2021/07/13 更新

写真a

アイバ ユウイチロウ
愛場 雄一郎
AIBA Yuichiro
所属
大学院理学研究科 物質理学専攻 無機・分析化学 准教授
大学院理学研究科
理学部 化学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2010年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 核酸化学 ペプチド核酸 PNA ケミカルバイオロジー 遺伝子工学 分子生物学 生物有機化学 生物無機化学

研究分野 7

  1. ライフサイエンス / 分子生物学

  2. ナノテク・材料 / ケミカルバイオロジー

  3. ナノテク・材料 / 生物分子化学

  4. ナノテク・材料 / 生体化学

  5. ライフサイエンス / 生物有機化学

  6. ライフサイエンス / 機能生物化学

  7. ライフサイエンス / 応用生物化学

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 人工核酸PNAによる核酸認識・制御

経歴 9

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科・物質理学専攻   准教授

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院理学研究科・物質理学専攻   講師

    2020年7月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 国立研究開発法人理化学研究所   研究員

    2015年11月 - 現在

  4. 名古屋大学   大学院理学研究科・物質理学専攻   助教

    2015年7月 - 2020年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. テキサス大学サウスウエスタンメディカルセンター   Department of Pharmacology   研究員

    2012年9月 - 2015年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日本学術振興会   研究員

    2012年9月 - 2014年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 筑波大学   生命領域学際研究センター   研究員

    2012年4月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 東京大学   大学院工学系研究科 化学生命工学専攻   COE特任助教

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 東京大学   先端科学技術研究センター   特任助教

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   工学系研究科   化学生命工学専攻

    2007年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   工学系研究科   化学生命工学専攻

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   工学部   化学生命工学科

    2001年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本ケミカルバイオロジー学会   正会員

    2019年4月 - 現在

  2. Society of Biological Inorganic Chemistry   Member

    2018年6月 - 現在

  3. 化学フロンティア研究会   メンバー

    2018年4月 - 現在

  4. 日本核酸化学会   正会員

    2017年9月 - 現在

  5. 日本化学会 生体関連化学部会   正部会員

    2010年4月 - 現在

  6. 高分子学会 バイオ・高分子研究会   正研究会員

    2010年4月 - 現在

  7. 高分子学会   正会員

    2006年7月 - 現在

  8. 日本化学会   正会員

    2006年1月 - 現在

▼全件表示

委員歴 11

  1. 第9回 化学フロンティア研究会(2020) 第1回バーチャル化学フロンティア研究会   幹事  

    2020年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 第4回LLPS研究会・ASUKA若手交流会2019   実行委員  

    2019年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 錯体化学会第69回討論会   実行委員  

    2019年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 渡辺芳人先生退職記念講演会   実行委員  

    2019年5月   

  5. The international symposium on Bioinorganic Chemistry 2018   実行委員  

    2018年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 第31回生物無機化学夏季セミナー   世話人  

    2018年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 第11回日中クラスター会議   運営補助  

    2017年10月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. 統合物質創製化学研究推進機構(IRCCS)第一回若手の会   運営補助  

    2017年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  9. 錯体化学若手研究会 錯体化学若手の会夏の学校2017   運営補助  

    2017年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  10. 日本化学会生体機能関連化学部会 若手の会   若手幹事  

    2017年3月 - 2019年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. 発起人  

    2013年7月 - 2015年6月   

▼全件表示

受賞 2

  1. バイオ・高分子シンポジウム 若手研究者奨励講演賞

    2012年6月   公益社団法人 高分子学会 バイオ・高分子研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 井上研究奨励賞

    2012年2月   財団法人 井上科学振興財  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 37

  1. Investigation of the Characteristics of NLS-PNA: Influence of NLS Location on Invasion Efficiency 査読有り

    Aiba Yuichiro, Urbina Gerardo, Shibata Masanari, Shoji Osami

    APPLIED SCIENCES-BASEL   10 巻 ( 23 ) 頁: 8663   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/app10238663

    Web of Science

  2. Cationic guanine: positively charged nucleobase with improved DNA affinity inhibits self-duplex formation 査読有り 国際誌

    Hibino Masaki, Aiba Yuichiro, Shoji Osami

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 17 ) 頁: 2546 - 2549   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0cc00169d

    Web of Science

    PubMed

  3. Peptide Nucleic Acid Conjugated with Ruthenium-Complex Stabilizing Double-Duplex Invasion Complex Even under Physiological Conditions 査読有り

    Hibino Masaki, Aiba Yuichiro, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    CHEMBIOCHEM   19 巻 ( 15 ) 頁: 1601 - 1604   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201800256

