2022/04/17 更新

写真a

ナカガワ フミコ
中川 書子
NAKAGAWA Fumiko
所属
大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 物質循環科学 准教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
理学部 地球惑星科学科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2001年3月   東京工業大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 富栄養化

  2. 地球温暖化

  3. 物質循環

  4. 大気環境

  5. 水環境

  6. 同位体地球化学

  7. 環境化学

  8. 生物地球化学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 水環境における窒素循環解析

  2. 安定同位体組成を指標に用いた温室効果気体の起源推定および挙動解析

経歴 8

  1. 名古屋大学   環境学研究科   准教授

    2014年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 神戸大学   発達科学部   講師

    2014年9月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 中部大学   応用生物学部   講師

    2015年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 北海道大学   理学研究院   助教

    2007年4月 - 2014年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 北海道大学   理学研究院   助手

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 北海道大学   理学研究科   助手

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 日本学術振興事業団特別研究員(北海道大学大学院理学研究科)

    2002年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 科学技術振興事業団研究員(東京工業大学大学院総合理工学研究科)

    2001年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 東京工業大学   総合理工学研究科   環境理工学創造専攻

    1998年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学研究科   大気水圏科学専攻

    1994年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本地球化学会   会計幹事・会員幹事・理事

    2001年 - 現在

  2. 日本海洋学会

    2001年 - 現在

  3. 大気化学会

    2001年 - 現在

  4. 生物地球化学研究会

    2010年 - 現在

  5. American Geophysical Union

    2001年 - 現在

  6. 大気環境学会

    2001年 - 2007年

▼全件表示

委員歴 5

  1. 愛知県環境審議会   専門委員  

    2017年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  2. 日本地球化学会   理事  

    2021年 - 2022年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本地球化学会   理事・会員幹事  

    2018年 - 2019年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 日本地球化学会   理事・会計幹事  

    2016年 - 2017年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本地球惑星科学連合   大会プログラム委員  

    2016年 - 2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 1

  1. 奨励賞

    2004年12月   地球化学研究協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 69

  1. Nitrogen saturation of forested catchments in central Japan-Progress or recovery? 招待有り 査読有り

    Sase Hiroyuki, Takahashi Masamichi, Matsuda Kazuhide, Yamashita Naoyuki, Tsunogai Urumu, Nakagawa Fumiko, Morohashi Masayuki, Yotsuyanagi Hiroki, Ohizumi Tsuyoshi, Sato Keiichi, Kurokawa Junichi, Nakata Makoto

    SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION   68 巻 ( 1 ) 頁: 5 - 14   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00380768.2021.1991228

    Web of Science

  2. 赤外分光法による軽元素安定同位体比の分析(原理編第6章) 招待有り 査読有り

    角皆 潤, 中川 書子

    先端の分析法 新訂第2版   (原理編第6章) 巻   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Determination of the triple oxygen isotopic composition of tropospheric ozone in terminal positions using a multistep nitrite-coated filter-pack system 査読有り

    RAPID COMMUNICATIONS IN MASS SPECTROMETRY   35 巻 ( 15 )   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcm.9124

    Web of Science

  4. Development of a drone-borne volcanic plume sampler. 招待有り 査読有り

    Shingubara, R., U. Tsunogai, M. Ito, F. Nakagawa, S. Yoshikawa, M. Utsugi, and A. Yokoo

    Journal of Volcanology and Geothermal Research   412 巻 ( 107197 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jvolgeores.2021.107197

    Web of Science

  5. Vertical changes in the flux of atmospheric nitrate from a forest canopy to surface soil using triple oxygen isotopes as tracers 査読有り

    Inoue, T., F. Nakagawa, H. Shibata, U. Tsunogai

    Journal of Geophysical Research: Biogeosciences     2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Vertical Changes in the Flux of Atmospheric Nitrate From a Forest Canopy to the Surface Soil Based on Delta O-17 Values 査読有り

    Inoue Takahiro, Nakagawa Fumiko, Shibata Hideaki, Tsunogai Urumu

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-BIOGEOSCIENCES   126 巻 ( 4 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2020JG005876

    Web of Science

  7. High-precision Δ′17O measurements of geothermal H2O and MORB on the VSMOW-SLAP scale: evidence for active oxygen exchange between the lithosphere and hydrosphere 査読有り

    Sambuichi, Takashi, Urumu Tsunogai, Kazuomi Kura, Fumiko Nakagawa, Takeshi Ohba

    Geochemical Journal   55 巻 ( 6 ) 頁: E25 - E33   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0644

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0644

    Web of Science

  8. Dual stable isotope characterization of excess methane in oxic waters of a mesotrophic lake 査読有り

    LIMNOLOGY AND OCEANOGRAPHY   65 巻 ( 12 ) 頁: 2937 - 2952   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/lno.11566

    Web of Science

  9. Stable hydrogen and oxygen isotopic compositions of water vapor in volcanic plumes sampled in glass bottles using cavity ring-down spectroscopy 査読有り

    Takahashi Koji U., Tsunogai Urumu, Nakagawa Fumiko, Sukigara Chiho

    JOURNAL OF VOLCANOLOGY AND GEOTHERMAL RESEARCH   384 巻   頁: 232 - 240   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jvolgeores.2019.07.020

    Web of Science

  10. Export flux of unprocessed atmospheric nitrate from temperate forested catchments: a possible new index for nitrogen saturation 査読有り

    Nakagawa Fumiko, Tsunogai Urumu, Obata Yusuke, Ando Kenta, Yamashita Naoyuki, Saito Tatsuyoshi, Uchiyama Shigeki, Morohashi Masayuki, Sase Hiroyuki

    BIOGEOSCIENCES   15 巻 ( 22 ) 頁: 7025-7042   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/bg-15-7025-2018

    Web of Science

  11. Triple oxygen isotopes indicate urbanization affects sources of nitrate in wet and dry atmospheric deposition 査読有り

    Nelson David M., Tsunogai Urumu, Ding Dong, Ohyama Takuya, Komatsu Daisuke D., Nakagawa Fumiko, Noguchi Izumi, Yamaguchi Takashi

    ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS   18 巻 ( 9 ) 頁: 6381-6392   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/acp-18-6381-2018

    Web of Science

  12. Quantifying nitrate dynamics in a mesotrophic lake using triple oxygen isotopes as tracers 査読有り

    Tsunogai Urumu, Miyauchi Takanori, Ohyama Takuya, Komatsu Daisuke D., Ito Masanori, Nakagawa Fumiko

    LIMNOLOGY AND OCEANOGRAPHY   63 巻   頁: S458-S476   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/lno.10775

    Web of Science

  13. 湖沼における硝化速度定量化の新手法について 招待有り 査読有り

    角皆 潤, 中川 書子

    月刊下水道   41 巻 ( 13 ) 頁: 66 - 71   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. 三酸素同位体異常を指標に用いた生物地球化学循環解析 招待有り 査読有り

    角皆 潤, 中川 書子

    号外海洋   61 巻   頁: 81 - 90   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  15. Tracing the origin and fate of atmospheric nitrate by using stable isotopes. 査読有り

    Tsunogai, U., and F. Nakagawa

    Earozoru Kenkyu   31 巻 ( 1 ) 頁: 5-14   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  16. Remote determinations on fumarole outlet temperatures in an eruptive volcano 査読有り

    Tsunogai, U., L. Cheng, M. Ito, D. D. Komatsu, F. Nakagawa, and H. Shinoara

    Geophysical Research Letters   43 巻 ( 22 ) 頁: 11620-11627   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Accurate and precise quantification of atmospheric nitrate in streams draining land of various uses by using triple oxygen isotopes as tracers. 査読有り

    Tsunogai, U., T. Miyauchi, T. Ohyama, D.D. Komatsu, F. Nakagawa, Y. Obata, K. Sato, and T. Ohizumi

    Biogeosciences   13 巻   頁: 3441-3459   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Quantifying the effects of clear-cutting and strip-cutting on nitrate dynamics in a forested watershed using triple oxygen isotopes as tracers. 査読有り

    Tsunogai, U., Komatsu, D. D., Ohyama, T., Suzuki, A., Nakagawa, F., Noguchi, I., Takagi, K., Nomura, M., Fukuzawa, K., and Shibata, H.

