2021/11/12 更新

写真a

カワグチ ユキ
川口 由紀
KAWAGUCHI Yuki
所属
大学院工学研究科 応用物理学専攻 量子物理工学 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 物理工学科
職名
教授

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2005年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 3

  1. トポロジカル構造

  2. 冷却原子気体

  3. 物性理論

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理

経歴 8

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科応用物理学専攻   教授

    2020年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科応用物理学専攻   准教授

    2017年4月 - 2020年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院工学研究科マテリアル理工学専攻応用物理学分野   准教授

    2015年9月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東京大学   大学院工学系研究科物理工学専攻   講師

    2014年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東京大学   大学院工学系研究科付属量子相エレクトロニクス研究センター   特任准教授

    2012年7月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 東京大学   理学系研究科物理学専攻   助教

    2008年5月 - 2012年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 東京工業大学   大学院理工学研究科物性物理学専攻   助教

    2007年1月 - 2008年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 東京工業大学   大学院理工学研究科物性物理学専攻   日本学術振興会特別研究員

    2005年4月 - 2006年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 京都大学   理学研究科   物理学・宇宙物理学専攻

    2000年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   理学部

    1996年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 日本物理学会   会員

    2002年 - 現在

委員歴 3

  1. Quantum Fluids and Solids (QFS2019) meeting   International Program Advisory Committee member  

    2018年5月 - 2019年8月   

  2. Quantum Fluids and Solids (QFS2018) meeting   International Program Advisory Committee member  

    2018年1月 - 2018年8月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 29th International Conference on Low Temperature Physics (LT29)   Executive Committee Member  

    2016年12月 - 2020年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 5

  1. 米沢富美子記念賞

    2020年3月   日本物理学会   内部自由度を持った原子気体ボース・アインシュタイン凝縮体の理論研究

    川口由紀

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 久保亮五記念賞

    2017年10月   井上科学振興財団   内部自由度を持った冷却原子気体の理論研究

    川口由紀

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  3. 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2015年4月   文部科学省   スピン自由度を持った冷却原子気体の研究

    川口由紀

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  4. 井上リサーチアウォード

    2012年2月   井上科学振興財団   スピノールBECにおける量子多体効果の研究

    川口由紀

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  5. 日本物理学会若手奨励賞 領域1

    2008年3月   日本物理学会   スピノール・ダイポールBECの理論的研究

    川口由紀

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 69

  1. Spinor Bose-Einstein condensates 招待有り 査読有り

    Yuki Kawaguchi, Masahito Ueda

    PHYSICS REPORTS-REVIEW SECTION OF PHYSICS LETTERS   520 巻 ( 5 ) 頁: 253-381   2012年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    states feel the Lorentz-like forces in the opposite directions. This is the origin for the emergence of the spin Hall effect. We define the mass-current and spin-current operators from the equations of continuity and calculate the spin Hall conductivity from the off-diagonal current-current correlation function within the Bogoliubov approximation. We find that the correction of the current operators due to the MDDI significantly contributes to the spin Hall conductivity. A possible experimental situation is also discussed.

    DOI: 10.1016/j.physrep.2012.07.005

    Web of Science

  2. Spin-wave growth via Shapiro resonances in a spinor Bose-Einstein condensate 査読有り

    Imaeda, Yuya; Fujimoto, Kazuya; Kawaguchi, Yuki

    Physical Review Research   3 巻   頁: 043090   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevResearch.3.043090

  3. Dynamical Scaling of Surface Roughness and Entanglement Entropy in Disordered Fermion Models

    Fujimoto Kazuya, Hamazaki Ryusuke, Kawaguchi Yuki

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   127 巻 ( 9 )   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.127.090601

    Web of Science

  4. Observation of domain wall bimerons in chiral magnets

    Nagase Tomoki, So Yeong-Gi, Yasui Hayata, Ishida Takafumi, Yoshida Hiroyuki K., Tanaka Yukio, Saitoh Koh, Ikarashi Nobuyuki, Kawaguchi Yuki, Kuwahara Makoto, Nagao Masahiro

    NATURE COMMUNICATIONS   12 巻 ( 1 )   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1038/s41467-021-23845-y

    Web of Science

  5. Perfect Transmission and Perfect Reflection of Bogoliubov Quasiparticles in a Dynamically Unstable Bose-Einstein Condensate 査読有り

    Ohashi Terumichi, Kawaguchi Yuki

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   90 巻 ( 3 )   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.90.034501

    Web of Science

  6. Visible stripe phases in spin-orbital-angular-momentum coupled Bose-Einstein condensates 査読有り 国際共著

    Chiu N-C, Kawaguchi Y., Yip S-K, Lin Y-J

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   22 巻 ( 9 )   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/abac3c

    Web of Science

  7. Family-Vicsek Scaling of Roughness Growth in a Strongly Interacting Bose Gas 査読有り

    Fujimoto Kazuya, Hamazaki Ryusuke, Kawaguchi Yuki

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   124 巻 ( 21 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.124.210604

    Web of Science

  8. Scale-invariant relaxation dynamics in two-component Bose-Einstein condensates with large particle-number imbalance 査読有り

    Fujimoto Kazuya, Haneda Kazunori, Kudo Kazue, Kawaguchi Yuki

    PHYSICAL REVIEW A   101 巻 ( 2 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.101.023608

    Web of Science

  9. Generalized Berry phase for a bosonic Bogoliubov system with exceptional points 査読有り

    Ohashi Terumichi, Kobayashi Shingo, Kawaguchi Yuki

    PHYSICAL REVIEW A   101 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.101.013625

    Web of Science

  10. Smectic Liquid-Crystalline Structure of Skyrmions in Chiral Magnet Co8.5Zn7.5Mn4(110) Thin Film 査読有り

    Nagase T., Komatsu M., So Y. G., Ishida T., Yoshida H., Kawaguchi Y., Tanaka Y., Saitoh K., Ikarashi N., Kuwahara M., Nagao M.

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   123 巻 ( 13 )   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.123.137203

    Web of Science

  11. Theory of the Josephson current on a magnetically doped topological insulator 査読有り

    Toki Tsubasa, Nakosai Sho, Tanaka Yukio, Kawaguchi Yuki

    PHYSICAL REVIEW B   100 巻 ( 10 )   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.100.104518

    Web of Science

  12. Spin-orbit coupling induced valley Hall effects in transition-metal dichalcogenides 査読有り

    Zhou Benjamin T., Taguchi Katsuhisa, Kawaguchi Yuki, Tanaka Yukio, Law K. T.

    COMMUNICATIONS PHYSICS   2 巻   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42005-019-0127-7

    Web of Science

  13. Axion Instability and Nonlinear Electromagnetic Effect 査読有り

    Imaeda Tatsushi, Kawaguchi Yuki, Tanaka Yukio, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   88 巻 ( 2 )   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.88.024402

    Web of Science

  14. Rotating Atomic Quantum Gases with Light-Induced Azimuthal Gauge Potentials and the Observation of the Hess-Fairbank Effect 査読有り

    Chen P. -K., Liu L. -R., Tsai M. -J., Chiu N. -C., Kawaguchi Y., Yip S. -K., Chang M. -S., Lin Y. -J.

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   121 巻 ( 25 )   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.121.250401

    Web of Science

  15. Spin-Orbital-Angular-Momentum Coupled Bose-Einstein Condensates 査読有り

    H.-R. Chen, K.-Y. Lin, P.-K. Chen, N.-C. Chiu, J.-B. Wang, C.-A. Chen, P.-P. Huang, S.-K. Yip, Yuki Kawaguchi, Y.-J. Lin

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   121 巻 ( 11 )   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We demonstrate coupling between the atomic spin- and orbital-angular momentum (OAM) of the atom's center-of-mass motion in a Bose-Einstein condensate (BEC). The coupling is induced by Raman-dressing lasers with a Laguerre-Gaussian beam and creates coreless vortices in an F=1 87Rb spinor BEC. We observe correlations between spin and OAM in the dressed state and characterize the spin texture; the result is in good agreement with the theory. In the presence of the Raman field, our dressed state is stable for 0.1 s or longer, and it decays due to collision-induced relaxation. As we turn off the Raman beams, the vortex cores in the bare spin |mF=1> and |-1> split. These spin-OAM coupled systems with the Raman-dressing approach have great potential for exploring new topological textures and quantum states.

