 - 2000.4

      More details

    Country: United States

  2. Ritsumeikan University   Faculty of Economics

    1992.4 - 1996.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 1

  1. 日本経済学会   会員

Committee Memberships 4

  1. 日本経済学会2012年度春季大会運営委員会   大会運営副委員長  

    2011 - 2012   

  2. 日本経済学会2012年度春季大会プログラム委員会   プログラム委員  

    2011 - 2012   

  3. 日本経済学会2010年度秋季大会プログラム委員会   プログラム委員  

    2009 - 2010   

  4. 日本経済学会2001年度秋季大会運営委員会   大会運営委員  

    2001   

 

Papers 12

  1. Do general equilibrium effects matter for labor market dynamics? Reviewed

    ECONOMIC MODELLING   Vol. 119   2023.2

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1016/j.econmod.2022.106108

    Web of Science

  2. Employment and hours over the business cycle in a model with search frictions Reviewed International coauthorship

    Kudoh Noritaka, Miyamoto Hiroaki, Sasaki Masaru

    REVIEW OF ECONOMIC DYNAMICS   Vol. 31   page: 436-461   2019.1

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1016/j.red.2018.10.002

    Web of Science

  3. Employment and Hours of Work Reviewed

    Noritaka Kudoh; Masaru Sasaki

    European Economic Review   Vol. 55 ( 2 ) page: 176-192   2011

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  4. Policy Interaction and Learning Equilibria Reviewed

    Noritaka Kudoh

    Macroeconomic Dynamics   Vol. 17   page: 920-935   2013

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  5. Taylor Rules and the Effects of Debt-Financed Fiscal Policy in a Monetary Growth Model Reviewed

    Noritaka Kudoh; Hong Thang Nguyen

    Economics Bulletin   Vol. 31 ( 3 ) page: 2480-2490   2011

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  6. Precautionary Demand for Labour and Firm Size Reviewed

    Noritaka Kudoh; Masaru Sasaki

    Bulletin of Economic Research   Vol. 62 ( 2 ) page: 133-153   2010

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  7. Money and Price Dynamics in a Market with Strategic Bargaining Reviewed

    Noritaka Kudoh

    Economics Bulletin   Vol. 30   page: 709-719   2010

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. A Global Analysis of Liquidity Effects, Interest Rate Rules, and Deflationary Traps Reviewed

    Noritaka Kudoh

    Economics Bulletin   Vol. 29   page: 1500-1506   2009

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  9. Unemployment Policies in an Economy with Adverse Selection Reviewed

    Noritaka Kudoh

    Bulletin of Economic Research   Vol. 59 ( 2 ) page: 179-196   2007

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  10. Low Nominal Interest Rates: A Public Finance Perspective Reviewed

    Noritaka Kudoh

    International Journal of Central Banking   Vol. 3 ( 2 ) page: 61-93   2007

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  11. Monetary Policy Arithmetic for a Deflationary Economy Reviewed

    Noritaka Kudoh

    Economics Letters   Vol. 87   page: 161-167   2005

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  12. Tight Money Policies and Inflation Revisited Reviewed

    Joydeep Bhattacharya; Noritaka Kudoh

    Canadian Journal of Economics   Vol. 35   page: 185-217   2002

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books 2

  1. 経済学者に聞いたら、ニュースの本当のところが見えてきた

    日本経済新聞社( Role: Joint author)

    日本経済新聞社  2013.7 

     More details

    Language:Japanese

  2. サーチ理論―分権的取引の経済学

    今井 亮一, 工藤 教孝, 佐々木 勝, 清水 崇( Role: Joint author)

