2021/10/21 更新

写真a

アベ ヒロシ
阿部 洋
ABE Hiroshi
所属
糖鎖生命コア研究所 統合生命医科学糖鎖研究センター分子生理・動態部門 教授
大学院理学研究科 教授
大学院担当
大学院理学研究科
職名
教授

学位 1

  1. 博士(薬学) ( 2001年3月   北海道大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 生物有機化学

経歴 6

  1. 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)生物化学研究室・教授

    2015年3月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院理学研究科 物質理学専攻化学系   教授

    2015年3月 - 現在

  3. 北海道大学大学院薬学研究院・准教授

    2013年8月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 科学技術振興機構 研究領域:「脳神経回路の形成・動作と制御」・さきがけ研究員

    2011年10月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 独立行政法人理化学研究所・専任研究員

    2009年4月 - 2013年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 独立行政法人理化学研究所・研究員

    2005年6月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 北海道大学   薬学研究科   創薬化学専攻

    1998年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 北海道大学   薬学部

    1988年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本薬学会

  2. 日本化学会

受賞 1

  1. 学術賞

    2021年6月   日本核酸医薬学会  

 

論文 152

  1. Antisense oligonucleotide modified with disulfide units induces efficient exon skipping in mdx myotubes through enhanced membrane permeability and nucleus internalization.

    Hiraoka H, Shu Z, Le BT, Masuda K, Nakamoto K, Lyu F, Abe N, Hashiya F, Kimura Y, Shimizu Y, Veedu RN, Abe H

    Chembiochem : a European journal of chemical biology     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cbic.202100413

    PubMed

  2. Free-Energy Calculation of Ribonucleic Inosines and Its Application to Nearest-Neighbor Parameters

    Sakuraba Shun, Iwakiri Junichi, Hamada Michiaki, Kameda Tomoshi, Tsuji Genichiro, Kimura Yasuaki, Abe Hiroshi, Asai Kiyoshi

    JOURNAL OF CHEMICAL THEORY AND COMPUTATION   16 巻 ( 9 ) 頁: 5923 - 5935   2020年9月

     詳細を見る

  3. Quantification of native mRNA dynamics in living neurons using fluorescence correlation spectroscopy and reduction-triggered fluorescent probes

    Fujita Hirotaka, Oikawa Ryota, Hayakawa Mayu, Tomoike Fumiaki, Kimura Yasuaki, Okuno Hiroyuki, Hatashita Yoshiki, Fiallos Oliveros Carolina, Bito Haruhiko, Ohshima Toshio, Tsuneda Satoshi, Abe Hiroshi, Inoue Takafumi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   295 巻 ( 23 ) 頁: 7923 - 7940   2020年6月

     詳細を見る

  4. Disulfide-unit Conjugation Enables Ultrafast Cytosolic Internalization of Antisense DNA and siRNA

    Nakamoto Kosuke, Shu Zhaoma, Abe Hiroshi

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   78 巻 ( 5 ) 頁: 456 - 464   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  5. Translational control by secondary-structure formation in mRNA in a eukaryotic system

    Kawaguchi Daisuke, Shimizu Saaya, Abe Naoko, Hashiya Fumitaka, Tomoike Fumiaki, Kimura Yasuaki, Abe Hiroshi

    NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS   39 巻 ( 1-3 ) 頁: 195 - 203   2020年2月

     詳細を見る

  6. A robust model for quantitative prediction of the silencing efficacy of wild-type and A-to-I edited miRNAs

    Tian Shen, Terai Goro, Kobayashi Yoshiaki, Kimura Yasuaki, Abe Hiroshi, Asai Kiyoshi, Ui-Tei Kumiko

    RNA BIOLOGY   17 巻 ( 2 ) 頁: 264 - 280   2020年2月

     詳細を見る

  7. SYNTHESIS AND BIOLOGICAL EVALUATION OF NMDI14 DERIVATIVES AS ANTI-MESOTHELIOMA AGENTS

    Hong Nhung Nguyen, Suzuki Koya, Kimura Yasuaki, Hirokawa Takatsugu, Murakami-Tonami Yuko, Abe Hiroshi

    HETEROCYCLES   100 巻 ( 2 ) 頁: 253 - 266   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.3987/COM-19-14191

    Web of Science

  8. Intracellular Delivery of Antisense DNA and siRNA with Amino Groups Masked with Disulfide Units

    Shu Zhaoma, Ota Azumi, Takayama Yukiya, Katsurada Yuri, Kusamori Kosuke, Abe Naoko, Nakamoto Kosuke, Tomoike Fumiaki, Tada Seiichi, Ito Yoshihiro, Nishikawa Makiya, Kimura Yasuaki, Abe Hiroshi

    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   68 巻 ( 2 ) 頁: 129 - 132   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  9. Intracellular build-up RNAi with single-strand circular RNAs as siRNA precursors

    Kimura Yasuaki, Shu Zhaoma, Ito Mika, Abe Naoko, Nakamoto Kosuke, Tomoike Fumiaki, Shuto Satoshi, Ito Yoshihiro, Abe Hiroshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 3 ) 頁: 466 - 469   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/c9cc04872c

    Web of Science

    PubMed

  10. Intracellular Delivery of Antisense DNA and siRNA with Amino Groups Masked with Disulfide Units.

    Shu Z, Ota A, Takayama Y, Katsurada Y, Kusamori K, Abe N, Nakamoto K, Tomoike F, Tada S, Ito Y, Nishikawa M, Kimura Y, Abe H

    Chemical & pharmaceutical bulletin   68 巻 ( 2 ) 頁: 129 - 132   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1248/cpb.c19-00811

    PubMed

  11. N-6-methyl adenosine in siRNA evades immune response without reducing RNAi activity

    Imaeda Akihiro, Tomoike Fumiaki, Hayakawa Mayu, Nakamoto Kosuke, Kimura Yasuaki, Abe Naoko, Abe Hiroshi

    NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS   38 巻 ( 12 ) 頁: 972 - 979   2019年12月

     詳細を見る

  12. Disulfide-Unit Conjugation Enables Ultrafast Cytosolic Internalization of Antisense DNA and siRNA

    Shu Zhaoma, Tanaka Iku, Ota Azumi, Fushihara Daichi, Abe Naoko, Kawaguchi Saki, Nakamoto Kosuke, Tomoike Fumiaki, Tada Seiichi, Ito Yoshihiro, Kimura Yasuaki, Abe Hiroshi

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   58 巻 ( 20 ) 頁: 6611 - 6615   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/anie.201900993

    Web of Science

    PubMed

  13. A Covalent Inhibitor for Glutathione S-Transferase Pi (GSTP(1-1)) in Human Cells

    Shishido Yuko, Tomoike Fumiaki, Kuwata Keiko, Fujikawa Haruka, Sekido Yoshitaka, Murakami-Tonami Yuko, Kameda Tomoshi, Abe Naoko, Kimura Yasuaki, Shuto Satoshi, Abe Hiroshi

    CHEMBIOCHEM   20 巻 ( 7 ) 頁: 900 - 905   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201800671

    Web of Science

    PubMed

  14. Structural optimization of pseudorotaxane-forming oligonucleotides for efficient and stable complex formation

    Onizuka Kazumitsu, Miyashita Takuya, Chikuni Tomoko, Ozawa Mamiko, Abe Hiroshi, Nagatsugi Fumi

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   46 巻 ( 17 ) 頁: 8710 - 8719   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gky744

    Web of Science

    PubMed

  15. MGST1, a GSH transferase/peroxidase essential for development and hematopoietic stem cell differentiation

    Brautigam Lars, Zhang Jie, Dreij Kristian, Spahiu Linda, Holmgren Arne, Abe Hiroshi, Tew Kenneth D., Townsend Danyelle M., Kelner Michael J., Morgenstern Ralf, Johansson Katarina

    REDOX BIOLOGY   17 巻   頁: 171 - 179   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.redox.2018.04.013

    Web of Science

    PubMed

  16. Chemical Ligation Reactions of Oligonucleotides for Biological and Medicinal Applications.

    Abe H, Kimura Y

    Chemical & pharmaceutical bulletin   66 巻 ( 2 ) 頁: 117 - 122   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1248/cpb.c17-00615

    PubMed

  17. Completely Chemically Synthesized Long DNA Can be Transcribed in Human Cells

    Yamaoka Kazuki, Oikawa Ryota, Abe Naoko, Nakamoto Kosuke, Tomoike Fumiaki, Hashiya Fumitaka, Kimura Yasuaki, Abe Hiroshi

    CHEMBIOCHEM     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.202100312

    Web of Science

    PubMed

  18. Variety of Nucleotide Polymerase Mutants Aiming to Synthesize Modified RNA

    Ohashi Sana, Hashiya Fumitaka, Abe Hiroshi

    CHEMBIOCHEM   22 巻 ( 14 ) 頁: 2398 - 2406   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.202100004

    Web of Science

    PubMed

  19. Structure, Synthesis and Inhibition Mechanism of Nucleoside Analogues as HIV-1 Reverse Transcriptase Inhibitors (NRTIs)

    Yoshida Yuki, Honma Masakazu, Kimura Yasuaki, Abe Hiroshi

    CHEMMEDCHEM   16 巻 ( 5 ) 頁: 743 - 766   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cmdc.202000695

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/cmdc.202000695

  20. Chemical Synthesis of Circular RNAs with Phosphoramidate Linkages for Rolling-Circle Translation.

    Nakamoto K, Abe H

    Current protocols   1 巻 ( 3 ) 頁: e43   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cpz1.43

    PubMed

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/cpz1.43

  21. Phosphorothioate Modification of mRNA Accelerates the Rate of Translation Initiation to Provide More Efficient Protein Synthesis 査読有り

    Kawaguchi Daisuke, Kodama Ayumi, Abe Naoko, Takebuchi Kei, Hashiya Fumitaka, Tomoike Fumiaki, Nakamoto Kosuke, Kimura Yasuaki, Shimizu Yoshihiro, Abe Hiroshi

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   59 巻 ( 40 ) 頁: 17403 - 17407   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202007111

    Web of Science

    PubMed

  22. Developments in siRNA Modification and Ligand Conjugated Delivery To Enhance RNA Interference Ability

    Maguregui Ander, Abe Hiroshi

    CHEMBIOCHEM   21 巻 ( 13 ) 頁: 1808 - 1815   2020年7月

  23. Chemically synthesized circular RNAs with phosphoramidate linkages enable rolling circle translation 査読有り

    Nakamoto Kosuke, Abe Naoko, Tsuji Genichiro, Kimura Yasuaki, Tomoike Fumiaki, Shimizu Yoshihiro, Abe Hiroshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 46 ) 頁: 6217 - 6220   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0cc02140g

    Web of Science

    PubMed

  24. SYNTHESIS AND BIOLOGICAL EVALUATION OF NMDI14 DERIVATIVES AS ANTI-MESOTHELIOMA AGENTS 査読有り

    Hong Nhung Nguyen, Suzuki Koya, Kimura Yasuaki, Hirokawa Takatsugu, Murakami-Tonami Yuko, Abe Hiroshi

    Heterocycles   100 巻 ( 2 ) 頁: 253 - 266   2020年1月

  25. Quantification of native mRNA dynamics in living neurons using fluorescence correlation spectroscopy and reduction-triggered fluorescent probes 査読有り 国際誌

    Hirotaka Fujita, Ryota Oikawa, Mayu Hayakawa, Fumiaki Tomoike, Yasuaki Kimura, Hiroyuki Okuno, Yoshiki Hatashita, Carolina Fiallos Oliveros, Haruhiko Bito, Toshio Ohshima, Satoshi Tsuneda, Hiroshi Abe, Takafumi Inoue

    Journal of Biological Chemistry   in press 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Intracellular delivery of Antisense DNA and siRNA with amino groups masked with disulfide units 査読有り

