2021/05/10 更新

写真a

ミヤタ セイコ
宮田 聖子
MIYATA Seiko
所属
大学院医学系研究科 寄附講座(医) 精神医療学寄附講座 特任助教
職名
特任助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医療技術学) ( 2007年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 脳機能

  2. 睡眠

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 睡眠医学

  2. ライフサイエンス / 精神神経科学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 在宅検査法の開発

  2. 睡眠と脳機能との関連

経歴 4

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科精神医学分野

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科睡眠医学寄附講座

    2014年5月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 中部大学臨床検査技術教育・実習センター 助教

    2012年4月 - 2014年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 中部大学臨床検査技術教育・実習センター 助手

    2010年1月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   医療技術学専攻

    - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   保健学科検査技術科学専攻

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本睡眠学会

  2. 日本臨床衛生検査技師会

  3. 日本認知症予防学会

  4. 日本睡眠検査学会

  5. 日本医用マススペクトル学会

  6. 日本生物学的精神医学会

▼全件表示

 

論文 91

  1. Effects of long sleep time and irregular sleep-wake rhythm on cognitive function in older people

    Okuda Masato, Noda Akiko, Iwamoto Kunihiro, Nakashima Honoka, Takeda Kozue, Miyata Seiko, Yasuma Fumihiko, Ozaki Norio, Shimouchi Akito

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 7039   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-021-85817-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Effects of age and sex on eye movement characteristics.

    Takahashi J, Miura K, Morita K, Fujimoto M, Miyata S, Okazaki K, Matsumoto J, Hasegawa N, Hirano Y, Yamamori H, Yasuda Y, Makinodan M, Kasai K, Ozaki N, Onitsuka T, Hashimoto R

    Neuropsychopharmacology reports     2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neuropsychopharmacology Reports  

    DOI: 10.1002/npr2.12163

    Scopus

    PubMed

  3. Performance of an ambulatory electroencephalogram sleep monitor in patients with psychiatric disorders

    Miyata Seiko, Iwamoto Kunihiro, Banno Masahiro, Eguchi Junichi, Kaneko Satoshi, Noda Akiko, Ozaki Norio

    JOURNAL OF SLEEP RESEARCH     頁: e13273   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Sleep Research  

    DOI: 10.1111/jsr.13273

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Patient characteristics affecting accurate detection of sleep apnea using a bed sheet-type portable monitor

    Miyata Seiko, Otake Hironao, Ando Motoo, Okuda Masato, Fujishiro Hiroshige, Iwamoto Kunihiro, Noda Akiko, Sone Michihiko, Ozaki Norio

    SLEEP AND BREATHING   24 巻 ( 2 ) 頁: 783 - 790   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sleep and Breathing  

    DOI: 10.1007/s11325-019-01963-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Effects of sleep-disordered breathing and hypertension on cognitive function in elderly adults

    Kato Kazuko, Noda Akiko, Yasuma Fumihiko, Matsubara Yuka, Miyata Seiko, Iwamoto Kunihiro, Miyazaki Soichiro, Ozaki Norio

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL HYPERTENSION   42 巻 ( 3 ) 頁: 250 - 256   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical and Experimental Hypertension  

    DOI: 10.1080/10641963.2019.1632338

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. SLEEP MONITORING WITH A SINGLE CHANNEL EEG RECORDER IN PATIENTS WITH PSYCHIATRIC DISORDERS

    Miyata S., Iwamoto K., Banno M., Ito Y., Noda A., Ozaki N.

    SLEEP   43 巻   頁: A220 - A221   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  7. Very low frequency component of heart rate variability as a marker for therapeutic efficacy in patients with obstructive sleep apnea: Preliminary study

    Noda Akiko, Hayano Junichiro, Ito Nami, Miyata Seiko, Yasuma Fumihiko, Yasuda Yoshinari

    JOURNAL OF RESEARCH IN MEDICAL SCIENCES   24 巻 ( 1 ) 頁: 84   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Research in Medical Sciences  

    DOI: 10.4103/jrms.JRMS_62_18

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Clinical profiles of late-onset psychiatric patients exhibiting incidental REM sleep without atonia

    Fujishiro Hiroshige, Okuda Masato, Iwamoto Kunihiro, Miyata Seiko, Torii Youta, Iritani Shuji, Ozaki Norio

    JOURNAL OF NEURAL TRANSMISSION   126 巻 ( 8 ) 頁: 1095 - 1104   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neural Transmission  

    DOI: 10.1007/s00702-019-02035-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. CUFF-LESS BLOOD PRESSURE MONITORING DURING SLEEP

    Noda A., Mita Y., Miyata S., Ando M., Okumura T.

    JOURNAL OF HYPERTENSION   37 巻   頁: E254 - E254   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/01.hjh.0000573244.64731.f2

    Web of Science

  10. EFFECTS OF AROMATHERAPY ON SLEEP AND COGNITIVE FUNCTION IN THE ELDERLY

    Noda Akiko, Funaki Narumi, Hirashita Rie, Nakashima Honoka, Mita Yasuaki, Masato Okuda, Miyata Seiko, Iwamoto Kunihiro, Ozaki Norio, Urakami Katsuya

    SLEEP   42 巻   頁: .   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  11. DIFFERENCES IN SLEEP DURATION AND QUALITY BETWEEN WEEKDAYS AND WEEKENDS IN JAPANESE ADULTS

    Miyata Seiko, Iwamoto Kunihiro, Ando Motoo, Ito Yuki, Noda Aiko, Ozaki Norio

    SLEEP   42 巻   頁: .   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  12. Delayed sleep/wake rhythm and excessive daytime sleepiness correlate with decreased daytime brain activity during cognitive task in university students

    Miyata Seiko, Noda Akiko, Kawai Sayumi, Honda Kumiko, Iwamoto Kunihiro, Ozaki Norio, Miyazaki Soichiro, Kondo Takaharu

    BIOLOGICAL RHYTHM RESEARCH   50 巻 ( 2 ) 頁: 171-179   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09291016.2018.1433467

    Web of Science

    Scopus

  13. Application of eye trackers for understanding mental disorders: Cases for schizophrenia and autism spectrum disorder.

