2023/11/16 更新

写真a

ワタナベ セイジ
渡邊 征爾
WATANABE Seiji
所属
環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(学術) ( 2012年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 6

  1. タンパク質分解

  2. 神経病態生化学

  3. 神経変性疾患

  4. 筋萎縮性側索硬化症

  5. 前頭側頭葉変性症

  6. オルガネラ連関

経歴 5

  1. 名古屋大学 環境医学研究所 講師

    2023年4月 - 現在

  2. 名古屋大学 環境医学研究所 助教

    2014年4月 - 2023年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学 環境医学研究所 病態神経科学分野 研究員

    2013年11月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター 運動ニューロン変性研究チーム 研究員

    2012年4月 - 2013年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 日本学術振興会 特別研究員(DC1)

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東京大学   総合文化研究科   広域科学専攻

    - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   教養学部   生命・認知科学科

    - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本神経科学学会

  2. 日本生化学会

  3. 日本神経化学会

 

論文 35

  1. Mitochondria-associated membrane collapse impairs TBK1-mediated proteostatic stress response in ALS. 査読有り

    Watanabe S, Murata Y, Oka Y, Oiwa K, Horiuchi M, Iguchi Y, Komine O, Sobue A, Katsuno M, Ogi T, Yamanaka K

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   120 巻 ( 47 ) 頁: e2315347120   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.2315347120

    PubMed

  2. Monomerization of TDP-43 is a key determinant for inducing TDP-43 pathology in amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り

    Oiwa K, Watanabe S, Onodera K, Iguchi Y, Kinoshita Y, Komine O, Sobue A, Okada Y, Katsuno M, Yamanaka K

    Science advances   9 巻 ( 31 ) 頁: eadf6895   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.adf6895

    PubMed

  3. Intrinsic structural vulnerability in the hydrophobic core induces species-specific aggregation of canine SOD1 with degenerative myelopathy-linked E40K mutation.

    Hashimoto K, Watanabe S, Akutsu M, Muraki N, Kamishina H, Furukawa Y, Yamanaka K

    The Journal of biological chemistry   299 巻 ( 6 ) 頁: 104798   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jbc.2023.104798

    PubMed

  4. Sigma-1 receptor maintains ATAD3A as a monomer to inhibit mitochondrial fragmentation at the mitochondria-associated membrane in amyotrophic lateral sclerosis.

    Watanabe S, Horiuchi M, Murata Y, Komine O, Kawade N, Sobue A, Yamanaka K

    Neurobiology of disease   179 巻   頁: 106031   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.nbd.2023.106031

    PubMed

  5. Novel reporters of mitochondria-associated membranes (MAM), MAMtrackers, demonstrate MAM disruption as a common pathological feature in amyotrophic lateral sclerosis.

    Sakai S, Watanabe S, Komine O, Sobue A, Yamanaka K

    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   35 巻 ( 7 ) 頁: e21688   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1096/fj.202100137R

    PubMed

  6. Microglial gene signature reveals loss of homeostatic microglia associated with neurodegeneration of Alzheimer's disease.

    Sobue A, Komine O, Hara Y, Endo F, Mizoguchi H, Watanabe S, Murayama S, Saito T, Saido TC, Sahara N, Higuchi M, Ogi T, Yamanaka K

    Acta neuropathologica communications   9 巻 ( 1 ) 頁: 1   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s40478-020-01099-x

    PubMed

  7. Aggresome formation and liquid-liquid phase separation independently induce cytoplasmic aggregation of TAR DNA-binding protein 43.

    Watanabe S, Inami H, Oiwa K, Murata Y, Sakai S, Komine O, Sobue A, Iguchi Y, Katsuno M, Yamanaka K

    Cell death & disease   11 巻 ( 10 ) 頁: 909   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41419-020-03116-2

    PubMed

  8. Novel Selenium-based compounds with therapeutic potential for SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis.

    Amporndanai K, Rogers M, Watanabe S, Yamanaka K, O'Neill PM, Hasnain SS

    EBioMedicine   59 巻   頁: 102980   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2020.102980

    PubMed

  9. ALS-linked TDP-43(M337V) knock-in mice exhibit splicing deregulation without neurodegeneration.

    Watanabe S, Oiwa K, Murata Y, Komine O, Sobue A, Endo F, Takahashi E, Yamanaka K

    Molecular brain   13 巻 ( 1 ) 頁: 8   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s13041-020-0550-4

    PubMed

  10. Mice deficient in the C-terminal domain of TAR DNA-binding protein 43 develop age-dependent motor dysfunction associated with impaired Notch1-Akt signaling pathway.