    東京大学出版会  2007.10  ( ISBN:4130402358

Presentations 2

  1. Inflation and Deflation in the Theory of Intertemporal Public Finance Invited

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Country:Japan  

  2. Employment and Hours over the Business Cycle in a Model with Search Frictions International conference

     More details

    Event date: 2015.8

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Country:Canada  

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 3

  1. 非伝統的金融政策と国債市場

    2012.8

    野村財団社会科学助成 

      More details

    Grant type:Competitive

  2. グローバル化と産業構造

    2012

    村田学術振興財団海外派遣 

      More details

    Grant type:Competitive

  3. 複数均衡理論による流動性と金融危機の分析

    2011

    全国銀行学術振興財団研究助成 

      More details

    Grant type:Competitive

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 14

  1. ロボットや人工知能技術などの技術革新が労働市場に与える影響の理論・数量分析

    Grant number:21K01525  2021.4 - 2024.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    宮本 弘暁, 工藤 教孝

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    AI技術やロボットの発展により、新技術が人々から仕事を奪うのではないかという問いが欧米を中心に学術界のみならず政策当局においても活発に議論がなされている。本研究では失業を考慮したマクロ経済モデル(動学的一般均衡モデル)によりAI技術やロボットが雇用、賃金に与える影響を理論的、数量的に明らかにする。また、技術革新が経済に与えうるマイナスの影響を経済政策・制度がどのように緩和できるかを分析する。
    本研究の目的はロボットによる自動化や人工知能(AI)技術などの技術革新が労働市場、とりわけ雇用、賃金に与える影響を労働市場の摩擦を考慮した動学的一般均衡(DGE)モデルを用いて、カリブレーションならびにシミュレーションの手法で理論的・数量的に分析することである。
    2021年度は研究分担者の名古屋大学経済研究科の工藤教孝教授とともに、AI技術やロボットなどの高度科学技術を明示的に組み込んだ労働市場の摩擦を考慮したDGEモデルを構築し、シミュレーションの手法により、技術革新が雇用・賃金に与える影響を理論的、数量的に分析した。
    研究成果は"Robots and Unemployment"という学術論文にまとめ、国内のセミナーで発表するとともに、査読付き海外学術雑誌に投稿し、現在、審査中である。工藤教授とは、本研究で中心的な労働市場の摩擦を考慮した理論モデルについて、"Time Aggregation and Unemployment Volatility" という論文も作成中である。
    また、経済政策や制度が技術革新が経済に与えうる悪影響をどのように軽減できるかについて理論分析を行い、その結果を"For the Benefit of All: Fiscal Policies and Equity-Efficiency Trade-offs in the Age of Automation"という論文にまとめた。この論文は国際通貨基金(IMF)のワーキングペーパーとしてファイルされている。
    さらに、AIやロボットによる自動化など現在進行中の第4次産業革命が雇用に与えうる影響を広く一般に伝えるため、『101のデータで読む日本の未来』(PHP研究所)を執筆、出版した。
    2021年度は、AI技術やロボットなどの高度科学技術を明示的に組み込んだ労働市場の摩擦を考慮したDGEモデルを構築し、シミュレーションの手法により、技術革新が雇用・賃金に与える影響を理論的、数量的に明らかにすることを目指した。研究分担者の名古屋大学経済研究科の工藤教孝教授とともに分析をスムーズに進めることができたため、その成果を"Robots and Unemployment"という学術論文にまとめ、国内のセミナーで発表するとともに、査読付き海外学術雑誌に投稿した。
    <BR>
    また、本研究では、経済政策や制度が技術革新が経済に与えうる悪影響をどのように軽減することができるかを明らかにすることも目的であるが、IMFと共同で"For the Benefit of All: Fiscal Policies and Equity-Efficiency Trade-offs in the Age of Automation"という論文を作成、IMFワーキングペーパーとしてファイルした。
    今後は、まずは2021年度に海外学術雑誌に投稿した"Robots and Unemployment"が出版されることを目指す。また、名古屋大学の工藤教授との共同作業を通じて、本研究で使用している摩擦を含む労働市場モデルについて、いくつか研究課題が出てきたため、それらについても今後、研究を進める予定である。
    2021年度に行ったIMFとの共同研究は特に労働市場に焦点を当てたものではなかったため、今後はAI技術やロボットなどの高度科学技術を明示的に組み込んだ労働市場の摩擦を考慮したDGEモデルにおいて失業給付、最低賃金、解雇規制などの労働市場に関する規制や制度が、技術革新が労働市場に与えうるマイナスの影響をどう軽減できるかについて検討する。