    Shishido E, Ogawa S, Miyata S, Yamamoto M, Inada T, Ozaki N

    Neuropsychopharmacology reports     2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/npr2.12046

    PubMed

  14. Effect of Valvular Regurgitation on Left Ventricular Function in Middle-aged and Elderly

    MIYATA Seiko, NODA Akiko

      49 巻 ( 2 ) 頁: 89-96   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.34363/jocp.49.2_89

    CiNii Article

  15. 睡眠と脂質代謝との関連

    宮田 聖子, 野田 明子, 岩本 邦弘, 尾崎 紀夫

    オレオサイエンス   19 巻 ( 7 ) 頁: 285-290   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>睡眠は,代謝調節に重要な役割を果たし,睡眠障害は脂質代謝異常を来す。中でも睡眠呼吸障害は,脂質代謝異常,高血圧や糖尿病と密接に関わっており,心血管病の発症リスクを高めるとの証左が多い。近年,質量分析計を用い睡眠障害による脂質代謝異常の分子的なメカニズムを解明しようという試みがなされている。閉塞性睡眠時無呼吸患者において重症度と脂質分子種プロファイルが関連すること,睡眠時間制限によりいくつかの脂質分子種が変動することが報告されている。質量分析計を用いた脂質代謝産物の包括的解析は,睡眠 / 覚醒調節および関連する代謝プロセスの理解をさらに深め,代謝プロファイリングを利用することで病態および治療効果評価においてバイオマーカー探索に不可欠となると考えられている。本稿では,睡眠と脂質代謝異常との関連について疫学研究および質量分析による研究を紹介する。</p>

    DOI: 10.5650/oleoscience.19.285

    CiNii Article

  16. Effects of hypnotics on prefrontal cortex activity during a verbal fluency task in healthy male subjects: A near-infrared spectroscopy study

    Tsuruta Yoshiyuki, Iwamoto Kunihiro, Banno Masahiro, Kawano Naoko, Kohmura Kunihiro, Miyata Seiko, Fujishiro Hiroshige, Noda Yukihiro, Noda Akiko, Iritani Shuji, Ozaki Norio

    HUMAN PSYCHOPHARMACOLOGY-CLINICAL AND EXPERIMENTAL   33 巻 ( 6 ) 頁: e2678   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hup.2678

    Web of Science

    PubMed

  17. The effect of short sleep on lipid metabolism in Japanese university students

    Miyata S., Noda A., Iwamoto K., Fujishiro H., Taguchi R., Ozaki N.

    JOURNAL OF SLEEP RESEARCH   27 巻   頁: .   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  18. Hydrogen gas improves left ventricular hypertrophy in Dahl rat of salt-sensitive hypertension.

    Matsuoka H, Miyata S, Okumura N, Watanabe T, Hashimoto K, Nagahara M, Kato K, Sobue S, Takeda K, Ichihara M, Iwamoto T, Noda A

    Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)     頁: 1-5   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10641963.2018.1481419

    PubMed

  19. Early diagnosis of Lewy body disease in patients with late-onset psychiatric disorders using clinical history of rapid eye movement sleep behavior disorder and [I-123]-metaiodobenzylguanidine cardiac scintigraphy

    Fujishiro Hiroshige, Okuda Masato, Iwamoto Kunihiro, Miyata Seiko, Torii Youta, Iritani Shuji, Ozaki Norio

    PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES   72 巻 ( 6 ) 頁: 423-434   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pcn.12651

    Web of Science

    PubMed

  20. BENEFICIAL EFFECTS OF POSITIONAL THERAPY ON COGNITIVE FUNCTION IN ELDERLY PATIENTS WITH OBSTRUCTIVE SLEEP APNEA

    Noda A., Miyata S., Iwamoto K., Ozaki N.

    SLEEP   41 巻   頁: A209 - A209   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Effects of lower limb vibrations in the supine position on autonomic activity in healthy adults 査読有り

    Noda A, Tsukano S, Miyata S, Inoue S, Honda K, Yasuma F

    Br J Res   4 巻   頁: 34   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. POLYSOMNOGRAPHIC AND MORPHOLOGICAL CHARACTERISTICS IN ELDERLY PATIENTS WITH OBSTRUCTIVE SLEEP APNEA

    Miyata S., Otake H., Noda A., Okuda M., Ando M., Fujishiro H., Iwamoto K., Ozaki N.

    SLEEP MEDICINE   40 巻   頁: E228-E229   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  23. Influence of sleep duration on cortical oxygenation in elderly individuals 査読有り

    Kato K, Miyata S, Ando M, Matsuoka H, Yasuma F, Iwamoto K, Kawano N, Banno M, Ozaki N, Noda A

    Psychiatry Clin Neurosci   71 巻   頁: 44-51   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pcn.1246

  24. Nitric Oxide Plasma Level as a Barometer of Endothelial Dysfunction in Factory Workers

    Miyata Seiko, Noda Akiko, Hara Yuki, Ueyama Jun, Kitaichi Kiyoyuki, Kondo Takaaki, Koike Yasuo

    EXPERIMENTAL AND CLINICAL ENDOCRINOLOGY & DIABETES   125 巻 ( 10 ) 頁: 684-689   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0043-110054

    Web of Science

    PubMed

  25. Beneficial effects of CPAP treatment on endothelial function in patients with mild to moderate obstructive sleep apnea. 査読有り

    4. Miyata S, Noda A, Yasuda Y, Kojima MS, Tsukano S, Sugiura T, Koike Y, Otake H

    Cardiovasc Disord Med   2 巻   頁: 1-4   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. REM sleep without atonia in middle-aged and older psychiatric patients and Lewy body disease: a case series. 査読有り

    5. Fujishiro H, Okuda M, Iwamoto K, Miyata S, Otake H, Noda A, Iritani S, Ozaki N

    Int J Geriatr Psychiatry   32 巻   頁: 397-406   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. REM sleep without atonia in middle-aged and older psychiatric patients and Lewy body disease: a case series

    Fujishiro Hiroshige, Okuda Masato, Iwamoto Kunihiro, Miyata Seiko, Otake Hironao, Noda Akiko, Iritani Shuji, Ozaki Norio

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GERIATRIC PSYCHIATRY   32 巻 ( 4 ) 頁: 397-406   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/gps.4477

    Web of Science

    PubMed

  28. EFFECTS OF SLEEP DISORDER AND PHYSICAL ACTIVITY ON COGNITIVE FUNCTION IN OLDER ADULTS

    Noda A., Miyata S., Iwamoto K., Ozaki N.