    Nishino K, Watanabe S, Shijie J, Murata Y, Oiwa K, Komine O, Endo F, Tsuiji H, Abe M, Sakimura K, Mishra A, Yamanaka K

    Acta neuropathologica communications   7 巻 ( 1 ) 頁: 118   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s40478-019-0776-5

    PubMed

  11. Innate immune adaptor TRIF deficiency accelerates disease progression of ALS mice with accumulation of aberrantly activated astrocytes.

    Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Koike M, Jin S, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Uematsu S, Akira S, Uchiyama Y, Takahashi R, Misawa H, Yamanaka K

    Cell death and differentiation   25 巻 ( 12 ) 頁: 2130 - 2146   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41418-018-0098-3

    PubMed

  12. A copper-deficient form of mutant Cu/Zn-superoxide dismutase as an early pathological species in amyotrophic lateral sclerosis.

    Tokuda E, Nomura T, Ohara S, Watanabe S, Yamanaka K, Morisaki Y, Misawa H, Furukawa Y

    Biochimica et biophysica acta. Molecular basis of disease   1864 巻 ( 6 Pt A ) 頁: 2119 - 2130   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.bbadis.2018.03.015

    PubMed

  13. Intracerebroventricular administration of Cystatin C ameliorates disease in SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis mice.

    Watanabe S, Komine O, Endo F, Wakasugi K, Yamanaka K

    Journal of neurochemistry   145 巻 ( 1 ) 頁: 80 - 89   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/jnc.14285

    PubMed

  14. TDP-43 accelerates age-dependent degeneration of interneurons.

    Tsuiji H, Inoue I, Takeuchi M, Furuya A, Yamakage Y, Watanabe S, Koike M, Hattori M, Yamanaka K

    Scientific reports   7 巻 ( 1 ) 頁: 14972   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41598-017-14966-w

    PubMed

  15. Chimeric ZHHH neuroglobin acts as a cell membrane-penetrating inducer of neurite outgrowth.

    Takahashi N, Onozuka W, Watanabe S, Wakasugi K

    FEBS open bio   7 巻 ( 9 ) 頁: 1338 - 1349   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/2211-5463.12271

    PubMed

  16. Immunochemical characterization on pathological oligomers of mutant Cu/Zn-superoxide dismutase in amyotrophic lateral sclerosis. 査読有り

    Tokuda E, Anzai I, Nomura T, Toichi K, Watanabe M, Ohara S, Watanabe S, Yamanaka K, Morisaki Y, Misawa H, Furukawa Y.

    Molecular Neurodegeneration   12 巻 ( 2 )   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13024-016-0145-9.

  17. Immunochemical characterization on pathological oligomers of mutant Cu/Zn-superoxide dismutase in amyotrophic lateral sclerosis.

    Tokuda E, Anzai I, Nomura T, Toichi K, Watanabe M, Ohara S, Watanabe S, Yamanaka K, Morisaki Y, Misawa H, Furukawa Y

    Molecular neurodegeneration   12 巻 ( 1 ) 頁: 2   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s13024-016-0145-9

    PubMed

  18. Mitochondria-associated membrane collapse is a common pathomechanism in SIGMAR1- and SOD1-linked ALS 査読有り

    Watanabe S, Ilieva H, Tamada H, Nomura H, Komine O, Endo F, Jin S, Mancias P, Kiyama H, Yamanaka K

    EMBO Molecular Medicine     頁: e201606403   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/emmm.201606403

  19. Neuregulin 1 confers neuroprotection in SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis mice via restoration of C-boutons of spinal motor neurons 査読有り

    Lasiene J, Komine O, Fujimori-Tonou N, Powers B, Endo F, Watanabe S, Shijie J, Ravits J, Horner P, Misawa H, Yamanaka K

    Acta Neuropathologica Communications     頁: 18;4:15.   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-016-0286-7

    PubMed

  20. Mahogunin ring finger 1 confers cytoprotection against mutant SOD1 aggresomes and is defective in an ALS mouse model 査読有り

    Chhangani D, Endo F, Amanullah A, Upadhyay A, Watanabe S, Mishra R, Yamanaka K, Mishra A

    Neurobiology of Disease   86 巻   頁: 16-28   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nbd.2015.11.017

    PubMed

  21. Astrocyte-Derived TGF-beta1 Accelerates Disease Progression in ALS Mice by Interfering with the Neuroprotective Functions of Microglia and T Cells 査読有り

    Endo F, Komine O, Fujimori-Tonou N, Katsuno M, Jin S, Watanabe S, Sobue G, Dezawa M, Wyss-Coray T, Yamanaka K.

