2021/03/16 更新

写真a

タケウチ カズヒト
竹内 和人
TAKEUCHI Kazuhito
所属
医学部附属病院 脳神経外科 病院講師
職名
病院講師

学位 1

  1. 博士(医) ( 名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 神経内視鏡外科

所属学協会 4

  1. 日本頭蓋底外科学会

  2. 日本間脳下垂体腫瘍学会

  3. 日本神経内視鏡学会

  4. 日本脳神経外科学会

 

論文 16

  1. Novel Endoscopic Technique for Inserting a Sheath into a Slit Ventricle: The Water-Slide Technique

    Yamamoto Taiki, Takeuchi Kazuhito, Nagata Yuichi, Mizuno Akihiro, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   145 巻   頁: 1 - 4   2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2020.08.206

    Web of Science

  2. Fully Endoscopic Transcylinder Trans-Magendie Foraminal Approach for Fourth Ventricular Cavernoma: A Technical Case Report

    Nagata Yuichi, Takeuchi Kazuhito, Yamamoto Taiki, Mizuno Akihiro, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   142 巻   頁: 104 - 107   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2020.06.171

    Web of Science

  3. Endoscopic Treatment Strategy for a Disproportionately Large Communicating Fourth Ventricle: Case Series and Literature Review

    Kawabata Teppei, Takeuchi Kazuhito, Nagata Yuichi, Ishikawa Takayuki, Choo Jungsu, Wakabayashi Toshihiko

    NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA   60 巻 ( 7 ) 頁: 351 - 359   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2176/nmc.oa.2019-0299

    Web of Science

  4. Steroid-responsive recurrent tumefactive demyelination with multiple petechial hemorrhages along non-displaced medullary veins

    Tsuboi Takashi, Harada Yumiko, Suzuki Masashi, Ando Takashi, Atsuta Naoki, Ohka Fumiharu, Takeuchi Kazuhito, Taoka Toshiaki, Ohba Shigeo, Nakaguro Masato, Abe Masato, Nakashima Ichiro, Yoshida Mari, Katsuno Masahisa

    CLINICAL NEUROLOGY AND NEUROSURGERY   193 巻   2020年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clineuro.2020.105764

    Web of Science

  5. H3F3A mutant allele specific imbalance in an aggressive subtype of diffuse midline glioma, H3 K27M-mutant

    Maeda Sachi, Ohka Fumiharu, Okuno Yusuke, Aoki Kosuke, Motomura Kazuya, Takeuchi Kazuhito, Kusakari Hironao, Yanagisawa Nobuyuki, Sato Shinya, Yamaguchi Junya, Tanahashi Kuniaki, Hirano Masaki, Kato Akira, Shimizu Hiroyuki, Kitano Yotaro, Yamazaki Shintaro, Yamashita Shinji, Takeshima Hideo, Shinjo Keiko, Kondo Yutaka, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS   8 巻 ( 1 )   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-020-0882-4

    Web of Science

  6. Preservation of Olfactory Function Following Endoscopic Single-Nostril Transseptal Transsphenoidal Surgery

    Kawabata Teppei, Takeuchi Kazuhito, Nagata Yuichi, Ishikawa Takayuki, Choo Jungsu, Sato Yusuke, Tambara Masao, Teranishi Masaaki, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   132 巻   頁: E665 - E669   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.08.051

    Web of Science

  7. Three types of dural suturing for closure of CSF leak after endoscopic transsphenoidal surgery

    Ishikawa Takayuki, Takeuchi Kazuhito, Nagata Yuichi, Choo Jungsu, Kawabata Teppei, Ishizaki Tomotaka, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   131 巻 ( 5 ) 頁: 1625 - 1631   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2018.4.JNS18366

    Web of Science

    PubMed

  8. Peel-off resection of the pituitary gland for functional pituitary adenomas: pathological significance and impact on pituitary function

    Nagata Yuichi, Takeuchi Kazuhito, Yamamoto Taiki, Ishikawa Takayuki, Kawabata Teppei, Shimoyama Yoshie, Inoshita Naoko, Wakabayashi Toshihiko

    PITUITARY   22 巻 ( 5 ) 頁: 507 - 513   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11102-019-00980-w

    Web of Science

  9. Endoscopic clipping of intraventricular aneurysms using the "wet-field" technique

    Takeuchi Kazuhito, Handa Takashi, Chu Jonsu, Wada Kentaro, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   131 巻 ( 1 ) 頁: 104 - 108   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2018.1.JNS172393

    Web of Science

    PubMed

  10. Removal of the Medial Wall of the Cavernous Sinus for Functional Pituitary Adenomas: A Technical Report and Pathologic Significance

    Nagata Yuichi, Takeuchi Kazuhito, Yamamoto Taiki, Ishikawa Takayuki, Kawabata Teppei, Shimoyama Yoshie, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   126 巻   頁: 53 - 58   2019年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2019.02.134