    Web of Science

    PubMed

  4. Reconstitution of full-length P450BM3 with an artificial metal complex by utilising the transpeptidase Sortase A 査読有り

    Omura Keita, Aiba Yuichiro, Onoda Hiroki, Stanfield Joshua Kyle, Ariyasu Shinya, Sugimoto Hiroshi, Shiro Yoshitsugu, Shoji Osami, Watanabe Yoshihito

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   54 巻 ( 57 ) 頁: 7892 - 7895   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cc02760a

    Web of Science

    PubMed

  5. Allele-selective inhibition of expression of huntingtin and ataxin-3 by RNA duplexes containing unlocked nucleic acid substitutions. 査読有り

    Aiba Y, Hu J, Liu J, Xiang Q, Martinez C, Corey DR

    Biochemistry   52 巻 ( 51 ) 頁: 9329 - 38   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bi4014209

    Web of Science

    PubMed

  6. Artificial DNA cutters for DNA manipulation and genome engineering. 査読有り

    Aiba Y, Sumaoka J, Komiyama M

    Chemical Society reviews   40 巻 ( 12 ) 頁: 5657 - 68   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c1cs15039a

    Web of Science

    PubMed

  7. Artificial restriction DNA cutter for site-selective scission of double-stranded DNA with tunable scission site and specificity. 査読有り

    Komiyama M, Aiba Y, Yamamoto Y, Sumaoka J

    Nature protocols   3 巻 ( 4 ) 頁: 655 - 62   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nprot.2008.7

    Web of Science

    PubMed

  8. Solid-phase synthesis of pseudo-complementary peptide nucleic acids. 査読有り

    Komiyama M, Aiba Y, Ishizuka T, Sumaoka J

    Nature protocols   3 巻 ( 4 ) 頁: 646 - 54   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nprot.2008.6

    Web of Science

    PubMed

  9. Expanding the applicability of cytochrome P450s and other haemoproteins 招待有り 査読有り 国際誌

    Ariyasu Shinya, Stanfield Joshua Kyle, Aiba Yuichiro, Shoji Osami

    CURRENT OPINION IN CHEMICAL BIOLOGY   59 巻   頁: 155 - 163   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cbpa.2020.06.010

    Web of Science

    PubMed

  10. Systematic Evolution of Decoy Molecules for the Highly Efficient Hydroxylation of Benzene and Small Alkanes Catalyzed by Wild-Type Cytochrome P450BM3 査読有り 国際誌

    Yonemura Kai, Ariyasu Shinya, Stanfield Joshua Kyle, Suzuki Kazuto, Onoda Hiroki, Kasai Chie, Sugimoto Hiroshi, Aiba Yuichiro, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    ACS CATALYSIS   10 巻 ( 16 ) 頁: 9136 - 9144   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.0c01951

    Web of Science

  11. Molecular Design and Regulation of Metalloenzyme Activities through Two Novel Approaches: Ferritin and P450s 招待有り 査読有り 国際誌

    Watanabe Yoshihito, Aiba Yuichiro, Ariyasu Shinya, Abe Satoshi

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   93 巻 ( 3 ) 頁: 379 - 392   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20190305

    Web of Science

  12. Toxic PR poly-dipeptides encoded by the C9orf72 repeat expansion target Kapβ2 and dysregulate phase separation of low-complexity domains. 国際誌

    H. Nanaura, H. Kawamukai, A. Fujiwara, T. Uehara, M. Nakanishi, T. Shiota, M. Hibino, Y. Aiba, P. Wiriyasermkul, S. Kikuchi, R. Nagata, M. Matsubayashi, S. Nagamori, O. Shoji, K. Ishimori, H. Matsumura, K. Sugie, T. Saio, T. Yoshizawa, and E. Mori

    bioRxiv     2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1101/812099

  13. Development of a High-Pressure Reactor Based on Liquid-Flow Pressurisation to Facilitate Enzymatic Hydroxylation of Gaseous Alkanes 査読有り 国際誌

    Ariyasu Shinya, Kodama Yusaku, Kasai Chie, Cong Zhiqi, Stanfield Joshua Kyle, Aiba Yuichiro, Watanabe Yoshihito, Shoji Osami

    CHEMCATCHEM   11 巻 ( 19 ) 頁: 4709 - 4714   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cctc.201901323

    Web of Science

  14. Hoodwinking Cytochrome P450BM3 into Hydroxylating Non-Native Substrates by Exploiting Its Substrate Misrecognition 招待有り 査読有り 国際誌

    Shoji Osami, Aiba Yuichiro, Watanabe Yoshihito

    ACCOUNTS OF CHEMICAL RESEARCH   52 巻 ( 4 ) 頁: 925 - 934   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.accounts.8b00651

