2021/04/05 更新

写真a

タナカ ミヤコ
田中 都
TANAKA Miyako
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 講師
職名
講師

学位 1

  1. 医学 ( 2009年3月   東京医科歯科大学 ) 

研究キーワード 4

  1. マクロファージ

  2. 炎症

  3. メタボリックシンドローム

  4. 肥満

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 代謝、内分泌学  / 肥満,脂肪組織,マクロファージ

現在の研究課題とSDGs 2

  1. エレクトロニクスフリーのインスリンデバイスの開発

  2. 微小環境に着目した炎症遷延化の分子機構解明

経歴 6

  1. 名古屋大学   環境医学研究所   講師

    2020年1月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   環境医学研究所   助教   助教

    2015年7月 - 2019年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 東京医科歯科大学   大学院医歯学総合研究科   特任助教   特任助教

    2014年4月 - 2015年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東京医科歯科大学   大学院医歯学総合研究科   メディカルフェロー   メディカルフェロー

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東京医科歯科大学   難治疾患研究所   寄附研究部門助教   特任助教

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 東京医科歯科大学   難治疾患研究所   特任助教   特任助教

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 東京医科歯科大学   医歯学総合研究科

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   農学部   農芸化学

    1993年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本糖尿病・肥満動物学会

    2012年 - 現在

  2. 日本内分泌学会   評議員

    2005年 - 現在

  3. 日本肥満学会   評議員

    2005年 - 現在

  4. 日本栄養・食糧学会

    2002年 - 現在

  5. 日本農芸化学会

    1999年 - 現在

委員歴 3

  1. 文部科学省   学術調査官  

    2020年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  2. 日本肥満学会   評議員  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本内分泌学会   評議員  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 4

  1. 第39回 研究奨励賞

    2019年5月   一般社団法人 日本内分泌学会   細胞間クロストーク・臓器間ネットワークに着目した肥満・糖尿病の病態解明

    田中 都

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 第15回 若手研究奨励賞

    2014年4月   一般財団法人 日本内分泌学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 第6回 若手研究奨励賞

    2013年2月   日本糖尿病・肥満動物学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 第7回 若手研究奨励賞

    2009年10月   一般財団法人 日本肥満学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 34

  1. Iron-rich Kupffer cells exhibit phenotypic changes during the development of liver fibrosis in NASH 査読有り

    Kanamori Yohei, Tanaka Miyako, Itoh Michiko, Ochi Kozue, Ito Ayaka, Hidaka Isao, Sakaida Isao, Ogawa Yoshihiro, Suganami Takayoshi

    ISCIENCE   24 巻 ( 2 ) 頁: 102032   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.isci.2020.102032

    Web of Science

    PubMed

  2. Digenic mutations in ALDH2 and ADH5 impair formaldehyde clearance and cause a multisystem disorder, AMeD syndrome 査読有り

    Oka Yasuyoshi, Hamada Motoharu, Nakazawa Yuka, Muramatsu Hideki, Okuno Yusuke, Higasa Koichiro, Shimada Mayuko, Takeshima Honoka, Hanada Katsuhiro, Hirano Taichi, Kawakita Toshiro, Sakaguchi Hirotoshi, Ichimura Takuya, Ozono Shuichi, Yuge Kotaro, Watanabe Yoriko, Kotani Yuko, Yamane Mutsumi, Kasugai Yumiko, Tanaka Miyako, Suganami Takayoshi, Nakada Shinichiro, Mitsutake Norisato, Hara Yuichiro, Kato Kohji, Mizuno Seiji, Miyake Noriko, Kawai Yosuke, Tokunaga Katsushi, Nagasaki Masao, Kito Seiji, Isoyama Keiichi, Onodera Masafumi, Kaneko Hideo, Matsumoto Naomichi, Matsuda Fumihiko, Matsuo Keitaro, Takahashi Yoshiyuki, Mashimo Tomoji, Kojima Seiji, Ogi Tomoo

    SCIENCE ADVANCES   6 巻 ( 51 )   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.abd7197

    Web of Science

    PubMed

  3. C-type lectin Mincle mediates cell death-triggered inflammation in acute kidney injury 査読有り

    Tanaka Miyako, Saka-Tanaka Marie, Ochi Kozue, Fujieda Kumiko, Sugiura Yuki, Miyamoto Tomofumi, Kohda Hiro, Ito Ayaka, Miyazawa Taiki, Matsumoto Akira, Aoe Seiichiro, Miyamoto Yoshihiro, Tsuboi Naotake, Maruyama Shoichi, Suematsu Makoto, Yamasaki Sho, Ogawa Yoshihiro, Suganami Takayoshi

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   217 巻 ( 11 )   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20192230