    Zhaoma Shu, Azumi Ota, Yukiya Takayama, Yuri Katsurada, Kosuke Kusamori, Naoko Abe, Kosuke Nakamoto, Fumiaki Tomoike, Seiichi Tada, Yoshihiro Ito, Makiya Nishikawa, Yasuaki Kimura, Hiroshi Abe

    Chemical and Pharmaceutical Bulletins     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Intracellular Build-up RNAi with Single-Strand Circular RNAs as siRNA Precursors 査読有り

    Yasuaki Kimura, Zhaoma Shu, Mika Ito, Naoko Abe, Kosuke Nakamoto, Fumiaki Tomoike, Satoshi Shuto, Yoshihiro Ito, Hiroshi Abe

    Chemical Communications     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Synthesis of 1,1,2-trisubstituted cyclopropane nucleosides in enantiomerically pure forms 査読有り 国際誌

    Fushihara Daichi, Fukuda Hayato, Abe Hiroshi, Shuto Satoshi

    NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS   38 巻 ( 12 ) 頁: 921 - 941   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15257770.2019.1625380

    Web of Science

    PubMed

  29. Translational contro by secondary-structure formation in mRNA in eukaryotic system 査読有り

    Daisuke Kawaguchi, Saaya Shimizu, Naoko Abe, Fumitaka Hashiya, Tomoike Fumiaki, Yasuaki Kimura, Hiroshi Abe

    Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids     頁: 1 - 9   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. RNA imaging by chemical probes 招待有り 査読有り

    Tomoike Fumiaki, Abe Hiroshi

    ADVANCED DRUG DELIVERY REVIEWS   147 巻   頁: 44 - 58   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.addr.2019.08.001

    Web of Science

    PubMed

  31. Disulfide‐Unit Conjugation Enables Ultrafast Cytosolic Internalization of Antisense DNA and siRNA 査読有り

    Zhaoma Shu, Iku Tanaka, Azumi Ota, Daichi Fushihara, Naoko Abe, Saki Kawaguchi, Kosuke Nakamoto, Fumiaki Tomoike, Seiichi Tada, Yoshihiro Ito, Yasuaki Kimura, Hiroshi Abe

    Angewandte Chemie   131 巻 ( 20 ) 頁: 6683   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/ange.201900993

  32. ウイルスタンパク質の活性をトリガーとした新規不可逆阻害剤の開発 査読有り

    福井 竜介, 新美 結士, 片倉 秀雄, 鈴木 哲郎, 村上 努, 児玉 栄一, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会年会要旨集   139年会 巻 ( 2 ) 頁: 103 - 103   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

  33. A Covalent Inhibitor for Glutathione S‐Transferase Pi (GSTP1‐1) in Human Cells 査読有り

    Yuko Shishido, Fumiaki Tomoike, Keiko Kuwata, Haruka Fujikawa, Yoshitaka Sekido, Yuko Murakami-Tonami, Tomoshi Kameda, Naoko Abe, Yasuaki Kimura, Satoshi Shuto, Hiroshi Abe

    ChemBioChem   20 巻   頁: 900 - 905   2019年

  34. N6-methyl adenosine in siRNA evades immune response without reducing RNAi activity 査読有り

    Akihiro Imaeda, Fumiaki Tomoike, Mayu Hayakawa, Kosuke Nakamoto, Yasuaki Kimura, Naoko Abe, Hiroshi Abe

    Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids   38 巻   頁: 6611 - 6615   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Disulfide‐unit conjugation enables ultrafast cytosolic internalization of antisense DNA and siRNA 査読有り

    Zhaoma Shu, Iku Tanaka, Azumi Ota, Daichi Fushihara, Naoko Abe, Saki Kawaguchi, Kosuke Nakamoto, Fumiaki Tomoike, Seiichi Tada, Yoshihiro Ito, Yasuaki Kimura, Hiroshi Abe

    Angewandte Chemie International Edition   58 巻   頁: 6611 - 6615   2019年

  36. Nearest-neighbor parameter for inosine-cytosine pairs through a combined experimental and computational approach 査読有り

    Shun Sakuraba, Junichi Iwakiri, Michiaki Hamada, Tomoshi Kameda, Genichiro Tsuji, Yasuaki Kimura, Hiroshi Abe, Kiyoshi Asai

        2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cold Spring Harbor Laboratory  

    DOI: 10.1101/454124

  37. Chemical ligation reaction for oligonucleotides based on electrophilic phosphorothioester

    Kimura Yasuaki, Maruyama Hideto, Oikawa Ryota, Hayakawa Mayu, Abe Naoko, Tsuji Genichiro, Matsuda Akira, Shuto Satoshi, Ito Yoshihiro, Abe Hiroshi

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  38. Nano structure design for RNA interference

    Shu Zhaoma, Abe Naoko, Tomoike Fumiaki, Kimura Yasuaki, Ito Yoshihiro, Abe Hiroshi

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  39. Development of glutathione S-transferase (GST) covalent inhibitor

    Shishido Yuko, Tomoike Fumiaki, Kimura Yasuaki, Kuwata Keiko, Yano Takato, Fukui Kenji, Fujikawa Haruka, Sekido Yoshitaka, Murakami-Tonami Yuko, Kameda Tomoshi, Shuto Satoshi, Abe Hiroshi

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  40. Chemical ligation reaction for oligonucleotides based on electrophilic phosphorothioester 査読有り

    Kimura Yasuaki, Maruyama Hideto, Oikawa Ryota, Hayakawa Mayu, Abe Naoko, Tsuji Genichiro, Matsuda Akira, Shuto Satoshi, Ito Yoshihiro, Abe Hiroshi

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   2018年3月

     詳細を見る

  41. Chemical Ligation Reactions of Oligonucleotides for Biological and Medicinal Applications

    Abe Hiroshi, Kimura Yasuaki

    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   66 巻 ( 2 ) 頁: 117-122   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  42. Development of GST (Glutathione S-transferase) covalent inhibitor

    Shishido Yuko, Sekido Yoshitaka, Murakami-Tonami Yuko, Abe Hiroshi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 374-374   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  43. Preparation of Circular RNA In Vitro 査読有り

    Abe Naoko, Kodama Ayumi, Abe Hiroshi

    CIRCULAR RNAS: METHODS AND PROTOCOLS   1724 巻   頁: 181 - 192   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-7562-4_15

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  44. MGST1, a GSH transferase/peroxidase essential for development and hematopoietic stem cell differentiation 査読有り

    Lars Bräutigam, Jie Zhang, Kristian Dreij, Linda Spahiu, Arne Holmgren, Hiroshi Abe, Kenneth D. Tew, Danyelle M. Townsend, Michael J. Kelner, Ralf Morgenstern, Katarina Johansson

    Redox Biology   17 巻   頁: 171 - 179   2018年

  45. Structural optimization of pseudorotaxane-forming oligonucleotides for efficient and stable complex formation 査読有り

    Kazumitsu Onizuka, Takuya Miyashita, Tomoko Chikuni, Mamiko Ozawa, Hiroshi Abe, Fumi Nagatsugi

    Nucleic Acids Research   46 巻   頁: 8710 - 8719   2018年

  46. A covalent G-site inhibitor for glutathione S-transferase Pi (GSTP(1-1)) 査読有り

    Shishido Yuko, Tomoike Fumiaki, Kimura Yasuaki, Kuwata Keiko, Yano Takato, Fukui Kenji, Fujikawa Haruka, Sekido Yoshitaka, Murakami-Tonami Yuko, Kameda Tomoshi, Shuto Satoshi, Abe Hiroshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   53 巻 ( 81 ) 頁: 11138 - 11141   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7cc05829b

    Web of Science

    PubMed

  47. Chemical ligation of oligonucleotides using an electrophilic phosphorothioester 査読有り

    Hideto Maruyama, Ryota Oikawa, Mayu Hayakawa, Shono Takamori, Yasuaki Kimura, Naoko Abe, Genichiro Tsuji, Akira Matsuda, Satoshi Shuto, Yoshihiro Ito, Hiroshi Abe

    Nucleic Acids Research   45 巻 ( 12 ) 頁: 7042-7048   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkx459

  48. Chemical ligation of oligonucleotides using an electrophilic phosphorothioester

    Maruyama Hideto, Oikawa Ryota, Hayakawa Mayu, Takamori Shono, Kimura Yasuaki, Abe Naoko, Tsuji Genichiro, Matsuda Akira, Shuto Satoshi, Ito Yoshihiro, Abe Hiroshi

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   45 巻 ( 12 ) 頁: 7042-7048   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkx459

    Web of Science

  49. Tethered 1,2-Si-Group Migrations in Radical-Mediated Ring Enlargements of Cyclic Alkoxysilanes: An EPR Spectroscopic and Computational Investigation

    Walton John C., Kanada Ryutaro, Iwamoto Takeaki, Shuto Satoshi, Abe Hiroshi

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   82 巻 ( 13 ) 頁: 6886-6894   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.7b01011

    Web of Science

  50. Enhancement of synergistic gene silencing by RNA interference using branched "3-in-1" trimer siRNA

    Nair Baiju G., Zhou Yue, Hagiwara Kyoji, Ueki Masashi, Isoshima Takashi, Abe Hiroshi, Ito Yoshihiro

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY B   5 巻 ( 22 ) 頁: 4044-4051   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7tb00846e

    Web of Science

  51. Tethered 1,2-Si-Group Migrations in Radical-Mediated Ring Enlargements of Cyclic Alkoxysilanes: An EPR Spectroscopic and Computational Investigation 査読有り

    John C. Walton*, Ryutaro Kanada, Takeaki Iwamoto, Satoshi Shuto, Hiroshi Abe

    Journal of Organic Chemistry   82 巻 ( 13 ) 頁: 6886-6894   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.7b01011

  52. Pseudorotaxane formation via the slippage process with chemically cyclized oligonucleotides

    Onizuka Kazumitsu, Chikuni Tomoko, Amemiya Takuya, Miyashita Takuya, Onizuka Kyoko, Abe Hiroshi, Nagatsugi Fumi

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   45 巻 ( 9 ) 頁: 5036-5047   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkx265

    Web of Science

  53. Enhancement of synergistic gene silencing by RNA interference using branched “3-in-1” trimer siRNA 査読有り

      5 巻   頁: 4044-4051   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C7TB00846E

  54. Pseudorotaxane formation via the slippage process with chemically cyclized oligonucleotides 査読有り

    Kazumitsu Onizuka, Tomoko Chikuni, Takuya Amemiya, Takuya Miyashita, Kyoko Onizuka, Hiroshi Abe, Fumi Nagatsugi

    Nucleic Acids Research   45 巻 ( 9 ) 頁: 5036-5047   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkx265

  55. Catalytic Conversion of Lipophilic Substrates by Phase constrained Enzymes in the Aqueous or in the Membrane Phase 査読有り

    Marcus Cebula. Ilke Simek Turan, Birgitta Sjodin, Madhuranayaki Thulasingam, Joseph Brock, Volodymyr Chmyrov, Jerker Widengren, Hiroshi Abe, Bengt Mannervik, Jesper Haeggstrom, Agnes Rinaldo-Matthis, Engin Akkaya, Ralf Morgenstern

    Scientific Reports   6 巻   頁: 38316   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Design and Synthesis of Cyclopropane Congeners of Resolvin E2, an Endogenous Proresolving Lipid Mediator, as Its Stable Equivalents 査読有り

    Hayato Fukuda, Ryuta Muromoto, Yuuki Takakura, Kohei Ishimura, Ryutaro Kanada, Daichi Fushihara, Makoto Tanabe, Kotaro Matsubara, Toru Hirao, Koki Hirashima, Hiroshi Abe, Mitsuhiro Arisawa, Tadashi Matsuda, Satoshi Shuto

    Organic Letters   18 巻   頁: 6224-6227   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Chemical reactivity window determines prodrug efficiency towards glutathione transferase overexpressing cancer cells 査読有り

