2021/09/02 更新

写真a

サトウ ヨシタカ
佐藤 好隆
SATO Yoshitaka
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 微生物・免疫学 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
講師

学位 2

  1. 博士(医学) ( 2013年6月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 2006年3月   名古屋大学 ) 

経歴 7

  1. 文部科学省   学術調査官

    2021年8月 - 現在

  2. JST   さきがけ研究者(兼任)

    2019年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学大学院   医学系研究科 微生物免疫学講座 ウイルス学   助教

    2015年7月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   医学部附属病院 中央感染制御部   医師

    2015年4月 - 現在

  5. 名古屋大学大学院   医学系研究科 附属医学教育研究支援センター   特任助教

    2015年4月 - 2015年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学医学部附属病院   初期研修医

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 日本学術振興会 特別研究員DC1

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 4

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2013年6月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 神戸大学   医学部

    - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   工学研究科

    - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 名古屋大学   工学部

    - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本ウイルス学会

  2. 日本癌学会

  3. 日本感染症学会

  4. 日本渡航医学会

  5. 日本臨床ウイルス学会

委員歴 1

  1. 日本ウイルス学会   評議員  

    2018年9月 - 現在   

受賞 5

  1. 日本ウイルス学会 杉浦賞

    2019年10月   日本ウイルス学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本臨床ウイルス学会 若手奨励賞

    2019年5月   日本臨床ウイルス学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. Poster Prize at the 17th International Symposium on EBV and associated diseases

    2016年8月  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:スイス連邦

  4. 第12回EBウイルス研究会学術奨励賞

    2015年7月   EBウイルス研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. ASM travel grants

    2008年3月  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 55

  1. Deletion of Viral microRNAs in the Oncogenesis of Epstein-Barr Virus-Associated Lymphoma

    Kimura Hiroshi, Okuno Yusuke, Sato Yoshitaka, Watanabe Takahiro, Murata Takayuki

    FRONTIERS IN MICROBIOLOGY   12 巻   頁: 667968   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2021.667968

    Web of Science

    PubMed

  2. RNAseq analysis identifies involvement of EBNA2 in PD-L1 induction during Epstein-Barr virus infection of primary B cells

    Yanagi Yusuke, Okuno Yusuke, Narita Yohei, Al Masud H. M. Abdullah, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Kanda Teru, Kimura Hiroshi, Murata Takayuki

    VIROLOGY   557 巻   頁: 44 - 54   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virol.2021.02.004

    Web of Science

    PubMed

  3. A Case Report of Bursitis, Bacteremia, and Disseminated Infection of Mycobacteroides (Mycobacterium) abscessus subsp. massiliense.

    Oka K, Morioka H, Eguchi M, Sato Y, Tetsuka N, Iguchi M, Kanematsu T, Fukano H, Hoshino Y, Kiyoi H, Yagi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6189-20

    PubMed

  4. Oncolytic activity of naturally attenuated herpes-simplex virus HF10 against an immunocompetent model of oral carcinoma

    Takano Gaku, Esaki Shinichi, Goshima Fumi, Enomoto Atsushi, Hatano Yoshimi, Ozaki Haruka, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Kawakita Daisuke, Murakami Shingo, Murata Takayuki, Nishiyama Yukihiro, Iwasaki Shinichi, Kimura Hiroshi

    MOLECULAR THERAPY-ONCOLYTICS   20 巻   頁: 220 - 227   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.omto.2020.12.007

    Web of Science

    PubMed

  5. Role of Epstein-Barr Virus C Promoter Deletion in Diffuse Large B Cell Lymphoma

    Mabuchi Seiyo, Hijioka Fumiya, Watanabe Takahiro, Yanagi Yusuke, Okuno Yusuke, Al Masud H. M. Abdullah, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    CANCERS   13 巻 ( 3 )   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers13030561

