2023/10/10 更新

写真a

ナカガワ ユウ
中川 優
NAKAGAWA Yu
所属
糖鎖生命コア研究所 統合生命医科学糖鎖研究センター 分子生理・動態部門 准教授
大学院生命農学研究科 准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(農学) ( 2002年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 創薬化学

  2. 超分子化学

  3. 糖鎖化学

  4. 天然物化学

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 生物有機化学  / 天然物化学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 糖鎖を標的とした研究ツールと創薬リードの開発

  2. 糖結合性天然物に関する研究

  3. タンパク質に付加する天然物のメカニズム解析と応用

経歴 8

  1. 名古屋大学   糖鎖生命コア研究所   准教授

    2021年1月 - 現在

  2. 名古屋大学   生命農学研究科   准教授

    2014年5月 - 2020年12月

  3. (独)理化学研究所 専任研究員(伊藤幸成研究室)   研究員

    2010年4月 - 2014年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. (独)理化学研究所 研究員(伊藤幸成研究室)   研究員

    2008年11月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 京都大学大学院農学研究科 博士研究員(入江一浩研究室)   研究員

    2006年5月 - 2008年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 米国スタンフォード大学化学科 博士研究員 (P. A. Wender研究室)   研究員

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  7. 平成14年度日本学術振興会特別研究員 (PD, 京都大学)   研究員

    2002年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 平成11年度日本学術振興会特別研究員 (DC1, 京都大学)   研究員

    1999年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 京都大学   農学研究科   応用生命科学専攻

    1999年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   農学研究科   応用生命科学専攻

    1997年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   農学部   食品工学科

    1993年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本農芸化学会   会員

  2. 日本糖質学会   会員

  3. 有機合成化学協会   会員

委員歴 5

  1. 日本糖質学会   評議員  

    2017年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本農芸化学会中部支部   庶務幹事  

    2018年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本農芸化学会2018年度大会   大会実行委員(会計)  

    2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 第38回日本糖質学会年会   組織委員  

    2020年11月   

  5. 第62回天然有機化合物討論会   プログラム編成委員  

    2020年9月   

受賞 3

  1. 日本農芸化学会2019年度大会トピックス賞

    2019年3月   日本農芸化学会   糖結合性天然色素の二量体を用いた真菌の染色

    田浦寛太,小鹿一,五十嵐康弘,伊藤幸成,中川優

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 農芸化学奨励賞

    2011年5月   日本農芸化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 第9回天然物化学談話会奨励賞

    2009年7月   天然物化学談話会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 57

  1. Molecular Basis of Mannose Recognition by Pradimicins and their Application to Microbial Cell Surface Imaging 査読有り 国際誌

    Nakagawa Yu, Doi Takashi, Takegoshi K., Sugahara Takahiro, Akase Dai, Aida Misako, Tsuzuki Kazue, Watanabe Yasunori, Tomura Tomohiko, Ojika Makoto, Igarashi Yasuhiro, Hashizume Daisuke, Ito Yukishige

    CELL CHEMICAL BIOLOGY   26 巻 ( 7 ) 頁: 950 - +   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chembiol.2019.03.013

    Web of Science

    PubMed

  2. レクチンミミックの開発と応用研究の最前線 査読有り

    中川 優

      35 巻 ( 203 ) 頁: E6 - E10   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.4052/tigg.2207.1J

  3. Chemical modification of pradimicin A to suppress aggregation without impairing D-mannose-binding and antifungal activities 査読有り 国際誌

    Nakagawa Yu, Oya Yuzuka, Ojika Makoto, Igarashi Yasuhiro, Ito Yukishige

    TETRAHEDRON   121 巻   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tet.2022.132919

    Web of Science

  4. D-Mannose binding, aggregation property, and antifungal activity of amide derivatives of pradimicin A 査読有り 国際誌

    Miyanishi Wataru, Ojika Makoto, Akase Dai, Aida Misako, Igarashi Yasuhiro, Ito Yukishige, Nakagawa Yu

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   55 巻   頁: 116590   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2021.116590

    Web of Science

    PubMed

  5. Mannose-binding analysis and biological application of pradimicins 招待有り 査読有り 国際誌

    Nakagawa Yu, To Yukishige

    PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES B-PHYSICAL AND BIOLOGICAL SCIENCES   98 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 29   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.2183/pjab.98.002

    Web of Science

    PubMed

  6. A Pradimicin-Based Staining Dye for Glycoprotein Detection 査読有り 国際誌

    Nakagawa Yu, Kakihara Shintaro, Tsuzuki Kazue, Ojika Makoto, Igarashi Yasuhiro, Ito Yukishige

    JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS   84 巻 ( 9 ) 頁: 2496 - 2501   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jnatprod.1c00506

