2021/05/10 更新

写真a

ワタナベ トモヒコ
渡邉 智彦
WATANABE Tomohiko
所属
大学院理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 原子物理学 教授
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部
職名
教授

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1993年3月   東北大学 ) 

 

論文 80

  1. Moment extract method for drift kinetic simulation of magnetized plasma 査読有り

    Nishioka Kenji, Watanabe Tomo-Hiko, Maeyama Shinya

    JOURNAL OF COMPUTATIONAL PHYSICS   432 巻   頁: 110167-1 - 110167-13   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcp.2021.110167

    Web of Science

  2. Small-Scale Dynamic Aurora 査読有り 国際共著

    Kataoka Ryuho, Chaston Chris, Knudsen David, Lynch Kristina A., Lysak Robert L., Song Yan, Rankin Robert, Murase Kiyoka, Sakanoi Takeshi, Semeter Joshua, Watanabe Tomo-Hiko, Whiter Daniel

    SPACE SCIENCE REVIEWS   217 巻 ( 1 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s11214-021-00796-w

    Web of Science

  3. Structure of the Electron Distribution Function and Induced Beam Instability in Collisionless Magnetic Reconnection with a Strong Guide Field 査読有り

    Shimomura Kazuya, Watanabe Tomohiko, Maeyama Shinya, Ishizawa Akihiro

    PLASMA AND FUSION RESEARCH   15 巻   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1585/pfr.15.1401084

    Web of Science

  4. Quiet, Discrete Auroral Arcs: Acceleration Mechanisms 査読有り 国際共著

    Lysak R., Echim M., Karlsson T., Marghitu O., Rankin R., Song Y., Watanabe T. -H.

    SPACE SCIENCE REVIEWS   216 巻 ( 5 )   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11214-020-00715-5

    Web of Science

  5. Feedback and Ballooning Instabilities in the Magnetosphere-Ionosphere Coupling 査読有り

    Watanabe T. -H.

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   47 巻 ( 12 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2020GL088233

    Web of Science

  6. Extracting and Modeling the Effects of Small-Scale Fluctuations on Large-Scale Fluctuations by Mori-Zwanzig Projection Operator Method 査読有り

    Maeyama Shinya, Watanabe Tomo-Hiko

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   89 巻 ( 2 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.89.024401

    Web of Science

  7. Quiescent Discrete Auroral Arcs: A Review of Magnetospheric Generator Mechanisms 査読有り 国際共著

    Borovsky Joseph E., Birn Joachim, Echim Marius M., Fujita Shigeru, Lysak Robert L., Knudsen David J., Marghitu Octav, Otto Antonius, Watanabe Tomo-Hiko, Tanaka Takashi

    SPACE SCIENCE REVIEWS   216 巻 ( 1 )   2019年12月

  8. Improved linearized model collision operator for the highly collisional regime 査読有り

    Sugama H., Matsuoka S., Satake S., Nunami M., Watanabe T. -H.

    PHYSICS OF PLASMAS   26 巻 ( 10 )   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5115440

    Web of Science

  9. Correlation between zonal flow shearing and entropy transfer rates in toroidal ion temperature gradient turbulence 査読有り

    Miura T., Watanabe T. -H., Maeyama S., Nakata M.

    PHYSICS OF PLASMAS   26 巻 ( 8 )   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5109476

    Web of Science

  10. Persistence of Ion Temperature Gradient Turbulent Transport at Finite Normalized Pressure 査読有り

    Ishizawa A., Urano D., Nakamura Y., Maeyama S., Watanabe T-H

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   123 巻 ( 2 )   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.123.025003

    Web of Science

  11. Implementation of a gyrokinetic collision operator with an implicit time integration scheme and its computational performance 査読有り

    Maeyama S., Watanabe T. -H., Idomura Y., Nakata M., Nunami M.

    COMPUTER PHYSICS COMMUNICATIONS   235 巻   頁: 9 - 15   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cpc.2018.07.015

    Web of Science

  12. Modeling of turbulent particle and heat transport in helical plasmas based on gyrokinetic analysis

    Toda S., Nakata M., Nunami M., Ishizawa A., Watanabe T. -H., Sugama H.

    PHYSICS OF PLASMAS   26 巻 ( 1 )   2019年1月

     詳細を見る

  13. Transport Simulation for Helical Plasmas by use of Gyrokinetic Transport Model

    Toda Shinichiro, Nakata Motoki, Nunami Masanori, Ishizawa Akihiro, Watanabe Tomo-Hiko, Sugama Hideo

    PLASMA AND FUSION RESEARCH   14 巻   2019年

  14. Unstable Eigenmodes of the Feedback Instability With Collision-Induced Velocity Shear 査読有り

    Watanabe T. -H., Maeyama S.

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   45 巻 ( 19 ) 頁: 10043 - 10049   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2018GL079715

    Web of Science

  15. Eulerian variational formulations and momentum conservation laws for kinetic plasma systems 査読有り

    Sugama H., Nunami M., Satake S., Watanabe T. -H.

    PHYSICS OF PLASMAS   25 巻 ( 10 ) 頁: 102506   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.5031155

    Web of Science

  16. Suppression of Ion-Scale Microtearing Modes by Electron-Scale Turbulence via Cross-Scale Nonlinear Interactions in Tokamak Plasmas 査読有り

    S. Maeyama, T.-H. Watanabe, and A. Ishizawa

    Phys. Rev. Lett.   119 巻   頁: 195002   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Suppression of Ion-Scale Microtearing Modes by Electron-Scale Turbulence via Cross-Scale Nonlinear Interactions in Tokamak Plasmas

    Maeyama S., Watanabe T. -H., Ishizawa A.

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   119 巻 ( 19 )   2017年11月

  18. 磁気圏‐電離圏結合におけるオーロラの構造形成とダイナミクス 招待有り

    渡邉智彦

    プラズマ・核融合学会誌   93 巻 ( 9 ) 頁: 401-411   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. A Reduced Transport Model for Ion Heat Diffusivity by Gyro-Kinetic Analysis with Kinetic Electrons in Helical Plasmas

    Toda Shinichiro, Nakata Motoki, Nunami Masanori, Ishizawa Akihiro, Watanabe Tomo-Hiko, Sugama Hideo

    PLASMA AND FUSION RESEARCH   12 巻   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1585/pfr.12.1303035

    Web of Science

  20. Multi-machine analysis of turbulent transport in helical systems via gyrokinetic simulation 査読有り

    Ishizawa A., Kishimoto Y., Watanabe T. -H., Sugama H., Tanaka K., Satake S., Kobayashi S., Nagasaki K., Nakamura Y.