    Web of Science

    PubMed

  15. Reconstitution of self-sufficient cytochrome P450 with artificial metal complexes 査読有り

    Omura Keita, Aiba Yuichiro, Ariyasu Shinya, Shoji Osami, Sugimoto Hiroshi, Shiro Yoshitsugu, Watanabe Yoshihito

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    Web of Science

  16. Transfection of PNA-NLS Conjugates into Human Cells Using Partially Complementary Oligonucleotides 査読有り

    Aiba, Yuichiro, Ohyama, Junpei, Komiyama, Makoto

    Chemistry Letters   44 巻 ( 11 ) 頁: 1547-1549   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.150733

  17. Promotion of double-duplex invasion of peptide nucleic acids through conjugation with nuclear localization signal peptide. 査読有り

    Aiba Y, Honda Y, Komiyama M

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   21 巻 ( 10 ) 頁: 4021 - 6   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201406085

    Web of Science

    PubMed

  18. Exploring the effect of sequence length and composition on allele-selective inhibition of human huntingtin expression by single-stranded silencing RNAs. 査読有り

    Hu J, Liu J, Yu D, Aiba Y, Lee S, Pendergraff H, Boubaker J, Artates JW, Lagier-Tourenne C, Lima WF, Swayze EE, Prakash TP, Corey DR

    Nucleic acid therapeutics   24 巻 ( 3 ) 頁: 199 - 209   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/nat.2013.0476

    Web of Science

    PubMed

  19. ss-siRNAs allele selectively inhibit ataxin-3 expression: multiple mechanisms for an alternative gene silencing strategy. 査読有り

    Liu J, Yu D, Aiba Y, Pendergraff H, Swayze EE, Lima WF, Hu J, Prakash TP, Corey DR

    Nucleic acids research   41 巻 ( 20 ) 頁: 9570 - 83   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkt693

    Web of Science

    PubMed

  20. Site-selective Scission of Double-stranded DNA by Combining a Triplex-forming bis-PNA and Ce(IV)/EDTA 査読有り

    Aiba Yuichiro, Yasuda Kohei, Komiyama Makoto

    CHEMISTRY LETTERS   42 巻 ( 10 ) 頁: 1300-1302   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.130650

    Web of Science

  21. PNA-NLS conjugates as single-molecular activators of target sites in double-stranded DNA for site-selective scission. 査読有り

    Aiba Y, Hamano Y, Kameshima W, Araki Y, Wada T, Accetta A, Sforza S, Corradini R, Marchelli R, Komiyama M

    Organic & biomolecular chemistry   11 巻 ( 32 ) 頁: 5233 - 8   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c3ob40947c

    Web of Science

    PubMed

  22. Clear-cut observation of PNA invasion using nanomechanical DNA origami devices. 査読有り

    Yamazaki T, Aiba Y, Yasuda K, Sakai Y, Yamanaka Y, Kuzuya A, Ohya Y, Komiyama M

    Chemical communications (Cambridge, England)   48 巻 ( 92 ) 頁: 11361 - 3   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2cc36358e

    Web of Science

    PubMed

  23. Artificial site-selective DNA cutters to manipulate single-stranded DNA 招待有り 査読有り

    Aiba Yuichiro, Komiyama Makoto

    POLYMER JOURNAL   44 巻 ( 9 ) 頁: 929-938   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/pj.2012.37

    Web of Science

  24. Introduction of multiphosphonate ligand to peptide nucleic acid for metal ion conjugation. 査読有り

    Aiba Y, Honda Y, Han Y, Komiyama M

    Artificial DNA, PNA & XNA   3 巻 ( 2 ) 頁: 73 - 9   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4161/adna.20727

    PubMed

  25. Nanomechanical DNA origami devices as versatile molecular sensors 査読有り

    Kuzuya Akinori, Yamazaki Takahiro, Yasuda Kohei, Sakai Yusuke, Yamanaka Yusei, Xu Yan, Aiba Yuichiro, Ohya Yuichi, Komiyama Makoto

    IEEE Int. Conf. Nano/Micro Eng. Mol. Syst., 7th     頁: 318-321   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Manipulation of single-stranded DNA by using an artificial site-selective DNA cutter composed of cerium(IV)/EDTA and phosphonate-oligonucleotide conjugates. 査読有り

    Aiba Y, Lönnberg T, Komiyama M

    Chemistry, an Asian journal   6 巻 ( 9 ) 頁: 2407 - 11   2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201100238

