2022/04/27 更新

写真a

ダムナニョヴィッチ ヤスミナ
ダムナニョヴィッチ ヤスミナ
DAMNJANOVIC Jasmina
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 講師
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部 応用生命科学科
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 􏲢􏲣􏰟􏱹􏱶􏰢􏲢􏲣􏰟􏱹􏱶􏰢􏲢􏲣􏰟􏱹􏱶􏰢􏲢􏲣􏰟􏱹􏱶􏰢博士(農学) ( 2013年9月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 酵素工学

  2. タンパク質工学

  3. in vitro スクリーニング

  4. cDNA ディスプレイ

  5. 指向性進化

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 応用生物化学  / 応用生物化学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. Development of enzymes for sustainable life

経歴 4

  1. 名古屋大学   名古屋大学大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻   講師

    2020年9月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院生命農学研究科 生命技術科学専攻 生物機能技術科学   助教

    2015年3月 - 2020年8月

  3. 名古屋大学   大学院生命農学研究科 生命技術科学専攻 生物機能技術科学   特任助教

    2014年3月 - 2015年3月

  4. 名古屋大学   大学院生命農学研究科 生命技術科学専攻 生物機能技術科学   研究員

    2013年10月 - 2014年2月

学歴 1

  1. 名古屋大学   生命農学研究科 生命技術科学専攻   博士

    2010年10月 - 2013年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本農芸化学会

  2. 日本生物工学会

委員歴 3

  1. 「ウェルビーイング in アジア」 実現のための女性リーダー育成プログラム   「ウェルビーイング in アジア」 実現のための女性リーダー育成プログラム 執行委員会委員  

    2021年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  2. 日本生物工学会   バイオインフォマティクス相談部会 運営委員  

    2017年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 「ウェルビーイング in アジア」 実現のための女性リーダー育成プログラム   「ウェルビーイング in アジア」 実現のための女性リーダー育成プログラム 推進委員会委員  

    2015年 - 現在   

受賞 3

  1. ポスター賞

    2014年11月   日中韓酵素工学シンポジウム  

     詳細を見る

    受賞国:大韓民国

  2. 中部支部長賞

    2013年8月   日本生物工学会中部支部例会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. 文部科学省国費外国人留学生

    2009年10月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 19

  1. Structures of an engineered phospholipase D with specificity for secondary alcohol transphosphatidylation: insights into plasticity of substrate binding and activation 査読有り 国際共著

    Samantha Ariela, Damnjanovic Jasmina, Iwasaki Yugo, Nakano Hideo, Vrielink Alice

    Biochemical Journal   478 巻 ( 9 ) 頁: 1749 - 1767   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. A simple chemo-enzymatic synthesis of alkyl-acyl (plasmanyl) phospholipids 査読有り

    Iwasaki Yugo, Sakurai Yuuki, Damnjanovic Jasmina

    Biocatalysis and Agricultural Biotechnology   26 巻   頁: 101625   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bcab.2020.101625

    Web of Science

  3. cDNA display coupled with next-generation sequencing for rapid activity-based screening: Comprehensive analysis of transglutaminase substrate preference

    Damnjanović Jasmina, Odake Nana, Fan Jicheng, Jia Beixi, Kojima Takaaki, Nemoto Naoto, Hitomi Kiyotaka, Nakano Hideo

    bioRxiv     2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI: https://doi.org/10.1101/2021.09.08.459404

    DOI: https://doi.org/10.1101/2021.09.08.459404

  4. 改変型ホスホリパーゼDによる難合成性リン脂質の合成 招待有り 査読有り

    岩崎雄吾、 Jasmina Damnjanović

    生物工学   98 巻 ( 9 ) 頁: 481 - 484   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Production of active manganese peroxidase in Escherichia coli by co-expression of chaperones and in vitro maturation by ATP-dependent chaperone release 査読有り

    Alfi Almasul, Zhu Bo, Damnjanovic Jasmina, Kojima Takaaki, Iwasaki Yugo, Nakano Hideo

    Journal of Bioscience and Bioengineering   128 巻 ( 3 ) 頁: 290 - 295   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2019.02.011

    Web of Science

    PubMed

  6. 生物工学分野における分子ドッキングシュミレーションの応用 招待有り

    Damnjanović J., 岩崎 雄吾

    生物工学   97 巻 ( 5 ) 頁: 257-260   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Acyl chain that matters: Introducing sn-2 acyl chain preference to a phospholipase D by protein engineering 査読有り

    Damnjanović, J., Nakano, H., and Iwasaki, Y.

