2021/05/19 更新

写真a

タナカ タカヒロ
田中 貴紘
TANAKA Takahiro
所属
名古屋大学 未来社会創造機構 産学協同研究部門 HMI・人間特性研究部門 特任教授
職名
特任教授

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2006年9月   東京工業大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 雰囲気工学

  2. HAI

  3. HCI

  4. ユーザ状態推定

  5. 知的エージェント

経歴 6

  1. 名古屋大学   未来社会創造機構   特任教授

    2021年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   未来社会創造機構   特任准教授

    2016年4月 - 2021年3月

  3. 名古屋大学   未来社会創造機構   特任講師

    2014年5月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. University of Groningen   訪問研究員

    2012年7月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名:オランダ王国

  5. 東京農工大学大学院   工学研究院   助教

    2007年4月 - 2014年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日本学術振興会   特別研究員

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京工業大学   総合理工学研究科   知能システム科学専攻

    2003年4月 - 2006年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京工業大学   総合理工学研究科   知能システム科学専攻

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋工業大学   工学部   知能情報システム学科

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本交通医学工学研究会

    2021年5月 - 現在

  2. 電子情報通信学会

    2017年9月 - 現在

  3. ヒューマンインタフェース学会

  4. 人工知能学会

委員歴 4

  1. ヒューマンインタフェース学会コミュニケーション支援専門委員会   運営委員  

    2008年10月 - 現在   

  2. ヒューマンインタフェース学会   電子広報委員  

    2009年5月 - 現在   

  3. 日本知能情報ファジイ学会 人間共生システム研究会   幹事  

    2008年12月 - 現在   

  4. 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会   幹事補佐  

    2012年5月 - 現在   

受賞 20

  1. Student Encouragement Award

    2021年3月   HAIシンポジウム2021  

  2. 名古屋大学COIプロジェクト賞

    2020年8月   名古屋大学COI若手顕彰審査会  

  3. ベストプレゼンテーション賞

    2020年3月   第10回社会情報学会中部支部研究会  

  4. IEEE Computational Intelligence Society Young Researcher Award

    2019年   FSS2019  

  5. 社会応用期待賞

    2018年12月   HAIシンポジウム2018  

  6. ポスター・デモセッション最優秀発表賞

    2018年   FSS2018  

  7. 平成30年度日本人間工学会論文賞

    2018年   日本人間工学会  

  8. 最優秀インタラクティブ発表賞

    2017年12月   HCGシンポジウム2017  

  9. 自動車技術会2016年秋季大会学術講演会 優秀講演発表賞

    2017年1月   自動車技術会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  10. Best Paper Award

    2017年   5th International Conference on Human-Agent Interaction  

  11. Outstanding Research Award

    2016年12月   HAIシンポジウム2016  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  12. Impressive Poster Award 最優秀賞

    2016年12月   HAIシンポジウム2015  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  13. Best Paper Award

    2016年10月   EmergiTech2016  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  14. 第2回HSS人間共生システムデザインコンテスト2014 優秀賞

    2014年3月   日本知能ファジィ学会 HSS研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  15. 2012年サイバースペース研究賞

    2013年9月   日本VR学会 サイバースペースと仮想都市研究委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  16. Best Poster Presentation

    2013年8月   3. The First International Conference on Human-Agent Interaction  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  17. 論文賞

    2013年3月   ヒューマンインタフェース学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  18. 第15回シンポジウム優秀賞

    2012年12月   日本VR学会 サイバースペースと仮想都市研究委員会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  19. 研究会賞

    2012年3月   ヒューマンインタフェース学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  20. 学術奨励賞

    2012年3月   ヒューマンインタフェース学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 37

  1. Interruptibility Estimation based on Head Motion and PC Operation 査読有り

    Takahiro Tanaka, Ryosuke Abe, Kazuaki Aoki and Kinya Fujita

    International Journal of Human-Computer Interaction     2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10447318.2014.986635

  2. Improvement of Interruptibility Estimation during PC Work by Reflecting Conversation Status 査読有り

    Satoshi Hashimoto, Takahiro Tanaka, Kazuaki Aoki and Kinya Fujita

    IEICE Tran. on Information and Systems   E97-D 巻 ( 12 ) 頁: 3171-3180   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Resumption Lag at Interruptible Timing was not short in Actual Environment 査読有り

