Updated on 2023/06/13

写真a

 
TAWARAYAMA Yuji
 
Organization
Language Education Center Japanese Language Education Division Associate professor
Graduate School
Graduate School of Humanities
Title
Associate professor
Contact information
メールアドレス

Degree 3

  1. 博士(言語学) ( 2014.3   筑波大学 ) 

  2. 修士(地域研究) ( 2001.2   筑波大学 ) 

  3. 学士(文学) ( 1998.2   筑波大学 ) 

Current Research Project and SDGs 3

  1. 日本語の談話研究

  2. 言語運用に対する評価

  3. 地域在住の外国人に対する日本語教育

Research History 7

  1. 国立国語研究所共同研究プロジェクト「日本語学習者のコミュニケーションの多角的解明」   共同研究員

    2018.4

      More details

    Country:Japan

  2. 国立国語研究所共同研究プロジェクト「社会における相互行為としての「評価」研究」   共同研究員

    2014.1 - 2015.3

      More details

    Country:Japan

  3. 国立国語研究所共同研究プロジェクト「学習者コーパスから見た日本語習得の難易度に基づく語彙・文法シラバスの構築」   共同研究員

    2011.11 - 2014.9

      More details

    Country:Japan

  4. Gunma University   Lecturer

    2007.10 - 2015.3

      More details

    Country:Japan

  5. Tsukuba Gakuin University

    2007.4 - 2007.9

      More details

    Country:Japan

  6. Kanagawa University

    2005.4 - 2007.9

      More details

    Country:Japan

  7. 北京第二外国語学院   日本語学部   外国人教師

    2002.10 - 2004.9

      More details

    Country:China

▼display all

Education 3

  1. University of Tsukuba   Graduate School, Division of Humanities and Social Sciences

    2001.4 - 2007.9

      More details

    Country: Japan

  2. University of Tsukuba   Graduate School, Division of Area Studies

    1999.4 - 2001.3

      More details

    Country: Japan

  3. University of Tsukuba   Second Cluster of College

    1994.4 - 1998.3

      More details

    Country: Japan

Professional Memberships 4

  1. 日本語文法学会   会員

    2002.1

  2. 日本語教育学会   会員

    2002.9

  3. 専門日本語教育学会   会員

    2004.12

  4. 日本語教育方法研究会   会員

    2007.7

Committee Memberships 28

  1. 日本語教育学会   大会委員  

    2023.6   

      More details

    Committee type:Academic society

  2. 専門日本語教育学会   編集幹事  

    2020.4   

      More details

    Committee type:Academic society

  3. 日本語教育学会   学会誌委員  

    2019.7   

      More details

    Committee type:Academic society

  4. 日本語教育学会   代議員  

    2019.6   

      More details

    Committee type:Academic society

  5. 日本語教育方法研究会   運営委員  

    2010.4   

  6. 令和5年度文化庁「生活者としての外国人」のための特定のニーズに対応した日本語教育事業 企画・評価会議   委員  

    2023.2 - 2023.3   

      More details

    Committee type:Government

  7. あいち地域日本語教育ネットワーク会議(初期日本語教育)   出席者(座長)  

    2023.1   

      More details

    Committee type:Municipal

  8. 名古屋市 地域日本語教育に関する総合調整会議   委員  

    2022.6 - 2023.3   

      More details

    Committee type:Municipal

  9. 愛知県 地域における初期日本語教育モデル事業   運営委員  

    2022.6 - 2023.2   

      More details

    Committee type:Municipal

  10. あいち地域日本語教育ネットワーク会議(自治体が取り組む地域日本語教育)   出席者(座長)  