  2. 市場支配力とマクロ経済:サーチ理論による産業組織、景気変動と格差の分析

    Grant number:20H01476  2020.4 - 2025.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    工藤 教孝, 花薗 誠, 宮本 弘暁, 田中 頌宇将, 尾山 大輔

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\17030000 ( Direct Cost: \13100000 、 Indirect Cost:\3930000 )

    2010年のノーベル経済学賞の対象となった「サーチ理論」は、微小な粒子同士のランダムなぶつかり合いとして経済活動を再定義することで市場の「摩擦」をモデル化することに成功した。しかしながら、「微小な経済主体」という世界観は分析上の制約になることも多かった。本研究は、「企業規模」という概念をモデル化することを通じてサーチ理論を大きく発展させ、世界規模で進む市場構造の変質、特に近年報告されている市場支配力の上昇や労働分配率の下落などの現象を、産業組織、景気変動に伴う雇用調整、所得分布の視点から解明する。
    プロジェクト1:摩擦的市場における企業規模 本プロジェクトは、研究代表者が長年研究してきた「サーチ理論」を「産業組織論」に応用するという方法を採用し、産業組織論をサーチ理論を通じて再構築するプロジェクトである。研究分担者との共同研究の成果を「Priminence and Market Power: Asymmetric Oligopoly with Sequential Consumer Search」という論文にまとめ、現在国際ジャーナルにて査読中である。ジャーナル編集者や査読者から得られたコメントや批判を踏まえ、論文を改定し終えており、現在は改訂版の審査結果を待っている状態である。改訂版では、産業構造をランダムに生成して厚生評価を行うというシミュレーション分析を新たに取り入れた。
    プロジェクト2:摩擦的市場と景気変動 研究代表者と研究分担者による共同研究の成果をすでに3本の論文にまとめており、それぞれ国際ジャーナルに投稿中である。「General Equilibrium Effects and Labor Market Fluctuations」では景気変動における「所得効果」の役割について数量分析を行い、「Robots and Unemployment」では、技術進歩によって雇用が失われる可能性について理論分析と数量分析を行った。これら2本の論文では、企業規模概念のあるサーチ理論でありながら数理モデルの難易度を下げることに成功している。さらに、年度末には「Time Aggregation and Unemployment Volatility」という論文を完成させ、労働市場統計の集計上のバイアスが景気変動を過小に計測してしまう可能性についてシミュレーションによって明らかにした。
    当初の計画で完成予定であった論文は年度内に完成していないものの、その分析中に得た着想から、当初全く予想していなかった新しい研究が始まり、結果として年度内に別の新しい論文を完成させて投稿することができたから。
    2022年度は本研究課題にとって折り返し地点となるだけでなく、年度の後半に研究代表者がサバティカル(研究専念期間)を得るため、研究代表者が分担者とともに蓄積してきた多数の分析を一旦全て論文にまとめる作業に取り掛かる計画である。

  3. 企業規模と企業数:サーチ理論による市場構造の分析

    2017.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  4. Firm size and the number of firms: search theory and market structure

    Grant number:17K03619  2017.4 - 2020.3

    Kudoh Noritaka

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4030000 ( Direct Cost: \3100000 、 Indirect Cost:\930000 )

    Search theory redefines the notion of market as random encounters of individuals similar to small particles in the air. While search theory successfully models trading frictions that exist in the market transactions in the real world, this modeling strategy has its own limitation. Namely, each transaction is made by a pair of individuals, ruling out a firm with many employees. The main contribution of this research is to develop a framework that possesses both search frictions and the notion of firm size. As an application of the framework, this research developed a model of labor adjustment over the business cycle.

