2020/11/17 更新

写真a

イグチ ミツタカ
井口 光孝
IGUCHI Mitsutaka
所属
医学部附属病院 中央感染制御部 助教
職名
助教

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 感染症内科学

 

論文 20

  1. Number of concomitant drugs with thrombocytopenic adverse effects and the extent inflammatory response resolution are risk factors for thrombocytopenia in patients treated with linezolid for more than 14 days 査読有り

    Sato Yoshitaka, Iguchi Mitsutaka, Kato Yoshiaki, Morioka Hiroshi, Hirabayashi Aki, Tetsuka Nobuyuki, Tomita Yuka, Kato Daizo, Yamada Kiyofumi, Kimura Hiroshi, Yagi Tetsuya

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 3 ) 頁: 407-414   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.3.407

    Web of Science

    PubMed

  2. Molecular epidemiological analysis and risk factors for acquisition of carbapenemase-producing Enterobacter cloacae complex in a Japanese university hospital 査読有り

    Tetsuka Nobuyuki, Hirabayashi Aki, Matsumoto Akane, Oka Keisuke, Hara Yuki, Morioka Hiroshi, Iguchi Mitsutaka, Tomita Yuka, Suzuki Masato, Shibayama Keigo, Yagi Tetsuya

    ANTIMICROBIAL RESISTANCE AND INFECTION CONTROL   8 巻   頁: 126   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13756-019-0578-3

    Web of Science

    PubMed

  3. Automated detection of outbreaks of antimicrobial-resistant bacteria in Japan 査読有り

    Tsutsui A., Yahara K., Clark A., Fujimoto K., Kawakami S., Chikumi H., Iguchi M., Yagi T., Baker M. A., O'Brien T., Stelling J.

    JOURNAL OF HOSPITAL INFECTION   102 巻 ( 2 ) 頁: 226-233   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhin.2018.10.005

    Web of Science

  4. Active surveillance in response to the identification of a single carbapenemase-producing Escherichia coli at a Japanese university hospital 査読有り

    Kato Daizo, Morioka Hiroshi, Tomita Yuka, Iguchi Mitsutaka, Hirabayashi Aki, Tetsuka Noriyuki, Sadomoto Takuya, Hyodo Miyuki, Mochizuki Mariko, Osada Yukari, Yamamoto Masato, Kato Yoshiaki, Inagaki Takayuki, Ichikawa Kazuya, Yagi Tetsuya

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   24 巻 ( 12 ) 頁: 1013-1015   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2018.05.013

    Web of Science

    PubMed

  5. Fungal endocarditis after transcatheter aortic valve replacement (TAVR): Case report and review of literature. 査読有り

    Morioka H, Tokuda Y, Oshima H, Iguchi M, Tomita Y, Usui A, Yagi T

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy     2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2018.08.017

    PubMed

  6. The first multi-centre point-prevalence survey in four Japanese university hospitals 査読有り

    Morioka H., Nagao M., Yoshihara S., Ohge H., Kasahara K., Shigemoto N., Kajihara T., Mori M., Iguchi M., Tomita Y., Ichiyama S., Yagi T.

    JOURNAL OF HOSPITAL INFECTION   99 巻 ( 3 ) 頁: 325-331   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhin.2018.03.005

    Web of Science

  7. Appropriateness of surgical prophylaxis contributed to significant reduction of oral cephalosporins in a Japanese university hospital 査読有り

    Morioka Hiroshi, Kato Yoshiaki, Inagaki Takayuki, Tetsuka Nobuyuki, Iguchi Mitsutaka, Tomita Yuka, Yagi Tetsuya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS   50 巻   頁: S42-S43   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  8. Risk factors for and role of OprD protein in increasing minimal inhibitory concentrations of carbapenems in clinical isolates of Pseudomonas aeruginosa 査読有り

    Hirabayashi Aki, Kato Daizo, Tomita Yuka, Iguchi Mitsutaka, Yamada Keiko, Kouyama Yuichi, Morioka Hiroshi, Tetsuka Nobuyuki, Yagi Tetsuya

    JOURNAL OF MEDICAL MICROBIOLOGY   66 巻 ( 11 ) 頁: 1562-1572   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/jmm.0.000601