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.121.113204

    Web of Science

  16. Valley Edelstein effect in monolayer transition-metal dichalcogenides 査読有り

    K. Taguchi, B. T. Zhou, Y. Kawaguchi, Y. Tanaka, K. T. Law

    PHYSICAL REVIEW B   98 巻 ( 3 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We predict the emergence of the valley Edelstein effect (VEE), which is an electric-field-induced spin-polarization effect, in gated monolayer transition-metal dichalcogenides (MTMDs). We found an unconventional valley-dependent response in which the spin polarization is parallel to the applied electric field with opposite spin polarization generated by opposite valleys. This is in sharp contrast to the conventional Edelstein effect in which the induced spin polarization is perpendicular to the applied electric field. We identify the origin of VEE as combined effects of conventional Edelstein effect and valley-dependent Berry curvatures induced by coexisting Rashba and Ising spin-orbit couplings in gated MTMDs. Experimental schemes to detect the VEE are also considered.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.98.035435

    Web of Science

  17. Local density of states in two-dimensional topological superconductors under a magnetic field: Signature of an exterior Majorana bound state 査読有り

    Shu-Ichiro Suzuki, Yuki Kawaguchi, Yukio Tanaka

    PHYSICAL REVIEW B   97 巻 ( 14 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We study quasiparticle states on a surface of a topological insulator (TI) with proximity-induced superconductivity under an external magnetic field. An applied magnetic field creates two Majorana bound states: a vortex Majorana state localized inside a vortex core and an exterior Majorana state localized along a circle centered at the vortex core. We calculate the spin-resolved local density of states (LDOS) and demonstrate that the shrinking of the radius of the exterior Majorana state, predicted in R. S. Akzyanov et al., Phys. Rev. B 94, 125428 (2016), under a strong magnetic field can be seen in LDOS without smeared out by nonzero-energy states. The spin-resolved LDOS further reveals that the spin of the exterior Majorana state is strongly spin-polarized. Accordingly, the induced odd-frequency spin-triplet pairs are found to be spin-polarized as well. In order to detect the exterior Majorana states, however, the Fermi energy should be closed to the Dirac point to avoid contributions from continuum levels. We also study a different two-dimensional topological-superconducting system where a two-dimensional electron gas with the spin-orbit coupling is sandwiched between an s-wave superconductor and a ferromagnetic insulator. We show that the radius of an exterior Majorana state can be tuned by an applied magnetic field. However, on the contrary to the results at a TI surface, neither the exterior Majorana state nor the induced odd-frequency spin-triplet pairs are spin-polarized. We conclude that the spin polarization of the Majorana state is attributed to the spin-polarized Landau level, which is characteristic for systems with the Dirac-like dispersion.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.97.144516

    Web of Science

  18. Geometrically frustrated coarsening dynamics in spinor Bose-Fermi mixtures 査読有り

    Nguyen Thanh Phuc, Momoi Tsutomu, Furukawa Shunsuke, Kawaguchi Yuki, Fukuhara Takeshi, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   95 巻 ( 1 )   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.95.013620

    Web of Science

  19. Spin and charge transport induced by a twisted light beam on the surface of a topological insulator 査読有り

    Kunitaka Shintani, Katsuhisa Taguchi, Yukio Tanaka, Yuki Kawaguchi

    PHYSICAL REVIEW B   93 巻 ( 19 )   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We theoretically study spin and charge transport induced by a twisted light beam irradiated on a disordered surface of a doped three-dimensional topological insulator (TI). We find that various types of spin vortices are imprinted on the surface of the TI depending on the spin and orbital angular momentum of the incident light. The key mechanism for the appearance of the unconventional spin structure is the spin-momentum locking in the surface state of the TI. Besides, the diffusive transport of electrons under an inhomogeneous electric field causes a gradient of the charge density, which then induces nonlocal charge current and spin density as well as the spin current. We discuss the relation between these quantities within the linear response to the applied electric field using the Keldysh-Green's function method.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.93.195415

    Web of Science

  20. Spin Hall effect in a spinor dipolar Bose-Einstein condensate 査読有り

    Toshiyuki Oshima, Yuki Kawaguchi

    PHYSICAL REVIEW A   93 巻 ( 5 )   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We theoretically show that the spin Hall effect arises in a Bose-Einstein condensate (BEC) of neutral atoms interacting via the magnetic dipole-dipole interactions (MDDIs). Since the MDDI couples the total spin angular momentum and the relative orbital angular momentum of two colliding atoms, it works as a spin-orbit coupling. Thus, when we prepare a BEC in a magnetic sublevel m=0, thermally and quantum-mechanically excited atoms in the m=1 and -1 states feel the Lorentz-like forces in the opposite directions. This is the origin for the emergence of the spin Hall effect. We define the mass-current and spin-current operators from the equations of continuity and calculate the spin Hall conductivity from the off-diagonal current-current correlation function within the Bogoliubov approximation. We find that the correction of the current operators due to the MDDI significantly contributes to the spin Hall conductivity. A possible experimental situation is also discussed.

    DOI: 10.1103/PhysRevA.93.053605

    Web of Science

  21. Skyrmionic magnetization configurations at chiral magnet/ferromagnet heterostructures 査読有り

    Yuki Kawaguchi, Yukio Tanaka, and Naoto Nagaosa

    PHYSICAL REVIEW B   93 巻 ( 6 )   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We consider magnetization configurations at chiral magnet (CM)/ferromagnet (FM) heterostructures. In the CM, magnetic skyrmions and spin helices emerge due to the Dzyaloshinskii-Moriya interaction, which then penetrate into the adjacent FM. However, because the nonuniform magnetization structures are energetically unfavorable in the FM, the penetrated magnetization structures are deformed, resulting in exotic three-dimensional configurations, such as skyrmion cones, sideways skyrmions, and twisted helices and skyrmions. We discuss the stability of possible magnetization configurations at the CM/FM and CM/FM/CM hybrid structures within the framework of the variational method, and find that various magnetization configurations appear in the ground state, some of which cause nontrivial emergent magnetic field.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.93.064416

    Web of Science

  22. Controlling and probing non-abelian emergent gauge potentials in spinor Bose-Fermi mixtures 査読有り

    Nguyen Thanh Phuc, Gen Tatara, Yuki Kawaguchi, Masahito Ueda

    NATURE COMMUNICATIONS   6 巻   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Gauge fields, typified by the electromagnetic field, often appear as emergent phenomena due to geometrical properties of a curved Hilbert subspace, and provide a key mechanism for understanding such exotic phenomena as the anomalous and topological Hall effects. Non-abelian gauge potentials serve as a source of non-singular magnetic monopoles. Here we show that unlike conventional solid materials, the non-abelianness of emergent gauge potentials in spinor Bose-Fermi atomic mixtures can be continuously varied by changing the relative particle-number densities of bosons and fermions. The non-abelian feature is captured by an explicit dependence of the measurable spin current density of fermions in the mixture on the variable coupling constant. Spinor mixtures also provide us with a method to coherently and spontaneously generate a pure spin current without relying on the spin Hall effect. Such a spin current is expected to have potential applications in the new generation of atomtronic devices.

