2021/11/03 更新

写真a

ナカムラ カズヒロ
中村 和弘
NAKAMURA Kazuhiro
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 細胞科学 教授
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 博士(薬学) ( 2002年3月   京都大学 ) 

  2. 修士(薬学) ( 1999年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 9

  1. 中枢神経回路

  2. 体温調節

  3. 発熱

  4. ストレス

  5. 交感神経

  6. 褐色脂肪

  7. 代謝

  8. プロスタグランジン

  9. 情動

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 生理学  / 環境生理学

  2. ライフサイエンス / 神経科学一般  / 自律神経学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 恒常性維持機能の統合的制御を実現する中枢神経機構の解明

経歴 7

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合医学専攻   教授

    2015年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 京都大学   生命科学系キャリアパス形成ユニット   准教授

    2014年2月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 科学技術振興機構・さきがけ研究者(兼任)

    2013年10月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 京都大学   生命科学系キャリアパス形成ユニット   講師

    2013年4月 - 2014年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 京都大学   生命科学系キャリアパス形成ユニット   特任助教

    2009年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. オレゴン健康科学大学・博士研究員

    2005年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  7. 日本学術振興会・特別研究員(PD)

    2002年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 京都大学   薬学研究科

    1999年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   薬学研究科

    1997年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   薬学部

    1993年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本生理学会   理事・評議員

  2. American Physiological Society

  3. 日本神経科学学会

  4. Society for Neuroscience

  5. 日本自律神経学会   監事・評議員

  6. International Society for Autonomic Neuroscience

  7. 日本薬理学会

▼全件表示

受賞 12

  1. 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)

    2021年4月   文部科学省  

    中村和弘

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  2. 日本学術振興会賞

    2015年2月   日本学術振興会  

    中村和弘

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 日本学士院学術奨励賞

    2015年2月   日本学士院  

    中村和弘

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 米国生理学会 Henry Pickering Bowditch Award

    2014年4月   米国生理学会  

    中村和弘

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:アメリカ合衆国

  5. 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2012年4月   文部科学省  

    中村和弘

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 日本自律神経学会 学会賞

    2013年10月   日本自律神経学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 日本生理学会 奨励賞

    2010年5月   日本生理学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. 日本生理学会 環境生理学グループ 久野 寧 記念賞

    2010年5月   日本生理学会 環境生理学グループ  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 米国生理学会 Neural Control and Autonomic Regulation Section (NCAR) New Investigator Award

    2010年4月   米国生理学会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  10. オレゴン健康科学大学 神経科学研究所 Festival of Lights Award

    2007年   オレゴン健康科学大学 神経科学研究所  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  11. 米国生理学会 Neural Control & Autonomic Regulation Research Recognition Award

    2005年   米国生理学会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  12. 日本神経科学学会 奨励賞

    2005年   日本神経科学学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 83

  1. A hypothalamomedullary network for physiological responses to environmental stresses 査読有り 国際誌

    Nakamura, K., Nakamura, Y. & Kataoka, N.

    Nature Reviews Neuroscience     2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41583-021-00532-x

    DOI: 10.1038/s41583-021-00532-x

  2. A central master driver of psychosocial stress responses in the rat 査読有り 国際誌

    Kataoka Naoya, Shima Yuta, Nakajima Keisuke, Nakamura Kazuhiro

    SCIENCE   367 巻 ( 6482 ) 頁: 1105 - 1112   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.aaz4639

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: https://www.med.nagoya-u.ac.jp/physiol2/Paper-download.htm

  3. Central Mechanisms for Thermoregulation 招待有り 査読有り 国際共著 国際誌

    Morrison S. F., Nakamura K.

    ANNUAL REVIEW OF PHYSIOLOGY   81 巻   頁: 285 - 308   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1146/annurev-physiol-020518-114546

    Web of Science

  4. The lateral parabrachial nucleus, but not the thalamus, mediates thermosensory pathways for behavioural thermoregulation 査読有り 国際誌

    Yahiro, T., Kataoka, N., Nakamura, Y. & Nakamura, K.

    Scientific Reports   7 巻   頁: 5031   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-05327-8

    PubMed

  5. Medullary reticular neurons mediate neuropeptide Y-induced metabolic inhibition and mastication 査読有り 国際共著 国際誌

    Nakamura Y., Yanagawa Y., Morrison S.F. & Nakamura K.

    Cell Metabolism   25 巻 ( 2 ) 頁: 322 - 334   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cmet.2016.12.002

    Scopus

  6. Psychological stress activates a dorsomedial hypothalamus-medullary raphe circuit driving brown adipose tissue thermogenesis and hyperthermia 査読有り 国際誌

    Kataoka, N., Hioki, H., Kaneko, T. & Nakamura, K.

    Cell Metabolism   20 巻 ( 2 ) 頁: 346 - 358   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cmet.2014.05.018

    PubMed

  7. Central circuitries for body temperature regulation and fever 招待有り 査読有り 国際誌

    K. Nakamura

    American Journal of Physiology - Regulatory Integrative and Comparative Physiology   301 巻 ( 5 ) 頁: R1207 - R1228   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpregu.00109.2011

    PubMed

  8. A thermosensory pathway mediating heat-defense responses 査読有り 国際共著 国際誌

    K. Nakamura; S.F. Morrison

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107 巻 ( 19 ) 頁: 8848 - 8853   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0913358107

  9. A thermosensory pathway that controls body temperature 査読有り 国際共著 国際誌

    K. Nakamura; S.F. Morrison

    Nature Neuroscience   11 巻 ( 1 ) 頁: 62 - 71   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nn2027

    PubMed

  10. Identification of sympathetic premotor neurons in medullary raphe regions mediating fever and other thermoregulatory functions 査読有り 国際共著 国際誌

    K. Nakamura; K. Matsumura; T. Hübschle; Y. Nakamura; H. Hioki; F. Fujiyama; Z. Boldogköi; M. König; H.-J. Thiel; R. Gerstberger; S. Kobayashi; T. Kaneko

    Journal of Neuroscience   24 巻 ( 23 ) 頁: 5370 - 5380   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/JNEUROSCI.1219-04.2004

    PubMed

  11. The Rostral Raphe Pallidus Nucleus Mediates Pyrogenic Transmission from the Preoptic Area 査読有り 国際誌

    K. Nakamura; K. Matsumura; T. Kaneko; S. Kobayashi; H. Katoh; M. Negishi

    Journal of Neuroscience   22 巻 ( 11 ) 頁: 4600 - 4610   2002年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Where mind meets body: a master brain circuit for stress responses 招待有り 査読有り 国際誌

    Kataoka, N. & Nakamura, K.

    The Science Breaker     2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.25250/thescbr.brk404

  13. Hunger and Satiety Signaling: Modeling Two Hypothalamomedullary Pathways for Energy Homeostasis 招待有り 査読有り 国際誌

    Nakamura, K. & Nakamura, Y.

    BioEssays   40 巻 ( 8 ) 頁: e1700252   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bies.201700252

    Web of Science

    PubMed

  14. Central regulation of brown adipose tissue thermogenesis and energy homeostasis dependent on food availability 招待有り 査読有り 国際誌

    Nakamura, Y. & Nakamura, K.

