2024/04/04 更新

写真a

ムラカミ ヒロシ
村上 裕
MURAKAMI Hiroshi
所属
大学院工学研究科 生命分子工学専攻 分子生命化学 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2000年3月   岡山大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 人工抗体

  2. タンパク質

  3. リボソーム

  4. ペプチド

  5. 非天然アミノ酸

  6. 遺伝暗号

  7. 翻訳反応

  8. タンパク質

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 応用生物化学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 高速人工抗体作製法の開発

  2. SARS-CoV-2に対する人工抗体作製

  3. 非タンパク質性アミノ酸を導入する汎用リボソームの開発

経歴 5

  1. 名古屋大学   未来社会創造機構 ナノライフシステム研究所 ナノバイオデバイス・ライフサイエンス・ELSI/EHS研究部門   兼任教授

    2019年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科   教授

    2015年4月 - 現在

  3. 東京大学   大学院総合文化研究科   准教授

    2009年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東京大学大学院総合文化研究科 准教授

    2009年4月 - 2015年3月

  5. 東京大学   先端科学技術研究センター   助教

    2003年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 岡山大学   自然科学研究科   生物資源科学専攻

    1997年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 岡山大学   工学研究科   生体機能応用工学専攻

    1995年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本化学会

  2. 日本ペプチド学会

  3. 日本分子生物学会

  4. 日本RNA学会

  5. アメリカ化学会

  6. 日本化学会

▼全件表示

委員歴 3

  1. ChemBioChem   Editorial Advisory Board  

    2021年9月 - 現在   

  2. ACS Biochemistry   Editorial Advisory Board  

    2021年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本化学会 生体機能関連部会   幹事  

    2017年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 1

  1. 第13回(平成28年度)日本学術振興会賞

    2016年2月   独立行政法人日本学術振興会   非天然アミノ酸を含むペプチドの翻訳合成

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 83

  1. Large-scale analysis of mRNA sequences localized near the start and amber codons and their impact on the diversity of mRNA display libraries 査読有り

    Umemoto, S.; Kondo, T.; Fujino, T.; Hayashi, G.; Murakami, H.*

    Nucleic Acids Research     頁: gkad555   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Monobodies with potent neutralizing activity against SARS-CoV-2 Delta and other variants of concern 査読有り

    Kondo, T.; Matsuoka, K.; Umemoto, S.;Fujino, T.; Hayashi, G.; Iwatani, Y.*; Murakami, H.*

    Life Science Alliance   5 巻 ( 6 ) 頁: e202101322   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://doi.org/10.26508/lsa.202101322

  3. Antibody-like proteins that capture and neutralize SARS-CoV-2. 査読有り

    Kondo, T.; Iwatani, Y.; Matsuoka, K.; Fujino, T.; Umemoto, S.; Yokomaku, Y.; Ishizaki, K.; Kito, S.; Sezaki, T.; Hayashi, G.; Murakami, H.*

      6 巻 ( 42 ) 頁: eabd3916   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Optineurin provides a mitophagy contact site for TBK1 activation 査読有り

    Koji Yamano, Momoha Sawada, Reika Kikuchi, Kafu Nagataki, Waka Kojima, Ryu Endo, Hiroki Kinefuchi, Atsushi Sugihara, Tomoshige Fujino, Aiko Watanabe, Keiji Tanaka, Gosuke Hayashi, Hiroshi Murakami, and Noriyuki Matsuda

    EMBO J   ( 43 ) 頁: 754   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Thiocholine-Mediated One-Pot Peptide Ligation and Desulfurization. 査読有り

    Suzuki, S.; Nakajima, Y.; Kamo, N.; Osakabe, A.; Okamoto, A.; Hayashi, G.*; Murakami, H.*

    molecules   ( 28 ) 頁: 3655   2023年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Repetitive Thiazolidine Deprotection Using a Thioester-Compatible Aldehyde Scavenger for One-Pot Multiple Peptide Ligation. 招待有り 査読有り

    Koki Nakatsu, Prof. Dr. Akimitsu Okamoto, Prof. Dr. Gosuke Hayashi, Prof. Dr. Hiroshi Murakami

    Angewandte Chemie International Edition   61 巻 ( 39 ) 頁: e202206240   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: https://doi.org/10.1002/anie.202206240

  7. Construction of a Highly Diverse mRNA Library for in vitro Selection of Monobodies.

    Kondo T, Eguchi M, Tsuzuki N, Murata N, Fujino T, Hayashi G, Murakami H

    Bio-protocol   11 巻 ( 16 ) 頁: e4125   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21769/BioProtoc.4125

    PubMed

  8. Organoruthenium-Catalyzed Chemical Protein Synthesis to Elucidate the Functions of Epigenetic Modifications on Heterochromatin Factors. 招待有り 査読有り

    Kamo, N.; Kujirai, T.; Kurumizaka, H.; Murakami, H.; Hayashi, G.* Okamoto, A.*

    Chemical Science   12 巻   頁: 5926 - 5937   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. cDNA TRAP display for rapid and stable in vitro selection of antibody-like proteins. 国際誌

    Kondo T, Eguchi M, Kito S, Fujino T, Hayashi G, Murakami H

    Chemical communications (Cambridge, England)   57 巻 ( 19 ) 頁: 2416 - 2419   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0cc07541h

    PubMed

  10. An Amino Acid-Swapped Genetic Code. 国際誌

    Fujino T, Tozaki M, Murakami H

    ACS synthetic biology   9 巻 ( 10 ) 頁: 2703 - 2713   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acssynbio.0c00196

    PubMed

  11. An amino acid-swapped genetic code. 査読有り

    Fujino, T.; Tozaki, M.; Murakami, H.*

    ACS Synthetic Biology   9 巻 ( 10 ) 頁: 2703 - 2713   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Exploring the Minimal RNA Substrate of Flexizymes. 査読有り 国際誌

    Fujino T, Kondo T, Suga H, Murakami H

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   20 巻 ( 15 ) 頁: 1959 - 1965   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201900150

    PubMed

  13. Multiple Site-Directed and Saturation Mutagenesis by the Patch Cloning Method. 国際誌

    Taniguchi N, Murakami H

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1498 巻   頁: 339 - 347   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-6472-7_22

    Scopus

    PubMed

  14. Transient Tcf3 Gene Repression by TALE-Transcription Factor Targeting.

    Masuda J, Kawamoto H, Strober W, Takayama E, Mizutani A, Murakami H, Ikawa T, Kitani A, Maeno N, Shigehiro T, Satoh A, Seno A, Arun V, Kasai T, Fuss IJ, Katsura Y, Seno M

    Applied biochemistry and biotechnology   180 巻 ( 8 ) 頁: 1559 - 1573   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12010-016-2187-4

    PubMed

  15. Expanding the amino acid repertoire of ribosomal polypeptide synthesis via the artificial division of codon boxes.

    Iwane Y, Hitomi A, Murakami H, Katoh T, Goto Y, Suga H

    Nature chemistry   8 巻 ( 4 ) 頁: 317 - 325   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nchem.2446

    Web of Science

    PubMed

  16. Ribosomal Synthesis of Peptides with Multiple β-Amino Acids.

    Fujino T, Goto Y, Suga H, Murakami H

    Journal of the American Chemical Society   138 巻 ( 6 ) 頁: 1962 - 1969   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.5b12482

    Web of Science

    PubMed

  17. In Vitro Selection Combined with Ribosomal Translation Containing Non-proteinogenic Amino Acids.

    Fujino T, Murakami H

    Chemical record (New York, N.Y.)   16 巻 ( 1 ) 頁: 365 - 377   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tcr.201500239

    Web of Science

    PubMed

  18. Incorporation of electrically charged N-alkyl amino acids into ribosomally synthesized peptides via post-translational conversion. 査読有り

    Kawakami, T.*; Sasaki, T; Reid, P. C.; Murakami, H.