    Web of Science

    PubMed

  6. Anti-tumor effect of IL2-expressing HSV amplicon vector and oncolytic virus HF10

    Esaki Shinichi, Goshima Fumi, Takano Gaku, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 394 - 394   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  7. Direct Evidence of Abortive Lytic Infection-Mediated Establishment of Epstein-Barr Virus Latency During B-Cell Infection

    Inagaki Tomoki, Sato Yoshitaka, Ito Jumpei, Takaki Mitsuaki, Okuno Yusuke, Yaguchi Masahiro, Al Masud H. M. Abdullah, Watanabe Takahiro, Sato Kei, Iwami Shingo, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    FRONTIERS IN MICROBIOLOGY   11 巻   頁: 575255   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2020.575255

    Web of Science

    PubMed

  8. Oncolytic activity of HF10 in head and neck squamous cell carcinomas

    Esaki Shinichi, Goshima Fumi, Ozaki Haruka, Takano Gaku, Hatano Yoshimi, Kawakita Daisuke, Ijichi Kei, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Iwata Hiromitsu, Shibamoto Yuta, Murakami Shingo, Nishiyama Yukihiro, Kimura Hiroshi

    CANCER GENE THERAPY   27 巻 ( 7-8 ) 頁: 585 - 598   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41417-019-0129-3

    Web of Science

    PubMed

  9. Number of concomitant drugs with thrombocytopenic adverse effects and the extent inflammatory response resolution are risk factors for thrombocytopenia in patients treated with linezolid for more than 14 days

    Sato Yoshitaka, Iguchi Mitsutaka, Kato Yoshiaki, Morioka Hiroshi, Hirabayashi Aki, Tetsuka Nobuyuki, Tomita Yuka, Kato Daizo, Yamada Kiyofumi, Kimura Hiroshi, Yagi Tetsuya

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 3 ) 頁: 407 - 414   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.3.407

    Web of Science

    PubMed

  10. Oncogenesis of CAEBV revealed: Intragenic deletions in the viral genome and leaky expression of lytic genes

    Murata Takayuki, Okuno Yusuke, Sato Yoshitaka, Watanabe Takahiro, Kimura Hiroshi

    REVIEWS IN MEDICAL VIROLOGY   30 巻 ( 2 ) 頁: e2095   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rmv.2095

    Web of Science

    PubMed

  11. Antitumor activity of cyclin-dependent kinase inhibitor alsterpaullone in Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative disorders

    Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Al Masud H. M. Abdullah, Takayama Masahiro, Matsuda Hiroki, Hara Yuya, Yanagi Yusuke, Yoshida Masahiro, Goshima Fumi, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 1 ) 頁: 279 - 287   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14241

    Web of Science

    PubMed

  12. [Dynamic changes of cellular environment during Epstein-Barr virus productive replication].

    Sato Y

    Uirusu   70 巻 ( 1 ) 頁: 83 - 90   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2222/jsv.70.83

    PubMed

  13. Epstein-Barr Virus BBRF2 Is Required for Maximum Infectivity

    Al Masud H. M. Abdullah, Yanagi Yusuke, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Kimura Hiroshi, Murata Takayuki

    MICROORGANISMS   7 巻 ( 12 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/microorganisms7120705

    Web of Science

    PubMed

  14. Initial Characterization of the Epstein-Barr Virus BSRF1 Gene Product

    Yanagi Yusuke, Al Masud H. M. Abdullah, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Goshima Fumi, Kimura Hiroshi, Murata Takayuki

    VIRUSES-BASEL   11 巻 ( 3 )   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/v11030285

    Web of Science

    PubMed

  15. Publisher Correction: Defective Epstein-Barr virus in chronic active infection and haematological malignancy.

    Okuno Y, Murata T, Sato Y, Muramatsu H, Ito Y, Watanabe T, Okuno T, Murakami N, Yoshida K, Sawada A, Inoue M, Kawa K, Seto M, Ohshima K, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Narita Y, Yoshida M, Goshima F, Kawada JI, Nishida T, Kiyoi H, Kato S, Nakamura S, Morishima S, Yoshikawa T, Fujiwara S, Shimizu N, Isobe Y, Noguchi M, Kikuta A, Iwatsuki K, Takahashi Y, Kojima S, Ogawa S, Kimura H