    Marie van Gisbergen, Marcus Cebula, Jie Zhang, Astrid Ottosson-Wadlund, Ludwig Dubois, Philippe Lambin, Kenneth D. Tew, Danyelle Townsend, Guido Haenen, Marie-Jose Drittij-Reijnders, Hisao Saneyoshi, Mika Araki, Yuko Shishido, Yoshihiro Ito, Elias Arner, Hiroshi Abe, Ralf Morgenstern, Katarina Johansson

    Molecular Pharmaceutics   13 巻   頁: 2010-2025   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Diastereoselective Synthesis of 6"-(Z)- and (E) -Fluoro Analogues of Anti-hepatitis B Virus Agent Entecavir and Its Evaluation of the Activity and Toxicity Profile of the Diastereomers

    Hiroki Kumamoto, Misato Fukano, Tomohiko Nakano, Keito Iwagami, Chiaki Takeyama, Satoru Kohgo, Shuhei Imoto, Masayuki Amano, Nobuyo Kuwata-Higashi, Manabu Aoki,Hiroshi Abe, Hiroaki Mitsuya, Kiyoshi Fukuhara, Kazuhiro Haraguchi

    The Journal of Organinic Chemistry   81 巻 ( 7 ) 頁: 2827   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021

  59. Rolling Circle Translation of Circular of Circular RNA in Living Human Cells

    Naoko Abe, Ken Matsumoto, Mizuki Nishihara, Yukiko Nakano, Aya Shibata, Hideto Maruyama, Satoshi Shuto, Akira Matsuda, Minoru Yoshida, Yoshihiro Ito, Horoshi Abe

    Scientific Reports     2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038

  60. Phosphorylated 5-ethynyl-2'-deoxyuridine for advanced DNA labeling. 査読有り

    Seo S, Onizuka K, Nishioka C, Takahashi E, Tsuneda S, Abe H, Ito Y

    Organic & biomolecular chemistry   13 巻 ( 15 ) 頁: 4589-95   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c5ob00199d

    PubMed

  61. Nanostructured RNAs for RNA interference. 査読有り

    Nakashima Y, Abe N, Ito Y, Abe H

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1218 巻   頁: 17-36   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-1538-5_2

    PubMed

  62. Synthesis of 3',4'-difluoro-3'-deoxyribonucleosides and its evaluation of the biological activities: discovery of a novel type of anti-HCV agent 3',4'-difluorocordycepin. 査読有り

    Shimada H, Haraguchi K, Hotta K, Miyaike T, Kitagawa Y, Tanaka H, Kaneda R, Abe H, Shuto S, Mori K, Ueda Y, Kato N, Snoeck R, Andrei G, Balzarini J

    Bioorganic & medicinal chemistry   22 巻 ( 21 ) 頁: 6174-82   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2014.08.024

    PubMed

  63. Automatic Pseudorotaxane Formation Targeting on Nucleic Acids Using a Pair of Reactive Oligodeox-ynucleotides 査読有り

    Kazumitsu Onizuka, Fumi Nagatsugi, Yoshihiro Ito, Hiroshi Abe

    Journal of the American Chemical Society   136 巻 ( 20 ) 頁: 7201-7204   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja5018283

  64. Transmembrane molecular transport through nanopores formed by protein nanotubes. 査読有り

    Nair BG, Nakano Y, Ito Y, Abe H

    Chemical communications (Cambridge, England)   50 巻 ( 5 ) 頁: 602-4   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c3cc45907a

    PubMed

  65. Triphenylphosphinecarboxamide: an effective reagent for the reduction of azides and its application to nucleic acid detection. 査読有り

    Saneyoshi H, Ochikubo T, Mashimo T, Hatano K, Ito Y, Abe H

    Organic letters   16 巻 ( 1 ) 頁: 30-3   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol402832w

    PubMed

  66. Nanostructured RNAs for RNA interference

    Yuko Nakashima, Naoko Abe, Yoshihiro Ito, Hiroshi Abe

    Humana Press New York     頁: 全   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. グルタチオントランスフェラーゼを標的とした分子プローブの開発

    伊藤美香,周東智,伊藤嘉浩,阿部洋

    有機合成化学教会誌     頁: 822   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. 非酵素的に高効率シグナル増幅を可能とする新規RNA検出法を開発

    柴田綾、鵜澤尊規、伊藤嘉浩、周東智、阿部洋

    化学と生物   52 巻 ( 11 ) 頁: 771-776   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Polycation-assisted DNA detection by reduction triggered fluorescence amplification probe. 査読有り

    Saneyoshi H, Shimada N, Maruyama A, Ito Y, Abe H

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   23 巻 ( 24 ) 頁: 6851-3   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2013.10.005

    PubMed

  70. An epidermal growth factor derivative with binding affinity for hydroxyapatite and titanium surfaces. 査読有り

    Kang J, Tada S, Sakuragi M, Abe H, Ito R, Ishikawa J, Kurata S, Kitajima T, Son TI, Aigaki T, Ito Y

    Biomaterials   34 巻 ( 38 ) 頁: 9747-53   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biomaterials.2013.09.004

    PubMed

  71. Fluorogenic probes using 4-substituted-2-nitrobenzenesulfonyl derivatives as caging groups for the analysis of human glutathione transferase catalyzed reactions. 査読有り

    Shibata A, Nakano Y, Ito M, Araki M, Zhang J, Yoshida Y, Shuto S, Mannervik B, Morgenstern R, Ito Y, Abe H

    The Analyst   138 巻 ( 24 ) 頁: 7326-30   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c3an01339a

    PubMed

  72. Very rapid DNA-templated reaction for efficient signal amplification and its steady-state kinetic analysis of the turnover cycle. 査読有り

    Shibata A, Uzawa T, Nakashima Y, Ito M, Nakano Y, Shuto S, Ito Y, Abe H

    Journal of the American Chemical Society   135 巻 ( 38 ) 頁: 14172-8   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja404743m

    PubMed

  73. Long-lived luminogenic probe for detection of RNA in a crude solution of living bacterial cells. 査読有り

    Saneyoshi H, Ito Y, Abe H

    Journal of the American Chemical Society   135 巻 ( 37 ) 頁: 13632-5   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja406724k

    PubMed

  74. Rolling circle amplification in a prokaryotic translation system using small circular RNA. 査読有り

    Abe N, Hiroshima M, Maruyama H, Nakashima Y, Nakano Y, Matsuda A, Sako Y, Ito Y, Abe H

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   52 巻 ( 27 ) 頁: 7004-8   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201302044

    PubMed

  75. Sustained delivery of siRNA from dopamine-coated stainless steel surfaces. 査読有り

    Joddar B, Albayrak A, Kang J, Nishihara M, Abe H, Ito Y

    Acta biomaterialia   9 巻 ( 5 ) 頁: 6753-61   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actbio.2013.01.007

    PubMed

  76. Cationic cholesterol-modified gelatin as an in vitro siRNA delivery vehicle. 査読有り

    Kadengodlu PA, Aigaki T, Abe H, Ito Y

    Molecular bioSystems   9 巻 ( 5 ) 頁: 965-8   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2mb25424g

    PubMed

  77. One-pot ring-closing metathesis/1,3-dipolar cycloaddition through assisted tandem ruthenium catalysis: synthesis of a dye with isoindolo[2,1-a]quinoline structure. 査読有り

    Arisawa M, Fujii Y, Kato H, Fukuda H, Matsumoto T, Ito M, Abe H, Ito Y, Shuto S

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   52 巻 ( 3 ) 頁: 1003-7   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201206765

    PubMed

  78. RNA-templated molecule release induced protein expression in bacterial cells. 査読有り

    Shibata A, Ito Y, Abe H

    Chemical communications (Cambridge, England)   49 巻 ( 3 ) 頁: 270-2   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2cc37826d

    PubMed

  79. Triphenylphosphinecarboxamide: An Effective Reagent for the Reduction of Azides and its Application to Nucleic Acid Detection 査読有り

    Hisao Saneyoshia, Tatsuya Ochikuboa, Takushi Mashimoa, Ken Hatano, Yoshihiro Ito, Hiroshi Abe

    Organic Letters   16 巻 ( 1 ) 頁: 30-33   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol402832w

  80. ナノ構造化RNAを用いたRNA干渉法

    阿部洋

    薬学雑誌   133 巻 ( 3 ) 頁: 373-378   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. 有機溶媒に溶ける核酸ーDNA触媒の新たな可能性」

    阿部洋

    現代化学   ( 1月 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 0

  82. "PEGylated Antibodies and DNA in Organic Media and Genetic PEGylation" in "Green Polymer 2"

    Seiichi Tada, Horoshi Abe, and Yoshihiro Ito

    American Chemical Society     頁: 223-233   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. In vitro selection of a photo-responsive peptide aptamer using ribosome display. 査読有り

    Liu M, Tada S, Ito M, Abe H, Ito Y

    Chemical communications (Cambridge, England)   48 巻 ( 97 ) 頁: 11871-3   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2cc36618e

    PubMed

  84. Detection of pre-mRNA splicing in vitro by an RNA-templated fluorogenic reaction. 査読有り

    Tamura Y, Furukawa K, Yoshimoto R, Kawai Y, Yoshida M, Tsuneda S, Ito Y, Abe H

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   22 巻 ( 23 ) 頁: 7248-51   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2012.09.033

    PubMed

  85. Tuning efficiency of the 4-exo-trig cyclization by the electronic effect: ring closure of 3,3-difluoro-4-pentenyl carbon radicals and synthesis of a gem-difluorocyclobutane nucleoside. 査読有り

    Kumamoto H, Kawahigashi S, Wakabayashi H, Nakano T, Miyaike T, Kitagawa Y, Abe H, Ito M, Haraguchi K, Balzarini J, Baba M, Tanaka H

    Chemical communications (Cambridge, England)   48 巻 ( 89 ) 頁: 10993-5   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2cc35876j

    PubMed

  86. ナノ構造を制御したRNA干渉法

    阿部洋、阿部奈保子、柴田綾、伊藤嘉浩

    アンチセンスDNA/RNA研究会誌   16 巻 ( 2 ) 頁: 3   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Design and synthesis of indomethacin analogues that inhibit P-glycoprotein and/or multidrug resistant protein without COX inhibitory activity. 査読有り

    Arisawa M, Kasaya Y, Obata T, Sasaki T, Nakamura T, Araki T, Yamamoto K, Sasaki A, Yamano A, Ito M, Abe H, Ito Y, Shuto S

    Journal of medicinal chemistry   55 巻 ( 18 ) 頁: 8152-63   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jm301084z

    PubMed

  88. Universal caging group for the in-cell detection of glutathione transferase applied to 19F NMR and bioluminogenic probes. 査読有り

    Ito M, Shibata A, Zhang J, Hiroshima M, Sako Y, Nakano Y, Kojima-Aikawa K, Mannervik B, Shuto S, Ito Y, Morgenstern R, Abe H

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   13 巻 ( 10 ) 頁: 1428-32   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201200242

    PubMed

  89. 環元反応を引き金とするoff/on 型蛍光プローブを用いたRNA検出法の開発

    阿部洋、柴田綾、古川和寛、常田聡、伊藤嘉浩

    化学と生物   50 巻 ( 7月 ) 頁: 540   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Structure formation and catalytic activity of DNA dissolved in organic solvents. 査読有り

    Abe H, Abe N, Shibata A, Ito K, Tanaka Y, Ito M, Saneyoshi H, Shuto S, Ito Y

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   51 巻 ( 26 ) 頁: 6475-9   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201201111

    PubMed

  91. Synthesis of dumbbell-shaped cyclic RNAs for RNA interference. 査読有り

    Abe N, Abe H, Ito Y

    Current protocols in nucleic acid chemistry / edited by Serge L. Beaucage ... [et al.]   Chapter 16 巻   頁: Unit 16.4.1-11   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/0471142700.nc1604s48