    Web of Science

    PubMed

  7. Binding Evaluation of Pradimicins for Oligomannose Motifs from Fungal Mannans 査読有り 国際誌

    Nakagawa Yu, Yamaji Fumiya, Miyanishi Wataru, Ojika Makoto, Igarashi Yasuhiro, Ito Yukishige

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   94 巻 ( 3 ) 頁: 732 - 754   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20200305

    Web of Science

  8. Paving the Way for Practical Use of Sugar-Binding Natural Products as Lectin Mimics in Glycobiological Research 査読有り 国際誌

    Nakagawa Yu

    CHEMBIOCHEM   21 巻 ( 11 ) 頁: 1567 - 1572   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201900781

    Web of Science

    PubMed

  9. The endocyclic oxygen atom of D-mannopyranose is involved in its binding to pradimicins 査読有り 国際誌

    Watanabe Yasunori, Yamaji Fumiya, Ojika Makoto, Sugawara Takahiro, Akase Dai, Aida Misako, Igarashi Yasuhiro, Ito Yukishige, Nakagawa Yu

    TETRAHEDRON LETTERS   61 巻 ( 9 )   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2019.151530

    Web of Science

  10. Relationship among structure, cytotoxicity, and Michael acceptor reactivity of quinocidin 査読有り 国際誌

    Nakagawa Yu, Sawaki Yuki, Miyanishi Wataru, Shimomura Sayako, Shibata Takahiro, Ojika Makoto

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY   28 巻 ( 4 ) 頁: 115308   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2020.115308

    Web of Science

    PubMed

  11. SYNTHESIS AND BIOLOGICAL ACTIVITIES OF ACETAL ANALOGS AT POSITION 3 OF 10-METHYL-APLOG-1, A POTENTIAL ANTI-CANCER LEAD DERIVED FROM DEBROMOAPLYSIATOXIN 査読有り 国際誌

    Hayakawa Koutaro, Hanaki Yusuke, Tokuda Harukuni, Yanagita Ryo C., Nakagawa Yu, Okamura Mutsumi, Dan Shingo, Irie Kazuhiro

    HETEROCYCLES   97 巻 ( 1 ) 頁: 478 - 492   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3987/COM-18-S(T)37

    Web of Science

  12. Quinocidin, a Cytotoxic Antibiotic with an Unusual 3,4-Dihydroquinolizinium Ring and Michael Acceptor Reactivity toward Thiols 査読有り

    Nakagawa Yu, Sawaki Yuki, Kimura Takahiro, Tomura Tomohiko, Igarashi Yasuhiro, Ojika Makoto

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23 巻 ( 71 ) 頁: 17894-17897   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201704729

    Web of Science

    PubMed

  13. Solid-State Nuclear Magnetic Resonance Analysis Reveals a Possible Calcium Binding Site of Pradimicin A 査読有り

    Doi Takashi, Nakagawa Yu, Takegoshi K.

    BIOCHEMISTRY   56 巻 ( 3 ) 頁: 468-472   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.biochem.6b01300

    Web of Science

    PubMed

  14. Solid-State NMR Analysis of Mannose Recognition by Pradimicin A

    Nakagawa Yu, Ito Yukishige

    NMR IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   10 巻   頁: 269-289   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  15. Inhibition of Chikungunya Virus-Induced Cell Death by Salicylate-Derived Bryostatin Analogues Provides Additional Evidence for a PKC-Independent Pathway 査読有り

    Staveness, D., Abdelnabi, R., Near, K. E., Nakagawa, Y., Neyts, J., Delang, L., Leyssen, P., Wender, P. A.

    Journal of Natural Products     頁: 10.1021/acs.jnatprod.5b01017   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jnatprod.5b01017

  16. Pradimicin A, a D-mannose-binding antibiotic, binds pyranosides of L-fucose and L-galactose in a calcium-sensitive manner 査読有り

    Nakagawa, Y., Watanabe, Y., Igarashi, Y., Ito, Y., Ojika, M.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   25 巻 ( 15 ) 頁: 2963-2966   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2015.05.021

  17. 天然物の構造単純化による有用分子の創製:天然プロテインキナーゼC活性化剤のアナログ設計 査読有り

    中川 優

    有機合成化学協会誌   73 巻 ( 4 ) 頁: 316-327   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. 第3の生命鎖・糖鎖に結合する低分子化合物に関する現状と展望 招待有り 査読有り

    中川 優

    ファルマシア   50 巻 ( 11 ) 頁: 1117-1122   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  19. Computer-guided design, synthesis, and protein kinase C affinity of a new salicylate-based class of bryostatin analogs 査読有り

    Wender, P. A., Nakagawa, Y., Near, K. E., Staveness, D.