    Nature microbiology   4 巻 ( 3 ) 頁: 544   2019年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41564-019-0387-8

    PubMed

  16. The BOLF1 gene is necessary for effective Epstein-Barr viral infectivity.

    Masud HMAA, Watanabe T, Sato Y, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Virology   531 巻   頁: 114-125   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virol.2019.02.015

    PubMed

  17. S-like phase CDKs stabilize the Epstein-Barr virus BDLF4 protein to temporally control late gene transcription.

    Sato Y, Watanabe T, Suzuki C, Abe Y, Masud HMAA, Inagaki T, Yoshida M, Suzuki T, Goshima F, Adachi J, Tomonaga T, Murata T, Kimura H

    Journal of virology     2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.01707-18

    PubMed

  18. Defective Epstein-Barr virus in chronic active infection and haematological malignancy.

    Okuno Y, Murata T, Sato Y, Muramatsu H, Ito Y, Watanabe T, Okuno T, Murakami N, Yoshida K, Sawada A, Inoue M, Kawa K, Seto M, Ohshima K, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Narita Y, Yoshida M, Goshima F, Kawada JI, Nishida T, Kiyoi H, Kato S, Nakamura S, Morishima S, Yoshikawa T, Fujiwara S, Shimizu N, Isobe Y, Noguchi M, Kikuta A, Iwatsuki K, Takahashi Y, Kojima S, Ogawa S, Kimura H

    Nature microbiology     2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41564-018-0334-0

    PubMed

  19. Challenges in Managing EBV-Associated T- and NK-Cell Lymphoproliferative Diseases

    Sato Yoshitaka

    FRONTIERS IN PEDIATRICS   6 巻   頁: 320   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fped.2018.00320

    Web of Science

    PubMed

  20. Antitumor effects of duvelisib on Epstein-Barr virus-associated lymphoma cells.

    Kawada JI, Ando S, Torii Y, Watanabe T, Sato Y, Ito Y, Kimura H

    Cancer medicine     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.1311

    PubMed

  21. BGLF2 Increases Infectivity of Epstein-Barr Virus by Activating AP-1 upon De Novo Infection

    Konishi Natsuno, Narita Yohei, Hijioka Fumiya, Al Masud H. M. Abdullah, Sato Yoshitaka, Kimura Hiroshi, Murata Takayuki

    MSPHERE   3 巻 ( 2 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/mSphere.00138-18

    Web of Science

    PubMed

  22. Regulation of Epstein-Barr Virus Life Cycle and Cell Proliferation by Histone H3K27 Methyltransferase EZH2 in Akata Cells

    Ichikawa Takaya, Okuno Yusuke, Sato Yoshitaka, Goshima Fumi, Yoshiyama Hironori, Kanda Teru, Kimura Hiroshi, Murata Takayuki

    MSPHERE   3 巻 ( 6 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/mSphere.00478-18

    Web of Science

    PubMed

  23. Epstein-Barr Virus BKRF4 Gene Product Is Required for Efficient Progeny Production. 査読有り

    Masud HMAA, Watanabe T, Yoshida M, Sato Y, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Journal of virology   91 巻 ( 23 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.00975-17

    PubMed

  24. The Epstein-Barr Virus BRRF1 Gene Is Dispensable for Viral Replication in HEK293 cells and Transformation. 査読有り

    Yoshida M, Watanabe T, Narita Y, Sato Y, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Scientific reports   7 巻 ( 1 ) 頁: 6044   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-06413-7

    PubMed

  25. Elimination of LMP1-expressing cells from a monolayer of gastric cancer AGS cells. 査読有り

    Sato Y, Ochiai S, Murata T, Kanda T, Goshima F, Kimura H

    Oncotarget     2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.16996

    PubMed

  26. The C-Terminus of Epstein-Barr Virus BRRF2 Is Required for its Proper Localization and Efficient Virus Production. 査読有り

    Watanabe T, Sakaida K, Yoshida M, Masud HM, Sato Y, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Frontiers in microbiology   8 巻   頁: 125   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2017.00125

    PubMed

  27. The efficacy of combination therapy with oncolytic herpes simplex virus HF10 and dacarbazine in a mouse melanoma model.