    2021.12   

  11. 令和3年度「生活者としての外国人」のための日本語教育事業及び「生活者としての外国人」のための日本語教室空白地域解消推進事業 企画・評価会議   委員  

    2021.10 - 2022.3   

      More details

    Committee type:Government

  12. 名古屋市 地域日本語教育に関する総合調整会議   委員  

    2021.6 - 2022.3   

      More details

    Committee type:Municipal

  13. 愛知県 地域における初期日本語教育モデル事業   運営委員  

    2021.6 - 2022.2   

      More details

    Committee type:Municipal

  14. あいち地域日本語教育ネットワーク会議(大人議題)   出席者  

    2020.12   

      More details

    Committee type:Municipal

  15. 愛知県 地域における初期日本語教育モデル事業   運営委員  

    2020.8 - 2021.3   

      More details

    Committee type:Municipal

  16. 常滑市日本語教室準備委員会   アドバイザー  

    2020.6   

      More details

    Committee type:Municipal

  17. 名古屋市 地域日本語教育に関する総合調整会議   委員  

    2020.5 - 2021.3   

      More details

    Committee type:Municipal

  18. 名古屋市の地域日本語教育に関する計画検討会議   委員  

    2019.9 - 2020.2   

  19. 愛知県 地域における初期日本語教育モデル事業   運営委員  

    2019.7 - 2020.3   

      More details

    Committee type:Municipal

  20. あいち外国人の日本語教育推進会議   出席者  

    2019.6   

      More details

    Committee type:Municipal

  21. とよた日本語学習支援システム   総括  

    2019.4 - 2020.3   

      More details

    Committee type:Municipal

  22. 専門日本語教育学会   庶務幹事  

    2014.4 - 2020.3   

  23. 専門日本語教育学会   研究討論会実行委員<委員長>  

    2017.4 - 2018.3   

      More details

    Committee type:Academic society

  24. 日本語教育学会   大会委員<副委員長>  

    2013.6 - 2017.6   

  25. 専門日本語教育学会   研究討論会実行委員  

    2016.4 - 2017.3   

      More details

    Committee type:Academic society

  26. 日本語文法学会   総務委員  

    2014.4 - 2016.3   

  27. 日本語教育学会   国際研究大会名古屋2012実行委員  

    2010.10 - 2013.3   

  28. 日本語教育学会   審査・運営協力員  

    2017.7 - 2019.6   

      More details

    Committee type:Academic society

▼display all

Awards 2

  1. 第8回筑波大学日本語・日本文学会奨励賞

    2008.9   筑波大学日本語・日本文学会  

     More details

    Country:Japan

  2. 北京第二外国語学院優秀外国人教師表彰

    2004   北京第二外国語学院  

     More details

    Country:China

 

Papers 29

  1. オンラインの特性を生かした多読活動

    俵山雄司

    日本語教育方法研究会誌   Vol. 28 ( 2 ) page: 138 - 139   2022.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  2. 語りの談話に出現する名詞における不確実性―中国人日本語学習者と日本語母語話者の比較ー Reviewed

    俵山雄司, 望月雄介

    名古屋大学日本語・日本文化論集   Vol. 27   page: 31-48   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    Research data storage URL: http://doi.org/10.18999/nagdnn.27.31

  3. 討論の行き詰まりに対する話題展開―日本語母語話者と中国人日本語学習者の比較― Reviewed

    水野瑛子,柴田龍希,俵山雄司

    名古屋大学日本語・日本文化論集   ( 26 ) page: 35-56   2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Research data storage URL: https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=27837

  4. 地域日本語教育における日本語ボランティアの養成・研修講座の内容の変遷―文化庁事業の平成20年度と平成25年度の取組の比較を通して― Reviewed

    俵山雄司, 渡部真由美, 田中真寿美

    名古屋大学日本語・日本文化論集   Vol. 24   page: 45-59   2017.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Research data storage URL: http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/handle/2237/26001

  5. 地域日本語教育における各分野の専門家と日本語教師との協働―外国人生活者向けケアプラン日本語教室の企画・教材作成・実施を例に― Reviewed

    俵山雄司, 渡部真由美, 結城恵

    群馬大学国際教育・研究センター論集   Vol. 15   page: 35-48   2016.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  6. 留学生の就職活動とキャリアに関する意識調査 ―群馬大学留学生基本調査(2)からの報告― Reviewed

    園田智子, 俵山雄司

    群馬大学国際教育・研究センター論集   ( 13 ) page: 27-39   2014.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  7. 講義における専門用語の説明に対する日本語学習者の評価―わかりやすい説明の方法を探るために― Reviewed

    俵山雄司

    専門日本語教育研究   ( 15 ) page: 27-34   2013.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  8. 生活者としての外国人児童を対象とした教材 : 『バスに乗ってみる』の作成と試用

    渡部真由美, 俵山雄司, 牧原功, 結城恵

    日本語教育方法研究会誌   Vol. 20 ( 2 ) page: 50-51   2013.9

     More details

    Language:Japanese  

  9. 活動スタイルの多様化を目指した日本語ボランティア養成講座 Reviewed

    俵山雄司, 大和啓子, 渡部真由美

    群馬大学国際教育・研究センター論集   ( 12 ) page: 87-97   2013.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  10. 群馬大学桐生キャンパスの日本語教育の現状

    俵山雄司

    群馬大学国際教育・研究センター論集   ( 12 ) page: 45-50   2013.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  11. 語りの終結部の言語的特徴―日本語母語話者/非母語話者による4コマ漫画の内容を伝える語りから― Reviewed

    俵山雄司

    群馬大学国際教育・研究センター論集   ( 12 ) page: 59-70   2013.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    .

