2021/03/31 更新

写真a

タシロ ヒロユキ
田代 寛之
TASHIRO Hiroyuki
所属
大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 特任准教授
職名
特任准教授

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2006年3月   京都大学 ) 

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

学歴 1

  1. 京都大学   理学研究科

    - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

 

論文 30

  1. Probing axion dark matter with 21 cm fluctuations from minihalos

    Kadota Kenji, Sekiguchi Toyokazu, Tashiro Hiroyuki

    PHYSICAL REVIEW D   103 巻 ( 2 )   2021年1月

  2. The Alcock Paczynski test with voids in 21 cm intensity field

    Endo Takao, Tashiro Hiroyuki, Nishizawa Atsushi J.

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   499 巻 ( 1 ) 頁: 587 - 596   2020年11月

  3. Limits on primordial magnetic fields from primordial black hole abundance

    Saga Shohei, Tashiro Hiroyuki, Yokoyama Shuichiro

    JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS   ( 5 )   2020年5月

  4. The 21-cm signals from ultracompact minihaloes as a probe of primordial small-scale fluctuations

    Furugori Kunihiko, Abe Katsuya T., Tanaka Toshiyuki, Hashimoto Daiki, Tashiro Hiroyuki, Hasegawa Kenji

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   494 巻 ( 3 ) 頁: 4334 - 4342   2020年5月

  5. Resonant magnetogenesis from axions

    Patel Teerthal, Tashiro Hiroyuki, Urakawa Yuko

    JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS   ( 1 )   2020年1月

  6. Secondary CMB temperature anisotropies from magnetic reheating

    Saga Shohei, Ota Atsuhisa, Tashiro Hiroyuki, Yokoyama Shuichiro

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   490 巻 ( 3 ) 頁: 4419 - 4427   2019年12月

  7. Cross-correlation between 21-cm radiation and CMB B modes from the cosmic birefringence in the presence of a light scalar field

    Kadota Kenji, Ooba Junpei, Tashiro Hiroyuki, Ichiki Kiyotomo, Liu Guo-Chin

    PHYSICAL REVIEW D   100 巻 ( 6 )   2019年9月

  8. Insight into primordial magnetic fields from 21-cm line observation with EDGES experiment

    Minoda Teppei, Tashiro Hiroyuki, Takahashi Tomo

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   488 巻 ( 2 ) 頁: 2001 - 2005   2019年9月