    DOI: 10.1038/ncomms9135

    Web of Science

  23. Coarsening dynamics driven by vortex-antivortex annihilation in ferromagnetic Bose-Einstein condensates 査読有り

    Kazue Kudo, Yuki Kawaguchi

    PHYSICAL REVIEW A   91 巻 ( 5 )   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In ferromagnetic Bose-Einstein condensates (BECs), the quadratic Zeeman effect controls magnetic anisotropy, which affects magnetic domain pattern formation. While the longitudinal magnetization is dominant (similar to the Ising model) for a negative quadratic Zeeman energy, the transverse magnetization is dominant (similar to the XY model) for a positive one. When the quadratic Zeeman energy is positive, the coarsening dynamics is driven by vortex-antivortex annihilation in the same way as the XY model. However, due to a superfluid flow of atoms, there exist several combinations of vortex-antivortex pairs in ferromagnetic BECs, which makes the coarsening dynamics more complicated than that of the XY model. We propose a revised domain growth law, which is based on the growth law of the two-dimensional XY model, for a two-dimensional ferromagnetic BEC with a positive quadratic Zeeman energy.

    DOI: 10.1103/PhysRevA.91.053609

    Web of Science

  24. Quantum Mass Acquisition in Spinor Bose-Einstein Condensates 査読有り

    Nguyen Thanh Phuc, Yuki Kawaguchi, and Masahito Ueda

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   113 巻 ( 23 )   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Quantum mass acquisition, in which a massless (quasi)particle becomes massive due to quantum corrections, is predicted to occur in several subfields of physics. However, its experimental observation remains elusive since the emergent energy gap is too small. We show that a spinor Bose-Einstein condensate is an excellent candidate for the observation of such a peculiar phenomenon as the energy gap turns out to be 2 orders of magnitude larger than the zero-point energy. This extraordinarily large energy gap is a consequence of the dynamical instability. The propagation velocity of the resultant massive excitation mode is found to be decreased by the quantum corrections as opposed to phonons.

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.113.230401

    Web of Science

  25. Goldstone-mode instability leading to fragmentation in a spinor Bose-Einstein condensate 査読有り

    Yuki Kawaguchi

    PHYSICAL REVIEW A   89 巻 ( 3 )   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We apply the number-conserving Bogoliubov theory to spinor Bose-Einstein condensates and show that the Goldstone magnon causes instability leading to fragmentation. Unlike the dynamical instability, where modes with complex eigenfrequencies grow exponentially, here the zero-energy mode exhibits algebraic growth. We also point out that a small fraction of thermally excited atoms enhances the fragmentation dynamics.

    DOI: 10.1103/PhysRevA.89.033627

    Web of Science

  26. Fluctuation-induced and symmetry-prohibited metastabilities in spinor Bose-Einstein condensates 査読有り

    Nguyen Thanh Phuc, Yuki Kawaguchi, Masahito Ueda

    PHYSICAL REVIEW A   88 巻 ( 4 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Spinor Bose-Einstein condensates provide a unique example in which the Bogoliubov theory fails to describe the metastability associated with first-order quantum phase transitions. This problem is resolved by developing the spinor Beliaev theory which takes account of quantum fluctuations of the condensate. It is these fluctuations that generate terms of higher than the fourth order in the order-parameter field which are needed for the first-order phase transitions. Besides the conventional first-order phase transitions which are accompanied by metastable states, we find a class of first-order phase transitions which are not accompanied by metastable states. The absence of metastability in these phase transitions holds to all orders of approximation since the metastability is prohibited by the symmetry of the Hamiltonian at the phase boundary. Finally, the possibility of macroscopic quantum tunneling from a metastable state to the ground state is discussed.

    DOI: 10.1103/PhysRevA.88.043629

    Web of Science

  27. Kibble-Zurek mechanism in a trapped ferromagnetic Bose-Einstein condensate 査読有り

    Hiroki Saito, Yuki Kawaguchi, Masahito Ueda

    JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER   25 巻 ( 40 )   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0953-8984/25/40/404212

    Web of Science

  28. Magnetic domain growth in a ferromagnetic Bose-Einstein condensate: Effects of current 査読有り

    Kazue Kudo, Yuki Kawaguchi

    PHYSICAL REVIEW A   88 巻 ( 1 )   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.88.013630

    Web of Science

  29. Beliaev theory of spinor Bose-Einstein condensates 査読有り

    Nguyen Thanh Phuc, Yuki Kawaguchi, Masahito Ueda

    ANNALS OF PHYSICS   328 巻   頁: 158-219   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.aop.2012.10.004

    Web of Science

  30. Symmetry classification of spin-orbit-coupled spinor Bose-Einstein condensates 査読有り

    Z. F. Xu, Y. Kawaguchi, L. You, M. Ueda

    PHYSICAL REVIEW A   86 巻 ( 3 )   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.86.033628

    Web of Science

  31. Topological classification of vortex-core structures of spin-1 Bose-Einstein condensates 査読有り

    Shingo Kobayashi, Yuki Kawaguchi, Muneto Nitta, Masahito Ueda

    PHYSICAL REVIEW A   86 巻 ( 2 )   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.86.023612

    Web of Science

  32. Finite-temperature phase diagram of a spin-1 Bose gas 査読有り

    Yuki Kawaguchi, Nguyen Thanh Phuc, P. Blair Blakie

    PHYSICAL REVIEW A   85 巻 ( 5 )   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.85.053611

    Web of Science

  33. Abe homotopy classification of topological excitations under the topological influence of vortices 査読有り

    Shingo Kobayashi, Michikazu Kobayashi, Yuki Kawaguchi, Muneto Nitta, Masahito Ueda

    NUCLEAR PHYSICS B   856 巻 ( 2 ) 頁: 577-606   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nuclphysb.2011.11.003

    Web of Science

  34. Symmetry classification of spinor Bose-Einstein condensates 査読有り

    Yuki Kawaguchi, Masahito Ueda

    PHYSICAL REVIEW A   84 巻 ( 5 )   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.84.053616

    Web of Science

  35. Effects of thermal and quantum fluctuations on the phase diagram of a spin-1 Rb-87 Bose-Einstein condensate 査読有り

    Nguyen Thanh Phuc, Yuki Kawaguchi, Masahito Ueda

    PHYSICAL REVIEW A   84 巻 ( 4 )   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.84.043645

    Web of Science

  36. Dissipative hydrodynamic equation of a ferromagnetic Bose-Einstein condensate: Analogy to magnetization dynamics in conducting ferromagnets 査読有り

    Kazue Kudo, Yuki Kawaguchi

    PHYSICAL REVIEW A   84 巻 ( 4 )   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.84.043607

    Web of Science

  37. 内部自由度を持ったボース・アインシュタイン凝縮体 : スピノルBECにおけるトポロジカル励起(<シリーズ>超伝導・超流動研究の接点)

    川口 由紀

    物性研究   95 巻 ( 6 ) 頁: 543-582   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    CiNii Article

  38. Collision Dynamics of Non-Abelian Vortices in Spinor Bose-Einstein Condensates 査読有り

    Kobayashi M., Kawaguchi Y., Nitta M., Ueda M.

    JOURNAL OF LOW TEMPERATURE PHYSICS   162 巻 ( 3-4 ) 頁: 299-306   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10909-010-0300-6

    Web of Science

  39. 磁気双極子相互作用するボース・アインシュタイン凝縮体

    斎藤 弘樹, 川口 由紀, 上田 正仁

    固体物理   46 巻 ( 1 ) 頁: 21-28   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    CiNii Article

  40. Hydrodynamic equation of a spinor dipolar Bose-Einstein condensate 査読有り

    Kudo Kazue, Kawaguchi Yuki

    PHYSICAL REVIEW A   82 巻 ( 5 )   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.82.053614

    Web of Science

  41. Spontaneous magnetic ordering in a ferromagnetic spinor dipolar Bose-Einstein condensate 査読有り

    Kawaguchi Yuki, Saito Hiroki, Kudo Kazue, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   82 巻 ( 4 )   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.82.043627

    Web of Science

  42. スピノル・ボース・アインシュタイン凝縮で実現する非可換量子渦と,その衝突ダイナミクス(最近の研究から)

    小林 未知数, 川口 由紀, 新田 宗土, 上田 正仁

    日本物理學會誌   65 巻 ( 8 ) 頁: 625-628   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    近年,スピン自由度のあるボース・アインシュタイン凝縮体(スピノルBEC)が注目を浴びつつある.この系の特徴は,サイクリック相やノットなどの新奇な量子相やトポロジカル励起が期待できることである.非可換量子渦はその顕著な例である.スピンが2の原子からなるBECのサイクリック相で実現される非可換量子渦の非可換性は渦の衝突ダイナミクスにおいてユニークな効果を示すことが最近明らかになった.本稿ではこの研究成果について報告する.