  12. テレビ会議システムを利用した上級口頭表現クラス

    俵山雄司

    日本語教育方法研究会誌   Vol. 19 ( 1 ) page: 50-51   2012.3

     More details

    Language:Japanese  

  13. 談話終結部における文末表現の使用傾向―日本語学習者と日本語母語話者の作文の比較から―

    俵山雄司

    日本語教育方法研究会誌   Vol. 17 ( 2 ) page: 40-41   2010.9

     More details

    Language:Japanese  

  14. 「結局」の意味と用法 Reviewed

    俵山雄司

    群馬大学国際・教育研究センター論集   ( 10 ) page: 33-50   2010.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  15. 漸進的リハーサルを組み込んだ話す活動-アカデミックな話す活動へのソフトランディングを目指して-

    俵山雄司

    日本語教育方法研究会誌   Vol. 17 ( 1 ) page: 18-19   2010.3

     More details

    Language:Japanese  

  16. 論理的に書くためのフレームワークの習得を目指したビジネス作文授業

    俵山雄司

    日本語教育方法研究会誌   Vol. 16 ( 2 ) page: 36-37   2009.9

     More details

    Language:Japanese  

  17. アジア人財資金構想事業における留学生教育と支援 : 群馬大学の取り組みについて(OS9-2 留学生教育)

    俵山雄司,高本康子

    日本機械学会関東支部ブロック合同講演会講演論文集2009     page: 195-196   2009.9

     More details

    Language:Japanese  

  18. 留学生対象の講義における講師の言語調整行動と意識との関連―留学生向けの教養・専門科目講義の方法を検討するために― Reviewed

    俵山雄司

    群馬大学留学生センター論集   ( 8 ) page: 13-29   2008.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  19. Shadowing Activity of JSL Learners in Tunisia

    ONO Masaki,TAWARAYAMA Yuji

    Proceedings of 8th Edition Tunisia-Japan Symposium on Society, Sciences and Technology     page: 52-56   2008.3

     More details

    Language:English  

  20. アジア人財資金構想事業対応日本語コース報告―コース立ち上げ期のカリキュラム編成について― Reviewed

    俵山雄司

    群馬大学留学生センター論集   ( 7 ) page: 87-96   2008.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  21. 作文クラスにおける模擬評価活動―作文の内容への意識を高めるために―

    俵山雄司

    日本語教育方法研究会誌   Vol. 15 ( 1 ) page: 56-57   2008.3

     More details

    Language:Japanese  

  22. 「このように」の意味と用法―談話をまとめる機能に着目して― Reviewed

    俵山雄司

    日本語文法(日本語文法学会)   Vol. 7 ( 2 ) page: 205-221   2007.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  23. 教育実習反省会におけるワークショップの試み

    俵山雄司

    日本語教育方法研究会誌   Vol. 14 ( 2 ) page: 66-67   2007.9

     More details

    Language:Japanese  

  24. 作文の分析単位としての「文節」概念について

    俵山雄司

    『留学生の作文に対する主観的評価と相関関係を持つ分析的・客観的な量的指標の抽出』(平成16年度~18年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書(研究代表者:衣川隆生))     page: 73-84   2007.3

     More details

    Language:Japanese  

  25. 談話終結部における助詞「は」と「が」の選択―日本語母語話者と学習者の語りの分析から― Reviewed

    俵山雄司

    筑波大学地域研究   ( 28 ) page: 51-65   2007.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  26. 「のだ」文とテクスト構造―内容区分とまとまりに関連して― Reviewed

    俵山雄司

    日本語と日本文学(筑波大学国語国文学会)   ( 44 ) page: 25-39   2007.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  27. 「こうして」の意味と用法―談話を終結させる機能に着目して― Reviewed

    俵山雄司

    日本語教育論集(独立行政法人国立国語研究所発行)   ( 22 ) page: 49-57   2006.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  28. 接続詞の指導について―「指示語を含む複合接続詞」と「談話を構造化する接続詞」― Reviewed

    俵山雄司

    筑波応用言語学研究   ( 11 ) page: 97-110   2004.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  29. 会話における「転換」の「でも」

    俵山雄司

    『日本語における話しことばの文法研究』(平成13年度~15年科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書(研究代表者:杉本武))     page: 113-134   2004.3

     More details

    Language:Japanese  

▼display all

Books 10

  1. 山内博之監修、俵山雄司編『現場に役立つ日本語教育研究4 自由に話せる会話シラバス 』

    ( Role: Edit)

    くろしお出版  2023.4 

  2. 第9章「生き生きと話すコツ」『現場に役立つ日本語教育研究4 自由に話せる会話シラバス 』

    くろしお出版  2023.4 

  3. 第4章「「書かれたものへのコメント」課題のポイント」『現場に役立つ日本語教育研究4 自由に話せる会話シラバス 』

    くろしお出版  2023.4 

  4. 第2章「「アドバイス」課題のポイント」『現場に役立つ日本語教育研究4 自由に話せる会話シラバス 』 (澤田浩子との共著)