  9. Cosmological constraints on the velocity-dependent baryon-dark matter coupling

    Ooba Junpei, Tashiro Hiroyuki, Kadota Kenji

    JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS   ( 9 )   2019年9月

  10. Space gravitational-wave antennas DECIGO and B-DECIGO

    Kawamura Seiji, Nakamura Takashi, Ando Masaki, Seto Naoki, Akutsu Tomotada, Funaki Ikkoh, Ioka Kunihito, Kanda Nobuyuki, Kawano Isao, Musha Mitsuru, Nakazawa Kazuhiro, Sato Shuichi, Takashima Takeshi, Tanaka Takahiro, Tsubono Kimio, Yokoyama Jun'ichi, Agatsuma Kazuhiro, Aoyanagi Koh-suke, Arai Koji, Araya Akito, Aritomi Naoki, Asada Hideki, Aso Yoichi, Chen Dan, Chiba Takeshi, Ebisuzaki Toshikazu, Eguchi Satoshi, Ejiri Yumiko, Enoki Motohiro, Eriguchi Yoshiharu, Fujimoto Masa-Katsu, Fujita Ryuichi, Fukushima Mitsuhiro, Futamase Toshifumi, Gondo Rina, Harada Tomohiro, Hashimoto Tatsuaki, Hayama Kazuhiro, Hikida Wataru, Himemoto Yoshiaki, Hirabayashi Hisashi, Hiramatsu Takashi, Hong Feng-Lei, Horisawa Hideyuki, Hosokawa Mizuhiko, Ichiki Kiyotomo, Ikegami Takeshi, Inoue Kaiki T., Ishihara Hideki, Ishikawa Takehiko, Ishizaki Hideharu, Ito Hiroyuki, Itoh Yousuke, Izumi Kiwamu, Kanemura Shinya, Kawashima Nobuki, Kawazoe Fumiko, Kishimoto Naoko, Kiuchi Kenta, Kobayashi Shiho, Kohri Kazunori, Koizumi Hiroyuki, Kojima Yasufumi, Kokeyama Keiko, Kokuyama Wataru, Kotake Kei, Kozai Yoshihide, Kunimori Hiroo, Kuninaka Hitoshi, Kuroda Kazuaki, Kuroyanagi Sachiko, Maeda Kei-ichi, Matsuhara Hideo, Matsumoto Nobuyuki, Michimura Yuta, Miyakawa Osamu, Miyamoto Umpei, Miyoki Shinji, Morimoto Mutsuko Y., Morisawa Toshiyuki, Moriwaki Shigenori, Mukohyama Shinji, Nagano Shigeo, Nakamura Kouji, Nakano Hiroyuki, Nakao Kenichi, Nakasuka Shinichi, Nakayama Yoshinori, Nishida Erina, Nishizawa Atsushi, Niwa Yoshito, Noumi Taiga, Obuchi Yoshiyuki, Ohishi Naoko, Ohkawa Masashi, Okada Kenshi, Okada Norio, Okutomi Koki, Oohara Kenichi, Sago Norichika, Saijo Motoyuki, Saito Ryo, Sakagami Masaaki, Sakai Shin-ichiro, Sakata Shihori, Sasaki Misao, Sato Takashi, Shibata Masaru, Shibata Kazunori, Shimo-oku Ayumi, Shinkai Hisaaki, Shoda Ayaka, Somiya Kentaro, Sotani Hajime, Suemasa Aru, Sugiyama Naoshi, Suwa Yudai, Suzuki Rieko, Tagoshi Hideyuki, Takahashi Fuminobu, Takahashi Kakeru, Takahashi Keitaro, Takahashi Ryutaro, Takahashi Ryuichi, Takahashi Hirotaka, Akiteru Takamori, Takano Tadashi, Tanaka Nobuyuki, Taniguchi Keisuke, Taruya Atsushi, Tashiro Hiroyuki, Torii Yasuo, Toyoshima Morio, Tsujikawa Shinji, Ueda Akitoshi, Ueda Ken-ichi, Ushiba Takafumi, Utashima Masayoshi, Wakabayashi Yaka, Yagi Kent, Yamamoto Kazuhiro, Yamazaki Toshitaka, Yoo Chul-Moon, Yoshida Shijun, Yoshino Taizoh

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MODERN PHYSICS D   28 巻 ( 12 )   2019年9月

  11. Thermal Sunyaev-Zel'dovich anisotropy due to primordial black holes

    Abe Katsuya T., Tashiro Hiroyuki, Tanaka Toshiyuki

    PHYSICAL REVIEW D   99 巻 ( 10 )   2019年5月

  12. Measurement of redshift-dependent cross-correlation of HSC clusters and Fermi gamma-rays

    Hashimoto Daiki, Nishizawa Atsushi J., Shirasaki Masato, Macias Oscar, Horiuchi Shunsaku, Tashiro Hiroyuki, Oguri Masamune

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   484 巻 ( 4 ) 頁: 5256 - 5266   2019年4月

  13. Probing primordial non-Gaussianity with 21 cm fluctuations from minihalos

    Sekiguchi Toyokazu, Takahashi Tomo, Tashiro Hiroyuki, Yokoyama Shuichiro

    JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS   ( 2 )   2019年2月

  14. Study of systematics effects on the cross power spectrum of 21 cm line and cosmic microwave background using Murchison Widefield Array data

    Yoshiura S., Ichiki K., Pindor B., Takahashi K., Tashiro H., Trott C. M.

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   483 巻 ( 2 ) 頁: 2697 - 2711   2019年2月

  15. Thermal Sunyaev-Zel'dovich Effect in the IGM due to Primordial Magnetic Fields

    Minoda Teppei, Hasegawa Kenji, Tashiro Hiroyuki, Ichiki Kiyotomo, Sugiyama Naoshi

    GALAXIES   6 巻 ( 4 )   2018年12月

  16. Limits on primordial magnetic fields from direct detection experiments of gravitational wave background

    Saga Shohei, Tashiro Hiroyuki, Yokoyama Shuichiro

    PHYSICAL REVIEW D   98 巻 ( 8 )   2018年10月

  17. Radio telescope search for the resonant conversion of cold dark matter axions from the magnetized astrophysical sources

    Huang Fa Peng, Kadota Kenji, Sekiguchi Toyokazu, Tashiro Hiroyuki

    PHYSICAL REVIEW D   97 巻 ( 12 )   2018年6月

  18. Matter bispectrum beyond Horndeski theories

    Hirano Shin'ichi, Kobayashi Tsutomu, Tashiro Hiroyuki, Yokoyama Shuichiro

    PHYSICAL REVIEW D   97 巻 ( 10 )   2018年5月

  19. Magnetic reheating

    Saga Shohei, Tashiro Hiroyuki, Yokoyama Shuichiro

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   474 巻 ( 1 ) 頁: L52 - L55   2018年2月