    NUCLEAR FUSION   57 巻 ( 6 ) 頁: 066010-1-13   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1741-4326/aa6603

    Web of Science

  21. Cross-scale interactions between turbulence driven by electron and ion temperature gradients via sub-ion-scale structures

    Maeyama S., Watanabe T. -H., Idomura Y., Nakata M., Ishizawa A., Nunami M.

    NUCLEAR FUSION   57 巻 ( 6 )   2017年6月

  22. Isotope Effects on Trapped-Electron-Mode Driven Turbulence and Zonal Flows in Helical and Tokamak Plasmas 査読有り

    M. Nakata, M. Nunami, H. Sugama, and T.-H. Watanabe

    Phys. Rev. Lett.   118 巻   頁: 165002   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Conservation laws for collisional and turbulent transport processes in toroidal plasmas with large mean flows 査読有り

    Sugama H., Nunami M., Nakata M., Watanabe T. -H.

    PHYSICS OF PLASMAS   24 巻 ( 2 ) 頁: 020701-1-5   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4975075

    Web of Science

  24. Generation of auroral turbulence through the magnetosphere-ionosphere coupling 招待有り 査読有り

    Tomo-Hiko Watanabe, Hiroaki Kurata and Shinya Maeyama

    New Journal of Physics   18 巻   頁: 125010   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1367-2630/aa532a

  25. Validation studies of gyrokinetic ITG and TEM turbulence simulations in a JT-60U tokamak using multiple flux matching

    Motoki Nakata, Mitsuru Honda, Maiko Yoshida, Hajime Urano, Masanori Nunami, Shinya Maeyama, Tomo-Hiko Watanabe and Hideo Sugama

    Nuclear Fusion   56 巻   頁: 086010   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1088/0029-5515/56/8/086010

  26. Impact of hydrogen isotope species on microinstabilities in helical plasmas 査読有り

    Motoki Nakata, Masanori Nunami, Hideo Sugama and Tomo-Hiko Watanabe

    Plasma Physics and Controlled Fusion   58 巻   頁: 074008   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1088/0741-3335/58/7/074008

  27. Benchmark of Electromagnetic Gyrokinetic Codes in High Performance Fusion Plasma 査読有り

    Shinya MAEYAMA, Tomo-Hiko WATANABE, Hauke DOERK, Motoki NAKATA and Akihiro ISHIZAWA

    Plasma and Fusion Research   11 巻   頁: 2403011   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1585/pfr.11.2403011

  28. Improved collision operator for plasma kinetic simulations with multi-species ions and electrons 査読有り

    Motoki Nakata, Masanori Nunami, Tomo-Hiko Watanabe, Hideo Sugama

    Computer Physics Communications   1197 巻   頁: 61-72   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cpc.2015.08.007

  29. Effects of collisions on conservation laws in gyrokinetic field theory 査読有り

    H. Sugama, T.-H. Watanabe, and M. Nunami

    Physics of Plasmas   22 巻 ( 8 ) 頁: 082306-1 - 082306-19   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4928378

  30. Cross-Scale Interactions between Electron and Ion Scale Turbulence in a Tokamak Plasma 査読有り

    S. Maeyama, Y. Idomura, T.-H. Watanabe, M. Nakata, M. Yagi, N. Miyato, A. Ishizawa and M. Nunami

    Physical Review Letters   114 巻   頁: 255002-1 - 255002-5   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.114.255002

  31. Improved strong scaling of a spectral/finite difference gyrokinetic code for multi-scale plasma turbulence 査読有り

    Shinya Maeyama, Tomohiko Watanabe, Yasuhiro Idomura,Motoki Nakata, Masanori Nunami, Akihiro Ishizawa

    Parallel Computing   49 巻   頁: 1 - 12   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.parco.2015.06.001

  32. Development of Linearized Collision Operator for Multiple Ion Species in Gyrokinetic Flux-Tube Simulations 査読有り

    Masanori NUNAMI, Motoki NAKATA, Tomo-Hiko WATANABE and Hideo SUGAMA

    Plasma and Fusion Research   10 巻   頁: 1403058-1 - 1403058-9   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1585/pfr.10.1403058

  33. Nonlinear Entropy Transfer in ETG-TEM Turbulence via TEM Driven Zonal Flows 査読有り

    Yuuichi ASAHI, Akihiro ISHIZAWA, Tomohiko WATANABE, Hideo SUGAMA, Hiroaki TSUTSUI and Shunji TSUJI-IIO

    Plasma and Fusion Research   10 巻   頁: 1403047-1 - 1403047-9   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1585/pfr.10.1403047

  34. Turbulent transport of heat and particles in a high ion temperature discharge of the Large Helical Device 査読有り

    A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, H. Sugama, M. Nunami, K. Tanaka, S. Maeyama and N. Nakajima

    Nuclear Fusion   55 巻   頁: 043024-1 - 043024-8   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0029-5515/55/4/043024

  35. Electromagnetic gyrokinetic simulation of turbulence in torus plasmas 査読有り

    A. Ishizawa, S. Maeyama, T.-H. Watanabe, H. Sugama and N. Nakajima

    Journal of Plasma Physics     頁: 1-41   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S0022377815000100

  36. Flux tube train model for local turbulence simulation of toroidal plasmas 査読有り

    T.-H. Watanabe, H. Sugama, A. Ishizawa and M. Nunami

    Physics of Plasmas   22 巻 ( 2 ) 頁: 022507-1 -- 022507-7   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4907793

  37. How to apply a turbulent transport model based on a gyrokinetic simulation for the ion temperature gradient mode in helical plasmas 査読有り

    S Toda, M Nunami, A Ishizawa, T -H Watanabe and H Sugama

    Journal of Physics: Conference Series   561 巻   頁: 012020   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/561/1/012020