    Web of Science

    PubMed

  27. Chemical and enzymatic stability of amino acid derived phosphoramidates of antiviral nucleoside 5'-monophosphates bearing a biodegradable protecting group. 査読有り

    Leisvuori A, Aiba Y, Lönnberg T, Poijärvi-Virta P, Blatt L, Beigelman L, Lönnberg H

    Organic & biomolecular chemistry   8 巻 ( 9 ) 頁: 2131 - 41   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b924321f

    Web of Science

    PubMed

  28. Oxidation of an oligonucleotide-bound Ce(III)/multiphosphonate complex for site-selective DNA scission. 査読有り

    Lönnberg T, Aiba Y, Hamano Y, Miyajima Y, Sumaoka J, Komiyama M

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   16 巻 ( 3 ) 頁: 855 - 9   2010年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.200902169

    Web of Science

    PubMed

  29. Introduction of disulfide bond to the main chain of PNA to switch its hybridization and invasion activity. 査読有り

    Aiba Y, Komiyama M

    Organic & biomolecular chemistry   7 巻 ( 24 ) 頁: 5078 - 83   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b917405b

    Web of Science

    PubMed

  30. Handy and prompt DNA separation using PNA with internal disulfide bond. 査読有り

    Aiba Y, Komiyama M

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 53 ) 頁: 175 - 6   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrp088

    PubMed

  31. Introduction of linkers into PNA for versatile applications. 査読有り

    Aiba Y, Komiyama M

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 52 ) 頁: 143 - 4   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrn073

    PubMed

  32. Activation of double-stranded DNA by one pcPNA strand for its site-selective scission with Ce-IV/EDTA 査読有り

    Aiba Yuichiro, Yamamoto Yoji, Komiyama Makoto

    CHEMISTRY LETTERS   36 巻 ( 6 ) 頁: 780-781   2007年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2007.780

    Web of Science

  33. Chemical modification of Ce(IV)/EDTA-based artificial restriction DNA cutter for versatile manipulation of double-stranded DNA. 査読有り

    Yamamoto Y, Mori M, Aiba Y, Tomita T, Chen W, Zhou JM, Uehara A, Ren Y, Kitamura Y, Komiyama M

    Nucleic acids research   35 巻 ( 7 ) 頁: e53   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkm052

    Web of Science

    PubMed

  34. Enhancement of RNA cleavage activity of 10-23 DNAzyme by covalently introduced intercalator 査読有り

    Asanuma Hiroyuki, Hayashi Hiroyuki, Zhao Jing, Liang Xingguo, Yamazawa Akira, Kuramochi Takeshi, Matsunaga Daijiro, Aiba Yuichiro, Kashida Hiromu, Komiyama Makoto

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   ( 48 ) 頁: 5062 - 5064   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b611078a

    Web of Science

    PubMed

  35. Highly active artificial restriction enzyme composed of Ce(IV)/EDTA and PNA bearing phosphate group--relationship between the promotion by phosphate and the structure of invasion complex. 査読有り

    Aiba Y, Yamamoto Y, Komiyama M

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 50 ) 頁: 255 - 6   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrl127

    PubMed

  36. Rapid site-selective hydrolysis of double-stranded DNA by use of Ce(IV)/EDTA and PNA bearing phosphate group. 査読有り

    Aiba Y, Mori M, Yamamoto Y, Komiyama M

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 49 ) 頁: 277 - 8   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/49.1.277

    PubMed

  37. Gene manipulation using artificial restriction DNA cutter. 査読有り

    Yamamoto Y, Zhou JM, Tomita T, Uehara A, Aiba Y, Watanabe A, Aburatani H, Komiyama M

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 49 ) 頁: 73 - 4   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/49.1.73

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. ペプチド核酸と相分離 査読有り

    愛場 雄一郎, 荘司 長三( 担当: 共著)

    相分離生物学の全貌, 現代化学 増刊46・東京化学同人  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:263-267   記述言語:日本語

  2. 酵素機能を化学的にハックする新規手法の開発 査読有り

    大村慧太, 愛場 雄一郎, 有安 真也, 荘司 長三( 担当: 共著)

    触媒年鑑:触媒技術の動向と展望 2021年版・一般社団法人触媒学会  2021年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. シトクロムP450BM3の誤作動状態を利用したガス状アルカンの直接水酸化 査読有り

    有安 真也, 愛場 雄一郎, 荘司 長三( 担当: 共著)

    日本エネルギー学会機関誌 えねるみくす  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:147-154   記述言語:日本語

  4. New biotechnology by artificial restriction DNA cutter (ARCUT)

    Y. Aiba, Y. Yamamoto, M. Komiyama( 担当: 共著)

    Medical Science Digest  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. スーパー制限酵素ARCUTによる新規遺伝子操作法の開発

