2021/03/26 更新

写真a

ワタナベ ヨウスケ
渡邉 陽介
WATANABE Yousuke
所属
未来社会創造機構 モビリティ社会研究所 社会的価値研究部門 特任准教授
職名
特任准教授

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2006年3月   筑波大学 ) 

研究キーワード 3

  1. データマイニング

  2. データベース

  3. データ工学

研究分野 1

  1. 情報通信 / データベース  / データストリーム

現在の研究課題とSDGs 1

  1. ダイナミックマップ

経歴 2

  1. 東京工業大学   学術国際情報センター   助教

    2008年7月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 科学技術振興機構   戦略的創造研究推進事業(CREST)   研究員

    2006年4月 - 2008年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 筑波大学   システム情報工学研究科   コンピュータサイエンス専攻

    - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 筑波大学   第三学群   情報学類

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本データベース学会   正会員

  2. Association for Computing Machinery   Member

  3. 一般社団法人電子情報通信学会   正会員

  4. 一般社団法人情報処理学会   正会員

 

論文 21

  1. Collision Risk Assessment Service for Connected Vehicles: Leveraging Vehicular State and Motion Uncertainties 査読有り

    Lu Tao, Yousuke Watanabe, Yixiao Li, Shunya Yamada, Hiroaki Takada

    IEEE Internet of Things Journal ( Early Access )     頁: 1 - 1   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/JIOT.2021.3059222

  2. Evaluation of Vehicle Position Estimation Method Combining Roadside Vehicle Detector and In-Vehicle Sensors 招待有り 査読有り

    Shunya Yamada, Yousuke Watanabe, Hiroaki Takada

    International Journal On Advances in Networks and Services   13 巻 ( 3 and 4 ) 頁: 82 - 93   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Implementation and Evaluation of Priority Processing by Controlling Transmission Interval Considering Traffic Environment in a Dynamic Map 査読有り

    Kohei Hosono, Akihiko Maki, Yousuke Watanabe, Hiroaki Takada, Kenya Sato

    Proc. VEHICULAR 2020     頁: 33 - 39   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  4. 2次元LRFの計測特性を考慮したEmpty確率分布 査読有り

    山田 峻也, 渡辺 陽介, 高田 広章

    日本ロボット学会誌   38 巻 ( 4 ) 頁: 379 - 390   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7210/jrsj.38.379

  5. エッジコンピューティングを利用した自動運転車のための環境情報分散管理システム 査読有り

    山田 峻也, 渡辺 陽介, 高田 広章

    日本ロボット学会誌   38 巻 ( 2 ) 頁: 199 - 209   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7210/jrsj.38.199

  6. A Vehicle Position Estimation Method combining Roadside Vehicle Detector and In-Vehicle Sensors 査読有り

    Shunya Yamada, Yousuke Watanabe, Hiroaki Takada

    Proc. ICN 2020     頁: 7 - 14   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  7. DynamicMap 2.0: A Traffic Data Management Platform Leveraging Clouds, Edges and Embedded Systems

    Watanabe Yousuke, Sato Kenya, Takada Hiroaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INTELLIGENT TRANSPORTATION SYSTEMS RESEARCH   18 巻 ( 1 ) 頁: 77 - 89   2020年1月

  8. A Proposal of Distributed Occupancy Grid Map on Block Chain Network 査読有り

    Proc. W2GIS 2019     頁: 150 - 159   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-17246-6_12

  9. Performance Evaluation of Querying Point Clouds in RDBMS 査読有り

    Gen Ikawa, Yousuke Watanabe, Shunya Yamada, Hiroaki Takada

    Proc. International Conference on Big Data and Smart Computing (BigComp2019)     2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/BIGCOMP.2019.8679485

  10. Smart scheme: an efficient query execution scheme for event-driven stream processing

    Shaikh Salman Ahmed, Watanabe Yousuke, Wang Yan, Kitagawa Hiroyuki

    KNOWLEDGE AND INFORMATION SYSTEMS   58 巻 ( 2 ) 頁: 341-370   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10115-018-1195-9