  38. Verification of gyrokinetic microstability codes with an LHD configuration 査読有り

    D. R. Mikkelsen, M. Nunami, T.-H. Watanabe, H. Sugama, and K. Tanaka

    Physics of Plasmas   21 巻 ( 11 ) 頁: 112305-1 - 112305-8   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4902124

  39. A unified model of auroral arc growth and electron acceleration in themagnetosphere-ionosphere coupling 査読有り

    T.-H. Watanabe

    Geophysical Research Letters   41 巻   頁: 061166   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2014GL061166

  40. Quasilinear carbon transport in an impurity hole plasma in LHD 査読有り

    D. R. Mikkelsen, K. Tanaka, M. Nunami, T.-H. Watanabe, H. Sugama, M. Yoshinuma, K. Ida, Y. Suzuki, M. Goto, S. Morita, B. Wieland, I. Yamada, R. Yasuhara, T. Tokuzawa, T. Akiyama, and N. A. Pablant

    Physics of Plasmas   21 巻 ( 8 ) 頁: 082302   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4890973

  41. Exploring phase space turbulence in magnetic fusion plasmas 招待有り 査読有り

    T-H Watanabe, Y Idomura, S Maeyama, M Nakata, H Sugama, M Nunami and A Ishizawa

    Journal of Physics: Conference Series   510 巻 ( 1 ) 頁: 012045   2014年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1088/1742-6596/510/1/012045

  42. Electromagnetic gyrokinetic turbulence in finite-beta helical plasmas 招待有り 査読有り

    A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, H. Sugama, S. Maeyama, and N. Nakajima

    Physics of Plasmas   21 巻 ( 5 ) 頁: 055905   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4876960

  43. Regulation of electron temperature gradient turbulence by zonal flows driven by trapped electron modes 査読有り

    Y. Asahi, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, H. Tsutsui and S. Tsuji-Iio

    Physics of Plasmas   21 巻 ( 5 ) 頁: 052306   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4875740

  44. Comparison between kinetic-ballooning-mode-driven turbulence and ion-temperature-gradient-driven turbulence 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, M. Nakata, N. Miyato, M. Yagi, and Y. Idomura

    Physics of Plasmas   21 巻 ( 5 ) 頁: 052301   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4873379

  45. Local Gyrokinetic Vlasov Simulations with Realistic Tokamak MHD Equilibria 査読有り

    Motoki NAKATA, Akinobu MATSUYAMA, Nobuyuki AIBA, Shinya MAEYAMA, Masanori NUNAMI and Tomo-Hiko WATANABE

    Plasma and Fusion Research   9 巻   頁: 1403029   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1585/pfr.9.1403029

  46. Kinetic Ballooning Mode Turbulence Simulation based on Electromagnetic Gyrokinetics 査読有り

    Shinya MAEYAMA, Akihiro ISHIZAWA, Tomohiko WATANABE, Motoki NAKATA, Naoaki MIYATO and Yasuhiro IDOMURA

    Plasma and Fusion Research   9 巻   頁: 1203020   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1585/pfr.9.1203020

  47. Extended gyrokinetic field theory for time-dependent magnetic confinement fields 査読有り

    H. Sugama, T.-H. Watanabe, and M. Nunami

    Physics of Plasmas   21 巻 ( 1 ) 頁: 012515   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Communication-overlap techniques for improved strong scaling of gyrokinetic Eulerian code beyond 100k cores on the K-computer 査読有り

    Yasuhiro Idomura, Motoki Nakata, Susumu Yamada, Masahiko Machida, Toshiyuki Imamura, Tomohiko Watanabe, Masanori Nunami, Hikaru Inoue, Shigenobu Tsutsumi, Ikuo Miyoshi and Naoyuki Shida

    International Journal of High Performance Computing Applications   28 巻 ( 1 ) 頁: 73-86   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. ジャイロ運動論による磁化プラズマ乱流の研究−核融合から宇宙まで 招待有り

    洲鎌英雄, 渡邉智彦

    日本物理学会誌   68 巻 ( 5 ) 頁: 296-304   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  50. 講座 核融合プラズマシミュレーションの技法-大規模並列計算環境の活用- 4.Vlasovシミュレーションのコーディング技法 招待有り

    渡邉智彦, 井戸村泰宏

    プラズマ・核融合学会誌   89 巻 ( 3 ) 頁: 171-179   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  51. 講座 核融合プラズマシミュレーションの技法-大規模並列計算環境の活用- 1. はじめに 招待有り

    渡邉智彦

    プラズマ・核融合学会誌   89 巻 ( 1 ) 頁: 45-48   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  52. Computation-Communication Overlap Techniques for Parallel Spectral Calculations in Gyrokinetic Vlasov Simulation 査読有り

    Shinya MAEYAMA, Tomohiko WATANABE, Yasuhiro IDOMURA, Motoki NAKATA,Masanori NUNAMI and Akihiro ISHIZAWA

    Plasma and Fusion Research   8 巻   頁: 1403150   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Numerical techniques for parallel dynamics in electromagnetic gyrokinetic Vlasov simulations 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, H. Tsutsui

    Computer Physics Communications   184 巻   頁: 2462   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Conservation of energy and momentum in nonrelativistic plasmas 査読有り

    H. Sugama, T.-H. Watanabe, and M. Nunami

    Phys. Plasmas   20 巻   頁: 024503   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Relation among ITG Turbulence, Zonal Flows, and Transport in Helical Plasmas 査読有り

    M. Nunami, T.-H. Watanabe, and H. Sugama

    Plasma and Fusion Research   8 巻   頁: 1203019   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Gyrokinetic turbulence simulations of high-beta tokamak and helical plasmas with full kinetic and hybrid models 査読有り

    A. Ishizawa, S. Maeyama, T.-H. Watanabe, H. Sugama and N. Nakajima

    Nuclear Fusion   53 巻   頁: 053007   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. A reduced model for ion temperature gradient turbulent transport in helical plasmas 査読有り

    M. Nunami, T.-H. Watanabe, and H. Sugama

    Phys. Plasmas   20 巻   頁: 092307   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Reversible collisionless magnetic reconnection 査読有り

    A. Ishizawa, and T.-H. Watanabe

    Phys. Plasmas   20 巻   頁: 102116   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Gyrokinetic simulations of entropy transfer in high ion temperature LHD plasmas 査読有り