    Org. Lett.   16 巻   頁: 5136-5139   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Structure-activity studies on the side chain of a simplified analog of aplysiatoxin (aplog-1) with anti-proliferative activity 査読有り

    Kamachi, H., Tanaka, K., Yanagita, R. C., Murakami, A., Murakami, K., Tokuda, H., Suzuki, N., Nakagawa, Y., and Irie, K.

    Bioorg. Med. Chem.   21 巻   頁: 2695-2702   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Mannose binding geometry of pradimicin A 査読有り

    Nakagawa, Y., Doi, T., Taketani, T., Takegoshi, K., Igarashi, Y., and Ito, Y.

    Chem. Eur. J.   19 巻   頁: 10516-10525   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Site-specific inhibitory mechanism for amyloid β42 aggregation by catechol-type flavonoids targeting the Lys residues 査読有り

    Sato, M., Murakami, K., Uno, M., Ikubo, H., Nakagawa, Y., Katayama, S., Akagi, H., Masuda, Y., Takegoshi, K. and Irie, K.

    J. Biol. Chem.   288 巻   頁: 23212-23224   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Structure-activity relationship for (+)-taxifolin isolated from silymarin as an inhibitor of amyloid beta aggregation 査読有り

    Sato, M., Murakami, K., Uno, M., Ikubo, H., Nakagawa, Y., Katayama, S., Akagi, H., and Irie, K.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   77 巻   頁: 1100-1103   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Solid-state NMR analysis of calcium and D-mannose binding of BMY-28864, a water-soluble analogue of pradimicin A 査読有り

    Nakagawa, Y., Doi, T., Takegoshi, K., Igarashi, Y., and Ito, Y.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   22 巻   頁: 1040-1043   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Molecular architecture and therapeutic potential of lectin mimics 招待有り 査読有り

    Nakagawa, Y. and Ito, Y.

    Advances in Carbohydrate Chemistry and Biochemistry     頁: 1-58   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Artificial analogs of naturally occurring tumor promoters as biochemical tools and therapeutic leads 招待有り 査読有り

    Nakagawa, Y.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   76 巻   頁: 1262-1274   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Carbohydrate-binding molecules with non-peptidic skeletons 招待有り 査読有り

    Nakagawa, Y. and Ito, Y.

    Trends Glycosci. Glycotechnol.   24 巻   頁: 1-12   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Synthesis and structure-activity studies of simplified analogues of aplysiatoxin with antiproliferative activity like bryostatin-1 招待有り 査読有り

    Irie, K., Kikumori, M., Kamachi, H., Tanaka, K., Murakami, A., Yanagita, R. C., Tokuda, H., Suzuki, N., Nagai, H., Suenaga, K., and Nakagawa, Y.

    Pure Appl. Chem.   84 巻   頁: 1341-1351   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Challenges to the Development of Bryostatin-type Anticancer Drugs Based on the Activation Mechanism of Protein Kinase Cδ 招待有り 査読有り

    Irie, K., Yanagita, R. C., and Nakagawa, Y.

    Med. Res. Rev.   32 巻   頁: 518-535   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Synthesis and Biological Evaluation of the 12,12-Dimethyl Derivative of Aplog-1, an Anti-Proliferative Analog of Tumor-Promoting Aplysiatoxin 査読有り

    Nakagawa, Y., Kikumori, M., Yanagita, R. C., Murakami, A., Tokuda, H., Nagai, H. and Irie, K.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   75 巻   頁: 1167-1173   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Mapping of the Primary Mannose-Binding Site of Pradimicin A 査読有り

    Nakagawa, Y., Doi, T., Masuda, Y., Takegoshi, K., Igarashi, Y., and Ito, Y.

    J. Am. Chem. Soc.   133 巻   頁: 17485-17493   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Solid-state NMR Spectroscopic Analysis of the Ca2+-dependent Mannose Binding of Pradimicin A 査読有り

    Nakagawa, Y., Masuda, Y., Yamada, K., Doi, T., Takegoshi, K., Igarashi, Y., and Ito, Y.

    Angew. Chem. Int. Ed.   50 巻   頁: 6084-6088   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Role of the phenolic hydroxyl group in the biological activities of simplified analogue of aplysiatoxin with antiproliferative activity 査読有り

    Yanagita, R. C., Kamachi, H., Tanaka, K., Murakami, A., Nakagawa, Y., Tokuda, H., Nagai, H., and Irie, K.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   20 巻   頁: 6064-6066   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. A Simple Analog of Tumor-promoting Aplysiatoxin Is an Antineoplastic Agent Rather Than a Tumor Promoter: Development of a Synthetically Accessible PKC Activator with Bryostatin-like Activity 査読有り

    Nakagawa, Y., Yanagita, R. C., Hamada, N., Murakami, A., Takahashi, H., Saito, N., Nagai, H. and Irie, K.