    愛場 雄一郎, 小宮山 眞( 担当: 共著)

    細胞工学  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 26

  1. ペプチド核酸PNAを用いたRNAプローブの開発 招待有り

    愛場 雄一郎

    第11回加藤記念研究助成報告交流会  (公財)加藤記念バイオサイエンス振興財団

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. Peptide Chemistry 招待有り 国際会議

    Yuichiro Aiba

    ASUKA Symposium 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nara Medical University   国名:日本国  

  3. 人工核酸を用いた遺伝子発現制御技術の開発 招待有り

    愛場雄一郎

    第7回化学フロンティア研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. 人工核酸を利用した配列選択的DNA認識と応用 招待有り

    愛場雄一郎

    奈良県立医科大学特別講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  5. 細胞内応用を目指したペプチド核酸PNAの開発 招待有り

    愛場雄一郎

    第3回先端ケミカルバイオロジー研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  6. ドメイン間の酵素的連結によるP450BM3の高機能化 招待有り

    愛場雄一郎

    第30回生物無機化学夏季セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  7. NLS 修飾ペプチド核酸(NLS-PNA)による効率的な2 本鎖DNA 認識 招待有り

    愛場雄―郎

    統合物質創製化学研究推進機構 第2回国内シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  8. 人工核酸を用いた遺伝子発現制御 招待有り

    愛場雄―郎

    みちのく分析科学シンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  9. 核酸を対象とした遺伝子発現制御技術の開発 招待有り

    愛場雄―郎

    先導物質化学研究所講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  10. Chemically-Modified Peptide Nucleic Acids for in cellulo Applications

    Y. Aiba, M. Hibino, G. Urbina, Y. Ochiai, N. Kochi, M. Shibata, O. Shoji, Y. Watanabe

    IRCCS The 2nd International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. RECONSITITUTION OF MANGANESE-SUBSTITUTED P450BM3 BY LIGATING HEME AND REDUCTASE DOMAINS WITH SORTASE A 国際会議

    Y. Aiba, K. Omura, H. Onoda, S. Ariyasu, H. Sugimoto, Y. Shiro, O. Shoji, Y. Watanabe

    9th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:シンガポール共和国  

  12. LIGHT-INDUCED DNA BREAK BY USING INVASION OF PNA WITH RU COMPLEX 国際会議

    M. Hibino, Y. Aiba, O. Shoji, Y. Watanabe

    9th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:シンガポール共和国  

  13. Cationic Guanine-Containing PNA with High DNA Affinity Preferring Duplex Formation with DNA to PNA 国際会議

    M. Hibino, Y. Aiba, O. Shoji, Y. Watanabe

    The 45th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry (ISNAC 2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. 効率的なPNA インベージョンに向けた疑似相補的塩基対の開発

    愛場雄一郎、落合 祐貴、荘司 長三、渡辺芳人

    第28回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. ペプチド連結反応を利用したPNAの高機能化

    愛場雄一郎、河内奈緒美、日比野柾、ウルビナヘラルド、荘司長三、渡辺芳人

    第30回生体機能関連化学若手の会サマースクール 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. Post-translational Ligation of Haem and Reductase Domains of CYP102A1(P450BM3) Mediated by Transpeptidase Sortase A; Investigation on Catalytic Properties of Manganese-substituted P450BM3 国際会議

    K. Omura, Y. Aiba, S. Ariyasu, H. Onoda, H. Sugimoto, Y. Shiro, O. Shoji, Y. Watanabe

    Cytochrome P450 Biodiversity & Biotechnology 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  17. Enzymatic Oxidation of Methane by Cytochrome P450BM3 Variants with Decoy Molecules under High Pressure Condition 国際会議

    S. Ariyasu, Z. Cong, O. Shoji, Y. Aiba, C. Kasai, H. Onoda, K. Suzuki, H. Sugimoto, Y. Shiro, T. Kamachi, K. Yoshizawa, Y. Watanabe

    Cytochrome P450 Biodiversity & Biotechnology 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  18. ゲノムDNA 認識に向けたペプチド核酸(PNA)の開発 国際会議

    愛場雄一郎

    第2回統合物質創製化学研究推進機構(IRCCS)若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. Improved DNA scission activity of Thermus thermophiles Argonaute with artificial nucleic acids 国際会議

    Y. Aiba, K. Yamaguchi, O. Shoji, Y. Watanabe

    ISNAC2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. ドメインの酵素的連結によるシトクロームP450の高機能化