    PubMed

  92. Oligonucleotide-templated reactions for sensing nucleic acids. 査読有り

    Shibata A, Abe H, Ito Y

    Molecules (Basel, Switzerland)   17 巻 ( 3 ) 頁: 2446-63   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules17032446

    PubMed

  93. Positively charged cholesterol-recombinant human gelatins foster the cellular uptake of proteins and murine immune reactions. 査読有り

    Kadengodlu PA, Hebishima T, Takeshima SN, Ito M, Liu M, Abe H, Aida Y, Aigaki T, Ito Y

    International journal of nanomedicine   7 巻   頁: 5437-50   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/IJN.S36350

    PubMed

  94. Synthesis of Dumbbell-Shaped Cyclic RNAs for RNA Interference

    Naoko Abe, Hiroshi Abe, Yoshihiro Ito

    Current Protocol Nucleic Acid Chemistry     頁: 1-16   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Fluorescence detection of intron lariat RNA with reduction-triggered fluorescent probes. 査読有り

    Furukawa K, Abe H, Tamura Y, Yoshimoto R, Yoshida M, Tsuneda S, Ito Y

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   50 巻 ( 50 ) 頁: 12020-3   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201104425

    PubMed

  96. Synthesis, structure, and biological activity of dumbbell-shaped nanocircular RNAs for RNA interference. 査読有り

    Abe N, Abe H, Nagai C, Harada M, Hatakeyama H, Harashima H, Ohshiro T, Nishihara M, Furukawa K, Maeda M, Tsuneda S, Ito Y

    Bioconjugate chemistry   22 巻 ( 10 ) 頁: 2082-92   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bc2003154

    PubMed

  97. Characterization of new potential anticancer drugs designed to overcome glutathione transferase mediated resistance. 査読有り

    Johansson K, Ito M, Schophuizen CM, Mathew Thengumtharayil S, Heuser VD, Zhang J, Shimoji M, Vahter M, Ang WH, Dyson PJ, Shibata A, Shuto S, Ito Y, Abe H, Morgenstern R

    Molecular pharmaceutics   8 巻 ( 5 ) 頁: 1698-708   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/mp2000692

    PubMed

  98. Synthesis of 4'-Ethynyl-2'-deoxy-4'-thioribonucleosides and Discovery of a Highly Potent and Less Toxic NRTI. 査読有り

    Haraguchi K, Shimada H, Kimura K, Akutsu G, Tanaka H, Abe H, Hamasaki T, Baba M, Gullen EA, Dutschman GE, Cheng YC, Balzarini J

    ACS medicinal chemistry letters   2 巻 ( 9 ) 頁: 692-697   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ml2001054

    PubMed

  99. Synthesis and characterization of a series of highly fluorogenic substrates for glutathione transferases, a general strategy. 査読有り

    Zhang J, Shibata A, Ito M, Shuto S, Ito Y, Mannervik B, Abe H, Morgenstern R

    Journal of the American Chemical Society   133 巻 ( 35 ) 頁: 14109-19   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja205500y

    PubMed

  100. Branched RNA nanostructures for RNA interference. 査読有り

    Nakashima Y, Abe H, Abe N, Aikawa K, Ito Y

    Chemical communications (Cambridge, England)   47 巻 ( 29 ) 頁: 8367-9   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c1cc11780g

    PubMed

  101. Indomethacin Analogues that Enhance Doxorubicin Cytotoxicity in Multidrug Resistant Cells without Cox Inhibitory Activity. 査読有り

    Arisawa M, Kasaya Y, Obata T, Sasaki T, Ito M, Abe H, Ito Y, Yamano A, Shuto S

    ACS medicinal chemistry letters   2 巻 ( 5 ) 頁: 353-7   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ml100292y

    PubMed

  102. PEGylated antibody in organic media. 査読有り

    Liu M, Xu M, Loh XJ, Abe H, Tsumuraya T, Fujii I, Li J, Son TI, Ito Y

    Journal of bioscience and bioengineering   111 巻 ( 5 ) 頁: 564-8   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2011.01.001

    PubMed

  103. Synthesis and characterization of small circular double-stranded RNAs. 査読有り

    Abe N, Abe H, Ohshiro T, Nakashima Y, Maeda M, Ito Y

    Chemical communications (Cambridge, England)   47 巻 ( 7 ) 頁: 2125-7   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c0cc04551a

    PubMed

  104. 進化分子工学による高分子触媒合成と生体高分子のハイブリット化

    劉明哲、阿部洋、伊藤嘉浩

    高分子論文集   68 巻 ( 7 ) 頁: 405-416   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Photoactivatable fluorescein derivatives with azidomethyl caging groups for tracing oligonucleotides in living human cells. 査読有り

    Furukawa K, Abe H, Tsuneda S, Ito Y

    Organic & biomolecular chemistry   8 巻 ( 10 ) 頁: 2309-11   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b926100a

    PubMed

  106. In vitro selection of a photoresponsive RNA aptamer to hemin. 査読有り

    Liu M, Jinmei H, Abe H, Ito Y

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   20 巻 ( 9 ) 頁: 2964-7   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2010.02.109

    PubMed

  107. Synthesis and structural and pharmacological properties of cyclopropane-based conformationally restricted analogs of 4-methylhistamine as histamine H3/H4 receptor ligands. 査読有り

    Kobayashi T, Watanabe M, Yoshida A, Yamada S, Ito M, Abe H, Ito Y, Arisawa M, Shuto S

    Bioorganic & medicinal chemistry   18 巻 ( 3 ) 頁: 1076-82   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2009.12.046

    PubMed

  108. Hemin-Binding Aptamers and Aptazymes

    Mingahe Liu, Horoshi Abe, Yoshihiro Ito

    ACS Symposium Series 1043(Green Polymer Chemistry)     頁: 111-123   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. DNA templated nucleophilic aromatic substitution reactions for fluorogenic sensing of oligonucleotides. 査読有り

    Shibata A, Abe H, Ito M, Kondo Y, Shimizu S, Aikawa K, Ito Y

    Chemical communications (Cambridge, England)   ( 43 ) 頁: 6586-8   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b912896d

    PubMed

  110. Reduction-triggered fluorescence probe for peptide-templated reactions. 査読有り

    Shibata A, Abe H, Furukawa K, Tsuneda S, Ito Y

    Chemical & pharmaceutical bulletin   57 巻 ( 11 ) 頁: 1223-6   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  111. Characterization of a new fluorogenic substrate for microsomal glutathione transferase 1. 査読有り

    Analytical biochemistry   390 巻 ( 1 ) 頁: 52-6   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ab.2009.03.046

    PubMed

  112. Reduction-triggered fluorescent amplification probe for the detection of endogenous RNAs in living human cells. 査読有り

    Furukawa K, Abe H, Hibino K, Sako Y, Tsuneda S, Ito Y

    Bioconjugate chemistry   20 巻 ( 5 ) 頁: 1026-36   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bc900040t

    PubMed

  113. In vitro selection of hemin-binding catalytic RNA. 査読有り

    Liu M, Kagahara T, Abe H, Ito Y

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   19 巻 ( 5 ) 頁: 1484-7   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2009.01.016

    PubMed

  114. 細胞機能制御高分子と再生医療高分子

    伊藤嘉浩、北嶋隆、阿部洋

    細胞機能制御高分子と再生医療高分子   58 巻 ( 3月 ) 頁: 全   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Reduction-triggered red fluorescent probes for dual-color detection of oligonucleotide sequences. 査読有り

    Furukawa K, Abe H, Wang J, Uda M, Koshino H, Tsuneda S, Ito Y

    Organic & biomolecular chemistry   7 巻 ( 4 ) 頁: 671-7   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b817228e

    PubMed

  116. Protein detection using oligonucleotide probes. 査読有り

    Shibata A, Abe H, Furukawa K, Tsuneda S, Ito Y

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 53 ) 頁: 157-8   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrp079

    PubMed

  117. Synthetic nanocircular RNA for controlling of gene expression. 査読有り

    Abe H, Abe N, Uda M, Tsuneda S, Ito Y

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 53 ) 頁: 65-6   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrp033

    PubMed

  118. Fluorescence generation from tandem repeats of a malachite green RNA aptamer using rolling circle transcription. 査読有り

    Furukawa K, Abe H, Abe N, Harada M, Tsuneda S, Ito Y

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   18 巻 ( 16 ) 頁: 4562-5   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2008.07.040

    PubMed

  119. A reduction-triggered fluorescence probe for sensing nucleic acids. 査読有り

    Abe H, Wang J, Furukawa K, Oki K, Uda M, Tsuneda S, Ito Y

    Bioconjugate chemistry   19 巻 ( 6 ) 頁: 1219-26   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bc800014d

    PubMed

  120. Rhodamine-based fluorogenic probe for imaging biological thiol. 査読有り

    Shibata A, Furukawa K, Abe H, Tsuneda S, Ito Y

    Bioorganic & medicinal chemistry letters   18 巻 ( 7 ) 頁: 2246-9   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2008.03.014

    PubMed

  121. Rapid DNA chemical ligation for amplification of RNA and DNA signal. 査読有り

    Abe H, Kondo Y, Jinmei H, Abe N, Furukawa K, Uchiyama A, Tsuneda S, Aikawa K, Matsumoto I, Ito Y

    Bioconjugate chemistry   19 巻 ( 1 ) 頁: 327-33   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bc700244s

    PubMed

  122. In vitro selection of RNA aptamer to hemin. 査読有り

    Liu M, Kagahara T, Abe H, Ito Y

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 52 ) 頁: 513-4   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrn260

    PubMed

  123. Quenched autoligation probes. 査読有り

    Silverman AP, Abe H, Kool ET

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   429 巻   頁: 161-70   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-60327-040-3_11

    PubMed

  124. Fluorogenic probe triggered by reduction for nucleic acids sensing. 査読有り

    Furukawa K, Abe H, Wang J, Oki K, Uda M, Tsuneda S, Ito Y

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 52 ) 頁: 353-4   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrn178

    PubMed

  125. Nanocircular RNAs for RNA interference. 査読有り

    Abe H, Abe N, Harada M, Tsuneda S, Ito Y

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 52 ) 頁: 505-6   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrn256

    PubMed

  126. 細胞内遺伝子シグナルの解析

    阿部洋、古川和寛、常田聡、伊藤嘉浩

    生物工学、日本生物工学会   86 巻 ( 6 ) 頁: 268-270   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. ピラノースの配座制御に基づく立体選択的グリコシル化反応

    周東智、市川聡、阿部洋、松田彰

    有機合成化学協会誌     頁: 50-60   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. ダンベル型ナノサークルRNAでRNA干渉を長期安定に

    阿部洋、阿部奈保子、原田充、常田聡、伊藤嘉浩

    バイオインダストリー協会   66 巻 ( 8 ) 頁: 全   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Design and synthesis of biorelated polymers by combinatorial bioengineering

    Yoshihiro Ito, Hiroshi Abe, Akira Wada, Mingahe Liu

    ACS Symposium Series999(Polymer Biocatalysis and Biomaterials 2 )     頁: 194-215   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Quenched autoligation probes

    Adam P. Silverman, Hiroshi Abe, Eric T. Kool

    Methods in Molecular Biology     頁: 161-170   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Dumbbell-shaped nanocircular RNAs for RNA interference. 査読有り

    Abe N, Abe H, Ito Y

    Journal of the American Chemical Society   129 巻 ( 49 ) 頁: 15108-9   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja0754453

    PubMed

  132. [Bioprobe for imaging RNA in living cells]. 査読有り

    Abe H, Furukawa K, Tsuneda S, Ito Y

    Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   52 巻 ( 13 Suppl ) 頁: 1619-24   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  133. Intermolecular transfer of aminoacylated adenosine towards chemical aminoacylation of tRNA. 査読有り