  20. 21 cm angular power spectrum from minihalos as a probe of primordial spectral runnings

    Sekiguchi Toyokazu, Takahashi Tomo, Tashiro Hiroyuki, Yokoyama Shuichiro

    JOURNAL OF COSMOLOGY AND ASTROPARTICLE PHYSICS   ( 2 )   2018年2月

  21. Mean Energy Density of Photogenerated Magnetic Fields Throughout the EoR

    Durrive Jean-Baptiste, Tashiro Hiroyuki, Langer Mathieu, Sugiyama Naoshi

    PEERING TOWARDS COSMIC DAWN   12 巻 ( S333 ) 頁: 60 - 63   2018年

  22. Thermal Sunyaev-Zel'dovich effect in the intergalactic medium with primordial magnetic fields

    Minoda Teppei, Hasegawa Kenji, Tashiro Hiroyuki, Ichiki Kiyotomo, Sugiyama Naoshi

    PHYSICAL REVIEW D   96 巻 ( 12 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.96.123525

    Web of Science

  23. Constraining modified theories of gravity with the galaxy bispectrum

    Yamauchi Daisuke, Yokoyama Shuichiro, Tashiro Hiroyuki

    PHYSICAL REVIEW D   96 巻 ( 12 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.96.123516

    Web of Science

  24. Mean energy density of photogenerated magnetic fields throughout the Epoch of Reionization

    Durrive Jean-Baptiste, Tashiro Hiroyuki, Langer Mathieu, Sugiyama Naoshi

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   472 巻 ( 2 ) 頁: 1649 - 1658   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mnras/stx2007

    Web of Science

  25. Constraining the contribution of galaxies and active galactic nuclei to cosmic reionization

    Yoshiura Shintaro, Hasegawa Kenji, Ichiki Kiyotomo, Tashiro Hiroyuki, Shimabukuro Hayato, Takahashi Keitaro

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   471 巻 ( 3 ) 頁: 3713 - 3726   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mnras/stx1754

    Web of Science

  26. Can HI 21-cm lines trace the missing baryons in the filamentary structures?

    Horii Toshihiro, Asaba Shinsuke, Hasegawa Kenji, Tashiro Hiroyuki

    PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN   69 巻 ( 4 )   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pasj/psx056

    Web of Science

  27. The status of DECIGO

    Sato Shuichi, Kawamura Seiji, Ando Masaki, Nakamura Takashi, Tsubono Kimio, Araya Akito, Funaki Ikkoh, Ioka Kunihito, Kanda Nobuyuki, Moriwaki Shigenori, Musha Mitsuru, Nakazawa Kazuhiro, Numata Kenji, Sakai Shin-ichiro, Seto Naoki, Takashima Takeshi, Tanaka Takahiro, Agatsuma Kazuhiro, Aoyanagi Koh-suke, Arai Koji, Asada Hideki, Aso Yoichi, Chiba Takeshi, Ebisuzaki Toshikazu, Ejiri Yumiko, Enoki Motohiro, Eriguchi Yoshiharu, Fujimoto Masa-Katsu, Fujita Ryuichi, Fukushima Mitsuhiro, Futamase Toshifumi, Ganzu Katsuhiko, Harada Tomohiro, Hashimoto Tatsuaki, Hayama Kazuhiro, Hikida Wataru, Himemoto Yoshiaki, Hirabayashi Hisashi, Hiramatsu Takashi, Hong Feng-Lei, Horisawa Hideyuki, Hosokawa Mizuhiko, Ichiki Kiyotomo, Ikegami Takeshi, Inoue Kaiki T., Ishidoshiro Koji, Ishihara Hideki, Ishikawa Takehiko, Ishizaki Hideharu, Ito Hiroyuki, Itoh Yousuke, Kawashima Nobuki, Kawazoe Fumiko, Kishimoto Naoko, Kiuchi Kenta, Kobayashi Shiho, Kohri Kazunori, Koizumi Hiroyuki, Kojima Yasufumi, Kokeyama Keiko, Kokuyama Wataru, Kotake Kei, Kozai Yoshihide, Kudoh Hideaki, Kunimori Hiroo, Kuninaka Hitoshi, Kuroda Kazuaki, Maeda Kei-ichi, Matsuhara Hideo, Mino Yasushi, Miyakawa Osamu, Miyoki Shinji, Morimoto Mutsuko Y., Morioka Tomoko, Morisawa Toshiyuki, Mukohyama Shinji, Nagano Shigeo, Naito Isao, Nakamura Kouji, Nakano Hiroyuki, Nakao Kenichi, Nakasuka Shinichi, Nakayama Yoshinori, Nishida Erina, Nishiyama Kazutaka, Nishizawa Atsushi, Niwa Yoshito, Noumi Taiga, Obuchi Yoshiyuki, Ohashi Masatake, Ohishi Naoko, Ohkawa Masashi, Okada Norio, Onozato Kouji, Oohara Kenichi, Sago Norichika, Saijo Motoyuki, Sakagami Masaaki, Sakata Shihori, Sasaki Misao, Sato Takashi, Shibata Masaru, Shinkai Hisaaki, Somiya Kentaro, Sotani Hajime, Sugiyama Naoshi, Suwa Yudai, Suzuki Rieko, Tagoshi Hideyuki, Takahashi Fuminobu, Takahashi Kakeru, Takahashi Keitaro, Takahashi Ryutaro, Takahashi Ryuichi, Takahashi Tadayuki, Takahashi Hirotaka, Akiteru Takamori, Takano Tadashi, Taniguchi Keisuke, Taruya Atsushi, Tashiro Hiroyuki, Torii Yasuo, Toyoshima Morio, Tsujikawa Shinji, Tsunesada Yoshiki, Ueda Akitoshi, Ueda Ken-ichi, Utashima Masayoshi, Wakabayashi Yaka, Yamakawa Hiroshi, Yamamoto Kazuhiro, Yamazaki Toshitaka, Yokoyama Jun'ichi, Yoo Chul-Moon, Yoshida Shijun, Yoshino Taizoh

