2022/12/06 更新

写真a

キドコロ ヒロユキ
城所 博之
KIDOKORO Hiroyuki
所属
医学部附属病院 小児科 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2010年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 神経科学

  2. 新生児神経学

  3. 小児神経学

  4. CaMK

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 神経科学一般

  2. ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学  / 小児神経学

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    1992年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本小児科学会

  2. 日本小児神経学会   評議員

  3. 日本てんかん学会

  4. 日本周産期新生児医学会

  5. 日本新生児成育医学会

  6. 日本神経科学会

  7. Infantile Seizure Society

▼全件表示

委員歴 1

  1. 日本小児神経学会   教育委員会  

    2022年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    教育委員長

 

論文 52

  1. Impact of maternal hypertensive disorders of pregnancy on brain volumes at term-equivalent age in preterm infants: A voxel-based morphometry study 国際誌

    Ushida Takafumi, Kidokoro Hiroyuki, Nakamura Noriyuki, Katsuki Satoru, Imai Kenji, Nakano-Kobayashi Tomoko, Moriyama Yoshinori, Sato Yoshiaki, Hayakawa Masahiro, Natsume Jun, Kajiyama Hiroaki, Kotani Tomomi

    PREGNANCY HYPERTENSION-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF WOMENS CARDIOVASCULAR HEALTH   25 巻   頁: 143 - 149   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.preghy.2021.06.003

    Web of Science

    PubMed

  2. Age estimates from brain magnetic resonance images of children younger than two years of age using deep learning 国際誌

    Kawaguchi Masahiro, Kidokoro Hiroyuki, Ito Rintaro, Shiraki Anna, Suzuki Takeshi, Maki Yuki, Tanaka Masaharu, Sakaguchi Yoko, Yamamoto Hiroyuki, Takahashi Yosiyuki, Naganawa Shinji, Natsume Jun

    MAGNETIC RESONANCE IMAGING   79 巻   頁: 38 - 44   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mri.2021.03.004

    Web of Science

    PubMed

  3. Delta brushes are not just a hallmark of EEG in human preterm infants 査読有り 国際誌

    Kidokoro Hiroyuki

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   63 巻 ( 2 ) 頁: 130 - 136   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: ped.14420.pdf

    DOI: 10.1111/ped.14420

    Web of Science

    PubMed

  4. Acute Necrotizing Encephalopathy: A Disease Meriting Greater Recognition

    Kidokoro H.

    AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   41 巻 ( 12 ) 頁: 2255 - 2256   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: ajnr.A6821.full.pdf

    DOI: 10.3174/ajnr.A6821

    Web of Science

    PubMed

  5. Effect of spontaneous electrical activity on the developing cortex 招待有り 査読有り 国際誌

    Kidokoro Hiroyuki

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   62 巻 ( 10 ) 頁: 1131 - 1132   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: ped.14407.pdf

    DOI: 10.1111/ped.14407

    Web of Science

    PubMed

  6. High-amplitude fast activity in EEG: An early diagnostic marker in children with beta-propeller protein-associated neurodegeneration (BPAN) 査読有り

    Kidokoro Hiroyuki, Yamamoto Hiroyuki, Kubota Tetsuo, Motobayashi Mitsuo, Miyamoto Yusaku, Nakata Tomohiko, Takano Kyoko, Shiba Naoko, Okai Yu, Tanaka Masaharu, Sakaguchi Yoko, Maki Yuki, Kawaguchi Masahiro, Suzuki Takeshi, Muramatsu Kazuhiro, Natsume Jun

    CLINICAL NEUROPHYSIOLOGY   131 巻 ( 9 ) 頁: 2100 - 2104   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: 1-s2.0-S1388245720303710-main.pdf

    DOI: 10.1016/j.clinph.2020.06.006

    Web of Science

    PubMed

  7. Gait performance and dual-task costs in school-aged children with Down syndrome.

    Ito Y, Ito T, Ohno A, Kubota T, Tanemura K, Narahara S, Kataoka E, Hyodo R, Sugiyama Y, Hattori T, Kidokoro H, Sugiura H, Noritake K, Natsume J, Ochi N

    Brain & development     2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.braindev.2022.11.001

    PubMed

  8. Impact of the Coronavirus Disease 2019 Pandemic on the Clinical Features of Pediatric Respiratory Syncytial Virus Infection in Japan.

    Ozeki S, Kawada JI, Yamashita D, Yasufuku C, Akano T, Kato M, Suzuki K, Tano C, Matsumoto K, Mizutani SH, Mori A, Nishio N, Kidokoro H, Yasui Y, Takahashi Y, Sato Y, Nagoya Collaborative Clinical Research Team

    Open forum infectious diseases   9 巻 ( 11 ) 頁: ofac562   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ofid/ofac562

    PubMed

  9. Forster resonance energy transfer-based kinase mutation phenotyping reveals an aberrant facilitation of Ca2+/calmodulin-dependent CaMKII alpha activity in de novo mutations related to intellectual disability

    Fujii Hajime, Kidokoro Hiroyuki, Kondo Yayoi, Kawaguchi Masahiro, Horigane Shin-ichiro, Natsume Jun, Takemoto-Kimura Sayaka, Bito Haruhiko

    FRONTIERS IN MOLECULAR NEUROSCIENCE   15 巻   頁: 970031   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnmol.2022.970031

    Web of Science

    PubMed

  10. Quantitative Three-Dimensional Gait Evaluation in Patients With Glucose Transporter 1 Deficiency Syndrome.

    Suzuki T, Ito Y, Ito T, Kidokoro H, Noritake K, Hattori A, Nabatame S, Natsume J

    Pediatric neurology   132 巻   頁: 23 - 26   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pediatrneurol.2022.04.012

    PubMed

  11. Acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion: Predictive EEG findings 国際誌

    Ohno Atsuko, Okumura Akihisa, Fukasawa Tatsuya, Nakata Tomohiko, Suzuki Motomasa, Tanaka Masaharu, Okai Yu, Ito Yuji, Yamamoto Hiroyuki, Tsuji Takeshi, Kidokoro Hiroyuki, Saitoh Shinji, Natsume Jun

    BRAIN & DEVELOPMENT   44 巻 ( 3 ) 頁: 221 - 228   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.braindev.2021.11.003

    Web of Science

    PubMed

  12. Involvement of brain structures in childhood epilepsy with centrotemporal spikes

    Ito Yuji, Maki Yuki, Okai Yu, Kidokoro Hiroyuki, Bagarinao Epifanio, Takeuchi Tomoya, Ohno Atsuko, Nakata Tomohiko, Ishihara Naoko, Okumura Akihisa, Yamamoto Hiroyuki, Maesawa Satoshi, Natsume Jun

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   64 巻 ( 1 ) 頁: e15001   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.15001

    Web of Science

    PubMed

  13. Proceedings of the 13th International Newborn Brain Conference: Fetal and/or neonatal brain development, both normal and abnormal.

    Abdi K, Abramsky R, Andescavage N, Bambi J, Basu S, Bearer C, Benner EJ, Biselele T, Bliznyuk N, Breckpot J, Carey G, Chao A, Christiansen LI, Comani S, Croce P, De Vos M, Dereymaeker A, Dubois L, Eisch AJ, Epstein A, Geva N, Geva Y, Gewillig M, Gillis S, Goldberg RN, Gram M, Gregory S, Guez-Barber D, Hayakawa M, Henriksen NL, Hermans T, Hershkovitz R, Holgersen K, Holmqvist B, Jain V, Jansen K, Kandula V, Kapse K, Kawaguchi M, Khair A, Khazaei M, Kidokoro H, Kiffer FC, Kisilewicz K, Kumai S, Lacaille H, Ley D, Limperopoulos C, Lindholm SEH, Lukusa P, Lundberg R, MacFarlane P, Matak P, Mavinga L, Mayer C, Mbayabo G, Mitsumatsu T, Mubungu G, Murnick J, Nakata T, Narita H, Nataraj P, Natsume J, Naulaers G, Nikam R, Ortenlöf N, Ottolini K, Pan X, Pankratova S, Pegram K, Penn AA, Pradhan S, Raeisi K, Rickman N, Rikard B, Rotem R, Sangild PT, Sato Y, Sawamura F, Shany E, Shelef I, Shiraki A, Smets L, Sura L, Suzui R, Suzuki T, Tady BP, Taga G, Tamburro G, Thewissen L, Thompson JW, Thymann T, Tokat C, Vacher CM, Valdes C, Vallius S, Vatolin S, Watanabe H, Weintraub AY, Weiss M, Yamamoto H, Yaniv SS, Younge N, Yun S, Zappasodi F

    Journal of neonatal-perinatal medicine   15 巻 ( 2 ) 頁: 411 - 426   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/NPM-229002

    PubMed

  14. Effectiveness of lacosamide in children and young adults previously treated with other sodium channel blockers

    Suzuki Takeshi, Natsume Jun, Kumai Sumire, Maki Yuki, Yamamoto Hiroyuki, Numoto Shingo, Narahara Sho, Kubota Tetsuo, Tsuji Takeshi, Kato Toru, Yamada Keitaro, Maruyama Koichi, Okumura Akihisa, Takahashi Yoshiyuki, Kidokoro Hiroyuki

    EPILEPSY & BEHAVIOR   125 巻   頁: 108397   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yebeh.2021.108397

    Web of Science

    PubMed

  15. Physical functions and gait performance in school-aged children born late preterm

    Ito Yuji, Ito Tadashi, Sugiura Hideshi, Kidokoro Hiroyuki, Sugiyama Yuichiro, Mizusawa Jun, Natsume Jun, Noritake Koji, Kato Yuichi, Ochi Nobuhiko

    EARLY HUMAN DEVELOPMENT   163 巻   頁: 105478   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.earlhumdev.2021.105478

    Web of Science

    PubMed

  16. Hypertensive disorders of pregnancy and alterations in brain metabolites in preterm infants: A multi-voxel proton MR spectroscopy study 国際誌

    Katsuki Satoru, Ushida Takafumi, Kidokoro Hiroyuki, Nakamura Noriyuki, Iitani Yukako, Fuma Kazuya, Imai Kenji, Nakano-Kobayashi Tomoko, Sato Yoshiaki, Hayakawa Masahiro, Natsume Jun, Kajiyama Hiroaki, Kotani Tomomi

    EARLY HUMAN DEVELOPMENT   163 巻   頁: 105479 - 105479   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.earlhumdev.2021.105479

    Web of Science

    PubMed

  17. Trajectory of the incidence of brushes on preterm electroencephalogram and its association with neurodevelopment in extremely low birth weight infants

    Maeda Takashi, Kidokoro Hiroyuki, Tachibana Takashi, Shiraki Anna, Yamamoto Hiroyuki, Nakata Tomohiko, Fukasawa Tatsuya, Kubota Tetsuo, Sato Yoshiaki, Kato Toru, Natsume Jun, Okumura Akihisa, Hayakawa Masahiro

    BRAIN & DEVELOPMENT   43 巻 ( 10 ) 頁: 979 - 987   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.braindev.2021.07.003

    Web of Science

    PubMed

  18. Repetitive sleep starts: An important differential diagnosis of infantile spasms

    Maki Yuki, Kidokoro Hiroyuki, Okumura Akihisa, Yamamoto Hiroyuki, Nakata Tomohiko, Fukasawa Tatsuya, Kubota Tetsuo, Kawaguchi Masahiro, Suzuki Takeshi, Tanaka Masaharu, Okai Yu, Sakaguchi Yoko, Ohno Atsuko, Negoro Tamiko, Takahashi Yoshiyuki, Natsume Jun

    EPILEPSY & BEHAVIOR   121 巻 ( Pt A ) 頁: 108075   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yebeh.2021.108075

    Web of Science

    PubMed

  19. Bilateral asymmetry in the gait deviation index in school-aged children with the trait of developmental coordination disorder 国際誌

    Ito Tadashi, Ito Yuji, Nakai Akio, Sugiura Hideshi, Noritake Koji, Kidokoro Hiroyuki, Natsume Jun, Ochi Nobuhiko

    GAIT & POSTURE   88 巻   頁: 174 - 179   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gaitpost.2021.05.027

    Web of Science

    PubMed

  20. Establishment of in-hospital clinical network for patients with neurofibromatosis type 1 in Nagoya University Hospital 国際誌

    Nishida Yoshihiro, Ikuta Kunihiro, Natsume Atsushi, Ishihara Naoko, Morikawa Maki, Kidokoro Hiroyuki, Muramatsu Yukako, Nonobe Norie, Ishizuka Kanako, Takeichi Takuya, Kanbe Miki, Mizuno Seiji, Imagama Shiro, Ozaki Norio

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 11933 - 11933   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-91345-6

    Web of Science

    PubMed

  21. MRI findings in children with congenital cytomegalovirus infection retrospectively diagnosed with dried umbilical cord

    Kidokoro Hiroyuki, Shiraki Anna, Torii Yuka, Tanaka Masaharu, Yamamoto Hiroyuki, Kurahashi Hirokazu, Maruyama Koichi, Okumura Akihisa, Natsume Jun, Ito Yoshinori

    NEURORADIOLOGY   63 巻 ( 5 ) 頁: 761 - 768   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00234-020-02603-9

    Web of Science

    PubMed

  22. Risks of ACTH therapy for West syndrome following BCG vaccination

    Maki Yuki, Natsume Jun, Hori Ikumi, Takeuchi Tomoya, Negishi Yutaka, Kubota Tetsuo, Maruyama Koichi, Nakata Tomohiko, Yamamoto Hiroyuki, Tanaka Masaharu, Kawaguchi Masahiro, Suzuki Takeshi, Shiraki Anna, Sawamura Fumi, Kidokoro Hiroyuki

    EPILEPSY & BEHAVIOR   118 巻   頁: 107924   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yebeh.2021.107924

    Web of Science

    PubMed

  23. The eldest case of MICPCH with CASK mutation exhibiting gross motor regression

    Nishio Yosuke, Kidokoro Hiroyuki, Takeo Toshiki, Narita Hajime, Sawamura Fumi, Narita Kotaro, Kawano Yoshihiko, Nakata Tomohiko, Muramatsu Hideki, Hara Shinya, Kaname Tadashi, Natsume Jun

    BRAIN & DEVELOPMENT   43 巻 ( 3 ) 頁: 459 - 463   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.braindev.2020.11.007

    Web of Science

    PubMed

  24. Shuffling babies and autism spectrum disorder

    Okai Yu, Nakata Tomohiko, Miura Kiyokuni, Ohno Atsuko, Wakako Rie, Takahashi Osamu, Maki Yuki, Tanaka Masaharu, Sakaguchi Yoko, Ito Yuji, Yamamoto Hiroyuki, Kidokoro Hiroyuki, Takahashi Yoshiyuki, Natsume Jun

    BRAIN & DEVELOPMENT   43 巻 ( 2 ) 頁: 181 - 185   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.braindev.2020.08.007

    Web of Science

    PubMed

  25. Initial treatment of seizures in children in an emergency department in rural Japan

    Shiraki Anna, Yasui Masahiro, Kidokoro Hiroyuki, Kido Shinji, Ando Hideo, Takahashi Yoshiyuki, Natsume Jun

    BRAIN & DEVELOPMENT   43 巻 ( 2 ) 頁: 288 - 293   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.braindev.2020.08.004

    Web of Science

    PubMed

  26. Lenticular nuclei to thalamic ratio on PET is useful for diagnosis of GLUT1 deficiency syndrome

    Natsume Jun, Ishihara Naoko, Azuma Yoshiteru, Nakata Tomohiko, Takeuchi Tomoya, Tanaka Masaharu, Sakaguchi Yoko, Okai Yu, Ito Yuji, Yamamoto Hiroyuki, Ohno Atsuko, Kidokoro Hiroyuki, Hattori Ayako, Nabatame Shin, Kato Katsuhiko

    BRAIN & DEVELOPMENT   43 巻 ( 1 ) 頁: 69 - 77   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.braindev.2020.07.001

    Web of Science

    PubMed

  27. Gait characteristics of children with Williams syndrome with impaired visuospatial recognition: a three-dimensional gait analysis study 査読有り 国際誌

    Ito Yuji, Ito Tadashi, Kurahashi Naoko, Ochi Nobuhiko, Noritake Koji, Sugiura Hideshi, Mizuno Seiji, Kidokoro Hiroyuki, Natsume Jun, Nakamura Miho

    EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH   238 巻 ( 12 ) 頁: 2887 - 2895   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00221-020-05946-0

    Web of Science

    PubMed

  28. Evaluation of interobserver variability in application of the new neonatal seizure classification proposed by the ILAE Task Force 査読有り 国際誌

    Kubota Tetsuo, Kidokoro Hiroyuki, Narahara Sho, Fukasawa Tatsuya, Nakata Tomohiko, Natsume Jun, Okumura Akihisa

    EPILEPSY & BEHAVIOR   111 巻   頁: 107292 - 107292   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yebeh.2020.107292

    Web of Science

    PubMed

  29. Change of White Matter Integrity in Children With Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読有り 国際誌

    Sakaguchi Yoko, Natsume Jun, Kidokoro Hiroyuki, Tanaka Masaharu, Okai Yu, Ito Yuji, Yamamoto Hiroyuki, Ohno Atsuko, Nakata Tomohiko, Nakane Toshiki, Kawai Hisashi, Taoka Toshiaki, Muramatsu Hideki, Naganawa Shinji, Takahashi Yoshiyuki

    PEDIATRIC NEUROLOGY   111 巻   頁: 78 - 84   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pediatrneurol.2020.06.008

    Web of Science

    PubMed

  30. Splenial Lesions in Benign Convulsions With Gastroenteritis Associated With Rotavirus Infection

    Ogawa Chikako, Kidokoro Hiroyuki, Ishihara Naoko, Tsuji Takeshi, Kurahashi Hirokazu, Hattori Ayako, Suzuki Motomasa, Ogaya Shunsuke, Ito Yuji, Fukasawa Tatsuya, Kubota Tetsuo, Okumura Akihisa, Saitoh Shinji, Natsume Jun

    PEDIATRIC NEUROLOGY   109 巻   頁: 79 - 84   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pediatrneurol.2019.05.002

    Web of Science

    PubMed

  31. Transient cortical diffusion restriction in children immediately after prolonged febrile seizures

    Suzuki Takeshi, Kidokoro Hiroyuki, Kubota Tetsuo, Fukasawa Tatsuya, Suzui Ryosuke, Tsuji Takeshi, Kato Toru, Yamamoto Hiroyuki, Ohno Atsuko, Nakata Tomohiko, Saitoh Shinji, Okumura Akihisa, Natsume Jun

    EUROPEAN JOURNAL OF PAEDIATRIC NEUROLOGY   27 巻   頁: 30 - 36   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejpn.2020.05.004

    Web of Science

    PubMed

  32. Clinical findings in patients with febrile seizure after 5 years of age: A retrospective study 査読有り 国際誌

    Ogino Motoko, Kashiwagi Mitsuru, Tanabe Takuya, Oba Chizu, Nomura Shohei, Shimakawa Shuichi, Kidokoro Hiroyuki, Natsume Jun, Okumura Akihisa, Tamai Hiroshi, Ashida Akira

    BRAIN & DEVELOPMENT   42 巻 ( 6 ) 頁: 449 - 456   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.braindev.2020.02.009

    Web of Science

    PubMed

  33. Biallelic VPS35L pathogenic variants cause 3C/Ritscher-Schinzel-like syndrome through dysfunction of retriever complex 査読有り

    Kato Kohji, Oka Yasuyoshi, Muramatsu Hideki, Vasilev Filipp F., Otomo Takanobu, Oishi Hisashi, Kawano Yoshihiko, Kidokoro Hiroyuki, Nakazawa Yuka, Ogi Tomoo, Takahashi Yoshiyuki, Saitoh Shinji

    JOURNAL OF MEDICAL GENETICS   57 巻 ( 4 ) 頁: 245 - 253   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jmedgenet-2019-106213

    Web of Science

    PubMed

  34. Subsecond EEG-fMRI analysis for presurgical evaluation in focal epilepsy

    Ito Yuji, Maesawa Satoshi, Bagarinao Epifanio, Okai Yu, Nakatsubo Daisuke, Yamamoto Hiroyuki, Kidokoro Hiroyuki, Usui Naotaka, Natsume Jun, Hoshiyama Minoru, Wakabayashi Toshihiko, Sobue Gen, Ozaki Norio

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   134 巻 ( 4 ) 頁: 1027 - 1036   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.1.JNS192567

    Web of Science

    PubMed

  35. Novel biallelic FA2H mutations in a Japanese boy with fatty acid hydroxylase-associated neurodegeneration

    Kawaguchi Masahiro, Sassa Takayuki, Kidokoro Hiroyuki, Nakata Tomohiko, Kato Kohji, Muramatsu Hideki, Okuno Yusuke, Yamamoto Hiroyuki, Kaname Tadashi, Kihara Akio, Natsume Jun

    BRAIN & DEVELOPMENT   42 巻 ( 2 ) 頁: 217 - 221   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.braindev.2019.11.006

    Web of Science

    PubMed

  36. Pseudo-sawtooth pattern on amplitude-integrated electroencephalography in neonatal hypoxic-ischemic encephalopathy

    Tanaka Masaharu, Kidokoro Hiroyuki, Kubota Tetsuo, Fukasawa Tatsuya, Okai Yu, Sakaguchi Yoko, Ito Yuji, Yamamoto Hiroyuki, Ohno Atsuko, Nakata Tomohiko, Negoro Tamiko, Okumura Akihisa, Kato Toru, Watanabe Kazuyoshi, Takahashi Yoshiyuki, Natsume Jun

    PEDIATRIC RESEARCH   87 巻 ( 3 ) 頁: 529 - 535   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41390-019-0567-5

    Web of Science

    PubMed

  37. A Case of a 14-Year-Old Boy who had Difficulty Walking Due to Drug-Induced Neuropathy During T-Cell Acute Lymphocytic Leukemia Treatment

    Yoshida Taro, Sawamura Aya, Muramatsu Hideki, Imaya Masayuki, Yamamori Ayako, Wakamatsu Manabu, Miwata Shunsuke, Narita Kotaro, Kitazawa Hironobu, Taniguchi Rieko, Ichikawa Daisuke, Nishikawa Eri, Hamada Motoharu, Kawashima Nozomu, Narita Atsushi, Nishio Nobuhiro, Kojima Seiji, Nakata Tomohiko, Kidokoro Hiroyuki, Natxume Jun, Takahashi Yoshiyuki

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   66 巻   頁: S30 - S30   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  38. Risk factors for absence of catch-up growth in small for gestational age very low-birthweight infants

    Arai Sakiko, Sato Yoshiaki, Muramatsu Hideki, Yamamoto Hidenori, Aoki Fumiko, Okai Yu, Kataoka Shinsuke, Hanada Yu, Hamada Motoharu, Morimoto Yoshihito, Kojima Seiji, Natsume Jun, Takahashi Yoshiyuki, Sugiyama Yuichiro, Hoshino Shin, Kawada Junichi, Kidokoro Hiroyuki, Hayakawa Masahiro, Hattori Tetsuo, Kato Yuichi, Yasuda Ayako, Oshiro Makoto, Takemoto Koji, Nishimura Naoko, Hayashi Seiji, Hyodo Reina, Ito Masatoki, Narahara Shou, Ieda Kuniko, Yamamoto Hikaru

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   61 巻 ( 9 ) 頁: 889 - 894   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ped.13939

    Web of Science

  39. Comparison of Clinical Characteristics of Human Metapneumovirus and Respiratory Syncytial Virus Infections in Hospitalized Young Children

    Taniguchi Akinobu, Kawada Jun-ichi, Go Kiyotaka, Fujishiro Naozumi, Hosokawa Yosuke, Maki Yuki, Sugiyama Yuichiro, Suzuki Michio, Tsuji Takeshi, Hoshino Shin, Muramatsu Hideki, Kidokoro Hiroyuki, Kinoshita Fumie, Hirakawa Akihiro, Takahashi Yoshiyuki, Sato Yoshiaki, Natsume Jun, Yamakawa Kiyoshi, Okumura Akihisa, Kato Toru, Nagai Noriko, Moriyama Miyako, Miyajima Yuji, Yamamori Kazuki, Shibata Motohiro, Hasegawa Masayuki, Shinohara Osamu, Nishimura Naoko, Aoshima Tsutomu, Morishita Masashi, Nomura Yoji, Kuraishi Kenji

    JAPANESE JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   72 巻 ( 4 ) 頁: 237 - 242   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:国立感染症研究所 Japanese Journal of Infectious Diseases 編集委員会  

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2018.480

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Research

  40. Hippocampal diffusion abnormality after febrile status epilepticus is related to subsequent epilepsy 査読有り 国際誌

    Yokoi Setsuri, Kidokoro Hiroyuki, Yamamoto Hiroyuki, Ohno Atsuko, Nakata Tomohiko, Kubota Tetsuo, Tsuji Takeshi, Morishita Masashi, Kawabe Takashi, Naiki Misako, Maruyama Koichi, Itomi Kazuya, Kato Toru, Ito Komei, Natsume Jun

    EPILEPSIA   60 巻 ( 7 ) 頁: 1306 - 1316   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/epi.16059

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/epi.16059

  41. Comparison of high-dose and low-dose corticosteroid therapy for refractory Mycoplasma pneumoniae pneumonia in children 査読有り 国際誌

    Okumura Toshihiko, Kawada Jun-ichi, Tanaka Masaharu, Narita Kotaro, Ishiguro Tomonori, Hirayama Yuji, Narahara Sho, Tsuji Genki, Sugiyama Yuichiro, Suzuki Michio, Tsuji Takeshi, Hoshino Shin, Nakatochi Masahiro, Muramatsu Hideki, Kidokoro Hiroyuki, Takahashi Yoshiyuki, Sato Yoshiaki, Miyajima Yuji, Uno Nozomi, Nagai Noriko, Ando Shotaro, Ando Shotaro, Sudo Yuji, Naruse Kazuhisa, Takahashi Yuma, Suzui Ryosuke, Nagata Yoshihiro, Kawabe Takashi, Shibata Motohiro, Shibata Yusuke, Morishita Masashi, Kajita Mitsuharu, Ito Takuto, Kido Shinji, Hasegawa Shinji, Ikeda Kei, Tokumo Noriko, Kato Maki, Kato Koji, Fukumi Daichi, Doi Satoru, Omori Marei, Watanabe Nobuhiro, Takada Hiroyuki

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   25 巻 ( 5 ) 頁: 346 - 350   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.01.003

    Web of Science

    PubMed

  42. Design of a prospective multicenter randomized controlled trial evaluating the effects of gastric lavage on coffee-ground emesis in neonates: study protocol 査読有り

    Maeda Takashi, Sato Yoshiaki, Hirakawa Akihiro, Nakatochi Masahiro, Kinoshita Fumie, Suzuki Takeshi, Ichimura Shintaro, Ito Ryoichi, Kudo Ryuji, Suzuki Michio, Hoshino Shin, Sugiyama Yuichiro, Muramatsu Hideki, Kidokoro Hiroyuki, Kawada Jun-ichi, Takahashi Yoshiyuki, Hayakawa Masahiro, Kato Yuichi, Oshiro Makoto, Hayashi Seiji, Tachibana Takashi, Ieda Kuniko, Yamamoto Hikaru, Takemoto Koji

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 2 ) 頁: 227 - 232   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.2.227

    Web of Science

    PubMed

  43. Thirteen-Year Outcomes in Very Preterm Children Associated with Diffuse Excessive High Signal Intensity on Neonatal Magnetic Resonance Imaging

    Murner-Lavanchy Ines M., Kidokoro Hiroyuki, Thompson Deanne K., Doyle Lex W., Cheong Jeanie L. Y., Hunt Rod W., Inder Terrie E., Anderson Peter J.

    JOURNAL OF PEDIATRICS   206 巻   頁: 66 - +   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpeds.2018.10.016

    Web of Science

    PubMed

  44. Correction: Treatment with silver nitrate versus topical steroid treatment for umbilical granuloma: A non-inferiority randomized control trial. 査読有り 国際誌

    Ogawa C, Sato Y, Suzuki C, Mano A, Tashiro A, Niwa T, Hamazaki S, Tanahashi Y, Suzumura M, Hayano S, Hayakawa M, Tsuji T, Hoshino S, Sugiyama Y, Kidokoro H, Kawada JI, Muramatsu H, Hirakawa A, Ando M, Natsume J, Kojima S

    PloS one   14 巻 ( 6 ) 頁: e0218205   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0218205

    PubMed

  45. Longitudinal Findings of MRI and PET in West Syndrome with Subtle Focal Cortical Dysplasia

    Sakaguchi Y., Kidokoro H., Ogawa C., Okai Y., Ito Y., Yamamoto H., Ohno A., Nakata T., Tsuji T., Nakane T., Kawai H., Kato K., Naganawa S., Natsume J.

    AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   39 巻 ( 10 ) 頁: 1932-1937   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3174/ajnr.A5772

    Web of Science

  46. Magnetic resonance spectroscopy in preterm infants: association with neurodevelopmental outcomes

    Hyodo Reina, Sato Yoshiaki, Ito Miharu, Sugiyama Yuichiro, Ogawa Chikako, Kawai Hisashi, Nakane Toshiki, Saito Akiko, Hirakawa Akihiro, Kidokoro Hiroyuki, Natsume Jun, Hayakawa Masahiro

    ARCHIVES OF DISEASE IN CHILDHOOD-FETAL AND NEONATAL EDITION   103 巻 ( 3 ) 頁: F238 - F244   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/archdischild-2016-311403

    Web of Science

    PubMed

  47. Treatment with silver nitrate versus topical steroid treatment for umbilical granuloma: A non-inferiority randomized control trial

    Ogawa Chikako, Sato Yoshiaki, Suzuki Chiyo, Mano Azusa, Tashiro Atsushi, Niwa Takafumi, Hamazaki Sayako, Tanahashi Yoshihiro, Suzumura Midori, Hayano Satoshi, Hayakawa Masahiro, Tsuji Takeshi, Hoshino Shin, Sugiyama Yuichiro, Kidokoro Hiroyuki, Kawada Jun-ichi, Muramatsu Hideki, Hirakawa Akihiro, Ando Masahiko, Natsume Jun, Kojima Seiji

    PLOS ONE   13 巻 ( 2 ) 頁: e0192688   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0192688

    Web of Science

    PubMed

  48. Cytotoxic edema at onset in West syndrome of unknown etiology: A longitudinal diffusion tensor imaging study 査読有り 国際誌

    Ogawa Chikako, Kidokoro Hiroyuki, Fukasawa Tatsuya, Yamamoto Hiroyuki, Ishihara Naoko, Ito Yuji, Sakaguchi Yoko, Okai Yu, Ohno Atsuko, Nakata Tomohiko, Azuma Yoshiteru, Hattori Ayako, Kubota Tetsuo, Tsuji Takeshi, Hirakawa Akihiro, Kawai Hisashi, Natsume Jun

    EPILEPSIA   59 巻 ( 2 ) 頁: 440 - 448   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/epi.13988

    Web of Science

    PubMed

  49. Predominant area of brain lesions in neonates with herpes simplex encephalitis

    Kidokoro H., de Vries L. S., Ogawa C., Ito Y., Ohno A., Groenendaal F., Saitoh S., Okumura A., Ito Y., Natsume J.

    JOURNAL OF PERINATOLOGY   37 巻 ( 11 ) 頁: 1210-1214   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/jp.2017.114

    Web of Science

  50. Phenotype-genotype correlations of PIGO deficiency with variable phenotypes from infantile lethality to mild learning difficulties

    Tanigawa Junpei, Mimatsu Haruka, Mizuno Seiji, Okamoto Nobuhiko, Fukushi Daisuke, Tominaga Koji, Kidokoro Hiroyuki, Muramatsu Yukako, Nishi Eriko, Nakamura Shota, Motooka Daisuke, Nomura Noriko, Hayasaka Kiyoshi, Niihori Tetsuya, Aoki Yoko, Nabatame Shin, Hayakawa Masahiro, Natsume Jun, Ozono Keiichi, Kinoshita Taroh, Wakamatsu Nobuaki, Murakami Yoshiko

    HUMAN MUTATION   38 巻 ( 7 ) 頁: 805-815   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/humu.23219

    Web of Science

    PubMed

  51. Preterm brain injury on term-equivalent age MRI in relation to perinatal factors and neurodevelopmental outcome at two years

    Brouwer Margaretha J., Kersbergen Karina J., van Kooij Britt J. M., Benders Manon J. N. L., van Haastert Ingrid C., Koopman-Esseboom Corine, Neil Jeffrey J., de Vries Linda S., Kidokoro Hiroyuki, Inder Terrie E., Groenendaal Floris

    PLOS ONE   12 巻 ( 5 ) 頁: e0177128   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0177128

    Web of Science

    PubMed

  52. Paroxysmal nonepileptic events in children with epilepsy

    Ito Yuji, Kidokoro Hiroyuki, Negoro Tamiko, Tanaka Masaharu, Okai Yu, Sakaguchi Yoko, Ogawa Chikako, Takeuchi Tomoya, Ohno Atsuko, Yamamoto Hiroyuki, Nakata Tomohiko, Maesawa Satoshi, Watanabe Kazuyoshi, Takahashi Yoshiyuki, Natsume Jun

    EPILEPSY RESEARCH   132 巻   頁: 59-63   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.eplepsyres.2017.02.009

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

MISC 5

  1. FDG-PETとEEG-fMRIを用いててんかん焦点、てんかん性ネットワークの継時的評価を行った結節性硬化症の1例

    牧 祐輝, 伊藤 祐史, 岡井 佑, 白木 杏奈, 川口 将宏, 鈴木 健史, 田中 雅大, 坂口 陽子, 山本 啓之, 中田 智彦, 城所 博之, 前澤 聡, バガリナオ・エピファニオ, 寳珠山 稔, 夏目 淳  

    てんかん研究37 巻 ( 3 ) 頁: 838 - 838   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本てんかん学会  

  2. ILAEが提唱する新しい新生児発作分類の妥当性について

    久保田 哲夫, 奥村 彰久, 楢原 翔, 深沢 達也, 根来 民子, 中田 智彦, 城所 博之, 夏目 淳  

    てんかん研究37 巻 ( 2 ) 頁: 539 - 539   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本てんかん学会  

  3. EBウィルス感染に伴った急性脳症の一女児例

    重松 拓朗, 内木 美紗子, 水谷 修平, 竹内 陽平, 尾池 直子, 加藤 俊輔, 前田 徹, 小林 貴江, 足達 武憲, 星野 伸, 河邊 太加志, 奥村 俊彦, 城所 博之, 伊藤 嘉規, 夏目 淳, 谷内江 昭宏  

    日本小児科学会雑誌123 巻 ( 2 ) 頁: 367 - 367   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本小児科学会  

  4. CHRNG変異を有するEscobar症候群の3例

    中田 智彦, 水野 誠司, 牧 祐輝, 田中 雅大, 岡井 佑, 坂口 陽子, 山本 啓之, 大野 敦子, 城所 博之, 井本 逸勢, 大野 欽司, 夏目 淳  

    脳と発達50 巻 ( Suppl. ) 頁: S363 - S363   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児神経学会  

  5. aEEGによる早産児の脳成熟度評価 受胎後齢の判定基準とその精度

    加藤 徹, 辻 健史, 早川 文雄, 久保田 哲夫, 城所 博之, 夏目 淳, 奥村 彰久  

    脳と発達49 巻 ( Suppl. ) 頁: S357 - S357   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本小児神経学会  

科研費 7

  1. 先進的MRI解析によるDuchenne型筋ジストロフィーの脳構造・機能異常の解明

    研究課題/研究課題番号:20K08204  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    夏目 淳, 久保田 一生, 城所 博之, 服部 文子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    D/BMD患者30名、健常小児20名のMRI撮像、2022年度に画像解析を行い、以下を明らかにし、D/BMD患者における認知・精神発達特性の基盤を明らかにし、リハビリテーション、呼吸補助装置、意思伝達デバイスを用いる際の参考になる情報を得る。研究成果を学会発表し、論文として報告する。
    1) 健常者と比較したD/BMD患者の脳の微細構造、脳機能の異常を明らかにする。2) D/BMDのうち、知的障害、発達障害を持つ患者の脳構造、脳機能の特徴を明らかにする。3) D/BMDのうち、遺伝子検査でDp140の有無による脳の微細構造、脳機能の異常を明らかにする。
    研究を開始するにあたって、Duchenne型およびBecker型の筋ジストロフィー(DMD/BMD)の患者および健常小児で安全に高磁場MRI検査を行い、結果の解析が可能なことを再確認した。その上で、研究協力施設において本研究の広報を行い研究参加希望者を確認した。研究内容の説明を行い文書による同意の上で、2021年3月までに6歳から19歳のDMD/BMD患者16名、コントロールとして用いる6歳から2歳の健常小児・若年成人25例でMRI撮像を行った。合わせて患者群においてレーヴン色彩マトリックス検査、絵画語彙発達検査、自閉症スペクトラム指数(AQ)、ADHD-Rating scale(ADHD-RS)の評価を行った。そして画像解析プログラムを用いて、中間解析として拡散テンソル画像から白質線維の脳各部位の結合性の評価し患者と健常小児の脳ネットワーク構造の違いの検出を試みている。現時点の解析では患者において左右の上後頭回、左中後頭回、左楔前部など後頭葉の視覚認知に関連する領域の結合性の低下が示唆されている。画像や臨床情報の保存、管理も支障なく行っている。
    今後は、本研究に参加する患者数、健常小児を増やし、Voxel-based morphometry、安静時-機能的MRIの評価を加えていく。また、画像解析結果と神経心理学的検査との相関、遺伝子変異との関連を評価していく。以上の研究によってDMD/BMD患者の知的障害、発達障害に関連する脳の微細構造、脳機能の異常を明らかにして、患者の日常的ケアやコンピュータデバイスを用いた意思疎通にも有用な情報を提供する。得られた研究成果を国内および国際学会、医学雑誌で公表する。
    患者および家族への研究の広報や説明、コントロールとして用いる健常小児の募集を予定通り行った。患者16名、健常小児25例の撮像を行い、被検者の体調不良などの問題なく続けられている。研究分担者、研究補助者、研究協力者との連携も問題なく行えている。MRIの撮像、結果の中間解析も進められている。更なる患者および健常小児の撮像、画像解析の継続を行っていく。
    本研究に参加する患者数を増やすために、東海地区の医療機関に対象患者の確認を行い、また健常小児の撮像について広報をしていく。Voxel-based morphometry、安静時-機能的MRIの評価を加えていく。また、画像解析結果と神経心理学的検査との相関、遺伝子変異との関連を評価していく。以上の研究によってDMD/BMD患者の知的障害、発達障害に関連する脳の微細構造、脳機能の異常を明らかにして、患者の日常的ケアやコンピュータデバイスを用いた意思疎通にも有用な情報を提供する。得られた研究成果を国内および国際学会、医学雑誌で公表する。

  2. 脳波-近赤外分光法同時記録を用いたサブプレート・ニューロンの脳血流動態の解明

    研究課題/研究課題番号:20K08228  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    城所 博之, 多賀 厳太郎, 夏目 淳

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    サブプレート・ニューロンは、発達期の脳皮質の形成や脳内ネットワークの構築に重要な役割を果たす。ヒト早産児に高率に認める発達障害の病態にも、サブプレート・ニューロンの障害が大きく関与すると考えるが、ヒトでは未解明である。動物実験を通じて、ヒト早産児脳波に見られるブラッシュがサブプレート・ニューロンの活動を反映することが示された。本研究では、1) 脳波に機能的近赤外分光法(fNIRS)を同時記録することでサブプレート・ニューロンの脳局所血流動態を明らかにする。さらに、2) サブプレート・ニューロンの活動が、生後18か月の神経発達や脳皮質構造や脳内ネットワークに及ぼす効果を明らかにする。
    本研究の目的は、ヒト早産児を対象に、1)脳波と機能的近赤外分光法(fNIRS)の同時記録を多チャンネルで行い、サブプレート・ニューロンの神経活動に応答する脳血流反応を明らかにすることである。さらに、2) サブプレート・ニューロンの活動動態が、将来の脳構造や脳機能、神経ネットワーク形成に及ぼす影響を明らかにすることである。本研究は、げっ歯類の実験から導かれた仮説である「サブプレート・ニューロンが胎生期の脳発達や神経ネットワーク構築に重要な役割を果たす」ことをヒトで実証する意義がある。
    令和2年度は、名古屋大学医学部附属病院における在胎22~32週の早産児で、研究参加に同意が得られた早産児30例に対し、安静睡眠時に約60分の脳波-fNIRS同時記録をNICU内あるいは脳波室で施行した。記録は修正30週~44週まで反復して行い、各症例で1~4記録(合計82記録)を行った。次に、得られた脳波データを用い、睡眠覚醒あるいは動睡眠と静睡眠の各ステート分類を視察的に行い、NIRSデータとの関係を検討した。その結果、動睡眠では静睡眠と比較し、NIRSが捉える安静時ネットワークのチャネル間同期性が高値となることを明らかにした。このことは、安静時ネットワークが睡眠ステージで異なる可能性を強く示唆する重要な成果である。さらに、安静時ネットワークが在胎週数が増すにつれて発達的に変化することが示唆された。今後は、症例を積み重ね、集団解析を施行する予定である。
    一方、脳波上に観察されるデルタブラッシュを自動検出するアルゴリズムの開発については、令和2年度は、研究分担者らとともに抽出すべき波形の特徴やモンタージュの選択について議論を重ね試行錯誤を重ねた。令和3年度での完成を目標としている。
    当初見込まれた研究対象者の数を上回るペースで脳波-機能的NIRSの測定を施行できており、脳波やNIRSのデータ解析も順調に進行中である。次年度も引き続き、研究対象者のリクルートを行う予定である。
    令和3年度は、早産児脳波からデルタブラッシュを検出するアルゴリズムの開発と検証を中心に研究を進める。早産児に対する脳波-機能的NIRSの記録は令和3年度も引き続き行い、データを収集する。さらに、対象の早産児を前方視的に追跡し、名古屋大学医学部附属病院にある3テスラ高磁場MRIを用いて、18か月で三次元脳構造MRI画像及び安静時機能的MRIを撮像する。解析には専用のソフトウエア(MATLAB,SPM,Carretなど)を使用し、脳構造画像からは、大脳皮質容量、皮質厚、脳表面積や脳回指数などを計測する。安静時機能的MRIからは、脳内ネットワークの解析を、独立成分分析法、グラフ理論、クラスター解析を用いて行う。また、修正18か月に当院発達外来で神経学的評価及び行動発達評価を行う。小児神経専門医が包括的な神経学的評価を行う。発達検査は、臨床心理士がBayleyⅢ発達評価とM-chatを含む自閉症スクリーニングを行う。

  3. 脳溝形成の個人差に着目した早産児神経発達予後予測モデルの開発

    研究課題/研究課題番号:19H04900  2019年4月 - 2021年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    城所 博之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    ヒトの大脳の脳溝パターンは遺伝要因と環境要因が織りなすフィンガー・プリント(指紋)であり、脳溝パターンには個性が宿る。近年、ヒト成人の脳溝パターンと認知機能や神経発達症との関連が報告され始めている。本研究は、環境要因が強く反映するヒト早産児の多様な脳溝パターンと多彩な神経発達症との関係を最新のMRI技術から明らかにし、脳溝パターンに着目した神経発達予後予測モデルを開発する。さらに、最近私達が見出した「特異な中心溝」をもつ早産児の運動機能、高次脳機能を明らかにすることで、個々の脳溝パターンの臨床意義を明らかにする。
    ヒトの大脳の脳溝パターンは遺伝要因と環境要因が織りなすフィンガー・プリント(指紋)であり、脳溝パターンには個性が宿る。近年、ヒト成人の脳溝パターンと認知機能や神経発達症との関連が報告され始めている。本研究の目的は、環境要因が強く反映するヒト早産児の多様な脳溝パターンと多彩な神経発達症との関係を最新のMRI技術から明らかにし、脳溝パターンに着目した神経発達予後予測モデルを開発することである。また、私達が見出した「特異な中心溝」をもつ早産児の運動機能、高次脳機能を明らかにすることである。
    初年度は、名古屋大学医学部附属病院NICUで入院管理された在胎30週以下の早産児(コホートA)の6歳で施行された脳構造MRI画像約20例と共同研究施設である安城更生病院NICUで入院管理された在胎30週以下の早産児(コホートB)の6歳時の脳構造MRI画像約100例のうち、早産児特有の重篤な脳障害例を除外した合計120例の脳構造MRIを対象として抽出した。各症例のMRI画像をFreeSurferを用い、脳各領域の体積や大脳皮質表面積や皮質厚を解析した。次に、脳溝解析(surface-based analysis:VanEssen.NeuroImage 2012)は、caretver5.65ソフトウエアを用いて構築された3次元脳表面画像から、脳表面積、脳回指数などの各種パラメータや、中心溝の深さ、長さ、脳溝ピット解析(sulcal pit and pattern analysis:Im K and Grant PE.NeuroImage2017)を症例毎に解析を施行した。
    本研究の目的は、2つのコホートを用いて、ヒト早産児の多様な脳溝パターンと多彩な神経発達症との関係を主に6歳時データから明らかにすること、さらに、特異な中心溝形成をもつ超早産児の臨床像と運動・感覚野の機能を神経心理学的あるいは神経画像の両面から明らかにすることである。
    このうち、初年度は6歳時の頭部MRI構造画像データを解析し、神経症状との関係を明らかにすることが目標であった。
    現在までに、私たちは6歳の構造画像から脳各領域の体積や脳表面積を計測し、神経心理学的評価バッテリーとの相関解析を施行できている。一方で、集団画像解析が計画より遅れて進行中であり、次年度に達成する予定で調整中である。
    1.コホートAの新生期と1歳半のMRIを用いた脳溝パターンと周産期因子との関係を明らかにする。コホートAの修正40週(新生児期)および1歳半で施行された構造MRIは約100~120例である。脳溝画像は、昨年度と同様の手法を用い解析し、周産期因子(低栄養、感染・炎症、慢性肺障害、各種薬剤など)と脳溝パターンの関係を明らかにする。
    2.「特異な中心溝」を呈する児に対する機能解析
    6歳時MRIの脳溝解析の結果から、特異な中心溝パターンを認める症例に対し、詳細な神経心理学的評価、利き手、微細運動評価、機能的MRI(functional MRI)撮像を行う。過去の私達の検討から在胎30週以下の早産児の約10%に観察されると推定され、本研究では13~14名が研究対象者と見込まれる。機能的MRIは名古屋大学「脳とこころの研究センター」に設置された3テスラMRI機器を用いて、四肢、顔面、体幹の運動や感覚刺激課題に対するBOLD(Blood Oxygen Level Dependent)信号の変化に加え、安静時機能的MRIを撮像する。
    得られた脳画像を解析し、運動・感覚課題に対する脳領域を同定し、一次運動感覚野のマッピングを行う。また、安静時機能的MRIはFSL(FMRIB Software Library)、SPM(Statistical Parametric Mapping)などの脳画像解析のためのソフトウエアを使用し、感覚運動野ネットワークの変容の有無、異常な脳回・脳溝部位を関心領域としたネットワーク解析を行う。また、中心溝周囲の脳溝に与える影響を、グラフ理論を用いて解析する。

  4. 脳波の紡錘波状速波に着目した早産児神経ネットワーク変容過程の解明とその臨床制御

    研究課題/研究課題番号:17K10075  2017年4月 - 2020年3月

    城所 博之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    ヒト発達期の脳波に観察される紡錘波状速波は脳発達に重要な自発活動であり、本研究では、この電気的活動が脳の構造や機能の発達に及ぼす影響を明らかにすることを目指した。本研究により、超早産児では、修正30~40週の脳波のうち修正36週時点で定量された紡錘波状速波が最頻値を側頭部・後頭部優位にとることが示された。さらに、修正36週の紡錘波状速波の出現量は脳白質構造の変容と相関し、神経発達予後を予測しうることも明らかにした。一方、構造的・機能的MRI解析と修正18か月予後との関係を示すことで、紡錘波状速波が脳構造や脳機能の変容に関与することをヒトにおいて明らかにした。
    近年、動物を用いた基礎研究から、発達早期に見られる電気的自発活動が脳発達に重要であることが実証され始めている。本研究は、ヒトにおいても紡錘波速波の自発活動が早産児の機能的・構造的な脳発達に影響を与えることを明らかにした意義がある。
    今後、紡錘波状速波を含む自発脳波活動に対して詳細で多角的研究を行うことで、早産児に高率に認める自閉スペクトラム症や知的発達症といった神経発達症の生成メカニズムへの理解が進み、早期介入への糸口が見出されるものと期待される。

  5. 小児から老人まで、機能的脳MRIと生理学的指標とから見た発達・加齢

    研究課題/研究課題番号:16K10313  2016年4月 - 2020年3月

    中根 俊樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    小児から高齢者までの年齢の変化に伴う心拍変動などの生理的指標から得られるデータと、脳機能画像から得られる脳活動の変化との関連性や、その意義について、測定、分析し、評価した。心拍については通常の画像検査ではアーティファクトの原因ともなる要因だが、今回はそれから算出される自律神経系の様相との関連で脳機能画像の解析を行っている。成長に伴う変化の中で、安静時の脳活動からデフォルトモードネットワークなどで知られる脳内のネットワークの形成を行う様子が観察された。心拍との関連については、目下検討中である。
    人間の脳機能画像を身体に対する影響の少ないMRI装置を通して観察した。脳は何らかの作業もしていなくても活動しており、その活動の様子が年齢に伴い変化していくことや、その変化がMRI装置に付属のパルスオキシメーターから取得した脈拍から算出された人間の自律神経系のバランスの変化にどのように関連していくのかなど、人間の生理的な状態についての知見を深めるとともに通常の画像検査に付加的な意味を与えうる要素について検討した。

  6. 脳波-機能的MRI同時記録によるウエスト症候群のてんかん焦点の解明と予後予測

    研究課題/研究課題番号:16K09987  2016年4月 - 2019年3月

    夏目 淳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    潜因性ウェスト症候群6例、結節性硬化症によるウェスト症候群1例において、発症時にEEG-機能的MRI同時記録検査を行った。全例でACTH療法によっててんかん性スパズムは消失したが、2例でスパズムの再発、2例で焦点発作がみられた。生後12か月の脳波では3例で焦点性のてんかん放電がみられた。発症時のEEG-fMRIでは7例中6例で脳幹に陽性BOLD信号を認め、大脳皮質にも散在する陽性BOLDを認めた。残る1例では前頭葉のみに陽性BOLDを認めた。1歳時に脳波異常を認めた3例でEEG-fMRIを再検し2例で両側前頭葉、1例で左海馬に陽性BOLDを認めた。全例で脳幹部の異常活動は消失していた。
    今回の研究結果から、ヒプスアリズミアと呼ばれるWest症候群に特異的なてんかん性活動には、脳幹と大脳皮質の異常なネットワーク形成が関わっていることが示唆された。また、治療により脳波でヒプスアリズミアが焦点性てんかん放電に変化したのに伴いEEG-fMRIでは脳幹の異常活動が消失したことから、EEG-fMRIは治療効果の客観的評価にも有用と考えられた。1歳のEEG-fMRIで左海馬に陽性BOLDが存続する1例では同部位に局在性皮質形成異常が潜在する可能性があり、てんかん外科治療が有効な可能性があると考えられた。

  7. Escobar症候群の分子病態解明とGFPT1先天性筋無力症候群の治療法開発研究

    研究課題/研究課題番号:16K19639  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    中田 智彦, 夏目 淳, 城所 博之, 大野 欽司, 伊藤 美佳子, 水野 誠司

      詳細を見る

    胎児型アセチルコリン受容体のひとつのサブユニットをコードするCHRNG遺伝子は、非致死型多発性翼状片症候群であるEscobar症候群の原因遺伝子である。本研究ではEscobar症候群の遺伝子診断、臨床像の解明、同定した変異の機能解析をおこなった。多発関節拘縮を示す2家系3人にCHRNG遺伝子変異を共通するミスセンス変異を含んだ複合ヘテロ接合性に同定した。3人とも遠位型の多発関節拘縮を持つがEscobar症候群に特徴的とされる翼状片は極軽度だった。ミスセンス変異について培養細胞を用いた発現実験およびチャネル動態解析をおこない、本変異が胎児型ファーストチャネル症候群を起こすことを明らかにした。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 小児神経学

    2014

 

学術貢献活動 2

  1. ILAE_ virtual academy 2021

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    ILAE  2021年4月

  2. ILAE virtual epilepsy academy 2020

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2020年5月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    添付ファイル: PEEG_9 Course schedule 2020.pdf