    Pflügers Archiv - European Journal of Physiology   470 巻 ( 5 ) 頁: 823 - 837   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00424-017-2090-z

    PubMed

  15. Afferent pathways for autonomic and shivering thermoeffectors 招待有り 査読有り 国際誌

    Nakamura Kazuhiro

    THERMOREGULATION: FROM BASIC NEUROSCIENCE TO CLINICAL NEUROLOGY, PT I   156 巻   頁: 263 - 279   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/B978-0-444-63912-7.00016-3

    Web of Science

    PubMed

  16. Neural circuit for psychological stress-induced hyperthermia 招待有り 査読有り 国際誌

    Nakamura K

    Temperature   2 巻   頁: 352 - 361   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/23328940.2015.1070944

  17. Distribution of Fos-immunoreactive cells in rat forebrain and midbrain following social defeat stress and diazepam treatment. 査読有り 国際誌

    Lkhagvasuren, B., Oka, T., Nakamura, Y., Hayashi, N., Sudo, N. & Nakamura, K.

    Neuroscience   272 巻   頁: 34 - 57   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2014.04.047

  18. Central efferent pathways for cold-defensive and febrile shivering 査読有り 国際共著 国際誌

    K. Nakamura; S.F. Morrison

    Journal of Physiology   589 巻 ( 14 ) 頁: 3641 - 3658   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/jphysiol.2011.210047

    PubMed

  19. Social defeat stress induces hyperthermia through activation of thermoregulatory sympathetic premotor neurons in the medullary raphe region 査読有り 国際誌

    B. Lkhagvasuren; Y. Nakamura; T. Oka; N. Sudo; K. Nakamura

    European Journal of Neuroscience   34 巻 ( 9 ) 頁: 1442 - 1452   2011年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1460-9568.2011.07863.x

  20. Central neural pathways for thermoregulation 招待有り 査読有り 国際共著 国際誌

    S.F. Morrison; K. Nakamura

    Frontiers in Bioscience   16 巻 ( 1 ) 頁: 74 - 104   2011年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2741/3677

  21. Different populations of prostaglandin EP3 receptor-expressing preoptic neurons project to two fever-mediating sympathoexcitatory brain regions 査読有り 国際共著 国際誌

    Y. Nakamura; K. Nakamura; S.F. Morrison

    Neuroscience   161 巻 ( 2 ) 頁: 614 - 620   2009年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2009.03.041

  22. Preoptic mechanism for cold-defensive responses to skin cooling 査読有り 国際共著 国際誌

    K. Nakamura; S.F. Morrison

    Journal of Physiology   586 巻 ( 10 ) 頁: 2611 - 2620   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/jphysiol.2008.152686

  23. Central control of thermogenesis in mammals 招待有り 査読有り 国際共著 国際誌

    S.F. Morrison; K. Nakamura; C.J. Madden

    Experimental Physiology   93 巻 ( 7 ) 頁: 773 - 797   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/expphysiol.2007.041848

  24. Central efferent pathways mediating skin cooling-evoked sympathetic thermogenesis in brown adipose tissue 査読有り 国際共著 国際誌

    K. Nakamura; S.F. Morrison

    American Journal of Physiology - Regulatory Integrative and Comparative Physiology   292 巻 ( 1 ) 頁: R127 - R136   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpregu.00427.2006

  25. In vivo function of Rnd2 in the development of neocortical pyramidal neurons 査読有り 国際誌

    K. Nakamura; Y. Yamashita; N. Tamamaki; H. Katoh; T. Kaneko; M. Negishi

    Neuroscience Research   54 巻 ( 2 ) 頁: 149 - 153   2006年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Direct pyrogenic input from prostaglandin EP3 receptor-expressing preoptic neurons to the dorsomedial hypothalamus 査読有り 国際共著 国際誌

    Y. Nakamura; K. Nakamura; K. Matsumura; S. Kobayashi; T. Kaneko; S.F. Morrison

    European Journal of Neuroscience   22 巻 ( 12 ) 頁: 3137 - 3146   2005年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1460-9568.2005.04515.x

  27. Sympathetic premotor neurons mediating thermoregulatory functions 査読有り 国際誌

    K. Nakamura; K. Matsumura; S. Kobayashi; T. Kaneko

    Neuroscience Research   51 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 8   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Independent inputs by VGLUT2- and VGLUT3-positive glutamatergic terminals onto rat sympathetic preganglionic neurons 査読有り 国際誌

    K. Nakamura; S.-X. Wu; F. Fujiyama; K. Okamoto; H. Hioki; T. Kaneko

    NeuroReport   15 巻 ( 3 ) 頁: 431 - 436   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/00001756-200403010-00010

    PubMed

  29. Fever-inducing sympathetic neural pathways 招待有り 査読有り 国際誌

    K. Nakamura

    Journal of Thermal Biology   29 巻 ( 7-8 SPEC. ISS. ) 頁: 339 - 344   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtherbio.2004.08.001

  30. Neurons of the rat preoptic area and the raphe pallidus nucleus innervating the brown adipose tissue express the prostaglandin E receptor subtype EP3 査読有り 国際共著 国際誌

    K. Yoshida; K. Nakamura; K. Matsumura; K. Kanosue; M. König; H.-J. Thiel; Z. Boldogköi; I. Toth; J. Roth; R. Gerstberger; T. Hübschle

    European Journal of Neuroscience   18 巻 ( 7 ) 頁: 1848 - 1860   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1460-9568.2003.02919.x

  31. Prostaglandin EP3 receptor protein in serotonin and catecholamine cell groups: A double immunofluorescence study in the rat brain 査読有り 国際誌

    K. Nakamura; Y.-Q. Li; T. Kaneko; H. Katoh; M. Negishi

    Neuroscience   103 巻 ( 3 ) 頁: 763 - 775   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0306-4522(01)00027-6

    PubMed

  32. Immunohistochemical localization of prostaglandin EP3 receptor in the rat nervous system 査読有り 国際誌

    K. Nakamura; T. Kaneko; Y. Yamashita; H. Hasegawa; H. Katoh; M. Negishi

    Journal of Comparative Neurology   421 巻 ( 4 ) 頁: 543 - 569   2000年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/(SICI)1096-9861(20000612)421:4<543::AID-CNE6>3.0.CO;2-3

    PubMed

  33. Immunocytochemical localization of prostaglandin EP3 receptor in the rat hypothalamus 査読有り 国際誌

    K. Nakamura; T. Kaneko; Y. Yamashita; H. Hasegawa; H. Katoh; A. Ichikawa; M. Negishi

    Neuroscience Letters   260 巻 ( 2 ) 頁: 117 - 120   1999年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0304-3940(98)00962-8

    PubMed

  34. Inhibition of dopamine release by prostaglandin EP3 receptor via pertussis toxin-sensitive and -insensitive pathways in PC12 cells 査読有り 国際誌

    K. Nakamura; H. Katoh; A. Ichikawa; M. Negishi

    Journal of Neurochemistry   71 巻 ( 2 ) 頁: 646 - 652   1998年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1471-4159.1998.71020646.x

    PubMed

  35. Metabolic flexibility via mitochondrial BCAA carrier SLC25A44 is required for optimal fever 査読有り 国際共著 国際誌

    Yoneshiro Takeshi, Kataoka Naoya, Walejko Jacquelyn M., Ikeda Kenji, Brown Zachary, Yoneshiro Momoko, Crown Scott B., Osawa Tsuyoshi, Sakai Juro, McGarrah Robert W., White Phillip J., Nakamura Kazuhiro, Kajimura Shingo