    くろしお出版  2023.4 

  5. 第6章「「起こし文型」設計思想の検討 なぜ「終結型」はなかったか」『時間の流れと文章の組み立て 林言語学の再解釈』

    庵功雄, 石黒圭, 丸山岳彦(編)( Role: Sole author)

    くろしお出版  2017.12 

     More details

    Language:Japanese

  6. 第8章「流れがスムーズになる接続詞の使い方」『現場に役立つ日本語教育研究3 わかりやすく書ける作文シラバス』

    山内博之(監修)、石黒圭(編)( Role: Sole author)

    くろしお出版  2017.12 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  7. 第18章「講義における一般語の語義説明に対する日本語学習者の評価―理工系専門講義における「わかりやすい日本語」を探る―『評価を持って街に出よう―「教えたこと・学んだことの評価」という発想を超えて―』

    宇佐美洋(編)( Role: Joint author)

    くろしお出版  2016.1 

     More details

    Language:Japanese

  8. 第14章「談話終結部における文のタイプ」『文章・談話研究と日本語教育の接点』

    阿部二郎, 庵功雄, 佐藤琢三(編)( Role: Joint author)

    くろしお出版  2015.4 

     More details

    Language:Japanese

  9. 普通高中課程標準実験教科書 日語 選修 応用写作入門 教師教学用書

    趙華敏,俵山雄司,張敏( Role: Joint author)

    人民教育出版社  2009.1 

     More details

    Language:Japanese

  10. 普通高中課程標準実験教科書 日語 選修 応用写作入門

    趙華敏,俵山雄司( Role: Joint author)

    人民教育出版社  2007.7 

     More details

    Language:Japanese

▼display all

Presentations 31

  1. 地域日本語教室での生活情報提供における自治体職員の意識 ―ごみ講座と防災講座終了後のインタビューの分析―

    俵山雄司・渡部真由美

    日本語教育学会2023年度春季大会  2023.5.28 

     More details

    Event date: 2023.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:オンライン  

  2. 地域日本語教育における各分野の専門家との協働の変遷-文化庁事業の平成 21 年度と令和元年度の取組の比較を通して-

    俵山雄司, 渡部真由美

    専門日本語教育学会第23回研究討論会  2021.3.6 

     More details

    Event date: 2021.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  3. 旅行をテーマとした談話における引用と感情表出―生き生きとした話し方を探る― International conference

    俵山雄司

    第8回談話分析コロキアム 

     More details

    Event date: 2018.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:山形テルサ   Country:Japan  

  4. 資料へのコメント場面におけるコメントの受け手の言語行動

    俵山雄司

    第7回談話分析コロキアム 

     More details

    Event date: 2016.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:山形テルサ   Country:Japan  

  5. 語りの談話に出現する名詞における不確実性―中国人日本語学習者と日本語母語話者の比較―

    望月雄介, 俵山雄司

    日本語/日本語教育研究会第8回研究大会 

     More details

    Event date: 2016.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:学習院女子大学   Country:Japan  

  6. 授業を評価する:FishWatchrによる評価の集約と可視化

    俵山雄司,山口昌也,金田智子,森篤嗣

    『「評価」を持って街に出よう』出版記念シンポジウム 

     More details

    Event date: 2016.1

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:東京大学駒場キャンパス   Country:Japan  

  7. 話し合いを評価する:FishWatchrによる評価の集約と可視化

    森篤嗣,山口昌也,栁田直美,俵山雄司

    『「評価」を持って街に出よう』出版記念シンポジウム 

     More details

    Event date: 2016.1

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:東京大学駒場キャンパス   Country:Japan  

  8. 地域の日本語教育におけるボランティア養成講座の変遷―2008年から2014年までの流れ―

    俵山雄司, 田中真寿美, 渡部真由美

    共同シンポジウム「日本語教育への挑戦:筑波大学の取り組み紹介」 

     More details

    Event date: 2015.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:筑波大学筑波キャンパス   Country:Japan  

  9. 経緯を述べる文章における接続詞の使用―日本語母語話者と非母語話者の比較―

    俵山雄司

    第6回談話分析コロキアム 

     More details

    Event date: 2014.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:山形テルサ   Country:Japan  

  10. 大学講義における「わかりやすい」日本語を考える―留学生の講義理解促進のために―

    俵山雄司

    第11回筑波大学応用言語学研究会 

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:筑波大学筑波キャンパス   Country:Japan  

  11. 講義における一般語の語義説明に対する日本語学習者の評価

    俵山雄司

    シンポジウム『評価』を持って街に出よう―ひととひととをつなぐための評価研究― 

     More details

    Event date: 2014.2

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:政策研究大学院大学   Country:Japan  

  12. 生活者としての外国人児童を対象とした教材『バスに乗ってみる』の作成と試用

    渡部真由美, 俵山雄司, 牧原功, 結城恵

    第41回日本語教育方法研究会 

     More details

    Event date: 2013.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:立命館アジア太平洋大学   Country:Japan  

