2022/11/02 更新

写真a

スズキ ノブアキ
鈴木 伸明
SUZUKI Nobuaki
所属
医学部附属病院 輸血部 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 1

  1. 医学博士 ( 2013年9月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. マウスモデルを用いた血液凝固異常症の病態解析

経歴 6

  1. 名古屋大学医学部附属病院   輸血部   講師

    2021年5月 - 現在

  2. 名古屋大学医学部附属病院   輸血部   助教

    2015年4月 - 2021年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学医学部附属病院   検査部   病院助教

    2014年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学部附属病院   検査部   医員 

    2011年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 大垣市民病院   血液内科   医員

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 国立名古屋病院 (現:名古屋医療センター)   研修医/血液内科レジデント

    2002年5月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    2007年4月 - 2011年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 浜松医科大学   医学部

    1996年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本輸血・細胞治療学会   評議員

    2021年4月 - 現在

  2. 日本血栓止血学会   代議員

    2013年9月 - 現在

  3. 日本血液学会

  4. 日本内科学会

委員歴 1

  1. 日本血液学会 重篤副作用ガイドライン委員  

受賞 1

  1. 日本血液学会奨励賞

    2012年10月   日本血液学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 41

  1. VWF-Gly2752Ser, a novel non-cysteine substitution variant in the CK domain, exhibits severe secretory impairment by hampering C-terminal dimer formation

    Okamoto Shuichi, Tamura Shogo, Sanda Naomi, Odaira Koya, Hayakawa Yuri, Mukaide Masato, Suzuki Atsuo, Kanematsu Takeshi, Hayakawa Fumihiko, Katsumi Akira, Kiyoi Hitoshi, Kojima Tetsuhito, Matsushita Tadashi, Suzuki Nobuaki

    JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS   20 巻 ( 8 ) 頁: 1784 - 1796   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/jth.15746

    Web of Science

    PubMed

  2. TSUBASA: A prospective study evaluating the association between physical activity and bleeding events in people with haemophilia A during emicizumab prophylaxis

    Fujii Teruhisa, Amano Kagehiro, Sawada Akihiro, Nagao Azusa, Nagae Chiai, Nojima Masanori, Suzuki Nobuaki, Nosaka Daisuke, Shimura Tomomi, Sugao Yoshimasa, Nogami Keiji

    HAEMOPHILIA   28 巻   頁: 24 - 25   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  3. F9mRNA splicing aberration due to a deep Intronic structural variation in a patient with moderate hemophilia B

    Odaira Koya, Kawashima Fumika, Tamura Shogo, Suzuki Nobuaki, Tokoro Mahiru, Hayakawa Yuri, Suzuki Atsuo, Kanematsu Takeshi, Okamoto Shuichi, Takagi Akira, Katsumi Akira, Matsushita Tadashi, Shima Midori, Nogami Keiji, Kojima Tetsuhito, Hayakawa Fumihiko

    THROMBOSIS RESEARCH   213 巻   頁: 91 - 96   2022年5月

     詳細を見る

  4. AKATSUKI study: a prospective, multicentre, phase IV study evaluating the safety of emicizumab under and immediately after immune tolerance induction therapy in persons with congenital haemophilia A with factor VIII inhibitors

    Matsushita Tadashi, Suzuki Nobuaki, Nagao Azusa, Nagae Chiai, Yamaguchi-Suita Haruko, Kyogoku Yui, Ioka Akiko, Nogami Keiji

    BMJ OPEN   12 巻 ( 3 ) 頁: e057018   2022年3月

     詳細を見る

  5. Protein S-Leu17Pro disrupts the hydrophobicity of its signal peptide causing a proteasome-dependent degradation

    Okada Kentaro, Tamura Shogo, Suzuki Nobuaki, Odaira Koya, Mukaide Masato, Fujii Wataru, Katsuragi Yumi, Suzuki Atsuo, Kanematsu Takeshi, Okamoto Shuichi, Suzuki Naruko, Katsumi Akira, Matsushita Tadashi, Kojima Tetsuhito, Hayakawa Fumihiko