    Web of Science

    PubMed

  4. Temperature-Stable Boronate Gel-Based Microneedle Technology for Self-Regulated Insulin Delivery 査読有り

    Chen Siyuan, Miyazaki Takuya, Itoh Michiko, Matsumoto Hiroko, Moro-oka Yuki, Tanaka Miyako, Miyahara Yuji, Suganami Takayoshi, Matsumoto Akira

    ACS APPLIED POLYMER MATERIALS   2 巻 ( 7 ) 頁: 2781 - 2790   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsapm.0c00341

    Web of Science

  5. Hollow fiber-combined glucose-responsive gel technology as an in vivo electronics-free insulin delivery system. 査読有り

    Matsumoto A, Kuwata H, Kimura S, Matsumoto H, Ochi K, Moro-Oka Y, Watanabe A, Yamada H, Ishii H, Miyazawa T, Chen S, Baba T, Yoshida H, Nakamura T, Inoue H, Ogawa Y, Tanaka M, Miyahara Y, Suganami T

    Communications biology   3 巻 ( 1 ) 頁: 313   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42003-020-1026-x

    PubMed

  6. Ubiquitination of DNA Damage-Stalled RNAPII Promotes Transcription-Coupled Repair. 査読有り

    Nakazawa Y, Hara Y, Oka Y, Komine O, van den Heuvel D, Guo C, Daigaku Y, Isono M, He Y, Shimada M, Kato K, Jia N, Hashimoto S, Kotani Y, Miyoshi Y, Tanaka M, Sobue A, Mitsutake N, Suganami T, Masuda A, Ohno K, Nakada S, Mashimo T, Yamanaka K, Luijsterburg MS, Ogi T

    Cell   180 巻 ( 6 ) 頁: 1228-1244.e24   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2020.02.010

    PubMed

  7. Molecular mechanism of obesity-induced adipose tissue inflammation; the role of Mincle in adipose tissue fibrosis and ectopic lipid accumulation 査読有り

    Tanaka Miyako

    ENDOCRINE JOURNAL   67 巻 ( 2 ) 頁: 107-111   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ19-0417

    Web of Science

    PubMed

  8. Dipeptidyl peptidase-4 inhibition prevents nonalcoholic steatohepatitis-associated liver fibrosis and tumor development in mice independently of its anti-diabetic effects. 査読有り

    Kawakubo M, Tanaka M, Ochi K, Watanabe A, Saka-Tanaka M, Kanamori Y, Yoshioka N, Yamashita S, Goto M, Itoh M, Shirakawa I, Kanai S, Suzuki H, Sawada M, Ito A, Ishigami M, Fujishiro M, Arima H, Ogawa Y, Suganami T

    Scientific reports   10 巻 ( 1 ) 頁: 983   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-57935-6

    PubMed

  9. Smart Microneedle Fabricated with Silk Fibroin Combined Semi interpenetrating Network Hydrogel for Glucose-Responsive Insulin Delivery 査読有り

    Chen Siyuan, Matsumoto Hiroko, Moro-oka Yuki, Tanaka Miyako, Miyahara Yuji, Suganami Takayoshi, Matsumoto Akira

    ACS BIOMATERIALS SCIENCE & ENGINEERING   5 巻 ( 11 ) 頁: 5781-5789   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsbiomaterials.9b00532

    Web of Science

  10. Microneedle-Array Patch Fabricated with Enzyme-Free Polymeric Components Capable of On-Demand Insulin Delivery 査読有り

    Chen Siyuan, Matsumoto Hiroko, Moro-oka Yuki, Tanaka Miyako, Miyahara Yuji, Suganami Takayoshi, Matsumoto Akira

    ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS   29 巻 ( 7 )   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adfm.201807369

    Web of Science

  11. Synthetic "smart gel" provides glucose-responsive insulin delivery in diabetic mice 査読有り

    A. Matsumoto*, M. Tanaka*, H. Matsumoto, K. Ochi, Y. Moro-oka, H. Kuwata, H. Yamada, I. Shirakawa, T. Miyazawa, H. Ishii, K. Kataoka, Y. Ogawa, Y. Miyahara, T. Suganami

    Science advances   3 巻 ( 11 ) 頁: eaaq0723   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.aaq0723

  12. Molecular mechanism of obesity-induced "metabolic" tissue remodeling. 査読有り

    M. Tanaka, M. Itoh, Y. Ogawa, T. Suganami

    J Diabetes Investig     2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/jdi.12769

  13. WNK4 is an adipogenic factor and its deletion reduces diet- induced obesity in mice. 査読有り

    D. Takahashi, T. Mori, E. Sohara, M. Tanaka, M. Chiga, Y. Inoue, N. Nomura, M. Zeniya, H. Ochi, S. Takeda, T. Suganami, T. Rai, S. Uchida

    EBioMedicine   18 巻   頁: 118-127   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2017.03.011