  13. 日本語教育方法研究会と実践研究(パネルセッション「実践研究のリフレクション―実践研究フォーラムの10年と実践研究の今後―」第二発表)

    俵山雄司

    2013年度実践研究フォーラム 

     More details

    Event date: 2013.8

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:武蔵野大学有明キャンパス   Country:Japan  

  14. 事例紹介 教育コンテンツ「ビジネス場面を意識した継続的実践」(20周年記念イベント:みんなで語ろう『日本語教育方法研究』)

    俵山雄司

    第40回日本語教育方法研究会 

     More details

    Event date: 2013.3

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:東京大学本郷キャンパス   Country:Japan  

  15. 講義の「わかりやすさ」の要因について―留学生対象の講義をデータとした分析―

    俵山雄司

    第5回談話分析コロキアム 

     More details

    Event date: 2012.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:山形テルサ   Country:Japan  

  16. テレビ会議システムを利用した上級口頭表現クラス

    俵山雄司

    第38回日本語教育方法研究会 

     More details

    Event date: 2012.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:国際基督教大学   Country:Japan  

  17. 談話終結部における文のタイプ

    俵山雄司

    第4回談話分析コロキアム 

     More details

    Event date: 2010.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:山形テルサ   Country:Japan  

  18. 談話終結部における文末表現の使用傾向―日本語学習者と日本語母語話者の作文の比較から―

    俵山雄司

    第35回日本語教育方法研究会 

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:金城学院大学   Country:Japan  

  19. 漸進的リハーサルを組み込んだ話す活動―アカデミックな話す活動へのソフトランディングを目指して―

    俵山雄司

    第34回日本語教育方法研究会 

     More details

    Event date: 2010.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京農工大学小金井キャンパス   Country:Japan  

  20. アジア人財資金構想事業における留学生教育と支援―群馬大学の取り組みについて―(オーガナイズドセッション留学生教育)

    俵山雄司, 髙本康子

    日本機械学会関東支部ブロック合同講演会 

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:群馬工業高等専門学校   Country:Japan  

  21. 論理的に書くためのフレームワークの習得を目指したビジネス作文授業

    俵山雄司

    第33回日本語教育方法研究会 

     More details

    Event date: 2009.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:弘前大学   Country:Japan  

  22. 「結局」と終結性

    俵山雄司

    筑波大学日本語日本文学会第32回大会 

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:筑波大学   Country:Japan  

  23. 作文クラスにおける模擬評価活動―作文の内容への意識を高めるために―

    俵山雄司

    第30回日本語教育方法研究会 

     More details

    Event date: 2008.3

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京国際大学   Country:Japan  

  24. 結局の意味・用法について

    俵山雄司

    第96回関東日本語談話会 

     More details

    Event date: 2008.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:学習院女子大学   Country:Japan  

  25. 語りの終結部の言語的特徴(パネルセッション「語りのデータを用いた談話分析の可能性」第4発表)

    俵山雄司

    日本語文法学会第8回研究大会 

     More details

    Event date: 2007.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

    Venue:筑波大学   Country:Japan  

  26. 教育実習反省会における「ワークショップ」の試み

    俵山雄司

    第29回日本語教育方法研究会 

     More details

    Event date: 2007.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:京都教育大学   Country:Japan  

  27. ナラティブ終結部の言語的特徴―4コマ漫画を説明するナラティブを対象として―

    俵山雄司

    第3回応用言語学研究会 

     More details

    Event date: 2006.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:筑波大学   Country:Japan  

  28. 「このように」の意味と用法―談話をまとめる用法に着目して― International conference

    俵山雄司

    第88回関東日本語談話会 

     More details

    Event date: 2006.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:学習院大学   Country:Japan  

  29. まとめの接続表現「こうして」 International conference

    俵山雄司

    日語専業学科建設与発展学術研討会 

     More details

    Event date: 2004.4

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北京師範大学   Country:China  

  30. 接続表現の指導 International conference

    俵山雄司

    第二回中国大学日本語教育国際シンポジウム 

     More details

    Event date: 2003.12

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:華南師範大学   Country:China  

  31. 「のだ」文とテクスト構造―内容区分とまとまりに関連して―

    俵山雄司

    筑波大学国語国文学会第26回大会 

     More details

    Event date: 2002.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:筑波大学   Country:Japan  

▼display all

Works 5

  1. 名古屋市内の日本語学習支援ニーズ調査分析報告書

    2019.3
    -
    2020.3

  2. 読みやすい本 大学院生応援企画「ビブリオバトル」より 秋田喜代美著『読む心・書く心――文章の心理学入門』(北大路書房、2002年)『日本語/日本語教育研究』8