    Biogeosciences   11 巻   頁: 5411–5424   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Isotopes in Environmental Sciences No. 3, Applying stable isotopes for studying behavior of trace components. 査読有り

    Tsunogai, U. and F. Nakagawa

    J. Jpn. Soc. Atmos. Environ.,   49 巻 ( 5 ) 頁: A63-A72   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  20. Remote temperature sensing on volcanic fumaroles using HIReTS: Applications to Satsuma-Iwojima volcano, Japan. 査読有り

    Tsunogai, U., D.D. Komatsu, and F. Nakagawa

    Bulltein of the Volcanological Society of Japan   58 巻 ( 3 ) 頁: 443-459   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Tracing atmospheric nitrate in groundwater using triple oxygen isotopes: Evaluation based on bottled drinking water. 査読有り

    Nakagawa, F., A. Suzuki, S. Daita, T. Ohyama, D.D. Komatsu and U. Tsunogai

    Biogeosciences   10 巻   頁: 3547-3558   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Variation in stable carbon and oxygen isotopes of individual benthic foraminifera: tracers for quantifying the magnitude of isotopic disequilibrium. 査読有り

    Ishimura, T., U. Tsunogai, S. Hasegawa, F. Nakagawa, T. Oi, H. Kitazato, H. Suga, and T. Toyofuku

    Biogeosciences   9 巻   頁: 4353-4367   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Disturbance of deep-sea environments induced by the M9.0 Tohoku Earthquake. 査読有り

    Kawagucci, S., Y.T. Yoshida, T. Noguchi, M.C. Honda, H. Uchida, H. Ishibashi, F. Nakagawa, U. Tsunogai, K. Okamura, Y. Takaki, T. Nunoura, J. Miyazaki, W. Lin, H. Kitazato, and K. Takai

    Scientific Reports   2 巻   頁: 270   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1038/srep00270.

  24. Coseimic massive methane release from a submarine mud volcano 査読有り

    Tsunogai, U., K. Maegawa, S. Sato, D.D. Komatsu, F. Nakagawa, T. Toki, and J. Ashi

    Earth Planet. Sci. Lett.   341-344 巻   頁: 79-85   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Quantifying nitrate dynamics in an oligotrophic lake using Δ17O. 査読有り

    Tsunogai, U., S. Daita, D.D. Komatsu, F. Nakagawa, and A. Tanaka

    Biogeosciences   8 巻   頁: 687-702   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Geophysical and geochemical evidence of large scale fluid flow within shallow sediments in the eastern Gulf of Mexico, offshore Louisiana. 査読有り

    Gay, A., Y. Takano, K.W.P. Gilhooly III, C. Berndt, Heeschen, N. Suzuki, S. Saegusa, F. Nakagawa, U. Tsunogai, S.Y. Jiang, M. Lopez

    Geofluids   11 巻   頁: 34-47   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Hydrogen isotopes in volcanic plumes: Tracers for remote temperature sensing of fumaroles. 査読有り

    Tsunogai, U., K. Kamimura, S. Anzai, F. Nakagawa, and D.D. Komatsu

    Geochimica et Cosmochimica Acta   75 巻   頁: 4531-4546   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Stable hydrogen isotopic analysis of nanomolar molecular hydrogen by automatic multi-step gas chromatographic separation. 査読有り

    Komatsu, D.D., U. Tsunogai, K. Kamimura, U. Konno, T. Ishimura, and F. Nakagawa

    Rapid Commun. Mass Spectrom.   25 巻   頁: 3351-3359   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. 三酸素同位体組成を指標に用いた大気沈着窒素-森林生態系間相互作用の定量的評価法

    角皆潤・小松大祐・代田里子・中川書子・野口泉・張勁

    低温科学   68 巻   頁: 107-120   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  30. Origin and fate of deep-sea seeping methane bubbles at Kuroshima knoll, Ryukyu forearc region, Japan. 査読有り

    Tsunogai, U., A. Kosaka, N. Nakayama, D.D. Komatsu, U. Konno, S. Kameyama, F. Nakagawa, H. Sumino, K. Nagao, K. Fujikura, and H. Machiyama

    Geochemical Journal   44 巻   頁: 477-487   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Tracing the fate of atmospheric nitrate deposited onto a forest ecosystem in eastern Asia using Δ17O. 査読有り

    Tsunogai, U., D.D. Komatsu, S. Daita, G.A. Kazemi, F. Nakagawa, I. Noguchi, and J. Zhang

    Atmospheric Chemistry and Physics   10 巻   頁: 1809-1820   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Determination of total N2 fixation rates in the ocean taking into account both the particulate and filtrate fractions. 査読有り

    Konno, U., U. Tsunogai, D.D. Komatsu, S. Daita, F. Nakagawa, A.Tsuda, T. Matsui, Y.-J. Eum and K. Suzuki

    Biogeosciences   7 巻   頁: 2369-2377   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Simultaneous determination of δ15N and δ18O of N2O and δ13C of CH4 in nanomolar quantities from a single water sample. 査読有り

    Hirota, A., U. Tsunogai, D. D. Komatsu, and F. Nakagawa

    Rapid Commun. Mass Spectrom.   24 巻   頁: 1085-1092   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Enrichment of nitrous oxide in a water column in the Bering and Chukchi Sea area. 査読有り

    Hirota, A., A. Ijiri, D.D. Komatsu, S.B. Ohkubo, F. Nakagawa, and U. Tsunogai

    Mar. Chem   116 巻   頁: 47-53   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Enrichment of alkanes within a phytoplankton bloom during an in situ iron enrichment experiment in the western subarctic Pacific. 査読有り

    Kameyama, S., U. Tsunogai, F. Nakagawa, M. Sasakawa, D.D. Komatsu, A. Ijiri, J. Yamaguchi, T. Horiguchi, H. Kawamura, A. Yamaguchi, and A. Tsuda

    Mar. Chem.   115 巻   頁: 92-101   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Enrichment of adsorbed methane in authigenic carbonate concretions. 査読有り

    Ijiri, A., U. Tsunogai, T. Gamo, F. Nakagawa, T. Sakamoto, and S. Saito

    Geo-Marine Letters   29 巻   頁: 301-308   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Carbon isotopic characterization for the origin of excess methane in subsurface seawater. 査読有り

    Sasakawa, M., U. Tsunogai, S. Kameyama, F. Nakagawa, Y. Nojiri, A. Tsuda

    J. Geophys. Res.   113 巻   頁: C03012   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1029/ 2007JC004217

  38. Long-term observation of mass-independent oxygen isotope anomaly in stratospheric CO2. 査読有り

    Kawagucci, S., U. Tsunogai, S. Kudo, F. Nakagawa, H. Honda, S. Aoki, T. Nakazawa, M. Tsutsumi, and T. Gamo

    Atmos. Chem. Phys.   8 巻   頁: 6189-6197   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Grain-scale heterogeneities in the stable carbon and oxygen isotopic compositions of the international standard calcite materials (NBS19, NBS18, IAEA-CO-1, and IAEA-CO-8). 査読有り

    Ishimura, T., U. Tsunogai, and F. Nakagawa

    Rapid Commun. Mass Spectrom.   22 巻   頁: 1925-1932   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Determination of the 15N/14N, 17O/16O, and 18O/16O ratios of nitrous oxide by using continuous-flow isotope ratio mass spectrometry. 査読有り

    Komatsu, D.D., T. Ishimura, F. Nakagawa, and U. Tsunogai

    Rapid Commun. Mass Spectrom.   22 巻   頁: 1587-1596   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Sensitive determinations of stable nitrogen isotopic composition of organic nitrogen through chemical conversion to N2O. 査読有り

    Tsunogai, U., T. Kido, A. Hirota, S.B. Ohkubo, D.D. Komatsu, and F. Nakagawa

    Rapid Commun. Mass Spectrom.   22 巻   頁: 345-354   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Assessment of winter fluxes of CO2 and CH4 in boreal forest soils of central Alaska estimated by the profile method and the chamber method: a diagnosis of methane emission and implications for the regional carbon budget. 査読有り

    Kim, Y.-S., N. Tanaka, F. Nakagawa, U. Tsunogai, M. Ueyama, Y. Harazono

    Tellus   59B 巻   頁: 223-233   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Evidence for the Grazing Hypothesis: Grazing Reduces Phytoplankton Responses of the HNLC Ecosystem to Iron Enrichment in the Western Subarctic Pacific 査読有り

    Tsuda A., S. Takeda, H. Saito, J. Nishioka, I. Kudo, Y. Nojiri, K. Suzuki, M. Uematsu, M.L. Wells, D. Tsumune, T. Yoshimura, T. Aono, T. Aramaki, W.P. Cochlan, M. Hayakawa, K. Imai, T. Isada, Y. Iwamoto, W. K. Johnson, S. Kameyama, S. Kato, H. Kiyosawa, Y. Kondo, M. Levasseur, R.J. Machida, I. Nagao, F. Nakagawa, T. Nakanishi, S. Nakatsuka, A. Narita, Y. Noiri, H. Obata, H. Ogawa, K. Oguma, T. Ono, T. Sakuragi, M. Sasakawa, M. Sato, A. Shimamoto, H. Takata, C.G. Trick, Y.W. Watanabe, C.S. Wong and N. Yoshie