    SLEEP   40 巻   頁: A314 - A314   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  29. Influence of sleep duration on cortical oxygenation in elderly individuals

    Kato Kazuko, Miyata Seiko, Ando Motoo, Matsuoka Hiroki, Yasuma Fumihiko, Iwamoto Kunihiro, Kawano Naoko, Banno Masahiro, Ozaki Norio, Noda Akiko

    PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES   71 巻 ( 1 ) 頁: 44-51   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pcn.12464

    Web of Science

    PubMed

  30. 第3章 睡眠検査

    野田 明子, 宮田 聖子

    医学検査   66 巻 ( 2 ) 頁: 95-105   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>睡眠障害・睡眠不足は認知症のリスクファクターであり,認知症の発症・重症化の予防において睡眠検査は有用である。睡眠の客観評価法として,終夜における睡眠深度・睡眠中の呼吸循環の生理現象を総合的に評価する睡眠ポリグラフ検査,睡眠覚醒リズムを評価するアクチグラフィ,過眠症の診断や治療効果の判定として実施される反復睡眠潜時検査および在宅で行うことができる簡易睡眠呼吸障害検査がある。主観的睡眠検査として,ピッツバーグ睡眠質問票およびエプワース眠気尺度は睡眠障害のスクリーニングとして日常臨床で汎用されている。また,睡眠日誌はアクチグラフィとともに概日リズム睡眠障害の診断に必須の検査である。これらの睡眠検査の臨床的意義,検査方法および評価を十分理解し,実施することが重要である。</p>

    DOI: 10.14932/jamt.17J2-13

    CiNii Article

  31. Endomyocardial radial strain rate imaging during dobutamine stress echocardiography for the evaluation of contractile reserve in patients with dilated cardiomyopathy 査読有り

    Minoshima M, Noda A, Kobayashi M, Miyata S, Hirashiki A, Okumura T, Izawa H, Ishii H, Kondo T, Murohara T

    J Clin Ultrasound   ( 44 ) 頁: 555-560   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcu.22376

  32. Masked hypertension and morning blood pressure surge in patients with obstructive sleep apnea syndrome 査読有り

    Miyata S, Noda A, Otake H, Yasuda Y.

    J Sleep Disor: Treat Care   5 巻   頁: 1   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4172/2325-9639.1000168

  33. The effect of habitual physical training on left ventricular function during exercise by three-dimensional echocardiography 査読有り

    Kojima MS, Noda A, Miyata S, Kojima J, Hara Y, Minoshima M, Matsushita T, Murohara T

    Echocardiography   32 巻   頁: 1670-1675   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/echo.12934

  34. Impaired cortical oxygenation is related to mood disturbance resulting from three nights of sleep restriction. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Iwamoto K, Kawano N, Banno M, Tsuruta Y, Noda Y, Ozaki N.

    Sleep Biol Rhythms     2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/sbr.12130

  35. Smoking acutely impaired endothelial function in healthy college students

    Miyata Seiko, Noda Akiko, Ito Yuki, Iizuka Ryo, Shimokata Kaoru

    ACTA CARDIOLOGICA   70 巻 ( 3 ) 頁: 282 - 285   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/AC.70.3.3080632

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  36. The effect of habitual physical training on left ventricular function during exercise by three-dimensional echocardiography 査読有り

    Kojima MS, Noda A, Miyata S, Kojima J, Hara Y, Minoshima M, Matsushita T, Murohara T

    Echocardiography     2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/echo.12934

  37. The effects of acute treatment with paroxetine, amitriptyline, and placebo on equilibrium function in healthy subjects: A double-blind crossover trial. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Iwamoto K, Takahashi M, Hara Y, Kojima J, Iidaka T, Ozaki N.

    Int J Psy Clin Pract.   18 巻 ( 1 ) 頁: 32-36   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Effects of a custom-made pillow on sleep and blood pressure circadian rhythm 査読有り

    MiyataS, Noda A

    J Hypertens   3 巻   頁: 183   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Effects of Aged Garlic Extract on Left Ventricular Diastolic Function and Fibrosis in a Rat Hypertension Model

    Hara Yuki, Noda Akiko, Miyata Seiko, Minoshima Makoto, Sugiurai Mari, Kojima Jun, Takeo Masafumi, Furukawa Mayuko, Cheng Xian Wu, Nagata Kohzo, Murohara Toyoaki

    EXPERIMENTAL ANIMALS   62 巻 ( 4 ) 頁: 305-310   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  40. Effect of Aged Garlic Extract on Left Ventricular Diastolic Function and Fibrosis in Rats Model of Hypertension. 査読有り

    Hara Y, Noda A, Miyata S, Minoshima M, Sugiura M, Kojima J, Otake M, Furukawa M, Cheng XW, Nagata K, Murohara T.

    Exp Animal.   62 巻   頁: 305-310   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Poor sleep quality impaired cognitive performance in older adults. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Iwamoto K, Kawano N, Okuda M, Ozaki N.

    J Sleep Res   22 巻 ( 5 ) 頁: 535-541   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Disproportionate change of blood flow between the upper limbs and the lower limbs in healthy young adults during recovery from exercise. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Nishikimi N, Yamada A, Murohara T, Komori K.

    Gazzetta Medica Italiana.   172 巻 ( 3 ) 頁: 131-136   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Comparison of oxygen desaturation patterns in children and adults with sleep-disordered breathing. 査読有り

    Hara Y, Noda A, Miyata S, Otake H, Yasuda Y, Okuda M, Koike Y, Nakata S, Nakashima T.

    Am J Otolaryngol.   34 巻 ( 5 ) 頁: 537-540   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Therapeutic strategies for sleep apnea in patients with hypertension and heart failure 査読有り

    Noda A, Miyata S, Yasuda Y

    Pulmonary Medicine   2013 巻   頁: 814169   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1155/2013/814169

  45. Therapeutic strategies for sleep apnea in hypertension and heart failure.

    Noda A, Miyata S, Yasuda Y

    Pulmonary medicine   2013 巻   頁: 814169   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2013/814169

    Scopus

    PubMed

  46. Rapid eye movement (REM) sleep: New research

    Noda A.