    Web of Science

  11. Quality of Life Changes Before and After Transsphenoidal Surgery for Sellar and Faros llar Lesions

    Ishikawa Takayuki, Takeuchi Kazuhito, Nagatani Tetsuya, Aimi Yuri, Tanemura Eriko, Tambara Masao, Nagata Yuichi, Choo Jungsu, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   122 巻   頁: E1202-E1210   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7076/j.wneu.2018.71.017

    Web of Science

  12. Quality of Life Changes Before and After Transsphenoidal Surgery for Sellar and Parasellar Lesions.

    Ishikawa T, Takeuchi K, Nagatani T, Aimi Y, Tanemura E, Tambara M, Nagata Y, Choo J, Wakabayashi T

    World neurosurgery   122 巻   頁: e1202-e1210   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.11.017

    PubMed

  13. Neuroendoscopic Cylinder Surgery and 5-Aminolevulinic Acid Photodynamic Diagnosis of Deep-Seated Intracranial Lesions

    Choo Jungsu, Takeuchi Kazuhito, Nagata Yuichi, Ohka Fumiharu, Kishida Yugo, Watanabe Tadashi, Satoh Yusuke, Nagatani Tetsuya, Kato Kyozo, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    WORLD NEUROSURGERY   116 巻   頁: E35 - E41   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.03.112

    Web of Science

    PubMed

  14. Fully endoscopic combined transsphenoidal and supraorbital keyhole approach for parasellar lesions

    Nagata Yuichi, Watanabe Tadashi, Nagatani Tetsuya, Takeuchi Kazuhito, Chu Jonsu, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   128 巻 ( 3 ) 頁: 685 - 694   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2016.11.JNS161833

    Web of Science

    PubMed

  15. Long-standing overt ventriculomegaly without aqueductal stenosis: A case report

    Ikumi Kazuhiro, Tsuboi Takashi, Atsuta Naoki, Takeuchi Kazuhito, Koike Haruki, Katsuno Masahisa

    NEUROLOGY AND CLINICAL NEUROSCIENCE   6 巻 ( 2 ) 頁: 42-44   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ncn3.12176

    Web of Science

  16. A Novel Dissection Method Using a Flexible Neuroendoscope for Resection of Tumors Around the Aqueduct of Sylvius

    Ishikawa Takayuki, Takeuchi Kazuhito, Tsukamoto Nobuhiro, Kawabata Teppei, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   110 巻   頁: 391 - 396   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2017.11.044

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

科研費 2

  1. 脳室上衣繊毛ダイニン異常による非閉塞性水頭症の発症、増悪機序の分子学的解明

    研究課題/研究課題番号:20K17959  2020年04月 - 2023年03月

    若手研究

    竹内 和人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    非閉塞性水頭症発症の一因として、脳室上衣の繊毛運動の機能不全による髄液還流障害が考えられている。Dpcd遺伝子異常により、脳室上衣繊毛内分子群の発現異常、構造変化が引き起こされる。Dpcdノックアウトマウスの運動繊毛ダイニンのトランスクリプトーム・プロテオーム解析を行い、非閉塞性水頭症に寄与する分子メカニズムの解明を目指す。また、Dpcdノックアウトマウスでは水頭症は経時的に増悪することも確認されている。繊毛運動障害による異常な髄液流が二次的に繊毛極性異常を引き起こすと考えられる。このメカニズムを、脳室間での違いや経時的な変化から解析し、非閉塞性水頭症の発生及び増悪の原因究明につなげる。

  2. 線毛運動障害による髄液ダイナミクス異常とダイニンの分子生物学的解析

    研究課題/研究課題番号:17K17792  2017年04月 - 2020年03月

    竹内 和人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    繊毛運動異常を示す水頭症モデルマウス(Dpcdノックアウトマウス)を用いて水頭症発現様式、機序について検討を行った。この水頭症は側脳室、第三脳室の脳室拡大を認めるものの、第四脳室の拡大は認めず脳室間で表現型に差異が存在することが示唆された。マウス内腕ダイニンを構成する8種の分子種のうち、Dnah1のmRNAの発現が減少し、対してDnah6は増加していることが明らかとなった。また透過型顕微鏡を用いた構造解析では内腕ダイニンの部分的な欠損が確認された。これによりDpcd遺伝子ノックアウトにより複数のダイニン分子種の遺伝子多寡と構造異常がもたらされていることが明らかとなった。
    繊毛運動障害に伴う各臓器の機能異常については報告が増えているが、脳室上衣繊毛の運動と水頭症形成の関連性については報告が少なく、特に脳室上衣繊毛ダイニンの構成タンパクの解析については未だ報告がなく、本研究は極めて新規性の高いものであった。
    繊毛運動障害では非閉塞性水頭症を呈することが明らかとなった。非閉塞性水頭症は日常診療で遭遇する疾患であるが、その発症の原因、増悪の機序については未だ明らかにされていない。非閉塞性水頭症の一因として繊毛運動障害の存在が示唆され、また増悪の機序として繊毛運動ベクトルの経時的障害が存在することが示唆された。今後非閉塞性水頭症に対する治療への展開が期待される。