    Web of Science

  11. Performance Evaluation of Querying Point Clouds in RDBMS

    Ikawa Gen, Watanabe Yousuke, Yamada Shunya, Takada Hiroaki

    2019 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIG DATA AND SMART COMPUTING (BIGCOMP)     頁: 284-287   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  12. A Recursive Continuous Query Language for Integration of Streams and Graphs

    Watanabe Yousuke

    ADVANCES ON P2P, PARALLEL, GRID, CLOUD AND INTERNET COMPUTING   1 巻   頁: 609-618   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-49109-7_58

    Web of Science

  13. 交通マネジメントに向けたダイナミックマップアーキテクチャの研究 招待有り

    渡辺陽介,竹内栄二朗,高田広章,二宮芳樹

    システム/制御/情報:システム制御情報学会誌   60 巻 ( 11 ) 頁: 488-494   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  14. 運転支援・自動運転のための高精度デジタルマップ 招待有り

    渡辺陽介, 高田広章

    日本ロボット学会誌   33 巻 ( 10 ) 頁: 754-759   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  15. Dynamic Modification of Continuous Queries by Using RDF Metadata of Information Sources 査読有り

    Yousuke Watanabe, Haruo Yokota

    Proc. International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2015) in conjunction with 3PGCIC-2015     頁: 754-759   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  16. 車載組込みシステム向けデータストリーム処理のリアルタイムスケジューリング方式 査読有り

    山口晃広,渡辺陽介,佐藤健哉,中本幸一,高田広章

    情報処理学会論文誌:データベース   8 巻 ( 2 ) 頁: 1-17   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. 協調型運転支援のための交通社会ダイナミックマップの提案

    渡辺陽介,高木建太朗,手嶋茂晴,二宮芳樹,佐藤健哉,高田広章

    DEIM Forum 2015     頁: 1-8   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  18. Efficient Execution of Designated Event-driven Stream Processing

    Yan WANG, Hiroyuki Kitagawa, Ahmed Shaikh Salman, Yousuke Watanabe

        頁: 1-8   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  19. DSMSのオペレータ単位コミットによる優先度逆転時間削減

    勝沼聡, 渡辺陽介, 本田晋也, 高田広章

    DEIM Forum 2015     頁: 1-8   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  20. Real-time-aware Embedded DSMS Applicable to Advanced Driver Assistance Systems 査読有り

    Satoshi Katsunuma, Shinya Honda, Kenya Sato, Yousuke Watanabe, Yukikazu Nakamoto, Hiroaki Takada

    Proc. 2014 IEEE 33rd International Symposium on Reliable Distributed Systems Workshops     頁: 106-111   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/SRDSW.2014.20

  21. 車々間通信を用いた安全運転支援のためのリアルタイムストリーム処理

    山口晃広,佐藤健哉,中本幸一,渡辺陽介,高田広章

    情報処理学会研究報告   2014-ITS-58 巻 ( 7 ) 頁: 1-8   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. つながるクルマ

    河口信夫,高田広章,佐藤健哉,倉地亮,佐藤雅明,渡邉陽介( 担当: 共著 ,  範囲: 5.6節「ダイナミックマップ」)

    コロナ社  2020年11月  ( ISBN:978-4-339-02773-0

     詳細を見る

    総ページ数:206   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

講演・口頭発表等 21

  1. カメラから抽出した車両特徴量に対する選択的利用方式の評価

    大鐘崇史,渡辺陽介,高田広章

    情報処理学会第84回高度交通システムとスマートコミュニティ研究発表会  2021年3月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 交差点での競合車両検索のための車両情報ストリームと高精度道路地図 DB の統合索引

    井川元,渡辺陽介,高田広章

    DEIM Forum 2021  2021年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月1日 - 2021年3月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 路車協調による高速道路合流支援のための車両位置推定手法

