2021/06/16 更新

写真a

ナカムラ トモコ
中村 智子
NAKAMURA Tomoko
所属
医学部附属病院 産科婦人科 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2014年10月   名古屋大学 ) 

 

論文 23

  1. Very Low Levels of Serum Anti-Mullerian Hormone as a Possible Marker for Follicle Growth in Patients with Primary Ovarian Insufficiency Under Hormone Replacement Therapy

    Kasahara Yukiyo, Osuka Satoko, Bayasula, Nakanishi Natsuki, Murase Tomohiko, Nakamura Tomoko, Goto Maki, Kotani Tomomi, Iwase Akira, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   28 巻 ( 1 ) 頁: 31 - 36   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Reproductive Sciences  

    DOI: 10.1007/s43032-020-00278-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Novel ovarian endometriosis model causes infertility via iron-mediated oxidative stress in mice

    Hayashi Shotaro, Nakamura Tomoko, Motooka Yashiro, Ito Fumiya, Jiang Li, Akatsuka Shinya, Iwase Akira, Kajiyama Hiroaki, Kikkawa Fumitaka, Toyokuni Shinya

    REDOX BIOLOGY   37 巻   頁: 101726   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Redox Biology  

    DOI: 10.1016/j.redox.2020.101726

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Mutant FOXL2(C134W) Hijacks SMAD4 and SMAD2/3 to Drive Adult Granulosa Cell Tumors

    Weis-Banke Stine E., Lerdrup Mads, Kleine-Kohlbrecher Daniela, Mohammad Faizaan, Sidoli Simone, Jensen Ole N., Yanase Toshihiko, Nakamura Tomoko, Iwase Akira, Stylianou Anthe, Abu-Rustum Nadeem R., Aghajanian Carol, Soslow Robert, Paula Arnaud Da Cruz, Koche Richard P., Weigelt Britta, Christensen Jesper, Helin Kristian, Cloos Paul A. C.

    CANCER RESEARCH   80 巻 ( 17 ) 頁: 3466 - 3479   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Research  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-20-0259

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Primary Follicles Suppress the Growth of Primordial Follicles.

    Wei Wei, Komatsu Kouji, Murase Tomohiko, Sonehara Reina, Miyake Natsuki, Murakami Mayuko, Ganieva Umida, Bayasula Bayasula, Yoshita Sayako, Muraoka Ayako, Hayashi Shotaro, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Takasaki Nobuyoshi, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   27 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 283A - 283A   2020年3月

     詳細を見る

  5. The Function of POTEF in Human Granulosa Cells, an Antigen for Ovarian Autoimmunity, in POI Patients.

    Kasahara Yukiyo, Osuka Satoko, Takasaki Nobuyoshi, Wei Wei, Nakanishi Natsuki, Bayasula Bayasula, Nakamura Tomoko, Murase Tomohiko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   27 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 199A - 199A   2020年3月

     詳細を見る

  6. 虫垂子宮内膜症により完全型虫垂重積を生じた一例

    中村 智子, 林 祥太郎, 清水 顕, 村岡 彩子, 仲西 菜月, 新美 薫, 大須賀 智子, 後藤 真紀

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 巻 ( 1 ) 頁: 185 - 188   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本産科婦人科内視鏡学会  

    <p>  Appendiceal intussusception secondary to endometriosis is extremely rare. We report a case of left ovarian endometriosis with endometriosis-induced appendiceal intussusception in a 42-year-old woman presenting with rectal bleeding and left-sided abdominal pain. Colonoscopy revealed a cecal mass measuring 30 mm in diameter. Magnetic resonance imaging revealed extensive pelvic adhesions and a left-sided endometrioma measuring 20 mm in diameter. Laparoscopy revealed isolated appendiceal intussusception and deep infiltrating pelvic endometriosis. Laparoscopic ileocecal resection and left ovarian cystectomy were performed. Histopathological examination confirmed the diagnosis of ovarian endometriosis with endometriosis-induced appendiceal intussusception. Although rare, endometriosis-induced appendiceal intussusception should be considered in the differential diagnosis in women with endometriosis presenting with an appendiceal mass. Coordination between gynecologists and gastrointestinal surgeons is essential for an effective surgical approach to ensure optimal management.</p><p></p>

    DOI: 10.5180/jsgoe.36.1_185

    CiNii Article

  7. Upregulation of Fibroblast Growth Factors Caused by Heart and Neural Crest Derivatives Expressed 2 Suppression in Endometriotic Cells: A Possible Therapeutic Target in Endometriosis

