2022/07/24 更新

写真a

サトウ タケヒト
佐藤 威仁
SATO Takehito
所属
医学部附属病院 麻酔科 病院助教
職名
病院助教

学位 1

  1. 医学博士(課程) ( 2021年2月 ) 

研究キーワード 4

  1. Awake craniotomy

  2. 小児麻酔

  3. 神経麻酔

  4. 麻酔科学

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 麻酔科学

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    2016年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 秋田大学   医学部

    - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本麻酔科学会

  2. ペインクリニック学会

  3. 臨床麻酔学会

  4. 日本集中治療医学会

  5. 心臓血管麻酔学会

  6. 日本区域麻酔学会

  7. 神経麻酔集中治療学会

  8. 小児麻酔学会

▼全件表示

委員歴 2

  1. 麻酔科学会 神経ワーキンググループ  

    2018年4月 - 2019年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本麻酔科学会 神経ワーキンググループ   サテライトメンバー  

    2019年5月 - 現在   

受賞 1

  1. 神経セッション 優秀演題賞

    2018年5月   日本麻酔科学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

 

論文 15

  1. Serum Concentration of Ropivacaine After Repeated Administration to Several Parts of the Head During Awake Craniotomy: A Prospective Cohort Study 査読有り

    Sato T, Ando T, Asano I, Mori A, Motomura K and Nishiwaki K

    Front. Med.   9:834334 巻   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: https://doi.org/10.3389/fmed.2022.834334

  2. Comparison of remimazolam and propofol in anesthetic management for awake craniotomy: a retrospective study. 査読有り

    Sato T, Nishiwaki K

    Journal of anesthesia   36 巻 ( 1 ) 頁: 152 - 155   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Anesthesia  

    A new ultra-short-acting benzodiazepine intravenous anesthetic agent, remimazolam, was launched in Japan in 2020. Anesthesia during awake craniotomy is reportedly being performed safely using remimazolam; however, studies on its efficacy in awake craniotomy have not been conducted. We aimed to compare the efficacy of remimazolam and propofol in awake craniotomy. In this retrospective study, patients who underwent awake craniotomy (n = 36) at our hospital between December 2019 and January 2021 were divided into two groups: the propofol group (P group: n = 21) and the remimazolam group (R group: n = 15). There was no significant difference in the recovery time between the two groups (p = 0.18). The number of patients experiencing nausea was higher in the R group than in the P group (p = 0.02); however, regression analysis revealed that the use of remimazolam contributed to increased intraoperative nausea (odds ratio = 14.4, p = 0.04). No significant differences were observed in the frequency of vomiting and other intraoperative complications between the two groups. In conclusion, remimazolam has the potential for use as an alternative drug in anesthetic management during awake craniotomy.

    DOI: 10.1007/s00540-021-03021-8

    Scopus

    PubMed

  3. Successful perioperative management of extended right hemihepatectomy in a trisomy 18 infant with coarctation of the aorta after pulmonary artery banding 査読有り

    Takehito Sato, Yui Somura,Masashi Takakura, Sho Maeda , Shogo Suzuki ,Kimitoshi Nishiwaki

    Japanese journal of reanimatology   in press 巻   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.11414/jjreanimatology.41.1_38

  4. Difficult Airway Management with Nicolaides-Baraitser Syndrome(BRIEF COMMUNICATION FROM THE JAPANESE DENTAL SOCIETY OF ANESTHESIOLOGY). 招待有り 査読有り

    Saori Taharabaru,Takehito Sato,Kimitoshi Nishiwaki

    Anesthesia progress   68 巻 ( 1 ) 頁: 47 - 49   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.2344/anpr-67-04-05

  5. 覚醒下開頭術における局所麻酔~神経ブロックを中心として~  招待有り

    佐藤威仁、西脇公俊

    臨床麻酔   45 巻 ( 3 )   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Morphology, localization, and postnatal development of dural macrophages 査読有り

    Sato Takehito, Konishi Hiroyuki, Tamada Hiromi, Nishiwaki Kimitoshi, Kiyama Hiroshi

    CELL AND TISSUE RESEARCH     2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cell and Tissue Research  

    DOI: 10.1007/s00441-020-03346-y

    Web of Science

    Scopus

  7. Accuracy of landmark scalp blocks performed during asleep-awake-asleep awake craniotomy: a retrospective study 査読有り 国際誌

    Sato Takehito, Nishiwaki Kimitoshi

    JA CLINICAL REPORTS   7 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40981-021-00412-4

    Web of Science

  8. Novel anesthetic agent remimazolam as an alternative for the asleep-awake-asleep technique of awake craniotomy 査読有り 国際誌

    Sato Takehito, Kato Yumi, Yamamoto Mayumi, Nishiwaki Kimitoshi

    JA CLINICAL REPORTS   6 巻 ( 1 ) 頁: 92 (2020)   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40981-020-00398-5