  14. Antifibrotic effect of pirfenidone in a mouse model of human nonalcoholic steatohepatitis. 査読有り

    C. Komiya*, M. Tanaka*, K. Tsuchiya, N. Shimazu, K. Mori, S. Furuke, Y. Miyachi, K. Shiba, S. Yamaguchi, K. Ikeda, K. Ochi, K. Nakabayashi, K. Hata, M. Itoh, T. Suganami, Y. Ogawa

    Scientific reports   7 巻   頁: 44754   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep44754

  15. Inflammatory responses increase secretion of MD-1 protein. 査読有り

    R. Thomas Jennings, E. Odkhuu, A. Nakashima, N. Morita, T. Kobayashi, I. Yamai, M. Tanaka, T. Suganami, S. Haga, M. Ozaki, Y. Watanabe, Y. Nagai, K. Takatsu, T. Kikuchi-Ueda, I. Ichimonji, Y. Ogawa, H. Takagi, T. Yamazaki, K. Miyake, S. Akashi-Takamura

    International immunology   10 巻   頁: 503-512   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxw031

  16. The H3K9 methyltransferase Setdb1 regulates TLR4-mediated inflammatory responses in macrophages. 査読有り

    R. Hachiya, T. Shiihashi, I. Shirakawa, Y. Iwasaki, Y. Matsumura, Y. Oishi, Y. Nakayama, Y. Miyamoto, I. Manabe, K. Ochi, M. Tanaka, N. Goda, J. Sakai, T. Suganami, Y. Ogawa

    Scientific reports   6 巻   頁: 28845   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep28845

  17. Isoliquiritigenin attenuates adipose tissue inflammation in vitro and adipose tissue fibrosis through inhibition of innate immune responses in mice. 査読有り

    Y. Watanabe, Y. Nagai, H. Honda, N. Okamoto, S. Yamamoto, T. Hamashima, Y. Ishii, M. Tanaka, T. Suganami, M. Sasahara, K. Miyake, K. Takatsu

    Scientific reports   6 巻   頁: 23097   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep23097

  18. Macrophage-inducible C-type lectin underlies obesity-induced adipose tissue fibrosis. 査読有り

    M. Tanaka, K. Ikeda, T. Suganami, C. Komiya, K. Ochi, I. Shirakawa, M. Hamaguchi, S. Nishimura, I. Manabe, T. Matsuda, K. Kimura, H. Inoue, Y. Inagaki, S. Aoe, S. Yamasaki, Y. Ogawa

    Nat Commun   5 巻   頁: 4982   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms5982

  19. Activating transcription factor 4 links metabolic stress to interleukin-6 expression in macrophages. 査読有り

    Y. Iwasaki, T. Suganami, R. Hachiya, I. Shirakawa, M. Kim-Saijo, M. Tanaka, M. Hamaguchi, T. Takai-Igarashi, M. Nakai, Y. Miyamoto, Y. Ogawa

    Diabetes   63 巻 ( 1 ) 頁: 152-161   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/db13-0757

  20. Role of DNA methylation in the regulation of lipogenic glycerol-3-phosphate acyltransferase 1 gene expression in the mouse neonatal liver. 査読有り

    T. Ehara, Y. Kamei, M. Takahashi, X. Yuan, S. Kanai, E. Tamura, M. Tanaka, T. Yamazaki, S. Miura, O. Ezaki, T. Suganami, M. Okano, Y. Ogawa

    Diabetes   61 巻 ( 10 ) 頁: 2442-2450   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/db11-1834

  21. Adipose tissue inflammation and ectopic lipid accumulation. 招待有り 査読有り

    T. Suganami, M. Tanaka, Y. Ogawa

    Endocrine journal   59 巻 ( 10 ) 頁: 849-857   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  22. Melanocortin 4 receptor-deficient mice as a novel mouse model of non-alcoholic steatohepatitis. 査読有り

    M. Itoh, T. Suganami, N. Nakagawa, M. Tanaka, Y. Yamamoto, Y. Kamei, S. Terai, I. Sakaida, Y. Ogawa

    Am J Pathol   179 巻   頁: 2455-2464   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Increased expression of macrophage-inducible C-type lectin in adipose tissue of obese mice and humans. 査読有り

    M. Ichioka, T. Suganami, N. Tsuda, I. Shirakawa, Y. Hirata, N. Satoh-Asahara, Y. Shimoda, M. Tanaka, M. Kim-Saijo, Y. Miyamoto, Y. Kamei, M. Sata, Y. Ogawa

    Diabetes   60 巻   頁: 819-826   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Role of central leptin signaling in the starvation-induced alteration of B-cell development. 査読有り