    J. Am. Chem. Soc.   131 巻   頁: 7573-7579   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Synthesis, Conformational Analysis, and Biological Evaluation of 1-Hexyl-indolactam-V10 as a Selective Activator for Novel Protein Kinase C Isozymes 査読有り

    Yanagita, R. C., Nakagawa, Y., Yamanaka, N., Kashiwagi, K., Saito, N. and Irie, K.

    J. Med. Chem.   51 巻   頁: 46-56   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Binding selectivity of 1- or 12-substituted indolactam derivatives for protein kinase C isozymes 査読有り

    Yanagita, R. C., Torii, K., Nakagawa, Y. and Irie, K.

    Heterocycles   73 巻   頁: 289-302   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Design and Synthesis of 8-Octyl-benzolactam-V9, the selective activator for PKCε and η 査読有り

    Nakagawa, Y., Irie, K., Yanagita, R. C., Ohigashi, H., Tsuda, K., Kashiwagi, K. and Saito, N.

    J. Med. Chem.   49 巻   頁: 2681-2688   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Indolactam-V is involved in the CH/π Interaction with Pro-11 of PKCδ C1B domain: Application to Structural Optimization for PKCδ Ligand 査読有り

    Nakagawa, Y., Irie, K., Yanagita, C. R., Ohigashi, H. and Tsuda, K.

    J. Am. Chem. Soc.   127 巻   頁: 5746-5747   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Toward the Development of New Medicinal Leads with Selectivity for Protein Kinase C Isozymes 招待有り 査読有り

    Irie, K., Nakagawa, Y. and Ohigashi, H.

    Chem. Rec.   5 巻   頁: 185-195   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Synthesis, Conformation and PKC isozyme Surrogate Binding of Indolinelactam-Vs, New Conformationally-Restricted Analogues of (-)-Indolactam-V 査読有り

    Nakagawa, Y., Irie, K., Komiya, Y., Ohigashi, H. and Tsuda, K.

    Tetrahedron   60 巻   頁: 7077-7084   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Indolactam and Benzolactam Compounds as New Medical Leads with Binding Selectivity for C1 Domains of Protein Kinase C Isozymes 招待有り 査読有り

    Irie, K., Nakagawa, Y. and Ohigashi, H.

    Curr. Pharm. Design   10 巻   頁: 1371-1385   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Tumor promoter binding of the protein kinase C C1 homology domain peptides of RasGRPs, chimaerins, and Unc13s 査読有り

    Irie, K., Masuda, A., Shindo, M., Nakagawa, Y. and Ohigashi, H.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   12 巻   頁: 4547-4583   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Synthesis and Binding Selectivity of 7- and 15-Decylbenzolactone-V8 for the C1 Domains of Protein Kinase C Isozymes 査読有り

    Nakagawa, Y., Irie, K., Yamanaka, N., Ohigashi, H. and Tsuda, K.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   13 巻   頁: 3015-3019   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Synthesis and PKC Isozyme Surrogate Binding of Lactone Analogues of Benzolactam-V8's 査読有り

    Nakagawa, Y., Irie, K., Masuda, A. and Ohigashi, H.

    Tetrahedron   58 巻   頁: 2101-2115   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Establishment of a binding assay for new medicinal leads with protein kinase C isozyme and C1 domain selectivity 招待有り 査読有り

    Irie, K., Nakahara, A., Nakagawa, Y., Ohigashi, H., Shindo, M., Fukuda, H., Konishi, H., Kikkawa, U., Kashiwagi, K. and Saito, N.

    Pharmacol. Ther.   93 巻   頁: 271-281   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Binding Selectivity of Conformationally Restricted Analogues of (-)-Indolactam-V to the C1 Domains of Protein Kinase C Isozymes 査読有り

    Masuda, A., Irie, K., Nakagawa, Y. and Ohigashi, H.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   66 巻   頁: 1615-1617   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. The C4 Hydroxyl Group of Phorbol Esters is Not Necessary for Protein Kinase C Binding 査読有り

    Tanaka, M., Irie, K., Nakagawa, Y., Nakamura, Y., Ohigashi, H. and Wender, P. A.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   11 巻   頁: 719-722   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. The Amide Hydrogen of (-)-Indolactam-V and Benzolactam-V8's Plays a Critical Role in Protein Kinase C Binding and Tumor-promoting Activities 査読有り

    Nakagawa, Y., Irie, K., Nakamura, Y. and Ohigashi, H.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   11 巻   頁: 723-728   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Synthesis and Tumor-promoting Activities of 12-Epi-phorbol-12,13-dibutyrate 査読有り

    Irie, K., Nakahara, A., Ikawa, Y., Tanaka, M., Nakagawa, Y., Nakamura, Y., Ohigashi, H. and Wender, P. A.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   64 巻   頁: 2429-2436   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Selective Binding of Tumor Promoters to the Novel PKC C1B Domains 招待有り 査読有り

    Irie, K., Nakahara, A., Nakagawa, Y., Ohigashi, H., Shindo, M., Fukuda, H., Konishi, H. and Kikkawa, U.