    THROMBOSIS RESEARCH   210 巻   頁: 26 - 32   2022年2月

     詳細を見る

  6. Development and validation of a novel qualitative test for plasma fibrinogen utilizing clot waveform analysis

    Suzuki Atsuo, Suzuki Nobuaki, Kanematsu Takeshi, Shinohara Sho, Kurono Hiroshi, Arai Nobuo, Okamoto Shuichi, Suzuki Naruko, Tamura Shogo, Kikuchi Ryosuke, Katsumi Akira, Kojima Tetsuhito, Matsushita Tadashi

    SCIENTIFIC REPORTS   12 巻 ( 1 ) 頁: 434   2022年1月

     詳細を見る

  7. The influence of hepatitis C virus eradication on hepatocarcinogenesis in patients with hemophilia HCC after HCV eradication in hemophilia

    Inukai Yosuke, Imai Norihiro, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Okamoto Shuichi, Kanematsu Takeshi, Suzuki Nobuaki, Matsushita Tadashi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    ANNALS OF HEPATOLOGY   27 巻 ( 1 ) 頁: 100545   2022年

     詳細を見る

  8. Tolerability of Molecular-targeted Agents for Hepatocellular Carcinoma Treatment in Haemophiliacs

    Yamamoto Takafumi, Imai Norihiro, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Okamoto Shuichi, Kanematsu Takeshi, Suzuki Nobuaki, Matsushita Tadashi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    ANTICANCER RESEARCH   41 巻 ( 5 ) 頁: 2569 - 2573   2021年5月

     詳細を見る

  9. Essential role of a carboxyl-terminal alpha-helix motif in the secretion of coagulation factor XI

    Hayakawa Yuri, Tamura Shogo, Suzuki Nobuaki, Odaira Koya, Tokoro Mahiru, Kawashima Fumika, Hayakawa Fumihiko, Takagi Akira, Katsumi Akira, Suzuki Atsuo, Okamoto Shuichi, Kanematsu Takeshi, Matsushita Tadashi, Kojima Tetsuhito

    JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS   19 巻 ( 4 ) 頁: 920 - 930   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/jth.15242

    Web of Science

    PubMed

  10. Impact of variation in reagent combinations for one-stage clotting assay on assay discrepancy in nonsevere haemophilia A

    Suzuki Atsuo, Suzuki Nobuaki, Kanematsu Takeshi, Okamoto Shuichi, Tamura Shogo, Kikuchi Ryosuke, Katsumi Akira, Kiyoi Hitoshi, Kojima Tetsuhito, Matsushita Tadashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF LABORATORY HEMATOLOGY   43 巻 ( 1 ) 頁: 131 - 138   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/ijlh.13335

    Web of Science

    PubMed

  11. Myh9 R702C is associated with erythroid abnormality with splenomegaly in mice

    Kanematsu Takeshi, Suzuki Nobuaki, Tamura Shogo, Suzuki Atsuo, Ishikawa Yuichi, Katsumi Akira, Kiyoi Hitoshi, Saito Hidehiko, Kunishima Shinji, Kojima Tetsuhito, Matsushita Tadashi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   83 巻 ( 1 ) 頁: 75 - 86   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.18999/nagjms.83.1.75

    Web of Science

    PubMed

  12. Safety and efficacy of percutaneous radiofrequency ablation for hepatocellular carcinoma patients with haemophilia

    Yamamoto Takafumi, Imai Norihiro, Yamamoto Kenta, Ito Takanori, Ishizu Yoji, Honda Takashi, Okamoto Shuichi, Kanematsu Takeshi, Suzuki Nobuaki, Matsushita Tadashi, Ishigami Masatoshi, Fujishiro Mitsuhiro

    HAEMOPHILIA   27 巻 ( 1 ) 頁: 100 - 107   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/hae.14220

    Web of Science

    PubMed

  13. Aberrant X chromosomal rearrangement through multi-step template switching during sister chromatid formation in a patient with severe hemophilia A

    Tokoro Mahiru, Tamura Shogo, Suzuki Nobuaki, Kakihara Misaki, Hattori Yuna, Odaira Koya, Suzuki Sachiko, Takagi Akira, Katsumi Akira, Hayakawa Fumihiko, Okamoto Shuichi, Suzuki Atsuo, Kanematsu Takeshi, Matsushita Tadashi, Kojima Tetsuhito