    Tanaka R, Goshima F, Esaki S, Sato Y, Murata T, Nishiyama Y, Watanabe D, Kimura H

    American journal of cancer research   7 巻 ( 8 ) 頁: 1693 - 1703   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  28. Characterization of a Suppressive <i>Cis</i>-acting Element in the Epstein-Barr Virus LMP1 Promoter. 査読有り

    Yoshida M, Murata T, Ashio K, Narita Y, Watanabe T, Masud HMAA, Sato Y, Goshima F, Kimura H

    Frontiers in microbiology   8 巻   頁: 2302   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2017.02302

    PubMed

  29. The efficacy of combination therapy with oncolytic herpes simplex virus HF10 and dacarbazine in a mouse melanoma model

    Tanaka Rui, Goshima Fumi, Esaki Shinichi, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Nishiyama Yukihiro, Watanabe Daisuke, Kimura Hiroshi

    AMERICAN JOURNAL OF CANCER RESEARCH   7 巻 ( 8 ) 頁: 1693-1703   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  30. Tofacitinib induces G1 cell-cycle arrest and inhibits tumor growth in Epstein-Barr virus-associated T and natural killer cell lymphoma cells. 査読有り

    Ando S, Kawada JI, Watanabe T, Suzuki M, Sato Y, Torii Y, Asai M, Goshima F, Murata T, Shimizu N, Ito Y, Kimura H

    Oncotarget   7 巻 ( 47 ) 頁: 76793-76805   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.12529

    PubMed

  31. Induction of Epstein-Barr Virus Oncoprotein LMP1 by Transcription Factors AP-2 and Early B Cell Factor. 査読有り

    Murata T, Noda C, Narita Y, Watanabe T, Yoshida M, Ashio K, Sato Y, Goshima F, Kanda T, Yoshiyama H, Tsurumi T, Kimura H

    Journal of virology   90 巻 ( 8 ) 頁: 3873-89   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.03227-15

    PubMed

  32. Induction of Epstein-Barr Virus Oncoprotein Latent Membrane Protein 1 (LMP1) by Transcription Factors Activating Protein 2 (AP-2) and Early B Cell Factor (EBF) 査読有り

    Takayuki Murata, Chieko Noda, Yohei Narita, Takahiro Watanabe, Masahiro Yoshida, Keiji Ashio, Yoshitaka Sato, Fumi Goshima, Teru Kanda, Hironori Yoshiyama, Tatsuya Tsurumi, and Hiroshi Kimura

    Journal of Virology   90 巻   頁: 3873-3889   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. The Epstein-Barr Virus BDLF4 Gene Is Required for Efficient Expression of Viral Late Lytic Genes. 査読有り

    Watanabe T, Narita Y, Yoshida M, Sato Y, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Journal of virology   89 巻 ( 19 ) 頁: 10120-4   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.01604-15

    PubMed

  34. Anti-CCR4 monoclonal antibody mogamulizumab for the treatment of EBV-associated T- and NK-cell lymphoproliferative diseases. 査読有り

    Kanazawa T, Hiramatsu Y, Iwata S, Siddiquey M, Sato Y, Suzuki M, Ito Y, Goshima F, Murata T, Kimura H

    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   20 巻 ( 19 ) 頁: 5075-84   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-14-0580

    PubMed

  35. Role of latent membrane protein 1 in chronic active Epstein-Barr virus infection-derived T/NK-cell proliferation. 査読有り

    Ito T, Kawazu H, Murata T, Iwata S, Arakawa S, Sato Y, Kuzushima K, Goshima F, Kimura H

    Cancer medicine   3 巻 ( 4 ) 頁: 787-95   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.256