    Peptide Science 2000     頁: 197-200   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Selective Binding to the nPKC C1B Domains by Tumor Promoters

    Nakagawa, Y. and Irie, K.

    Bioscience & Industry   58 巻   頁: 570-571   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Synthesis and PKC Isozyme Surrogate Binding of Indothiolactam-V, a New Thioamide Analogue of Tumor Promoting Indolactam-V 査読有り

    Nakagawa, Y., Irie, K., Ohigashi, H., Hayashi, H. and Wender, P. A.

    Bioorg. Med. Chem. Lett.   10 巻   頁: 2087-2090   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Isolation of (-)-14-O-Malonylindolactam-V as a Possible Precursor of (-)-Indolactam-V and (-)-14-O-Acetylindolactam-V from Streptomyces blastmyceticum 査読有り

    Irie, K., Tomimatsu, S., Nakagawa, Y., Ohigashi, H. and Hayashi, H.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   63 巻   頁: 1669-1670   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Synthesis and Biological Activities of (-)-6-n-Octyl-indolactam-V, a New Potent Analogue of the Tumor Promoter (-)-Indolactam-V 査読有り

    Nakagawa, Y., Irie, K., Nakamura, Y. and Ohigashi, H.

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   62 巻   頁: 1568-1573   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Biosynthesis of Monoterpenoid Moiety of Teleocidins via the Non-mevalonate Pathway in Streptomyces 査読有り

    Irie, K., Nakagawa, Y., Tomimatsu, S. and Ohigashi, H.

    Tetrahedron Lett.   39 巻   頁: 7929-7930   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Synthesis and Biological Activities of Indolactone-V, the Lactone Analogue of the Tumor Promoter (-)-Indolactam-V 査読有り

    Nakagawa, Y., Irie, K., Nakamura, Y., Ohigashi, H. and Hayashi, H.

    Biosci. Biotech. Biochem.   61 巻   頁: 1415-1417   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Comparison of Chemical Characteristics of the First and Second Cystein-Rich Domains of Protein Kinase Cγ 査読有り

    Irie, K., Yanai, Y., Oie, K., Ishizawa, J., Nakagawa, Y., Ohigashi, H., Wender, P. A. and Kikkawa, U.

    Bioorg. Med. Chem.   5 巻   頁: 1725-1737   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Solid-state NMR Analysis of Mannose Recognition by Pradimicin A

    Nakagawa, Y.; Ito, Y.( 担当: 共著)

    Royal Society of Chemistry  2017年  ( ISBN:978-1-78262-310-6

     詳細を見る

    総ページ数:458   記述言語:英語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 36

  1. 糖結合性天然物に基づく研究ツールおよび創薬リードの開発 招待有り

    中川 優

    第4回糖鎖技術研究セミナー  2023年10月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. システイン選択的修飾剤の開発に向けた3,4-dihydroquinolizinium環の反応性評価

    眞鍋優佳,近藤竜彦,入江一浩,中川 優

    2023年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会  2023年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月 - 2023年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  3. Pradimicin Aのウイルス糖鎖結合能と抗SARS-CoV-2活性

    伊藤那奈香、藤井将人、小鹿 一、木下貴明、櫻井康晃、安田二朗、五十嵐康弘、伊藤幸成、中川 優

    糖鎖科学中部拠点第19回若手の力フォーラム  2023年9月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    会議種別:ポスター発表  

  4. Pradimicin Aのウイルス糖鎖認識機構と抗SARS-CoV-2活性

    中川 優,藤井将人,伊藤那奈香,小鹿 一,赤瀬 大,相田美砂子,木下貴明,櫻井康晃,安田二朗,五十嵐康弘,伊藤幸成

    第65回天然有機化合物討論会  2023年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  5. Pradimicin AのN結合型糖鎖認識機構と抗SARS-CoV-2活性

    中川 優,藤井将人,伊藤那奈香,小鹿 一,木下貴明,櫻井康晃,安田二朗,五十嵐康弘,伊藤幸成

    第42回日本糖質学会年会  2023年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  6. Glycobiological and therapeutic applications of antibiotics with lectin-like activity 国際会議

    Nanaka Ito, Kazue Tsuzuki, Shintaro Kakihara, Yuzuka Oya, Makoto Ojika, Yasuhiro Igarashi, Yukishige Ito, Yu Nakagawa