    Liu M, Jinmei H, Fukuzono K, Abe H, Ito Y

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 51 ) 頁: 365-6   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrm183

    PubMed

  134. Multiple chemical ligation under thermal cycle. 査読有り

    Kondo Y, Abe H, Jinmei H, Abe N, Aikawa K, Matsumoto I, Ito Y

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 51 ) 頁: 353-4   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrm177

    PubMed

  135. Synthesis of adenophostin A analogues conjugating an aromatic group at the 5'-position as potent IP3 receptor ligands. 査読有り

    Mochizuki T, Kondo Y, Abe H, Tovey SC, Dedos SG, Taylor CW, Paul M, Potter BV, Matsuda A, Shuto S

    Journal of medicinal chemistry   49 巻 ( 19 ) 頁: 5750-8   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jm060310d

    PubMed

  136. Design and synthesis of 5'-deoxy-5'-phenyladenophostin A, a highly potent IP3 receptor ligand. 査読有り

    Mochizuki T, Kondo Y, Abe H, Taylor CW, Potter BV, Matsuda A, Shuto S

    Organic letters   8 巻 ( 7 ) 頁: 1455-8   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol0602710

    PubMed

  137. A systematic study of C-glucoside trisphosphates as myo-inositol trisphosphate receptor ligands. Synthesis of beta-C-glucoside trisphosphates based on the conformational restriction strategy. 査読有り

    Terauchi M, Abe H, Tovey SC, Dedos SG, Taylor CW, Paul M, Trusselle M, Potter BV, Matsuda A, Shuto S

    Journal of medicinal chemistry   49 巻 ( 6 ) 頁: 1900-9   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jm051039n

    PubMed

  138. Flow cytometric detection of specific RNAs in native human cells with quenched autoligating FRET probes. 査読有り

    Abe H, Kool ET

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103 巻 ( 2 ) 頁: 263-8   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0509938103

    PubMed

  139. Structure analysis of oligonucleotide in organic solvent. 査読有り

    Abe H, Abe N, Ito Y

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 50 ) 頁: 25-6   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrl013

    PubMed

  140. 新機能性核酸・タンパク質を生み出すコンビナトリアル・バイオエンジニアリング

    阿部洋、和田章、伊藤嘉浩

    生物工学会誌   84 巻 ( 8 ) 頁: 309   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Universal linkers for signal amplification in auto-ligating probes. 査読有り

    Abe H, Kool ET

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 49 ) 頁: 37-8   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/49.1.37

    PubMed

  142. Highly stereoselective grignard addition to cis-substituted C-cyclopropylaldonitrones. The bisected s-trans transition state can be stabilized effectively by the Lewis acid-coordination. 査読有り

    Kazuta Y, Abe H, Matsuda A, Shuto S

    The Journal of organic chemistry   69 巻 ( 26 ) 頁: 9143-50   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo048637e

    PubMed

  143. Destabilizing universal linkers for signal amplification in self-ligating probes for RNA. 査読有り

    Abe H, Kool ET

    Journal of the American Chemical Society   126 巻 ( 43 ) 頁: 13980-6   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja046791c

    PubMed

  144. An efficient synthesis of beta-C-glycosides based on the conformational restriction strategy: Lewis acid promoted silane reduction of the anomeric position with complete stereoselectivity. 査読有り

    Terauchi M, Abe H, Matsuda A, Shuto S

    Organic letters   6 巻 ( 21 ) 頁: 3751-4   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol048525+

    PubMed

  145. Quenched auto-ligating DNAs: multicolor identification of nucleic acids at single nucleotide resolution. 査読有り

    Sando S, Abe H, Kool ET

    Journal of the American Chemical Society   126 巻 ( 4 ) 頁: 1081-7   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja038665z

    PubMed

  146. Construction of a cis-cyclopropane via reductive radical decarboxylation. Enantioselective synthesis of cis- and trans-1-arylpiperazyl-2-phenylcyclopropanes designed as antidopaminergic agents. 査読有り

    Yamaguchi K, Kazuta Y, Abe H, Matsuda A, Shuto S

    The Journal of organic chemistry   68 巻 ( 24 ) 頁: 9255-62   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo0302206

    PubMed

  147. A study on the conformation-anomeric effect-stereoselectivity relationship in anomeric radical reactions, using conformationally restricted glucose derivatives as substrates. 査読有り

    Abe H, Terauchi M, Matsuda A, Shuto S

    The Journal of organic chemistry   68 巻 ( 19 ) 頁: 7439-47   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo030128+

    PubMed

  148. A systematic study of the hydride reduction of cyclopropyl ketones with structurally simplified substrates. highly stereoselective reductions of trans-substituted cyclopropyl ketones via the bisected s-cis conformation. 査読有り

    Kazuta Y, Abe H, Yamamoto T, Matsuda A, Shuto S

    The Journal of organic chemistry   68 巻 ( 9 ) 頁: 3511-21   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo030019v

    PubMed

  149. Control of alpha/beta stereoselectivity in Lewis acid promoted C-glycosidations using a controlling anomeric effect based on the conformational restriction strategy. 査読有り

    Tamura S, Abe H, Matsuda A, Shuto S

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   42 巻 ( 9 ) 頁: 1021-3   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200390261

    PubMed

  150. Synthesis and biological activity of adenophostin derivatives as IP3 receptor ligands. 査読有り

    Shuto S, Mochizuki T, Abe H, Kondo Y, Matsuda A

    Nucleic acids research. Supplement (2001)   ( 2 ) 頁: 23-4   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  151. Development of new radical reactions with a vinylsilyl group and their application to the synthesis of branched-chain sugar nucleosides

    Satoshi Shuto, Maki kanazaki, Isamu Sugimoto, Satoshi Ichikawa, Yuki Nagasawa, Yoshihito Ueno, Hiroshi Abe, Noriaki Minakawa, Makoto Sukeda, Tetsuya Kodama, Makoto Nomura, Akira matsuda

    Recent Advances in Nucleosides     頁: 21-55   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Intracellular Ca2+-mobilizing adenine nucleotides. Synthesis and biological activity of cyclic ADP-carbocyclic-ribose and C-glycosidic analog of adenophostin A

        頁: 461-470   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 10

  1. RNA干渉医薬の実現に向けた新手法の開発

    阿部洋、木村康明( 担当: 共著)

    2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. RNA干渉医薬の実現に向けた新手法の開発

    阿部洋, 木村康明( 範囲: Vol. 6, No. 1, p 9~ 15)

    Biophilia  2017年 

  3. 環状RNAの合成とその翻訳反応 – 大腸菌と動物細胞の翻訳系

    阿部洋、阿部奈保子( 担当: 共著)

    羊土社  2016年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 「有機溶媒に溶ける核酸―DNA触媒の新たな可能性」

    阿部洋( 担当: 単著)

    東京化学同人  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 「生細胞内RNA検出のための化学反応プローブ」「難培養微生物研究の最新技術2〜ゲノム解析を中心とした最前線と将来展望〜」

    古川和寛,阿部洋,伊藤嘉浩,常田聡( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 終わりのない核酸の話ケミカルバイオロジー入門

    阿部洋( 担当: 単著)

    オーム社  2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 細胞内RNA可視化のためのバイオプローブ蛋白質 核酸 酵素

    阿部洋,古川和寛,常田聡,伊藤嘉浩( 担当: 共著)

    共立出版株式会社  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 細胞内遺伝子発現検出用の蛍光バイオプロープの設計と合成「ー細胞内定量解析の最前線」

    阿部洋,古川和寛,常田聡,伊藤嘉浩( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 抗体医薬の最前線

    和田章,阿部洋,伊藤嘉浩( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. バイオプロープを用いたイメージング法とチップ解析法「ナノオプティクス・ナノフォトニクスのすべて」

    阿部洋,伊藤嘉浩( 担当: 共著)

    フロンティア出版  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 8

  1. ウイルスタンパク質の活性をトリガーとした新規不可逆阻害剤の開発

    福井竜介, 新美結士, 片倉秀雄, 鈴木哲郎, 村上努, 児玉栄一, 木村康明, 阿部洋  

    日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)139th 巻 ( 2 ) 頁: ROMBUNNO.23K‐pm11 - 103   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    J-GLOBAL

  2. ウイルスポリメラーゼの不可逆阻害を目指した新規2'-&βセレノ核酸アナログの創製

    村上 努, 木村 康明, 新美 結士, 藤野 真之, 片倉 秀雄, 鈴木 哲朗, 児玉 栄一, 阿部 洋  

    日本エイズ学会誌20 巻 ( 4 ) 頁: 468 - 468   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本エイズ学会  

  3. Development of glutathione S-transferase (GST) covalent inhibitor

    Shishido Yuko, Tomoike Fumiaki, Kimura Yasuaki, Kuwata Keiko, Yano Takato, Fukui Kenji, Fujikawa Haruka, Sekido Yoshitaka, Murakami-Tonami Yuko, Kameda Tomoshi, Shuto Satoshi, Abe Hiroshi  

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  4. グルタチオン-S-トランスフェラーゼを標的とした共有結合性阻害剤の開発

    宍戸 裕子, 藤川 遥加, 友池 史明, 木村 康明, 桑田 啓子, 村上 優子, 福井 健二, 関戸 好孝, 矢野 貴人, 周東 智, 阿部 洋  

    生命科学系学会合同年次大会2017年度 巻   頁: [3P - 0205]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

  5. グルタチオンS-トランスフェラーゼのプローブ開発

    藤川 遥加, 宍戸 裕子, 村上 優子, 関戸 好孝, 阿部 洋  

    日本癌学会総会記事76回 巻   頁: P - 2323   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  6. 共有結合型グルタチオンS-転移酵素阻害剤の創薬研究

    宍戸 裕子, 関戸 好孝, 村上 優子, 阿部 洋  

    日本癌学会総会記事76回 巻   頁: P - 1411   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  7. 共有結合型グルタチオンS-転移酵素阻害剤の創薬研究

    宍戸 裕子, 藤川 遥加, 木村 康明, 友池 史明, 桑田 啓子, 矢野 貴人, 福井 健二, 関戸 好孝, 村上 優子, 周東 智, 阿部 洋  

    日本薬学会年会要旨集137年会 巻 ( 2 ) 頁: 68 - 68   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

  8. 糖部三員環型ヌクレオシドアナログの創成

    伏原大地, 福田隼, 阿部洋, 周東智  

    日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)137th 巻   頁: ROMBUNNO.26S‐pm10S   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等 141

  1. 新規抗ウイルス薬を志向した修飾2-5Aの合成 招待有り

    伏原 大地, 太田 杏摘, 田中 育, 今枝 昭裕, 永井 貴広, 星野 真一, 木村 康明, 友池 史明, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. カチオン性ポリマーを結合した核酸誘導体によるアンチセンス効果

    太田 杏摘, 伏原 大地, Zhaoma SHU, 阿部 奈保子, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. 膜透過性核酸の開発

    Zhaoma SHU, 太田 杏積, 田中 育, 伏原 大地, 阿 部 奈保子, 友池 史明, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. 真核生物翻訳系における終わりのない回転式翻訳現象

    清水 沙彩, 児玉 亜有実, 富田 貴志, 阿部 奈保子, 友池 史明, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 抗ウイルス活性を指向した新規2'修飾ヌクレオシドの合成および評価

    新美 結士, 片倉 秀雄, 阿部 奈保子, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. 高分子核酸医薬の低分子化戦略:細胞内ビルドアップ法の開発

    木村 康明, 丸山 豪斗, 笈川 涼太, 吉永 静也, 辻 厳一郎, 阿部 奈保子, 松田 彰, 周東 智, 伊藤 嘉浩, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. RETFプローブを用いた生体内の核酸検出

    友池史明, 山岡和樹, 伊藤真央, 木村康明, 井上貴文, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. 蛍光オフ・オン型分子を導入した核酸プローブの開発

    山岡和樹, 伊藤真央, 阿部奈保子, 友池史明, 木村康明, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. 多分岐型DNAケミカルライゲーションによる標的核酸分子のトポロジカル固定

    富田貴志, 阿部奈保子, 木村康明, 鬼塚和光, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. 共有結合型GST阻害剤の開発

    富田貴志, 阿部奈保子, 木村康明, 鬼塚和光, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. 膜透過性分子を結合したオリゴ核酸の合成

    田中育, 太田杏摘, 伏原大地, SHU Zhaoma, 阿部奈保子, 友池史明, 木村康明, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. 抗ウイルス活性を指向したヌクレオシドの開発

    片倉秀雄, 新美結士, 木村康明, 鈴木哲郎, 村上優子, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. N6-アルキルアデノシン導入によるRNAの機能制御

    今枝昭裕, 笈川涼太, 浅井潔, 桜庭俊, 岩切淳一, 阿部奈保子, 友池史明, 木村康明, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. グルタチオン-S-トランスフェラーゼを標的とした共有結合性阻害剤の開発

    宍戸裕子、藤川遥加、友池史明、木村康明、桑田啓子、村上優子、福井健二、関戸好孝、矢野貴人、周東智、阿部洋

    分子生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. RNA Interference by Intracellar Buildup of siRNA 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Development of intracellular RNA detection probe enable chemical signal amplification 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. Development of Anti-cancer Agents based on Synthetic Lethality by LATS Mutation.

