2022/06/28 更新

写真a

オオオカ フミハル
大岡 史治
OHKA Fumiharu
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 脳神経病態制御学 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2013年3月   名古屋大学 ) 

経歴 5

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科   脳神経外科   助教

    2016年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学医学部附属病院   脳神経外科   病院助教

    2015年4月 - 2016年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 日本学術振興会特別研究員(PD)

    2014年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 愛知県がんセンター研究所   リサーチレジデント

    2012年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学医学部附属病院   医員

    2009年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   脳神経外科学

    - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本脳神経外科学会

  2. 日本癌学会

  3. 日本脳腫瘍学会

  4. 日本脳腫瘍病理学会

  5. 米国脳腫瘍学会

受賞 4

  1. 第26回日本脳神経外科学会奨励賞

    2020年10月   日本脳神経外科学会  

    大岡史治

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. Young Investigator Clinical Research Abstract Award

    2016年11月   Society of Neuro-Oncology  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

  3. 日本脳腫瘍病理学会・学会賞

    2018年9月   日本脳腫瘍病理学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  4. 名古屋大学医師会研究奨励賞

    2012年   名古屋大学医師会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 57

  1. Direct intracranial invasion of eccrine spiradenocarcinoma of the scalp: a case report and literature review

    Kibe Yuji, Tanahashi Kuniaki, Ohtakara Kazuhiro, Okumura Yuka, Ohka Fumiharu, Takeuchi Kazuhito, Nagata Yuichi, Motomura Kazuya, Akahori Sho, Mizuno Akihiro, Sasaki Hiroo, Shimizu Hiroyuki, Yamaguchi Junya, Nishikawa Tomohide, Yokota Kenji, Saito Ryuta

    BMC NEUROLOGY   22 巻 ( 1 ) 頁: 223   2022年6月

     詳細を見る

  2. Recent Molecular and Genetic Findings in Intramedullary Spinal Cord Tumors.

    Nagashima Y, Nishimura Y, Eguchi K, Yamaguchi J, Haimoto S, Ohka F, Takayasu M, Saito R

    Neurospine     2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.14245/ns.2244168.084

    PubMed

  3. Supratotal Resection of Gliomas With Awake Brain Mapping: Maximal Tumor Resection Preserving Motor, Language, and Neurocognitive Functions

    Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Saito Ryuta

    FRONTIERS IN NEUROLOGY   13 巻   頁: 874826   2022年5月

     詳細を見る

  4. Increased Risk of Thyroid Dysfunction by PD-1 and CTLA-4 Blockade in Patients Without Thyroid Autoantibodies at Baseline

    Iwama Shintaro, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Ando Masahiko, Zhou Xin, Yamagami Ayana, Onoue Takeshi, Kawaguchi Yohei, Miyata Takashi, Sugiyama Mariko, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Wakahara Keiko, Yokota Kenji, Kato Masashi, Nishio Naoki, Tanaka Chie, Miyata Kazushi, Ogura Atsushi, Ito Takanori, Sawada Tsunaki, Shimokata Tomoya, Niimi Kaoru, Ohka Fumiharu, Ishigami Masatoshi, Gotoh Momokazu, Hashimoto Naozumi, Saito Ryuta, Kiyoi Hitoshi, Kajiyama Hiroaki, Ando Yuichi, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Akiyama Masashi, Kodera Yasuhiro, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM   107 巻 ( 4 ) 頁: E1620 - E1630   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1210/clinem/dgab829

    Web of Science

    PubMed

  5. Reliability of IDH1-R132H and ATRX and/or p53 immunohistochemistry for molecular subclassification of Grade 2/3 gliomas

    Nishikawa Tomohide, Watanabe Reiko, Kitano Yotaro, Yamamichi Akane, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Hirano Masaki, Kato Akira, Yamaguchi Junya, Maeda Sachi, Kibe Yuji, Saito Ryuta, Wakabayashi Toshihiko, Kato Yukinari, Sato Shuta, Ogino Tomoyoshi, Natsume Atsushi, Ito Ichiro

    BRAIN TUMOR PATHOLOGY   39 巻 ( 1 ) 頁: 14 - 24   2022年1月

     詳細を見る

  6. Newly established patient-derived organoid model of intracranial meningioma

    Yamazaki Shintaro, Ohka Fumiharu, Hirano Masaki, Shiraki Yukihiro, Motomura Kazuya, Tanahashi Kuniaki, Tsujiuchi Takashi, Motomura Ayako, Aoki Kosuke, Shinjo Keiko, Murofushi Yoshiteru, Kitano Yotaro, Maeda Sachi, Kato Akira, Shimizu Hiroyuki, Yamaguchi Junya, Adilijiang Alimu, Wakabayashi Toshihiko, Saito Ryuta, Enomoto Atsushi, Kondo Yutaka, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   23 巻 ( 11 ) 頁: 1936 - 1948   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1093/neuonc/noab155

    Web of Science

    PubMed

  7. Intraoperative seizure outcome of levetiracetam combined with perampanel therapy in patients with glioma undergoing awake brain surgery

    Motomura Kazuya, Chalise Lushun, Shimizu Hiroyuki, Yamaguchi Junya, Nishikawa Tomohide, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   135 巻 ( 4 ) 頁: 998 - 1007   2021年10月

     詳細を見る

  8. Driver Genetic Mutations in Spinal Cord Gliomas Direct the Degree of Functional Impairment in Tumor-Associated Spinal Cord Injury

    Nagashima Yoshitaka, Nishimura Yusuke, Ohka Fumiharu, Eguchi Kaoru, Aoki Kosuke, Ito Hiroshi, Nishii Tomoya, Oyama Takahiro, Hara Masahito, Kitano Yotaro, Masaki Hirano, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    CELLS   10 巻 ( 10 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3390/cells10102525

    Web of Science

    PubMed

  9. Mathematical Modeling and Mutational Analysis Reveal Optimal Therapy to Prevent Malignant Transformation in Grade II IDH-Mutant Gliomas

    Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Yamamoto Takashi, Yamamoto Kimiyo N., Maeda Sachi, Okuno Yusuke, Ranjit Melissa, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Nishikawa Tomohide, Shimizu Hiroyuki, Kitano Yotaro, Yamaguchi Junya, Yamazaki Shintaro, Nakamura Hideo, Takahashi Masamichi, Narita Yoshitaka, Nakada Mitsutoshi, Deguchi Shoichi, Mizoguchi Masahiro, Momii Yasutomo, Muragaki Yoshihiro, Abe Tatsuya, Akimoto Jiro, Wakabayashi Toshihiko, Saito Ryuta, Ogawa Seishi, Haeno Hiroshi, Natsume Atsushi

    CANCER RESEARCH   81 巻 ( 18 ) 頁: 4861 - 4873   2021年9月

     詳細を見る

  10. Long-term survival in patients with primary intracranial germ cell tumors treated with surgery, platinum-based chemotherapy, and radiotherapy: a single-institution study

    Shimizu Hiroyuki, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Chalise Lushun, Nishikawa Tomohide, Yamaguchi Junya, Yoshida Jun, Natsume Atsushi, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   135 巻 ( 2 ) 頁: 449 - 457   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.6.JNS20638

    Web of Science

    PubMed

  11. Impact of the extent of resection on the survival of patients with grade II and III gliomas using awake brain mapping

    Motomura Kazuya, Chalise Lushun, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Nishikawa Tomohide, Yamaguchi Junya, Shimizu Hiroyuki, Wakabayashi Toshihiko, Saito Ryuta

    JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY   153 巻 ( 2 ) 頁: 361 - 372   2021年6月

     詳細を見る

  12. Urinary MicroRNA-Based Diagnostic Model for Central Nervous System Tumors Using Nanowire Scaffolds

    Kitano Yotaro, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Yamazaki Shintaro, Motomura Kazuya, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Naganawa Tsuyoshi, Iida Mikiko, Shiraki Yukihiro, Nishikawa Tomohide, Shimizu Hiroyuki, Yamaguchi Junya, Maeda Sachi, Suzuki Hidenori, Wakabayashi Toshihiko, Baba Yoshinobu, Yasui Takao, Natsume Atsushi

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   13 巻 ( 15 ) 頁: 17316 - 17329   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1021/acsami.1c01754

    Web of Science

    PubMed

  13. Expression of programmed cell death ligand-1 by immune cells in the microenvironment is a favorable prognostic factor for primary diffuse large B-cell lymphoma of the central nervous system

    Tsuyuki Yuta, Ishikawa Eri, Kohno Kei, Shimada Kazuyuki, Ohka Fumiharu, Suzuki Yuka, Mabuchi Seiyo, Satou Akira, Takahara Taishi, Kato Seiichi, Miyagi Shohei, Ozawa Hiroyuki, Kawano Tasuku, Takagi Yusuke, Hiraga Junji, Wakabayashi Toshihiko, Nakamura Shigeo

    NEUROPATHOLOGY   41 巻 ( 2 ) 頁: 99 - 108   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/neup.12705

    Web of Science

    PubMed

  14. Trautmann-focused mastoidectomy for a simple, safe presigmoid approach: technical note

    Tanahashi Kuniaki, Uda Kenji, Araki Yoshio, Takeuchi Kazuhito, Choo Jungsu, Chalise Lushun, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   134 巻 ( 3 ) 頁: 843 - 847   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.1.JNS193179

    Web of Science

    PubMed

  15. Neurod4 converts endogenous neural stem cells to neurons with synaptic formation after spinal cord injury

    Fukuoka Toshiki, Kato Akira, Hirano Masaki, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Awaya Takayuki, Adilijiang Alimu, Sachi Maeda, Tanahashi Kuniaki, Yamaguchi Junya, Motomura Kazuya, Shimizu Hiroyuki, Nagashima Yoshitaka, Ando Ryo, Wakabayashi Toshihiko, Lee-Liu Dasfne, Larrain Juan, Nishimura Yusuke, Natsume Atsushi

    ISCIENCE   24 巻 ( 2 ) 頁: 102074   2021年2月

  16. Survival Benefit of Supratotal Resection in a Long-term Survivor of <i>IDH</i>-wildtype Glioblastoma: A Case Report and Literature Review.

    Yamaguchi J, Motomura K, Ohka F, Aoki K, Tanahashi K, Hirano M, Chalise L, Nishikawa T, Shimizu H, Natsume A, Wakabayashi T, Saito R

    NMC case report journal   8 巻 ( 1 ) 頁: 747 - 753   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2176/nmccrj.cr.2021-0120

    PubMed

  17. INFANTILE HEMISPHERIC BRAIN TUMOR WITH A GOPC-ROS1 FUSION GENE: A CASE REPORT

    Taniguchi Rieko, Natsume Atsushi, Kawashima Nozomu, Tanioka Shinji, Muramatsu Hideki, Hamada Motoharu, Ichikawa Daisuke, Imaya Masayuki, Narita Kotaro, Kurimoto Michihiro, Shiba Yoshiki, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Hirato Junko, Wakabayashi Toshihiko, Takahashi Yoshiyuki

    NEURO-ONCOLOGY   22 巻   頁: 377 - 377   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  18. Solitary fibrous tumor/hemangiopericytoma treated with temozolomide plus bevacizumab: a report of four cases and literature review

    Maeda Osamu, Ohka Fumiharu, Maesawa Satoshi, Matsuoka Ayumu, Shimokata Tomoya, Mitsuma Ayako, Urakawa Hiroshi, Nakamura Shota, Shimoyamas Yoshic, Nakaguro Masato S., Wakabayashi Toshihiko, Ando Yuichi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 631 - 644   2020年11月