    CiNii Article

  43. Topological Excitations in Spinor Bose-Einstein Condensates 査読有り

    Kawaguchi Yuki, Kobayashi Michikazu, Nitta Muneto, Ueda Masahito

    PROGRESS OF THEORETICAL PHYSICS SUPPLEMENT   ( 186 ) 頁: 455-462   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  44. NEW PHYSICS IN DIPOLAR BOSE-EINSTEIN CONDENSATES

    Kawaguchi Yuki, Saito Hiroki, Ueda Masahito

    LASER SPECTROSCOPY     頁: 29-38   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  45. Spin-dependent inelastic collisions in spin-2 Bose-Einstein condensates 査読有り

    Tojo Satoshi, Hayashi Taro, Tanabe Tatsuyoshi, Hirano Takuya, Kawaguchi Yuki, Saito Hiroki, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   80 巻 ( 4 )   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.80.042704

    Web of Science

  46. Collision Dynamics and Rung Formation of non-Abelian Vortices 査読有り

    Kobayashi Michikazu, Kawaguchi Yuki, Nitta Muneto, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   103 巻 ( 11 )   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.103.115301

    Web of Science

  47. 磁気双極子相互作用するボース・アインシュタイン凝縮体(最近の研究から)

    川口 由紀, 斎藤 弘樹, 上田 正仁

    日本物理學會誌   64 巻 ( 8 ) 頁: 623-627   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    希薄な原子気体に働く磁気双極子相互作用は非常に微弱であるが,原子気体がひとたびボース・アインシュタイン凝縮すれば巨視的な現象を起こしうる.特にスピン内部自由度を持った凝縮体(スピノルBEC)では,スピンの空間構造(テクスチャ)の形成を通して超流動やスピン流を生じさせることがわかってきた.本稿では,スピノルBECの基本的な性質について解説した後に,双極子相互作用のもたらす凝縮体の新奇な性質を紹介する.

    CiNii Article

  48. Ferrofluidity in a Two-Component Dipolar Bose-Einstein Condensate 査読有り

    Saito Hiroki, Kawaguchi Yuki, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   102 巻 ( 23 )   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.102.230403

    Web of Science

  49. Coherent collapses of dipolar Bose-Einstein condensates for different trap geometries 査読有り

    Metz J., Lahaye T., Froehlich B., Griesmaier A., Pfau T., Saito H., Kawaguchi Y., Ueda M.

    NEW JOURNAL OF PHYSICS   11 巻   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/11/5/055032

    Web of Science

  50. KIBBLE-ZUREK MECHANISM IN MAGNETIZATION OF A SPINOR BOSE-EINSTEIN CONDENSATE 査読有り

    Saito Hiroki, Kawaguchi Yuki, Ueda Masahito

    PROCEEDINGS OF THE 9TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON FOUNDATIONS OF QUANTUM MECHANICS IN THE LIGHT OF NEW TECHNOLOGY     頁: 33-36   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  51. d-wave collapse and explosion of a dipolar Bose-Einstein condensate 査読有り

    Lahaye T., Metz J., Froehlich B., Koch T., Meister M., Griesmaier A., Pfau T., Saito H., Kawaguchi Y., Ueda M.

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   101 巻 ( 8 )   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.101.080401

    Web of Science

  52. Knots in a spinor Bose-Einstein condensate (vol 100, art no 180403, 2008) 査読有り

    Kawaguchi Yuki, Nitta Muneto, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   101 巻 ( 2 )   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.101.029902

    Web of Science

  53. Knots in a spinor Bose-Einstein condensate 査読有り

    Kawaguchi Yuki, Nitta Muneto, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   100 巻 ( 18 )   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.100.180403

    Web of Science

  54. Heteronuclear fermionic superfuids with spin degrees of freedom 査読有り

    Dickerscheid D. B. M., Kawaguchi Y., Ueda M.

    PHYSICAL REVIEW A   77 巻 ( 5 )   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.77.053605

    Web of Science

  55. Kibble-Zurek mechanism in a quenched ferromagnetic Bose-Einstein condensate 査読有り

    Saito Hiroki, Kawaguchi Yuki, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   76 巻 ( 4 )   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.76.043613

    Web of Science

  56. Symmetry breaking in scalar, spinor, and rotating Bose-Einstein condensates 査読有り

    Saito Hiroki, Kawaguchi Yuki, Ueda Masahito

    NUCLEAR PHYSICS A   790 巻   頁: 737C-741C   2007年6月

     詳細を見る

  57. Can spinor dipolar effects be observed in Bose-Einstein condensates? 査読有り

    Kawaguchi Yuki, Saito Hiroki, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   98 巻 ( 11 )   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.98.110406

    Web of Science

  58. Topological defect formation in a quenched ferromagnetic Bose-Einstein condensates 査読有り

    Saito Hiroki, Kawaguchi Yuki, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW A   75 巻 ( 1 )   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.75.013621

    Web of Science

  59. Spontaneous circulation in ground-state spinor dipolar Bose-Einstein condensates 査読有り

    Kawaguchi Yuki, Saito Hiroki, Ueda Masahito

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   97 巻 ( 13 )   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.97.130404

    Web of Science

  60. Einstein-de Haas effect in dipolar Bose-Einstein condensates 査読有り

    Kawaguchi Y, Saito H, Ueda M

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   96 巻 ( 8 )   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.96.080405

    Web of Science

  61. Breaking of chiral symmetry and spontaneous rotation in a spinor Bose-Einstein condensate 査読有り

    Saito H, Kawaguchi Y, Ueda M

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   96 巻 ( 6 )   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.96.065302

    Web of Science

  62. Symmetry breaking in Bose-Einstein condensates 査読有り

    Ueda Masahito, Kawaguchi Yuki, Saito Hiroki, Kanamoto Rina, Nakajima Tatsuya

    Atomic Physics 20   869 巻   頁: 165-172   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  63. 原子気体BECにおける量子渦の分裂

    川口 由紀

    物性研究   83 巻 ( 6 ) 頁: 787-816   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。

    CiNii Article

  64. Topological phase imprinting in BEC in presence of gravitational field 査読有り

    Kawaguchi Y, Nakahara M, Ohmi T

    JOURNAL OF LOW TEMPERATURE PHYSICS   138 巻 ( 3-4 ) 頁: 699-704   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10909-005-2289-9

    Web of Science

  65. Topological vortex formation in a Bose-Einstein condensate under gravitational field 査読有り

    Kawaguchi Y, Nakahara M, Ohmi T

    PHYSICAL REVIEW A   70 巻 ( 4 )   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.70.043605

    Web of Science

  66. Splitting instability of a multiply charged vortex in a Bose-Einstein condensate 査読有り

    Kawaguchi Y, Ohmi T

    PHYSICAL REVIEW A   70 巻 ( 4 )   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevA.70.043610

    Web of Science

  67. Stability of quadruply charged vortices in Bose-Einstein condensates 査読有り

    Kawaguchi Y, Ohmi T

    LASER PHYSICS   14 巻 ( 4 ) 頁: 575-580   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  68. Collective oscillations of vortex lattices in rotating Bose-Einstein condensates 査読有り

    Mizushima T, Kawaguchi Y, Machida K, Ohmi T, Isoshima T, Salomaa MM

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   92 巻 ( 6 )   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.92.060407

    Web of Science

  69. Stability of magnetically trapped Bose-Einstein condensates 査読有り

    Kawaguchi Y, Ohmi T

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   72 巻 ( 5 ) 頁: 1118-1122   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.72.1118

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Understanding Qunatum Phase Transitions / Topological Excitations in Superfluids with Interhal Degrees of Freedom