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 抗ウイルス活性を指向した2'-β-チオ核酸の開発

    片倉秀雄, 木村康明, 阿部洋

    統合物質創製化学研究推進機構 第3回 国内シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. ロタキサン構造形成による新規アンチセンス法の開発

    富田貴志, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

    統合物質創製化学研究推進機構 第3回 国内シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. 細胞内グルタチオン-S-トンランスフェラーゼ活性を検出するためのプローブ開発

    友池史明、宍戸裕子、藤川遥加、木村康明、柴田綾、周東智、阿部洋

    日本分析化学会第66年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. 高分子核酸医薬の低分子戦略:細胞内ビルドアップ法の開発

    木村康明、丸山豪斗、伊藤美香、笈川涼太、早川真由、辻厳一郎、阿部奈保子、松田彰、周東智、伊藤嘉浩、阿部洋

    第11回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 高分子核酸医薬の低分子戦略:細胞内ビルドアップ法の開発

    木村康明、丸山豪斗、笈川涼太、早川真由、吉永静也、辻厳一郎、阿部奈保子、松田彰、周東智、伊藤嘉浩、阿部洋

    日本核酸医薬学会第3回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. 高分子核酸医薬の低分子戦略:細胞内ビルドアップ法の開発

    木村康明、丸山豪斗、伊藤美香、笈川涼太、早川真由、辻厳一郎、阿部奈保子、松田彰、周東智、伊藤嘉浩、阿部洋

    ケミカルバイオロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. 高効率な核酸検出を可能にする核酸鋳型反応の開発

    伊藤真央、柴田綾、阿部奈保子、木村康明、阿部洋

    日本薬学会第137年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. 共有結合型グルタチオンS-転移酵素阻害剤の創薬研究

    宍戸裕子、藤川遙加、木村康明、友池史明、桑田啓子、矢野貴人、福井健二、関戸好孝、村上優子、周東智、阿部洋

    日本薬学会137年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 糖部三員環型ヌクレオシドアナログの創成

    伏原大地、福田隼、阿部洋、周東智

    日本薬学会第137年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. ビルドアップ型核酸分子の開発

    吉永静也、辻厳一郎、阿部奈保子、友池史明、木村康明、阿部洋

    統合物質創製化学研究推進機構第2回国内シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. 光解除性保護基を有するヌクレオチドを利用した長鎖RNAのケミカルライゲーション

    辻厳一郎、笈川涼太、早川真由、木村康明、阿部洋

    統合物質創製化学研究推進機構第2回国内シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. 共有結合型グルタチオンS-転移酵素阻害剤の創薬研究

    宍戸裕子、藤川遙加、木村康明、友池史明、桑田啓子、矢野貴人、福井健二、関戸好孝、村上優子、周東智、阿部洋

    第34回メディシナルケミストリーシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. 合成環状RNAからのタンパク質発現

    児玉亜有実、阿部奈保子、友池史明、伊藤嘉浩、松本健、吉田稔、清水義宏、亀田倫史、阿部洋

    第39回分子生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. 細胞内ビルドアップ型SiRNAを志向した新規核酸連結反応

    早川真由、笈川涼太、丸山豪斗、阿部奈保子、木村康明、周東智、松田彰、阿部洋

    日本核酸医薬学会第二会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. Development of novel chemical ligation reaction for RNA strands 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. 求電子的ホスホロチオエステルによる核酸の化学的連結反応

    木村康明、丸山豪斗、笈川涼太、早川真由、阿部奈保子、松田彰、周東智、伊藤嘉浩、阿部洋

    第10回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. Nile Blueを基本骨格とした脂肪滴検出プローブの創製

    戸田直宏、伊藤美香、石田綾乃、鬼頭宏任、横川大輔、阿部洋

    第10回バイオ関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. Rolling circle translation of Circular RNA

    Naoko Abe, Yasuaki Kimura, Fumiaki Tomoike, Ken Matsumoto, Minoru Yoshida, Yoshihiro Ito, Hiroshi Abe

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 核酸のケミカルバイオロジー

    阿部 洋

    総合物質創製化学研究推進機構キックオフシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. Rolling circle translation using small circular RNA 国際会議

    Pacifichem 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  38. 合成環状RNAからのタンパク質発現

    阿部洋、阿部奈保子、伊藤嘉浩、松本健、吉田稔

    日本核酸医薬学会第1回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月 - 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. 細胞内RNAの解析と機能制御

    阿部洋

    特別招待セミナー(愛知がんセンター) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. DNA templated reaction for efficient signal amplification and its steady-state kinetic analysis of the turnover cycle 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. Synthetic biology of Circular Oligonucleotide 国際会議

    Hiroshi Abe

    The 3rd International Symposium on Transformative Bio-Molecules, Nagoya Univaersity 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. 人工核酸を用いた細胞内RNAの解析及び機能制御

    阿部洋

    第1回新しい原子分子組織化物質・材料創出に向けた光・量子ビーム応用技術ン調査専門委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 標的を触媒として利用する遺伝子検出のための化学反応プロ−ブの開発

    阿部洋

    若手研究者のための有機化学札幌セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. DNA templated reaction for efficient signal amplication and its steady-state kinetic analysis of the turmover cycle

    The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 細胞内RNAの機能制御と解析

    阿部洋

    名古屋大学、野依記念物質科学研究館講演室 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. ROLLING CIRCLE AMPLIFICATION OF PEPTIDE IN TRANSLATION SYSTEM USING SMALL CIRCULAR RNA

    51st Japanese Peptide Symposium, Tokushima  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. Synthetic bioligy of Circular RNA

    RIKEN SYMPOSIUM & 15th Tokyo RNA club 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. DNA templated chemical reaction for detection of nucleic acids 国際会議

    Hiroshi Abe

    China/Japan Young Chemists Forum (Molecular Imgaing for Chemical Biology), 29th Chinese Chemical Society congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. RNAのナノ構造化に基づく機能創発

    阿部洋

    RNAインフォマティクス道場 in 札幌 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. 環状RNAの機能探索

    「阿部洋」「阿部奈保子」「中野佑妃子、伊藤嘉浩」「周東智」

    第51回日本生化学会北海道支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. RNAナノ構造化による医薬機能創発

    阿部洋

    第25回未来創薬・医療イノベーションセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. ナノ構造化による医薬機能創発

    阿部洋

    東京リサーチパークセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. Synthetic Biology of Circular RNA

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. 環状RNAによる終わりのない回転式タンパク質翻訳

    「阿部洋」「阿部奈保子」「丸山豪斗」「中野佑妃子」「周東智」「松田彰」「伊藤嘉浩」

    第23回アンチセンスシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. RNAを植物から考えるー植物を支えるRNA機能ー「化学反応プロープを用いたRNAイメージング法の開発」

    阿部洋

    第3回植物RNA研究ネットワークシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. Rolling Circle Amplification in Translation System using small Circular RNA

    Hiroshi Abe, Naoko Abe, Michio Hiroshima, Hideto Maruyama, Yuko Nakashima, Yukiko Nakno,Akira Matsuda, SAtoshi Shuto, Yasushi Sako, Yoshihiro Ito

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. ナノ構造化したRNA分子の機能創発

    阿部洋

    日本農芸化学会中部支部第169回例会「核酸科学の新潮流」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. Nano-structured RNA for RNA interference 国際会議

    Hiroshi Abe

    ISAJ(Inadian Scientist, Association in Japan) symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. ナノ構造化RNAの機能創発

    阿部洋

    スパイバー社、鶴岡 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. まるい核酸の研究

    阿部洋

    北海道大学大学院講義 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. Synthetic biology of Nano-structured Nucleic Acids

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. 細胞内遺伝子発現の解析と制御法開発

    阿部洋

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. バイオイメージングに基づく診断法の開発

    阿部洋

    JST推薦シーズ新技術説明会 第2回ライフイノベーションの分野(創薬、医療技術) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. RNAイメージング法の開発(代表者 常田聡)

    阿部洋

    大学院講義 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. 有機溶媒に溶けるDNAの構造と触媒機能

    「阿部洋」「阿部奈保子」「柴田綾」「伊藤圭司」「伊藤美香」「實吉尚郎」「田中好幸」「周東智」「伊藤嘉浩」

    第6回バイオ関連化学合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. 「核酸高分子のナノ構造化や鋳型反応による機能創出」

    阿部洋

    第58回高分子研究発表会(代表者 西野孝) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. ナノ構造を制御したRNAを用いたRNA干渉法

    「阿部洋」【阿部奈保子」「西原みづき」「永井千里」「畠山浩人」「原島秀吉」「大城敬人」「前田瑞夫」「中嶋裕子」「伊藤嘉浩」

    日本DDS学会第28回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 遺伝子シグナルの化学増幅

    阿部洋

    北海道大学薬学部講演会(代表者 周東智) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. 化学反応プローブを用いた細胞内遺伝子診断法の開発

    阿部洋

    Pharmaco-Hematology シンポジウム「血液からの創薬を考える」(代表者 宮崎洋)シンポジウム2「”眼に見える”分子機能研究へ向けた新展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. ナノ構造化RNAを用いるRNA干渉法

    阿部洋

    日本薬学会シンポジウム「ナノサイズの分子設計:診断・創薬へのアプローチ」(代表者 阿部洋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. 生細胞内遺伝子の解析と制御を目的とした機能性核酸分子の創製

    阿部洋

    次代を担う若手大学人育成イニシアティブセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. 遺伝子シグナルの化学的増幅

    阿部洋

    トクシマ・ファルマ・トライアングル(TPT)構築事業 特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. 「核酸工学・核酸医薬の新展開」「ナノ構造化RNAを用いるRNA干渉会」

    阿部洋

    第17回創剤フォーラム若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. Artificial Nucleic Acid probe for analysis and regulation of RNA expression in living cells 国際会議

    Hiroshi Abe

    Division of Biochemical Toxicology, Karolinska Institut 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. Detection and Control of gene expression using artificial nucleic acids 国際会議

    Hiroshi Abe

    Division of Biochemical Toxicology, Karolinska Institut 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. 医療応用を目指した人工核酸分子の創製

    阿部洋

    高分子学会関東支部 第22回埼玉地区談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. 人工核酸分子を用いた遺伝子発現の解析と制御

    阿部洋

    大阪大学 免疫学フロンティア研究センターセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. 細胞内遺伝子発現の解析と制御を目的とした機能性核酸分子の創製