    MOLECULAR GENETICS & GENOMIC MEDICINE   8 巻 ( 9 ) 頁: e1390   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/mgg3.1390

    Web of Science

    PubMed

  14. Higher FVIII:C measured by chromogenic substrate assay than by one-stage assay is associated with silent hemophilic arthropathy

    Ogawa Mika, Suzuki Nobuaki, Takahashi Nobunori, Tamura Shogo, Suzuki Atsuo, Suzuki Sachiko, Hattori Yuua, Kakihara Misaki, Kanematsu Takeshi, Kojima Toshihisa, Katsumi Akira, Hayakawa Fumihiko, Kojima Tetsuhito, Ishiguro Naoki, Kiyoi Hitoshi, Matsushita Tadashi

    THROMBOSIS RESEARCH   188 巻   頁: 103 - 105   2020年4月

     詳細を見る

  15. Successful Introduction of Peritoneal Dialysis in an End-stage Renal Failure Patient with Idiopathic Aplastic Anemia

    Suzuki Yasuhiro, Mizuno Masashi, Sakata Fumiko, Kojima Hiroshi, Sato Yuka, Kishimoto Mayuko, Suzuki Nobuaki, Kinashi Hiroshi, Saito Shoji, Katsuno Takayuki, Kosugi Tomoki, Maruyama Shoichi, Murata Makoto, Kiyoi Hitoshi, Ito Yasuhiko

    INTERNAL MEDICINE   59 巻 ( 5 ) 頁: 683 - 687   2020年

  16. [Acquired coagulation disorders].

    Suzuki N

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   61 巻 ( 7 ) 頁: 779 - 784   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11406/rinketsu.61.779

    PubMed

  17. [Lupus anticoagulant-hypoprothrombinemia syndrome associated with follicular lymphoma].

    Koyama D, Hanajiri R, Kanematsu T, Ito R, Yamamoto S, Imoto N, Suzuki N, Kurahashi S, Sugiura I

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   61 巻 ( 7 ) 頁: 745 - 749   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.11406/rinketsu.61.745

    PubMed

  18. Performance evaluation of Revohem((TM)) FVIII chromogenic and Revohem((TM)) FIX chromogenic in the CS-5100 autoanalyser

    Suzuki Atsuo, Suzuki Nobuaki, Kanematsu Takeshi, Shinohara Sho, Arai Nobuo, Kikuchi Ryosuke, Matsushita Tadashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF LABORATORY HEMATOLOGY   41 巻 ( 5 ) 頁: 664 - 670   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/ijlh.13083

    Web of Science

    PubMed

  19. Successful Perioperative Combination of High-Dose FVIII Therapy Followed by Emicizumab in a Patient with Hemophilia A with Inhibitors.

    Okamoto S, Suzuki N, Suzuki A, Suzuki S, Tamura S, Suzuki M, Takahashi N, Kojima T, Kanematsu T, Kojima T, Kiyoi H, Ishiguro N, Matsushita T

    TH open : companion journal to thrombosis and haemostasis   3 巻 ( 4 ) 頁: e364 - e366   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1055/s-0039-3401001

    PubMed

  20. Ischaemic events are rare, and the prevalence of hypertension is not high in Japanese adults with haemophilia: First multicentre study in Asia

    Nagao Azusa, Suzuki Nobuaki, Takedani Hideyuki, Yamasaki Naoya, Chikasawa Yushi, Sawada Akihiro, Kanematsu Takeshi, Nojima Masanori, Higasa Satoshi, Amano Kagehiro, Fukutake Katsuyuki, Fujii Teruhisa, Matsushita Tadashi, Suzuki Takashi

    HAEMOPHILIA   25 巻 ( 4 ) 頁: E223 - E230   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1111/hae.13749

    Web of Science

    PubMed

  21. Apparent synonymous mutation F9 c.87A > G causes secretion failure by in-frame mutation with aberrant splicing

    Odaira Koya, Tamura Shogo, Suzuki Nobuaki, Kakihara Misaki, Hattori Yuna, Tokoro Mahiru, Suzuki Sachiko, Takagi Akira, Katsumi Akira, Hayakawa Fumihiko, Okamoto Shuichi, Suzuki Atsuo, Kanematsu Takeshi, Matsushita Tadashi, Kojima Tetsuhito