    Protein Engineering Design and Seection   32 巻   頁: 1-11   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. SKIK-zipbody-alkaline phosphatase, a novel antibody fusion protein expressed in Escherichia coli cytoplasm 査読有り

    Ritthisan P., Ojima-Kato T., Damnjanovic J., Kojima T., Nakano H.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   126 巻 ( 6 ) 頁: 705-709   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Facile enzymatic synthesis of phosphatidylthreonine using an engineered phospholipase D 査読有り

    Damnjanovic J., Matsunaga N., Adachi M., Nakano H., Iwasaki Y.

    European Journal of Lipid Science and Technology   120 巻 ( 1800089 ) 頁: 1-7   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Direct enzymatic synthesis of 1-phosphatidyl-β-D-glucose by engineered phospholipase D 査読有り

    Inoue A., Adachi M., Damnjanovic J., Nakano H., and Iwasaki Y.

      1 巻   頁: 4121-4125   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Salt-induced increase in the yield of enzymatically synthesized phosphatidylinositol and the underlying mechanism 査読有り

    Muraki M., Damnjanovic J., Nakano H., and Iwasaki Y.

    Journal of Bioscence and Bioengineering   122 巻 ( 3 ) 頁: 276-282   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Directing positional specificity in enzymatic synthesis of bioactive 1-phosphatidylinositol by protein engineering of a phospholipase D 査読有り

    Damnjanovic J., Kuroiwa C., Tanaka H., Ishida K., Nakano H., Iwasaki Y.

    Biotechnology and Bioengineering   113 巻 ( 1 ) 頁: 62-71   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Deletion of a dynamic surface loop improves stability and changes kinetic behavior of phosphatidylinositol-synthesizing Streptomyces phospholipase D 査読有り

    Damnjanovic J., Nakano H. and Iwasaki Y.

    Biotechnology and Bioengineering   111 巻   頁: 674-682   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Phospholipase D as a catalyst: application in phospholipid synthesis, molecular structure and protein engineering 招待有り 査読有り

    Damnjanovic J. and Iwasaki Y.

    Journal of Bioscience and Bioengineering   116 巻   頁: 271-280   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  15. Simple and efficient profiling of phospholipids in phospholipase D-modified soy lecithin by HPLC with charged aerosol detection 査読有り

    Damnjanovic J., Nakano H., Iwasaki Y.

    Journal of the American Oil Chemists Society   90 巻   頁: 951-957   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Improving thermostability of phosphatidylinositol-synthesizing, Streptomyces phospholipase D 査読有り

    Damnjanovic J., Takahashi R., Nakano H., Iwasaki Y.

    Protein Engineering, Design & Selection   25 巻   頁: 415-424   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Covalently immobilized lipase catalyzing high-yielding optimized geranyl butyrate synthesis in a batch and fluidized bed reactor 査読有り

    Damnjanovic J., Zuza M., Savanovic J., Bezbradica D., Mijin D., Boskovic- Vragolovic N., Knezevic-Jugovic Z

    Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic   75 巻   頁: 50-59   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. The immobilization of lipase on Sepabeads®: Coupling, characterization and application in geranyl-butyrate synthesis in a low aqueous system 査読有り

    Knezevic Z., Damnjanovic J., Bezbradica D., Mijin D.