    PubMed

  36. Modes of infection and oncogenesis by the Epstein-Barr virus. 査読有り

    Murata T, Sato Y, Kimura H

    Reviews in medical virology   24 巻 ( 4 ) 頁: 242-53   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rmv.1786

    PubMed

  37. Genome guardian p53 and viral infections. 査読有り

    Sato Y, Tsurumi T

    Reviews in medical virology   23 巻 ( 4 ) 頁: 213-20   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rmv.1738

    PubMed

  38. Different distributions of Epstein-Barr virus early and late gene transcripts within viral replication compartments. 査読有り

    Sugimoto A, Sato Y, Kanda T, Murata T, Narita Y, Kawashima D, Kimura H, Tsurumi T

    Journal of virology   87 巻 ( 12 ) 頁: 6693-9   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.00219-13

    PubMed

  39. Mitochondrial defect drives non-autonomous tumour progression through Hippo signalling in Drosophila. 査読有り

    Ohsawa S, Sato Y, Enomoto M, Nakamura M, Betsumiya A, Igaki T

    Nature   490 巻 ( 7421 ) 頁: 547-51   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature11452

    PubMed

  40. Noise cancellation: viral fine tuning of the cellular environment for its own genome replication. 査読有り

    Sato Y, Tsurumi T

    PLoS pathogens   6 巻 ( 12 ) 頁: e1001158   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.ppat.1001158

    PubMed

  41. Transient increases in p53-responsible gene expression at early stages of Epstein-Barr virus productive replication. 査読有り

    Sato Y, Shirata N, Murata T, Nakasu S, Kudoh A, Iwahori S, Nakayama S, Chiba S, Isomura H, Kanda T, Tsurumi T

    Cell cycle (Georgetown, Tex.)   9 巻 ( 4 ) 頁: 807-14   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  42. Epstein-Barr virus polymerase processivity factor enhances BALF2 promoter transcription as a coactivator for the BZLF1 immediate-early protein. 招待有り 査読有り

    Nakayama S, Murata T, Murayama K, Yasui Y, Sato Y, Kudoh A, Iwahori S, Isomura H, Kanda T, Tsurumi T

    The Journal of biological chemistry   284 巻 ( 32 ) 頁: 21557-68   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.015685

    PubMed

  43. Phosphorylation of p27Kip1 by Epstein-Barr virus protein kinase induces its degradation through SCFSkp2 ubiquitin ligase actions during viral lytic replication. 査読有り

    Iwahori S, Murata T, Kudoh A, Sato Y, Nakayama S, Isomura H, Kanda T, Tsurumi T

    The Journal of biological chemistry   284 巻 ( 28 ) 頁: 18923-31   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.015123

    PubMed

  44. Degradation of phosphorylated p53 by viral protein-ECS E3 ligase complex. 査読有り

    Sato Y, Kamura T, Shirata N, Murata T, Kudoh A, Iwahori S, Nakayama S, Isomura H, Nishiyama Y, Tsurumi T

    PLoS pathogens   5 巻 ( 7 ) 頁: e1000530   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.ppat.1000530

    PubMed

  45. Homologous recombinational repair factors are recruited and loaded onto the viral DNA genome in Epstein-Barr virus replication compartments. 査読有り

    Kudoh A, Iwahori S, Sato Y, Nakayama S, Isomura H, Murata T, Tsurumi T

    Journal of virology   83 巻 ( 13 ) 頁: 6641-51   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.00049-09

    PubMed

  46. Efficient production of infectious viruses requires enzymatic activity of Epstein-Barr virus protein kinase. 査読有り

    Murata T, Isomura H, Yamashita Y, Toyama S, Sato Y, Nakayama S, Kudoh A, Iwahori S, Kanda T, Tsurumi T

    Virology   389 巻 ( 1-2 ) 頁: 75-81   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virol.2009.04.007

    PubMed

  47. Expression of Epstein-Barr virus BZLF1 immediate-early protein induces p53 degradation independent of MDM2, leading to repression of p53-mediated transcription. 査読有り