    Web of Science

    PubMed

  9. Recurrent bacteremia and liver abscess caused by Clostridium difficile A case report 査読有り

    Morioka Hiroshi, Iguchi Mitsutaka, Kuzuya Teiji, Mikamo Hiroshige, Yagi Tetsuya

    MEDICINE   96 巻 ( 35 ) 頁: e7969   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000007969

    Web of Science

    PubMed

  10. Pneumococcal biliary tract infections - How rare are they? 査読有り

    Morioka Hiroshi, Iguchi Mitsutaka, Oodate Mitsuru, Yoneda Masaki, Ushijima Futoshi, Hirabayashi Aid, Tetsuka Nobuyuki, Tomita Yuka, Kato Daizo, Yagi Tetsuya

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   23 巻 ( 5-6 ) 頁: 415-418   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2016.11.008

    Web of Science

    PubMed

  11. 菌血症診断におけるプロカルシトニンの有効性の検討 査読有り

    波多野 俊之, 松田 直之, 井口 光孝, 八木 哲也, 江嶋 正志, 足立 裕史, 沼口 敦

    日本集中治療医学会雑誌   24 巻 ( 2 ) 頁: 115-120   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【目的】菌血症におけるプロカルシトニン(procalcitonin, PCT)の初期診断での有用性について,後方視的に解析した。【方法】2012年11月から2013年6月までの8ヶ月間において当院で血液培養検査が陽性となりPCTが測定されていた132例を調査対象とし,検出菌,PCTおよびC反応性蛋白(CRP)との関連性を評価した。【結果】感染症専門医により,菌血症102例,contamination(擬陽性)30例と判断された。菌血症と擬陽性でPCT(ng/m<I>l</I>)とCRP(mg/d<I>l</I>)の中央値は,それぞれ2.8と0.3,13.2と7.0であり,菌血症で有意に高かった(<I>P</I><0.001,<I>P</I>=0.020)。ROC-AUC(receiver operating characteristic-area under the curve)(95%CI)は,PCT 0.76(0.65~0.86),CRP 0.64(0.52~0.76)だった。一方,菌血症の原因菌別でグラム陽性菌(n=48)とグラム陰性菌(n=54)のPCTは,それぞれ2.1と3.7で有意差を認めなかった(<I>P</I>=0.123)。【結論】PCTはCRPと比較して真の菌血症と擬陽性の鑑別に役立つと評価された。しかし,菌血症におけるグラム陽性菌とグラム陰性菌を鑑別できるものではなかった。

    DOI: 10.3918/jsicm.24_115

    CiNii Article

  12. The first point prevalence survey of health care-associated infection and antimicrobial use in a Japanese university hospital: A pilot study 査読有り

    Morioka Hiroshi, Hirabayashi Aki, Iguchi Mitsutaka, Tomita Yuka, Kato Daizo, Sato Naokazu, Hyodo Miyuki, Kawamura Naoko, Sadomoto Takuya, Ichikawa Kazuya, Inagaki Takayuki, Kato Yoshiaki, Kouyama Yuichi, Ito Yoshinori, Yagi Tetsuya

    AMERICAN JOURNAL OF INFECTION CONTROL   44 巻 ( 7 ) 頁: E119-E123   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajic.2016.03.045

    Web of Science

    PubMed

  13. P0578-22-AM 注射用抗菌薬届出システムの構築と適正使用に向けた介入方法の検討(感染制御(その他)1,ポスター発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-) 査読有り

    加藤 善章, 八木 哲也, 山田 清文, 山本 雅人, 稲垣 孝行, 手塚 宜行, 森岡 悠, 平林 亜希, 井口 光孝, 加藤 大三, 冨田 ゆうか

    日本医療薬学会年会講演要旨集   25 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20825/amjsphcs.25.0_362_2

    CiNii Article

  14. [Multicenter surveillance of Pseudomonas aeruginosa strains for antimicrobials in Aichi prefecture in 2009]. 査読有り

    Iguchi M, Mochizuki M, Yagi T, Ookawa H, Shimazaki Y, Ootsuka Y, Sato K, Shiota A, Wakiyama N, Nakamura A, Kidono M, Hara Y, Asai S, Kawashima M, Sakuragi K, Asahi J, Murase H, Nishio M, Miyaki Y, Funahashi K, Mouri T, Sugiura Y, Yamada T, Kondo K, Sahara K, Sugaki Y, Kawabata A, Itou Y, Yamamoto Y, Kinoshita K, Yamaguchi I, Sasano M, Inukai T, Matsui N, Kuramae H, Okugawa M, Kawai H, Shibata M, Inuzuka K, Yamada A, Koita I, Suematsu H, Sawamura H, Yamagishi Y, Mikamo H, Aichi Antibiogram Study Group.

    The Japanese journal of antibiotics   66 巻 ( 4 ) 頁: 211-25   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  15. Accuracy of prediction rules and risk factors for mortality in patients with hospital-acquired pneumonia 査読有り

    Ito R., Kobayashi D., Shindo Y., Tomita Y., Iguchi M., Yagi T., Hasegawa Y.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS   42 巻   頁: S145-S145   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  16. Prediction of infection due to antibiotic-resistant bacteria in patients with hospital-associated and ventilator-acquired pneumonia 査読有り

    Kobayashi D., Shindo Y., Ito R., Tomita Y., Iguchi M., Yagi T., Hasegawa Y.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS   42 巻   頁: S145-S145   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  17. Molecular and clinical characterization of plasmid-mediated AmpC beta-lactamase-producing Escherichia coli bacteraemia: a comparison with extended-spectrum beta-lactamase-producing and non-resistant E.coli bacteraemia 査読有り

    Matsumura Y., Nagao M., Iguchi M., Yagi T., Komori T., Fujita N., Yamamoto M., Matsushima A., Takakura S., Ichiyama S.

    CLINICAL MICROBIOLOGY AND INFECTION   19 巻 ( 2 ) 頁: 161-168   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1469-0691.2012.03762.x

    Web of Science

  18. Cryptococcal Cellulitis in a Patient with Bullous Pemphigoid 査読有り

    Sugiura Kazumitsu, Sugiura Nana, Yagi Tetsuya, Iguchi Mitsutaka, Ohno Hideaki, Miyazaki Yoshitsugu, Akiyama Masashi

    ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA   93 巻 ( 2 ) 頁: 187-188   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2340/00015555-1385

    Web of Science

    PubMed

  19. 急性期病院における4ポイント簡易1次栄養スクリーニングの有用性について 査読有り

    中西 敏博, 細川 真波, 武内 有城, 井口 光孝, 壁谷 めぐみ, 新木 智映子, 菊地 文, 梅村 聡美, 田所 史江, 国井 智子

    静脈経腸栄養   27 巻 ( 4 ) 頁: 1079-1086   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【目的】当院では入院時簡易栄養スクリーニング (Nutritional Simple Screening on Admission; 以下、NSSAと略) として、(1)標準体重比80%以下(2)褥瘡(3)経腸栄養も含めて食事摂取に問題(4)外見上栄養不良の4項目のうち1項目該当すれば栄養不良のリスクありとして栄養サポートチーム (Nutrition Support Team; 以下、NSTと略) が介入している。今回、NSSAの精度を主観的包括的栄養評価 (Subjective Global Assessment; 以下、SGAと略) と比較した。【方法】内科系病棟において2カ月の全入院患者245例にNSSAとSGAをそれぞれ独立して行い、身体計測・血液検査も含めてNSSAが適切に栄養不良患者を抽出しているか検討した。【結果】NSSAによるNST介入要61例は、NST介入不要184例に比較して有意にSGAによる栄養不良の重症度が高く、%三頭筋皮下脂肪厚、%上腕筋囲および血清アルブミン値は介入要群で有意に低値であった。NSSAは、SGAで判定した栄養不良症例に対して、感度87.2%、特異度86.5%と良好であった。【結語】NSSAは適切に栄養不良患者を抽出しており、簡便さの点から臨床的に有用であると思われた。

    DOI: 10.11244/jjspen.27.1079

    CiNii Article

  20. P2-249 当院におけるセフェピム誘発性精神神経症状の発生状況(有害事象・副作用,ポスター,一般演題,岐路に立つ医療~千年紀の目覚め~よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!) 査読有り

    加藤 善章, 井口 光孝, 山本 雅人, 八木 哲也, 山田 清文

    日本医療薬学会年会講演要旨集   22 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20825/amjsphcs.22.0_420_1

    CiNii Article

▼全件表示