    Chemical Science   5 巻   頁: 887-893   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1039/C3SC52744A

  19. ZFP36L1 and ZFP36L2 control LDLR mRNA stability via the ERK-RSK pathway.

    Adachi S, Homoto M, Tanaka R, Hioki Y, Murakami H, Suga H, Matsumoto M, Nakayama KI, Hatta T, Iemura S, Natsume T

    Nucleic acids research   42 巻 ( 15 ) 頁: 10037 - 10049   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gku652

    Web of Science

    PubMed

  20. Incorporation of electrically charged N-alkyl amino acids into ribosomally synthesized peptides via post-translational conversion

    Takashi Kawakami, Toru Sasaki, Patrick C. Reid, Hiroshi Murakami

    Chemical Science   5 巻 ( 3 ) 頁: 887 - 887   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry ({RSC})  

    DOI: 10.1039/c3sc52744a

  21. Nonstandard peptide expression under the genetic code consisting of reprogrammed dual sense codons.

    Goto Y, Iseki M, Hitomi A, Murakami H, Suga H

    ACS chemical biology   8 巻 ( 12 ) 頁: 2630 - 2634   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cb400549p

    Web of Science

    PubMed

  22. Patch cloning method for multiple site-directed and saturation mutagenesis.

    Taniguchi N, Nakayama S, Kawakami T, Murakami H

    BMC biotechnology   13 巻 ( 1 ) 頁: 91   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1472-6750-13-91

    Web of Science

    PubMed

  23. Extensive reprogramming of the genetic code for genetically encoded synthesis of highly N-alkylated polycyclic peptidomimetics.

    Kawakami T, Ishizawa T, Murakami H

    Journal of the American Chemical Society   135 巻 ( 33 ) 頁: 12297 - 12304   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja405044k

    Web of Science

    PubMed

  24. In vitro selection of multiple libraries created by genetic code reprogramming to discover macrocyclic peptides that antagonize VEGFR2 activity in living cells.

    Kawakami T, Ishizawa T, Fujino T, Reid PC, Suga H, Murakami H

    ACS chemical biology   8 巻 ( 6 ) 頁: 1205 - 1214   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cb300697h

    Web of Science

    PubMed

  25. TRAP display: a high-speed selection method for the generation of functional polypeptides.

    Ishizawa T, Kawakami T, Reid PC, Murakami H

    Journal of the American Chemical Society   135 巻 ( 14 ) 頁: 5433 - 5440   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja312579u

    Web of Science

    PubMed

  26. Reevaluation of the D-amino acid compatibility with the elongation event in translation.

    Fujino T, Goto Y, Suga H, Murakami H

    Journal of the American Chemical Society   135 巻 ( 5 ) 頁: 1830 - 1837   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja309570x

    Web of Science

    PubMed

  27. Patch cloning method for multiple site-directed and saturation mutagenesis 査読有り

    Taniguchi, N; Nakayama, S; Kawakami, T.; Murakami, H.

    BMC Biotechnology     頁: 13:91   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Extensive reprogramming of the genetic code for genetically encoded synthesis of highly N-alkylated polycyclic peptidomimetics. 査読有り

    Kawakami, T.; Ishizawa, T.; Murakami, H

    Journal of the American Chemical Society   135 巻   頁: 12297-304   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Artificially created nucleic acids and peptides/proteins in chemical biology.

    Kuwahara M, Li Y, Rozners E, Murakami H

    Journal of nucleic acids   2013 巻   頁: 219263   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2013/219263

    PubMed

  30. Genetically encoded libraries of nonstandard peptides.

    Kawakami T, Murakami H

    Journal of nucleic acids   2012 巻   頁: 1 - 15   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2012/713510

    Scopus

    PubMed

  31. Diverse backbone-cyclized peptides via codon reprogramming.

    Kawakami T, Ohta A, Ohuchi M, Ashigai H, Murakami H, Suga H

    Nature chemical biology   5 巻 ( 12 ) 頁: 888 - 890   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nchembio.259

    Web of Science

    PubMed

  32. A flexizyme that selectively charges amino acids activated by a water-friendly leaving group.

    Niwa N, Yamagishi Y, Murakami H, Suga H

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   19 巻 ( 14 ) 頁: 3892 - 3894   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2009.03.114

    Web of Science

    PubMed

  33. Ribosomal synthesis of cyclic peptides with a fluorogenic oxidative coupling reaction.

    Yamagishi Y, Ashigai H, Goto Y, Murakami H, Suga H

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   10 巻 ( 9 ) 頁: 1469 - 1472   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.200900021

    Web of Science

    PubMed

  34. Ribosomal synthesis of peptides with C-terminal lactams, thiolactones, and alkylamides.

    Nakajima E, Goto Y, Sako Y, Murakami H, Suga H

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   10 巻 ( 7 ) 頁: 1186 - 1192   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.200900058

    Web of Science

    PubMed

  35. Bases in the anticodon loop of tRNA(Ala)(GGC) prevent misreading.

    Murakami H, Ohta A, Suga H

    Nature structural & molecular biology   16 巻 ( 4 ) 頁: 353 - 358   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nsmb.1580

    Web of Science

    PubMed

  36. Ribosomal synthesis of dehydrobutyrine- and methyllanthionine-containing peptides.

    Goto Y, Iwasaki K, Torikai K, Murakami H, Suga H

    Chemical communications (Cambridge, England)   ( 23 ) 頁: 3419 - 3419   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b904314d

    Web of Science

    PubMed

  37. Ribosomal synthesis of polypeptoids and peptoid-peptide hybrids.

    Kawakami T, Murakami H, Suga H

    Journal of the American Chemical Society   130 巻 ( 50 ) 頁: 16861 - 16863   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja806998v

    Web of Science

    PubMed

  38. Polymerization of alpha-hydroxy acids by ribosomes.

    Ohta A, Murakami H, Suga H

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   9 巻 ( 17 ) 頁: 2773 - 2778   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.200800439

    Web of Science

    PubMed

  39. Structural basis of specific tRNA aminoacylation by a small in vitro selected ribozyme.

    Xiao H, Murakami H, Suga H, Ferré-D'Amaré AR

    Nature   454 巻 ( 7202 ) 頁: 358 - 361   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature07033

    Web of Science

    PubMed

  40. Initiating translation with D-amino acids.

    Goto Y, Murakami H, Suga H

    RNA (New York, N.Y.)   14 巻 ( 7 ) 頁: 1390 - 1398   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1261/rna.1020708

    Web of Science

    PubMed

  41. Ribosomal synthesis of bicyclic peptides via two orthogonal inter-side-chain reactions.

    Sako Y, Morimoto J, Murakami H, Suga H

    Journal of the American Chemical Society   130 巻 ( 23 ) 頁: 7232 - 7234   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja800953c

    Web of Science

    PubMed

  42. Ribosomal synthesis of peptidase-resistant peptides closed by a nonreducible inter-side-chain bond.

    Sako Y, Goto Y, Murakami H, Suga H

    ACS chemical biology   3 巻 ( 4 ) 頁: 241 - 249   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cb800010p

    Web of Science

    PubMed

  43. Reprogramming the translation initiation for the synthesis of physiologically stable cyclic peptides. 査読有り

    Goto Y, Ohta A, Sako Y, Yamagishi Y, Murakami H, Suga H

    ACS chemical biology   3 巻 ( 2 ) 頁: 120 - 129   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/c6700233t

    Web of Science

    PubMed

  44. Messenger RNA-programmed incorporation of multiple N-methyl-amino acids into linear and cyclic peptides. 査読有り

    Kawakami T, Murakami H, Suga H

    Chemistry & biology   15 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 42   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chembiol.2007.12.008

    Web of Science

    PubMed

  45. Synthesis of polyester by means of genetic code reprogramming.

    Ohta A, Murakami H, Higashimura E, Suga H

    Chemistry & biology   14 巻 ( 12 ) 頁: 1315 - 1322   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chembiol.2007.10.015

    Web of Science

    PubMed

  46. The flexizyme system: a highly flexible tRNA aminoacylation tool for the translation apparatus.

    Ohuchi M, Murakami H, Suga H

    Current opinion in chemical biology   11 巻 ( 5 ) 頁: 537 - 542   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cbpa.2007.08.011

    Web of Science

    PubMed

  47. [Reprogramming the genetic code using flexizyme].