    愛場雄―郎、大村慧太、松本彩香、荘司長三、渡辺芳人

    第11回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. 高度好熱菌由来Argonaute(TtAgo)への人工核酸導入によるDNA切断の高活性化

    愛場雄一郎、山口華苗、荘司長三、渡辺芳人

    第27回バイオ・高分子シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 高度好熱菌由来Argonauteによる位置選択的DNA切断

    愛場雄一郎、山口華苗、荘司長三、渡辺芳人

    生体機能関連化学部会若手の会 第29回サマースクール 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. Enhanced strand invasion into double‒stranded DNA by PNA‒NLS conjugates

    日本化学会 第97春季年会 (2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. Enhanced strand invasion into double-stranded DNA by PNA-NLS peptide conjugates 国際会議

    Y. Aiba, G. Urbina, Y. Watanabe

    ISNAC 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. 人工核酸を用いた高度好熱菌由来Argonaute (TtAgo)による効率的なDNA切断

    愛場雄―郎、山口華苗、荘司長三、渡辺芳人

    第10回バイオ関連化学シンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. NLS修飾PNAを用いた配列特異的2本鎖DNA認識

    愛場雄一郎、渡辺芳人

    生体機能関連化学部若手の会 第28回サマースクール 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 17

  1. 筋萎縮性側索硬化症の病態発症に関連した毒性ポリペプチドに関する研究開発

    2018年11月 - 2021年3月

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構  戦略的国際脳科学研究推進プログラム 

    森英一朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:7800000円 ( 直接経費:6000000円 、 間接経費:1800000円 )

  2. 2本鎖RNAによる新規遺伝子発現制御メカニズムの解明およびその応用

    2012年9月 - 2014年9月

    海外特別研究員 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:10510000円 ( 直接経費:10510000円 )

  3. 非翻訳RNA検出技術による創薬プラットフォーム創成事業

    2021年4月 - 2023年3月

    東海広域5大学ベンチャー起業支援:スタートアップ準備資金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. グアニン4重鎖PNAとHemeとの複合化による新規反応場の創生

    2020年7月 - 2021年3月

    統合物質創製化学研究推進機構  令和2年度 統合物質創製化学研究推進機構 「融合創発研究」 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  5. 研究寄付金

    2020年4月 - 2021年3月

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  6. マイクロRNA生合成活性検出技術による創薬プラットフォーム創成事業

    2020年1月 - 2020年3月

    東海地区スタートアップエコシステム構築に向けた起業支援事業 

    辻村啓太

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:250000円 ( 直接経費:250000円 )

  7. 精密合成したポリペプチドを利用したタンパク機能の制御

    2019年7月 - 2020年3月

    統合物質創製化学研究推進機構  令和元年度 統合物質創製化学研究推進機構 「融合創発研究」 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  8. 研究寄付金

    2019年4月 - 2020年3月

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  9. 第31回生物無機化学夏季セミナー開催

    2018年9月

    公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団  公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団・学会開催助成 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:200000円 ( 直接経費:200000円 )

  10. ペプチド核酸PNAを用いたRNAプローブの開発

    2018年4月 - 2020年3月

    公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団  公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団・加藤記念研究助成 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  11. 研究寄付金

    2018年4月 - 2019年3月

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  12. 核酸・ペプチド複合体を用いた高機能性材料の開発

    2017年10月 - 2019年9月

    公益財団法人 泉科学技術振興財団  公益財団法人 泉科学技術振興財団・研究助成 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  13. 化学修飾を利用した人工核酸PNAの2本鎖DNA認識能の向上

    2017年9月 - 2018年8月

    公益財団法人戸部眞紀財団  公益財団法人戸部眞紀財団・研究助成 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  14. 分子動力学計算による分子設計を用いた酵素反応の高活性化

    2017年7月 - 2018年3月

    統合物質創製化学研究推進機構  平成29年度 統合物質創製化学研究推進機構 「融合創発研究」 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  15. -

    2015年7月 - 2016年3月

    名古屋大学  名古屋大学 優れた若手研究者の採用拡大支援事業 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6000000円 ( 直接経費:6000000円 )

  16. 採用辞退

    2012年4月 - 2015年3月

    特別研究員(PD) 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  17. -

    2008年9月 - 2008年11月

    東京大学  GCOE -理工連携による化学イノベーション- “海外留学プログラム 

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:400000円 ( 直接経費:400000円 )