    J. Oceanography   63 巻   頁: 983-994   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. 安定同位体組成を指標に用いた大気-海洋間の物質循環解析

    角皆 潤・中川書子・笹川基樹・亀山宗彦

    環境循環系診断のための同位体トレーサー技術電子モノグラフ   2 巻   頁: 47-53   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Development of two-dimensional gas chromatography / isotope ratio mass spectrometry for the stable carbon isotopic analysis of C2-C5 non-methane hydrocarbons emitted from biomass burning 査読有り

    Nara H., F. Nakagawa, and N. Yoshida

    Rapid Commun. Mass Spectrom.   20 巻   頁: 241-247   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Hydrogen and carbon isotopic measurements of methane from agricultural combustion: Implications for isotopic signatures of global biomass burning sources. 査読有り

    Yamada K., Y. Ozaki, F. Nakagawa, S. Sudo, H. Tsuruta, and N. Yoshida

    J. Geophys. Res.   111 巻   頁: D16306   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1029/2005JD006750.

  47. Liquid CO2 venting on seafloor: Yonaguni IV Knoll hydrothermal system, Okinawa Trough. 査読有り

    Konno, U., U. Tsunogai, F. Nakagawa, M. Nakaseama, J. Ishibashi, T. Nunoura, and K. Nakamura

    Geophys. Res. Lett.   33 巻   頁: L16607   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1029/2006GL026115

  48. Development of a multi-bottle gas-tight fluid sampler WHATS II for Japanese submersibles/ROVs. 査読有り

    Saegusa, S., U. Tsunogai, F. Nakagawa, and S. Kaneko

    Geofluids   6 巻   頁: 234-240   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Stable carbon isotopic analysis of atmospheric methyl chloride using CF-IRMS by using selective removal of unsaturated hydrocarbons. 査読有り

    Komatsu D.D., U. Tsunogai, J. Yamaguchi, and F. Nakagawa

    Rapid Commun. Mass Spectrom.   19 巻   頁: 477-483   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Stable isotopic compositions of methane and carbon monoxide in the Suiyo hydrothermal plume, Izu-Boni arc: tracers for microbial consumption/production. 査読有り

    Tsunogai U., F. Nakagawa, T. Gamo and J. Ishibashi

    Earth Planet. Sci. Lett.   237 巻   頁: 326-340   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. A novel analytical system for determining δ17O in CO2 using CF-IRMS. 査読有り

    Kawagucci S., U. Tsunogai. S. Kudo, F. Nakagawa, H. Honda, S. Aoki, T. Nakazawa,and T. Gamo

    Anal. Chem.   77 巻 ( 14 ) 頁: 4509-4514   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Source evaluation of atmospheric methane over western Siberia using double stable isotopic signatures. 査読有り

    Yamada K., N. Yoshida, F. Nakagawa, and G. Inoue

    Org. Geochem.   36 巻   頁: 717-726   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Automobile exhaust as a 13C- and D- enriched source of atmospheric methane in urban areas. 査読有り

    Nakagawa F., U. Tsunogai, D. D. Komatsu, Keita Yamada, Naohiro Yoshida, Jun Moriizumi, Koichiro Nagamine, Takao Iida, Yukimasa Ikebe

    Org. Geochem.   36 巻   頁: 727-738   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Stable isotopic compositions and fractionations of carbon monoxide at coastal and open ocean stations in the Pacific. 査読有り

    Nakagawa F., U. Tsunogai, T. Gamo, and N. Yoshida

    J. Geophys. Res.   109 巻 ( C06016 )   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1029/2001JC001108.

  55. Stable isotopic compositions of bacterial light hydrocarbons in marginal marine sediments. 査読有り

    Nakagawa F., U. Tsunogai, N. Yoshida, and D. D. Adams

    Land and marine hydrogeology     頁: 141-150   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Carbon isotopic composition of CH4 and CO emitted during biomass burning experiments. 査読有り

    4) Nakagawa, F., D. D. Komatsu, U. Tsunogai, T. Gamo, K. Yamada, H. Nara, Y. Ozaki, M. Ogawa, N. Yoshida, S. Sudo, S. Yonemura, H. Tsuruta,

    Geochimica et Cosmochimica Acta   67 巻 ( 18 ) 頁: A322-A322   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Carbon and oxygen kinetic isotope effects during soil uptake of atmospheric carbon monoxide. 査読有り

    5) Komatsu, D. D., U. Tsunogai, F. Nakagawa, T. Gamo

    Geochimica et Cosmochimica Acta   67 巻 ( 18 ) 頁: A229-A229   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  58. Origin of atmospheric Benzene using its stable carbon isotopic composition as a tracer. 査読有り

    6) Yamaguchi, J., U. Tsunogai, D. D. Komatsu, F. Nakagawa, T. Gamo, and K. Akiyama

    Geochimica et Cosmochimica Acta   67 巻 ( 18 ) 頁: A549-A549   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  59. Stable carbon and hydrogen isotope ratios in atmospheric methane over Siberia. 査読有り

    Yamada, K., N. Yoshida, F. Nakagawa, G. Inoue

    Geochimica et Cosmochimica Acta   67 巻 ( 18 ) 頁: A546-A546   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  60. An updated estimation of the stable carbon and oxygen isotopic compositions of automobile CO emissions. 査読有り

    Tsunogai U., Y. Hachisu, D. D. Komatsu, F. Nakagawa, T. Gamo and K. Akiyama

    Atmos. Environ.   37 巻   頁: 4901-4910   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. An improved method for measurement of the hydrogen isotope ratio of atmospheric methane and its application to a Japanese urban atmosphere. 査読有り

    Yamada K., Y. Ozaki, F. Nakagawa, M. Tanaka, and N. Yoshida

    Atmos. Environ.   37 巻   頁: 1975-1982   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Stable isotope and radiocarbon compositions of methane emitted from tropical rice paddies and swamps in southern Thailand. 査読有り

    Nakagawa F., N. Yoshida, A. Sugimoto, E. Wada, T. Yoshioka, S. Ueda, and P. Vijarnsorn

    Biogeochemistry   61 巻   頁: 1-19   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. On-line measurement of intramolecular carbon isotope distribution of acetic acid by continuous-flow isotope ratio mass spectrometry. 査読有り

    Yamada K., M. Tanaka, F. Nakagawa, and N. Yoshida

    Rapid Commun. Mass Spectrom.   16 巻   頁: 1059-1064   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Stable carbon and oxygen isotopic analysis of atmospheric carbon monoxide using continuous-flow isotope ratio MS by isotope ratio monitoring of CO. 査読有り

    Tsunogai U., F. Nakagawa, D. D. Komatsu, and T. Gamo

    Anal. Chem.   74 巻 ( 22 ) 頁: 5695-5700   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Production of methane from alasses in eastern Siberia; Implications from its 14C and stable isotopic compositions. 査読有り

    Nakagawa F., N. Yoshida, Y. Nojiri, and V. N. Makarov

    Global Biogeochem. Cycles   16 巻 ( 3 ) 頁: 10.1029/2000GB001384   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Measurements of the D/H ratio of CH4 by GC/TC/IRMS

    Yamada K., Y. Ozaki, F. Nakagawa, N. Yoshida, H. Tsuruta, S. Sudo, C. Guillou, G. Bidoglio

    Proceedings of the 1st International Symposium on Isotopomers     頁: 112-116   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  67. Stable Isotopic Studies of Carbon Monoxide in Seawater

    Nakagawa F., U. Tsunogai, T. Gamo, N. Yoshida

    Proceedings of the 1st International Symposium on Isotopomers     頁: 283-284   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  68. Stable carbon and oxygen isotopic analysis of carbon monoxide in natural waters. 査読有り

    Tsunogai U., F. Nakagawa, Y. Hachisu, and N. Yoshida

    Rapid Commun. Mass Spectrom.   14 巻   頁: 1507-1512   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Isotopomer analysis of methane and nitrous oxide for the study of their geochemical cycles

    Yoshida, N., U. Tsunogai, S. Toyoda, F. Nakagawa

    Proceedings of the Second International Symposium "Non-CO2 greenhouse gases: Scientific understanding, control and implementation     頁: 185-188   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 116