    Kato Nao, Iwase Akira, Ishida Chiharu, Nagai Takashi, Mori Masahiko, Bayasula, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Ganiyeva Umida, Qin Ying, Miki Rika, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   26 巻 ( 7 ) 頁: 979 - 987   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1933719118802053

    Web of Science

    PubMed

  8. Molecular mechanism of FSHR expression induced by BMP15 in human granulosa cells

    Shimizu Ken, Nakamura Tomoko, Bayasula, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Nagai Takashi, Murase Tomohiko, Osuka Satoko, Goto Maki, Iwase Akira, Kikkawa Fumitaka

    JOURNAL OF ASSISTED REPRODUCTION AND GENETICS   36 巻 ( 6 ) 頁: 1185 - 1194   2019年6月

  9. Protective effects of mangafodipir against chemotherapy-induced ovarian damage in mice

    Qin Ying, Iwase Akira, Murase Tomohiko, Bayasula, Ishida Chiharu, Kato Nao, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Takikawa Sachiko, Goto Maki, Kotani Tomomi, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE BIOLOGY AND ENDOCRINOLOGY   16 巻 ( 1 ) 頁: 106   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12958-018-0426-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. TCF21 REGULATION OF PERIOSTIN IN THE PROGRESSION OF ENDOMETRIOTIC FIBROSIS.

    Ganieva U., Nakamura T., Nguyen P. X., Wei W., Murakami M., Miyake N., Nakanishi N., Kasahara Y., Takasaki N., Muraoka A., Hayashi S., Nagai T., Murase T., Osuka S., Goto M., Iwase A.

    FERTILITY AND STERILITY   110 巻 ( 4 ) 頁: E393 - E393   2018年9月

     詳細を見る

  11. Thyroid Autoantibodies do not Impair the Ovarian Reserve in Euthyroid Infertile Women: A Cross-Sectional Study

    Osuka Satoko, Iwase Akira, Goto Maki, Takikawa Sachiko, Nakamura Tomoko, Murase Tomohiko, Kato Nao, Bayasula, Kotani Tomomi, Kikkawa Fumitaka

    HORMONE AND METABOLIC RESEARCH   50 巻 ( 7 ) 頁: 537-542   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/a-0637-9430

    Web of Science

    PubMed

  12. Neuropeptide phoenixin (PNX) and its novel receptor GPR173 induce COX-1/COX-2 expression and PGE2 production through the CREB signaling pathway

    Nguyen X. P., Iwase A., Murase T., Ganieva U., Qin Y., Bayasula B., Shimizu K., Osuka S., Nakamura T., Goto M., Kikkawa F.

    HUMAN REPRODUCTION   33 巻   頁: 287 - 287   2018年7月

     詳細を見る

  13. Clinical application of serum anti-Müllerian hormone as an ovarian reserve marker: A review of recent studies.

        2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jog.13633

    PubMed

  14. FOXL2C134W-induced CYP19 expression via cooperation with SMAD3 in HGrC1 cells.

    Belli M, Iwata N, Nakamura T, Iwase A, Stupack D, Shimasaki S

    Endocrinology     2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2017-03207

    PubMed

  15. Follicle dynamics: visualization and analysis of follicle growth and maturation using murine ovarian tissue culture.

    Murase T, Iwase A, Komatsu K, Bayasula, Nakamura T, Osuka S, Takikawa S, Goto M, Kotani T, Kikkawa F

    Journal of assisted reproduction and genetics   35 巻 ( 2 ) 頁: 339-343   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10815-017-1073-5