▼全件表示

科研費 5

  1. 効率的な2本鎖DNA認識を達成するペプチド核酸の開発

    研究課題/研究課題番号:19K05730  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究©

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    生体内のゲノムDNAは、生命の設計図であり、そこから産生されるタンパク質が厳密に制御されることで、複雑な生命現象を構築している。本研究では、人工核酸と呼ばれる化学的に改変したDNAを利用して、ゲノムDNAを配列選択的に認識する新規技術を開発することを目指す。最終的には、本手法を利用することで、生命現象の解明や病気の治療法の開発などにつなげていきたいと考えている。
    2本鎖DNAの配列選択的認識は基盤的な技術であるがゆえ、応用可能性は非常に高く、ゲノム編集、遺伝子発現制御などの幅広い展開が可能である。それに対しこれまでは、Zinc Finger、TALE、Cas9などのDNA結合タンパクを利用して、主に研究が進められてきた。もし合成分子で2本鎖DNAを配列選択的に認識することが出来れば、実験手技の大幅な簡便化だけでなく、従来のDNA結合タンパクにはない新たな研究展開が期待される。そこで本研究では、人工核酸であるペプチド核酸(Peptide Nucleic Acid, PNA)の特徴的な2本鎖DNA認識様式であるインベージョンに着目し、新たなDNA認識技術の構築を目指した。これまでのインベージョンでは、PNAの核酸塩基部への複雑な化学修飾が効率的なDNA認識効に必須であった。しかし、その合成は煩雑であり、このPNAの合成面が、インベージョン応用研究の汎用化への足かせとなっていた。
    本研究では、必要となる核酸塩基への化学修飾を簡素化することで、より簡便なPNA合成を達成し、様々な応用研究に適応しやすいインベージョン系の構築を目指した。今年度は、市販のPNAモノマーであるFmoc-G PNAモノマーを利用し、1ステップの非常に簡便な化学修飾を用いることで、PNAのインベージョンの促進を検討した。具体的には、正電荷を核酸塩基中に導入することで、PNAのDNA結合力の向上および、PNA間の相互作用の抑制を同時に達成し、より高効率なインベージョン系の構築に成功した。PNAのインベージョン効率はマイクロチップ電気泳動により評価を行い、PNAによるDNAおよびPNA認識については、UVによる融解温度測定により融解温度Tmを算出し、設計通りに正電荷導入PNAが機能していることを確認した。さらに、従来のPNAでは効率的なインベージョンが困難であった生理的条件下でも高いインベージョン効率を示すことを明らかにした。
    本研究課題「効率的な2本鎖DNA認識を達成するペプチド核酸の開発」に向けて、申請書には大別して3つの研究テーマの検討について記載した。そのうちの1つ目が、塩基部位への正電荷導入を用いた新規インベージョン系の開発である。本テーマに関しては、前述のように検討を終え、学術論文として発表を行った(M. Hibino, Y. Aiba*, and O. Shoji*. “Cationic guanine: positively charged nucleobase with improved DNA affinity inhibits self-duplex formation”, Chem. Commun., 56(17), 2546-2549 (2020).)また、査読の際にその研究成果を評価され、inside back coverとして採択された。現在は正電荷導入PNAのさらなる応用研究について、共同研究も含めながら展開を進めている。さらに、現在は申請書に記載した残りの2つのテーマを前倒して検討を進めており、当初の計画以上の進展であると判断した。
    申請書には、前述の「効率的な2本鎖DNA認識を達成するペプチド核酸の開発」に加えて、「化学修飾に依存しない新しい配列設計を用いたインベージョン系を構築」を行うことで、インベージョンの手技の簡便化とその認識効率の向上を図ることを記載している。さらに、「従来明らかでなかったPNAのインベージョン複合体の構造解析」を行うことで、詳細な構造情報に基づき、PNAをはじめとした次世代の人工核酸に対する合理的な設計指針の構築を目指す点も重要な研究課題として挙げている。今後の研究期間内には、上記2点について重点的に検討を進め、PNA(特にPNAによるインベージョン)を汎用的な2本鎖DNA認識技術として完成させることを目指したい。また、本研究課題の研究期間全体で得られた技術を統合し、様々な生命現象の解明を目指した応用展開につなげたいと考えている。

  2. 原核生物のArgonauteタンパクを利用したケミカルバイオロジー

    研究課題/研究課題番号:16K14032  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    Argonaute(Ago)はRNA干渉の中心タンパクであるが、近年の研究から原核生物のAgoでは通常用いられるRNAではなくDNAをガイド鎖として用い、相補的なDNA鎖を切断可能なことが明らかにされた。
    本研究課題では、原核生物の一種である高度好熱菌Thermus thermophiles由来のAgo(TtAgo)に着目し、配列特異的なDNA切断ツールおよび新たなゲノム編集技術として利用することを目指した。DNA認識能を詳細に解析し、ガイド鎖への化学修飾導入や人工核酸への置換を行うことで、その導入位置に応じてTtAgoの切断活性を制御出来ることを明らかにした。