    THROMBOSIS RESEARCH   179 巻   頁: 95 - 103   2019年7月

     詳細を見る

  22. Molecular basis of SERPINC1 mutations in Japanese patients with antithrombin deficiency

    Tamura Shogo, Hashimoto Erika, Suzuki Nobuaki, Kakihara Misaki, Odaira Koya, Hattori Yuna, Tokoro Mahiru, Suzuki Sachiko, Takagi Akira, Katsumi Akira, Hayakawa Fumihiko, Suzuki Atsuo, Okamoto Shuichi, Kanematsu Takeshi, Matsushita Tadashi, Kojima Tetsuhito

    THROMBOSIS RESEARCH   178 巻   頁: 159 - 170   2019年6月

     詳細を見る

  23. Clot waveform analysis in Clauss fibrinogen assay contributes to classification of fibrinogen disorders

    Suzuki Atsuo, Suzuki Nobuaki, Kanematsu Takeshi, Shinohara Sho, Arai Nobuo, Kikuchi Ryosuke, Matsushita Tadashi

    THROMBOSIS RESEARCH   174 巻   頁: 98 - 103   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.thromres.2018.12.018

    Web of Science

    PubMed

  24. Ischemic events are rare among aging patients with hemophilia: Results of a cross-sectional study from at centers treating hemophiliacs in Japan

    Suzuki Nobuaki, Takedani Hideyuki, Yamasaki Naoya, Chikasawa Yushi, Sawada Akihiro, Kanematsu Takeshi, Higasa Satoshi, Amano Kagehiro, Fukutake Katsuyuki, Nagao Azusa

    HAEMOPHILIA   24 巻   頁: 13 - 14   2018年5月

     詳細を見る

  25. Vwf K1362A resulted in failure of protein synthesis in mice 査読有り

    Sanda Naomi, Suzuki Nobuaki, Suzuki Atsuo, Kanematsu Takeshi, Kishimoto Mayuko, Hasuwa Hidetoshi, Takagi Akira, Kojima Tetsuhito, Matsushita Tadashi, Nakamura Shigeo

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY   107 巻 ( 4 ) 頁: 428 - 435   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-017-2394-y

    Web of Science

    PubMed

  26. Combined deficiency of factors V and VIII by chance coinheritance of parahaemophilia and haemophilia A, but not by mutations of either LMAN1 or MCFD2, in a Japanese family 査読有り

    Suzuki S., Nakamura Y., Suzuki N., Yamazaki T., Takagi Y., Tamura S., Takagi A., Kanematsu T., Matsushita T., Kojima T.

    HAEMOPHILIA   24 巻 ( 1 ) 頁: e13 - e16   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hae.13360

    Web of Science

  27. Retrospective analysis of in vivo recovery and clearance during continuous infusion of recombinant factor VIII products: a single-institution study 査読有り

    Suzuki N., Hirakawa A., Kishimoto M., Kanematsu T., Ogawa M., Kiyoi H., Matsushita T.

    HAEMOPHILIA   23 巻 ( 2 ) 頁: 215 - 221   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hae.13082

    Web of Science

  28. Acquired immune-mediated von Willebrand syndrome accompanied by antiphospholipid syndrome.

    Kobayashi N, Ogawa Y, Yanagisawa K, Ishizaki T, Uchiumi H, Suzuki N, Matsushita T, Ichinose A, Handa H

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58 巻 ( 6 ) 頁: 613-618   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11406/rinketsu.58.613

    PubMed

  29. The first case of antithrombin-resistant prothrombin Belgrade mutation in Japanese 査読有り

    Kishimoto, M. Suzuki, N. Murata, M. Ogawa, M. Kanematsu, T. Takagi, A. Kiyoi, H. Kojima, T. Matsushita, T.

    Ann Hematol   95 巻 ( 3 ) 頁: 541-2   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. A case of MYH9 disorders caused by a novel mutation (p.K74E) 査読有り

    Kanematsu, T. Suzuki, N. Yoshida, T. Kishimoto, M. Aoki, T. Ogawa, M. Kagami, Y. Kiyoi, H. Matsushita, T. Kunishima, S.