    ELIFE   10 巻   頁: e66865   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/eLife.66865

    DOI: 10.7554/eLife.66865

    Web of Science

    PubMed

  36. microRNA-33 maintains adaptive thermogenesis via enhanced sympathetic nerve activity 査読有り 国際共著 国際誌

    Horie Takahiro, Nakao Tetsushi, Miyasaka Yui, Nishino Tomohiro, Matsumura Shigenobu, Nakazeki Fumiko, Ide Yuya, Kimura Masahiro, Tsuji Shuhei, Rodriguez Randolph Ruiz, Watanabe Toshimitsu, Yamasaki Tomohiro, Xu Sijia, Otani Chiharu, Miyagawa Sawa, Matsushita Kazuki, Sowa Naoya, Omori Aoi, Tanaka Jin, Nishimura Chika, Nishiga Masataka, Kuwabara Yasuhide, Baba Osamu, Watanabe Shin, Nishi Hitoo, Nakashima Yasuhiro, Picciotto Marina R., Inoue Haruhisa, Watanabe Dai, Nakamura Kazuhiro, Sasaki Tsutomu, Kimura Takeshi, Ono Koh

    NATURE COMMUNICATIONS   12 巻 ( 1 ) 頁: 843   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-021-21107-5

    Web of Science

    PubMed

  37. Combi-CRISPR: combination of NHEJ and HDR provides efficient and precise plasmid-based knock-ins in mice and rats 査読有り 国際誌

    Yoshimi Kazuto, Oka Yuichiro, Miyasaka Yoshiki, Kotani Yuko, Yasumura Misato, Uno Yoshihiro, Hattori Kosuke, Tanigawa Arisa, Sato Makoto, Oya Manami, Nakamura Kazuhiro, Matsushita Natsuki, Kobayashi Kazuto, Mashimo Tomoji

    HUMAN GENETICS   140 巻 ( 2 ) 頁: 277 - 287   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00439-020-02198-4

    Web of Science

    PubMed

  38. Involvement of TRPM2 and TRPM8 in temperature-dependent masking behavior 査読有り 国際誌

    Ota Wataru, Nakane Yusuke, Kashio Makiko, Suzuki Yoshiro, Nakamura Kazuhiro, Mori Yasuo, Tominaga Makoto, Yoshimura Takashi

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻 ( 1 ) 頁: 3706   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-40067-x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  39. Sympathoexcitation by hypothalamic paraventricular nucleus neurons projecting to the rostral ventrolateral medulla 査読有り 国際誌

    Koba, S., Hanai, E., Kumada, N., Kataoka, N., Nakamura, K., & Watanabe, T.

    Journal of Physiology   596 巻 ( 19 ) 頁: 4581 - 4595   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/JP276223

    Web of Science

    PubMed

  40. Differential inputs to the perisomatic and distal-dendritic compartments of VIP-positive neurons in layer 2/3 of the mouse barrel cortex 査読有り 国際誌

    Sohn J., Okamoto S., Kataoka N., Kaneko T., Nakamura K. & Hioki H.

    Frontiers in Neuroanatomy   10 巻   頁: 124   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnana.2016.00124

  41. Dapagliflozin, a sodium-glucose co-transporter 2 inhibitor, acutely reduces energy expenditure in BAT via neural signals in mice. 査読有り 国際誌

    Chiba, Y., Yamada, T., Tsukita, S., Takahashi, K., Munakata, Y., Shirai, Y., Kodama, S., Asai, Y., Sugisawa, T., Uno, K., Sawada, S., Imai, J., Nakamura, K. & Katagiri, H.

    PLoS One   11 巻   頁: e0150756   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0150756

  42. Critical roles of nardilysin in the maintenance of body temperature homoeostasis 査読有り 国際誌

    Y. Hiraoka; T. Matsuoka; M. Ohno; K. Nakamura; S. Saijo; S. Matsumura; K. Nishi; J. Sakamoto; P.-M. Chen; K. Inoue; T. Fushiki; T. Kita; T. Kimura; E. Nishi

    Nature Communications   5 巻   頁: 3224   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms4224

  43. Tangential migration and proliferation of intermediate progenitors of GABAergic neurons in the mouse telencephalon 査読有り 国際共著 国際誌

    S. Wu; S. Esumi; K. Watanabe; J. Chen; K.C. Nakamura; K. Nakamura; K. Kometani; N. Minato; Y. Yanagawa; K. Akashi; K. Sakimura; T. Kaneko; N. Tamamaki

    Development   138 巻 ( 12 ) 頁: 2499 - 2509   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/dev.063032

  44. EP<sub>3</sub> receptors mediate PGE<sub>2</sub>-induced hypothalamic paraventricular nucleus excitation and sympathetic activation 査読有り 国際共著 国際誌

    Z.-H. Zhang; Y. Yu; S.-G. Wei; Y. Nakamura; K. Nakamura; R.B. Felder

    American Journal of Physiology - Heart and Circulatory Physiology   301 巻 ( 4 ) 頁: H1559 - H1569   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00262.2011

  45. The TRPV1 Channel in Normal Thermoregulation: What Have We Learned from Experiments Using Different Tools? 招待有り 査読有り 国際共著 国際誌

    A. Garami; M.C. Almeida; T.B. Nucci; T. Hew-Butler; R.N. Soriano; E. Pakai; K. Nakamura; S.F. Morrison; A.A. Romanovsky

    Vanilloid Receptor TRPV1 in Drug Discovery: Targeting Pain and Other Pathological Disorders     頁: 349 - 402   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/9780470588284.ch14

  46. Neutralization of granulocyte macrophage colony-stimulating factor decreases amyloid beta 1-42 and suppresses microglial activity in a transgenic mouse model of Alzheimer's disease. 査読有り 国際共著 国際誌

    Manczak M, Mao P, Nakamura K, Bebbington C, Park B & Reddy PH

    Human Molecular Genetics   18 巻 ( 20 ) 頁: 3876 - 3893   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/hmg/ddp331

  47. Granulocyte-macrophage colony-stimulating factor antibody suppresses microglial activity: Implications for anti-inflammatory effects in Alzheimer's Disease and multiple sclerosis 査読有り 国際共著 国際誌

    P. H. Reddy; M. Manczak; W. Zhao; K. Nakamura; C. Bebbington; G. Yarranton; P. Mao

    Journal of Neurochemistry   111 巻 ( 6 ) 頁: 1514 - 1528   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1471-4159.2009.06432.x

  48. The transient receptor potential vanilloid-1 channel in thermoregulation: A thermosensor it is not 査読有り 国際共著 国際誌

    A.A. Romanovsky; M.C. Almeida; A. Garami; A.A. Steiner; M.H. Norman; S.F. Morrison; K. Nakamura; J.J. Burmeister; T.B. Nucci

    Pharmacological Reviews   61 巻 ( 3 ) 頁: 228 - 261   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1124/pr.109.001263

  49. Prostaglandin E<sub>2</sub> attenuates preoptic expression of GABA <sub>A</sub> receptors via EP3 receptors 査読有り 国際共著 国際誌