    Cell Reports   11 巻 ( 4 ) 頁: 592–604   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.celrep.2015.03.053

  22. Cystatin C protects neuronal cells against mutant copper-zinc superoxide dismutase-mediated toxicity 査読有り

    Watanabe S, Hayakawa T, Wakasugi K, Yamanaka K

    Cell Death and Disease   5 巻   頁: e1497   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. SIRT1 overexpression ameliorates a mouse model of SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis via HSF1/HSP70i chaperone system 査読有り

    Watanabe S, Ageta-Ishihara N, Nagatsu S, Takao K, Komine O, Endo F, Miyakawa T, Misawa H, Takahashi R, Kinoshita M, Yamanaka K

    Molecular Brain   7 巻 ( 62 ) 頁: 00   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Disease causing mutants of TDP-43 nucleic acid binding domains are resistant to aggregation and have increased stability and half-life

    Austin JA, Wright GS, Watanabe S, Grossmann JG, Antonyuk SV, Yamanaka K, Hasnain SS

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111 巻 ( 11 ) 頁: 4309–4314   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Crucial roles of glu60 in human neuroglobin as a Guanine nucleotide dissociation inhibitor and neuroprotective agent 査読有り

    Takahashi N, Watanabe S, Wakasugi K

    PLoS ONE   8 巻   頁: e83698   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Functional characterization of fish neuroglobin: Zebrafish neuroglobin is highly expressed in amacrine cells after optic nerve injury and can translocate into ZF4 cells 査読有り

    Kamioka Y, Fujikawa C, Ogai K, Sugitani K, Watanabe S, Kato S, Wakasugi K

    Biochim. Biophys. Acta   1834 巻 ( 9 ) 頁: 1779-­1788   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbapap.2013.02.021.

    PubMed

  27. Human neuroglobin functions as an oxidative stress-­responsive sensor for neuroprotection 査読有り

    Watanabe S, Takahashi N, Uchida H, Wakasugi K

    J. Biol. Chem   287 巻 ( 36 ) 頁: 30128-­30138   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M112.373381.

    PubMed

  28. Species-specific functional evolution of neuroglobin 査読有り

    Wakasugi K, Takahashi N, Uchida H, Watanabe S

    Mar. Genomics   4 巻 ( 3 ) 頁: 137-­142   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.margen.2011.03.001.

    PubMed

  29. Chimeric ZHHH neuroglobin is a novel cell-­membrane-­penetrating, neuroprotective agent 査読有り

    Wakasugi K, Takahashi N, Watanabe S

    Am. J. Neuroprotec. Neuroregen.   3 巻 ( 1 ) 頁: 42-47   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/ajnn.2011.1025

  30. Module M1 of zebrafish neuroglobin acts as a structural and functional protein building block for a cell-­membrane-­penetrating activity 査読有り

    Watanabe S, Wakasugi K

    PLoS ONE   6 巻 ( 2 ) 頁: e16808   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0016808

    PubMed

  31. Identification of residues critical for the cell-­membrane-­penetrating activity of zebrafish neuroglobin 査読有り

    Watanabe S, Wakasugi K

    FEBS Lett.   584 巻 ( 11 ) 頁: 2467-2472   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2010.04.054

    PubMed

  32. Expression of neuroglobin in the zebrafish retina 査読有り

    Fujikawa C, Nagashima M, Mawatari K, Watanabe S, Wakasugi K, Kato S

    J. Physiol. Sci.   60 巻   頁: S184   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Functional caharacterization of neuroglobin, a novel member of the vertebrate globin family 査読有り

    Watanabe S, Wakasugi K

    J. Biol. Inorg. Chem.   14 巻   頁: S171   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Zebrafish neuroglobin is a cell-­membrane-­penetrating globin 査読有り

    Watanabe S, Wakasugi K

    Biochemistry   47 巻 ( 19 ) 頁: 5266-­5270   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bi800286m

    PubMed

  35. Neuroprotective activity of human neuroglobin is correlated with its guanine nucleotide dissociation inhibitor activity 査読有り

    Watanabe S, Wakasugi K

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   369 巻 ( 2 ) 頁: 695-700   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 筋萎縮性側索硬化症におけるMAMの破綻. 実験医学増刊 ミトコンドリアと疾患・老化

    渡邊征爾、山中宏二( 担当: 共著)

    羊土社  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. BRAIN MEDICAL:特集 神経細胞変性のメカニズム:グリア細胞と神経変性

    渡邊征爾、山中宏二( 担当: 共著)

    メディカルレビュー社  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 78

  1. Monomerization of TDP-43 is akey determinant for inducing TDP-43 pathology in amyotrophic lateral sclerosis. 招待有り 国際会議

    Oiwa K, Watanabe S, Iguchi Y, Kinoshita Y, Komine O, SObue A, Okada Y, Katsuno M, Yamanaka K