    Chemical Industry & Chemical Engineering Quarterly   14 巻   頁: 245-249   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Covalent immobilization of lipase from Candida rugosa on Eupergit® 査読有り

    Bezbradica D., Corovic J., Prodanovic R., Milosavic N, Knezevic Z.

    Acta Periodica Technologica   36 巻   頁: 179-186   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Chapter 4: Enzymatic Modification of Phospholipids by Phospholipase D. in "Lipid Modification by Enzymes and Engineered Microbes" (U.T. Bornscheuer, ed.)

    Jasmina Damnjanovic, Yugo Iwasaki( 担当: 共著)

    AOCS press  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. Chapter 3: Enzymatic modification of phospholipids. in "Recent Advances in Biotechnology Vol. 4. Progress in Food Biotechnology" (Ali Osman, ed.)

    Jasmina Damnjanovic, Yugo Iwasaki( 担当: 共著)

    Bentham Science  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 12

  1. cDNA display coupled with next-generation sequencing for rapid activity-based screening: Analysis of transglutaminase substrate preference 国際会議

    Jasmina Damnjanovic, Nana Odake1, Takaaki Kojima, Naoto Nemoto, Kiyotaka Hitomi, Hideo Nakano

    The 3rd Aachen Protein Engineering Symposium (AcES)  European Federation of Biotechnology

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Aachen (online)   国名:ドイツ連邦共和国  

  2. Comprehensive analysis of transglutaminase substrate preference by cDNA display

    Damnjanovic Jasmina,Nezu Moeri,Jia Beixi,Odake Nana,Hitomi Kiyotaka,Kojima Takaaki,Nemoto Naoto,Nakano Hideo

    日本農芸化学会2022年度大会  2022年3月18日  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都(オンライン開催)  

  3. cDNA display coupled with next-generation sequencing for activity-based selection: Comprehensive analysis of transglutaminase substrate preference

    Damnjanovic Jasmina, Odake Nana, Kojima Takaaki, Nemoto Naoto, Hitomi Kiyotaka, Nakano Hideo

    2021 Sakura-Bio Meeting  2021年5月29日  日本生物工学会 中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. Novel cDNA display platform for activity-based selection in protein engineering

    Damnjanovic Jasmina, 大嶽 七菜, 兒島 孝明, 根本 直人, 中野 秀雄

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月21日  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台(オンライン開催)  

  5. Comprehensive analysis of transglutaminase 1 substrate preferences using cDNA display

    T.I.K Munaweera, Jasmina Damnjanovic, Moeri Nezu, Maurizio Camagna, Takaaki Kojima, Kiyotaka Hitomi, Hideo Nakano

    第1回天野エンザイム酵素研究助成報告会  天野エンザイム

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. 微生物ホスホリパーゼDの反応機構解析

    岩元 遥香, 後藤 友彰, Damnjanovic Jasmina, 中野 秀雄, 岩崎 雄吾

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月20日  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. Functional studies and protein engineering of industrially-relevant enzymes 招待有り 国際会議

    Jasmina Damnjanovic

    Bayliss seminar   2020年3月5日  School of Molecular Sciences, University of Western Australia

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:School of Molecular Sciences, University of Western Australia   国名:オーストラリア連邦  

  8. Protein engineering of phospholipase D for enzymatic synthesis of bioactive phospholipids 招待有り

    Jasmina Damnjanovic, Nozomi Matsunaga, Michiko Muraki, Arisa Inoue, Hideo Nakano, Yugo Iwasaki

    第2回ゲノム・エピゲノム研究討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  9. Directing positional specificity in phospholipase D-catalyzed synthesis of 1-phosphatidylinositol

    ダムナニョヴィッチ ヤスミナ, 黒岩千智, 石田健, 田中秀俊, 村木美智子, 中野秀雄, 岩崎雄吾

    2015 年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. Deletion of a dynamic loop as a rational strategy to improve stability of phospholipase D

    ダムナニョヴィッチ ヤスミナ, 中野秀雄, 岩崎雄吾

    日本生物工学会中部支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Surface loop deletion as a strategy for enzyme thermostabilization