    Yuki Kawaguchi, Masahito Ueda( 担当: 分担執筆)

    Taylor and Francis  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. Electromagnetic, Magnetostatic, and Exchange-Interaction Vortices in Confined Magnetic Structures / Topological defect formation in spinor and dipolar Bose-Einstein

    Hiroki Saito, Yuki Kawaguchi, Masahito Ueda( 担当: 分担執筆)

    Research Signpost Publisher  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 97

  1. 内部自由度を持った原子気体ボース・アインシュタイン凝縮体の理論研究 招待有り

    川口由紀

    日本物理学会第76回年次大会 米沢賞受賞講演  2021年3月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. 乱れたポテンシャル中のフェルミ粒子系における非平衡界面揺らぎの成長則

    藤本和也、濱崎立資、川口由紀

    日本物理学会第76回年次大会  2021年3月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. スピノールボース・アインシュタイン凝縮体における非一様シャピロ共鳴

    今枝祐哉, 藤本和也, 川口由紀

    第2回冷却原子研究会 アトムの会  2020年9月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  4. 擬スピン3/2超伝導の表面状態密度:ボゴリューボフフェルミ面の効果

    金澤彰太郎, 小林伸吾, 田仲由喜夫, 川口由紀

    日本物理学会2020年秋季大会  2020年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. スピノールボース・アインシュタイン凝縮体における非一様シャピロ共鳴

    今枝祐哉, 藤本和也, 川口由紀

    日本物理学会2020年秋季大会  2020年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. Bose-Einstein Condensates with Spin-orbit Interactions 招待有り

    Yuki Kawaguchi

    REIMEI Workshop on "Universal Features of Quantum Flows with Spin, Orbital and Tensor Correlations" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  7. 秩序は混沌からどのように生まれるか? 招待有り

    川口由紀

    第6回 名古屋大学の卓越・先端・次世代研究シンポジウム『専門性と学際性の狭間で』 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  8. Vortex nucleation dynamics in a spin-orbital angular momentum coupled BEC

    Y. Kawaguchi and Y.-J. Lin

    International Conference on Topological Materials Science 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto University   国名:日本国  

  9. Generalized Berry phase for a bosonic Bogoliubov system with exceptional points 招待有り

    Yuki Kawaguchi

    Mathematical approach for topological physics (II) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  10. トポロジカル絶縁体上のギャップレス超伝導状態の理論

    中河西翔, 田仲由喜夫, 川口由紀

    日本物理学会第74回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. ボース・アインシュタイン凝縮体における トポロジカル励起バンド 招待有り

    川口 由紀

    日本物理学会第74回年次大会 シンポジウム講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  12. Topological phases in 1D bosonic Bogoliubov bands with dynamical instability 国際会議

    大橋輝道, 小林伸吾, 川口由紀

    American Physical Society (APS) March Meeting 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  13. 横磁場下のカイラル磁性体薄膜における1次元スキルミオン列

    中島拓朗, 小山莉央, 川口由紀

    第4回「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」領域研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. Symmetry constraints on a winding number in topological phase of Bose-Einstein condensate

    大橋輝道, 小林伸吾, 川口由紀

    第4回「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」領域研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. Topological excitation bands from a 1D Bose-Einstein condensate 招待有り

    川口由紀

    量子渦と非線形波動 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  16. 1次元ボース・アインシュタイン凝縮体におけるトポロジカル相

    大橋輝道, 小林伸吾, 川口由紀

    第10回トポロジー連携研究会「非平衡系・非エルミート系の新奇量子現象」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. 原子気体BECにおけるトポロジー 招待有り

    川口由紀

    久保記念シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:学士会館   国名:日本国  

  18. 2次元トポロジカル超伝導体における外部磁場で制御されるマヨラナフェルミオンの理論

    鈴木修, 川口由紀, 田仲由喜夫

    日本物理学会 2018年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学   国名:日本国  

  19. 2次元ボース・アインスタイン凝縮体のトポロジカル相

    大橋輝道, 小林伸吾, 川口由紀

    日本物理学会 2018年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学   国名:日本国  

  20. 横磁場によるスキルミオン格子の変形

    中島拓朗, 小山莉央, 川口由紀

    日本物理学会 2018年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学   国名:日本国  

  21. One-dimensional Topological Phase in Bose-Einstein Condensates

    T. Ohashi, S. Kobayashi, Y. Kawaguchi

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月 - 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. 磁化したトポロジカル絶縁体表面におけるジョセフソン接合

    土岐翼, Bo Lu, Pablo Burset, 川口由紀, 田仲由喜夫

    日本物理学会 第73回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  23. ボース・アインシュタイン凝縮体のトポロジカル相におけるバルク・エッジ対応

    大橋輝道, 小林伸吾, 川口由紀

    日本物理学会 第73回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  24. ボース凝縮体における励起スペクトルの トポロジカルな分類 招待有り

    川口由紀

    量子渦と非線形波動 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  25. Interaction between Magnetic Skyrmions 招待有り 国際会議

    Y. Kawaguchi, R. Koyama

    TMS-EPiQS 2nd Alliance Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  26. Bulk-edge correspondence for Bogoliubov band in Bose Einstein condensate 国際会議

    T. Ohashi, S. Kobayashi, Y. Kawaguchi

    International Symposium on Fluctuation and Structere out of Equilibrium 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sendai, Japan   国名:日本国  

  27. Bulk-edge correspondence for Bose Einstein condensate 国際会議

    T. Ohashi, S. Kobayashi, Y. Kawaguchi

    Okinawa School in Physics 2017: Coherente Quantum Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月 - 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  28. アクシオンドメインによる電磁場応答

    今枝立至, 川口由紀

    日本物理学会 2017年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学   国名:日本国  

  29. Domain Growth Dynamics in a Population Imbalanced Binary BEC 国際会議

    K. Haneda, K. Kudo, Y. Kawaguchi

    28th International Conference on Low Temperature Physics (LT28) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Gotherburg, Sweden   国名:スウェーデン王国  

  30. Coarsening dynamics in spinor Bose-Einstein condensates 招待有り 国際会議

    Y. Kawaguchi, K. Haneda, K. Kudo

    International workshop on Topological structures in Quantum Matter 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hanaholmen, Finland   国名:フィンランド共和国  

  31. Coarsening dynamics of a binary Bose-Einstein condensate 国際会議

    Y. Kawaguchi, K. Haneda, K. Kudo

    International Conference on Topological Materials Science 2017 (TopoMat2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo, Japan   国名:日本国  

  32. 粒子数差のある2成分BECにおけるドメイン成長

    羽根田和紀、工藤和恵、川口由紀

    日本物理学会 第72回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. 磁気スキルミオン間に働く相互作用ポテンシャル

    小山莉央、川口由紀

    日本物理学会 第72回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. バイナリBECにおけるドメイン成長のダイナミクス

    川口由紀、羽根田和紀、工藤和恵

    新学術領域「ゆらぎと構造の協奏」第 2 回冷却原⼦研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:⼤阪市⽴⼤学杉本キャンパス(大阪府大阪市)   国名:日本国  

  35. Skyrmionic spin textures at chiral-magnet/ferromagnet heterostructures

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. Dynamic property of spinor and dipolar Bose-Einstein condensates 招待有り 国際会議

    Yuki Kawaguchi

    Quantum Simulations and Numerical studies in Many-Body Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:National Tsing Hua University, Hsinchu, Taiwan   国名:台湾  

  37. スピノール・ダイポールBECにおける スピンホール効果 招待有り

    川口由紀

    第3回 量子渦と非線形波動 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. Coherent Quantum Dynamics in Bose-Einstein Condensates with Spin Degrees of Freedom 招待有り

    Yuki Kawaguchi

    Okinawa School in Physics: Coherent Quantum Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月 - 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. スピン自由度を持ったボース・アインシュタイン凝縮体における量子渦

    川口由紀、工藤和恵

    日本流体力学会 年会2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学 御器所キャンパス(愛知県名古屋市)   国名:日本国  