    PubMed

  16. 膀胱鏡を併用し腹腔鏡下に膀胱部分切除術を施行した膀胱子宮内膜症の2例

    石田 千晴, 村岡 彩子, 邨瀬 智彦, 中村 智子, 大須賀 智子, 後藤 真紀, 野元 正崇, 岩瀬 明

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34 巻 ( 2 ) 頁: 204-210   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>  Bladder endometriosis is a rare pelvic dysfunction with painful urination and hematuria.</p><p>  We successfully managed two cases of bladder endometriosis by cystoscopy-assisted laparoscopic partial cystectomy. </p><p><b>Case 1:</b> A 40-year-old woman presented with urodynia during menstruation for four years. Cystoscopy revealed a dark-red polypoid lesion on the posterior bladder wall. She underwent hormonal therapy with GnRH-agonist for six months followed by dienogest for a few months. She finally decided to undergo an operation because of poor improvement of symptoms. Incision line was determined using cystoscopy with a margin from both ureteral orifices and then laparoscopic partial cystectomy was performed. She was discharged after confirmation of no leakage by cystography at post-operative day 7. </p><p><b>Case 2:</b> A 44-year-old woman was diagnosed with endometriosis at the age of 30 and had been taking low dose estrogen and progestin (LEP). She discontinued LEP owing to breast cancer and then started to feel pain during menstruation, urination, and defecation. Cystoscopy revealed a polypoid lesion on the posterior bladder wall. She underwent laparoscopic hysterectomy, bilateral salpingo-oophorectomy, and cystoscopy-assisted partial cystectomy. Her postoperative course was uneventful, and she was discharged at post-operative day 8. Altogether, this case report suggests that using cystoscopy to avoid unnecessary ureterovesicostomy and maintaining adequate distance from both ureteral orifices is useful to determine the incision line. Cooperation with urologists is necessary when performing surgery in patients with bladder endometriosis.</p>

    DOI: 10.5180/jsgoe.34.2_204

    CiNii Article

  17. Retrospective analysis of magnetic resonance imaging for differentiating intraligamentous leiomyomas from subserosal leiomyomas

    Shimizu Ken, Iwase Akira, Sakurai Yusuke, Nakamura Tomoko, Osuka Satoko, Takikawa Sachiko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    EUROPEAN JOURNAL OF OBSTETRICS & GYNECOLOGY AND REPRODUCTIVE BIOLOGY   215 巻   頁: 256 - 257   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejogrb.2017.06.046

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. PAI-1 in granulosa cells is suppressed directly by statin and indirectly by suppressing TGF- and TNF- in mononuclear cells by insulin-sensitizing drugs

    Yamada-Nomoto Kaori, Yoshino Osamu, Akiyama Ikumi, Iwase Akira, Ono Yosuke, Nakamura Tomoko, Harada Miyuki, Nakashima Akitoshi, Shima Tomoko, Ushijima Akemi, Osuga Yutaka, Chang Russell Jeffrey, Shimasaki Shunichi, Saito Shigeru

    AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY   78 巻 ( 1 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aji.12669

    Web of Science

    PubMed

  19. Growth Differentiation Factor 9 Induces Granulosa Cell Proliferation via Inhibition of the Expression of AMH Type II Receptor.

    Iwase Akira, Osuka Satoko, Bayasula Bayasula, Takikawa Sachiko, Murase Tomohiko, Nakamura Tomoko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   24 巻   頁: 163A-163A   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  20. Analysis of Follicular Growth and Oocyte Maturation in Cultured Murine Ovarian Tissue.

    Murase Tomohiko, Iwase Akira, Nguyen Phuoc Xuan, Ganieva Umida, Qin Ying, Nakanishi Natsuki, Kasahara Yukiyo, Nagai Takashi, Shimizu Ken, Ishida Chiharu, Kato Nao, Osuka Satoko, Nakamura Tomoko, Takikawa Sachiko, Goto Maki, Kikkawa Fumitaka

    REPRODUCTIVE SCIENCES   24 巻   頁: 292A-292A   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Kisspeptin in the Hypothalamus of 2 Rat Models of Polycystic Ovary Syndrome

    Osuka Satoko, Iwase Akira, Nakahara Tatsuo, Kondo Mika, Saito Ai, Bayasula, Nakamura Tomoko, Takikawa Sachiko, Goto Maki, Kotani Tomomi, Kikkawa Fumitaka

    ENDOCRINOLOGY   158 巻 ( 2 ) 頁: 367-377   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/en.2016-1333

    Web of Science

    PubMed

  22. CYP51A1 induced by growth differentiation factor 9 and follicle-stimulating hormone in granulosa cells is a possible predictor for unfertilization 査読有り

    Nakamura T, Iwase A, Bayasula B, Nagatomo Y, Kondo M, Nakahara T, Takikawa S, Goto M, Kotani T, Kiyono T, Kikkawa F

    Reproductive sciences   22 巻 ( 3 ) 頁: 377-84   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1933719114529375.