    H. Tsuchiya; T. Oka; K. Nakamura; A. Ichikawa; C.B. Saper; Y. Sugimoto

    Journal of Biological Chemistry   283 巻 ( 16 ) 頁: 11064 - 11071   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M801359200

    PubMed

  50. Pyramidal neurons of upper cortical layers generated by NEX-positive progenitor cells in the subventricular zone 査読有り 国際共著 国際誌

    S.-X. Wu; S. Goebbels; K. Nakamura; K. Nakamura; K. Kometani; N. Minato; T. Kaneko; K.-A. Nave; N. Tamamaki

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102 巻 ( 47 ) 頁: 17172 - 17177   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0508560102

    PubMed

  51. Chemically specific circuit composed of vesicular glutamate transporter 3- and preprotachykinin B-producing interneurons in the rat neocortex 査読有り 国際共著 国際誌

    H. Hioki; F. Fujiyama; K. Nakamura; S.-X. Wu; W. Matsuda; T. Kaneko

    Cerebral Cortex   14 巻 ( 11 ) 頁: 1266 - 1275   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cercor/bhh088

    PubMed

  52. Activation of EP4 receptors contributes to prostaglandin E2 mediated stimulation of renal sensory nerves 査読有り 国際共著 国際誌

    Kopp, U.C., Cicha, M.Z., Nakamura, K., Nüsing, R.M., Smith, L.A. & Hökfelt, T.

    American Journal of Physiology-Renal Physiology   287 巻   頁: F1269 - F1282   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00230.2004

  53. Developmental changes in expression of small GTPase RhoG mRNA in the rat brain 査読有り 国際誌

    Y. Ishikawa; H. Katoh; K. Nakamura; K. Mori; M. Negishi

    Molecular Brain Research   106 巻 ( 1-2 ) 頁: 145 - 150   2002年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0169-328X(02)00413-8

    PubMed

  54. Suppression of fever at near term is associated with reduced COX-2 protein expression in rat hypothalamus 査読有り 国際共著 国際誌

    Mouihate, A., Clerget-Froidevaux, M.S., Nakamura, K., Negishi, M., Wallace, J.L. & Pittman, Q.J.

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-REGULATORY INTEGRATIVE AND COMPARATIVE PHYSIOLOGY   283 巻 ( 3 ) 頁: R800 - R805   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpregu.00258.2002

  55. Gα<sub>12</sub> and Gα<sub>13</sub> inhibit Ca<sup>2+</sup>-dependent exocytosis through Rho/Rho- associated kinase-dependent pathway 査読有り 国際誌

    Y. Yamaguchi; H. Katoh; H. Yasui; J. Aoki; K. Nakamura; M. Negishi

    Journal of Neurochemistry   75 巻 ( 2 ) 頁: 708 - 717   2000年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1471-4159.2000.0750708.x

    PubMed

  56. Different membrane targeting of prostaglandin EP3 receptor isoforms dependent on their carboxy-terminal tail structures 査読有り 国際誌

    H. Hasegawa; H. Katoh; Y. Yamaguchi; K. Nakamura; S. Futakawa; M. Negishi

    FEBS Letters   473 巻 ( 1 ) 頁: 76 - 80   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0014-5793(00)01508-8

    PubMed

  57. Molecular aspects of functions of prostaglandin E receptors in CNS 招待有り 査読有り 国際誌

    Negishi, M., Katoh, H., Nakamura, K., Aoki, J. & Fujita, H.

    Recent Res. Devel. Endocrinol.   1 巻   頁: 133 - 143   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Opposite regulation of transepithelial electrical resistance and paracellular permeability by Rho in Madin-Darby canine kidney cells 査読有り 国際誌

    H. Hasegawa; H. Fujita; H. Katoh; J. Aoki; K. Nakamura; A. Ichikawa; M. Negishi

    Journal of Biological Chemistry   274 巻 ( 30 ) 頁: 20982 - 20988   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.274.30.20982

    PubMed

  59. Signal transduction pathway regulating prostaglandin EP3 receptor-induced neurite retraction: Requirement for two different tyrosine kinases 査読有り 国際誌

    J. Aoki; H. Katoh; H. Yasui; Y. Yamaguchi; K. Nakamura; H. Hasegawa; A. Ichikawa; M. Negishi

    Biochemical Journal   340 巻   頁: 365 - 369   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/0264-6021:3400365

    PubMed

  60. The key amino acid residue of prostaglandin EP3 receptor for governing G protein association and activation steps 査読有り 国際誌

    S. Satoh; C.-S. Chang; H. Katoh; H. Hasegawa; K. Nakamura; J. Aoki; H. Fujita; A. Ichikawa; M. Negishi

    Biochemical and Biophysical Research Communications   255 巻 ( 1 ) 頁: 164 - 168   1999年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/bbrc.1998.0161

    PubMed

  61. 心理ストレスによる体温上昇の中枢神経回路メカニズム 招待有り

    中村和弘

    Clinical Neuroscience   39 巻 ( 6 ) 頁: 724 - 726   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 心理ストレスに対する交感神経反応と行動反応の中枢神経メカニズム 招待有り 査読有り

    片岡直也, 中村和弘

    自律神経   58 巻 ( 1 ) 頁: 133 - 138   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. 環境ストレスを生き抜くための体温の動的制御 招待有り

    中村 和弘

    月刊「細胞」   53 巻 ( 4 ) 頁: 11 - 14   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. 心理ストレス反応を駆動する大脳皮質から視床下部への心身相関メカニズム 招待有り

    片岡直也、中村和弘

    実験医学   38 巻 ( 14 ) 頁: 2367 - 2370   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. ストレス性体温上昇の神経機序-感染性発熱との比較から- 招待有り

    中村和弘

    心身医学   60 巻 ( 3 ) 頁: 203 - 209   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15064/jjpm.60.3_203

  66. 睡眠と体温調節能の老化変容における視床下部神経回路の役割 招待有り 査読有り

    佐藤亜希子、中村和弘

    基礎老化研究   43 巻 ( 3 ) 頁: 23 - 28   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

  67. 飢餓から生命を守るための脳の仕組み 招待有り

    中村和弘、中村佳子

    脳神経内科   90 巻 ( 6 ) 頁: 618 - 626   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  68. 多様な環境ストレスに応じた褐色脂肪熱産生調節の中枢メカニズム 招待有り 査読有り

    中村和弘

    生化学   90 巻 ( 3 ) 頁: 408 - 412   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2018.900408

  69. 体温調節の行動とその神経回路メカニズム-快適な温度環境を選ぶための温度感覚とは? 招待有り

    中村和弘

    CLINICAL CALCIUM   28 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 72   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. 飢餓反応の中枢神経回路メカニズム 招待有り

    中村和弘、中村佳子

    肥満研究   23 巻 ( 2 ) 頁: 161 - 168   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  71. 体温を調節する中枢神経回路メカニズム 招待有り

    中村 和弘

    日本神経精神薬理学雑誌   36 巻   頁: 93 - 99   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  72. 体温・代謝調節システムの研究から「温度生物学」への展開 招待有り 査読有り

    中村 和弘

    生物物理   56 巻   頁: 149 - 153   2016年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.2142/biophys.56.149