    11TH INTERNATIONAL LISA SYMPOSIUM   840 巻   2017年

  28. Test of the Einstein equivalence principle with spectral distortions in the cosmic microwave background

    Arai Shun, Nitta Daisuke, Tashiro Hiroyuki

    PHYSICAL REVIEW D   94 巻 ( 12 )   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.94.124048

    Web of Science

  29. Reconstruction of CMB temperature anisotropies with primordial CMB induced polarization in galaxy clusters

    Liu Guo-Chin, Ichiki Kiyotomo, Tashiro Hiroyuki, Sugiyama Naoshi

    MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY   460 巻 ( 1 ) 頁: L104-L108   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mnrasl/slw085

    Web of Science

  30. Effect of supersonic relative motion between baryons and dark matter on collapsed objects

    Asaba Shinsuke, Ichiki Kiyotomo, Tashiro Hiroyuki

    PHYSICAL REVIEW D   93 巻 ( 2 )   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.93.023518

    Web of Science

▼全件表示

科研費 4

  1. 長波長電波観測による宇宙再電離と磁場研究の新展開

    研究課題/研究課題番号:17H01110  2017年04月 - 2020年03月

    杉山 直

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本年度は、まず宇宙再電離期の中性水素21cm線観測へむけて、他のシグナルとの相互相関をとることで前景放射の影響を軽減する手法に着目した。宇宙再電離期にあるLyα輝線天体(LAE)との相互相関に着目した研究では、理論シミュレーションを用いて21cm線の検出の可能性を検証した。シミュレーションデータとすばる望遠鏡のデータとの比較から、観測をよく再現できるモデルであることの確認を行った。また、LAE同定には機械学習を用いた方法を考案し、約95%の精度で自動分類することに成功した。現行の電波望遠鏡MWAや将来計画であるSKAで検出できる可能性があることを示した。しかし、相互相関後も前景放射の影響は大きいことも確認した。これらの結果は3本の学術論文としてまとめた。さらに、21cm線と宇宙マイクロ波背景放射(CMB)との相互相関に着目した研究も行い、実際のMWAの観測データとPlanckの温度揺らぎのデータを用いて、世界で初めて21cm線-CMB相互相関について上限を与えることに成功し、学術雑誌に発表した。
    次に、近年EDGESで検出された全天域平均21cmシグナルの観測結果にも着目し、原始揺らぎのパワースペクトルや宇宙初期の磁場強度への制限も行った。
    宇宙磁場の研究については、初年度に投稿した乱流磁場による偏波解消効果の定式化の研究を完成させ、MWAのデータを使い銀河団外縁の磁場の研究を実施した。研究分担者の赤堀は、パースに滞在し、研究対象のMWAのイメージ解析を行った。その結果、従来のイメージ改善では、当該の観測領域の所望のイメージ品質を得ることができないことが分かった。視野内に非常に明るい点源がある中で淡い広がった放射を検出する必要があり、高いダイナミックレンジを達成しなければならなかった。他にも、広い意味の長波長電波天文の研究を展開し、6件の学術論文を出版した。