  23. A Placental Site Trophoblastic Tumor Complicated with Arteriovenous Malformation: A Case Report

    Tomoko Nakamura, Akira Iwase, Chiharu Ishida, Sachiko Takikawa, Maki Goto, Fumitaka Kikkawa

    Clinical Case Reports   5 巻 ( 9 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4172/2165-7920.1000596

▼全件表示

科研費 5

  1. 顆粒膜細胞障害に着目した子宮内膜症における卵胞発育障害の解明

    研究課題/研究課題番号:20K09615  2020年4月 - 2023年3月

    中村 智子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    内膜症による卵胞発育障害の機序を、炎症と線維化による顆粒膜細胞障害から解明し、排卵を抑制しない新規内膜症治療薬の開発を目的とする。機序の解明に際し、効果的な阻害剤や補充療法を選定し、マウスモデルを用いて新規治療薬としての効果判定を行う。他疾患と共通する機序が見出されれば、既存の臨床治療薬が内膜症治療に応用可能か調べる。さらに内膜症に限らず、同じく線維化が主病態である卵巣の加齢・早発機能不全(POF)・がん生殖においても卵胞機能保全の方策の一助とする。

  2. リプロダクティブヘルスケア/ライツ啓発を組み入れた新規早発卵巣不全予測法の検証

    研究課題/研究課題番号:20K11508  2020年4月 - 2023年3月

    後藤 真紀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    若い世代への加齢による卵の質の低下や卵巣予備能の啓発は重要である。また早発卵巣不全という疾患は40 歳未満で 1-2/100の発症率と稀な疾患ではないが、原因不明であり発症後の治療や自己卵子での妊娠が非常に困難となる疾患である。本研究では講義形式のみの受動的な啓発手法に加えて、能動的に卵巣予備能を測定し自身の卵巣予備能について認識してもらう啓発プログラムの有効性を検証し、早発卵巣不全ハイリスク患者の抽出とリスク因子を解析することで、早発卵巣不全の早期発見を可能にするスクリーニング法の開発と検証を同時に行う。

  3. 新規子宮内膜症モデルと線維化セルリネッジによるドライバー変異発生機序の探索

    研究課題/研究課題番号:19K22674  2019年6月 - 2021年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    岩瀬 明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    子宮内膜症は子宮内膜類似組織が子宮外に認められ、炎症や線維化等をきたし、月経痛、卵巣癌等の原因となる。逆流子宮内膜細胞移植説が提唱されているが、病因病態の詳細は不明である。本研究では、子宮内膜症の本態は異所性に生着した内膜細胞の筋線維芽細胞変化であると捉え、TCF21陽性セルリネッジが筋線維芽細胞変化、癌関連遺伝子変異にも関与するとする仮説を証明するため、in vivo/in vitro実験および、in vivoでTCF21遺伝子を導入する新しいマウスモデルを用い、TCF21セルリネッジにおける筋線維芽細胞変化とその機序、組織線維化とDNA損傷、癌関連遺伝子変異の関連について探索する。
    1)TCF21発現と局所炎症、ECM産生・線維化との関連
    正所性子宮内膜(内膜症合併有・無)、子宮内膜症(腹膜病変・卵巣子宮内膜症性嚢胞・深部内膜症)組織を用いTCF21発現を評価した。発現は弱い順に、子宮内膜症合併無し正所性子宮内膜<子宮内膜症合併有り正所性子宮内膜<腹膜病変<卵巣子宮内膜症性嚢胞<深部内膜症であった。これは病変局所の炎症・線維化の重症度と相関していると予測された。二重染色データでは、TCF21とIL-4,-13, TGFbとの共局在をみとめた。また病変組織から分離培養した正所性子宮内膜間質細胞、子宮内膜症間質細胞でのTCF21発現についても、組織染色と一致する傾向をみとめた。培養子宮内膜症間質細胞では、IL-4,-13でTCF21発現が誘導されることを見出した。子宮内膜症間質細胞でのTCF21発現をsiRNAで抑制したところ、細胞の増殖能、浸潤能が低下することを見出した。
    2)TCF21発現とDNA損傷・癌関連遺伝子変異との関連
    正常子宮内膜および子宮内膜症病変(卵巣癌併存有・無)からレーザーマイクロダイセクションにて上皮細胞を分取しDNAおよびRNAを採取した。またレーザーマイクロダイセクションに用いた切片の線維化をマッソントリクローム染色で、低酸素マーカー(HIF-1a)を免疫組織染色で評価した。
    3)遺伝子追加導入による新規子宮内膜症モデル作製
    予定通り自家細切子宮移植により腹腔内に異所性子宮内膜組織が生着することを確認した。in vivo遺伝子導入ベクターについては、現在調整中であり早期の完成を目指す。
    本来初年度には、2)TCF21発現とDNA損傷・癌関連遺伝子変異との関連に関して、レーザーマイクロダイセクションで得られた検体の網羅的解析(RNAseq, 全エクソーム解析)を行う予定であったが、卵巣癌併存有無での検体選定に慎重な病理学的評価を行ったこと、倫理委員会での承認に時間を要したことにより、2年目に持ち越しになった。5月中には行える予定であったが新型コロナウイルス感染症の感染拡大により実験を停止しており、もう少し遅くなる見込みである。
    その他の実験については計画当初の予定通り進んでいる。
    1) TCF21発現とEMT, 筋線維芽細胞変化、ECM産生の関連
    TCF21抑制による細胞の表現型変化を確認するために、twist, snailなどの発現解析(EMT)、αSMA発現解析(筋線維芽細胞への変化)、コラーゲン・フィブロネクチン・ペリオスチンなどのECM産生(組織線維化惹起)について比較検討する。
    2) TCF21発現とDNA損傷・癌関連遺伝子変異との関連
    正常子宮内膜および子宮内膜症病変からレーザーマイクロダイセクションにて上皮細胞を分取し採取したDNAおよびRNAを用い網羅的解析を行う。DNAについては、ARID1A, KRAS, PIK3CA, PTEN等の遺伝子変異有無に着目する。DNA損傷については連続切片における53BP1の免疫染色で評価する。抽出RNAについてはRNAseqを行う。以上より総合的に、TCF21陽性セルリネッジでの線維化変化と低酸素環境、DNA変異についての関連解析を行う。
    3) 遺伝子追加導入による新規子宮内膜症モデル作製
    異所性子宮内膜生着マウスにin vivo遺伝子導入用ベクターを腹腔内投与する。異所性子宮内膜細胞でのTCF21発現を促進した結果、ヒト子宮内膜症類似の病変の線維化およびDNAの損傷が亢進したかどうか検証する。