    2017.7

  3. 受付,登録システム (2012年日本語教育国際研究大会(ICJLE2012)報告) 『日本語教育』154号※川端一博との共著

    2013.4

  4. 「成長し続ける教師のための厳選ブックガイド」『月刊日本語』012年1月号

    2011.12

  5. 「言語圏α 学びのエクササイズ日本語文法 天野みどり著」『月刊言語』37-10

    2008.10

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 8

  1. 地域の日本語教育における各分野の専門家と日本語教師との協働の研究

    Grant number:20K00725  2020.4 - 2023.3

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    俵山 雄司

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\1040000 ( Direct Cost: \800000 、 Indirect Cost:\240000 )

    近年、「生活者としての外国人」を対象とした地域の日本語教育では、言語の習得を主眼とした活動以外に、防災やゴミといった生活情報の共有を主眼とした活動が行われている。その際、日本語教室の運営者や日本語教師と、市役所や消防署などの関係部署の専門家との連携・協働が行われている。
    本研究は、各分野の専門家と日本語教師との協働に焦点を当て、企画・教材作成・実施の各局面について記述・分析し、どのような役割分担が効果的なのか、また、克服すべき課題は何かについて考察する。
    2020年度は、専門家と日本語教師の協働の実態調査の基礎作業として、地域日本語教室に関わる専門家の専門分野の拡がりや協働の形態について調査を行った。具体的には、文化庁「「生活者としての外国人」のための日本語教育事業」のうち「地域日本語教育実践プログラム」の2009年度と2019年度の実施内容報告書の記述を対象として、10年間で日本語教師と専門家との協働がどのように変化してきたかを明らかにした。
    分析の結果、専門家の関与が見られたのは2009年度は78件中8件(10.3%)だったのに対し、2019年度は17件中10件(58.8%)であり、割合が大きく増加していた。両者とも、外国人向け日本語教室での関与と、指導者向けの養成講座での関与の2つのパターンが観察された。
    2009年度の特徴として、教室の目的が、介護ヘルパー(介護施設と連携)や、就農者(酪農家などと連携)など、ある職種の養成に特化したものが複数あることが挙げられる。一方、2019年度は、東日本大震災や熊本地震の経験、頻発する豪雨災害を受けて、防災関係の連携が目立つ。連携先も防災士、行政・自治会の防災担当者など様々なものがあり、日本語教室・指導者養成の双方に見られた。また、行政の連携先が、健康増進・ゴミ・防災など、多岐にわたっていることも目を引く点である。
    その他、日本語教室の実施内容(カリキュラム)を見ると、2009年度は、言語に焦点を当てた回の間に、イベント的に専門家を招いた体験などがあることが大半であったが、2019年度は、専門家を招いた(もしくは、専門家のところに出向いた)回のみならず、前後の回とまたがって「事前学習・体験(and/or講義)・振り返り」の流れが存在したり、専門家を複数回連続で招いた活動となっていたりするなど、綿密にデザインされたものが増えていることがわかった。
    本年より地域の日本語教室で実施された外国人住民向けの医療・防災・ごみなどの講座に参加し、専門家に対しての調査をする予定であったが、コロナウィルス感染拡大により、実施を取り止めたため、調査を延期した。
    コロナウィルスの感染状況を見つつ、市町村などで開催された講座に参加し、予定していた調査を実施する。

  2. An empirical study of the process of understanding lectures based on the analysis of note-taking among Japanese learners

    Grant number:17K02879  2017.4 - 2020.3

    TANAKA Hiroyuki

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    This study analyzed the order in which Japanese learners took notes during lectures and their answers to interview questions related to those notes. The results showed that Japanese learners predicted what the lecturer would explain next as they listened to their lectures and understood difficult content (such as specialized terms) using the specific examples and explanations provided by the lecturers. Further, this logic of understanding was reflected in their note-taking methods. Based on the findings, the study proposed a method for improving lecture understanding among Japanese learners.

  3. A Community-based Participatory Research for Making an Elderly Life Plan Considering the Cultural Diversity of Foreign Residents

    Grant number:26310102  2014.7 - 2020.3

    Yuki Megumi

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    The purpose of this study is to help foreign residents who plan to settle or naturalize to design and implement a life plan in Japan that is safe and secure in preparation for the elderly age. This was to introduce a Community-based Participatory Research (hereinafter referred to as CBPR). The area to be researched is A city in Gunma prefecture, where foreign residents live, and from the perspective of comparative sociology, we will try to understand "age" from the viewpoint of foreign residents, and By describing the process of developing CBPR practice that takes diversity into account, we considered the ideal way of constructing a social system that takes into account human diversity, which is necessary for the preparation of the "elderly age" of foreign residents in Japan.