    Sako Y, Murakami H, Suga H

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   52 巻 ( 13 Suppl ) 頁: 1643 - 8   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  48. Ribosomal Polyester Synthesis Using Reprogrammed Genetic Code 査読有り

    Atsushi Ohta, Hiroshi Murakami, Hiroaki Suga

    Kobunshi   56 巻 ( 4 ) 頁: 196 - 199   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The translation apparatus is sophisticated machinery that polymerizes amino acids to polypeptide according to the genetic triplets encoded on messenger RNA (mRNA) sequence. Because of this property, ribosome generally acts as a superb template-directed polymer synthesizer and therefore translated polypeptide shows narrow distribution of molecular weights with complete controlled sequence. Unfortunately, this superior system is limited to polypeptide synthesis because of the lack of genetic code which converts genetic triplets to any monomers except for 20 natural amino acids. To expand the application of ribosome, we utilized the concept of genetic code reprogramming to assign several codons as hydroxy acids and performed mRNA-templated polyester synthesis. We have demonstrated the sequence and length of polyesters can be controlled by the mRNA sequence as designed. This is a novel technology for the synthesis of polyester and polyester-polypeptide copolymer for the investigation of new materials. © 2007, The Society of Polymer Science, Japan. All rights reserved.

    DOI: 10.1295/kobunshi.56.196

    Scopus

  49. In situ generation of aminoacyl-tRNAs assisted by ribozymes in translation apparatus. 査読有り

    Ohuchi M, Murakami H, Suga H

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 51 ) 頁: 115 - 116   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrm058

    PubMed

  50. Exploration of incorporation of Nalpha-methylated amino acids into peptides by sense-suppression method. 査読有り

    Kawakami T, Murakami H, Suga H

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 51 ) 頁: 361 - 362   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrm181

    PubMed

  51. [Expansion and reprogramming of genetic code by Flexizyme].

    Murakami H, Suga H

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   51 巻 ( 16 Suppl ) 頁: 2496 - 501   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  52. フレキシザイムを用いた遺伝暗号の拡張とリプログラミング (RNAと生命) -- (RNAテクノロジーと創薬)

    村上 裕, 菅 裕明

    蛋白質核酸酵素   51 巻 ( 16 ) 頁: 2496-2501   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Leucyl/Phenylalanyl-tRNA-protein transferase-mediated chemoenzymatic coupling of N-terminal Arg/Lys units in post-translationally processed proteins with non-natural amino acids.

    Taki M, Kuno A, Matoba S, Kobayashi Y, Futami J, Murakami H, Suga H, Taira K, Hasegawa T, Sisido M

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   7 巻 ( 11 ) 頁: 1676 - 1679   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.200600181

    Web of Science

    PubMed

  54. テクノ・トレンド フレキシザイム--遺伝暗号の拡張とリプログラミングへの応用

    村上 裕, 菅 裕明

    バイオテクノロジージャーナル   6 巻 ( 6 ) 頁: 734-737   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. A highly flexible tRNA acylation method for non-natural polypeptide synthesis.

    Murakami H, Ohta A, Ashigai H, Suga H

    Nature methods   3 巻 ( 5 ) 頁: 357 - 359   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nmeth877

    Web of Science

    PubMed

  56. セントラルドグマをつくりかえる (特集 生命をデザインする合成生物学)

    村上 裕, 菅 裕明, 平尾 一郎

    バイオニクス   3 巻 ( 3 ) 頁: 34-39   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Flexizyme as a versatile tRNA acylation catalyst and the application for translation. 査読有り 国際誌

    Murakami H, Ohta A, Goto Y, Sako Y, Suga H

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 50 ) 頁: 35-36 - 6   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrl018

    PubMed

  58. In vitro evolution of flexizymes that function under the conditions in translation system. 査読有り

    Ohuchi M, Murakami H, Suga H

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 50 ) 頁: 299-300   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrl149

    PubMed

  59. Translation initiation by using various N-acylaminoacyl tRNAs. 査読有り 国際誌

    Goto Y, Ashigai H, Sako Y, Murakami H, Suga H

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 50 ) 頁: 293-294 - 4   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrl146

    PubMed

  60. Programmable ribozymes for mischarging tRNA with nonnatural amino acids and their applications to translation.

    Kourouklis D, Murakami H, Suga H

    Methods (San Diego, Calif.)   36 巻 ( 3 ) 頁: 239 - 244   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ymeth.2005.04.001

    Web of Science

    PubMed

  61. Designer ribozymes: programming the tRNA specificity into flexizyme.

    Ramaswamy K, Saito H, Murakami H, Shiba K, Suga H

    Journal of the American Chemical Society   126 巻 ( 37 ) 頁: 11454 - 11455   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja046843y

    Web of Science

    PubMed

  62. Position-specific incorporation of dansylated non-natural amino acids into streptavidin by using a four-base codon.

    Hohsaka T, Muranaka N, Komiyama C, Matsui K, Takaura S, Abe R, Murakami H, Sisido M

    FEBS letters   560 巻 ( 1-3 ) 頁: 173 - 177   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s0014-5793(04)00099-7

    Web of Science

    PubMed

  63. Using a solid-phase ribozyme aminoacylation system to reprogram the genetic code.

    Murakami H, Kourouklis D, Suga H

    Chemistry & biology   10 巻 ( 11 ) 頁: 1077 - 1084   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chembiol.2003.10.010

    Web of Science

    PubMed

  64. [Artificial ribozymes: selection and application for nonnatural amino acid mutagenesis]. 査読有り

    Murakami H, Suga H

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   48 巻 ( 11 Suppl ) 頁: 1511-1518   2003年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  65. 人工リボザイム--試験管内分子進化と非天然アミノ酸変異法への応用 (化学と生物学の接点がつくるNewバイオテクノロジー) -- (新規遺伝子と蛋白質を創製する)

    村上 裕, 菅 裕明

    蛋白質核酸酵素   48 巻 ( 11 ) 頁: 1511-1518   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. A versatile tRNA aminoacylation catalyst based on RNA.

    Murakami H, Saito H, Suga H

    Chemistry & biology   10 巻 ( 7 ) 頁: 655 - 662   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s1074-5521(03)00145-5

    Web of Science

    PubMed

  67. Random insertion and deletion mutagenesis. 査読有り

    Murakami H, Hohsaka T, Sisido M

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   231 巻   頁: 53 - 64   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1385/1-59259-395-X:53

    PubMed

  68. Position-specific incorporation of a fluorophore-quencher pair into a single streptavidin through orthogonal four-base codon/anticodon pairs.