  4. 卵胞発育におけるFSHR発現制御機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18K16767  2018年4月 - 2020年3月

    若手研究

    中村 智子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    卵胞顆粒膜細胞における卵胞刺激ホルモン受容体(FSHR)の発現を誘導する物質として卵子由来のシグナル伝達物質Bone Morphogenetic Protein 15(BMP15)と新規神経ペプチドphoenixinの効果と作用機序を解明した。BMP15は、smad経路とnon-smad経路を介してFSHRプロモーター領域のエピジェネティックな修飾に寄与しFSHR発現を促進した。またphoenixinはFSHR発現を促進するだけでなく顆粒膜細胞増殖とステロイド産生を促進することを示した。マウス組織培養にて卵胞発育と排卵を誘導することを示し、初めてphoenixinの卵巣における働きを報告した。
    顆粒膜細胞がFSHRを適切に発現することは良質な卵を得るために必須である。卵胞顆粒膜細胞におけるFSHR発現制御機構の解明は、妊孕性の高い良質な卵を多く獲得するための知見を与え、卵胞発育刺激に対するpoor responderへの補助療法開発に役立つ可能性がある。また近年、悪性腫瘍治療前の女性の卵巣凍結による妊孕性温存が臨床応用されているが、癌治療後の自家移植時に、移植組織片に混じった癌細胞をも移植してしまうリスクがある。これはヒト卵胞の完全体外培養系による成熟卵の獲得により解決されうるが、FSHR発現制御機構の解明はこの点にも寄与すると期待される。

  5. 時空的観察による卵胞発育制御機構の解明と卵胞発育因子の同定

    研究課題/研究課題番号:15H04984  2015年4月 - 2018年3月

    岩瀬 明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では初期卵胞発育制御機構とその関連要因を解明し、新たな治療法開発や卵巣の体外培養系の確立につなげることを目的とした。
    マウス卵巣組織培養の継時的観察系を確立し、GDF-9, bFGF, IGF-1を卵巣体外培養系での初期卵胞発育促進因子として、AMHを抑制因子として同定し、その作用機序についても詳細に解析した。さらに新規ペプチド卵胞発育促進因子としてkisspeptin, phonexinを見出した。
    上記薬剤によりマウス卵巣組織培養において効果的な成熟卵の産出に成功したが、ヒト卵巣を用いた検討では有意な促進を認めなかった。これは卵巣の大きさ、卵胞発育サイクルの違いが原因と考えられた。