     詳細を見る

  19. Neurocognitive and functional outcomes in patients with diffuse frontal lower-grade gliomas undergoing intraoperative awake brain mapping

    Motomura Kazuya, Chalise Lushun, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Nishikawa Tomohide, Yamaguchi Junya, Shimizu Hiroyuki, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   132 巻 ( 6 ) 頁: 1683 - 1691   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2019.3.JNS19211

    Web of Science

    PubMed

  20. Steroid-responsive recurrent tumefactive demyelination with multiple petechial hemorrhages along non-displaced medullary veins

    Tsuboi Takashi, Harada Yumiko, Suzuki Masashi, Ando Takashi, Atsuta Naoki, Ohka Fumiharu, Takeuchi Kazuhito, Taoka Toshiaki, Ohba Shigeo, Nakaguro Masato, Abe Masato, Nakashima Ichiro, Yoshida Mari, Katsuno Masahisa

    CLINICAL NEUROLOGY AND NEUROSURGERY   193 巻   頁: 105764   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clineuro.2020.105764

    Web of Science

    PubMed

  21. Genetic analysis in patients with newly diagnosed glioblastomas treated with interferon-beta plus temozolomide in comparison with temozolomide alone

    Natsume Atsushi, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Maeda Sachi, Hirano Masaki, Adilijiang Alimu, Motomura Kazuya, Sumi Minako, Nishikawa Ryo, Narita Yoshitaka, Muragaki Yoshihiro, Maruyama Takashi, Ito Tamio, Beppu Takaaki, Nakamura Hideo, Kayama Takamasa, Sato Shinya, Nagane Motoo, Mishima Kazuhiko, Nakasu Yoko, Kurisu Kaoru, Yamasaki Fumiyuki, Sugiyama Kazuhiko, Onishi Takanori, Iwadate Yasuo, Terasaki Mizuhiko, Kobayashi Hiroyuki, Matsumura Akira, Ishikawa Eiichi, Sasaki Hikaru, Mukasa Akitake, Matsuo Takayuki, Hirano Hirofumi, Kumabe Toshihiro, Shinoura Nobusada, Hashimoto Naoya, Aoki Tomokazu, Asai Akio, Abe Tatsuya, Yoshino Atsuo, Arakawa Yoshiki, Asano Kenichiro, Yoshimoto Koji, Shibui Soichiro, Okuno Yusuke, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY   148 巻 ( 1 ) 頁: 17 - 27   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11060-020-03505-9

    Web of Science

    PubMed

  22. H3F3A mutant allele specific imbalance in an aggressive subtype of diffuse midline glioma, H3 K27M-mutant

    Maeda Sachi, Ohka Fumiharu, Okuno Yusuke, Aoki Kosuke, Motomura Kazuya, Takeuchi Kazuhito, Kusakari Hironao, Yanagisawa Nobuyuki, Sato Shinya, Yamaguchi Junya, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Kato Akira, Shimizu Hiroyuki, Kitano Yotaro, Yamazaki Shintaro, Yamashita Shinji, Takeshima Hideo, Shinjo Keiko, Kondo Yutaka, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS   8 巻 ( 1 ) 頁: 8   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-020-0882-4

    Web of Science

    PubMed

  23. Multiple metastases to the bone and bone marrow from a 1p/19q-codeleted and <i>IDH2</i>-mutant anaplastic oligodendroglioma: a case report and literature review.

    Shimizu H, Motomura K, Ohka F, Aoki K, Tanahashi K, Hirano M, Chalise L, Nishikawa T, Yamaguchi J, Wakabayashi T, Natsume A

    Neuro-oncology advances   2 巻 ( 1 ) 頁: vdaa101   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/noajnl/vdaa101

    PubMed

  24. MACHINE LEARNING TO DETECT GLIOMAS IN URINE-BASED LIQUID BIOPSY

    Kitano Yotaro, Aoki Kosuke, Yasui Takao, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Nishikawa Tomohide, Shimizu Hiroyuki, Yamaguchi Junya, Maeda Sachi, Yamazaki Shintaro, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   21 巻   頁: 151 - 151   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  25. Pathogenic Epigenetic Consequences of Genetic Alterations in IDH-Wild-Type Diffuse Astrocytic Gliomas

    Ohka Fumiharu, Shinjo Keiko, Deguchi Shoichi, Matsui Yusuke, Okuno Yusuke, Katsushima Keisuke, Suzuki Miho, Kato Akira, Ogiso Noboru, Yamamichi Akane, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Sato Shinya, Rayan Nirmala Arul, Prabhakar Shyam, Goke Jonathan, Shimamura Teppei, Maruyama Reo, Takahashi Satoru, Suzumura Akio, Kimura Hiroshi, Wakabayashi Toshihiko, Zong Hui, Natsume Atsushi, Kondo Yutaka

    CANCER RESEARCH   79 巻 ( 19 ) 頁: 4814 - 4827   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-19-1272

    Web of Science

    PubMed

  26. Spontaneous Tumor Regression of Intracranial Solitary Fibrous Tumor Originating From the Medulla Oblongata: A Case Report and Literature Review

    Yamaguchi Junya, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Nishikawa Tomohide, Shimizu Hiroyuki, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   130 巻   頁: 400 - 404   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.07.052

    Web of Science

    PubMed

  27. Next Generation Sequencing-Based Transcriptome Predicts Bevacizumab Efficacy in Combination with Temozolomide in Glioblastoma

    Adilijiang Alimu, Hirano Masaki, Okuno Yusuke, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Maeda Sachi, Tanahashi Kuniaki, Motomura Kazuya, Shimizu Hiroyuki, Yamaguchi Junya, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    MOLECULES   24 巻 ( 17 )   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules24173046

    Web of Science

    PubMed

  28. Aberrant Active cis-Regulatory Elements Associated with Downregulation of RET Finger Protein Overcome Chemoresistance in Glioblastoma