    Taki M, Hohsaka T, Murakami H, Taira K, Sisido M

    Journal of the American Chemical Society   124 巻 ( 49 ) 頁: 14586 - 14590   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja017714+

    DOI: 10.1021/ja017714

    Web of Science

    PubMed

  69. Aminoacyl-tRNA synthesis by a resin-immobilized ribozyme.

    Murakami H, Bonzagni NJ, Suga H

    Journal of the American Chemical Society   124 巻 ( 24 ) 頁: 6834 - 6835   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja025872a

    Web of Science

    PubMed

  70. Random insertion and deletion of arbitrary number of bases for codon-based random mutation of DNAs.

    Murakami H, Hohsaka T, Sisido M

    Nature biotechnology   20 巻 ( 1 ) 頁: 76 - 81   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nbt0102-76

    Web of Science

    PubMed

  71. A novel fluorescent nonnatural amino acid that can be incorporated into a specific position of streptavidin. 査読有り

    Taki M, Hohsaka T, Murakami H, Kuno A, Hasegawa T, Taira K, Sisido M

    Nucleic acids research. Supplement (2001)   ( 2 ) 頁: 203 - 204   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  72. Incorporation of Nonnatural Amino Acids into Proteins by Using Various Four-Base Codons in an <i>Escherichia coli</i> in Vitro Translation System

    Takahiro Hohsaka, Yuki Ashizuka, Hikaru Taira, Hiroshi Murakami, Masahiko Sisido

    Biochemistry   40 巻 ( 37 ) 頁: 11060 - 11064   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    DOI: 10.1021/bi0108204

  73. A non-natural amino acid for efficient incorporation into proteins as a sensitive fluorescent probe

    Taki, M. and Hohsaka, T. and Murakami, H. and Taira, K. and Sisido, M.

    FEBS Letters   507 巻 ( 1 ) 頁: 35-38   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Five-base codons for incorporation of nonnatural amino acids into proteins

    Hohsaka, T. and Ashizuka, Y. and Murakami, H. and Sisido, M.

    Nucleic Acids Res.   29 巻 ( 17 ) 頁: 3646-3651   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Incorporation of nonnatural amino acids into proteins by using various four-base codons in an Escherichia coli in vitro translation system

    Hohsaka, T. and Ashizuka, Y. and Taira, H. and Murakami, H. and Sisido, M.

    Biochemistry   40 巻 ( 37 ) 頁: 11060-11064   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Five-base codons for incorporation of nonnatural amino acids into proteins

    Hohsaka, T, Ashizuka, Y, Murakami, H, Sisido, M

    Nucleic Acids Res.   29 巻 ( 17 ) 頁: 3646-3651   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Site-Directed Incorporation of Fluorescent Nonnatural Amino Acids into Streptavidin for Highly Sensitive Detection of Biotin

    Hiroshi Murakami, Takahiro Hohsaka, Yuki Ashizuka, Kimiko Hashimoto, Masahiko Sisido

    Biomacromolecules   1 巻 ( 1 ) 頁: 118 - 125   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    Fluorescent nonnatural amino acids were incorporated into specific positions of streptavidin. The positions of the nonnatural amino acids were directed by a CGGG/CCCG four-base codon/anticodon pair. The nonnatural mutants with a single 2-anthrylalanine at the 22nd, 43rd, 54th, and 120th positions, respectively, were found to bind biotin, indicating that the mutants retained active conformation. The fluorescence intensities of the anthryl groups were relatively insensitive to the positions and the biotin binding when excited at 265 nm. When the anthryl group at the 120th position was excited through energy transfer from tryptophan units, the fluorescence intensity markedly decreased with biotin binding, because of a suppression of the energy transfer. Amino acids carrying 7-methoxycoumarine fluorophore were also incorporated at the 120th position Their fluorescence quantum yields were very sensitive to the biotin binding. The high sensitivity of the coumarine-labeled streptavidin exemplifies potential applications of fluorescent nonnatural mutants for detecting specific molecules at very low concentrations.

    DOI: 10.1021/bm990012g

    Scopus

    PubMed

  78. A chiral Eu3+-thienoyltrifluoroacetone complex on an avidin tetramer: luminescence and CD studies on the supramolecular protein-metal chelate complex

    Taki, M. and Murakami, H. and Sisido, M.

    Chem. Commun.   ( 13 ) 頁: 1199-1200   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. A chiral Eu3+–thienoyltrifluoroacetone complex on an avidin tetramer: luminescence and CD studies on the supramolecular protein–metal chelate complex

    Masumi Taki, Hiroshi Murakami, Masahiko Sisido

    Chemical Communications   ( 13 ) 頁: 1199 - 1200   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry ({RSC})  

    DOI: 10.1039/b001908i

  80. Efficient incorporation of nonnatural amino acids with large aromatic groups into streptavidin in in vitro protein synthesizing systems

    Hohsaka, T. and Kajihara, D. and Ashizuka, Y. and Murakami, H. and Sisido, M.

    J. Am. Chem. Soc.   121 巻 ( 1 ) 頁: 34-40   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Incorporation of two different nonnatural amino acids independently into a single protein through extension of the genetic code

    Hohsaka, T. and Ashizuka, Y. and Sasaki, H. and Murakami, H. and Sisido, M.

    J. Am. Chem. Soc.   121 巻 ( 51 ) 頁: 12194-12195   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Site-directed incorporation of p-nitrophenylalanine into streptavidin and site-to-site photoinduced electron transfer from a pyrenyl group to a nitrophenyl group on the protein framework

    Murakami, H. and Hohsaka, T. and Ashizuka, Y. and Sisido, M.

    J. Am. Chem. Soc.   120 巻 ( 30 ) 頁: 7520-7529   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Incorporation of nonnatural amino acids into streptavidin through in vitro frame-shift suppression

    Hohsaka, T. and Ashizuka, Y. and Murakami, H. and Sisido, M.

    J. Am. Chem. Soc.   118 巻 ( 40 ) 頁: 9778-9779   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 1分子ペプチドのアミノ酸配列解析は可能か-革新的なプロテオミクス技術の開発

    梅本駿 , 村上裕( 担当: 共著 ,  範囲: 巻: 78 号: 11 ページ: 68-69)

    化学同人  2023年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:2   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. 望みの人工抗体を迅速に創る

    村上裕

    日本化学会  2023年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:1   記述言語:日本語

  3. 6章 進化分子工学を用いた人工抗体創製とその応用

    近藤太志・梅本駿・藤野公茂・林剛介・村上裕( 担当: 分担執筆)

    最先端ナノライフシステム研究編集委員会  2022年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:5   担当ページ:36-41   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. 創薬研究者がこれだけは知っておきたい最新のウイルス学

    近藤太志、梅本駿、藤野公茂、林剛介、村上裕( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 新型コロナウイルスに対する迅速な人工抗体創製)

    技術情報協会  2021年8月  ( ISBN:978-4-86104-855-5

     詳細を見る

    総ページ数:601   担当ページ:10  

MISC 12

  1. D体アミノ酸の翻訳伸長反応への適合性

    藤野 公茂, 後藤 佑樹, 菅 裕明, 村上 裕  

    Chemical biology = ケミカルバイオロジー9 巻 ( 1 ) 頁: 11 - 14   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本ケミカルバイオロジー学会  

  2. 質量分析計によるRNA制御因子の同定法の開発とその応用

    足達俊吾, 穂本真佐江, 田中利好, 日置雄策, 村上裕, 菅裕明, 松本雅記, 中山敬一, 堀本勝久, 家村俊一郎, 夏目徹  

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)35th 巻   頁: 3W12III-1 (WEB ONLY)   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  3. 新創薬技術RAPIDシステムとマイクロ・ナノデバイスへの期待 (特集 新世代ナノデバイス・材料の世界)

    村上 裕, 菅 裕明  

    化学工業59 巻 ( 6 ) 頁: 463 - 469   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:化学工業社  

    CiNii Books

  4. [Reprogramming the genetic code using flexizyme]. 査読有り

    Sako Y, Murakami H, Suga H  

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme52 巻 ( 13 Suppl ) 頁: 1643-1648 - 1648   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:共立出版  

    PubMed

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2008055984

  5. 特殊ペプチドのコンビナトリアル翻訳合成 (特集 コンビナトリアルケミストリーの新展開)

    後藤 佑樹, 太田 淳, 村上 裕  

    化学工業58 巻 ( 4 ) 頁: 255 - 262   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:化学工業社  

    CiNii Books

  6. フレキシザイムを用いた遺伝暗号の拡張とリプログラミング (RNAと生命) -- (RNAテクノロジーと創薬)