  1. 無人航空機搭載用火山プルーム自動採取装置SelPSの開発

    角皆 潤, 新宮原 諒, 伊藤 昌稚, 森下 雄平, 中川 書子, 吉川 慎, 宇津木 充, 横尾 亮彦

    日本質量分析学会同位体比部会2021  2021年11月12日  日本質量分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On line  

  2. 水圏リン酸の三酸素同位体組成定量

    三歩一 孝, 角皆 潤, 中川 書子, 伊藤 昌稚

    日本質量分析学会同位体比部会2021  2021年11月10日  日本質量分析学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On line  

  3. 対流圏オゾンの三酸素同位体組成を指標に用いた成層圏からのオゾン流入定量

    許 昊, 角皆 潤, 中川 書子, 李 一君, 佐藤 啓市, 谷本 浩志

    第26回大気化学討論会  2021年11月9日  日本大気化学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On line   国名:日本国  

  4. 噴煙中の水蒸気安定同位体比観測から探る阿蘇中岳から放出される水蒸気の起源

    森下 雄平, 角皆 潤, 伊藤 昌稚, 新宮原 諒, 中川 書子, 吉川 慎, 宇津木 充, 横尾 亮彦

    日本火山学会2021年度秋季大会  2021年10月21日  日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On-line   国名:日本国  

  5. 光量の違いが表層水中の酸素消費速度に及ぼす影響

    大石 雄太, 角皆 潤, 中川 書子, 伊藤 昌稚

    日本地球化学会第68回年会  2021年9月9日  日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On-line   国名:日本国  

  6. 土壌由来一酸化二窒素の三酸素同位体組成

    黄 天政, 角皆 潤, Kim Yongwon,中川 書子, 伊藤 昌稚

    日本地球化学会第68回年会  2021年9月7日  日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On-line   国名:日本国  

  7. 噴煙中の水蒸気安定同位体比観測から探る火山から放出される水蒸気の起源

    森下 雄平, 角皆 潤, 伊藤 昌稚, 新宮原 諒, 中川 書子, 吉川 慎, 宇津木 充, 横尾 亮彦

    日本地球化学会第68回年会  2021年9月6日  日本地球化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On-line   国名:日本国  

  8. 無人航空機搭載用火山プルーム自動採取装置SelPSの開発および改良

    角皆 潤, 新宮原 諒, 伊藤 昌稚, 森下 雄平, 中川 書子, 吉川 慎, 宇津木 充, 横尾 亮彦

    JpGU Meeting 2021  2021年6月5日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On-line   国名:日本国  

  9. 三酸素同位体組成を指標に用いた対流圏ガス状亜硝酸の起源解明

    中川 書子, 頼 鵬, 平野 一哉, 伊藤 昌稚, 角皆 潤

    JpGU Meeting 2021  2021年6月6日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:On-line   国名:日本国  

  10. Quantifying denitrification rate across water-sediment interface in aquatic areas by using triple oxygen isotopes as tracers

    费 粹霞, 中川 書子, 角皆 潤, 伊藤 昌稚, 水野 広香

    JpGU Meeting 2021  2021年6月6日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On-line   国名:日本国  

  11. 降雨に伴う渓流水硝酸濃度増大の原因解明とその大気硝酸直接流出率算出への影響評価

    丁 瑋天, 角皆 潤, 中川 書子, 佐瀬 裕之, 諸橋 将雪, 四柳 宏基

    JpGU Meeting 2021  2021年6月4日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On-line   国名:日本国  

  12. High-precision measurement of 17O-excess in phosphate in hydrosphere

    三歩一 孝, 角皆 潤, 中川 書子, 伊藤 昌稚

    JpGU Meeting 2021  2021年6月3日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On-line   国名:日本国  

  13. UAV搭載用火山プルーム採取装置の開発

    角皆 潤, 新宮原 諒, 伊藤昌稚, 中川書子, 吉川 慎, 宇津木 充, 横尾亮彦

    2020年度日本地球化学会第67回オンライン年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  14. 多段フィルターパック法を用いたガス状亜硝酸および二酸化窒素の三酸素同位体異常定量

    頼 鵬, 中川書子, 角皆 潤, 丁 とう, 野口 泉, 山口高志

    2020年度日本地球化学会第67回オンライン年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  15. 対流圏一酸化窒素の窒素及び三酸素同位体組成の定量

    平野一哉, 角皆 潤, 中川書子, 伊藤昌稚

    第25回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  16. 火山噴煙中の水蒸気の同位体組成定量

    角皆 潤, 伊藤昌稚, 新宮原諒, 中川書子, 高橋幸士, 横尾亮彦

    日本火山学会2020年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  17. 現場環境下における都市河川中の脱窒・同化・硝化速度定量法開発

    中川 書子, 鈴木 謙介, 伊藤 昌稚, 角皆 潤

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  18. UAV搭載用火山プルーム自動採取装置の開発と阿蘇中岳の噴気温度遠隔測定への応用

    角皆 潤, 新宮原 諒, 伊藤 昌稚, 中川 書子, 吉川 慎, 宇津木 充, 横尾 亮彦

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  19. 安定同位体組成を指標に用いた伊勢湾における過飽和メタンの起源および挙動解明

    蘭 慧, 角皆 潤, 中川 書子, 伊藤 昌稚, 三好 友子, 原 修一

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  20. 湖沼のMethane Paradoxの説明に「酸化環境下のメタン生成」は本当に必要なのか?:同位体比を指標に用いた検証

    角皆潤・三好友子・松下俊之・伊藤昌稚・小松大祐・鋤柄千穂・中川書子

    第24回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  21. 都市大気中二酸化窒素および亜硝酸ガスの三酸素同位体組成の時間変化

    中川書子・丁懂・頼鵬・平野一哉・角皆潤,野口泉・山口高志

    第24回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  22. 降水用自動サンプラーの試作及びこれを用いた短時間化学組成変化の定量化

    嶺野雄登, 角皆潤, 鈴木謙介, 中川書子, 高橋菜椿子

    第24回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  23. 対流圏オゾンの三酸素安定同位体組成定量

    許昊・李一君・角皆潤・中川書子・中根令以, 佐藤啓市, 谷本浩志

    第24回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  24. 対流圏二酸化炭素の高精度三酸素同位体異常定量法開発

    常川駿・角皆潤・中川書子・伊藤昌稚

    第24回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

  25. 微量安定同位体トレーサーを利⽤した海洋における⽔柱酸素消費速度定量

    ⾓皆潤,柏⽊章吾,伊藤昌稚,中川書⼦,鋤柄千穂,⽔野宏⾹

    ⽇本海洋学会2019年度秋季⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  26. 15Nアンモニア添加培養に基づく⽔柱硝化速度の鉛直分布定量

    ⽔野宏⾹,⾓皆潤,中川書⼦,伊藤昌稚

    ⽇本海洋学会2019 年度秋季⼤会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  27. 大気硝酸添加培養法に基づく都市河川における 河床窒素循環速度の季節変化定量 国際会議

    中川書子, 山本雄大, 池上文香, 角皆潤

    2019年度日本地球化学会第66回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. 炭素および水素の安定同位体比を複合的に指標に用いた酸化的水柱に溶存するメタンの起源および挙動解明

    角皆 潤,三好友子,松下俊之,伊藤昌稚,小松大祐,鋤柄千穂,中川書子

    2019年度日本地球化学会第66回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  29. 水環境中の溶存無機態リン酸の三酸素同位体組成定量

    三歩一孝, 角皆 潤, 中川書子, 伊藤昌稚

    2019年度日本地球化学会第66回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  30. 現場環境下における河川硝酸除去速度の時間変化定量法開発

    鈴木謙介,角皆 潤,中川書子,伊藤昌稚

    2019年度日本地球化学会第66回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  31. 15Nアンモニア添加培養に基づく水柱の硝化速度定量

    水野宏香,角皆 潤,中川書子,伊藤昌稚

    2019年度日本地球化学会第66回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

  32. 火山噴煙中の水蒸気の同位体組成定量:噴煙から噴気ガス水蒸気の同位体組成は推定できるか?