    Takahiro Tanaka, Niels A. Taatgen, Kazuaki Aoki and Kinya Fujita

    CHI 2014     頁: w10915   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  4. A Feasibility of Office Interruptibility Estimation based on Ceiling Camera Images and Sounds 査読有り

    Kazuaki Aoki, , Shigeki Sato, Takahiro Tanaka and Kinya Fujita

    IEEE VR2013 WS:AMBIT2013     頁: 1-4   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  5. Estimation of Interruptibility during Office Work based on PC Activity and Conversation 査読有り

    Satoshi Hashimoto, Takahiro Tanaka, Kazuaki Aoki and Kinya Fujita

    Human Computer Interaction International 2013     頁: 297-306   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  6. Secretary Agent for Mediating Interaction Initiation 査読有り

    Takahiro Tanaka and Kinya Fujita

    The First International Conference on Human-Agent Interaction 2013     頁: II-p.5   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  7. Estimation of Conversational Activation Level using Turn-taking Information during Video Chat 査読有り

    Yurie Moriya, Takahiro Tanaka, Toshimitu Miyajima and Kinya Fujita

    Proc. of the 10th Asia-Pacific Conference on Computer Human Interaction 2012     頁: 289-297   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  8. User Interruptibility Estimation based on Focused Application Switching 査読有り

    Takahiro Tanaka and Kinya Fujita

    Proc. of the Sixth International Conference on Collaboration Technologies 2012     頁: 80-85   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  9. 割り込み拒否度推定に基づくアンビエント情報提示による円滑なインタラクション開始支援 査読有り

    田中貴紘,藤田欣也

    日本知能情報ファジイ学会論文誌   24 巻 ( 5 ) 頁: 921-932   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. ボイスチャット中の音声情報に基づく会話活性度推定方法の検討 査読有り

    守屋悠里英,田中貴紘,宮島俊光,藤田欣也

    ヒューマンインタフェース学会論文誌   14 巻 ( 3 ) 頁: 283-292   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. 業務従事者を対象としたPC作業時の割り込み拒否度推定可能性の検討 査読有り

    田中貴紘,深澤伸一, 竹内晃一, 野中雅人,藤田欣也

    情報処理学会論文誌   53 巻 ( 1 ) 頁: 126-137   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 類似度と好感度を両立する個人化アバタのデフォルメ法の検討 査読有り

    平家雅之,川崎裕達,田中貴紘,藤田欣也

    ヒューマンインタフェース学会論文誌   13 巻 ( 3 ) 頁: 243-254   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Acceptable Dialog Start Supporting Agent based on Uninterruptibility Estimation 査読有り

    Takahiro Tanaka and Kinya Fujita

    Proc. of the Fifth International Conference on Collaboration Technologies 2009     頁: 120-125   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  14. Study of User Interruptibility Estimation Based on Focused Application Switching 査読有り

    Takahiro Tanaka and Kinya Fujita

    The 2011 ACM Conference on Computer Supported Cooperative Work     頁: 721-724   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  15. Interaction Mediate Agent based on User Interruptibility Estimation 査読有り

    Takahiro Tanaka and Kinya Fujita

    Human Computer Interaction International 2011     頁: 152-160   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  16. 頭部の前後・回転運動に着目したデスクワーク中の割り込み拒否度と頭部運動の関係の分析 査読有り

    木村和行,田中貴紘,藤田欣也

    情報処理学会論文誌   52 巻 ( 4 ) 頁: 1485-1494   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. 利用アプリケーション切り替え時に着目したユーザの割り込み拒否度推定法の検討 査読有り

    田中貴紘,松村京平,藤田欣也

    人工知能学会論文誌   25 巻 ( 6 ) 頁: 683-693   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. アプリケーションスイッチに着目した情報提示タイミング制御のための作業履歴の分析 査読有り

    田中貴紘,松村京平,藤田欣也

    情報処理学会論文誌   50 巻 ( 1 ) 頁: 314-322   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Personalized and Deformed Avatars for Realizing Avatar-Mediated Real Person-to-Person Communication 査読有り

    Masayuki Heike, Kinya Fujita and Takahiro Tanaka

    Proc. of Human Computer Interaction International 2009     頁: 207-215   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  20. Characterized Argument Agent for Training Partner 査読有り