    山田峻也,渡辺陽介,徳井竜也,佐藤健哉,高田広章

    センサネットワークとモバイルインテリジェンス研究会(SeMI)  2021年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. ダイナミックマップによる協調型道譲り支援

    渡辺陽介,草山真一,槇晶彦,芦田敬,山田峻也,佐藤健哉,高田広章

    第18回ITSシンポジウム2020  2020年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. 高精度地図を利用したLiDARの路面識別フィルタの試作

    山田峻也,渡辺陽介,高田広章

    第38回日本ロボット学会学術講演会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. 車両走行車線区間に基づくダイナミックマップシステムのエッジサーバ割当方式

    細野航平,槇晶彦,渡辺陽介,高田広章,佐藤健哉

    情報処理学会ITS研究会  2020年3月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. ステレオカメラを用いた車両特徴量の抽出と選択的利用

    大鐘崇史,渡辺陽介,高田広章

    情報処理学会第82回全国大会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. LiDAR情報とスマートフォン情報の統合利用による歩行者の位置及び属性情報検出システムの構築

    北村紗野,渡辺陽介,高田広章

    情報処理学会第82回全国大会  2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. モバイルエッジを活用したダイナミックマップの構築と複数車両連携アプリケーションの開発

    草山真一,槇晶彦,芦田敬,渡辺陽介,佐藤健哉,高田広章

    第17回ITSシンポジウム2019  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. 自動運転車のための2次元LRFを利用した車線上オブジェクト提供システムの試作

    山田峻也,渡辺陽介,高田広章

    第37回日本ロボット学会学術講演会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. 高精度地図データおよび点群データの検索効率化手法

    井川元,渡辺陽介,高田広章

    DEIM Forum 2019  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語  

  12. クラウド,エッジ,車両の協調型ネットワークのアーキテクチャの提案

    槇晶彦,渡辺陽介,高田広章,佐藤健哉

    第16回ITSシンポジウム2018  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. DynamicMap 2.0: クラウド・エッジ・組込みシステムを活用した交通データ管理基盤

    渡辺陽介,佐藤健哉,高田広章

    第16回ITSシンポジウム2018  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. 2次元LRFの計測特性を考慮したEmpty確率分布の提案

    山田峻也,渡辺陽介,高田広章

    第36回日本ロボット学会学術講演会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. リアルタイムな都市交通情報管理に向けたダイナミックマップのシミュレーション評価環境の構築

    山本拓実,渡辺陽介,佐藤健哉,高田広章

    情報処理学会第80回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. ブロックチェーン技術を用いた占有グリッドマップの分散サービス化

    渡辺陽介

    DEIM Forum 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月6日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. 先読み運転支援のためのダイナミックマップによる環境認識情報の共有効果の検証

    赤木康宏,吉原佑器,渡辺陽介,二宮芳樹,高田広章,Raksincharoensak Pongsathorn

    自動車技術会,2017年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月11日 - 2017年10月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. 交通社会ダイナミックマップにおける高精度レーンデータの検索

    渡辺陽介,高田広章

    情報処理学会第164回データベースシステム研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. 交通社会ダイナミックマップによる協調運転支援の効果分析

    金森亮,高木建太朗,渡辺陽介,森川高行,高田広章

    第14回ITSシンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月10日 - 2016年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. ダイナミックマップを活用したアプリケーションプラットフォームの開発 -レーンレベルの危険情報提供の実現-

    花井將臣,佐藤健哉,渡辺陽介,中本幸一,山本雅基,武井千春,高田広章

    第14回ITSシンポジウム2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月10日 - 2016年11月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. 交通社会ダイナミックマップ構築におけるインフラカメラデータに対する車両トラッキングフレームワークの提案