    M. Tanaka, T. Suganami, M. Kim-Saijo, C. Toda, M. Tsuiji, K. Ochi, Y. Kamei, Y. Minokoshi, Y. Ogawa

    J Neurosci   31 巻   頁: 8373-8380   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Role of central leptin signaling in renal macrophage infiltration. 査読有り

    M. Tanaka, T. Suganami, S. Sugita, Y. Shimoda, M. Kasahara, S. Aoe, M. Takeya, S. Takeda, Y. Kamei, Y. Ogawa

    Endocr J   57 巻   頁: 61-72   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Role of C-C chemokine receptor 2 in bone marrow cells in the recruitment of macrophages into obese adipose tissue. 査読有り

    A. Ito, T. Suganami, A. Yamauchi, M. Degawa-Yamauchi, M. Tanaka, R. Kouyama, Y. Kobayashi, N. Nitta, K. Yasuda, Y. Hirata, W.A. Kuziel, M. Takeya, S. Kanegasaki, Y. Kamei, Y. Ogawa

    J Biol Chem   283 巻   頁: 35715-35723   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Increased adiponectin secretion by highly purified eicosapentaenoic acid in rodent models of obesity and human obese subjects. 査読有り

    M. Itoh, T. Suganami, N. Satoh, K.Tanimoto-Koyama, X. Yuan, M. Tanaka, H. Kawano, T. Yano, S. Aoe, M. Takeya, A. Shimatsu, H. Kuzuya, Y. Kamei, Y. Ogawa

    Arterioscler Thromb Vasc Biol   27 巻   頁: 1918-1925   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Human MDR1 and MRP1 recognize berberine as their transport substrate. 査読有り

    N. Shitan, M. Tanaka, K. Terai, K. Ueda, K. Yazaki

    Biosci Biotechnol Biochem   71 巻   頁: 242-245   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Attenuation of diet-induced weight gain and adiposity through increased energy expenditure in mice lacking angiotensin II type 1a receptor. 査読有り

    R. Kouyama, T. Suganami, J. Nishida, M. Tanaka, T. Toyoda, M. Kiso, T. Chiwata, Y. Miyamoto, Y. Yoshimasa, A. Fukamizu, M. Horiuchi, Y. Hirata, Y. Ogawa

    Endocrinology   146 巻   頁: 3481-3489   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Application of Phospholipids Extracted from Bovine Milk to the Reconstitution of Cream Using Butter Oil. 査読有り

    S. Miura, M. Tanaka, A. Suzuki, K. Sato

    J Am Oil Chem Soc   81 巻   頁: 97-100   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Milk sphingomyelin accelerates enzymatic and morphological maturation of intestine in artificially reared rats. 査読有り

    M. Motouri, H. Matsuyama, J. Yamamura, M. Tanaka, S. Aoe, T. Iwanaga, H. Kawakami

    J Pediatr Gastroenterol Nutr   36 巻   頁: 241-247   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Milk basic protein: A novel protective function of milk against osteoporosis. 査読有り

    Y. Toba, Y. Takada, J. Yamamura, M. Tanaka, Y. Matsuoka, H. Kawakami, A. Itabashi, S. Aoe, M. Kumegawa

    Bone   27 巻   頁: 403-408   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Bioavailability of milk micellar calcium phosphate-phosphopeptide complex in rats. 査読有り

    Y. Toba, K. Kato, Y. Takada, M. Tanaka, T. Nakano, T. Aoki, S. Aoe

    J Nutr Sci Vitaminol   45 巻   頁: 311-323   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Comparison of the effects of milk components and calcium source on calcium bioability in glowing male rats. 査読有り

    Y. Toba, Y. Takada, M. Tanaka, S. Aoe

    Nutr Res   19 巻   頁: 449-459   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 14

  1. 脂肪組織の線維化メカニズム

    菅波孝祥,田中 都,小川佳宏( 担当: 共著)

    実験医学増刊号.羊土社  2021年3月  ( ISBN:978-4-7581-0393-0

  2. アディポカインと老化・老化関連疾患

    神田 容,田中 都,菅波孝祥( 担当: 共著)

    老年内科.科学評論社  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 脂肪組織の線維化

    田中 都,菅波孝祥( 担当: 共著)

    実権医学増刊号.羊土社  2020年7月  ( ISBN:978-4-7581-0388-6

  4. 炎症・線維化による脂肪組織機能の制御

    田中 都,小川佳宏,菅波孝祥( 担当: 共著)

    実験医学.羊土社  2018年10月  ( ISBN:978-4-7581-2512-3

  5. メタボリックシンドロームと自然免疫

    田中 都,菅波孝祥( 担当: 共著)

    医学のあゆみ.医歯薬出版株式会社  2018年6月 

  6. 健全なる身体には健全なる脂肪組織を

    田中 都( 担当: 単著)