  4. The significance and effect of displaying two types of activities in training seminars for Japanese language supporters in a community

    Grant number:26370587  2014.4 - 2018.3

    TAWARAYAMA Yuji

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\1300000 ( Direct Cost: \1000000 、 Indirect Cost:\300000 )

    We conducted training seminars for Japanese language supporters in a community-based Japanese language classroom. This seminar aimed at displaying the knowledge and skills needed to participate in interactive dialog style activities. We investigated the problem by conducting a questionnaire and an interview with each participant. Consequently, while two out of the eight research participants adopted the activity style, six of them did not. Furthermore, They all experienced some difficulty during the adoption process. The following points are provided as the reasons . The support group or supporters considered grammar more important; dealing with the diversity of foreign participants’ needs; a lack of skill and time for choosing and revising teaching material; and a lack of resourse for understanding interactive dialog style .

  5. 日本語学習者の母語場面・接触場面を対象とした対話コーパスの構築と分析

    2013.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    澤田浩子

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  6. テキストの結束性を重視した母語別作文コーパスの作成と分析

    2013.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    金井勇人

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  7. 日本語の配慮表現に関する学習者コーパスの作成と対照研究

    2013.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    牧原功

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  8. 大学講義をデータとした「わかりやすい」日本語の研究

    2012.4 - 2014.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

▼display all

 

Teaching Experience (On-campus) 64

  1. PhD Thesis Seminar VIIb

    2020

  2. 全学向け日本語プログラムSJ110a(初級前期)

    2020

  3. 全学向け日本語プログラムSJ120(初級中期)

    2020

  4. 全学向け日本語プログラムSJ310(中級前期)読解

    2020

  5. 全学向け日本語プログラムSJ310(中級前期)聴解

    2020

  6. Studies in Applied Japanese Linguistics II

    2020

  7. Theoretical Studies on Local Societies I

    2020

  8. Theoretical Studies on Comparative Culture

    2020

  9. General Seminar on Japanese Discourse Analysis a

    2020

  10. PhD Thesis Seminar VIIa

    2020

  11. General Seminar on Japanese Discourse Analysis b

    2019

  12. PhD Thesis Seminar VIIb

    2019

  13. 日韓理工系学部予備教育コース読解表現

    2019

  14. 全学向け日本語プログラムSJ110b(初級前期)

    2019

  15. 全学向け日本語プログラムSJ120b(初級中期)

    2019

  16. 全学向け日本語プログラムSJ210(初級後期)

    2019

  17. 全学向け日本語プログラムSJ310(中級前期)読解

    2019

  18. Studies in Applied Japanese Linguistics II

    2019

  19. Theoretical Studies on Local Societies I

    2019

  20. Theoretical Studies on Comparative Culture

    2019

  21. General Seminar on Japanese Discourse Analysis a

    2019

  22. PhD Thesis Seminar VIIa

    2019

  23. General Seminar on Japanese Discourse Analysis a

    2018

  24. 日韓理工系学部予備教育コース読解表現

    2018

  25. 全学向け日本語プログラムSJ320(中級中期)

    2018

  26. 全学向け日本語プログラムSJ310(中級前期)読解

    2018

  27. 全学向け日本語プログラムSJ210(初級後期)

    2018

  28. 全学向け日本語プログラムSJ110b(初級前期)

    2018

  29. Theoretical Studies on Local Societies I

    2018

  30. PhD Thesis Seminar VIIb

    2018

  31. PhD Thesis Seminar VIIa

    2018

  32. Studies in Applied Japanese Linguistics II

    2018

  33. General Seminar on Japanese Discourse Analysis b

    2018

  34. 全学向け日本語プログラムSJ301(上級)読解

    2017

  35. 全学向け日本語プログラムSJ300(中上級)会話2(語彙会話)

    2017

  36. 全学向け日本語プログラムSJ301(上級)作文1

    2017

  37. 全学向け日本語プログラムSJ101(初級前半)

    2017

  38. 日韓理工系学部予備教育コース読解表現

    2017

  39. 談話分析方法論b

    2017

  40. General Seminar on Japanese Discourse Analysis a

    2017

  41. 日本語文章表現1(理系学部1年生対象)

    2017

  42. 日本語口頭表現1(文系学部1年生対象)

    2017

  43. Theoretical Studies on Local Societies I

    2017

  44. PhD Thesis Seminar VIIb

    2017

  45. PhD Thesis Seminar VIIa

    2017

  46. Studies in Applied Japanese Linguistics II

    2017

  47. General Seminar on Japanese Discourse Analysis b

    2017

  48. 日本語文章表現1(理系学部1年生対象)

    2016

  49. 日本語口頭表現1(文系学部1年生対象)

    2016

  50. 全学向け日本語プログラムSJ301(上級)読解

    2016

  51. 全学向け日本語プログラムSJ300(中上級)会話2(語彙会話)