    Takahiro Tanaka, Norio Maeda, Daisuke Katagami and Katsumi Nitta

    New Frontiers in Artificial Intelligence: JSAI 2007 Conference and Workshops Revised Selected Papers, Lecture Notes on Artificial Intelligence   4914 巻   頁: 377-389   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. ユーザの割り込み拒否度を考慮した円滑な会話開始支援エージェント 査読有り

    田中貴紘,藤田欣也

    電子情報通信学会論文誌   J92-A 巻 ( 11 ) 頁: 852-863   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. 利用アプリケーション切り替え時の割り込み拒否度低下期間の検討 査読有り

    田中貴紘,藤田欣也

    日本知能情報ファジイ学会論文誌   21 巻 ( 5 ) 頁: 827-836   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. 事例に基づく特性を持った論争エージェントの開発 査読有り

    田中貴紘, 前田憲生,片上大輔,新田克己

    電子情報通信学会論文誌   J91-D 巻 ( 2 ) 頁: 333-344   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Characterized Argument Agent for Training Partner 査読有り

    Takahiro Tanaka, Norio Maeda, Daisuke Katagami and Katsumi Nitta

    Proc. of the 1st International Workshop on Juris Informatics     頁: 377-389   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  25. Unconsciously Harmonized Online Communication based on Uninterruptibility Estimation of Interaction Partners 査読有り

    Takahiro Tanaka,Kyouhei Matsumura and Kinya Fujita

    Proc. of the 8th Asia-Pacific Conference on Computer Human Interaction     頁: 77-85   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  26. Acceptable Dialogue Start Supporting Agent for Avatar-Mediated Multi-Tasking Online Communication 査読有り

    Takahiro Tanaka,Kyouhei Matsumura and Kinya Fujita

    Proc. of the 8th International Conference on Intelligent Virtual Agent 2008     頁: 547   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  27. Supporting Acceptable Dialogue Start Based on User Uninterruptibility Estimation for Avatar-Mediated Multi-Tasking Online Communication 査読有り

    Takahiro Tanaka,Kyouhei Matsumura and Kinya Fujita

    Proc. of Human Computer Interaction International 2009     頁: 272-281   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  28. Case Based Utterance Generating for An Argument Agent 査読有り

    Takahiro Tanaka, Norio Maeda, Daisuke Katagami and Katsumi Nitta

    International Joint Conferences on Artificial Intelligence (IJCAI) 07 workshop, Proc. of the fifth workshop on Knowledge and Reasoning in Practical Dialogue Systems     頁: 38-41   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  29. 調停トレーニングにおけるアドバイザエージェント, 人工知能学会論文誌 査読有り

    田中貴紘, 片上大輔,新田克己

    人工知能学会論文誌   21 巻 ( 4 ) 頁: 319-329   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Advice Agent for Online Mediator Education 査読有り

    Takahiro Tanaka, Daisuke Katagami and Katsumi Nitta

    AAMAS-06 workshop, Proc. of international workshop on Agent-Based Systems for Human Learning     頁: 43-48   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  31. オンライン調停教育支援システムの類似場面検索機能 査読有り

    田中貴紘, 安村禎明, 片上大輔, 新田克己

    人工知能学会論文誌   20 巻 ( 2 ) 頁: 94-104   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Online Support System for Mediator Education 査読有り

    Takahiro Tanaka, Yosiaki Yasumura, Daisuke Katagami and Katsumi Nitta

    Proc. of International Joint Conferences on Artificial Intelligence (IJCAI) 05     頁: 1702-1703   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  33. Case Based Online Training Support System for ADR Mediator 査読有り

    Takahiro Tanaka, Yosiaki Yasumura, Daisuke Katagami and Katsumi Nitta

    Proc. of ICAIL2005 workshop "Artificial Intelligence and Legal Education"     頁: 22-27   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  34. Online Mediation Agent Based on Old Cases 査読有り

    Takahiro Tanaka, Daisuke Katagami and Katsumi Nitta

    Proc. of Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems (AESCES) 2005     頁: 43-51   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  35. Case Based Online Training Support System for ADR Mediator 査読有り

    Takahiro Tanaka, Yosiaki Yasumura, Daisuke Katagami and Katsumi Nitta

    Proc. of International Conference on Artificial Intelligence and Law (ICAIL) 2005     頁: 234-235   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  36. An Online Discussion Support System which Promotes Creativity of Legal Minds 査読有り