  40. Spin Hall Effect in a Spinor-Dipolar Bose-Einstein Condensate 国際会議

    Yuki Kawaguchi, Toshiyuki Oshima

    TOPO MAT Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Max-Planck Institute Stuttgart, Germany   国名:ドイツ連邦共和国  

  41. Spin Hall Effect in a Spinor-Dipolar Bose-Einstein Condensate 招待有り

    Yuki Kawagchi, Toshiyuki Oshima

    CEMS Topical Meeting on Cold Atoms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:RIKEN (Wako, Saitama, Japan)   国名:日本国  

  42. トポロジカルバンドの自発形成と相転移ダイナミクス

    川口由紀

    新学術領域「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」公募班キックオフミーティング 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  43. 内部自由度を持ったBECにおける磁化ダイナミクス

    川口 由紀

    日本物理学会 第71回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東北学院大学 泉キャンパス   国名:日本国  

  44. スピノール・ダイポールBECにおけるスピンホール効果

    川口 由紀

    物性研短期研究会「量子乱流と古典乱流の邂逅」  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学物性研究所   国名:日本国  

  45. スピノール・ダイポールBECにおけるスピンホール効果

    川口 由紀、大嶋俊之

    学術領域「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」 第一回領域研究会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  46. 16aBA-7 Spinor-dipolarボース・アインシュタイン凝縮体における逆スピンホール効果

    大嶋 俊之, 川口 由紀

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  47. 18aCM-5 カイラル磁性体/強磁性体接合におけるスキルミオン構造

    川口 由紀, 田仲 由喜夫, 永長 直人

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  48. 17aBA-3 Controlling and Probing Non-Abelian Emergent Gauge Potentials in Spinor Bose-Fermi Mixtures

    フク グェンタン, 多々良 源, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  49. 19aAG-4 トポロジカル絶縁体のトポロジカル相転移点近傍におけるアクシオン電気磁気効果

    今枝 立至, 川口 由紀, 田仲 由喜夫, 佐藤 昌利

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  50. 内部自由度を持ったBECにおける量子渦

    川口 由紀

    数理解析所共同研究「非線形現象のモデルに潜む未踏査数理構造の探求 - 基礎数理と応用の協働 - 」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学数理解析研究所   国名:日本国  

  51. Skyrmionic spin textures at chiral magnet/ferromagnet heterostructures 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. 21aAR-4 2次元強磁性BECにおける磁区パターン成長

    工藤 和恵, 川口 由紀

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  53. 内部自由度を持ったBECにおける量子渦

    川口 由紀

    研究会「量子渦と非線形波動」  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学神楽坂キャンパス   国名:日本国  

  54. Off-diagonal current-current correlation in a spinor dipolar Bose-Einstein Condensate 国際会議

    T. Oshima and Y. Kawaguchi

    International conference on topological quantum phenomena (TQP2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. Goldstone-mode Instability in a Spinor Bose-Einstein Condensates 国際会議

    Y. Kawaguchi

    International conference on topological quantum phenomena (TQP2014) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. 8pAW-5 スピノールBECにおけるゴールドストーンマグノンの不安定性(8pAW 量子エレクトロニクス(Bose粒子系の理論),領域1(原子分子・量子エレクトロニクス・放射線))

    川口 由紀

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  57. 10pAQ-9 2次元強磁性BECにおけるドメイン成長(10pAQ 量子スピン系・ボゾン系2,冷却原子系,領域11(物性基礎論・統計力学・流体物理・応用数学・社会経済物理))

    工藤 和恵, 川口 由紀

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  58. Goldstone-mode instability in a spinor Bose-Einstein condensate 国際会議

    Y. Kawaguchi

    The ISSP International Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月 - 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  59. 26aBA-5 スピノルBECにおける励起モードと準粒子(量子エレクトロニクス(Bose粒子系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理))

    グェン タン フク, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  60. 28pEE-2 First-Order Quantum Phase Transition in Bose Gases

    フク グェン タン, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  61. 29aXZD-1 強磁性BECにおける磁区パターン成長(29aXZD 量子スピン系・ボゾン系2・冷却原子系,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理))

    工藤 和恵, 川口 由紀

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  62. Symmetry Classification of Spinor Bose-Einstein Condensates 国際会議

    Y. Kawaguchi

    QS2C Theory Forum: International Symposium on Strongly Correlated Quantum Science, 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  63. 19aAL-1 量子渦の渦芯における内部自由度の幾何学的決定法およびスピノル・ボース凝縮への応用(19aAL 量子エレクトロニクス(Bose粒子系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    小林 未知数, 小林 伸吾, 新田 宗土, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  64. 19aAL-10 スピンテクスチャのつくる有効ゲージ場の理論(19aAL 量子エレクトロニクス(Bose粒子系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  65. 19aAL-5 内部自由度をもったボース凝縮体でのBeliaev理論(19aAL 量子エレクトロニクス(Bose粒子系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    Phuc Nguyen Thanh, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  66. 25pBE-12 Effects of quantum depletion on the ground-state phase diagram of a ^<87>Rb Bose-Einstein condensate 国際会議

    Phuc Nguyen Thanh, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  67. 25pBE-13 スピノルBECにおける量子渦コア状態の分類(25pBE 量子エレクトロニクス(Bose粒子系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    Kobayashi S., 小林 伸吾, 川口 由紀, 新田 宗土, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  68. 21pEE-10 微小スピノールBECにおける対称性回復のダイナミクス(21pEE 量子エレクトロニクス(Bose粒子系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  69. 22pPSA-71 BECにおける渦芯構造の分析 : 群論によるアプローチ(22pPSA 領域11ポスターセッション,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)) 国際会議

    小林 伸吾, 小林 未知数, 川口 由紀, 新田 宗土, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  70. 22pGT-2 スピノルBECの磁区パターンと流れの効果(22pGT 電子系・冷却原子系,領域11(統計力学,物性基礎論,応用数学,力学,流体物理)) 国際会議

    工藤 和恵, 川口 由紀

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  71. 25pRD-4 スピノルBECの相転移におけるトポロジカル励起の選択則(25pRD 量子エレクトロニクス(Bose粒子系,及びFermi粒子系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    小林 伸吾, 川口 由紀, 小林 未知数, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  72. 25aRD-8 スピノルダイポールBECの流体方程式(25aRD 量子エレクトロニクス(ボゾン),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    工藤 和恵, 川口 由紀

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  73. 25pXB-12 非可換量子乱流(25pXB 制限空間・量子渦,領域6(金属,超低温超伝導・密度波)) 国際会議

    小林 未知数, 川口 由紀, 新田 宗土, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  74. スピノル・ボース・アインシュタイン凝縮で実現する非可換量子渦と,その衝突ダイナミクス(最近の研究から) 国際会議

    小林 未知数, 川口 由紀, 新田 宗土, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    近年,スピン自由度のあるボース・アインシュタイン凝縮体(スピノルBEC)が注目を浴びつつある.この系の特徴は,サイクリック相やノットなどの新奇な量子相やトポロジカル励起が期待できることである.非可換量子渦はその顕著な例である.スピンが2の原子からなるBECのサイクリック相で実現される非可換量子渦の非可換性は渦の衝突ダイナミクスにおいてユニークな効果を示すことが最近明らかになった.本稿ではこの研究成果について報告する.