  73. 心理ストレスと体温上昇 招待有り

    中村和弘

    BRAIN and NERVE   67 巻 ( 10 ) 頁: 1205 - 1214   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. 体温調節機構とその異常 招待有り

    中村和弘

    Clinical Neuroscience   32 巻 ( 12 ) 頁: 1387 - 1390   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. 体温調節に必要な環境温度情報の神経伝達機構 招待有り 査読有り

    中村和弘

    自律神経   51 巻   頁: 91 - 98   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. 神経による褐色脂肪の機能調節 招待有り

    中村和弘

    The Lipid   25 巻   頁: 36 - 42   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. 褐色脂肪熱産生を調節する中枢神経機構ー寒冷、感染、ストレスを生き抜くために 招待有り

    中村和弘

    医学のあゆみ   242 巻 ( 12 ) 頁: 913 - 917   2012年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. 図説 体温調節の中枢神経機構 招待有り

    中村和弘

    日本臨牀   70 巻 ( 6 ) 頁: 922 - 926   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  79. 褐色脂肪組織熱産生の中枢神経調節メカニズム 招待有り

    中村和弘

    肥満研究   17 巻 ( 2 ) 頁: 87 - 95   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. 視床下部からの交感神経遠心路 招待有り

    中村和弘

    分子精神医学   11 巻 ( 1 ) 頁: 23 - 29   2011年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. 体温調節のメカニズム 招待有り 査読有り

    中村和弘

    自律神経   47 巻 ( 4 ) 頁: 281 - 286   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. 体温調節の中枢神経回路メカニズム 招待有り

    中村和弘

    生体の科学   61 巻 ( 3 ) 頁: 276 - 285   2010年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. 発熱及び体温調節の交感神経経路 招待有り

    中村和弘

    自律神経   43 巻 ( 1 ) 頁: 44 - 51   2006年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 14

  1. Efficient labeling of neurons and identification of postsynaptic sites using adeno-associated virus vector. In: Receptor and Ion Channel Detection in the Brain (2nd Ed)., ed. by Lujan R. and Ciruela F. 査読有り

    Takahashi, M., Ishida, Y., Kataoka, N., Nakamura, K., Hioki, H.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Neuromethods Vol. 169, Pages 323–341)

    Humana, New York, NY.  2021年7月 

     詳細を見る

    担当ページ:323–341   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: 10.1007/978-1-0716-1522-5_22

  2. Annual Review 神経 2021(鈴木則宏、荒木信夫、宇川義一 、桑原 聡、塩川芳昭 編集)

    中村和弘( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 多様な心理ストレス反応を制御する脳神経回路:心身相関メカニズムの理解へ)

    中外医学社  2021年6月  ( ISBN:978-4-498-32870-9

     詳細を見る

    総ページ数:367   担当ページ:329–336   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 実験医学増刊号「臓器連環による生体恒常性の破綻と疾患」(春日雅人 編集)

    中村和弘( 担当: 分担執筆)

    羊土社  2019年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. Chapter 16 - Afferent pathways for autonomic and shivering thermoeffectors. In: Handbook of Clinical Neurology (Thermoregulation: From Basic Neuroscience to Clinical Neurology Part I)

    Kazuhiro Nakamura( 担当: 共著)

    Elsevier  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  5. ガイトン生理学 原著第13版(石川義弘・岡村康司・尾仲達史・河野憲二 総監訳)

    中村和弘( 担当: 共訳 ,  範囲: 第73章 エネルギー論と代謝速度、第74章 体温調節と発熱)

    エルゼビア  2018年3月  ( ISBN:9784860347741

     詳細を見る

    総ページ数:1100   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  6. ブレインサイエンス・レビュー 2017(廣川信隆 編)

    中村和弘( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 心理ストレスによる自律生理反応を駆動する中枢神経回路機構)

    クバプロ  2017年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:308   記述言語:日本語

  7. コメディカル専門基礎科目シリーズ 生理学( 桑名俊一・荒田晶子 編著)

    中村 和弘( 担当: 単著 ,  範囲: 第15章 体温の調節)

    理工図書  2016年8月  ( ISBN:978-4-8446-0848-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  8. Annual Review 2016 糖尿病・代謝・内分泌(寺内康夫、伊藤 裕、石橋 俊 編)

    中村 和弘( 担当: 単著 ,  範囲: 体温の中枢制御機構)

    中外医学社  2016年1月  ( ISBN:978-4-498-12366-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  9. オックスフォード・生理学 原書4版( 岡野栄之・鯉淵典之・植村慶一 監訳)

    樋口 隆、中村和弘( 担当: 共訳 ,  範囲: 第39章 体温調節)

    丸善  2016年1月  ( ISBN:978-4-621-30008-4

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  10. 糖尿病学2015(門脇 孝 編)

    中村 和弘( 担当: 単著)

    診断と治療社  2015年5月  ( ISBN:9784787821737

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. リッピンコットシリーズ イラストレイテッド生理学(鯉渕典之、栗原 敏 監訳)

    中村 和弘( 担当: 単著)

    丸善  2014年12月  ( ISBN:978-4-621-08800-5

  12. ここまでわかった 燃える褐色脂肪の不思議(斉藤昌之、大野秀樹 編)

    中村 和弘( 担当: 単著)

    ナップ  2013年6月  ( ISBN:978-4-905168-25-6

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. Vanilloid Receptor TRPV1 in Drug Discovery: Targeting Pain and Other Pathological Disorders

    Garami, A., Almeida, M.C., Nucci, T.B., Hew-Butler, T., Soriano, R.N., Pakai, E., Nakamura, K., Morrison, S.F. & Romanovsky, A.A.( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  14. これだけは知っておきたいアラキドン酸カスケードQ&A(室田誠逸 編)

    中村和弘( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社  2002年 

▼全件表示

講演・口頭発表等 56

  1. 多様な環境ストレスから生命を守る脳の交感神経制御メカニズム(特別講演) 招待有り

    中村和弘

    第74回日本自律神経学会総会  2021年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. 交感神経を制御する脳の神経回路:多様な環境ストレスから生命を守るために(教育講演) 招待有り 国際会議

    中村和弘

    第44回日本神経科学大会・CJK第1回国際会議  2021年7月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. 心理的ストレス性交感神経反応および行動の中枢神経メカニズム 招待有り 国際会議

    片岡直也、嶋 佑太、中村和弘

    第44回日本神経科学大会・CJK第1回国際会議  2021年7月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  4. 哺乳類の体温調節機構 招待有り

    中村和弘

    第58回日本伝熱シンポジウム  2021年5月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  5. Central neural mechanisms of multi-organ responses to psychological stress: a mind-body connection 招待有り

    中村和弘

    第64回日本糖尿病学会年次学術集会  2021年5月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  6. 視床下部オキシトシンニューロンによる褐色脂肪熱産生の調節メカニズム 招待有り

    福島章紘、中村和弘

    第126回日本解剖学会総会 全国学術集会・第98回日本生理学会大会 合同大会  2021年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  7. 情動はどのようにして熱産生や循環機能に影響を与えるのか? 招待有り

    中村和弘、片岡直也、福島章紘

    第126回日本解剖学会総会 全国学術集会・第98回日本生理学会大会 合同大会  2021年3月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  8. 脳による褐色脂肪熱産生制御:心と脂肪をつなぐ神経回路 招待有り

    中村和弘

    第41回日本肥満学会・第38回日本肥満症治療学会学術集会  2021年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  9. 飢餓反応の中枢神経回路メカニズム 招待有り

    中村佳子、中村和弘

    大阪大学蛋白質研究所セミナー「食行動の脳内基盤と分子機構」  2021年2月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  10. 心理ストレスによる交感神経反応の中枢神経メカニズム ~心身相関の解明に向けて~ 招待有り

    中村和弘.