    Katsumi Nitta, Yosiaki Yasumura, Masahide Yuasa and Takahiro Tanaka

    Proc. of International Conference on Artificial Intelligence and Law (ICAIL) 2005     頁: 29-32   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  37. An Online Moot Court System Mediated by a Agent 査読有り

    Katsumi Nitta, Yosiaki Yasumura, Masahide Yuasa and Takahiro Tanaka

    Proc. of International Conference on Artificial Intelligence and Law (ICAIL) 2003     頁: 101-102   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. Lecture Notes in Computer Science

    Satoshi Hashimoto, Takahiro Tanaka, Kazuaki Aoki and Kinya Fujita( 担当: 共著)

    Springer  2013年  ( ISBN:978-3-642-39225-2

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. Proceedings of the ACM 2011 conference on Computer supported cooperative work

    Takahiro Tanaka and Kinya Fujita( 担当: 共著)

    ACM New York  2011年  ( ISBN:978-1-4503-0556-3

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. Lecture Notes in Computer Science

    Takahiro Tanaka and Kinya Fujita( 担当: 共著)

    Springer  2011年  ( ISBN:978-3-642-21792-0

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. Lecture Notes in Computer Science

    Takahiro Tanaka,Kyouhei Matsumura and Kinya Fujita( 担当: 共著)

    Springer  2009年  ( ISBN:978-3642027734

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. Lecture Notes in Computer Science

    Masayuki Heike, Kinya Fujita and Takahiro Tanaka( 担当: 共著)

    Springer  2009年  ( ISBN:978-3642027741

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. Lecture Notes on Artificial Intelligence

    Takahiro Tanaka, Norio Maeda, Daisuke Katagami and Katsumi Nitta( 担当: 共著)

    Springer  2008年  ( ISBN:978-3540781974

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. Lecture Notes in Artificial Intelligence

    Takahiro Tanaka,Kyouhei Matsumura and Kinya Fujita( 担当: 共著)

    2008年  ( ISBN:978-3540854821

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. Lecture Notes in Computer Science

    Takahiro Tanaka,Kyouhei Matsumura and Kinya Fujita( 担当: 共著)

    2008年  ( ISBN:978-3540705857

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

Works(作品等) 2

  1. 高齢ドライバの運転支援の為のドライバエージェントの開発

    2016年12月

     詳細を見る

    発表場所:車載テクノロジー,12月号,技術情報協会  

  2. オフィスワーカの状況推定-割り込み拒否度を中心に-

    2012年

     詳細を見る

    発表場所:電子情報通信学会誌  

    “特集 人間を理解するためのICT技術-人間を対象としたセンシング・情報処理からその応用まで-”Vol.95, No.5, pp.457-460(2012)

科研費 7

  1. 作業状況の予測に基づく知的活動を阻害しない割り込み調停

    2014年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  2. 作業状況の予測に基づく知的活動を阻害しない割り込み調停

    研究課題/研究課題番号:26280071  2014年4月 - 2018年3月

    藤田 欣也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    メールや電話による作業阻害を回避し適切なタイミングで通知するシステムの実現を目標に,使用アプリケーション種やキーとマウスの操作時間比率などによって持続確率が変動する作業持続モデルを提案した.さらに,日常業務中のデータに対して予測を行い,割り込み非許容時間の統計的なばらつきを再現できる可能性を示した.
    さらに,スマートフォンの利用や移動を検出することによる割り込み拒否度推定精度の改善可能性を実験的に示すとともに,割込拒否度の遠隔共有システムを運用し,1時間に1回程度,おもに自らの作業の切れ目で閲覧することや,自らの作業の振り返りなどの利用行動を明らかにした.

  3. ユーザ割り込み拒否度推定に基づく人と共生する情報エージェントの開発

    2013年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    田中貴紘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 作業を阻害しない情報提示のための室内の知的活動状況の推定

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. ユーザ割り込み拒否度推定に基づく仲介による円滑なインタラクション開始支援

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    田中貴紘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. ユーザ状態の推定と表出機能による遠隔会話パートナ間の円滑な会話開始支援

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    田中貴紘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 改変した視触覚の提示による遠隔仮想空間作業の支援と脳血流による認知負荷の評価

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 文献情報からの研究分野間知識管理装置、方法、プログラム及び記録媒体

    片上大輔,新田克己,高玉圭樹,田中貴紘,清水英明

     詳細を見る

    出願番号:2006-357218  出願日:2006年12月

    出願国:国内