    Japan-UK Neuroscience Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Cardif   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  2. 筋萎縮性側索硬化症においてσ1受容体はATAD3Aの単量体化状態を維持することによってミトコンドリアの断片化を抑制する

    渡邊征爾, 堀内麻衣, 山中宏二

    第46回 日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台, 宮城  

  3. ALS病態に関連した単量体TDP-43の細胞質における凝集メカニズムの解明

    柳澤紗良, 渡邊征爾, 大岩康太郎, 山中宏二

    第46回 日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  4. TBK1は単量体化によって誘導されるリン酸化TDP-43の蓄積を抑制する

    酒井昭平, 渡邊征爾, 大岩康太郎, 山中宏二

    第46回 日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  5. フマル酸ジメチルはアルツハイマー病モデルマウスの認知機能障害および神経炎症を改善する

    王婷, 祖父江顕, 小峯起, 渡邊征爾, 斎藤貴志, 西道隆臣, 山中宏二

    第46回 日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  6. オリゴデンドロサイト特異的なALS関連変異型TDP-43の過剰発現はマウスの運動機能障害を惹起する

    堀内麻衣, 渡邊征爾, 山中宏二

    第46回 日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    開催地:仙台, 宮城  

  7. タンパク質ストレス応答における小胞体・ミトコンドリア接触部の新たな役割 招待有り

    渡邊征爾, 山中宏二

    第66回 日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸, 兵庫  

  8. TBK1は単量体化によって誘導されるリン酸化TDP-43のクリアランスに重要である.

    酒井昭平, 渡邊征爾, 大岩康太郎, 山中宏二

    第66回 日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  9. マウスにおけるオリゴデンドロサイト特異的な変異型TDP-43過剰発現は運動機能障害を惹起する

    堀内麻衣, 渡邊征爾, 山中宏二

    第66回 日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  10. Anovel reporter, TDP-DiLuc, detects TDP-43 monomerization preceding TDP-43 pathology.

    大岩康太郎, 渡邊征爾, 小野寺一成, 井口洋平, 岡田洋平, 勝野雅央, 山中宏二

    第64回 日本神経学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張, 千葉  

  11. TBK1によって誘導される液性因子は異常な単量体TDP-43の除去を促進する

    酒井昭平, 大岩康太郎, 渡邊征爾, 小峯起, 山中宏二

    第95回 日本生化学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋, 愛知  

  12. TANK結合キナーゼ1(TBK1)は小胞体・ミトコンドリア接触領域において細胞のタンパク質恒常性ストレス応答を促進する 招待有り

    渡邊征爾, 山中宏二

    第95回 日本生化学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  13. 変性性脊髄症関連変異E40KによるイヌSOD1種特異的凝集は疎水性コアの内在的脆弱性に起因する

    橋本慶, 渡邊征爾, 神志那弘明, 阿久津誠人, 古川良明, 山中宏二

    第95回 日本生化学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋, 愛知  

  14. 同一検者が他施設で行った抗MOG抗体Cell-based Assayの一致率について

    景山卓, 高岡加陽, 末長敏彦, 渡邊征爾, 山中宏二

    第34回 日本神経免疫学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎  

  15. Development of two novel reporters to monitor mitochondria-associated membrane for understanding the pathomechanism of neurodegenerative diseases. 招待有り 国際会議

    Sakai S, Watanabe S, Yamanaka K

    The 4th Japan-UK Neuroscience Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:軽井沢, 長野  

  16. 疎水領域の脆弱性が引き起こすイヌ変性性脊髄症関連変異体SOD1E40Kの種特異的凝集機序の解析

    橋本慶, 渡邊征爾, 山中宏二

    第12回 名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  17. オリゴデンドロサイト特異的な変異型TDP-43過剰発現はマウスの運動機能障害を惹起する

    堀内麻衣, 渡邊征爾, 山中宏二

    第12回 名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  18. イヌ変性性脊髄症病因タンパク質SOD1E40Kの凝集性軽減変異体M117Lにおける生化学的解析と分子機序

    橋本慶, 渡邊征爾, 小峯起, 祖父江顕, 神志那弘明, 古川良明, 山中宏二

    第165回 日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  19. アルツハイマー病モデルマウスにおける認知機能障害および神経炎症に対するフマル酸ジメチルの影響