    ダムナニョヴィッチ ヤスミナ, 中野秀雄, 岩崎雄吾

    日本生物工学会創立90周年記念大会・日本生物工学会2012年64回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. Influence of surface loop (D40) deletion on expression and stability of Streptomyces antibioticus phospholipase D

    ダムナニョヴィッチ ヤスミナ, 中野秀雄, 岩崎雄吾

    日本農芸化学会2012大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. Engineering phospholipase D for novel substrate specificity and catalytic chemistry 国際共著

    2018年1月 - 2020年3月

    国際共同研究 

    Damnjanovic Jasmina, Vrielink Alice, Iwasaki Yugo, Hideo Nakano

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:2312504円

    The project aims to elucidate how the engineered enzyme, phospholipase D (PLD), recognizes and accommodates bulky substrates in a specific orientation to preferably afford certain positional isomers of rare phospholipids, and to understand whether PLD utilizes an alternative catalytic mechanism in the synthesis of cyclic phospholipids.
    This research is important since it will provide entirely new knowledge on structure-function relationship of PLD, valuable for the synthesis of bioactive, but otherwise unavailable, phospholipids. Since enzymatic synthesis is advantageous to other methods in terms of cost, yield, and specificity, we expect increased availability of rare and unnatural phospholipids for both, research and industry. This will foster further discovery into the roles and functions of phospholipids in the human body and will assist in drug development, since the same catalytic mechanism of PLD is shared among many enzymes with key functions in humans and microorganisms, such as endonucleases, ribonucleases, and kinases.

科研費 3

  1. Development of cDNA display platform for selection of enzymes in enzyme engi neering

    研究課題/研究課題番号: 22K14828  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金   若手研究

    Damnjanovic Jasmina

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

  2. 迅速探索と機械学習を利用した単一B細胞からの機能抗体分子創生技術開発

    研究課題/研究課題番号:19H02523  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金   基盤研究 (B)

    中野 秀雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    請者らが開発した、無細胞タンパク質合成系を用いてB細胞1個から迅速にモノクローナル抗体(Mab)を合成・選別できるEcobody技術を用い、ハイブリドーマ法等の既存の方法では取得が困難な膜タンパク質の立体構造を認識するMabをスクリーニング技術を開発する。さらに得られた多数の配列と抗原との親和性および細胞傷害活性とのデータを利用して、インフォマティクス解析と立体構造解析を行い、優れた抗体分子の創生スキームを構築する。
    申請者らが開発した、無細胞タンパク質合成系を用いてB細胞1個から迅速にモノクローナル抗体(Mab)を合成・選別できるEcobody技術を用い、ハイブリドーマ法等の既存の方法では取得が困難な膜タンパク質の立体構造を認識するMabのスクリーニング技術を開発する。さらに得られた多数の配列と抗原との親和性および細胞傷害活性とのデータを利用して、インフォマティクス解析と立体構造解析を行い、優れた抗体分子の創生スキームを構築することを目的に以下の実験を行った。
    1)受容体の高次構造を認識するウサギモノクローナル抗体(rMab)を取得する技術開発:一般的手法では取得困難な膜タンパク質の高次構造認識Mabを、Ecobody技術を用いて効率的に取得する手法を開発する。モデル抗原としてはEGF受容体を対象とし、大腸菌発現で合成した細胞外ドメインを免疫した。次に末梢血および脾臓よりB細胞を分離し、EGFR高発現細胞であるA431に結合するが、EGFR非発現細胞(血球系細胞)には結合しないB細胞を濃縮する。そのB細胞各1個から、Ecobody技術により抗体遺伝子を増幅し、無細胞タンパク質合成系によりFabとして合成し、免疫染色法によりA431に強く反応するFab抗体を複数取得した。
    2)機械学習による獲得抗体の高機能化:機械学習による獲得抗体の高機能化機械学習と分子進化を組み合わせた手法により、さらなる高機能化を試みる。まず各抗体のH鎖、L鎖それぞれの3ヶ所のCDR情報を基にグループ分けをする。作成した各クラスター中のCDRのアミノ酸情報をアミノ酸パラメーターによって数値化し、これを説明変数、ELISAによって得られた相対結合活性を観測値(従属変数)とし、線形回帰により説明変数の一次式としてモデルを構築した。
    3) Fabの大量合成手法の開発:Fabのリフォールディング法を改良し、従来法の約半分の時間で終了できるプロセスを開発した。
    膜タンパク質に対するウサギモノクローナル抗体の、Ecobody法による取得、抗体配列のインフォマティクス解析、およびFabのリフォールディング法など、当初予定したものは、順調に研究が進行している。
    1)受容体の高次構造を認識するウサギモノクローナル抗体(rMab)を取得する技術開発:一般的手法では取得困難な膜タンパク質の高次構造認識Mabを、Ecobody技術を用いて効率的に取得する手法を開発する。昨年度の研究により得られた抗EGF受容体ウサギrMabの複数のクローンの性質決定を行う。また脳内ホルモン受容体であるキスペプチン受容体(rat Kiss1R)をウサギにDNA免疫して、その末梢血および脾臓からB細胞を取得し、rKiss1Rを細胞質膜上に発現させたHEK239細胞に結合するB細胞を単離する。その単一B細胞から抗Kiss1Rウサギモノクローナル抗体の取得を、Ecobody法を用いて試みる。
    2)機械学習による獲得抗体の高機能化:昨年度のcAMPに対するrMab配列を用いて構築されたモデルの有効性を検証するため、rMab分子を無細胞タンパク質合成系で合成し、その評価を行う。さらに新たに得られた実験情報をもとにモデルを精緻化し、高機能抗体の取得を試みる。
    3) Fabの大量合成手法の開発:Fabを大腸菌および糸状菌で大量合成する手法を開発し、さらにX線結晶構造解析のために結晶化を行う。