    生物工学会誌.日本生物工学会  2018年 

  7. 肥満に伴う死亡組織の線維化を招く鍵分子

    田中 都,菅波孝祥( 担当: 共著)

    医学のあゆみ.医歯薬出版株式会社  2016年5月 

  8. 脂肪組織の線維化を調節する分子Mincle

    田中 都,菅波孝祥( 担当: 共著)

    医学のあゆみ.医歯薬出版株式会社  2016年5月 

  9. MC4R

    田中 都,菅波孝祥( 担当: 共著)

    医学のあゆみ.医歯薬出版株式会社  2016年1月 

  10. 脂質と免疫センサー

    田中 都,菅波孝祥,小川佳宏( 担当: 共著)

    炎症と免疫.先端医学社  2015年10月 

  11. Innovative Medicine: Pathogenesis of Non-alcoholic Steatohepatitis and Its Potential Therapeutic Strategies

    Yoshihiro Ogawa, Takayoshi Suganami, Michiko Itoh, Miyako Tanaka( 担当: 共著)

    2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  12. 糖尿病・肥満/感染症―疾患モデルの作成と利用 「ob/obマウス」

    田中 都,小川佳宏( 担当: 共著)

    (株)エル・アイ・シー  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 肥満と脂肪エネルギー代謝 メタボリックシンドロームへの戦略 「脂肪組織リモデリングの分子機構と医学応用」

    小川佳宏,菅波孝祥,伊藤綾香,田中 都,伊藤美智子,亀井康富( 担当: 共著)

    (株)建帛社  2008年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. カラー版 糖尿病学 基礎と臨床 「レプチンシグナル」

    菅波孝祥,田中 都,小川佳宏( 担当: 共著)

    (株)西村書店  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 46

  1. Role of Mincle in sterile inflammation 招待有り

    Miyako Tanaka, Yoshihiro Ogawa, Takayoshi Suganami

    2021年3月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日 - 2021年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. 組織リモデリングとMincle 招待有り

    田中 都,小川佳宏,菅波孝祥

    第41回日本肥満学会  2021年3月20日  日本肥満学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. C-type lectin Mincle mediates cell death-triggered sustained inflammation 招待有り

    Miyako Tanaka,Yoshihiro Ogawa,Takayoshi Suganami

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. C-type lectin Mincle mediates cell death-triggered sustained inflammation after acute kidney injury in mice 国際会議

    Miyako Tanaka, Marie Saka-Tanaka, Kozue Ochi, Kumiko Fujieda, Hiro Ishihara, Naotake Tsuboi, Shoichi Maruyama, Yoshihiro Ogawa, Takayoshi Suganami

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月19日 - 2020年2月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Victoria, Canada   国名:カナダ  

  5. 新規死細胞センサー Mincleを介するマクロファージ・死細胞ネットワークと炎症遷延化機構 招待有り

    田中 都,小川佳宏,菅波孝祥

    第42回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月3日 - 2019年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  6. 細胞間クロストーク・臓器間ネットワークに着目した肥満・糖尿病の病態解明 招待有り

    田中 都

    第92回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月11日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  7. 新規細胞死センサーMincleによる急性腎障害の炎症慢性化機

    田中 都,坂(田中)まりえ,越智 梢,藤枝久美子,神田 容,坪井直毅,丸山彰一,小川佳宏,菅波孝祥

    第92回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月9日 - 2019年5月11日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. Synthetic smart gel provides glucose-responsive insulin delivery in diabetic mice 国際会議

    Miyako Tanaka, Akira Matsumoto, Hiroko Matsumoto, Kozue Ochi, Yuki Moro-oka, Hirohito Kuwata, Ibuki Shirakawa, Taiki Miyazawa, Yuji Miyahara, Takayoshi Suganami

    2019 Keystone Symposia for the meeting on Obesity and Adipose Tissue Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月10日 - 2019年2月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:カナダ  

  9. C-type lectin Mincle accelerates renal ischemia-reperfusion injury 国際会議

    The American Society of Nephrology Kidney Week 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月25日 - 2018年10月28日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  10. アディポカインによる炎症・免疫制御 招待有り

    田中 都,蜂屋瑠見,小川佳宏,菅波孝祥

    第18回日本抗加齢医学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月25日 - 2018年5月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. C-type lectin Mincle accelerates renal ischemia-reperfusion injury 国際会議

    Miyako Tanaka, Marie Saka-Tanaka, Kozue Ochi, Kumiko Fujieda, Hiro Kohda, Naotake Tsuboi, Shoichi Maruyama, Tomofumi Miyamoto, Sho Yamasaki, Yoshihiro Ogawa, Takayoshi Suganami

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月22日 - 2018年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 緑豆タンパク質の生活習慣病予防効果 〜脂肪肝,脂肪組織炎症に着目して〜