    第20回自律神経懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋市(Web開催)   国名:日本国  

  11. A central psychosomatic neural pathway that drives sympathetic and behavioral stress responses 招待有り 国際会議

    Nakamura, K.

    virtual 8th International Conference on the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (vPPTR) 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:online meeting hosted from North Vancouver, Canada   国名:カナダ  

  12. 心理ストレス反応の神経回路 —「心」と「体」をつなぐ仕組み — 招待有り

    中村和弘.

    令和2年度生理学研究所研究会「生体システム統合機構としての情動」(情動研究会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:愛知県岡崎市(Web開催)   国名:日本国  

  13. 温度感覚の中枢神経伝達:熱放散と暑熱逃避行動を起こすために 招待有り

    中村和弘.

    第97回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大分県別府市(新型コロナウイルス感染拡大防止のため J. Physiol. Sci. 誌上開催)   国名:日本国  

  14. 心理ストレスによる交感神経反応と行動反応の中枢神経メカニズム 招待有り

    片岡直也、嶋 佑太、中村和弘.

    第97回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大分県別府市(新型コロナウイルス感染拡大防止のため J. Physiol. Sci. 誌上開催)   国名:日本国  

  15. Central neural mechanisms to defend life from environmental stressors 招待有り 国際会議

    Nakamura, K.

    Visiting Fellows Lecture of the Institute of Advanced Studies at University of Bologna 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Bologna, Italy   国名:イタリア共和国  

  16. Central circuit for physiological responses to psychological stress 招待有り 国際会議

    Nakamura, K.

    Seminar in the Department of Physiology at University of Bologna 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Bologna, Italy   国名:イタリア共和国  

  17. 心理ストレス性交感神経反応を制御する脳神経経路の同定 招待有り

    片岡直也、嶋 佑太、中島啓輔、中村和弘

    第72回日本自律神経学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡県北九州市   国名:日本国  

  18. Mechanisms of psychological impacts on thermoregulation and metabolism(オーガナイザー・座長・シンポジスト) 招待有り 国際会議

    Nakamura, K.

    The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress (FAOPS2019)/The 96th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  19. 環境ストレスから恒常性を守る体温調節神経回路(教育講演) 招待有り

    中村和弘

    第71回日本自律神経学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:さいたま市   国名:日本国  

  20. Thermosensory afferent neural pathways for autonomous and behavioral thermoregulation(オーガナイザー・座長・シンポジスト) 招待有り 国際会議

    Nakamura, K.

    7th International Meeting of the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (PPTR2018) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Split, Croatia   国名:日本国  

  21. 行動性・自律性体温調節の中枢神経メカニズム(基調講演) 招待有り

    中村和弘

    第56回快適性・健康を考えるシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  22. Central thermoregulatory circuits to defend homeostasis from environmental stressors(招待講演) 招待有り 国際会議

    Nakamura, K.

    Mini-Symposium on Temperature and Metabolism 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Shanghai, China   国名:日本国  

  23. 環境ストレスに応じた褐色脂肪熱産生制御を行う脳の神経回路(シンポジスト) 招待有り

    中村和弘

    第23回アディポサイエンスシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪府豊中市   国名:日本国  

  24. Central circuit mechanisms of infection-induced and psychogenic fever: What's different?(シンポジスト) 招待有り

    中村和弘

    第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸市   国名:日本国  

  25. 脳による代謝熱産生の調節(セミナー講演) 招待有り

    中村和弘

    第48回新潟神経学夏期セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  26. 心理ストレスによる体温上昇の仕組み(座長・シンポジスト) 招待有り

    中村和弘、片岡直也

    第65回日本実験動物学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:富山市   国名:日本国  

  27. 温度知覚と体温調節行動は異なる温度感覚伝達路で駆動される(オーガナイザー・座長・シンポジスト) 招待有り

    中村和弘、八尋貴樹、片岡直也、中村佳子

    第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:高松市   国名:日本国  

  28. 温熱恒常性の神経回路メカニズム(オーガナイザー・座長・シンポジスト) 招待有り

    中村和弘

    生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸市   国名:日本国  

  29. ニューロペプチドYによる熱産生抑制と摂食亢進の神経メカニズム(ワークショップ演者) 招待有り

    中村佳子、中村和弘

    生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸市   国名:日本国  

  30. 心理ストレスによる交感神経反応の中枢神経回路メカニズム(ワークショップ演者) 招待有り

    中村和弘、片岡直也

    第58回 日本組織細胞化学会 総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  31. Central Neural Mechanisms to Defend Life from Environmental Stressors(招待講演) 招待有り

    Nakamura, K.

    Thermal Biology 2017 International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Kyoto, Japan   国名:日本国  

  32. Difference in central circuit mechanisms of infection-induced and psychogenic fever(シンポジスト) 招待有り 国際会議

    Nakamura, K.

    International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN) 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Nagoya, Japan   国名:日本国  

  33. 体温調節の中枢神経回路メカニズム(シンポジスト) 招待有り

    中村和弘

    第25回 日本発汗学会 総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:埼玉県川越市   国名:日本国  

  34. Medullary reticular GABAergic neurons that mediate hunger responses induced by hypothalamic neuropeptide Y("Featured Topic" 演者) 招待有り 国際会議

    Nakamura, Y., Yanagawa, Y., Morrison S.F., Nakamura, K.

    Experimental Biology 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Chicago, IL, U.S.A.   国名:アメリカ合衆国  

  35. 体温を調節する脳の神経回路メカニズム(招待講演) 招待有り

    中村和弘

    三重県栄養士会 平成28年度研究発表会・研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  36. Higher brain stress signalling that drives the hypothalamo-medullary pathway for stress-induced hyperthermia(シンポジスト) 招待有り 国際会議

    Nakamura K., Kataoka N.