    王婷, 祖父江顕, 小峯起, 渡邊征爾, 斎藤貴志, 西道隆臣, 山中宏二

    Neuro2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宜野湾, 沖縄  

  20. オリゴデンドロサイト特異的な変異型TDP-43過剰発現はマウスの運動機能障害を惹起する

    堀内麻衣, 渡邊征爾, 山中宏二

    Neuro2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宜野湾, 沖縄  

  21. 小胞体・ミトコンドリア連関の破綻はTANK結合キナーゼ1(TBK1)を不活性化し、ストレス顆粒形成と運動機能の障害を引き起こす

    渡邊征爾, 大岩康太郎, 山中宏二

    Neuro2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宜野湾, 沖縄  

  22. 疎水領域の脆弱性により引き起こされるイヌ変性性脊髄症関連E40K変異SOD1の種特異的凝集

    橋本慶, 渡邊征爾, 小峯起, 祖父江顕, 神志那弘明, 古川良明, 山中宏二

    Neuro2022  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宜野湾, 沖縄  

  23. TBK1は液性因子を介して異常な単量体TDP-43を選択的に排除する

    酒井昭平, 大岩康太郎, 渡邊征爾, 小峯起, 山中宏二

    Neuro2022 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宜野湾, 沖縄  

  24. Monomerization of TDP-43 is a key determinant for inducing TDP-43 pathology.

    大岩康太郎, 渡邊征爾, 小野寺一成, 井口洋平, 岡田洋平, 勝野雅央, 山中宏二

    第63回 日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  25. Energy deprivation and Transcription inhibition Induce TDP-43 monomerization in Amyotrophic Lateral Sclerosis. 国際会議

    Kinoshita Y, Oiwa K, Watanabe S, Yamanaka K

    The 4th Korea University International Medical Student Research Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  26. Oligodendrocyte-specific overexpression of TDP-43 induces motor dysfuntion in mice. 国際会議

    Horiuchi M, Watanabe S, Yamanaka K

    PACTALS NAGOYA 2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  27. Identification of a key amino acid residue involved in the species-specific aggregation of canine SOD1 with E40K mutation. 国際会議

    Hashimoto K, Watanabe S, Yamanaka K

    PACTALS NAGOYA 2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  28. Novel reporters of mitochondria-associated membrane (MAM) demonstrate MAM disruption as a common pathological feature in inherited ALS. 国際会議

    Sakai S, Watanabe S, Yamanaka K

    PACTALS NAGOYA 2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  29. Knocking-in the ALS-linked TDP-43M337V mutation in mice. 国際会議

    Watanabe S, Oiwa K, Komine O, Sobue A, Yamanaka K

    PACTALS NAGOYA 2021 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  30. スプライソソームの形成異常がTDP-43の単量体化に関与する

    渡邊征爾, 木下裕香子, 大岩康太郎, 山中宏二

    第44回 日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸, 兵庫  

  31. Downregulation of homeostatic microglial genes is correlated with progression of Alzheimer's disease in mice.

    Sobue A, Komine O, Hara Y, Endo F, Mizoguchi H, Watanabe S, Murayama S, Saito T, Saido TC, Sahara N, Higuchi M, Ogi T, Yamanaka K

    第44回 日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  32. アグリソーム形成と液ー液相分離は独立してTDP-43凝集体の形成を引き起こす 招待有り

    渡邊征爾, 稲見英和, 大岩康太郎, 酒井昭平, 山中宏二

    第62回 日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  33. TDP-43 is a key determinant for inducing TDP-43 pathology in ALS

    大岩康太郎, 渡邊征爾, 井口洋平, 勝野雅央, 山中宏二

    第62回 日本神経学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  34. 運動神経変性における小胞体・ミトコンドリア連関の破綻 招待有り

    渡辺征爾、山中宏二

    第93回日本生化学会大会シンポジウム  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  35. Multimerization of TDP-43 plays a key role in determination of its subcellular localization

    大岩康太郎、渡邊征爾、祖父江 顕、小峯 起、勝野雅央、山中宏二

    第61回日本神経学会学術大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    会議種別:ポスター発表  

  36. ALS関連変異TDP-43M337Vノックインマウスは運動神経変性を伴わないスプライシング異常を生じる

    渡邊征爾、大岩康太郎、小峯 起、祖父江 顕、山中宏二

    第43回日本神経科学大会  2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  37. PEG修飾D-セリンデヒドラターゼの投与によるALSモデルマウスのD-セリン動態制御の試み

    廣瀬優太、北浦靖之、渡邊征爾、山中宏二、伊藤智和、邊見 久、吉村 徹

    日本ビタミン学会第72回大会  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  38. TDP-43 mutant lacking its C-terminal domain induces age-dependent motor dysfunction in mice. 国際会議

    Watanabe S, Nishino K, Murata Y, Oiwa K, Yamanaka K.

