Updated on 2022/06/06

写真a

 
SUGISHITA Akitaka
 
Organization
Nagoya University Hospital Assistant professor of hospital
Title
Assistant professor of hospital
External link

Degree 1

  1. Bachelor of Healthcare Management ( 2017.3   Nihon Fukushi University ) 

Research Interests 3

  1. The Integrated Community Care System

  2. Regional Medical collaboration

  3. Medical Infomatics

Research Areas 1

  1. Others / Others  / Medical Informatics

Current Research Project and SDGs 4

  1. Research on required specifications of tele-monitoring system for oncology patients receiving ambulatory chemotherapy treatments

  2. Study of elderly disease cooperative medical system promotion using medical and nursing care data

  3. Research of Inclusive Arts

  4. Home care and community-based comprehensive care

Research History 1

  1. Nagoya University   Nagoya University Hospital   Assistant professor of hospital

    2018.8

Professional Memberships 3

  1. Japan Association for Medical Infomatics

  2. The Japanese Society for Artifical Intelligence

  3. Information Processing Society of Japan

Awards 1

  1. 「STI for SDGs」アワード2021

    2021.10   国立研究開発法人科学技術振興機構   文部科学大臣賞

    国立大学法人東京藝術大学COI拠点インクルーシブアーツ研究グループ

     More details

    Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc.  Country:Japan

    今年度公表された科学技術・イノベーション白書では、人文・社会科学の 「知」と自然科学の「知」を融合した「総合知」を活用し、インクルーシブ な社会や一人ひとりの多様な幸せの実現が提唱されており、その実現に向け た具体的な活動が求められている。
    本取り組みでは、一本指でメロディを奏でると伴奏とペダルが自動で追 従して美しい音色が響くことで、誰でも華麗な演奏を体験できる自動伴奏 機能付きのピアノ「だれでもピアノR」を開発。本ピアノは障害のある児 童・生徒の音楽教育現場での活用の他、健康寿命延伸と認知機能維持効果の 検証に向けたパイロット研究を推進。継続的な練習により高齢者の QOL の 向上効果が確認されており、福祉・医療器具化も目指している。
    また、低遅延で MIDI 演奏情報をオーディオ機器につなぐ技術の応用によ りオンラインによる遠隔演奏も実現。今後は専用アプリの開発により、活用 可能な楽器や機器、活用シーンの拡大を目指している。
    なお、このグループにはグループリーダーとして関わり、プロジェクトを実施した。

 

Papers 2

  1. Integrating home palliative care in oncology: a qualitative study to identify barriers and facilitators Reviewed

    Hasegawa Takaaki, Yamagishi Akemi, Sugishita Akitaka, Akechi Tatsuo, Kubota Yosuke, Shimoyama Satofumi

    SUPPORTIVE CARE IN CANCER   Vol. 30 ( 6 ) page: 5211 - 5219   2022.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1007/s00520-022-06950-6

    Web of Science

    PubMed

  2. Use of Robotic Pet in a Distributed Layout Elderly Housing with Services: A Case Study on Elderly People with Cognitive Impairment Reviewed

    Hori Yoko, Kato Ken, Kobayashi Mia, Inoue Yuriko, Lai Kecheng, Sugishita Akitaka, Okamoto Yoshihiro, Kamiya Satoko, Shibata Takanori

    JOURNAL OF ROBOTICS AND MECHATRONICS   Vol. 33 ( 4 ) page: 784 - 803   2021.8

     More details

    Language:Japanese  

    DOI: 10.20965/jrm.2021.p0784

    Web of Science

Books 3

  1. 電子@連絡帳」を用いたICTネットワークによる多職種連携の実際と今後の展望

    杉下明隆( Role: Sole author)

    地域連携 入退院と在宅支援  2020.11 

     More details

    Responsible for pages:8   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  2. 感染パニックから利用者と事業所を守る為に〜名古屋市かの事例から考える

    大河内章三、中村智栄、加藤憲、杉下明隆、堀容子( Role: Joint author)

    通所&施設マネジメント(Web版)  2020.3 

     More details

    Total pages:4   Responsible for pages:1   Language:Japanese Book type:Report

  3. 遠距離介護および多重介護を担う家族介護者のパロ導入に関するケーススタディ

    堀容子、大村史子、岩橋美智子、加藤憲、杉下明隆、柴田崇徳( Role: Joint author)

    アザラシ型ロボット・パロによるロボット・セラピー研究会  2019.12 

     More details

    Total pages:4   Responsible for pages:1   Language:Japanese Book type:Scholarly book

Presentations 6

  1. 地域包括ケアシステムの推進に向けて〜共創から共生への展望〜 Invited

    杉下明隆

    令和2年度 地域包括ケアシステムにおける自治体と企業の連携促進セミナー  2021.3.5  東海北陸厚生局、中部経済産業局

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:名古屋合同庁舎第3号館   Country:Japan  

  2. 「医療・介護ICTの展望」〜地域の課題解決につながるのか〜 Invited

    杉下 明隆

    あんしんネットつしま地域連携フォーラム  2022.2.14  あんしんネットつしま(津島市医歯薬介連携推進協議会)

     More details

    Event date: 2022.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:愛知県津島市   Country:Japan  

  3. A study of Inclusive Arts in Paro-Activity for children with disabilities : Case of a collaborative project in Nagano with The COI site, Tokyo University of the Arts Invited International conference

    Akitaka Sugishita

    11th International Symposium on Robot Therapy with Seal Robot, PARO  2019.12.16  National Institute of Advanced Industrial Science and Technology

     More details

    Event date: 2019.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:IKE Biz   Country:Japan  

  4. 網羅的な医療情報のビッグデータ解析基盤について - 先端医療開発現場での試行錯誤から実例まで - Invited

    杉下明隆

    HIASHealthビックデータ・研究会  2019.9.6  一橋大学社会科学高等研究院

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:東京   Country:Japan  

  5. 名古屋大学医学部附属病院の 先端医療開発や臨床研究支援における AWSクラウドの活用事例について Invited International conference

    杉下明隆

    AWS SUMMIT Tokyo,Osaka  2019.6.16  Amazon Web Services, Inc.

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:東京、大阪   Country:Japan  

  6. 名古屋大学における臨床研究認定者制度に関する取組み

    清水 忍、平川 晃弘、鍬塚 八千代、室谷 健太、木下 文恵、中杤 昌弘、杉下 明隆、飯島 祥彦、加藤 勝義、安藤 昌彦、水野 正明

    ARO協議会第2回学術集会  2014.9.23  ARO協議会

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:北海道大学医学部学友会館フラテホール   Country:Japan  

▼display all

 

Social Contribution 5

  1. 北名古屋市在宅医療連携協議会オブザーバー

    Role(s):Advisor

    北名古屋市  2020.4 - 2021.3

  2. つながろまい津島ICTワーキング 委員

    Role(s):Advisor

    津島市  2020.4 - 2021.3

  3. 東三河電子連絡帳協議会 オブザーバー

    Role(s):Advisor

    東三河電子連絡帳協議会  2020.4 - 2021.3

  4. 瀬戸旭在宅医療介護連携推進協議会 実行委員会委員

    Role(s):Advisor

    瀬戸旭在宅医療介護連携推進協議会  2020.4 - 2021.3

  5. 大府市在宅医療・介護連携推進会議 アドバイザー

    Role(s):Advisor

    大府市  2020.4 - 2021.3