    田中 都,越智 梢,渡辺亜希子,木村久美,橘 伸彦,井上 啓,菅波孝祥

    第72回 日本栄養・食糧学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月11日 - 2018年5月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  13. 急性腎障害における新規細胞死センサーMincleの病態生理的意義

    田中 都,坂(田中)まりえ,越智 梢,神田 容,藤枝久美子,山﨑 晶,坪井直毅,丸山彰一,小川佳宏,菅波孝祥

    第22回心血管内分泌代謝学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月28日 - 2018年4月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎   国名:日本国  

  14. グルコース応答性スマートゲルを用いた新規インスリンデバイスの開発

    田中 都,桒田博仁,越智 梢,松本裕子,後藤沙也香,白川伊吹,宮原裕二,石井 均,小川佳宏,松元 亮,菅波孝祥

    第91回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月26日 - 2018年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. Mincle, macrophage-inducible C-type lectin, plays an important role in the pathogenesis of renal ischemia-reperfusion injury 国際会議

    Miyako Tanaka, Marie Saka-Tanaka, Kozue Ochi, Kumiko Fujieda, Hiro Kohda, Naotake Tsuboi, Shoichi Maruyama, Yoshihiro Ogawa, Takayoshi Suganami

    2018 Keystone Symposia for the meeting on The Resolution of Inflammation in Health and Disease 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月24日 - 2018年3月28日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アイルランド  

  16. グルコース応答性ゲルを用いた自律的インスリンデバイスの開

    田中 都,桒田博仁,越智 梢,松本裕子,白川伊吹,宮原裕二,石井 均,小川佳宏,松元 亮,菅波孝祥

    第38回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月7日 - 2017年10月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  17. スマートインスリンデバイスによる新しい糖尿病治療戦略の開発

    田中 都,桒田博仁,越智 梢,松本裕子,白川伊吹,宮原裕二,石井 均,小川佳宏,松元 亮,菅波孝祥

    第90回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月20日 - 2017年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  18. イムノメタボリズムと脂肪組織炎症 招待有り

    田中 都,越智梢,菅波孝祥,小川佳宏

    第37回日本肥満学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月7日 - 2016年10月8日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  19. メタボリックシンドロームと脂肪組織機能破綻 招待有り

    田中 都,越智梢,菅波孝祥,小川佳宏

    第89回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月21日 - 2016年4月23日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  20. Mincle, a novel pathogen sensor in macrophages, underlies obesity-induced adipose tissue fibrosis in mice 国際会議

    Miyako Tanaka, Kozue Ochi, Yoshihiro Ogawa, Takayoshi Suganami

    2016 Keystone Symposia for the meeting on Fibrosis: From Basic Mechanisms to Targeted Therapies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月7日 - 2016年2月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Keystone Resort, USA   国名:アメリカ合衆国  

  21. 生体の脂質代謝異常とアディポサイトカイン 招待有り

    田中 都,菅波孝祥,小川佳宏

    第23回日本心血管内分泌代謝学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月10日 - 2015年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  22. メタボリックシンドロームにおける脂肪組織炎症・線維化の意義と分子機構解明

    田中 都,菅波孝祥,小川佳宏

    第59回日本薬学会関東支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  23. 肥満脂肪組織の線維化分子機構について 招待有り

    田中 都,菅波孝祥,小川佳宏

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月21日 - 2015年5月24日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  24. Macrophage-inducible C-type lectin underlies obesity-induced adipose fibrosis 国際会議

    Miyako Tanaka, Takayoshi Suganami, Kenji Ikeda, Chikara Komiya, Yoshihiro Ogawa

    2015 Keystone Symposia for the meeting on Obesity and the Metabolic Syndrome: Mitochondria and Energy Expenditure 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月22日 - 2015年3月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Whistler, British Columbia, Canada   国名:カナダ  

  25. 脂肪組織炎症による異所性脂肪蓄積の分子機構 招待有り

    田中 都,菅波孝祥,小川佳宏

    第35回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月24日 - 2014年10月25日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  26. 病原体センサー・内因性リガンド系による脂肪組織線維化の分子機構と異所性脂肪蓄積における意義

    田中 都,菅波孝祥,池田賢司,小宮 力,白川伊吹,越智 梢,小川佳宏

    第87回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月24日 - 2014年4月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  27. Mincle, a novel pathogen sensor in macrophages, underlies obesity-induced adipose tissue fibrosis in mice 国際会議

    Miyako Tanaka, Takayoshi Suganami, Kenji Ikeda, Chikara Komiya, Yoshihiro Ogawa

    2014 Keystone Symposia for the meeting on Innate Immunity, Metabolism and Vascular Injury 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月23日 - 2014年3月28日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Whistler, British Columbia, Canada   国名:カナダ  