    Sato Y, Shirata N, Kudoh A, Iwahori S, Nakayama S, Murata T, Isomura H, Nishiyama Y, Tsurumi T

    Virology   388 巻 ( 1 ) 頁: 204-11   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virol.2009.03.017

    PubMed

  48. TORC2, a coactivator of cAMP-response element-binding protein, promotes Epstein-Barr virus reactivation from latency through interaction with viral BZLF1 protein. 査読有り

    Murata T, Sato Y, Nakayama S, Kudoh A, Iwahori S, Isomura H, Tajima M, Hishiki T, Ohshima T, Hijikata M, Shimotohno K, Tsurumi T

    The Journal of biological chemistry   284 巻 ( 12 ) 頁: 8033-41   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M808466200

    PubMed

  49. Identification of phosphorylation sites on transcription factor Sp1 in response to DNA damage and its accumulation at damaged sites. 査読有り

    Iwahori S, Yasui Y, Kudoh A, Sato Y, Nakayama S, Murata T, Isomura H, Tsurumi T

    Cellular signalling   20 巻 ( 10 ) 頁: 1795-803   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cellsig.2008.06.007

    PubMed

  50. Noncanonical TATA sequence in the UL44 late promoter of human cytomegalovirus is required for the accumulation of late viral transcripts. 査読有り

    Isomura H, Stinski MF, Kudoh A, Murata T, Nakayama S, Sato Y, Iwahori S, Tsurumi T

    Journal of virology   82 巻 ( 4 ) 頁: 1638-46   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.01917-07

    PubMed

  51. A cis element between the TATA Box and the transcription start site of the major immediate-early promoter of human cytomegalovirus determines efficiency of viral replication. 査読有り

    Isomura H, Stinski MF, Kudoh A, Nakayama S, Murata T, Sato Y, Iwahori S, Tsurumi T

    Journal of virology   82 巻 ( 2 ) 頁: 849-58   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.01593-07

    PubMed

  52. Enhanced phosphorylation of transcription factor sp1 in response to herpes simplex virus type 1 infection is dependent on the ataxia telangiectasia-mutated protein. 査読有り

    Iwahori S, Shirata N, Kawaguchi Y, Weller SK, Sato Y, Kudoh A, Nakayama S, Isomura H, Tsurumi T

    Journal of virology   81 巻 ( 18 ) 頁: 9653-64   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.00568-07

    PubMed

  53. The late promoter of the human cytomegalovirus viral DNA polymerase processivity factor has an impact on delayed early and late viral gene products but not on viral DNA synthesis. 査読有り

    Isomura H, Stinski MF, Kudoh A, Nakayama S, Iwahori S, Sato Y, Tsurumi T

    Journal of virology   81 巻 ( 12 ) 頁: 6197-206   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.00089-07

    PubMed

  54. Sumoylation of CCAAT/enhancer-binding protein alpha and its functional roles in hepatocyte differentiation. 査読有り

    Sato Y, Miyake K, Kaneoka H, Iijima S

    The Journal of biological chemistry   281 巻 ( 31 ) 頁: 21629-39   2006年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M600852200

    PubMed

  55. Identification of cis-acting regions that contribute to neuron-specific expression of the GAP-43 gene. 査読有り

    Takahashi M, Sato Y, Nakagami Y, Miyake K, Iijima S

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry   70 巻 ( 6 ) 頁: 1492-5   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.50576

    PubMed

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. 内因性微粒子が駆動するウイル ス関連疾患の理解

    2019年10月 - 2024年3月

    さきがけ「生体における微粒子の機能と制御」領域 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. EBV関連NK細胞性腫瘍における スーパーエンハンサーの解析

    2019年9月 - 2021年3月

    日米医学協力計画 若手・女性育成のための公募 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. Epstein-Barrウイルス潜伏感染成立の分子基盤

    2018年7月 - 2019年3月

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 数理モデルと実験データの融合によるEpstein-Barrウイルス感染のモニタリング