    Rapid Eye Movement Sleep: New Research     頁: 73-83   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  47. The effects of the prone position on the physiological function in healthy students. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Fujii Y, Maekawa A, Okuda M, Nakazaki C, Otake H, Nakata S, Yasuma F, Koike Y, Shimokata K, Nakashima T, Hinohara S.

    Open Gen Intern Med J.   5 巻   頁: 9-12   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. The effects of the prone position on the physiological function in healthy students. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Fujii Y, Maekawa A, Okuda M, Nakazaki C, Otake H, Nakata S, Yasuma F, Koike Y, Shimokata K, Nakashima T, Hinohara S

    Open Gen Intern Med J   5 巻   頁: 9-12   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. RELATIONSHIP BETWEEN SLEEP DURATION AND CARDIO-ANKLE VASCULAR INDEX IN HEALTHY YOUNG ADULTS

    Noda A., Miyata S.

    SLEEP   35 巻   頁: A317 - A317   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  50. The ratio of adiponectin to homeostasis model assessment of insulin resistance is a powerful index of each component of metabolic syndrome in an aged Japanese population: Results from the KING Study

    Nakatochi Masahiro, Miyata Seiko, Tanimura Daisuke, Izawa Hideo, Asano Hiroyuki, Murase Yosuke, Kato Ryuji, Ichihara Sahoko, Naruse Keiko, Matsubara Tatsuaki, Honda Hiroyuki, Yokota Mitsuhiro

    DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE   92 巻 ( 3 ) 頁: E61-E65   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diabres.2011.02.029

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  51. Relation of a common variant of the adiponectin gene to serum adiponectin concentration and metabolic traits in an aged Japanese population

    Tanimura Daisuke, Shibata Rei, Izawa Hideo, Hirashiki Akihiro, Asano Hiroyuki, Murase Yosuke, Miyata Seiko, Nakatochi Masahiro, Ouchi Noriyuki, Ichihara Sahoko, Yasui Kenji, Yoshida Tsutomu, Naruse Keiko, Matsubara Tatsuaki, Yokota Mitsuhiro

    EUROPEAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS   19 巻 ( 3 ) 頁: 262 - 269   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Human Genetics  

    DOI: 10.1038/ejhg.2010.201

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  52. Monitoring sleep-wake rhythm with actigraphy in patients on CPAP therapy. 査読有り

    Otake M, Miyata S, Noda A, Koike Y, Hara Y, Sugiura M, Minoshima M, Kojima J, Nakata S, Nakashima T.

    Respiration   82 巻   頁: 136-141   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Monitoring Sleep-Wake Rhythm with Actigraphy in Patients on Continuous Positive Airway Pressure Therapy

    Otake Masafumi, Miyata Seiko, Noda Akiko, Koike Yasuo, Hara Yuki, Sugiura Mari, Minoshima Makoto, Kojima Jun, Nakata Seiichi, Nakashima Tsutomu

    RESPIRATION   82 巻 ( 2 ) 頁: 136-141   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000321238

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  54. ONE NIGHT SLEEP RESTRICTION IMPAIRS THE CORTICAL OXYGENATION RESPONSES

    Miyata S., Noda A., Ito M., Iwamoto K., Ozaki N.

    EUROPEAN PSYCHIATRY   26 巻   頁: .   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  55. Relation of polymorphisms of the adiponectin gene to components of metabolic syndrome in a population-based study in Japan

    Tanimura D., Shibata R., Izawa H., Asano H., Hirashiki A., Miyata S., Nakatochi M., Naruse K., Matsubara T., Yokota M.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   31 巻   頁: 1006-1006   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  56. 健常成人における熟成にんにくの血管内皮機能へ及ぼす影響

    宮田 聖子, 野田 明子, 永井 万由佳, 大嶽 正文, 上山 純, 古池 保雄

    日本臨床生理学会雑誌 = Japanese journal of applied physiology   40 巻 ( 2 ) 頁: 103-108   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  57. Insufficient sleep impairs driving performance and cognitive function. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Ozaki N, Hara Y, Minoshima M, Iwamoto K, Takahashi M, Iidaka T, Koike Y

    Neurosci Lett   469 巻   頁: 229-233   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. EFFECT OF SLEEP DISORDER ON CARDIOVASCULAR FUNCTION IN THE ELDERLY

    Nakazaki C., Noda A., Yamada S., Miyata S., Koike Y.

    SLEEP   33 巻   頁: A353 - A354   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  59. SLEEP FRAGMENTATION AND HYPOXIA IMPAIR ENDOTHELIAL FUNCTION IN PATIENTS WITH OBSTRUCTIVE SLEEP APNEA SYNDROME

    Noda A., Miyata S., Nakazaki C., Nakata S., Koike Y.

    SLEEP   33 巻   頁: A118 - A118   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  60. Sleep and lifestyle habits in morning and evening types of human circadian rhythm. 査読有り

    Sukegawa M, Noda A, Morishita Y, Ohi H, Miyata S, Honda K, Maeno N, Ozaki N, Koike Y

    Biological Rhythm Research   40 巻   頁: 121-127   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Impact of microarousal associated with increased negative esophageal pressure in sleep-disordered breathing. 査読有り

    Sukegawa M, Noda A, Yasuda Y, Nakata S, Sugiura T, Miyata S, Honda K, Hasegawa Y, Nakashima T, Koike Y

    Sleep Breath   13 巻   頁: 369-373   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Aortic Pressure Augmentation as a Marker of Cardiovascular Risk in Obstructive Sleep Apnea Syndrome

    NODA Akiko, NAKATA Seiichi, FUKATSU Hiroshi, YASUDA Yoshinari, MIYAO Etsuko, MIYATA Seiko, YASUMA Fumihiko, MUROHARA Toyoaki, YOKOTA Mitsuhiro, KOIKE Yasuo

    Hypertension research : clinical and experimental : official journal of the Japanese Society of Hypertension   31 巻 ( 6 ) 頁: 1109 - 1114   2008年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  63. Evaluation of left ventricular function in healthy subjects during exercise using three-dimensional echocardiography

    Sugiura M.