    村上 裕, 菅 裕明  

    蛋白質核酸酵素51 巻 ( 16 ) 頁: 2496-2501 - 2501   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:共立出版  

    CiNii Books

    その他リンク: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2007116796

  7. [Expansion and reprogramming of genetic code by Flexizyme]. 査読有り

    Murakami H, Suga H  

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme51 巻 ( 16 Suppl ) 頁: 2496-2501   2006年12月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    PubMed

  8. テクノ・トレンド フレキシザイム--遺伝暗号の拡張とリプログラミングへの応用

    村上 裕, 菅 裕明  

    バイオテクノロジージャーナル6 巻 ( 6 ) 頁: 734-737 - 737   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:羊土社  

    CiNii Books

  9. 酵素(L/F‐tRNA‐protein transferase)を用いた蛋白質の新規N末端特異的修飾法

    瀧真清, 久野敦, 的場進介, 小林由紀, 村上裕, 菅裕明, 多比良和誠, 長谷川典巳, 宍戸昌彦  

    日本化学会講演予稿集86th 巻 ( 2 ) 頁: 877   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  10. セントラルドグマをつくりかえる (特集 生命をデザインする合成生物学)

    村上 裕, 菅 裕明, 平尾 一郎  

    バイオニクス3 巻 ( 3 ) 頁: 34-39 - 39   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:オーム社  

    CiNii Books

  11. 人工リボザイム--試験管内分子進化と非天然アミノ酸変異法への応用 (化学と生物学の接点がつくるNewバイオテクノロジー) -- (新規遺伝子と蛋白質を創製する)

    村上 裕, 菅 裕明  

    蛋白質核酸酵素48 巻 ( 11 ) 頁: 1511-1518 - 1518   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:共立出版  

    CiNii Books

  12. [Artificial ribozymes: selection and application for nonnatural amino acid mutagenesis]. 査読有り

    Murakami H, Suga H  

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme48 巻 ( 11 Suppl ) 頁: 1511-1518   2003年8月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

講演・口頭発表等 76

  1. Solid-Phase Synthesis of Diketopiperazine Thioester Peptide for High-throughput Chemical Protein Synthesis

    Yuya Nakajima, Koki Nakatsu, Gosuke Hayashi, Hiroshi Murakami

    2024年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. α-二置換アミノ酸を用いたペプチドチオエステル合成の効率化

    中村元紀,中津幸輝,林剛介,村上裕

    日本化学会 第104春季年会  2024年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  3. 足場ペプチド連結

    鈴木沙依,水嶋真吾,竹内優紀乃,林剛介,村上裕

    日本化学会 第104春季年会  2024年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  4. ペプチド固相合成法に適用可能な新規セレノシステイン保護基の開発

    吉富文香,中津幸輝,林剛介,村上裕

    日本化学会 第104春季年会  2024年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  5. 除去可能なペプチドステープリングによるペプチド構造・機能の制御

    土岐優介,小澤英知,林剛介,村上裕

    日本化学会 第104春季年会  2024年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  6. Solid-Phase Synthesis of Diketopiperazine Thioester Peptide for High-throughput Chemical Protein Synthesis

    Yuya Nakajima, Koki Nakatsu, Gosuke Hayashi, Hiroshi Murakami

    2024年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. α-二置換アミノ酸を用いたペプチドチオエステル合成の効率化

    中村元紀,中津幸輝,林剛介,村上裕

    日本化学会 第104春季年会  2024年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  8. 足場ペプチド連結

    鈴木沙依,水嶋真吾,竹内優紀乃,林剛介,村上裕

    日本化学会 第104春季年会  2024年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  9. ペプチド固相合成法に適用可能な新規セレノシステイン保護基の開発

    吉富文香,中津幸輝,林剛介,村上裕

    日本化学会 第104春季年会  2024年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  10. 除去可能なペプチドステープリングによるペプチド構造・機能の制御

    土岐優介,小澤英知,林剛介,村上裕

    日本化学会 第104春季年会  2024年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  11. 進化工学で人工タンパク質を創製し新技術を開発する 招待有り

    村上裕

    第23回フロンティア生命化学研究会  2024年1月5日  フロンティア生命化学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:別府  

  12. mRNA提示法における人工抗体モノボディ・大環状ペプチドライブラリの多様性最大化

    梅本駿,近藤太志,藤野公茂,林剛介,村上裕

    第46回日本分子生物学会年会  2023年12月8日  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場  

  13. 天然・転写ハイブリッドtRNAによるSer/Leu交換翻訳系の高収率化

    藤野 公茂,園田 凌吾,村上 裕

    第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2023年11月12日  中部化学関係学協会支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:三重大学  

  14. Solid-phase Synthesis of C-terminal Diketopiperazine Thioester Peptide

    Yuya Nakajima,Koki Nakatsu,Gosuke Hayashi,Hiroshi Murakami

    2023年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  15. 固相チオエステル化反応によるペプチドチオエステルの直接合成法開発

    中嶋 雄哉,中津 幸輝,林 剛介,村上 裕

    第54回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2023年11月3日  中部化学関係学協会支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:三重大学  

  16. mRNA提示法のライブラリ多様性に対してmRNA配列が与える影響の大規模解析

    梅本駿,近藤太志,藤野公茂,林剛介,村上裕

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月11日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学  

  17. MCP-1結合鏡像モノボディの合成と機能解

    内藤俊紀,三浦清楓,岩本直也,大石真也,林剛介,村上裕

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月9日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学  

  18. 第17回バイオ関連化学シンポジウム

    田中千尋1・田川寛2・山本智勇2・片山佳樹3・藤野公茂1・林剛介1・森健3・村上裕1,4

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月9日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学  

  19. 1分子ペプチドアミノ酸配列決定法の開発を目指したN末端Gly・Phe結合人工抗体の創製

    菅野晃矢,近藤太志,梅本駿,藤野公茂,林剛介,村上裕

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月9日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学  

  20. 大腸菌を用いた大環状ペプチド簡便大量合成法の開発

    東長田泰斗,藤野 公茂,村上 裕

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月9日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学  

  21. WYP-richとNNKライブラリ由来の大環状ペプチドの親和性評価

    鷲見大河,藤野公茂,村上裕

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月9日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学  

  22. 微小炎症関連タンパク質に対する人工抗体の創製

    松尾瑠星,Jing-Jing Jiang,藤野公茂,林剛介,村上正晃,村上裕

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月9日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大学  

  23. 天然・転写ハイブリッドtRNAによるSer/Leu交換翻訳の高効率化

    藤野 公茂,園田 凌吾,村上 裕

    第17回バイオ関連化学シンポジウム  2023年9月8日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学  

  24. 進化工学で人工タンパク質を創製し新技術を開発する 招待有り

    村上裕

    第75回日本生物工学会大会  2023年9月5日  日本生物工学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学  

  25. Large-scale Analysis of the Effect of mRNA Sequences on the diversity of mRNA display libraries

    梅本駿,近藤太志,藤野公茂,林剛介,村上裕

    第24回日本RNA学会年会  2023年7月5日  日本RNA学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:那覇文化芸術劇場なはーと  

  26. In vitro selection of antibody-like proteins against small molecules 国際会議

    村上裕

    The 19th Akabori Conference(German-Japanese Symposium on Peptide Science)  2023年5月19日  日本ペプチド学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大津  

  27. 高速人工抗体創製法の開発と応用 招待有り

    村上裕

    2022年度 鳥取大学工学研究科化学バイオコースセミナー  2022年12月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  28. WYP-rich 大環状ペプチドライブラリによる効率的なペプチド選択

    藤野 公茂,鷲見 大河,村上 裕

    第53回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2022年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  29. 連結方向切り替え可能なOne-potペプチド連結法

    中津 幸輝,岡本 晃充,林 剛介,村上 裕

    第53回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2022年12月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  30. WYP-rich Macrocyclic Peptide Library