    平島侑人,渡辺陽介,高木建太朗,高田広章

    電子情報通信学会ITS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 2

  1. V2Xネットワークを利用した協調型自動運転のための情報通信プラットフォーム構築

    研究課題/研究課題番号:20H00589  2020年04月 - 2024年03月

    佐藤 健哉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では,情報共有や走行調停を行う協調型自動運転を実現するため,ネットワーク仮想化技術によりDSRC(将来的にはPC5)と携帯電話網(Uu)を効率的に併用し,各車両のセンサ情報をストリーム技術で処理することで接続台数が増加した場合のスケーラビリティを向上させる.また,クラウドのみではなくモバイルエッジコンピューティングを利用してダイナミックマップを分散処理することで,信頼性向上と低遅延を実現可能にする.さらに,ダイナミックマップに時空間グリッドの概念を取り入れ,それぞれの車両の走行予定経理を排他的に予約するという独自アルゴリズムを構築することで複数車両を効率的に調停する.

  2. 戦略的社会サービスのためのリアルタイム型サイバーフィジカル時空間分析に関する研究

    研究課題/研究課題番号:16H01722  2016年04月 - 2020年03月

    石川 佳治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    サブテーマ「大規模モビリティデータの分析手法」については,主な実績としては,大量の移動軌跡に対するコンパクトで高速な索引技術を開発し,評価に基づく性能の実証を行ったことが挙げられる.文字列索引の技術を移動軌跡に適用する新たなアプローチを示した.提案した手法は,データベース分野における主要国際会議・論文誌に採録された.
    サブテーマ「分析インタフェース・可視化技術」に関しては,時空間的な現象を分析するための時空間ヒストグラムの構築手法の開発が挙げられる.時間的に変化する空間的な現象をコンパクトに表現できる.時空間的な現象の要約というだけでなく,可視化の手法としても有用であることを示し,対話的な分析において役立つことを示した.
    サブテーマ「SNS時空間情報のリアルタイム分析」に関しては,ジオタグ付きツイートデータなどSNSから時空間情報を収集し,道路の混雑状況や犯罪の検出ないし予測に関する研究を行った.また,感情分析に基づくVenue推薦システムの開発および評価も実施した.また,直観的な問合せを可能とする時空間問合せ言語を設計・開発し,Google Storeでのアプリケーション公開を行った.
    サブテーマ「自動車情報のリアルタイム分析」に関しては,位置情報に基づいて情報を検索し分析するためのユーザインタフェースの研究を実施した.また,自動車などの移動体に関する情報を動的に管理する占有グリッドマップを,最新の技術であるブロックチェーンを用いて管理するアプローチを提案し評価した.
    サブテーマ「リアルタイム型時空間データストリーム分析基盤」に関しては,特にセンシング環境に見られる曖昧性を有するデータストリームからパターンを抽出するための一種のパターンマイニング法の提案を行い,その評価を行った.また,データストリーム基づく信頼ある処理のためのフォールトトレランス機構に関する研究も実施した.
    研究については順調に推移している.「大規模モビリティデータの分析手法」に関しては,主要国際会議(ICDE)やジャーナル(ACM TSAS)に採録され,「SNS時空間情報のリアルタイム分析」では,主要国際会議(WSDM)への採録や,アプリケーションの公開などが特筆できる.また,関連する特許申請も行うことができた.
    最終年度であることから,それぞれのサブテーマにおける手法をとりまとめ,各グループにおいてサブテーマに対応したプログラムモジュール等の開発を行う.これと並行して,各サブテーマで得られた技術シーズを統合した統合フレームワークの設計を行う.統合フレームワークの設計結果に基づいてあらためて各サブテーマにおけるプロトタイプ等の見直しを図り,連携のために必要な技術開発を実施する.
    一方で,各サブテーマの最終的な取りまとめも行い,論文化やソフトウェアの公開などについての取り組みも行う.
    最後に,デモ構築および最終的な評価と,今後の展開に向けた課題の議論を行う.

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 計算機ソフトウェア2

    2016

  2. 計算機ソフトウェア2

    2015

  3. 計算機ソフトウェア2

    2014