    伊藤昌稚, 角皆 潤, 高橋幸士, 中川書子

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

  33. 微量安定同位体トレーサーを利用した水圏環境下における酸素消費速度定量

    角皆 潤, 柏木章吾, 伊藤昌稚, 中川書子, 鋤柄千穂

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

  34. 対流圏二酸化窒素の三酸素同位体組成定量

    中川 書子, 丁 トウ, 角皆 潤, 山口 高志, 野口 泉

    日本地球惑星科学連合2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. The triple oxygen isotopes of nitrate as tracer of atmospheric nitrate deposition in coastal seawater. 国際会議

    Nakagawa, Fumiko, Urumu Tsunogai, Takuya Ohyama, Daisuke D. Komatsu, Atsushi Kubo, and Jota Kanda

    SOLAS Open Science Conference 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語  

  36. The 17O-excess of nitrate in the Japan Sea 国際会議

    Tsunogai, Urumu, Peng Weiqing, Masanori Ito, Chiho Sukigara, D.D. Komatsu, and Fumiko Nakagawa

    SOLAS Open Science Conference 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

  37. Influence of urbanization on the sources of atmospheric nitrate; Evidence from the triple oxygen isotopes of nitrate in dry and wet deposition 国際会議

    Fumiko Nakagawa, Dong Ding, Urumu Tsunogai, Takuya Ohyama, Daisuke D. Komatsu, Izumi Noguchi, Takashi Yamaguchi, and David M Nelson

    iCACGP-IGAC2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. 硝酸の三酸素同位体異常を指標に用いた水―堆積物インターフェースにおける脱窒速度定量

    佐野陽子, 角皆潤, 池上文香, 中川書子

    2018年度日本地球化学会第65回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 自然同位体組成を指標に用いた植物中の硝酸同化過程解析

    中川書子, 小幡祐介, 伊藤昌稚, 角皆潤

    2018年度日本地球化学会第65回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. 河床堆積物に対する硝酸の添加培養に基づく河川環境下における硝化速度定量

    山本雄大, 角皆潤, 池上文香, 中川書子

    2018年度日本地球化学会第65回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 大気硝酸の存在量を指標に用いた河川環境における窒素循環速度定量

    中川書子, 池上文香, 小幡裕介, 安藤健太, 角皆潤

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. 亜熱帯表層海水中の硝酸の三酸素同位体組成定量への挑戦

    彭魏慶, 松本佳海, 鋤柄千穂, 伊藤昌稚, 中川書子, 角皆潤

    日本地球惑星科学連合2018年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. 富士山湧水系はなぜ酸素に富んでいるのか?地下水溶存酸素の酸素同位体組成

    角皆 潤, 柏木 章吾, 佐久間 博基, 伊藤 昌稚, 中川 書子, 加藤 憲二

    2017年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. 対流圏オゾンの三酸素同位体異常実測

    李 一君, 角皆 潤, 中川 書子, 中根 令以, 佐藤 啓市, 谷本 浩志

    2017年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 同位体をトレーサーに用いた貧酸素水塊の酸素消費速度実測

    柏木 章吾, 角皆 潤, 伊藤 昌稚, 鋤柄 千穂, 中川 書子

    2017年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. 硝酸の三酸素同位体異常を利用した河川水中の窒素循環速度測定

    池上 文香, 角皆 潤, 小幡 祐介, 安藤 健太, 中川 書子

    2017年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. 自然界の三酸素同位体異常を指標に用いた河川・湖沼の窒素循環定量化 招待有り

    角皆 潤, 中川 書子

    第31回東海陸水談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 対流圏オゾンの三酸素安定同位体組成定量

    李 一君, 中川 書子, 角皆 潤, 谷本浩志, 佐藤啓市

    第23回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. 大気から森林生態系に沈着したHNO3の直接流出率定量化

    角皆 潤, 小幡祐介, 大山拓也, 中川書子, 山下尚之, 齋藤辰善, 佐瀨裕之

    第23回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. 都市大気中HONOの同位体組成の時間変化

    丁 懂, 中川 書子, 角皆 潤, 野口 泉, 山口 高志

    第23回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. 火山性流体中の水同位体組成に発見された負の三酸素同位体異常とその原因

    倉 和臣, 角皆 潤, 中川 書子, 大場 武, 篠原 宏志

    日本火山学会2017年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. 火山噴煙中の二酸化炭素のδ18O・水素分子のδD測定による噴気温度および火山ガス由来の水のδD・δ18O推定の試み

    大野 鷹士, 森 俊哉, 鋤柄 千穂, 中川 書子, 角皆 潤, 篠原 宏志, 森田 雅明

    日本火山学会2017年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. 海洋学における軽元素安定同位体地球化学の新展開 招待有り

    角皆 潤, 伊藤 昌稚, 鋤柄 千穂, 小松 大祐, 中川 書子

    日本地球化学会第64回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. 硝酸の三素同位体組成を利用した河川水中窒循環速度測定

    池上 文香, 角皆 潤, 小幡 祐介, 安藤 健太, 中川 書子

    日本地球化学会第64回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. 対流圏 HONO の三酸素同位体組成日変化とそ起源 の三酸素同位体組成日変化とそ起源

    丁 懂, 中川 書子, 角皆 潤, 野口 泉, 山口 高

    日本地球化学会第64回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. 酸素の微量同位体トレーサーを用いた水柱中の酸素消費速度定量法開発

    柏木 章吾, 角皆 潤, 伊藤 昌稚, 鋤柄 千穂, 中川 書子

    日本地球化学会第64回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. 溶存酸素の三酸素同位体組成を指標に用いた琵琶湖水中の鉛直輸送解析

    伊藤 昌稚, 角皆 潤, 中川 書子, 鋤柄 千穂

    日本地球化学会第64回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. 炭素および水素の安定同位体比を指標に用いた酸化的水圏環境下における過飽和メタンの起源および挙動解明

    三好 友子, 角皆 潤, 中川 書子, 鋤柄 千穂, 伊藤 昌稚, 松下 俊之, 小松 大祐

    日本地球化学会第64回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. 硝酸の三酸素同位体組成を利用した河川水中内の窒素循環速度測定法開発 国際会議

    池上 文香, 角皆 潤, 小幡 裕介, 安藤 健太, 中川 書子

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. Triple oxygen isotopes indicate that urbanization causes differences in the sources of nitrate between dry and wet atmospheric deposition 国際会議

    David M Nelson, Urumu Tsunogai, Takuya Ohyama, Daisuke Komatsu, Fumiko Nakagawa, Izumi Noguchi, Takashi Yamaguchi

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. 兵庫県千種川の水質に関する地球化学的研究 国際会議

    山本 雄大, 陀安 一郎, 中野 孝教, 角皆 潤, 中川 書子, 横山 正, 三橋 弘宗, SHIN Ki-Cheol, 藪崎 志穂, 太田 民久, 大串 健一

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. Application of large flying boat for making observation in response to events in the Earth and Planetary Sciences 国際会議

    伊藤 昌稚, 中川 書子, 角皆 潤

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  63. フロート水上機を用いた湖沼観測の可能性について 国際会議

    中川 書子, 角皆 潤

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  64. 飛行艇を利用した海洋時系列観測 国際会議

    鋤柄 千穂, 角皆 潤, 中川 書子

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  65. 大型研究計画「飛行艇を用いた臨床地球惑星科学の創成」について 国際会議

    角皆 潤, 植松 光夫, 小畑 元, 谷本 浩志, 川口 慎介, 篠原 宏志, 中川 書子

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  66. 安定同位体を指標に用いた酸化的水圏環境における過飽和メタンの起源解明 国際会議

    三好 友子, 角皆 潤, 中川 書子, 鋤柄 千穂, 伊藤 昌稚, 小松 大祐

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  67. 植物中の硝酸の同位体組成: 自然同位体組成を指標に用いた大気中の窒素酸化物の寄与評価 国際会議

    小幡 祐介, 池谷 康祐, 中川 書子, 角皆 潤

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 水素同位体交換平衡を利用した火山噴気温度の遠隔測定:航空機を用いた噴煙観測の将来性

    角皆潤, 程林, 小松大祐, 中川書子, 篠原宏志

    2016年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田温泉さとみ   国名:日本国  

  69. CRDS法による水の三酸素同位体組成測定

    倉和臣, 角皆潤, 中川書子

    2016年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:秋田温泉さとみ   国名:日本国  

  70. 硝酸の三酸素同位体組成を利用した河川水中の硝化速度開発

    池上文香, 角皆潤, 中川書子

    2016年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:秋田温泉さとみ   国名:日本国  

  71. 噴煙中の気体成分の安定同位体比を指標に用いた火山噴気の遠隔温度測定

    高橋幸士, 角皆潤, 中川書子

    2016年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:秋田温泉さとみ   国名:日本国  

  72. 自然同位体トレーサーを用いた植物中の硝酸の起源推定および同化過程の解析

    小幡祐介, 池谷康祐, 中川書子, 角皆潤, 福澤加里部, 柴田英昭

    2016年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:秋田温泉さとみ   国名:日本国  

  73. 硝酸の三酸素同位体組成を利用した河川水中の硝化・同化速度測定法開発

    池上文香,角皆潤,小幡祐介, 安藤健太, 中川書子

    第38回陸水物理研究会帯広大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:帯広とかちプラザ   国名:日本国  

  74. 木を見ず森を知る:微生物を斟酌せずに硝化速度や脱窒速度を測る 招待有り

    角皆 潤, 中川書子

    日本微生物生態学会第31回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横須賀市文化会館   国名:日本国  

  75. 大気中の窒素酸化物類の窒素同位体比について

    角皆 潤, 中川書子, 大山拓也, 坪井一寛, 野口泉, 山口高志

    第22回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟   国名:日本国  

  76. Δ17O法を用いた酸栄養湖における窒素循環速度の定量.