    6th International Conference on the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (PPTR2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:スロベニア   国名:日本国  

  37. 環境ストレスに応じた褐色脂肪熱産生の調節(シンポジスト) 招待有り

    中村和弘

    第39回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  38. 体温と代謝を調節する中枢神経回路機構(シンポジスト) 招待有り

    中村和弘

    第89回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  39. Central pathways for cold-induced thermogenesis(シンポジスト) 招待有り 国際会議

    Kazuhiro Nakamura

    The Wenner-Gren Foundations International Symposium "Brown adipose tissue and euthermia" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:スウェーデン・ストックホルム   国名:スウェーデン王国  

  40. 環境ストレスから生命を守る体温調節神経回路(特別講演) 招待有り

    中村 和弘

    第15回KAMOGAWA Cardiovascular Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  41. 体温調節の神経機構(教育講演) 招待有り

    中村 和弘

    第93回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  42. 多様な環境ストレスから生命を守る神経回路システム 〜体温調節研究を通じて〜(シンポジウム) 招待有り

    中村 和弘

    自然科学研究機構 3プロジェクト合同終了シンポジウム「次ステージ機能生命科学の展望」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  43. 光遺伝学を用いたストレス性体温上昇メカニズムの解明(招待講演) 招待有り

    中村 和弘

    千里ライフサイエンスセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. 体温調節の神経回路 〜環境ストレスから身を守るための仕組み〜(招待講演) 招待有り

    中村 和弘

    名古屋内科医会 第77回学術の集い 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  45. 体温を調節する中枢神経回路メカニズム 招待有り

    中村 和弘

    第60回脳の医学・生物学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. Central hunger signaling that inhibits brown adipose tissue thermogenesis(シンポジスト) 招待有り 国際会議

    Kazuhiro Nakamura

    Kyoto Conference of Young Lions in Obesity Research 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  47. Cold-defense neural pathway drives stress-induced hyperthermia(シンポジウム) 招待有り 国際会議

    Kazuhiro Nakamura

    International Society for Autonomic Neuroscience 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:イタリア共和国  

  48. 体温調節、発熱、ストレス性高体温症の中枢神経回路(招待講演)

    中村和弘

    第6回 Advanced Biological Chemistry Seminar(京都大学大学院工学研究科 先端生物化学セミナー) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  49. 環境ストレスから生命を守る体温調節システム(招待講演)

    中村和弘

    第8回ラットリソースリサーチ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  50. 褐色脂肪熱産生を調節する中枢神経システム〜環境ストレスを生き抜くために〜(招請講演)

    中村和弘

    第4回Metabolism Scientific Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  51. 体温調節の中枢神経回路〜多様な環境ストレスを生き抜くために〜(特別講演)

    中村和弘

    17th Cardiovascular Metabolism and Aging Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  52. Central thermoregulatory system: a mechanism that defends life from various environmental stressors("Henry Pickering Bowditch Award Lecture", 受賞講演) 国際会議

    Experimental Biology 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  53. 体温調節の仕組み(特別講演)

    中村和弘

    第18回東北生活習慣病研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  54. A thermosensory pathway mediating heat-defense responses(日本自律神経学会賞受賞記念講演)

    中村和弘

    第66回日本自律神経学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  55. 体温調節のメカニズム(教育講演)

    中村和弘

    第62回日本自律神経学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  56. 体温調節の中枢メカニズム(招待講演)

    中村和弘

    日本麻酔科学会第56回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 中枢における情動—自律神経連関の神経回路解明とその制御法の開発

    研究課題番号:JPMJMS2023-12  2020年12月 - 現在

    ムーンショット型研究開発事業  恒常性の理解と制御による糖尿病および併発疾患の克服

    中村和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 個体・臓器老化研究拠点

    研究課題番号:21gm5010002s0305  2017年10月 - 2022年3月

    日本医療研究開発機構  老化メカニズムの解明・制御プロジェクト 

    中村和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. 脳と末梢器官の新たな恒常性維持クロストーク機構の解明

    2013年10月 - 2017年3月

    さきがけ 「生体における動的恒常性維持・変容機構の解明と制御」領域 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. ストレス疾患克服に向けた情動—自律連関の脳神経回路メカニズムの解明

    2011年2月 - 2014年3月

    最先端・次世代研究開発支援プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 14

  1. 心理ストレスを処理する皮質辺縁系神経回路の解明

    研究課題/研究課題番号:20H03418  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中村 和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

    ヒトを含めた哺乳類が心理ストレスを受けると、体温上昇や頻脈などの様々な交感神経反応が生じるが、その中枢神経回路メカニズムは未解明である。研究代表者らは最近、ストレス反応の発現を担う脳のマスター神経路を発見した(Kataoka et al., Science, 2020)。本研究ではラットを用いて、その神経路の上位でストレスや情動を処理する皮質辺縁系の神経回路の解明に挑戦する。マスター神経路へ入力する上位の神経路を遡るとともに、最新の計測技術を駆使して上位の皮質辺縁系領域間の結合関係を明らかにする。これらの解析から、脳の中の「ストレス」や「情動」の科学的実体に迫る。

  2. オキシトシン神経活動操作技術を用いたストレス神経回路機構の解析

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    中村 和弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 体温と代謝の自律性・行動性調節を担う神経回路機構の解明

    2015年6月 - 2020年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 温度生物学の国際研究展開

    2015年11月 - 2020年3月

    科学研究費補助金 

    富永 真琴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. オキシトシンニューロン光操作技術を用いた共感性と自律生理反応の中枢神経基盤の解明

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)公募研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. ストレス性自律生理反応を担う中枢神経伝達

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. ストレス性自律生理反応の神経科学的基盤の解明

    2010年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. ストレス性自律生理反応の神経科学的基盤

    2009年

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 自律性機能の統合的制御を実現する中枢神経機構の解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  海外特別研究員

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. プロスタグランジンE2による生理作用の発現機構に関する神経科学的研究

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. プロスタグランジンE2による神経伝達の調節機構に関する研究

    1999年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. オキシトシン神経活動操作技術を用いたストレス神経回路機構の解析

    研究課題/研究課題番号:16H05128  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中村 和弘, 中村 佳子, 片岡 直也, 福島 章紘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    本研究では、「愛情ホルモン」とも呼ばれる神経ペプチドであるオキシトシンが、脳の中でどのように作用し、体温調節やストレス反応などの自律生理機能に対してどのように影響を与えるのかについて解析を行った。視床下部のオキシトシン発現神経細胞群を選択的に光刺激する技術を用いるなどして実験を行った結果、視床下部の中でオキシトシンを発現する神経細胞群が交感神経調節ニューロンに作用し、褐色脂肪組織の熱産生を活性化するとともに脈拍を上昇させることがわかった。
    「愛情ホルモン」とも呼ばれる神経ペプチドであるオキシトシンが、体温調節やストレス反応などを担う自律神経系に対してどのように作用するのかは不明な点が多い。本研究の結果は、視床下部のオキシトシン発現神経細胞群が交感神経を活性化し、ストレス反応を増強する可能性を提示した。つまり本研究は、オキシトシンに環境の様々なストレスに対処するための身体の準備を促す役割がある可能性を示し、その脳の仕組みの一端を明らかにした。医療応用されつつあるオキシトシンの生理作用を理解する上で有用な知見である。