    T.-H. Watanabe, H. Sugama, M. Nunami, K. Tanaka, and M. Nakata

    Plasma Physics and Controlled Fusion   55 巻   頁: 014017   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Gyrokinetic simulation studies for non-axisymmetric plasma confinement: turbulent transport and entropy transfer 査読有り

    T.-H. Watanabe, H. Sugama, M. Nunami, and M. Nakata

    Journal of Physics: Conference Series   399 巻   頁: 012020   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Hybrid Alfvén resonant mode generation in the magnetosphere-ionosphere coupling system 査読有り

    Y. Hiraki, and T.-H. Watanabe

    Physics of Plasmas   19 巻   頁: 102904   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Gyrokinetic turbulent transport simulation of a high ion temperature plasma in large helical device experiment 査読有り

    M. Nunami, T.-H. Watanabe, H. Sugama, and K. Tanaka

    Physics of Plasmas   19 巻   頁: 042504   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Nonlinear entropy transfer via zonal flows in gyrokinetic plasma turbulence 査読有り

    M. Nakata, T.-H. Watanabe, and H. Sugama

    Physics of Plasmas   19 巻   頁: 022303   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. A hybrid method of semi-Lagrangian and additive semi-implicit Runge-Kutta schemes for gyrokinetic Vlasov simulations 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    Computer Physics Communications   183 巻   頁: 1986-1992   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Kinetic Simulations of Neoclassical and Anomalous Transport Processes in Helical Systems 査読有り

    H. Sugama, T.-H. Watanabe, M. Nunami, S. Satake, S. Matsuoka, and K. Tanaka

    Plasma and Fusion Research   7 巻   頁: 2403094   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Effects of equilibrium-scale radial electric fields on zonal flows and turbulence in helical configurations 査読有り

    T.-H. Watanabe, H. Sugama, and M. Nunami

    Nuclear Fusion   51 巻 ( 12 ) 頁: 123003   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Quasisymmetric toroidal plasmas with large mean flows 査読有り

    H. Sugama, T.-H. Watanabe, M. Nunami

    Physics of Plasmas   18 巻 ( 8 ) 頁: 082505   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Effects of parallel dynamics on vortex structures in electron temperature gradient driven turbulence 査読有り

    M. Nakata, T.-H. Watanabe, H. Sugama, and W. Horton

    Physics of Plasmas   18 巻 ( 1 ) 頁: 012303   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Momentum balance and radial electric fields in axisymmetric and nonaxisymmetric toroidal plasmas 査読有り

    H. Sugama, T.-H. Watanabe, M. Nunami, and S. Nishimura

    Plasma Physics and Controlled Fusion   53 巻   頁: 024004   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Linear Gyrokinetic Analyses of ITG Modes and Zonal Flows in LHD with High Ion Temperature 査読有り

    M. Nunami, T.-H. Watanabe, H. Sugama, and K. Tanaka

    Plasma and Fusion Research   6 巻   頁: 1403001   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. A Numerical Method for Parallel Particle Motions in Gyrokinetic Vlasov Simulations 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    Plasma and Fusion Research   6 巻   頁: 2401028   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Feedback instability analysis for dipole configuration with ionospheric and magnetospheric cavities 査読有り

    Y. Hiraki, and T.-H. Wataanbe

    Journal of Geophysical Research   116 巻   頁: A11220   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Zonal Flow Dynamics and Control of Turbulent Transport in Stellarators 査読有り

    P. Xanthopoulos, A. Mischchenko, P. Helander, H. Sugama, and T.-H. Watanabe

    Physical Review Letters   107 巻   頁: 245002   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Effects of time-varying ExB flow on slab ion-temperature-gradient turbulence 査読有り

    S. Maeyama, A. Ishizawa, T.-H. Watanabe, M. M. Skoric, N. Nakajima, S. Tsuji-Iio, and H. Tsutsui

    Physics of Plasmas   17 巻 ( 6 ) 頁: 062305   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Gyrokinetic Vlasov Code Including Full Three-dimensional Geometry of Experiments 査読有り

    M. Nunami, T.-H. Watanabe, and H. Sugama

    Plasma and Fusion Research   5 巻   頁: 016   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Formation of coherent vortex streets and transport reduction in electron temperature gradient driven turbulence 査読有り

    M. Nakata, T.-H. Watanabe, H. Sugama, and W. Horton

    Physics of Plasmas   17 巻 ( 4 ) 頁: 042306   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Gyrokinetic simulations of turbulent transport 招待有り 査読有り

    X. Garbet, Y. Idomura, L. Villard, and T.-H. Watanabe

    Nuclear Fusion   50 巻 ( 4 ) 頁: 043002   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Benchmark test of drift-kinetic and gyrokinetic codes through neoclassical transport simulations 査読有り

    S. Satake, Y. Idomura, H. Sugama, and T.-H. Watanabe

    Computer Physics Communications   181 巻 ( 6 ) 頁: 1069-1076   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Feedback instability in the magnetosphere-ionosphere coupling system: Revisited 査読有り

    T.-H. Watanabe

    Physics of Plasmas   17 巻 ( 2 ) 頁: 022904   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Enhancement of Residual Zonal Flows in Helical Systems with Equilibrium Radial Electric Fields 査読有り

    H. Sugama, and T.-H. Watanabe

    Contribution to Plasma Physics   50 巻 ( 6-7 ) 頁: 571-575   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 94

  1. 電子温度勾配乱流中の捕捉電子モードの安定化

    渡邉智彦

    日本物理学会第76回年次大会  2021年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  2. High-Performance Computing Of Plasma Dynamics For Fusion Energy Research 国際会議

    T.-H. Watanabe

    the 14th Virtual Congress WCCM & ECCOMAS 2020  2021年1月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online  

  3. 捕捉電子モードと電子温度勾配乱流の相互作用と同位体効果

    渡邉智彦

    プラズマ・核融合学会第37回年会  2020年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. 沿磁力線方向の磁気圏・電離圏不均一性を考慮したフィードバック不安定性理論

    渡邉智彦

    地球電磁気・地球惑星圏学会第148回総会・講演会  2020年11月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  5. Cross-scale interactions of TEM/ETG instabilities in H/D plasmas 国際会議