    中川 書子, 松本 佳海, 小幡 祐介, 伊藤 昌稚, 角皆 潤

    2016年度日本地球化学会第63回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学杉本キャンパス   国名:日本国  

  77. 三酸素同位体比を指標に加えることで河川水中の硝酸の起源とその挙動に関する理解を深める

    角皆 潤, 宮内 貴規, 大山 拓也, 小松 大祐, 中川 書子, 小幡 祐介

    2016年度日本地球化学会第63回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学杉本キャンパス   国名:日本国  

  78. 火山噴気中の水蒸気の遠隔同位体比測定法の開発

    高橋 幸士, 角皆 潤, 栗田 直幸, 中川 書子

    2016年度日本地球化学会第63回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学杉本キャンパス   国名:日本国  

  79. Ocean Excursion Course for Undergraduate Students Using Research Vessel. 国際会議

    Nakagawa, F., Itoh, M and Tsunogai., U.

    2016 Goldschmidt Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan   国名:日本国  

  80. Quantifying Nitrate Dynamics in Lakes Using Triple Oxygen Isotopes as Tracers. 国際会議

    Tsunogai, U., Miyauchi, T., Ohyama, T., Komatsu, D., Obata, Y., and Nakagawa, F.

    2016 Goldschmidt Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan.   国名:日本国  

  81. Triple Oxygen Isotopic Compositions of Atmospheric HONO: Evidence for the Importance of Primary Sources 国際会議

    Nakagawa, F., Nakane, R., Tsunogai, U., Sudo, K., Noguchi, I. and Yamaguchi, T

    2016 Goldschmidt Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan   国名:日本国  

  82. Accurate Quantification of Atmospheric Nitrate in Stream Water Eluted from a Small Forested Watershed Using Triple Oxygen Isotopic Composition. 国際会議

    Obata, Y., Ando, K., Ohyama, T., Nakagawa, F., Tsunogai, U., Yamashita, N., Saito, T and Sase, H

    2016 Goldschmidt Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan   国名:日本国  

  83. Development of a Noble Pretreatment System for the Determination on the Triple Oxygen Isotopes of Dissolved Oxygen. 国際会議

    Ito, M., Sakuma, H., Komatsu, D., Nakagawa, F., Tsunogai, U., and Ishimura, T.

    2016 Goldschmidt Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama, Japan   国名:日本国  

  84. 三酸素同位体組成を指標に用いた大気中ガス状亜硝酸の起源推定

    中川 書子, 中根 令以, 角皆 潤, 須藤 健悟, 野口 泉, 山口 高志

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  85. 溶存酸素の三酸素同位体組成自動分析手法の開発

    伊藤 昌稚, 佐久間 博基, 小松 大佑, 中川 書子, 角皆 潤, 石村 豊穂

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  86. 三酸素同位体組成で探る森林小集水域における渓流水中の硝酸の起源

    小幡 祐介, 安藤 健太, 大山 拓也, 中川 書子, 角皆 潤, 山下 尚之, 齋藤 辰善, 佐瀬 裕之

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  87. 流域の土地利用変化が河川水中の硝酸の起源に与える影響について

    角皆 潤, 宮内 貴規, 大山 拓也, 小松 大祐, 中川 書子, 小幡 祐介

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  88. 自然安定同位体組成を指標に用いた地球表層環境における硝酸の起源解析と窒素循環速度定量

    中川書子, 小幡祐介, 伊藤昌稚, 角皆潤

    第64回質量分析総合討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテル阪急エキスポパーク   国名:日本国  

  89. 水試料から気体を抽出する.

    角皆 潤, 伊藤昌稚, 中川書子

    2015年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:滋賀県大津市湯の宿木もれび   国名:日本国  

  90. 疑心暗鬼を生ず:2015年夏季に桜島・二俣港内で観測された「たぎり」的湧出ガスの起源について.

    角皆 潤, 中川書子, 高橋 浩, 風早竜之介, 篠原宏志, 山中寿朗

    2015年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:滋賀県大津市湯の宿木もれび   国名:日本国  

  91. 湧水系の溶存酸素の三酸素同位体組成:なぜ富士山湧水系は酸素に富んでいるのか? 招待有り

    角皆 潤, 南 翔, 佐久間博基, 大山拓也, 小松大祐, 中川書子, 加藤憲二

    第28回柿田川生態系研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡県清水町ホテル・エルムリージェンシー   国名:日本国  

  92. ガス状亜硝酸(HONO)の三酸素同位体異常(Δ17O値)の定量

    中根令以, 大山拓也, 中川書子, 角皆潤, 野口泉, 山口高志

    第21回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学大岡山キャンパス   国名:日本国  

  93. 大気から沈着する硝酸の森林生態系における挙動

    小幡祐介, 大山拓也, 中川書子, 角皆潤, 山下尚之, 齋藤辰善, 佐瀬裕之, 佐藤啓市, 大泉毅

    第21回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学大岡山キャンパス   国名:日本国  

  94. 乾性沈着する硝酸と湿性沈着する硝酸の三酸素同位体組成を比較する

    大山拓也, 角皆潤, 小松大祐, 中川書子, 野口泉, 山口高志

    第21回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学大岡山キャンパス   国名:日本国  

  95. 噴煙の安定同位体組成を利用した桜島火山の遠隔噴気温度測定

    角皆 潤, 程 林, 池谷 康祐, 小松 大祐, 中川 書子, 篠原 宏志

    2015年度日本地球化学会第62回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学   国名:日本国  

  96. 自然同位体トレーサーを用いた新生産・再生生産速度の定量:人工同位体トレーサー添加培養法との比較

    中川 書子, 小幡 祐介, 角皆 潤, 小松 大祐, 田中 敦, 梅田 信

    2015年度日本地球化学会第62回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜国立大学   国名:日本国  

  97. In situ estimation of new and regenerated production rates in lakes using triple oxygen isotopes as tracers 国際会議

    F. Nakagawa, U. Tsunogai, D. D. Komatsu, T. Ohyama, T. Miyauchi, H. Sakuma, M. Umeda, and A. Tanaka

    AOGS 12th annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Suntec Convention Centre, Singapore   国名:シンガポール共和国  

  98. 噴煙中の水素の同位体組成を利用した桜島における遠隔噴気温度測定

    角皆 潤, 程 林, 池谷 康祐, 小松 大祐, 中川 書子, 篠原 宏志

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  99. 三酸素同位体組成を用いた湖沼における新生産量および再生生産量の定量

    中川 書子, 角皆 潤, 小松 大祐, 大山 拓也, 宮内 貴規, 佐久間 博基, 南 翔, 蓼沼 雪衣, 梅田 信, 田中 敦

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  100. 大気からの窒素負荷の大きい森林生態系から流出する硝酸の起源

    安藤 健太, 角皆 潤, 大山 拓也, 中川 書子, 内山 重輝, 山下 尚之, 佐瀬 裕之

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  101. 大気中ガス状亜硝酸(HONO)の三酸素同位体異常の定量化 国際会議

    中根 令以, 大山 拓也, 中川 書子, 角皆 潤, 野口 泉

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  102. 変わりゆく湖:福島県猪苗代湖における現在の窒素循環速度定量

    松本 佳海, 角皆 潤, 大山 拓也, 中川 書子

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  103. 植生の違いが表層土壌浸透水の溶存窒素動態に及ぼす影響

    井上貴央, 角皆潤, 中川書子, 山下洋平, 吉田俊也, 福澤加里部, 柴田英昭

    第126回日本森林学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学農学部   国名:日本国  

  104. 水の三酸素同位体比測定

    中川 書子, 角皆 潤

    2014年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波山温泉旅館一望   国名:日本国  

  105. 火山から放出される噴煙の中の水蒸気の安定同位体比分析

    角皆 潤, 程 林, 池谷 康祐, 中川 書子, 小松 大祐, 栗田 直幸, 大場 武

    2014年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波山温泉旅館一望   国名:日本国  

  106. 植物中の天然同位体トレーサーを用いた窒素同化過程の解析

    中川 書子, 岡田駿, 鈴木敦之, 小松大祐, 角皆 潤, 柴田英昭, 福澤加里部

    2014年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:筑波山温泉旅館一望   国名:日本国  

  107. 軽元素安定同位体比指標の弱点とその克服に向けて 招待有り

    角皆 潤, 中川 書子

    2014年度質量分析学会同位体比部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波山温泉旅館一望   国名:日本国  