  28. 脂肪組織線維化の分子機構と異所性脂肪蓄積における意義

    田中 都,菅波孝祥,池田賢司,小宮 力,白川伊吹,越智 梢,小川佳宏

    第51回日本臨床分子医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月11日 - 2014年1月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  29. 脂肪組織炎症における病原体センサー・Mincleの意義

    田中 都,菅波孝祥,池田賢司,小宮力,白川伊吹,越智梢,青江誠一郎,亀井康富,小川佳宏

    第34回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月11日 - 2013年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  30. 肥満に関連する慢性炎症における新規病原体センサーの病態生理的意義

    田中 都,菅波孝祥,池田賢司,小宮力,白川伊吹,越智梢,亀井康富,小川佳宏

    第27回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月22日 - 2013年2月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  31. Role of Macrophage-inducible C-type Lectin in Obesity-induced Adipose Tissue Inflammation 国際会議

    Miyako Tanaka, Takayoshi Suganami, Kenji Ikeda, Chikara Komiya, Yoshihiro Ogawa

    2013 Keystone Symposia for the meeting on Adipose tissue inflammation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月27日 - 2013年2月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Keystone, Colorado, USA   国名:アメリカ合衆国  

  32. 肥満の脂肪組織における新規病原体センサー・Mincleの意義

    田中 都,菅波孝祥,池田賢司,小宮力,白川伊吹,越智梢,青江誠一郎,亀井康富,小川佳宏

    第33回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月11日 - 2012年10月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  33. Role of Central Leptin Signaling in the Starvation-Induced Alteration of B-Cell Development 国際会議

    Miyako Tanaka, Takayoshi Suganami, Yoshihiro Ogawa

    2012 Keystone Symposia for the meeting on Complications of Diabetes: Mechanisms of Injury and Failure of Repair 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月11日 - 2012年3月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Boston, Massachusetts, USA   国名:アメリカ合衆国  

  34. 骨髄Bリンパ球分化に及ぼす中枢レプチンシグナルの作用機序の解明

    田中 都,菅波孝祥,西條美佐,築地信,越智梢,亀井康富,小川佳宏

    第32回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月23日 - 2011年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  35. 中枢性レプチンシグナルの炎症・免疫調節作用

    田中 都,菅波孝祥,亀井康富,小川佳宏

    第16回アディポサイエンス研究会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月20日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  36. Increased expression of macrophage-inducible C-type lectin in adipose tissue of obese mice 国際会議

    M. Tanaka, T. Suganami, M. Ichioka, Naoto, Tsuda, Y. Ogawa

    2011 Keystone Symposia for the meeting on Type 2 Diabetes, Insulin Resistance and Metabolic Dysfunction. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月12日 - 2011年1月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Keystone, Colorado, USA   国名:アメリカ合衆国  

  37. レプチン

    田中 都,菅波孝祥,小川佳宏

    第31回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月1日 - 2010年10月2日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:前橋   国名:日本国  

  38. 骨髄Bリンパ球分化に及ぼす中枢レプチン作用

    田中 都,菅波孝祥,西條美佐,築地信,亀井康富,小川佳宏

    第31回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月1日 - 2010年10月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:群馬   国名:日本国  

  39. 中枢神経系を介するレプチンの炎症・免疫調節作用

    田中 都,菅波孝祥,杉田 聡,青江誠一郎,亀井康富,小川佳宏

    第30回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月9日 - 2009年10月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  40. 中枢神経系を介するレプチンの炎症調節作用

    田中 都,菅波孝祥,杉田 聡,竹屋元裕,笠原正登,竹田秀,小川佳宏

    第82回日本内分泌学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月23日 - 2009年4月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:群馬   国名:日本国  

  41. Role of central leptin signaling in renal macrophage infiltration 国際会議

    Miyako Tanaka, Takayoshi Suganami, Yoshihiro Ogawa

    2009 Keystone Symposia for the meeting on Complications of Diabetes and Obesity 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月24日 - 2009年3月1日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Vancouver, British Columbia, Canada   国名:カナダ  

  42. 中枢神経系を介するレプチンの炎症調節作用:マウス腎尿細管間質障害モデルを用いて

    田中 都,菅波孝祥,杉田 聡,竹屋元裕,笠原正登,亀井康富,小川佳宏

    第29回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月17日 - 2008年10月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分   国名:日本国  

  43. 腎障害発展および進展におけるレプチンの病態生理的意義に関する研究

    田中 都,菅波孝祥,杉田 聡,竹屋元裕,笠原正登,亀井康富,小川佳宏

    第28回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月19日 - 2007年10月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  44. レプチンの炎症・線維化促進作用の分子機構:マウス腎間質線維化モデルを用いて