  3. Development of single molecule display platform for directed evolution of enzymes

    研究課題/研究課題番号:18K14387  2018年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金   若手研究

    Damnjanovic Jasmina

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

 

担当経験のある科目 (本学) 22

  1. Biotechnology for G30 (COIL with North Carolina State University)

    2021

  2. 多文化共生特論

    2021

  3. 有機化学実験

    2021

  4. 生命農学演習4

    2020

  5. 生命農学演習3

    2020

  6. 生命農学演習2

    2020

  7. 生命農学演習1

    2020

  8. 分子生物工学特論

    2020

  9. 有機化学実験

    2020

  10. 多文化共生特論

    2020

  11. 生命技術科学特論V

    2018

  12. 有機化学実験

    2018

  13. Cell Biology II

    2018

  14. 生命技術科学特論V

    2017

  15. 有機化学実験

    2017

  16. Fundamentals of Biology I

    2017

  17. 情報リテラシー入門

    2017

  18. 有機化学実験

    2016

  19. 情報リテラシー入門

    2016

  20. 生命技術科学特論V

    2016

  21. 有機化学実験

    2015

  22. 生命技術科学特論V

    2015

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. Biotechnology for G30 (COIL with North Carolina State University)

    2021年10月 - 2021年11月

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:アメリカ合衆国

 

社会貢献活動 2

  1. 2021 Sakura-Bio meeting

    役割:運営参加・支援

    日本生物工学会 中部支部  2021年5月

  2. 2020 Sakura-Bio meeting

    役割:運営参加・支援

    日本生物工学会 中部支部  2020年3月

学術貢献活動 4

  1. International Journal of Biological Macromolecules 国際学術貢献

    役割:査読

    2022年1月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  2. FEBS Open Bio 国際学術貢献

    役割:査読

    2020年10月 - 2021年2月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  3. Journal of Bioscience and Bioengineering

    役割:査読

    2019年5月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  4. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 国際学術貢献

    役割:査読

    2019年2月

     詳細を見る

    種別:査読等