    2016

  52. 全学向け日本語プログラムSJ101a(初級前半)

    2016

  53. 日韓理工系学部予備教育コース作文

    2016

  54. 日本語口頭表現1(文系学部1年生対象)

    2016

  55. 談話分析方法論b

    2016

  56. 談話分析方法論a

    2016

  57. 日本語文章表現1(理系学部1年生対象)

    2015

  58. 談話分析方法論a

    2015

  59. 全学向け日本語プログラムSJ301a(上級)聴解

    2015

  60. 全学向け日本語プログラムSJ101a(初級前半)

    2015

  61. 全学向け日本語プログラムSJ300(中上級)会話2(語彙会話)

    2015

  62. 日韓理工系学部予備教育コース作文

    2015

  63. 談話分析方法論b

    2015

  64. 日本語口頭表現1(文系学部1年生対象)

    2015

▼display all

 

Social Contribution 23

  1. 愛知県国際交流協会主催令和4年度日本語ボランティア入門講座(全9回中4回)

    Role(s):Lecturer

    2022.8 - 2022.9

  2. サッカーJリーグ名古屋グランパス ボランティア向け「やさしい日本語」講座

    Role(s):Lecturer

    2021.10

     More details

    Audience: General

    Type:Seminar, workshop

  3. 津島市・愛知県国際交流協会主催日本語ボランティア入門講座in津島(全3回中2回)

    Role(s):Lecturer

    2021.10 - 2021.11

     More details

    Audience: General

    Type:Seminar, workshop

  4. 愛知県国際交流協会主催令和3年度日本語ボランティア入門講座(全9回中5回)

    Role(s):Lecturer

    2021.9 - 2021.10

     More details

    Audience: General

    Type:Seminar, workshop

  5. 幸田町主催日本語ボランティア入門講座(全2回中2回)

    Role(s):Lecturer

    2021.2

  6. 武豊町・愛知県国際交流協会主催日本語ボランティア入門講座in武豊(全3回中2回)

    Role(s):Lecturer

    2020.11 - 2020.12

  7. 愛知県国際交流協会主催令和2年度日本語ボランティア入門講座(全9回中5回)

    Role(s):Lecturer

    2020.10 - 2020.11

  8. 日本語教育学会「子どものための日本語教育研修 子ども初任コース」東海ブロック(コーディネーターとして実施・統括)

    Role(s):Lecturer, Planner, Organizing member

    2020.9 - 2021.3

  9. あま市国際交流協会・愛知県国際交流協会主催日本語ボランティア入門講座inあま(全3回中2回)

    Role(s):Lecturer

    2019.11 - 2019.12

     More details

    Audience: General

    Type:Seminar, workshop

  10. 愛知県国際交流協会主催令和元年度日本語ボランティア入門講座(全9回中5回)

    Role(s):Lecturer

    2019.10 - 2019.11

     More details

    Audience: General

    Type:Seminar, workshop

  11. 新城市・新城市国際交流協会・愛知県国際交流協会主催日本語ボランティア入門講座in新城(全3回中2回)

    Role(s):Lecturer

    2019.9

     More details

    Audience: Teachers, General

    Type:Seminar, workshop

  12. 群馬県観光物産国際協会主催日本語ボランティア養成講座入門編(全4回中1回担当)

    2015.2

  13. 群馬県観光物産国際協会主催日本語ボランティア養成講座入門編(全6回中1回担当)

    2014.3

  14. 文化庁委託事業「定住外国人が安心して高齢期を迎えるための日本語教室」日本語指導者養成講座(全5回中の4回)

    2013.9 - 2013.10

  15. 赤い羽根募金受配事業 外国人生徒への日本語指導者支援講座(全6回中の2回)

    2013.8 - 2013.9

  16. 群馬県観光国際協会主催日本語ボランティア養成講座入門編(全6回中2回担当)

    2013.2

  17. 桐生市国際交流協会主催日本語ボランティア養成講座(全5回中2回担当)

    2012.7 - 2012.8

  18. 群馬県観光国際協会主催日本語ボランティア養成講座入門編(全4回中1回担当)

    2011.11

  19. 群馬県観光国際協会主催日本語ボランティア養成講座入門編(全6回中2回担当)

    2009.11 - 2009.12

  20. 群馬県観光国際協会主催日本語ボランティア養成講座(全6回中2回担当)

    2010.8 - 2010.9

  21. 太田市国際交流協会日本語ボランティア講座(全4回中1回担当)

    2009.1

  22. 群馬県内日本語ボランティアのための実践的長期研修講座(全12回中3回担当)

    2008.11 - 2009.2

  23. 太田市国際交流協会日本語ボランティア講座(全4回中2回担当)

    2008.2

▼display all