    Canadian Glycomics Symposium  2023年5月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  7. 3,4-Dihydroquinolizinium環とシステインの付加反応

    眞鍋優佳,小鹿 一,中川 優

    日本農芸化学会2023年度大会  2023年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島   国名:日本国  

  8. システイン含有ペプチドに対する3,4-dihydroquinolizinium環の反応性評価

    眞鍋優佳,小鹿 一,中川 優

    日本農芸化学会中部支部第193回例会  2022年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  9. 3,4-Dihydroquinolizinium環のチオール付加反応における電子供与性基の効果

    島尻尚太,小鹿 一,中川 優

    日本農芸化学会中部支部第193回例会  2022年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  10. 糖結合性低分子の探索に向けたスクリーニング法の確立

    板野 航,小鹿 一,五十嵐康弘,伊藤幸成,中川 優

    日本農芸化学会中部支部第193回例会  2022年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  11. プラディミシンとマンノトリオースの結合解析

    藤井将人,小鹿 一,五十嵐康弘,伊藤幸成,中川 優

    第41回日本糖質学会年会  2022年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月 - 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  12. Alizarin Redの糖結合解析

    伊藤那奈香、小鹿 一、中川 優

    第41回日本糖質学会年会  2022年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月 - 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  13. 糖鎖研究への応用に向けた非凝集性プラディミシン誘導体の開発

    (10) 音田昂志,大矢柚香,小鹿 一,大森 健,五十嵐康弘,伊藤幸成,中川 優

    第64回天然有機化合物討論会  2022年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡   国名:日本国  

  14. Binding analysis of pradimicin A with oligosaccharide motifs from N-linked glycans 国際会議

    Sialoglyco 2022  2022年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  15. プラディミシンと複合型糖鎖との相互作用の化学的検証

    藤井将人,小鹿 一,五十嵐康弘,伊藤幸成,中川 優

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年3月17日  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  16. プラディミシンAの非凝集性アジド含有誘導体の開発

    音田昴志,小鹿 一,五十嵐康弘,伊藤幸成,中川 優

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年3月17日  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  17. 糖結合性天然物プラディミシンの低凝集性誘導体の開発

    音田昴志,小鹿 一,五十嵐康弘,伊藤幸成,中川 優

    糖鎖科学中部拠点 第17回若手の力フォーラム  2022年1月13日  糖鎖科学中部拠点

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. O-マンノシル化タンパク質検出ツールの開発に向けたプラディミシンの誘導体化

    音田昴志,小鹿 一,五十嵐康弘,伊藤幸成,中川 優

    第40回日本糖質学会年会  2022年10月29日  日本糖質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  19. プラディミシンと複合型糖鎖の相互作用解析

    藤井将人,小鹿 一,五十嵐康弘,伊藤幸成,中川 優

    第40回日本糖質学会年会  2021年10月27日  日本糖質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  20. アミド化したプラディミシン誘導体の凝集性とマンノース結合活性

    大矢柚香、小鹿 一、五十嵐康弘、伊藤幸成、中川 優

    日本農芸化学会2021年度大会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

  21. O-マンノシル化セリン/スレオニンに対するプラディミシンAの結合評価

    音田昴志、小鹿 一、五十嵐康弘、伊藤幸成、中川 優

    日本農芸化学会2021年度大会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

  22. 不可逆的阻害剤への応用に向けた3,4-dihydroquinolizinium化合物の開発

    川合計太朗、小鹿 一、中川 優、

    日本農芸化学会2021年度大会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

  23. Pradimicinアミド誘導体の設計と糖タンパク質検出への応用

    垣原眞太朗、宮西 航、小鹿 一、五十嵐康弘、伊藤幸成、中川 優

    糖鎖科学中部拠点 第16回若手の力フォーラム  2021年1月22日  糖鎖科学中部拠点

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  24. 3,4-Dihydroquinolizinium化合物の合成とチオールに対する反応性評価

    川合計太朗、小鹿 一、中川 優

    日本農芸化学会中部支部 第187回例会  2020年9月26日  日本農芸化学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  25. Pradimicin Aのアミド誘導体を利用した糖タンパク質の染色

    垣原眞太朗、宮西 航、小鹿 一、五十嵐康弘、伊藤幸成、中川 優

    第62回天然有機化合物討論会  2020年9月22日  日本化学会、日本薬学会、日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    開催地:名古屋  

  26. マンノースに結合する天然物の糖認識機構解析〜糖鎖生物学研究への応用を目指して〜 招待有り 国際会議

    中川優

    香川大学農学部応用生命化学研究センター第10回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  27. 天然物研究における微生物の利用法 招待有り