    Ranjit Melissa, Hirano Masaki, Aoki Kosuke, Okuno Yusuke, Ohka Fumiharu, Yamamichi Akane, Kato Akira, Maeda Sachi, Motomura Kazuya, Matsuo Keitaro, Enomoto Atsushi, Ino Yasushi, Todo Tomoki, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Kato Takuya, Natsume Atsushi

    CELL REPORTS   26 巻 ( 9 ) 頁: 2274-+   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.2019.01.109

    Web of Science

    PubMed

  29. Aberrant active-enhancers associated with downregulation of HDAC1-RFP complex overcome chemoresistance in glioblastoma

    Hirano Masaki, Melissa Ranjit, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Yamamichi Akane, Kato Takuya, Matsuo Keitaro, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 207-207   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  30. Development of anticancer agents targeting long non-coding RNA

    Katsushima Keisuke, Natsume Atsushi, Ohka Fumiharu, Shinjo Keiko, Shibata Tatsuhiro, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori, Kondo Yutaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 352-352   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  31. ABERRANT ACTIVE-ENHANCERS ASSOCIATED WITH DOWNREGULATION OF HDAC1-RET FINGER PROTEIN COMPLEX OVERCOME CHEMORESISTANCE IN GLIOBLASTOMA

    Hirano Masaki, Ranjit Melissa, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Yamamichi Akane, Kato Takuya, Matsuo Keitaro, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   20 巻   頁: 111-111   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  32. Validation of a novel molecular RPA classification in glioblastoma (GBM-molRPA) treated with chemoradiation: A multi-institutional collaborative study

    Wee Chan Woo, Kim Il Han, Park Chul-Kee, Kim Jin Wook, Dho Yun-Sik, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Motomura Kazuya, Natsume Atsushi, Kim Nalee, Suh Chang-Ok, Chang Jong Hee, Kim Se Hoon, Cho Won Kyung, Lim Do Hoon, Nam Do-Hyun, Choi Jung Won, Kim In Ah, Kim Chae-Yong, Oh Young-Taek, Cho Oyeon, Chung Woong-Ki, Kim Sung-Hwan, Kim Eunji

    RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY   129 巻 ( 2 ) 頁: 347 - 351   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.radonc.2018.09.001

    Web of Science

    PubMed

  33. Supratotal Resection of Diffuse Frontal Lower Grade Gliomas with Awake Brain Mapping, Preserving Motor, Language, and Neurocognitive Functions

    Motomura Kazuya, Chalise Lushun, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Nishikawa Tomohide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   119 巻   頁: 30-39   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.07.193

    Web of Science

    PubMed

  34. Characterization of lntraoperative Motor Evoked Potential Monitoring for Surgery of the Pediatric Population with Brain Tumors

    Motomura Kazuya, Sumita Kayo, Chalise Lushun, Nishikawa Tomohide, Tanahashi Kuniaki, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Hirano Masaki, Nakamura Tomohiko, Matsushita Tadashi, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   119 巻   頁: E1052-E1059   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.08.039

    Web of Science

    PubMed

  35. Neuroendoscopic Cylinder Surgery and 5-Aminolevulinic Acid Photodynamic Diagnosis of Deep-Seated Intracranial Lesions

    Choo Jungsu, Takeuchi Kazuhito, Nagata Yuichi, Ohka Fumiharu, Kishida Yugo, Watanabe Tadashi, Satoh Yusuke, Nagatani Tetsuya, Kato Kyozo, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   116 巻   頁: E35-E41   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.03.112

    Web of Science

    PubMed

  36. Immunohistochemical ATRX expression is not a surrogate for 1p19q codeletion

    Yamamichi Akane, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Kato Akira, Hirano Masaki, Motomura Kazuya, Tanahashi Kuniaki, Chalise Lushun, Maeda Sachi, Wakabayashi Toshihiko, Kato Yukinari, Natsume Atsushi

    BRAIN TUMOR PATHOLOGY   35 巻 ( 2 ) 頁: 106-113   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-018-0312-5

    Web of Science

    PubMed

  37. A novel high-sensitivity assay to detect a small fraction of mutant IDH1 using droplet digital PCR

    Hirano Masaki, Ohka Fumiharu, Maeda Sachi, Chalise Lushun, Yamamichi Akane, Aoki Kosuke, Kato Akira, Tanahashi Kuniaki, Motomura Kazuya, Nishimura Yusuke, Hara Masahito, Shinjo Keiko, Kondo Yutaka, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    BRAIN TUMOR PATHOLOGY   35 巻 ( 2 ) 頁: 97 - 105   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-018-0310-7

    Web of Science

    PubMed

  38. Prognostic relevance of genetic alterations in diffuse lower-grade gliomas

    Aoki Kosuke, Nakamura Hideo, Suzuki Hiromichi, Matsuo Keitaro, Kataoka Keisuke, Shimamura Teppei, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Shiina Satoshi, Yamamoto Takashi, Nagata Yasunobu, Yoshizato Tetsuichi, Mizoguchi Masahiro, Abe Tatsuya, Momii Yasutomo, Muragaki Yoshihiro, Watanabe Reiko, Ito Ichiro, Sanada Masashi, Yajima Hironori, Morita Naoya, Takeuchi Ichiro, Miyano Satoru, Wakabayashi Toshihiko, Ogawa Seishi, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   20 巻 ( 1 ) 頁: 66-77   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/neuonc/nox132

    Web of Science

    PubMed

  39. Aberrant super-enhancers associated with downregulation of RET finger protein overcomes chemoresistance in glioblastoma

    Hirano Masaki, Ranjit Melissa, Yamamichi Akane, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Kato Takuya, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 461-461   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  40. Targeting Dysregulation of EZH2-H3K27me3 as an Effective Treatment for IDH-wildtype Lower Grade Glioma

    Ohka Fumiharu, Natsume Atsushi, Suzuki Hiromichi, Aoki Kosuke, Deguchi Shoichi, Katsushima Keisuke, Shinjo Keiko, Wakabayashi Toshihiko, Kondo Yutaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 463-463   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  41. Does ATRX immunohistochemistry deserve a surrogate of 1p/19q codel in grade II, III gliomas?