  5. サーチ理論のフロンティア

    2015.4

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  6. 経済成長を促進する労働市場政策の効果を推定する動学分析

    2015.4

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  7. Fronteers of the Search Theory

    Grant number:15K03355  2015.4 - 2019.3

    IMAI Ryoichi

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    The project has reviewed the current research trends of the search theory, and explored its applications in variety of decentralized markets, where there is no auctioneer nor aggreate balancing mechanism. The field was awarded with a Nobel Prize for Economics in 2010. Our research has extended the application toward new front lines as follows.
    (1) Payroll taxes affect the productivity distribution of jobs in the decentralized labor market. (2) Housing market institutions affect the distribution of contract types such as rental and holding. (3) Medical insurance works as subisidies for the suppliers, and raises the gap between the supplier price and the consumer price.

  8. Dynamic Analysis of Economic Growth and Labor Market Policies

    Grant number:15H03362  2015.4 - 2019.3

    Sasaki Masaru

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    We succeeded in publishing three papers in international academic journals. First, "Employment and Hours over the Business Cycles in a Model with Search Frictions" has been published in Review of Economic Dynamics. We explicitly incorporate choices of working hours into the model with search frictions, and quantitatively analyzes the Japanese labor market. Secondly, "Fiscal Stimulus and Unemployment Dynamics" has been published in The B. E. Journal of Macroeconomics. It shows the effects of fiscal stimulus packages on unemployment and vacancy rates. Finally, "Identifying the source of model misspecification" has been published in Journal of Monetary Economics. This paper provides explanations about analytical methodologies.

  9. 転売と投機の経済分析:金融市場における異質性とサーチ理論

    2014.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  10. 戦略的補完性とレジームシフトによる経済危機の分析:サーチ理論からのアプローチ

    2011 - 2013

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    工藤 教孝

  11. Interaction between information and expectations : implications for financial crises

    2008 - 2010

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

  12. Search Theory : Theory and Applications

    2007 - 2009

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

  13. 限定合理性のマクロ経済学と金融市場

    2005 - 2007

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    工藤 教孝

      More details

    1. 具体的内容 本研究では、経済の構造を正確には知らない経済主体からなるマクロ経済モデルを出発地点として、それを金融市場に応用することで、デフレ、バブル、長期不況など日本経済に深く関わる現象について解明することが目的であった。本研究によってデフレについての理解が進んだのみならず、金融政策運営について重要な知見が得られた。仮に、非常に強い意味で独立な中央銀行が金融政策運営を行っていたとしても、不景気などの理由で低金利政策を進めた場合に意図しない形で政府国債を買い支えることになることが判明した。この成果は2007年に国際学術誌に掲載された。また、経済の構造を学習しながら意思決定する経済主体についても研究が進んだが、同時にその方向性の限界も見えてきた。具体的には、統計的に学習をする経済主体を考察したのだが、モデルの動学経路の計算には大いに役に立ったが、既存のモデルと同じ均衡に最終的には収束してしまうことが明らかとなった。この点については今後のさらなる研究が必要である。2. 意義 本研究によって明らかにされた成果の意義は大きい。特に、今までは財政規律の欠如が金融政策に影響を与えるのは中央銀行が独立でないからだと考えられてきたが、本研究成果によって、中央銀行の独立性だけでは財政からの影響を断ち切れないことが判明したからである。3. 重要性 ノーベル賞受賞者のロバート・ルーーカスは「合...

  14. Non-Walrasian Price Mechanism : Theory and Applications

    2004 - 2005

    Grant-in-Aid for Scientific Research  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 6

  1. 経済学A

    2017

  2. 労働経済

    2017

  3. 経済学A

    2016

  4. 労働経済

    2016

  5. 労働経済

    2015

  6. 経済学A

    2015

▼display all

 

Social Contribution 4

  1. 北海道大学公開講座『2030年へのシナリオ』

    2013

     More details

    講師

  2. 北海道大学経済学研究科公開講座『経済学的思考を実践する』

    2011

     More details

    講師

  3. 北海道大学経済学研究科公開講座『現代の経済・経営を考える』

    2007

     More details

    講師

  4. 一橋大学公開講座『新しい金融産業』

    2001

     More details

    講師