    2022年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  31. Improved chemical synthesis of dual-mono ubiquitinated PAF15 protein

    uya Takahashi, Satomi Kori, Kyohei Arita, Gosuke Hayashi and Hiroshi Murakami

    第59回ペプチド討論会  2022年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:トークネットホール仙台  

  32. Direction-Switchable One-Pot Peptide Ligation Using Two Orthogonal Protecting Group Strategies

    2022年10月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  33. 転写・抽出tRNAを用いた高効率Ser/Leu交換翻訳系の開発

    園田 凌吾,藤野 公茂,村上 裕

    第12回CSJ化学フェスタ  2022年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  34. 抗MCP-1人工抗体のミラーイメージ選択

    三浦 清楓,近藤 太志,薄井 友輔,大石 真也,藤野 公茂,林 剛介,村上 裕

    第12回CSJ化学フェスタ  2022年10月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  35. 連結方向切り替え可能なone-potペプチド連結法を用いたタンパク質化学合成

    中津 幸輝,岡本 晃充,林 剛介,村上 裕

    第12回CSJ化学フェスタ  2022年10月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  36. WYP-rich大環状ペプチドライブラリの構築と有用性の検証

    鷲見大河,藤野 公茂,村上 裕

    第16回バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  37. 連結方向切り替え可能なOne-Potペプチド連結法によるタンパク質化学合成

    中津幸輝,岡本晃充,林剛介,村上裕

    第16回バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

  38. mRNA配列の翻訳効率と精度への影響の網羅的解析と人工抗体・環状ペプチドの高多様性ライブラリ創製への応用

    梅本駿,近藤太志,藤野公茂,林剛介,村上裕

    第16回バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. 抗体担持ナチュラルキラー細胞療法を可能にする人工抗体の創製

    田中千尋,藤野公茂,原田結,米滿吉和,林剛介,村上裕

    第16回バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  40. 維持メチル化機構解明を目指したジユビキチン化PAF15タンパク質の効率的化学合成ルートの開拓

    高橋 侑也,郡 聡実,有田 恭平,林 剛介,村上 裕

    第16回バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  41. WYP-rich大環状ペプチドライブラリの構築

    藤野公茂,鷲見大河,村上 裕

    第16回バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

  42. SARS-CoV-2 Omicron株に対する人工抗体の創製

    近藤太志,松岡和弘,藤野公茂,梅本駿,林剛介,岩谷靖雅,村上裕

    第16回バイオ関連化学シンポジウム  2022年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

  43. 幅広い結合親和性を網羅する低分子リガンド−Monobody結合ペアの開発

    梅本 駿,都築 成晃,吉井 達之,近藤 太志,藤野 公茂,林 剛介,築地 真也,村上 裕

    日本化学会 第102春季年会  2022年3月23日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On line  

  44. ワンポットペプチド連結反応による人工抗体モノボディの化学合成と機能評価

    小澤英知,林剛介,村上 裕

    日本化学会 第102春季年会  2022年3月23日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On line  

  45. ジケトピペラジン形成を伴うペプチドセレノエステルの合成とタンパク質化学合成への応用

    橋本 雅也, 林 剛介,村上 裕

    日本化学会 第102春季年会  2022年3月23日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On line  

  46. Tyr, Trp, Pro-rich環状ペプチドライブラリの構築とSARS-CoV2に対する環状ペプチドの選択

    藤野 公茂,園田 凌吾,鷲見 大河,村上 裕

    日本化学会 第102春季年会  2022年3月23日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On line  

  47. ワンポットペプチド連結反応を駆使したジユビキチン化PAF15タンパク質の化学合成

    高橋侑也,郡聡実,有田恭平,林剛介,村上 裕

    日本化学会 第102春季年会  2022年3月23日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On line  

  48. 新型コロナウイルスに対する人工抗体Monobodyの親和性成熟による中和活性の向上

    近藤太志、松岡和弘、藤野公茂、梅本駿、林剛介、岩谷靖雅 、村上裕

    日本化学会 第102春季年会  2022年3月23日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On line  

  49. 転写・抽出tRNAを用いたSer/Leu交換翻訳系の構築

    園田凌吾,藤野公茂,村上裕

    第44回日本分子生物学会年会  2021年12月1日  日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ&On line  

  50. アミノ酸交換遺伝暗号の構築

    藤野公茂,戸崎将弘,村上裕

    第44回日本分子生物学会年会  2021年12月1日  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ&On line  

  51. SARS-CoV-2を捕捉する人工抗体の迅速創製 招待有り

    近藤太志,岩谷靖雅,松岡和弘,藤野公茂,梅本駿,横幕能行,林剛介,村上裕

    第31回基礎及び最新の分析化学講習会  2021年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  52. 新型コロナウイルスを捕まえる人工抗体をつくる 招待有り

    近藤太志,岩谷靖雅,松岡和弘,藤野公茂,梅本駿,横幕能行,林剛介,村上裕

    第11回 CSJ化学フェスタ  2021年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  53. 新型コロナウイルスに対する人工抗体の迅速創製 招待有り

    近藤太志,岩谷靖雅,松岡和弘,藤野公茂,梅本駿,横幕能行,林剛介,村上裕

    化学工学会第52回秋季大会  2021年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  54. SARS-CoV-2 に対する Monobody の親和性成熟による従来株及び 変異株に対する中和活性の向上

    近藤太志,松岡和弘,藤野公茂,梅本駿,林剛介,岩谷靖雅,村上裕

    第15回バイオ関連化学シンポジウム  2021年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  55. 維持メチル化機構解明を指向したジユビキチン化PAF15タンパク質の化学合成

    高橋侑也,郡聡美,有田恭平,林剛介,村上裕

    第15回バイオ関連化学シンポジウム  2021年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  56. 高効率ペプチドライゲーションのための新規セレノエステル合成法の開発

    橋本雅也,林剛介,村上裕

    第15回バイオ関連化学シンポジウム  2021年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  57. パラジウム錯体を利用したコロナウイルス結合人工抗体の効率的全合成

    小澤英知,林剛介,村上裕

    第15回バイオ関連化学シンポジウム  2021年9月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  58. C末端配列改変による人工抗体Monobodyの可溶性向上 –SARS-CoV-2中和抗体医薬への応用を指向して–

    梅本駿,齊木輝,近藤太志,藤野公茂,林剛介,村上裕

    第15回バイオ関連化学シンポジウム  2021年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:On line  

  59. 天然・転写tRNAによるSer/Leu交換遺伝暗号の翻訳高効率化

    藤野公茂,園田凌吾,村上裕

    第15回バイオ関連化学シンポジウム  2021年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  60. 2-aminobenzamide誘導体を用いたN末端チアゾリジン脱保護による高効率one-potペプチド連結法

    中津幸輝,村上裕,林剛介,岡本晃充

    第15回バイオ関連化学シンポジウム  2021年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:On line  

  61. 人工抗体迅速創製法によるSARS-CoV-2変異株中和抗体の創製 招待有り

    近藤太志,岩谷靖雅,松岡和弘,藤野公茂,梅本駿,林剛介,村上裕

    第8回バイオ関連化学シンポジウム若手フォーラム  2021年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:On line  

  62. SARS-CoV-2 由来スパイクタンパク質に対する迅速な人工抗体創製 招待有り

    近藤太志,岩谷靖雅,松岡和弘,藤野公茂,梅本駿,横幕能行,林剛介,村上裕

    第34回 日本動物細胞工学会2021年度大会  2021年7月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:On line  

  63. 新型コロナウイルスに対する迅速な人工抗体創製 招待有り

    近藤太志,岩谷靖雅,松岡和弘,藤野公茂,梅本駿,横幕能行,林剛介,村上裕

    第68回構造生物応用研究会  2021年7月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:On line  