    30th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:オーストラリア連邦  

  39. 家族性ALS/FTLD原因遺伝子によって引き起こされるTDP-43の凝集は2つの異なる経路によって生じる

    渡邊征爾、大岩康太郎、山中宏二

    第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟市   国名:日本国  

  40. Intracerebroventricular administration of cystatin C extended the survival time of SOD1G93A mouse model 国際会議

    Watanabe S, Komine O, Endo F, Wakasugi K, Yamanaka K

    29th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Glasgow   国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  41. Mice deficient of C-terminal domain of TDP-43 develop age-dependent motor dysfunction via Notch1-Akt signaling pathway 国際会議

    Watanabe S, Nishino K, Matsuoka Y, Jin S, Komine O, Endo F,Tsuiji H, Sakimura K, Mishra A, Yamanaka K

    5th RNA metabolism in neurological desease conference, Satelite meeting of SFN 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego   国名:アメリカ合衆国  

  42. ALS共通病態としての小胞体・ミトコンドリア膜間領域(MAM)破綻の検証.

    渡邊征爾

    第40回日本生物学的精神医学会 第61回日本神経化学会大会 合同年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  43. TDP-43C末端ドメイン欠損変異体はNotch1-Akt1シグナル経路を介して加齢依存的な運動障害を引き起こす

    渡邊征爾、西野晃平、松岡由理、金 世杰、小峯 起、遠藤史人、築地仁美、﨑村健司、山中宏二

    第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  44. 筋萎縮性側索硬化症におけるシスタチンCの神経保護効果

    渡邊征爾

    2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市   国名:日本国  

  45. Mice Heterozygously lacking C-terminal domain of TDP-43 show age-dependent motor dysfunction 国際会議

    Nishino K, Watanabe S, Endo, F, Yamanaka K

    XXIII World Congress of Neurology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  46. 小胞体・ミトコンドリア膜間領域は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新規治療標的である

    渡邊征爾、小峯 起、遠藤史人、山中宏二

    第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  47. オルガネラ連関の破綻からみた運動神経変性メカニズム.

    渡邊征爾

    第二回 医薬系3部局交流シンポジウム/環境医学研究所・群馬大学生体調節研究所合同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  48. Disruption of Mitochondria-associated membrance is a common pathomechanism both in SOD1-and SIGMAR1-linked ALS 国際会議

    Watanabe S, Yamanaka K

    The 27th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dublin(Ireland)   国名:アイルランド  

  49. In vivo and in vitro characterization of SOD1 in early stages of ALS as a precursor to insoluble aggregates. 国際会議

    Tokuda E, Anzai I, Nomura T, Ohara S, Watanabe S, Yamanaka K, Morisaki Y, Misawa H, Furukawa Y.

    The 27th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dublin   国名:アイルランド  

  50. ALSにおけるミトコンドリア・小胞体膜間領域の破綻 招待有り

    渡邉征爾

    第39回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  51. Disruption of mitochondria-associated membranein amyotrophic lateral sclerosis

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. Mahogunin ring finger 1 confers cytoprotection against mutant SOD1 and is defective in ALS mice 国際会議

    Chhangani D, Endo F, Amanullah A, Upadhyay A, Watanabe S, Mishra R, Mishra A, Yamanaka K

    26th International Symposium on ALS/MLD 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  53. Astrocyte-derived TGF-β1 accelerates disease progression in ALS mice by interfering with neuroprotective functions of microglia and T cells. 国際会議

    Endo F, Komine O, Jin S, Watanabe S, Katsuno M, Sobue G, Wyss-Coray T, Yamanaka K

    26th International Symposium on ALS/MLD 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  54. Calcium deregulation atmitochondria-associated membrane is important for motor neuronal degeneration in amyotrophic lateral sclerosis

    Watanabe S, Yamanaka K

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. アストロサイト由来TGF-β1はALSの疾患進行を規定する

    遠藤史人、小峯 起、金 世杰、渡邊征爾、山中宏二

    第27回日本神経免疫学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜市   国名:日本国  

  56. Sigma 1 receptor deficiency is involved in motor neuronal degeneration through calcium deregulation at mitochondria-associated membrane

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. Coordinated activation of autophagy and cathepsin-mediated proteolysis inhibition is essential for neuroprotection by cystatin C against mutant SOD1-mediated toxicity 国際会議

    Watanabe S, Wakasugi K, Yamanaka K

    25th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ベルギー王国  

  58. The role of the infiltrating immune cells attracted by activated microglia in amyotrophic lateral sclerosis mice 国際会議

    Komine O, Yamashita H, Fujimori-Tonou N, Moriwaki Y, Endo F, Watanabe S, Misawa H, Yamanaka K

    Neuroscience 2014 Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  59. 変異SOD1由来の毒性に対するシスタチンCの神経細胞保護機構の解明

    渡邊征爾、若杉桂輔、山中宏二

    第37回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. Cystatin C protected neuronal cells against mutant copper-­zinc superoxide dismutase (SOD1)-­mediated toxicity in vitro 国際会議