    Ann Hematol   95 巻 ( 1 ) 頁: 161-3   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Acquired von Willebrand syndrome in a patient with immune thrombocytopenic purpura 査読有り

    Ihara, A. Suzuki, N. Matsushita, T. Ichinose, A.

    Rinsho Ketsueki   56 巻 ( 7 ) 頁: 901-4   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. The features of clearance in recombinant factor IX (BeneFIX((R)) ) 査読有り

    Suzuki, N. Takedani, H. Hirakawa, A. Ushijima, Y. Matsushita, T.

    Haemophilia   21 巻 ( 5 ) 頁: 702-7   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Endoscopic treatment of esophageal varices in hemophiliac patients with liver cirrhosis 査読有り

    Ishizu, Y. Ishigami, M. Suzuki, N. Kuzuya, T. Honda, T. Hayashi, K. Katano, Y. Hirooka, Y. Ishikawa, T. Matsushita, T. Goto, H.

    Gastrointest Endosc   81 巻 ( 4 ) 頁: 1059-60   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Rhof promotes murine marginal zone B cell development 査読有り

    Kishimoto, M. Matsuda, T. Yanase, S. Katsumi, A. Suzuki, N. Ikejiri, M. Takagi, A. Ikawa, M. Kojima, T. Kunishima, S. Kiyoi, H. Naoe, T. Matsushita, T. Maruyama, M.

    Nagoya J Med Sci   76 巻 ( 3-4 ) 頁: 293-305   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Hepatectomy for hepatocellular carcinoma in patients with hemophilia 査読有り

    Inokawa, Y. Sugimoto, H. Kanda, M. Yamada, S. Fujii, T. Nomoto, S. Takeda, S. Suzuki, N. Matsushita, T. Kodera, Y.

    J Hepatobiliary Pancreat Sci   21 巻 ( 11 ) 頁: 824-8   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Animal models of MYH9 disorders 招待有り 査読有り

    Suzuki, N. Kunishima, S. Naoe, T. Matsushita, T.

    Rinsho Ketsueki   54 巻 ( 11 ) 頁: 2031-7   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Establishment of mouse model of MYH9 disorders: heterozygous R702C mutation provokes macrothrombocytopenia with leukocyte inclusion bodies, renal glomerulosclerosis and hearing disability 査読有り

    Suzuki, N. Kunishima, S. Ikejiri, M. Maruyama, S. Sone, M. Takagi, A. Ikawa, M. Okabe, M. Kojima, T. Saito, H. Naoe, T. Matsushita, T.

    PLoS One   8 巻 ( 8 ) 頁: e71187   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. A possible mechanism for Inv22-related F8 large deletions in severe hemophilia A patients with high responding factor VIII inhibitors 査読有り

    Fujita, J. Miyawaki, Y. Suzuki, A. Maki, A. Okuyama, E. Murata, M. Takagi, A. Murate, T. Suzuki, N. Matsushita, T. Saito, H. Kojima, T.

    J Thromb Haemost   10 巻 ( 10 ) 頁: 2099-107   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Successful fertility management of a patient with factor V deficiency: planned transfusion of fresh frozen plasma under infertility treatment 査読有り

    Iwase, A. Goto, M. Manabe, S. Hirokawa, W. Kobayashi, H. Nakahara, T. Takikawa, S. Kotani, T. Sumigama, S. Tsuda, H. Nakayama, T. Suzuki, N. Matsushita, T. Kikkawa, F.

    Fertil Steril   95 巻 ( 6 ) 頁: 2124.e5-7   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Severe hemophilia A in a Japanese female caused by an F8-intron 22 inversion associated with skewed X chromosome inactivation 査読有り

    Miyawaki, Y. Suzuki, A. Fujimori, Y. Takagi, A. Murate, T. Suzuki, N. Katsumi, A. Naoe, T. Yamamoto, K. Matsushita, T. Takamatsu, J. Kojima, T.

    Int J Hematol   92 巻 ( 2 ) 頁: 405-8   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Heterozygous antithrombin deficiency improves in vivo haemostasis in factor VIII-deficient mice 査読有り

    Bolliger, D. Szlam, F. Suzuki, N. Matsushita, T. Tanaka, K. A.