    Yamamichi Akane, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Hirano Masaki, Motomura Kazuya, Wakabayashi Toshihiko, Kato Yukinari, Natsume Atsushi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 926-926   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  42. Development of anticancer agents targeting long non-coding RNA TUG1

    Katsushima Keisuke, Natsume Atsushi, Ohka Fumiharu, Deguchi Shoichi, Shinjo Keiko, Shibata Tatsuhiro, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori, Kondo Yutaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 398-398   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  43. Significance of perivascular tumour cells defined by CD109 expression in progression of glioma

    Shiraki Yukihiro, Mii Shinji, Enomoto Atsushi, Momota Hiroyuki, Han Yi-Peng, Kato Takuya, Ushida Kaori, Kato Akira, Asai Naoya, Murakumo Yoshiki, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Ohka Fumiharu, Wakabayashi Toshihiko, Todo Tomoki, Ogawa Seishi, Natsume Atsushi, Takahashi Masahide

    JOURNAL OF PATHOLOGY   243 巻 ( 4 ) 頁: 468-480   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/path.4981

    Web of Science

    PubMed

  44. Negative impact of leukoaraiosis on the incidence of brain metastases in patients with lung cancer

    Hayashi Nakamasa, Mitsuya Koichi, Nakasu Yoko, Naito Tateaki, Ohka Fumiharu, Takahashi Toshiaki

    JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY   135 巻 ( 2 ) 頁: 299-306   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11060-017-2574-x

    Web of Science

    PubMed

  45. Remote ischemic preconditioning protects human neural stem cells from oxidative stress

    Motomura Ayako, Shimizu Mikiko, Kato Akira, Motomura Kazuya, Yamamichi Akane, Koyama Hiroko, Ohka Fumiharu, Nishikawa Tomohide, Nishimura Yusuke, Hara Masahito, Fukuda Tetsuya, Bando Yasuhiko, Nishimura Toshihide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    APOPTOSIS   22 巻 ( 11 ) 頁: 1353-1361   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10495-017-1425-8

    Web of Science

    PubMed

  46. Organotypic brain explant culture as a drug evaluation system for malignant brain tumors

    Minami Noriaki, Maeda Yusuke, Shibao Shunsuke, Arima Yoshimi, Ohka Fumiharu, Kondo Yutaka, Maruyama Koji, Kusuhara Masatoshi, Sasayama Takashi, Kohmura Eiji, Saya Hideyuki, Sampetrean Oltea

    CANCER MEDICINE   6 巻 ( 11 ) 頁: 2635-2645   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.1174

    Web of Science

    PubMed

  47. ABERRANT SUPER-ENHANCERS ASSOCIATED WITH DOWNREGULATION OF RET FINGER PROTEIN OVERCOMES CHEMORESISTANCE IN GLIOBLASTOMA

    Hirano Masaki, Ranjit Melissa, Yamamichi Akane, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Kato Takuya, Enomoto Atsushi, Takahashi Masahide, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻   頁: 103-103   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  48. POLYION COMPLEX-MEDIATED INTRAVENOUS DELIVERY OF ANTISENSE OLIGONUCLEOTIDES AGAINST THE NOTCH-REGULATED NON-CODING RNA TUG1 IN GLIOMA

    Natsume Atsushi, Katsushima Keisuke, Ohka Fumiharu, Shinjo Keiko, Miyata Kanjiro, Kataoka Kazunori, Kondo Yutaka

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻   頁: 265-265   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  49. IS ATRX IMMUNOCHEMISTRY USEFUL AS A SUBSTITUTE FOR ANALYSIS OF 1p/19q CODELETION IN GRADES II, III GLIOMAS?

    Yamamichi Akane, Ohka Fumiharu, Aoki Kosuke, Suzuki Hiromichi, Hirano Masaki, Motomura Kazuya, Wakabayashi Toshihiko, Kato Yukinari, Natsume Atsushi

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻   頁: 180-180   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  50. Comparing the Efficacy of DeVIC Therapy and High-dose Methotrexate Monotherapy with Whole-brain Radiation Therapy for Newly-diagnosed Primary Central Nervous System Lymphoma: A Single Institution Study

    Chalise Lushun, Motomura Kazuya, Ohka Fumiharu, Hirano Masaki, Hara Masahito, Nishimura Yusuke, Natsume Atsushi, Wakabayashi Toshihiko

    ANTICANCER RESEARCH   37 巻 ( 9 ) 頁: 5215-5223   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11945

    Web of Science

    PubMed

  51. Oncogenic effects of evolutionarily conserved noncoding RNA ECONEXIN on gliomagenesis

    Deguchi S., Katsushima K., Hatanaka A., Shinjo K., Ohka F., Wakabayashi T., Zong H., Natsume A., Kondo Y.

    ONCOGENE   36 巻 ( 32 ) 頁: 4629-4640   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/onc.2017.88

    Web of Science

  52. PHASE I TRIAL OF TEMOZOLOMIDE PLUS BEVACIZUMAB FOR NEWLY DIAGNOSED HIGH-GRADE GLIOMAS IN THE ELDERLY: INTERIM REPORT

    Kono M., Arakawa Y., Mineharu Y., Ohka F., Kinoshita M., Nakae S., Miyashita K., Iuchi T., Hirose Y., Natsume A., Nakada M., Sasaki H.