    T.-H. Watanabe

    The 29th International Toki Conference on Plasma and Fusion Research  2020年10月29日  NIFS

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  6. Multi-scale and multi-directional turbulence simulation of fusion plasma 国際会議

    2020年9月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月 - 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. イオンスケール・ダイナミクスと電子温度勾配乱流の競合過程

    渡邉智彦

    プラズマ・シミュレータ・シンポジウム  2020年9月17日  核融合科学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  8. 電子温度勾配と捕捉電子モード不安定性の競合とマルチスケール乱流輸送

    渡邉智彦

    日本物理学会2020年秋季大会  2020年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  9. Feedback instability theory extended to the magnetosphere-ionosphere coupling with field-aligned inhomogeneity 国際会議

    T.-H. Watanabe

    JpgU-AGU Joint Meeting 2020  2020年7月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  10. Multi-scale Gyrokinetic Simulation of TEM/ETG Turbulence 国際会議

    T.-H. Watanabe

    24th Transport and Confinement Topical Group Meeting  2020年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月 - 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  11. トロイダル電子温度勾配不安定性への運動論的イオンの影響

    渡邉智彦

    日本物理学会第75回年次大会  2020年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン  

  12. Effects of kinetic ions on electron temperature gradient turbulence 国際会議

    T.-H. Watanabe

    Max Planck Princeton Center Workshop  2020年1月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  13. トロイダル電子温度勾配乱流への運動論的イオンの効果

    渡邉智彦

    プラズマ・核融合学会第36回年会  2019年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月 - 2019年12月

    開催地:中部大学  

  14. Summary of Basic plasma session 国際会議

    T.-H. Watanabe

    3rd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics  2019年11月8日  AAPPS-DPP

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Crowne Plaza Hefei, Hefei, China   国名:中華人民共和国  

  15. Spontaneous excitation of auroral structures and Alfvenic turbulence 国際会議

    T.-H. Watanabe

    3rd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics  2019年11月5日  AAPPS-DPP

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Crowne Plaza Hefei, Hefei, China   国名:中華人民共和国  

  16. ジャイロ運動論的シミュレーションコード の双極型磁場配位への拡張

    渡邉智彦

    地球電磁気・地球惑星圏学会第146回総会・講演会  2019年10月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市国際交流会館  

  17. Generation of Alfvenic turbulence through the feedback magnetosphere-ionosphere coupling 国際会議

    T.-H. Watanabe

    14th International Conference on Substorms  2019年10月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月 - 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tromso   国名:ノルウェー王国  

  18. Normal mode analysis of the feedback instability with height-dependent ionospheric parameters 国際会議

    T.-H. Watanabe

    14th International Conference on Substorms  2019年9月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月 - 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tromso   国名:ノルウェー王国  

  19. Moment extract method and its application to a semi-Lagrangian scheme for drift kinetic equations 国際会議

    T.-H. Watanabe

    2019 International Conference on Numerical Simulation of Plasmas  2019年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hotel La Fonda, Santa Fe   国名:アメリカ合衆国  

  20. Effects of Kinetic Ions on Electron Temperature Gradient Turbulent Transport

    T.-H. Watanabe

    2019年8月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  21. Auroral Growth and Transition to Alfvenic Turbulence in the Magnetosphere-Ionosphere Coupling 国際会議

    T.-H. Watanabe

    9th East-Asia School and Workshop on Laboratory, Space, and Astrophysical Plasmas  2019年7月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月 - 2019年8月

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  22. Effects of kinetic ions on the electron temperature gradient turbulence 国際会議

    T.-H. Watanabe

    14th Japan-Korea Workshop on ‘‘Modeling and Simulation of Magnetic Fusion Plasmas’’  2019年6月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:RIAM, Kyushu University   国名:日本国  

  23. Evaluation of entropy transfer rate in interactions of zonal flows and turbulence 国際会議

    T.-H. Watanabe

    APTWG Mini-workshop  2019年6月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:中華人民共和国  

  24. Generation of dispersive Alfvenic turbulence in magnetosphere-ionosphere feedback coupling

    T.-H. Watanabe

    日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年5月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  25. Effects of kinetic ions on electron temperature gradient turbulence 国際会議

    T.-H. Watanabe

    24th Joint US-EU Transport Task Force Meeting  2019年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:AT&T Executive Education and Conference Center, Austin, Texas   国名:アメリカ合衆国  

  26. 捕捉電子モードと電子温度勾配乱流の競合過程

    渡邉智彦

    日本物理学会第74回年次大会  2019年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

  27. 捕捉電子モードと電子温度勾配モードの競合過程

    渡邉智彦

    第8回 IFERC-CSC研究会   2019年2月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月 - 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  28. Generation of Alfvenic turbulence and implication to auroral particle acceleration 招待有り 国際会議

    T.-H. Watanabe

    ISEE symposium "Recent progress in heliospheric physics by direct measurements of unexplored space plasmas"  2019年2月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya University, Nagoya, Japan   国名:日本国  

  29. Structures of electron distribution function in collisionless magnetic reconnection with strong guide field 国際会議

    T.-H. Watanabe

    Max-Planck/Princeton Center for Plasma Physics Workshop  2019年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Tokyo, Tokyo, Japan   国名:日本国  

  30. Cross-scale energy transfer in the feedback magnetosphere-ionosphere coupling 国際会議

    T.-H. Watanabe

    AGU Fall Meeting 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. オーロラ乱流の発生とそのスペクトル特性

    渡邉 智彦, 兼山 将寿, 前山 伸也

    第35回プラズマ・核融合学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. 磁気圏-電離圏結合系における磁気流体乱流の発生とその特性

    渡邉 智彦, 前山 伸也, 兼山 将寿

    第144回 SGEPSS総会および講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  33. 双極子磁場配位での ドリフト波のジャイロ運動論的 シミュレーション

    渡邉智彦, 西本守, 前山伸也

    物理学会2018年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学   国名:日本国  

  34. Multi-Scale and Multi-Directional Kinetic Plasma Turbulence 招待有り 国際会議

    T.-H. Watanabe

    Chengdu Theory Festival 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  35. Structural formation and arc dynamics in the feedback M-I coupling 招待有り 国際会議