  108. 硝酸の三酸素同位体組成を指標に用いたNOxの光化学反応過程の解析

    中根 令以, 大山 拓也, 中川 書子, 角皆 潤, 野口 泉, 山口 高志

    第20回大気化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月 - 2914年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:府中グリーンプラザ本館   国名:日本国  

  109. 海水中のメタンプルーム分布を利用した海底からのメタン放出量定量法

    原 修一, 角皆 潤, 小松 大祐, 芦 寿一郎, 中村 光一, 砂村 倫成, 中川 書子, 土岐 知弘

    2014年度日本地球化学会第61回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  110. 富栄養化湖沼における窒素循環速度の定量:硝酸の天然同位体トレーサーを用いた解析

    中川 書子, 大山 拓也, 角皆 潤, 小松 大祐, 梅田 信

    2014年度日本地球化学会第61回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  111. 炭素および水素安定同位体比を用いた天然環境下におけるメタン酸化過程解析

    松下 俊之, 角皆 潤, 中川 書子, 小松 大祐

    2014年度日本地球化学会第61回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  112. 硝酸の三酸素同位体組成を指標に用いた中栄養湖沼における窒素循環解析

    宮内 貴規, 大山 拓也, 角皆 潤, 中川 書子, 小松 大祐

    2014年度日本地球化学会第61回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  113. 足摺海丘からの海水中のメタンプルーム分布を利用したメタン放出量の推定

    原 修一, 角皆 潤, 小松 大祐, 芦 寿一郎, 中村 光一, 砂村 倫成, 中川 書子, 土岐 知弘

    日本地球惑星科学連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  114. 噴煙中に含まれる微量気体成分の安定同位体を指標に用いた活動的火山における噴気の遠隔温度推定

    小松 大祐, 角皆 潤, 中川 書子

    日本地球惑星科学連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  115. 溶存酸素の三酸素同位体組成を利用した貧栄養・中栄養水圏環境下の総一次生産量定量

    角皆 潤, 南 翔, 佐久間 博基, 小松 大祐, 中川 書子

    日本地球惑星科学連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  116. Quantifying nitrate dynamics in hydrosphere using the triple oxygen isotopes as tracers 国際会議

    F. Nakagawa, Y. Tadenuma, T. Ohyama, D. D. Komatsu, U. Tsunogai, M. Umeda, and A. Tanaka

    AOGS 10th annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Brisbane Convention & Exhibition Centre, Australia   国名:オーストラリア連邦  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. 現場環境下における都市河川中の脱窒・同化・硝化速度個別定量法開発

    研究課題番号:2021-5211-037  2021年4月 - 2022年3月

    公益財団法人 河川財団  河川基金助成事業  一般的助成

    中川書子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  2. 大気硝酸濃度を指標に用いた河川環境における窒素浄化能の高確度評価方法の開発と検証

    研究課題番号:2019-5211-014  2019年4月 - 2020年3月

    公益財団法人 河川財団  河川基金助成事業  一般的助成

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  3. 海洋からの硫化ジメチルおよび関連有機化合物のフラックス実計測とガス交換係数の評価

    2011年4月 - 2013年3月

    環境省地球環境研究総合推進費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 同位体組成を指標に用いた硝酸の高精度起源推定法開発

    2006年4月 - 2008年3月

    環境省地球環境研究総合推進費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 炭素安定同位体比を用いた海洋亜表層におけるメタン極大層の要因解明

    2005年10月 - 2006年9月

    財団法人 クリタ水・環境科学振興財団 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 3つの酸素同位体組成を指標に用いた環境水中の硝酸の起源解明

    2005年4月 - 2007年3月

    公益信託林女性自然科学者研究助成基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 18

  1. 安定同位体比による海洋における一酸化炭素の挙動および大気放出フラックスの解明

    2002年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 安定同位体比を用いた海洋における一酸化炭素及び軽炭化水素類の挙動解析

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. サハリンおよび南プリモーリエ州周辺に湧出するメタンおよび軽炭化水素類の起源

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  二国間交流事業

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. 海洋表層における生物起源微量気体の生成・分解過程とその気候変化への応答

    2006年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 窒素・三酸素同位体組成を用いた日本国内および周辺域の水環境中の硝酸の起源解明

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 沿岸海底湧水系の淡水・熱輸送とその深層循環への影響-日本海モデル

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 微小画分の窒素固定速度定量-海洋窒素ミッシングソースを求めて-

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 熱帯氷河とその流出水が形成する水質・生態環境とそれに対する気候変動の影響評価

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  9. 森林植物中の天然同位体トレーサーを用いた窒素同化過程の新解析法の開発

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 水質障害原因藻類の生活環と湖内循環過程の生化学的マーカーを活用した解析手法の構築

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  11. 安定同位体を用いた湖沼一次生産の新計測法開発と藻類生態解析への展開

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 同位体を指標に用いた大気中ガス状亜硝酸の起源推定

    研究課題/研究課題番号:15H02804  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  

    中川 書子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16380000円 ( 直接経費:12600000円 、 間接経費:3780000円 )

    大気中のガス状亜硝酸(HONO)は、日中の光分解反応により、OHラジカルを生成する。HONOの発生源には、各種発生源からの直接排出と大気中の窒素化合物からの二次生成の二種類が想定される。そこで本研究では、HONOの三酸素同位体異常(Δ17O値)を指標に用いることで、二次生成由来のHONOの寄与率を見積もることに挑戦した。Δ17O値は、大気中のHONOを炭酸カリウム含浸フィルターに捕集した上でNO2-として抽出し、それをアジ化水素と反応させてN2Oに変換し、さらに熱分解によってO2に変換した上で質量分析計に導入し、Δ17O値を定量することに成功した。

  13. 陸水の三酸素同位体比の時空間変動:新指標で切り拓く新しい水循環像

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. 微粒子陸水工学の確立と環境生物化学への応用

    研究課題/研究課題番号:16K14308  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  

    梅田 信

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ダム湖や自然湖沼において,浮遊微粒子の挙動は,工学的および環境的な問題と強く関わっている。本研究では,微粒子の水理学的挙動に関して,水温成層した貯水池において湖水流動と懸濁粒子に関する現地観測を行った。その結果,流速変動量は,鉛直成分が水平成分と同オーダーの大きさで生じており,このような流動が,湖水中で懸濁物質の長期浮遊が維持される要因である可能性が推測された。浮遊懸濁物質に関わる化学的な挙動については,三酸素同位体トレーサーを利用して,水柱や粒子内,堆積物中における酸素消費速度を見積もることに挑戦し,ある程度酸素消費速度の速い環境で実測することに成功した。

  15. 硝酸の三酸素同位体異常を利用した非培養型の窒素循環速度定量法確立

    研究課題/研究課題番号:17H00780  2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    角皆 潤, 須藤 健悟, 中川 書子, 伊藤 昌稚

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    琵琶湖湖水中の硝酸の三酸素同位体異常を利用して湖内の硝化速度や同化速度を求め、従来法である培養法で得られる各深度の同化速度と比較した。その結果、三酸素同位体異常から求める同化速度は、培養法の同化速度と比べて夏季に過大、冬季に過小評価となることが明らかになった。また、年平均で20パーセント程度小さく見積もられることも明らかになった。培養法は観測時の瞬間的な速度を反映するものであり、観測が主に夏季や静穏時に行われることを反映したものと考えられる。つまり、硝酸の三酸素同位体異常を利用した方が、より簡便で、それでいてより信頼度の高い湖内の平均的な硝化速度や同化速度が求められる。
    硝酸は、植物プランクトンが行う光合成に必須の栄養塩として代表的なもので、各湖沼に対する硝酸の供給速度は、水質や基礎生産量、生態系構造などを大きく左右する。一般の湖沼水中の硝酸の大部分は、湖内に生息する微生物から、硝化と呼ばれる反応を通じて供給される。硝化は季節や深度に応じて大きく変化するため、実測はきわめて難しかったが、研究はこれを容易にした。今後は、琵琶湖をはじめとした多くの湖沼や海域で、総硝化速度を定期的に観測し、その長期変化をモニタリングすることが可能になるため、世界各地の湖沼や沿岸海域で進行しつつある富栄養化や、生態系構造変化の原因究明に貢献することが期待される。