    2018年5月 - 2019年9月

    研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. EBウイルスゲノム複製装置形成・成熟の分子基盤の解明

    2017年8月 - 現在

    医学系研究奨励 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 食品中に含まれる化学物質が発がんウイルスEBVの増殖に与える影響の解析

    2016年10月 - 2017年3月

    医学研究・健康増進活動等助成 

    佐藤好隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. CMV/EBVのウイルス後期遺伝子の転写を抑制する小分子の探索

    2015年8月 - 2017年3月

    GSKジャパン研究助成 

    佐藤好隆

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 5

  1. Epstein-Barrウイルス蛋白質によるp53の不活化機構の解析

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. EBウイルスがT/NK細胞内で形成するスーパーエンハンサーの解析

    研究課題/研究課題番号:21K15448  2021年4月 - 2023年3月

    若手研究

    佐藤 好隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    Epstein-Barrウイルス(EBV)は、B細胞を自然宿主とする普遍的なウイルスであるが、時にT細胞およびNK細胞にも感染し、節外性NK/T細胞リン パ腫・鼻型、急速進行性NK細胞白血病や慢性活動性EBV感染症などの血液腫瘍の原因となる。これらのEBV 関連T/NK細胞腫瘍は日本をはじめとした東アジアで報告が多く、予後不良で有効な治療法は未だ存在しない。
    本研究では、細胞を特徴付ける転写プロファイルと密接な関係をもつスーパーエンハンサーを解析し、EBV関連T/NK細胞腫瘍に特異的なスーパーエンハンサーを同定する。そして、予後不良なEBV関連T/NK細胞腫瘍の新たな治療法の開発を目指す。

  3. 周囲の環境に応じた感染細胞の運命決定機構の解明

    研究課題/研究課題番号:19H04829  2019年4月 - 2021年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    佐藤 好隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    本研究は、感染細胞の外(周囲の環境)に主眼をおき、感染細胞自身ではなく、その周囲の環境も潜伏感染の成立・維持に寄与するという新たな原理とその分子基盤の解明を目指す。全人口の90%以上が感染しているEpstein-Barrウイルスを主な研究対象として、周囲の環境が感染細胞の運命決定(潜伏感染を継続するか溶解感染へ移行するかなど)に、どのような影響を及ぼすかを解析する。EBV は、感染者の一部に腫瘍を引き起こすが、ほとんどは不顕性感染状態である。病原性と非病原性が同居するウイルスであり、本研究は従来のウイルス学とネオウイルス学の2つのウイルス学の発展と理解に貢献する。
    ウイルスは効率よく子孫ウイルスを標的細胞に感染させるため、宿主に寄り添って(寄り添うフリをして)、感染に有利な環境になるのを宿主内でじっと待つ(潜伏感染)。そして、宿主を裏切り、ウイルス粒子の産生(溶解感染)を起こす。
    全人口の90%以上が感染しているEpstein-Barrウイルス(EBV)を主な研究対象として、周囲の環境が感染細胞の運命決定(潜伏感染を継続するか溶解感染へ移行するかなど)に、どのような影響を及ぼすかを解析することを目的に本研究計画を進めた。
    RNAseq解析により、EBVの感染初期にウイルス産生に関わる遺伝子群が発現していることが示唆された。しかし、RNAseqは集団での遺伝子発現を捉えるスナップショットに過ぎず、時間分解能が弱いという欠点がある。そこで、組換えウイルスを用いたFate mappingにより、直接的に感染細胞の運命を追えるシステムを開発した。本システムにより、EBVの感染初期にウイルス産生に関わる遺伝子群が発現していることを証明した。さらに、EBV感染のダイナミクスを経時的に追い、EBV感染の広がりを数理モデル化した。本研究で樹立した数理モデルにより、EBV感染の初期ではウイルス粒子産生は起きていないことが改めて確認された。以上より、EBV感染の初期では不完全なウイルス産生感染(abortive lytic infection)をいう中間状態を経由して、潜伏感染の成立に至ることが実証された。
    組換えEBVを使用したFate mappingにより、EBV感染の初期では不完全なウイルス産生感染(abortive lytic infection)をいう中間状態を経由して、潜伏感染の成立に至ることが実証できた。また、EBV感染の広がりを数式で記述することも達成できた。以上の結果は、論文としてまとめて、現在投稿中である。総じて、概ねに計画は進展していると考える。
    一方で、コロナウイルス感染症の影響でウイルス感染細胞の周囲の環境に関するメタボローム解析には遅れが生じはじめており、今後対策を考えていく。
    周囲の影響がウイルス感染に与える影響のフェノタイプは捉えつつある。次年度は、このフェノタイプの責任分子の同定を精力的に進めていきたい。メタボローム解析は新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、共同研究先の人員確保困難で遅れがでている。周囲の影響がウイルス感染に与える影響のフェノタイプを司る分子の同定は薬剤スクリーニングなど別の方法で探索することも模索していきたい。さらに、本研究課題を進めて行く中で想起した環境を介した異種ウイルス間の相互作用についても、本研究課題を発展させながら解析を進めていこうと考えている。領域内の研究者と密に連絡・連携を取りながら、研究を進展させていきたい。