    Choonpa Igaku   35 巻 ( 4 ) 頁: 409-414   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <B>目的</B>:3次元(three-dimensional: 3D)心エコー法による運動時の左心機能評価の信頼性および実用性について,パルスドプラ法および断層エコー(two-dimensional: 2D)心エコー法と比較検討した.<B>対象と方法</B>:健常成人18例を対象に仰臥位自転車エルゴメーターによる多段階運動負荷試験を施行し,運動時の左心機能を3D心エコー法により評価した.3D法による運動中の一回拍出量係数(stroke volume index: SVI, stroke volume / body surface area),心係数(cardiac index: CI, cardiac output / body surface area)および左室駆出率(left ventricular ejection fraction: LVEF)をパルスドプラ法および2D法によるそれらと比較した.各方法によるSVI,LVEF,左室収縮および拡張末期容積の同一者間,他者間変動を検討した.<B>結果</B>:運動中のSVI,CIおよびLVEFの同一者間および他者間変動はパルスドプラ法および2D法に比し3D法で小であった.また,3D法によって求めたSVIおよびCIは,運動中,心拍数の上昇と共に最大運動時まで増大した.3D法では安静時および最大運動時のdyssynchronyの評価が可能であった.<B>結論</B>:運動中の左心機能評価として3D心エコー法は実用的と考えられた.

    DOI: 10.3179/jjmu.35.409

    Scopus

    CiNii Article

  64. Aortic pressure augmentation as a marker of cardiovascular risk in obstructive sleep apnea syndrome. 査読有り

    Noda A, Nakata S, Fukatsu H, Yasuda Y, Miyao E, Miyata S, Yasuma F, Murohara T, Yokota M, Koike Y.

    Hypertens Res   31 巻   頁: 1109-1114   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Continuous Positive Airway Pressure Improves Daytime Baroreflex Sensitivity and Nitric Oxide Production in Patients with Moderate to Severe Obstructive Sleep Apnea Syndrome

    NODA Akiko, NAKATA Seiichi, KOIKE Yasuo, MIYATA Seiko, KITAICHI Kiyoyuki, NISHIZAWA Takao, NAGATA Kohzo, YASUMA Fumihiko, MUROHARA Toyoaki, YOKOTA Mitsuhiro

    Hypertension research : clinical and experimental : official journal of the Japanese Society of Hypertension   30 巻 ( 8 ) 頁: 669 - 676   2007年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  66. Obstructive sleep apnea syndrome adversely affects on cerebral blood flow

    Hara Yuhki, Noda Akiko, Miyata Seiko, Minoshima Makoto, Sukegawa Mayo, Sugiura Mari, Iwami Aki, Adachi Yuki, Iidaka Tetsuya, Ozaki Norio, Koike Yasuo

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY   49 巻 ( 9 ) 頁: 321A-321A   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  67. OE-298 Assessment of Regional Myocardial Dysfunction in Hypertrophic Cardiomyopathy Using Endomyocardial and Epimyocardial Radial Strain Imaging(Echo/Doppler-03, The 71st Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society)

    Minoshima Makoto, Noda Akiko, Miyata Seiko, Iwami Aki, Hara Yuhki, Sugiura Mari, Nishizawa Takao, Izawa Hideo, Iino Shigeo, Murohara Toyoaki, Yokota Mitsuhiro, Koike Yasuo

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 巻 ( 0 )   2007年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

  68. OE-299 Myocardium Strain during Dobutamine Stress Echocardiography Discriminate Ischemic Heart Disease from Dilated Cardiomyopathy(Echo/Doppler-03, The 71st Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society)

    Miyata Seiko, Noda Akiko, Asano Hiroyuki, Hirashiki Akihiro, Kobayashi Kazumasa, Yamada Takashi, Kataoka Hiroki, Harada Kenji, Nishizawa Takao, Murase Yosuke, Unno Kazumasa, Isobe Satoshi, Iino Shigeo, Izawa Hideo, Nagata Kohzo, Inden Yoshiya, Murohara Toyoaki, Yokota Mitsuhiro, Koike Yasuo

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   71 巻 ( 0 ) 頁: 225 - 226   2007年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

  69. Follow-up for Patients with Obstructive Sleep Apnea Syndrome using A Portable Recording Device

    Miyata Seiko, Noda Akiko, Honda Kumiko, Nakata Seiichi, Suzuki Keisuke, Nakashima Tsutomu, Koike Yasuo

    Nagoya Journal of Medical Science   69 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 43   2007年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:名古屋大学  

    A home screening device, LT-200, can record data on both breathing conditions and body positions during sleep for up to 3 consecutive days in patients with obstructive sleep apnea (OSAS). We investigated the usefulness of the LT-200 device for follow-up of OSAS. Eighteen patients (age 51.0±10.8 years, mean±SD) were enrolled in this study. Standard polysomnography (PSG) was performed on all patients. The number of apnea/hypopnea episodes per hour (apnea/hypopnea index: AHI), the total time that nocturnal oxygen saturation was <90% (oxygen desaturation time: ODT), and the minimum oxygen saturation during sleep (lowest Spo_2) were calculated. We used the LT-200 and PSG to evaluate any improvement in the data obtained after auto-continuous positive airway pressure (auto-CPAP) therapy. AHI was also measured using the LT-200 in three sleep positions to evaluate the efficacy of the lateral position. AHI, ODT, and lowest Spo_2 values did not differ significantly between the PSG and LT-200 recordings on the control and therapy nights. The LT-200 recordings showed that AHI, ODT, and lowest Spo_2 tended to be better on the second night of auto-CPAP therapy than on the first. AHI was significantly lower in the right and left lateral sleep positions than that in the supine position. Our findings suggest that since the LT-200 device provides important information about the severity of OSAS, the efficacy of auto-CPAP therapy, and body position under unattended conditions in the home. It may prove to be a useful tool for following up patients.

    DOI: 10.18999/nagjms.69.1-2.37

    CiNii Article

  70. Follow-up for patients with obstructive sleep apnea syndrome using a portable recording device. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Honda K, Nakata S, Suzuki K, Nakashima T, Koike Y

    Nagoya J Med Sci   69 巻   頁: 37-43   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Influence of nasal resistance on initial acceptance of continuous positive airway pressure in treatment for obstructive sleep apnea syndrome. 査読有り

    Sugiura T, Noda A, Nakata S, Yasuda Y, Soga T, Miyata S, Nakai S, Koike Y

    Respiration   74 巻   頁: 56-60   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Continuous positive airway pressure improves daytime baroreflex sensitivity and nitric oxide production in patients with moderate to severe obstructive sleep apnea syndrome. 査読有り

    Noda A, Nakata S, Koike Y, Miyata S, Kitaichi K, Nishizawa T, Nagata K, Yasuma F, Murohara T, Yokota M

    Hypertens Res   30 巻   頁: 669-676   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Daytime polysomnography for early diagnosis and treatment of patients with suspected sleep-disordered breathing. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Nakata S, Yagi H, Yanagi E, Honda K, Sugiura T, Nakai S, Nakashima T, Koike Y

    Sleep Breath   11 巻   頁: 109-115   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Assessment for severity of sleep-disordered breathing in children

    Hara Y., Noda A., Nakata S., Miyata S., Honda K., Minoshima M., Sugiura M., Nakashima T., Koike Y.