    次世代超大型電波干渉計SKAの試験機としての役割をもち、独自のサイエンスの成果も続々と出しているMWA計画に参画することができた。その結果、そこから得られたデータと宇宙マイクロ波背景放射の温度ゆらぎのデータの相関をとる研究や、我々日本グループが独自で入手できるすばる望遠鏡超広視野カメラHSCの画像データなどから、SKAやMWAの前景放射除去の可能性を論じる研究など、他では真似のできない独自性の高い研究を活発に進めることができた。
    宇宙磁場の研究に関しても、オーストラリア・パースに滞在、実際のMWAのデータを取得し、イメージ解析を行うことができた。現地に滞在することではじめて、従来のイメージ改善では当該の観測領域の所望のイメージ品質を得ることができないことが分かったことは収穫である。
    また、サイエンスの成果は、学術論文としてまとめ、査読付き国際学術誌に投稿、当該年度だけで、20本が出版されるに至った。
    引き続き宇宙再電離21cm線に関してMWAとの共同研究を進める。大学院生をメルボルン大学に派遣して観測データの取得やデータ解析の習得を図るとともに、相互相関解析のためのソフトウェアを開発する。LAEとの相互相関においては、相関相関パワースペクトルの形が電離光子源の特性に関わることに着目し、相互相関パワースペクトルから得られる情報を理論的に明らかにしていく。同時にMWA phase 2データとすばるHSCのLAEサーベイのデータを用いて、それらの相互相関を解析し、上限をつけることを目標とする。LAEのサンプルに関しては、作成した機械学習をもちた分類器をすべてのカタログに適用することで、従来の結果を大きく凌駕する宇宙再電離期のLAEの巨大カタログを作成し、これをMWAデータ解析グループに提供する。また、MWAデータの自己相関についてはパワースペクトルだけでなくバイスペクトルや1点関数など、多様な統計量についての解析も行う。
    また、前景放射の影響が比較的抑えられると考えられる重力レンズ効果と21cmシグナルの相互相関についても取り組む。これまでの研究に基づき前景放射のモデルを作成し、前景放射の有無と、除去後での相互相関のシグナルの大きさを見積もる。
    磁場の研究に関しては、昨年度のデータ解析によって、古典的なイメージ解析方法ではMWAの性能を最大限にまで引き出せないことがわかったので、先進的なイメージ解析方法の調査と習得を行い、MWAの実際のデータに適用して結果の改善を確認することを行う。先進的なイメージ解析法の候補として、宇宙再電離研究で用いられている方法(RTS)、またはDD(direction-dependent)自己較正法を検討しているところである。改善後、銀河団外縁部の磁場の研究を実施し科学的成果を得ることを目指す。

  2. 宇宙論的観測による宇宙初期の構造形成物理の検証の研究

    2015年04月 - 現在

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 宇宙論的観測による宇宙初期の構造形成物理の検証の研究

    研究課題/研究課題番号:15K17646  2015年04月 - 2019年03月

    田代 寛之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    宇宙論的観測を用いた、宇宙初期の構造形成の理解に向けた研究を行った。特に、新しい宇宙論的観測手法である宇宙論的21cm線観測に注目し、この観測を用いた構造形成史解明のための理論研究を主におこなった。その成果として、将来の21cm線観測が、幅広いスケールに渡って構造形成の種の統計的性質を明らかにすることや、宇宙再電離期という宇宙最初の天体形成と密接な関係がある時期の解明、また重力理論の検証にも応用可能であることを示した。
    宇宙論的起源を持つ21cm線の観測は新しい宇宙論劇観測として大きく注目されている。2020年代にはその最初の本格的観測 Square Kilometer Array (SKA) も国際計画として始まる。本研究では、その21cm線観測の宇宙論への応用の可能性を様々な着眼点より探っている。そのため本研究は、その本格観測へ向けた前駆的研究となっており、新しい宇宙論観測による宇宙論の展開方向を示すものである。

  4. 宇宙論的中性水素の21cm線で探る初代星の物理とその後の構造形成史

    2014年08月 - 2015年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者