    Thromb Haemost   103 巻 ( 6 ) 頁: 1233-8   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 今日の治療指針

    鈴木伸明( 担当: 分担執筆)

    医学書院  2020年1月 

共同研究・競争的資金等の研究課題 6

  1. Factor V C2ドメイン異常がActivated Proein C Resistance(APCR)を引き起こすメカニズムの解明

    2017年4月 - 2018年3月

  2. アンチトロンビンレジスタンス(ATR)モデルマウスを用いた病態解析と血栓傾向評価アッセイの開発

    2016年12月 - 2017年11月

    小嶋哲人

      詳細を見る

    2012年に、我々のグループは世界で初めて新規血栓性素因「アンチトロンビンレジスタンス (ATR)」を報告した(Miyawaki, NEJM, 2012)。本研究では、その原因遺伝子であるR593LをノックインしたATRモデルマウス(R593Lマウス)を用いて、その血栓性素因の詳細な病態解析を行うと同時に、Thrombin Generation Assay (TGA)やRotational thromboelastometry (ROTEM)を用いて、包括的に血栓傾向を評価するアッセイ系の構築を試みる。これらの研究は血液凝固の未知のメカニズム発見につながる可能性があり、かつマウスモデルを用いた血液凝固研究の発展に寄与する研究である

  3. von willebrand factor-血小板GPIb結合に着目した血栓制御

    2016年4月 - 2017年3月

    ノバルティスファーマ研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. von Willebrand Factor-血小板GPIb結合に着目した血栓制御

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    血液凝固因子の一つであるvon Willebrand Factor (VWF)は血管内皮細胞、および巨核球で産生され、血漿、血小板および血管内皮細胞中に存在する。その役割は大きく二つあり、血小板表面のGPIbと結合することにより血小板凝集を惹起すること、血液凝固第VIII因子(FVIII)と結合し、FVIIIを安定化させることにより、止血に必要なFVIIIレベルを維持することである。先天的にVWFが欠乏するvon Willebrand disease (VWD)ではこれらの異常により、出血症状を呈する半面、VWFのノックアウトマウスを用いたFeCl3による血栓症モデルでは血小板血栓の形成をほとんど認めなかったという報告がある。このようなことから我々は虚血性心疾患の原因となる血小板性血栓の治療ターゲットとしてVWFに注目している。今回のプロジェクトではVWF, FVIIIの各ノックアウトマウスに加え、VWF K599A変異をノックインし、VWFと血小板 GPIbとの結合能が欠損するようにデザインされたオリジナルマウスを用いて、VWFと血小板GPIbの生体内での役割、および重要性について検討する。

  5. アンチトロンビンレジスタンス(ATR)モデルマウスを用いた病態解析と血栓傾向評価アッセイの開発

    2016年 - 2017年

    血液医学分野研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. The mechanism of hemostasis in the treatment of von willebrand disease type III with inhibitor

    2012年4月 - 2013年3月

    Baxter Coagulation Research Fund(BCRF) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 6

  1. ライフステージに伴う血小板・巨核球造血微小環境の時空間的変遷の解明

    研究課題/研究課題番号:22K06881  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    田村 彰吾, 築地 長治, 鈴木 伸明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、申請者が発見した血小板・巨核球造血微小環境を形成する『骨髄PDPN陽性細網細胞』に着目し、骨髄PDPN陽性細網細胞の系譜解析によって早期ライフステージの血小板・巨核球造血微小環境の形成機構を明らかにする。さらに、骨髄PDPN陽性細網細胞の系統特異的ノックアウトマウスを作製し、早期ライフステージで生じる微小環境の変化が中期ライフステージ以降の血小板・巨核球造血に与える影響を解析する。

  2. 活性値の乖離に着目した血友病性関節症の病態解明とアンメットニーズの開拓

    研究課題/研究課題番号:21K08388  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    鈴木 伸明, 高橋 伸典, 田村 彰吾, 鈴木 敦夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    血友病で欠損する凝固因子の活性測定法には凝固一段法(one stage assay:OSA)と合成基質法(chromogenic substrate assay:CSA)の二つの測定法があるが、測定法の違いにより値が乖離する症例が一定数存在する。最近申請者らが行った血友病Aを対象にした研究によりOSAよりもCSAの活性値が高い症例は関節内出血を未発症でも無自覚のうちに血友病性関節症を発症していたことが示された。本研究ではそのような患者さんの凝固学的異常メカニズムの検討と関節症が進行する病態検討を行い、血友病治療における最重要課題である関節症の発症メカニズム解明に取り組む。