    SLEEP   30 巻   頁: A77 - A78   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  75. 食塩感受性高血圧ラットの高血圧進行過程における左心機能評価

    原 祐樹, 古池 保雄, 野田 明子, 宮田 聖子, 美濃島 慎, 杉浦 真里, 小島 隼, 大嶽 正文, 加藤 まゆ子, 永田 浩三

    超音波検査技術抄録集   32 巻 ( 0 ) 頁: 214-214   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11272/jssabst.32.0_214_2

    CiNii Article

  76. The role of actigraph for cpap therapy followup in patients with sleep-disordered breathing

    Ohtake M., Noda A., Kojima J., Nakata S., Hara Y., Adati Y., Miyata S., Koike Y.

    SLEEP   30 巻   頁: A174 - A174   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  77. Comprehensive approaches to identification of susceptibility genes for myocardial infarction

    Yokota M., Miyata S., Asano H., Izawa I., Nagata K.

    RECENT ADVANCES IN CARDIOVASCULAR DISEASE: PROCEEDINGS OF THE 13TH WORLD CONGRESS HEART DISEASE     頁: 75-+   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  78. Sex differences in the relationships between electrocardiographic abnormalities and the extent of left ventricular hypertrophy by echocardiography. 査読有り

    Ochi H, Noda A, Miyata S, Skegawa M, Iwase M, Koike Y, Ito R, Yamada H, Takamatsu J, Yokota M

    Ann Noninvasive Electrocardiol   11 巻   頁: 222-229   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Reduced nasal resistance after conventional tonsillectomy in obstructive sleep apnea patients

    Nakata S., Noda A., Miyata S., Sugiura T., Morinaga M., Nakashima T.

    SLEEP   29 巻   頁: A174 - A175   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  80. The predictor for evaluating the efficacy of the lateral sleeping position

    Soga T., Noda A., Nakata S., Sugiura T., Miyata S., Iwami A., Sukegawa M., Adachi Y., Nakai S., Koike Y.

    SLEEP   29 巻   頁: A176 - A177   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  81. The influence of insufficient sleep on cerebral blood volume

    Miyata S., Noda A., Adachi Y., Okuda M., Hara Y., Minoshima M., Sukegawa M., Iidaka T., Ozaki N., Koike Y.

    SLEEP   29 巻   頁: A116 - A116   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  82. Sleeping and life habits in morning and evening types of sleep-wake rhythm

    Kato H., Noda A., Miyata S., Morishita Y., Adachi Y., Iwami A., Sukegawa M., Maeno N., Ozaki N., Koike Y.

    SLEEP   29 巻   頁: A57 - A57   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  83. Sleep-disordered breathing and heart rate variability in hemodialysis patient

    Adachi Y., Soga T., Noda A., Sugiura T., Miyata S., Sukegawa M., Yoshizaki S., Tsuruta Y., Nakai S., Koike Y.

    SLEEP   29 巻   頁: A311 - A311   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  84. Assessment of Plasma NO in Patients with Diabetes Mellitus(Atherosclerosis, Clinical 3 (IHD), The 69th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society)

    Miyata Seiko, Noda Akiko, Ando Akitada, Kitaichi Kiyoyuki, Izawa Hideo, Nagata Kouzo, Koike Yasuo, Yokota Mitsuhiro

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   69 巻 ( 0 ) 頁: .   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  85. 生活習慣病患者における血漿NOの検討

    宮田 聖子, 野田 明子, 安藤 晃禎, 吉村 敦子, 上山 純, 北市 清幸, 黒木 祥子, 助川 真代, 古池 保雄, 横田 充弘

    日本臨床生理学会雑誌 = Japanese journal of applied physiology   35 巻 ( 1 ) 頁: 39-43   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  86. The effects of tonsillectomy and nasal surgery respectively on same OSAHS patients

    Nakata S, Noda A, Miyata S, Nakashima T

    SLEEP   28 巻   頁: A199 - A200   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  87. Long-term nasal continuous positive airway pressure treatment decreases pulse wave velocity in patients with obstructive sleep apnea syndrome

    Noda A, Sugiura T, Miyata S, Kitaichi K, Nakata S, Kuroki S, Sukegawa M, Nakai S, Yasuma F, Koike Y

    CIRCULATION   110 巻 ( 17 ) 頁: 607-607   2004年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  88. REM sleep is impaired by a small amount of alcohol in young women sensitive to alcohol. 査読有り

    Miyata S, Noda A, Ito N, Atarashi M, Yasuma F, Morita S, Koike Y

    Intern Med   43 巻   頁: 679-684   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Home screening device for follow-up of continuous positive airway pressure therapy in patients with obstructive sleep apnea syndrome

    Miyata S, Noda A, Nakata S, Honda K, Yanagi E, Nakashima T, Yasuda Y, Sugiura T, Nakai S, Koike Y

    SLEEP   27 巻   頁: 191 - 191   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  90. Impaired REM sleep by alcohol ingestion and alcohol sensitivity in young women

    Miyata S, Noda A, Ito N, Iwami A, Atarshi M, Morishita Y, Sukegawa M, Kuroki S, Ochi H, Koike Y

    SLEEP   27 巻   頁: 39 - 39   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  91. Daytime polysomnography for early detection of severe obstructive sleep apnea syndrome

    Miyata S, Noda A, Nakata S, Atarashi M, Honda K, Koike Y

    SLEEP   26 巻   頁: A245-A245   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. 高齢社会における人と自動車 査読有り

    宮田聖子, 尾崎紀夫( 担当: 共著 ,  範囲: 2.5 運転中の体調急変 2.5.1 睡眠障害)