    T.-H. Watanabe

    ISSI workshop on Auroral Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:International Space Science Institute, Bern, Switzerland   国名:スイス連邦  

  36. Recent status of GKV code 国際会議

    T.-H. Watanabe

    JIFT workshop on US-Japan collaborations on co-designs of fusion simulations for extreme scale computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Princeton Plasma Physics Laboratory, Princeton, NJ, USA   国名:アメリカ合衆国  

  37. 核融合プラズマ乱流輸送 シミュレーション研究の進展 招待有り

    渡邉智彦

    第12回核融合エネルギー連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  38. Structural formation and transition to Alfvenic turbulence in auroral plasma 招待有り 国際会議

    T.-H. Watanabe

    19th International Congress on Plasma Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:The Pinnacle Hotel Harbourfront, Vancouver, BC, Canada   国名:カナダ  

  39. Feedback instability in the magnetosphere-ionosphere coupling with collision-induced velocity shear

    Tomo-Hiko Watanabe

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. Phase Space Entropy Transfer Analysis for Gyrokinetic Turbulence 国際会議

    T.-H. Watanabe

    Max-Planck/Princeton Center for Plasma Physics Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Princeton Center for Theoretical Science, Jadwin Hall, Princeton University   国名:アメリカ合衆国  

  41. ジャイロ運動論的 シミュレーションコードGKVの 双極子磁場配位への拡張

    渡邉智彦, 前山伸也, 西本守

    物理学会第73回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. Effects of parallel correlation on ITG/TEM turbulence transport

    T.-H. Watanabe, S. Maeyama, M. Nakata, M. Nunami, H. Sugama, and A. Ishizawa

    26th International Toki Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 核融合プラズマ乱流シミュレーションの新展開

    渡邉智彦

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路商工会議所   国名:日本国  

  44. 非一様磁場中でのアルヴェン波を介した磁気圏-電離圏結合の理論解析

    渡邉智彦、前山伸也、三輪有輝

    第142回 SGEPSS総会および講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学宇治キャンパス(京都府宇治市)   国名:日本国  

  45. Ballooning and feedback instabilities in the magnetosphere-ionosphere coupling 国際会議

    T.-H. Watanabe

    13th International Conference on Substorms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  46. Alfvenic turbulence in auroral magnetosphere-ionosphere coupling 国際会議

    T.-H. Watanabe, M. Kaneyama, and S. Maeyama

    13th International Conference on Substorms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Portsmouth, New Hampshire   国名:アメリカ合衆国  

  47. Multi-scale drift wave turbulence and zonal flows in magnetized plasmas 国際会議

    T.-H. Watanabe, S. Maeyama, A. Ishizawa, M. Nunami, M. Nakata, and H. Sugama

    1st Asia-Pacific Conference on Plasma Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:中華人民共和国  

  48. 磁気圏-電離圏結合系におけるオーロラ発達とAlfven乱流の励起

    渡邉智彦, 兼山将寿, 前山伸也, 三輪有輝

    STEシミュレーション研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. Status of GKV code and its application to tokamak and helical plasma 国際会議

    T.-H. Watanabe

    3rd US-Japan JIFT Workshop on Innovations and co-design of fusion simulations towards extreme scale computing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. Entropy transfer and zonal flow shearing in ITG turbulence 国際会議

    T. Miura, S. Maeyama, and T.-H. Watanabe

    12th Japan-Korea Workshop on ``Modeling and Simulation of Magnetic Fusion Plasmas'' 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. Generation of auroral turbulence in the magnetosphere-ionosphere coupling 国際会議

    Tomo-Hiko Watanabe

    JpGu-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Makuhari Messe   国名:日本国  

  52. 磁気圏-電離圏結合系におけるオーロラ乱流の発生

    渡邉智彦, 前山伸也

    日本物理学会第72回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学   国名:日本国  

  53. 磁場揺動を含むドリフト運動論的方程式のsemi-Lagrangian解法

    渡邉智彦, 渡邊裕介, 前山伸也

    第22回NEXT研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. Data communications and analysis in simulation of plasma turbulence on a five-dimensional phase space 招待有り 国際会議

    Tomo-Hiko Watanabe

    Big Data Meets Computation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月 - 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:IPAM, UCLA   国名:アメリカ合衆国  

  55. Auroral structural formation and transition to turbulence 招待有り 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  56. ジャイロ運動論的シミュレーション・コードGKVの現況と今後の拡張

    渡邉智彦,前山伸也,西岡賢二,仲田資季,沼波政倫,洲鎌英雄,石澤明宏

    第33回プラズマ・核融合学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  57. 大規模沿磁力線電流による磁気シア効果を取り入れた磁気圏-電離圏結合の理論 解析

    渡邉智彦, 三輪有輝, 前山伸也

    第140回 SGEPSS講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学伊都キャンパス   国名:日本国  

  58. 磁気圏-電離圏結合系でのフィードバック不安定性とバルーニング不安定性

    渡邉智彦

    日本物理学会2016年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学   国名:日本国  

  59. 磁気圏-電離圏結合の理論および数値モデルの拡張

    渡邉智彦, 三輪有輝, 前山伸也

    STEシミュレーション研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月 - 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  60. Status of GKV simulation and its optimization 国際会議

    Tomo-Hiko Watanabe

    US-­Japan JIFT Exascale Computing Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  61. プラズマ物理から見たオーロラの成長と構造形成

    渡邉智彦

    プラズマ科学のフロンティア2016研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:核融合科学研究所   国名:日本国  

  62. Gyrokinetic simulation of fusion and space plasmas 国際会議

    T.-H. Watanabe

    6th East-Asia School and Workshop on Laboratory, Space, Astrophysical Plasmas 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  63. Multi-scale, multi-species, and multi-domain simulations of fusion plasma turbulence 国際会議

    Tomo-Hiko Watanabe, Shinya Maeyama, Motoki Nakata, M. Nunami, H. Sugama, and A. Ishizawa

    The 18th International Congress on Plasma Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  64. Ballooning instability with the magnetosphere-ionosphere feedback coupling

    Tomo-Hiko Watanabe

    Japan Geoscience Union Meeting 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. 運動論的アルヴェン波ダイナミクスのためのモーメント分離解法