  3. 血管増殖におけるVWF-HBDの同定と抑制型VEGFアイソフォームとの相互作用

    研究課題/研究課題番号:20K08711  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    松下 正, 鈴木 伸明, 菊地 良介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    VWFは、そのヘパリン結合ドメインがGFに結合し、創傷治癒において血管新生を促進するという新しい機能が近年指摘されている。我々はVWFのヘパリン結合部位 (HBD)をin vitroでピンポイント同定しており、本研究ではこの結合部位のVWFの血管新生機能における重要性を検討、一部のVWD患者に見られる血管新生障害の原因としての「血管新生抑制型VEGF-Aアイソフォーム(VEGF-A165b)」の負の影響を検討することにより、血漿・内皮細胞由来のVWFがヘパリンへの結合を介して血管外マトリックスへ結合することにより、どのようにGFの血管新生を調節するか明らかにする。
    フォン・ウィルブランド因子 (VWF)のヘパリン結合ドメインは成長因子(Growth factor: GF)に結合し、創傷治癒において血管新生を促進する。近年、GFの結合による治癒において血漿および内皮細胞から放出されるVWFがヘパリンへの結合様式のもと血管外マトリックスへ結合することにより、血管新生を調節することが示されている。そのため、止血以外のVWFの重要な機能である可能性がある。本研究ではVWFのヘパリン結合部位のVWFの血管新生機能における重要性を検討、続いて当グループが新たに同定した「血管新生抑制型VEGF-Aアイソフォーム(VEGF-A165b)」がどのような影響を持つのかを検討する。
    ECFCの作製
    同意を得て分離したVWD type 1、type 2A、type 3 各typeの患者単核球からBOECs(以後ECFCと改称)を樹立した。
    対象例:・健常・type2A(GroupⅠ): L1503R・type3(Null): E2341X+Y2631X
    単核球はVEGF存在下で培養後典型的なcobblestone形態をとるので、PhenotypeをCD31, CD309等の発現にてフローサイトメトリーにて確認、上清中にVEGF-A165-VWF複合体またはVEGF-A165b-VWF複合体が存在するかを免疫沈降と抗ヒトVWF抗体によるWestern blottingにて確認した。患者血漿についても同様に検討してある。ECFCについてはポリクローナルELISA (DAKO A0082とP226を使用)にて、VWFの細胞学的な発現様式をconfocal immunofluorescenceにて観察中である。これと同時にWeibel-Palade小体に局在するVWF、VEGF-A165、VEGF-A165bの共在につき、抗P-selectin, IL-8, CD63抗体とあわせて検討する。観察を行った細胞はLysateを調整し、Western blottingにてVEGF-A165、165b、VWFのプロセシングを確認、初期実験ではLysateにてVWF:Agが確認された。
    PAD患者のVWF血中濃度については順調に進行しているが、VEGF-A165およびVEGF-A165b のヘパリン結合能については、精製VEGF-A165およびVEGF-A165b蛋白の調達にやや遅れが生じている。
    野生マウス/VWFノックアウトマウスを用いた以下の検討は今回のプロジェクトのポイントであり、今年度は早期にマウス個体数を増加させる。すなわちHBDのアミノ酸をピンポイントで同定する目的でVWFノックアウトマウスに対してhydrodynamic injectionによりヘパリン結合を欠くmutant VWFを発現させる。マウスにwild typeまたはmutant VWF cDNAをコードする発現ベクターpsvVWF1 (Matsushita, T., et al., J Biol Chem, 2000)をhydrodynamic injectionによりマウス肝において強制発現する。PBSに希釈したPlasmid DNA (50mg)溶液はマウス体重の10%となるよう調整する。プラスミドはマウス尾静脈より7秒以内に急速静注することにより肝に一過性に発現される。採血によりヒトVWF蛋白が発現されたことをSandwich ELISAで確認し、検討に用いる。