    CiNii Article

  75. 20pTB-1 スピン2・スピノール・ボース凝縮体におけるvortex tiling(20pTB 量子エレクトロニクス(冷却原子気体),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    小林 未知数, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  76. 20pTB-4 スピノルBECにおけるトポロジカル励起とトポロジカルチャージの対応と一般化(20pTB 量子エレクトロニクス(冷却原子気体),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    小林 伸吾, 小林 未知数, 川口 由紀, 新田 宗土, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  77. 20pTB-2 対称性によるスピン3スピノールBEC基底状態の分類(20pTB 量子エレクトロニクス(冷却原子気体),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  78. 25aZE-5 新しいホモトピーによるトポロジカル励起の分類(量子エレクトロニクス(Bose粒子系,及びFermi粒子系の理論),領域1,原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理) 国際会議

    小林 伸吾, 小林 未知数, 川口 由紀, 新田 宗土, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  79. 磁気双極子相互作用するボース・アインシュタイン凝縮体(最近の研究から) 国際会議

    川口 由紀, 斎藤 弘樹, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    希薄な原子気体に働く磁気双極子相互作用は非常に微弱であるが,原子気体がひとたびボース・アインシュタイン凝縮すれば巨視的な現象を起こしうる.特にスピン内部自由度を持った凝縮体(スピノルBEC)では,スピンの空間構造(テクスチャ)の形成を通して超流動やスピン流を生じさせることがわかってきた.本稿では,スピノルBECの基本的な性質について解説した後に,双極子相互作用のもたらす凝縮体の新奇な性質を紹介する.

    CiNii Article

  80. 28pSK-2 非可換量子渦(28pSK 量子エレクトロニクス(Bose粒子系,及びFermi粒子系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    小林 未知数, 川口 由紀, 新田 宗土, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  81. 28pSK-10 量子クラスター展開法によるユニタリティ極限の研究(28pSK 量子エレクトロニクス(Bose粒子系,及びFermi粒子系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    井口 光治, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  82. 28pSK-3 ダイポールBECにおける磁区パターン形成(28pSK 量子エレクトロニクス(Bose粒子系,及びFermi粒子系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    川口 由紀, 斎藤 弘樹, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  83. 21pQA-2 スピノルBECにおけるトポロジカル励起(21pQA 領域1シンポジウム:冷却原子気体の新展開,領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    川口 由紀

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  84. 22aZD-12 量子クラスター展開法によるBEC-BCSクロスオーバー(22aZD 量子エレクトロニクス(Bose原子系,Fermi原子系,および混合系の理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    井口 光治, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  85. 24pRF-3 スピノールBECにおけるキッブル・ズレック機構(量子エレクトロニクス(Bose原子系の理論),領域1,原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理) 国際会議

    斎藤 弘樹, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  86. 24aQD-11 スピノール・ダイポールBECの理論的研究(若手奨励賞講演,量子エレクトロニクス(超高速現象・高強度レーザー),領域1,原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理) 国際会議

    川口 由紀

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  87. 24pRF-2 スピン1ポーラーBECにおける結び目構造(量子エレクトロニクス(Bose原子系の理論),領域1,原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理) 国際会議

    川口 由紀, 新田 宗土, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  88. 21pRG-8 スピノールBECの自発磁化過程(量子エレクトロニクス(Bose原子系の理論),領域1,原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理) 国際会議

    斎藤 弘樹, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  89. 21pRG-6 磁場中のスピノルBECにおけるダイポール相互作用(量子エレクトロニクス(Bose原子系の理論),領域1,原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理) 国際会議

    川口 由紀, 斎藤 弘樹, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  90. 18aXJ-7 ダイポールBECの基底状態における自発循環(量子エレクトロニクス(Bose原子系の理論),領域1,原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理) 国際会議

    川口 由紀, 斎藤 弘樹, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  91. 23pRB-12 スピノールBECにおける自発的渦形成(23pRB 量子エレクトロニクス(BEC理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    斎藤 弘樹, 川口 由紀, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  92. 23pRB-13 ダイポールBECにおけるアインシュタイン・ドハース効果(23pRB 量子エレクトロニクス(BEC理論),領域1(原子・分子,量子エレクトロニクス,放射線物理)) 国際会議

    川口 由紀, 斎藤 弘樹, 上田 正仁

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  93. 12pTF-4 Feshbach 共鳴近傍での渦状態(量子エレクトロニクス, 領域 1)

    川口 由紀, 大見 哲巨

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  94. 27pXG-3 高回転BECにおける量子渦格子状態の低エネルギー集団励起II(量子エレクトロニクス)(領域1)

    水島 健, 川口 由紀, 町田 一成, 大見 哲巨, 礒島 知也, M. Salomaa Martti

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  95. 27pXG-4 スピン自由度を持ったボース凝縮体の渦生成過程における重力の効果(量子エレクトロニクス)(領域1)

    川口 由紀, 中原 幹夫, 大見 哲巨

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  96. 20aTF-11 ボース凝縮体中の量子数 4 の渦の崩壊過程

    川口 由紀, 大見 哲巨

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  97. 8pWE-4 磁気トラップされたボーズ凝縮体の安定性(量子エレクトロニクス,領域1)

    川口 由紀, 大見 哲巨

    一般社団法人日本物理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

▼全件表示

Works(作品等) 2

  1. 新著紹介「量子流体力学 / 坪田誠、笠松健一、小林未知数、竹内宏光 著」

    2019年3月

     詳細を見る

    発表場所:日本物理学会誌74巻3号  

  2. 書評「数物系に向けたフーリエ解析とヒルベルト空間論 量子科学への誘い / 廣川真男 著」

    2018年5月

     詳細を見る

    発表場所:数理科学 NO.659, MAY 2018  

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 冷却原子気体における連結ジョセフソン振動子の同期現象

    2021年4月 - 2022年3月

    豊田理研スカラー 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  2. トポロジカル量子計算の基盤技術構築

    2016年10月 - 2022年3月

    特色ある大学教育支援プログラム 

    笹川 崇男

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    トポロジカルな二次元の特殊超伝導状態に出現するマヨラナ粒子を、近未来のデバイス技術へ繋ぐ基盤を構築します。量子計算にマヨラナ粒子を利用すると、寸法・消費電力・計算精度・回路拡張性・量子機能(演算+メモリー)の全てにおいて既存技術を凌駕できます。このような「トポロジカル量子計算」の実現に向けて、要素技術(マヨラナ粒子の検出・操作)の確立と革新的素材(トポロジカル超伝導体)の創製に挑戦します。

  3. 井上リサーチアウォード研究助成 スピノールBECにおける量子多体効果の研究

    2012年4月 - 2015年3月

    学内共同研究 

  4. スピン自由度を持った冷却原子気体の有限温度理論

    2010年4月 - 2012年3月

    二国間交流事業(ニュージーランドとの共同研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 6

  1. 量子スピン-光子結合系における非エルミート量子現象

    研究課題/研究課題番号:21H01009  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    野村 晋太郎, 川口 由紀, 柏谷 聡, 渡邊 幸志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    実験室内の閉じた系では、環境から切り離された理想的な状況である「エルミート系」を実現することが可能である。しかし、現実の開かれた系では環境の影響を切り離すことはできず「非エルミート系」となる。非エルミート系の理論の最近の進展により、環境を外部のものとして切り離すのではなく、環境と実験系との間の結合を含めて制御することにより、従来にない量子現象を実現可能であることが示された。その成果を踏まえ、本研究は量子系のコヒーレント制御の可能性を追求し、環境ノイズ下での量子計測における測定限界を拡大することを目的とする。

  2. 原子気体ボース・アインシュタイン凝縮体におけるトポロジカル量子現象

    研究課題/研究課題番号:19H01824  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    川口 由紀, 小林 伸吾, 藤本 和也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:15210000円 ( 直接経費:11700000円 、 間接経費:3510000円 )

    原子気体ボース・アインシュタイン凝縮体(BEC)におけるトポロジカル相を理論的に探索する。ここでのトポロジカル相とは、波数空間において波動関数がトポロジカルに非自明な状態をとるものであり、実空間で周期構造を持つBECからの準粒子励起の性質により決まる。この系の第一の特徴は、孤立系でありながらハミルトニアンが非エルミートであるという点である。非エルミート演算子は対角化不可能な「例外点」が存在することが知られており、例外点の関与した新奇なトポロジカル相の出現が期待される。第二の特徴は、スピンテクスチャにより実空間の周期構造を作れるという点で、実空間と波数空間の双方のトポロジカル構造の関係性が研究できる。