    阿部洋

    薬学会奨励賞受賞講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. 細胞内現象を解析・制御する分子の創製

    阿部洋

    群馬大学 光化学研究会合同研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  80. Chemical reaction triggered fluorogenic probe for RNA detection in living cells 国際会議

    Hiroshi Abe

    BIT's 3rd world congress of Gene-2009 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. Nanocircular RNA for RNA interference 国際会議

    Hiroshi Abe

    The 6th International symposium on Nucleic Acid Chemistry (6ISNAC2009) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. ダンベル型ナノサークルRNAを用いるRNA干渉法

    「阿部洋」「阿部奈保子」「原田充」「常田聡」「伊藤嘉浩」

    日本薬学会第129年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  83. 細胞内RNA検出プローブの開発

    「阿部洋」「古川和寛」「王瑾」「鳥田美和子」「常田聡」「伊藤嘉浩」

    第18回アンチセンスシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  84. ダンベル型ナノサークルRNAを用いるRNA干渉法

    「阿部洋」「阿部奈保子」「原田充」「常田聡」「伊藤嘉浩」

    第27回メディシナルケミストリーシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  85. 新規蛍光化合物を導入したプロ−ブによる遺伝子シグナルの化学増幅

    「阿部洋」「古川和寛」「王瑾」「鳥田美和子」「常田聡」「伊藤嘉浩」

    第34回反応と合成の進歩シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. 機能性人工核酸の創製

    阿部洋

    東京大学薬学部 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. RNAのシンセティックバイオロジー

    阿部洋

    東京薬科大学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. 人工核酸を用いる細胞内遺伝子発現の解析と制御

    阿部洋

    日本化学会関東支部 シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  89. 新規蛍光化合物を導入した化学反応プローブによる遺伝子シグナルの増幅

    「阿部洋」「古川和寛」「王瑾」「鳥田美和子」「常田聡」「伊藤嘉浩」

    第3回バイオ関連化学合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. Nanocircular RNAs for RNA interference 国際会議

    Hiroshi Abe, Naoko Abe, Mitsuru harada, Satoshi Tsuneda, Yoshihiro Ito

    Joint Stmposium of the 18th International Round table on Nucleoside, Nucleotides and Nucleic Acids and the 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry  

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  91. 機能性人工核酸の創製

    阿部洋

    分子研究会ー物質系と生体系での自己組織化ー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. 人工核酸を用いる細胞内遺伝子発現の解析と制御

    阿部洋

    第6回ライフサーベイヤシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. ダンベル型なのサークルRNAを用いるRNA干渉法

    「阿部洋」「阿部奈保子」「原田充」「常田聡」「伊藤嘉浩」

    第24回DDS学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. ダンベル型ナノサークルRNAを用いるRNA干渉法

    「阿部洋」「阿部奈保子」「原田充」「常田聡」「伊藤嘉浩」

    第3回ケミカルバイオロジー研究会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. 化学反応プローブを用いた細胞内遺伝子検出

    阿部洋

    第59回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. 有機溶液に溶ける核酸の構造解析:有機溶媒中のGカルテット構造

    「阿部洋」「阿部奈保子」「伊藤嘉浩」

    第56回高分子討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  97. 新規蛍光化合物の合成と遺伝子検出への応用

    「阿部洋」「王瑾」「古川和寛」「島田美和子」「戸田雅也」「常田聡」「伊藤嘉浩」

    第22回生体機能関連化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  98. 核酸の有機溶媒可視化と構造解析

    「阿部洋」「阿部奈保子」「神明博」「伊藤嘉浩」

    第56回高分子学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  99. 化学的DNA連結反応を用いるヒト生細胞内RNAの可視化と定量

    阿部洋

    第22回ケミカルバイオロジー研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  100. Structure analysis of oligonucleotide in organic solvent 国際会議

    Hiroshi Abe, Naoko Abe, Yoshihiro Ito

    33rd Symposium on Nucleic Acids Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  101. 化学的DNA連結反応を持ちいるヒト生細胞内mRNAの検出

    「阿部洋」「Kool Eric T」

    第16回アンチセンスシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  102. 有機溶媒中の核酸の構造

    「阿部洋」『阿部奈保子」「神明博」「伊藤嘉浩」

    第21回生体機能関連化学シンポジウム(バイオテクノロジー部会9回)・生命化学研究会(9回)合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  103. 細胞内分子遺伝子診断

    阿部洋

    第1回バイオ医工学シンポジウムーマイクロアレイ・バイオチップ最前線ー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  104. 化学的DNA連結反応を用いる細胞内遺伝子診断

    「阿部洋」「Kool Eric T」

    日本薬学会126年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  105. 有機化学を基盤とする核酸医薬へのアプローチ

    阿部 洋

    有機合成化学協会「ニューモダリティと有機合成化学」第5回勉強会  2021年8月19日 

  106. 核酸医薬のための化学的アプローチ 硫黄のマジック 招待有り

    阿部 洋

    日本薬学会  2021年3月27日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  107. N6-アルキルアデノシン導入によるRNAの機能制御

    今枝昭裕, 笈川涼太, 浅井潔, 桜庭俊, 岩切淳一, 阿部奈保子, 友池史明, 木村康明, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会  2018年3月 

  108. 新規抗ウイルス薬を志向した修飾2-5Aの合成

    伏原 大地, 太田 杏摘, 田中 育, 今枝 昭裕, 永井 貴広, 星野 真一, 木村 康明, 友池 史明, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会  2018年3月 

  109. 抗ウイルス活性を指向した新規2'修飾ヌクレオシドの合成および評価

    新美 結士, 片倉 秀雄, 阿部 奈保子, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会  2018年3月 

  110. 抗ウイルス活性を指向したヌクレオシドの開発

    片倉秀雄, 新美結士, 木村康明, 鈴木哲郎, 村上優子, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会  2018年3月 

  111. 多分岐型DNAケミカルライゲーションによる標的核酸分子のトポロジカル固定

    富田貴志, 阿部奈保子, 木村康明, 鬼塚和光, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会  2018年3月 

  112. 共有結合型GST阻害剤の開発

    藤川遥加, 宍戸裕子, 木村康明, 友池史明, 村上優子, 青木正博, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会  2018年3月 

  113. カチオン性ポリマーを結合した核酸誘導体によるアンチセンス効果

    太田 杏摘, 伏原 大地, Zhaoma SHU, 阿部 奈保子, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会  2018年3月 

  114. RETFプローブを用いた生体内の核酸検出

    友池史明, 山岡和樹, 伊藤真央, 木村康明, 井上貴文, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会  2018年3月 

  115. 真核生物翻訳系における終わりのない回転式翻訳現象

    清水 沙彩, 児玉 亜有実, 富田 貴志, 阿部 奈保子, 友池 史明, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会  2018年3月 

  116. 高分子核酸医薬の低分子化戦略:細胞内ビルドアップ法の開発

    木村 康明, 丸山 豪斗, 笈川 涼太, 吉永 静也, 辻 厳一郎, 阿部 奈保子, 松田 彰, 周東 智, 伊藤 嘉浩, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会  2018年3月 

  117. 蛍光オフ・オン型分子を導入した核酸プローブの開発

    山岡和樹, 伊藤真央, 阿部奈保子, 友池史明, 木村康明, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会  2018年3月 