    田中 都,菅波孝祥,杉田 聡,岡淳一郎,竹屋元裕,笠原正登,亀井康富,小川佳宏

    第27回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月27日 - 2006年10月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  45. マウス腎間質線維化モデルを用いたレプチンの炎症・線維化促進作用の検討

    田中 都,菅波孝祥,杉田聡,笠原正登,岡淳一郎,小川佳宏

    第26回日本肥満学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月13日 - 2005年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  46. 炎症・線維化促進因子としてのレプチンの病態生理的意義の検討 —マウス腎間質線維化モデルを用いて—

    田中 都,菅波孝祥,笠原正登,小川佳宏

    第78回日本内分泌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月1日 - 2005年7月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 17

  1. 過栄養がもたらす免疫代謝変容と臓器間ネットワークの分子機構解明

    2021年04月 - 現在

    AMED 肝炎等克服実用化研究事業 

    田中 都

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:7800000円 ( 直接経費:6000000円 、 間接経費:1800000円 )

  2. 細胞死センサーMincle が認識する内因性脂質リガンドの探索と急性腎障害における意義の解明

    2019 - 2020

    小野医学研究財団 2018年度(第31回)研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 中空糸融合型人工膵臓デバイスによる新たな糖尿病治療戦略の開発

    2019 - 2020

    市原国際奨学財団 平成31(2019)年度研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. 急性腎障害を起点とする炎症遷延化に及ぼすMincleの病態生理的意義の解明

    2019 - 2020

    石橋由紀子記念基金助成金 平成30年度 研究費 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. 死細胞センサーMincleによる炎症遷延化の分子機構解明

    2019 - 2020

    第一三共生命科学研究振興財団 2019年度 研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  6. 腎障害の慢性化を誘導する微小環境の分子機構の解明

    2018 - 2019

    金原一郎記念医学医療振興財団2018年度上期助成 

    田中 都

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 急性腎障害に及ぼす細胞死センサーMincleの病態生理的意義の解明

    2018 - 2019

    テルモ生命科学芸術財団 2018年度研究助成(生理活性物質・生体成分研究) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 脂肪組織リモデリングによるリバウンドの新たな分子機構の解明

    2017 - 2018

    ひと・健康未来研究財団 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. フェニルボロン酸ゲルを応用した自律的インスリンデバイスの開発研究

    2017 - 2018

    持田記念医学薬学振興財団 平成29年度持田記念研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  10. 加齢性脂肪組織リモデリングの分子機構の解明と医学応用

    2016 - 2019

    公益財団法人長寿科学振興財団 平成28年度長寿科学研究者支援事業 

    田中 都

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  11. 新たな異所性脂肪蓄積の分子機構と臨床的意義に関する研究

    2016 - 2017

    公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団 平成28年度調査研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. 過栄養による組織リモデリングの分子機構解明と医学応用

    2016 - 2017

    堀科学芸術振興財団 第26回公益財団法人堀科学芸術振興財団 第4部研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 病原体センサー・内因性リガンド系による自然炎症の制御機構の解明

    2015 - 2017

    武田科学振興財団 2015年度ビジョナリーリサーチ助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  14. 脂肪組織炎症・線維化の機序解明と予防成分の探索

    2015 - 2016

    三島海雲記念財団 第53回学術研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. 肥満における異所性脂肪蓄積の新たな分子機構の解明

    2015 - 2016

    花王健康科学研究会 第13回研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  16. 脂肪組織線維化の分子機構の解明と異所性脂肪蓄積における意義

    2013 - 2014

    第22回 小野医学研究奨励助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  17. 飢餓時の免疫機能障害におけるレプチンの病態生理的意義に関する研究

    2010 - 2011

    花王健康科学研究会 第8回研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 4

  1. 微小代謝環境に着目した慢性炎症の分子機構解明

    研究課題/研究課題番号:21K08526  2021年04月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費 基盤研究(C) 

    田中 都

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  2. 加齢に伴う脂肪組織の機能変容に及ぼす細胞間相互作用の分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18K08508  2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    田中 都

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

  3. 病原体センサーMincleを介する細胞間クロストークと脂肪組織線維化の分子機構

    研究課題/研究課題番号:15K09423  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    田中 都

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

  4. 生体の栄養センサー・レプチンによる炎症免疫調節の分子機構

    研究課題/研究課題番号:24790942  2012年04月 - 2014年03月

    日本学術振興会  科学研究費 若手研究(B)  若手研究(B)

    田中 都

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

産業財産権 1

  1. 薬剤投与デバイスの構造と製造法

    松元 亮、松本裕子、菅波孝祥、田中 都、宮原裕二

     詳細を見る

    出願人:東京医科歯科大学

    出願番号:特願2015-209192  出願日:2015年10月23日

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 自然環境と人間

    2020

     詳細を見る

    免疫・代謝と疾患について,最新の情報を講義した