  3. PNA/DNAインベージョン複合体の固定化を利用したゲノムDNA高次構造の解析

    研究課題/研究課題番号:22850004  2010年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1625000円 ( 直接経費:1250000円 、 間接経費:375000円 )

    人工核酸の一つであるペプチド核酸PNAは、他の核酸アナログとは一線を画す非常に高いDNAとの親和性を有しており、インベージョン(2本鎖DNA中に潜り込み、新たに2組のPNA/DNA2本鎖を形成する現象)という特徴的なDNA認識が可能となっている。本研究では、PNAによるインベージョンの生体内応用を志向し、化学的なアプローチからインベージョンをより効率的かつ、安定化するための新規修飾PNAの設計・開発を行った。

  4. スーパー制限酵素を用いたゲノム・マニュピュレーション工学の創成

    研究課題/研究課題番号:22000007  2010年 - 2015年

    科学研究費補助金  特別推進研究

    小宮山 真

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    我々がすでに開発したスーパー制限酵素は、ヒトの巨大ゲノムをも選択的に切断する高い位置特異性を有する。本研究では、このスーパー制限酵素を使ってヒトゲノムを所定位置で切断し、ゲノムから所定断片を正確に切り出し、これを直接に解析する手法を開発した。特に、ヒトのそれぞれの染色体の末端に存在するテロメアを切り出して解析した結果、同一の細胞中にもかかわらずテロメアの長さが染色体によって顕著に異なるという興味ある結果を得た。従来法では得られない情報であり、スーパー制限酵素の有用性を如実に表している。また、スーパー制限酵素をヒト細胞内で機能させ、ゲノムの所定場所を切断し、目的とする相同組換えを誘導することにも成功した。さらに、スーパー制限酵素に様々な化学修飾を施し、その機能を改善した。中でも核移行シグナルペプチドをPNAに結合することが非常に有効であり、核局在化の促進のみならず、生理条件でのインベージョン特性が飛躍的に向上した。

  5. セリウム触媒を利用した人工制限酵素の高機能化および遺伝子操作への応用

    研究課題/研究課題番号:07J03030  2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    愛場 雄一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2700000円 ( 直接経費:2700000円 )

    遺伝子組換え技術は、遺伝子の本体であるDNAを位置選択的に切断し、他の遺伝子と連結することで達成される。しかし、DNA切断に用いられる天然制限酵素は、切断位置が限定されたり、選択性が不十分であったりと、ゲノムなどの巨大DNAを扱うツールとしては不十分であった。これに対し我々は、DNA加水分解触媒Ce(IV)/EDTAとPNA(ペプチド核酸)を併用し、天然を超える高い位置特異性と自由度を有した人工制限酵素の構築を行ってきた。
    本研究では、さらに高度な遺伝子操作に向けた汎用的なツールとして完成させるべく、切断効率・選択性をより向上させた次世代の人工制限酵素の構築を目指した。今年度は、DNA配列認識部位であるPNAにリンカーを導入し、その認識能が配列全体として向上していることを明らかにした(投稿作業中)。さらに本系を発展させ、機能性リンカーを用いたPNAへの新機能付与にも成功した(論文1、2)。また、EDTP配位子とCeとの相互作用を利用して切断効率の大幅な向上に成功し、その切断機構の解明も行った(論文3)。
    現在は、PNAへの配位子修飾へと展開が行われている。EDTP以外にもCeとの強い相互作用を示すポリアミン系錯体のPNA導入に成功し、切断の高効率化が確認されており、今後のさらなる展開が期待される。
    上記の結果はいずれも、本系を次世代の遺伝子操作ツールとして今後展開していく上で非常に重要な知見である。巨大DNAを対象とし長鎖PNAを用いる場合では、複数のリンカーを導入してミスマッチ識別能を向上させたり、EDTPなどの配位子を修飾したPNAを用いたりすることで、さらなる切断効率の向上が期待される。このように本人工制限酵素をさらに発展させ、より高い活性・選択性でDNAを位置選択的に切断する技術が確立されることで、従来は達成が困難であった遺伝子操作などへの応用が期待される。

 

社会貢献活動 2

  1. 化学の力で生物の機能を制御する -人工核酸を利用したDNA認識-

    役割:講師

    愛知県立岡崎北高校  大学講座  2019年10月

  2. 化学の力で生物の機能を制御する -人工核酸を利用したDNA認識-

    役割:講師

    岐阜県立多治見北高校  大学模擬講義  2018年11月