  13. 温度生物学の国際研究展開

    研究課題/研究課題番号:15K21744  2015年11月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    富永 真琴, 今本 尚子, 梅田 真郷, 原田 慶恵, 中村 和弘, 土居 雅夫, 南 雅文, 高木 昌宏, 久原 篤, 岡部 弘基, 山田 哲也, 柴崎 貢志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    1) 温度感受性TRPV2チャネルのメチオニン残基が過酸化水素で酸化されて機能増強を起こすことを明らかにした。(富永)2) 脂質膜の挙動とダイナミクスは物理的および化学的な外部刺激によって影響を受けるが、浸透圧が膜相分離構造に与える影響に着目し、線張力の変化について詳細な検討を行った。(高木)3) シンプルな実験動物を使い個体の温度応答に関わる新規の分子としてKCNQ型カリウムチャネルの生理的動態の解析を進めた。(久原)4) Hikeshiの機能が損なわれたために起こるHsp70の核内喪失の影響と、Hikeshi輸送が駆動するメカニズムを明らかにした。(今本)5) 細胞膜の物性および膜脂質の分子動態の評価方法を確立した。(梅田)6) 蛍光性ナノダイヤモンド(FND)を用いて、細胞内の熱生産や熱感知のメカニズムを明らかにした。(原田)7) 小胞体の構造と機能に異常が生じる疾患モデル細胞における細胞内温度計測・熱特性解析を実施し、小胞体の構造に起因する細胞内温度変化を発見した。(岡部)8) 睡眠メカニズムと熱産生メカニズムの解明を試みた。(中村)9) 臓器連関が、褐色脂肪組織の熱産生の低下を引き起こし、体重の減少を最小限にとどめる生理的な機構であることを明らかにした。(山田)10) 新たな体温の日内制御機構を明らかにした。(土居)11) 自由行動中のin vivo電気生理学実験の手術や行動実験を学んで研究室に導入した。(南)12) 細胞が浮腫を起こした際に、体温にプラスして細胞容積増大に伴う膜伸展刺激が生じることでTRPV4の異常活性化が惹起することを見いだした。(柴崎)
    1) 温度感受性TRPV4チャネルがATP放出からadenosine, B2受容体を介して食道上皮細胞のwound healingを抑制することを明らかにした。(富永)2) 相挙動に対する浸透圧の影響を、蛍光顕微鏡により異なる温度で定量的に調べて詳細な相図を作製し、張力が相分離の温度特性に関係することを明らかにしつつある。 さらに、浸透圧が誘起する相分離の物理化学的メカニズムを説明することが分かった。(高木)3) 神経系における温度情報伝達に関わる新規の分子としてKCNQ型カリウムチャネルの生理的動態の解析をすすめ学会発表した。(久原)4) HikeshiとHsp70は、HikeshiのN末領域に存在する疎水ポケットと相互作用する核膜孔複合体構成因子存在下で温度依存的に結合することが示唆された。(今本)5) 確立した評価方法を用いた解析により、膜物性と膜動態の新規な制御機構を明らかにしつつある。(梅田)6) 発熱特性を有するポリマーでFNDの表面を修飾することよって、発熱と温度計測を同時に達成できるナノシステムを開発し、細胞内局所の熱伝導率が水と異なることを実験的に明らかにした。(原田)7) 睡眠、体温、ストレスをつなぐ神経回路に関する共同実験を行った。また、米国・UCSFと熱産生機能に関する実験データをまとめた。(中村)8) 飢餓時に肝臓から分泌される液性因子が、褐色脂肪の熱産生低下を引き起こす臓器連関に関与していることが明らかになった。(山田)9) 体温下での細胞容積増大に伴うTRPV4異常活性化の分子機構を解析中である。(柴崎)
    以上のように積極的に国際共同研究を進めてきたが、実験機器の調整に手間取って計画実行に遅れが生じた。また、新たな発見があって、追加実験が必要になった。
    1) マギル大学、中国西交利物浦大学、韓国KIT、Omanスルタンカブース大学等との共同研究をさらに推進する。(富永)2) 負電荷脂質を含んだ細胞模倣膜(リポソーム)を用いて、浸透圧をはじめとする物理的刺激、生理活性物質等による化学的刺激が、膜相分離構造、特に線張力に与える影響を調べる。(高木)3) 温度受容に関わる新規の分子の培養細胞などにおける生理学的解析を進める。(久原)4) Hikeshiの疎水ポケットに点変異があると蛋白質が不安定になる。その点変異でヒト遺伝子疾患白質髄質症が誘引されるが、メカニズムは不明である。今後はマウス疾患モデルを用いてそのメカニズムを明らかにしていく。(今本)4) 国際共同研究により確立した評価方法を用いて、温度変化に起因する細胞膜の物性および膜脂質の分子動態の評価を進める。(梅田)5) FNDを細胞内の特定のオルガネラターゲティングする方法の開発を目的にFND表面のポリマー修飾を行なう。(原田)6) ケンブリッジ大学医学研究所に研究者を派遣し、小胞体の観察法やその微小物理環境解析法を習得する。また、この技術を用いて小胞体の局在や状態解析と温度イメージングを同時に行い細胞内温度シグナリングの分子機構を解明する。(岡部)7) さらに共同研究を進め、得られた知見に関して、論文などでの発表準備を進める。(中村)8)飢餓時に認められる個体レベルのエネルギー消費の低下に、肝臓由来の液性因子を介する新規の臓器連関が関与していることが解明できたため、論文作成を進めている。(山田)9) 引き続き英MRC研究所、仏INSERM、米シンシナティ病院の共同研究者らと密な情報交換を行って共同研究を推進する。(土居)10) アストロサイト特異的TRPV4KOマウスを作製済であり、カルシウム活動・細胞代謝・細胞内温度の変化を調べる。(柴崎)

  14. 体温と代謝の自律性・行動性調節を担う神経回路機構の解明

    研究課題/研究課題番号:15H05932  2015年6月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    中村 和弘, 山田 哲也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:167310000円 ( 直接経費:128700000円 、 間接経費:38610000円 )

    あらゆる生体機能は温度の影響を受けるため、人間を含めた恒温動物では体内の温熱環境を一定に保つ温熱恒常性は生命活動に必須の性質である。本研究では、体温と代謝の自律性・行動性調節を担う脳の神経回路メカニズムの解明を行った。特に、行動性体温調節に必要な温度感覚情報の伝達路、飢餓を生き延びるための生体反応を起こす神経回路、そして、心を司る神経回路と体を調節する神経回路をつなぐ心身相関の脳の仕組みなどを解明することに成功した。解明したこれらの仕組みは、温熱恒常性の基盤を構成するだけでなく、様々な環境ストレスから生命を守るために機能する根源的な生体システムである。
    本研究で明らかにした脳の神経回路メカニズムは、人間を含めた哺乳類の生命維持に必須の温熱恒常性の基盤をなす仕組みであるとともに、様々な環境ストレスから生命を守るために機能する根源的な生体システムである。このことから、基礎医学における大きな学術的意義を有する。また、本研究で明らかにした行動性体温調節の仕組みは熱中症の発症機序の理解に、飢餓反応の仕組みは拒食症、肥満、糖尿病の発症機序の理解に、そして心身相関の仕組みはストレス関連疾患の発症機序の理解にそれぞれ有用である。したがって、本研究で得た知見は、これらの病態の克服に寄与するという社会的意義を有する。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 15

  1. 生体の機能II

    2021

  2. ニューロサイエンスコース

    2021

  3. 基盤医科学実習(ベーシックトレーニング)

    2021

  4. 基礎医学セミナー

    2021

  5. 人体機能学(修士課程必修科目)

    2021

  6. 生体の機能I(実習)

    2021

  7. 基礎セミナーB

    2021

  8. 生体の機能I(講義)

    2021

  9. 生体の機能I(講義)

    2020

  10. 基盤医科学実習(ベーシックトレーニング)

    2020

  11. 基礎医学セミナー

    2020

  12. 人体機能学(修士課程必修科目)

    2020

  13. ニューロサイエンスコース

    2020

  14. 生体の機能II

    2020

  15. 生体の機能I(実習)

    2020

▼全件表示