    Watanabe S, Wakasugi K, Yamanaka K

    24th International Symposium on ALS/MND 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  61. ヒトのニューログロビンが持つ神経細胞保護メカニズムの解明

    高橋 望, 渡邊征爾, 若杉桂輔

    第86回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

  62. 変異スーパーオキシドジスムターゼ1(SOD1)はSOD1G93Aマウスにおい てミトコンドリア・小胞体膜間領域に蓄積する

    渡邊征爾, 山中宏二

    Neuro2013(第36回日本神経科学大会 第56回日本神経化学会大会 第23回日本神経回路学会大会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  63. ヒト・ニューログロビンが持つ神経細胞保護機能の作用機序の解明

    高橋 望, 渡邊征爾, 若杉桂輔

    第13回 東京大学生命科学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  64. 魚類ニューログロビンが持つ細胞膜貫通特性の解明とその蛋白質工学的応用

    若杉桂輔、渡邊征爾

    第38回生体分子化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城県つくば市   国名:日本国  

  65. 過剰発現系を用いたヒト・ニューログロビンの細胞死抑制機構の解明

    高橋 望, 渡邊征爾, 若杉桂輔

    第11回 東京大学生命科学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  66. ゼブラフィッシュのニューログロビンが持つ細胞膜貫通特性に必須の残基の特定

    渡邊征爾, 若杉桂輔

    BMB2010(第83回日本生化学会大会 第33回日本分子生物学会年会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  67. 過剰発現系を用いたニューログロビンの細胞死抑制機構の解明

    高橋 望, 渡邊征爾, 若杉桂輔

    BMB2010(第83回日本生化学会 第33回日本分子生物学会 合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  68. Chimeric ZHHH neuroglobin as a cell-­membrane-­penetrating neuroprotective globin 国際会議

    Watanabe S, Wakasugi K

    10th International Conference on Neuroprotective Agents 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  69. Investigation of a neuroprotective mechanism of human neuroglobulin 国際会議

    Wakasugi K, Watanabe S

    10th International Conference on Neuroprotective Agents 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. ゼブラフィッシュ網膜におけるニューログロビンの発現

    藤川千恵子, 永島幹子, 馬渡一浩, 渡邊征爾, 若杉桂輔, 加藤 聖

    第87回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:盛岡市   国名:日本国  

  71. 脳内グロビン蛋白質「ニューログロビン」の生理機能の解明

    渡邊征爾, 若杉桂輔

    第10回 東京大学生命科学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  72. 視神経損傷後のゼブラフィッ シュ網膜におけるニューログロビンの発現と局在

    藤川千恵子, 永島幹子, 馬渡一浩, 渡邊征爾, 若杉桂輔, 加藤 聖

    第56回中部日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:石川県金沢市   国名:日本国  

  73. ヒトのニューログロビンによる神経細胞死の抑制には酸化ストレスに伴う構造変化が重要である

    渡邊征爾, 若杉桂輔

    第82回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  74. Functional characterization of neuroglobin, a novel member of the vertebrate globin family 国際会議

    Watanabe S, Wakasugi K

    14th International Conference on Biological Inorganic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. ニューログロビンの新規機能の探索

    若杉桂輔、渡邊征爾

    第36回生体分子化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  76. 脳内グロビン蛋白質「ニューログロビン」の新規機能の探索

    渡邊征爾, 若杉桂輔

    第9回日本蛋白質科学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本市   国名:日本国  

  77. ゼブラフィッシュのニューログロビンは細胞膜貫通特性をもつ

    渡邊征爾、若杉桂輔

    BMB2008(第81回日本生化学会大会 第31回日本分子生物学会年会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市   国名:日本国  

  78. ニューログロビンの酸化ストレス下での神経細胞死抑制機構の解明

    渡邊征爾, 若杉桂輔

    BMB2007(第80回日本生化学会大会 第30回日本分子生物学会年会 合同大会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 4

  1. TDP-43単量体の細胞質における凝集機序の解明

    研究課題/研究課題番号:23K06826  2023年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    渡邊 征爾

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    TAR DNA結合タンパク質 43(TDP-43)は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)や前頭側頭葉変性症(FTLD)で傷害される神経細胞では核から消失して細胞質で凝集する。これまでの研究でTDP-43の単量体化が凝集体形成に重要であることが判明したため、本研究では、TDP-43の単量体化がTDP-43単量体の細胞質での凝集する際の詳細な分子機序を明らかにすることを目指す。本研究によってTDP-43の凝集体形成機序や凝集抑制方法が明らかになることで、将来のALS・FTLDの新規治療法開発に大きく貢献出来ると期待できる。