    コロナ社  2021年1月  ( ISBN:978-4-339-02772-3

     詳細を見る

    総ページ数:240   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. メディカルスタッフ専門基礎科目シリーズ 精神医学 第9章睡眠・覚醒障害

    宮田聖子, 藤城弘樹( 担当: 共著)

    理工図書  2018年8月  ( ISBN:4844608770

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. 3)PSGの準備・手順・較正 1. 睡眠ポリグラフ検査(PSG)の基礎的知識 改訂版臨床睡眠検査マニュアル(日本睡眠学会 編)

    野田明子, 宮田聖子( 担当: 共著)

    ライフ・サイエンス  2015年9月  ( ISBN:978-4-89801-527-8

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. メディカルサイエンス 臨床化学検査学・8 ホルモン

    宮田聖子, 野田明子, 古川圭子( 担当: 共著)

    近代出版  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. Rapid Eye Movement Sleep: New Research/Rapid Eye Movement (REM) Sleep: New Research

    ( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. 基礎からの睡眠医学・アクチグラフィ

    宮田聖子, 野田明子( 担当: 共著)

    名古屋大学出版会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. Daytime polysomnography and portable recording device for diagnosis and CPAP therapy in patients with obstructive sleep apnea syndrome

    ( 担当: 共著)

    [s.n.]  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

▼全件表示

講演・口頭発表等 30

  1. The effect of short sleep on lipid metabolism in Japanese university students. 国際会議

    Miyata S, Noda A, Iwamoto K, Fujishiro H, Taguchi R, Ozaki N

    24th Congress of the European Sleep Research Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月25日 - 2018年9月28日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  2. 高齢睡眠呼吸障害患者における認知機能と嗅覚機能の検討

    宮田聖子、大竹宏直、野田明子

    第8回日本認知症予防学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月22日 - 2018年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. Brain activity and life style in older people 国際会議

    Miyata S, Mita Y, Okuda M, Iwamoto K, Miyazaki S, Ozaki N, Noda A

    The 9th Congress of Asian Sleep Research Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月12日 - 2018年7月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. Beneficial effects of positional therapy on cognitive function in elderly patients with obstructive sleep apnea 国際会議

    Noda A, Miyata S, Iwamoto K, Ozaki N

    Beneficial effects of positional therapy on cognitive function in elderly patients with obstructive sleep apnea 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月2日 - 2018年6月6日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  5. Polysomnographic and morphological characteristics in elderly patients with obstructive sleep apnea. 国際会議

    1. Miyata S, Otake H, Noda A, Okuda M, Ando M, Fujishiro H, Iwamoto K, Ozaki N

    World Sleep 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月7日 - 2017年10月11日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:チェコ共和国  

  6. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群における耳鼻咽喉科所見とCPAP使用状況の検討 招待有り

    宮田聖子, 野田明子, 大竹宏直

    第9回中部睡眠循環呼吸研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. 地域在住高齢者における睡眠・睡眠呼吸障害の認知機能への影響

    宮田聖子, 野田明子, 安藤元郎, 松岡弘樹, 岩本邦弘, 藤城弘樹, 奥田将人, 大竹宏直, 宮﨑総一郎, 尾崎紀夫

    第6回日本認知症予防学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. 高齢閉塞性睡眠時無呼吸症患者における睡眠ポリグラフ検査所見とCPAP治療継続への影響の検討

    宮田聖子, 大竹宏直, 藤城弘樹, 奥田将人, 岩本邦弘, 安田宜成, 野田明子, 尾崎紀夫

    日本睡眠学会第41回定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. Influences of patient characters and polysomnographic parameters on a sheet type home screening test. 国際会議

    Miyata S, Otake H, Fujishiro H, Okuda M, Noda A, Ozaki N

    SLEEP 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  10. 食塩感受性Dahlラットにおける水素ガスの高血圧への影響

    宮田聖子, 加藤和子, 野田明子

    第38回日本高血圧学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. 睡眠不足と認知機能低下・気分障害との関係

    宮田聖子, 野田明子

    第5回日本認知症予防学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群における高齢期患者の病態生理に関する検討 招待有り

    宮田聖子, 野田明子, 奥田将人, 大竹宏直

    第7回中部睡眠循環呼吸研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. 短時間睡眠による昼間の生活および精神機能への影響の検討 招待有り

    宮田聖子, 野田明子, 尾崎紀夫

    日本睡眠学会第39回定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. オーダーメイド寝具による睡眠への影響.

    宮田聖子, 野田明子

    日本睡眠学会第38回定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:秋田   国名:日本国  

  15. Relation between excessive daytime sleepiness and cortical oxygenation during cognitive function task. 国際会議

    Miyata S, Noda A, Iwamoto K, Ozaki N.

    SLEEP 2013 Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 睡眠と生活習慣 -寝具・運動・嗜好飲料との関係を中心に.

    宮田聖子, 野田明子

    日本睡眠学会第38回定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:秋田   国名:日本国  

  17. 緊急を要する心電図とアーチファクト.

    宮田聖子, 野田明子

    日本睡眠学会第38回定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:秋田   国名:日本国  

  18. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者における負荷心エコー法による心機能評価.

    宮田聖子, 野田明子, 安田宜成, 大竹宏直, 平敷安希博, 室原豊明.

    第24回日本心エコー図学会学術集会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. Endothelial function is impaired in obstructive sleep apnea syndrome.

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の運動時心肺機能応答.

    21. 宮田聖子、野田明子、平敷安希博、奥田将人、大竹宏直、安田宜成、室原豊明、中島務

    第50回睡眠呼吸障害研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. 近赤外線スペクトロスコピーによる短時間睡眠における脳血流量評価

    宮田聖子, 野田明子, 水野華子, 岩本邦弘, 尾崎紀夫

    第7回日本臨床検査学教育学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. Chronic sleep restriction impaired brain tissue oxygenation in frontal lobe. 国際会議

    Miyata S, Noda A, Iwamoto K, Ozaki N

    SLEEP 2012 Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  23. 加速度センサー内蔵歩数計による睡眠・覚醒リズム評価の検討.