  4. プロトロンビン変異体による血友病治療の可能性

    研究課題/研究課題番号:18K16082  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    鈴木 伸明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    アンチトロンビンレジスタンスの性質を示すプロトロンビン変異体(R593L)を発現するマウスはトロンビン生成能は低いものの、遅発性の血栓傾向を示した。この血栓傾向が止血能改善に寄与するかを評価するため、血液凝固第VIII因子が欠損した血友病Aマウス(出血傾向を呈する)と交配することにより、プロトロンビンR593Lを発現する血友病Aマウスを作製し、血友病Aマウスの止血能改善効果を評価したが改善効果は認められず、血栓傾向となることは必ずしも止血能改善に寄与しないということが判明し、現段階ではこの変異体の血友病治療への応用は効果に乏しいと考えられた。
    従来、この領域での研究ではトロンビン生成の多寡をもって血栓傾向の評価がなされてきた。しかしながら、アンチトロンビンレジスタンスの性質を持つプロトロンビンR593Lでは血液学的解析では複数の実験系による評価でトロンビン生成能が低く、むしろ出血傾向が推測される結果であったが、生体レベルでの血栓形成能評価では遅発性の血栓傾向を呈した。このことは血液凝固異常の性質によっては血液検体を用いた解析では臨床的な評価をすることは困難であるということを示していると考えられる。このことは今後の血栓症研究において教訓となることである。

  5. BOECを用いたvon Willebrand病の細胞科学的的解析と治療への応用

    研究課題/研究課題番号:17K09902  2017年4月 - 2020年3月

    松下 正

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、VWD患者末梢血から単離した血管内皮前駆細胞(EPCs)を培養して得た患者に直接由来する血管内皮細胞(Endothelial Colony forming cells (ECFC))を用い、免疫蛍光染色法やELISA法を駆使してDominant遺伝子変異によるVWF発現の影響を免疫蛍光染色法やELISA法等で遺伝子変異によるVWF発現の影響を精査して分子病態的に解明した。ついでECFCにおけるDDAVP刺激によるVWDの放出がおこるが本研究では刺激後の細胞学的なVWFの輸送・分泌状況を観察し、患者ごとに異なるDDAVPに対する反応性の差の細胞学的背景を同定することが可能になった。
    von Willebrand病(VWD)の疾患頻度は血友病に次ぐとされているが、正しく診断されていない症例が多数存在する可能性が高い。また本症は優性遺伝形式を取るが、どのようなdominant-negative mechanismでVWFのmutationが疾患をもたらすのか、細胞遺伝学的に明らかになっていない。本研究により従来のTransfectionによる発現検討より生理的な優性遺伝形式を取るVWDにおけるDominant-negativeな細胞学的な機構を詳細に検討を行うことができた。今回得られたDDAVPの最適な分泌刺激方法により新たなVWD治療の基盤モデルとなることが期待された。

  6. MYH9異常症の原因遺伝子であるR702C変異による赤血球分化阻害のメカニズム

    2014年 - 2016年

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    鈴木伸明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    メイ-ヘグリン異常に代表されるMYH9異常症は、非筋ミオシン重鎖IIA遺伝子であるMYH9変異により起こり、巨大血小板、血小板減少、顆粒球封入体を呈する。貧血など赤血球系統の異常の報告は無い。申請者らはヒトMYH9異常症症例、特にR702C変異症例での低ヘモグロビン値、低ヘマトクリット値を見いだした。一方、申請者らはR702C変異を持つノックインマウスの作製を行い、ヒトMYH9異常症に極めて類似した表現型を持つことを確認している。本研究では、MYH9異常症モデルマウスを用いて、赤血球造血障害の有無とその機序を明らかにする。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. 医学入門

    2020

  2. 血液検査学Ⅱ

    2020

  3. 生涯健康と医学

    2020

  4. 臨床検査医学講義

    2020

  5. 血液病

    2020

  6. 医学入門

    2017

     詳細を見る

    Human Biology, Sexually Transmitted Diseases

  7. 臨床検査医学講義

    2017

     詳細を見る

    血液検査(血液形態、血液凝固)

  8. 血液病

    2017

▼全件表示

 

メディア報道 1

  1. 血友病の今 新聞・雑誌

    中日新聞  2020年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外