    渡邉智彦, 渡邊裕介, 前山伸也

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場   国名:日本国  

  66. オーロラ構造の多様性に関わるフィードバック不安定性理論の拡張

    渡邉智彦

    平成27年度名古屋大学宇宙地球環境研究所研究集会「編隊飛行衛星による地球極域電磁気圏の探査計画に向けて」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  67. 磁気圏-電離圏結合系におけるフィードバック不安定性への有限圧力勾配効果

    渡邉智彦

    日本物理学会第71回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北学院大学   国名:日本国  

  68. 実験室および宇宙プラズマにおける ジャイロ運動論

    渡邉智彦

    日本天文学会2016年春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:首都大学東京   国名:日本国  

  69. モーメント・クロージャーを用いたジャイロ運動論的 シミュレーション手法

    渡邉智彦

    第21回NEXT研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都テルサ   国名:日本国  

  70. Extension of feedback instability theory for the magnetosphere-ionosphere coupling

    Symposium on Planetary Science 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. Research collaborations driven by plasma turbulence 国際会議

    T.-H. Watanabe

    Max Planck/Princeton Center for Plasma Physics General Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  72. Flux tube trainモデルを使った乱流輸送シミュレーション

    渡邉智彦,前山伸也,洲鎌英雄,石澤明宏,沼波政倫,仲田資季,朝比祐一

    第32回プラズマ・核融合学会 年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  73. Moment extracted formulation for describing kinetic Alfven waves

    T.-H. Watanabe, S. Maeyama, and Y. Watanabe

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  74. 磁気圏-電離圏結合系におけるフィードバック不安定性への磁場曲率効果

    渡邉智彦

    第138回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月 - 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  75. エクサスケールに向けたプラズマシミュレーションと磁気圏プラズマへの応用 国際会議

    渡邉智彦, 前山伸也

    STEシミュレーション研究会 - エクサスケールに向けて - 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学学術情報メディアセンター   国名:日本国  

  76. 摂動ジャイロ運動論的方程式の時間積分法の改良 国際会議

    渡邉智彦, 前山伸也

    日本物理学会2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学   国名:日本国  

  77. ジャイロ運動論的シミュレーションコードGKVの拡張とプラズマ乱流輸送への応用

    渡邉智彦

    プラズマシミュレータシンポジウム2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:核融合科学研究所   国名:日本国  

  78. Secondary instability in the magnetosphere-ionosphere feedback coupling

    T.-H. Watanabe

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. フラックス・チューブ連結モデルを用いた乱流輸送シミュレーション

    渡邉智彦, 洲鎌英雄, 石澤明宏, 沼波政倫

    日本物理学会第70回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  80. オーロラ発達に関わる運動論的アルヴェン波の成長と粒子加速

    渡邉智彦

    「波動粒子相互作用による粒子加速・輸送及び乱流」研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  81. オーロラ・アーク生成の理論と衛星観測への期待

    渡邉智彦

    電磁気圏観測に向けた将来探査衛星計画に関する研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  82. GTNAXIS/GMTUBES課題における乱流輸送シミュレーション

    渡邉智彦

    第4回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:航空会館   国名:日本国  

  83. ジャイロ運動論的シミュレーションによるトーラスプラズマ乱流輸送研究の進展 国際会議

    渡邉智彦

    第20回NEXT研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  84. ジャイロ運動論的シミュレーションによるトーラスプラズマ乱流輸送研究の進展

    渡邉智彦

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  85. Growth of auroral arc structures through Alfvenic magnetosphere-ionosphere coupling 国際会議

    T.-H. Watanabe

    The 12th International Conference on Substorms 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  86. Parallel correlation of drift wave turbulence in flux tube geometry

    T.-H. Watanabe, H. Sugama, A. Ishizawa, and M. Nunami

    The 24th International Toki Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  87. Gyrokinetic theory of auroral arc formation and electron acceleration in the magnetosphere-ionosphere coupling 国際会議

    Tomo-Hiko Watanabe

    56th Annual Meeting of the APS Division of Plasma Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  88. プラズマ乱流輸送の局所ジャイロ運動論的シミュレーションの進展

    渡邉智彦

    プラズマシミュレータシンポジウム2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  89. A Unified Model of Auroral Growth and Particle Acceleration in the Magnetosphere-Ionosphere Coupling 国際会議

    Tomo-Hiko Watanabe

    Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月 - 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  90. Field-aligned correlation of turbulent fluctuations in flux tube geometry 国際会議

    T.-H. Watanabe, H. Sugama, A. Ishizawa, M. Nunami

    4th Asia Pacific Transport Working Group International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  91. マルチスケール・プラズマ乱流のジャイロ運動論的シミュレーション

    渡邉智彦

    日本地球惑星科学連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  92. ジャイロ運動論を用いたオーロラ発達と粒子加速の統合モデル

    渡邉智彦

    日本物理学会第69回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学   国名:日本国  

  93. Progress of tokamak and helical plasma turbulence simulations using GKV 国際会議

    Tomo-Hiko Watanabe

    2nd IFERC-CSC Review Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  94. 捕捉電子モード駆動ゾーナルフローと乱流の相互作用

    渡邉智彦

    第3回IFERC-CSC研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:航空会館   国名:日本国  

▼全件表示

科研費 6

  1. 磁気圏プラズマのホリスティックな構造と動態:オーロラに注目して

    研究課題/研究課題番号:17H01177  2017年4月 - 2022年3月

    吉田 善章

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:400000円 ( 直接経費:120000円 )