  2. タンパク質の構造生物学に基づいた筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と治療法開発

    研究課題/研究課題番号:19KK0214  2019年10月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    山中 宏二, 渡邊 征爾, 祖父江 顕

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    本研究課題は、英国リバプール大学の構造生物学研究チームと共同で病因タンパク質の構造生物学的知見に基づいた筋萎縮性側索硬化症(ALS)の分子病態解明と新規治療法の開発を目指す。具体的に、2種類のALS原因タンパク質SOD1、TDP-43に着目し、SOD1については、その立体構造を安定化することにより疾患の進行を抑制する化合物の開発を行う。TDP-43については、ALSで見られる病理像の鍵となるTDP-43タンパク質の構造異常を英国チームと共同で解析する。本国際共同研究を通じて、新たな視点でのALSの病態解明、治療法開発や、異分野を俯瞰する国際的に視野の広い若手研究者の育成が期待される。
    本研究課題では、以下の2つの研究計画を英国リバプール大学との国際共同研究により実施した。
    1) ALS原因蛋白質SOD1の立体構造を安定化させて疾患の進行を抑制する化合物の開発: 二量体として存在するSOD1はALS疾患変異の導入によりその構造異常を来すことが知られている。英国チームは、低分子化合物エブセレンを構造展開してより良い候補化合物を複数合成した。本邦チームは、変異SOD1を発現した神経培養細胞を用いて、エブセレン類縁化合物による神経毒性の軽減効果をスクリーニングした。その結果、一部の類縁化合物がエブセレン、さらにALS治療薬のエダラボンよりも神経保護効果を発揮することを見出した。今年度は、SOD1G93Aマウスへ慢性経口投与することにより、エブセレン誘導体の神経保護効果を検討した。その結果、エブセレン誘導体の慢性経口投与は、遺伝性ALSモデルマウスの発症時期を有意に遅延させ、さらに神経筋接合部の脱神経所見の改善、脊髄における変異SOD1オリゴマーの蓄積を軽減した。以上の研究結果を、英国チームと共同で論文投稿中である。
    2) 単量体TDP-43の分子の生物物理学的性状解析と立体構造解析: 本邦チームは、TDP-43の単量体化により、ALSに特徴的なTDP-43病理である、タンパク質の局在異常とリン酸化TDP-43の異常凝集が惹起されることを見出し、この単量体型TDP-43タンパク質の機能解析や、単量体化メカニズムについて検討を続けている。TDP-43の単量体化亢進が孤発性ALSの神経組織においてみられることや、そのTDP-43病理形成における役割について論文にまとめ投稿した。
    英国における共同研究・実験実施のため、英国への渡航を予定していたが、COVID-19蔓延のため引き続き延期している。その間、Web会議等によって 共同研究に関わる打ち合わせを継続している。
    COVID-19の蔓延により、英国への渡航が延期になったため、一部の実験計画は延期している。
    双方の研究チームがWeb会議等によって密に連携して、各チームの担当課題を進めるように努める。ただし、COVID-19による、当該国の感染状況悪化や大学の活動制限が再度発生した場合には研究計画の変更も検討せざるを得ない。

  3. 小胞体・ミトコンドリア膜間領域の破綻に基づくALS病態の統合的理解

    研究課題/研究課題番号:17H04986  2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  若手研究(A)

    渡邊 征爾

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:21060000円 ( 直接経費:16200000円 、 間接経費:4860000円 )

    本研究では、筋萎縮性側索硬化症(ALS)において、小胞体とミトコンドリア間の膜接触領域(小胞体・ミトコンドリア膜間領域; MAM)の破綻が普遍的な病態であるという仮説の検証を行った。我々はMAMtrackerと名付けた新規のレポーター分子を作製し、多くのALS原因遺伝子によってMAMが破綻することを明らかにした。さらに、MAMの破綻によって、ALSの原因遺伝子産物でもあるTANK結合キナーゼ1(TBK1)の活性が著しく低下し、その原因はストレス依存的なMAM特異的ユビキチン化が障害されるためであることを明らかにした。本研究は、今後MAMを標的としたALS治療法開発の基盤となると考えられる。
    我々はこれまでにMAMの破綻がSOD1またはσ1受容体の変異に伴うALSで共通した病態であることを明らかにした。本研究では、これら以外のALS原因遺伝子によってもMAMの破綻が引き起こされることを明らかにし、MAMの破綻がALSにおいて普遍的な病態であることが示唆された。特にTBK1活性化へのMAMの関与はMAMの新規機能として興味深く、今後のALS治療における重要な標的機序となることが期待される。

  4. 神経変性疾患における小胞体・ミトコンドリア膜間領域の生理的意義の解明

    研究課題/研究課題番号:25860252  2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金