  16. 同位体分別を補正した次世代型同位体トレーサー法に基づく脱窒速度定量

    研究課題/研究課題番号:18K19853  2018年6月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

    中川 書子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    本研究では、三種の酸素同位体の相対組成を指標に使った新しいin-vitro(培養器内での)脱窒速度定量手法の開発に挑戦した。本研究で開発した手法は、培養容器を大気から遮断する必要がなくなるので、水―堆積物間の物質収支を観測するためのフラックスチャンバー、表層堆積物および直上海水を採取するためのコアサンプラー、沈降粒子を採取するセジメントトラップ、浮遊性粒子類を採取するプランクトンネットなどの既存のサンプラーを、そのまま培養系として活用できるようになった。つまり、現場の酸化還元環境変化を最小限に抑えながら、高確度の脱窒速度を簡便な操作で求めることができるようになった。
    近代以降の人間活動の拡大に伴って、地球表層環境中の固定態窒素(一般の植物が利用できる窒素)量は過剰となりつつあり、富栄養化や生態系の攪乱など様々な環境問題を引き起こしている。この固定態窒素は、海底堆積物や沈降粒子、貧酸素水塊などの嫌気的環境下で、脱窒によって除去されることから、脱窒速度の値やその経年変化は、環境問題の対策を考える上で重要な数字となる。本手法を用いて求められた確度の高い脱窒速度データが蓄積されることで、正確な固定態窒素の収支やその経年変化を様々な時空間スケールで見積もれるようになるので、地球環境研究一般の発展に大いに貢献する。

  17. 大気硝酸濃度を指標に用いた河川環境における窒素浄化能の高確度評価方法の開発と検証

    研究課題/研究課題番号:19H04254  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中川 書子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:13650000円 ( 直接経費:10500000円 、 間接経費:3150000円 )

    本研究では、河川水に溶存する硝酸の濃度と三酸素同位体組成から算出される大気硝酸濃度に着目し、この時空間変化を追跡することによって、河川環境下における脱窒速度を中心とした窒素循環速度を見積もる新手法を開発し、検証する。この新手法は天然トレーサーをそのまま使っており、人工トレーサーを添加したり培養したりすることなく自然の状態のまま河床を含めた河川環境全体の脱窒速度を定量できる画期的手法であり、あらゆる河川環境で利用できるポテンシャルがある。
    本研究では、河川水に溶存する硝酸の濃度と三酸素同位体組成から算出される大気硝酸濃度に着目し、この時空間変化を追跡することによって、河川環境下における脱窒速度を中心とした窒素循環速度を見積もる新手法を開発し、検証した。対象とした河川は、滋賀県にある琵琶湖の流入河川の1つである野洲川および愛知県名古屋市を流れる都市河川である天白川である。初年度は、野洲川および天白川において、河川の流下に伴う総硝酸濃度と大気硝酸濃度の変化を求め、総除去 (同化+脱窒) 速度と総供給 (硝化+系外流入) 速度を定量化することに成功した。ただし、系外からの硝酸の直接流入が大きな影響を与えていないことが明らかになった野洲川では,観測の時間分解能が低くても問題無く窒素循環速度を定量することが出来たのに対し,都市河川である天白川の場合、浄化センターからの硝酸の流入の影響によって河川水中の硝酸濃度が大きく時間変動することが分り、それを考慮した観測を行う必要が出てきた。そこで2年目は、時間分解能を上げた天白川の観測を中心に行った。観測は、7月、8月、10月、12月、3月の5回行った。支流などの系外流入が無視できる観測区間を選び、その入口と出口において2時間毎に24時間観測を行った。2地点間の大気硝酸濃度の差から硝酸除去速度を見積もり、これと全硝酸濃度の差から硝化速度を見積もった。夜間の硝酸除去速度から脱窒速度を昼夜の硝酸除去速度の差から同化速度を見積もった。その結果、各速度とも夏季に大きく、冬季に小さくなる季節変化が見られた。本研究で得られた脱窒速度を用いて、海洋に対する窒素負荷軽減量を推定したところ、天白川から海洋へ輸送される窒素の約30%が河川系内における脱窒によって抑制されていることが明らかになった。
    本研究の目標は、大気硝酸の流下に伴う濃度変化を指標に用いた河川系内の脱窒速度も含んだ窒素循環速度定量法の開発である。2年目は、人間活動の影響の大きい都市河川である天白川(愛知県)を研究対象とした。都市河川である天白川の場合、浄化センターからの硝酸の流入の影響によって河川水中の硝酸濃度が大きく時間変動することが分り、それを考慮した観測を行う必要が出てきたからである。そこで2年目は、時間分解能を上げた観測を行うことによって、①同化や脱窒、硝化といった各窒素循環速度が日周変動などの時間変動をしている場合は、求めた速度は不正確になる、②支流などからの系外流入の影響を無視している、③脱窒と同化を区別できない、といった問題点を解消することが出来た。本研究で開発した新手法を用いることで、任意の都市河川で現場環境下における脱窒・同化・硝化速度個別定量が実現できるようになり、当初の目標は十分に達成されたと考えられる。
    3年目は、昨年度に引き続き人間活動の影響の大きい都市河川(愛知県名古屋市)を研究対象とする他、大気からの窒素負荷量が大きいことが問題となっている森林域(岐阜県伊自良湖集水域)の河川についても調査する。対象区間は、系外からの流入、すなわち支流の合流や下水等の流入が無視できる区間を選定する。
    大気からの沈着が無視できる晴天時(ただし、河川水中の大気硝酸濃度が検出可能な降雨後数日以内とする)に、対象区間の最上流地点および最下流地点において同時進行で採取し、それぞれについて硝酸濃度と三酸素同位体組成を定量し、河川水中に含まれる大気硝酸濃度の時間変化を算出する。また、各点で平均流速を実測し、対象区間内を通過する平均所要時間を算出する。求められた大気硝酸濃度の時空間変化から、対象区間内を流下する過程で減少した大気硝酸濃度を算出し、大気硝酸の総除去速度を求める。水面への直接的な大気沈着は補正するが、晴天時なら基本的には無視できる。昼間の大気硝酸除去速度は、脱窒速度と同化速度の和である。これに対し、夜間の大気硝酸除去は、大部分が脱窒に依ると考えられるので、ここから脱窒の反応速度定数を算出する。本研究で提案する「大気硝酸追跡法」で求めた脱窒・同化速度は、従来の「窒素同位体濃縮硝酸添加培養法」より求めた脱窒・同化速度と比較し、矛盾がないか検証する。培養法を実施する地点は、大気硝酸追跡法を実施する対象区間の最上流地点 および最下流地点の間に用意する。各河川観測は、数ヶ月に1回実施する。本研究を通じて、地形や生態系の変化等が河川水中の脱窒速度に与える影響を定量的に評価する。また、それらの季節変化や、それらを制御する因子を考察する。研究成果を取りまとめ、学会発表を行う。

  18. 極微量安定同位体を用いた水柱酸素消費速度実測:貧酸素水形成におけるその重要性実証

    研究課題/研究課題番号:22H00561  2022年 - 2025年

    角皆 潤

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 20

  1. 地球科学基礎Ⅰ

    2021

  2. 大気水圏フィールドセミナーⅡ

    2021

  3. 地球環境学

    2021

  4. 物質循環科学

    2021

  5. 生物地球化学

    2021

  6. 物質循環科学

    2021

  7. 地球環境学

    2021

  8. 大気水圏フィールドセミナーⅡ

    2020

  9. 地球科学基礎Ⅰ

    2020

  10. 生物地球化学

    2019

  11. 物質循環科学

    2019

  12. 大気水圏フィールドセミナーⅡ

    2019

  13. 地球環境学

    2019

  14. 地球科学基礎Ⅰ

    2019

  15. 大気水圏フィールドセミナーⅡ

    2018

  16. 地球科学基礎Ⅰ

    2018

  17. 物質循環科学

    2018

  18. 生物地球化学

    2018

  19. 地球環境学

    2018

  20. 地球惑星科学セミナーⅠ

    2017

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 地球環境科学特別講義

    2015年4月 - 2016年3月 神戸大学)

  2. 基礎地学

    2015年4月 - 2016年3月 中部大学)

 

社会貢献活動 2

  1. 名大 MIRAI GSC Global Science Campus

    役割:助言・指導, 実演, 調査担当

    名古屋大学  2017年7月 - 2018年3月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導

  2. 女子中高生理系進学推進セミナー

    2015年8月