    RT-1実験装置は宇宙プラズマに匹敵する(相似則をみたす)磁気圏型プラズマを生成できる.これを用いた実験を中核として,プラズマ中の運動・揺らぎの大規模な動態をホリスティックに可視化する研究を行った.コヒーレンス・イメージング分光,ポッケルス電界計測システムを独自に開発し,プラズマ全体の非接触計測や高周波電場の直接計測によって,これまで詳細が知られていない磁気圏内部の運動・揺動を高精度で明らかにした.
    RT-1によるこれまでの研究で,磁気圏型プラズマの自己組織化は磁化した粒子に対するトポロジー束縛(磁気モーメントの断熱不変性に起因する)によって説明できることが示されている.電子系とイオン系は電場を仲介した渦運動(E×Bドリフトで近似できる)によって平衡する.しかし,厳密にはE×Bドリフトは非ホロノミーであり,磁場に平行な運動と結合する.その結果,極近傍に電場が生成することが理論的に予測されている.実験では,コヒーレンスイメージングにより磁気圏全体のプラズマ回転流速を計測し,電場と回転速度との関係を理論的予測と比較検討した.
    自励的な揺動だけでなく,電離層およびプラズマシートからの擾乱を模擬するために,プラズマへのガス入射を行い,それによって引き起こされるプラズマの構造変化,それを駆動する揺らぎの計測を行った.
    理論解析では,磁化したプラズマ粒子の非ホロノミー束縛の幾何学的効果の解析,ジャイロ運動論シミュレーションによるプラズマの揺動励起メカニズムの解明で成果を上げた.また,プラズマを構成する多種の荷電粒子(電子およびバルクイオン,不純物イオン)の温度およびに密度の空間分布計測の結果を,素過程に内向き拡散効果を加味した非線形発展方程式の解と整合させ,非平衡・開放系としての磁気圏システムの粒子・エネルギー循環の構造を明らかにした.
    プラズマ中を構成する多成分粒子の温度と密度のバランスは強い非線形性をもつ発展方程式で支配されている.RT-1実験装置に装備された多数の計測器から得られるパラメタ群の全てを self-consistent に説明することは容易ではないが,理論的に予測している内向き拡散の効果を加味することで,実験データを再現できたことは,非平衡・開放系である磁気圏プラズマのサステナビリティ―を解明する重要な成果だといえる.
    理論研究では,Lie-Poisson代数の変形理論を定式化し,カイラリティーをもつ場の理論をシステマティックに導く理論を得た.これはプラズマ物理に限らず,幅広い応用の可能性をもつ成果である.
    磁気圏プラズマの様々なパラメタを比較し,さらに磁気圏に対してプラズマを入射することによって能動的に擾乱を与えることで,プラズマ中で自発的に発生する揺動の時空間構造を計測して磁気圏プラズマの構造形成・維持のメカニズムにせまる.そのために,プラズマ入射装置を開発する.これまで独自に開発したコヒーレンスイメージングシステムのデータから,プラズマの内部構造を再構築する.そのためには,実験装置壁面からの反射光の効果を分離するなど,高度なデータ解析が必要となる.従来のアーベル変換などの方法では不可能なデータ解析に機械学習の方法を応用して再構築を試みる.

  2. 位相空間揺動スペクトルから探る無衝突プラズマ乱流の非等方混合・散逸過程

    研究課題/研究課題番号:16H04086  2016年4月 - 2021年3月

    渡邉 智彦

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:11180000円 ( 直接経費:8600000円 、 間接経費:2580000円 )

    本課題の研究目的は、高温磁化プラズマ中に普遍的に観測される電磁乱流揺らぎが、どのような経路を経て非可逆な散逸に至るか、その道程を明らかにし、位相空間上の散逸領域と慣性領域を理論的・数値的に特徴付けること、そこからエネルギー散逸の非等方性を明らかにすることである。さらに、その結果を敷衍し、乱流抑制や輸送の飽和機構の理解へと還元することを目指している。
    平成28年度には、実空間2次元・速度空間1次元の駆動型ジャイロ運動論的シミュレーションを実現し、分布関数揺らぎがエントロピー・カスケードとして微視的スケールに伝達される過程を調べた。その結果、従来よりも強い非等方性をもつ位相空間スペクトル構造が得られた。平成29年度は、5次元ジャイロ運動論的シミュレーション・コードGKVを用いて、トーラス型の磁場閉じ込め核融合プラズマにおける乱流輸送シミュレーションを様々なイオン温度勾配に対して系統的に実施した。これによりエントロピー伝達率をとゾーナル流によるせん断効果の関係を明らかにしてきた。
    3年目となる平成30年度には、上記の結果をまとめて成果発表を行うとともに、Alfven乱流の高解像度簡約化磁気流体シミュレーションならびに電子温度勾配乱流のジャイロ運動論的シミュレーションを進めた。特に前者においては、-5/3乗のベキ指数を満たす乱流スペクトルが、自己駆動型不安定性をもとに自発的に形成される様子を明らかにするとともに、電子慣性効果を含めたモデルを用いた解析も進展した。
    今後、スラブおよびトロイダル配位におけるイオン温度勾配および電子温度勾配乱流を中心にエントロピー揺動の非等方伝達過程の解析を重点的に進める予定である。
    上記の概要にまとめたように、ジャイロ運動論に基づいた駆動型ドリフト波乱流、スラブ配位およびトーラス配位におけるイオン温度勾配乱流、電子温度勾配乱流、さらに簡約化磁気流体モデルを用いたアルヴェン乱流、と研究対象を広げつつ乱流のスペクトル構造とエントロピー伝達について研究を進めてきた。それぞれの成果について成果発表も進めており、研究課題については概ね順調に進展している。
    今後の研究推進方策として、スラブおよびトロイダル配位におけるイオン温度勾配および電子温度勾配乱流を中心に、エントロピー伝達の波数空間非等方性について重点的に研究を進める予定である。特に、イオン温度勾配乱流においては、ランダウ減衰に関わる磁場平行方向の混合過程と有限ジャイロ半径効果が関わる垂直方向の混合過程の分離に焦点を当てた解析を進めたい。そのためには計算資源の集中的な投資が必要となるが、センターなどにおける共同利用課題を有効に活用して研究を進める予定である。さらに、これまでの成果の論文出版についても継続的に進める。

  3. ジャイロ運動論的シミュレーションによる非軸対称配位での異常輸送解析

    2012年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. ジャイロ流体モデルの拡張と検証

    2009年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    洲鎌英雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. プラズマ乱流及び新古典輸送における5次元位相空間分布関数のシミュレーション解析

    2005年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. ジャイロ流体モデルとジャイロ運動論に基づくプラズマ輸送とゾーナルフローの研究

    2004年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    洲鎌英雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 物理学概論I

    2020

  2. プラズマ理論講究3

    2020

  3. プラズマ理論講究1

    2020