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻   頁: 81-81   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  53. Significance of low mTORC1 activity in defining the characteristics of brain tumor stem cells

    Han Yi-Peng, Enomoto Atsushi, Shiraki Yukihiro, Wang Shen-Qi, Wang Xiaoze, Toyokuni Shinya, Asai Naoya, Ushida Kaori, Ara Hosne, Ohka Fumiharu, Wakabayashi Toshihiko, Ma Jie, Natsume Atsushi, Takahashi Masahide

    NEURO-ONCOLOGY   19 巻 ( 5 ) 頁: 636-647   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/neuonc/now237

    Web of Science

    PubMed

  54. A novel all-in-one intraoperative genotyping system for IDH1-mutant glioma

    Ohka Fumiharu, Yamamichi Akane, Kurimoto Michihiro, Motomura Kazuya, Tanahashi Kuniaki, Suzuki Hiromichi, Aoki Kosuke, Deguchi Shoichi, Chalise Lushun, Hirano Masaki, Kato Akira, Nishimura Yusuke, Hara Masahito, Kato Yukinari, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    BRAIN TUMOR PATHOLOGY   34 巻 ( 2 ) 頁: 91-97   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-017-0281-0

    Web of Science

    PubMed

  55. Quantitative metabolome analysis profiles activation of glutaminolysis in glioma with IDH1 mutation

    Fumiharu Ohka, Maki Ito, Melissa Ranjit, Takeshi Senga, Ayako Motomura, Kazuya Motomura, Kaori Saito, Keiko Kato, Yukinari Kato, Toshihiko Wakabayashi, Tomoyoshi Soga, Atsushi Natsume

    Tumor Biology     2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13277-014-1784-5

  56. Current trends in targeted therapies for glioblastoma multiforme

    Fumiharu Ohka, Atsushi Natsume, Toshihiko Wakabayashi

    Neurology Research International     2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1155/2012/878425

  57. The Global DNA Methylation Surrogate LINE-1 Methylation Is Correlated with MGMT Promoter Methylation and Is a Better Prognostic Factor for Glioma 査読有り

    Fumiharu Ohka, Atsushi Natsume, Kazuya Motomura, Yugo Kishida, Yutaka Kondo, Tatsuya Abe, Yoko Nakasu, Hiroki Namba, Kenji Wakai, Takashi Fukui, Hiroyuki Momota, Kenichiro Iwami, Sayano Kinjo, Maki Ito, Masazumi Fujii, Toshihiko Wakabayashi

    PLoS ONE     2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0023332

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Epegenetic Cancer Therapy, CLINICAL SIGNIFICANCE OF EPIGENETIC ALTERATIONS IN GLIOBLASTOMA

    Ohka F, Natsume A, Kondo Y( 担当: 共著)

    ACADEMIC PRESS  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

講演・口頭発表等 2

  1. Role of Dysregulation of EZH2-H3K27me3 in Gliomagenesis

    Ohka F, Natsume A, Deguchi S, Katsushima K, Shinjo K, Wakabayashi T, Kondo Y

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. 次世代型術中decision-makingのための術中分子診断法の確立

    大岡史治、栗本路弘、山道茜、鈴木啓道、青木恒介、近藤五郎、本村和也、若林俊彦、夏目敦至

    第20回日本脳腫瘍の外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. 悪性脳腫瘍のオルガノイドモデルを用いた新規エピゲノム治療の探索

    2020年9月 - 現在

    武田科学振興財団医学系研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. G34R/V変異小児悪性神経膠腫の腫瘍形成メカニズムの解明

    2018年 - 2019年

    上原記念生命科学財団リサーチフェローシップ 

    大岡史治

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 小児毛様細胞性星細胞腫(Pilocytic astrocytoma)のLiquid biopsyを目指した、BRAF遺伝子異常の迅速高感度解析法の確立

    2017年4月 - 2018年3月

    日比野基金医学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 小児脳幹グリオーマのLiquid biopsyを目指したH3F3A遺伝子変異の高感度診断法の確立

    2017年4月 - 2018年3月

    日本脳神経財団研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 高感度迅速遺伝子解析システムを用いた、liquid biopsyによる小児、若年成人脳腫瘍の新規低侵襲診断法の開発

    2017年4月 - 2018年3月

    共済団医学奨励研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 9

  1. 神経膠腫における腫瘍進化的トラジェクションの解明と次世代個別化医療の探索

    研究課題/研究課題番号:20H03789  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    夏目 敦至, 大岡 史治, 青木 恒介, 日野原 邦彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本課題では、これまでの組織レベルの研究ではわからなかった、腫瘍増殖を引き起こす進化遺伝子変異(evolutionary mutation)をシングルセルバーコード解析技術により探索し、腫瘍の寛解につながる治療法を見出すことを目的とする。IDH1変異やEZH2高発現に依存しなくなった進化的トラジェクションを引き起こす起因遺伝子を同定し、悪性転化により腫瘍増殖が制御不能になる前に介入できる新規薬剤を見出すことを最終的なゴールとする。本研究の科学的な裏付けをもって、悪性転化を阻止・遅延するというきめ細やかな治療戦略により、新規のプレシジョンメディシンの概念を確立する。

  2. 悪性脳腫瘍のエピゲノム異常が誘導するネオアンチゲンを標的とした新規治療戦略の開発

    研究課題/研究課題番号:19KK0228  2019年10月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    夏目 敦至, 大岡 史治, 青木 恒介, 平野 雅規