  3. 超伝導化したトポロジカル磁性体における新規な量子状態

    研究課題/研究課題番号:18K03538  2018年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    矢田 圭司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    超伝導トポロジカル磁性体の問題を考える上で、時間反転対称性の破れた超伝導体の電子状態について調べることは重要な問題の一つである。Sr2RuO4は超伝導の発現が報告された以降、長らく時間反転対称性の破れたスピン三重項超伝導体だと思われてきた。その根拠として、NMRのナイトシフトや、偏極中性子散乱による帯磁率の測定において、転移温度以下のスピン帯磁率の減少が見られていなかったためである。しかし、最近の追試実験においては、測定条件によって帯磁率が減少していることを示唆する振る舞いが見えており、スピン一重項超伝導である可能性が指摘されている。
    我々はこのような問題を考えるにあたり、そもそもスピン一重項・三重項による分類では不十分であるということを主張する。Sr2RuO4はペロブスカイト型の結晶構造を持っているため、d軌道の中でもxy、yz、zx軌道の3つの軌道がフェルミ準位近傍に存在し、3つのフェルミ面を持つ。更には、この物質においてはスピン軌道相互作用は弱くなく、強くスピンと軌道が混成したバンドを持つ。そのため、同一バンド内のペアであっても異なる軌道間のペアが存在していることになる。その結果、結晶の対称性を破ることなく、同一軌道間のスピン三重項ペアと異軌道間のスピン一重項ペアが自然に混成する。
    このようなスピン一重項・三重項の混成を考えることによって、これまでに発展してきたスピン三重項の理論やその結果に大きな変更を加えることなく、一部の実験結果との矛盾を解消できる可能性があるのではないかと考えている。実際、我々の行ったトンネルコンダクタンスの計算結果においては、混成による変更は小さく、従来理論で説明されていた軌道の異方性によって実験結果の再現が可能であることを示した。
    様々な実験事実からスピン三重項超伝導と思われていたSr2RuO4であったが、その中のいくつかの実験結果について見直さなくてはいけないことになったという点においては予期せぬ事態であった。そのため、従来理論を根本から見直す必要性があるという主張も存在する。一方、理論の解釈としては大きな変更はなく、従来の理論の修正でも十分な可能性があるということを示せた。そのような場合には、理論を改めて構築する必要はなく、従来理論の拡張から研究を継続することが可能である。
    最近、スキルミオン格子状の超伝導がトポロジカル超伝導になるという理論的提案がなされている(arXiv:2005.00027)。このような系は本研究課題が目的としている系であり、それがどのような発現機構で実現するのかということを明らかにすることは重要な問題である。そこで、超伝導を実現するのに必要なペアの引力や、スキルミオン格子の実現に必要なスピン軌道相互作用や空間反転対称性の破れの存在は仮定した上で、それらが共存する系において先ほど述べたトポロジカル超伝導状態が出現するのかどうかを調べる。弱結合のギャップ方程式や、強結合まで記述可能なエリアシュベルグ方程式を解くことによって、超伝導とスキルミオンが共存するトポロジカル超伝導状態の解の探索を行う。そして、そのような状態が実現するために必要な条件を明らかにする。

  4. トポロジカルバンドの自発形成と相転移ダイナミクス

    研究課題/研究課題番号:16H00989  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    川口 由紀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    [1] トポロジカル絶縁体表面にs波超伝導体を張り付けた系では、超伝導体の端にカイラルマヨラナ束縛状態が出現するが、磁場をかけるとその端状態が超伝導内部に侵入してくることが予言されている。このときの局所状態密度(LDOS)を計算し、マヨラナ束縛状態の場所の変位がSTSなどの実験により検出しうる条件を求めた。またスピン分解したLDOSおよび奇周波ペア振幅についても計算し、マヨラナ束縛状態がスピン偏極を起こしていることを示した。この研究成果はPhysical Review B誌への掲載が決定している。
    [2] スピン軌道結合したボース・アインシュタイン凝縮体における励起スペクトルをトポロジーにより分類した。ボース粒子系の場合、励起スペクトルを求める固有値方程式は非エルミートとなり、励起スペクトルに複素数が生じうる。本研究では複素固有値が出現する場合においても適用可能なトポロジカル数の定義を与えた。この研究成果は現在、論文投稿準備中である。
    [3] 2成分原子気体ボース・アインシュタイン凝縮体の相分離ダイナミクスを数値的に調べた。2成分の粒子数差が等しいときは、ドメインサイズは時間の2/3乗に比例して増大していくことが知られていたが、粒子数差が大きいときには、ドメイン成長則のべきが1/3に減少することが数値的に得られた。これは、粒子の伝搬が慣性的なものから拡散的なものに変わったことを意味している。この研究成果は、現在、論文投稿準備中である。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。

  5. スピン軌道結合によるトポロジカル構造と輸送現象

    研究課題/研究課題番号:15K17726  2015年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    川口 由紀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    スピン軌道相互作用によりもたらされるトポロジカル量子現象について研究を行った。冷却原子気体のボース・アインシュタイン凝縮体に対しては、磁気的双極子相互作用や光により作られるスピン軌道結合に由来して起こる、スピンホール効果、非可換ゲージ場の下での凝縮体のダイナミクス、非エルミート系でのトポロジカル数を明らかにした。固体電子系に対しては、相対論的効果を起源とするスピン軌道相互作用により生じる磁気スキルミオン構造や輸送現象を明らかにした。
    冷却原子気体系および固体電子系においてスピン軌道相互作用によりもたらされる新奇現象を明らかにした。特に、磁気的双極子相互作用がスピン軌道結合として働いてスピンホール効果を起こすこと、および、非エルミート系において、例外点が存在する場合においてもトポロジカル数が定義できることを示したのは我々の研究が初めてである。

  6. 双極子相互作用が拓く冷却原子気体の新現象

    2010年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 31

  1. 先端材料と物性物理

    2020

  2. 数学1及び演習

    2020

  3. 数学1及び演習

    2020

  4. 物性基礎工学特別実験・演習B

    2020

  5. 物性基礎工学特別実験・演習A

    2020

  6. 物性基礎工学特論

    2020

  7. 物性基礎工学セミナー1D

    2020

  8. 物性基礎工学セミナー1C

    2020

  9. 物性基礎工学セミナー1B

    2020

  10. 物性基礎工学セミナー1A

    2020

  11. 応用物理学特別輪講(物性基礎工学)B

    2020

  12. 応用物理学特別輪講(物性基礎工学)A

    2020

  13. 物理工学輪講A

    2020

  14. 物理工学セミナー1A

    2020

  15. 物性基礎工学セミナー2E

    2020

  16. 物性基礎工学セミナー2D

    2020

  17. 物性基礎工学セミナー2C

    2020

  18. 物性基礎工学セミナー2B

    2020

  19. 物性基礎工学セミナー2A

    2020

  20. 卒業研究B

    2020

  21. 卒業研究A

    2020

  22. 物性物理学特論

    2020

  23. コア応用物理学

    2020

  24. 物理工学セミナー

    2020

  25. 物理工学序論

    2020

  26. 量子基礎工学特論

    2017

  27. 量子力学A

    2017

  28. 物性物理のすすめ

    2016

  29. 量子力学A

    2016

  30. 量子力学A

    2015

  31. 量子基礎工学特論

    2015

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 内部自由度を持った原子気体BECの物理

    2016年4月 - 2017年3月 大阪市立大学)

 

社会貢献活動 4

  1. 「テクノWebinar名大 工学女子の人生デザイン」 座談会

    役割:パネリスト

    名古屋大学工学研究科  2020年11月

  2. 女子中高生理系進学推進セミナー2020

    役割:出演, 取材協力

    名古屋大学工学研究科  2020年8月

  3. 愛知県立明和高校SSH運営指導委員

    役割:助言・指導

    2020年5月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導

  4. 名大 MIRAI グローバルサイエンスキャンパス

    役割:講師

    名古屋大学  名古屋大学東山キャンパス  2017年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:講演会

    高校生に対して自身の研究内容に関する講義を行った。

メディア報道 1

  1. 朝日新聞「先端人」 新聞・雑誌

    朝日新聞  2020年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外