  118. 膜透過性核酸の開発

    Zhaoma SHU, 太田 杏積, 田中 育, 伏原 大地, 阿 部 奈保子, 友池 史明, 木村 康明, 阿部 洋

    日本薬学会第138年会  2018年3月 

  119. 膜透過性分子を結合したオリゴ核酸の合成

    田中育, 太田杏摘, 伏原大地, SHU Zhaoma, 阿部奈保子, 友池史明, 木村康明, 阿部洋

    日本化学会 第98春季年会  2018年3月 

  120. グルタチオン-S-トランスフェラーゼを標的とした共有結合性阻害剤の開発

    宍戸裕子, 藤川遥加, 友池史明, 木村康明, 桑田啓子, 村上優子, 福井健二, 関戸好孝, 矢野貴人, 周東智, 阿部洋

    ConBio2017  2017年12月 

  121. 環状RNAを用いた終わりのない回転式翻訳によるタンパク質合成の効率化

    児玉亜有実, 阿部奈保子, 友池史明, 伊藤嘉浩, 松本健, 吉田稔, 清水義宏, 亀田倫史, 阿部洋

    ConBio2017  2017年12月 

  122. 遺伝子発現制御のためのRNA分子の形状デザイン

    阿部洋, 阿部奈保子, 木村康明, 友池史明

    ConBio2017  2017年12月 

  123. Development of intracellular RNA detection probe enable chemical signal amplification

    阿部洋, 伊藤真央, 友池史明, 木村康明, 阿部奈保子

    日本核酸化学会年会  2017年11月 

  124. 擬ロタキサン構造形成による翻訳制御

    富田貴志, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

    第48回中化連秋季大会  2017年11月 

  125. 共有結合性GST阻害剤の開発

    藤川遥加, 宍戸裕子, 木村康明, 友池史明, 村上優子, 青木正博, 福井健二, 矢野貴人, 阿部洋

    第48回中化連秋季大会  2017年11月 

  126. RNA Interference by Intracellar Buildup of siRNA

    木村康明, 丸山豪斗, 笈川涼太, 辻厳一郎, 吉永静也, 阿部奈保子, 周東智, 松田彰, 伊藤嘉浩, 阿部洋

    日本核酸化学会年会  2017年11月 

  127. 求電子的リン酸基を用いた核酸ケミカルライゲーション反応

    笈川涼太, 早川真由, 丸山豪斗, 阿部奈保子, 友池史明, 木村康明, 周東智, 松田彰, 南川典昭, 阿部洋

    第48回中化連秋季大会  2017年11月 

  128. 環境応答性環状オリゴ核酸による遺伝子発現制御

    吉永静也, 阿部奈保子, 木村康明, 友池史明, 阿部洋

    第48回中化連秋季大会  2017年11月 

  129. Development of Anti-cancer Agents based on Synthetic Lethality by LATS Mutation.

    Nguyen Hong Nhung, 木村康明, 村上優子, 阿部洋

    統合物質創製化学研究推進機構 第3回 国内シンポジウム  2017年10月 

  130. 抗ウイルス活性を指向した2'-β-チオ核酸の開発

    片倉秀雄, 木村康明, 阿部洋

    統合物質創製化学研究推進機構 第3回 国内シンポジウム  2017年10月 

  131. ロタキサン構造形成による新規アンチセンス法の開発

    富田貴志, 阿部奈保子, 木村康明, 阿部洋

    統合物質創製化学研究推進機構 第3回 国内シンポジウム  2017年10月 

  132. グルタチオン-S-トランスフェラーゼのプローブ開発

    宍戸裕子, 村上優子, 関戸好孝, 阿部洋

    日本癌学会  2017年9月 

  133. 共有結合型グルタチオンS-転移酵素阻害剤の開発

    宍戸裕子, 藤川遥加, 木村康明, 友池史明, 桑田啓子, 福井健二, 村上優子, 亀田倫史, 周東智, 阿部洋

    第11回バイオ関連化学シンポジウム  2017年9月 

  134. 共有結合型グルタチオンS-転移酵素阻害剤の創薬研究

    宍戸裕子, 関戸好孝, 村上優子, 阿部洋

    日本癌学会  2017年9月 

  135. 細胞内グルタチオン-S-トンランスフェラーゼ活性を検出するためのプローブ開発

    友池史明, 宍戸裕子, 藤川遥加, 木村康明, 柴田綾, 周東智, 阿部洋

    日本分析化学会第66年会  2017年9月 

  136. 高分子核酸医薬の低分子戦略:細胞内ビルドアップ法の開発

    木村康明, 丸山豪斗, 伊藤美香, 笈川涼太, 早川真由, 辻厳一郎, 阿部奈保子, 松田彰, 周東智, 伊藤嘉浩, 阿部洋

    第11回バイオ関連化学シンポジウム  2017年9月 

  137. RNA干渉のためのナノ構造デザイン

    Shu Zhaoma, 阿部奈保子, 友池史明, 木村康明, 伊藤嘉浩, 阿部洋

    日本核酸医薬学会第3回年会  2017年7月 

  138. 化学的シグナル増幅を可能とするプローブによる細胞内RNA検出法

    伊藤真央, 柴田綾, 阿部奈保子, 友池史明, 木村康明, 阿部洋

    日本RNA学会  2017年7月 

  139. 機能性核酸合成を志向した化学的核酸連結反応

    笈川涼太, 早川真由, 丸山豪斗, 阿部奈保子, 木村康明, 周東智, 松田彰, 南川典昭, 阿部洋

    日本核酸医薬学会第3回年会  2017年7月 

  140. 環状RNAを用いた回転式翻訳によるタンパク質合成効率化

    児玉亜有実, 阿部奈保子, 友池史明, 木村康明, 伊藤嘉浩, 松本健, 吉田稔, 清水義宏, 亀田倫史, 阿部洋

    日本RNA学会  2017年7月 

  141. Si-Si結合の特性を利用した光分解性保護基の開発

    伊藤 真央, 金田 龍太郎, 木村 康明, 周東 智, 阿部 洋

▼全件表示

Works(作品等) 10

  1. Protein detection using oligonucleotide probes

    2009年

  2. Synthetic nanocircular RNA for controlling of gene expression

    2009年

  3. In vitro selection of RNA aptamer to hemin

    2008年

  4. Fluorogenic trobe triggered by reduction for nucleic acids sensing

    2008年

  5. Nanocircular RNAs fopr RNA interference

    2008年

  6. Multiple chemical ligation under thermal cycle

    2007年

  7. Intermolecular transfer of aminoacylated adenosine towards chemical aminoacylation of tRNA

    2007年

  8. Structure analysis of oligonucleotide in organic solvent

    2006年

  9. Universal linkers for signal amplification in auto-ligating probes

    2005年

  10. Synthesis and biological activity of adenophostin derivativesas IP3 receptor ligands

    2002年

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 11

  1. ポスト切断PCRプライマーを用いた新規DNAアセンブリ法の開発

    2018年10月 - 2019年3月

  2. 化学を基盤とするゲノムスケールDNA合成技術の開発

    2018年 - 2025年

  3. 長鎖DNAの細胞内ビルドアップ法の開発

    2018年 - 2019年

  4. 合成致死表現型を指標とした新規悪性中皮腫革新的がん医療実用化研究事業

    2017年11月 - 2018年3月

  5. 人工mRNA・非コードRNA分解機構の解明とRNA医薬安定化技術の開発

    2017年4月 - 2020年3月

    国内共同研究 

  6. 新規精神・発達障害治療薬の探索

    2017年4月 - 2020年3月

  7. RNAケミカルライゲーション法による翻訳可能な長鎖mRNAの全合成

    2016年1月 - 2019年7月

    国内共同研究 

  8. 環状RNAを用いたタンパク質翻訳現象の理解と利用

    2015年4月 - 現在

    国内共同研究 

  9. 蛋白質の高効率生産法の開発

    2015年4月 - 2018年3月

    国内共同研究 

  10. 脳神経回路の形成・動作と制御「シナプス可塑性に関わるRNA群の革新的イメージング法の開発

    2011年

    科学技術振興機構 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 単一分子レベルの酵素反応解析から癌治療法開発までの複合領域研究

    2011年

    科学技術振興機構 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 19

  1. 修飾塩基を持つRNAの情報解析基盤技術の開発

    研究課題/研究課題番号:21H04912  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    浅井 潔, 阿部 洋, 櫻庭 俊

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    既に開発した様々なRNA2次構造情報解析ソフトウェアを基盤として、修飾塩基のエネルギーパラメー
    タを組み込むことで、修飾塩基を含むRNAの2次構造情報解析を実現するソフトウェアを開
    発する。さらに、機械学習を取り入れたエネルギーパラメータ推定法を開発する。また、RNA配列中の修
    飾の種類・位置を同定するため、1分子シークエンサの測定信号から修飾塩基を含む塩基配
    列を同定する手法を開発する。これらの技術の有用性を実証するため、塩基修飾がmRNAの
    翻訳効率に及ぼす影響を予測する手法の開発を行う。

  2. 高分子RNA医薬の中分子化戦略

    2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

  3. 高分子RNA医薬の中分子化戦略

    研究課題/研究課題番号:18H04398  2018年4月 - 2020年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    阿部 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    本研究では、非活性な中分子RNAを細胞内に導入することで活性のある高分子siRNAを作り出す、細胞内ビルドアップ法を開発することを目指した。このように巧みにsiRNA前駆体を設計することにより、RNA干渉で問題となるsiRNA分子の膜透過性や免疫応答の問題を回避できると期待した。前年度までに、光切断ユニットあるいはジスルフィド構造を組み込んだ環状RNAを前駆体として用いることで、細胞膜透過性を向上させる結果が得られている。前者のsiRNA前駆体では光照射依存的に、後者は細胞内GSHによって直鎖siRNAに変換されるメカニズムを想定した。 今年度は詳細なメカニズム解析により、設計した細胞内ビルドアップメカニズムが作用しているかについて検証を行った。また、本手法の優位性を実証するデータの取得を行った。メカニズム解析では、環状siRNA前駆体作用後に生じる切断産物の解析により、細胞内で活性なsiRNAが形成されることを実証した。また、本手法はルシフェラーゼなどの人工的な系だけでなく、ApoBなどの複数の内在性遺伝子を標的とした場合にも優位性が確認された。また、導入した環境応答性リンカーに免疫原性がないことも確認した。これにより作用メカニズムの妥当性と、従来法に対する優位性の普遍性を実証できた。以上の成果をChemical Communications誌に報告した。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。

  4. 高分子RNA医薬の中分子化戦略

    2018年4月 - 2020年3月

    阿部 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. 核酸鋳型化学反応の遷移状態制御に基づく触媒回転数の向上

    2016年7月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  6. 核酸鋳型化学反応の遷移状態制御に基づく触媒回転数の向上

    研究課題/研究課題番号:16KT0052  2016年7月 - 2019年3月

    阿部 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18590000円 ( 直接経費:14300000円 、 間接経費:4290000円 )

    核酸鋳型反応に基づく発蛍光反応は、RNA検出プローブの最も基本的な作用原理の一つである。この方法では、反応性官能基を持つ核酸プローブと、保護基で蛍光を抑えた蛍光前駆体を持つ核酸プローブが、標的RNA上で会合し、保護基除去反応が進行することで蛍光を発する。この発蛍光反応は、標的RNA存在下で特異的に起こるため、RNA検出プローブの作用原理となる。本研究では高感度な細胞内RNA検出を目指し、①核酸鋳型反応の高速化、②リポフェクションを用いない核酸プローブの細胞内投与法の開発に取り組んだ。①では反応の求核剤を適切に選択することで、②では核酸のリン酸部をチオ化することで、有望な結果が得られた。
    RNA検出法は、病気の診断、ウイルスの検出、細胞現象の解明など、様々な分野で重要な技術である。RNA検出では、いかに微量な標的RNAを検出できるか、すなわち検出感度の高感度化が重要な課題である。核酸検出プローブの作用原理である核酸鋳型反応の高速化により、高感度化が可能になるが、本研究ではその反応の高速化の指針を見出すことに成功した。また、核酸プローブの細胞投与において、既存の手法では望みでない蛍光シグナルを発してしまう問題があるが、本研究で開発した新たな投与法により、その問題を回避することが可能になった。両成果は、細胞内で微量なRNAの検出を可能にする技術の開発において重要な結果である。

  7. 核酸鋳型化学反応の遷移状態制御に基づく触媒回転数の向上

    2016年7月 - 2019年3月

    阿部 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. エピトランスクリプトーム解析のためのRNAインフォマティクス基盤技術

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 環状RNAを用いたタンパク質合成法

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 環状RNAを用いたタンパク質合成法

    研究課題/研究課題番号:16H04178  2016年4月 - 2019年3月

    阿部 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    連続した読み枠を含む環状RNAを鋳型にした翻訳反応系においては、リボソームが何度も回転しながら翻訳反応を行う結果、反復配列をもつタンパク質・ペプチド産物が生成する。タンパク質生合成法における新たな方法論として、この環状RNAを用いたタンパク質合成法の開発を行った。環状RNAを鋳型にした大腸菌無細胞翻訳系の最適化を行った。哺乳動物翻訳系における効率的な機能性タンパク質発現法の開発を実施した。
    近年、タンパク質を材料にした医薬品や生体材料の開発が進められている。連続的な読み枠を含む環状RNAを鋳型にしたタンパク質生合成反応を用いると、反復配列からなる長鎖タンパク質・ペプチドを簡便に調製できる。機能性タンパク質には反復配列を含むものが多く存在するため、これらの調製法として、本研究成果を用いることが出来る。

  11. エピトランスクリプトーム解析のためのRNAインフォマティクス基盤技術

    研究課題/研究課題番号:16H02484  2016年4月 - 2019年3月

    浅井 潔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    重要な修飾塩基であるイノシンとN6メチルアデノシンの2次構造エネルギーパラメタを、熱測定実験と分子シミュレーションの組合せで同定した。推定誤差の構造予測への影響は理論的解析と計算機実験で評価して発表した。同定したイノシンのパラメタを用いて、miRNAによる翻訳抑制効率に対する A-to-I 編集の影響のモデルを共同研究で構築して発表した。
    2次構造確率分布の解析ツールRintDを改良し、塩基対確率の分布を計算するRintWおよび最大塩基対制約で計算を高速化したRintCを開発して発表した。その際、フーリエ変換が数値誤差に与える影響を精度保証計算を用いて解析し、大きな確率は信頼できることを示した。
    重要な修飾塩基であるイノシン、m6Aの未同定のエネルギーパラメタを熱測定実験と分子シミュレーションによって同定し、イノシン、m6Aを含むRNA分子の2次構造予測が可能となった。
    RNAの塩基修飾はRNA2次構造変化をもたらし、他の分子との相互作用の変化はその機能を変化させる。我々の成果により、これまで不可能であったイノシン、m6A修飾の構造・相互作用へ影響の解析が可能となった。イノシンのエネルギーパラメータはmiRNAによる翻訳抑制効率に対する A-to-I 編集の影響のモデルで検証された。

  12. エピトランスクリプトーム解析のためのRNAインフォマティクス基盤技術

    2016年4月 - 2019年3月

    浅井潔

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 環状RNAを用いたタンパク質合成法

    2016年4月 - 2019年3月

    阿部 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  14. iRed/iPedの完全化学合成を基軸とした実践的がん創薬基盤研究

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  15. iRed/iPedの完全化学合成を基軸とした実践的対がん創薬基盤研究

    研究課題/研究課題番号:15H04656  2015年4月 - 2018年3月

    南川 典昭

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本課題では、機能性RNAを細胞内で発現可能なDNAデバイス (iRed) の更なる機能強化を目的に研究を行なった。その結果、(1) iRedの安定化を目的とした環状化、(2) iRedの完全化学合成、(3)革新的デリバリー法との組合せによる新規がん治療薬創製の探索、さらに(4) このデバイスを、機能性ペプチドペプチド/プロテインを発現するiPedへと進化させる可能性を実証した。

  16. GSTを標的とする分子プローブの開発

    2015年4月 - 2017年3月

    阿部 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  17. GSTを標的とする分子プローブの開発

    2015年 - 2017年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  18. ナノ構造化と鋳型反応に基づくRNAの医薬機能創発

    2013年

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  19. ナノ構造化と鋳型反応に基づくRNAの医薬機能創発

    2013年

    阿部 洋

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示