    Web of Science

  9. Preanesthesia scalp blocks reduce intraoperative pain and hypertension in the asleep-awake-asleep method of awake craniotomy: A retrospective study 査読有り 国際誌

    Sato Takehito, Okumura Tomoko, Nishiwaki Kimitoshi

    JOURNAL OF CLINICAL ANESTHESIA   66 巻   頁: 109946 - 109946   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Clinical Anesthesia  

    DOI: 10.1016/j.jclinane.2020.109946

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. 巨大心臓腫瘍に対する経静脈的ペースメーカー植え込み術において、経食道心エコーが術中麻酔管理とリード留置に有用であった一例 査読有り

    高倉将司、佐藤威仁、竹田道宏、藤井祐、西脇公俊

      24 巻 ( 1 ) 頁: 173 - 177   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.11478/jscva.2020-2-006

  11. 睡眠時無呼吸, 小顎, 開口制限を伴うニコライデスバライスター症候群患児の全身麻酔経験 査読有り

    田原春 早織, 佐藤 威仁, 西脇 公俊

    日本歯科麻酔学会雑誌   47 巻 ( 3 ) 頁: 107 - 109   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: https://doi.org/10.24569/jjdsa.47.3_107

  12. Retrospective investigation about anesthetic management of biliary atresia in children: laparoscopic versus conventional Kasai portoenterostomy 査読有り

    Takehito Sato,Kimitoshi Nishiwaki

    JA Clinical Reports     頁: 2019 5:7   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1186/s40981-019-0228-z

  13. The effect of nitrous oxide on the intraocular pressure in patients undergoing abdominal surgery under sevoflurane and remifentanil anesthesia. 査読有り

    Goyagi T, Sato T, Horiguchi T, Nishikawa T

    Open Journal of Anesthesiology   ( 6 ) 頁: 85-90   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. 術後5日目に気管挿管が原因と考えられる披裂軟骨脱臼と診断された症例 査読有り

    佐藤 威仁 、横山 成典、 大高 公成

    日本臨床麻酔学会誌     頁: 32-35   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Sevoflurane-Nitrous Oxide Anesthesia Attenuates the Heart Rate Response to Intravenous Isoproterenol Infusion 査読有り

    Takehito Sato Takashi Horiguchi Toshiaki Nishikawa

    CircCont   36 巻   頁: 179-184   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 最先端外科手術の麻酔管理

    稲垣 喜三 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 胸部大動脈瘤ステント留置術)

    克誠堂出版  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC 2

  1. 1ヵ月児の巨大前縦隔腫瘍に対する麻酔管理の一例

    佐藤 威仁, 絹川 友章, 谷口 菜奈子, 尾関 奏子, 西脇 公俊  

    日本小児麻酔学会大会プログラム26回 巻   頁: 35 - 35   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児麻酔学会  

  2. 10mm大の声帯腫瘍摘出術の麻酔経験 国際誌

    天野 靖大, 佐藤 威仁, 西脇 公俊  

    日本臨床麻酔学会誌38 巻 ( 6 ) 頁: S238 - S238   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床麻酔学会  

講演・口頭発表等 28

  1. Awake craniotomyの麻酔を上手に行うために 合併症の対応 招待有り

    佐藤 威仁

    第41回臨床麻酔学会  2021年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:札幌  

  2. レミマゾラムを極める 覚醒下開頭術の上手な使い方 招待有り

    佐藤 威仁

    第25回神経麻酔集中治療学会  2021年6月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  3. 一か月児の巨大前縦隔腫瘍の麻酔管理の一例

    佐藤威仁  絹川友章 谷口菜奈子 尾関奏子 西脇公俊

    第26回小児麻酔学会  2021年10月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  4. 大動脈縮窄症姑息術後の18trisomy児における肝右葉切除術の周術期管理を安全に行いえた一例

    佐藤威仁 西脇公俊

    第26回日本心臓血管麻酔学会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. Awake Craniotomy術中のレミマゾラムを用いた麻酔管理についての検討 覚醒時のフルマゼニル投与に関する考察・検討

    佐藤威仁

    第19回Awake Surgery学会  2021年6月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  6. Awake craniotomyの麻酔管理におけるプロポフォールとレミマゾラムの比較検討

    佐藤威仁 西脇公俊

    第25回神経麻酔集中治療学会  2021年6月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  7. Asleep-Awake-Asleep法で施行された覚醒下脳腫瘍手術におけるレミマゾラムを使用した麻酔管理についての検討

    佐藤威仁 西脇公俊

    第68回日本麻酔科学会学術集会  2021年6月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月 - 現在

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸(Web)  

  8. Asleep-Awake-Asleep法での覚醒下脳手術におけるレミマゾラムの使用経験―レミマゾラムは覚醒下脳手術の麻酔管理における新たな選択肢となりうるか?

    佐藤 威仁、加藤 由美、山本 真由美、西脇 公俊

    第27回日本静脈麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 覚醒下脳腫瘍手術中における覚醒までに投与可能なロピバカイン総投与量の検討