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では脳腫瘍のオルガノイドモデルを作成し、詳細な分子解析を行うことで、脳腫瘍の悪性性質に関わるエピゲノム異常とネオアンチゲン形成のクロストークメカニズムの解明を目指す。悪性脳腫瘍の免疫治療研究の第一人者である米国University of California, San Francisco (UCSF) 岡田秀穂教授、脳腫瘍の分子解析研究の第一人者であるカナダ・トロントのLabatt Brain Tumor Research Centre(LBTRC)Michael Taylor 教授との共同研究にてエピゲノム治療と免疫治療を組み合わせた治療法の前臨床研究を目指す。
    腫瘍形成前である生後60日、腫瘍形成早期―後期である生後90日、110日、130日のMADMマウスよりGFP陽性細胞をFACSセルソーティングにて回収した。これらの細胞を用いてシングルセル解析による遺伝子発現解析を行い、クラスタリング統計解析を行うことで、治療前の組織多様性の分子背景を探索した。また、MADMマウスに対して、現在の悪性脳腫瘍の標準治療薬であるテモゾロミドの投薬を行った。MRI撮影にて治療効果を評価し、治療終了後に残存、増大するGFP陽性細胞をFACSセルソーティングにて回収し、これらの細胞を用いて、全エクソン変異解析、RRBS法によるDNAメチル化解析、ChIP-Seq法によるエンハンサー領域の同定と立体構造解析を行った。RNA-Seq法にて遺伝子発現解析を行った。これらの結果と未治療腫瘍細胞を比較して治療抵抗性に寄与する候補異常分子を同定した。
    治療後のマウスより髄液を回収しctDNAを抽出する。高感度遺伝子解析法であるデジタルPCR法を用いて、治療抵抗性細胞群に特異的にみられた遺伝子異常のctDNA解析法を確立した。ctDNAはごく微量であるため、もしも確立が困難であれば、マウスの髄液もしくは血液中のエクソソームに含まれるDNA、RNAを解析することも検討するというトラブルシューティングを計画していたが、新しい技術として、ナノワイヤの開発に成功し、微量のctDNAの捕捉することができ、本件も論文として成果発表することができた。
    COVID-19の影響で人材派遣ができず、カナダトロントとの共同研究が円滑に進まなかった。研究試料の到着も遅延した。しかし、可能な範囲での研究成果を発表することができた。
    IDH, H3F3A遺伝子異常脳腫瘍マウスモデル、PDX脳腫瘍マウスモデルの樹立と解析を行う予定である。具体的には、IDH, H3F3A遺伝子異常はそれぞれIDH1 R132H変異、H3F3A K27M変異が代表的である。CRISPR/Cas9システムを用いたこれらの変異遺伝子の個体への導入技術の確立を目指す。いずれも変異部位周囲を標的としたガイドRNAを設計し、それぞれの変異型塩基配列をもつ一本鎖オリゴヌクレオチドとともに導入することで変異型遺伝子導入を行う。

  3. スーパーエンハンサー形成が誘導する悪性脳腫瘍の異常クロマチンリモデリングの解明

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    大岡 史治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. スーパーエンハンサー形成が誘導する悪性脳腫瘍の異常クロマチンリモデリングの解明

    研究課題/研究課題番号:19K09478  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大岡 史治, 夏目 敦至

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    近年、がんの新しいドライバーメカニズムとしてスーパーエンハンサー異常が提唱された。腫瘍形成に寄与する異常なスーパーエンハンサー機構の全容と、その出現タイミングを明確に解明することが悪性脳腫瘍の新規治療開発に重要と考えた。本研究では悪性脳腫瘍の形成過程において、経時的にスーパーエンハンサー領域と抑制型ヒストン修飾領域の変化を解析し、EZH2とスーパーエンハンサーのクロストークメカニズムを解明することを目的とする。本研究から得られた知見から予後不良疾患であるIDH野生型悪性脳腫瘍における、EZH2阻害剤とJQ1の併用新規治療法の開発につながることを期待して上記研究計画を進める予定である。
    本研究ではin vitro、in vivo実験を併用して、IDH 野生型悪性脳腫瘍の腫瘍形成過程におけるスーパーエンハンサー領域を経時的に解析し、治療標的としての有用性を評価する。当該年度はMADMマウスから回収したGFP陽性細胞(前腫瘍細胞と腫瘍細胞)を用いたChIP-Seq、RNA-Seq解析を行った。データ解析も進めており、遺伝子発現の活性化修飾であるH3K4me3修飾を受けた遺伝子群の遺伝子発現レベルは高く、一方で抑制修飾であるH3K27me3修飾を受けた遺伝子群の発現レベルは低いことを同定した。また両方の修飾を受けたbivalent修飾遺伝子群が腫瘍形成過程とともに増加することを同定した。またin vitro実験ではEZH2阻害剤であるEPZ6438をMADM腫瘍細胞株に投与し、Fzd8遺伝子の発現が増加することを同定した。Fzd8は腫瘍形成過程において徐々に発現が抑制されていくことを同定した。Fzd8はEZH2の重要なターゲット遺伝子で腫瘍抑制的に機能している分子であると考え、腫瘍細胞にFzd8を強制発現すると細胞増殖抑制効果が見られることを同定した。一方で前腫瘍状態の細胞株を用いてsiRNAでFzd8をノックダウンすると細胞増殖促進効果が見られた。in vivo実験では、生後90日のMADMマウスのMRIを撮影したのちにEPZ6438を投与することで対照群と比較して有意に腫瘍の増大が抑制されることも同定した。現在MADM腫瘍細胞株を用いて以上エンハンサー領域の同定を行うためにChIP-Seq法、次世代シークエンスで得られるデータ解析法について予備実験を行い、準備を進めている。
    現在in vitro, in vivo実験ともに予備実験を行っている段階の部分もあるが、一部結果が得られ始めており、今後も同様に進めていく予定である。
    動物モデル、細胞株等の実験試料は確保できつつあるため、今後は主にエンハンサー異常の網羅的解析、エンハンサー異常を標的としたin vivo実験のための予備実験等を進めていく予定である。

  5. Xenopus由来因子のエピゲノム制御による神経系細胞の系譜転換と神経再生

    研究課題/研究課題番号:19K09453  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    西村 由介, 大岡 史治, 夏目 敦至