    宮田聖子, 野田明子, 本多久美子, 岩本邦弘, 尾崎紀夫

    日本睡眠学会第37回定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. Chronic sleep restriction inhibits brain activity measured by near-infrared spectroscopy. 国際会議

    Miyata S, Noda A, Ito M, Iwamoto K, Ozaki N

    20th European Congress of Psychiatry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:チェコ共和国  

  25. 高齢者における睡眠・睡眠呼吸障害と認知機能との関連

    宮田聖子, 野田明子, 奥田将人, 岩本邦弘, 尾崎紀夫

    第48回睡眠呼吸障害研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 睡眠と24時間血圧との関連の検討

    宮田聖子, 野田明子

    第18回日本時間生物学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. Impact of masked hypertension/morning BP surge in obstructive sleep apnea syndrome. 国際会議

    Miyata S, Noda A, Yasuda Y, Okuda M, Otake H, Ozaki N, Nakashima T

    World Sleep 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者における仮面高血圧

    宮田聖子, 野田明子

    第50回中部医学検査学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. Strain imaging法によるドブタミン負荷時の心筋虚血・収縮予備能評価

    宮田聖子, 野田明子, 平敷安希博, 大島覚, 奥村貴裕, 室原豊明

    第22回日本心エコー図学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. One night sleep restriction impairs the cortical oxygenation responses. 国際会議

    Miyata S, Noda A, Ito M, Iwamoto K, Ozaki N

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 高齢期における閉塞性睡眠時無呼吸症の病態生理および治療効果への影響の検討

    2016年09月 - 2017年08月

    小林孫兵衛記念医学振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 睡眠障害関連の心血管イベ ント予防を目的とする機器の開発

    2014 - 2015

    研究成果最適展開支援プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 短時間睡眠による昼間の生活および精神機能への影響の検討

    2013年07月 - 2014年06月

    臨床睡眠若手研究者助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 4

  1. 脂質網羅的解析による睡眠障害のメタボロミクスへの影響の検討

    研究課題/研究課題番号:20K11577  2020年04月 - 2023年03月

    宮田 聖子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    睡眠分野においては質量分析法によるメタボロミクスは始まったばかりであり、睡眠障害による代謝性疾患の発症に関する分子的なメカニズムの解明が期待されている。脂質分子種グループはコレステロールや中性脂肪といった臨床の指標より鋭敏に変動しており、脂質メタボローム解析を用い、睡眠障害患者と大学生を対象に睡眠習慣、睡眠時間との脂質メタボロームとの関連を検討することにより、睡眠の障害が脂質代謝異常に与える影響についてそのメカニズムを包括的に検討する。

  2. 質量分析法を用いた睡眠呼吸障害における脂質代謝異常のメカニズムの検討

    研究課題/研究課題番号:16K16600  2016年04月 - 2020年03月

    宮田 聖子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    質量分析手法を用いた脂質メタボロームの包括的解析により、正常あるいは疾患モデル動物のサンプルプロファイルを解析し、病態生理に関与する因子を見つけようとする試みがなされている。脂質質量分析を用い、睡眠呼吸障害患者と健常成人とを比較することにより、睡眠中の無呼吸低呼吸が脂質代謝異常に与える影響について検討した。睡眠呼吸障害患者において健常成人との比較により、96種の脂質分子種(hosphatidylcholines, phosphatidylethanolamines, phosphatidylserine, sphingomyelin, triacylglyceride)に有意な差を認めた。
    睡眠呼吸障害は、心筋梗塞、心不全や脳卒中など様々な心血管疾患の危険因子であることはよく知られている。睡眠呼吸障害の第一治療選択である持続気道陽圧療法によりこれらの心血管疾患の発症リスクが抑制されることも報告されている。睡眠呼吸障害患者において、将来的な心血管疾患の発症や疾患増悪を予防するためには、十分な治療により患者の脂質代謝異常をコントロールすることが重要である。睡眠呼吸障害患者においても、心血管疾患の発症や増悪の程度は患者ごとに異なる。今回の研究成果は、質量分析による患者のリスク層別化を可能とし、個別の最適な治療選択へ貢献できると考える。

  3. 認知機能向上とうつ病予防のための睡眠習慣と運動プログラムの開発

    研究課題/研究課題番号:25282210  2013年04月 - 2018年03月

    野田 明子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    睡眠不足・睡眠障害が認知機能の低下と関係し、うつ病など精神疾患において頻度が高い。運動と睡眠習慣は認知機能に影響するが、それらの効果的な認知機能への影響は十分検討されていない。このような背景の下、我々は多点感圧センサシート法による無拘束在宅睡眠モニタを開発した。また、近赤外線スペクトロスコピーを用い、睡眠と身体活動は認知機能および脳活動に異なる影響を及ぼすことを示した。無拘束在宅睡眠モニタにより睡眠周期の評価が可能であり、睡眠周期を考慮した運動プログラムは、認知機能の向上・うつ病予防、さらには健康寿命の延伸に効果的となる可能性が考えられた。

  4. 睡眠不足・喫煙が引き起こす脂質の代謝異常とその検出マーカーの探索

    研究課題/研究課題番号:25870868  2013年04月 - 2017年03月

    宮田 聖子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、睡眠不足および喫煙による脂質代謝の変化および日中の生活機能への影響を検討した。短時間睡眠により、自然睡眠時に比し、認知課題中の脳血流反応が抑制されることが明らかとなった。また、若年者においても喫煙前に比し、喫煙後に動脈硬化指標の一つである血管内皮機能の低下が認められた。質量分析法を用いた脂質分子種の検討では、自然睡眠時と短時間睡眠時、喫煙者と非喫煙者および喫煙前後の比較で、いくつかの分子種が有意に変化していた。

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 健康と文化

    2020

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 臨床検査総合実習、人体情報学

    2018年4月 - 現在 中部大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  2. 歯科診療補助論Ⅳ(臨床検査)

    2017年4月 - 現在

 

社会貢献活動 4

  1. 認知症対応力向上講習会B

    講師, 運営参加・支援

    愛知県臨床検査技師会/日本臨床検査技師会  2019年2月

  2. 認知症対応力向上講習会B

    講師, 運営参加・支援

    愛知県臨床検査技師会/日本臨床検査技師会  2018年2月

  3. 全国「検査と健康展」実務委員

    運営参加・支援, 実演

    愛知県臨床検査技師会/日本臨床検査技師会  2017年11月

  4. 日本PSG研究会東海支部例会実習講師

    講師, 運営参加・支援

    日本PSG研究会東海支部  2006年7月