    佐藤 威仁、森 厚詞、西脇 公俊

    第24回神経麻酔集中治療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  10. ランドマーク法で施行された頭皮ブロックについての考察 覚醒下脳手術でのブロック経験から

    佐藤 威仁、西脇 公俊

    第7回区域麻酔学会(web開催) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長野県(web開催)   国名:日本国  

  11. 覚醒下脳手術でのデキサメタゾン投与は5HT3受容体阻害薬投与と比べ嘔気予防薬として有効である プロペンシティスコアマッチングを用いた覚醒下脳手術における嘔気の検討

    佐藤 威仁、奥村 朋子、西脇 公俊

    日本麻酔科学会 第67回学術集会(Web開催) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 仰臥位で換気困難のため覚醒下手術を断念した患者に対し,側臥位で安全に周術期管理を行い得た一例

    佐藤 威仁、三澤 知子、西脇 公俊

    第47回日本集中治療学会(web開催) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Serum concentration of ropivacaine after the repeated administration to several parts of the head during awake craniotomy 国際会議

    Sato T, Ando T, Mori A, Nishiwaki K

    Euroanesthesia 2020 (Abstract) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. 覚醒下手術の麻酔法-当院における経験から 招待有り

    佐藤 威仁

    Awake Surgery学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:グランキューブ大阪   国名:日本国  

  15. 神経PBLD 神経筋疾患の麻酔管理:重症筋無力症患者の周術期管理 招待有り

    佐藤 威仁

    日本麻酔科学会 第66回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:ポートピアホテル神戸   国名:日本国  

  16. 神経PBLD 神経筋疾患の麻酔管理:コーディネーター 招待有り

    佐藤 威仁、中山 英人

    日本麻酔科学会 第66回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:ポートピアホテル神戸   国名:日本国  

  17. ガイドライン改訂を踏まえたAwake craniotomy の麻酔管理 -より安全に、より質の高い麻酔管理を目指して- 招待有り

    佐藤 威仁

    日本麻酔科学会 第66回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸市   国名:日本国  

  18. 当院の覚醒下脳手術における後方視的検討 麻酔導入前に行う頭皮神経ブロックの有用性について(優秀演題)

    佐藤 威仁、奥村 朋子、西脇 公俊

    日本麻酔科学会 第65回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. 先天性胆道閉鎖症における腹腔鏡下葛西手術と開腹下葛西手術の麻酔管理における比較検討

    佐藤 威仁、西脇 公俊

    小児麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. 学童期のMenkes病患者に対し全身麻酔を施行した一例

    佐藤 威仁、西脇 公俊

    蘇生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:秋田市   国名:日本国  

  21. 気管膜様部を貫通する外傷性縦隔異物患者に対してMcGrathを用い気道確保を行った緊急手術の一症例

    佐藤 威仁、西川 俊昭

    日本麻酔科学会 北海道・東北支部 第4回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  22. 経食道心エコープローベ挿入困難にMcGRATHを用いて安全に挿入し得た1症例

    佐藤 威仁、安部恭子、西川俊昭

    臨床麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢市   国名:日本国  

  23. セボフルラン, レミフェンタニル麻酔中の亜酸化窒素投与が眼圧に及ぼす影響

    佐藤威仁, 合谷木徹, 西川俊昭

    日本麻酔科学会 第60回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  24. The effect of nitrous oxide on the intraocular pressure during sevoflurane and remifentanil anesthesia 国際会議

    Sato T, Goyagi T, Nishikawa T

    The 3rd Conference of the Asian Society for Neuroanesthesia and Critical Care 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地: Bali, Indonesia   国名:インドネシア共和国  

  25. 術後5日目に診断された被裂軟骨脱臼の一例

    佐藤 威仁、横山成典、大高公成

    臨床麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄県宜野湾市   国名:日本国  

  26. 全身麻酔後に赤色尿を認めた2症例

    佐藤 威仁、横山成典、大高公成

    臨床麻酔学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄県宜野湾市   国名:日本国  

  27. Serum concentration of ropivacaine after the repeated administration to several parts of the head during awake craniotomy

    Sato T, Ando T, Mori A, Nishiwaki K

    Euroanesthesia 2020 (Abstract)  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  28. ガイドライン改訂を踏まえたAwake craniotomy の麻酔管理 -より安全に、より質の高い麻酔管理を目指して- 招待有り 国際会議

    佐藤 威仁

    日本麻酔科学会 第66回学術集会  2019年5月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸市  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. Asleep-Awake-Asleep法で行われる覚醒下脳腫瘍摘出術における レミマゾラム投与の有用性についての検討

    2020年12月 - 現在

    先端医療開発経費③ 

    佐藤 威仁、西脇 公俊

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1800000円

科研費 1

  1. 脳硬膜マクロファージを中心とした新たなせん妄発生機序の解明

    研究課題/研究課題番号:22K16600  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    佐藤 威仁

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )