2021/05/10 更新

写真a

タケウチ マサル
竹内 大
TAKEUCHI Masaru
所属
大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 マイクロ・ナノシステム 助教
職名
助教
外部リンク

学位 2

  1. 博士(工学) ( 2013年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 2010年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 生体内機能デバイス

  2. マイクロ・ナノメカトロニクス

研究分野 3

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学

  2. ナノテク・材料 / ナノマイクロシステム

  3. 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 生体内埋め込み多極神経刺激デバイスによる機能的運動の再建

  2. 筋組織アクチュエータモジュールの創製

経歴 5

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科マイクロ・ナノ機械理工学専攻   助教

    2020年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   高等研究院   特任助教

    2016年4月 - 2020年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. University of Michigan   Plastic Surgery   Visiting Researcher

    2016年3月 - 2017年6月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  4. 名古屋大学   大学院工学研究科マイクロ・ナノシステム工学専攻   特任助教

    2014年7月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   大学院工学研究科マイクロ・ナノシステム工学専攻   研究員

    2013年4月 - 2014年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 4

  1. 名古屋大学   工学研究科   マイクロ・ナノシステム工学専攻

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. University of California, Los Angeles   Mechanical and Aerospace Engineering

    2011年7月 - 2012年6月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

    備考: Visiting student

  3. 名古屋大学   工学研究科   マイクロ・ナノシステム工学専攻

    2008年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 名古屋大学   工学部   機械・航空工学科

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 中退(大学院への飛び級のため)

所属学協会 2

  1. 日本ロボット学会

  2. Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)

委員歴 3

  1. 日本ロボット学会   Advanced Robotics Paper Awards選考委員会 委員  

    2021年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. International Conference on Manipulation, Automation and Robotics at Small Scale   Program Comittiee  

    2019年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science   Social Event Co-Chairs  

    2014年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 7

  1. Best Paper Award

    2019年7月   IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics   Microscopic Tracking System for Simultaneous Expansive Observations of Multiple Micro-targets Based on View-expansive Microscope

    Tadayoshi Aoyama, Sarau Takeno, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Idaku Ishii

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:ホンコン(香港)特別行政区

  2. Best Paper Award

    2017年12月   28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science  

    Takahiro Miyamoto, Masaru Takeuchi, Tomonori Nakano, Tadayoshi Aoyama, Shigeru Kurimoto, Hitoshi Hirata, Yasuhisa Hasegawa

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  3. Best Paper Award in Service Robotics

    2017年5月   IEEE International Conference on Robotics and Automation  

    Masahiro Nakajima, Yuki Ayamura, Masaru Takeuchi, Naoki Hisamoto, Strahil Pastuhov, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang Huang

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  4. SI2014優秀講演賞

    2014年12月   第15回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  

    竹内大,市川明彦, 中島正博,福田敏男, 長谷川泰久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  5. Best Poster Award

    2013年11月   2013 International Symposium on Micromechatronics and Human Science  

    Jaehoon Jung, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Toshio Fukuda

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  6. Best Paper Award

    2013年11月   2013 International Symposium on Micromechatronics and Human Science  

    Tao Yue, Masahiro Nakajima, Chengzhi Hu, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  7. IEEE Robotics and Automation Society Japan Chapter Young Award

    2009年5月   6. IEEE Robotics and Automation Society Japan Chapter  

    Masaru Takeuchi

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

▼全件表示

 

論文 139

  1. Development of Cultured Muscles with Tendon Structures for Modular Bio-Actuators 査読有り 国際共著

    Takuto Nomura, Masaru Takeuchi, Eunhye Kim, Qiang Huang, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    Micromachines   12 巻 ( 4 ) 頁: 379   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/mi12040379

  2. Microinjection System to Enable Real-Time 3D Image Presentation Through Focal Position Adjustment 査読有り

    Toshiki Fujishiro, Tadayoshi Aoyama, Kazuki Hano, Masaki Takasu, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    IEEE Robotics and Automation Letters   6 巻 ( 2 ) 頁: 4025 - 4031   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/LRA.2021.3067857

  3. Multilayered Artificial Dura-Mater Models for a Minimally Invasive Brain Surgery Simulator 査読有り

    Masaru Takeuchi, Shusaku Hayakawa, Akihiko Ichikawa, Akiyuki Hasegawa, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    Applied Sciences   10 巻 ( 24 ) 頁: 9000   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/app10249000

    Web of Science

  4. Magnetic self-assembly of toroidal hepatic microstructures for micro-tissue fabrication 査読有り 国際共著

    Masaru Takeuchi, Masaki Iriguchi, Mamoru Hattori, Eunhye Kim, Akihiko Ichikawa, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Biomedical Materials   15 巻 ( 5 ) 頁: 055001   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-605X/ab8487

    Web of Science

  5. Visual Feedback Control of a Rat Ankle Angle Using a Wirelessly Powered Two-Channel Neurostimulator 査読有り

    Masaru Takeuchi, Keita Watanabe, Kanta Ishihara, Taichi Miyamoto, Katsuhiro Tokutake, Sota Saeki, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Shigeru Kurimoto, Hitoshi Hirata

    Sensors   20 巻 ( 8 ) 頁: 2210   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/s20082210

    Web of Science

  6. Head-Mounted Display-Based Microscopic Imaging System with Customizable Field Size and Viewpoint 査読有り

    Tadayoshi Aoyama, Sarau Takeno, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    Sensors   20 巻 ( 7 ) 頁: 1967   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/s20071967

    Web of Science

  7. On-Chip Fabrication of Cell-Attached Microstructures using Photo-Cross-Linkable Biodegradable Hydrogel 査読有り 国際共著

    Masaru Takeuchi , Taro Kozuka, Eunhye Kim, Akihiko Ichikawa, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Journal of Functional Biomaterials   11 巻 ( 1 )   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jfb11010018

    Web of Science

  8. Construction of Hepatic-Lobule-Like 3-D Vascular Network in Cellular Structure by Manipulating Magnetic Fibers 査読有り 国際共著

    Eunhye Kim, Masaru Takeuchi, Akiyuki Hasegawa, Akihiko Ichikawa, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    IEEE/ASME Transactions on Mechatronics   25 巻 ( 1 ) 頁: 477-486   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TMECH.2019.2957494

  9. On-Chip Construction of Multilayered Hydrogel Microtubes for Engineered Vascular-Like Microstructures 国際共著

    Yue Tao, Liu Na, Liu Yuanyuan, Peng Yan, Xie Shaorong, Luo Jun, Huang Qiang, Takeuchi Masaru, Fukuda Toshio

    Micromachines   10 巻 ( 12 )   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/mi10120840

    Web of Science

  10. In vitro mimicking the morphology of hepatic lobule tissue based on Ca-alginate cell sheets 査読有り 国際共著

    Zeyang Liu, Minmin Lu, Masaru Takeuchi, Tao Yue, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Biomedical Materials   13 巻 ( 3 )   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1748-605X/aaa4c4

    Web of Science

  11. Tapered Microfluidic for Continuous Micro-Object Separation Based on Hydrodynamic Principle 査読有り 国際共著

    Ahmad Ida Laila, Ahmad Mohd Ridzuan, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa

    IEEE Transactions on Biomedical Circuits and Systems   11 巻 ( 6 ) 頁: 1413-1421   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TBCAS.2017.2764118

    Web of Science

  12. A Novel Integrated Dual Microneedle-microfluidic Impedance Flow Cytometry for Cells Detection in Suspensions 査読有り 国際共著

    Muhammad Asraf Mansor, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Mohd Ridzuan Ahmad

    International Journal of Electrical and Computer Engineering   7 巻   頁: 1513-1532   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11591/ijece.v7i3.pp1513-1521

  13. Multi-Layered Channel Patterning by Local Heating of Hydrogels 査読有り

    Masaru Takeuchi, Tomoyuki Oya, Akihiko Ichikawa, Akiyuki Hasegawa, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    IEEE Robotics and Automation Letters   2 巻 ( 2 ) 頁: 958-963   2017年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/LRA.2017.2655625

    Web of Science

  14. Three-dimensional hepatic lobule-like tissue constructs using cell-microcapsule technology 査読有り 国際共著

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Chengzhi Hu, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Acta Biomaterialia   50 巻   頁: 178-187   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actbio.2016.12.020

    Web of Science

  15. Electrical Impedance Spectroscopy for Detection of Cells in Suspensions Using Microfluidic Device with Integrated Microneedles 査読有り 国際共著

    Muhammad Asraf Mansor, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Mohd Ridzuan Ahmad

    Applied Sciences   7 巻 ( 2 ) 頁: 170   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Micromanipulation for Coiling Microfluidic Spun Alginate Microfibers by Magnetically Guided System 査読有り 国際共著

    Tao Sun, Huaping Wang, Qing Shi, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    IEEE Robotics and Automation Letters   1 巻 ( 2 ) 頁: 808-813   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/LRA.2016.2524991

  17. Shape-controlled high cell-density microcapsules by electrodeposition 査読有り 国際共著

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Acta Biomaterialia   37 巻   頁: 93-100   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actbio.2016.03.045

  18. Hybrid Stent Device of Flow-Diverting Effect and Stent-assisted Coil Embolization Formed by Fractal Structure 査読有り

    Masahiro Kojima, Keiko Irie, Kouhei Masunaga, Yasuhiko Sakai, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda, Fumihito Arai, Makoto Negoro

    Medical and Biological Engineering and Computing   54 巻 ( 5 ) 頁: 831-841   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11517-015-1374-8

  19. A Microfluidic Device for Hydrodynamic Trapping and Manipulation Platform of a Single Biological Cell 査読有り 国際共著

    Amelia Ahmad Khalili and Mohd Ridzuan Ahmad, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Razauden Mohamed Zulkifli

    Applied Sciences   6 巻   頁: 40   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/app6020040

  20. Batch Fabrication of Microscale Gear-Like Tissue by Alginate-Poly-L-lysine (PLL) Microcapsules System 査読有り 国際共著

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    IEEE Robotics and Automation Letters   1 巻 ( 1 ) 頁: 206-212   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/LRA.2016.2514500

  21. Microfluidic Device to Measure the Speed of C.elegans Using the Resistance Change of the Flexible Electrode 査読有り 国際共著

    Jaehoon Jung, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Zoran Najdovski, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Micromachines   7 巻 ( 50 ) 頁: 10.3390/mi7030050   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/mi7030050

  22. 小口径細胞構造体のための細胞包埋ゲルファイバー巻き取りシステム 査読有り

    武井 菜月,中島 正博,竹内 大,福田 敏男

    日本機械学会論文集   82 巻 ( 833 ) 頁: doi:10.1299/transjsme.15-00547   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.15-00547

  23. Single Cell Mass Measurement Using Drag Force Inside Lab-on-Chip Microfluidics System 査読有り 国際共著

    Md. Habibur Rahman, Mohd Ridzuan Ahmad, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    IEEE Transactions on Nanobioscinece   14 巻 ( 8 ) 頁: 927-934   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TNB.2015.2507064

  24. Automated Assembly of Vascular-Like Microtube With Repetitive Single-Step Contact Manipulation 査読有り 国際共著

    Huaping Wang, Qiang Huang, Qing Shi, Tao Yue, Shaoqi Chen, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    IEEE Transactions on Biomedical Engineering   62 巻 ( 11 ) 頁: 2620-2628   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TBME.2015.2437952

  25. On-chip Fabrication and Magnetic Force Estimation of Peapod-like Hybrid Microfibers using a Microfluidic Device 査読有り 国際共著

    Tao Sun, Chengzhi Hu, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Minoru Seki, Tao Yue, Qing Shi, Toshio Fukuda, Qiang Huang

    Microfluidic and Nanofluidics   18 巻   頁: 1177-1187   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10404-014-1511-y

  26. On-chip fabrication of magnetic alginate hydrogel microfibers by multilayered pneumatic microvalves 査読有り 国際共著

    Chengzhi Hu, Masahiro Nakajima, Tao Yue, Masaru Takeuchi, Minoru Seki, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Microfluidics and Nanofluidics   17 巻   頁: 457-468   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10404-013-1325-3

  27. Rail-guided Multi-robot System for 3D Cellular Hydrogel Assembly with Coordinated Nanomanipulation 査読有り 国際共著

    Huaping Wang, Qing Shi, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Tao Chen, Pei Di, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    International Journal of Advanced Robotic Systems   11 巻   頁: 121   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5772/58734

  28. Micro-assembly of a Vascular-like Micro-channel with Railed Micro-robot Team-coordinated Manipulation 査読有り

    Huaping Wang, Qing Shi, Tao Yue, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    International Journal of Advanced Robotic Systems   11 巻   頁: 115   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5772/58820

  29. On-chip self-assembly of cell embedded microstructures to vascular-like microtubes 査読有り 国際共著

    Tao Yue, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Chengzhi Hu, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Lab on a Chip   14 巻   頁: 1151-1161   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c3lc51134k

  30. Self-Actuating Asymmetric Platinum Catalytic Mobile Nanorobot 査読有り 国際共著

    Jingjing Bao, Zhan Yang, Masahiro Nakajima, Yajing Shen, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    IEEE Transactions on Robotics   24 巻 ( 1 ) 頁: 035012-39   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TRO.2013.2291618

  31. A Microfluidic Device with Multi-valves System to Enable Several Simultaneous Exposure Tests on Caenorhabditis elegans 査読有り

    Jaehoon Jung, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Journal of Micromechanics and Microengineering   24 巻   頁: 035012   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0960-1317/24/3/035012

  32. Reconfigurable microfluidic pump enabled by opto-electrical-thermal transduction 査読有り 国際共著

    Masaru Takeuchi, Masaya Hagiwara, Gauvain Haulot, Chih-Ming Ho

    Applied Physics Letters   103 巻 ( 17 ) 頁: 174101   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4824989

  33. Handling of micro objects using phase transition of thermoresponsive polymer 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Masaru Kojima, Toshio Fukuda

    Journal of Micro-Bio Robotics   8 巻   頁: 53-64   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12213-013-0060-x

  34. 感熱応答性ゲルによるマイクロオブジェクト把持プローブの作製および応用 査読有り

    竹内 大、中島 正博、小嶋 勝、福田 敏男

    日本ロボット学会誌   31 巻 ( 3 ) 頁: 275-282   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7210/jrsj.31.275

  35. Improved Laser Manipulation for On-chip Fabricated Microstructures Based on Solution Replacement and Its Application in Single Cell Analysis 査読有り

    Tao Yue, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    International Journal of Advanced Robotic Systems   11 巻   頁: 11   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5772/57518

  36. Nanoliters Discharge/Suction by Thermoresponsive Polymer Actuated Probe and Applied for Single Cell Manipulation 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Masaru Kojima, Toshio Fukuda

    Journal of Robotics and Mechatronics   22 巻   頁: 644-650   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. セミクローズド・マイクロチップによるプローブ操作を用いた単一細胞解析への応用 査読有り

    竹内大、中島正博、福田敏男

    日本機械学会論文集(C編)   75 巻 ( 760 ) 頁: 3261-3266   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/kikaic.75.3261

  38. Construction of Multiple Hepatic Lobule like 3D Vascular Networks by Manipulating Magnetic Tweezers toward Tissue Engineering 査読有り 国際共著

    Eunhye Kim, Masaru Takeuchi, Taro Kozuka, Takuto Nomura, Akihiko Ichikawa, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Proceedings of 2020 IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS)     頁: 2799 - 2804   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/IROS45743.2020.9341012

  39. Study of a Dura Mater Model using Fiber Materials 査読有り

    Shusaku Hayakawa, Akihiko Ichikawa, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    Proceedings of 2019 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 21-22   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  40. View-expansive Microscope with Focus Adjustment using Galvanometer Mirror and Electrically Tunable Lens 査読有り

    Sarau Takeno, Tadayoshi Aoyama, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    Proceedings of 2019 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 241-242   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  41. Assembly of Magnetic Fibers to Form Perfusable Vascular Network with a Three-dimensional Tissue 査読有り

    Eunhye Kim, Masaru Takeuchi, Ryohei Sakurai, Taro Kozuka, Takuto Nomura, Akiyuki Hasegawa, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda

    Proceedings of 2019 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 239-240   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  42. Three-dimensional View-expansive Microscope Based on Focal Point Adjustment and Viewpoint Movement 査読有り

    Shoki Yamada, Tadayoshi Aoyama, Sarau Takeno, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    Proceedings of 2019 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 163-164   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  43. Making Micro Structure with Biodegradable Materials 査読有り

    Taro Kozuka, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda

    Proceedings of 2019 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 161-162   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  44. Development of Modular Bio Actuators Used Artificial Tendon Structure 査読有り

    Takuto Nomura, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Eunhye Kim, Toshio Fukuda

    Proceedings of 2019 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 98-99   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  45. Flower Stick Rotation Manipulation Scheme Not Requiring High-speed Robotic Motion 査読有り

    Yuto Asai, Tadayoshi Aoyama, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa

    Proceedings of 2019 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 30-31   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  46. Assembly of Multilayered Hepatic Lobule-like Vascular Network by using Heptapole Magnetic Tweezer 査読有り

    Eunhye Kim, Masaru Takeuchi, Taro Kozuka, Takuto Nomura, Akiyuki Hasegawa, Akihiko Ichikawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Proceedings of 2019 International Conference on Robotics and Automation (ICRA)     頁: 6200-6205   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  47. Microscopic Tracking System for Simultaneous Expansive Observations of Multiple Micro-targets Based on View-expansive Microscope

    Aoyama Tadayoshi, Takeno Sarau, Takeuchi Masaru, Hasegawa Yasuhisa, Ishii Idaku

    2019 IEEE/ASME INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADVANCED INTELLIGENT MECHATRONICS (AIM)     頁: 501-506   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  48. Multi-layered Artificial Dura Mater Models for Medical Surgical Simulators

    Hayakawa Shusaku, Takeuchi Masaru, Ichikawa Akihiko, Hasegawa Akiyuki, Uchida Keisuke, Fukuda Toshio, Huang Qiang

    2019 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON CYBORG AND BIONIC SYSTEMS (CBS)     頁: 310 - 315   2019年

     詳細を見る

  49. Study of a Precise Dura Mater Model for Precise Human Analogue Model 査読有り

    Shusaku Hayakawa, Akihiko Ichikawa, Akiyuki Hasegawa, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    Proceedings of 29th 2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 248-249   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  50. Evaluation of Living Tissue Model based on Force Measurement 査読有り

    Keisuke Uchida, Akihiko Ichikawa, Akiyuki Hasegawa, Eunhye Kim, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    Proceedings of 29th 2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 246-247   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  51. Micro Channel Design for Cancer Screening using C.elegans 査読有り

    Satoshi Tomita, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Eunhye Kim, Akiyuki Hasegawa, Toshio Fukuda

    Proceedings of 29th 2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 196-197   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  52. Microscopic Image Presentation Apparatus for Micro Manipulation Based on the View Expansion Microscope System 査読有り

    Sarau Takeno, Tadayoshi Aoyama, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Idaku Ishii

    Proceedings of 29th 2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 326-327   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Cultured Muscles with Tendon Structures for Modular Bio-Actuators 査読有り

    Takuto Nomura, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Eunhye Kim, Akiyuki Hasegawa, Toshio Fukuda

    Proceedings of 29th 2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 224-225   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  54. Peripheral Nerve Stimulation Device enabling Adjustment of Stimulation Voltage 査読有り

    Takahiro Miyamoto, Masaru Takeuchi, Tadayoshi Aoyama, Yasuhisa Hasegawa, Tomonori Nakano, Shigeru Kurimoto, Hitoshi Hirata

    Proceedings of 29th 2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 328-330   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  55. Studying Making Micro Structure with BIodegradable Materials 査読有り

    Taro Kozuka, Masaru Takeuchi, Akiyuki Hasegawa, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda

    Proceedings of 29th 2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 194-196   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  56. Fabrication of the Brain Model with Soft Material for Surgical Simulator 査読有り

    Naoki Kotani, Akihiko Ichikawa, Akiyuki Hasegawa, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    Proceedings of 29th 2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 250-251   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  57. Magnetic Assembly of Hydrogel Fiber for Constructing Three-dimensional Hepatic Lobule-like Channel Network 査読有り

    Eunhye Kim, Masaru Takeuchi, Taro Kozuka, Takuto Nomura, Ryohei Sakurai, Akiyuki Hasegawa, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda

    Proceedings of 29th 2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 332   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  58. Construction of Hepatic Lobule-like Vascular Network by using Magnetic fields 査読有り

    Eunhye Kim, Masaru Takeuchi , Wataru Atou, Yuta Iwamoto, Takuto Nomura, Taro Kozuka, Akiyuki Hasegawa, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda

    Proceedings of 2018 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA)     頁: 2688-2693   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  59. Studing Making micro structure with Biodegradable materials

    Kozuka Taro, Takeuchi Masaru, Hasegawa Akiyuki, Ichikawa Akihiko, Fukuda Toshio

    2018 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE (MHS)     頁: .   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  60. Micro Channel Design for Cancer Screening using C.elegnas

    Tomita S., Takeuchi M., Ichikawa A., Kim E., Hasegawa A., Fukuda T.

    2018 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE (MHS)     頁: .   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  61. Peripheral nerve stimulation device enabling adjustment of stimulation voltage

    Miyamoto Takahiro, Takeuchi Masaru, Aoyama Tadayoshi, Hasegawa Yasuhisa, Nakano Tomonori, Kurimoto Shigeru, Hirata Hitoshi

    2018 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE (MHS)     2018年

     詳細を見る

  62. Microscopic Image Presentation Apparatus for Micro Manipulation Based on the View Expansion Microscope System

    Takeno Sarau, Aoyama Tadayoshi, Takeuchi Masaru, Hasegawa Yasuhisa, Ishii Idaku

    2018 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE (MHS)     2018年

     詳細を見る

  63. Magnetic Assembly of Hydrogel Fiber for Constructing Three-dimensional Hepatic Lobule-like Channel Network

    Kim Eunhye, Takeuchi Masaru, Kozuka Taro, Nomura Takuto, Sakurai Ryohei, Hasegawa Akiyuki, Ichikawa Akihiko, Fukuda Toshio

    2018 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE (MHS)     2018年

     詳細を見る

  64. Fabrication of the Brain Model with Soft Material for Surgical Simulator

    Kotani Naoki, Ichikawa Akihiko, Hasegawa Akiyuki, Takeuchi Masaru, Fukuda Toshio

    2018 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE (MHS)     2018年

     詳細を見る

  65. Evaluation of living tissue model based on force measurement

    Uchida Keisuke, Ichikawa Akihiko, Hasegawa Akiyuki, Kim Euhye, Takeuchi Masaru, Fukuda Toshio

    2018 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE (MHS)     2018年

     詳細を見る

  66. Cultured Muscles with Tendon Structures for Modular Bio-Actuators

    Nomura Takuto, Takeuchi Masaru, Ichikawa Akihiko, Kim Eunhye, Hasegawa Akiyuki, Fukuda Toshio

    2018 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE (MHS)     2018年

     詳細を見る

  67. Study of a precise dura mater model for precise human analogue model

    Hayakawa Shusaku, Ichikawa Akihiko, Hasegawa Akiyuki, Takeuchi Masaru, Fukuda Toshio

    2018 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE (MHS)     2018年

     詳細を見る

  68. Measurement of Two- and Three-dimensional Viscoelasticity of Tissue and Artificial Organ 査読有り

    Keisuke Uchida, Akihiko Ichikawa, Akiyuki Hasegawa, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 265-266   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2017.8305240

  69. Magnetic self-assembly of Toroidal Microstructures by Shaking 査読有り

    Masaru Takeuchi, Mamoru Hattori, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa

    28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 313-314   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2017.8305238

  70. In vivo Test of Inductively Powered Neurostimulator 査読有り

    Takahiro Miyamoto, Masaru Takeuchi, Tomonori Nakano, Tadayoshi Aoyama, Shigeru Kurimoto, Hitoshi Hirata, Yasuhisa Hasegawa

    28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 23-24   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2017.8305251

  71. Construction of Vascular Network in 3D Cellular Structure by using Magnetic Field 査読有り

    Eunhye Kim, Masaru Takeuch, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda

    28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 307-308   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2017.8305209

  72. In Vitro Mimic of Hepatic Lobule Tissue using Ca-alginate Cell-containing Hydrogel Modules 査読有り

    Zeyang Liu, Minmin Lu, Masaru Takeuchi, Yue Tao, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 309-310   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2017.8305177

  73. Fabrication Consideration of Three-dimensional Skeletal Muscle Fiber using Biomaterial 査読有り

    Yuta Iwamoto, Kenichi Ohara, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda

    28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 21-22   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2017.8305208

  74. Real-time Microscopic Video Shooting using View Expanded Microscope System 査読有り

    Tadayoshi Aoyama, Mamoru Kaneishi, Takeshi Takaki, Idaku Ishii, Sarau Takeno, Masaru Takeuchi, Jun Nakanishi, Yasuhisa Hasegawa

    28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 270-271   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2017.8305257

  75. Fabrication of the Brain Model with Soft Material for Surgical Simulator 査読有り

    Naoki Kotani, Akihiko Ichikawa, Akiyuki Hasegawa, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    28th 2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS)     頁: 71-73   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2017.8305198

  76. Bio-fabrication of Ca-alginate cell sheets with the electrodeposition method for hepatic lobule tissue reconstructs 査読有り

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang Huang

    21th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (micro TAS)     頁: 1017-1018   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  77. On-Chip Fabrication of Movable Toroidal Cell Structures Using Photo 査読有り

    Masaru Takeuchi, Yuki Nakamura, Akihiko Ichikawa, Akiyuki Hasegawa, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    2017 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS)     頁: 2980-2985   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IROS.2017.8206134

  78. Higher Precision Rotational Manipulation of C. elegans by Microchannel

    Nakajima Masahiro, Igarashi Yu, Takeuchi Masaru, Hisamoto Nagoki, Hasegawa Yasuhisa, Fukuda Toshio

    17th IEEE International Conference on Nanotechnology (IEEE-NANO)     頁: 297-298   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  79. Fabrication of Multilayered Hepatic Lobule Tissues Using Ca-Alginate Hydrogel Platforms 査読有り

    Zeyang Liu, Minmin Lu, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang Huang

    17th IEEE International Conference on Nanotechnology (IEEE-NANO)     頁: 561-564   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANO.2017.8117260

  80. High-Precision Microinjection of Microbeads into C. Elegans Trapped in a Suction Microchannel 査読有り

    Masahiro Nakajima, Yuki Ayamura, Masaru Takeuchi, Naoki Hisamoto, Strahil Pastuhov, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang Huang

    2017 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA)     頁: 3678-3683   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICRA.2017.7989422

  81. Fabrication of Dry Dura Mater Models for Medical Surgical Simulator

    Hasegawa Akiyuki, Ichikawa Akihiko, Uchida Keisuke, Kotani Naoki, Hayakawa Shusaku, Takeuchi Masaru, Fukuda Toshio

    2017 IEEE International Conference on Cyborg and Bionic Systems (CBS)     頁: 293-297   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  82. Microfluidics for Mass Measurement of Miniature Object Like Single Cell and Single MicroParticle

    Rahman Md. Habibur, Ahmad Mohd Ridzuan, Takeuchi Masaru, Nakajima Masahiro, Hasegawa Yasuhisa, Fukuda Toshio

    Advanced Mechatronics and MEMS Devices II     頁: 523-545   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-32180-6_23

    Web of Science

  83. Fabrication of dura mater model for medical simulator 査読有り

    Takuya Uda, Masahiro Nakajima, Akiyuki Hasegawa, Akihiko Ichikawa, Akio Morita, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: doi:10.1109/MHS.2016.7824177   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824177

  84. Fabrication of brain tumor for medical simulator 査読有り

    Akiyuki Hasegawa, Akihiko Ichikawa, Masahiro Nakajima, Akio Morita, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: doi:10.1109/MHS.2016.7824212   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824212

  85. Fabrication method of artificial integrated muscle fiber toward bio-actuator 査読有り

    Yuta Iwamoto, Kenichi Ohara, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Toshio Fukuda

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: doi:10.1109/MHS.2016.7824201   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824201

  86. Assembly of hepatic lobule-like microtissue with repetitive single-step contact manipulation 査読有り

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: doi:10.1109/MHS.2016.7824162   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824162

  87. Cell sheets fabrication with mimicking morphology of liver lobule tissue by electrodeposition 査読有り

    Minmin Lu, Zeyang Liu, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang Huang

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: doi:10.1109/MHS.2016.7824181   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824181

  88. E-SEM CT observation of collagen scaffold cultured osteoblast cells 査読有り

    Masahiro Nakajima, Kei Nagao, Masaru Takeuchi, Saki Yahata, Kazuya Furusawa, Toshio Fukuda

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: doi:10.1109/MHS.2016.7824240   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824240

  89. Selective channel fabrication by local heating for cell patterning 査読有り

    Tomoyuki Oya, Masaru Takeuchi, Kenichi Ohara, Akihiko Ichikawa, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda

    2016 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: doi:10.1109/MHS.2016.7824202   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2016.7824202

  90. Self-assembly of toroidal magnetic microstructures towards in vitro cell structures 査読有り

    Masaru Takeuchi, Mamoru Hattori, Akihiko Ichikawa, Kenichi Ohara, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems     頁: 2578-2583   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IROS.2016.7759401

  91. Self-assembly of magnetized microstructures for in vitro cell systems 査読有り

    Mamoru Hattori, Akihiko Ichikawa, Kenichi Ohara, Toshio Fukuda, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2016 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation     頁: 635-640   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  92. Novel In situ nanomanipulation integrated with SEM-CT imaging system 査読有り

    Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Naoki Hisamoto, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2016 IEEE International Conference on Robotics and Automation     頁: 1945-1950   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICRA.2016.7487341

  93. Microfluidic Device to Measure the Speed of C. elegans Using the Resistance Change of the Flexible Electrode 査読有り

    Jaehoon Jung, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Zoran Najdovski, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    Micromachines   7 巻 ( 3 ) 頁: doi:10.3390/mi7030050   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/mi7030050

  94. Local melting of hydrogel for microchannels fabrication in cell structures 査読有り

    Tomoyuki Oya, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Kenichi Ohara, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 333-335   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2015.7438323

  95. Microchannel Fabrication by Local Melting of Hydrogel toward in vitro 3D Cell Structures 査読有り

    Masaru Takeuchi, Tomoyuki Oya, Akihiko Ichikawa, Kenichi Ohara, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa

    9th IEEE International Conference on Nano/Molecular Medicine and Engineering     頁: 23-28   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANOMED.2015.7492499

  96. Fabrication of micro flexible electrode to stimulate peripheral nerve for rodent model 査読有り

    Masato Sano, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Yasuhisa Hasegawa, Shigeru Kurimoto, Tomonori Nakano, Hiroaki Shinkai, Hitoshi Hirata

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 60-61   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2015.7438325

  97. Fabrication of hepatic lobule model based on electrodeposition 査読有り

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 181-182   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2015.7438237

  98. In situ nanomanipulation with 3D SEM-CT observation inside environmental SEM 査読有り

    Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 170-171   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2015.7438314

  99. On-chip fabrication of bio-degradable microstructures 査読有り

    Ryota Sakakibara, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Kenichi Ohara, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 260-261   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2015.7438341

  100. Microchannels fabrication by alginate fiber molding method 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa

    2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 264-266   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2015.7438322

  101. Survival Microinjection into C. Elegans with in Vivo Observation Based on Micromanipulation 査読有り

    Masahiro Nakajima, Yuki Ayamura, Masaru Takeuchi, Naoki Hisamoto, Strahil Pastuhov, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang Huang

    2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems     頁: 183-188   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IROS.2015.7353372

  102. Electrodeposition of Cell-Laden Alginate-PLL Hydrogel Structures for Spatially Selective Entrapment 査読有り

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems     頁: 1379-1384   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IROS.2015.7353547

  103. Aqueous Imaging by SEM-CT System inside Environmental-SEM 査読有り

    Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Kouya Shimazaki, Naoki Hisamoto, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda, Qiang Huang

    15th IEEE International Conference on Nanotechnology     頁: 682   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANO.2015.7388753

  104. 3D Microchannel Networks by Melting Alginate Hydrogel Fibers for Cell Structures 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    15th IEEE International Conference on Nanotechnology     頁: 569   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANO.2015.7388627

  105. Lab in a Droplet (LiD): Self-assembly of Micro-nano Structures inside a Droplet using Surface Tension 査読有り

    Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    2015 IEEE International Conference on Robotics and Automation     頁: 4074-4079   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICRA.2015.7139769

  106. Local Cell Stiffness Measurement using Probes Deformation 査読有り

    Masaru Takeuchi, Mohd Ridzuan bin Ahmad, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Hiroki Umeshima, Mineko Kengaku, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    14th IEEE International Conference on Nanotechnology     頁: 168-171   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANO.2014.6968035

  107. Lab in a Droplet (LiD): Self-assembly Method of Microstructures inside a Droplet 査読有り

    Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    14th IEEE International Conference on Nanotechnology     頁: 991-994   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANO.2014.6968037

  108. Electrodeposition of Alginate Hydrogel for Spatially Selective Entrapment of Biological Cells 査読有り

    Zeyang Liu, Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa, Qiang Huang

    25th 2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 278-279   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2014.7006162

  109. On-chip Fabrication of Bio-degradable Microstructures for 3D Cell Assembly 査読有り

    Ryota Sakakibara, Masaru Takeuchi, Akihiko Ichikawa, Kenichi Ohara, Masahiro Nakajima, Yasuhisa Hasegawa, Toshio Fukuda

    25th 2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 271-272   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2014.7006156

  110. Catalytic Driven Micro-nanorobots Fabricated by Direct Laser Writing 査読有り

    Azrena Abu Bakar, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    25th 2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 235-236   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2014.7006117

  111. Microassembly of Spheroids by Thermoresponsive Gel Probe 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa

    25th 2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 153-154   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2014.7006124

  112. SEM-CT Observation of Bone from Mice using Environmental-SEM 査読有り

    Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Taisuke Masuda, Takahisa Anada, Osamu Suzuki, Toshio Fukuda, Qiang Huang, Yasuhisa Hasegawa

    25th 2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science     頁: 228-229   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2014.7006069

  113. Construction of Vascular-Like Microtubes Via Fluidic Axis-Translation Self-Assembly Based on Multiple Hydrogels 査読有り

    Tao Yue, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems     頁: 803-808   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IROS.2014.6942651

  114. Three Dimensional Multi-cell Spheroids Assembly using Thermoresponsive Gel Probe 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda, Yasuhisa Hasegawa

    2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems     頁: 797-802   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IROS.2014.6942650

  115. Fluidic Self-Assembly of Multilayered Tubular Microstructures by Axis Translation Inside Two-Layered Microfluidic Devices 査読有り

    Tao Yue, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    2014 IEEE International Conference on Robotics and Automation     頁: 5836-5841   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICRA.2014.6907717

  116. 3D Assembly of Cellular Structures with Coordinated Manipulation by Rail-Guided Multi-Microrobotic System 査読有り

    Huaping Wang, Tao Yue, Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Pei Di, Tao Sun, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    2014 IEEE International Conference on Robotics and Automation     頁: 2813-2818   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICRA.2014.6907262

  117. Assembly of 3D cell-laden constructs based on rail-guided dextrous stick coordination manipulation 査読有り

    Huaping Wang, Masahiro Nakajima, Tao Sun, Tao Yue, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    2013 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 283-287   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2013.6710410

  118. Microstructuring thermoresponsive gel using hysteresis towards 3D cell assembly 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    2013 IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems     頁: 1537-1542   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IROS.2013.6696553

  119. Fabrication and Assembly of Multi-Layered Microstructures Embedding Cells Inside Microfluidic Devices 査読有り

    Tao Yue, Masahiro Nakajima, Huaping Wang, Chengzhi Hu, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    2013 IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems     頁: 514-519   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IROS.2013.6696400

  120. Cell Culture inside Thermoresponsive Gels towards 3D Cell Structures 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda

    2013 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 174-175   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2013.6710478

  121. Micro-CT imaging of Caenorhabditis elegans under environmental-SEM 査読有り

    Masahiro Nakajima, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    2013 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 288-290   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2013.6710422

  122. Fluidic assembly of multilayered tubular microstructures inside 2-layered microfluidic devices 査読有り

    Tao Yue, Masahiro Nakajima, Chengzhi Hu, Masaru Takeuchi, Toshio Fukuda

    2013 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 185-188   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2013.6710399

  123. Preparation and characterization of magnetic PEGDA beads for enhanced construction of hydrogel assembly 査読有り

    Chengzhi Hu, Masahiro Nakajima, Tao Yue, Masaru Takeuchi, Minoru Seki, Toshio Fukuda

    2013 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 267-271   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2013.6710398

  124. Local drug micro-injection to Caenorhabditis elegans with micro-gel beads 査読有り

    Naoya Nakanishi, Masahiro Nakajima, Naoki Hisamoto, Masaru Takeuchi, Michio Homma, Toshio Fukuda

    2013 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 272-275   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2013.6710408

  125. Micro-sorting device by a micro-channel with multiple-size pores 査読有り

    Azrena Abu Bakar, Masahiro Nakajima, Tao Yue, Chengzhi Hu, Masaru Takeuchi, Shoichi Maruyama, Toshio Fukuda

    2013 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 276-279   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2013.6710429

  126. Fabrication of 3D porous micro-channel for artificial capillary blood vessel model 査読有り

    Azrena Abu Bakar, Masahiro Nakajima, Tao Yue, Chengzhi Hu, Masaru Takeuchi, Shoichi Maruyama, Toshio Fukuda

    SICE Annual Conference 2013     頁: 2661-2666   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  127. Fabrication of multilayered tube-shaped microstructures embedding cells inside microfluidic devices 査読有り

    Tao Yue, Masahiro Nakajima, Huaping Wang, Chengzhi Hu, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    13th IEEE International Conference on Nanotechnology     頁: 539-544   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANO.2013.6721035

  128. Development of thermoresponsive gel probe for manipulation from micro to nano scale 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Hirotaka Tajima, Toshio Fukuda

    13th IEEE International Conference on Nanotechnology     頁: 521-524   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANO.2013.6721017

  129. Dextrous stick coordination manipulation for 3D hydrogel assembly by dual-nanomanipulator 査読有り

    Huaping Wang, Masahiro Nakajima, Tao Yue, Chengzhi Hu, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    13th IEEE International Conference on Nanotechnology     頁: 207-212   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANO.2013.6721004

  130. Long survival observation of C. elegans inside Environmental SEM for nanomanipulations 査読有り

    Masahiro Nakajima, Naoya Nakanishi, Naoki Hisamoto, Masaru Takeuchi, Hirotaka Tajima, Michio Homma, Qiang Huang, Toshio Fukuda

    13th IEEE International Conference on Nanotechnology     頁: 187-190   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANO.2013.6721021

  131. Magnetic manipulation for spatially patternel alginate hydrogel microfibers 査読有り

    Chengzhi Hu, Masahiro Nakajima, Huaping Wang, Tao Yue, Yajing Shen, Masaru Takeuchi, Qiang Huang, Minoru Seki, Toshio Fukuda

    13th IEEE International Conference on Nanotechnology     頁: 529-534   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/NANO.2013.6721032

  132. Fabrication of thermoresponsive gel blocks using hysteresis towards cell assembly 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Hirotaka Tajima, Toshio Fukuda

    2013 IEEE International Conference on Robotics and Automation     頁: 2762-2767   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICRA.2013.6630960

  133. Fabrication of Thermoresponsive Gel Blocks using Hysteresis for Cell Assembly 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Hirotaka Tajima, Toshio Fukuda

    2012 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 99-102   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2012.6492461

  134. Evaluation and Application of Thermoresponsive Gel Handling towards Manipulation of Single Cells 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Masaru Kojima, Toshio Fukuda

    2011 IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems     頁: 457-462   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/IROS.2011.6095105

  135. Probe Device for Soft Handling of Single Cells using Thermoresponsive Polymer 査読有り

    竹内 大

    2011 IEEE International Conference on Robotics and Automation     頁: 3163-3168   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICRA.2011.5980527

  136. Soft Handling Probe Using Thermal Gel for Single Cells 査読有り

    竹内 大

    2010 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 311-316   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  137. Thermal Gel Actuated Device for Spout/Suction inside Semi-closed Microchip 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda

    2009 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 243-248   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/MHS.2009.5351943

  138. Semi-closed Microchip for Probe Manipulation and the Target Cell Harvesting 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda

    2009 IEEE International Conference on Robotics and Automation     頁: 1838-1843   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ROBOT.2009.5152854

  139. Semi-closed Microchip for Probe Manipulation and Its Biological Application 査読有り

    Masaru Takeuchi, Masahiro Nakajima, Toshio Fukuda

    2008 International Symposium on Micromechatronics and Human Science     頁: 267-272   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

講演・口頭発表等 13

  1. スキャフォールドゲル削減による高細胞密度の培養筋の作製

    野村 匠永、竹内 大、Kim Eunhye、長谷川 泰久、福田 敏男

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2020年12月16日  計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. 微細操作における2次元の広域画像と3次元の局所画像を同時呈示する微細操作システム

    中岡 優樹、青山 忠義、藤城 俊希、竹内 大、長谷川 泰久

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2020年12月16日  計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. 自己駆動液滴の自律運動解析に向けた広範囲・高解像度画像解析システム

    山田翔輝、青山忠義、末松J信彦、竹内大、長谷川泰久

    第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2020年12月16日  計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. Construction of Multiple Hepatic Lobule like 3D Vascular Networks by Manipulating Magnetic Tweezers toward Tissue Engineering 国際共著 国際会議

    E. Kim, M. Takeuchi, T. Kozuka, T. Nomura, A. Ichikawa, Y. Hasegawa, Q. Huang, T. Fukuda

    2020 IEEE International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS)  2020年10月25日  IEEE/RSJ

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月25日 - 2020年10月29日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Las Vegas   国名:アメリカ合衆国  

  5. ワイヤレス給電FESデバイスによる足関節の底背屈運動制御

    渡邊敬太、竹内大、石原寛大、宮本太一、青山忠義、長谷川泰久、徳武克浩、佐伯聡太、栗本秀、平田仁

    第38回日本ロボット学会学術講演会  2020年10月9日  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月9日 - 2020年10月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 実時間3次元画像呈示により奥行き方向の視認性を向上させるマイクロマニピュレーションシステム

    藤城俊希、青山忠義、杷野一輝、高須正規、竹内大、長谷川泰久

    第38回日本ロボット学会学術講演会  2020年10月9日  日本ロボット学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月9日 - 2020年10月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. モジュラーバイオアクチュエータの積層による培養筋出力の制御

    野村匠永、市川明彦、竹内大、金恩恵、福田敏男

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月27日  日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月27日 - 2020年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 細胞操作における奥行き方向の視認性向上に向けた操作対象の実時間3次元画像呈示インターフェース

    藤城俊希、青山忠義、竹野更宇、竹内大、長谷川泰久

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  2020年5月27日  日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月27日 - 2020年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. Microscopic Tracking System for Simultaneous Expansive Observations of Multiple Micro-targets Based on View-expansive Microscope 国際会議

    T. Aoyama, S. Takeno, M. Takeuchi, Y. Hasegawa, I. Ishii

    2019 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM)  2019年10月8日  IEEE/ASME

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月8日 - 2019年10月12日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hong Kong   国名:中華人民共和国  

  10. Multi-layered Artificial Dura Mater Models for Medical Surgical Simulators 国際会議

    S. Hayakawa, M. Takeuchi, A. Ichikawa, T. Fukuda

    2019 International Conference on Cyborg and Bionic Systems (CBS)  2019年9月18日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月18日 - 2019年9月20日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Munich   国名:ドイツ連邦共和国  

  11. Switching of Dorsal/Planter Flexion of Rat Ankle Joint by Wirelessly Powered Neurostimulator 国際会議

    M. Takeuchi, T. Miyamoto, S. Masuda, T. Aoyama, K. Tokutake, S. Kurimoto, H. Hirata, Y. Hasegawa

    9th IEEE International Conference on CYBER Technology in Automation, Control, and Intelligent Systems (IEEE-CYBER)  2019年7月29日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月29日 - 2019年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Suzhou   国名:中華人民共和国  

  12. Magnetic Self-assembly of Toroidal Microstructures by Shaking for Micro-tissue Fabrication 国際会議

    M. Takeuchi, M. Iriguchi, M. Hattori, E. Kim, A. Ichikawa, A. Hasegawa, Y. Hasegawa, T. Fukuda

    International Conference on Manipulation, Automation and Robotics at Small Scale 2019 (MARSS)  2019年7月2日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月2日 - 2019年7月4日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Espoo   国名:フィンランド共和国  

  13. Assembly of Multilayered Hepatic Lobule-like Vascular Network by using Heptapole Magnetic Tweezer 国際共著 国際会議

    E. Kim, M. Takeuchi, T. Kozuka, T. Nomura, A. Hasegawa, A. Ichikawa, Q. Huang, T. Fukuda

    2019 International Conference on Robotics and Automation (ICRA)  2020年5月20日  IEEE

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月20日 - 2019年5月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal   国名:カナダ  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 5

  1. 生体内埋め込み多極神経刺激デバイスによる機能的運動の再建

    研究課題番号:JPMJFR202A  2021年04月 - 2024年03月

    創発的研究支援事業 フェーズ1 

    竹内 大

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:26000000円 ( 直接経費:20000000円 、 間接経費:6000000円 )

  2. 完全感染防御のための鼻咽頭スワブ操作ロボット

    研究課題番号:24-107  2020年09月 - 2021年03月

    日本医療研究開発機構  令和2年度 ウイルス等感染症対策技術開発事業 

    長谷川 泰久、竹内 大、丸山 峰央、藤原 道隆、新井 史人、天谷 諭、福田 敏男、大原 賢一、益田 泰輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

  3. 機能的運動再建のための筋再支配神経の埋込型刺激デバイス創製

    2019年08月 - 2021年03月

    特別研究助成  特別研究助成

    竹内 大

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

  4. 感熱応答性ゲルを用いた微小プローブによる細胞等マイクロ・ナノ構造体組み立て

    2014年04月 - 2015年03月

    豊田理研スカラー 

    竹内 大

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  5. 感熱応答性ポリマーを用いたマイクロ・ナノマニピュレーションデバイス創生

    研究課題番号:13411256  2013年08月 - 2014年03月

    研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP フィージビリティスタディステージ 探索タイプ 

    竹内 大

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1700000円 ( 直接経費:1308000円 、 間接経費:392000円 )

科研費 8

  1. 機能的運動再建のための生体内埋込神経刺激デバイスの創製

    研究課題/研究課題番号:21H01290  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    竹内 大、徳武 克浩

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

  2. 機能的な運動を再建する埋込型筋再支配神経ネットワーク制御デバイスを創製

    研究課題/研究課題番号:19K21944  2019年06月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

    長谷川 泰久、竹内 大、青山 忠義

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:780000円 ( 直接経費:600000円 、 間接経費:180000円 )

    事故などにより末梢神経を損傷した際、損傷の部位や程度によって治療が困難となり、運動機能や感覚能力が低下または喪失する。運動神経系前駆細胞の末梢神経内移植による麻痺筋の神経ネットワーク再支配技術は、不随となった筋の機能低下を抑制でき、新たな運動麻痺の治療法として注目されている。本研究では、神経ネットワーク再支配を行ったラットによる動物実験にて、後肢脛骨及び腓骨神経に接続したマイクロデバイスが無線給電により6ヶ月以上稼働し、神経への電気刺激による筋収縮力の制御を実現することを目指す。
    本研究では、複数の末梢神経に対し選択的に電気刺激を行うことで、複数の筋収縮を誘発し、機能的な運動を再建可能なマイクロデバイスの創製を目的としている。この目的を達成するため、無線給電による体内への完全埋め込みと、生体適合性を有するフレキシブルな神経刺激電極の作製について、現在主に研究を行なっている。本年度は、2チャンネルの末梢神経刺激デバイスを作製し、ラットの脛骨・腓骨神経への選択的刺激によるラット足関節の底背屈運動を誘発し、その制御を行なった。特に、安定した筋収縮を実現するために、神経刺激の周波数および刺激パルス時間について調整を行うことができるようデバイスを改良し、目的とする筋肉のみを安定的に収縮させることを実現した。
    また、神経を刺激するためのフレキシブルな微細電極についても複数の試作を行い、高い伸縮性能を有するシリコン材料と医療用の細径ステンレスワイヤを用いたフレキシブルな電極によって、ラットの脛骨・腓骨神経への安定した電気刺激を実現した。さらに、高速カメラを用いた制御システムを構築し、現在の足関節角度をラット後肢に設置したマーカーから検出すると共に、目標とする足関節角度についてもマーカーにより指定し、ビジュアルフィードバック制御によるラット足関節の底背屈運動の制御を実現した。
    本年度は主に神経刺激デバイスの改良及び神経刺激用のフレキシブル電極の作製について研究を行い、これまでに研究計画に沿った進展を得ている。
    神経刺激デバイスについては、体内への完全埋め込みを目指した無線給電による電力供給を実現しており、本年度は特に神経刺激信号について検討を行なった。神経への刺激信号としては、周波数及び刺激パルスの時間が重要なパラメータであり、これらが適切でなければ目的とする筋収縮を上手く得られないことが実験的に明らかになった。そのため、刺激周波数及びパルス時間を可変とする新たな神経刺激デバイスを作製し、ラットに対する末梢神経刺激実験を行なうことで適切なパラメータ設定を行なった。その結果、ラット後肢足関節の安定した底背屈運動の誘発に成功した。また、高速カメラを用いたビジュアルフィードバック制御システムを構築し、ラット足関節の底背屈運動を制御することに成功した。
    フレキシブル電極については、柔らかく、かつ四肢の運動に伴って動く末梢神経に対し、安定的な電気刺激を実現するため、高い伸縮性を有するシリコン樹脂と医療用の細径ステンレスワイヤを用いた新たな電極を作製した。また、作製した電極をラットの脛骨・腓骨神経に対して設置し、上述の神経刺激デバイスを用いて電気刺激を行なった。その結果、ラット後肢の動きに対しても安定して電気刺激を行うことができる電極を実現した。
    本年度に得られた成果を基に、今後は多チャンネルの神経刺激による多関節の運動制御、及び長期間にわたるフレキシブル電極の体内埋め込み実験を行い、末梢神経刺激を行うマイクロデバイスを用いて歩行等の機能的運動を再建することを目指す。
    多関節の運動制御については、現在実現している2チャンネル、1関節の制御技術を拡張することで、4チャンネル、2関節の運動制御を行い、機能的運動の再建を目指す。また、複数神経への同時刺激を行うことで、関節剛性を変化させ外力等に対応できるような神経刺激の実現を目指す。現在カメラを用いている関節角度の計測についても、ウエアラブルなセンサ等を用いることでカメラレスの制御システムを構築し、制御システム全体としての小型化、簡便化についても図っていく。
    フレキシブル電極については、生体適合性を有する複数の材料を用いてフレキシブル電極を作製し、ラット体内の末梢神経へ設置し、長期にわたる体内留置による神経への影響及び電極自身の時間経過による特性変化について調査する。特に、電気刺激に対する筋収縮の応答、及び電気刺激可能な期間を異なる材料に対して調べることで、体内の末梢神経に留置する電極としてより適切な材料、設置方法に関する知見を得ることを目指す。

  3. 骨格筋アクチュエータモジュールによる骨格筋制御手法の創製

    研究課題/研究課題番号:19K14946  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究

    竹内 大

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、申請者が有するマイクロファブリケーション技術及び細胞培養・生体組織構築技術を用いて、骨格筋によるアクチュエータ及び筋紡錘に相当するマイクロセンサを統合した骨格筋アクチュエータモジュールを作製する。これにより、生体内の骨格筋が有する精密でしなやかな駆動を生体外で実現するために必要な制御機構の解明を目指す。
    本研究では、体外で骨格筋を培養しアクチュエータとして用いると共に、生体内の筋紡錘に相当するマイクロセンサを作製し、骨格筋アクチュエータと統合したモジュール構造を作製することを目指している。本年度は研究の基盤となる骨格筋アクチュエータの作製と共に、骨格筋の収縮量を計測するためのセンサのプロトタイプを作製した。
    骨格筋アクチュエータについては、マウス筋芽細胞C2C12と生体外マトリックス(ECM)としてマトリゲルを用いた。まず固化前のECM内に細胞を分散させ、生体適合性材料ポリジメチルシロキサン(PDMS)によって作製したモールド内に細胞を懸濁させたECMを流し込む。この状態で細胞培養を行うことにより、ECM内で細胞を培養する。さらに、多核化用培養液を用いて筋芽細胞の融合を促し、筋管細胞へと分化させることで、骨格筋アクチュエータへと成長させる。これまでに、C2C12とマトリゲルを用いた骨格筋アクチュエータの作製に成功し、電気刺激による骨格筋の収縮を確認した。また、細胞の蛍光染色を行い、筋管細胞の配向を調査した。その結果、骨格筋アクチュエータの厚みが厚すぎると骨格筋内部が壊死し、配向が上手く揃っていなかったが、厚みを薄くすると壊死を防ぎ、配向を揃えられる傾向があることが見出された。
    また、センサについても伸縮性の高い材料を用い、筋組織と似た機械的特性を有するセンサについて最初のプロトタイプの作製を行なった。センサとしての特性評価、及び骨格筋アクチュエータとの統合が今後の課題となってくる。
    今年度は、当初の予定通り骨格筋アクチュエータについて作製すると共に、骨格筋の収縮量を計測するためのセンサについても試作を行なった。筋骨格アクチュエータについては、多核化用培養液による筋芽細胞から筋管細胞への分化誘導によって、電気刺激に反応する骨格筋を生体外にて作製することに成功した。しかしながら、現時点では収縮量が小さいという点が課題として挙げられる。この点について、蛍光染色による筋管細胞の配向を確認し、骨格筋アクチュエータの厚みと配向に関して知見を得ることができた。また、より配向を揃えるために、細胞培養中における機械的刺激(張力)をより印加する方法についても検討を行うことができた。
    センサについては最初の試作を完成させ、筋組織と同等の伸縮性やセンシング性能について評価を行える段階まで進めることができた。センサの特性を評価し、骨格筋アクチュエータと統合して使用可能にしていくことが今後必要となってくる。
    今後は、今年度に得られた骨格筋アクチュエータ及びセンサの成果を基に、研究を発展させ骨格筋アクチュエータとセンサを統合したモジュール構造の作製を目指す。そのために、まずは骨格筋アクチュエータの収縮量・収縮率の向上を図ると共に、センサ特性の解析・評価を行い、性能向上のための改良を行なっていく必要がある。骨格筋アクチュエータの収縮量増加については、細胞培養時の機械的刺激、電気的刺激による筋管細胞の配向性の改善を試みると共に、骨格筋の厚みについても最適化を目指す。また、センサについては作製した最初のプロトタイプの評価実験を基に、材料や形状の改善を行う。また、骨格筋アクチュエータとの統合を目指した骨格筋アクチュエータモジュールの形状設計についても行なっていく。
    最終的には、骨格筋とセンサを統合した骨格筋アクチュエータモジュールを作製し、センサからの出力を基に骨格筋の収縮量をリアルタイムで計測する。これにより、フィードバック制御による精密な駆動が可能な骨格筋アクチュエータを実現し、マイクロロボットへと応用することを目指していく。

  4. ファイン・ハイブリッド・バイオニクスのための筋組織アクチュエータモジュール創生

    研究課題/研究課題番号:19H00751  2019年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    福田 敏男、竹内 大

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:6890000円 ( 直接経費:5300000円 、 間接経費:1590000円 )

    本研究では、申請者らが有する微細加工及び細胞組織構築技術を用いて、生体内の筋肉にある筋紡錘に相当するマイクロセンサを有する筋組織アクチュエータモジュール(SMAモジュール)を世界に先駆けて作製する。さらに、SMAモジュールを複数組み合わせることでフィードバックループを有する筋駆動マイクロロボットの実現を目指す。これにより筋制御機構の解明に寄与するファイン・ハイブリッド・バイオニクス(FH-Bio)を創生する。
    本研究では、申請者らが有する微細加工及び細胞組織構築技術を用いて、マイクロセンサを有する筋組織アクチュエータモジュール(SMAモジュール)を作製し、モジュールを組み合わせることでフィードバックループを有する筋駆動マイクロロボットの実現を目指している。本年度はSMAモジュールの基盤技術となる、筋組織アクチュエータの作製と伸縮センサの作製を主に研究を実施した。
    まず、筋組織のモジュール化については、筋組織の両端に人工的に作製した腱構造を付加することでマイクロロボット等の筐体に取り付け、及び取り外しができるような筋組織アクチュエータのモジュール化を実現した。また、筋組織アクチュエータの駆動について、印加する電圧、周波数による収縮量の違いを計測し、筋組織アクチュエータの収縮量を電圧及び周波数によって制御可能であるか等の基本的な性能を確認した。さらに、筋組織の収縮量、収縮力を計測するセンサとして、柔らかく筋組織と共に収縮可能なフレキシブルセンサについてもプロトタイプを作製し、その基本特性を得ている。
    本研究では筋組織の他にも、肝臓組織の体外での作製も行なっており、3次元の血管様構造を有する肝小葉モデルや光硬化性生分解性ゲルを用いた管状肝臓組織の作製なども実現した。これらの研究では、ハイドロゲル表面及び内部に肝臓細胞を配置し、ハイドロゲル自体の形状、及びハイドロゲル内の管腔構造を制御することで、マイクロ肝臓組織を作製した。
    筋組織アクチュエータについては、当初の予定通り腱構造を付加することでモジュール化し、マイクロロボットの筐体等に取り付け、取り外しを複数回行えるようにした。筋組織アクチュエータの駆動についても、駆動のために印加する電圧や周波数による筋組織アクチュエータの収縮量の違いを計測し、アクチュエータとしての基本的な特性及び制御性について確認を始められるところまで達成した。また、センサについても筋組織と同等の柔らかさを有するセンサについてもプロトタイプの設計・作製を行い、センサとしての基本特性の解析が現在までに進んできており、筋組織アクチュエータの収縮量計測への応用へ進める段階まで来ている。さらに、細胞組織の体外での構築については、筋組織だけではなく肝臓組織など他の組織についても作製を進めることができ、肝臓組織の形状や、肝臓組織内の血管様中空構造を3次元的に作製することに成功した。
    次年度以降は、作製している腱構造を有する筋組織アクチュエータに対し、現在開発を進めている伸縮可能なセンサを統合し、センサが筋組織と同等に収縮することによる筋組織アクチュエータの駆動量計測を行う。また、センサの出力信号とカメラからの筋組織の収縮量計測とを比較することで、センサの性能を確認すると共に、センサ及び筋組織アクチュエータの周波数特性など基本的性能を確認する。筋組織アクチュエータのモジュール化については、腱構造の軽量化、最適化を図ることでより大きな筋組織アクチュエータの作製を行い、収縮力、収縮量の増大を目指す。また、モジュール化した筋組織アクチュエータを複数用意し、多自由度マイクロロボットの筐体の複数箇所に設置をすることで、複数関節の独立した駆動を筋組織アクチュエータで行い、多自由度のマイクロロボットを駆動することを目指す。

  5. 筋再支配神経ネットワークを駆動するフレキシブルマイクロデバイスの創製

    研究課題/研究課題番号:17K20101  2017年06月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

    長谷川 泰久、竹内 大、青山 忠義

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:780000円 ( 直接経費:600000円 、 間接経費:180000円 )

    本研究では、末梢神経に対し電気刺激を行うことで筋収縮を誘発し、機能的な運動を制御可能とする生体内完全埋込フレキシブルマイクロデバイスの創製を目的として研究を行った。その結果、脛骨・腓骨神経の選択的刺激によるラット足関節の底背屈運動を実現し、刺激強度の調整による足関節角度制御を実現した。
    さらに、神経組織の瘢痕化を防ぎ長期間安定した神経電気刺激の実現のため、電極細径化を行った。ポリイミドフィルムを用いた幅500ミクロンの2極電極、及びフォトレジストSU-8を用いた厚さ20ミクロン、幅50ミクロンの2極電極、の2つのフレキシブル電極を作製し、どちらも脛骨・腓骨神経への挿入に成功した。
    事故などにより末梢神経を損傷した際、運動機能や感覚能力の重篤な低下や完全な喪失が生じる。本研究では、研究協力者の平田らが有する麻痺筋の神経ネットワーク再支配技術を用いて、末梢神経を人工的に刺激することによる機能的な運動の再建を行っている。この手法では、筋を直接刺激するのではなく神経を介することで、低い刺激強度によって複数の筋活動を選択的に制御できた点に学術的意義がある。
    また、本研究で実現した完全埋込型無線給電デバイスによる複数神経の電気刺激は、神経再接続手術による運動機能回復が困難である患者に対し機能的な運動の回復を実現できる新たな治療法としての可能性を示しており、大きな社会的な意義を有する。

  6. マグネットファイバーの局所磁場操作による3次元細胞組織の構築

    研究課題/研究課題番号:16H02322  2016年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    福田 敏男、竹内 大、市川明彦、中島正博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    本研究では、血管構造を有し機能する3次元細胞組織を生体外で作製することを目的として研究を行った。その手法として、自己組織的組み立て及びマイクロマニピュレーション技術の併用による1次元マグネットファイバーから血管構造を含む3次元細胞組織の構築を提案し、用いた。
    その結果、肝小葉を模した6角形形状の3次元的な血管形状をフィブリンゲル内に実現した。さらに、フィブリンゲル内にラット肝臓細胞及び肝臓スフェロイドを分散させることで、肝臓組織を作製することに成功した。作製した生体外肝臓組織の機能評価を行い、磁力操作のためのフェライト粒子が肝機能を低下させることはないことを明らかにした。
    現在、臓器移植希望登録者に対する移植件数は僅か数%と移植件数が圧倒的に少なく、この問題を解決する方法として再生医療は大きな注目を集めている。しかしながら、血管を含む3次元の組織を生体外で構築するためには、まだ課題も多い。また、3次元の細胞組織を生体外にて作製することで、薬剤の効能試験など臓器モデルとして使用することが可能であり、実験動物を使った薬剤テストを削減することにもつながる。このように、本研究で目的としている生体外3次元細胞組織は、実現すれば社会的なインパクトも大きく、臓器機能の発現原理の解明など学術的な意義も併せて大きなものである。

  7. 光電子デバイスによる局所温度制御マイクロ流体システムの構築

    研究課題/研究課題番号:26820083  2014年04月 - 2017年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究(B)

    竹内 大

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究では細胞やモデル生物の操作,解析を行うために,局所加熱を用いた新たなラボオンチップの創製を目指した.微細加工技術を用いたマイクロ電極をガラス基板上に作製し,ヒータとして用いることで局所加熱を実現した.
    流路を作製するための材料として,ゼラチン・寒天混合ハイドロゲルを用いた.ガラス基板上の電極を用いてハイドロゲルを局所的に融解し,チャネル形状を作製可能であることを確認した.また,チャネル径を加熱時間により制御可能であることを明らかにした.さらに,作製したチャネルに再びハイドロゲルを流し込むことで,チャネルを閉じることも可能とした.これにより,可変なマイクロチャネルの作製に成功した.

  8. 単一細胞解析のためのセミクローズド・システム創製と応用に関する研究

    研究課題/研究課題番号:10J08644  2010年04月 - 2013年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    竹内 大

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2100000円 ( 直接経費:2100000円 )

▼全件表示

産業財産権 9

  1. 生体運動計測に基づく複数神経の選択的刺激装置および方法

    竹内大, 徳武克浩, 青山忠義, 長谷川泰久, 栗本秀, 平田仁

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東海国立大学機構

    出願番号:特願2020-71547  出願日:2020年4月13日

    出願国:国内  

  2. ハイドロゲル構造体中への混合物のセグメント状の混合構造体と作製

    中島正博、福田敏男、竹内大

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-170763  出願日:2013年8月4日

    公開番号:特開2015-030848  公開日:2015年2月16日

    出願国:国内  

  3. 感熱応答性ポリマーのヒステリシス特性を利用したゲルシートの作製

    竹内大,中島正博, 福田敏男

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-170759  出願日:2013年8月4日

    公開番号:特開2015-029510  公開日:2015年2月16日

    出願国:国内  

  4. 微小部品の流路内での自己組織的組立装置及び方法

    竹内大,中島正博, 福田敏男

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-170760  出願日:2013年8月4日

    公開番号:特開2015-030091  公開日:2015年2月16日

    出願国:国内  

  5. 走査型電子顕微鏡による含水試料の試料及び試料基板のコーティング処理による観察方法

    中島正博,福田敏男, 竹内大

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-170762  出願日:2013年8月4日

    公開番号:特開2015-031685  公開日:2015年2月16日

    出願国:国内  

  6. リーリング・ファイバ・システム

    中島正博,福田敏男, 竹内大

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-170761  出願日:2013年8月4日

    公開番号:特開2015-029890  公開日:2015年2月16日

    出願国:国内  

  7. 感熱応答性ポリマーを用いた微小物体操作のためのプローブ型装置

    竹内大、中島正博、小嶋勝、福田敏男

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-261750  出願日:2010年11月5日

    公開番号:特開2012-100637  公開日:2012年5月31日

    出願国:国内  

  8. 感熱応答性ポリマーのゾル‐ゲル相変化時の体積変化を用いたアクチュエータ及びプローブ型装置

    竹内大、中島正博、小嶋勝、福田敏男

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-134243  出願日:2010年6月11日

    公開番号:特開2011-256834  公開日:2011年12月22日

    出願国:国内  

  9. 感熱応答性ポリマーのゾル‐ゲル相変化時の体積変化を用いた溶液噴出・吸引用プローブ型装置及び技術

    竹内大、中島正博、福田敏男

     詳細を見る

    出願番号:特願2009-235711  出願日:2009年9月14日

    公開番号:特開2011-056489  公開日:2011年3月24日

    出願国:国内  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 制御工学第1及び演習

    2020

  2. 物理学実験

    2020