  64. SARS-CoV-2に対する人工抗体の高速創製 招待有り

    近藤太志,岩谷靖雅,松岡和弘,藤野公茂,梅本駿,横幕能行,林剛介,村上裕

    第21回日本蛋白質科学会年会  2021年6月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:On line  

  65. 新型コロナウイルスに対する迅速な人工抗体創製 招待有り

    近藤大志,岩谷靖雅,松岡和弘,藤野公茂,梅本駿,横幕能行,林剛介,村上裕

    構造生物学・化学・計算科学を融合させたウイルス・パンデミックに対する取り組み  2021年4月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語  

  66. Ru触媒を用いたリンカーヒストンH1.2とHP1αの化学合成とその翻訳後修飾の機能解析

    加茂 直己、鯨井 智也、胡桃坂 仁志、村上 裕、林 剛介、岡本 晃充

    日本化学会 第101回春期年会  2021年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  67. セレノシステインを用いたセレノエステル合成とペプチド連結反応への応用

    橋本 雅也、林 剛介、村上 裕

    日本化学会 第101回春期年会  2021年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  68. High-speed selection of antibody-like proteins that capture and neutralize SARS-CoV-2 国際会議

    2021年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. 高速人工抗体創製法の開発とSARS-CoV-2中和抗体作製への応用 招待有り

    村上裕

    生物化学的測定研究会 第25回学術シンポジウム  2020年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  70. SARS-CoV-2を結合・中和する人工抗体の開発

    村上裕

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. SARS-CoV-2由来スパイクタンパク質に対する高親和性人工抗体の高速創製

    近藤 太志・岩谷 靖雅・松岡 和弘・藤野 公茂・梅本 駿・横幕 能行・林 剛介・村上 裕

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  72. 低分子リガンドに特異的に結合する人工抗体の創製

    都築 成晃・吉井 達之・近藤 大志・藤野 公茂・林 剛介・築地 真也・村上 裕

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  73. アミノ酸入れ替え遺伝暗号の開発

    藤野 公茂・戸崎 将弘・村上 裕

    第14回バイオ関連化学シンポジウム  2020年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  74. TRAP提示法を用いた機能性ペプチド•人工抗体選択 招待有り

    村上裕

    化学工学会第49回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  75. 翻訳合成系を用いた進化分子工学・合成生物学 招待有り

    村上裕

    ChemBio講演会2017-1  2017年1月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  76. mRNA配列が翻訳効率・精度へ及ぼす影響の網羅的解析と大規模人工抗体・大環状ペプチドライブラリの創製への応用

    梅本駿,近藤太志,藤野公茂,林剛介,村上裕

    第12回CSJ化学フェスタ  2022年10月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. SARS-CoV-2に対する抗体ミメティックを活用した治療薬開発

    研究課題番号:20fk0108293s0101  2020年10月 - 2022年3月

    新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 

    村上裕

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

  2. パンデミックウイルスに迅速に対応する高速人工抗体創製プラットホームの開発

    研究課題番号:20he0622010h0001  2020年9月 - 2021年3月

    ウイルス等感染症対策技術開発事業 基礎研究支援 

    村上裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:34580000円 ( 直接経費:26600000円 、 間接経費:7980000円 )

  3. 人工RNA触媒を用いた革新的な創薬技術の開発

    2005年4月 - 2008年3月

    分野横断的公募事業 若手研究グラント 3年型 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 13

  1. 超並列ペプチド1分子アミノ酸配列決定法の開発

    研究課題/研究課題番号:10361669   2023年4月 - 2028年3月

    JSPS  基盤研究(S)  超並列ペプチド1分子アミノ酸配列決定法の開発

    村上裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:208650000円 ( 直接経費:160500000円 、 間接経費:48150000円 )

  2. 抗体医薬を真に置き換える小タンパク質医薬の開発

    研究課題/研究課題番号:21H02061  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    森 健, 村上 裕, 村上 裕

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、二つの目的を達成する小タンパク質医薬を創製する。一つは抗体医薬の問題である高い薬価を克服する安価なタンパク質医薬でありながら、抗体と同等の細胞傷害活性を持つFc-ARMである。もう一つは、抗がん薬に対するがんの耐性獲得の問題を克服する小タンパク質医薬pH-ARMである。Fc-ARMの概念は申請者が報告してきたものであるが、本研究では、Fc親和性の高い小タンパク質を大規模な無細胞系RNAライブラリーよりスクリーニングして見いだし、用いることで抗体医薬に匹敵する性能を発揮すると期待される。また、pH-ARMは新しい概念であり、耐性がんの克服は、未解決の課題であり、本法は原理的にその問題を解決しうるものである。

  3. 高速人工抗体創製法 の開発とタンパク質 1分子単位定量への 応用

    研究課題/研究課題番号:15H02006  2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    村上 裕, 矢島 潤一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:41990000円 ( 直接経費:32300000円 、 間接経費:9690000円 )

    高速人工抗体創製法を開発し、得られた抗体をタンパク質の1分子単位定量に応用することを目的とした。まず抗体の創製を飛躍的に高速化するために、我々が開発した特殊ペプチド創製法を人工抗体創製用に改良し、迅速に人工抗体を創製する方法を開発した。実際にEGFR1やHER2の細胞外ドメインをモデルタンパク質としてセレクションを行い、nMレベルの解離定数で結合する抗体を取得した。さらに、細胞少数タンパク質に対しても抗体を作製した。得られた人工抗体を蛍光標識して、ガラス基板に固定したタンパク質標的を1分子単位で検出することに成功した。これらの技術はタンパク質の1分子単位定量の基盤技術になると期待される。
    1細胞におけるタンパク質の分子数は、タンパク質の種類によって大きく異なる。これら様々な数からなるタンパク質群の定量は、生物科学において個々の細胞の個性を理解するための重要な課題である。そこで近年、タンパク質を1分子単位で定量する新手法の開発が進められている。このボトルネックは、標的に対して高い特異性と親和性を持った高性能抗体の作製である。本研究では、簡便に高速で人工抗体を作製する手法を開発した。さらに得られた人工抗体を用いてガラス基板上に固定化した標的を1分子単位で検出することができることを示した。本方法は、タンパク質の1分子定量を可能にする重要な基盤技術となると期待される。

  4. 高速人工抗体創製法 の開発とタンパク質 1分子単位定量への 応用

    2015年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 新遺伝暗号の創成

    研究課題/研究課題番号:15K12741  2015年4月 - 2016年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    村上 裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    本研究課題では、新遺伝暗号をもつ試験管内翻訳系を構築し、新遺伝暗号に基づいた蛋白質生合成が可能であることを示した。例えば、新遺伝暗号で設計したストレプトアビジンは、新遺伝暗号を持つ翻訳系で発現した時のみビオチン結合活性を示し、普遍遺伝暗号では、全くビオチン結合活性は示さなかった。この時、両方の翻訳系においてタンパク質発現が確認されていることから、本遺伝子は新遺伝暗号でのみ正しいアミノ酸配列で発現していると考えられる。今回作成した新遺伝暗号を持つ試験管内翻訳系は、将来、遺伝子の拡散が心配される蛋白質の安全な発現を可能にすると考えられる。

  6. 新遺伝暗号の創成

    2015年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  萌芽研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 広汎用リボソームの開発

    研究課題/研究課題番号:23350076  2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    村上 裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:11050000円 ( 直接経費:8500000円 、 間接経費:2550000円 )

  8. JSPS 特殊ペプチド増幅法の開発と創薬への応

    2010年4月 - 2014年3月

    科学研究費助成事業  最先端・次世代研究開発支援プログラ

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. ポリペプチド翻訳合成:D体アミノ酸とベータアミノ酸への新展開

    2008年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(A)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. ポリペプチド翻訳合成:D体アミノ酸とベータアミノ酸への新展開

    研究課題/研究課題番号:20681022  2008年 - 2010年

    科学研究費助成事業  若手研究(A)

    村上 裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:24960000円 ( 直接経費:19200000円 、 間接経費:5760000円 )