  4. HSV感染および病態発現機構の遺伝学的解析

    研究課題/研究課題番号:16H06231  2016年4月 - 2020年3月

    佐藤 好隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:25220000円 ( 直接経費:19400000円 、 間接経費:5820000円 )

    単純ヘルペスウイルス(HSV)はヒトに口唇ヘルペス、脳炎、性器ヘルペス、などの多様な病態を引き起こし、関連する医療費はアメリカ合衆国で年間30億ドルと試算される臨床上重要なウイルスの一つである。本研究ではハプロイド細胞による順遺伝学的スクリーニングと次世代シーケンス解析を組み合わせることで、HSV感染および病原性発現機構の分子基盤の解明を目指した。HSV-1に抵抗性を示す責任遺伝子として、既知の因子を含む53の宿主因子候補遺伝子を同定した。また、本研究で作成したCRISPR-KO細胞ライブラリーは高品質で、このライブラリーを使用した新規のプロジェクトも派生した。
    人類は常にウイルス感染に晒されている。病原性のないものから致死的なものまで様々なヒトに感染するウイルスが存在するが、抗ウイルス薬が未だ存在しないウイルスがほとんどである。ウイルスは自身単独では増殖出来ず、必ず宿主が必要になる。従って、ウイルスが利用する宿主因子は治療標的となり、ウイルスが利用する宿主因子の同定およびその分子基盤の解明は、抗ウイルス薬の開発に大きく貢献できる。本研究では、ヒトに脳炎などをきたす単純ヘルペスウイルス1型 (Herpes simplex virus type-1:HSV-1) が利用する宿主因子の網羅的解析を行い、既知の因子を含む53の宿主因子候補遺伝子を同定した。

  5. ハプロイド細胞を用いたEBウイルス潜伏・不死化機構の探索

    研究課題/研究課題番号:16K15525  2016年4月 - 2018年3月

    木村 宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    Epstein-Barr virus (EBV)は、多彩な難治性感染症・腫瘍性疾患と関連している。ヒト由来ハプロイド細胞であるHAP-1細胞は、ゲノムを1セットしか有しないため、機能喪失型の遺伝子スクリーニングに適している。本研究では、EBVの潜伏感染維持・不死化/腫瘍化に関与する宿主遺伝子を同定することを目的とし、EBVを感染させたHAP-1細胞と次世代シーケンス技術を組み合わせ、網羅的な遺伝子スクリーニングを試みた。組換えEBVをHAP-1細胞に感染させたHAP-1/EBV細胞の樹立には成功したが、安定した維持ができず、宿主遺伝子を同定には至らなかった。

産業財産権 1

  1. 抗ウイルス薬

    佐藤好隆, 渡辺崇広, 木村宏

     詳細を見る

    出願番号:2017-250093  出願日:2017年12月

    出願国:国内