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    これまでの大規模ゲノム解析での実績からアフリカツメガエル(Xenopus)での神経再生時に高発現し、内在性神経幹細胞を誘導する分子を選定する。新規に開発した神経幹細胞嗜好性のあるリンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス(LCMV)のエンベロープと分裂細胞に感染し恒常的に発現するレトロウイルスのハイブリッドベクターを構築し、感染効率と発現効率上昇を両立させる技術を用いる。ヒストン脱アセチル化酵素を阻害することで興奮性運動ニューロンに誘導・分化させ、エピゲノム制御により細胞運命の系譜転換を起こし、軸索伸長とシナプス再構築と機能回復をマウス脊髄損傷モデルで検討する。
    2019年度は、アフリカツメガエルの幼生期における脊髄損傷後神経再生時に高発現し、内在性神経幹細胞を誘導して神経再生に関わる最も有効な候補遺伝子として、網羅的発現解析(RNA-seq)により、Neurod4を同定した。次いで、リンパ球脈絡炎ウイルスをエンベロープとし、発現系はレトロウイルスであるというハイブリッドベクターにより、脊髄損傷マウスの神経管にNeurod4の遺伝子導入が高率に行うことができることを確認した。2020年度はこの遺伝子導入マウスの運動機能が有意に改善したことを確認した。生体内イメージングで追跡できるようにGreen fluorescent protein (GFP)で遺伝子導入された細胞をラベルし、免疫染色、qPCRによりNeurod4導入群では、ニューロンのマーカーであるNeuN陽性細胞数の増加、ChAT陽性細胞の有意な増加が確認され、上衣細胞から脱分化した神経幹細胞がニューロンに分化していることが確認された。ニューロンがシナプスを形成していることもシナプスマーカーを用いて確認できた。エピゲノム制御により、興奮性運動ニューロンに誘導・分化させることが可能であったと判断された。また、脊髄損傷後に発生するグリア瘢痕は、軸索の再生の物理的障壁となり神経再生を阻害するが、グリア瘢痕を形成するアストロサイトのうち半数以上は上衣細胞に由来するとされ、Neurod4を導入することでGFAP陽性のアストロサイトの数は明らかな減少を認めた。qPCRでもGFAP発現は対照群と比較して有意な減少が確認された。Neurod4の導入は、上衣細胞から脱分化した幹細胞の分化系統を神経細胞へと系譜転換することで、アストロサイトへの分化を潜在的に減少させた可能性が示された。
    当初予定していた研究計画をほぼ予定通りに遂行できている。
    ニューロンのサブタイプを解析(興奮性ニューロン、抑制性ニューロン、運動ニューロンへの分化)までできており、それぞれのニューロンがシナプスを形成していることもシナプスマーカーを用いて確認できたが、今後は電子顕微鏡を用いてシナプス形成を確認する予定である。現在の結果ではマウスの有意な運動機能改善は得られているが、さらなる改善のため、ヒストン脱アセチル化酵素を阻害することで、さらに効率的に神経管上衣細胞を興奮性運動ニューロンに誘導・分化させ、軸索伸長とシナプス再構築と機能回復が得られるか検討する。抑制性ニューロンが同時に誘導される場合には、抑制性ニューロンの誘導を抑制し、効率的にChATニューロンに分化・誘導させるために、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤である、トリコスタチンAの投与併用を考慮する。
    ニューロンのサブタイプを解析(興奮性ニューロン、抑制性ニューロン、運動ニューロンへの分化)までできている。当初、抑制性ニューロンへの分化はニューロンの機能回復という点において有効でないと考えていたが、ここまでの結果にて興奮性ニューロンは尾側方向へ進展するのに対して抑制性ニューロンは損傷部位周辺を中心に進展する傾向が判明しており、いずれのニューロンも機能回復において有効であると考えている。それぞれのニューロンがシナプスを形成していることもシナプスマーカーを用いて確認できたが、今後は電子顕微鏡を用いてシナプス形成を確認する予定である。現在の結果ではマウスの有意な運動機能改善は得られているが、さらなる改善のため、ヒストン脱アセチル化酵素を阻害することで、さらに効率的に神経管上衣細胞を興奮性運動ニューロンに誘導・分化させ、軸索伸長とシナプス再構築と機能回復が得られるか検討する。抑制性ニューロンが同時に誘導される場合には、抑制性ニューロンの誘導を抑制し、効率的にChATニューロンに分化・誘導させるために、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤である、トリコスタチンAの投与併用を考慮する。

  6. エピゲノム修飾因子を標的とした悪性脳腫瘍の異常エピゲノムの修復

    研究課題/研究課題番号:16K20003  2016年4月 - 2019年3月

    大岡 史治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    脳腫瘍形成を継時的に解析する、個体レベルで治療標的としての有用性を評価するために脳腫瘍自然発生マウスモデルであるMADMマウスモデルを樹立し、そのマウスを用いて解析を進めた。エピゲノム因子であるEZH2は腫瘍形成早期から発現が増加しており、その標的ヒストン修飾であるH3K27me3の修飾異常を誘導していた。MADMマウスから樹立した腫瘍細胞株に対してEZH2阻害剤を投与すると増殖を抑制することができた。またMADMマウスのEZH2をノックアウトする、もしくはEZH2阻害剤を経口投与すると腫瘍内の遺伝子発現が変化することで腫瘍増大を抑制することができた。
    悪性脳腫瘍に対する治療薬は未だ少なく、極めて予後不良疾患である。本研究では悪性脳腫瘍の一部のサブグループではエピゲノム因子であるEZH2が腫瘍形成に重要な役割を果たしており、EZH2を阻害することで腫瘍の増大を抑制することができた。細胞実験のみでなく動物実験でも有望な効果が見られており、予後不良である悪性脳腫瘍の有望な新規治療薬の候補として今後さらに研究を発展していくための基礎となる知見を得ることができたと考えられる。

  7. エピゲノム修飾因子を標的とした悪性脳腫瘍の異常エピゲノムの修復

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    大岡 史治

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 膠芽腫形成においてエピゲノム異常を誘導する新規分子の同定

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 悪性脳腫瘍におけるゲノムーエピゲノムのクロストークを標的とした新規治療の開発

    2014年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示