    中川 優

    第5回糸状菌分子生物学若手の会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:佐賀   国名:日本国  

  28. マンノース結合性天然物の糖認識機構解析:糖鎖研究への利用を目指して 招待有り

    中川 優

    理研シンポジウム 小胞体糖修飾の統合的ケミカルバイオロジー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:理化学研究所   国名:日本国  

  29. プラディミシンはいかに糖を認識しているか? 招待有り

    中川優

    第3回天然物化学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京農業大学   国名:日本国  

  30. 天然物低分子化合物による糖鎖認識の機構解析

    中川 優

    新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第六回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  31. Geometry of the Primary Mannose Binding of Pradimicin A

    3. Yu Nakagawa, Takashi Doi, Takara Taketani, Kiyonori Takegoshi, Yasuhiro Igarashi, Yukishige Ito

    The 8th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. Solid-state NMR analysis of mannose binding of pradimicin A

    Yu Nakagawa, Takashi Doi, Takara Taketani, Kiyonori Takegoshi, Yasuhiro Igarashi, Yukishige Ito

    The 1st Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. 天然発がんプロモーター研究の新展開

    中川 優

    日本農芸化学会関東支部2011年度第2回支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  34. 特異な誘導体が拓く新しい天然発がんプロモーター研究

    中川 優

    第63回白鷺セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  35. 天然発がんプロモーターの骨格を有する抗がん剤リードの創製と作用機構解析

    中川 優

    第45回 天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  36. 天然発がんプロモーターの骨格を有する新奇抗がん剤の開発

    中川 優

    第44回 天然物化学談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. 糖結合性天然物に基づく変異対応型抗ウイルス薬の開発

    2023年4月 - 2024年3月

    第50回研究奨励金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円 ( 直接経費:500000円 )

  2. グリカンシールドを標的とした抗ウイルス薬リードの開発

    2023年4月 - 2024年3月

    2023年度新興感染症制御研究拠点共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. レクチンの鏡像体に基づく糖結合性ペプチドの開発

    研究課題番号:R5加-1  2023年4月 - 2024年3月

    令和5年度糖鎖生命科学連携ネットワーク型拠点共同研究(支援型糖鎖共同研究(加速型)) 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  4. グリカンシールドを標的とした抗ウイルス薬リードの開発

    2022年10月 - 2023年3月

    2022年度新興感染症制御研究拠点共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  5. 糖結合性ペプチドの鏡像体合成と活性評価

    2022年7月 - 2023年3月

    令和4年度糖鎖生命科学連携ネットワーク型拠点共同研究  支援型糖鎖共同研究(探索型)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円 ( 直接経費:300000円 )

  6. 天然低分子化合物の糖鎖認識機構に基づく糖鎖結合性ツール分子の開発

    2014年10月 - 2017年3月

    SUNBOR GRANT 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 7

  1. 糖鎖を標的分子とした抗菌薬リードの創製

    研究課題/研究課題番号:15H04496  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中川 優, 竹腰 清乃理, 相田 美砂子, 小鹿 一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    本研究では,X線結晶構造解析および固体NMR解析により,Pradimicin A (PRM-A) のマンノース (Man) 認識機構を解明するとともに,合成オリゴマンノースを用いた結合試験により,PRM-Aが真菌マンナンの非還元末端Man残基が密集している箇所に選択的に結合することを見出した.さらにこれらの知見に基づいて誘導体設計を行い,凝集性を抑えたPRM-Amideおよび真菌マンナンを蛍光染色するPRM-Azideを開発した.

  2. プラディミシンを利用した糖鎖研究用ツールの開発

    研究課題/研究課題番号:19K05712  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    中川 優