    通常、D体アミノ酸やベータアミノ酸を含むペプチドは翻訳合成できないとされている。この通説を検証するために、本研究課題では様々な種類の側鎖を持つこれらアミノ酸と翻訳系の適合性を調べた。その結果、いくつかのD体アミノ酸とベータアミノ酸が翻訳系に受け入れられることが明らかになった。本成果は、特殊な主鎖構造を含むペプチドの翻訳合成への道を切り開き、特殊ペプチドの創薬への応用を促進すると考えられる。

  11. 新規アミノアシルtRNA合成リボザイムの創製

    2005年4月 - 2007年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. 新規アミノアシルtRNA合成リボザイムの創製

    研究課題/研究課題番号:17750151  2005年 - 2006年

    科学研究費助成事業  若手研究(B)

    村上 裕

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

    非天然アミノ酸変異法は、人工的な官能基を蛋白質に部位特異的に導入する優れた方法である。この変異法にはアシルtRNAの合成が必須であり、我々はリボザイムを人工的に進化させることでアシルtRNAの合成を簡便化することを提案してきた。これまでに試験管内分子進化により創製したRNA触媒を用いて、Phe誘導体でアシル化されたtRNAの合成に成功している。本課題では、RNA触媒を進化させ、本方法をPhe誘導体以外の非天然アミノ酸に拡張することを目的とした。
    RNA触媒の基質となるアミノ酸は、カルボン酸をエステル化して弱く活性化したものを用いている。これまでの研究から、RNA触媒は基質の脱離基を認識せず、側鎖の芳香環を認識するため、側鎖に芳香環を持つアミノ酸のみがRNA触媒の基質となることが分かっていた。そこで、もしRNA触媒の基質認識部位を、側鎖から脱離基に変更できれば、様々な側鎖をもつアミノ酸をtRNAに連結することが可能になると考えた。この設計指針によって、脱離基に芳香環(認識部位)をもつ新しい基質を合成した。この基質は当初の考え通り、既存のRNA触媒の基質となったが、そのアシル化効率は低かった。そこで新しい基質に対してRNA触媒を最適化するため、試験管内進化を行なった。得られたRNA触媒は進化を行なう前のものに比べ、5倍以上の活性を持っていた。このRNA触媒と、脱離基に芳香環(認識部位)をもつ基質を用いることで、これまでの基質の制限を大幅に取り払ったtRNAアシル化法が完成した(Nat.Methods 2006)。今後、本方法によりアシルtRNAの合成が簡略化され、非天然アミノ酸を用いた蛋白質の改変が容易になると考えられる。さらには、RNA触媒を遺伝暗号のリプログラミングと組み合わせ、非天然型ペプチドを調整することで、革新的な創薬技術の開発に応用できると期待される。

  13. 脂肪酸生合成リボザイムとRNA生命体の創成

    研究課題/研究課題番号:16101007  2004年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    菅 裕明, 村上 裕, 二井 一樹, 神 紘 一郎, 大内 政樹, 太田 淳, 川上 隆史, 丹羽 慶吉, 村上 裕, 二井 一樹, 神 紘 一郎, 大内 政樹, 太田 淳, 川上 隆史, 丹羽 慶吉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、 有機化学的なアプローチを試験管内RNA 分子進化法により積極的に取り入れることで複雑且つ洗練された人工リボザイムを創成することに挑んだ。具体的には、脂肪酸生合成に関わる酸化還元リボザイムとtRNA アシル化リボザイムの創製を試み、その応用としてそれらのリボザイムを用いて遺伝暗号リプログラミング技術を開発した。

▼全件表示

産業財産権 13

  1. ポリヌクレオチド提示法のディスプレイ効率を調節する配列をスクリーニングする方法

    村上 裕、梅本 駿、近藤 太志、林 剛介、藤野 公茂

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東海国立大学機構

    出願番号:PCT/JP2023/006250  出願日:2023年2月

  2. ポリヌクレオチド提示法のディスプレイ効率を調節する配列をスクリーニングする方法

    村上裕、梅本駿、近藤太志、林剛介、藤野公茂

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構

    出願番号:2022-025979  出願日:2022年2月

  3. ユビキチンに対する人工抗体

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構

    出願番号:2022-010877  出願日:2022年1月

  4. フィブロネクチンIII型ドメイン骨格を含むポリペプチド

    村上裕、都築成晃、近藤太志、林剛介、藤野公茂、築地真也、吉井達之

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構、名古屋工業大学

    出願番号:PCT/JP2021/031961  出願日:2021年8月

    公開番号:WO2022/045365   公開日:2022年3月

    出願国:外国   取得国:外国

  5. SARS-CoV-2結合性分子

    東海国立大学機構,国立病院機構

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2021/018668  出願日:2021年5月

    公開番号:WO2021/235404   公開日:2021年11月

    出願国:外国   取得国:外国

  6. SARS-CoV-2のSタンパク質に結合する人工抗体

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構

    出願番号:63/026,802  出願日:2020年5月

  7. ポリペプチドを製造するための新遺伝暗号と翻訳系、及びポリペプチドの製造方法

    村上 裕、石沢尭大

     詳細を見る

    出願番号:2015-19173  出願日:2015年9月

    出願国:国内  

  8. 荷電性非タンパク質性アミノ酸含有ペプチドの製造方法

    村上 裕、川上 隆史、パトリック・リード、佐々木 亨

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東京大学、ペプチドリーム株式会社

    出願番号:特願2013-162440  出願日:2014年8月

    出願国:国内  

  9. ペプチドライブラリの製造方法、ペプチドライブラリ、及びスクリーニング方法

    村上 裕、川上隆史、石沢尭大、パトリック・リード、佐々木亨

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東京大学、ペプチドリーム株式会社

    出願番号:特願2013-100661  出願日:2013年5月

    出願国:国内  

  10. 血管内皮細胞増殖因子受容体阻害ペプチド

    村上 裕、川上隆史、石沢尭大、菅裕明、パトリック・リード

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東京大学、ペプチドリーム株式会社

    出願番号:特願2012-193453  出願日:2012年9月

    出願国:国内  

  11. 新規人工翻訳合成系

    菅 裕明、村上 裕、後藤 佑樹

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東京大学、ペプチドリーム株式会社

    出願番号:特願2010-270958  出願日:2011年8月

    出願国:国内  

  12. 多目的アシル化触媒とその用途

    菅裕明、村上裕

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東京大学

    出願番号:特許第5119444号  出願日:2005年12月

    出願国:国内  

  13. RIBOZYMES WITH BROAD tRNA AMINOACYLATION ACTIVITY

    SUGA, Hiroaki, MURAKAMI, Hiroshi, SAITO, Hirohide

     詳細を見る

    出願人:THE RESEARCH FOUNDATION OF STATE UNIVERSITY OF NEW YORK

    出願番号:米国US Patent 7,622,248 B2  出願日:2003年2月

    出願国:国内  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 分析化学3

    2021

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 鳥取大学大学院特別講義

    2022年12月 鳥取大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

 

社会貢献活動 1

  1. SSH運営指導委員

    香川県教育委員会高校教育課  SSH運営指導委員  2023年4月 - 2024年3月

メディア報道 3

  1. 新型コロナに対する人工抗体 テレビ・ラジオ番組

    NHK、CBC放送  2020年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. 新型コロナ捕まえる「人工抗体」 短期間で作る手法開発 新聞・雑誌

    読売新聞、中日新聞、朝日新聞、共同通信、等その他12社  2020年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  3. Vol.7 かつてない速さで抗体をつくる〜新型コロナウイルスとその先へ〜 インターネットメディア

    名古屋大学産学連携  2020年11月

学術貢献活動 1

  1. 第16回バイオ関連化学シンポジウム

    役割:企画立案・運営等

    日本化学会生体機能関連化学部会、バイオテクノロジー部会  2022年9月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等