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    Pradimicin A (PRM-A) は,マンノースに結合する類まれな低分子化合物であり,糖鎖生物学研究への利用が期待されている。しかしながら,PRM-A は容易に凝集するために取り扱いが難しく,実用化された例はない。本研究では,「PRM-A のカルボキシ基をアミド化することによって凝集性を大幅に抑制できる」という独自の知見に基づき,糖タンパク質の蛍光染色と精製,糖鎖切断,および酵母検出に利用できる PRM-A 誘導体の開発を目指している。
    Pradimicin A (PRM-A) は,マンノース (Man) に結合するユニークな天然色素である。昨年度,我々はPRM-Aのカルボキシ基に2-aminoethanolをアミド縮合した誘導体PRM-EAがドットブロットにおいてN結合型糖鎖を有するタンパク質を染色することを見出した。そこで本年度は,PRM-EAよりも高感度な糖タンパク質染色剤の開発を目指し,新たなアミド誘導体の合成を行なった。様々な官能基を有するアミンを縮合したアミド誘導体10種のMan結合活性を評価した結果,hydroxylamineを縮合したヒドロキサム酸誘導体がPRM-EAよりも約8倍高いMan結合活性を示すことを見出した。そこでドットブロットにおける糖タンパク質の染色を行なったところ,ヒドロキサム酸誘導体はPRM-EAよりも低濃度の糖タンパク質を検出できることが確認され,より実用的な糖タンパク質染色剤となりうることが示唆された。
    さらに,O結合型糖鎖を有する糖タンパク質の検出にもPRM-Aが利用できるかどうかを検証するため,セリンおよびスレオニンの側鎖ヒドロキシ基にManが結合したモデルアミノ酸(Man-Ser, Man-Thr)を合成し,PRM-Aとの結合を評価した。その結果,両化合物ともPRM-Aと結合することが明らかとなり,セリンあるいはスレオニン残基にManを有する糖タンパク質の検出にもPRM-Aが利用できる可能性があることが確認された。
    一方,PRM-A産生菌から単離したquinocidinがシステインとマイケル付加体を形成するという昨年度の知見に基づき,その母核構造である3,4-dihydroquinolizinium(DQ)環を利用したシステインラベル化剤の開発も同時に進めた。本年度は,タンパク質リガンドと連結可能なDQ化合物を合成し,本化合物がシステインに付加することを確認した。
    本研究では,PRM-Aのアミド化を分子設計の基盤として,① 糖鎖研究用ツール,② 酵母検出薬,③ Man以外の糖に結合する誘導体の開発を目指している。昨年度と今年度の研究によって,糖タンパク質の染色剤および酵母検出薬の有力な候補化合物を得ており,① および ② に関しては順調に進展しているといえる。一方,③ に関しては未だに試行錯誤の段階ではあるが,PRM-A産生菌から見出したquinocidinをシステインのラベル化剤に応用するという新たな研究用ツールの開発に大きな進展があったため,総合的に判断しておおむね順調と判断した。
    今後は,高感度の糖タンパク質検出剤の開発を目指し,蛍光基を連結した誘導体の開発を計画している。さらに,アミド化以外の構造修飾についても検討し,糖タンパク質の精製や糖鎖を標的とした免疫療法への応用にも展開する予定である。また,PRM-AのMan認識メカニズムに関する独自の知見に基づき,構造を単純したアナログやMan以外の糖に結合する誘導体の開発も試みる。これらの研究と並行して,本年度に開発したDQ化合物に基づき,タンパク質のシステイン残基のラベル化剤や不可逆的阻害剤の開発研究も併せて行う予定である。

  3. 糖鎖を標的分子とした抗菌薬リードの創製

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. マンノース結合活性を有する新規天然物の探索

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. タンパク質ドメインの鏡像体を利用したマンノースレセプター設計の新戦略

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. Pradimicinの標的糖鎖同定に基づく糖鎖結合性人工分子の設計開発

    2012年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  新学術領域(研究領域提案型)(公募研究)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. レクチン様天然物Pradimicinによる糖鎖認識機構の解析

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 30

  1. 生物活性物質化学特論

    2020

  2. 応用生命科学科実験実習

    2020

  3. 生命農学序説

    2019

  4. 応用生命科学科実験実習

    2019

  5. 生物活性物質化学特論

    2019

  6. 生物有機化学

    2019

  7. 生理活性物質化学

    2019

  8. 基礎セミナーA

    2019

  9. 応用生命科学科実験実習

    2018

  10. 生理活性物質化学

    2018

  11. 基礎セミナーA

    2018

  12. 生物活性物質化学特論

    2018

  13. 生理活性物質化学

    2017

  14. 基礎セミナーA

    2017

  15. 応用生命科学科実験実習

    2017

  16. 生命農学序論

    2017

  17. 生命機能化学特論

    2017

  18. 基礎セミナーA

    2016

  19. 生理活性物質化学

    2016

  20. 応用生命科学科実験実習

    2016

  21. 生命農学入門

    2016

  22. 生命機能化学特論

    2016

  23. 基礎セミナーA

    2015

  24. 生理活性物質化学

    2015

  25. 応用生命科学科実験実習

    2015

  26. 生命農学入門

    2015

  27. 生命機能化学特論

    2015

  28. 生理活性物質化学

    2014

  29. 生命農学入門

    2014

  30. 生命機能化学特論

    2014

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 食品生物科学特論V

    2021年11月 京都大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  2. 糖鎖科学特論

    2017年11月

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

 

社会貢献活動 3

  1. 名古屋大学魅力発見ブック

    役割:取材協力

    河合塾  2020年6月

  2. 糖鎖中部拠点 平成29年度糖鎖科学講義

    役割:講師

    糖鎖中部拠点  2017年11月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生

    種別:講演会

  3. スーパーサイエンスハイスクール研究室体験研修

    役割:助言・指導

    2014年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導